青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あて~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あっ~ あっし~ ~あった あった~ あったら~ あっち~ ~あつ あつ~ あつし~ ~あて
あて~
~あと あと~ あな~ ~あなた あなた~ あの~ あはれ~ ~あまり あまり~ ~あまりに

「あて~」 3856, 42ppm, 2787位

▼ あて~ (1245, 32.3%)

27 いた 19 いる 18 みた 13 みると, 手紙を 12 見ると 11 いるが, 泣いて 10 ある, ごらんなさい 8 あった, ごらん 7 ゐた, 書いて 6 みました, 見て 5 いると, のぞいて, みたが, みたり, みて, 何か, 声を, 泣き出した

4 [11件] あるが, いました, いるの, しくしく泣い, しまった, みたまえ, みましたが, 御覧なさい, 書いた手紙, 泣きだした, 顔を

3 [14件] いたが, いましたが, しまいました, みましょうか, みますと, みる, 喰べて, 囁いた, 御覧, 息を, 来て, 発射した, 見ませうか, 見れば

2 [64件] あり大きな, あるという, あるところ, あるの, いと白く, いるよう, いる様子, おいて, こういった, こう書いた, さめざめと, しまひました, じっとこちら, すすり泣いた, その和名, それから苹果, どちらも, みよう, みるの, みろ, やると, やるの, わたしの, ゐる, グッと, ソッと, 一通の, 下の, 中の, 中を, 云った, 俯向いた, 同じよう, 多くの, 室内を, 彼に, 待って, 急に, 手を, 書いた, 来た, 来たの, 泣いた, 涙を, 片手を, 眠って, 眼を, 立ったまま, 考えて, 聞きました, 肩を, 見せた, 見た, 見たり, 見ました, 見ましょうか, 見ますと, 見ようか, 見るの, 足を, 身を, 長い手紙, 静かに, 頭を

1 [805件 抜粋] あくまで北国, あたりへ, あちこちと, あった本営, あって, あとに, あの悲壮, あの手紙, ありのままに, あり二階, ある入口, ある白い, ある繃帯, いいの, いきましたが, いくらか, いたから, いたという, いたハンカチ, いた唇, いた恵瓊, いた監督, いた真赤, いた貂蝉, いった, いつもてかてか光っ, いない, いなかったらそのまま, いらっしゃいますか, いられるところ, いるかも, いるこしらえだったが, いるよ, いるらしい, いるツクバネソウ, いる乳母, いる人たち, いる女, いる姿, いる左, いる望遠鏡, いる洋装, いる鶏項草, うずくまりこれ, うつむいて, うつむき大西, うつよう, ええいやっと, えへん, おいおいと, おいで, おいでに, おおハッチソン君, おかあさんを, おくと, おけば, おしもが, おのれの, おやすみ中, お上り, お冬さん, お書きなさい, お通, お静, かきます, からだを, かわいそうに, がんばりました, きいた, きつく噛み, きれいに, きれぎれにさけぶ, くすりと, くれ, くれた, くれたよう, くれまいか, くれ私, ぐいぐいと, ぐっとおさえつけました, こう密書, こちらを, この盛大, こんな至急報, ごほん, ごらんに, ごらんよ, さけんだ, さっきからの, さんざん悪口, しばらくじっとし, しばらくブドリ, しばらく考え, しまうん, しょんぼりと, しんから, じっとおとうさん, じっときき入ってる, じっと夢想, じっと床, じっと考え, すぐその後, すぐに, すすり泣いて, すすり泣くの, せめて死刑, そこから, そこに, そっとかい, そっとその, そつと, そのまま, そのナンセンス, その両端, その呼吸, その濃, その真中, その閃い, それから吸物, それを, ただお, たよりが, ち, ちょっと考え, つぎの, つれの, なかを, ながい電報, なきだした, なにかした, なにかぼそぼそと, なにやら喰つて, ねて, はがきを, はるか北の方の, ばねを, ひいつと, ひそかに, ぴゅうぴゅうぴゅうと矢を, ふいて, ふわふわと, ぼんやりと, まぎれも, まさぐって, まるで目, みせました, みその, みたの, みたもの, みなを, みますよ, みようか, みること, みるなぞと, みろう, みろとか, むこうを, もう一度よく見きわめ, もぐもぐと, もらいたいもん, もらい泣きする, やった, やって, やつた, やること, やろうと, ゆうぜんとし, ゆく人冬め, ゆすぶりながら, よいの, よく聞い, よく見, よこした末期, わああと, わああと云, わざと考える, わざわざ雀, ゐたが, ゐるの, ゐるらしく力士, ゐる母親, ゐる開票場, オペラ役者も, キスを, クスクス笑いました, コルと, ゴオメに, シクシク泣い, ジックリと, スライドを, チロルの, バルコニイを, バンソー膏を, ヒョコヒョコうごかし, ピル, ブルブルと, ベッタリ臥伏せ, ホールドし, 一つずつの, 一つ掘っ, 一口飮む, 一心に空, 一書を, 一気に舟, 一緒だ, 三四度ずうっ, 上から, 上げたいと, 下がき, 丘を, 丸木艇の, 乾かしながら, 乾して, 事細やかに, 京へ, 人々の, 今にも引き金, 今や疾走, 仰向きに, 休めるため, 伸び上がる, 低い声, 体を, 何かの, 何かを, 何でも, 余分な, 使って, 俯伏し, 傷口の, 傾きながら, 働いて, 僕は, 元気で, 六里の, 兼ねて, 内部の, 出した, 出した手紙, 出すこと, 出ようと, 割るに, 力を, 動悸を, 匂いを, 匍匐に, 厚みと, 反曲, 反省し, 口笛を, 古藤から, 叫んだ, 右の, 同情する, 吹いて, 吻, 呟いた, 周次へ, 味わって, 呼ぶの, 呼吸を, 唸った, 喇叭を, 喜び極まったところ, 囁きかけました, 回送し, 固い床, 城塞の, 塔に, 大いにすがすがしい, 大声で, 大声を, 大駆け, 天狗岩の, 天道流の, 奧樣と, 女の, 妻として, 姉さんの, 嬉しがった, 子供を, 安心する, 客僧は, 寝たらよい, 寝たら今日, 寝むとす, 寝む事, 寝る癖, 寺名も, 少しでも, 少し反り身, 居ながら, 居る, 山内古図とともに, 山牛蒡の, 差し出したこと, 帰りかけると, 幾多の, 底力の, 度を, 引いた, 彳みました, 彼が, 彼は, 彼女に, 後から, 心臓の, 忍び音に, 思出したら, 急いで, 息の, 悲歎の, 愁訴を, 慰め顔に, 戦場から, 戸籍抄本を, 技を, 投げこむよう, 抱へ, 押すという, 拍子を, 拝むよう, 拝んで, 振つて, 播いた, 教えを, 早打した, 明か, 暁闇の, 暖めたり, 暗を, 暫く顏, 書いたかと, 書いたの, 書いたフロオベル, 書いた二通, 書いた艶, 書かれたもの, 書かれるもの, 書きそえて, 書きつづけて, 書き送つた手紙, 書く, 書く手紙, 書物を, 書簡を, 木之本の, 来たところ, 来たもの, 栖方は, 横に, 樹の, 欠伸を, 次の, 正夫を, 歩いて, 死んで, 気の毒な, 気絶させ, 水を, 泣いたって, 泣いたの, 泣きす, 泣きだして, 泣きはじめた, 泣き声を, 泣き続けた, 注意深く聞い, 津に, 流行歌を, 深い椅子, 深く考えこんだ, 温めながら, 潰さうと, 炬燵にあたって, 熟と, 熱い涙, 父を, 片手で, 玄徳の, 玉鬘夫人は, 生ずる干渉縞, 町の, 病気の, 白い面, 監禁生活の, 目で, 直径五寸も, 眉を, 真っ直ぐに, 眠ったが, 眠りには, 眺めた, 眼病の, 瞳は, 磁石に, 祈念し, 私を, 突っ張って, 窺うと, 立ちどまって, 端坐し, 笑った, 答えた, 籐の, 納屋と, 紙で, 継布の, 縮んだらあした, 縮んだら明日, 罐の, 羽柴どのを, 考えこんだ, 考えなおせよ, 考えますと, 考えるが, 考へてる, 耳に, 聞いて, 聞きました松風, 聞くに, 聴いて, 聴きました, 肘を, 胎内の, 胸に, 膝まずい, 膝を, 自分は, 自国人の, 至急会いたき, 茶碗を, 融かすと, 血しお, 行った, 行って, 表書きの, 西洋の, 要るだけぐらいの, 見せました, 見せるという, 見たそこ, 見たら火, 見た愛, 見なければ, 見やれ, 見ろと, 見ろよ, 見脈, 覗いて, 覚束ない, 言いました, 言って, 言つた, 訊ねた, 記憶を, 許しを, 話させなかった, 話しかける必要, 語られて, 貰うが, 貰う家, 路を, 身が, 軽く笑った, 辛うじて凌い, 迎えて, 返事も, 追込んで, 送られた, 送りくるよう, 透かして, 透して, 速達便が, 遂に銃声, 遠方から, 部屋の, 重々しく答えた, 重要な, 銀行間を, 長い告白, 長い返事, 雪だるまの, 電流を, 鞠は, 響を, 頂きたいという, 頬ぺたをふくらましてプープー吹き出しました, 頼信紙に, 願いを, 飛雲の, 食物を, 飲む, 駈けて, 駈け去る日ごろ, 高い鋭い口笛, 鹿児島まで, 默つて周圍の, 黙って, 黙然と俯向

