青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あな~ ~あなた あなた~ あの~ あはれ~ ~あまり あまり~ ~あまりに あまりに~ ~あら
あら~
~あらう あらう~ ~あらず あらず~ あらゆる~ ~あらわれ あらわれ~ ~あらわれた ~あらん ~あり

「あら~」 3448, 37ppm, 3109位

▼ あら~ (1485, 43.1%)

18 それは 14 そは 13 あれ 11 これを 7 之を 6 吾人は 5 その人 4 いつにても, その時, 之れ, 何と, 彼の, 我は, 是れ, 私は

3 [21件] いつでも, これは, これへ, たと, また, 其は, 国の, 妻に, 小泊瀬山の, 彼は, 彼らは, 必らず, 恣に, 我れ, 政府の, 火にも, 火の, 申して, 繁昌どころか, 義勇公に, 誰か

2 [88件] あれわれ, あれ彼, あれ彼れ, あれ我が, あれ来む世, いくらでも, いつまでも, これが, これに, これによりて, これより, これを以て, そこに, それが, それぞれ御, それを, たちまちその, とり返しは, またお, もうこれ, われらは, ドシドシ御, 一撃を, 人の, 今年ばかりは, 伯や, 何でも, 何事も, 何人にても, 余は, 余輩は, 作者は, 入りたくなる, 出でて, 切りぬけ立派, 又逢, 君の, 吾人の, 固より, 夜も, 大臣や, 奈何, 奧樣に, 如何, 如何ばかり, 子恐らくは, 定めて, 宰相の, 山陽の, 幸福の, 引けは, 当に, 役人たり, 彼れ, 必ずその, 我偈を, 拙者の, 捕えて, 斬って, 是非も, 時を, 晋より, 村役人にても, 来つて, 来ん生, 熊手の, 爾の, 申せ, 留り玉は, 神も, 私を, 老人抔に, 聞いて, 聞かして, 聞かせて, 聞け, 自分が, 自分の, 自分は, 言つて見, 請ふ, 財を, 退いて, 逃げ出そうと, 遂に八十神, 重ねて, 陰の, 飛んでも

