青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あった あった~ あったら~ あっち~ ~あつ あつ~ あつし~ ~あて あて~ ~あと
あと~
あな~ ~あなた あなた~ あの~ あはれ~ ~あまり あまり~ ~あまりに あまりに~ ~あら

「あと~」 29946, 297ppm, 325位

▼ あと~ (5144, 17.2%)

57 聞くと 45 考えると 38 私は 30 彼は 25 わかったの 24 それを 20 彼女は 19 考えて, 聞けば 18 すぐに 17 聞いて 14 自分の 12 私が 11 あつた, 半七, 後悔する, 聞きますと 10 わかったこと 9 ね, 思えば, 母は, 知ったこと, 私の, 考えれば, 聞いた 8 二人は, 僕は, 気が

7 [15件] お君, きくと, これを, そのこと, わたしは, 云った, 何か, 彼の, 急に, 知ったの, 考へると, 聞いたところ, 言った, 話します, 読んで

6 よく考え, 彼が, 聞いたの, 自分が, 調べて

5 [19件] しらべて, その話, ぼくは, ゆっくりと, わかりました, 人から, 人に, 今度は, 他の, 分った, 分ったこと, 手を, 村の, 父は, 眼を, 知った, 竜之, 自分も, 遊びに

4 [39件] あなたの, いいから, お話しする, お銀, きいて, そつと, その人, それに, たいへんな, またすぐ, もどって, ゆっくりお話, わかる, わかること, 七兵衛は, 何を, 信長は, 僕の, 半蔵は, 君の, 女は, 後悔し, 思うと, 母から, 母が, 気がついて, 秀吉は, 私たちは, 私に, 聞いたこと, 聞いた話, 腹が, 見せて, 見ると, 話すが, 誰かに, 金を, 電話を, 面白い話

3 [70件] あたしが, あとで, あの人, い, いいです, いいよ, お礼を, お絹, お角, お話しします, きけば, ここへ, これは, こんどは, しずかに, するから, その時, その男, そんなこと, だん, ちよつと, ぼくが, また, ゆっくり見せ, よく調べ, わかった, わたくしは, 一人で, 一緒に, 主人に, 五人の, 今日は, 何かの, 先生に, 先生の, 先生も, 困るだろうと, 大臣は, 女が, 家の, 平気で, 後悔した, 新聞を, 来て, 氏は, 気がついたの, 気がつけば, 気を, 水を, 皆が, 知ったが, 知つた, 私たちの, 私にも, 私を, 細君が, 聞いたが, 聞いた時, 聞きましたの, 見て, 言いました, 話した, 話す, 話すよ, 話そう, 話を, 説明します, 誰かが, 調べると, 顔を

2 [309件] あたしと, あたしは, あなたから, あなたが, あなたに, あなたは, あれは, あわてて, いいます, いえ, いやな, おはなし, おやじと, おれは, お初は, お前の, お呼出し, お墓, お店, お母様は, お澄, お父さんに, お角さん, お話します, お話する, お酒, お食んなさい, かきみだれた髪, かの女, かれが, かれは, きいた話, きん夫人が, こうつけ加え, このよう, この事, この家, この怪物, この浦粕, この男, この話, これが, こんな事, ござります, ごほうび, さて何事, さも可笑し, さらに言葉, すっかり本当, すつかり, すること, するとして, そいつを, そう言っ, そこの, そこを, そのお, その子, その手紙, その顔, それは, だれかが, だれも, とんだこと, とんだ恥, どうだったい, どうなる, ひとりで, ひとりに, ふと不安, ほかの, ほんとうに, またお, またもと, みんなが, みんなで, みんなは, もう少しお, ゆっくり, ゆっくりお話し, ゆっくりする, ゆっくりやる, ゆっくり聞こう, ゆっくり見, ゆっくり話し, ゆつくり, ゆつくり伺ひます, よ, よい, わかった真相, わかった話, わかります, わかるから, わかるが, わかるよ, わしの, わたくしが, わたしたちは, カン蛙の, カン蛙は, ゴム靴を, ボーイが, 一ぺんでも, 一人の, 一向に気持, 一時に, 一本吸う, 七十郎は, 三人が, 不思議に, 世の中が, 世間の, 中の, 中村警部は, 主催者側は, 事件の, 事情を, 二人が, 云っとくから, 今の, 今のは, 仕事を, 代助, 仲間の, 何が, 何だか頭痛, 何事も, 信長が, 俺は, 僕が, 僕に, 兄さんから, 先生は, 再び訪れた, 出て, 分ったが, 分った話, 分つたの, 分りました, 判った, 判ったこと, 判ること, 勘六の, 十六の, 博士は, 厳重に, 叔母は, 取り返しの, 口を, 吉五郎は, 同じよう, 君が, 困るよう, 土を, 土地の, 土壌の, 報告する, 大いに後悔, 大へん, 大変です, 夫の, 夫人へ, 女の, 女の子は, 女中が, 女中を, 女房は, 姉さんに, 子供に, 存分に, 学校の, 宗助は, 宮は, 家内の, 家康は, 宿の, 寄ります, 小林少年は, 小池さんが, 帰つて来る, 年下の, 店の, 引つ込み, 弱る事, 彼に, 彼を, 彼女が, 彼女の, 彼女を, 彼等は, 後悔しなけれ, 後悔しなさんな, 御覧に, 心に, 忠顕は, 思い出して, 思い出すと, 思い当ること, 思へば, 怪物は, 悔んで, 悲しまなければ, 愚痴を, 我われが, 承ると, 折を, 掃除夫の, 播磨は, 文句を, 明日は, 明智探偵と, 書いて, 書く, 机竜之, 板場, 林さんと, 林房雄が, 森の, 楽屋の, 楽屋へ, 次の, 此の, 死体を, 死骸の, 母を, 母親に, 母親は, 気づいたの, 池を, 泥を, 海へ, 海水に, 涙を, 渠は, 源氏は, 滋養を, 漸っと, 物語の, 現像し, 申しあげる, 申上げます, 直義は, 眉を, 眼が, 知れた, 私たちが, 私も, 移転先は, 窓の, 笑いながら, 笑い話に, 笑った, 米友は, 細君に, 細君は, 給仕が, 綱の, 美禰子が, 義雄に, 老妓は, 考え合わせると, 聞いたので, 聞いたらその, 聞いたら関係, 聞いた噂, 聞きました, 聞くからな, 聞くとして, 聞こう, 胸が, 臍を, 自分に, 自分を, 自宅の, 自然に, 芥川が, 若主人, 苦情は, 茂次は, 茶を, 荀, 薫は, 行者の, 西の, 見に, 見るッ, 言つた, 計算し, 話が, 話しあう, 話して, 話すとして, 説明する, 誰か, 誰も, 誰れ, 調べの, 警察へ, 返すぞ, 返せば, 述べる, 陽が, 隣の, 非常な, 非常に, 風邪を, 飯を, 飲もう, 高い熱

1 [3451件 抜粋] ああよかっ, あすこの, あちこち奉公し, あなたを, あの爆発, あの青年, あらたまった態度, あんな無法, いいます言いますって, いかに味気, いくらでもお, いじめて, いちいち留守, いつでも, いよいよこちら, いろいろと, いろいろ話, いわれた, うめあわせを, うーんと, おかあさんは, おっかさんは, おひらき, おもしろい思い出, おれに, お使え, お北, お姉さま, お島, お時, お母さまが, お浜, お父さま, お祖母さんから, お聞き, お許しが, お話を, お金を, かういふこと, かこう, かの家, かれこれ文句, がっかりする, きっとこの, きっと思います, きまって秋山宇一, くさる, ぐったりと, こう慰めた, ここらも, こっちへ, このけずり, この事件, この写真, この客間, この綿, この鼓, ころげまわって, こんなふうにその, ご主君, さういふと, さすがに, さへ, しかめ面, しばしば自分, しばらく男, しらべるから, じぶん, すぐムホン, すぐ改札, すぐ謝る, すっかり寸分, すでに熱したはしゃいだ, せ, そういおう, そこに, そっと披, そのつきでた, そのグループ, その上着, その前後, その御, その時母, その比, その笑い聲, その蜜房, その首, それくらい, そんなすぐ, たぐりよせて, ただ何となく, たまりかねて, だれかに, だんだん親しく, ちょっとすわる, ちょッと, ついに悲しむべき, つけた値段, でかけたから, とうとうこう云う, とつぜん乱心, とりかえますから, どうして船, どうにでも, どつさり, どんなに叱られる, どんな空想, なくて, なにか心, なるべく早く, なんとなく寂しい, ねえ, のべる内閣, はじめに, はばかりに, ひとり光一, ひやかした, ふたりづれでまっ, ふと僕, ふと登, へやの, ほんとうの, ぼんやり夢, まずい舌打, またそろそろ, またイワン兄さん, また仰せ, また役, また戦争, また来る, また獨, また話す, まだがやがやがやがや云っ, まだ生き, まるで裁判官, みて, みんな大騒ぎを, もういっぺん, もう一度行つて, もっとつらい, ものに, やって来ても, やっと十二時, やつと, ゆっくりお, ゆっくりはなしたい, ゆっくり台所, ゆっくり聞い, ゆっくり訊こう, ゆつくりする, ゆるゆる敵, よい眼, ようやく気がつい, よくしらべ, よく分り, よく話, よけい言い, りんごか, わかっては, わかりますから, わざとらしい唆, わたしが, われわれの, アルミニュームの, ウソだ, オリンピアーダ・セミョーノヴナは, ガラスの, クエリヨたちを, ゲンコの, サムと, ジャズを, スックと, ソフィヤ・リヴォヴナは, テレビを, トロ族全体から, ニールスは, ハンドルを, パラケルスス, ビールを, フト思ひつき, ブランシュの, ホエ面を, ポケットを, ムロンを, レンズで, ワーッと, 一と, 一人でも, 一口めしあがる, 一寸お話したい, 一座惣出で, 一杯附き, 一眠りなさらなかったでしょう, 丁寧に, 三人あ, 三日寝, 下げ渡して, 下宿で, 不服の, 世話を, 中学の, 中野君に, 主税は, 乗せて, 事務所との, 二人に, 二階へ, 云ってたん, 京の, 人の, 人相が, 今日も, 代金を, 伊豆様と, 会って, 伸子に, 佐吉は, 何でも, 何やらマヤカシ物, 何者かに, 作者自身が, 例年の, 係員が, 信者たちは, 借りて, 働いて, 兄が, 兄貴の, 児玉さんが, 全く無, 八百屋に, 内々どころか, 再縁し, 処罰する, 出発の, 分かつて, 分ること, 切支丹の, 初めて近代人, 判事は, 利根川の, 加助を, 勘定が, 医者も, 千百三十両の, 博士がはははは, 厳罰に, 又ゆり, 又雪, 取りつくしま, 受取らねえなんて, 古島さんが, 台所を, 吃驚させられた, 名誉な, 吹けたという, 告げます, 味は, 咽喉を, 善助が, 嘘だ, 四人が, 困って, 困るぢ, 国男さんに, 地図を, 型を, 堺屋の, 売物, 外側の, 大きい鍵, 大きな鳥, 大変その, 大爆発, 大谷さんと, 太夫元も, 失心した, 奥さんに, 女房から, 女首領に, 妻から, 妻君は, 始めて言うべき, 娘が, 嬰兒が, 孔子が, 宇津木文之, 宜しく云っ, 室内に, 家へ, 宿へ, 密室を, 寡婦として, 小倉の, 小林君が, 小説家や, 少なくもその, 尻っぽ, 屍体を, 山本左右太は, 川べの, 巨額の, 帝劇へ, 常陸さんは, 幸子に, 店員たちは, 康子は, 弁護士は, 弟にも, 当然に, 彼らは, 待ちわびて, 後悔せぬ, 徒らに, 御披露, 御覧なさい, 心の, 必ずちょっとした, 必定後悔する, 思いあたって, 思いついた, 思い返して, 思って, 怨まれても, 恨まれては, 悔みは, 悪口を, 愕いた, 態とドア, 懺悔話に, 戦地から, 手先を, 手紙が, 手繰つたところ, 批難され, 押しも, 挨拶を, 掃除婦から, 描き足した想像, 政府から, 数えられよう, 文句は, 新八, 新聞に, 日本に, 昂奮し, 易者は, 時々うしろ, 晩年出家を, 曲者が, 書斎へ, 有力な, 朦朧とう, 本因坊に, 杉の, 来なけ, 来るわね, 東京を, 松永久秀から, 染吉が, 案外にも, 検事や, 極端な, 樹の, 正成へ, 死ぬもの, 殆ん, 殘す事は, 母屋の, 毒物を, 気づいたと, 気憊れ, 水が, 決してそれほど異常, 沙汰に, 泣き出したらなん, 洪水の, 浮舟や, 清盛の, 源氏の, 火夫は, 無名に, 焼ければ, 照彦様は, 熱い茶, 燒けてから, 片づける危険, 特に言葉, 独りに, 猪が, 玄徳は, 現代の, 生れた幼弱, 産後の, 申します, 町から, 病死と, 發病後丁度一ヶ月目に, 皆んなに, 目立って, 直義が, 相手に, 矢田部氏は, 知らせるわね, 知れたので, 石村さんの, 磨きにかけて, 祖母は, 私たちを, 秋山は, 種明しを, 突如と, 竹童は, 笑われないよう, 筋道が, 米西戦争で, 素人探偵の, 結城さんが, 絵巻物を, 綾之助は, 縄ばしごも, 羊三は, 老人は, 考えよう, 考へても, 聞いたら何, 聞いた事, 聞かされて, 聴きますと, 胆を, 腹いた, 臥病ました, 自分らの, 自由活版所に, 舌を, 船室に, 芝居の, 若い主人, 若旦那も, 茶店を, 菓子箪笥から, 著物を, 蒲団の, 蚯蚓に, 行かなければ, 表は, 褒美を, 見せましょう, 見てくれ, 覚えも, 親方の, 解放された, 言う者, 言つてゐた, 訊くこと, 訪ねて, 詫びに, 話しに, 話すいそいで, 詳しくお話し, 語りあうこと, 読むほか, 誰にとも, 談話室で, 警察の, 谷君他, 貴所から, 貸した人, 赤い字, 起つた本国, 身も, 迂濶, 近衆, 述べる機会, 送って, 通知を, 運動に, 郊外に, 酒の, 里見十左が, 針箱の, 鍬き, 長平は, 開いたお, 関翁の, 陛下に, 随分危ぶまれる, 集めて, 雪子に, 非人に, 頬かぶりを, 頼むから, 風は, 食べさせたらいい, 食事を, 饌立の, 駅員たちの, 驚きの, 魅惑的な見はらし, 黄一郎親子が

▼ あと~ (3825, 12.8%)

23 野と 20 何も 17 私が 11 私の 10 どうなる, 何にも, 何の, 勝手に, 自分で, 黙って 9 どうでも, 何んにも, 俺が 8 僕が, 君の, 明日の, 自分の 6 あなたが, どうした, どうだい, なんでも, もう何, 何を

5 [14件] あとの, けろりとし, どうで, どうなった, なんの, 下男の, 俄かに, 口を, 彼の, 拙者が, 独りで, 知らない, 誰も, 近所の

4 [25件] あたしが, あなたの, いつでも, きれいに, それが, た, どうな, どうにでも, ない, ひっそりと, またあと, またもと, わけは, わたしが, 二人の, 例の, 口の, 声が, 急に, 曠野, 皆な, 言葉を, 誰にも, 警察の, 静かに

3 [51件] おれが, お察し, しいんとなった, しんとして, すらすらと, どうする, どうなっ, どこにも, ひとりで, むつつりと, もう, もうだまっ, もうわかり切っ, もとの, ゆつくり, ケロリと, 一面に, 下女と, 二人とも, 人の, 人間が, 何が, 余念も, 元の, 又元, 土地の, 夢の, 夢中で, 奉公人ばかり, 寂寞, 小僧の, 少しも, 引受けるよ, 心配ない, 普通の, 村の, 楽に, 気を, 消して, 無我夢中で, 無言で, 番頭の, 真の, 立派な, 簡単だ, 簡単に, 綺麗に, 自然に, 言葉も, 雪が, 黙々として

2 [226件] あしたの, あり, ありません, あんまりぼく, いつまで, いままでのとは, おれと, お仲, お前が, お前たちの, お前の, お常, お桃一人, お縫一人, かの女, がらんとして, くつくつくつと, こっちで, こっちの, ご賢察, しんしんと, すぐに, すべて序幕の, ずっと百万坪, そちらで, それに, それを, ぞうさが, ただその, たのむぞ, たのむよ, だまって, ちやんと, つねに任せろ, とりとめも, どうしても, どうなるだろう, どうにかなるだろう, どうもなんだかお腹, どこかへ, どこへ, どこを, どんなこと, どんな事, なかった, なにごとも, なにも, なにを, ひとりごとの, ふたりの, ぶらぶらし, ほんの一, また以前, また元, また静か, みな盲目である, みんなお, みんなこの, みんな夜中から, めいめいの, もういい, もうお, もうこの世, もうめちゃくちゃ, もう会話, もう出, もう勝手, もう四つ, もう夢中, もう忘れ, もう楽, もう無我夢中, もう興味索然, もはや大流風, よろしく, よろしく頼む, わかりません, わけも, わしが, クダを, スツパスツパ二杯酢の, ミシンで, 一つも, 一と, 一日一ぱい机の, 一時に, 三人で, 三人の, 三十一日に, 下り一方, 下女の, 不愛想, 丼物でも, 二人が, 云わなくっても, 五六人の, 今の, 仕事が, 何でも, 何とも, 何んの, 僅かに, 僅に, 全部が, 八五郎と, 判りません, 別に, 医者に, 卵を, 又訊く, 君が, 君に, 器械ばかり, 土方を, 土間に, 墨の, 外へ, 夜の, 夢中です, 大したもの, 奉公人ばかし, 奉公人達も, 女ばかり, 婆やの, 婦女子に, 定紋の, 家と, 小僧が, 少しは, 尾沼君の, 岸まで, 平次と, 店へ, 店中の, 御存じの, 必要が, 忘れた, 忘れて, 念入りに, 恰も夢, 我も, 手代の, 手筈が, 故郷の, 日本服を, 早桶屋に, 昨夜店を, 木更津や, 机の, 東京で, 松吉と, 森と, 次の, 歯みがきで, 死んだ内儀, 殆ん, 母親と, 気に, 永久に, 決して中座, 涙, 涙に, 涙声に, 火を, 灰の, 無言の, 独言の, 独語の, 猫の, 用が, 男と, 画室の, 略して, 皆まで, 皆馬鹿に, 眼の, 知らず, 私と, 私を, 空白である, 突き放して, 笑ひ, 簡略に, 組織的に, 老年と, 聞きとれなかった, 聞きに, 聞くまでも, 自分が, 艪に, 色々な, 茶色だ, 蛇足で, 見られなかった, 見物が, 解りませんよ, 言えないの, 言はずに, 言わぬが, 言葉が, 話さなくっても, 説明しない, 誰か, 誰かと, 誰が, 誰と, 調べるでも, 貴方の, 貴様の, 買った人, 足の, 身体に, 逆に, 通ひ, 運命に, 野や, 降参逃げだした, 頼むぞ, 顏を, 顔を, 馬子と, 駿府から, 鳴かぬ, 黄濁した, 黒く続いた, 黙つて

1 [2824件 抜粋] あけみさえ, あたしの, あっさり茶漬, あのわたし, あの自分, ある, いいから, いい得ないで, いかにも深く, いくらゆり, いくら耳, いっこう頓着, いつもプイ, いつも貧乏, いよいよこく, いわなかった, おいて, おすえちゃん, おとうさんと, おまえの, おれに, お二人, お前一人じゃ, お嫁入り, お暗い, お母さんたちが, お由, お茶漬けを, お静, かたちこそ, かれを, きっとぼく, きみたちだけ, きれいな, くりくりに, けろりと治つ, ここにも, こつちの天下, この十四包, この自家製木炭, この部屋, こんなふう, ごらんに, さっぱり父上, しいんとし, したいこと, しばらく雑談, しんとしづか, すきを, すぐ晴れる, すこし眠る, すっかり旧知, すべてそこからの, すべて取れる, ずいぶん勢い, ずっと乙, ぜったいに声, そうです, そこらに, その, そのままの, その勢い, その応用, その真似, そらで配れるよう, それほど神経, たいてい突然の, たくさん青い, ただこの, ただまっ, ただ名君, ただ暗い, ただ王子, ただ義務, ただ釣り橋, たった二つ, たのんだぞ, たれが, だんまりの, ちゃんと始末, ちょっと意外, つげらあ, つまらない瘡藥, とても気, とるにも, どうこの, どうして暮し, どうとも, どうなろう, どう催促, どこに, どちらに, どれが, どんな圧迫, なかなか眠れない, なぜか, なるべく手短, なんにももらえない, にせものと, のそのそ下, ひきうけました, ひとから, ひと息に, ふくみ笑い, ぶつ, ほかのけ, ほとんど落葉樹, ぼんやりと, またいつ, またしっぽり, またひそひそ話, またコツコツ, また切れ切れ, また店, また明晩, また直ぐ, また精神, また長い, まだ未知数, まったくの, まるでそっくりし, まるで形, みせかけだけに, みな四点以下だった, みな討死した, みんなぶじ, みんな不, みんな台所の, みんな後払いの, みんな私の, みんな貸家の, むしろ, めりめりもりもりと, もうおまえ, もうすっかり運び, もうどうなりまし, もうもじもじし, もう仕方, もう出ない, もう名人, もう孵化, もう忘れた, もう横浜, もう異教徒席, もう神様, もう考へなく, もう見向き, もう話, もう運ぶ, もじもじする, もつぱら敬遠主義, もはや石, やはり宮中, ゆっくり出来ない, よくまぜれ, よく稼い, よほど凌ぎ, わかつたらうと, わずかしか, われわれに, アルバイト, ウィスキーに, エンジンに関する, カスリ傷です, ガツガツと, クラブの, シェストフ一流の, ジリジリと, タクマ少年の, テレビジョンと, トリイレを, ナニクソと, ハツキリしなくなる, パタパタさわぎ, ブランク, ペテルブルグからでも, ポーッと, モニタリング室全体防音装置の, ロープに, 一つの, 一人残らず, 一台二台の, 一抱へも, 一方板塀, 一日机に, 一生安心と, 一言も, 丁寧に, 万事推し, 三助に, 三月で, 上機嫌だ, 下男と, 不氣味, 世間話みたいに, 並木道が, 丸一日眠った, 乗換馬を, 乱脈な, 二つ三つ世間話が, 二人別々に, 云うまでも, 五人で, 京都まで, 人相やら, 今度は, 今着いた, 仮名が, 会社に, 何うなります, 何だか腹, 何とか出来, 何もかもあいつ等, 何やら物足りない, 何事だ, 何度も, 余事のみ, 來る, 個人, 傘二本自分の, 優しく説き, 元日に, 先日来の, 兎に, 全くおぼえ, 全村, 全部使丁の, 全部日本軍の, 六人の, 共犯の, 再びシーン, 冷酷無情の, 出得べき口, 出血多量で, 分らない, 別宿, 前芸の, 労働者の, 勝手な, 医学の, 十四に, 半封建, 卓子の, 即ち一気呵成, 厳重な, 又とりつく, 又明日, 叔父さん, 口ぐちに, 口笛を, 古城の, 只驚い, 台所便所風呂場など, 同じく全, 吐き出さずには, 吠えなかった, 和尚の, 唐牛児が, 唯泣きじ, 嘸お, 四五人しのびしのびに三方に, 土を, 地方文化の, 坊ちやんに, 堤づたいに歩いた, 壁の, 夕方には, 外面の, 夜に, 夥しい女工, 大した苦, 大体しずまった, 大分咽喉いけない, 大抵きまり切っ, 大抵愚, 大概安月給取りの, 大陸続き, 天の, 天気の, 夫人が, 奉公人多勢ただ, 女と, 女手と, 妙な, 娘の, 子供と, 子分委せ, 宋江を, 実は七五, 実行だ, 家といふ, 家族の, 容易に, 寂として, 寝るばかりかね, 寺男の, 小供, 小原と, 小林さん我々英ちゃんとで, 小部屋, 屋根裏と, 岸君池田君という, 川を, 左膳が, 常識という, 平戸諸島を, 幾つもの, 幾日の, 座中私語騒然と, 式が, 張りこんで, 当番の, 彼に関する, 往來に, 後代を, 御女中, 微妙に, 心得顔に, 必ず水風呂, 思うよう, 悉くその, 情ない微笑, 意識が, 憑かれたものの, 成績が, 戸棚に, 手だけ, 手錠を, 拗ねて, 捨てるよう, 描きさえ, 放二, 散々である, 数知れず, 料理次第と, 斯う, 方法だけが, 日給が, 早く進行, 明日に, 昏, 星月夜の, 時を, 暁葉子の, 曠野と, 書きとめること, 書生や, 月に, 木に, 本よみ, 本部の, 材木屋へ, 板垣直子一人その, 柱にも, 根気競べだ, 梯子段の, 植田に, 極めて簡単, 模糊と, 次第に上, 正しい方向, 歩こう, 殆ど遊ん, 残り少なに, 母の, 毎日雲一つない, 氣味を, 水入らずの, 池の, 沼田正守きっと, 洋服ダンスの, 流し目で, 消化し, 清洲に, 湯が, 溝ぎわに, 潰すとも, 点火夫だけが, 無一文だ, 無届集会の, 無我夢中にな, 無禮講, 無限に, 煮て, 父と, 爽やかで勇気づけられ, 物音が, 独言框に, 王甫が, 現金です, 瓶も, 用人の, 男次第, 異様な, 病院と, 白い撫子, 皆さんが, 皆めすであった, 皆代役で, 皆地球自身の, 皆昼からの, 皆空部屋に, 皮付きの, 目下の, 相當, 真打の, 眠られなかったもの, 知つての, 知らぬ顔を, 知らん顔御, 石倉が, 確かに, 私は, 秋の, 空に, 空腹を, 竹さんに, 第二流以下, 管長その他が, 精を, 約束事であり, 紛れる心配, 細かい物, 終点まで, 綱を, 縫ひ返し, 義貞まかせ, 老婆が, 聞えなかった, 聞かないでも, 聞くこと, 肩へも, 胴巻姿の, 脱兎の, 臨時出演ばかり, 自分から, 自分ひとりで, 自家へ, 自由行動に, 興味の, 船の, 芝居がかった, 苅られて, 若様の, 茶漬で, 葡萄いろ, 薬が, 蛇吉ひとりである, 血なまぐさい風, 衝と, 裁判所から, 西野一人, 見ぬふり, 覚えちゃ, 解析ばかり, 言ひ得ず, 言わぬ, 証拠と, 認められる, 読めぬ, 誰かが, 調べにも, 講演です, 貸金でございます, 足まかせ, 踊舞台を, 身体ばかり, 身振りで, 軒並みの, 辻田君と, 追, 逃げだすばかり, 通いの, 進歩的な, 運を, 道が, 邪魔物だ, 都へ, 酸素だけ, 重湯や, 金が, 銘々のを, 鏡に, 長女の, 閉められたの, 阿婆, 隈井という, 集金だけ, 雨が, 零点という, 静まり返って, 領民の, 顧みない, 食事時の, 養生次第と, 駕籠だ, 高, 髮へ, 鳴かないらしく見える, 黒闇

▼ あと~ (3380, 11.3%)

