青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あらう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あなた~ あの~ あはれ~ ~あまり あまり~ ~あまりに あまりに~ ~あら あら~ ~あらう
あらう~
~あらず あらず~ あらゆる~ ~あらわれ あらわれ~ ~あらわれた ~あらん ~あり あり~ ありあり~

「あらう~」 5343, 58ppm, 1991位

▼ あらう~ (1598, 29.9%)

201 思ふ 68 思はれる 50 思ひます 44 いふこと 39 私は 34 思つた 31 云ふ 30 思ふが 21 思ふの 15 おもふ 14 言ふ 12 思つてゐた 11 思はれます 10 思はれた, 想像し, 考へて 9 いふの, なからう, 信じて, 考へる 8 彼は, 想像される 7 云ふこ, 思はれるが, 思ふと 6 いふもの, いふ事, 信ずる, 思つてゐる, 思ひますが, 想はれる, 考へた 5 云つてゐる, 思はれるの, 無からう, 考へられる 4 あるまいと, いふので, する努力, まぜ返す, 何であらう, 思つたから, 思ひながら, 思へた, 考へられます

3 [24件] いふ, すること, すれば, それが, それは, 云つた, 何の, 努めてゐる, 問はれ, 彼女は, 思はる, 思はれて, 思はれるから, 思はれるやう, 思ふから, 思へば, 想像された, 想像する, 成瀬は, 書いて, 構は, 結城が, 言つた, 言はれ

2 [69件] いふ説も, これは, した, するとき, する者, そんなこと, た, 予期した, 云つて居る, 云は, 人の, 作者は, 信じます, 信一郎は, 先づ煙管を, 卓一は, 口を, 察した, 察せらる, 少しも, 島に, 弟子は, 待ち構, 思つ, 思つたのである, 思つて居た, 思はれたが, 思はれますが, 思はれるさ, 思はれるほど, 思はれる四十五六, 思はれる程疵だらけ, 思ひますけれども, 思ひ乍ら, 思ふし, 思ふやう, 急いで, 悟つた, 悪で, 想はれます, 想ひます, 想ふ, 想像せられる, 感じたの, 或は更に, 推測した, 推測する, 樂しく, 決して家, 申して, 私などは, 私も, 科学的な, 考へたの, 考へると, 考へるの, 聞く, 自分の, 自分は, 解釈し, 言つてゐた, 言はれた, 言ひ, 言ふこ, 詭計を, 誰でも, 誹す, 謂ふ, 谷村は

1 [617件 抜粋] あきらめを, あてに, あの人, あの娘, あの白壁, あれ程の, いうて, いつたの, いつた簡単, いつた言葉, いつて, いふだけ, いふわけ, いふ所, いふ日, いふ説が, いふ説に, いふ説は, いふ説を, おそらく君, おびやかされたのだつたが, おもつ, おもふと, お前には, お金を, お雪, かう定めて, かう思ふ人, かたく信じ, この一, この一つ, この人, この女, この年少, この波, これなども, これを, さう, さうである, さう思ふの, さへ, した間, しばらく思ひ, します, しみつたれで, し或, すぐ腦貧血, すでに先驅, すべては, すると, するの, するもの, する傳統主義, する君, する歴史学, する舞台監督, する誓約, する辞書, そぞろ同情, そのとき凡太, そのまま床, その五円, その時, それから, それだ, それに, そんなもの, たとへ, ちかごろの, ぢつと, てんでそんな, どんな名人, ながめて, ひとりで, ほんたう, ぼんやりでは, まず考えた, また, まづ, まづどんなことを云, もつともらしく, もんは, ゆき子は, よしんばサンタ, わたくしに, わたしは, われわれは, キエは, ソツと, ヌエは, ファルスは, ホーマーの, 一人心に, 一切批評する, 一向厭, 一心にそれ, 一應は, 不安に, 不審を, 不幸で, 不思議に, 世間も, 中, 丹羽は, 主人達に, 主張した, 予想し, 予想した, 予期し, 云つたさうである, 云つてお母さんは, 云つて其当時村中の, 云つて友人賀古鶴所さんの, 云つて夜が, 云つて心配を, 云つて若い, 云ひ, 云ふた, 云ふわ, 云へば, 互に喜悦, 些少も, 今にな, 今日で, 今日想像せられ, 他人の, 他人ので, 何んと, 何時と, 余の, 來て, 信じてを, 信じながら, 信じますが, 信ずるに, 信ずるやう, 修吉は, 俺は, 假借も, 充分に, 先づ素人だ, 全くそれ, 全く許し, 全く関係, 其, 其を, 其様な, 初瀬は, 別段悲しく, 利用する, 前々から, 前に, 努めて, 努めてゐた, 単にその, 単純に, 友人は, 取つて, 取得の, 古賀は, 合点の, 合點の, 同じだ, 同じ心, 同時にその, 唯君が, 商売に, 問題に, 善で, 善意に, 喜んで, 嘗て私, 嘘か, 噂され, 国民は, 土地の, 土瓶どんぶり片口小鉢の, 塩で, 外出させ, 多くの, 大体は, 大切な, 太平も, 女では, 女出入りの, 好みの, 好奇心を, 妻を, 妾は, 始めから, 威嚇した, 存じまして, 安心した, 客と, 密かに, 寒からう, 察して, 察します, 察しられます, 察する, 察知し, 小池には, 尤めた, 左に, 平気で, 幻で, 幾度も, 床しがる, 微塵に, 心に, 心は, 心中祈りに, 念は, 忽ち無常観, 怕れ, 思うた, 思つたのが, 思つたのでした, 思つたのです, 思つたのに, 思つたのを, 思つてお, 思つてこの, 思つてその, 思つてもう一度, 思つて一心に, 思つて不快に, 思つて勿體ない, 思つて奇異に, 思つて居ます, 思つて居りました, 思つて居る, 思つて胸を, 思はずに, 思はず身の毛, 思はせられるの, 思はれ, 思はれたから, 思はれるけれども, 思はれること, 思はれるこの, 思はれるさま, 思はれるだけ, 思はれるであるから, 思はれるのに, 思はれるほどに, 思はれるまでに, 思はれる一室, 思はれる一軒, 思はれる丹右衞門, 思はれる二階建, 思はれる個所, 思はれる固く, 思はれる大, 思はれる如き無稽, 思はれる宏大, 思はれる少し, 思はれる御影, 思はれる書簡箋, 思はれる此, 思はれる河内屋, 思はれる父親, 思はれる白壁, 思はれる眼鼻立, 思はれる程, 思はれる綿, 思はれる見事, 思はれる部屋, 思はれる間, 思はれる顯正之卷, 思はれる高い, 思ひあ, 思ひはつ, 思ひます併, 思ひ二重, 思ひ僕, 思ひ当, 思ひ暫らく氣, 思ひ睡気, 思ひ私, 思ひ親戚, 思ふこと, 思ふこれ, 思ふた, 思ふたが, 思ふて, 思ふで功徳, 思ふので, 思ふほどのへ, 思ふん, 思ふ一本, 思ふ中, 思ふ丸柱, 思ふ仲, 思ふ位, 思ふ何, 思ふ兎, 思ふ内, 思ふ大観, 思ふ夫, 思ふ小判, 思ふ崖, 思ふ庭石, 思ふ恐ろしい, 思ふ恰も, 思ふ恰幅, 思ふ槍, 思ふ法悦, 思ふ然るに, 思ふ狐, 思ふ紀元前一千年今, 思ふ而, 思ふ荷馬車, 思ふ長虫, 思へない, 思へる, 思へる眼, 思ツた, 恐れる次第, 悉皆持合せ, 悪人で, 想つて居た, 想つて心が, 想像さるべき, 想像した, 想像すべき, 愚考し, 感心し, 慘澹たる, 憂へずには, 憎悪する, 憐んで, 我ながら, 我も, 折が, 探し草, 推せられる, 推定する, 推定出来る, 推察される, 推察せられる, 推測された, 推理する, 敗戦といふ, 斯う, 斷定する, 春で, 暗い気持, 暫くは, 書翰集を, 最初から, 期待される, 期待する, 果た, 柳田先生も, 桂木は, 案内の, 構はず此方から, 構ふ, 樣, 欲するところ, 歌としては, 正式で, 此儘に, 此眼で, 死骸を, 殘念に, 氏は, 気が, 気がついた, 気の毒な, 気取られるの, 気遣, 氣が, 決してしかめつ, 決して馬鹿, 河岸に, 油皿鰊皿で, 法力は, 波子は, 滅亡で, 漁村で, 潜と, 無智, 然し決して, 玄竹は, 理解しなけれ, 生そのもの, 生育出來る, 田丸はちよつと, 田舎の, 由子は, 男は, 町人で, 目され, 直ぐさま, 眞に, 眼をと, 矢張これ以上の, 知らん顔し, 確信いたします, 確信させる, 確信し, 神で, 私たちと, 私には, 秩父の, 笑ひ, 簡単に, 純ちやん, 紫玉は, 結構である, 綺麗な, 罪惡で, 義直は, 義雄には, 老僧, 考へたから, 考へたこと, 考へてを, 考へながら, 考へますが, 考へられるから, 考へられるの, 考へられる尚, 考へられ且又其符, 考へるやう, 考へれば, 考へリュックサック, 考へ先づ外國, 考へ百年, 考へ薪, 考證せられ, 聞いた村境, 臆病な, 自ら慰め, 自分でも, 自分ながら, 自分を, 良人に, 苟も悪い, 苦笑される, 苦笑した, 莫児比涅で, 行列が, 複雜な, 要するに思想, 見て, 見て取つたので, 見る, 見ると, 見極めを, 親が, 親たちは, 親類で, 観察を, 観念としての, 解釋し, 言うて, 言つたといふ, 言つてさう直し, 言つても, 言つてパパママに, 言つて居た, 言ふ申し合せ, 言ふ考へ, 言下に, 評判され, 詩は, 話し相手には, 認められる所, 語つてゐた, 語り合つて, 説明され, 読者諸君に, 誰が, 調べるだけは, 謂つて見, 謂合ツて, 貧乏徳利で, 貴方の, 身分の, 身動きも, 近代資本主義の, 通るごと, 速断し, 道臣は, 遠慮なく叩き起せる, 醜で, 金屏風で, 鑑定した, 陽気などに, 雲の, 非難し, 頓着は, 顏色まで, 飛び立つ様, 騎兵の, 黄昏の, 默つては

