青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あらわれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あまりに あまりに~ ~あら あら~ ~あらう あらう~ ~あらず あらず~ あらゆる~ ~あらわれ
あらわれ~
~あらわれた ~あらん ~あり あり~ ありあり~ ありがたい~ ~ありし ありし~ ~ありまし ありまし~

「あらわれ~」 1833, 20ppm, 5799位

▼ あらわれ~ (1322, 72.1%)

146 いる 80 いた 44 来て 43 いるの 40 来た 32 きました 30 いて 23 来る 21 いると 19 くる 18 いるよう 15 いること 14 きた 13 くるの, 来たの 12 きて, 来るの 11 います 9 いない, いました 8 きたでは 7 いたの, いるわけ, きたの, 居る 6 いるという, 来ます 5 それが, 来ない, 来ました 4 いるか, いるん, おります, 来たこと, 来ないの, 来ること, 来るよう 3 いたので, いるが, いるこの, いるし, いるところ, いるので, いるもの, きます, 来たので, 来るもの

2 [31件] いたが, いても, いなかった, いなかったの, いるでは, いるとも, いるのに, いる人, いる彼, おりました, くると, こない, その人, みんなに, わたしが, 五日も, 居ります, 居るよう, 彼の, 往来の, 日本の, 来たころ, 来たよう, 来た現象, 来ても, 来なかった, 来ますから, 来るという, 燭台の, 自分は, 見えた