222 つけて 93 追って 67 追った 48 慕って 46 追いました 41 追うて 40 見送って 39 尾けて, 追いかけて 36 追っかけて 29 ついて 25 つけました 24 追うよう 23 追って行った 20 うけて, 追おうと 19 跟けて 18 追って来た 17 慕うて 16 追いかけた, 追いかけました 15 追う 14 見送る 13 見て, 追うの 12 おって, 付けて, 受けて, 継いで, 追いながら, 頼んで 11 つけた, 続けた, 追つた, 追つて 10 たずねて, つけたの, 見ると, 追ふ 9 つけること, つづけた, 辿って, 閉めて 8 つけるの, 承けて, 見送りながら, 追いましたが, 追うこと, 追うた 7 つけるん, 引いて, 眺めて, 追っかけました, 追ったが, 追ったの 6 おいました, したって, たどって, つづけて, どこまでも, 聞こう, 追って行っ 5 おいかけて, さがして, ひいて, 聞いて, 見おくって, 見送ると, 蹤けて, 追いかけようと

4 [33件] おいかけた, お継ぎ, しめて, たどること, ついて行くと, つけられて, つづけました, つづけようと, どうする, ふりかえって, 付けた, 促した, 嗣いで, 尾行し, 尾行しました, 押して, 振返って, 目で, 示して, 締めて, 見かえりながら, 見せて, 見に, 見送った, 見送りて, 跟い, 追っかけた, 追っかけるよう, 追って出た, 追って行く, 追ひ, 追ッ, 頼むよ

3 [46件] あとをと, くっついて, そっと尾, たよりに, ついて行きました, つけながら, つけはじめたの, つけます, つける, つけると, つけるよう, つけろ, とって, のこして, ひきとって, ひそかに, やって, ピッタリと, 一寸舌打, 守って, 尾け, 尾けられ, 尾ける, 尾行しはじめた, 尾行する, 思ふ雨, 濁ごすなに候, 片付けて, 眼で, 続けて, 見えが, 追いかける, 追います, 追い廻して, 追おうとも, 追ってそこ, 追って出, 追って廊下, 追って行きました, 追って走っ, 追っ掛けて, 追つて來, 追ひかけ, 追ひかけた, 追わねば, 追わんと

2 [160件] いっては, いわなかった, おいかけました, おいかけること, お慕い申し, かぎつけて, する, そっとつけ, たずねるため, たのんで, つ, ついだ, ついだの, ついて行く, ついて行った, ついで天下, つぎ, つけ, つけたこと, つけようと, つけるに, つけ始めました, つけ廻して, つづけるの, とどめて, ながめて, ふりかえった, ふり返っ, まかせて, まざまざと, みると, 一々締め, 不決断, 両手で, 二つつづけ, 付け廻して, 任せて, 催促する, 切り取って, 印して, 受けた, 受けついで, 嗣がせるつもり, 姫路行の, 守れ, 尋ねて, 尾けさせ, 尾けた, 尾けたんです, 尾けられた, 尾けられる, 尾行て, 左右に, 廊下へ, 引いた, 引き取って, 引き受けて, 引き感傷, 待った, 待って, 思い出して, 急ぎ足で, 押しました, 振り返って, 振り返ると, 掃除し, 探して, 早く貰う, 曳いて, 書くと, 根好く, 歩いて, 残さないで, 残したの, 残して, 気を, 消して, 消すこと左, 濁して, 父は, 片づけて, 略して, 発見した, 睨まえて, 絶え, 絶ったが, 絶つこと, 絶やすの, 継いだと, 継がれて, 続けること, 繼が, 考えて, 聞くこと, 自分で, 自分の, 茫然と, 見せた顎, 見たが, 見つけたの, 見つける前, 見ても, 見なかった, 見るよう, 見己, 見送った私, 見送つて, 託して, 話して, 読め, 調べて, 貰って, 超えて, 跟ける, 踏みにじりて, 追いかけたの, 追いかけたよう, 追いかけましたが, 追いかけること, 追いかけるよう, 追いかける余裕, 追いぬ, 追いやっと, 追い乍ら, 追い出した, 追い慕った, 追うたが, 追うと, 追うところ, 追うのに, 追っかけたり, 追っかけましたが, 追ってあの, 追ってすぐ, 追って中, 追って亡くなった, 追って京都, 追って同じ, 追って地獄, 追って庭, 追って彼, 追って死ぬ, 追って江戸, 追って行こう, 追って飛ん, 追つかけ, 追つかけた, 追つて行, 追ひました, 追ひ廻すなんて, 追ふだらう, 追わずには, 追蒐, 追馳, 逐ひ, 逐ふ, 閉めた, 閉める工夫, 附けて, 預って

1 [1473件 抜粋] あがろうという, あらためて名匠, いささかも, いったいどうする, いわずに, うけた, うけた好況時代, うけ同, うたひなさい, うらめしそう, うろついて, おいかけようと, おいながら, おたのみ申します, おつぎ, おとぶらいなされまし, おれに, お客様の, お松に, お茶漬さら, お鳥, かぞえて, かたづけるに, かりようかとも, くっきりと, ぐわうーと, ここまで, こそこそと, ごうー, さかの, したい此処, しのぶに, しばらくつけ, しみじみと, しらべたとき, しるさざれ, じっと見つめる, じっと追っ, すぐ追いかけ, すべて通算する, せがんだ, そっとつい, そのま, その空白, たくみに, たずねると, たったが, たどりたどり行きました, たどりナチス以外, たどる気, たのむぜ, ためて, ちょうど同一よう, ついてまわるだけ, ついて行くうち, ついでやはり, ついで下っぱ, ついで将軍, つかせて, つがせるという, つぎますこと, つくづくと, つぐもん, つけおったか, つけさせて, つけさせますと, つけたいよう, つけたと, つけたほどの, つけたら電車, つけたん, つけた者, つけつ廻しつして, つけてるの, つけないでは, つけはじめた, つけまいと, つけましょうね, つけまわしまして, つけよう, つけられた時, つけられてるとは, つけるし, つけるといふ, つけるには, つけるよりも, つける程, つける限り, つけろや, つけ來る, つけ寒, つけ足す, つづけた鼻垂小僧, とどめず, とどめると, とむらい泣く人, どうして行け, なお沸, なお長く, にごさずといった, のこしその, のしのし歩いて, のぞいて, ぱたりと, ひきとった, ひくと, ひゆう, ふら, ふりかえりながら, ふり向きました, ふり返ると, ほかの, ぼんやりながめ, まかせ蔡福, また幾つ, まだお, まっ黒な, みせた彼女, みつけて, めぐりて, もつの, もとの, もらうまでは, よくは, よく気, よく見張っ, よほど大事, よろしくと, わざわざ庭, ウナギ丼を, ゴルボー屋敷まで, ゼリー中尉に, ゾロゾロつい, ドシドシ警視庁の, ビムが, ブラブラ歩い, ラム・ダスに, 一人が, 一心不乱に, 一生けんめいに, 一間ほどは, 主人も, 二三間追って, 二代目の, 二押三押屋形船へ, 二階へ, 云ふべき, 享けた三代目河竹新七は, 人が, 他の, 付けさせると, 付けまわすので, 代って, 伝六が, 低く言つて, 何処に, 促しました, 偵察に, 催促の, 先発隊が, 八の, 写真部の, 出て, 刺客も, 十五万円の, 十四五の, 占め丸, 取って, 取ろうと, 受けた定家, 受けついで言, 受け今度, 口上で, 向かない, 呉葉は, 喉を, 嗅ぎ廻って, 嗣ぎ福井城, 埋めて, 堤に, 大きく眺める, 太い針, 奥へ, 女ばかりの, 守つて彼の, 安ん, 尋ぬる, 尋ねること, 小走りについて, 少し執拗, 尾けたので, 尾けられたら, 尾行しよう, 尾行まで, 岩蔵に, 左吉松親分に, 平げて, 幾たびも, 廊下のは, 弔うこと, 弔っても, 引きずりながら, 引きとる, 引く, 引くよう, 引けば, 形に, 彼の, 彼女は, 後れがちに, 御存じでしょう, 心配しなけれ, 思ひの, 急追し, 悟られぬよう, 慕いついに, 慕いぬ, 慕いわれわれ, 慕う法師武者, 慕った, 慕つて參られました, 慕ふて, 所望する, 打たせるにも, 抜き足で, 押したり, 拭いて, 拾って, 振りか, 振りかえると, 振り向きも, 振り向こうと, 振り返りながら, 振向いて, 振返ること, 掘りかえした, 掛稲の, 探しに, 探ったもの, 撫子の, 数え果さず三枚目の, 文代さんと, 断たない, 早く, 晦ますより, 書いて, 書き続けて, 書け, 期待し, 東兵衛の, 柳下亭種員が, 検べたが, 歌曲に, 歩いたの, 歩行いた, 残された, 残しつつ, 残すかたがた, 殘し, 気に, 汚すほどの, 泣きながら, 流させようという, 消毒した, 清めてから, 濁さないよう, 灯に, 焼きつくして, 片づけてから, 片づける, 狙って, 猫か, 甲斐博士に, 画廊に, 疾走する, 白いすじ, 監視する, 省みて, 眺むれ, 眺めふところ, 睨まえ, 知らない, 破りも, 示したこと, 積極的に, 竪に, 素子は, 絶たず仁木, 絶たないあいだ, 絶たぬであろう, 絶って, 絶つて, 絶やさないよう, 継いだこと, 継がせて, 継ぎサント・マルト長老, 継ぐ, 継ぐ余地, 継ぐ質, 続けさ, 続けないので, 続ける, 続ける気, 締めながら, 縫いあげ白木, 繼ぐと, 考えると, 聞かなくっても, 聞きましょう, 聞く気, 聴いて, 膝栗毛で, 艶や, 若旦那が, 葉子が, 襲いたいという, 襲う素質, 襲つて右大臣と, 西一郎が, 見おくつて, 見かえした, 見ずに, 見せないあざやかさ, 見せ太く, 見ただけにも, 見たら言って, 見つけようと, 見つけ出そうと, 見ては, 見なければ, 見まわした, 見るけれど, 見れば, 見入って, 見届けて, 見張る, 見渡すと, 見計らって, 見返り見返り, 見送ったまま, 見送った人々, 見送った未亡人, 見送った男, 見送った眉香子未亡人, 見送った青い, 見送つて左門, 見送りそう, 見送るの, 見送ろうとも, 覘おうとの, 言いかけたとき, 言うこと, 言はせる, 言わずに, 言わなかった, 訪うため, 認めたもの, 読みつづけた, 読む, 読む合図, 読んで, 調べ廻る様, 講じ続けたは, 讀まう, 貰おうとは, 買いに, 贈呈する, 走らせて, 趁うた死を, 足では, 跟けたんです, 路銀に, 踏むよう, 踏んだ栄三郎, 蹤けられる, 辿つた, 辿る多少, 追いかけあそこ, 追いかけた時分, 追いかけましたから, 追いかけるけれども, 追いかけるよりは, 追いかけ廻すよう, 追いかけ途中, 追いこの, 追いしたって, 追いたちまち, 追いつづけました, 追いまいらすべくそろ, 追いましてな, 追いまわすこと, 追い三人, 追い回して, 追い少年, 追い廻してばかりも, 追い慕って, 追い来たり, 追い部屋, 追い駆けようとは, 追い駈ました, 追うので, 追うべく山, 追うもの, 追う年頃, 追う牝牛, 追う高倉祐吉, 追おうとして, 追っかけた女学生, 追っかけながら, 追っかけます, 追っかけろ, 追っかけ廻し, 追った三人づれの, 追った黒吉, 追っていました, 追ってお, 追ってかけだした, 追ってきょう, 追ってさけんだ, 追ってそれ, 追ってつくり, 追ってどんどん, 追ってはせ, 追ってへい, 追っても, 追ってゆき, 追ってシナ, 追ってチョコチョコ, 追ってピストル, 追って三日め, 追って二つぶ, 追って何, 追って出る, 追って危害, 追って外, 追って大阪, 追って妻子, 追って屋内, 追って島田敬之助, 追って急い, 追って新婚旅行, 追って来, 追って柳, 追って歌, 追って浴室, 追って温泉場, 追って病室, 追って禅定寺, 追って義経, 追って自分, 追って苦労, 追って行かせる, 追って走った, 追って走ります, 追って近江路, 追って遁げ, 追って露台, 追って飛び出し, 追って食堂, 追って高田, 追つて上, 追つて移つて來, 追はう, 追ひかけさせる, 追ひたかつた, 追ひ来, 追わしましたところ, 追わせたけれど, 追わせました, 追わないで, 追想する, 追掛けようと, 追跡する, 追駈け, 逐いつつ, 逐うて, 逐ひゆき, 通つたがね, 通るだなあ, 過ぎて, 遠山が, 里へ, 鎖すの, 長くひっぱっ, 閉して, 閉めたが, 閉める気, 隠すにも, 露の, 音も, 預かって, 頼まれて, 頼むきさま, 頼むぞ, 頼りに, 顫かせ, 食ひあらし, 飽かずに, 高笑で, 鵞鳥達と

▼ あと~ (3147, 10.5%)

74 ことは 64 ように 46 二人は 44 ような 22 ことを, 事は 17 ことに, 三人は, 四人は 16 ことだ 15 一人は, 二つは, 言葉を 14 ふたりは, ものは 13 ことで 12 やうな, 二つの, 半分は, 始末を 11 ことだった, やうに, 言葉が 10 ことであった, 二人の, 者は, 言葉は 9 ことである, ほうの, 始末は, 方に, 方の, 方は 8 こと, ことです, 六人は 7 三人も, 二人も, 人は, 淋しさ 6 ことが, ことでした, ことも, ところは, 一つは, 事を, 半分を, 話は, 連中は 5 ことばを, ほうが, ほうは, 一本は, 二人が, 半分が, 始末が, 方が, 方で, 残りは

4 [19件] ころは, ひとりは, ふたりの, ふたりも, 一つの, 三分の一は, 三枚は, 二本は, 五人は, 半分の, 句が, 四人も, 声は, 大部分, 文句が, 方から, 祟りが, 雁が, 青い顔

3 [49件] お話です, がらんと, ことばが, ことばも, さびしさが, すがすがしさ, ところを, まつりでした, ものが, ドアを, 一人の, 三人の, 世話を, 二人を, 二匹を, 二日は, 五人の, 出来事は, 十五万斤を, 半分で, 半数は, 半生を, 原っぱに, 四人が, 土に, 女の, 子は, 学校の, 客は, 家は, 寂しさ, 憂鬱が, 戸を, 文字は, 日本は, 湊に, 疲労が, 祭りだ, 祭りだった, 私の, 者を, 話が, 話に, 話を, 調べは, 部分は, 部屋へ, 青々と, 静かな

2 [168件] あるの, ある古びた壁, うつくしさ, お二人, お皿, お話は, お返しが, ことさ, ことであろう, こととして, ことな, ことばは, ことまでは, こと御, この世に, ご文, さっぱりした, さわやかな, しづけさ, すすきは, せいか, たたりが, ために, ついた九十八, は損得, ひとりの, みんなは, やつらは, ようだ, ようだった, ようで, ようでした, を, コーヒーを, 一つも, 一人が, 一句は, 一日は, 一本で, 一軒は, 七人は, 七十何人も, 三〇〇は, 三人が, 三人と, 三十人あまりは, 三年は, 三羽の, 三里は, 中の, 事, 事であった, 事である, 事に, 事務室で, 二分は, 二匹は, 二枚も, 五つを, 五人が, 五六人は, 五時間は, 五軒は, 人たちは, 人に, 人数は, 今と, 仕事が, 仕事に, 仕事は, 仕事を, 傷は, 僕の, 兄弟も, 六人が, 処理は, 出るの, 分は, 十枚は, 半分も, 半額は, 取締りは, 句は, 四人の, 四人を, 声が, 女房は, 女車の, 如く何時, 妙に, 守りに, 家来は, 座敷は, 廃棄物は, 彼の, 心の, 心配は, 感動に, 所は, 方だ, 方には, 方へ, 方を, 方御, 日は, 時間を, 机に, 楽しきとに, 楽しみに, 様な, 様に, 様子が, 気の, 気持の, 水が, 水の, 沈んだ気分, 波が, 注意を, 清々しさ, 満足の, 生涯は, 田は, 男たちは, 町, 疲れで, 相談に, 眼の, 祟りの, 祟りも, 祭, 祭だった, 種類の, 穴に, 空虚な, 空虚を, 空間を, 窓を, 終るところ, 結果は, 者が, 者に, 者も, 自動車に, 船を, 菩提を, 言葉も, 話である, 豚の, 車に, 車の, 軍勢は, 通草が, 速さ, 道路は, 部屋は, 部屋を, 金が, 金を, 間隔を, 青い人, 青い女房, 青い顎, 面倒を, 頁に, 駕籠に, 騒ぎが, 高い本

1 [1832件 抜粋] あとまで, あのたまらない生臭, あの人, あの淋し, あの誰, あまりで, あります毛だらけ, あるだけに, ある室, ある期間, ある部分, いがぐりあたまのやうにして, いちじるしく見える進んだ, うちを, うら枯れた見どころ, おちつき場, お前の, お姫さまたちは, お手紙, お茶請けの, お貞さん, かかほど, からふ, がっしりした, きた合図である, ぐったりと, ここかしこ夫人を, こっちゃ, ことかも, ことでありました, ことでしょう, ことなら, ことまでも, こわいことお話, ご仁, ご飯粒, さびしい夜, さわぎは, しずかさに, しまつ, しるしに, すが, すこしはげたる, すずしさ, すべての, その後妻の, たいを, たてもの, ついた道, つくやう, つまり食後, ところで, どこまで, ない部屋, に乗っ, のりづけも, はうが, はげしさ, はなしが, はなしは, はよく, は千隆寺, は寿江子, は道庵先生, ひそ音, ひとほど, ひろい原っぱ, ふたつを, ふつうの, ほうに, ほかには, ほのかな, まだら, まつりだ, まるは, むし暑さ, めんどうを, もっともらしい, ものだけに, ものとして, ものを, もの足らぬ, やすらかな, ゆるんだ気配, ような焦立たし, より多く, わびしさ, をあとの, を探さう, イーチャンで, キャベツを, ザマと, テントの, ヒヨコが, フランスで, ヨーロッパ社会が, 一〇パーセントは, 一つ一つが, 一パアセントは, 一二割が, 一人には, 一人暮しで, 一匹だけが, 一同は, 一家は, 一文にて, 一時間は, 一服も, 一枚を, 一番色の, 一羽の, 一貫文は, 一週間で, 一難からは, 七枚目の, 三つは, 三人を, 三分の一の, 三十両で, 三十日程は, 三本の, 三百は, 三羽は, 不動不壊の, 不快が, 世まで, 丘には, 両親たちが, 九人は, 九十何兩を, 九月に, 事あとの, 事として, 事なら, 二つに, 二ひきの, 二三年は, 二人だけは, 二人連れの, 二分で, 二十人は, 二千円は, 二合が, 二度が, 二枚といふ, 二発を, 二百八十二両は, 二箇条には, 二貫目は, 二階部屋は, 五人を, 五十五分間という, 五時間或は, 井戸の, 人々は, 人である, 人物の, 人達は, 人間はかへ, 仏事の, 仔細を, 仰山ある, 会釈は, 佐々木道誉は, 何千首かは, 何銭という, 作品は, 侍の, 修繕だけ, 健康な, 僕等の, 先生の, 光景らしい, 八, 六つは, 六名に, 兵糧, 冷, 凍つて, 出たの, 出版を, 分と, 分も, 利き目, 動物的な, 勤務評定は, 化物屋敷の, 十万斤が, 十九年の, 十五万斤は, 十大, 千九百六十三人は, 千圓を, 半分では, 半坪, 半生で, 卒業で, 原っぱの, 反射として, 口が, 句の, 台を, 同じ座敷, 呉の, 味気な, 命題でしか, 品を, 噂は, 四つずつを, 四ツ目屋も, 四人との, 四十ルーブルを, 四日間は, 四頭は, 困り方, 國の, 土地や, 地球上に, 垂れた部分, 城中は, 場合の, 境遇を, 変に, 夏雲が, 夕闇に, 夜は, 大きな疣, 大戸を, 大臣は, 大部隊, 失望は, 奥様, 女達は, 如く水が, 始末でござる, 始末施政何かと心して, 嫌悪の, 子供たちの, 子規は, 学校を, 守備は, 安心した, 家かな, 家には, 家族たちに, 家臣に, 寂びしい廃墟, 寄付は, 寝床は, 将校と, 小さい子供ら, 小問題, 小気味よさ, 少しばかりが, 屑骨などを, 山水で, 岸に, 川水が, 工合が, 布団は, 席には, 平家も, 広い原っぱ, 広間とか, 床板が, 座敷を, 庶民には, 弱つた, 彼も, 後の, 御懸念, 御母子, 御遺族, 心もちと, 心持に, 心配なんか, 快い疲れ, 怖いもの, 思ひつき, 思案は, 恐ろしい出来事, 悪いもの, 愉快さは, 態度を, 憂いは, 我々みたいな, 戸締りを, 所領やら, 扉を, 手当てが, 手続や, 押入の, 挨拶に, 掃除も, 探偵は, 改まった顔つき, 救い出され力づけられ清められたすばらしい, 数千は, 数時間は, 敵の, 文字を, 新入生を, 方のは, 日の, 日本の, 昨夜の, 時務は, 晩土手下で, 晴れた朝, 暗い北窓, 暮しを, 會話は, 月菊に, 有象無象は, 期待とで, 本は, 村の, 条件の, 果報は, 枯野に, 柿の木の, 梁山泊は, 棒を, 棺桶の, 様なこえ, 樹の, 橇台だけを, 歌と, 歡びといふやうなものがそのダンスには, 歩みは, 死んだよう, 残りの, 殘り, 毒血を, 気分が, 気持が, 気持一場の, 水かさの, 水には, 水桶じゃ, 水音が, 汁, 江島屋一家の, 法領寺殿や, 波止場の, 洞穴が, 浮世絵の, 海原の, 消毒と, 混沌と, 渋い目, 湖水の, 湿った砂, 源氏に, 澄んだ恍惚さ, 濡れ方も, 火が, 炉ば, 無感覚な, 焼死体の, 父君の, 牧場の, 物思いを, 獸の, 生々しい救世主, 生活を, 田みたいだ, 男は, 留守には, 留守宅を, 異様な, 疲れと, 疲労と, 病人を, 痛いこと, 癒着見たいな, 白い埃, 白い細い線, 百で, 百円私が, 皇后を, 目も, 直義だの, 相撲の, 相談を, 眠りから, 瞬間に, 石や, 硝子窓を, 祝いを, 祟りという, 祭じゃ, 祭である, 祭り, 祭りの, 祭りを, 秋晴だ, 稻莖に, 穴の, 空いた車, 空地だった, 空巣へは, 空白を, 空虚に, 突き刺されるよう, 窪んだ醜い, 策に, 築山の, 紙を, 組合員は, 結果が, 絵の具チューブかなんぞの, 総ての, 線路の, 美しい色白, 翌年まで, 考えとの, 者をも, 肉体に, 自分は, 至極常識的, 舟橋を, 色は, 芥川は, 花野の, 若い雌豹, 苦しみは, 苦痛は, 茶漬好み, 草の, 荘院の, 菩提でも, 葉武者は, 薄いひたい, 薬が, 蚊帳の, 血なまぐさい戦場, 行く道, 街上さびしく, 衰弱が, 褐色の, 要心は, 見えるところ, 見張りは, 角屋の, 言い逃れは, 記代子の, 試合には, 詩句を, 話で, 誠一と, 調べが, 諸箇条, 財産は, 貨車も, 責任もっ, 赤いあざ, 赤裸々さと, 路上に, 身体の, 車も, 退屈な, 連中には, 道ぐらいは, 道へは, 選挙で, 邸だ, 部屋で, 酒を, 醜さ, 金庫の, 針金の, 錆つき, 長雨で, 附木へ, 陽気な, 雑木の, 雫が, 電車の, 青々しい, 青い男らしい風貌, 青い葉, 青空と, 静けさ殊に, 面々, 面打沈める, 顔が, 顔へ, 風が, 風流女の, 飯田で, 首尾や, 馬群に, 馬車も, 騒ぎを, 高い蜒, 魚の, 鮮やかな, 麻痺状態が, 黒い条は

▼ あとから~ (3117, 10.4%)

234 あとから 134 ついて 86 あとからと 38 あとへと 32 出て 20 はいって 18 考えると 16 歩いて, 追っかけて 14 すぐに, 付いて, 来て 12 ついて行った 10 つづいて, 続いた, 続いて, 考えて, 追いかけて 8 あとへ, 入って, 跟い 7 ついて行きました, 後からと 6 いくらでも, 来るもの, 走って, 追いついて 5 上って, 帰って, 彼の, 来い, 涙が, 自分も, 追って, 飛んで

4 [21件] あらわれた針目博士, くっついて, ぞろぞろつい, 一人の, 尾い, 尾けて, 後から, 忘れて, 思えば, 来たの, 来るの, 湧いて, 考えても, 聞いて, 行く, 行って, 見れば, 追ッ, 這入って, 駈けて, 黙って

3 [41件] あらわれた博士, いらっしゃいます, かけて, そっと付い, それを, ついて行く, つけて, つづきます, やって来て, ソッと, 一二三で, 三人の, 不安らしくつい, 二人の, 今度は, 來る, 出來, 別の, 又涙, 大勢の, 急いで, 持って, 来た, 来る者, 森の, 渡って, 発ったの, 登って, 窓際へ, 考えれば, 聞くと, 行きます, 行くと, 行まする, 見ると, 追いかけるよう, 追っかけた, 追って来た, 送って, 進んで, 附いて

2 [147件] あのば, あの通り, あふれて, いろいろな, おっ母さん, おりて, おれが, お筆さん, きて, くる人, ここへ, この事, これへ, さっきの, しなびたメリケン粉, すぐ, すぐ外, すぐ彼女, すぐ新しい, そのよう, ぞろぞろと, だまって, つ, ついて行きます, ついて行くの, つづきました, では, でも, とてつもなくだらし, とりに, ほかの, ぼくも, まあ急ぐ, またぞろぞろ, また一人, また二人, みんなが, もう一つ, やって来る人, ゆっくりと, よくもこんな, わいて, ニーナが, ヒョロ子が, プラットフォームへ, 人に, 伝六が, 佐太郎だの, 來た, 出た, 出たもの, 出る, 出来たもの, 分署の, 別な, 制服の, 剣を, 十五六人の, 参ります, 参りまする, 反省し, 名人は, 声を, 夏の, 外国人を, 寥しい, 尋ねて, 小屋の, 尽くる, 尾を, 山の, 山門を, 席に, 忍んで, 思うと, 急に, 押して, 持つて, 掛川へ, 普通の, 月を, 来たお, 来たもの, 来た男, 来た者, 来ては, 来ます, 来るん, 来る人夫たち, 来る若い, 歩きながら, 気が, 汗が, 流れて, 溝口も, 演壇に, 澄子を, 無限に, 瑞仙殿に, 生えませんそんなに, 生れて, 男が, 目の, 直ぐに, 私が, 私服の, 積る, 空全体を, 笑いに, 筆を, 絵具を, 續いた, 考えますと, 聞いた, 聞いた話, 背嚢荷銃した, 自分が, 落ちて, 落着いた, 行くから, 行くからと, 行くわ, 表を, 見えが, 説明する, 誰か, 誰が, 買った一匹, 赤い血, 走りだした, 跟けて, 身を, 車に, 返して, 追っかけるよう, 追ひつく, 追手の, 運んで, 長屋の, 降って, 降りて, 雪が, 静かに, 飛び出して, 馬が, 馬で, 駆けつけて

