青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あらぬ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あまり あまり~ ~あまりに あまりに~ ~あら あら~ ~あらう あらう~ ~あらず あらず~
あらぬ~
あらゆる~ ~あらわれ あらわれ~ ~あらわれた ~あらん あらん~ ~あり あり~ ありあり~ ありがたい~

「あらぬ~」 1043, 10ppm, 10380位

▼ あらぬ~ (144, 13.8%)

11 を見 8 へ眼, を向い 5 を見つめ 4 を瞶め 3 へ持っ, を眺め, を見詰め 2 に向っ, に蒼, ばかり見, へのみ飛ぶ, へ向い, へ話, をじっと, を見た, を見る, を見廻し

1 [79件] からひょっこり, から竹槍, でべつ, にそ, にのみ動揺, にも迷, に動きかけた, に反れ, に向い, に向き直っ, に向け, に向けられ, に向ける, に持っ, に放つ, に止, に消耗, に燿, に犬, に視線, に輝き, の空, の趣味, ばかりを眺める, ばかり探し, へ, へそらした, へそれ, へと燃えあがり, へと走り玉, へと踏み迷い, へと迷い入った, へと逃げ出し, へと逃れる, へのみ落ちよう, へやつ, へ力, へ動い, へ反らせた, へ向かわせ, へ向け, へ向けた, へ向っ, へ吸いつけられ, へ外らし, へ奪, へ導く, へ心, へ抛り出し, へ求める, へ波, へ目, へ突き飛, へ紛らそう, へ耳, へ行っ, へ行った, へ話頭, へ走る, へ逸らした, へ釘勘, へ面, へ韜晦, へ顔, へ馳, へ驚き, より, をきょとん, をきよ, をながめ, をにらみつ, をにらん, をキョトン, を向いた, を彷徨つて, を睨ん, を見つめた, を見やった, 打ち目

▼ あらぬ~ (106, 10.2%)

6 蕎麦か 4 彼は 2 昔見し

1 [94件] あとで, あの雲, いちばい尊氏に, お告者, ここしばらく, ここの, ここ数日間蜀の, この作品, この大入り, この徳川, これを, さまざまに, さる富豪, その以来, その後弟子達の, その晩, それか, それよりも, たんぽぽか, ひでよし, まゆすみの, わがこころ, われや, われわれが, ロセッチの, 一方には, 二三日する, 云ひ出し, 今も, 今年は, 今朝から, 仲間の, 件の, 佐助は, 佐太郎主に, 兄の, 先生は, 兩人の, 内々危んだ, 冬がれの, 力の, 同地の, 噂には, 地の, 大江の, 奥様の, 女史は, 女子の, 如此と, 将軍を, 專任として, 小野忠雄は, 尼は, 左京之, 左大臣は, 広大なる, 彼の, 志賀の, 投げ棄てたマニラ煙草, 政府は, 文士と, 新たには, 新紙幣, 早苗さんたちが, 昨夏以来北の, 昨夜は, 朝野策士は, 松影射しぬ, 森田さんの, 此一箇月許り, 汝さらば, 浅草へ, 浦里は, 父は, 猫の, 玉蘭の, 琵琶湖で, 用あり, 画境の, 祖父は, 秀吉は, 結局最後には, 翁は, 翌日から, 老公が, 葬式が, 蜂須賀の, 記者が, 足音か, 近ごろ帝が, 近頃一向安さん, 週に, 鏑木さんの, 鼻には

▼ あらぬこと~ (46, 4.4%)

4 を口走っ, を口走り 3 を申す 2 なれば, のみ口走り, をいい出した, をいい出す

1 [27件] でも, ども罵り廻る, などおも, にまで笑, にも心, に滑りこん, のみ口走っ, はできぬ, は不可能, は僕, まで勝手, まで思わせる, まで想, を, をいい始めた, をぬかし, をば考へ, をも答えける, を云つて, を口走らせる, を口走る, を密告, を悟られ, を考え, を言い触らす, を道中, を騒ぎ立てる

▼ あらぬ~ (33, 3.2%)

3 を口走った, を口走る, を言 2 なれば, を口走っ

1 [20件] ありと, で激昂, とは, ども言, ながら東京, なるを, にのみそれ, のみ口走りおりたる, のみ口走る, まで口走り, まで口走りました, まで心, をいった, を口, を口走, を口走りたく, を忍びたる, を絶叫, を考へ始める, を誇る

▼ あらぬ~ (33, 3.2%)