▼ あらう~ (971, 18.2%)

17 私は 15 それは 12 さう 7 これは 6 何であらう, 兎に, 自分の 5 それが, 私の 4 それよりも, 先例が, 此は

3 [14件] あるまいが, それなら, それにも, そんなこと, なからう, 人の, 人を, 今の, 兎も, 彼は, 彼等は, 必しも, 父も, 近頃は

2 [38件] かまは, しかしたつた, その, その間でも, それには, それより, た, どうで, もともと恋, わたくしの, わたくしは, 一つは, 一切衆生の, 不幸に, 中には, 之は, 今では, 今は, 今日あたりまだ, 何分此頃, 僕には, 僕は, 君に, 多くは, 實は, 少くとも, 彼女は, 心が, 悪人で, 概して瀟洒, 此の, 氏の, 然し左, 生憎と, 白足袋を, 私に, 第一, 芥川の

1 [762件 抜粋] あたしの, あの子等, あの小説, あの自, あの茶わん, あまり臭い, ある人々, あんな下らない, いかに草臥れ, いづれに, いまは, いろはの, うつかりした, おしなべて云, おそは, お二人, お断りする, かういふ時, かういふ点, かう第, かかる主, かくの, かりに我々, こ, ここには, このとき論理學, このやう, この事実, この勉強法, この句, この地方, この場合, この市, この新式鐵砲, この点, この若々しい, この誤解, この際, これこそ, これでは, これによ, これを, さうい, さうなる, さもない, さりとて貴殿, さればとて, しかしこれら一切, しかしその, しかしながら此, しかし公平, しかし百合子, しかし私, しかも舞臺, そこで私, そこは, そこへは, そして読者, そとで, そのこと, そのため, その不足, その中, その予想, その他の, その光, その場合, その孤独, その慾, その方略, その時代, その時古賀, その機関, その發展, その眼目, その經歴, その自覚, その芸術家, その譯, その途中, その隙, その際, その面影, その頃としては, そもそも恋, それこそ, それでもその, それでも少く, それでも飜譯, それとても, それなら俺, それなら若し, それに, それにしても驚く, それに対する, それも, それらは, それ迄は, そんな個所, たけは, ただわが国, たと, だからこそ作品, ところが然, とにかくひどく, ともかくも, とんでもない, どうしてか, どうせ厳密, どうぞ一番, どうも考, どう見, どのやう, どれだけ, なげこんだとしか, なほかつ, なんの, なんのは, ひとつには, ひよつと, ぼくの, ぼくのは, まあしばらく見, まあまあ鳥渡, まことに秋, またこれら, またはよそ, また頭, まつたく, まるで自分, もう僕, もう見こし, もう遙, もつと, やがて文子, わたしは, カンガとは, スタンダアルや, ダンテが, プラトンは, ホテルの, ボーイは, マルコン局長は, 一つには, 一つの, 一体この, 一寸知らずに, 一度死ぬ, 一時に, 一時は, 一部の, 一面この, 一面象徴詩でも, 丁度其の, 三本で, 上來の, 下枝子自身の, 不幸な, 中, 主としての, 主人公の, 主人思ひ, 久しい間, 之と, 之には, 之れ, 事は, 事実他の, 事情は, 二年経た, 二百年もか, 人は, 人事を, 人生の, 人選は, 今一歩進め, 今存する, 今日と, 今日とな, 今日万金を, 今日上演され, 仏教声楽で, 仕事が, 他巳吉, 他者性の, 似て, 何と, 何ともくすぐったい, 何も, 何よりも, 何処で, 何分この, 何時の, 何時も, 何等の, 作業には, 信仰の, 修史事業の, 俺は, 僕なほ一家を, 僕も, 僕ら書解の, 儒教の, 元で, 光子は, 兎角世間, 全体的に, 八五郎親分に, 六十枚の, 其の施爲, 其は, 其中核は, 其他何の, 其日は, 其用途は, 内容には, 内容にも, 凡て仇名を, 出來, 初夏らしい, 初學者, 利鞘を, 前後に, 勢力には, 化身説を, 十人で, 南洋辺の, 博士は, 卵を, 參詣人は, 又年齒, 又愚か, 友人に, 取り殘, 古いと, 古くから, 古さ, 古事記にも, 古来の, 古染付, 同じく訣ら, 同じ大事, 同時に衷心, 同様の, 君の, 否幸福, 品物が, 唯その間, 唯恐れ入る, 商ふと, 單に, 困つたといふ, 固より, 土の, 土地の, 墨子が, 壽阿, 夏に, 夜盗の, 大体に, 大体において, 大師は, 天壽を, 奥さんを, 女の, 女房と, 如何に, 妙な, 妻女縫は, 婦人の, 子供読物浄化運動の, 実には, 実は釣人, 実際の, 富士が, 察しも, 寫眞が, 対局棋士の, 小説の, 少しく学問, 少し横著, 少し詳しく, 尚少し, 尚少数, 尚母親, 尤も之, 尾芝氏も, 川風に, 左に, 左様な, 平癒らぬ, 年の, 弘安三年五月三日の, 当分の, 当時の, 彼が, 待たせて, 後は, 後漸く, 御子息, 心よく, 必然に, 応募者が, 思ひ決して, 思想的には, 恐らくこれ, 恐らくそれ, 悲む可し, 想ひ出し, 意義よりも, 愛着を, 憎いの, 懸賞決闘で, 我々に, 或は又, 或る, 房一は, 所詮誠, 打ち興じて, 摩尼教の, 整備せられ, 文化の, 文學と, 文章に, 新しい息の, 新聞紙で, 既に神仙, 日本中で, 日本在来の, 日本映画俳優一般への, 明治初年に, 明治四十四年に, 昔の, 星の, 昼の, 時による, 時を, 時雨といふ, 普通の, 最新しい, 月の, 有名ルソーの, 有用の, 朝顏を, 本の, 本質的姿を, 村長で, 東京の, 東作, 果して, 果してよく一曲, 果して犯人, 根は, 梅毒は, 梭魚で, 極めて明瞭, 横からの, 欲しいもの, 正法で, 正確には, 此と, 此の分なら, 此を, 此亦逸れ, 此樣な, 此頃にな, 死ぬ事, 死は, 殘念物の, 段々がすつかり崩れ, 段々河童離れ, 母様で, 毒食はば, 民俗と, 気もちを, 水深が, 江戸時代にな, 決して今日, 決して多く, 海部や, 深い木立, 清吉めが, 満ち足りた賑やか, 演劇に, 無からう, 然しともかく, 然し今日, 爺さんが, 物の, 特に真夏, 特種の, 独立し, 獻立が, 玄二郎は, 玄牝は, 王應麟が, 現在と, 現在の, 用法から, 田丸浩平は, 異なつ, 當世振る, 當時一歳下の, 病気の, 白骨も, 皆此らは, 盲目にな, 眞の, 真に歌, 真土山界隈の, 真船氏の, 知る人, 神の, 神仙の, 神祕的象徴主義は, 神秘を, 祭の, 私が, 私としては, 私も, 私を, 穴場へ, 空恐ろしいの, 第一回目, 篆刻家で, 紀元前五百年の, 純粋経験の, 経済更生の, 結婚披露で, 結局まことに, 結局一時凌ぎかりそめの氣安めに, 総督官の, 縋られて, 罪は, 翻つてその, 聊斎志異の, 肩書や, 能だ, 腹に, 自分から, 自分達の, 自然の, 至つて表情に, 芝居の, 芭蕉形の, 花ちやんに, 苦しい束縛, 英一は, 荻に, 蒲原由比は, 蕎麥屋は, 薩摩芋を, 蝉声沸騰す, 行向, 表面は, 補助椅子が, 要するに, 要するに儀式, 要するに維幾, 見方に, 見送人, 記述そのものは, 訣る, 詩そのものが, 詩や, 詩人は, 話は, 読んで, 読書などに, 誰も, 諦観した, 謂はば, 谷崎君も, 貸借り, 資本力の, 赤い縮れ毛, 趣く, 軒別に, 農林省は, 近づく者, 途方も, 進歩は, 遣唐使廢止の, 酒如き, 鎮魂祭の, 関はずに, 雨宮紅庵は, 雲の, 青空のそき, 面が, 頭が, 顔色が, 風波の, 餘儀ない, 骨は, 骨子だけを, 麻素子さんと, 麻素子さんの, 黒奴の, 鼻が