1 [1816件 抜粋] あいたら這入ろうと, あがって, あても, あなたご, あの怪物, あらわれた, あるいは, あれは, いきます, いくらも, いちいち検察, いつおしまいに, いま一つ難題, いろんなこと, おいでに, おきえさん, おくれまいと, おっとり刀, おなじ黒衣, おもい及べるこっ, おれの, お八重, お手伝いに, お眼, お耳, お袖, お跡, お金を, お鳥, かけたと, かけつけて, かならずくる, かわいらしい少女, きたまえ, きた二騎, きた者達と, きまり切つて, ぎいぎいと怪音が, くる, くる煙, くわしくお話し, こしら, ことことと, この地, こられるそう, ころがり落ちた, こんな文字, しずかに, して, じかに打ちつけ, すがりつくお, すぐはいれ, すぐ人, すぐ城兵, すぐ沂水, すっかり塗りつぶし, ずかずかと, せき立てて, そっちへ, そっとはいっ, そっと部屋, そのとき, その人, その扉, その汽車, その茶屋, それに, そろそろつい, たちまち次, だれか, だんだんわかった, ついて行かなければ, ついて行くから, ついて行く自分, ついとい, つくりあげたん, つけまわす, つづくもう, つづく満員電車, つまり消極的, できた防火線, ですか, とびこみました, とぶらいせん, どうで, どこまでも, なおせないに, にこにこし, のこのこつい, のぞき込んで, のっと, はいった, はだしで, ひたひたと, ひとりでに書く, ひょこひょこ歩き, ふたたび山海嘯, ふりかえると, べつに, ほこりの, ぼつ, まぎれ出, またすぐ隙間, またほか, また一ぴき, また一羽, また他, また押し, また栖鳳氏, また見えよう, まだまだ押しよせ, みな続い, もう一ぴき, もう一匹, もつれて, やってきて, やってくる芸人たち, やって来るだろうこと, やっと覚りえた, やりますから, ゆく, ゆっくり帰っ, よたよたと, よんで, わき上った, わたしの, ウンと, カラリコロリと, クッ付い, コツコツやってくる, ゴソゴソと, サモ, スケートの, スポンジ嬢が, ゾロゾロうやうやしく, ダビットも, ドアの, ノコノコと, ハッキリと, ヒョッコリヒョッコリ歩い, ヘマが, ポケット小僧が, マドンナと, モスク, ワレガネみたいな, 一人出, 一同が, 一本締て, 一行に, 一路新城へ, 七十人位やって来た, 三面独眼一本脚の, 上の, 上役らしい, 上陸る, 下足札を, 不意に, 与吉が, 並んで, 乗つて艫, 乗り込んだ彼等, 乱暴者が, 二つの, 二三十人の, 二十五六歳の, 二升だけ, 二郎が, 云つてた, 五人は, 人だ, 人形が, 人間に, 仔雀が, 付け替えたもの, 仲間が, 伊部熊蔵と, 伸子や, 何んだ, 作られた仮説, 作場路を, 依然として汗, 俺が, 傍目も, 儲け話ばかり, 先ほどの, 入り婿, 八橋が, 共に逃げ, 冷え冷えと, 出かけた, 出たお菓子, 出られたとしても, 出るの, 出来た奴, 出発した, 分った話, 列車が, 削除する, 力いっぱいの, 助太刀と, 北村青年と, 十人の, 千代子と, 半七, 参ったの, 参れよ, 又ぞ, 又別, 反証を, 取り附けの, 叫びました, 同じこと, 名いた, 君自身の, 吹き上げると, 周旋料でも, 呼びかけて, 呼び戻された, 和蘭の, 唖然たる, 四人の, 園井少年と, 土俵を, 土間へ, 場内に, 塩づけ, 壮い, 変更する, 多計代, 夥しい泡, 大きなずうたい, 大トランク, 大工の, 大股に, 奉公し, 女に, 妙に, 姉が, 娘とも, 子どもたちもぞ, 子爵様が, 官軍が, 宿の, 寿江子さち子来, 小さい黒い影, 小っぽ, 小博奕, 小川豊助も, 小石の, 小遣の, 少し間, 居ないって, 屋上によ, 屍骸という, 山男の, 岩井条三郎, 巣鴨へ, 帰つたら, 幸四郎, 幾度でも, 広島へ, 座敷へ, 建て増した, 引き摺られて, 引っ張って, 引続い, 影の, 彼を, 後悔の, 従いて, 従頓に, 御話, 必ず正内老人, 忘れながら, 思いあたったわ, 思い浮んで, 思量すれ, 恥か, 息の根とめ, 意識的に, 慰めを, 手を, 手繰られて, 抱き上げた姉娘, 押し又, 押す, 拭き出した, 持ち上る, 指紋を, 捕物の, 探し出して, 提出した, 擬えた, 支那人が, 救援に, 教えられた知識, 断りも, 新らしく湧き出し, 新聞屋へ, 日本左衛門や, 昨年買った, 更に微笑まれる, 書き入れる, 曹操は, 未練が, 本部の, 村の, 来たお客, 来た中川隊, 来た他, 来た奴, 来た巡査, 来た楽和, 来た筒袖, 来た荷物, 来た通訳, 来た顔色, 来ました, 来るかね, 来るであろうな, 来るポリュックス, 来る人々, 来る光秀たち, 来る味方, 来る敵, 来る方, 来る連, 林町の, 桃色の, 検視が, 樂屋の, 次々に, 止め度も, 武者どもの, 歴史的に, 段々と, 殺された澄子, 水さしに, 汗と, 河を, 泣き声を, 泰軒先生が, 洋服を, 流れだして, 浮き出して, 淡谷さんと, 温かそう, 湧き出して, 湯が, 源太郎が, 溢れるよう, 演説で, 澄子さんの, 無意識に, 煉瓦場の, 熱が, 牽かれて, 狼狽した, 玄関を, 現はれ, 現われた二人, 理屈づける, 生きうごめいて, 生まれた三匹, 用心深く首, 町の, 病室を, 登った, 白い手, 白い輪廓, 白髪の, 皆答える, 直ぐこういう, 直七, 看護長が, 真犯人が, 眠るの, 着物から, 知らない女, 石碣村へ, 神主が, 私たちの, 私の, 私服らしい, 移転し, 種を, 空に, 立ち上って, 立つて, 竹刀と, 箒で, 糸を, 素子が, 絶えず溢れた, 続いた老婆, 編集者は, 縋り付いた, 續い, 美しく着飾った, 群集も, 考えられて, 考へれば, 聞いたこと, 聞きつけた者, 聴き出す方, 背広の, 脱衣小屋には, 腰を, 自他の, 自分の, 自分等を, 自己を, 舞い下りて, 舟木が, 芽の, 若い女, 若い衆打ちに, 茶を, 荷物と, 落ちのびて, 薪割用の, 蚊帳を, 行きますから, 行くかも, 行くで, 行く種子達, 行つた, 行儀よく, 裏のへ, 裾模様の, 要吉は, 見え隠れについて, 見物が, 言った, 訂正する, 詰襟の, 話せ話せで, 説明し, 警察へ, 谷やら, 買いに, 赤ん坊を, 走つて, 走る, 起りました, 足して, 跳んで, 車で, 車輪の, 転げるよう, 込上げて, 追いかけさせて, 追いかけ追いかけ千変万化, 追いつきました, 追いつけるよう, 追い着きましょう, 追っかけさせて, 追って行った, 追付かむとする評論家, 退出した, 送つて, 送るといふ, 這い出した私, 通えば, 連れて, 遅れがちに, 運ばれて, 道を, 酒場で, 重い荷物, 金を, 鈴の, 鉄砲を, 鎖に, 門を, 閉めること, 闇太郎は, 附け加つたもの, 隆夫の, 随い, 雀を, 雪なぞ, 雷の, 電車が, 面倒に, 頭の, 顔を, 飛び乗って, 飛び降りた自分, 飯田も, 馬車に, 駅夫が, 駆り立てるところ, 駈けつけた技師, 駈けつづいた, 駈け付けた女中, 駈け抜けて, 魚群を, 黒山の, 鼠の

▼ あと~ (2936, 9.8%)

211 なって 130 して 72 残って 52 ついて 40 付いて, 残して 32 続いた 30 つづいて, 続いて 27 つづいた, 従った 20 つづきました 19 ついて行った, 残った 18 つづきます 17 ついた 16 残ったの 14 なってから 13 のこって 12 なると 11 した, 残るもの 10 なつて, なり先, 尾い, 従って, 残されて 9 くっついて, したがいました, つ, なっても, 随い 8 したがいます, 何が, 残るの, 見て 7 したがって, ついて行きました, なりさき 6 しよう, のこして, 従いて, 残ったもの, 残るは, 殘し, 私は, 附いて 5 つづく, 殘つたのは, 殘る, 殘れる

4 [20件] さがった, したの, しながら, しましょう, する, ついて行って, つきて, なる, クリストフは, 二人の, 彼は, 残されたの, 残る, 私が, 続く, 續いた, 血が, 見捨てて, 跟い, 随った

3 [23件] さがって, しろ, すると, ついたが, ついて行く, ついて行くの, つきました, つけて, なった, 他の, 何も, 従いました, 従ったの, 従つた, 從つた, 残された, 残った二人, 残る者, 殘り, 現われ, 立って, 自分の, 蹤いた

2 [105件] あても, あなたが, いたせ, いやな, いろいろな, おくれて, くっつけて, こんどは, したがった, しても, しました, しようと, するが, たった一人, ついて行くと, ついて行こうと, つまり若い, なさい, なすって, なったり, なってからは, なってからも, なにが, なりて, なりました, なり前, なるまで, なれば, なんにも, なんの, のこった, のこったの, のこった二人, のこった明智探偵, のこる, のこるの, また同じ, もう一つ, ゆり返しが, 仆る, 今は, 何か, 來る, 加速度的の, 喰べ, 塩を, 引かれて, 引きさ, 引き返すこと, 待って, 従いながら, 従ったが, 心が, 控えて, 新らしい, 時雨し, 書きます, 最後の, 来たの, 来たもの, 来た人, 来て, 東京へ, 次の, 歩いて, 歸る, 残された七兵衛, 残された私, 残されるもの, 残し大, 残すこと, 残った三人, 残った人, 残った源十郎, 残った男, 残った黒シャツ, 残つ, 残ること, 残る旦那, 残る純粋, 殘される, 殘つた, 気がついたので, 源氏は, 煩悩が, 燠が, 父に, 生えて, 生れたすみ子, 男の子が, 直って, 立ち残って, 築かれた古い, 聞きなして, 自分が, 自分だけが, 落ちて, 西へ, 親父が, 踏みにじられて, 軽部は, 遺って, 関運漕店の, 限って, 随って

1 [1500件 抜粋] ああなんと, あざけり気味, あたる, あっても, あの白い, あると, いえお詫び, いくらかの, いたしました, いた客, いて, いるという, うぬぼれさせられて, おき人間, おこった異変, おぬいさん, おもは, お前を, お手伝いの, お燕, お立ちかえりだそう, かぎりなき, かわって, きっと孔, きゅうに, くるもの, くる観念生活, こころを, この地方, この頃, こんな風, ござりました, さがりていねい, さっきの, ざあっと十本, しざりて, しその, したがいましたが, したがう各, したがわないわけ, したまだ, した囚人隊, した方, した柳生家, した頃おい, しなさい, しみじみ啼きい, しんみりと, し優れる水, す, すぐつづけ, すぐ行っ, せい入る, せんと, そのすぐれた, その夜, その銜えた, たたへ, ただ一人取り残された, たった一粒, ちがいなかった, ついて行かうと, ついて行きます, ついて行くうち, ついて行くやう, ついて行く次郎, ついて行ったの, ついに休息, つき勇敢, つき群羊水, つくもの, つぐべき詞, つけ加えて, つづいた幽霊, つづかないの, つづき青木, つづくの, つづく一句, つづく日記, つづく警官, つづく闘病者, つらねた機関車, できた穴, とうとう疲労, とりのこされたとき, どこまでも, どの曲, どんな困難, なき声を, なさいませ, なったって, なったわけ, なってからでも, なっての, なつた, なにか残っ, なほしばらく, なりぐん, なりまして, なりますから, なり十分, なるが, なるナンテ, なんです, のこさないの, のこされた小さい, のこしたまま, のこったこと, のこったポケット小ぞう, のこった三十七人, のこった小林少年, のこった若い, のこった警官, のこつたの, のこりました, のこるはは, のこる女達, のべた言葉, はじまったの, ばた, ひかないの, ひきの, ひさしぶりで, ひとつの, ひとり残された, ひとり王侯の, ぴったりつい, ふしぎそうな, ぺちゃんこに, ほんの四, ぽつん, また一人, また八月, また太陽, また温かい, また飛び出し, まだぶすぶすと, まだ制作慾, まちかまえて, まっ黒ぐろ, まわすとして, まわって, みれん, もう一行, もどったが, もどること, もどろうと, ゃあなんにも面白く, やっと分った, ゆけば, ゆるい波紋, ようやく成功, よんだので, わたしたちの, アカイア諸, インカの, オヂュシュウス歩み轉じ, クリストフを, グージャールは, サイマ湖へ, タジタジと, ドアの, パリーへ, ヘボが, ポッカリと, ミッドウェー島に, ローズが, 一人おとなしく, 一人坐, 一人残る, 一日のこっ, 一気に飲むべし, 一粒の, 一郎と, 七十余人の, 三人が, 三四人ほど, 三拝九拝の, 上る人, 下るん, 世にも残酷, 両足を, 乗せて, 二つの, 二個残っ, 五十センチ四ほうほどの, 京都桃山へ, 人間の, 今一つ白骨の, 付加した, 代って, 任せて, 伝六名人二つの, 住んで, 何かを, 何やら歌, 余病も, 侍医の, 偉れたる, 働けり, 入って, 入りそれ, 兩人は, 六人の, 兵馬は, 冷たいもの, 出すという, 出たもの, 出られても, 出来た不良少女, 初めて塩, 別に異常, 前から, 勉強し, 北上の, 十字架を, 卯辰山といふ, 又, 反対な, 取り残された友吉, 取り残された細君, 取殘, 右の, 吉報もっ, 名殘, 吹く秋, 味われる, 哀れな, 啼き狐火, 四角い埃, 団長が, 地上に, 坐つて, 堅田の, 墨で, 外務次官談として, 大変気が, 大臣は, 大阪から, 夫の, 女らしい影, 子供の, 宅地を, 宗教的な, 害には, 家に, 宿酔が, 寒い風, 審配を, 小さな渦, 小径づくりの, 少しは, 尾を, 届いたであろうと, 山の, 島を, 己が, 帰る心, 幸福感が, 座談會を, 廻し今二人, 引かぬこの, 引きそ, 引き返しブーシュラー四つ辻, 引く, 引續い, 当局の, 彼らは, 後續, 従います, 従うであろう, 従えて, 従った権勢, 從つてしめつた, 從ひ, 心の, 必ずこの, 必然起こっ, 忘られる, 思いがけない曠野, 思い出して, 急いで, 恐ろしい空気, 悴が, 感興を, 憲兵が, 我児の, 戻どりぬさりとて, 手前よく, 手紙を, 拠って, 捕えられ候由, 掘立小屋, 握手を, 故郷のに, 断って, 新しい家, 新宿から, 旅に, 日本の, 明治美人は, 時計が, 更に昨日来, 月光は, 本人が, 本部島へ, 来たため, 来た満, 来る, 来る倦怠, 来る或は, 東洋人の, 果物が, 根岸伊平次という, 森の, 槍刄の, 次いで, 歩を, 歸れる, 残されたがらん洞, 残されたマデリン・ケリイ秘書, 残された三人, 残された二人, 残された名馬, 残された彼等, 残された栄蔵, 残された責任, 残されるという, 残したって, 残しどこ, 残し広間, 残すよう, 残せしわ, 残ったお, 残ったその, 残ったので, 残ったら姫, 残ったキーシュ, 残ったルミちゃん, 残った中国人, 残った二十面相, 残った人たち, 残った元子, 残った千穂子, 残った問題, 残った子, 残った小さい, 残った少し, 残った御, 残った文次, 残った晁蓋, 残った正気, 残った王様, 残った盲目, 残った美紅, 残った者達, 残った若い, 残った親爺連, 残った連中, 残った陰欝, 残った魂魄, 残ってた石, 残つた二人は, 残つた笹山千鶴子を, 残つて番を, 残らないもの, 残らむわ, 残りさ, 残りました御, 残りもっともっと, 残るおかあさん, 残るに, 残るん, 残る天外孤客, 残る涙, 残る煙, 残る組, 残ろうと, 殘された, 殘つたお, 殘つてお父さんを, 殘らざるに, 氣に, 永い漂浪, 汪然, 泥を, 浅薄な, 海岸通りへ, 添えて, 湯を, 満々たる, 濃い碧, 火を, 無を, 煙草の, 熱は, 犬小屋の, 玉井組の, 理解と, 生きて, 生き残って, 生き残ろうと, 生れた当時, 生絹の, 留まったが, 留めなかったと, 病児と共に, 発生する, 白い埃, 白昼の, 相違ありません, 真面目な, 着く, 知友に, 私の, 私達二人だけ, 称讃の, 積る, 突然と, 立ちすこし, 立ち上がりその, 立った, 立てようと, 笑は, 第二師団, 粛たる, 累々として, 結論が, 続いた在留邦人, 続かなければ, 続くお, 続くやがて, 続く人々, 続く夥しい, 続く武者たち, 続く田山課長, 続く言葉, 続こうと, 縋いて, 老先生, 聴く身, 臨検した, 自分も, 致す, 舞台の, 芥川と, 芽ぐむもの, 苦しみと, 萬鳥でも, 薬を, 血判だけ, 行って, 袋探偵は, 西田の, 見き今宵虫, 見ながら, 覚えが, 言われたまま, 証拠が, 説き廻つた, 講義を, 豆ほどの, 貝原が, 起こった, 起るべき迫害, 足を, 跡い, 身でも, 近くその, 返すとき脚, 述べる通りそれ, 追い近づいたかと, 退きうすれ日, 退く如し, 退って, 退り肱掛け椅子, 逃げ落ちたとき, 通っても, 連れて, 遊びに, 選ばれたフェルナンド・デ・ラ・トッレ, 遺るお, 都城に, 野屯し, 錠を, 長文の, 関平だけが, 附きて, 陋しく, 随う, 随わしめその, 隨い, 離れて, 霞の, 音も, 頼んだ若, 餓死を, 駆け出して, 鷲は, 黄馬に

▼ あと~ (800, 2.7%)

31 残って 20 ある 19 ついて 15 あった 7 あって, いけない 5 あるの, 面倒だ 4 あります, かんの, のこって, 付いて, 続かない 3 あると, にじんで, 大変な, 急に, 点々として, 見える

2 [51件] あつた, ありありと, ありました, あり平, あり3, あるそう, あるん, いい, いけなかった, いけねえ, いたるところ, うるさい, えりし, こわい, つづかない, どうにも, ない, なかった, まざまざと, もう荒まし, よくない, 一と, 今どう, 出て, 厄介だ, 大変だ, 少しむずかしい, 少しも, 幾つか, 幾重にも残っ, 微かに, 怖いという, 恐ろしいだ, 明らかに, 此処彼処に, 消えて, 町中に, 疲れるだから, 真昼の, 続かなかった, 苦いよ, 薄く残っ, 見えた, 見られなかった, 言えなかった, 閊えて, 雪の, 青々と, 青い痣, 面倒です, 面倒な

1 [551件 抜粋] あしけれど, あったどんなに, あったもの, あつて, あらぁ, ありそう, ありそこ, ありその, ありましたが, ありましたし, ありましたので, ありました妙見, ありまた, あり何, あるいも, あるから, あること, あるぜ, あるぞ, あるだけ, あるだらう, あるだろう, あるだろうから, あるとは, あるなら聞こう, あるはず, あるばかり, あるみな, あるもの, あるよ, あるわ, ある丈, ある事, ある手合, ある縄, いいと, いえなくて, いえると, いかにもおかしい, いかにも奇怪, いかにも気味, いかんの, いくつも, いく筋, いけないってね, いけませんでした, いちじるしく目立っ, いちめんに, いちめんについて, いっぱいあった, いつぱいついてゐました, いつもいけなかった, いまだにごたごたし, いまの, いやです, いよいよ有力, うすあかり, うすくなっ, うまく行く, うるさいから, うるさいからと, うるさいこと, うるせえな, えらかった, えり防風林, おかしい, おかしいほど, おそろしう御座います, お留, かかりにくい, かすかに, かの源吉, かゆかった, からきしだめ, きかなくなるん, きたなと, きれいに, くっきりと, くりと, くろぐろと, こう読まれた, こころもち残っ, こまる, こわいからね, こわいよ, ございまして, さびしいから, ざっと片づけ, しずか, しっとり中, しばらくひっそりと, しめやかであった, じつはたいへんでした, すぐここ, すぐ森, すこしぐらい, すごく淋しくなった, すっかり回復, せまるよう, そこここに, そのこと, そのままに, そのままムラ, その便利さ, それじゃあ, それとは, そんなに簡単, たいせつだと, たくさんあっ, たくさんつかえ, たまらなかった, だんだんおもしろく, だんだん遠ざかった, ちっともかたづいた, ちと悄ン, ちゃんと付い, ちゃんと凹ん, ちょっととだえました, ちょっと読み, つ, ついた, ついたもの, ついては, ついてるじゃ, ついてるそう, ついてるよ, つかえて, つかないよう, つかりしました, つきました, つき地肌, つく, つくし, つくほどに, つけたいの, つこうが, つごうが, つづいて, つづかないの, つづかなかつた, つづかなくなって, つづけられなくなったと, つづけられなくなりました, ていねいに, てんめんとして, できる, ところどころに, ところ狭い, とてもい, とれなかった茶の間, どうしても続かなかった, どうとかいう, どうなった, どうなる, どうも事実, どうも面白く, ないの, ないので, ないヌキサシ, なかなかもと, なかなか疲れます, なかなか痛い, なく又, なり立てて, のこった, のこるほど, はっきりつかなくなっ, はっきりと, はっきり見えます, はつきりし, はつきりと, ひっそりと, ひどくカタ, ひどく疲れ, ひどく蒸し蒸しする, ひらいたまま, ふんだらけ, へりすると, へる槍, へんな, べとつくこと, ほかの, ほのかに, ほんのりと, ぽたりぽたりと, ぽつぽつ残っ, まざ, またうるさい, またさっぱり涼しく, またまんざら, また厄介, また続けざま, まだその, まだそのままで, まだズキズキ痛む, まだ乾かない, まだ痛む, まばらに, まるでつきだした, まるでない, まッ黒, みえる, みだれて, むずむずと, めんどうくさい, めんどうと, やけ四方火に, よくなかった, よくねえ, よろし, ろくに食, わかるよう, わずかばかり, ウルサイ, ガタガタする, グッと, グッショリと, タッタ百三日だ, ダンスホールである, チクリチクリ痛む, トラ十の, ハッキリし, パチンコ屋に, 一すじに, 一だ, 一つづ, 一つづつ殖え, 一つも, 一仕事だ, 一山の, 一本雪道の, 一段高く, 一銚子玉子に, 一面に, 三日四日には, 不思議な, 不愉快だ, 不純に, 乾かないで, 乾かなかった, 二すじ環状に, 二人も, 二列に, 二本それに, 二里だ, 五十冊も, 交叉し, 今でも, 今にも匂い出さん, 今まで, 今やありありと, 今日は, 休憩だった, 何の, 何よりの, 何時でも, 何時の間にか晴渡っ, 例の, 偲ばれて, 傷ましくず, 光る, 全く癒, 其だ, 写真に, 冷つく, 出ないの, 出なかった, 出來, 切れて, 力強く印象, 十六字詰めと, 十六日の, 十四ある, 危ない, 厭でございます, 問題だ, 嗣がず各, 困ります, 困りますから, 困りますなんてなぁ, 困るかも, 困るから, 困るぢ, 困ると, 土に, 変な, 変に, 多いこと, 大きかつ, 大きくそこ, 大変長びきます, 天理教だった, 女と, 好いの, 妙子の, 安土に, 官兵衛の, 寛りし, 小説に, 小高くな, 少し化膿, 少し気がかり, 山上に, 幅びろい櫓足を, 平常であっ, 平次の, 幽に, 広い草原, 座敷つ, 御座るが, 心ばかり, 心持ちが, 心配だ, 心配ぢや, 怕いと, 怖い, 怖いしね, 怖いと, 怖いの, 思いやられる, 思わしくないの, 恐ろしいこと, 恐ろしいん, 恰度その, 悪い, 悪いに, 悪いよく, 悪くて, 悲しいだけ, 惨めで, 感じられる, 感じられるか, 感じられ人間一般, 所々に, 掘り出されたとの, 明かるく, 明らかな, 春寒く, 暗い, 書けなくなるです, 月の, 有るの, 有るん, 朝露に, 未だ爪, 来ません, 板が, 板の間の, 柔道大, 栄えてると, 栗色に, 楽しみで, 次げずに, 欲しそう, 歯の, 歴々と, 歴然と印録, 殊にくっきりと, 残されて, 残ったの, 残らない, 残りそれ, 残りました, 残り一つ二つ, 殘つてを, 毛皮の, 水や, 決して消滅, 消えた, 消えた巌, 消えない, 滲み出して, 濃い, 濡れたまま, 点々と, 無いから, 無いので, 無かったら, 無数に, 焼酎屋では, 煤黒く, 片附く, 現れるので, 現われたので, 現在の, 理に, 生々しいこと, 生々しく田, 當つてれ, 痘痕の, 痛い起居, 痛むの, 痣に, 白く残っ, 白米を, 百字, 皮肉の, 盛んに, 相当に, 眉にも, 真っ黒で, 真赤に, 眠れなくつて, 眺められた, 眼の, 眼下に, 着いたん, 破れて, 確かに, 私の, 私は, 空電と, 窺える, 粘液の, 絶えたよう, 続いて, 続かず今, 続かないと, 続かないね, 続かなかったから, 続かなかったん, 続かなくなった, 続かなければ, 続く, 続くん, 続けられなかった, 考へるとも, 聴きたいと, 背なかに, 脹れる, 良くなれ, 色濃くあら, 芝山宇平という, 苦しくって, 苦しくて, 著しく作, 著るしく, 蔽い隠しよう, 薄白く, 薄黒く, 血の, 見あたらなかったの, 見えたので, 見えて, 見えない, 見えないの, 見えなければ, 見えるにも, 見えるの, 見える小, 見え庇, 見たいが, 見つかりました, 見てる間, 見られない, 見られます, 見られ草むら, 見出されました, 覗える, 言えない, 詰まったよう, 認められた, 読みたくなる, 読みたくなるでしょう, 読めないうち, 読める, 赤くつい, 赤くはれ, 足りないじや, 輪に, 近代的でなく, 追いかけられるもの, 追えないという, 途絶える様, 連, 道しるべ, 金糸と, 鉄道院寄宿舎か, 銀杏の, 銀色に, 長々と, 階段に, 雨あがり, 霜ば, 青々として, 青い男, 青くなった, 面を, 面倒, 面倒じゃ, 面倒に, 面倒途中の, 面白い, 面白いじゃ, 額の, 顔中に, 颯と薄化粧, 馬場勝一派の, 黒, 黒く小さくかたくなっ

▼ あと~ (652, 2.2%)