62 に, に言った, を装っ

1 [21件] でこう, でこちら, でこの, でこれ, でそれ, でよもやま, で一般, で云った, で夕食, で尋ねかけた, で次, で鼻紙, にいい出す, にこの, にて, にて田舎, にもてなし, に答えたりき, に聴きゐたるなりけり, に落着, は何

▼ あらぬ~ (28, 2.7%)

2 上の

1 [26件] いま我数奇を, いま我數奇を, これに, まして短歌, ベルナルドオが, 今の, 倦みて, 六人の, 其美人妊みぬ, 初めて心付き, 厭き果, 塞がれて, 失明した, 小き, 弟子の, 彼方も, 徒にも, 我は, 我等は, 梅林松弥という, 死んだ, 生憎降頻る, 破り棄て給, 穹窿の, 花は, 逡巡ひぬ

▼ あらぬ~ (24, 2.3%)

3 今こん春は 2 ほそぼそと, 論じて

1 [17件] かなたは, この夜頃, ば察し玉ふ, われらは, シャロットの, 主人役に, 何ぞ悟らざる, 彼は, 念ひ, 愛して, 方様も, 母上は, 濫僧と, 知りつつ, 知れば, 藁蓆しけこき, 親なし

▼ あらぬ~ (18, 1.7%)

2 を伝えられ

1 [16件] がある, がなかなか, が立っ, が立てられ始めました, が飛びましょう, さえ立っ, でも流れ, とはどの, とは伝四郎, に猛り立った, までを鎌倉, も立つ, やかげ, をたて, をもした, を立てさせ

▼ あらぬもの~ (16, 1.5%)

1 [16件] からから衣, か毎晩, があくる日, だった, だつた, とのみ思へりし, なり, にたよった, の寂けさ, の影, はない, をとさ, をと口癖, をよ, を仲人, 思ふわが身一つ

▼ あらぬ~ (13, 1.2%)

1 [13件] と相, と結ばれ, にまでう, に疑い, の人, の名, の妻, の子, の怪しみ, の父母, の群, の身, の顔

▼ あらぬ~ (13, 1.2%)

32 で彼 1 でしかし, で寧ろ, で微笑, にしまってる, に見えたろう, をまもり, を持つ, を装つて

▼ あらぬ思い~ (11, 1.1%)

1 [11件] だったでしょう, でもがく, で私, に胸, に腰, に駆った, をいたした, をするであろう, をせず, を誘われ, 生きた心

▼ あらぬかた~ (9, 0.9%)

1 にのみうるほふ, に乱れ飛ぶ, ばかりを見, へと向けられ, へ匍, へ眸, へ走らせ, をぼんやり, を見つめ

▼ あらぬところ~ (9, 0.9%)

1 だから, にてはもてなし, に一艘, に外れよう, に雉子, のゆかしく, へ眼, を凝視, を凝視め

▼ あらぬ方角~ (9, 0.9%)

1 から二手, へそれ, へ強力, へ投げ付けた, へ矢, へ飛ん, をじっと, を指し, を視詰め

▼ あらぬ~ (9, 0.9%)

6 して 1 で, で老母, をし

▼ あらぬかと~ (8, 0.8%)

1 うち仰げ, 余は, 心付きては, 思はる, 思わるる程, 思わるる静けさ, 打仰げ, 気味の

▼ あらぬさま~ (8, 0.8%)

1 かたち, となりぬ, なれそれ, にてイイエ, にならせられ, に草むしり, に黒み, をつくった

▼ あらぬ~ (8, 0.8%)

3 ない 1 ぎにあげて見せける, ございません, もとよりなれ, 必定なり, 私の

▼ あらぬよう~ (8, 0.8%)

1 その下調べ, にいった, にし, にと, になりたい, に万全, に戦き出した, に話しかけられた

▼ あらぬ~ (6, 0.6%)

1 から思わぬ, と思はまし, に敵意, に足, を求め, を見

▼ あらぬ方向~ (6, 0.6%)

1 にばかりわれ, へ一跳足, へ引き, へ行, へ走り去っ, を凝視

▼ あらぬ疑い~ (6, 0.6%)

1 がせきたてた, が行っ, さえ被り, をかけられた, をこうむる, を掛けられる

▼ あらぬ~ (6, 0.6%)

5 の魂 1 を披

▼ あらぬ貫一~ (6, 0.6%)

1 が身, なれば, に引添, は何, は職業, は肉

▼ あらぬ~ (5, 0.5%)

1 なれば, へ打ち, へ持っ, を見た, を見詰め

▼ あらぬ姿~ (5, 0.5%)