1 [1140件 抜粋] ああかう, あざやかな, あの森蔭, あはれなる, あまり人の, あらば, ありなむ, あれうぐひすの, あれこ, あれこれ, あれそれ, あれは, あれまだ, あれヴィンセント, あれ世, あれ今度, あれ利根川の, あれ墨染の, あれ如何, あれ師家, あれ彼村重, あれ我, あれ松浦川, あれ武人らしく, あれ男子, あれ私, あれ虹, あわれと, いうが, いえ何, いかに, いかばかり嬉しから, いかほどなり, いざしらず, いつなり, いなんとぞ, いよいよこの世, うに, おそらくは逃, お上の, お新, お目にかかり申す, お譲り, かくの, かまわぬでは, こういうところ, ここまで, こそ口惜し, こっちへ, このネパール, この世で, この事眞, この嚢, この安藤, この山, この年頃, この樽, この神秘, この筑前, この鷺, これこそ, これも, これ以て, こんな所, さしづめ私, さだめし様子, じたばたすまい, すぐ押太鼓, すなわちその, すなわち呼ん, すべからく文字, すべてを, せめて社会, ぜひも, そうで, そこを, そちにも, そのめぐる, その不遜軽躁, その体裁, その喜び, その妻子眷族, その悲しみ, その業, その潦, その真価, その端厳さ千万倍, その者, その誇る, その都度謙信, その雲, それがしも, それとも見まし, それまでの, そんな話, ただちにこれ, ただ一撃, たちまち昏盲, たぶん法律, つけこむ虫, とても今日, どうか, どのお, どんなこと, どんな物, なお仔細, なの, なほさら無理にと, なんでも, はいりたい, はいりたい気持, はひり, ひと撃ち, まず斬っ, またこの, またまた申し遣わすべく, またよく, また他日, また余, また全く, また彼, また明日, また逢, また重ね, みる人, むくと, もう一度彼, もう少し理論的, もう自分, もちろんたとい一国, もはや御用ずみ, よい, よく内外, よし華族様, よろしくよろしく伝え, わが上, わが宗族, わが戀, わが足利党, わしは, われが, われも, われ等は, エトナの, パーヴェル・パーヴロヴィチを, リマ全市たちどころに, 一切の, 一命を, 一国全体の, 一枚を, 一死を, 一躍し, 万戸侯に, 三年目, 上下の, 下田港まで, 不治の病を, 世にも床しき, 世界の, 主人として, 主人よく, 之に, 事の, 事足りむか自営, 二人聞か, 二里を, 云々との, 云って, 亦か, 人ならぬ, 人妻ゆゑに, 人身の, 今すぐ, 今一度の, 今夜来鳴き響も, 今後, 今日の, 他人の, 仮令え, 仲達にも, 休みたいがと, 会社の, 伺って, 何か, 何たる切ない, 何とで, 何にても, 何も, 何処かの, 何国の, 何者たり, 余が, 來り, 供養しなさい, 信長を, 俺が, 傷供養も, 僕は, 僕聊か, 充分礼を, 入らんと, 入りたいと, 全軍, 共に御, 共に起ち, 兵の, 其の人, 其の机, 其命に, 其結果知るべきで, 再三に, 冬の, 出て, 切りてん, 初むべ, 則ち, 剣も, 助けて, 助力し, 十歳前後の, 卑賤の, 即ち固陋, 即ち苟且, 即刻魏王に, 厳科に, 又以, 反噬しよう, 取らんため, 召捕って, 各, 吉良家の, 名づけて, 君が, 君を, 吹く雨風, 吾命も, 周旋し, 呪殺し, 善人みずからこれを, 喧嘩を, 国庫より, 地下で, 報ぜんと, 外界の, 多分この, 大助をも, 大声で, 大小それらの, 大田, 天地神明に, 天若日子この, 夫も, 奉公をも, 奪られ, 女工を, 如何なら, 如何に, 如斯な, 妻子あら, 妾は, 嫁がれて, 嫉みに, 嬉しくかかる, 孔明これに, 守護方ところに, 安藤の, 宜しく有司, 実に斯, 実際に, 害ふ, 容易くわれ, 容易に, 寒い冷たいの不服, 審美上に, 対手する, 尊崇の, 尋常に, 小生は, 少しは, 屋探し致し, 山立姫に, 差し置かず承らま, 常に妾, 幣束おのずから, 幸従来の, 幸甚である, 幾らでも, 度胸を, 弁明を, 弔って, 弾圧しよう, 形だけは, 彼等は, 後日を, 後生の, 御一報, 御対手, 御当家, 御来遊, 御遠慮, 復旧する, 心行くまで, 必ず天狗, 必ず我許, 必ず義貞, 必ず首, 思はむ法, 恋愛の, 恩人の, 意見を, 感なき, 憂いの, 懇に, 成都に, 我が此手元, 我全, 我当に, 我立所に, 我等夫婦は, 或は人物, 或は瓦解, 手古奈は, 手近な, 打たれも, 承りたし, 承引致すべし, 折々言教, 押え置い, 拔き取れ, 拙者から, 拙者水火も, 持たして, 挫がんと, 捕へられむと, 採みて, 故里の, 数学の, 敵の, 文明の, 斬るべしと, 斬捨可申候事, 斯くまで, 日野俊基は, 早くからき, 早く申し立てろ, 是非に, 晩香の, 暫しなり, 暴力によって, 書くこと, 最後の, 有力な, 朕また, 来て, 来りて, 東京にて, 格別そう, 格別何の, 案内せよ, 棄てては, 機を, 歌は, 正々堂々と, 正にその, 正覚を, 此わが, 此方より, 此頽勢を, 死んだ采女, 残らずに, 殿を, 比翼の, 気脈を, 汝そが, 汝古, 江戸お上に, 江戸一円いず, 決して強う, 波わけむ, 海ゆく, 深くは, 灯の, 無心し, 無碍の, 焼いて, 燈火をか, 父の, 片づきて, 現蝶花楼馬楽, 甚く悲しき, 生きたる証拠, 由羅を, 申し附けて, 申立てる, 画いても, 畢竟するにその, 疾く申せ, 皆刃を, 直ちに愁訴, 直ちに開城, 直に筆, 相当の, 看よ看よと, 真先に, 眠らぬも, 知らぬこと, 知合いの, 破戒あるべし, 社会に, 福を, 私学校の, 穏便に, 穴にでも, 竜之, 第一, 筑前どのの, 答えよ, 總理の, 羅山が, 美濃の, 羽柴殿と, 老年に, 聞かま, 聞きましょう一体, 聞くと, 聞け口, 聞こうでは, 腕利きの, 自から, 自ら請う, 自分でも, 自身で, 致し方ない, 與へ, 舟寄せ, 荊州に, 著者としては, 薬を, 藩主たる, 血を, 衣服に, 裁て着, 見せろ, 見よこの, 見るだけでも, 親戚朋友に, 言っても, 言語を, 討つべし皇土, 討論さしつかえない, 話して, 詳しく書き記すべし, 誤解も, 読者は, 誰かは, 請うこれ, 請ふ過ぎゆかず, 論者必ず, 諸君に対し, 警視庁まで, 貢れ, 責を, 貴賤, 貸出しそう, 賜れ, 赤城家へ, 赴いて, 足を, 迂廻して, 近い家, 返り討ちに, 逃げようと, 這入らなければ, 通りがかりの, 連理の, 遂げずば, 過って, 遠慮いたさず, 遠慮なく云え, 遠慮のう, 避くべ, 郷介の, 酒か, 金は, 銭あらばと, 開門無用じゃ, 隠れたくなります, 電撃一挺必勝の, 面白かるべし, 頭を, 願く, 願ひ, 願わくは少量, 風情の, 食物なく, 飽かぬ別れ, 香箱を, 骨が, 骨身を, 麦青く

▼ あら~ (616, 17.9%)

