青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あはれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あつ~ あつし~ ~あて あて~ ~あと あと~ あな~ ~あなた あなた~ あの~
あはれ~
~あまり あまり~ ~あまりに あまりに~ ~あら あら~ ~あらう あらう~ ~あらず あらず~

「あはれ~」 1533, 17ppm, 6851位

▼ あはれ~ (150, 9.8%)

3 筋立てを 2 ものだ, やうな, 人間の, 私は, 赤黒い小さな, 野獸の, 銀笛の

1 [133件] あはれな, いたましい生き物, かたつむりを, かたはの, かなしい彼, が世, が胸, こ, ことぢゃふびんな, ことでございます, このかたつむり, この片, さまをも, その顔, のは, はなし, まで寂れ, みじめな, ものぢや, ものである, ものです, ものに, ものの, ものばかり, ガスパールの, ピストルは, モデルを, レデーを, 一人の, 一個の, 一匹の, 不眠症は, 世の, 乞食を, 人よ, 人家が, 人生が, 充実の, 先祖の, 光景で, 全生命, 出現を, 喜びを, 墓の, 士族屋敷ばかり, 声で, 声を, 夢とも, 女に, 妻である, 姿を, 娘にと, 娘の, 娘のみ, 婦が, 子は, 子供の, 対照を, 小さい竜胆, 小さなもの, 小さな赤ん坊, 弟を, 影が, 彼女への, 恐怖に, 息を, 悟空の, 愚かな, 感じを, 感觸では, 戀を, 手だらう, 故国よ, 旅だ, 時雨のに, 暮しを, 書斎の, 書齋に, 有様だ, 有樣, 朱紫国へ, 松の, 案内者です, 歌である, 歌を, 母が, 気が, 氣の, 片輪, 物よ, 物語は, 物語を, 犠牲の, 状は, 生き物は, 生物が, 男, 男どもには, 留学生の, 病人の, 石竹と, 私では, 私自身の, 空想兒かなしい, 細い声, 老境に, 老母や, 者の, 聲の, 臆病者は, 自分の, 自嘲と, 花を, 若者よ, 草子物語の, 葬式の, 蓮が, 蟹が, 蟹でありました, 行末の, 言葉ね, 言葉を, 記念の, 詩人を, 話が, 話である, 話です, 谷余りに, 遊女が, 銀杏の, 風であります, 麦が, 鼾日も

▼ あはれなる~ (99, 6.5%)

8 かな, かなや 5 かも 2 もの木の, 夜と, 心中のうは, 末の, 狂女の, 胸よ

1 [66件] かなきさらぎ二日, かな悲し, かも冬青の, かも前の, かも片時雨し, ことかぎりなし, こと侍りき, こと限りなし, すがた, にあり, に異なり, はかく, はアラビア婦人, は此君, は此君やとい, は継子, は繼子, もの, ものは, を覺, キツネノボタン春くれ, ハ池蔵太, ロマンティシズムの, 事どもを, 事に, 人間の, 供へ, 信太郎を, 兒なり, 半死, 同業者, 君が, 哉, 哉吾友よ, 女に, 姫よ, 姿を, 子に, 子よ, 孤ありけり, 孤ひとり置くべき, 小兒等, 少女の, 山里に, 廓の, 彼女よ, 恋かなと, 我等夫婦を, 旅人に, 木は, 歌なき, 母は, 溪に, 物語さへ, 獄卒どもが, 生活を, 目隠しの, 石の, 者に, 自然児を, 色氣狂の, 街頭の, 身と, 金かきあつめ寝, 音, 顔を

▼ あはれ~ (71, 4.6%)

2 さびしい秋, しめやかな, 思つた, 淋しき調べ, 裏あかりし

1 [61件] おぼえける, おも, かなしく見はべりし, きいた, くき出しざま, さきのこれるに, すすみを, その声, ふる雨, やさしく覚えたによつ, やさし君, 今も, 似たり, 候て, 匂うて, 又仏前, 可懷, 吹きしくは, 哀しきかな, 坐ろ古, 如何に, 嬉しく, 家居し, 寒さうに, 小さくふ, 尤も悲しむべき破, 微笑んで, 心細くもの凄きに, 思ったり, 思つたのは, 思ひこれ, 思ひしむ心, 思ひて, 思ひやる, 思ふか, 思ふこと, 悄れ, 悄気て, 悲しき長歎, 悲しく書い, 悲しげ, 情深きは, 感じら, 懷しく, 成る, 書く風, 朽ちて, 歌つてゐる, 歌ふ, 死んで, 消える頃, 無意味な, 無邪気な, 珍妙な, 眺めたま, 短命な, 絵の具の, 聞えましたので, 聞こゆ, 覺ゆ, 限定された