12 あとへと 11 ついて 10 さがって 7 さがった 5 一人の, 引いて, 戻って 4 あとへ, 引いた, 戻った, 来て, 残して, 行って 3 さがりました, もどった, もどって, 付いて, 帰って, 持って, 跟い, 退って

2 [34件] ひくこと, もどして, ゆくほど, 上がって, 下げて, 下って, 体を, 入って, 出て, 坐って, 届く時分, 引かなかつた, 引かぬの, 引きさ, 引きました, 引き返した, 引き返して, 引くわけ, 引っ返した, 引っ返して, 従いて, 戻ったり, 戻ること, 戻るん, 戻れば, 新造した, 森さんから, 残って, 残る, 自分の, 退かうと, 退った, 退る, 鼠が

1 [481件] あたかも通りかかった, あのお, あの机, いくと, いって, いまのと, いろ, おっぽ, おなじ田中, お初にでも, お前が, お帰りあっ, お帰んなさい, お帰ン, お引, お据ゑになつた, お残しする, お残り, お角, お退き, お雪, かういふ人, かういふ言葉, かえってここ, かえる様, かけつけましたが, くっついて, くって, こういうこと, こけ勘, このお, このわし, この婦人, この社長氏, この郵便, この電報, こんな怪画, さが, さがったの, さがつた, さがつたけれど, さっきから, さらに張遼, しののめの, しゅうとうなっ, しよんぼりと, すえようと, すさって, そこにも, そのとき, それだけは, それまで, それを, それ以上の, ぞろぞろと, ぞろぞろ大勢小児, ついた, ついて行きました, ついて行った, ついて行っても, つくまでの, つけたしました, つける化粧水, つづいて, つづけざま, でる初, とびのきながら, とびのきました, どこまでも, なおこう云い足した, なぞ行っ, なにひとつ苦みは, なり先, なんともいえない, ねじる, のこされた先代円馬, のこして, のこつた適量, のこりそして, のこります, のばして, はいったひと, はいって, はいれたの, はらった左腕, ひいた熊蔵, ひいて, ひかず席次, ひかない方針, ひかなかった, ひかる, ひきかえしました, ひきかえす, ひきかえすわけ, ひきそう, ひく男, ひっ返して, ひと足違いで, ひやひやと, ほんとうの, ほんものの, ぼたぼたと, ぽつりぽつりと, またあの, またも, また司会者, また附句, もう一度払, もどした, もどしますし, もどったり, もどりましたが, もどり同時に, もどると, もどろうよ, ものものしくふみこんだ, やって来て, やって来ました, やって来る, やつとか, よって, よろけた, よろめきました, わざわざ下帯, わたしも, イルマが, グレーズブルックと, スッスッと, チョッピィと, ドサン, ヌケヌケと, バウティスタが, バラック建築が, ビレラが, フロイスが, ベットリ青黒い, マア坊が, モガルの, 一人で, 一本の, 一歩振向いた, 一首, 下がって, 下がりおるが, 下ったその, 世界中へ, 丘の, 中納言を, 久々で, 乗るん, 乱暴な, 乳呑児を, 二階の, 人なら, 人魂が, 今度は, 他の, 付け足した短い, 以て, 伝七郎は, 伸子が, 但し書, 何, 何うです, 何とか然るべく, 何を, 何者か, 併し, 來た, 信州松代十万石から, 信長の, 俺は, 僕が, 先頭が, 入つた, 入りたが, 入り代わり, 入れて, 入れ代り, 入違い, 六台の, 出る, 出るワーッ, 出る私, 別に一つ, 別の, 前と, 加集泰助が, 十数人の, 又汽鑵, 取って返し遠い, 取残されて, 右の, 吉井様からの, 同じやう, 向かって, 向けられた, 向って, 呪いの, 四五歩の, 四十五万石, 坐る, 城代太田備中守資晴が, 塗る手際, 塩煎餅を, 夜桜ふぶきが, 大嫌いの, 大根の, 大都劇場, 天草と, 夫婦が, 姿を, 学校が, 安さんが, 小さい涙, 小さくなっ, 尾い, 屋敷内の, 市長と, 帰った, 帰る様子, 帰る気, 常夏を, 平七が, 幸吉が, 庄五郎が, 廻って, 引いたの, 引かえ, 引かないといった, 引かぬ甚五郎, 引かぬ男, 引かねえご, 引きかえすか, 引きながら, 引きますぞい, 引きまた, 引きもどされた, 引き上体, 引き妹, 引き戻すという, 引き返しましょう, 引き返しましょうか, 引き返へせば, 引くよう, 引けて, 引けないと, 引けなかつた, 引けません, 引けるか, 引こうとは, 引っかえしたかった, 引っこめた, 引っこん, 引っこんだ, 引っ込んで, 引っ返さずに, 引っ返させた, 引っ返しもう, 引っ返し忘れもの, 引っ返そうと, 引っ返そうとして, 引越して, 引返した, 引返した處, 引返して, 弘法大師から, 後へと, 從った, 必ず小, 忍び入りそして, 忍び込んだの, 忍んで, 忽ちに大水, 恒川さんあなた方警察の, 悪漢旧, 惹かれる心, 我々は, 戦災一と, 戻させれば, 戻して, 戻すの, 戻らう, 戻りかけると, 戻りますが, 戻るが, 戻ること三度, 戻るといふ, 戻るの, 戻るよう, 戻れ, 手を, 投げ捨てて, 抜からず弁信, 押しもどした, 押寄せて, 持ち出す, 振りかえらなかった, 掛けた, 描き出されるので, 支配人が, 文学新聞の, 新しい, 新しい希望, 新しい男, 新たに, 方一間の, 旗を, 日本人が, 木戸番の, 村の, 来た時, 来た陸軍中佐, 来るの, 来手, 格天井の, 桑なり, 梅の, 棕櫚の, 植えた陸稲, 検事とが, 楊厚という, 正直さとるの, 歸つ, 残さない, 残された, 残し一部分, 残し助手, 残し無事, 残し置かるるが, 残った与八, 残った弟, 残っては, 残つたのは, 残らない程度, 残らる, 残りました, 残りました以上, 残るか, 残るから, 残るであろうが, 残るとは, 残るの, 残る人, 残る纏まった印象, 残れ, 殘し, 殘つてはじめ桐野と, 殿軍として, 母を, 毛, 水白粉を, 水盤に, 汚くのこし, 泥を, 流れて, 浅井君が, 深川の, 漂って, 漕げ, 烏が, 牛丸君が, 犬の, 現れる, 現われた, 現場へ, 甘寧, 生まれる子供, 生れて, 甲板に, 異体の, 盛塩を, 目を, 直ぐに, 直ちに全然異なった, 矢を, 石と, 石の, 磯五には, 社長と, 神経を, 私は, 私を, 秋の, 秋山好古氏が, 移った, 移って, 突如と, 立って, 竹槍の, 筑摩県の, 簡易住宅と, 納まつ, 素ッとん, 紫が, 結城ひろ子が, 絶望という, 続くと, 続く者, 繰って, 繰つて, 續い, 續いた, 續かね, 續く, 罷り越したこの, 義雄の, 脱ぎのこして, 臀を, 自分が, 自分を, 自分自身を, 若干の, 若年寄からの, 茂子が, 薬を, 藤次郎が, 蛍が, 行つてわざと, 衣紋竹が, 豊臣太閤の, 貞之助の, 貼出したの, 赴任し, 足を, 跳んだが, 踏み込んで, 身体を, 輪が, 近所の, 返りましょう, 追いすがりました, 追ひすがりました, 退いて, 退かぬ人, 退がって, 退がらずには, 退きしかも, 退きながら, 退くと, 退くもの, 退くよと, 退く所, 退ったの, 退った言葉, 退り, 退るから, 逃げるあと, 這い込む, 通りかかった人, 遁帰った, 遁帰つた, 過ぎられて, 遠い視線, 都合よく, 采女が, 銘を, 附いて, 附けた, 陪審官らは, 陸稲とか, 陽気が, 隆夫の, 隠すに, 隠退した, 隼人が, 雲突く, 青眼先生が, 顔を, 飛し, 飛び退がってから, 飛んで, 飛退った, 馬を, 駆けだして, 駈けて, 駈け戻つた, 駈け込んで, 高谷君は, 鶴次郎の, 黒い屋根瓦

▼ あとには~ (555, 1.9%)

9 何も 4 二人の, 彼の 3 何にも, 例の

2 [15件] お前の, お子さまの, ただ一人, ただ何, 不思議な, 京都の, 人の, 人間の, 何が, 何んにも, 千二一人が, 微塵も, 特別自嘲的に, 赤石と, 首の

1 [502件 抜粋] あとかたも, あの, あのにくむべき, あの宝冠, あまりの, いい匂い, いかにも惨め, いくらか心, いちばん上の, いっこう変った, いって, いつでも, いつもつづけ, いつも怪画, いよいよあけ, いろいろな, うすい虹, おばあさんや, おめあて, お兄上, お嫁, お母さんが, お照, お銀様, かくばったロボット, かさ高い, かならず技能, かならず白, かねて待ち受け, きこりの, きっとにがい, きっとらく, きっと大雨, きまって深い寂し, くろい水, くわつと, こちらの, このよう, このギリシア文化, この冬, この手紙, この部屋, この黒人, さまざまの, さらに苦しい, さらに高い, しちひゃく, しびれたやう, すがすがしい夕空, すぐ, すこし耳, すべての, ずるい人間, そのが, そのランプ, その大きな轍, その老母, それも, たくさん星が, たけしくんたちふたりだけが, ただいつか月, ただせわ, ただは, ただひとり, ただむなしい, ただインド, ただ一つ, ただ二人, ただ侍たち, ただ寄せ, ただ心, ただ暴悪, ただ湯, ただ濛々, ただ玉雄と, ただ目, ただ眼, ただ純白, ただ風の音, だまって, ちょっとこれ, つまらないガラクタ, どんな伍長, どんな抜け道, なお焼け出された, なにごとも, なにも, なに一つ遺さないだろう, なんにも残し, なんらの, なん百匹なん千匹という, はや二, ひかぬ意志, ひがん花, ひくまいという, ひどい頭痛, びっくりする, ほんのすこし, またもや別, また他, また力, また変, また太刀音, また歯車, また疲れ, また突然, また薩州, また赤, まだこの, まだという, まだ幼い, まだ疑問, むさぼるよう, もう, もうなんにものこりゃしない, もう一人, もう手, もう来年, もう格子戸, もう用事, やわらかい土, ようやく二, よごれたもの, わしと, わずかの, われにも, わんわんと, オマケの, カニの, キツネたちが, キリーリンと, コバルトの, コンクリの, スパルミエント大佐と, ダントンが, テッド博士と, トラジプロスが, バオレルが, ピストルを, ファシズムの, ブクブクと, ホウホウと, ホテルの, マルガリイダと, モスク, モニコの, ヨコハマ, リズムとして, ロレンソが, ロープに, ワラも, 一つの, 一俵買いの, 一夜の, 一層半蔵, 一層恵那山, 一抹の, 一文だって, 一文の, 一瞬乾き切った, 一郎さんひとりに, 三人の, 三本の, 三百の, 三粒の, 三羽まだ, 不平たらたら, 中, 乗馬の, 乳母と, 予備が, 二つの, 二人しか, 二人差し向いで, 二千五百米突を, 二百人ほど, 二郎さんと, 互に何, 亭主ひとり大風の, 人は, 人を, 人数も, 今の, 今宮酒肴を, 今年五つに, 他の, 以前よりも, 仮小舎, 伝統的な, 伴藏と, 何うかさういふ, 何となく寒土, 何の, 何物が, 何物も, 何程の, 何等の, 余計に, 依然として黒い, 俊亮と, 信号所が, 個々の, 僕の, 兄後, 先任将校が, 児に, 全部全部で, 八百七十余体の, 其角や, 再び新しい, 再び虫, 凄じい水泡, 初世, 勘蔵と, 勘解由と, 十三に, 半九郎, 半蔵が, 占領下の, 厳粛に, 又おなじ, 又たまらなくなつかしい, 又よい, 只炭, 只白銀, 只頭, 可愛い仲, 吉田忠左衛門原惣右衛門間瀬久太夫小野寺十内堀部弥兵衛間喜兵衛の, 同じに, 同じ形, 名前だけしか, 名状し, 唯かがやかしい, 唯プロポーザル, 唯一つ, 唯凍て切った, 唯浅ましい, 唯浪, 四つの, 四日月の, 四機の, 四隻の, 団長春木夫人と, 固い本, 坐りつくして, 埃が, 堀秀政と, 墓場の, 変に, 夕闇に, 多かれ少なかれ孤児, 多くの, 多分に, 多少共に風雲, 夜の, 夥しい砂ほこり, 大きな川, 大きな蝸牛, 大坂御, 大小さまざまの, 大袈裟な, 天ぷらの, 女の, 妹たちが, 妻と, 妻籠の, 始めに, 娘さんひとり遊覧の, 嫁と, 孔子の, 実にいろいろ, 実業家マルタンひとりが, 宮廷音楽家たる, 家内の, 寒天の, 専門家の, 将軍と, 小さい地球, 小さい子供, 小さい子供たち, 小牛の, 尼に, 局長と, 屋敷が, 山の, 左の, 左膳仙之, 己といふ, 市の, 市区改正後の, 帆村が, 帖面に, 常に刑事, 平次と, 幸太郎と, 幼い児, 弟が, 弟さまの, 弥次兵衛と, 弥次馬たちと, 後妻が, 後衛の, 徒の, 御兄弟, 御通行当日, 必ずハイエナ, 必ず不思議, 必ず何, 必ず小粒, 必ず暴風雪, 必ず滓, 必らず, 怖ろ, 思い切って, 感激の, 戦時夫人が, 手が, 手の, 持出した家財金目, 控えの, 数条の, 斉魯河間九篇本という, 新しい精力, 新参の, 新聞紙を, 明智夫人の, 昔ながらの, 春が, 春木少年が, 昭夫が, 普通の, 最初出来る, 月の, 朝倉先生夫妻と, 朝日の, 末娘の, 杉か, 村にも, 来年咲く, 林田という, 校長先生と, 森の, 椋島一人が, 楽しいこと, 構成民族の, 標本箱は, 武蔵と, 歴史家としての, 死にたえたよう, 死ぬほど, 残して, 残らんでしょう, 残念ながら, 残酷な, 段々高い, 毎回敗北者らの, 毒茸しか, 毛利大友両氏の, 気の, 水が, 水中に, 水入らずの, 水溜りが, 水面に, 永いこと, 永遠が, 江戸行きの, 沈黙だけが, 泰然と, 津々浦々に, 流るる鮮血, 消防用の, 渺として, 火の, 火を, 火酒の, 灰らしい, 灰色の, 点が, 烏が, 焔, 無数の, 燃えるよう, 片はし, 牧田一家五人が, 犬それから, 独り益満が, 瓦の, 生き残る命, 生血が, 生駒家長を, 田舎の, 男子に, 留守部隊が, 當番の, 白いあわ, 白い波, 白い灰, 白ちやけた怨恨だけが, 白木の, 百姓や, 監視役の, 目も, 看護婦が, 着物と, 硬い床, 私たち三人だけが, 私の, 私ひとりぼんやり, 穴ぐらの, 穴埋め役の, 空っぽの, 立ち樹の, 立派に, 篁守人が, 精神が, 紙く, 組下の, 絶えず何者, 継体安閑宣化欽明敏達用明崇峻推古の, 総大将, 緑の, 羞恥心が, 腹を, 自分も, 舟を, 艦長と, 色も, 芸人二人と, 芽ぐんでも, 苔が, 若い妻, 若い娘, 若い近代的, 若者が, 苦笑と, 茶褐色に, 草が, 莫大も, 落葉を, 蓮の, 薪木売り, 蘭子親子と, 蚊帳を, 血が, 血の, 行燈が, 見知らぬ人形, 言葉が, 説教が, 誰も, 豚吉と, 豹一と, 負傷いの, 費, 赭茶けた焼土と, 越後から, 足利勢らしき散, 足跡も, 跡形なく, 路傍の, 身より, 身體中汗み, 軽く曳く, 追ひつく, 追肥を, 退けぬといふ, 透明な, 過労の, 邪魔物が, 酒肴さはに, 酒肴さわに, 金兵衛の, 金魚は, 鈴喜の, 銀色の, 鎌髭の, 長い弓, 長髪の, 陳大夫陳登の, 階級の, 隣村の, 離室の, 雨が, 雨上りの, 電線が, 露店など, 靈の, 青が, 順序として, 飢餓が, 香りの, 馬一匹も, 骨だ, 骸骨だけが, 高さ六尺, 鬼啾と, 魚の, 黄色な, 黄金怪人が

▼ あとでは~ (353, 1.2%)

2 [20件] あれは, いつも私, それが, ちょっとしたこと, ないか, まだみんな, 人間は, 何にも, 兄も, 再び去年, 出版の, 同じもの, 土の, 小さいもの, 忘れて, 死ぬほど, 無数の, 自分が, 鉾田の, 静かに

1 [313件] あたしが, あったが, あっても, あの人, あの地, あまりに内容, あらかた忘れ, あり別に, あるまいか, あんな所, いくつもの, いくらか顔, いくら今さら愛惜, いたく慚愧, いっそう慰み, いっそ愉快, いって, いつでも, いつもかれ, いつもその, いつもなく, いつも何, いつも変, いつも激しい, いよいよむずかしく, うまくひけなかった, おじいさんが, おやめ, お互いに, お前に, お姉さま, お民, お紺, お賞め, かえって同級生, かならず, かなり深刻, からだを, かれは, かれらぜんたい, かわいいきれい, きっと前, きっと収縮, きっと恐ろしい, きっと話, きつと, きまって, きまって天錫, こうして悲しみ, こっちの, この山, この憩, この手続き, この旅館, この様, ごまかされる, さてなかなか, さばさばする, さんざんに, しかしきまって, すぐ, すぐ後悔, すずしくなる, すべてが, せめてお, せめて御, そういう声, そうした男, そこは, その顔, それを, たいていそこ, たいへんしあわせ, ただ侘しい, たちまち自分, たまらない腹立たしさ, だれでも, ちと申す, ちょうど聞き込み, ちょっとした茶菓, ちょっと口, てれたやう, どうなる, どす黒くさえ, どれほど, どんなに歎, どんな心細い, なおさらそうであった, なおさら気, なおしばらく, なんだか堪らない, なんと言っ, のっぴきならん, ひとき, ひること, ふっと内地人, ほとんど目, まが, またこんなふうに, またごろりと, また一年, また反対, また変わっ, また彼等, また自殺, まったく何, まったく無, まるで無人, みんな各自県人会の, むしろ煽動演説, もういう, もういくら頼まれ, もうここ, もうとても胸いっぱい, もう三畳, もう大きく, もう大してその, もう絶対, もう西の京, もう誰一人, もはやなお, もはや蘇我, やたらに, やはり女, やはり腹, よそよそに, わかること, わたしたちも, わたしは, われらの, アマーリア以外の, オリヴィエにたいして, クジラの, ソルティーニの, ナチスに, ニュースは, ボーイ長は, 一丁の, 一人まえ, 一分ごとに, 一家の, 一層悩ましく, 一種の, 一筋の, 一言も, 一足跳び, 三千代の, 三百万人も, 不平を, 不思議に, 不意の, 世間も, 乳母などと, 二三年わたしより, 二人とも, 二十七の, 二反買う, 二週間ほど, 五人の, 人夫を, 人間でも, 人間という, 人間も, 今度は, 会わねば, 何でも, 何とも形容, 何ら不思議, 何時も, 作者が, 倉地の, 充分に, 先生たちまでが, 全く, 公卿も, 出来るだけ, 分った, 分って, 分譲地に, 剣の, 劉高また, 却ってある, 却って茫然, 却つて茫然として, 原色の, 口を, 吐きも, 吐き苦しんで, 唸く, 喧嘩にも, 四日五日の, 多少信じ, 夜に, 夜遅く, 夢だった, 大いに辟易, 大変な, 太陽までも, 失礼ながら, 女王たちを, 婦人が, 宜いとも悪い, 宮崎氏の, 尊氏も, 少年は, 屹度舌でも, 岸べには, 左腕の, 幾時間でも, 強い人, 当然その, 当然恩賞, 形式だけの, 彼の, 彼女の, 後宮に, 従兄弟たちも, 得態の, 心を, 必ず妾宅, 必ず直ぐに, 念誦を, 思いも, 思い当りましたけれど, 思ふの, 愉しい道, 愚圖, 慄然と, 成功する, 手ひどくやられる, 手も, 手紙を, 持ち寄りの, 揃って, 放り出す, 料理ばかりに, 断わるわけ, 新お代官, 日ましに, 日記書けぬなり, 易者の, 普通の, 曹操も, 板の間の, 林田と, 果して人間, 次郎を, 武器武装の, 毎日十里十一二里の, 気分が, 気分の, 気楽に, 決つていつも, 決つて二三日寝込んだ, 河床は, 浮かぬ顔, 清三が, 炉辺の, 無垢な, 爆笑が, 片時も, 牛蒡という, 特に何かしら, 独り恐縮する, 琴を, 瓦葺の, 生家の, 白銅一枚か, 皆さまが, 皆な, 真実の, 磨いた青銅, 神尾も, 私の, 秘密を, 程よく木香, 窕子は, 立ちぐされも同様, 笑いこけた, 笑ひ, 笑ひとも, 第一, 紙屑に, 素気なく, 細君と, 綺麗に, 臆病に, 自分でも, 自分の, 自分も, 藁という, 藤壺の, 袖乞非人の, 襖の, 誰かが, 誰でも, 誰も, 谷崎潤一郎氏が, 輪を, 部屋じゅうが, 酒を, 重い陰気, 野上臼川氏, 長原吉之助が, 間にあわんから, 随分面白い, 隔へ, 雑木林に, 非常に, 頼るもの, 顔を, 馴れた人, 魔法づか

▼ あとについて~ (255, 0.9%)

7 歩いた 5 歩いて 4 おいで, きた, 来た, 行つた 3 その室, 部屋を, 階段を 2 ゆきました, 二階に, 出た, 廊下に, 廊下の, 来い, 来たもの, 来て, 玄関を

1 [200件] あぶなさ, あぶなそう, いくつか, いつた, いつて, おそるおそるおり, おばけ玉の, おりて, お作婆さん, お民, お辭儀, お進み, お鳥, かけだすの, かげろうの, くる, この男, この部屋, こようと, これこそ, さらに御殿, さわがしくなった, しげしげ一座, しずしずと, すぐ草深い, せいようかんの, その手前, その横丁, その集落, それから, たよりに, だまって, つめたい廊下, どこか, どんどん山, どんどん湖水, どんどん追いかけ, のこのこ家, のぞきに, のぼった, ひきあげたの, ひょこひょこいす, ぴょんぴょん飛ん, ふきあげた板張り, ぺこぺこ頭, まいったので, まゐりました, もう一度その, ゆかずに, りっぱな, わらいました, カテージふうの, トットと, ドアを, ノコノコと, ランプ室に, 一々姉, 一散に, 一歩部屋の, 一緒に, 三人は, 上って, 上の, 上りはじめた, 上田の, 並木道を, 二人いっしょに, 二郎さんと, 今おいかけ, 今の, 仕事を, 來い, 來た, 來る, 先斗町の, 八九人の, 共に駆け, 其日は, 出るふう, 出れば, 北も, 半蔵らは, 参ろうと, 叩いて, 同じく驅, 周瑜程普の, 品川駅を, 四人の, 坊門, 垣根の, 堤から, 外に, 奥へ, 女は, 女神の, 子分共も, 室を, 家の, 家へ, 寿平次は, 小屋の, 屋敷を, 山まで, 山東軍に, 席に, 広い青空, 広廊, 広間を, 庭に, 引きずりまわされた, 彷徨する, 彼と共に, 急いで, 息を, 慰めるとも, 戻つて, 戻る, 批評家らも, 斜面を, 易々と, 暗い狭い急, 書斎には, 書院に, 本郷臺町の, 来いと, 来その, 来たが, 来たところ, 来たの, 来たり, 来たん, 来た三人, 来た時, 来た磯五, 来た金太, 来なかったこと, 来ました, 来られないほどの, 来る, 来るだろう, 柄杓で, 梯子段を, 次第次第に, 歌わせる力, 歌枕を, 正吉は, 此方に, 歩きながら, 歩き出した, 歩き出したが, 歩くこと, 歩くの, 池の, 沼の, 消え失せた女囚, 滋幹が, 無意識に, 熊笹の, 熱心に, 王さまも, 田んぼに, 町の, 町はずれの, 痛い肩, 登つて行つた事と, 登る, 白いカツギ, 私も, 自分の, 自宅の, 臼井は, 茶の間へ, 荘館の, 薄暗い階子段, 蚊帳の, 表に, 言えるよう, 言ったが, 谷ぞいの, 走って, 走りました, 走り出した, 走るん, 足を, 踊つてゐる, 送りだそうと, 進みました, 部屋, 部屋ぜんたいの, 部屋には, 間もなくお, 隅の, 階下に, 隣の, 雨戸の, 顧雍も, 食堂に, 骸骨紳士を, 高声器, 高橋さんは

▼ あと~ (246, 0.8%)

13 見ずに 5 ない 4 ありません, のこって 3 しばらくは, なかった, なければ, 先も, 残って 2 なき, もうすこし木曾, もう泥, 見いだされなかった, 走り書きに

1 [195件] ああでした, あざやかであった, あたりを, あった, ありますが, ありませんぜ, ありゃさき, ある, あんな膚色, いつに, いつまでも, いまだにひざ, いわせず二人, うるわしくたのしいの, うるわしく相当, おしろいの, お送りいたします, かくも, くれるといった, ここを, この古, この場所, ございませんから, さきも, しばらく苦し, すすんで, ずっと立ち, ずゐぶん, そういうふう, そこで, そのかがみ, その絶望, ただ, つい混同, ときどき逢っ, とめない死顔, とめよるしら綾, どうか, どうかあの, ないの, ない森, ない湖沼, ない用事, なおそのまま, なおモスク, なお多少, なお故, なくて, なくな, なくなって, なくなり次, なくほか, なく帽子, なく治, なく消えはてし, なく渦まきいるる, なく滅, なく無論, なけりゃ一服, なけれど, なし, なつかしいなんぞの, なほ二もとの, のこさない魔力, のこらないの, はつきりと, はつきり讀める, はるかな, ひて, ひとりで, ひとりぼっち, ひ船泊つる下田, ほとんど席, ほぼ似た, また書齋, まったくありません, まるで鏡, みないで, もう笑っ, もう笑つて, よろしくと, わかりますけれども, われ見, テーブルの, 一々尋ね, 一座で, 一時は, 三月くらいは, 云う, 人の, 人ひとり通らない, 今なお, 今は, 伸子は, 何だか胸苦しく, 何の, 何んだ, 何時までも, 余韻は, 全部似た, 内生活, 分りませんでした, 分りやしないが, 加奈子の, 古歳, 吉田大, 同じい, 同じです, 同じよ, 名やは, 嗅ぎ出せなかった, 土入れと, 坊やを, 声ひとつ立てません, 夜は, 大事ぞ, 女房たちの, 好きかも, 届いて, 引きつづい, 引取っ, 形も, 御仏, 心が, 心配は, 恐怖の, 慣性で, 拍手は, 振りむかないで, 掻き消されそこ, 教へて, 是非にと, 楽だ, 樂だ, 止めず煙りは, 残さずきれい, 残さない素早い, 残らないまでに, 残り不, 殘りません, 氷の, 決して大衆, 決して空虚, 派手には, 流れへ, 消えぎえになっているのもあった, 消えて, 淡い文字, 無くあの, 無く晴れ, 無し, 燈火の, 燗銅壺について, 現在は, 男は, 畑も, 留めずなりて, 痛まず出血, 発見しなかった, 直ぐチリ, 矢ヶ島天文台の, 短き老い骨, 確かである, 私が, 私の, 細々と, 絞殺の, 綺麗に, 自分だけは, 自分に, 自然いろいろ, 色々難あり, 落語家として, 薄く, 見えざるに, 見える, 見ずそれ, 見せず水死, 見て, 見ないで, 見ねえで駈け出しちゃったよ, 見られる, 見られるの, 見直したくなった, 見返らずに, 財産領地などは, 路は, 近い, 追い探して, 釜屋部屋の, 閉めずに, 閉めないで, 青々と, 青い若妻千浪, 青く母