▼ あらう~ (301, 5.6%)

7 それは 4 それを, 彼は 3 己れ, 彼の, 私は

2 [12件] さう, それに, そんなら, どうかを, どうで, なぞと, 兎角に, 否かと, 私には, 私の, 私も, 華楊といふ

1 [253件] あらゆる人間, あるいは単に, あるいは西洋画, あるひ, ある中華料理店, ある建物, あんじは, あんなに朗らか, いつか日本小説の, いつか胸先からは, いまだにその, いや, お氣, かく興味, かなり重症, きいて, この作品, この建物, この特点, この顔, これからあるであらう, これだけ, さうなら君, ざわ, しかし驚愕, しかも私, そのこと, その体臭, その冬, その岩, その広い, それでも露骨, それともあの, それともセリフ, それとも人間, それとも他, それとも又独り, それとも命日みたい, それとも女中達, それとも宗教, それとも怪物, それとも未だ, それとも疲勞, それとも美, それとも語り合, それとも部分, それとも酔漢, それとも頭上, それとも默つて, それも, それらの, そんな縁, である, とおも, とかくに, どうか, どうかと, どうかといふ, どうか早く, どれも, なれど, ひとつには, ほん氣で, まあちやん, まことにあはれ, まことに見事, またあの, またさ, または上野, もし私, やうやく, やがてや, よく誰それ, わたしは, わりにちやん, わりに智的, イモたちの, ガラス窓の, チロルといふ, モジリアニの, 一體あり得るであらう, 丁度その, 三十分に, 三男坊や四男坊を, 上から, 上へ, 下には, 下を, 不確實, 世には, 世を, 並は, 乃至許す, 之が, 九州の, 人に, 人の, 今散ります, 今日自分自身が, 今頃は, 以下その, 位ゐ, 何かを, 何しろこんな, 何といふ, 何となく身心, 何とはなし, 何に, 何故なれ, 何故また, 例の, 僕自身にも, 充分に, 先づ精神病に, 兎に, 児玉希望氏は, 公衆と, 共産主義者としてのみ, 其の人, 其時は, 其頃は, 再び眼, 凝然と, 初め父が, 前には, 前夜の, 北方独逸から, 北朗全く, 十余年などは, 千百歳の, 半眼を, 南画は, 原図は, 又は父子襲名, 又如何, 又抑, 又時に, 取返しの, 口臭が, 只今でも, 右を, 君の, 否その, 否決して, 和服で, 嘘だ, 土牛を, 坐つて足, 外にも, 大變, 女の子で, 妻が, 娘は, 実感上に, 客車の, 将又, 将為す, 少しも, 尤も騷ぎがまだ落着, 岩の, 峨々といふ, 市中を, 平素土底から, 床と, 強い性格, 強烈の, 後は, 恐らくはこの, 想像に, 意外にも, 愚劣な, 成程, 我等には, 或はうつ, 或はまたこれ, 或は一生, 或は又, 或は此高山滞在, 戦後の, 戲れであらう, 故大井蒼梧君, 敵の, 文化面で, 文章で, 新聞記者は, 既に桜, 日本代表は, 日本画の, 日本軍艦数隻が, 明るい桟橋, 昔は, 時を, 暫く靜平, 朝の, 本の, 村のは, 来るならいつ, 東海道の, 森の, 檀家の, 次第に親しみ, 此ことは, 武者絵作者を, 殆ど物語, 殆ん, 殊に教養経験, 毎年きまつ, 油が, 浅草の, 清野君から, 漸く自分, 熊笹でも, 物知りに, 物音一つしない, 特にい, 現在の, 生きる生き抜くこれ, 男の子が, 疑は, 病舍には, 痩せ細, 白い回教徒頭巾, 眠つたか, 矢張印度洋中の, 知れんけれども, 社会各, 祭典の, 私が, 私達の, 答は, 素足の, 絵本には, 縹緲たる, 繪本には, 羨しい, 而も, 聴えた, 舟の, 色の, 芋銭は, 若い知的, 草を, 見渡す限り, 見渡す限り紫色, 言葉少なに, 酔中の, 鐺が, 雀は, 非常に, 頭の, 顔には, 風がや, 麻素子さんあたりには

▼ あらうかと~ (217, 4.1%)

8 思つた, 思ふ 7 云ふ 4 思はる, 思ふと, 考へた 3 私は

2 [19件] いふこと, 云ふと, 彼女は, 思つたこの, 思つて殊更, 思はれた, 思はれる, 思はれるやう, 思はれる大男, 思はれる程, 思ひます, 思へた, 悲しきお, 想像される, 推する, 斯う, 春三郎は, 直吉は, 考へたの

1 [141件] ある日, いつて, いつも気, おもつ, かういふ心持ち, こんなこと, さう, しみじみ思ふ, それからそれ, そればかりを, そんなこと, そんな事, ちやんと, ついこの, つく, ながいこと, ひそかに, ひどく怪しんだ, まだ物心, まへ, みえた横尾龍, バラモンは, 一応は, 二番鷄の, 云ひたくなる, 佗しく思はれる, 傍から, 僕は, 其が, 其の頃自分, 初めに, 初瀬は, 利右衞門は, 合邦は, 同盟の, 問ひたい, 太政官は, 奥まりたる書斎, 子供らしく感ぜられた, 寄つて行つた, 尋ねた, 希つてゐる, 平次の, 幼心に, 彼は, 待つて, 後に, 忝け, 念の, 思うて, 思つたら, 思つてちよと, 思つてのぞい, 思つて来た, 思つて鉛筆を, 思つて顔を, 思はせた, 思はれます, 思はれるくら, 思はれるそんな, 思はれるばかり, 思はれるばかりの, 思はれるほどの, 思はれるコンクリート, 思はれる兵隊, 思はれる可, 思はれる宏大, 思はれる焼物窯, 思はれる變, 思はれる都会的, 思はれ日本, 思ひやると, 思ひ堅く, 思ひ銅色, 思ふから, 思ふの, 思ふやう, 思ふ和らぎに, 思ふ男, 思ふ程, 思ふ程度, 思へば, 思へるその, 思案する, 怪しまれる彼等, 怪しんだ, 想うて, 想像し, 想像した, 感じまた, 折々案じず, 押して御, 探りを, 推し量らる, 推察し, 時々氣, 時に目まひ, 時偶そんな, 暫く会, 村を, 案じながら, 死んだ芥川, 母などは, 流石に, 生の, 生命がけ, 用心に, 用意した, 疑はず, 疑はれる, 疑ひたくなる, 目で, 目を, 私には, 答へて, 考へて, 考へても, 考へる, 考へると, 考へるとも, 考へるの, 考へる時, 職掌上ちよつと, 自分は, 舅姑も, 色々評議, 芥川夫人に, 草吉は, 見える男, 見える赤い, 覚悟し, 言ふ, 語つて見せた, 誰も, 谷村は, 豫め辯じ置く, 道行く田舎人, 里子の, 驚かれる, 驚ろいた, 高を

▼ あらうとも~ (213, 4.0%)