▼ あはれ~ (62, 4.0%)

4 見つつ 2 あはれにも, いひて, われは, 思へかし, 見しは, 観つつ, 觀つつ, 道芝の

1 [42件] うらぶれて, おぼさずや, しいふ言, し見つつ, なりに, なりぬべき, ほうやれ, 人の, 何をも, 思し峰, 思つた, 思つて最う, 思つて身なりだけでも, 思はざるからにこそは, 思はざること, 思はせ, 思ひき, 思ひぬ, 思ひ居るかも, 思ふ, 思ふほど, 思ふ幾夜, 思ふ日, 思ふ時, 思へ, 思へる如し, 思へ三十路, 我が, 我が水, 我は, 曰へと, 歎き, 歎き涙しぬ, 聞かんすべ, 聞く夜, 胸張り裂くる, 見えん船, 見ざらむ, 見ん人, 言ふより, 鈴麦の, 鳴きまさる

▼ あはれ~ (49, 3.2%)

2 しる人

1 [47件] おもふ, かけよとて, こめて, そへ, つく, とめご, 叫びぬいて, 味つ, 咲きいで, 失ひしこと, 度外視し, 思ひ知つた, 思ひ知らせる部分, 思ふかな, 感じさせるやう, 感じたやう, 感じた時, 感じること, 感ずらむ大海, 感ぜしめずには, 持たせるため, 描きさ, 教へる, 敷栲の, 更に風物現象, 求めて, 添ふる, 添へて, 知りては, 知り常に, 知り憂き, 知り色, 知り過す, 知ると, 知るの, 知るほどの, 知る心, 競ひ, 表現した, 見せたるもの, 見る人, 覚えたほど, 語る初更, 識る, 賣るやう, 除いたらあと, 黒染の

▼ あはれ~ (42, 2.7%)

3 たまへ 2 ぎりひだりに子, の御, 給へば

1 [33件] あるをば, たまへど, て, てその, て仏智不思議, て天上, て如来, て救護, でもする, といふ, と不安, にけり, に多々, に護持養育, のあまり, の微笑, もでき, をもて, を惹いた, 且つよろこぶ, 且つ可, 以外の, 可愛がりました, 各, 塵労断ち, 如何に, 心悲しみにより, 改宗を, 真杉静枝を, 給ふところと, 自からい, 被遊, 頼朝の

▼ あはれ~ (37, 2.4%)

3

1 [34件] がおなじ, がそこら, が感ぜられる, が添つて, が身, ぞ思, だ, ち多き, であつ, とわが, と飄逸性, に二重, のなか, の絃, の身, はうち, はかなさ, は手近, は暮れ, は赤裸, は通りすがりのち, へ残る, も, も早, も私, よ紅き, よ莚しき竝め子ら昼寝せり, をつくづく, を僕, を添, を見る, を見参, を覚え, 思へば

▼ あはれなり~ (26, 1.7%)

2 冬の, 啼けるをと, 氷の

1 [20件] けれ, とせ, わが身の, 三つ割に, 仔馬はか, 仔馬跳ねゐ, 旅人の, 日でり, 時化波の, 柳絮の, 眼を, 秋風ぞ, 茅蜩の, 荒れはてし庭, 葦村つづき, 角ある, 雨雪霰雹に, 鶏と, 鶏遊べり, 麗らなる

▼ あはれ~ (24, 1.6%)

2 その歌, 胸も

1 [20件] あさ, おとろへに, ことぢゃ, 人也, 内容が, 君よ, 外の, 深い挽歌, 深い歌, 深き浅きをも, 深くない, 深さ, 行きつめた悲哀, 表現とともに, 見ゆる汽車みち, 語に, 説が, 鳥ぞ, 鳥と, 鳥よ

▼ あはれ~ (19, 1.2%)