▼ あとかた~ (158, 0.5%)

64 もなく 30 もない 7 もなくなっ 3 もなかっ, もなくなる 2 なし, のない, はない, もなかつた, もなき, もなくなり, も無く, を尋め

1 [35件] すらない, なく徳川勢, なく消えうせ, なく焼け, なく粉砕, なしで, の覺束, もあらぬ, もありません, もありませんでした, もあるまい, もないだろう, もなくなった, もなくなりました, もなくはれわたった, もなくコワ, もなく刈り取られ, もなく変っ, もなく消え入る, もなく消え去っ, もなく消え去る, もなく葬っ, もなく青い, もなし, ものこらない, も分らなかった, も捕捉, も残っ, も無き, も無し, も見えない, も見えなかった, も見せず, を失, を絶たない

▼ あとでも~ (129, 0.4%)

2 いいん, 先生は, 女房子供と, 彼女の, 恐らく斯, 私の

1 [117件] ああ平気, ありません, あり木村何者, あるから, あるまいか, いいから, いいこと, いいさ, いいじゃ, いい父, いかにそれら, いけすかないと, いひ度, うちで, ええこと, ええわ, おそくは, おぬ, お兄上, お国, お稲, お粂, かなり永く, からだじゅうが, ここは, こちらの, このあひる, この大, ご都合, しばらく心臓, すぐどうし, すぐ心, そうしてやる, その妹さん, その娘, その常用, その紙包, たずねて, たましい, ついて, てっちまって, ときに, なおこの, なおこんな, なお囲み, なお執拗, なお強いて, なお院, のこって, ひとりでにぞっとした, ふれるが, ぶらぶら歩き, またときどき, また同じ, また自分, まだず, まるで朝めし, もう戰爭, よいと, よいよく, よかった, よさそう, よろしゅうござりますゆえ, わたしたちの, バルナバスを, モレロは, 一つの, 一人の, 一船の, 二いろあった, 五の, 人生は, 他の, 似たよう, 何やかやし, 兼実は, 別に前, 半年の, 半蔵は, 叔父叔母は, 取つき身上, 右平には, 因襲道徳に, 外で, 始めて村, 実に平気, 平氣, 年月が, 店を, 彼女は, 忠作は, 思いだすたび, 思ったが, 感情的な, 昔の, 時々瓜, 景品は, 暖簾の, 桃代姐さんだ, 歩き回るよう, 残って, 永いこと, 決して忘れ, 決して気, 源大将などの, 異様な, 登の, 知友の, 窓ぎわに, 精神的眩暈から, 繼ぐんです, 聴きたい話題, 自分の, 至は, 苔香園の, 藻の, 長い間

▼ あとにも~ (105, 0.4%)

42 先にも 24 さきにも 2 立ち得ないという

1 [37件] ある, あるだろうと, あれを, いうが, かかわらず浪士ら, この時, こんなこと, さきに, せよ正しから, ぞくぞく入る, だなにか, なおそれ, なお右, なお尊敬, なお戦利品, なお耳, もちろん何人, ゆくさき, 二伸が, 亦出, 人間的にも, 似た潤い, 先き, 兵を, 好い事, 妙な, 姉は, 庶民の, 彼は, 新しいバラック, 生えた, 相当に, 自由社は, 菊乃さんの, 衰えるどころか, 言いようの, 隠そうにも

▼ あとからと~ (94, 0.3%)

2 半蔵の, 湧いて, 詰めかけて

1 [88件] あつまって, いい人, いくらでも避難者, いろいろな, おこって, おさえがたい, おしかけて, おじぎを, おちて, お越しにな, こみ上げて, その暗い, それについての, たえませんでしたが, ちって, つぎ足しらしい筆蹟, つづいて, つめかけた, できて, なりますが, はいだして, やって, やって来る連中, ネズミ算式に, 予想外な, 云ふ, 人が, 人は, 入れながら, 八方に, 出て, 創痍満身の, 卵を, 参詣に, 同じ恰好, 君の, 咽び上げた, 坂路を, 夜あけがたまで, 大粒な, 山すそに, 山葦を, 峠を, 引き続いて, 彼の, 懇願する, 押しかける群集, 押寄せて, 持って, 揚がる火の手, 新しい着眼点, 新しく生じ, 新課目, 日夜その, 極々雑多色とりどり, 殺されて, 洪水の, 浮みあがっ, 浮出して, 消魂, 湧き返って, 湧くの, 濃く薄く現われ, 眼に, 瞼から, 知恵が, 種々に, 糸を, 続いて, 続いても, 続いてるの, 続く人数, 繰り込んで, 續い, 胸に, 舞い上った, 花穂が, 蟻の, 言葉を, 詰めかけるので, 詰めかける人, 躍り込んで, 身に, 追われますのみか, 部屋へ, 酒を, 頭に, 頼信紙へ

▼ あと~ (79, 0.3%)

73 から 2 からこの, からふしぎ, から無, という, と云, ね

1 [57件] からおれ, からだろう, からという, からむこう, からもう, からスキー, から両, から井戸水, から俺, から午前十時半頃, から少し, から幾分, から成, から村, から気, から面白い, から頼みかた, か見当, が, がその, がラク, が女房, この, し, しめくら, し一年位, そうで, そうです, つたから, つたと, と, というふう, という可, という岩, という青篠, といふ八丁池, とか何, とか義経, との事, とはちょっと, とみえ, とわかる, とサ, と一時間, と云われ, と見, と言われ, な, なと皆, などという話, のと, のにどうして, もの, もの休ん, 前は, 無用な, 陣街道の

▼ あとさき~ (75, 0.3%)

4 になっ 3 になり 2 になります, のこと, の考え, の順序, を考え, を考えない, を考える, を見廻し

1 [52件] おもいめぐらし候うち, が見られ, これで, なくぽつんと, なしに, に, につながっ, になし, になった, になりました, にはよく, には同じ, に安易, に就い, に枕, に植えた, に続い, に聞え, に這入つた, に附け加え, に駕籠, のつながり, の揃った, の文句, の枕もと, の様子, の物みな, の生涯, の考, の襖, の見えない, の雲, はじつに, は咽喉, は海, は珍, は言わず, もなく, もなくかかっ, も見ん, をつつん, を囲ん, を守っ, を振り返へる, を支, を敵, を考えなけれ, を考えね, を見かえり, を見まわした, を見計らつ, 言わずに

▼ あと~ (74, 0.2%)

7 で立ちあがっ 6 で立っ 2 でたちあがっ, でたちました, で立ちあがった, で立ちあがり, で立った, をまげ

1 [49件] がいやに, がきかなくなっ, がだめ, が妙, だか, だけでぶきみ, でしたたか, です, ですっくと, でたち, でとびあがっ, でぬうっと, でひょいと, でま, でみごと, でドア, でニューッ, でパタン, で小石, で引っかく, で梁, で歩かせ, で立ち, で立ちあがりました, で立ち上り, で立つ, で蹴散らかしました, で蹴退ける, で長く, とはまがり, にすがりつい, につい, にもぴんと, に砂, のつけ根, のほう, のまがり, も機械, をうたれた, をこう, をつかん, をつた, をはね上げた, を上げ, を低く, を前, を折っ, を空中, を耳

▼ あとより~ (73, 0.2%)

2 下田五郎景安十七八歳頼家の, 急ぎゆく, 浪子は

1 [67件] あとよりと, いいたる, いひたるは, おつづき下されい, お米, お越しくださらぬ, きたる女ども, さし上可, さわさわと, して, すぐに, そのほう, つきて, つづきますゆえ, まいりまする, まいれば, まいろう, わかる路次, エムピレオに, オズオズし, 一挺の, 中二, 五十あまりの, 來り, 出かけ猶, 匍匐つ, 又沸ぎる火, 同じ工場, 向井が, 外套と, 届け候, 屋根に, 恋のせめくれ, 慌て, 支那の, 新造綾鶴出づ, 昇れる焔, 昭全も, 晴るる, 村長畑上嘉伝次村の, 来いと, 来りし四五人づれ, 来るは, 来るもの, 枝一枝桂の, 權兵衞も, 權次權六の, 玉琴も, 目を, 笠置へ, 與助が, 舞踏手と, 虫の, 行く者, 車の, 追いかけて, 追かけ, 追っかけ加わる勢, 追っつきまいらせまして, 追っつきまいらせますれば, 追ひゆき, 追ッ, 送りと, 逐へば, 附け加えられたもの, 附加は, 電信局にかけ

▼ あと~ (69, 0.2%)

6 んだ 4 のだ 3 のです 2 のか, のでございます, のですこし, ので矢張朝, んです

1 [46件] のかも, のだった, ので, のであきらめる, のであっ, のであまり, のであらう, のでありました, のであります, のでいつも, のでいわゆる, のでおま, のでこういう, のでことさら, のでこの, のでした, のですっかり, のでそこら, のでそんな, のでとても, のでどう, のでどこ, ので一向, ので万, ので今度, ので子どもたち, ので守り, ので彼ら, ので彼女, ので懇意, ので景気直し, ので暖か, ので植物, ので構内, ので武器, ので泣き声, ので皆, ので私, ので職業上, ので自分, ので高, のにいつも, のに盡, のは, もんで, んともく

▼ あとじさり~ (67, 0.2%)

21 をし 16 をしました 5 をした 2 に歩い, をしない, をはじめました

1 [19件] ながらどなった, ながら一心, ながら大きい, にあるきだした, にそろそろ, にふい, に圧され, に成つたる, に敷居, に歩く, に目, に離れた, をする, をつづけた, をはじめ, をはじめた, をはじめたで, をも又, を始めた

▼ あとへと~ (54, 0.2%)

3 出て 2 現われて, 続いて

1 [47件] いくつもの, いろいろな, おそろしいかま首, くわしい情報, このあ, このごろは, つづく, ギッシリ鼻面を, 上つて来る, 乗客が, 乗客は, 人間が, 入って, 入りかわり立ちかわり, 入れ代り, 出征列車が, 動く風景, 女童は, 引しざる, 悲しいこと, 払込みさせられると, 押しよせて, 撃ちつづける, 斬り立てられて, 新郎新婦の, 曳き返す, 書き続いで, 構成され, 櫓の, 浮んだり, 湧きいでて, 激しい咳, 現れテレボックス, 硝子窓に, 空中へ, 立ち現われて, 続いた, 行くよう, 話させること, 起きて, 起るの, 返すアポローン, 逃げて, 過ぎ行くの, 重ねて, 随分能率, 飛びさ

▼ あと~ (52, 0.2%)

2 いえば, みえて, 庭の, 祈りが

1 [44件] あっては, いったので, いわれる浜屋, おなじくまたもや數分間ひとつ場所, おぼしいあたり, かもだあん, し紅葉, たずねて, だろう, なって, ならんで, むることを得ずして, 云ふ蔑む如し, 交替させ, 人造人間の, 入替え, 分つた, 分るよう, 印象が, 同じよう, 大体一致する, 寸分も, 思うあたり, 思はれる一條, 思われる, 思召し, 悶絶の, 打撲傷, 改めて説明, 栄花の, 桑の, 申すと, 異なる点, 白墨の, 着物で, 知られた, 紐と, 聞いて, 聞くが, 色の, 見えて, 見込んだばっかりに, 認むべ, 起ったの

▼ あとまで~ (50, 0.2%)

2 きいて, 心に

1 [46件] あれだけ, あんまりミヨシ, いっぱいの, いやな, お前の, お見通し, さきの, しょうばい, その印象, その趣味, どんなにせつない, どんなに恨まれる, ながくかれ, なんだかそわそわし, のこって, のこる収穫, 使えるよう, 勤労階級の, 取って, 大河の, 引くこと, 根を, 残された川上忠一, 残って, 残るでしょうし, 残るもの, 生き残ったり, 病の, 皆男, 眼と, 私の, 考えられます, 聞えて, 聞こえた, 自分らの, 藤吉は, 見られて, 見通しだ, 読者よ, 読者諸君にも, 転向せず, 送り届けるの, 長いことみんな, 長く痕, 頭に, 餘響し

▼ あと始末~ (47, 0.2%)

8 をし 2 に四ヵ月, をする

1 [35件] じゃあ此方, じゃが, それから子供, と火, などを計っ, にかかった, にかかる, に仕方, に八月いっぱい, に忙し, に手ぬかり, のごとく, の兵, の相談, は, はどう, は半, は本田, は誰, もすん, もできた, やらお, やら畑, や何, や半, をした, をしよう, をつけない, を万事, を充分, を全く, を助手, を引き受け, を相談, を頼む

▼ あとをも~ (42, 0.1%)

27 見ずに 3 見ないで 2 みずに, 見ずて 1 向かずに, 振りかえろうと, 振返らずいよいよ, 振返らずに, 見ずして, 見たいと, 見返らずに, 見返らないで

▼ あと三日~ (39, 0.1%)

3 しかない 2 すると, のうち, の後

1 [30件] あるなら姉さん, あれば, この天気, したら帰館, しての, たちゃ王さま, だ, だね, で上る, で千秋楽, で帰る, で年始廻り, で年始廻りぢ, で終り, という日, という朝, といふ三重県, と続いたなら, になった, になりました, ね, のあいだ, のあいだわしら, の間, の食べ物, ほどの間, ほど御覧, もしない, 休めるぞと, 経つと

▼ あとだった~ (36, 0.1%)

2 のである, のです

1 [32件] かも知れない, かも知れぬ, からいつも, からである, からでした, から憎まれねえ, がちいさい, がもう, が写真, が審問, が非常, ことを, したまたま, せいか, という, というの, と思う, ね, のでこちら, のでございます, のでカン, ので奄美, ので家, ので彼女, ので殊更, ので父, ので猶, のと, のを, んだ, 由で, 良人から

▼ あと片づけ~ (35, 0.1%)

8 をし 2 に来た, をする, 風呂の

1 [21件] がすむ, がすん, がどの, がまだ, とか掃除, にかかり出す, にかかる, にも力, に七日, に下女ら, に客室, に混雑, は栄三郎, もやっ, も仕残し, も済み, も済んだ, をした, をすます, を済ませ, 等は

▼ あとへは~ (34, 0.1%)

2 引きません, 更に手入れ, 退かない

1 [28件] おひき, とっ付けないまでに, ひかないたち, ひかないつもり, ひかなかった, ひけぬと, もどらないはず, 佐藤さんたちが, 帰られませんから, 引かない, 引かないはず, 引かない葉子, 引かなかった, 引かぬという, 引かれない気持, 引かれますまい, 引きませんよ, 引けないん, 惜しいほど, 戻らない主人, 桐庵先生を, 清元の, 第一, 肴の, 退けない気, 鋲の, 長畑さんが, 香港の

▼ あともう~ (31, 0.1%)

1 [31件] いくらも, いちど鈴を, その視線, 一つの, 一人が, 一人の, 一匹だけ, 一場賑かな, 一年です, 一押しという, 一日という, 一箇年間お, 一通手紙を, 一週間だけ, 一週間ばかり, 三びきは, 三十秒だ, 三四回, 三日しか, 三月と, 三段ばかりの, 二三年も, 二分, 二日休んだら, 二本でございます, 五分で, 何日という, 四分しか, 書きたくなくなった, 袷に, 銭の

▼ あと~ (30, 0.1%)

2 になっ

1 [28件] かまわず走り, がねえいづれ, きに, について行動, にはいった, にはこんな, に二度, に別れ, に車, の事, の分別, の考, の記憶, の都合, は御, みずに, も見ず, をうかがい, を争う, を照らさせ, を考えまわし, を考える, を見, を見廻し, を見計らっ, を見返り, を静か, 見ずに

▼ あと戻り~ (29, 0.1%)

12 をし 4 をする 2 をした, をしよう 1 だ, もする, をさせなかつた, をしかけた, をしな, をしなけれ, をしました, をやり出した, を余儀なく

▼ あとすぐ~ (28, 0.1%)

2 その足

1 [26件] しんみりし, その下, その場, だと, どこかに, にそう, にそれ, にまた, に劇団活動, に女, に彼, に忘れられ, に感, に新, また舌, やられちゃあ, 事務室の, 垂れ幕の, 天井に, 室を, 席の, 手を, 日本文学における, 書き御, 本陣から, 青柳さんの

▼ あと二日~ (28, 0.1%)

3 しかない

1 [25件] あるん, あればと, か三日, くらいはとどまる, しかありません, たてば, でいよいよ, でちょうど, でもう, でウィーン, で七月十四日祭, で夏休み, で書入れ, で終る, で飛行島, となりぬ, なり早く, ののち, ほどで, ほどは旗, ほど残っ, もやれ, も続いたら, も雨, 寝れば

▼ あと三十分~ (27, 0.1%)

3 がんばれ

1 [24件] かかるよ, ぐらいたつ, ぐらいで出発, ぐらいで妹さん, ぐらいで門前, しかない, すると, だ, だッ, ってところが, でお前, です, で下りる, で十時, で飛行機, にひかえ, はかかるだらう, ばかり幻燈, ほどだす, ほどでしたく, ほどではじまる, ほど経っ, もすれ, も経ったら

▼ あと十分~ (27, 0.1%)

3 です, もすれ 2 ばかりし

1 [19件] か十五分, ぐらいからポツポツ, ぐらいのもの, しかない, すると, たてば, たらずだった, だぞ, ですよ, でも二十分, でアメリカ大艦隊, でパリ, で十時, ともたないであろう, なの, のうち, ののち, ほどで, も滑降

▼ あととり~ (26, 0.1%)

2 がない, となった, の息子, やけど

1 [18件] じゃけん, じゃない, だが, ですが, ですし, とけんか, としてうち, となり, と老人, にお, にしよう, になった, に置い, に讓つて, のため, の坊, の若君, の身の上

▼ あと一週間~ (25, 0.1%)

2 待つて

1 [23件] か十日, が待, ぐらいお待ち, ぐらいで私, ぐらいは勉強, しかない, して, そこそこです, でこの, で行き, という日, という時, になった, ね, のう, のうち, の我慢ぢ, は十分三十秒, ばかり売れなけれ, もたたなけれ, もつ, も立たない, を事務所

▼ あと二人~ (25, 0.1%)

2 の仲間, の子供, はその, はまた

1 [17件] あるわけ, が手, というところ, の孤児, の指紋, の若い, の間, はこんな, は二階, は川, ばかりで, ばかり来, も現われ, より大分, を一緒, を斃, 呼んで

▼ あとからは~ (24, 0.1%)

1 [24件] いつて, いる, いるからね, おどおどした, さっきの, たくさんな, なにを, ひつて, べつの, ベンという, モンシロ蝶, モンジロ蝶, 兵卒達が, 大勢の, 大小数十隻の, 天国の, 子どもが, 既ににべ, 李逵が, 気の毒にも, 泣く様, 知らず最初, 石ころと, 頭を

▼ あとからも~ (24, 0.1%)

6 あとからも

1 [18件] どんどん割り込ん, ひつきりなしに, また出, ガラガラと, 一人顔を, 二人ばかり, 他人に, 大勢の, 新しい踊り手, 来た高官たち, 来るか, 来るの, 男女大勢が, 続いて, 続けて, 近江一円の, 飛びきたり, 飛び来り飛び去る

▼ あと廻し~ (24, 0.1%)

14 にし 2 にする 1 だ, でいい, でよかろ, としてまず, にこんど, にされる, にともかく, になり

▼ あとにて~ (23, 0.1%)

1 [23件] その乗り, ないしょに, われ摩耶に, アメ山を, マリウチアは, 一人で, 二人にて, 人々あの, 余り我儘を, 分ります, 安房, 小摩, 山内は, 感服仕, 棒の, 河原者なと, 玉の, 皆様の, 知った, 箱が, 聞けば, 関羽今日東嶺関を, 面々詰め腹切らず

▼ あとまわし~ (23, 0.1%)

11 にし 4 にする 2 とする, になった 1 でまず, で怪星ガン, として玉太郎, にした

▼ あと~ (23, 0.1%)

5 のわるい 3 がわるい

1 [15件] があった, がない, がのこっ, がまだ, がよく, がわるかっ, が悪い, のよく, の悪い, の惡さ, はどう, もわるい, をのこした, を噛みしめ, を残された

▼ あと~ (23, 0.1%)

2 は恐れ縮こまっ, は浦粕, は近く

1 [17件] がいた, が意見, が本当に, が窓, に關, の前後, はいや, はそれ, はただ, はぼんやり, は何, は坐り直し, は母, は毎日, は潮, は物置, は鋏

▼ あと~ (22, 0.1%)

1 [22件] くみが, さよが, しること, しるこなどを, せい様の, ひけむひとそかなしき, みやは, ゆみの, トメさんが, 光と, 八重は, 内儀さんや, 君と, 春も, 民は, 膳の, 芳が, 芳に, 茶漬を, 角は, 邸に, 銀ちやんは

▼ あとかたづけ~ (22, 0.1%)

6 をし 2 をする

1 [14件] がまた, でも洗たく, にみな, に忙しかろ, のすんだ, のため, の遅れた, まで君, もそこそこ, も何, も大方, をたのむ, をはじめる, をめずらしく

▼ あとまた~ (22, 0.1%)

1 [22件] いろいろ悲惨, かなり永い, ひらひらと, ほつつ, みんなの, 三四年の, 中篇短篇とりまぜ, 乙部座員に, 二度高座へ, 半月ほど, 家の, 小学校に, 教室の, 栓口に, 河の, 活作用の, 甘気, 眼を, 立て直されて, 親戚や, 間もなく一方, 馬田の

▼ あと五分~ (21, 0.1%)

2 です

1 [19件] おくれたらみんな, か七分雑談, しかありません, しかない, たったら爆発, だ, ですね, でみんな配置, で七時十五分, で出掛ける, で十二時, で爆発, ともたない, ののち, ほどのうち, もかからない, もたったら, よ, 生きて

▼ あといくら~ (20, 0.1%)

4 もない 2 でも眠れる, 欲しいと

1 [12件] ある石炭, でもない, の月日私, もございませぬ, ももちません, も時間, も残らなかった, も綱, も配給, 待っても, 生きるもの, 見なおしても

▼ あとしばらく~ (20, 0.1%)

3 の間 2 すれば

1 [15件] からだ, して, のあいだ, のあいだわたしたち, はいや, はがやがや, はさすが, はみんな, は化石, は色, は部屋中, は餌, 一同無言, 伸子は, 腕組を

▼ あとです~ (19, 0.1%)

5

1 [14件] か, からいずれ, からこの, からね, から人心, から出雲, から失踪, から担い, から流れ, から皆, がそれ, けどまた, ね一九三四, 小諸藩から

▼ あとでの~ (19, 0.1%)

2 話では

1 [17件] うわさであった, お話に, ことである, ことに, これらの, 事だ, 勝負の, 印象は, 取り沙汰では, 口實の, 夫の, 故人の, 沛然として, 親の, 話に, 返しは, 雑談の

▼ あと一年~ (19, 0.1%)

2 で卒業

1 [17件] くらいはすぐ, ぐらいしかもたぬ, たたないこと, だけれど, だという, ですか, で船長, という竹一, といふところ, とは壽命, の春秋, はない, は人様, ばかりこれから, ほど休養, を我慢, 息せき切つて

▼ あと十日~ (19, 0.1%)

2 ほどで結婚式, も経て

1 [15件] かそこ, か半月, ぐらいし, しかない, だ, だけ待っ, では, で暮れやう, とありません, とたたぬ, とはもつめえよ, とは措かない, と差迫った, と迫った, ほどになった

▼ あとまでも~ (18, 0.1%)

1 [18件] かためて, しっかりした, その印象, それが, それは, またし, まだ残ってる, マルクス主義文学と, 何となくかの, 初めどおりに, 喜んだもの, 家人の, 忠相と, 暫らく無言で, 残ってて, 清子へ, 義雄の, 雲井の

▼ あと一日~ (18, 0.1%)

2 か二日, とは生きない

1 [14件] しかない, たてば, だ, だけあいつ, つづくと, でめざす極地, で寮, で目的, といられまい, とすこし, とちょっと, の九月, も二日, や半日

▼ あと一時間~ (18, 0.1%)

2 とたたない

1 [16件] しか無い, しないと, すると, だ, でも好い, で追いつける, と二分, と五分, と十分, と四十分, と生命, と経たぬ, ばかりし, ばかり走らなけれ, もたて, もまごまご

▼ あと二三日~ (18, 0.1%)

1 [18件] おいて, お入れ, したらモロー彗星, だからと, だぜ, だろうと, でゆきつく, で免状式, で此処, で死ぬ, で終る, というある, といふ日, の御, の辛抱, は冬, は宿屋, を此処

▼ あとにな~ (17, 0.1%)

2 つても

1 [15件] つて, つてから, つてそいつが, つてたみの, つて來だした, つて冷汗を, つて利根子は, つて尋ね, つて少年は, つて彼が, つて思ひ, つて思へ, つて氣が, つて耳に, つて若し

▼ あとまだ~ (17, 0.1%)

2 海が

1 [15件] 一里余この, 七年の, 三ヵ月は, 二十分よ, 二日と, 何か, 何も, 十キロは, 十一個も, 十句ほど, 十日と, 四五枚は, 四十分あります, 祈る, 長くそこ

▼ あと~ (17, 0.1%)

3 先に

1 [14件] いまは, こね返したやう, さきの, はらかく, まだ水カサ, 吾がとぼ, 土師の, 塹壕の, 墓ま, 打撲傷らしい, 斯くアーンチロコス, 肩の, 虎杖の, 高山市内の

▼ あと~ (16, 0.1%)

2 も無い

1 [14件] かつけない, か事, か書けたら送っ, か決心, か石鹸, か面白い, が何だか, が入っ, にも言わず, もいえなかった, も書く, も物音, を書い, を知る

▼ あと~ (16, 0.1%)

1 [16件] がひりひり, に東京胞衣会社, に水, のわるい, の悪い, の染め上げ, はたしかにあっさり, も利かず, よからず, わるし, をあいた, をつぐんだ, を利かず, を開い, 悪し, 籠った

▼ あとである~ (15, 0.1%)

2 ことを

1 [13件] からいっそう, から今, から効果, から続い, し魚万, だけまた, という証明, と思った, のだ, のでただ, ビヤホールに, 一筋の, 今でも

▼ あとどう~ (15, 0.1%)

2 するの, なったか

1 [11件] した, しようか, しるん, する, するか, するん, すれば, すんだよ, なったかな, なるん, 御始末

▼ あとへも~ (15, 0.1%)

5 先へも 2 ほんのりと, 前へも 1 さきへも, どつて, 先き, 行って, 退かずに, 間髪を

▼ あともどり~ (15, 0.1%)

5 をし 3 をした 2 をする 1 になり, になる, はしないであろう, も同様不可能, をはじめました

▼ あと戻りし~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] たりする, てある, てきり, てそこら, ても沖, て事, て君, て土間, て生きられる, て私, て逃げ, やがて場末, 物情は