2 で泣い 1 で歎, の佗しげ, を見た

▼ あらぬ~ (5, 0.5%)

1 なり, に振舞, のさびしさ, の憶, を送らぬ

▼ あらぬ~ (5, 0.5%)

1 にて其方, にて合點, にて平兵衞, にて感應院, に其所

▼ あらぬほどに~ (4, 0.4%)

1 うちやられたる枕, 口惜しがっ, 山本氏がり, 驚き同時に

▼ あらぬ~ (4, 0.4%)

2 の日 1 やむかし, や昔

▼ あらぬ~ (4, 0.4%)

1 の, の仮, の袖うち, をわびし

▼ あらぬ~ (3, 0.3%)

1 代官陣屋の, 疑いの, 疑いを

▼ あらぬこの~ (3, 0.3%)

1 庵の, 港の, 炭焼小屋に

▼ あらぬ~ (3, 0.3%)

2 ふさはれ 1 申さるるは

▼ あらぬやう~ (3, 0.3%)

1 に人堵, に埋れたれ, に擬し

▼ あらぬ事ども~ (3, 0.3%)

1 は, を言い触らし, を言い触らそう

▼ あらぬ~ (3, 0.3%)

2 は身 1 の我

▼ あらぬ嫌疑~ (3, 0.3%)

1 からお, をうけ, をこうむり

▼ あらぬ~ (3, 0.3%)

1 俸給ながら, 嫌疑を, 尋なり

▼ あらぬ心地~ (3, 0.3%)

1 ぞする, にすこし, にてなに

▼ あらぬ~ (3, 0.3%)

1 の影, もやあらぬ, を見る

▼ あらぬ気持~ (3, 0.3%)

1 で, になつ, になる

▼ あらぬ濡衣~ (3, 0.3%)

1 にもあらざれ, をきせられた, をも着せた

▼ あらぬ~ (3, 0.3%)

1 に, の脚, を引入れ

▼ あらぬ~ (3, 0.3%)

1 のうへ, のさびしささがしゐて獄塀, を視

▼ あらぬ空想~ (3, 0.3%)

1 にその, に走り, に身

▼ あらぬ空間~ (3, 0.3%)

2 を見つめ 1 を眺め

▼ あらぬ~ (3, 0.3%)

1 に, の土, の末

▼ あらぬかを~ (2, 0.2%)

1 疑ひて, 試しに

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 多し, 悉く岩石

▼ あらぬその~ (2, 0.2%)

1 人である, 思いつめよう

▼ あらぬほう~ (2, 0.2%)

1 へと飛ん, へ眼

▼ あらぬ三人~ (2, 0.2%)

1 に懸っ, に懸つ

▼ あらぬ余生~ (2, 0.2%)

2 を愚痴

▼ あらぬ八戸~ (2, 0.2%)

2 の町

▼ あらぬ反感~ (2, 0.2%)

1 を買っ, を買つて

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 なりき, をも設けたるなり

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 か, を言った

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

2 に物いふ

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 なれや, にて

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 には人影, の門

▼ あらぬ尾鰭~ (2, 0.2%)

2 をつけ

▼ あらぬ山路~ (2, 0.2%)

1 に迷, へはいりたい

▼ あらぬ悲し~ (2, 0.2%)

1 さに, さの

▼ あらぬ態度~ (2, 0.2%)

1 になり, を装った

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

2 なれば

▼ あらぬ望み~ (2, 0.2%)

1 をかけたる, をもっ

▼ あらぬ様子~ (2, 0.2%)

1 で畳, 取られた利腕

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 の上, の歩み

▼ あらぬ水色ぎぬ~ (2, 0.2%)

2 の裳裾

▼ あらぬ汚名~ (2, 0.2%)

1 をきせられる, を着せられた

▼ あらぬ流説~ (2, 0.2%)

1 にちがい, をまい

▼ あらぬ浮名~ (2, 0.2%)

1 を受けた, を立てられ

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 の玉, をみはっ

▼ あらぬ秋鳥~ (2, 0.2%)

2

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 である, なりし

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

2 振神々しく

▼ あらぬ絶望~ (2, 0.2%)

1 でその, の色

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 をき, を石秀

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 と知らなん, の姿

▼ あらぬ花籠~ (2, 0.2%)

2

▼ あらぬ若き~ (2, 0.2%)

2 女の

▼ あらぬ苦悶~ (2, 0.2%)

1 の声, を強

▼ あらぬ荒磯~ (2, 0.2%)

2

▼ あらぬ覚悟~ (2, 0.2%)