3 知られけり

1 [16件] こ, こもりしか, しらざらましを, その一つ, ふかし, 久し人入り, 夜店の, 思ひ知らるれと, 恋愛によ, 成り立つもの, 日本人が, 果して始め, 深し咲き残る, 知り給, 老いてこそ, 雁鳴きわたる

▼ あはれ~ (19, 1.2%)

2 容貌清き稚

1 [17件] これも, その同じ日, な, 一日ばかりの, 其でも, 千尋の, 呼吸のをの, 唖に, 夕飯兼帶の, 庭の, 早く翁顏, 朽ちぬ, 母は, 石に, 軒に, 露の, 鬼も

▼ あはれまた~ (18, 1.2%)

2 向き向きに

1 [16件] いかに心, そのかみの, なにの, わが, わが爺, 出で, 君知る, 夕日の, 嬰児泣きたつ, 嬰児笑ふ, 母の, 目にこそ, 索落と, 薄黄, 褪せはてし髪, 野辺の

▼ あはれその~ (17, 1.1%)

1 [17件] かげに, かたち, すがた, ほめき如し燃えも, ゆめの, 一夜泣きに, 仄のに, 力よ, 厭ふ, 口附よ, 心の, 愁如し, 枝に, 栖を, 追分の, 青き果, 静かなる

▼ あはれこの~ (16, 1.0%)

2 夜の

1 [14件] ごとく物, 事の, 人もの, 命の, 子規いつも, 少女の, 心よ, 文字我が, 梔花色の, 清き夜, 生あたたかい春, 至妙の, 詩は, 體の

▼ あはれにも~ (16, 1.0%)

2 恍れ

1 [14件] あり, いとしい猫, スパルミエント夫人エジスは, 亦婉, 亦騒がしく, 優しい女, 又あさましく, 宴あらけ, 思はれて, 感じるけれど, 浮ぶ, 滑稽な, 美しい詩, 貧しか

▼ あはれ~ (15, 1.0%)

2 いとどまさりけり, さいは

1 [11件] これよりぞ, さてまた俳諧, そ, なからん, ふかく, やがて堪へ, 不氣味, 人の, 深い, 深くこの, 深く此時節

▼ あはれむべ~ (14, 0.9%)

2 きかな, し 1 きものだ, きもので, きオプチミスト, き利己, き無策, き自然児, しかなしむべし, し人生, し死, し白髪

▼ あはれとも~ (10, 0.7%)

2 見れ 1 うしとも, 君は, 悦びとも, 看したま, 見つ, 見つ栗, 見ゆるし給, 見よ

▼ あはれあはれ~ (9, 0.6%)

2 はや八年, 空し人 1 というもおろか, はその, 安き世, 戯れの, 青き果

▼ あはれなれ~ (9, 0.6%)

2 ども捉, ば家 1 ども消す, ども犬蓼, のみか, むかしを, 時の

▼ あはれよと~ (9, 0.6%)

2 今朝見, 見るその 1 命よと, 思ふ春, 払ひ, 母は, 母嘆かすやしづけき

▼ あはれ~ (8, 0.5%)

1 あはれあはれあはれというも, なし, ふるあめ, ふ人, 人の, 旅の, 私の, 老らく

▼ あはれかの~ (8, 0.5%)

2 いつくしさ 1 ひとの, 国の, 我の, 男の, 眉の, 野邊に

▼ あはれ~ (8, 0.5%)

1 あつた, つていつも, つてゐました, つて抱きあげる, ぬかるみの, 深い, 考へられる, 身に

▼ あはれわが~ (8, 0.5%)

1 君おも, 小舟ぞ, 幽鬱, 愁にも, 慈母甘美なる, 春ある, 若き日, 魂の

▼ あはれ深い~ (8, 0.5%)

1 ことな, ものである, 合戦でございました, 呼びやう, 姿が, 姿です, 旅路の, 言葉である

▼ あはれんで~ (7, 0.5%)

2 くれ給 1 お呉れ, ゐた, ゐるの, ゐる傾向, 穴の

▼ あはれとは~ (6, 0.4%)

1 このやう, 夕越え, 子だにも, 思へ憎みあへ, 汝も, 見ながら

▼ あはれ~ (6, 0.4%)

1 にはかかる, に生まれ出し, に訪, の, の学者, は汝

▼ あはれ~ (6, 0.4%)

2 のこの世, の世, は貧し

▼ あはれ~ (6, 0.4%)