▼ あて~ (630, 16.3%)

107 して 27 ならない 18 ならないもの 11 なるもの 8 なるもん, 手紙を 7 ならぬ, ならん 5 ならないの, ならぬこと 4 しないで, しながら, なって, ならないと, なりません, なりませんね 3 しては, せずに, ならないよ, ならないよう, ならない事, 折らばや, 生きて, 見し白雲, 見し雲

2 [32件] したの, しちゃ, しない, するもの, する方, なったわ, ならないから, ならないけれど, ならないこと, ならないね, ならないわ, ならないん, ならなくなって, ならぬと, ならぬもの, ならぬ価格, ならんね, ならんよ, なりました, なりませんよ, なるか, なるものぢ, やさしさ, 来ると, 死んで, 清明し, 無電で, 発送した, 細道を, 行くもの, 送金する, 頼む

1 [312件] あの人形, あるいて, いうでは, いくたび, いみじく, うって, おくったトレチャコフ美術館, お残し, お電話, お高, お鳥目, かかって, かかれた次, かくれたその, かれに, きた, くわしい報告, この先の日, これからは, これまで, これを, こんな地獄みたい, ごく短い, さらに手紙, されて, されると, しあらかじめ, しきって, しそれ, した, したこと, したもの, したわけ, したカント的啓蒙活動, した報告, した場所, した恰好, した手紙, した暴利, した汽車, した蕎麦, してさ, してしか, してるわけ, しないが, しないこと, しないでね, しない金, しない顔, しなければ, しねえでこの, し道端, すべから, する, するから, すること, すると, するという, するな, するななんて, するなよ, するには, するの, するやう, するよう, する人間, する以外, する気持, する馬鹿, すれば, せずいわば, せずとも, せず戦争中, せず自分, せぬと, せんでも, そのお, そのノート, それかと, それかとぞ, それからあし, それが, それに, だんだん近づい, ちょいちょい投書, できる, とことこ出かけました, とどきました, なされぬほどの, なったもの, なったもん, なつた, ならずあるかないかも, ならずやはり, ならず邪道, ならないあて, ならないかを, ならないが, ならないし, ならないですね, ならないという, ならないといふ, ならないといふの, ならないとは, ならないなと, ならないに, ならないので, ならないやっぱり, ならないわけ, ならない人物, ならない仮説, ならない保証人, ならない多数, ならない御免安, ならない情報, ならない気, ならない汽車, ならない無理, ならない男, ならない福島屋, ならない話, ならない贋物, ならない非, ならなくなりました, ならぬが, ならぬの, ならぬは, ならぬ予期, ならぬ事, ならぬ事故君, ならぬ偽, ならぬ助け船, ならぬ卜者, ならぬ折柄, ならぬ援助, ならぬ物, ならぬ目録, ならねえ, ならんかしら, ならんが, ならんさ, ならんじゃ, ならんの, ならんもの, なりませぬ, なりませんからね, なりませんので, なりませんわ, なりませんわね, なりませんわよ, なりゃア, なるの, なるも, なるやう, なる話, なろう, なろう訳, もらつた手紙, やや児, ゆくと, ゆずっとくな, よこした手紙, らうたげ, わざとらしい世辞笑い, わたしを, ロツクフエラー研究所から, 一つの, 一心にたづ, 一筆書き送っ, 三通の, 中傷の, 事務長を, 二人の, 二十三本抛り込まれた, 二百両渡す, 今一度この, 仕掛ける意図, 他の, 他州, 仰山ものを, 伸子に, 似たもの, 何とかいう, 何を, 何んぞ, 依頼し, 入学の, 全く思いがけない, 八蔵は, 内証で, 出て, 出来ないと, 分ってるし, 分らん, 十一日から, 十年十五年と, 千葉から, 只管に, 各地から, 君動く, 吹きいって, 和一郎夫婦あてに, 地方から, 報告が, 墨磨り, 奏進始末を, 女を, 女子を, 始めたの, 始めた料理家, 始終龍一, 家路の, 寄した, 尋ねて, 尽くす気, 川へでも, 差し出すべき誓約書, 差出された, 弟が, 彼を, 待ちぬいて, 御柳の, 御隠居, 忍びやかに, 急いだの, 恋しい心地, 恥かかし, 懸命に, 戦うか, 手紙いただい, 手紙が, 手紙がまゐりました, 抗議書を, 折らはや, 折らば, 抱いたよう, 押しかけた人, 持参した, 指先を, 接近を, 掴んで, 提出した, 提出する, 新しい男, 是非便乗を, 昵と, 書いた, 書いて, 書かれた手紙, 書きながら, 書こうと, 木曾谷山地官民有の, 本国から, 来たの, 来た書簡二通, 東に, 染色の, 次ぎの, 次の, 歩くに, 歩を, 死ぬる, 沙漠を, 濱へ, 無電を, 特に山崎, 痩せたるかの, 登つたら, 着いて, 知れたらいかんこと, 結納の, 翔けるの, 聲を, 花摘み, 茶々も, 見し, 見しあたり, 見し処, 見し處, 見せて, 訓令を, 走った, 走って, 辞令が, 近づいて, 追蒐, 退役願いを, 送った, 送って, 送られて, 送りました, 送り届けた, 送る, 送るやう, 送電線を, 逢うたらハッキリ, 遺書を, 避難所の, 郵送させた, 郵送し, 銀行で, 長々と, 長い手紙, 隠してること, 隠してるの, 集まる近国, 電報を, 願書を, 首でも, 香ぐはしき, 駈けだした, 駈け寄って