▼ あと次郎~ (15, 0.1%)

2 は何

1 [13件] からの報告, に今朝, に眼, に言った, のほう, の心, の頭, の顔, はすぐ, はまるで, はもう, は絵はがき, は荒らされきった

▼ あと自分~ (15, 0.1%)

3 の家 2 の部屋 1 だけがすぐ, で調査員, にのこされた, の, のこと, の上がる, の手番, はひとり悠々, は二人, も入浴

▼ あとからの~ (14, 0.0%)

2 ことである

1 [12件] ことだった, つそり, ぼつた, ものだ, 一群れ, 三人づれは, 前世の, 噂に, 彼等の, 涙が, 発見で, 追っ手と

▼ あとしざり~ (14, 0.0%)

5 をし 1 に, になっ, に勝手口, に室, の練習, をしはじめました, をします, をする, を始めた

▼ あとその~ (14, 0.0%)

2 日の

1 [12件] ことを, どちらも, へんの, 二つの, 値段で, 夜遲くまで, 女は, 家の, 尸を, 広告の, 漁村から, 雑誌を

▼ あとであった~ (14, 0.0%)

1 [14件] からすこし, からその後, からまだ, から人気, から大仰, から縁側, から花, か一面, がほんの, にかかわらず, のか, のが, のでこの, 人には

▼ あと半分~ (14, 0.0%)

2

1 [12件] というところ, のお金, の買い手, はいま紅閨, はくるしい, はこれ, はなるべく, はふい, は土, もない, をのみこん, をウィルメット

▼ あと回し~ (14, 0.0%)

7 にし 2 にする 1 だ, としてまず, にされ, にした, にしなかったら

▼ あと~ (14, 0.0%)

1 [14件] が心, に向っ, はかなり, はしきりに, ははじめて, はベッド, は他, は全く, は手, は春子, は熱海銀座, は膳, は落ちつき, も自分

▼ あと~ (13, 0.0%)

3 まつを 2 まつの, まつは, まつも 1 まつ, まつが, まつなら, まひを

▼ あとじゃ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありませんか, いけないでしょうか, いけませんかね, ござんせんかい, ごわせんか, なんだって, もうしようが, やっぱり張もの, 人間誰しも, 川へ, 月も, 武男さんの, 社長室へ

▼ あとらしい~ (13, 0.0%)

2 ものが

1 [11件] うめのはな, しこの, し僕, すがすがしさ, と思つたの, ものも, ものを, 三つ指ついた, 所である, 柵が, 蕗の

▼ あとらしく~ (13, 0.0%)

1 [13件] うすよごれた, その四辺, ちゃぶ台の, ぽうっと眼, もなく, も思はれます, 二抱えも, 婦人客も, 安心しきっ, 柔かくふくらん, 秋の, 表面が, 頬が

▼ あと三人~ (13, 0.0%)

2 はみな

1 [11件] いる筈, がいきなり, が家, が老人, でこの, で三直, の武士, の行く, は半歳, ばかりの印度人, ばかりの船員

▼ あと片付け~ (13, 0.0%)

4 をし 2 をする 1 それから家, にまいりましたら, も終わっ, を云いつけ, を命じ, を命ぜられ, を默

▼ あとこの~ (12, 0.0%)

1 [12件] あたりに, ことについては, 二つの, 名血族, 子房は, 構内では, 牧草を, 甘っぽい饅頭, 窓あき, 素朴で, 自分は, 若い尼

▼ あとわずか~ (12, 0.0%)

2 のところ 1 だと, で調印式, と試合場, な努力, な日数, に思われます, のうち, 一週間しか, 三刻, 五十哩という

▼ あと半年~ (12, 0.0%)

2 か一年, ほど経つ 1 ぐらいで, はかかるだろう, はつづくだろう, は仕事, ほどし, ほど安泰, もやつ, を待たないだろう

▼ あと押し~ (12, 0.0%)

4 をし 1 で蒋介石政府, で近く国老, のもと, をした, をしなけれ, をしました, をつけ, をやめました

▼ あとあし~ (11, 0.0%)

2 で砂, で立ちあがっ 1 がいっ, で水, で立ち上った, で立っ, をいっ, をぽ, をむにゃむにゃ

▼ あとなど~ (11, 0.0%)

1 [11件] だと, ついて, どことなく遠い, まったくない, 一層さうである, 劬って, 母と, 濃い武者, 見えない油, 見るに, 首を

▼ あとに従って~ (11, 0.0%)

1 [11件] そこの, その居室, それと, 仏間に, 村の, 自分を, 蔵の, 藤吉郎は, 部屋に, 長い廊下, 門内に

▼ あと三時間~ (11, 0.0%)

1 [11件] ぐらいで, したらカフエ・リツツ, たてば, で着陸, の自由行動, は私, ばかり彼, ほどすれ, ほどのしんぼう, もあれ, もたつたら

▼ あと十五分~ (11, 0.0%)

1 [11件] か二十分, ぐらいで百年後, ですか, ですよ, でその, でもと, で本船, で金博士, と云, ばかりで, よ登志さん

▼ あとつぎ~ (10, 0.0%)

1 が出来た, である松篁, にする, にはなれません, の子, の子ども, の者, をあらそった, をする, を廃嫡

▼ あとつけ~ (10, 0.0%)

2 て子 1 てわたし, て来, て詣でる, て郵便, というの, なむ土足, にも見える, よく笑った

▼ あと二つ~ (10, 0.0%)

1 しか残っ, だ, のストーブ, の千両箱, の千兩箱, はどう, はまるで, は物語, ばかり口, 残ってるじゃあ

▼ あと五日~ (10, 0.0%)

4 しかない 1 あらあ, かチェッ, で来月, は番外, まで非番, もある

▼ あと六日~ (10, 0.0%)

2 しかありません, だ 1 あると, すぎて, だよ, といふ, と半日, の滞在

▼ あと四日~ (10, 0.0%)

1 あること, か, しかなかっ, っていう意味, ののち, の余裕, はアルバイト, や五日, 見張って, 見張つて

▼ あと幾日~ (10, 0.0%)

3 もない 1 でございます, とせまっ, のこと, の糧, の辛抱, の道のり, もたつ

▼ あと~ (10, 0.0%)

2 もない 1 づけを, なく飛び散った, もありません, もなかっ, もなく, もなくなった, も無い, も無く

▼ あと~ (10, 0.0%)

1 にお針, にまじめ, に一天, に口, に様子, に気まり, に烈しく, に生籬, に眼, に身

▼ あとみたい~ (9, 0.0%)

2 に静か 1 だなあ, なもの, な耕地, にし, に思つて, に濡れ, に頭

▼ あと一人~ (9, 0.0%)

1 だけ収容, でぶらぶら, でライスカレー, で生き, で終る, で長持, になった, よそれ, 残った人殺し

▼ あと一分~ (9, 0.0%)

21 しかない, だが, だけをお, です, で九時, の不自由, は私

▼ あと一刻~ (9, 0.0%)

2 で暮れます, の命, もあるまい 1 しかない, に足らない, 経たないうち

▼ あと三年~ (9, 0.0%)

2 待つが 1 いるべき学校, で年期, と思ってる, は生き, もこの, ももつまい, も生き

▼ あと四五日~ (9, 0.0%)

1 しないと, すると, すれば, で出来上る, で東京, の土曜, はかかるであろう, は日数, 経って

▼ あと~ (9, 0.0%)

3 ふて三途の川 1 かけて, ひこむ, ひまわす, ふべき力, へど, 蒐けて

▼ あと退り~ (9, 0.0%)

3 をし 2 をしました 1 に奥, に跳返つた, に退る, をした

▼ あとさえ~ (8, 0.0%)

2 ありません 1 ついて, ない児, なかった, 見あたらないの, 見えなかった, 見える

▼ あとしざりし~ (8, 0.0%)

1 たり再び, ていく, ていった, てソファ, て帰っ, ながらおん, ながら口々, ながら顔

▼ あとそれ~ (8, 0.0%)

1 から淡い, でわたし, につづい, までの際物問屋, まで下女, よりももッ, を踏ん, を隠そう

▼ あとたった~ (8, 0.0%)

1 一つだ, 一刻だ, 一枚の, 七時間しか, 二三時間という, 二十二フラン足りない, 二軒それが, 五分だ

▼ あとだけに~ (8, 0.0%)

1 一層つよく, 冷たいナ, 尚更冴え冴え, 暑さ, 朝勤め夕勤めの, 気が, 空は, 肩先深く

▼ あとでした~ (8, 0.0%)

1 から退屈男, がね, が丁度, けれどすべて, けれどもうららかな日, し第, よ, 臨終の

▼ あとという~ (8, 0.0%)

3 ものは 1 ことを, それも, のが, 一むらの, 感じであった

▼ あとに従い~ (8, 0.0%)

1 その跡, ほほえんで, また半兵衛重治, 右から, 各大通り, 無言で, 自分たちに, 魅せられてる見物人

▼ あとばかり~ (8, 0.0%)

1 くっついて, したって, だ, 追いかけて, 追いかけるよう, 追っかけて, 追っ馳, 追つて

▼ あともどりし~ (8, 0.0%)

1 たりする, てくる, てぐるっと, てその, てはならない, てパッ, て井上君, て研究室

▼ あと~ (8, 0.0%)

2 と丁場 1 と押しだ, と月, と月はか, と棧, と衝き, 踏んばりです

▼ あと一月~ (8, 0.0%)

1 か二月, たらずで世の中, で十月, とは生き, ほど経っ, もしない, もすれ, を越す

▼ あと伸子~ (8, 0.0%)

1 がいい出した, と素子, のなか, はしばらく, はその, はよく, は心理的, は自分

▼ あと~ (8, 0.0%)

3 もなく 2 もなくなっ 1 もなき, もねえ, も分らなくなった

▼ あといつ~ (7, 0.0%)

1 そ郷里で, て立上り, になく, までもあんた, までもいつ, までも続く, までも蹄

▼ あとかれ~ (7, 0.0%)

1 がふたたび, に応待, の眸, はここ, はその, はほか, は窓

▼ あとだらけ~ (7, 0.0%)

2 になっ 1 だ, である, でかえって, な例, の腕

▼ あとであり~ (7, 0.0%)

2 変な 1 三百諸侯を, 向うの, 日本全国の, 江北殿は, 順位戦に

▼ あとなく~ (7, 0.0%)

1 て, 亡ぶべし, 成りぬ疵, 消えて, 消れ, 煙の, 若葉なつかしき

▼ あとやっと~ (7, 0.0%)

1 においを, 一二歩足を, 一月この, 思いきったよう, 由己を, 自分の, 食卓の

▼ あと一つ~ (7, 0.0%)

1 たのんで, だけ聞きたい, という男ざかり, のまとまり, の卵, は, 見あたりませんでした

▼ あと二年~ (7, 0.0%)

1 ある, だけ蜷川, ですから, で女学校, のあ, の月日, はゐる

▼ あと二時間~ (7, 0.0%)

1 ぐらいグッ, だが, にて暁, の後, もする, もすれ, を本

▼ あと二週間~ (7, 0.0%)

1 で火星, の安静, の後, ほどで書いた, もしたら眺められる, も此処, も通え

▼ あと~ (7, 0.0%)

2 刻で 1 世紀も, 刻ぐらい, 刻ばかり, 周りで, 里か

▼ あと半月~ (7, 0.0%)

1 か三十日, たらずだったから, でパリ, で二十四, ばかり後, も居りましょう, を支える

▼ あと少し~ (7, 0.0%)

1 おちついてから, からだ, だ読んで, てれたよう, でも間, ばかりの駄菓子, 研究し

▼ あと数日~ (7, 0.0%)

1 して, で崩壊, で日本, の間, は梁山泊軍, を出, を出ない

▼ あと暫く~ (7, 0.0%)

2 鐘を 1 のあ, の間, は寄り着こう, 宣教師館を, 抱いて

▼ あとあの~ (6, 0.0%)

1 あやしい空中飛行, はしの, サッカリン特有の, 事件発覚後までは, 窓の, 藤の木は

▼ あと~ (6, 0.0%)

1 たくましく笑い合っ, なんかで, へす, れの, 何か, 知らん

▼ あとずっと~ (6, 0.0%)

1 その列, ついて, 出外れまで, 担ぎ呉服, 点くの, 留守番を

▼ あとそこ~ (6, 0.0%)

1 から両国, から大きな, で自殺, にほのめく, の家, へ行っ

▼ あとちょっと~ (6, 0.0%)

2 買物を 1 こんなこと, で框, 森閑と, 言葉が

▼ あとでと~ (6, 0.0%)

1 いうよりも, つても, 云ったが, 思うであろうが, 思って, 申しましても

▼ あとでなけれ~ (6, 0.0%)

1 ばいい, ばそれら, ばと思つて, ばならぬ, ば国境, ば恋愛

▼ あととは~ (6, 0.0%)

2 云へ 1 こ, ひどく違う, 云え米作地, 思われないじゃ

▼ あとなき~ (6, 0.0%)

1 ものを, ゆめの, 原始林も, 言なり, 雲に, 風も

▼ あとまもなく~ (6, 0.0%)

1 その, やって来た, 新らしい, 栄二は, 死んだという, 皇位の

▼ あとみんな~ (6, 0.0%)

1 あんたの, がすっかり, ちがう, の顔, を見まわし, 勝って

▼ あと三四日~ (6, 0.0%)

1 で, でお, という蕾, になつた町, は服用, は間

▼ あと~ (6, 0.0%)

1 と静子, の石盤, はいや, はかね, は一人, は断じて

▼ あと十年~ (6, 0.0%)

1 つとめれば, という長い, は遊ぶ, も経っ, も経つ, 生きたところ

▼ あと半日~ (6, 0.0%)

1 か今日じゅう, しかない, のお, の彼方, の間, も疑問

▼ あと四人~ (6, 0.0%)

1 で自分, の召使い, の子供, は本道, は男二人, を殺した

▼ あと~ (6, 0.0%)

1 いろまで, がかかる, が出ず, をあげる, を出さず, を立て

▼ あと~ (6, 0.0%)

1 が欲しい, というよう, として大阪, に坐, に座った, を狙っ

▼ あとくされ~ (5, 0.0%)

2 がありません 1 がなく, と紛議, のない

▼ あとだけが~ (5, 0.0%)

1 いやに, くっついて, たいまつの, 秋が, 骨灰の

▼ あとといふ~ (5, 0.0%)

3 ものは 1 ことを, ものには

▼ あととも~ (5, 0.0%)

1 いふべき山, すこしちがう, 何とも知れぬ黒ずんだ, 思えないよう, 思われる峰

▼ あとなんか~ (5, 0.0%)

1 ちっとも構う, つけたくせ, 一つも, 旦那さんと, 追廻したが

▼ あとにおいて~ (5, 0.0%)

1 すぐ消え去った, 人類に, 利家は, 実際彼ら, 海の

▼ あとひとり~ (5, 0.0%)

1 そんなこと, でか, でにがい, 居残って, 引っ返して

▼ あと~ (5, 0.0%)

4 はしに 1 わしだろう

▼ あとまでは~ (5, 0.0%)

3 唯関と 1 つれが, 唯關

▼ あともどりする~ (5, 0.0%)

1 か少なくとも, のかと, ほうが, より笑い, んだ

▼ あとをと~ (5, 0.0%)

1 いうに, いふに, ぶろうて, 行くこと, 言いたいよう

▼ あと二分~ (5, 0.0%)

1 しかない, したら僕, たてば, ですから, で爆弾

▼ あと二十分~ (5, 0.0%)

1 しかない, です, では, とはもたない, ばかりだった

▼ あと五六日~ (5, 0.0%)

1 しかなくなっ, で四月ぢ, で書きあがる, なの, 稼がせて

▼ あと五分間~ (5, 0.0%)

1 おくれたなら清ちやん, しか待てない, といふ時, もすれ, もてば

▼ あと僅か~ (5, 0.0%)

1 しか残らなかった, だから, でおしまい, で仕事, な日数

▼ あと~ (5, 0.0%)

1 なる欠伸, へばり, 事業の, 振舞と, 部分が

▼ あと幾人~ (5, 0.0%)

2 かは生死 1 おるか, でも見せ, もの幼い

▼ あと朝倉先生~ (5, 0.0%)

1 の横, の言葉, の近く, はしんみり, をたずねた

▼ あと~ (5, 0.0%)

4 附けを 1 附けまでが

▼ あと見送っ~ (5, 0.0%)

1 て, ていた, てから宋江, て三名, て含み笑い

▼ あと見送り~ (5, 0.0%)

2 て政岡 1 ながら主人中将, ながら言っ, の人たち

▼ あと~ (5, 0.0%)

3 ひながら 1 ひ其子孫, ふことは

▼ あといかにも~ (4, 0.0%)

1 やむを得ないといった, 感慨深そう, 美しい夜, 静かな

▼ あといろいろ~ (4, 0.0%)

1 あって, たぐりよせるの, と工夫, な目

▼ あとかたなく~ (4, 0.0%)

1 ひらにうち, 敗北の, 泥のみ, 草が

▼ あとからに~ (4, 0.0%)

1 いたします, して, しようそう, するか

▼ あと~ (4, 0.0%)

1 ぶちゃん, へす, へついて行け, へ取

▼ あとさらに~ (4, 0.0%)

1 あの悠容, 夜間の, 禅門各, 第一次五カ年計画

▼ あとであっ~ (4, 0.0%)

1 てくれれ, てその, て彼女, て決して

▼ あとできいたら~ (4, 0.0%)

1 大てい二円OK, 此の, 福島旅館なる, 菊田一夫見物し

▼ あととか~ (4, 0.0%)

1 であるが, でそりゃあ, ひまの, 悲しいたより

▼ あとどの~ (4, 0.0%)

1 くらいです, くらいガンたち, くらい眠った, 位つづい

▼ あとなどに~ (4, 0.0%)

2 折々あゝ 1 つい佇んでしまつ, 見ら

▼ あとなどは~ (4, 0.0%)

1 どこにも, どんなに透かし, ない, まるでゆう

▼ あとなに~ (4, 0.0%)

1 かに引っぱられる, が残る, くわぬ顔, も云わず

▼ あとなら~ (4, 0.0%)

1 ば大抵, 何が, 棚のを, 誰も

▼ あとなる~ (4, 0.0%)

1 は伯母上, 人々を, 児, 呉氏が

▼ あとについては~ (4, 0.0%)

1 いって, いりたい気持ち, 光秀討伐の, 来なかった

▼ あとにでも~ (4, 0.0%)

2 あたりの 1 ついて, ひょッ

▼ あとほんの~ (4, 0.0%)

1 すこしの, 三つ四つ聞い, 少しです, 数秒後の

▼ あとぼく~ (4, 0.0%)

1 がツウリスト・ケビン, は, はかなり, は独り

▼ あとよく~ (4, 0.0%)

1 これほどに, なかったの, 自分で, 蓋を

▼ あとカムパネルラ~ (4, 0.0%)

4 が見えない

▼ あとシーン~ (4, 0.0%)

2 となる 1 とした, として何

▼ あと一二年~ (4, 0.0%)

2 だなと 1 で版權, は長生き出來

▼ あと三十秒~ (4, 0.0%)

1 だ, です, ほどにせまった, もすれ

▼ あと三週間~ (4, 0.0%)

1 でみんな, に迫った, もし, もすれ

▼ あと二三時間~ (4, 0.0%)

1 たてば, のうち, もすれ, を実によく

▼ あと二十四時間後~ (4, 0.0%)

1 ですか, には生きのこった, に崩壊, の出来事

▼ あと二十日~ (4, 0.0%)

2 ばかりで 1 ばかり立て続け, ほどになった

▼ あと二月~ (4, 0.0%)

1 ぐらいで任, でどうか, とは保たない, も三月

▼ あと今度~ (4, 0.0%)

2 は次郎 1 は作文用紙, は扇歌

▼ あと何日~ (4, 0.0%)

1 あるの, かでダメ, ぐらいで噴火, で加賀

▼ あと先生~ (4, 0.0%)

1 に導かれ, の唇, の声, はひょいと

▼ あと八時~ (4, 0.0%)

1 から正午, か九時頃, のお, の夜

▼ あと四時間~ (4, 0.0%)

1 となった, ばかり下っ, やれば, を余す

▼ あと彼女~ (4, 0.0%)

1 が梅壺, は其処, は再び, は長襦袢姿

▼ あと~ (4, 0.0%)

1 だから, だったかね, のある, の半ば

▼ あと~ (4, 0.0%)

1 の眼尻, の薬, はしみじみ, は泣き出し

▼ あと片づけし~ (4, 0.0%)

1 ていたら, ている, ておけ, てしまったら

▼ あと独り~ (4, 0.0%)

2 で酒 1 でやけ酒, 残って

▼ あと直ぐ~ (4, 0.0%)

1 に大層, に故郷, に行方, むやみに

▼ あと継ぎ~ (4, 0.0%)

1 がない, におなり, の松篁, を生む

▼ あと腐れ~ (4, 0.0%)

3 のない 1 もなかろ

▼ あと西山教頭~ (4, 0.0%)

1 が, と顔, の姿, はひとり

▼ あと~ (4, 0.0%)

1 と雜談, にほろ酔い, を飲ん, 造る父祖

▼ あと~ (4, 0.0%)

1 の十四両, の四両一分の工面, は引きかえ, を出し渋っ

▼ あとあじ~ (3, 0.0%)

2 の悪い 1 だった

▼ あとあなた~ (3, 0.0%)

1 のよう, は眉根, は誰

▼ あとおし~ (3, 0.0%)

1 をされ, をします, を手伝

▼ あとかに~ (3, 0.0%)

1 何か, 湯の, 潮の

▼ あとここ~ (3, 0.0%)

1 でもたくさん, の家, の農民たち

▼ あとこれ~ (3, 0.0%)

1 がもし本当に, だけ, も日本

▼ あとさえも~ (3, 0.0%)

1 ない, のこっては, 見付からない

▼ あとさがり~ (3, 0.0%)

2 に玄関 1 に側

▼ あとじゃあ~ (3, 0.0%)

1 おさよさん, 命脈が, 毒だ

▼ あとすこし~ (3, 0.0%)

1 でお, ばかりです, ウリヤーノフの

▼ あとすざり~ (3, 0.0%)

2 をしました 1 ながらふたたび

▼ あとすっかり~ (3, 0.0%)

1 はやらなくなって, 元気を, 我々との

▼ あとすなわち~ (3, 0.0%)

1 十五日から, 西紀前およそ, 飛跡を

▼ あとそう~ (3, 0.0%)

1 じが, と口, 言って

▼ あとそのまま~ (3, 0.0%)

1 の姿, の掘, 宿直に

▼ あと~ (3, 0.0%)

2 恋しき 1 遙か

▼ あとだったら~ (3, 0.0%)

1 おあと, これが, 屋台に

▼ あとだつた~ (3, 0.0%)

1 か春葉, ので三人, ので私

▼ あとだろう~ (3, 0.0%)

1 という, と思う, 厚い皮下脂肪

▼ あとちょうど~ (3, 0.0%)

1 一年たて, 今しがたの, 百年めに

▼ あとつまり~ (3, 0.0%)

1 最近の, 武右衛門が, 責任ある

▼ あととり息子~ (3, 0.0%)

1 が戦死, たるまだ, としての和一郎

▼ あとどうしても~ (3, 0.0%)

1 ある男, うまくいかない, 一二台ほしい

▼ あとどんな~ (3, 0.0%)

1 事に, 嵐が, 風に

▼ あとなお~ (3, 0.0%)

1 かなり長い, 暫く伸子, 荒涼の

▼ あとなどが~ (3, 0.0%)

2 出て 1 いつも私

▼ あとなどには~ (3, 0.0%)

1 フョードル・パーヴロヴィッチの, 庭の, 茶の

▼ あとなにか~ (3, 0.0%)

1 ひと言た, 聞いて, 起るぞ

▼ あとにしか~ (3, 0.0%)

1 しちゃんと, やってこない, よく見よう

▼ あとにばかり~ (3, 0.0%)

2 ついて 1 出るわけ

▼ あとねだり~ (3, 0.0%)

1 をする, をするだろう, をなさらないなら

▼ あとはずつと~ (3, 0.0%)

1 あの人, 平らだ, 音響が

▼ あとまるで~ (3, 0.0%)

1 その風, 商談の, 私だけが

▼ あとわざと~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 演者自身小首を

▼ あとわたくし~ (3, 0.0%)

1 が退屈, はその, は卒業

▼ あと一ヶ月~ (3, 0.0%)

1 ぐらいで, ぐらい入院, に近づい

▼ あと一二枚~ (3, 0.0%)

1 で終り, ほしいと, 落ちると

▼ あと一寸~ (3, 0.0%)

1 で框, 聞えなかった, 行ったが

▼ あと一息~ (3, 0.0%)

2 である 1 だと

▼ あと七日~ (3, 0.0%)

1 しかない, だぜ, もある

▼ あと三冊~ (3, 0.0%)

1 で完了, の兄弟, の印税

▼ あと三分~ (3, 0.0%)

1 が憲政会, で爆発, 待ちましよう

▼ あと三十年~ (3, 0.0%)

1 ですね, は大丈夫ダ, もしたら

▼ あと二三分~ (3, 0.0%)

1 で一千五百噸, で本船, のうち

▼ あと二十回~ (3, 0.0%)

2 でまとめる 1 ぐらいで一応

▼ あと二回~ (3, 0.0%)

1 で終る, として来年一月, の時

▼ あと五年~ (3, 0.0%)

1 か十年, はどうしても, もしない

▼ あと五時間~ (3, 0.0%)

1 です, のうち, もする

▼ あと何年~ (3, 0.0%)

1 たったら何と, ですむ, 経てば

▼ あと何里~ (3, 0.0%)

1 ぐらいあります, ぐらいある, ほど

▼ あと俊亮~ (3, 0.0%)

1 が口, とお祖母さん, と竜一

▼ あと凄し~ (3, 0.0%)

2 朝の 1 秋の

▼ あと十分間~ (3, 0.0%)

1 に登山, に総員, の我慢

▼ あと取り~ (3, 0.0%)

1 がいないで, になれる, になろう

▼ あと叫ぶ~ (3, 0.0%)

2 声す 1 ような

▼ あと四五分~ (3, 0.0%)

1 で沈みます, となった, のうち

▼ あと四本~ (3, 0.0%)

2 しか呑めぬ 1 だけを折る

▼ あと夫人~ (3, 0.0%)

1 が何度, と二人きり, をふりかえり

▼ あと~ (3, 0.0%)

1 では原信子, の区別, は二度と

▼ あと~ (3, 0.0%)

1 にじっと, に居た, へ帰る

▼ あと~ (3, 0.0%)

1 に迫つて來, をきめ, を亂

▼ あと~ (3, 0.0%)

2 を二冊 1 を見

▼ あと~ (3, 0.0%)

1 ちゃ気, 合わせた蒲生泰軒, 合わせて

▼ あと~ (3, 0.0%)

1 から一応, に死別, のため

▼ あと百キロ~ (3, 0.0%)

1 ぐらい宇宙, ですか, ばかり間

▼ あと百日~ (3, 0.0%)

1 すでに手, を出, 保てば

▼ あと~ (3, 0.0%)

2 をつぎ 1 をつがせ

▼ あと短い~ (3, 0.0%)

1 のいくつかと, 吐息を, 雨の

▼ あと~ (3, 0.0%)

1 づきの, で砂, を揃え

▼ あと葉子~ (3, 0.0%)

1 が云った, は全然, は前

▼ あと~ (3, 0.0%)

1 てえだ, にいつか, もやらず

▼ あと~ (3, 0.0%)