117 して 3519 すこと 18 した 11 し, せり 10 したの 9 すに 8 すと 7 なり 6 したり 5 されて, すもの, すを 4 さうと, したもの, し方, すため, せ, なる, るれば, れいで 3 さない, したるもの, しました, すが, すには, せば, れき, れだつた

2 [23件] えの, さじ, さずに, された天の川, される心理, しその, したこと, した作品, した広い, した時, した様, した神像, しつ, しはじめた, すこそ, すの, すのに, すは, すよりも, なりまだ, なり枯木, るるに, 必す

1 [248件] いつでも, きっと出る, さうか, さざる, さしむ, さしめしピサ, さじと, さず, さずありき, さずジルコーヴィチ氏自身, さず沒理想, さず隱約, さで, さないで, さなかつた, さぬやう, さばすな, されたお, されたの, されたもの, されたり, されたれば, された思想, された飛行船, されないとも, されると, されるの, される至つて靜, され心, され自尽, され過ぎて, さんと, さんとは, しいづる時, しお, しかけたが, しかけた時, しかしこ, しがたい, しそれ, したい, したいと, したが, したさしつさ, したとも, したに, したので, したらいい, したる, したるさま, したるもの也, したる中, したる毛脛, したる童, したる舞台, したジオツト, した一種, した事, した例, した傑作, した儘汽船, した前, した北歐神話中, した子供, した感じ, した漫畫, した絵, した置物, した芥川, しつつ, しつれと, してあつ, しても, してを, しと, しとな, しながら, しなれなれしく, しに, しにくい, しにこやか, しぬ, しはじめて, しまた, しまを, しむは想像, しウオーッ, し一一〇行, し一文, し云, し來つた時, し全景, し兩手, し出せるもの, し出だし, し又, し右岸, し喜ばし, し土地, し如来, し始める, し小悪小, し尚も, し幾度, し彼, し得る新字, し忠節, し恨み, し恰も, し慾徳, し我, し業報, し死に臨めども, し氣色, し漸, し然, し猛, し環境, し甲斐, し申して, し瘡, し目下, し神経的, し翌, し背, し自ら, し虚偽, し行きて, し補修保存, し谷, し闇夜, し雙蹄, し難い, し駿河湾, し魂, すかといふ, すかも, すごとく, すごとくまつたき愛, すさう, すで, すとき, すところ, すとの, すなくば, すなし, すなどとは, すなり, すなるべし, すのみにて, すふくろう, すべきもの, すべきや, すべき人, すほど, すほどに, すもあれど, すやう, す事が, す事に, す即ち, す名である, す善意, す場合, す径路, す手段, す時, す時が, す活字, す清閑, す為, す程, す程度方法ことに, す筈, す者よ, す能, す衣, す言葉, す詞, す語句, す輪郭内, せしひとり, せし怠惰, せども, せないらしくじれつたさ, せりされど, せりと, せりといふばかりの, せり思ふに, だつた, であつ, で身, ないが, なかげを, なこと, なたそがれ, なので私, なもの, なりこの, なりし一, なり浄水場, なり淨水場, なり隠すよしなし, なるに, なるまで, なる冬, なる半身, なる寝覚め, なる巌, なる腕, なる踵, なれど, な冬, な声, な御, な情感, な感情, な態, な肩, な腕, な蟻, にうかが, るるあら, るるしづか, るるなるべし, るるにおいては, るるもの, るる便, るる信濃の, るる明星, るる袖, るる身, るれども, れいづることなかりき, れいでし, れいでぬ, れきはげしき, れずして, れず叙情詩, れつ, れである浄, れやがて, れること, れる頃, わかるが, 我友を, 新の, 見えないという

▼ あらはれ~ (111, 3.2%)

53 たり, てゐる, にけり 2 てゐた, て居る, であらう

1 [91件] いたく泣きつ, か, かああ, かもしれぬ, かも知れない, が強まる, が流れ, が物, が自分, これも, たりといふべから, たりとし, たり岩, たり私, ておれ, てかその, てきた, てくる, てまた, てむら鳥, てやさしき, てゆ, てわれ, てアッ, て不意討, て今更, て來, て天上, て守る, て抒情詩, て晝, て来, て来り, て汝, て甥, て目, て見え, て見えた, て逃げゆく, て鎌倉沙汰, て馬鈴薯畑, であつ, ではなかつた, ではなかつたらう, でもあらう, でもある, で作者, としか思へなくなりました, として悉く, として結構, となる, と太田, と見れ, にたる赤岩, にほかならぬ, に就, に過ぎない, のうち, のやう, のよき, の信實, の目撃者, は生, は私たち, も逞しい, をだんだん, を外, を示す, を見, を觀得, 一寸雀, 來よ, 其周圍は, 出で, 出でし, 又, 又源實朝, 夫婦で, 小走りを, 小金井の, 座員一同に, 彼の, 愚俗が, 我山の, 押勝は, 方は, 汝これを, 給は, 美しき尾, 電車の, 鳥すきを

▼ あらはに~ (108, 3.1%)