1 [535件 抜粋] あかるい慈悲, あきなかった, あたま, あの魏, あらあらしくさっと, あらぬ疑い, あるいは驚嘆, あんな事件, いう, いずれも, いたあなた, いたから, いたこと, いたし, いたずらを, いたため, いたであろうか, いたでは, いたはず, いたん, いたルネッサンス時代, いた二つ, いた作品, いた味, いた少年, いた平沢計七, いた恭一君, いた情熱, いった, いないいろいろ, いないから, いないが, いないでしょうか, いないと, いないもの, いない岩, いない後篇, いなかったが, いは, いましたので, います白髪, いままでの, いるあの, いるいろいろ, いるお, いるかの, いるから, いるかを, いるくらい, いるこういう, いること等, いるそう, いるそういう, いるそれら, いるであろうか, いるとさえ, いるにも, いるばかり, いるひと, いるほど, いるよりも, いるらしい, いるアメリカ, いるシチェードリン, いるドストイェフスキー, いるリアル, いるロマンティシズム, いる一人物, いる上流人, いる下様, いる世界史的規模, いる主人公, いる久保町, いる事務官, いる事実, いる人物, いる人間, いる今日, いる会話, いる作品, いる内容, いる冬, いる労働力搾取, いる反覆, いる受動性, いる可憐, いる名詞, いる唯物弁証法的把握上, いる嘉代吉, いる基本的人権, いる変, いる多く, いる多難性, いる大衆, いる失敗, いる妻君, いる婦人観, いる客観的, いる家, いる巨大, いる恐ろしい, いる意味, いる感動性, いる我国, いる振袖姿, いる新しい, いる方, いる日本, いる様子, いる権力, いる現実, いる現象, いる田舎町, いる甲板上, いる男, いる男女共学, いる相貌, いる真情, いる眼, いる社会的良心, いる科学的批評, いる筆者, いる範囲, いる精神史, いる自然, いる艦体, いる芸術上, いる著明, いる著者, いる蒼い, いる被害, いる語りかた, いる赤坊, いる鋼鉄製, いる関係, いる静寂, いる黒い, いれば, いんぎんに, おった, おなかの, おなじこと, おらないもの, おらぬ, おらねば, おらんから, おらんの, おりごく, おりその, おりましたが, おりますの, おり僕, おり天然, おり父, おる, おれば, お二人, お前は, お梶, お聞きしたい, お駒, かたきを, かれを, きそう, きたと, きたので, きた歴史, きた者, きません, きませんでした, くるこの, くるであろう, くるであろうかと, くるとばかりは, くるもの, くるよう, くる一つ一つ, くる反, くる塔, くる幻影, くる機運, くる法輪寺, くる調帯, くる踊子, くれないの, くれるの, こえを, ここに, こちらへ, こちらを, こないから, こないの, このあらゆる惨, この事件, この比叡山, この開成山, こようとも, こんなこと, こんな痴児, さかんに, さながらぴちぴちした, じきに, すぐさま消えた, すばやく魚, そうして世界, そこには, そのああ, そのうち二百頭以上, その建設, その心, その町, その註, その銭, そばに, それでも相手, それは, それを, そんな佗住い, たくさん小説を, たちまちガラス壜, ともかく, ともすると彼, どうぞと, どうでしょう, どうやら私, なかには病人, なにも, のぞき眼鏡, はじめて一本, はじめ二三尺の, ばらばらと, ひと粒の, びっくりする, ふっと人魚, ふとった脂ぎった掌, ぼくらを, まだちっとも使い古され, まだ他, まぶしそう, まるでいも虫みたい, みえた, みょうな, もう助からない, ものすごい, やあと, ゆうべと, ゆらゆらと, よれて, わたしの, アアには, クナップ氏は, コツコツと, コンクリートの, スミ子ちゃんに, スラリと, ズンズン形を, トルーソツキイ家へ, 一味徒党ことごとく, 一大事を, 一層の, 一所けんめいに, 一行は, 三つに, 三人の, 世間を, 両手を, 中でも第, 久助の, 亀井武蔵守を, 予の, 五つに, 五千以上の, 人々の, 人々を, 人に, 今では, 仕えの, 以来数字の, 伸子が, 何かを, 來た, 例の, 侍たちを, 偉い騒ぎ, 八十万年に, 共同浴場の, 兵庫に, 円い砂利, 再び生活, 出た, 出た若い, 出ました, 出るよう, 初めて彫刻, 初めて放射線, 半信半疑の, 単純古調の, 参ります, 参りませんと, 参るのみ, 友情にも, 取り返して, 同志の, 向い側に, 唇の, 喜平と, 堀口課長や, 境内の, 多代子の, 夜警の, 大いに景気, 女中は, 威勢を, 嬉しいと, 宗匠からは, 実にふた目, 家々の, 宿やで, 小僧の, 少女の, 少年は, 居ずいや, 居て, 居なかったから, 居らなかったの, 居りました, 居りまする宗教上, 居り同時に, 居るから, 居るの, 居る故, 崑の, 巨人が, 市民の, 広く暖, 府庁官邸の, 弓を, 彼に, 彼女は, 後前に, 応急の, 応接に, 怪しい光, 愛らしかった, 慶正, 我れ, 我を, 手足が, 攫い取るよう, 教室の, 斜堤へ, 新聞に, 明朝六時に, 昔美しかっ, 暗いなか, 暗の, 曰く, 書生の, 曹操に, 最後の, 有無を, 望むところ, 杖で, 来, 来そう, 来たお里, 来たか, 来たでは, 来たと, 来たという, 来たもの, 来たり, 来たわい, 来たん, 来た仮装者, 来た光栄, 来た初蔵, 来た協調, 来た君, 来た時代, 来た暗い, 来た様, 来た獣, 来た色白, 来ないとも, 来ない処, 来なければ, 来ますし, 来ませんため, 来ませんでした, 来るからには, 来るころ, 来るたまらない, 来るでしょう, 来ると, 来るところ, 来るなんらかの, 来るに, 来るに従って, 来るよ, 来るより, 来るよろこびを, 来る三面事故, 来る前, 来る旅行者, 来る日, 来る祖父, 来る若い, 栄三郎へ, 楊の, 次に父親, 歌うても, 正二は, 死んだ者, 母の, 氏の, 氷上に, 泣いて, 洗面所へ, 浦上切支丹の, 海底に, 消えた, 源一の, 父様つまりませぬ, 犯人の, 生きて, 生まれつきの, 生徒の, 百円札を, 皿や, 目が, 相川技師長に, 相手を, 真先に, 知らずしらず歩いて, 知らぬ母親, 私に, 私は, 私達を, 笑い声を, 笑止とも, 第一, 精勇溌剌当るべく, 細君は, 総督の, 縦横に, 縹渺と, 罪も, 美しいよう, 而も, 聴く人, 背後から, 胡夷の, 腰掛けました, 自分と, 自分の, 舟を, 色にも, 若いひと, 蔽われ果てぬ尋常, 行くの, 見えたから, 見えるの, 見えるほど, 見えるドナウ, 見る人, 見舞に, 覚束ない, 親の, 親子の, 誰かの, 諸官, 赤裸の, 走ったり, 踏みだん, 躍りこむかも, 身を, 辻に, 退学にでも, 部落じゅうの, 部落の, 野村彦右衛門を, 鉄かぶとに, 鉱毒の, 鍼で, 長ずるに, 雲助二人を, 青き光, 静御前の, 頸の, 頻りにその, 顔色生ける, 飄然と, 餌桶を, 馬の, 騎士に, 驚いたの, 骨が, 鮒が, 鳴り物も