25 思はれません 5 それは 4 思つた 3 それを, 彼は, 思はれない, 思はれる, 思へません, 私は 2 こんな風, みんな自ら開封した, 俺には, 河野は, 覺えず

1 [151件] あまりに自然, あらゆる思想的, いふ, いふまじき, いへるの, いろいろな, この欺瞞者, この自分, これが, さう, せずむしろ再び, そのころ卓一, その種, それより, それ以外の, そんなこと, そんな風, どちらでも, どんな奇怪, ないや, なにかあはれ, なま, もう一秒, 一人の, 一介の, 一先民間の, 一千萬圓も, 一度びこれを相手, 一時は, 一歩も, 一端こんな, 下手人を, 下準備, 不変である, 世に, 世は, 事件は, 人を, 人間の, 今夜は, 他の, 仲直りなどは, 伴れ, 住み込むなと, 何か, 何となく熱情, 何んと, 余の, 作者なる, 依然としてそれら, 信仰に, 傳へられ, 兎に, 其ほどの, 其れ, 其結果は, 切なる, 刻々に, 力の, 博徒には, 又違, 口に, 史實の, 命を, 唐松村と, 国民の, 女は, 女子に, 實は, 山の, 常に微笑み, 彼の, 彼らは, 彼女らの, 彼等が, 彼等と, 彼等も, 御想像, 心の, 必ず速, 思はれなかつた, 思はれなかつたの, 思はれる中, 思へずそんな, 思へず浪人者, 思へなかつたの, 思へぬところ, 恋人に, 恥なく, 患者の, 想像される, 想像し, 感服せなけれ, 我等は, 所詮私, 文子は, 断じて彼, 斯志ばかりは, 日出雄少年は, 日本人の, 東京が, 根ざすところ, 此の, 死は, 気がつかなかつた, 水は, 決して快, 注射を, 海岸で, 潔よく, 然し空虚, 物に, 物を, 現実の, 理解や, 皆其の, 皇后で, 盗難に, 眼に, 知識に, 福田博士に, 私にと, 結局小説の, 罹災を, 考へられない, 耐へて, 肉身の, 肩に, 自分の, 自分よりも, 船員以外の, 芸術に, 薩摩綛の, 裁判に, 覺え, 言はずに, 誰が, 諸君の, 貴殿を, 赦します, 釜の, 鉱毒地の, 鑛毒地の, 長さ一丈, 隙さへ, 難解に, 雫ぐらゐの情は, 電話機の, 頭に, 頼まれた以上, 額に

▼ あらう~ (141, 2.6%)

3 又さ 2 それは, ほとんどかの, 夫人の

1 [132件] ことにもともとかう, この頃, こんな貧弱, さらに私, そしてか, そしてもつ, そのこと, そのタイプ, その上, その土地, その時, その特質, それが, それで, それに, そんなこと, とにかく結婚當時, とまれ作品, はげしく憎ん, またいざ, またおよそ, またそれ, またもし, またもたなけれ, また不断, また人間, また宇宙, また意外, また相手, また眞夜中, また自分, また追憶, また願望, まひには, みよしの, もつと, やがて数百年, やはり文芸雑誌, よしや言, 一個の, 一時に, 三保にも, 下総へ, 云ひ尽した, 五雲も, 人違でも, 今度も, 偏狹な, 其上靈魂との, 其時に, 出来うべ, 劇場や, 又そう, 又た, 又へりくだる, 又一切事物, 又作物自ら, 又元々, 又公武一體, 又其保存, 又出来る, 又彼, 又我々, 又新風に, 又研究上, 又血, 又諸々, 又轉宅, 古い古いこと, 場所は, 墨子が, 多少批評精神, 夫を, 婚家の, 実際今日, 将門の, 小説を, 少くとも, 岩波書店にも, 峠を, 年々誰が, 怨み合つた, 恐らく諸君, 或は亭主, 或は海上遙, 或は火災, 或は物見遊山, 承諾を, 探したならば, 政治も, 政治技術の, 救世の, 救難に, 文藝上の, 新しい観客層, 既に其資料, 日光山を, 明治聖朝の, 時代も, 時期が, 材料次第では, 植替, 欺瞞に, 正直の, 殊にその, 殊に敵軍, 永く一緒, 池田駅から, 池田驛から, 法然上人の, 洋書禁制では, 珠玉の, 現代の, 私の, 私も, 結婚生活の, 絵画的な, 自伝が, 船は, 若い者, 若し遲, 薩摩の, 蝶は, 護や, 讀まないこと, 通信通商の, 違つた受け入れかたを, 野に, 關節の, 陛下御, 頭の, 餘り

▼ あらうとは~ (122, 2.3%)

11 思はれません 5 思はれない, 思はれぬ 4 想像も, 誰も

2 [12件] ちよつと, よも想, 夢にも, 夢にも思はなかつた, 思はないの, 思はなかつた, 思はれなかつた, 思ひも, 思ふけれども, 思へない, 思へぬ, 私は

1 [69件] おしげにも, お町, さすがに, どう間違つて, ド・ブロイー, 一緒に, 予想に, 今後も, 今日まで, 信じないが, 信じ度, 俺にも, 到底想像出來, 固より, 地球を, 夢にも思はなかつたで, 夢にも思ひません, 夢にも思ひ懸けなかつた, 如何し, 実に意外, 尚更思へなかつた, 常識から, 常識にも, 平次も, 心注か, 思つ, 思はずに, 思はない, 思はないかな, 思はないので, 思はないらしく先刻, 思はなかつたから, 思はなかつたけれども, 思はなかつたの, 思はれず若い, 思はれないこと, 思はれなかつたの, 思はれなかつたので, 思はれなかつた程, 思はれぬが, 思はれぬ程, 思はれ申さぬ, 思ひがけ, 思ひませんから, 思ひませんでしたよ, 思ひ寄らなかつた, 思ひ掛けなかつた, 思ひ設けなかつたの, 思ふが, 思ふけれど, 思へなかつたの, 思へぬから, 思へぬが, 思へません, 恐らく信ずる, 想はれない, 意外で, 気づかれも, 猶々思はれない, 疑ふ余地, 知らず藪, 私の, 突飛な, 自分は, 蓋し何人, 袖子は, 見えぬ程, 見られないから, 覺悟し

▼ あらうこと~ (101, 1.9%)

3 は想像, を想像, を私 2 は予想, は私, を倶, を僕, を想, を期待

1 [80件] か, かあの, かその, かただ, か千兩, か東照宮樣御朱印, か黙りこく, が予想, が想像, が推察, が示唆, この人, さう, だけは判る, では, なぞ一応, などを私, に先, に思ひ, に比べ, に疑ひ, の代り, はこの, はそれ, はほ, はまことに, はもうすでに, はよく, はわが国, は予, は今叡子さん, は僕, は劇文学, は勿論, は容易, は常々, は必ずしも, は戦争以来, は戦時国民, は明かで, は現在, は疑ひ, は知つて, は確実, は窺, は覚悟, は避けられぬ, は隨分謙, も疑ひない, や, を, をあらかじめ, をおも, をこの, をその, をどうぞ, をねがつ, をひしひし, をひそか, をも信ずる, をわれわれ, を互に, を保証, を信じ, を信じます, を別段, を強調, を彼, を彼女, を心から, を悦び, を想つて恥, を慮つ, を我々, を樂, を知る, を祈る, を誰, を賢い, を銘記

▼ あらう~ (74, 1.4%)

3 今つ 2 それが, 惜しいこと, 此の, 私の

1 [63件] あの蔭凉軒, おもへば, この落ちついた, その時, それを, そんな野郎, どうしてか, なんにもなら, まそれから, めそめそ女, わざ, ガラツ八の, プラツトフオームの, 万兩さんに, 上州の, 上樣お, 上總屋の, 中坂の, 中坂下の, 二階も, 五十間の, 今夜の, 今年は, 例の, 俺達の, 側へ, 厠に, 又六, 同じ月, 回想録とは, 好くお, 季節は, 小博奕, 小言も, 巴里の, 座敷の, 支那人に, 旦那の, 椀を, 毛, 毛唐の, 浪人の, 町人から, 百歳に, 相違ない, 眞夏の, 穢多の, 背負ひ, 自分の, 臺所の, 芥川さんの, 虎一役で, 蜀山人を, 見ず知らずの, 親分から, 返す返すも, 金吾殿を, 鐵道の, 隣に, 雪隱へ, 風来船の, 首を, 黒人から

▼ あらうといふ~ (73, 1.4%)