▼ あて~ (391, 10.1%)

16 なしに 13 ない 9 なかった 7 なく彷徨, なく歩い, なく歩いた 6 無しに 5 ないの, ないので 4 なかつた, なく歩く 3 なく, なくこの, なくその, なくふらふら

2 [29件] ないが, ないこと, ないのに, ない旅, なき感情過剰, なくあこがれ, なくあたり, なくさ, なくさすらい, なくさま, なくただ, なくぶらりぶらりと, なくまた, なくブラブラ, なく其所, なく市中, なく散歩, なく旅, なく日本橋, なく東, なく歩き出した, なく歩き廻っ, なく漂っ, なく落ち, なく街, なく運び, なく野原, なく電車, なく飛ん

1 [238件] ありは, ありません, ありませんから, あるもん, あんたと, いく, ういつ, うちゃあ, お京はん, きめないで, しらん, そのつもり, ちゃんとそろっ, つかない, つきかけて, つきませんの, できたので, とうときおん, ないあこがれ, ないから, ないただ, ないで, ないところ, ないに, ないは, ないぼんやり, ないよう, ないらしい, ないらしく, ないん, ない享楽, ない人間, ない体, ない何, ない冬, ない凝視, ない原稿, ない寂しさ, ない広い飛行場, ない恋, ない悲しみ, ない情熱, ない手紙, ない推量, ない散策, ない新しい湧き水, ない方, ない明るさ, ない晩餐, ない暗い夜, ない波, ない海, ない漂浪者, ない濱, ない病人, ない瞑想, ない空, ない胎動, ない草, ない諸国行脚, ない軽挙, ない道, ない金, なうさ, なかつたが, なかつたので, なき金, なくあちこち, なくあちら, なくあっちこっち, なくあるけ, なくうろうろ, なくうろつい, なくうろついた, なくおい, なくこ, なくここ, なくさまよい, なくさまよいました, なくさまよう, なくさまようた, なくさまよっ, なくさ迷い, なくさ迷っ, なくしかし, なくしかも, なくじっと, なくそこ, なくそこかしこ, なくそれら, なくそろそろ, なくた, なくたずね, なくただよっ, なくつい, なくで, なくと, なくなった, なくなに, なくなりさうに, なくなるし, なくひろい世間, なくふらつい, なくぶら, なくほんのり, なくぼんやり, なくまごまご, なくやっ, なくやんまの, なくゆく, なくアルス, なくエヴリーマンス・ライブラリー, なくキョロキョロ, なくセカセカ, なくトボトボ, なく一人, なく一方, なく一直線, なく下宿, なく世間, なく二重窓, なく人, なく停車場, なく出, なく出かけ, なく出歩く, なく刑務所, なく別, なく努力, なく動かされ, なく唾, なく回, なく外出, なく多摩川, なく夜, なく夢想, なく好奇心, なく宵, なく小さい指, なく山, なく山城, なく左右前後, なく幾日, なく廊下, なく廻り, なく彷徨い歩く, なく往来, なく待ち望む, なく待ち続け, なく待つ, なく急い, なく振り, なく捜し, なく探しあるいた, なく揚水所, なく揺いでる, なく揺ぎ始めた, なく放浪, なく敦賀, なく旋回, なく果, なく歩, なく歩き, なく歩きたい, なく歩きまわっ, なく歩きまわる, なく歩き廻つて, なく歩き続け, なく歩き続けた, なく流れ, なく浮かれ出で, なく海上, なく溝, なく無事, なく焦立って, なく燃えさかる石炭, なく町, なく畑, なく異性, なく目, なく短刀, なく祝日, なく神楽坂, なく私, なく秋安, なく秋篠川, なく立ち騒い, なく総, なく能楽堂, なく自堕落, なく華やか, なく薄気味悪く療院中, なく街道, なく見廻した, なく見渡し, なく誰, なく踏む, なく踏段, なく蹤, なく辿り行く人影, なく迷った, なく追, なく追い, なく逃げ, なく進ました, なく運, なく闇市場, なく隅, なく雑木林, なく雑誌, なく青二, なく顔見世台, なく飛び廻って, なく飛ぶ, なく駅, なく駆け出し, なく駈け出し, なく騒ぎ, なしで, なしであった, みい度, 一緒に, 下着の, 乘せ, 会うとき, 受けましたが, 喋くりは, 外づれて大いに, 決心も, 洋服きたら, 無いの, 無く登っ, 無し路, 知りま, 行て, 見出せないの, 連れて, 阿呆や