1 の, の消え, の照る, の階段, は血, も薄ら

▼ あはれ~ (6, 0.4%)

1 けぢめ, こそ今度, のあたり, の婦, の婦人, の者

▼ あはれ~ (6, 0.4%)

3 のゆゑ 1 のおき, はまた, を藻草

▼ あはれ~ (5, 0.3%)

1 がけたたまし, が夢, なたの, は誰, をいづ

▼ あはれ~ (5, 0.3%)

4 あつた 1 ござりました

▼ あはれ~ (5, 0.3%)

2 月夜照り山いもの 1 の常, ひろふ凍てしかや, 私は

▼ あはれ知らせ~ (5, 0.3%)

2 がほ, がほな 1 顔なる

▼ あはれかかる~ (4, 0.3%)

1 夜よ, 日に, 日の, 淡つけき

▼ あはれがり~ (4, 0.3%)

1 て娘, て時, て物, て迎

▼ あはれ~ (4, 0.3%)

1 であつ, なり, な歌, に咲き

▼ あはれ~ (4, 0.3%)

1 ぢゃ, のです, ものだ, 時の

▼ あはれとぞ~ (4, 0.3%)

2 見る 1 思ふ, 沈痛に

▼ あはれわれ~ (4, 0.3%)

1 の故郷, も女, 亡びたる過去, 生きむと

▼ あはれ~ (4, 0.3%)

1 だ, だが, だりし, だりする

▼ あはれ~ (4, 0.3%)

1 はた木の間, はめも, は猶, 無念の

▼ あはれ~ (4, 0.3%)

1 がま, が名, が棺, み袖

▼ あはれ~ (4, 0.3%)

2 の辺 1 の一滴, の面

▼ あはれ深く~ (4, 0.3%)

1 も美しい, 感ぜられは, 綴つてある, 説きなした玉造小町

▼ あはれ~ (4, 0.3%)

1 にも佛, の母, は香村雪枝, よ

▼ あはれあすゆゑ~ (3, 0.2%)

3 に夕暮

▼ あはれいま~ (3, 0.2%)

1 はの床, ひとたび, 白き世界

▼ あはれきのふゆゑ夕暮~ (3, 0.2%)

3 悲し

▼ あはれ~ (3, 0.2%)

1 はもの静か, は少女, は臨終

▼ あはれここ~ (3, 0.2%)

2 の丘窪 1 に染出す

▼ あはれこの世~ (3, 0.2%)

2 はよしや 1 にいく

▼ あはれこれ~ (3, 0.2%)

1 は百足蛇, も, をも軒

▼ あはれ~ (3, 0.2%)

1 つた自分を, とお, ね

▼ あはれといふ~ (3, 0.2%)

1 あのラブレエ風, 人も, 暮の

▼ あはれはや~ (3, 0.2%)

2 八年を 1 焼酎は

▼ あはれ~ (3, 0.2%)

1 ないでは, む, んと

▼ あはれ~ (3, 0.2%)

1 いやしい人間, ばかりの誇り, 思ひも

▼ あはれむや~ (3, 0.2%)

3 うな

▼ あはれ今日~ (3, 0.2%)

2 の我が身 1 もまた

▼ あはれ~ (3, 0.2%)

1 となら, に聴き, に聽

▼ あはれ快き~ (3, 0.2%)

3 は夏

▼ あはれ~ (3, 0.2%)

2 も見 1 も目

▼ あはれ深き~ (3, 0.2%)

1 こよひか, はあらじ, 心

▼ あはれ白き~ (3, 0.2%)

2 なづな 1 羽二重の

▼ あはれ白玉~ (3, 0.2%)

3 の米

▼ あはれ知らぬ~ (3, 0.2%)

1 もの, ものに, 荒夷の

▼ あはれ知る~ (3, 0.2%)

1 わが育ち, 女と, 心を

▼ あはれ~ (3, 0.2%)

1 なし, も無し, 薄きかなしみ

▼ あはれ~ (3, 0.2%)

3 なる柳

▼ あはれあはれこの世~ (2, 0.1%)

2 はよしや

▼ あはれあはれ旅びと~ (2, 0.1%)

1 は, はをさしはさんだ

▼ あはれあはれ草いきれ~ (2, 0.1%)

2 しるき中

▼ あはれあれ~ (2, 0.1%)