4 して, 見えて 3 成りて 2 さらけ出して, なりて, 不満を, 不興な, 短艇漕ぐ, 筆の, 落葉また, 衣破れ

1 [81件] さびしきは, しないで, しようと, する, するの, するやう, とろろぎてながるるうみをすひにけらしも, なつて, ならうと, なりに, のぞかれる兩, ふうわりと, 下卑た質問, 亂舞せる, 事の, 出て, 刈られて, 刑事を, 反対は, 口の, 嘲笑を, 囘護ひたる, 四這に, 寒々と, 寓意を, 對立的位置に, 少し取, 引つこめるの, 引棄てし, 引起された, 御政務, 怒りひそか, 投出した, 明るい落葉, 月の, 松の, 枯れに, 歌ひはばからぬ, 殘酷に, 煙を, 煙草の, 狼狽し, 猪牙の, 痩せたるが, 白き道, 相談を, 示した, 禿げた山肌, 突き出して, 立てる八ヶ嶽, 端折りて, 紅の, 聞かなかつた言葉, 聳えて, 肉體に, 若い僧, 苦笑が, 蜘蛛の, 血の, 衣裂き, 裾敷き乱し, 見え, 見える, 見える小鳥, 見える道, 見て, 見ゆる我が家, 見ること, 見下されたり, 躍り立つたが, 進んで, 長く斧, 露出し, 青空の, 顔を, 高くさしのべ, 髪を, 鬢の, 鬱金の, 黄葉落尽の, 黒黨を

▼ あらばこそ~ (67, 1.9%)

3 であった 2 忽ちばらばら

1 [62件] ぐんぐんぶつかっ, このよう, すぐ十人, たちまちもう大晦日, だ, つづいて, てんで勝負, であったたった今, どこからとも, ひっきりなしにドドドンドドドン, ぶー, まともに, みにくい姿, アツといふ, ズルズルと, ファンティーヌは, ホーキン氏の, マグネシウムを, 二本三本と, 今は, 今日まで, 今日迄, 仰せの, 前後不覚に, 吾が, 唯おめおめと, 堅固な, 墓所で, 孟獲, 安楽も, 尻尾を, 屋敷の, 巴豆と, 庭前に, 彼の, 忍剣も, 思い切ったる咽喉, 怪しげな, 息せき切って, 我が下ごろ, 手を, 数歩急進する, 書記の, 機関銃が, 次男の, 歩みも, 溝板の, 火は, 甚五衛門は, 矢風の, 立て続けに, 総帥曹真の, 蒸し焼きに, 衣袍取繕う, 見物いや, 部屋は, 鋭い刀, 錦城館の, 雨戸蹴ひらき, 鞭あげ, 風を, 魔か

▼ あら~ (63, 1.8%)

3 山の手の 2 幾何か, 日を, 白き鳥, 見られじとのみ, 運動する

1 [50件] いさ, いつなんめり, いと美しき, かえって古調, このたび, すべて直, たくましい一匹, 一種やみ, 人は, 人形なりけり, 他人の, 余は, 傍痛き, 兵庫沖かすむ, 写生の, 到り着きぬれば, 却て, 却り, 只, 外より, 大いなる俄, 奥さんだ, 子の, 小忌, 山百合の, 形容邊幅に, 得ならぬ匂, 怨みと, 意の, 明, 月見は, 止みぬ兎角, 死が, 獸の, 生きなん, 笑ふ, 筆の, 腕車の, 自分の, 自然に, 興奮を, 萎れ俯, 落葉なる, 誇り気に, 誰が, 貴重なる, 賊は, 躊躇し, 鏡のみ, 髯の

▼ あらばと~ (47, 1.4%)

3 思って 2 狙って

1 [42件] いひくるるも, うろついて, おもい出された, お頼み, きょう一日中みな案じ, ひそかに, びいでて九ツ谺と, びいでて九ツ谺とを, よその, ウィリアムは, 主人筑前には, 云うよう, 反古さへ, 吟じたる俳客, 夢にも忘れなかった, 太刀を, 太刀抜て, 存候へ, 常に鏃, 待ちかまえて, 待ち構えて, 待つ者, 心に, 心ひそかに, 思いつつ, 思う事, 思ふ折, 思ふ程, 擬勢を, 来て, 涙を, 漁夫の, 父は, 私も, 老父も, 考えながら, 腕を, 苦慮し, 記代子の, 諸道を, 身の, 願は

▼ あら~ (40, 1.2%)

10 やも 9

1 [21件] とともに到る, となのり, と云, と五城楼下, と人, と勿告藻, と思える, と思へ, と母, と水, の衣身, も齒固め, やお, やと, やはとお, やも父, やよく, や天, よくぞ, 待つに, 自が

▼ あらくれ~ (35, 1.0%)

10 男が 5 男の 2 男に, 男は

1 [16件] だっていました, どもの, の坊主, の手, の抗, の船乗, の蔦葛, の駕籠かき, も暖簾, 男から, 男たち, 男と, 男どもの, 男や, 船員どもが, 部屋の