▼ あらわれ~ (23, 1.3%)

2 すぎぬ, なったの

1 [19件] すぎず貧困, すぎない, ちがいない, なって, ほかならぬの, 他ありません, 他ならない, 外ならない, 外ならなかった, 外ならぬ, 幾通りも, 渇きを, 相違ない, 過ぎない, 過ぎないかも, 過ぎないであろう, 過ぎないの, 過ぎないので, 過ぎないもの

▼ あらわれ~ (18, 1.0%)

2 ように, 一つだった, 一つと, 一つとして 1 うちに, ひとつである, まま描く, 一つで, 一つに, 一つの, 一面として, 具体面という, 裡に, 裡面には

▼ あらわれたり~ (17, 0.9%)

4 して 3 消えたり 2 するの, 隠れたり 1 いろいろと, した, したの, すると, する時代, 池の

▼ あらわれである~ (16, 0.9%)

3 ということ 2 からそれ

1 [11件] かのよう, からありがたく痛い, が, ことを, そんな勝気さ, とおもえた, と信じ, と思う, と諦観, のだ, 自治政治と

▼ あらわれ~ (16, 0.9%)

2 示して

1 [14件] しみじみと, するの, できるだけおそろしくできるだけ悪逆, もった, もって, もつの, 人間世界から, 感じさせるけれども, 指した軽蔑詞, 知るもの, 見せて, 見ようと, 見出す事, 身に

▼ あらわれては~ (15, 0.8%)

1 [15件] いないが, いるが, こずに, そこの, もう運, 又消え, 又消えました, 幕府の, 影の, 消えああ, 消えあらわれては, 消える, 消え消えては, 禿げた頭, 隠れして

▼ あらわれても~ (15, 0.8%)

2 いる

1 [13件] すぐそれ, すこしも, だれも, どこか, やはり父, 分るもの, 少しも, 居りますから, 平気だろう, 平気です, 武蔵の, 決して悲観, 胃の

▼ あらわれ~ (15, 0.8%)

2 しまいかと, 格風を

1 [11件] こういうハーモニー, そうした心境, それぞれの, もって, 女らしいの, 尼にも, 激しかった, 男も, 皆これに, 突拍子も, 非常に

▼ あらわれとして~ (14, 0.8%)

1 [14件] ある作品, トラストも, ルポルタージュの, 中央の, 友情の, 多計代, 忍術を, 把握され, 歌って, 殆と, 芸術的に, 試みられた努力, 諦められなければ, 貞潔が

▼ あらわれその~ (13, 0.7%)

1 [13件] すみに, たくさんの, ほか一般の, まわりを, 両はし, 人間性の, 前放電, 存在だけを, 無慈悲な, 眼は, 編輯者の, 赤茶けたペンキ, 躍動として

▼ あらわれそれ~ (12, 0.7%)

3 がだんだん 1 からしばらく, がいわゆる, がすこし, が何十人, が明滅, が横, が民主主義文学, に向っ, は映画

▼ あらわれてから~ (11, 0.6%)

1 [11件] 丁度一年目に, 以来の, 僅か六ヵ月足らず, 六時間の, 其後の, 十日ほど, 半月あまりの, 急に, 海へ, 足かけ三年平助の, 関白忠通は

▼ あらわれ~ (9, 0.5%)

1 いわれて, なって, なつて, なること, 云える, 哀れむべきでは, 見えずに, 見なければ, 見るべきである

▼ あらわれ~ (6, 0.3%)

1 あると, この小豆, たとえば一人, 倭名鈔に, 脳髄の, 過去においても

▼ あらわれしかも~ (6, 0.3%)

1 いつもきまって同じ, それが, ファシズム反対という, 云いつくされぬ美, 服用後五分間には, 謹製と

▼ あらわれであり~ (6, 0.3%)

3 時代創造的な 1 その後の, その生活, それが

▼ あらわれでは~ (6, 0.3%)

2 なかった 1 あったが, ないか, ないかと, なくじつは

▼ あらわれ~ (6, 0.3%)

1 がおそい, がどう, などは古今, の奇抜, も異なります, を興味

▼ あらわれかた~ (5, 0.3%)

1 だったの, になる, をし, をする, をするでしょう

▼ あらわれ~ (5, 0.3%)