▼ あて~ (247, 6.4%)

7 はずれて 6 あるの, 飮むあんたが 5 ない 4 あるわけ, つた, はずれたよう, はれて 3 あるん, ないの, 外れて

2 [13件] ついて, つて, つてゐた, なかった, はずれた, はずれたこと, はれた, ひ扶持, ひ衾, ふが, 寂しうなる, 払いました, 飮んで

1 [172件] あかんいふたらあかん, あって, あの人放ったらかし, あります, ありますが, あるか, あるかと, あるとも, あるなんて, あるので, あるべさ, あるやう, ある訳ぢ, あんじよう, あんた所い行く, あんぢ, いうたらあの, いける思えらく能者筆, いつぱい飮む, いつもと, うめえ汝, おまん, お客でつ, きっときっと手エ, ございますので, そろそろえ, ちがう, ついた, ついたかい, つかないよ, つかなかったとき, つかなかつたん, つきはじめたと, つきませんか, つきませんでした, つきませんの, つたことに, つたり, つた後で, つた物から, つてある, つてくれつ, つてぐつと反身にな, つてしかめ, つては, つてまた, つてもら, つてやつた, つてるのみ, つてゐる, つて下され, つて下すつた, つて二時間ほど, つて右廻しを, つて呉れた, つて大便を, つて始終, つて彼は, つて恰好を, つて濡れた, つて睡, つて置い, つて自分だけは, つて見, つて見た, できて, ないから, ないけれど, ないこと, ないと, ないとは, ないので, ないのよ, ないひどい貧窮, ないまま, ない希望, ない訳, なかつた, なく, なくっちゃ, なくて, なくなり以前, なくシヤツ一枚, なく肉体, なければ, ねえじゃ, ねえん, はずれそう, はずれたが, はずれたため, はずれたところ, はずれたので, はずれた様, はずれます, はずれるの, はずれ辱, はれうもの, はれそれ, はれたの, はれた一本, はれた事, はれた室, はれた家, はれた寝室, はれた小さい, はれた庭向き, はれた時, はれた暖炉, はれた机, はれた煖爐, はれた牝, はれた部屋, はれました, はれやがて, はれ乍ら, はれ勤め, ひ, ひうま, ひつ, ひながら, ひに, ひまする, ひませんでした, ひ一二, ひ乍ら, ひ味, ひ彼, ひ斜め, ひ暖めては, ひ横, ひ置く次第, ひ胸, ひ鏡, ひ風邪, ふことも, ふ間もなく, ましい声援, ましくやって, わるべき両手, イヤに, 一人で, 一合五勺減り, 代っても, 何隠してる, 働いて, 咄嗟に, 外れこいつ, 外れた, 外れたが, 外れたという, 外れたといふ, 外れたやう, 外れましたね, 外れるよ, 奧さんに, 好きで無い, 巧アいこ, 怖おっせ, 惡おました, 持って, 此の, 死ぬいうたら一緒, 死んだらええ, 無かった, 続々繰り込ん, 行っても, 行つて頼ん, 見えて, 言うて, 起しに, 違うぞ, 黙ってられますか

▼ あて~ (212, 5.5%)