▼ あら~ (33, 1.0%)

542 銀杏だの

1 [22件] あとの, おれが, せっかくの, そこへ, それを, だからひとり者, なあ深雪さん, なおまえ, なゴマかし, な聖像, ねまるで, ね今, へんで, やましくも, やア, 俺たちは, 先の, 児が, 大きにそれ, 女中の, 道を, 酔うて

▼ あら~ (30, 0.9%)

2 ふ事, 出て

1 [26件] すぐめ, だ後藤野さ, つてゐた, つてゐる, つて行く, はむ父, ひ, ひたい気, ひ乍ら, ひ罵倒, ふな, ふもの, ふ力さ, ふ手, ふ氣, へることなほこれ, よく見え, 丸見えに, 可い, 沢山眼, 目に, 目について, 目立つ, 目立つて, 見えたに, 見えるよう

▼ あら~ (30, 0.9%)

2 を壁

1 [28件] ああさる, いかに心, いづこ, この銜, されどそ, されどわが, と覺, と言, に必ず, に沒理想, に足近く訪, はやはや都, またかく, も一照, も予, も計られず, を, を故, 何ぞ其の, 何ぞ君恩, 何ぞ目的あらむ, 又何ぞ, 心もとなし, 掃きよせて, 然るに尤も, 白き物, 逆想, 長きこの

▼ あら~ (22, 0.6%)

2 かにわが, かに命じ

1 [18件] うと, かに, かにいふ, かにおとづれ, かにそ, かにはら, かには鳴らぬ, かに何, かに引き退け, かに扉, かに満身, かに立ち去った, かに訊問, かに開け, けき, っ, っこれ, にひと

▼ あら~ (22, 0.6%)

1 [22件] いったら限り, さがして, さがす下司, よく買った, 側に, 出来るだけ, 吹聽し, 外へ, 手柄に, 拾い出し掘り出す人, 拾えば, 拾ったので, 挙げては, 捜したり, 捜せば, 探しての, 探すとき, 握ってからの, 書き並べて, 発見し得る, 見付けては, 見出し室長

▼ あらざら~ (21, 0.6%)

64 んやう

1 [11件] しむ, しむるものは, しむ何ぞ, しめば, しめん, んこと, んただ, ん乎, ん事, ん是, ん気色

▼ あらうかと~ (19, 0.6%)

4 云ふ 2 ちよと, 云ふこ

1 [11件] あやしむ心, 何時に, 作者は, 内々の, 危まれも, 思つ, 思つた, 思つて色々, 竊に, 言つた感傷で, 駄夫を

▼ あらため~ (17, 0.5%)

1 [17件] がおわりましたら, である, にかかった, になった, に対し神妙, のいま, のかけ合い, のよう, の作法, の出役, の山役人, はさすが, をなさりたい, を命ぜられ, を致さね, を願いたい, を願います

▼ あら~ (16, 0.5%)

2 なつかしい声

1 [14件] あらゆる阿修羅, おかしそう, ござい, 取組んで, 叫んだ, 心の, 思い雨, 思うところ, 思うの, 思う内側, 立ちすくんで, 言って, 顔を, 驚いたお

▼ あら~ (16, 0.5%)

4 な, ね 1 あんな厭味, だってあった, なお前, ね馬, もうい, 其の旦那, 其の麁朶, 平常亂暴

▼ あらざらん~ (15, 0.4%)

102 とす 1 とは貫一, にはわが, をと一旦

▼ あら~ (11, 0.3%)

61 だあたし, だよ, だよう, だよお, だわ

▼ あら~ (11, 0.3%)

11 のでは

▼ あら~ (11, 0.3%)

3 や佐渡 1 から遠く, せまる蘭竹, との為, にすさぶ, のうし, のとどろき, の中, の女

▼ あら~ (10, 0.3%)

1 ないすべっこい無疵, 垣に, 始末を, 小萩, 小萩ちら, 少ない絵, 料理を, 棚に, 者が, 見えるの

▼ あら~ (10, 0.3%)

4 ほしけれ 3 ほし 1 ほしいと, ほしき限り, 欲し

▼ あら~ (9, 0.3%)

1 さては芝生, つつ, のうま, は格別おい, 例の, 瀧川豆腐野菜の, 蒲燒椀盛の, 鮎の, 鮒の

▼ あら~ (8, 0.2%)

1 て, てドノバン, て叫んだ, て質問, て障子そ, ないため, なく閉, にて磯

▼ あらくれた~ (7, 0.2%)

1 のも, 剣士を, 博労たちには, 強さ, 手下たちも, 放浪生活の, 男どもが

▼ あらばかり~ (7, 0.2%)

1 では, みつけて, 捜して, 探して, 搜し, 見えだんだん, 言ひた

▼ あらむと~ (7, 0.2%)

1 侮りつ, 心付けば, 思はる, 思ひつつ, 思ひて, 思ひ云々, 諭しける

▼ あら~ (7, 0.2%)

3 の, の年 1 の春

▼ あらでは~ (6, 0.2%)