1 霜つきはじめ, 霜月はじめ

▼ あはれいつ~ (2, 0.1%)

1 の日, の程

▼ あはれいづ~ (2, 0.1%)

1 くに宿を, 方へ

▼ あはれいにしへ~ (2, 0.1%)

2 の紫式部

▼ あはれいのち~ (2, 0.1%)

1 の小鼓, の高丘

▼ あはれかかり~ (2, 0.1%)

2 の小舟

▼ あはれかがやかし~ (2, 0.1%)

2 一葉ちりを

▼ あはれかそかそ~ (2, 0.1%)

2 と声

▼ あはれこのごろ~ (2, 0.1%)

1 の夢, は痛々し

▼ あはれしら玉~ (2, 0.1%)

2 の米

▼ あはれそれ~ (2, 0.1%)

2 より

▼ あはれといふも~ (2, 0.1%)

1 おろかである, おろかなりけり

▼ あはれとお~ (2, 0.1%)

1 もひ, もひいでぬる

▼ あはれとや~ (2, 0.1%)

1 月もと, 繁りけん

▼ あはれなほ喇叭~ (2, 0.1%)

2 吹く息

▼ あはれなりけれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば詠める

▼ あはれにて~ (2, 0.1%)

1 我清吉を, 襤褸衣服に

▼ あはれには~ (2, 0.1%)

1 多くたち優る, 聞ゆれ

▼ あはれねも~ (2, 0.1%)

2 ごろの

▼ あはれはるばる~ (2, 0.1%)

1 我お, 来しもの

▼ あはれほそぼそ~ (2, 0.1%)

2 と人

▼ あはれまれ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ あはれみいた~ (2, 0.1%)

1 はりつ, はるのだつた

▼ あはれみた~ (2, 0.1%)

1 まひし, まひて

▼ あはれむ頭巾~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ あはれやう~ (2, 0.1%)

1 やくう, やく我心

▼ あはれよき~ (2, 0.1%)

1 庵あはれよき, 松

▼ あはれをか~ (2, 0.1%)

2 くる人

▼ あはれマドロス田谷力三~ (2, 0.1%)

2

▼ あはれ一杯~ (2, 0.1%)

2 の水

▼ あはれ不尽~ (2, 0.1%)

2 の高嶺

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 にかた, を呼びたまふや

▼ あはれ何れ~ (2, 0.1%)

1 としら雪, をそれ

▼ あはれ何處~ (2, 0.1%)

1 にても一戰, の誰

▼ あはれ侮蔑~ (2, 0.1%)

2 や誹謗

▼ あはれ其後~ (2, 0.1%)

2 の十幾年

▼ あはれ其方向け~ (2, 0.1%)

2 ば犬

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 の鉾杉

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 花は, 花太夫は

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 よわかき, よ思ひ知り泣きし

▼ あはれ可愛~ (2, 0.1%)

2 しいかなる

▼ あはれ可笑し~ (2, 0.1%)

2 と軒ば

▼ あはれ君われ~ (2, 0.1%)

1 はもや倦み, をその

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 あるこの, やるせなくいま

▼ あはれ天方伯~ (2, 0.1%)

2 の手中

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 はひた, を恋

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 の鉾杉

▼ あはれ彼等~ (2, 0.1%)

1 の身, は蠖蟄

▼ あはれ微風~ (2, 0.1%)

2 さやさやと

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ あはれ悲しく~ (2, 0.1%)

1 も令孃, も我等

▼ あはれ我が~ (2, 0.1%)

1 ノスタルジヤは, 心よ

▼ あはれ我身~ (2, 0.1%)

1 を殺し, を食

▼ あはれ摩訶曼珠沙華出~ (2, 0.1%)

2 で入る

▼ あはれ旅びと~ (2, 0.1%)

1 は, はをさしはさんだ

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 いかなる野辺, にありき

▼ あはれ果敢~ (2, 0.1%)

1 い弱い, き運命

▼ あはれ果敢なき~ (2, 0.1%)

2 塵塚の

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 と栗

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 の枯木, の枯木行き

▼ あはれ歌人~ (2, 0.1%)

2

▼ あはれ此君~ (2, 0.1%)

1 が肺腑, のため

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 が香, をいか

▼ あはれ江戸~ (2, 0.1%)