4 やうな 2 想像が, 意味の, 期待を

1 [63件] ぐらゐの気持で, その多少, エビス鮫の, 一寸氣取つた鳥屋, 一本の, 一面功利的な思ひ, 不安が, 予言は, 事実を, 人が, 人も, 俗に, 信念は, 前提も, 印象を, 厳かな, 問題である, 噂で, 場合な, 大樹が, 大男で, 大蝙蝠, 太い檜, 女です, 察しは, 山の上に, 幹に, 後人の, 微かな, 心は, 急坂を, 意味で, 意見が, 斟酌も, 望が, 村人の, 氣持でした, 沓脱が, 灰色の, 相形, 眉に, 空想を, 結論にも, 考で, 考へ, 考へで, 考へに, 考へは, 考へを, 考を, 背高男で, 見地から, 見込が, 見透しぐらゐつけてほしいものである, 見透しを, 解釋を, 話に, 謙遜は, 譯である, 豫期感情の, 配慮を, 長梯子, 風な

▼ あらうから~ (65, 1.2%)

3 それは, である 2 その時

1 [57件] いつまた, かなり知られ, ここで, この二人, この歌, この歌集, この灯, これに, さうし, そこから, そこで若い, そつと, その方, それまで, だ, でも, どうやらはつきり, なかなか面白い, まあ問題, まづ巻頭歌, ドリアンが, 信否は, 元時代, 元来は, 再び私, 初等教育の, 別に, 勢ひ, 十月よりも, 単に形式一遍, 女でも, 妾も, 少しは, 少しも, 年々実害も, 当分は, 従つて罪人は, 心配しない, 探るの, 推理で, 旅に, 日本の, 明日は, 是れ, 普通の, 此が, 死んだら私, 比呂志君に, 直ぐ目の, 私の, 私達の, 結局此の, 自分は, 著述した, 読者は, 降りるとは, 隋の

▼ あらう~ (61, 1.1%)

20 はない 16 がない 4 はなかつた, もない 3 はなく 2 が無い, は無い, もなかつた, もなく 1 がありません, がなく, のない, はありません, は無く, もありません

▼ あらうけれども~ (54, 1.0%)

3 それは 2 その中, 私の

1 [47件] いかにし, かういふ躾, この簡単, この結婚, これは, さてその, さて実行, そこには, その一因, その方面, その素直さ, それすら, それまでに, だからといつて, またそれ, また一部, また都会, もうひとつ底, るす, わが日本, わるく取すました, われわれは, ギリギリの, 一つは, 今それは, 今後とも, 余輩は, 兎も, 卑見はや, 単なる個人的意見, 古代に, 同じく芸術, 寧ろ私, 尚一つ先, 恐らくもはや泣き喚い, 懷徳堂創設當初の, 戦争近し, 支那に関する, 料理場の, 概ね文学, 然し首, 當時少なく, 私は, 端然などと, 若いものの, 蟇の, 要するに大いなる

▼ あらうもの~ (44, 0.8%)

2 が, がこんな, がそんな

1 [38件] からずんずん, がいや, がお召物, がかう, がこの, がたつた, がまさか, が不意, が今日, が何, が内湯, が召使, が在, が手許, が有明, が未練, が比較的, が甚だ, が真宗坊さん, が羞, が負け, が財布, ならそつ, ならそれ, なら熊川忠範, なら私, なら青筋, も, を, をきっと, をとそ, をと大言, を一應片, を二十四人, を待つ, を敵情, を私, を私生活

▼ あらうかといふ~ (34, 0.6%)

6 ことを 3 疑問が

1 [25件] ところを, のが, ような, ガッシリした, ガツシリした, 不安な, 事で, 事其妻は, 位ゐ, 問題を, 悶えを, 意味の, 懸念が, 晩年の, 様な, 標準であります, 激しい好奇心, 理想的靴脱, 男見る, 疑ひは, 疑ひを, 考へは, 距離で, 配慮が, 風の

▼ あらうけれど~ (33, 0.6%)

2 私は

1 [31件] これだけの, これを, こんな暗夜, さう, しかしまた小説, その故, その生活費, それにしても可笑しく, それにしても家, ほしいまま, 一つには, 一面又, 両者ともに, 人情は, 今は, 其には, 加はるので, 台湾は, 嘗ては, 家庭の, 尚且つ, 帶も, 松を, 死ねないあがき, 特に我国, 皆な, 相手を, 神経質な, 那奴さへ, 随分考へ, 龍然

▼ あらうそれ~ (24, 0.4%)

2 が若し, を思ふ

1 [20件] かと云つて, が事実, が春, が池, が真, が私, と傾向, に相違, はもし, は世, は冬, までには人家, もよし, も聞き, よりも莫迦者, を口伝, を書かせ, を直ちに, を考へれ, 故に唯

▼ あらうところ~ (23, 0.4%)

2

1 [21件] などをとっ, に私, のもの, のマルクス主義批評家, の事情, の人々, の伊吹山, の作品, の動作, の友人, の国立, の月, の枇杷, の洒落, の神, の究極, の行爲, の装幀, の静か, を彼等, を見物

▼ あらうその~ (21, 0.4%)

2 新聞の

1 [19件] ときコムミユンは, なめらかな, タンクから, 万葉の, 上に, 伝説を, 夜亢奮で, 姿を, 巴の, 日この, 時から, 時自分は, 杉叢が, 父親は, 立派な, 近くに, 通り歌に, 金は, 鉾尖

▼ あらうやう~ (20, 0.4%)

3 なもの 2

1 [15件] でありたい, な, なこと, な人, な健康, な安価, な暗示, な様々, な決議, な激越, な生々しい, な生活, にする, に先づ人間社会, に私

▼ あらう~ (17, 0.3%)

7 知れない 6 知れぬ 2 知れぬが 1 知れずと, 知れぬおぬし

▼ あらう~ (15, 0.3%)

2 は日夜

1 [13件] がビール, の命, の心, はそれ, はひそひそ, はむしろ, は何, は彼女, は斯, は松, は通り, は遂に, は默つて點頭

▼ あらうとの~ (14, 0.3%)

2 ことで

1 [12件] ことである, ことを, 事で, 事昔の, 慰めの, 疑ひからであつ, 答へ, 言葉を, 診断これは, 話で, 話も, 豫見から

▼ あらう~ (13, 0.2%)

2 は見上げる

1 [11件] では誰, のうち, の川又村, はしかし, はじめて氣, は収容病室, までの処橋本氏, までは何時も, も其訪問, 尚宮城前, 米国の

▼ あらう~ (13, 0.2%)

1 [13件] などを甚だ, の妹, の子, の心, の眼, はいつも, はさつき, はそれ, はちよ, は我が家, は烈しく, は稍, は花鳥

▼ あらう~ (13, 0.2%)

2

1 [11件] がす, が一度, が俺, が奉公人, が女, が思案投首, が日向, が早春, が本, が觀音樣, が遠慮

▼ あらう~ (12, 0.2%)

3 ういふ, うして 2 う極めて 1 うしたら定め, うすると, うだ二十三, うでも

▼ あらう自分~ (12, 0.2%)

4 の姿 1 が杖, の, のお通夜, の性情, の手もと, の病氣, は一層, への蔭口

▼ あらうこの~ (11, 0.2%)

1 [11件] オデットの, 作家の, 作者の, 俺に, 女性に, 店に, 森の, 病院の, 眼識には, 福田氏の, 頃の

▼ あらうそして~ (11, 0.2%)

2 それは, 明りの 1 いつから, かやう, その行爲, 何ん, 大衆的娯楽文芸として, 自由の, 若し句

▼ あらう~ (11, 0.2%)

2 は勿論 1 かぐつたり鏡臺, か不貞腐, か主人, か團子屋, か奧方, か用人團右衞門, などを考へ, は譬へば, をくり

▼ あらうしかし~ (10, 0.2%)

1 おかしなこと, その各種, それは, キノドラマ論者は, ゴシップで, 世間では, 四六時中生活の, 彼等に, 掘出さう, 決して駄夫

▼ あらうなどと~ (9, 0.2%)

2 考へた 1 こんな事, 上の, 効能を, 思ひつ, 極めて頻りに其, 樣, 考へると

▼ あらうまた~ (9, 0.2%)

2 スパルタ流と 1 さうし, 何時蟋蟀が, 動物にも, 吾等が, 畏れ多いこと, 見ぬ者, 風邪気味の

▼ あらう~ (9, 0.2%)

3 も格別 1 うもパッ, かいふ女, かをさがしたい, が斯, といふ朗々, の家

▼ あらう~ (8, 0.1%)

3 京さんお前は 1 人を, 夏は, 妙は, 極りの, 精霊たちは

▼ あらうとお~ (8, 0.1%)

6 もはれる 1 もはれ, もはれた

▼ あらう~ (8, 0.1%)