2 を固め

▼ あらぬ言葉~ (2, 0.2%)

1 を口走った, を残し

▼ あらぬ評判~ (2, 0.2%)

1 もある, をしたがる

▼ あらぬ調子~ (2, 0.2%)

1 で, でことば

▼ あらぬ部屋~ (2, 0.2%)

1 ではある, の隅

▼ あらぬ郷里~ (2, 0.2%)

1 へ帰省, へ歸省

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

2 を人

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 にてヘイ其節, をし

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

1 に, に嘯い

▼ あらぬ高山~ (2, 0.2%)

1 の土地, の天地

▼ あらぬ~ (2, 0.2%)

2 の身

▼1* [283件]

あらぬあさましき我がなす笛, あらぬあたりに, あらぬあの男を, あらぬうちに, あらぬうわさにまどわされ, あらぬおのれの前, あらぬかぎりは, あらぬかたちに歪めなし, あらぬかといふ夢幻の, あらぬかとのみ思い悩みつつ, あらぬかなたの森, あらぬから鳥の, あらぬここちして, あらぬことさへ並, あらぬこの世や, あらぬへ恨めしく, あらぬさまでいきなりに, あらぬすこしのなだれ, あらぬせせらぎに菊, あらぬそら語り中の, あらぬかし, あらぬていで申されます, あらぬということである, あらぬとき高く笑っ, あらぬところで化の, あらぬづさひ, あらぬなど克は, あらぬなり何かの, あらぬにだに猶彼, あらぬにや小屋には, あらぬである, あらぬのみか明らさまには, あらぬひのきづくりは, あらぬふうで言葉巧み, あらぬに彼, あらぬまでおびたゞしく, あらぬまでに纏わるる, あらぬままただ当惑するばかり, あらぬまるで幼児の, あらぬものアカイア軍に加, あらぬよう義経あらんかぎり, あらぬよそほひしつ, あらぬわが身ひとつは花鳥, あらぬをといふ, あらぬをなど斯くは, あらぬをばわれ爭で, あらぬウワ言を呟く, あらぬカンテラの油, あらぬシヽデンなれば, あらぬローストンの町, あらぬ一ヶ所を見つめ, あらぬ一方ばかりを凝, あらぬ一種怪異なる感情, あらぬ一角を眺め, あらぬ三輪の町いっぱい, あらぬに家, あらぬより遙, あらぬ不安にさまよい, あらぬを念じ, あらぬ世の中にいか, あらぬ世評が貴公, あらぬ二元以上にわたって実際, あらぬ五月の時鳥, あらぬ今宵を埋, あらぬ今宵光の秋, あらぬ今日のこの, あらぬの宿, あらぬのいかで, あらぬ使命を持たせた, あらぬとどめずや, あらぬ山伏の, あらぬ傳説が一部, あらぬに一隅, あらぬ切なさに, あらぬ初めより, あらぬ劉高の官邸, あらぬ効果を生む, あらぬ動産不動産は追い, あらぬ厖大な洋風, あらぬ取沙汰がいつ, あらぬ口実を造つて, あらぬ口走りを放ち合い, あらぬ夢を, あらぬをうたわれる, あらぬ向う側を練つて, あらぬかな, あらぬ唐鳥の, あらぬ問いには道誉, あらぬ国民も, あらぬの上, あらぬ地点に敵, あらぬ堀田原の住居, あらぬ場所に山, あらぬや姿, あらぬ夕かげに人, あらぬ苦鬪, あらぬの一角, あらぬ奥州弁の国自慢, あらぬ如水であつ, あらぬ妄想感が納まっ, あらぬを, あらぬ嫉妬を起し, あらぬ宗長流しらべは, あらぬ家庭は彼, あらぬ家職に変っ, あらぬ容子を使者, あらぬ寂しさに, あらぬ尊いものである, あらぬ婢の, あらぬ小塚の若き, あらぬ小宮山の天窓, あらぬ小遣銭は尽く, あらぬ振り立てて, あらぬ屍体の焼かれ, あらぬも猶, あらぬ山ふところの岩倉村, あらぬ岩倉村をがんりき, あらぬの町, あらぬでもある, あらぬ市中の賑, あらぬ師家の慢心和尚, あらぬ若く美しき女, あらぬにゐ, あらぬ幻影も見, あらぬ幼き者の, あらぬ座敷の片隅, あらぬ強迫観念が起こりだす, あらぬの問題, あらぬ径六寸程の比較的, あらぬ後杜鵑と我と, あらぬ得意の速記, あらぬ御簾の間, あらぬ心事を疑はれ, あらぬ念いに歎, あらぬである, あらぬ怪しく床しく且つ幽, あらぬ恍惚状態におちいっ, あらぬ恐怖に駆られる, あらぬ恨みは濡衣, あらぬ悩みに悶え, あらぬ悪心を萌し, あらぬ悪態をつい, あらぬ悪罵を浴びせた, あらぬ悪鬼か羅刹, あらぬ悲しい色が, あらぬ情なさに, あらぬ情慾などはすっぱり, あらぬ意思まで忖度, あらぬ感傷のなか, あらぬ憤怒の眦, あらぬれに, あらぬ我が宿も, あらぬ我身とぞ思ふ, あらぬから兄, あらぬ折毎には必ず, あらぬ振りして, あらぬ振舞の三十棒, あらぬ捕縄を出し, あらぬ揣摩臆測を増させる, あらぬ教師の蔵書, あらぬを有る, あらぬ方面へ来た, あらぬの今, あらぬ時代なり, あらぬ時黒夜の暗に突然, あらぬのお, あらぬ未亡人を取囲ん, あらぬに向, あらぬ材料の持ち運び, あらぬ東京に住む, あらぬ板の間にこ, あらぬ板廂の中, あらぬ桐ヶ谷の村, あらぬ桜花みるわれさ, あらぬ業プリアモス守るトロイア, あらぬ楽しさを, あらぬ樣子で疊, あらぬ権勢をふるい, あらぬ横恋慕を寄せた, あらぬの中, あらぬ残り香の漂, あらぬの身, あらぬ気勢なり, あらぬ気持ちであと, あらぬ決心をかため, あらぬ流言は弘, あらぬ流言蜚語を逞, あらぬ浴槽の中, あらぬなじかは, あらぬ海不祥の, あらぬ渡しや水, あらぬ湖中の一島, あらぬ無理強ひの, あらぬ焦燥が襲っ, あらぬ片側町の薄ぐらき, あらぬを, あらぬ物事を夢みる, あらぬ狂名を歌われた, あらぬ独身なるが, あらぬ狭霧なづさひ, あらぬ狼藉いたされますると, あらぬ心に, あらぬ理由を立て, あらぬ甲府城下のこと, あらぬ男修行の君, あらぬ疑心にもひ, あらぬ疑惑をもっ, あらぬ白昼なれば, あらぬ白骨谷に籠る, あらぬは, あらぬの信仰, あらぬの犯人, あらぬ矢文をスラスラ, あらぬを一度, あらぬ福井の城下, あらぬをのみし, あらぬ答えをし, あらぬ篠田の其, あらぬ篠田長二なり図書舘, あらぬ細身なり, あらぬ羨ましさ, あらぬなれど, あらぬ考えに耽り, あらぬ肺結核の初期, あらぬの内, あらぬにあげ, あらぬ臆測を口走った, あらぬ臆説を生む, あらぬあらば, あらぬ良き憶ひあり, あらぬ色盲のま, あらぬ色音にまた, あらぬめきが, あらぬ苦しみの態, あらぬ草屋を竹, あらぬ荒尾も当面, あらぬ落度が一つ, あらぬ落髮を逐げ, あらぬ蒼海を汽船, あらぬの御, あらぬ蔵書を繙き, あらぬ藏書を繙き, あらぬを見た, あらぬ虚空をみつめ, あらぬ蛾次郎でもいま, あらぬの士, あらぬ表面のかげ, あらぬの膝, あらぬ西山の頂き, あらぬをし, あらぬ話題をすぐ, あらぬ誤解が奥さん, あらぬ誹謗をいいたてる, あらぬ讒訴もいい, あらぬにいと, あらぬ赤心を寄, あらぬ足どりでふと, あらぬ足人が泣かず, あらぬ跫音を考え, あらぬ迷いが湧い, あらぬ鉄甲の怒, あらぬ鏃鍛冶の鼻, あらぬに堕ち, あらぬ隣人をさえ傷つける, あらぬの子, あらぬ青山を目がけ, あらぬ青年たちの上, あらぬ静邃閑寂の天地, あらぬ靜こころの, あらぬ非情な笑い, あらぬ非望に引き入れ, あらぬ鞍馬の竹童, あらぬして, あらぬ顔つきで, あらぬ風評を致す, あらぬ風説を唱える, あらぬ飾物となりける, あらぬの有る, あらぬかき撫でて, あらぬ鬱憤を洩らし始める, あらぬ鬼心をそしらぬ, あらぬ鳶頭の金助自身, あらぬ黒衣なり