2 と思っ 1 からである, と信じ, などと君

▼ あらわれそう~ (4, 0.2%)

1 な気, な道筋, になっ, もございませんでした

▼ あらわれ~ (4, 0.2%)

1 あつた, フランスと, 一般の, 気持を

▼ あらわれとしての~ (4, 0.2%)

1 バルザックは, 小説にも, 最もシリアス, 神の

▼ あらわれとも~ (4, 0.2%)

1 とれる, みられる, 気づかずあさましい, 考えられた

▼ あらわれ~ (4, 0.2%)

2 のである 1 ばこの, んです

▼ あらわれまた~ (4, 0.2%)

1 ふだんの, 一般から, 国民特に, 美術史家たちの

▼ あらわれ~ (4, 0.2%)

1 あるが, 哲学者らしい, 悪意で, 決してかるがるしく

▼ あらわれかも~ (3, 0.2%)

1 しれない, 知れないという, 知れませんからね

▼ あらわれそして~ (3, 0.2%)

1 すぐひっこん, もう一つ, 動きやがて

▼ あらわれであっ~ (3, 0.2%)

1 てこれ, てそこ, て古代人

▼ あらわれであった~ (3, 0.2%)

1 がしかし, といえよう, と申さなけれ

▼ あらわれでなけれ~ (3, 0.2%)

3 ばならぬ

▼ あらわれについて~ (3, 0.2%)

1 云われて, 相互関係の, 考えて

▼ あらわれ出た~ (3, 0.2%)

1 のが, のである, ものか

▼ あらわれ~ (2, 0.1%)

1 単に非業, 町の

▼ あらわれこれ~ (2, 0.1%)

1 が断層, もやはり

▼ あらわれそのまま~ (2, 0.1%)

1 探偵事務所の, 篠咲の

▼ あらわれついに~ (2, 0.1%)

1 は死ぬ, 顔まで

▼ あらわれてからの~ (2, 0.1%)

1 ことである, ゴーリキイは

▼ あらわれやがて~ (2, 0.1%)

1 その煙, 島の

▼ あらわれよう~ (2, 0.1%)

1 として現れない, などとは夢にも

▼ あらわれ初め~ (2, 0.1%)

1 た, たこと

▼ あらわれ多く~ (2, 0.1%)

1 は一週間後, は死亡

▼ あらわれ~ (2, 0.1%)

1 にはその, には大腿

▼ あらわれ~ (2, 0.1%)

1 をする, をつい

▼ あらわれ~ (2, 0.1%)

1 の関節以下, をふんばり

▼ あらわれ~ (2, 0.1%)

1 から胸, を五十メートル

▼1* [202件]