1 主觀, 悟らざりし我, 故き, 毫も解すべからざる, 知れ難, 言ふこ

▼ あらはれた~ (6, 0.2%)

2 のが 1 ためしは, 三月一日には, 光景絞首の, 溪流を

▼ あら~ (5, 0.1%)

5 がし

▼ あらむ限り~ (5, 0.1%)

31 はと怨み喞, を逞し

▼ あら~ (5, 0.1%)

1 と意, にひとし, も彼, よりはねがわく, を思い

▼ あら探し~ (5, 0.1%)

1 で一生, で終わるべき, なんかする, をし, をする

▼ あらがねの~ (4, 0.1%)

1 ように, 土あたたかし, 土の, 相撃ちきしみあうひびき

▼ あら~ (4, 0.1%)

1 た結末, ない貌, ぬ, ぱっと燃え付いた

▼ あらすじ~ (4, 0.1%)

1 はこう, をかいつまん, をたどっ, を知る

▼ あら~ (4, 0.1%)

2 ことを 1 ことは, んだ

▼ あらなく~ (4, 0.1%)

31 てはならない

▼ あらはし~ (4, 0.1%)

2 はしないだらう 1 はその, ゐたるに

▼ あらはる~ (4, 0.1%)

1 といひ, といふこ, といふは戲曲, との説

▼ あらふと~ (4, 0.1%)

2 考へる 1 も嫁, も汝

▼ あら~ (4, 0.1%)

2 うふら 1 ば白し, ンの

▼ あらむこ~ (4, 0.1%)

2 とを期する 1 そ可かめれ, との

▼ あらむ事~ (4, 0.1%)

3 を希望 1 を慮り

▼ あら~ (4, 0.1%)

1 ういらしった, 見えて, 見えるという, 見せずイリユウジヨン

▼ あらもの~ (4, 0.1%)

1 屋で, 屋でした, 屋の, 屋へ

▼ あら~ (4, 0.1%)

3 に搦 1 や守れ

▼ あら有難~ (4, 0.1%)

21 の光明, や年月

▼ あら本当~ (4, 0.1%)

1 かって私, よあなた, よこの間夜, よ二郎さん

▼ あら~ (4, 0.1%)

1 とたたかっ, も一刻, をこぎ, 返る波

▼ あら~ (4, 0.1%)

1 が抜けた, が美味い, とか鯛の, の身

▼ あら~ (4, 0.1%)

1 だけ訳した, をしるす, をまね, を言おう

▼ あらえびす~ (3, 0.1%)

1 と三種類, の筆名, は音楽

▼ あらしむ~ (3, 0.1%)

1 わが心これ, 故は, 而し

▼ あらたま~ (3, 0.1%)

2 の年 1 の年月

▼ あらなみ~ (3, 0.1%)

1 のよせ, の石蕗, をま

▼ あらはれたる~ (3, 0.1%)

1 もの, をばいかで, 孤村は

▼ あらはれだ~ (3, 0.1%)

1 から, と考へ, 夢を

▼ あらばい~ (3, 0.1%)

2 なんとぞ 1 へ我

▼ あら~ (3, 0.1%)

1 の高浪, も叶, 湧く時

▼ あらむか~ (3, 0.1%)

1 ぎりいつの, ぎりは, を窺見むと

▼ あらむや~ (3, 0.1%)

1 うなし, といふ, と言

▼ あら先生~ (3, 0.1%)

1 おめでとう, のお, 泣いたん

▼ あら~ (3, 0.1%)

3 けません

▼ あら~ (3, 0.1%)

1 とても詰まらない, ばっかり, よ

▼ あら垣打~ (3, 0.1%)

3 こえて

▼ あら~ (3, 0.1%)

1 あらしたに, それから上野, ぬけました

▼ あらあたる~ (2, 0.1%)

2 はんぺんご

▼ あらあと~ (2, 0.1%)

1 は何, まあこういう

▼ あらいい~ (2, 0.1%)

1 わ, んです

▼ あらお父さん三人~ (2, 0.1%)

2 この中

▼ あらけずり~ (2, 0.1%)

1 のいぼだらけ, の丸太

▼ あらさる~ (2, 0.1%)

1 なり是れ, へし

▼ あらざらめど~ (2, 0.1%)

1 も, も咲き

▼ あらしよまい~ (2, 0.1%)

1 がな, けど

▼ あらせまい~ (2, 0.1%)

1 為注意深い, 遠慮かな

▼ あら~ (2, 0.1%)

2 めの

▼ あらての~ (2, 0.1%)

1 ぐんぜいが入れ代り, 自転車の

▼ あら~ (2, 0.1%)

1 ふるうの, 扱っちゃあ

▼ あらはには~ (2, 0.1%)

1 書かれて, 高ぶらずかへ

▼ あらはや~ (2, 0.1%)

1 墓参り, 夏暖簾

▼ あらはるべから~ (2, 0.1%)

1 ざるは, ざるも

▼ あらはれざる~ (2, 0.1%)