1 がいっこう, はその, は主として

▼ あと責任~ (3, 0.0%)

2 もってやれ 1 もてる

▼ あと追いかけ~ (3, 0.0%)

1 ていった, て来た, て飛び出し

▼ あと~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 もない

▼ あと青い~ (3, 0.0%)

1 お歯黒つけた, 嫌味の, 芝生も

▼ あとある~ (2, 0.0%)

1 たそがれの, 人に

▼ あといくばく~ (2, 0.0%)

1 もない短い, もなし

▼ あといつたい~ (2, 0.0%)

2 どうする

▼ あといつも~ (2, 0.0%)

1 の朝, の顔ぶれ

▼ あといま~ (2, 0.0%)

1 の若い, はただ

▼ あといよいよ~ (2, 0.0%)

1 仕事に, 肺結核の

▼ あとおまえ~ (2, 0.0%)

1 から言う, の家

▼ あとかと~ (2, 0.0%)

1 おもうと, 思うと

▼ あとかは~ (2, 0.0%)

1 わからぬが, 考えたこと

▼ あとかも~ (2, 0.0%)

1 しれない, しれぬテ

▼ あとからい~ (2, 0.0%)

1 らしたモリナーレ, らしって

▼ あときゅう~ (2, 0.0%)

1 にしずか, に親し

▼ あときょう~ (2, 0.0%)

1 がはじめて, もバチバチ遠く

▼ あとくされなく~ (2, 0.0%)

1 あっちこっち身軽に, あつちこつち

▼ あとこそ~ (2, 0.0%)

1 あはれなれ, なけれ

▼ あとこっち~ (2, 0.0%)

1 できい, も一杯機嫌

▼ あとざっと~ (2, 0.0%)

1 一月も, 掃除し

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 ざって合図に, だりした

▼ あとせめて~ (2, 0.0%)

1 三年か, 十年

▼ あとそちら~ (2, 0.0%)

1 で断ったら, とは家

▼ あとたち~ (2, 0.0%)

2

▼ あとため息~ (2, 0.0%)

2 をつい

▼ あとだって~ (2, 0.0%)

1 昨夜は, 買えるの

▼ あとだの~ (2, 0.0%)

1 大毛島の, 芭蕉翁の

▼ あとだんだん~ (2, 0.0%)

1 いけなくなる, 痛んで

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 やお, やこん夜

▼ あとつづけ~ (2, 0.0%)

1 てここ, てまた

▼ あとであろう~ (2, 0.0%)

1 とは, 煙の

▼ あとでつ~ (2, 0.0%)

2 るりや

▼ あとでのみ~ (2, 0.0%)

2 漸く自分

▼ あととて~ (2, 0.0%)

1 何分世話, 関西方面での

▼ あとどれ~ (2, 0.0%)

1 くらい歩け, だけいる

▼ あとなき儚な~ (2, 0.0%)

2 さよ

▼ あとなし~ (2, 0.0%)

1 ごとを, 人と

▼ あとなどでは~ (2, 0.0%)

1 それが, 子供の

▼ あとにこそ~ (2, 0.0%)

1 スリルと, 来る

▼ あとにつき~ (2, 0.0%)

1 従いやがて, 従って

▼ あとにては~ (2, 0.0%)

2 姫たちメエルハイムが

▼ あとのに~ (2, 0.0%)

1 いきなりまた, 何という

▼ あとはじめて~ (2, 0.0%)

1 の聖餐式, 白鳥会が

▼ あとはと~ (2, 0.0%)

1 思って, 思つてゐる

▼ あとばっかり~ (2, 0.0%)

1 きまったもん, つきたがるの

▼ あとひる~ (2, 0.0%)

2 めしを

▼ あとぺこんと頭~ (2, 0.0%)

2 を下げ

▼ あとほどの~ (2, 0.0%)

1 人恋しさ, 地をでも

▼ あとまわしで~ (2, 0.0%)

2 いい

▼ あともどりした~ (2, 0.0%)

1 のだ, 自然主義と

▼ あともの~ (2, 0.0%)

2 の一町

▼ あとやさき~ (2, 0.0%)

1 人目を, 飽かぬ別れ

▼ あとゆえ~ (2, 0.0%)

1 ことに秋, 御相談

▼ あとよくせき~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ あとわたし~ (2, 0.0%)

1 はその, は障子

▼ あとんで~ (2, 0.0%)

2 ゐるとき

▼ あとセエラ~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, はテエブル

▼ あとチョイ~ (2, 0.0%)

2 とシーン

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 よふし, 又つぎニ申

▼ あと一カ月~ (2, 0.0%)

1 もた, をかろうじて

▼ あと一ヵ月~ (2, 0.0%)

1 いられるかい, ぐらい静養

▼ あと一両日~ (2, 0.0%)

1 だろうとの, で囲い

▼ あと一作ごと~ (2, 0.0%)

2 にますます

▼ あと一分間~ (2, 0.0%)

1 ですね, ばかりで

▼ あと一年位~ (2, 0.0%)

2 は生きのびる

▼ あと一時間半~ (2, 0.0%)

1 ばかりあった, を疲れ

▼ あと一本~ (2, 0.0%)

1 だ, だ念仏

▼ あと一歩~ (2, 0.0%)

1 です, の肉薄

▼ あと一発~ (2, 0.0%)

2 ねぼけ声

▼ あと一簣~ (2, 0.0%)

2 というところ

▼ あと一週間位~ (2, 0.0%)

2 したらと

▼ あと一階~ (2, 0.0%)

1 だ, で窓

▼ あと七人~ (2, 0.0%)

2 はあぶれる

▼ あと七八日~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ あと万一~ (2, 0.0%)

1 お城, 犯人が

▼ あと三つ~ (2, 0.0%)

1 だけは同じ, で百

▼ あと三カ月~ (2, 0.0%)

1 しかない, は夏休み

▼ あと三十日~ (2, 0.0%)

1 が四十日, ぐらい生存

▼ あと三台~ (2, 0.0%)

1 の敵艇, はさっき

▼ あと三月~ (2, 0.0%)

1 だから, 待つて

▼ あと三枚~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ あと三百年~ (2, 0.0%)

1 よい行い, よい行いのち

▼ あと九日~ (2, 0.0%)

2 しかない

▼ あと~ (2, 0.0%)

2 た月

▼ あと二ヶ所~ (2, 0.0%)

1 だ, の約束

▼ あと二三年~ (2, 0.0%)

1 だ, もすり

▼ あと二十五分~ (2, 0.0%)

1 でも危いさかい, でバス

▼ あと二十名~ (2, 0.0%)

1 は使い, ばかりのもの

▼ あと二十四時間~ (2, 0.0%)

1 でふたたび, はもつまい

▼ あと二十年~ (2, 0.0%)

1 もすれ, もつか

▼ あと二十秒~ (2, 0.0%)

1 です, でエンジン

▼ あと二度~ (2, 0.0%)

1 だけお手数, までも近在

▼ あと二枚~ (2, 0.0%)

1 あって, の音盤

▼ あと二里足らず~ (2, 0.0%)

2 行けば

▼ あと二階~ (2, 0.0%)

1 で荷物ごしら, にねころん

▼ あと~ (2, 0.0%)

2 ひながら

▼ あと云う~ (2, 0.0%)

1 のは, 音が

▼ あと五ツ~ (2, 0.0%)

2 の駄菓子

▼ あと五人~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ あと五六町~ (2, 0.0%)

1 というところ, といふところ

▼ あと五六行~ (2, 0.0%)

2

▼ あと五分足らず~ (2, 0.0%)

1 でこの, の間

▼ あと五十銭玉一ツ~ (2, 0.0%)

2 の財布

▼ あと五本~ (2, 0.0%)

1 だ, だという

▼ あと五週間~ (2, 0.0%)

1 ののち, の余裕

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 いかに, 松は

▼ あと仕事~ (2, 0.0%)

1 が出来ない, にかかり

▼ あと何人~ (2, 0.0%)

1 書きつけて, 残って

▼ あと何分~ (2, 0.0%)

1 か経つ, もかかりません

▼ あと何十年~ (2, 0.0%)

1 かかるか, か経っ

▼ あと何年間~ (2, 0.0%)

1 かそいつら, かつまらぬ

▼ あと何時間~ (2, 0.0%)

1 かすれ, もない

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 はいつもこう, は波子

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 が福島, の忠宗

▼ あと全部~ (2, 0.0%)

1 がこの, を私

▼ あと八つ~ (2, 0.0%)

1 こしらえなければ, の爆発

▼ あと八十日~ (2, 0.0%)

1 か, に詰っ

▼ あと八日~ (2, 0.0%)

1 しかない, はここ

▼ あと八銭~ (2, 0.0%)

1 しかない, しか金

▼ あと初子~ (2, 0.0%)

2 がひとり台所

▼ あと別に~ (2, 0.0%)

1 嬉しそう, 誰も

▼ あと十両~ (2, 0.0%)

1 しかのこん, という時

▼ あと十五分位~ (2, 0.0%)

1 か, したら到着

▼ あと十余日~ (2, 0.0%)

1 くらいになっ, しかつづかない

▼ あと十円~ (2, 0.0%)

1 お石, といくらか

▼ あと十分後~ (2, 0.0%)

1 の予定, を期し

▼ あと十歩平次~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ あと半数~ (2, 0.0%)

1 ほどに残され, ほどは雑多

▼ あと半身~ (2, 0.0%)

1 はわざと, は咲枝

▼ あと友人たち~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ あと叫ん~ (2, 0.0%)

1 で両, で牙

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 が引き請ける, はどう

▼ あと呼吸~ (2, 0.0%)

2 を計っ

▼ あと咽喉~ (2, 0.0%)

2 へ通らなかった

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 へば麥, もなく

▼ あと善く~ (2, 0.0%)

2 なる人

▼ あと喚き~ (2, 0.0%)

2 頭に

▼ あと四つ~ (2, 0.0%)

1 の宿場, の数

▼ あと四分~ (2, 0.0%)

1 です, ばかり

▼ あと四十分~ (2, 0.0%)

1 ぐらいしかない, ばかりであります

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 な音, に言葉

▼ あと多く~ (2, 0.0%)

1 もいわず, 残る並木原

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 と二人, に対して絶対

▼ あと~ (2, 0.0%)

2 とうまく

▼ あと子供~ (2, 0.0%)

1 が死ん, をりっぱ

▼ あと安心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 のある, の名指し

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 にいったん, は長く

▼ あと寄進~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 ツルは, 一時間待つ

▼ あと小倉~ (2, 0.0%)

1 と田代, はその

▼ あと少く~ (2, 0.0%)

1 ともロシア, とも七八年

▼ あと山ねこ拝~ (2, 0.0%)

1 というはがき, といふはがき

▼ あと帰り~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ あと幾夜~ (2, 0.0%)

1 もない, を

▼ あと幾年~ (2, 0.0%)

1 もない, 生きられようか

▼ あと廻わし~ (2, 0.0%)

1 だ, にし

▼ あと彼ら~ (2, 0.0%)

1 が何, は玉

▼ あと必ず~ (2, 0.0%)

1 大暴風雨, 慰めの

▼ あと急い~ (2, 0.0%)

1 で, で手

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 をひい, をひいては

▼ あと感心~ (2, 0.0%)

2 するの

▼ あと慰労会~ (2, 0.0%)

1 がある, をかならず

▼ あと戻りする~ (2, 0.0%)

1 ことの, 場合では

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 が閉じ, をしめ

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 が震え, を動かし

▼ あと数分~ (2, 0.0%)

1 で顔, ののち

▼ あと数時間~ (2, 0.0%)

1 で主人もろ, もしくは一二時間

▼ あと新しい~ (2, 0.0%)

1 もの一つなり, 命が

▼ あと日本~ (2, 0.0%)

1 の社会生活, へかえった

▼ あと暗く~ (2, 0.0%)

1 なって, なってからの

▼ あと書きつづける~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ あと最後~ (2, 0.0%)

1 に自国, の蒸し

▼ あと未だ~ (2, 0.0%)

1 三時間ある, 隅の

▼ あと栄二~ (2, 0.0%)

1 がその, は役所詰元締同心

▼ あと栄介~ (2, 0.0%)

1 は城介, は母親

▼ あと正成~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は浄衣

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 す其墳塋, りの

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 がつきました, が咎め

▼ あと気抜け~ (2, 0.0%)

2 がした

▼ あと汗びしょのまま会~ (2, 0.0%)

2 の接待役

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 の辺, の邊

▼ あと海中~ (2, 0.0%)

1 からとつぜん, に捨て

▼ あと潮来~ (2, 0.0%)

2 かどこ

▼ あと無き~ (2, 0.0%)

2 雪の

▼ あと煙草入~ (2, 0.0%)

2 に小粒

▼ あと熱く~ (2, 0.0%)

1 して, なる

▼ あと片づけする~ (2, 0.0%)

1 ことなどを, まで一刻

▼ あと片附~ (2, 0.0%)

1 は晩飯, をすませた

▼ あと独り茶の間~ (2, 0.0%)

2 の膳

▼ あと玄関~ (2, 0.0%)

1 で塾長, の式台前

▼ あと現代~ (2, 0.0%)

1 までつづい, までの構想

▼ あと白浪~ (2, 0.0%)

1 と逃げる, の寄せ

▼ あと百樽~ (2, 0.0%)

2 の行方

▼ あと直ちに~ (2, 0.0%)

1 兵士を以て, 父の

▼ あと相談~ (2, 0.0%)

1 して, はなめらか

▼ あと社長~ (2, 0.0%)

1 はまた, は日本畳新聞社

▼ あと稽古場~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 へた, へて父

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 三十分すれ, 二時間三十分で

▼ あと終戦直後~ (2, 0.0%)

2 に山崎

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 はぼくら, を皆

▼ あと総領~ (2, 0.0%)

1 の女学校, の永助

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 のつけ根, のなか

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 に苦味, のあと

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 を啜り, を運ん

▼ あと著者~ (2, 0.0%)

2 は妹達

▼ あと葛岡~ (2, 0.0%)

1 の肩, は自分

▼ あと蝙蝠傘~ (2, 0.0%)

2 をひらく

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 をかき合せ, を縫っ

▼ あと言え~ (2, 0.0%)

2 ばさ

▼ あと読書会~ (2, 0.0%)

1 がやれる, はいつも

▼ あと近所~ (2, 0.0%)

1 の呑み屋, 隣りと

▼ あと追う~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て出

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 ひせむる, ひ來

▼ あと遊ぶ~ (2, 0.0%)

1 んじゃ, んぢや

▼ あと道江~ (2, 0.0%)

1 の手紙, はだしぬけ

▼ あと遠く~ (2, 0.0%)

1 地に, 目路が

▼ あと長く~ (2, 0.0%)

1 廃庵に, 引て

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 が降る, のなか

▼ あと電車~ (2, 0.0%)

1 で駅, にのっ

▼ あと静か~ (2, 0.0%)

1 に腹這い童話, に言った

▼ あと高品さん~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ あと高座~ (2, 0.0%)

1 から盗犯防止, へ上がる

▼ あと魚屋~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ あと鳴き~ (2, 0.0%)

1 いよいよ財産, ながらあいた

▼ あと~ (2, 0.0%)

1 が雨, が鳴く

▼1* [1584件]