7 ような 6 私信 5 ないもの, 手紙を 3 手紙に, 手紙の

2 [12件] あるもの, ある旅, お手紙, ないあの, ない人, ない散歩, ない旅路, には, 口腔から, 手紙が, 方から, 方角を

1 [159件] あやめを, うちは, おかげで, お救い, お浜, お酌, かはり, が多かっ, こと, ことや, こと何カ月や, この書き, こんな姿, しようも, すきま, でつし, では, ところに, ところを, ないこと, ないと, ない世界四千万, ない事, ない今, ない仕事, ない列, ない境遇, ない多数, ない大池, ない大連行き, ない小次郎, ない幸福, ない彷徨, ない悔恨, ない情ない事, ない憤り, ない探偵, ない旅, ない望み, ない朝夕, ない極東, ない武断派, ない消息, ない現実, ない男, ない目つき, ない祝言, ない私, ない者, ない表情, ない視線, ない詩, ない誰, ない足どり, ない遑, ない道, ない道中, ない隣人愛, ない音階, ない魚肉, ねえこと, ねえもの, はずれたの, はずれた時, はずれた面持ち, はずれて, もきわめて, ものである, ものを, ように, エハガキを, ハガキや, ロールキャベツ無く, 一通の, 三万両さ, 両側からは, 中に, 二三通も, 二十七列の, 人の, 信書と, 信書を, 俳友は, 出茶屋が, 勘定で, 厚い角封筒, 名が, 名前を, 嘆願書の, 嘆願書は, 嘆願書を, 国に, 國に, 外れたの, 外れたやう, 外れた母ぢ, 夜興行の, 失火の, 姉ちゃんかって, 子どっせ, 家で, 家へ, 家も, 封書が, 布で, 性分として, 恥ずかしい文, 手探りに, 手無理こ, 手紙だ, 手紙なんか, 手紙には, 手紙は, 手紙も, 投書は, 文の, 方からも, 方が, 方で, 方に, 方向を, 旦那はんどした, 昆布の, 昔の, 書簡から, 死んだお, 気味もござりまし, 気持で, 氣の, 氣分が, 物取りで, 私信電報, 紐を, 紹介状を, 背中の, 脅かしの, 葉書で, 裸ばっかり, 計画的な, 詫書が, 請願書は, 謝意と, 谷へ, 買物を, 返事には, 返事を, 郵便が, 郵便物は, 郵便物を, 配給品が, 釣師が, 附文を, 雪は, 電報が, 電報であった, 顏になんぞ, 願書を, 食費を, 魚は

▼ あて~ (95, 2.5%)

8 まつて 6 ないの 4 まつた 2 あてで, あてるを, あるの, ない, なかった, 三田公が

1 [65件] あんさんが, あんたが, あんたに, いろいろと, かのは, こうして御馳走, ここで, ございませんが, しだいに激しく, しない, すっかり外れた, そない, であるといふ, とうから死ぬ, どうでも, ないが, ないけど, ないけになあ, ないし, ないで, ないん, ない松虫鈴虫, なくそこで, なし早, なし青息吐息, なし風浪, ねえが, はずれた, ひとりぼっ, ほんまに, まず甲州, またあまり, またはずれる, まるや否や, むるやうにはなりぬ, ようせん, ツンボー, マドモワゼルや, 一番の, 今しも, 今の, 今日も, 伯耆, 何時も馳, 依然としてない, 別にない, 嘘やろ, 四条大橋に, 外れた, 女學校へも, 持場によって, 早乙女だ, 汚れた身体, 無いながら, 窮屈で, 立つて, 自慢や, 茶碗の, 藝者みたいなし, 車掌さんと, 野呂間の, 金子, 長々と, 面倒な, 食べられなかつたから

▼ あてども~ (82, 2.1%)

3 ないこと, なくさまよっ, なく歩い 2 ないところ, なくさすらい, なくさまよう, なしに

1 [65件] ない, ないもの, ない夕闇, ない嫉妬, ない山奥, ない戯れ, ない旅路, ない物, ない考え, ない行き当りバッタリ式, なくあの, なくあるき, なくうろうろ, なくここ, なくさま, なくさまよいつづけた, なくそこら, なくつぶやき, なくひたすら, なくふら, なくぶらつく, なくまぎれ込ん, なくクローク, なくブラブラ, なく一升瓶, なく一所, なく二人, なく其処ら, なく凝視め, なく前, なく動きまわっ, なく匍匐, なく山, なく彷徨, なく彼方此方, なく探し, なく散歩, なく旅, なく暮しまわった, なく歩き廻った, なく歩き續, なく江戸, なく海岸通り, なく涯, なく漂わせ, なく田舎, なく町, なく町中, なく祈念, なく空, なく立つ, なく繰りかえされる, なく芝生, なく街街, なく見, なく見入つて, なく読み散らし, なく走り出し, なく足元, なく辿る, なく逍, なく進ん, なく風, なく飛び歩い, 無く口

▼ あて~ (67, 1.7%)

10 の姫 9 の娘 5 が, の子, の家, の家自身, は庭 4 に仕へ, に仕へる, は知らぬ, を讃 1 に仕え, に仕える, のいる, の郎女, は世の中, も, を讃える

▼ あてには~ (53, 1.4%)

6 ならない 3 して, ならぬ 2 ならないが, ならない事, なりませんが, なりませんなあ, なるまい, 決してなりません

1 [29件] しない, しないぞ, しなくってよ, すまい, するな, せぬよう, どうしても三田さん, ならないけれど, ならないし, ならないぞ, ならないん, ならない先登, ならなかったけれど, ならぬあなた様の, ならぬが, ならぬと, ならぬ事, ならぬ物ぢ, ならんが, なりませぬ, なりません, なりませんがね, なりませんでしょう, 出來, 出来ないこって, 成らないが, 打ちませんでした, 重吉の, 頭の

▼ あてながら~ (50, 1.3%)

2 言った, 黙ってな

1 [46件] うっかり釣込まれた, うつむきかげん, おさえつけたよう, されるまま, しきりにそこ, しげしげ向う, しばらく月, すすり泣いた, それを, とうとう炬燵布団, どもりどもりこう, ひょいと見る, ぶつぶつ言う, わざと切り口上, ストルムの, テエブルの, ベッドの, リュクサンブールに, 一生懸命に, 不図, 中の, 久慈の, 二人の, 云った, 何か, 四人とも, 宇治を, 座に, 挨拶の, 時々吐息, 柳田医師と, 楽しそう, 母が, 母様の, 涙を, 熱狂的に, 物思はし, 私は, 聞くよう, 自分で, 言つた, 遠くなる, 酸味の, 鏡の, 震えた, 黒い布

▼ あてたり~ (32, 0.8%)

5 した, して 4 水晶の 3 しながら

1 [15件] いくども, がやがや話し合っ, すること, また置場所, まっすぐに, 下眼, 又は刀, 尻を, 滓が, 眉を, 眺めて, 眼瞼を, 磨いたり, 襖を, 頬を

▼ あて~ (29, 0.8%)

4 した人 3 して, つけて

1 [19件] うるさい邪魔, きめるに, さし置いて, しましたが, する当て, めくりとって, 両方から, 仕て, 受けること, 口から, 持って, 汚して, 狙って, 知つ, 知つてるいふてはる, 知つてゐる, 見舞に, 貼りつけた, 道具に