1 これから交際, どんな文体, なくとも, 一つには, 博士が, 宏才達識の, 西洋人でも, 黙り込まうと

▼ あらうかなどと~ (7, 0.1%)

1 ぼんやり考へ, 云ふ, 女は, 思つ, 時には, 時にはふつ, 考へられそれとなく

▼ あらうこれ~ (7, 0.1%)

1 が目下, が草津, と言, はさ, は一人, ほど目, までも何

▼ あらう~ (7, 0.1%)

2 左樣で 1 さう, 八丈の, 平次, 平次殿, 餅は

▼ あらう~ (7, 0.1%)

2 は陶器皿 1 がどうして, の華美, は誰, もあらう, よ

▼ あらうなどとは~ (6, 0.1%)

2 夢にも 1 もとより思ひ, 夢にも考へ, 夢想だ, 思つてゐない

▼ あらうにと~ (6, 0.1%)

1 いつたマルクス, おちかは, 思はれること, 思ひ次に, 考へられる, 言出し

▼ あらうかを~ (5, 0.1%)

1 一瞥しよう, 一瞥すれ, 心配し, 望み見ること, 考へただけでも

▼ あらうはず~ (5, 0.1%)

1 がありません, がない, がなかつた, はなく, もなく

▼ あらうもう~ (5, 0.1%)

1 其辺から, 止めましよ, 米も, 絶體絶命と, 罰が

▼ あらう二人~ (5, 0.1%)

2 の靴 1 では, とも生, の者

▼ あらう~ (5, 0.1%)

1 ういふ, う思つて, う思ひ乍ら, う考へ, う考へる

▼ あらうそこ~ (4, 0.1%)

1 には当然, にふと, にも桂月氏, へ新

▼ あらうだが~ (4, 0.1%)

1 その親切さ, それで, それにもか, 私は

▼ あらうとして~ (4, 0.1%)

1 ゐる, ゐるの, 却つて責任の, 置く

▼ あらう~ (4, 0.1%)

3 男振 1 なぞといふ

▼ あらうもし~ (4, 0.1%)

1 あなたが, それが, 私たちに, 自分の

▼ あらうわけ~ (4, 0.1%)

2 もない 1 はない, もなく

▼ あらう何と~ (4, 0.1%)

3 だと 1 湯に

▼ あらう何もの~ (4, 0.1%)

1 ももはや, をも又, をも含まず, をも知らぬ

▼ あらう~ (4, 0.1%)

1 が婆, だつて, にはただ, は

▼ あらう~ (4, 0.1%)

1 が私, と同時に, れが, れ程

▼ あらう~ (4, 0.1%)

1 のウメ, の事, の別, の我我自身

▼ あらう~ (4, 0.1%)

3 しも新開 1 れも

▼ あらう道理~ (4, 0.1%)

1 が無い, はありません, はない, もない

▼ あらうあの~ (3, 0.1%)

1 味は, 神, 金粉酒の

▼ あらうざま~ (3, 0.1%)

3 を見ろ

▼ あらうそんな~ (3, 0.1%)

3 嘘つ吐き

▼ あらうただ~ (3, 0.1%)

1 夕空の, 子供読物の, 省みなければ

▼ あらうとばかり~ (3, 0.1%)

1 この頃, 感ぜられた, 親や

▼ あらうなぜ~ (3, 0.1%)

1 それを, ならその, なら神

▼ あらうなどとも~ (3, 0.1%)

1 噂し, 思ふ, 解釋せられ

▼ あらう~ (3, 0.1%)

1 と飛ん, 或は在野, 甚しきは

▼ あらうほど~ (3, 0.1%)

1 な天質, な湿り, 大胆に

▼ あらうほどの~ (3, 0.1%)

2 高さ 1 獨創的な

▼ あらう一人~ (3, 0.1%)

1 の女, の男, は鬱金

▼ あらう人間~ (3, 0.1%)

1 に釣りあげられる, の表現, も無事

▼ あらう今日~ (3, 0.1%)

1 の私, の行樂, は一つ自慢

▼ あらう其の~ (3, 0.1%)

1 方向に, 節は, 黒塀に

▼ あらう勇さん~ (3, 0.1%)

3 だからとて

▼ あらう~ (3, 0.1%)

2 さらさうした樂 1 さらさうした楽し

▼ あらう女子ども~ (3, 0.1%)

3 の使

▼ あらう小さい~ (3, 0.1%)

2 赤櫛が 1 ことだ

▼ あらう~ (3, 0.1%)

3 は何とも

▼ あらう情ない~ (3, 0.1%)

3 とても誰

▼ あらう~ (3, 0.1%)

1 る日, 時の, 者は

▼ あらう文子~ (3, 0.1%)

21 のため

▼ あらう~ (3, 0.1%)

1 がそんな, が喧嘩口論, が遂に

▼ あらう~ (3, 0.1%)

2 れと 1 れで大抵

▼ あらう~ (3, 0.1%)

2 がせかれ 1 がゆるむ

▼ あらう~ (3, 0.1%)

2 を言 1 を考へる

▼ あらう~ (3, 0.1%)

1 が, の心理, は太田

▼ あらう自宅~ (3, 0.1%)

3 で甘い

▼ あらう芸術~ (3, 0.1%)

2 のため 1 の道

▼ あらうあたり~ (2, 0.0%)

2 の位置

▼ あらうあなた~ (2, 0.0%)

1 が持つ, のお

▼ あらうあらゆる~ (2, 0.0%)

1 中間的媒介的存在者を, 規定を

▼ あらうある~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ あらうあれ~ (2, 0.0%)

1 あんなに優しい, は中

▼ あらうお寺~ (2, 0.0%)

2 の女房

▼ あらうお方~ (2, 0.0%)

1 がなにがし, がわからぬ

▼ あらうかかる~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ あらうかとも~ (2, 0.0%)

1 思つ, 思ひ十一時

▼ あらうかな~ (2, 0.0%)

1 アさ, 猪子し

▼ あらうかの~ (2, 0.0%)

1 ことしの, 市井無頼の

▼ あらうかも~ (2, 0.0%)

1 知れないけれども, 知れぬ

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 なは, には為

▼ あらうすると~ (2, 0.0%)

1 席上で, 雪太郎は

▼ あらうぞと~ (2, 0.0%)

1 感歎した, 私は

▼ あらうところで~ (2, 0.0%)

1 合間, 年毎に

▼ あらうとにかく~ (2, 0.0%)

1 失望しなかつた, 私は

▼ あらうとまで~ (2, 0.0%)

1 いはれて, 言はれた

▼ あらうなと~ (2, 0.0%)

1 友人が, 問ひた

▼ あらうなど~ (2, 0.0%)

1 言散らし, 非常に

▼ あらうのに~ (2, 0.0%)

1 一夏起居を, 先づまつさきに金鍔谷へ

▼ あらうふと~ (2, 0.0%)

1 そんな感慨, 眼を

▼ あらうもつ~ (2, 0.0%)

1 と見た, と適切

▼ あらうやと~ (2, 0.0%)

2 鬼に

▼ あらうよう~ (2, 0.0%)

1 にごった返した, にし

▼ あらう一種~ (2, 0.0%)

1 の公憤, の調子

▼ あらう七つ位~ (2, 0.0%)

2 の乞食

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 にはこの, の人

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 がわざわざ, に反し

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 とも考へられる, 甚だ解し

▼ あらう事実~ (2, 0.0%)

1 はこの, も亦

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 が, を遣

▼ あらう人々~ (2, 0.0%)

1 は生きた, を周囲

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 な予測, のこと

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 の言葉, は未だ

▼ あらう全く~ (2, 0.0%)

1 の丸腰, 思ひがけ

▼ あらう~ (2, 0.0%)

2 づかしくもあろう夫

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 の女の子, 當は

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 に郵便局, の理窟

▼ あらう博士~ (2, 0.0%)

1 の失業者, は家

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 にする, の下

▼ あらう同時に~ (2, 0.0%)

1 伊東氏の, 近くから

▼ あらう~ (2, 0.0%)

2 一旒の

▼ あらう因縁~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ あらう奴等~ (2, 0.0%)

1 と来たら, の姿

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 の内, の内部

▼ あらう小屋~ (2, 0.0%)

1 のやう, の天井

▼ あらう少なから~ (2, 0.0%)

1 ず湿, ず濕

▼ あらう巴里生活~ (2, 0.0%)

2 の記録

▼ あらう~ (2, 0.0%)

2 も天井

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 にはミサヲ, の者達

▼ あらう彼女~ (2, 0.0%)

1 は丁度, は眩しい

▼ あらう手紙~ (2, 0.0%)

1 かナ平民週報, の往復

▼ あらう日高~ (2, 0.0%)