1 は唯曲, 戲曲に

▼ あらはれし~ (2, 0.1%)

1 ところを, 反魂香も

▼ あらばとて~ (2, 0.1%)

1 そを, 牧羊犬に

▼ あらばとは~ (2, 0.1%)

1 三人が, 我ながら

▼ あらばの~ (2, 0.1%)

1 嘆を, 気構えで

▼ あらば余~ (2, 0.1%)

2 は唯

▼ あらびな~ (2, 0.1%)

1 く, ゆきそ

▼ あらびや人~ (2, 0.1%)

1 が引返し, の好戦的血統

▼ あらぶる~ (2, 0.1%)

1 なして, 手を

▼ あらへば~ (2, 0.1%)

1 加茂川の, 髪に

▼ あらむとぞこの~ (2, 0.1%)

2 照る月

▼ あらむに~ (2, 0.1%)

1 は何, は君子

▼ あらむや彼~ (2, 0.1%)

1 れ携帯乳児, れ携帶乳兒

▼ あらむや顧~ (2, 0.1%)

2 ふに

▼ あらむ乃ち我輩~ (2, 0.1%)

2 は閣下

▼ あらむ人~ (2, 0.1%)

1 に見せ, はた

▼ あらむ是~ (2, 0.1%)

2 れ必ら

▼ あらむ而~ (2, 0.1%)

2 も閣下

▼ あらむ閣下何~ (2, 0.1%)

2 を以て内閣

▼ あらむ限~ (2, 0.1%)

1 の力, の箭

▼ あらめでた~ (2, 0.1%)

1 や, やあら

▼ あらめ貴族仲間~ (2, 0.1%)

2 にては早く

▼ あらら木~ (2, 0.1%)

2 のたらたら

▼ あら~ (2, 0.1%)

1 うれしいわ, なお前

▼ あら人神~ (2, 0.1%)

1 など言, なるが

▼ あら何ぢ~ (2, 0.1%)

2

▼ あら八五郎親分~ (2, 0.1%)

1 丁度宜い, 済まなかった

▼ あら其方~ (2, 0.1%)

2 のぢ

▼ あら削り~ (2, 0.1%)

1 の松板, の柱

▼ あら御免~ (2, 0.1%)

1 なさい, なさいネ

▼ あら~ (2, 0.1%)

1 すごの, なの

▼ あら~ (2, 0.1%)

1 にさわぎたつ, にもまれた

▼ あら~ (2, 0.1%)

2 じの

▼ あら~ (2, 0.1%)

2 で厳重

▼ あら~ (2, 0.1%)

1 で意気, で意氣

▼ あら親分~ (2, 0.1%)

2 そんな事

▼ あら錢形~ (2, 0.1%)

2 の親分さん

▼ あら~ (2, 0.1%)

1 じゃ, を踏み分けね

▼1* [278件]