▼ あて~ (17, 0.4%)

2 三田公と

1 [15件] いっても, この御, ごっつ, し, して, する法然, ちっとも変れへん, てなかった, ぼとぼと歩い, プロテクターを, モルガンの, 一緒に, 三田公は, 呼吸を, 栄ちゃんと

▼ あて~ (14, 0.4%)

2 なく歩いた, なさ 1 ないしても, ない生命力, ない空虚, ない邪推, なくホーム, なく彷徨い出した, なく往来, なく時間, なく町, なく道

▼ あてどの~ (14, 0.4%)

1 [14件] ない一人旅, ない不愉快, ない八つあたり, ない可能, ない尋ね人, ない愛, ない憎々しさ, ない憎しみ, ない日本, ない氾濫, ない興奮, ない視線, ない話, 辺りに

▼ あて~ (13, 0.3%)

1 [13件] あつた, いう訳, なしに, よろしからず菊, 勝手に, 半蔵の, 女中が, 悪おした, 手紙を, 旅館に, 来た一番, 死んだか, 芸者衆を

▼ あてなし~ (13, 0.3%)

3 の旅 2 に歩い 1 であったうしろ, にお, にフラリ, にブラブラ, に庭, に旅行, の逍遙, みたいに

▼ あてもの~ (12, 0.3%)

3 遊び 1 などで組立てられ, などをする, の店, も御座いません, や駄菓子, をし, をする, 遊びの, 遊戯の

▼ あてつけ~ (11, 0.3%)

2 の言葉 1 が囚人酋長等, が多く, ではない, ではなく, に意地, のやう, の意味, は取る, を忍ぶ

▼ あて~ (11, 0.3%)

1 [11件] あの御方さん社長さん, にはわからへん, にはわからん, にまかし, に同情, のいう, のきよいつき, のこと, のしてる, るべき各, るべき恨も憎も火上

▼ あてかて~ (9, 0.2%)

1 あの時姉ちゃん, あんたの, さっきみたいな, そない, ゆんべまんじりと, 大阪で, 早よし, 覚悟してる, 話出来へん

▼ あてなき~ (8, 0.2%)

1 帆舟は, 思いに, 探し方, 旅の, 旅を, 瞳遠く, 落人の, 道を

▼ あてにも~ (8, 0.2%)

1 ありのままを, して, しませんでした, ならないこと, ならぬもの, ならぬ事, なりませんが, 手紙を

▼ あて姉ちゃん~ (8, 0.2%)

1 とこい, と一緒, と此処, にあんまり, にそ, にそんな, より外, を

▼ あて推量~ (7, 0.2%)

1 かしら, だけで, できめ, です, とそして, まで持ち込まれ, をし

▼ あてその~ (6, 0.2%)

1 うちに, 上から, 勇を, 動かない足, 南北には, 方向へ

▼ あてては~ (6, 0.2%)

1 いたが, いるが, しッ, ぬすみ見るよう, 泣いて, 高い音

▼ あてでも~ (6, 0.2%)

2 あるの 1 あれば, したよう, 会うたらさぞ, 無いわ

▼ あて啼け~ (6, 0.2%)

6 ば橡

▼ あてずつ~ (5, 0.1%)

3 ぽうに 1 くつて, ぽうな

▼ あてても~ (5, 0.1%)

1 さびしや, たじろがず誰, たちまち尽きるであろう, 描は, 自分一人の

▼ あてとも~ (5, 0.1%)

3 なしに 1 なくこう, なく漕ぎ行かせつ

▼ あてなる~ (5, 0.1%)

1 もの, 気, 気し, 物, 薔薇

▼ あてにを~ (5, 0.1%)

2 さな, さなく笑 1 さなく

▼ あてはずれ~ (5, 0.1%)

1 か, だね, なら全, になった, よ

▼ あて~ (5, 0.1%)

1 かさ, かに, かに白きめでたき, がったな, わ姉ちゃん

▼ あて込み~ (5, 0.1%)

1 であつ, なん, のかん酒屋, の値安芝居, の幕末もの

▼ あてがい~ (4, 0.1%)

2 の食物 1 の料理, の献立料理

▼ あてこと~ (4, 0.1%)

2 もない 1 のはづれてばかり麦, もねえ

▼ あてでは~ (4, 0.1%)

1 どうにも, ない, ないの, なく塩

▼ あてまた~ (4, 0.1%)

1 ゴム管の, 一部に, 女は, 微風に

▼ あてもう~ (4, 0.1%)

1 一方の, 一通は, 二階イ行く, 死ぬ死ぬ

▼ あて~ (4, 0.1%)

1 をよく, を変, を近づけ, を閉じ

▼ あて~ (4, 0.1%)

1 でみだら, の一手, をくれ, をくわされた

▼ あて~ (4, 0.1%)

2 も無い 1 もない, もなくある

▼ あて~ (4, 0.1%)

1 にあて悲しみ, をうずめ, をつんと, を隠した

▼ あて~ (4, 0.1%)

1 には小さな, をうなだれ, をうなだれる, をかしげ

▼ あてかなわん~ (3, 0.1%)

3 のどっせ

▼ あて~ (3, 0.1%)

1 した, へあれ, へすれ

▼ あて~ (3, 0.1%)

2 海苔の 1 チュウクロス

▼ あてじっと~ (3, 0.1%)

1 宗春を, 物思いに, 立って

▼ あてそして~ (3, 0.1%)

1 叫んだ, 向うへ, 言った

▼ あてそれ~ (3, 0.1%)

1 が済む, に接吻, をゆさぶる

▼ あてそんな~ (3, 0.1%)

1 こという, ことなんとも, こと聞いてる

▼ あてたる~ (3, 0.1%)

1 心地であった, 方へは, 智月庵

▼ あてての~ (3, 0.1%)

1 お柳, 怒りに, 手紙を

▼ あてという~ (3, 0.1%)

1 ことに, ンじゃあ, 感情が

▼ あてどとも~ (3, 0.1%)