2 が備中あたり

▼ あはれ激しく~ (2, 0.1%)

1 ぞ恋し, ぞ戀

▼ あはれ百年~ (2, 0.1%)

2 の友

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 に入る, に霧

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 飛ぶ鳥

▼ あはれ空し~ (2, 0.1%)

2 人かがみ

▼ あはれ立ち~ (2, 0.1%)

2 蔽ふ

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 なき身ひとつ

▼ あはれ老木~ (2, 0.1%)

2 の二木

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 かし

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 の痛み

▼ あはれ草いきれ~ (2, 0.1%)

2 しるき中

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

1 か見, が子

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 こしと

▼ あはれ遠田~ (2, 0.1%)

2 の蛙

▼ あはれ雀子~ (2, 0.1%)

2 よとて雀子

▼ あはれ~ (2, 0.1%)

2 の鉾杉

▼1* [413件]

あはれあしたのミルク手, あはれあなあはれいつか雨ふらむ, あはれあはれあはれというもおろか, あはれあはれすみれの花, あはれあはれわれの故郷, あはれあはれケーブルカーの索条迅, あはれあはれトーキーの模擬音, あはれあはれ上つ代, あはれあはれ子らが遊び, あはれあはれ尼達の合唱, あはれあはれ恋ふる心, あはれあはれ深江の媼, あはれあはれ爛壊のま, あはれあはれ猫の声す, あはれあはれ竜胆の花, あはれあはれ章魚逃げて, あはれあはれ色薄きかなしみ, あはれあはれ輝きの空, あはれあはれ酸ゆき日のなげかひ, あはれあはれ銀杏の林, あはれあはれ鴛鴦の湯, あはれあやしきものは, あはれあれみ空を, あはれいかなれば, あはれいかなる不祥事なりとも, あはれいかに幽玄の, あはれいつか雨ふらむ, あはれいづれの日, あはれいと寒しや, あはれいま暴びゆく接吻よ肉, あはれいま砥石のひびき, あはれうたごゑきこゆ, あはれうつろなる此, あはれおそかりきされど, あはれかれは斯世, あはれがれども一人, あはれきよくてありぬべき, あはれくみしれ露たもつ, あはれことしの花, あはれさびしと我家, あはれさび幽玄の精神, あはれさまざまのもの, あはれさるやさしき心, あはれさ兩親の目, あはれさ是非なくおぼし, あはれさ此上あらん共, あはれさ清らかさをかき含んだ, あはれさ独り者のみじめさ, あはれさ私はうんざり, あはれさ言ふべくも, あはれしづけさよ, あはれしひたぐることなく, あはれしらせがほな, あはれすべきかな蒼海原, あはれすみれの花, あはれせまりてさ男鹿, あはれそうに彼女, あはれそぞろあはれ, あはれそらとみ, あはれそれから有心と, あはれまさりける謡, あはれたそがれの森, あはれただ一人居たきばかりに, あはれたちまさりてなど, あはれたまゆらひらめきて, あはれたる時局長の, あはれつたなきソプラノは, あはれであり笑ひ, あはれであると見た, あはれであるならばその, あはれでもある, あはれというもおろかなりけり, あはれとなど思ひけむ, あはれとめたり鶏, あはれなしはがれた声, あはれなすがれ葉には, あはれなどは伝説の, あはれなほ思ひぞ, あはれなほ日は高し, あはれなやめる魂等よ, あはれならざらんや, あはれならずやその, あはれならまし花の, あはれなりし事共なり, あはれなりもどり來たる, あはれなりもどり来たるか, あはれなり捨てがたし, あはれなるほど靈山子遺墨集を, あはれにだけ印象的に, あはれにもなつてゐた, あはれにをかしく, あはれのみにほひ満ちぬ, あはれはしられけりしぎ立つ, あはれはるかなる湖, あはれひと日木の葉ちらし吹き荒みたる風, あはれふかくみえ, あはれふかげに視え, あはれぶといへども, あはれまことしろきかも, あはれまずにはゐられなかつた, あはれませ君, あはれまでも思ひ残さぬ泪, あはれまるひとりを, あはれみかぶれるこの身なり, あはれみと愛とを求めよう, あはれみにつつゆふぐ, あはれみの心などは踏みにじ, あはれみましますしるしには, あはれみやこをのがれき, あはれみ思へれば妻覓ぎけるか, あはれむあはれまない, あはれむかしの春, あはれむかなしさとが, あはれむにつけても山中の景氣, あはれむにより宇宙の王, あはれむは神の審判, あはれむ事限りなし, あはれむ夕ばしら, あはれむ色さへつゆ, あはれめたらちねのわれ待ち, あはれめでたき厚誼なる, あはれやさしかりし友, あはれやさしき心の, あはれやむすめ父親が, あはれゆかしきみ住ひ, あはれよくぞ似る, あはれよそにや君, あはれよねもなし, あはれよのしろきね, あはれよりても合, あはれよりもかなしい月, あはれだなか, あはれわがこの頭, あはれわびさびと, あはれわれ死なんと欲す, あはれわれ等二人の命, あはれわれ等何をか願, あはれをも思ひやりおの, あはれケーブルカーの索条迅, あはれコオヒイを呼ぶ, あはれジヤンネツテならまし, あはれぽく渠, あはれトーキーの模擬音, あはれヱネチアとは是, あはれしほ深く, あはれ一人見つ, あはれ一匹の蛙, あはれ一夜の夢, あはれ一学期二学期よとあはれ, あはれ一山風に跡, あはれ一度はこの, あはれ一念の力, あはれ一滴の涙, あはれ一飯の御, あはれつ代, あはれ上天も見, あはれ不滅の精力, あはれ世にわれひとり殘され, あはれ世の常の事, あはれつつき殻, あはれとは慈鎮, あはれ二人は我, あはれ五十年の昔, あはれ人目だにあらず, あはれ人間闇の海, あはれ今一度寄手の来る, あはれ今一方の人, あはれ今一月はやからば, あはれ今年は妻, あはれ今度の被服廠あと, あはれ今日かぎりかな, あはれ今朝は一面, あはれ今都大路に大, あはれ仔山羊は何, あはれ仰ぐは, あはれ何とて寂しきか, あはれ何らの驚異, あはれ何事にならん, あはれ何処に君, あはれ倦みはてつ影見る, あはれ傷つく鳥なら, あはれ儚く滅尽いたした, あはれの元太郎, あはれ消えさる, あはれ全国そこここに散りしける, あはれ六十路もた, あはれ六百五十柱涙がとめど, あはれ其の男の, あはれ其処にこそ, あはれ其日待つ當來, あはれ其時那の婦人, あはれ其等の楽欲, あはれ其罪を想, あはれ再びこれを, あはれやかに, あはれ刄物一つ手に入れた, あはれ初秋日もゆ, あはれある人, あはれ匹夫の身, あはれ十九を一期, あはれ十二月の室内, あはれ千万無量の思ひ, あはれ千載万載一遇, あはれ千載萬載一遇の此月此日此時, あはれ半夜の狂風, あはれ南無八幡大, あはれ厚塗の立烏帽子, あはれ去年病みて, あはれ口許の笑, あはれへを思ひ, あはれ古人が美, あはれ同僚アルゴスの將帥, あはれ君先君の御事, あはれはれたる仙禽, あはれ味覺の奈落, あはれ国分寺よ, あはれ土耳古玉のそら, あはれなき夜, あはれ夢みな, あはれ夢みな夢, あはれ光明を, あはれ奸婦の肉, あはれ如是ものに成るべきなら, あはれ妙音海潮音の海, あはれの止利, あはれ始めの一撃, あはれ姥桜残んのいろ, あはれ子らが遊び, あはれ学園も末, あはれ安き世の, あはれがへり, あはれ宿す荒野の, あはれ寂しゑわが, あはれ寂しき寂しき此日を, あはれ將軍激しくも, あはれ尊きけふ, あはれ尊くおはしつる人, あはれやかに, あはれ小さきものども, あはれ尼達の合唱, あはれ島田