あらわれあまたの人, あらわれいきなりギリギリと, あらわれいつまでもきり, あらわれうさんくさそうに, あらわれうす緑色の塗料, あらわれみやから, あらわれおなじような, あらわれお預けの畑姉弟, あらわれかつて戦友だった, あらわれがちなもの, あらわれきたる面白さ, あらわれけわしい峯の, あらわれこそ文学における, あらわれこそこそとやみ, あらわれこちらへ歩い, あらわれことには, あらわれこの事件の, あらわれこの世に生ける, あらわれしかと覚えられます, あらわれしたがって彼らの, あらわれしだいに左門洞に, あらわれしとやかに一礼, あらわれじりじりと動き出す, あらわれすなわち婦女という, あらわれせっかくの三年, あらわれそういうものである, あらわれそうして笑いを, あらわれそこに切ない, あらわれそこでじっと立, あらわれその大きな舳先を, あらわれそれから顔の, あらわれそれがくびばかりになったのは一まいガラス, あらわれたりと思いある, あらわれたるを望む, あらわれだったのさ, あらわれだのジュンボクなる, あらわれだろうか, あらわれつつあるか, あらわれてきぱきと料理, あらわれてこそ同人雑誌としての, あらわれてね汚なくっ, あらわれてる透る声で, あらわれであったろうともいえよう, あらわれであろうが銀公, あらわれでございましよう, あらわれですがさて, あらわれでもあったろうか, あらわれということは, あらわれとしか思えないの, あらわれとしても現代文学の, あらわれとはみえなかつたが, あらわれどうぞと言っ, あらわれどんな衒学的な, あらわれなどと見るかかる, あらわれにしかすぎなかった, あらわれには一種の, あらわれにも嵐の, あらわれに対しておどろかされた人々, あらわれに対する反感で, あらわれはっと思う間, あらわれはでで厳粛, あらわれまたは巫女などの, あらわれまだ光らず黄色ッ, あらわれまもなく星が, あらわれみんなで紳士, あらわれやすい事実の, あらわれやや横に, あらわれゆらゆらと揺れ, あらわれイタリーのファシズム, あらわれピストルや剣, あらわれピッタリと怪盗, あらわれレンブラントの絵, あらわれロデリゴが来る, あらわれロンドンの下層, あらわれロープのはし, あらわれ一つの美, あらわれ一個の器物, あらわれ一同図らずも, あらわれ一般読者は作中, あらわれ一隊は殺人団機, あらわれ三宅恒方なんか多い, あらわれ上と下とでなに, あらわれ上座に坐っ, あらわれの軽, あらわれ久作の存在, あらわれ二ひきの骸骨, あらわれ二ツあらわれて, あらわれ二三度またたいて, あらわれ二人のおどる, あらわれ二足三足と何, あらわれ人体の解剖生理, あらわれ人間それぞれ自分の神, あらわれ代々木駅ちかくのう, あらわれ個々の商品, あらわれいた階級的良心, あらわれ其の禍を, あらわれ出ずるという方法, あらわれ出でたものなんだか, あらわれ出やしてネ, あらわれ列車の屋根, あらわれにきた, あらわれになる, あらわれたちまちそれ, あらわれ同時にどっさりの若い, あらわれの精猛, あらわれ地下室の階段, あらわれに沈み, あらわれには陰惨, あらわれあらば, あらわれに魏呉, あらわれになる, あらわれ番狂わせの, あらわれ大衆の支持, あらわれ天皇の権力, あらわれ太閤は長浜, あらわれ奇怪の音響, あらわれ婦人の社会的, あらわれ実験室のまんなか, あらわれ室内の人々, あらわれ専門学校出の淑女, あらわれ小屋の数, あらわれ小林君が書斎, あらわれ屋根全体をおおいかくした, あらわれと舞台, あらわれくだきの, あらわれ岩角の氷柱, あらわれ市尹の庁, あらわれ平たい胸にも, あらわれ平和はその, あらわれ幸徳秋水などが死刑, あらわれ座敷のすみ, あらわれ廃藩につき土地, あらわれ恋愛の心理, あらわれ恐らく元の, あらわれ恐ろしい急性原子病の, あらわれの魔薬, あらわれ又気の毒ニ, あらわれ或いはその信仰, あらわれ捕虜生活という不自然, あらわれ整然として品格, あらわれ文学の重く, あらわれ日曜日の夕方近く, あらわれ日本文学ではじめて, あらわれかるい光, あらわれ易い文学の, あらわれ昭和七年アダリン自殺を計り, あらわれ最後に舞踏, あらわれに酒, あらわれ有名な七博士, あらわれたったもの, あらわれ栖鳳フフンと思ったであろう, あらわれ極度の神経衰弱, あらわれ横田君は仆, あらわれ樹林が見わけられ, あらわれ機械説が復活, あらわれ死亡者続出し一同, あらわれ死体の近く, あらわれ津田沼から幕張, あらわれ渡り板を踏ん, あらわれ満足そうであった, あらわれも紙屑屋, あらわれ狼火が見えた, あらわれいけるが, あらわれ生物にのみ特有, あらわれ生絹はその, あらわれ相撲は内部的, あらわれ眼落ち凹み歯, あらわれ短い針と, あらわれ秀吉の特性, あらわれはこれ, あらわれ私どもの家, あらわれ立木の間, あらわれ筒井は極めて, あらわれ職業的ものしずかさでそこら, あらわれがあらわれ, あらわれのくぐり, あらわれ自分の心, あらわれ舞台に高く, あらわれ艨艟数十艘を浜, あらわれ菊池寛の海容, あらわれ袁術の中軍, あらわれ誠実の一つ, あらわれ警官たちのそば, あらわれの暗い, あらわれ貧しき人々を, あらわれ農民の気分, あらわれ近年になっ, あらわれ銀座にもイノチ, あらわれの片, あらわれイスの, あらわれ長椅子のうえ, あらわれ難いので, あらわれの上, あらわれ非常な注目, あらわれを振っ, あらわれがうす黒く, あらわれ騒客杯を挙げ, あらわれ高師直は大星由良之助, あらわれ鬨の声をあげた, あらわれの群, あらわれを見, あらわれ黄羅の傘蓋