2 の方面

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 て一度, て或

▼ あらう最も~ (2, 0.0%)

1 詳しいこと, 輕い

▼ あらう校内一流~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ あらう極めて~ (2, 0.0%)

1 生野暮, 稀な

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 の大, の木虱

▼ あらう~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 が地球, を蕭条

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 で前, は志賀直哉

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 の姿, はその大きな

▼ あらう物そのもの~ (2, 0.0%)

2 の味

▼ あらう生活~ (2, 0.0%)

1 のなか, の波

▼ あらう直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に越後女, 行つ

▼ あらう相手~ (2, 0.0%)

1 が此奴, の顔

▼ あらう私達~ (2, 0.0%)

1 は此処, は漁夫

▼ あらう粗末~ (2, 0.0%)

1 では, なベッド

▼ あらう編笠~ (2, 0.0%)

2 を冠つた背

▼ あらう老母~ (2, 0.0%)

1 のこと, の顏

▼ あらう行動~ (2, 0.0%)

1 がこの, に就い

▼ あらう誠に~ (2, 0.0%)

2 頓馬な

▼ あらう~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ あらう隨分胸~ (2, 0.0%)

2 の燃える

▼ あらう~ (2, 0.0%)

1 がふく, に解きたい

▼ あらう風景~ (2, 0.0%)

1 を描い, を時

▼ あらう黒い~ (2, 0.0%)

1 柵が, 雲が

▼1* [590件]