に結, あはれ平和と演劇, あはれ幾許の樂しき, あはれ床しく忍ばる, あはれ座右のポネヒル一度声, あはれ廢屋の跡, あはれが理窟, あはれとも言はず今日, あはれ諒察あつ, あはれ忌むべしと夜着, あはれ忘れがたき昔, あはれ思ひは雲井, あはれふる心, あはれ恩愛の父母もろとも, あはれ息子にあの, あはれ悲しやみだし, あはれ悲しいで衣服, あはれまし, あはれ意氣地なく終焉, あはれ愚かに, あはれ憫然なりしものよと云つた風, あはれ我が身の心, あはれ我最愛の妻, あはれ戯れのごとく, あはれ手ぶりにまね, あはれ手中にか, あはれ才徳かね備, あはれ抱けば, あはれ内府在天の, あはれしくはた, あはれ新婚の式, あはれや沈み暈, あはれ昔時を忍ぶ, あはれこそ來, あはれ暮風一曲の古調, あはれ最後の戦ひ, あはれ木枯汝がまま, あはれ本覺大悟の智慧, あはれ枯木に似たる, あはれ柚色の, あはれよ, あはれ楽しみにし, あはれ榮花の身, あはれ横笛とは時頼其夜, あはれ横笛一夜を惱, あはれ横笛乙女心の今更, あはれ欠けざることなき, あはれ此人その心堅固, あはれ此冠は我頭, あはれ此夜のむし暑, あはれ此夢いつかは醒めん, あはれ此家は誰, あはれ此山の容, あはれ此房の壁, あはれ此數行の文字, あはれ此智慧好き折に出でな, あはれ此歌よ, あはれ此程までは殿上, あはれ此美人目前に死せよ, あはれ此聲人の胸, あはれ此舞臺にいくばく, あはれ武士ぞと言, あはれの衣, あはれ死にゆく路, あはれ殊勝な法師, あはれすくなき世, あはれに咲く, あはれ汝らが矜高, あはれ法恵の, あはれ浅間敷かりけること, あはれ浮世の夢, あはれの王, あはれ消えもしぬべく, あはれ淋しや丁字頭, あはれ淋しく顏も, あはれかし, あはれ深ければ, あはれ深江の媼, あはれ清し正月元日, あはれなどあら, あはれ潰滅の路, あはれ濡れつつ, あはれはこころ, あはれに凭れ, あはれ烽火を, あはれ無垢なる少女, あはれ無益に侍るべき, あはれ無限の大, あはれる後, あはれゆるか, あはれ爛壊のま, あはれの声す, あはれ少時留らずや, あはれ珍しき事の, あはれ生きてあらん, あはれ田舎へ行かまし, あはれ甲斐なき火力, あはれ男児の醇粋, あはれ画料数百貫を剰, あはれ白魚に化しやせん, あはれ百合よりも甘し, あはれ百舌啼く, あはれ皐月の軟風, あはれ皮一重を堺, あはれひたる白き, あはれ構へて, あはれ看護員はいかに, あはれ白き双翼, あはれ真白き双翼は, あはれは大空, あはれの邊, あはれ知り顔を, あはれ短き契りなる, あはれを投ずる, あはれ福の神は直, あはれにモニカ, あはれ秋風よ情なき, あはれ穴熊は檻, あはれ突撃を蒙りぬ, あはれ竜胆の花, あはれ章魚逃げて, あはれ終日手さぐりに, あはれ羅馬よ, あはれ美しき海原よ, あはれ聞きも及ばぬ, あはれ聴け光は, あはれに懸けられし, あはれ背後に捉, あはれ舟人ちさき帆, あはれに醉, あはれ良人勇により君, あはれ良匠がなあれ, あはれ花びらながれ, あはれ花片ををの, あはれ芳魂いまいづこ, あはれ苦しいむなさきの襟の, あはれ草木も婦人, あはれ草臥もうけに成る, あはれ葦酒に酔, あはれ薄倖なるベルナルドオ, あはれ蚯蚓とあざ, あはれ見にくしや, あはれ見よそのかみの, あはれ見る影も, あはれひ解くすべ, あはれ調停の任, あはれ越の, あはれ赤い円日岬に, あはれ赤き赤き花よ, あはれ起すな幾世, あはれ輝きの空, あはれ逢瀬の首尾, あはれふことも, あはれ酸ゆき日のなげかひ, あはれや亞米利加神風, あはれのこ, あはれ銀杏の林, あはれの音, あはれ長く聴かざり, あはれ焚く火, あはれ青き果の, あはれ青淵に, あはれ静かなるこの, あはれ響動す海, あはれくは, あはれ風物の光景, あはれは焔, あはれ騎士が戦ひ, あはれ破火, あはれ鴛鴦の湯, あはれ鵞王の影供, あはれの聲, あはれ黒松属であらう