2 なく歩い 1 なく這

▼ あて~ (3, 0.1%)

1 さに, の, のだ

▼ あてはど~ (3, 0.1%)

2 ないなっ 1 ないにも

▼ あて~ (3, 0.1%)

2 をおしつけ 1 を小さく

▼ あて~ (3, 0.1%)

2 を流し 1 をふい

▼ あて~ (3, 0.1%)

1 をふるわせ, をゆす, を縮めた

▼ あてあした~ (2, 0.1%)

1 の朝起きがけ, べにや

▼ あてあんた~ (2, 0.1%)

1 みたいな, を殺し

▼ あてあんな~ (2, 0.1%)

1 こと書かん, 人と

▼ あてええ~ (2, 0.1%)

1 とこ知ってる, 本持っ

▼ あて~ (2, 0.1%)

1 さよか, テお

▼ あてかって~ (2, 0.1%)

1 きっと好き, 覚悟してる

▼ あてがは~ (2, 0.1%)

1 づれてが, づれて泣き

▼ あてがへば~ (2, 0.1%)

2 あとは

▼ あてこんな~ (2, 0.1%)

1 人の, 意味の

▼ あてさえ~ (2, 0.1%)

1 おなじなら, ない

▼ あてそれから~ (2, 0.1%)

1 その白金, 歸つて來て

▼ あてたま~ (2, 0.1%)

1 ふ, へ

▼ あて~ (2, 0.1%)

1 から白痴, んが

▼ あてだつ~ (2, 0.1%)

2

▼ あてちょっと~ (2, 0.1%)

1 の間, 用事あん

▼ あてつつ~ (2, 0.1%)

1 その炭, 叫んで

▼ あててでも~ (2, 0.1%)

1 いたもの, やるよう

▼ あてとこ~ (2, 0.1%)

1 は宿屋, やっぱりあかん

▼ あてとして~ (2, 0.1%)

1 直接罹災者の, 馳けさせ

▼ あてとも無し~ (2, 0.1%)

1 に三人, に神田

▼ あてなど~ (2, 0.1%)

1 あるはず, 持って

▼ あてなりし~ (2, 0.1%)

2 人今は

▼ あてにでも~ (2, 0.1%)

1 その女, 活きて

▼ あてみたい~ (2, 0.1%)

1 なも, なもん

▼ あてよう~ (2, 0.1%)

1 とぎらぎら, 知りま

▼ あて~ (2, 0.1%)

1 えらいえらい難儀, 電話で

▼ あて全身~ (2, 0.1%)

1 をこわばらせ, をガクガク顫わせ

▼ あて内部~ (2, 0.1%)

2 の動き

▼ あて左手~ (2, 0.1%)

1 でしっかと, をぐっと

▼ あて強く~ (2, 0.1%)

1 息を, 押して

▼ あて~ (2, 0.1%)

1 つかはし, 薬を

▼ あて~ (2, 0.1%)

1 をくれ, を引き

▼ あて手紙~ (2, 0.1%)

1 をかいた, を書いた

▼ あて~ (2, 0.1%)

2 寄せたのに

▼ あて故里~ (2, 0.1%)

2

▼ あて斜め~ (2, 0.1%)

2 に枝

▼ あて~ (2, 0.1%)

2 を叩き落し

▼ あて生き~ (2, 0.1%)

1 てられへん, てエ

▼ あて眺め~ (2, 0.1%)

2 たり

▼ あて~ (2, 0.1%)

1 には判らなかった, に手足

▼ あて~ (2, 0.1%)

1 へ向け, を眺め

▼ あて~ (2, 0.1%)

1 が分らない, に挨拶

▼ あて階下~ (2, 0.1%)

1 の書斎, を寝室

▼ あて~ (2, 0.1%)

1 を啜り, を押しつけた

▼1* [338件]