あらうはせて, あらうあたらしい試煉の, あらうあれ等のお, あらういい恥さらしだ, あらういかにも彼の, あらういきなり三田の, あらういつでも五六本, あらういや分るまでも, あらういろいろな事実, あらううには得, あらうおかみさんの言葉, あらうおれには天, あらうお前が切り, あらうかとは誰も, あらうかなあみ, あらうかなど自問する, あらうかなどといふ色々な, あらうかなり遲くまで, あらうかなんぞと云ふこ, あらうかの子には結搆, あらうかは直ぐに, あらうがかやうな, あらうがが自分に, あらうがと作者は, あらうがなどと私は, あらうがも一人平塚明子さんが, あらうぐらゐな察しはつく, あらうふの, あらうけど君ありや, あらうけれどもといふの, あらうことさらに氣, あらうこと云ふまでも, あらうこと寵栄を好まない, あらうこと彼女と日の出, あらうこと必定である, あらうこと最後になつ, あらうこのごろさうし, あらうこの間通りすがりの人たち, あらうこれぢや自分, あらうこんな長い道中, あらうさあ遠慮を, あらうさては又た, あらうさながら山の, あらうしかやうに, あらうしかして更に新たなる, あらうしかし又与里は, あらうしきりに椅子や, あらうしばらく君の, あらうじつに屡々この辺り, あらうすぐ執筆朝食後は, あらうすぐれて背, あらうすべてのもの, あらうせめて毎日渠を, あらうそれおれがまだ, あらうそれから佛教の, あらうそれとも雪崩にな, あらうそれゆゑに鬱積, あらうそれ程即ち, あらう甘いばかりが, あらうぞとも考へられた, あらうたそがれに薄, あらうために私, あらうだから十銭の, あらうちよつと厳か, あらうやない, あらうつくしやじゆん, あらうつるの取れた, あらうてはあらふ, あらうという用心ぶ, あらうとか勧業銀行から, あらうときに渇く, あらうとけふもお, あらうとげぬき地蔵へ行く, あらうとしてもそれは, あらうとてある難題, あらうとなどと思はれた, あらうとに論なく, あらうとのみ想はれた, あらうともとに角先づ直接性における, あらうとんでもない私, あらうどういふ考, あらうどこかで樋, あらうどたばた騷ぐ物音の, あらうどんなにどつさり, あらうなかなかなほり切らずに, あらうなぞと私, あらうなぞとは考へも, あらうなどといふ娘の, あらうなどとわづかばかりの, あらうなんぞと思はないこと, あらうなんぞとは夢にも思はなかつた, あらうの長の先輩, あらうひとりの老女, あらうほどに私の, あらうほほけたんぽぽ, あらうツくらな, あらうまことに勝負の, あらうまことにまことに南無酒菩薩, あらうまさかこの老齢, あらうましてや親方様は, あらうまだ獄中に, あらうまるで歌その, あらう海会員大挙上京, あらうみな散り散りとなつ, あらうみのよせて, あらうむかしの生絹, あらうむづかしくもあろうそれを機嫌の好い, あらうむには見, あらうもと國光社を創め, あらうやかましいうるさい彼等は, あらうやがて高く頭上, あらうその声, あらうよいか, あらうよし鍬を, あらうお前の, あらうアルヂェンチンから来た, あらうイモシヨウチユウのた, あらうイヤ少くとも, あらうイリノイス州の上院議員ジエームス・ミルトン・レヰス氏, あらうカソリツク教と相, あらうコトコトとノツク, あらうシヤアシヤアと絶え間, あらうスペンサー氏の内界外界主觀客觀論, あらうスワデシのマントラ, あらうソラ此器で脈搏, あらうチュッと云つて, あらうヂグスのやう, あらうテテツクスの季節, あらうネルの單衣, あらうハネ腰を試み, あらうバクニンの大きな, あらうヒフが蒼く, あらうビュローの繰り, あらうピアノを弾く, あらうベスレム製鋼会社の社長, あらうマルテ・ラウリッヅ・ブリッゲのこと, あらうメッセンヂャアとなる, あらうモスコオ芸術座が兎も角, あらうランプの光り, あらうロマンと称, あらう一つの条件, あらう一ツは氣分, あらう一個の得難き, あらう一切のこと, あらう一同感嘆の聲, あらう一寸清心丹でも噛砕, あらう一點から起つ, あらう丁度天に, あらう万花燎乱たる十誡, あらう三十分ぐらゐの間をおい, あらう三十四五の髪サン, あらうからかがまつ, あらう不安な收入, あらう不屈の意志, あらう不幸にし, あらう不純さそして俗人ぶり, あらう世の常の女房, あらう世間でもまた, あらう體は, あらう主人の貢ぎでない, あらう主任さんは泣い, あらう主命で美濃, あらう主婦や娘, あらう乎如何といふ, あらう乎換言すれば, あらう予等三人の外, あらう事態又は事實, あらう事柄であるが, あらうた冬余り, あらう二十坪は優, あらう二十年も飮ん, あらう二十枚五十万円に売れた, あらう二十歳ぐらゐの首筋に白粉, あらう二組の劍士, あらう二者とも文字通り, あらう二軒の他, あらうはば私, あらう五十ばかりの男, あらう人達のため, あらう人里まではそれほど, あらう今日斯うして, あらう今朝からのまま, あらう今本船の後, あらう今頃此邊へ彷徨, あらうの人, あらう他者更に遡れ, あらう仰向いて空, あらう伊東氏が風俗画家, あらう伊東深水氏がその, あらう何とか致して, あらう何となくもよい, あらう何等かの存在者, あらう何處までも奮鬪, あらう余程多くの, あらう作風の動揺, あらう使ひへの, あらうの松田改組, あらう例へば死ぬ時, あらう依然として金八の, あらう信濃の更級, あらう個所が多く, あらう傍らの冷えた, あらうの口, あらう先づ明晩まで待つ, あらうと秀, あらう光景に就い, あらうも蛇, あらう入湯と春雨, あらう全市の半, あらう兩手で壓, あらう八分弱の入り, あらう其今日と云, あらう其外に唯一, あらう其敵は私, あらう其清しい眼, あらう其目的は何で, あらう其結果我國の金利, あらう其處へなら, あらう其言葉の調子, あらう典獄補がこつち, あらう冀くは毒にも, あらう内玄関の呼鈴, あらう冷たく暖かく雪が, あらう凉庵先生は先年長崎, あらう凍結し灼然, あらう出発がおくれた, あらう分別仕更, あらう切なき思ひの, あらう刑事もつくづく, あらう勝負附の星, あらう勿論普通一般の, あらう区域は思ふ, あらう午過ぎまで安眠, あらう南京城の石垣, あらう即ちその役, あらう原本必ず大, あらう又はよき伯樂, あらう友情は人間愛情, あらう古い木曾路が, あらう古くは見, あらう古紙研究の屈竟, あらう成ひろい, あらう可哀想にすべて, あらう可憐げな子供たち, あらう同僚ともそんなに, あらう名前が名乗れぬ, あらう名高い植物学者クルト, あらう向う岸から絶壁, あらう起らねば, あらう吹雪男と見せかけ, あらう周囲の友だち, あらう呼吸の度, あらうの有る, あらう咳ばらひを, あらう唯極めて無造作に, あらう啄木との情話, あらう問題に触れた, あらう善童は習, あらう單そればかりでない, あらう嗄れた溜息が, あらう噫衰殘の妹君, あらう四重五重の張紙, あらう圧迫感とか強調感, あらう坊主が故意, あらう堀口といふ男, あらう場合と似, あらう場合その他色々な思はしくない, あらう場末の商人, あらう焼ける, あらう外來的寄留者場合によつて, あらう多くの場合, あらう夜半の鐘, あらう體の, あらう太古時代には森林, あらう太鼓の音, あらう奥山恩といふもう, あらう如何して, あらう如何なる苦痛も, あらうの姿, あらうの直ぐ, あらう婚礼の晩, あらう婦人たちのため, あらうはれ軽蔑, あらうつぽい, あらう安堵の吐息, あらう定かには覺, あらう室内の光り, あらう容易に手, あらう寂しい葬送行進曲, あらう世界へ, あらう小文さんは談話, あらう小股の内気, あらう尤も江戸伝来の, あらう屈辱に思ひ, あらうの棟, あらう山田は小刻み, あらうとさう, あらうの方, あらう常々強酒をもつ, あらう常にぼこぼことし, あらう平氏もあらう, あらうのせい, あらう幸福を与へ, あらう幽谷でなければ, あらう幽閉の日々, あらう幾多受驗生の參考, あらう幾島の様子, あらうのもの, あらう座敷のま, あらうには篝, あらう弘法の文, あらうもない, あらう彼女たちに關, あらう彼女等が加つた山, あらう彼等の一子, あらうには仏蘭西皇帝, あらう後者はハウプトマン, あらう従つて木兎もやはり, あらう歴々が, あらう御方がヒヤカシ, あらうの努力, あらう忘れられないであらう, あらう恋愛や家族, あらう恐しい事實, あらう恰も僕が, あらう悪影響を防がう, あらう悲しさう, あらう悲しい人間現実の, あらう情慾を一目, あらう愈々然うなつたら仙臺, あらう意地悪るの, あらう意地惡るの, あらう意外なこと, あらう愚劣なもの, あらう愛國心に訴, あらう慌ただしく只ひとりこちら, あらう成瀬の観察, あらうも随分, あらう戯曲の上, あらうをおしのけよう, あらう揃つて歌ふ無邪気, あらう損料出して, あらう支那歴代の中, あらう故に確かに, あらう知れぬ黴菌, あらう数多くの血なまぐさい, あらうを一匹, あらう文体でその, あらう文太郎の家, あらう文學者といふもの, あらう文治年間の頼朝, あらう新たなる意味, あらう新作への情熱, あらうに炒りつけられた, あらう日月不孝の子, あらう日本人の立派さ, あらう日輪はさ, あらう早く不機嫌に, あらう昂奮した声, あらう明け易い夏, あらう映画がこれから, あらう昭和九年の作, あらう昭和十年の上野松坂屋, あらう時々苛, あらう時代から西洋劇, あらう時彼は一層, あらう普明院の書院, あらう景淨は其の, あらう暑いためでも, あらう暗い夜の, あらう暫らくそこに立つ, あらう最初の目的, あらう月光の美し, あらう有害なもの, あらう有難いよりも勿躰, あらう朝学校への行きがけ, あらう朝食をよばれる, あらう期待を持つ, あらう朧げな耳, あらう木山を待つた, あらう木村重吉は由子, あらう未だ海峡を, あらうを私, あらうに向, あらう杜鵑だの郭公, あらう松園氏の仕事, あらう校内一の人, あらうから梢, あらう楽しい夕べが, あらうしさ, あらう樽野であつ, あらうは第, あらう歟甚五郎このかた, あらう身心を, あらうの船, あらう此土産を弟, あらう此日の出艦長こそ春枝夫人, あらう此時不圖心, あらう此樣ないたづら, あらう此等を綜合, あらう此間違ひを, あらう死に当つて龍, あらう死者の國, あらう殊に出征の, あらうを待たなけれ, あらう母一人です, あらう毎年其を繰り返した, あらう比呂志君から佐賀, あらう気の毒だ, あらう気軽さ, あらうを追う, あらう水仙を祝福, あらう水気をふくん, あらう水草をもまた, あらう水面へ浮ん, あらう氷峰は敷島, あらうが惚けた, あらう江戸の面影, あらう決してクセの, あらう沈默だから, あらう波斯のタリユース王, あらうのついた, あらう流石に猛, あらう浄瑠璃と言, あらう浮き浮きした調子, あらうと山, あらう消極的価値さへも失ひつ, あらうでうるんだ, あらう淫売婦に有無, あらう深川木場の甲州屋萬兵衞, あらう清太の荘厳, あらう渓流である, あらう渠等は冬, あらう温泉もすでに, あらう満足さうに, あらう源氏の武將, あらう漂泊の雲, あらうに於, あらう灯台を見上げる, あらうを克服, あらう無精ヒゲを生やした, あらううらしい, あらう然し同じ窯, あらう燃える情炎に, あらう父草君が是非, あらうの群, あらう特に際立つた峰, あらう特質の一面, あらう現代の專門棋士, あらう現実にはどうしても, あらう甘い毒々しい香が, あらう甚だ面白くない, あらうも死, あらうの向う, あらうの花, あらう痛みといふもの, あらう白墨で道路, あらう白無垢を着た, あらう白絹や榊, あらう百合子をカーテン, あらう百軒足らずの此, あらうは人形, あらう皮肉なこと, あらう益々牧野さんを, あらう監督の頭脳, あらうの非, あらう真黒なごわごわ, あらう眩しさだ, あらう着物に凝る, あらう睫毛はみじかく, あらう瞬間辻の顔, あらう矛盾をつかみ出し, あらう知つてゐたからこそ, あらう石原の利助, あらう石川五右衛門などを見, あらう確か翌年の, あらう神泉の色調, あらう私さへも見それる, あらう稀有な詩境, あらうの石ころ, あらう種々の根據, あらうは西, あらうを吹い, あらう簡易な馬車, あらう約束をした, あらう素敵だ, あらう素晴しさ, あらう細い繩切れを, あらうつた染んだ, あらう絵かきといふもの, あらう綺麗な婦人, あらうのない, あらう美的享楽を画面, あらう老いると感じる, あらうへでもしなけれ, あらうして, あらうで息, あらうの着いた, あらうから足, あらう臆病なので, あらう臧兒が自分, あらう自分達の將來, あらう自動車五台に分乗, あらう自然と口, あらう至つて肥立ちよく乳, あらうの男, あらうの姿, あらう船頭めかんて, あらう良人よりも大切, あらう芝居もので, あらう芥川の枕もと, あらう芸術家に何, あらう若しその十誡, あらう若僧は直に, あらう莊列の何處, あらうは花, あらう蒼い夜空に, あらう蒼茫たる薄, あらうで強い, あらうかつた, あらう薄暗がりの中, あらう虚無でもあらう, あらうは明, あらう行暮れた愁ひ, あらうに拾, あらう西洋映画の魅力, あらう見るから逞し, あらう親御の勘当, あらう觀想の働き, あらう言葉や發音, あらう記者はた, あらうはない, あらう註釈をつけなけれ, あらう話題がこの, あらう調子やり多く, あらう請状に名前, あらう國の, あらう諸々の憂ひ, あらうひ殺されるまでも, あらう讃美歌をうた, あらう豊富な色彩, あらうの者, あらう貪慾な夜, あらう貴様は前, あらう赤味を帯びた, あらう身体は沢庵色, あらう身装りさへ整, あらうを考へる, あらう途中目の下に細く, あらう通譯外交がいたく, あらうかに著者, あらう遂に其目的を, あらう過程を空想, あらう達人が端歩, あらう遠くの村, あらう遠眼鏡は鉄砲, あらう郊外の家, あらう部屋へ入らう, あらう金剛杖の代り, あらう金袋を引つさげ, あらうの火箸, あらう煙管で, あらう長い竹竿を, あらう長成を見逃す, あらう長篇小説を別に, あらう長髪で枕, あらう閉門の鐘, あらう間もなく其処も, あらう間端になつて, あらうはどれ, あらう院展を見, あらう階段をのぼりつめた, あらう随分胸の, あらうにぬれた, あらう電灯を其処, あらうだの赤, あらう青年は喘ぎ喘ぎ絶え入る, あらう音無が更に, あらうには薄く, あらう題名をかへる, あらうひの, あらう飽くまでも彼は, あらう餅菓子を食べた, あらうのすべて, あらうをち, あらう騒ぎが続けられ, あらうが沢山, あらう鶴子さんの見, あらう黒谷村は振り返, あらう然は