あらあお経の, あらあなこの辺, あらいひげを, あらうずなど申し, あらうとさへ, あらえっさっさ, あらえびす尊氏の家宰, あらおかしや貧乏, あらかごを作り, あらかたきまつた, あらかつたと, あらかなひまへん, あらかをまだきた, あらがねが絡ん, あらがはざることも, あらぎもがこの時, あらくれし詞に, あらくれすさんだ上海の, あらごらんよ踊っ, あらざらむされど言論なほ足らず, あらざらむ事をわれら, あらざらむ而して, あらしまへん観照寺で, あらしむべしと上書, あらすぎはしない, あらずるいわ, あらそう場合である, あらだけが目について, あらでものしりの, あらといふ驚きの, あらとしか与えられないこと, あらとだけで我慢せね, あらとにありつく, あらなんていうの, あらのの牧の, あらはし後には助け, あらはなむつちりした, あらはにぞ見ゆ, あらはになつていつしか, あらはれたらば作者, あらはれだらうか, あらはれです有がたうございました, あらはれなのであります, あらはれよろづにかゝるべきことはりなればいましめ, あらはれわたる土の, あらはれ来て将軍, あらはれ給わぬことでない, あらはれ調うるはしくし, あらばかほどには, あらばかしの人だ, あらばかしより見えないん, あらばこそと見ゆ, あらばこその一句は, あらばとの条件を, あらばとばかりに身を, あらばなほかの, あらばなしとこたへよ, あらばなどとまたし, あらばなんぞ西洋人の, あらばもいちど親しく, あらばやはか兄上に, あらばよほどの高齢と, あらば入りもしたい, あらば史學會雜誌第一號, あらば声をとどかせ, あらば後栄の方法, あらば買へ苦しい, あらば買ひもて來, あらば速かに仇, あらひざらひ打ち開けて, あらひで一杯やる, あらひと神では, あらひと鯰の汁物, あらひどいわ, あらひどいひどいと云い, あらひなでしこ, あらひまた机, あらひ出されたらむは, あらびた猛り声, あらびっくりしたひどい, あらびつつイサンドロスを亡ぼしぬ, あらびて立ちあがる, あらびて其槍を激しく, あらびぬ上つ毛, あらびの速吸, あらびやの女, あらびや夜話が鉱脈, あらびや女がふたり, あらびや語の弾丸, あらび休みなく, あらび千切れた胸, あらび彼等を取り卷か, あらび渾沌の, あらふかなれど, あらふし一方では, あらふしぎ川上のからだ, あらふてわたる棹雁棹もち, あらふる風に, あらへといつたから, あらまで云われると, あらみたいなもん, あらむしかすがに人, あらむそれは兒戯的, あらむとおもひて止みぬ, あらむとおもひてこれに文壇, あらむとこそすれ近く磯頭を劃, あらむとするを告げたるが如き, あらむとて監督として下女, あらむと云ふに, あらむと吾おくるこれ, あらむと月は照るらし, あらむと父が行く, あらむや渠等が雷同, あらむトロイアとダルダニエー, あらむ一女性或は無知, あらむ二匹にかあらむ, あらむ人誰れか, あらむ今彼を其陣中, あらむ何れに退歩あらむ, あらむ女性を見る, あらむ子もあら, あらむ学習院の措画経営, あらむ學習院の措畫經營, あらむ心に於, あらむ我は只, あらむ我愁ひざれや, あらむ時アカイア軍勢その戰利, あらむ時三ツの水, あらむ樣なし, あらむ歌もあら, あらむ此都城破壞, あらむ死はあらじ, あらむ沖に住む, あらむ法ありて, あらむ海外にて死に, あらむ火点して, あらむ白雪のあり, あらむ瞳凝らすと, あらむ編者は敢, あらむ者寐きたなくする, あらむ芝茸はわれ, あらむ裸麥もあら, あらむ裸麦もあら, あらむ軍旅の間, あらむ遠慮もなく, あらむ門に坐する, あらめおのづから, あらめど身の老, あらめひじきなど磯, あらめ二十六斤にあるいは, あらめ二百六十斤等をもっ, あらめ宛も眠り転び, あらめ橋を渡っ, あらを, あらよろけたよ, あららぎのくれなゐの実を食むときはちちはは, あららげんきだわね, あらららうアイ, あららマよマヨネズ, あらら不思議に妙不思議, あらら敦子様こうん, あらら木細工花漬などを売る, あらりょうか, あらわるべきもののお, あらアあれからもう, あらアいやな, あらアおばさん繁ちゃんが, あらア人をばか, あらア先生ひどいわ, あらア先生イヤだわ, あらア口の悪い, あらア向うに杣, あらア愛読して, あらア直子さんどうした, あらゴケンソンね大, あらシーさん天狗になっちゃった, あらツ何をお, あられおり候, あら早く来り, あらパーヴェル・パーヴロヴィチあなたどうして私たち, あらマア不思議なこと, あらワグナーさんが, あら井位は食, あらの悪, あら人聞きが悪い, あらのはん私, あらな小, あらの知ってる, あら兄さんが, あら兄さんここはもと, あら兄さん嫌ですよ, あら兄樣遲かつたわねえ, あらっちゃ, あら八五郎さんお前さんは朝吉親分, あら八五郎親分濟まなかつた, あら刻みでまず, あら危ないわ, あら叔父さんたった十円, あら古風ねえ相手, あら可愛い仔豚が, あら名声にか, あら呆れたお方様, あらにしぶき流れ, あら坊ちゃんおかあ, あら坊ばちゃん大変よ顔, あら壁作りのおん, あらね何, あら奥さますみませんです, あら奥様奥様大変ですよう, あら好いお天気, あら好くってよ, あら姐はんという感投詞, あらは旧式, あら寝たやと夜着引被ぎ, あらと音, あらの雪, あら布団もしかない, あら御覧なさい, あら心地快や, あら恥しいわどうして, あら惜しかつた, あら惠梅様は貴方, あら感心にまだ, あら方夕暗みに, あら方御存じだと, あら方批評し尽したが, あら方集大成したの, あら昌作さん山内さんは肺病, あら景気がいい, あら智惠子さんと, あらの樽, あら木立の落葉林, あら之助, あらを雨, あら法月さんの, あら煩悩しいで息の根, あらくるほし, あら物ぐさの翁, あら狂犬て舌, あらが御, あら玉来経る, あらは不便, あらに浮ん, あらのみち, あら神戸言葉や, あら秋子さんどこへいらつ, あら欲しが, あら立ててはお家, あら納豆売が珍, あらにくわれ, あらしや, あら聞こえると悪, あらに有情, あら良い香い, あら若旦那様お帰り, あら苦し堪難やあれ, あらは風, あらの毛, あら蜘蛛が, あらを嫌, あら西洋じゃ構わない, あらちゃいや, あら見えちゃったわ, あら覚えていらつ, あら選りをし, あらが儲かる, あら鉄みたいな黒い, あら長次はん何んだね, あら隠していらっしゃる, あら雪江さんが来た, あら面白の花, あらを見られる, あら飛行機屋さんにも判らない, あらとのごった煮, あらがこわれる, あらも君, あら黒い物が, あら鼻血