あてあきまへんのどっせ, あてあて聞いて, あてあにが商売, あてあのやうに, あてあやまりに來, あてあんたらの寝ついた, あていきなりあおのけに, あていくらか眼を, あていっそ会うわ, あていっぽうのはし, あていやいやをし, あてうしろは人形, あてうつつなし蕾, あて風呂い這入っ, あておくってきた, あておなじ左手の, あてお下げ渡しくださるならわし, あてお勝手で朝餉, あてかていつまでも山の上, あてかて持つてまつ, あてかぶせ声を, あてから見たら化石みたい, あてがはば細君や, あてぐつと睨む, あてぐらい不仕合せな, あてぐりぐり揉みながら, あてこう書いた, あてこちらから押す, あてこの判決は, あてごともない, あてごと競争をやらぬ, あてさせてこんど, あてさせたくならせるかと云え, あてさもばかに, あてしばらくじっと考えて, あてとても矢はつ, あてじりじりと甚太郎, あてーと, あてすぐにうとうと, あてすつぽふ, あてすべてで四百字, あてずっぼうと, あてずるいことない, あてせつ子は理性, あてそう書いた久慈, あてそこにピストル, あてそこらにあった, あてといはば, あてただ悲哀の, あてたりなんかして, あてたる者がその, あてだったので眼, あてだらけの洋服, あてちがいだったでしょう, あてちゃんと自分でと, あてつと眺め入る, あてっきり雪之丞さん, あてって云ふこ, あてづつぽうに検温器の先, あてていうのでした, あててから半蔵を, あててだけ手紙を, あててのみ脅迫状を, あてであってもつら, あてであったがその他, あてとてもないとき, あてとの紙の, あてとは何か, あてとんと二度ほど, あてどうしたら好い, あてどうしても嫌どす, あてどしたんえ, あてども無しにそこら, あてなあ今大阪, あてない混乱に, あてながらも寝ないで, あてなどが睡いなど, あてなどにはすでに体言的, あてなにかひと言二た, あてなんかないん, あてなんにも知りへんのに, あてにてはならないもの, あてにと逗留する, あてにともない申しわけ, あてになどして, あてに対して忠実誓う, あてぬき足さし足で, あてねというように, あてのて品もの, あてのでもいいですよ, あてはかと清濁, あてはかといふ語のはは, あてはがきを出しました, あてはさまることに, あてはなああの娘さん, あてはむべきもので, あてはやきもちや, あてはるかふもと村の方, あてばんをさ, あてぱッと帯紐, あてぶといひ一つ, あてぶといふ語の将然, あてぶりの踊り, あてまさにきたらん, あてまずく行っても, あてまで逃げのびましょう, あてまわりに何, あてをくれ, あてむこのうち, あてもうこうなったらどんな, あてもうちょっと用ある, あてもそない思うねんし, あてもなやわれの, あてやうといふの, あてやつたらお, あてゆっくりとホールド, あてゆんべから何処, あてより抜萃, あてらうちにこんな, あてらみたいなもん, あてら今でもほんま, あてら平生はゆるゆる, あてら洋食みたいなもん, あてら階下に下りてん, あてら顔滅茶苦茶やわ, あてら魚食うたこと, あてわざともぎだうに突, あてわずかでは, あてわらぐつなどを与え, あてインクを水, あてコブナグサを, あてジーッと力, あてズッポーに選べ, あてダブルベッドがおい, あてて御, あてピンセットでつまみ出し, あてピントをあわせました, あて一しょに食事, あて一つを耳, あて一寸真紀子の, あて一寸行て見, あて一日米一升の兵糧割り当, あて一杯飮んで, あて一種の浮力, あて丈夫な手, あて三田さん何やらこわい, あて三鈷を持った, あて下図をつくりました, あて世の中を自分, あて眼を, あて両手で縋りつい, あてによってロマンティーク, あて乍ら右手で袂, あてがお, あてつつばかりゆすぶつた, あて二段女子にその, あて人らが, あて人生に対する反抗心, あて人間よりも高貴, あて今朝あの手紙, あて付けがまし, あて令嬢はしばらく, あて伏義文王周公の呪文, あて伺いましたのや, あて低くこっちから, あてか聞こう, あて信二は身分証明書, あて俯向いて, あてが画, あて光芒を投げ, あて其筋肉をつんざけり, あてには国内, あて再び二階へ, あて出来ましたねん, あて別に莎草を, あて刻々報道したい, あて前後に小, あて勘定してたもん, あて化粧の残り香, あて千五百円の金, あて右手の拳, あて名前だけは厳め, あて向こう側に黒い, あて呼吸をはかっ, あて嘆願書の下書き, あて四指を頸, あて坊ン坊ン好きどす, あて堪忍して, あての屋根, あて塩野に差し出した, あて墨繩を引き, あてのボタン, あて声聞を下, あては衾, あて大ころと云, あて大声で知らせ, あて天井へ入れ, あて天皇の世, あて太い低声, あて太陽を覗きはじめつ, あて夫人の手, あて妊娠してるいうこと栄ちゃん, あての婚姻, あて娘百合子にあて, あて婢女が泣ける, あて家内の様子, あて射撃してる国民兵, あて小さい方を, あて小便をし, あて山栗を我が, あて嵌めねば承知, あて嵌めることを, あて嵌らない田舎で, あて帝国ホテルの山丸さん, あてもない, あて引き金を引い, あて当時二人の幼い, あて彼女の許し, あてのこれ, あて従来寺小屋を開い, あて微笑しながら, あてにがっかり, あてには邪悪, あて悲しみ悶えて, あて意見出しました, あて感傷の皮, あてよくもてなし, あて懐中電灯で照らし, あて戸棚を開き, あての浜寺, あてを撃鉄, あて推量なぞをし, あて握りままに拵え, あてのようす, あて洞は, あてまでに口, あて日あたりのいい, あて昆虫が飛び, あて暫く眠った, あて暴虎馮河ざんぶと濁流に身, あて書いている, あてつた事ぢや, あて木材のうえ, あてをもう, あて村役人はべつに, あて板栗を我が, あてちゃんと兄弟, あてをした, あて根気よくネジ, あて格闘して, あてとする, あて次には内面, あてして, あて死んでも光ちゃん, あて死んだかて幸福, あて死んだら光ちゃん死ん, あて残り半金を贋貨引換, あて毒死になった, あてや山氣, あて江戸品川の元, あて決心のつかない, あて沿道諸藩, あて泣きなんぞしません, あて泣く真似を, あて活溌な活動, あて湖水のふち, あてに入れ, あて満身の力, あて火傷をさせた, あて片手を丸太小屋, あて片手杖なむなむの, あてが泣きけり, あて生れてからお, あても自分, あて痛みの去る, あて発送したの, あて白足袋をはい, あて百ポンドが千ポンド余り, あて百座敷のうち三十, あて眠つた振りをし, あて着物かえさ, あてをつがえ, あて知らん間アに, あて知りめへんで, あて社会につら, あて秘密無電をもっ, あてまる限り, あて米一升銀八分をば加配, あてである, あて編笠の奥, あて縄ずりして, あて繃帯でぐるぐる, あて聞いていた, あて職工をたくさんやとい, あてを丸く, あて背中をぬくめたら, あて脈搏を探つた, あてを胸, あて腹部に温湿布, あてをぺろぺろ, あてを失っ, あて若しあの時偶然, あて英雄の, あて茅栗を我が, あてを服, あてなきところ, あてて見, あてを取った, あての蔭, あて西宮の一二三四番, あて西空に流れる, あて誇張した腰, あて赤い鹿の子の, あて軒さきから繁った, あて輝かせるものを, あて迅速にヘクト, あて通しだった, あてひ大, あて違いをする, あて遠慮しようなあ, あて醉拂つちや, あて金壱百円也を寄贈, あて附けだのそんな, あて難きに杉, あて電話でコーヒー, あて電送したの, あて青髯のあと涼やか, あて静かに舌, あて面白そうに, あて面白くなつて來, あての踵鉄, あて頬ぺたをゴムまり, あてをぐっと, あて食べて去る, あて飲ましたげるわなあ, あて高くなる, あて高城が土手, あて麻雀で夜明し