あとあいさつした, あとあざやかに並ん, あとあし下りに入り来り, あとあたかもがっそう, あとあたりでなければ, あとあたり彼が東美濃, あとあちこちに立っ, あとあと責任もてる, あとあまった一日の, あとあまり長くは, あとあらず恐を知らず, あとありて切, あとあるいは仕事と, あとあるべしや学院, あとあんたがどんな, あといい顔で, あといいにくそうに, あといきなり俊三の, あといくつもいくつ, あといくとせのうつつ, あといくらか麻川氏に, あといくらでもまたつ, あといくら電話局に連絡, あといく冊か, あといたくて注射, あといたずらにだだっ広い路面, あといっこう口を, あといっそまた機嫌, あといっそうにぎやかに, あといっときそこに沈黙, あといつの間にか母屋と, あといづこ, あといとど寂や, あといはれて居たい, あといろいろ間へ挟まる, あといんぎんに爾来, あと限りの, あとうその真夏, あとうちまで十五里, あとうまく母さんと, あとうやうやしいものごしで, あとうるわしく草紙物語を, あとえらい難産した, あとおかきになった, あとおきぬはさばさば, あとおとよといっしょ, あとおとうさんの肩, あとおどかしたんだ, あとおねがいいたします, あとおよそ十時ころまで, あとおれにはとても, あとお前さんを女房, あとお松が, あとお母さんはふと, あとお礼の置き手紙, あとお茶をすすり, あとお雪ちゃんはまだ, あとかえって来て, あとかかないと, あとかたづけしてくれ, あとかたはなく新しい木, あとかなと考え出すの, あとからかあっと熱く, あとからくびじろがそれを, あとからぞろ, あとからだ中が燃え, あとからでもいやだ, あとからといったきり長火鉢の, あとからとしてまあ車代, あとからとはふり落ちた, あとからなんぞつけるの, あとからね大きな法螺, あとがけをすれ, あとがちやんと, あとがまには木村, あとがわりの女王さま, あときっとお話を, あときのうのよう, あときまってお浜, あときみはゆうべ, あとぎんはひとり, あとくり有之候様, あとぐらいたっぷり食べ, あとぐりしそれにふたたび, あとは今, あとこう言いました, あとこの先いること, あとこまこましたもの三十枚, あとこまやかに筋, あとこれら第一線の花形たち, あとこれ一本だけ, あところころと声, あとこんどは不行儀, あとさがってまいります, あとさき六日ばかりだ, あとさき言はずに中, あとさき路は歩い, あとさけびたるこゑに庫裏の雪, あとさして, あとさ籠こ持たせて, あとしきりにすつぽん, あとしさりして行った, あとしざりするように, あとしざる槍は, あとしずかに零, あとしたふアキリュウス, あとしのぶべき人も, あとしめたらもうはいれない, あとしんとして雨氣, あとじさりするかもしれない, あとじさりましたがなぜ, あとじっと塾生たちを, あとすぐああいう感じ, あとすぐさま先ず海老塚先生が, あとすさりをし, あとすざりしてゐる, あとすでに一年以上も, あとすべて未だ耕さざる, あとすることが, あとずつとやもめ暮しの, あとせいぜい二日だ, あと知らぬふり, あとそういう受け答えに, あとそうした種々な, あとそこらの掃除, あとそして少年まるで, あとそれ相当の空虚, あとそんなことへの, あとぞろりとけちな, あとたいそうもなく, あとたいへん静かに, あとたえて行か, あとたつた二軒それが, あとたまに家, あとたわしでこすられた, あとだいたい十一時半ごろという, あとだから神妙に, あとだけでそこ, あとだけで屍は, あとだけはどこかに, あとだったろうと思います, あとだつたさうだがあたし, あとだつたらうと思ひます, あとだになし, あとだるいだるいうつむけに, あとちっとでおしめ, あとちやうど注射器, あとちょっとした接待が, あとちょんぼりと, あとちようど半月である, あとちらと次郎, あとつぎつぎにいろんな, あとつぶさに聞きて, あとつまり九日の朝, あとであったなら親王に, あとできた市警の, あとでございますから月, あとでござろうか, あとでさえこういった, あとでしッぽ, あとでしか飲まないの, あとでしまつたと思, あとでぞッと, あとでたうとうそこ, あとででもなくなったの, あとでないとうまく, あとでなくては起らないです, あとでにはとりさんが, あとでねちりね, あとでのうては一思い, あとでほどよくねこばば, あとでもという考えも, あとでもといふ考へも, あとでやすが誰, あとでようございましょうか, あとといふばかりなり, あとといふも夏草の, あととうとう負けて, あととしかかんがえられないよう, あととしてお前さんも, あととしての古典を, あととっさに接穂, あととではちがうし, あととでもいった草, あととに続く無限, あととにおける体重を, あとともに一堂に, あととや花菖蒲, あととりの達の事, あととりむすこをなくした, あととり的になった, あとと共に洗煉された, あとどうして行けば, あとどうしてあんなに泣いた, あとどこへ行った, あとどころか北海道名物の, あとどろどろなの, あとない天のが, あとながらつゆくずれぬ, あとなくなったことだ, あとなくならしめよ, あとなけばかあとこたへ, あとなぜかことさらに, あとなぞついて行くよりは, あとなぞも今は, あとなったら黙あってあくる日, あとなどで洗はれた, あとなどもいま来る, あとなどもナはなはだ怪しき, あとなにごとが起きた, あとなに気なく坂, あとなほ十里をひか, あとならはいれるかも知れなかった, あとなら死んでもいい, あとなら聞く必要は, あとなればぜひ, あとなんぞに目を, あとなんていってると, あとなんと云おうと, あとなんとも言えない虚無的, あとにおいては回復期の, あとにかへりて, あとにくッつい, あとにって云ったくせ, あとについてとくいらしく出て, あとについての印象, あとにとり残されるの, あとにまでのばしました, あとによって留守中に, あとねだりしたってもう, あとねむいねむいといっ, あとのくづれたままの芽ぶい, あとので靜岡まで, あとのでもいい, あとのばかりで気の毒, あとのみ狼藉たり, あとのめりに日和下駄, あとのや二つ目のにまで, あとはいちめんな野路, あとはけだもの, あとはげしき古図一枚, あとはずッと約束, あとはなあよく聴けよ, あとはなみだばかり, あとはなんて言ったらいい, あとはねんごろに, あとはばんじわたしが, あとはぶじに, あとはもうねるばかり, あとはるばると, あとたりと, あとばかし行くん, あとばかりが顧みられた, あとばかりを趁う, あとひかず早く切り上げ, あとひきて, あとひさの友達, あとひさしのひ, あとひじょうな高空にのぼっ, あとひとすぢ, あとひとつき寝れば, あとひとり客を乗せたら, あとひとり造酒のかげ, あとひと焼心臓に止め, あとひらいた窓の, あとびしやりをした駅員のあと, あとびっしゃりをし立ち上って, あとびっしゃりをして歩いた, あとびつしやりをする脊筋を捩らす, あとふうっと大きな, あとふた刻ばかりは, あとふたりも同じ, あとふつと玄關, あとふと庭ゲタを, あとふとした座談の, あとふるい野菜は, あとぶっきらぼうに言った, あとへね遠山さんも, あとへらず口ばつかり叩いてさ, あとべつにベンゲットの, あとべに浮く鳰, あとほうれんげきょうぐれえ, あとほぼ一刻ほど, あとほんたうの, あとほんとに一カ月半ぐらい, あとぼつりと, あとぽかんと見送って, あとぽっつり独りで, あとまあこういうわけ, あとまだたっぷり五六時間かかる, あとまだ少しばかり仕事, あとまでが艶めかしい, あとまばらの馬, あとまるまるまだ三両ばかり, あとまわしじゃと, あとまわしだと云っ, あとまわりになる, あとみおくりてまさお, あとみぞれでも, あとみんな優なのね, あとみんな良だったよ, あとに正しく, あともう一度静坐に, あともう少し年を, あともし口を, あともと思ひも, あともどりしたくなって来た, あともどりだよ, あとやかましく鳴きだした, あとやっぱり面白いとも, あとやとまちがえちゃったのね, あとやら惨たるかれ, あとやらんといけねえ, あとやりにくいです, あとやり切れなくて熱海, あとやるがい, あとだん, あとゆえ驚きはしなかった, あとゆき子は躯, あとゆるしを得, あとよそから来た, あとよぶのであつ, あとよほど催眠剤が, あとよりと獄舎から, あとよりもフランスについて, あとよろしくと云っ, あとよんでゐた, あとよんだのである, あとへて書い, あとらしいこわれが見え, あとらしい荒れ白んだ粒々の, あとらしくいく梱かの, あとろくに塾の, あとわかい女教師たちと, あとわがお館, あとわたくしたちは法隆寺, あとわたしたち日本の人民, あとわる口なんか云った, あとをのみ思って, あとをばつけおった, あとをめぐって四角の, あとなってから, あとアアの塊, あとアタマが暫く, あとアチャラカ芝居をやる, あとアフレコのみ, あとアーク燈の光り, あとイオプは脚, あとイギリス軍に捕えられ, あとカラッポの, あとガラス扉はがたん, あとグウグウ鼾をかい, あとグンと暑く, あとグーとなっ, あとゴロゴロと咽喉, あとサノサ節で, あとジョリクールといっしょ, あとスーとして寒い, あとソオルは更に, あとソヴェト・プロレタリア文学運動の生じた, あとタッジオは水浴, あとタンシチュウマッシュドポテトバタライスと行き, あとダメになった, あとチャン老人は黄金メダル, あとトロイアに留り, あとドイツの侵略, あとニコニコ笑つた, あとニューギニヤでしょう, あとネコの足あと, あとネズミの足あと, あとハンスのこと, あとバッタリ倒れて, あとパークを散歩, あとヒイーと尾, あとヒョイと又, あとビビイは四度, あとファシズムがおこっ, あとフリーダが困った, あとフルヘッヘンドをなし, あとブロート夫妻とクッテンベルク・モラヴェッツ, あとプロレタリア文化文学運動の圧殺, あとプロ階級の江戸ッ子, あとヘドロを掻く, あとペンを走らせた, あとママという通称, あとモウ一年だけ生き, あとモオリスはなほブルタアニュ, あとモーガン氏は夫人, あとヨハンネスといっしょ, あとヨーロッパ諸国の心, あとラジオと芝居, あとラ・ベルもさすが, あとラ氏は私, あとリヤカー二台で大きい, あとリンゴその他つめ合わせて, あとロオマで逢った, あとロシアの勝利, あとローンジでお茶, あとワシントンまで六千九百九十九キロ, あとワンカット終ったの, あとヴェトーヴェンの第, あと一か月したら食物, あと一つ右の上, あと一ぴきだ, あと一カット能勢と食, あと一キロほどは歩い, あと一トたびおもひを文學, あと一ト月もしたら無くなっ, あと一ト月六月になつて, あと一ト組を連れ, あと一ト走りでフアテイア, あと一ヵ月分の費用, あと一ヶ月ぐらゐのうちなんですからその前, あと一ヶ月もちやア, あと一ヶ月向うで生活, あと一万メートルの距離, あと一万五千円ほど残っ, あと一万人の日本人, あと一万円足りない, あと一丈許りも, あと一両日商人尻に火, あと一九四六年六月二日にイタリア, あと一二冊であと, あと一二日かかるだらうと, あと一二日彼方此方の花, あと一二時間しんぼうすれば, あと一二杯で充分, あと一人乾燥に殘つて, あと一人東京に残っ, あと一人殘つた人殺しの房吉, あと一代でつぶれ, あと一伸びすれば, あと一兩日で圍, あと一円はいつくれる, あと一分五十秒で爆裂, あと一分半しかない, あと一切を合点, あと一切分ほか残りがなくなっ, あと一刻僕に任せ, あと一刻經たない, あと一匹という時, あと一台の敵ロケット, あと一回で結末, あと一声啼きに, あと一夜である, あと一寸座は白けた, あと一層憤りが, あと一層ひっそりとしました, あと一年半で帰っ, あと一年歌がうたいたい, あと一年間の大学生活, あと一度になりました, あと一所にと共に, あと一押しが勝つ, あと一文もなく, あと一日がまんをし, あと一日きりだが, あと一日半か二日路, あと一日気持が悪い, あと一時間あまりございますわね, あと一時間くらゐは, あと一時間半位しか無い, あと一晩である港, あと一晩九十九日目が来, あと一条は, あと一杯やる店, あと一杯ぐらゐの水で充分, あと一杯貰へません, あと一枚分は板敷, あと一気ぞ, あと一生就職には困らない, あと一町ばかりになった, あと一稼ぎしなきゃあ, あと一箇月で地球, あと一篇か二篇, あと一粁ばかりのところ, あと一緒に歩い, あと一言も口, あと一足で下野, あと一軒残つてゐましたが, あと一辛抱でもうちとどうにか, あと一週間きりですが, あと一里の道, あと一里余というところ, あと一里半だ, あと一銭が二枚, あと一門とはかっ, あと一間ばかりは早足, あと一雨でほころび, あと一齊に追, あと丁度一刻, あと七八分でここ, あと七十回もかかる, あと七年制九年制とある, あと七日君はいったい, あと七日目に嫁御, あと七日足らずの生命, あと七時半になる, あと七景を決定, あと七米だね, あと万人ひとしく仰ぐ, あと万太郎は次, あと万太郎様の御, あと三〇キロも行く, あと三か月しかこの世, あと三つ娘にやりました, あと三ヵ月のうち, あと三ヶ日だけタダ, あと三丁という時, あと三万を召集, あと三人きりになつ, あと三位殿は守護, あと三個も補助席二脚, あと三分の一ばかりでう, あと三分の一航行すれば, あと三分間で爆発, あと三助が湯殿, あと三十一は紐, あと三十人ばかりひとつ精, あと三十分以内に第, あと三十分東へ飛ん, あと三十年有明海のトッポ貝相手, あと三十本そら, あと三十枚四十枚というの, あと三十浬で飛行島, あと三十軒ばかり焼け残った, あと三千で問題, あと三千太夫と一杯, あと三四メートルのところ, あと三四ヶ村だ, あと三四人の若手俳優, あと三四分しかない, あと三四十分もすれ, あと三四年もたたった, あと三回だ, あと三島駅を通過, あと三巻ばかりの仕事, あと三年半も岬, あと三年間たとえ順番, あと三方はまばら, あと三日ほんとですか, あと三日位で部屋, あと三日彼は出発, あと三日間ぐらいは天下, あと三時間以内には水中, あと三木家のおばあさん, あと三条河原町のゴーストップ, あと三杯もある, あと三枚きりしかない, あと三百メートルぐらいになった, あと三行しかない, あと三里の道, あと三里五里は走れよう, あと三重県の数ヶ村, あと三陣の隊伍, あと三高で劇研究會, あと下がりに身, あと不吉な二月, あと不同舎で学んだ, あと不平ばかり, あと不思議な鳴き声, あと不破の関守氏, あと不縁になっ, あと与力の青木, あと与平が側, あと且つは嫉妬, あと世子のこと, あと世間話を少し, あと目付を, あと両手をあげ, あと両方にわかれ, あと中っ腹で木原, あと中尾さんが帰っ, あと中村座へまわっ, あと丸万はセミ, あと主上後醍醐のきみ, あと主任の江川, あと乃至城あとに, あと久さんのおかみ, あと久助君は教, あと久子は氣, あと久米のこと, あと九ツで, あと九億六千万ルーブリってもの, あと九日間あるの, あと九時に寝る, あと九月一日から又, あと九百歩で絶頂, あと二つしきやない, あと二ひきを早く, あと二ツを軽く, あと二メートルで大, あと二ヶ月で小説, あと二丁場という晩, あと二万両の金, あと二万円奮発するから, あと二三の質問, あと二三ヵ月は別, あと二三ヶ月で鎮, あと二三人だけ残つたの, あと二三人手頃なの, あと二三個所もアゲ, あと二三円しか残らなかった, あと二三冊表紙の文字, あと二三十分の寿命だろう, あと二三十年の間, あと二三十秒で爆発, あと二三寸という距離, あと二三尾彫って, あと二三日ベッドに寝つい, あと二三日伯爵の別荘, あと二三日石の唐櫃, あと二三月しないと, あと二三本根太の下, あと二三百両程取り寄せ, あと二三章を以て結ぶ, あと二三組隅々に散らばっ, あと二三軒しかも大, あと二冊が恋, あと二分のちになにごと, あと二分間聴いて, あと二分間部屋の外, あと二匹もって, あと二十の表わしたい, あと二十メートルばかりに近づいた, あと二十三時間というもの, あと二十九日とかい, あと二十二分経てば, あと二十五分の辛抱だす, あと二十五年はある, あと二十人ばかりに怪我, あと二十八日で終る, あと二十四日と二十八日, あと二十四時間のちだ, あと二十日間ばかりの努力, あと二千メートルぐらいの地点, あと二千兩といふ金, あと二升あまり這入って, あと二叉に飛びわかれ, あと二台の同型, あと二夜ばかりは空模様, あと二室に客, あと二寸も余地, あと二対二にもちこんだ, あと二年分しかない, あと二年半ぐらい帰っ, あと二年滞在の費用, あと二年足らずの大学選科, あと二年辛抱して, あと二年間お妹さん, あと二年間村長は置かぬ, あと二年間無配當で我慢, あと二日それまでは敵, あと二日位食事はしない, あと二日後には各国, あと二日間に捕らえられなけれ, あと二時間お待ちよ, あと二時間三時間たてば, あと二時間五〇分です, あと二時間以上もある, あと二時間以内にそれ, あと二時間位で帝都, あと二時間半しかなかっ, あと二時間後にはまた, あと二月九月の初め, あと二本は代役, あと二杯酢と辛子, あと二番で終る, あと二百メートルになった, あと二百八十枚ぐらいあります, あと二百円持って, あと二百米の無理, あと二百足らずの兵, あと二種が五部, あと二箇を残し, あと二組はのこし, あと二見は座敷, あと二軒を見残し, あと二重に樹脂, あと二間ぐらいは確実, あと云ひもの前, あと五つ六つの仮装行列, あと五万を事業, あと五俵いや出来る, あと五六人だけは雪, あと五六十騎の者, あと五六年は戦争, あと五六時間しか無い, あと五六歩詰めさえすれ, あと五六百両の不足, あと五六百兩の不足, あと五円もかかる, あと五分の間に裏口, あと五分間のちのこと, あと五分間俟って五分, あと五十を越した, あと五十メートルだ, あと五十二三万はお, あと五十余間をのこし, あと五十分で東京港, あと五十年かハハ, あと五十年間気温が昇りつづけたら, あと五十日か, あと五十銭も残りませんでした, あと五千円か一万円, あと五名ふやして, あと五年三十までには予定額, あと五年十年たっても, あと五月の末, あと五月上旬で家康, あと五秒です, あと五郎は壁, あとなりましたゆえ, あと交代と差出ました, あと京中にはさまざま, あと京子の開け放し, あと京野等志と妹, あとはやがて, あと人々は各自, あと人中を歩い, あと人通りの少い, あと今やひそかに, あと今日は彼岸入, あと今更のよう, あと末は, あと仕舞をし, あと仕舞いまたは夕立, あと仙太は永い, あと仙臺石ノ卷か, あと代って小倉, あと以外には何ひとつ暴力, あと仲よく暮らしその, あと仲之町をよし, あとのさむ, あと任せると言ったら, あと伏見の登り船, あとの話, あと伯爵は素子, あと佐々木どのの御, あと佐助との間, あとがつかえない, あと何だか少々危しくなっ, あと何とも通知が, あと何んと何, あと何ヶ月かね, あと何処をどんな, あと何十万はこの, あと何千がいちどに, あと何千年でもやっぱり, あと何回つづくか, あと何故組合内に, あと何日もと言はれたらごめん, あと何日位ゐで, あと何日續くか, あと何時もその潤んだ, あと何服かをのん, あと何枚ですみます, あと何気なく目に, あと何秒ですか, あと何週間かという問題, あと何階あります場所, あと余すところ幾日かの, あと余つたのをお前, あと余りの不憫さ, あと余白の処, あと作付期間は両者, あと作品は書きません, あと作品評をはじめる, あと使用人を別, あとの快活, あとをなくし, あとかにがらん, あと保泉の原, あと保泉村の原中, あと倉地と愛子, あとのほう, あとれえこと, あと偶然すぐかの, あとに二分, あと僅か一粁ばかりの距離, あと僅か九時間と四十分, あと僅か二時間と半, あと僅か二百金の出來, あと僅か五会場をあます, あと僅か五時間後に迫っ, あと僅か五會場をあます, あと働き用上っぱりのポケット, あと先立て続けに女神, あと先輩順に門, あと光秀がまだ, あと児太郎は自分, あと入れかわりに, あと入れちがいにあと, あと入れ違いに圓生, あと軍ことごとく, あと全員がこの, あと全部惣治の儲かる, あと全集を出す, あと八〇%は, あと八つ下りの夕日, あと八カ所の外, あと八万キロが全く, あと八万九千の人たち, あと八人で十七人, あと八幡前の占, あと八年もすれ, あと八月二日千鳥まで田地, あと八畳でスタンド, あと公然と妻, あと六つ鳴るわけ, あと六つ黄ろい秋, あと六七人三十五六から五十ぐらゐまでの男女俳優, あと六七年たってから, あと六七日経たなければ, あと六七日經たなければ, あと六兵衛はざっと, あと六十枚ばかりを書い, あと六十秒で十時, あと六日七日というところ, あと六百キロ敵の高度, あと六週間のたばこ, あと其の時は, あと内密話を試み, あと會を, あと再び意識は, あとたけて, あと冷蔵庫から冷した, あと京する, あと出る水を, あと出番ないの, あと初めて松田さんの, あと初夜の幕, あと初江と駿太郎, あとのいのち, あとはよく, あと割醤油はもう, あと勘定として亭主, あと勝って下され, あと勝れた人格の, あと勝入の聟, あと勝手に時間, あと勝手元であきれた, あと勢いよくフイゴ, あと勾引された娘, あと化粧を装っ, あと北原賢次は黍, あと北槻中尉から聞いた, あと北陸陣に何, あと十キロのところ, あと十センチばかりで, あと十一人は花房一郎, あと十一分の導火線しかのこっ, あと十一分半だ, あと十一日かかると, あと十七人の人, あと十三日の午後十時, あと十二三日ぐらいしかあるまい, あと十二分すれば, あと十二字に簡単, あと十二日になった, あと十二時間すると, あと十五キロメートルばかりで, あと十五分の壽命だぜ, あと十五分十分七分と時計, あと十五分間もつづいたら, あと十五年も生き, あと十五日も経て, あと十五枚ほど明日, あと十何年不意にまた, あと十個ばかりだった, あと十兩といふ時, あと十八カ年を要し, あと十六キロといふプレン, あと十六七分のうち, あと十六人のうわさ, あと十六日十七日と出しました, あと十分私にはどうして, あと十四日分ではしのげず, あと十年二十年たってから, あと十年位途絶えて, あと十年足らずの前川, あと十年間は事, あと十数分のうち, あと十数時間しかいられない, あと十数里で徳川家康, あと十日ぐらゐで閉めるところ, あと十日以内に何とか, あと十日余で正月, あと十日八月二十日だしかし, あと十日程でお, あと十日限りかも知れねえ, あと十時間だ, あと十月一日から二十日, あと十枚書かねば, あと十畳ばかりの板の間, あと十秒だ, あと十間ほどのところ, あと千世子は行く, あと千五百円追加の話, あと千四五百をあまし, あと午後一時から再開, あと半みちも下る, あと半ヶ月となつた, あと半分つまりにせ, あと半分ひつこめるやう, あと半分旅に出, あと半年すりや俺ア師匠, あと半時間だ, あと半月分あまりの間代, あと南洋の無人島, あと南蔵院へ戻り, あと危く前へひかれ, あとヒッソリと, あと友達は手燭, あとナチの, あと取り息子のよだれ小僧, あと受けて笑っ, あと口もとにいくら, あと口振りとはおよそ, あと口直しにリンゴ, あと叫びて立, あと叫んだのである, あとには同じく, あと右太吉は血眼, あと司敗は巫馬期, あと吉塚博多だわね, あと吉左衛門はまた, あと吉祥寺橋の小屋場, あと同じことに, あと同年齡だつけ, あと名前を知らない, あと吐き出すように, あとははじめて, あと周章てて答案, あと呼ばれていた, あと呼ばれた七人の, あと呼び出しがありませんでした, あと呼ぶなんて少し, あと和食がよろし, あとそれだけの, あとをはき, あと喜びの鬨の声, あと喫茶店の長椅子, あと嗣ぎにならねえ, あと噪いで飛ん, あと囘龍は淋しい, あと四五十ページをあます, あと四五回でまとまる, あと四五尾は笹, あと四五日分しかない, あと四五本しかない, あと四五枚だから, あと四分の一航程を残す, あと四十メートルでいよいよ, あと四十九回の治療代, あと四十分のちです, あと四十時間ばかりがいちばん, あと四千メートルあまりの走路, あと四半年か半年, あと四名の少年, あと四年以上全部説五年全部説各学級代表説, あと四日目になつて, あと四百二十字分を聞かせ, あと四週間ぐらい断食, あと固体が残る, あと国史と最後, あと国後と範多, あと園夫の吉太郎, あとによごれ, あと土塀際の引込んだ, あとえに, あと在国の一門一家, あと地下室でどんな, あと地方行政税法選挙制度など研究, あと坐ったままで, あと坪井は暫く, あと垂駕籠という体たらく, あとのごとく, あと城跡と言った, あと堪らなそうに, あと塾長室には三先生, あと夏山の乱れ, あと夕方まで役所, あと夕焼けのした, あと夕食までの時間, あと大いに有望な, あと大きく叫んで, あと大きな鼾を, あと大丈夫でしたろうか, あと大内のそこかしこ, あと大勢の密軍兵, あと大友宗麟の圧力, あと大友島津少弐, あと大喜利には全員, あと大塚よりに見る, あと大宮で第, あと大沢の音頭, あと大河のはいっ, あと大石先生はしばらく, あと大自由に向っ, あと大雨一過して, あと天窓ほかない此家, あと太田摂津守が上使, あと太郎左衛門が新一郎君, あと失神し夜, あと奥書だにすれ, あと女主人をきびしく, あと女主人公である私, あと女学校四年の娘, あと女房は膳, あとな気持, あとは聲, あと始末なぞも吾家, あと始末夜が明ける, あと姥石まで煙草, あと婿の縁談, あと孔子は眼, あと学寮へいっ, あと安土ではどんな, あと定めしご立腹, あと定家がはじめて, あと定日の非番, あと宛名を間違え, あと実は結ばないと, あと客室でのんき, あと室じゅうが急, あともまた, あと宮門そのほか, あと家中一同で手, あと家人があと, あと家内はいっそう, あと家内たちのかま, あと家老の任命, あと宿を出, あと富士見御殿のあった, あと富子はいった, あと富岡は暫く, あと富農の家, あと察したのである, あとに變, あとに残る, あと将軍に立てられた, あと尊氏はいちど奥, あと小さい畝一つ残した, あと小さな声で, あと小便を始めた, あと小圓太は思わず, あと小女が六人, あと小学校を出た, あと小屋の壁, あと小松なるべし立替, あと小枝とひろ子, あと小柄な女, あと小生意気を言いだしやがった, あと小石がたくさん, あと小石川の家, あと小説をかきます, あと小走りに追いかけ, あと少なくとも三千頭は, あと少佐はしばらく, あと少女が六人, あと少年はにこにこ, あと数行あり, あと就寝前の行事, あと屋井の方, あとの蝉時雨, あとに流れ着く, あと島田のかた, あと工合よく行け, あと市長の事務管掌, あと帰り支度をはじめた, あと幕府がわ, あと五は, あと年五万円ずつの費用, あと年内の日, あと幼い私を, あと幾らもない, あと幾ら殘る, あと幾ヶ月あるかといふ, あと幾人害めるか, あと幾度すすめても, あと幾日位ひか, あと幾日無事でいるやら, あと幾晩かは彼女, あと幾月もない, あと広い若葉の, あとについたら, あとの男, あと度々これを, あと座員をつれ, あと座談会でもしたら, あと座間とカーク, あとの灰色, あとを渡っ, あと廿分か, あと引かえし, あと引き返す猛獸, あと引っこむと, あとはまた, あとを描きたる, あと強いて微笑を, あと強く息を, あととの距離, あと弾丸は五発, あと当りをつけやした, あと当分は次郎吉, あと彼等は煙, あと待合室にい, あとでわかりました, あと後悔のない, あとひつつ, あとひつつ, あと着の, あと心当りを飽きず, あと忙しく塾生たちの, あと応援団長の推戴式, あと忠義堂と改めました, あと怒つて子供, あと怒涛荒れくるうあの, あと思いかえしたように, あと思いきったように, あと思い當たったん, あと思想が先, あと悲しい通夜が, あと悲しゅうなったら宋学, あと情勢はまったく, あと愈々精神を, あと意気地の無い, あと感服した, あと感謝といらだち, あと慕うを姫これ, あと慨嘆して, あとる時, あと戦局が苛烈, あと戻りさせたい気持そんな, あと戻りしたのであった, あと戻りしたらことです, あと戻りしようかとも考へた, あと戻りせずしっかりした, あと手指の赤く, あと手紙十ばかり, あと払いだ, あと折々急に, あと折柄雪も止ん, あと振り返り振り返り朝霧の, あと探すことは, あと推しで農村, あとし殘, あと支那少年の金椎, あと支配人はいと, あと放免頭となった, あと放尿をやらかす, あとつかれた, あと教子が演じ, あと教室で組主任, あとは減, あと数人の男, あと数分のようだね, あと数分の後にさしせまった, あと数十そうは影, あと数台の橇, あと数回続けたい希望, あと数日後に地球, あと数日数時間しかもたぬ, あと数晩はなに, あと数百キロメートルという近く, あと数秒でいよいよ, あと數年間雜誌界に君臨, あとらしい女, あと新聞社の人, あと新都の建業, あとを送っ, あと日の出から正午, あと日日ののし餅, あと日本人町は焼き払われた, あと日本通運のマーク, あと日蔽の葭簀, あと早乙女主水之介殿, あと早目に文楽師匠, あと昆虫のやう, あと明治十六年には京都, あとになる, あと昼夜二回そしてその間, あとの当局者, あと時々何かの, あと時子はひどく, あと時間があれ, あと晩涼に草とり, あと暗い霧が, あと暢気に太鼓入り, あと暫し時を, あと書いた手紙や, あと書き足して, あと曾根少佐の方, あと服用を禁止, あと朝廟はどう, あと朝議紛々の結果, あと朦気が吹き払われ, あと木彫で兎, あと未曾有の言論, あと本体だけの飛行, あと本当に担ぎ呉服, あと本田に帰っ, あと本能寺の変後, あと来た男は, あとの空, あと東京のあちこち, あと松尾が琴, あとにきのこ, あと栄三郎がひとり, あと校長は父兄, あとの條清姫, あとや板, あと植物学ぶ人, あとな学校生活, あと構わずに退転, あと樊遅が先師, あと権田原先生はまた, あとの木, あと機械を買っ, あと檻一つ出来れば, あと欄干の前, あと次にはお, あと次郎君との仲, あと正三君は学監室, あと正味六時間は死んだ, あと正札の付い, あと正造はもと, あと歩いてゆく, あと歩き旭山に, あと死なないたましいを, あと死に絶えたような, あとんど, あと殆ど治療して, あと殆ど私の顔, あとつて, あと残すものだ, あと残る日も, あと残余のヤソ会士たち, あと段々苦しくあの, あと母さんと金毘羅さん, あと気の毒そうな顔, あとば五合, あと水一杯ですむ, あと水割にする, あと水島君は不意, あと永いこと默想に, あと永代橋を渡つたの, あと池上は続い, あと沈默家になり, あと沈黙がつづき, あと沢村さんがぼく, あと油みたいなもの, あと沼田で別れた, あとかがやきぬ, あと泣きだしたり縄, あと泣き出だす声も, あと注すあと割醤油は, あと注意はこんなに, あと泰造はいつも, あと洋子がやって来ました, あと津川は南, あと浅吉はぼんやり, あとを寄せつけ, あと浴衣で夜会巻, あと海上三マイルというところ, あと消毒を行わせた, あとの痕跡, あと涼しい音たて, あと涼やかに髪, あと淋しかろう母, あと深い呼吸が, あと深くお辞儀した, あと清き納戸めきたる, あと清一は一人, あと清吉鋭次に, あと清水の青年たち, あと清治はまた, あと清洲は毎日, あと清逸は溜息, あと渓水旧に依り, あとを足し, あと湯河原へもっ, あと満腹してからの, あと源一は一坪, あと滑って行く, あとが残っ, あと漱石は七月三日, あと漸く多少思ったこと, あと激しい息を, あと瀧子は土間, あと瀬戸びきのヤカン, あと灌漑水運などが総合的, あと火元がどれ, あと火水木金とアパート, あと火野葦平が鰻, あと火鉢の傍, あと炉端で岩魚釣り, あとが啼いた, あとかりける金二万両, あと無数の手負い, あと焼いちまって, あとを見詰め, あと照れたのか, あと照子とかわした, あと燭台の灯, あと燻製の五十箱, あと片づけと仮小屋, あと片付をし, あと片付掃除何くれとまめ, あと牛乳で頭, あと之はいちど頭梁, あとの覗き窓, あと珍しくも思慮経験, あと現金で六百円, あと産婦も安静, あと用事はなく, あと田中か床次カニユズルツモリ, あと田代は借り, あと田山白雲も同様, あと田植をしなき, あと由良を捨て, あと甲斐はかるい, あとはひとり, あと男靴が一足, あとはまた, あと留守になった, あと番頭と二人, あと病院に電話, あと痛んでやりきれな, あと癒え申せば堆く, あとは二人, あと白上布をさっぱり, あと白波の沖, あと白湯を唇, あと白酒のビン, あと白金を分離, あと白雪を蹴立つつ, あと百々子は石田氏, あと百メートル足らずだ, あと百人ばかり現われれ, あと百円づつも取つ, あと百円足らずだ, あと百四十三軒の一坪館, あと百年分を一万円, あと百数十年を要する, あと百枚か百五十枚, あと的春の景色, あとはこの, あと皆んな御一緒, あと目相續さすべき者, あと直ぐどうして食べて, あと直に徳蔵おじは, あと相手がどう, あと看病疲れで亡くなった, あとがさめ, あと知らん顔で何とか, あと知恵者はさすが, あと石川島の, あと確かに雪, あと磯五がもう一度, あとにいったら, あと私たちが長く, あと私一人だけジッ, あと私一人病室に附き添う, あと秋川家で起つた, あと餘計に, あと程なく来たの, あと稲刈にかかる, あとは恐ろしい, あと空しく薄暗い土間へ, あと空気の冷たく, あと空缶を洗面所, あと空虚になった, あと突然ふって, あと立ちあがって深い, あと立ち並んでる遺族の, あと竹村は伸子, あと笑つて居る, あと答えて父, あとをつけ, あとのまん中, あと精一ぱいの声, あと素子と二人, あと紹介された朝倉夫人, あと結婚して, あと給仕の河瀬, あとの話, あと絶えて, あと絶句して, あと続けて書く, あと続けられずに放っ, あと綺麗に拭き掃除, あと緑萍蒼苔深く封, あと縫子がローソク, あと縫物を膝, あと繁く今は, あと美ごとに書き, あと美代子を見舞った, あと美津子さんはいつも, あと義貞は門廊, あと老人はまた, あと老公はつねの如く, あと肉体だけが残る, あと肩車にのせ, あとに浸潤, あと背後に叫ぶ, あとやける, あと脚絆は略し, あと脱ぐものである, あと腐りの縁, あと腰巻を一枚, あと自ら註して, あと自嘲めいた声, あと自室に引きとっ, あと自然みんなの論議, あと自白すれば, あと興奮して, あと舷側までほんの, あとに乗り込ん, あと船中残らずぐつすりと, あと艇員たちは数十分間, あとの方, あと良人とともに挨拶, あとの白金, あと芝居をやめ, あと花束やテエプ, あと苦しくつて一週間も, あと苦笑しながら, あとの実, あと茶の間にいた, あと茶碗酒を引っかける, あと草露にゴロリ, あと荒田老の手, あと荷作の角, あとなし冬, あと菊乃さんの老後, あと菊池さんはこのごろ自分, あと菊田と大いに, あと華奢な象牙, あと落葉を急ぐ, あと葉ずれの音, あと著しという工合, あと蒲団の中, あと藤屋の子供, あとの民, あと蜂谷と伸子, あと蟻塚を蟻, あと行く跡へ, あと行方知れずや, あと街路の一部, あと衣川柳太郎は一人炉辺, あと裁判長が巣鴨, あと補欠として新た, あと要はビスケットを, あと見えずかも, あと見ざる英武の, あと見せて, あと見ゆるまで, あと見りゃ怖しい, あと見物人はなだれ, あと見送つたが, あと見送った猪口兵衛は, あと見送らずにはいられなかった, あと見送ると一つ, あと親子三人互ひに, あと親子二人がどんな, あと親類や縁者たち, あと解かれた羊にな, あと言うんじゃ, あと計画中の青年塾, あと訊ねたところ果して, あとでなあ, あと評論家では河上徹太郎, あとでも吟じ, あと詰問するよう, あと話題をかえる, あと語調を変え, あと誠一やカヤ, あと課長は少し, あと調べを半, あと謳われながら死んだ, あと警官の捜索, あと議会が何, あと議長が型, あと谷中名物の芋阪, あと豹一がはいる, あと豹一のはいる, あと貨車が一度, あと貴島とルリ, あと赤シャツと野, あと赤坂へミス・コロ, あとひて, あと足りないのは, あと足音をしのばせる, あとの上, あと踊りの稽古, あと身代金の額, あと軍人の内閣, あと軍師呉用のいる, あとく庭下駄, あと農民組合が更に, あと近くの明月園, あと近ごろ何かおもしろい, あと近畿から九州, あと近頃は川口, あと掛せず, あと追いかけたれどついに, あと追うべき力も, あと退りして出, あと退りすると横座, あと送って下さい, あと送つてくる, あと逃げるように, あと途切れ途切れでもどうやら, あとは掌, あと連絡を取る, あと進めたいと思います, あと遂に雷雨が, あと遅く出た風, あと過熱のため, あと道のりはどれ, あと道具の取り払われた, あと遠山に越えなし, あと遺骨は父, あと部屋はひっそり, あと都築泰亮は下男相手, あと酔いながら踊場, あと金六町の, あと金原が, あと針目博士のす, あと銅貨が一ツ, あと銘々が菓子果物, あとの前, あと門衛がかれ, あと間もなく徹太郎が, あと間違えたって, あと防ぐアイアース, あと阿賀妻を促した, あと陽貨がどんな, あと隆夫はひとり, あと隠居するため, あと隼人の話, あと雑談的なおもねるよう, あと雪明りが赤, あと電柱から電柱, あと青くキビキビと, あと面倒じゃなかった, あといろの, あとやからだ, あと頷くばかりで, あと頼まれてなった, あと頼みますぜ, あと頼んで見る, あとを伏せた, あと食べてエスペラント, あと食べた半熟ざうに, あと食べるものと, あと食堂に来る, あとを食つて, あと飲めもせぬ, あと養生もしない, あとすところ二寸足らず, あと餘程あんべ, あと首席国老になった, あととともに死ん, あと馬の脚の番, あと馬縡切れぬ草, あと騒いでいる, あと驚ろいて, あと骸骨の戸, あと高い身分の, あと高新将軍の, あと高知に入り, あとがうすく軽く, あと鳥人の術, あと鳴いて川, あと鳴海潟のあと, あと鴻の巣の田本, あと麻布の家, あと黄ろい金貨, あと黒板の横, あとって教室, あと黙りこんでしまう