青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あつし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あちら~ ~あっ あっ~ あっし~ ~あった あった~ あったら~ あっち~ ~あつ あつ~
あつし~
~あて あて~ ~あと あと~ あな~ ~あなた あなた~ あの~ あはれ~ ~あまり

「あつし~」 1345, 15ppm, 7689位

▼ あつし~ (370, 27.5%)

10 町方の 9 何んにも 6 それを, 神田の 5 もう腹 4 それが, もう癪 3 平次だ, 御存じの

2 [17件] お糸坊, このま, さう, また可笑しく, もう親分, よく知つて, 下手人は, 何にも, 大變, 妙な, 御上の, 昨夜の, 最初から, 氣にな, 癪に, 見たこと, 錢形の

1 [286件] あつしで, あつしなりに, あつしは, あのヨイヨイ, あの娘ぢ, あの庭, あの手拭, あの清吉, あの親分, あの話, あれは, あんな物凄い, いきなり背中, いひ寄られた方, いろ, うんと言, お上の, お元, お君, お妾, お徳, お松の, お松を, お行儀, かう張合, かう見えても, この三日, この上, この下手人, この世に, この事, この涼み櫓, この通り五體滿足, この騷ぎには口, これつ, これで, これでも, これ一枚が, そとで, その稻妻, その細工, それから, そんなもの, そんなわからねえ, そんなチヨボクレ, そんな事, そんな人間, そんな怖い, そんな惡, そんな覺, そんな馬鹿, たつた二百兩, ちよいと, つく, とぼけた顏, どうかし, どうしても, どうせ間拔, どうなる, どうも半, どうも小林母子, またお, また一生懸命, また少し, また自分, また親分, まだあんな, まだ寢, まだ手, まだ晩飯, まだ死ぬ, まだ用事, まだ聽, まだ行つて, もういけない, もういや, もうこの, もうやられる, もう一つ隱, もう今日限り, もう何處, もう口惜しく, もう可笑しく, もう嬉しく, もう我慢, もう明日, もう歸, もう面白く, もう首, よく, よく存じ, よく見る, イヤだ, イヤな, ガラツ八でも, ケチな, ツクヅク世の中が, 一と, 三年も, 下谷中を, 世の中が, 世の中に, 丸潰れだ, 事を, 二つ三つ横つ, 二三人達者な, 二三日寢つかれません, 二人がちやん, 何と言, 何んとも, 何方の, 何時怖い, 何處かに, 借金は, 先づ江戸中の, 先生を, 入つて, 入口に, 入口の, 八五郎と, 其處まで, 其處までは, 其處を, 北の, 十手捕, 半九郎, 南瓜に, 南部坂の, 危ないと, 厄介な, 去年の, 又そんな, 又親分, 友達仲間でも, 叔母の, 口先で, 口惜しい, 口惜しくつて, 古いこと, 呼ばれて, 呼び付けられて, 命を, 命惜しみなんか, 唯の, 地獄の, 外から, 外廻りの, 大江山の, 大黒屋の, 女の, 女の子に, 姐さんに, 娘運が, 嬉しいね, 家を, 寢ず, 寳搜し, 專次から, 岡つ, 幇間です, 平次でございます, 平次といふ, 御免を, 御内儀, 御用繁多で, 徳利だ, 徳利同, 忙しい身體, 怒りますよ, 恩を, 惡い, 我慢が, 扇の, 手を, 手柄を, 手習師匠の, 拔いたん, 拔け, 放つて, 敵を, 斬られつけないから, 旅から, 日本一の, 早寢, 早速十手, 早速飛ん, 明神下の, 明神下まで, 昔から, 暮から, 朝飯も, 木戸の, 本當, 橋の, 正直者で, 此處へ, 武家が, 死んで, 殺されさうな, 氣の, 氣を, 江戸中の, 決して寺本さん, 決して手柄, 深川の, 淺五郎と, 瀬踏みだけで, 無闇に, 片瀬から, 獵師の, 玉姫の, 甘く見られた, 甘口です, 生きて, 生き葬, 生れてから, 百まで, 皆んな知つてゐる, 目を, 直ぐ歸つて, 直ぐ飛込ん, 眼を, 矢つ張り, 矢張り有峰何んとかの, 知りません, 知りませんが, 知りませんよ, 磔刑にな, 笑つて笑つて笑つ, 縁側の, 考へる事, 聽い, 腰を, 自慢ぢや, 良いもの, 若旦那とは, 薄寒くなりました, 虫氣の, 裸馬で, 褒美の, 見たわけぢ, 見た事, 見事に, 見當, 親分, 親分が, 親分の, 親殺しの, 言つた, 詮索が, 誰が, 變な, 豊年坊主の, 貧乏だ, 貰ひ, 賭を, 近頃とんと, 近頃どうかし, 追つ, 逆樣, 通ひきれません, 遊藝が, 運が, 道學の, 遠縁で, 金之助が, 金持からは, 釣に, 釣船から, 釣船に, 間拔け, 隣りの, 隨分命がけで, 隨分氣の, 雷鳴樣は, 青錢か, 頭が, 頼りない, 風邪を, 飛び込むと, 飮んで, 餘つ, 馬より, 髷節でも, 黒木長者の, 龍宮城へ

▼ あつし~ (269, 20.0%)

11 顏を 9 ところへ, 家へ 7 首つ 6 方が 5 やうな 4 方は, 言ふ 3 地です, 家の, 手に, 智慧ぢや, 聽いた, 顏が, 顏も

2 [16件] いふこと, ことぢや, ことで, 叔母が, 叔母の, 床の, 手を, 手柄に, 智惠は, 申すこと, 知つた, 知つてゐる, 耳へ, 胸倉を, 見當ぢ, 話を

1 [161件] あれを, お尋ねする, お株を, お膝元, お願ひと, ことは, つつっぽ, ところで, ところの, はすぐ, もとの, も見, やうなど, やうに, 三尺を, 不思議が, 世帶, 事なんか, 人助けを, 仕事だ, 仕事で, 仕事とは, 作です, 倍も, 側に, 傍では, 出入り先の, 前で, 力には, 勘ぢや, 友達の, 叔母さんだつて, 叔母さんに, 叔母さんの, 叔母に, 口から, 口一つで, 口上を, 口眞似, 名なんか, 名を, 命が, 國ぢや, 地聲で, 外に, 女房で, 妹と, 姿を, 威勢に, 子分で, 字よりは, 學で, 守袋が, 家, 家から, 家です, 家と, 家は, 寢て, 小尻, 尻の, 岡惚れでも, 師匠は, 帳面に, 役目は, 從弟が, 心願です, 思ひつき, 恥に, 惡口が, 懷を, 懷中から, 懷中の, 手から, 手にを, 手先にな, 手柄で, 手柄とは, 手柄なんかに, 手紙を, 拳骨ぐらゐはもろに, 方から, 方で, 方です, 方に, 方には, 方にも, 方の, 智惠袋が, 智慧でも, 智慧も, 書き拔, 柄が, 柄ぢや, 柄に, 棚おろしは, 油斷で, 油斷です, 泊つて居る, 煙草入れの, 物で, 用向きは, 男が, 留守を, 疝痛と, 白木の, 目と目が, 相方は, 眞物の, 知つてる, 知らない大, 知合ひ, 素姓は, 素姓を, 考へたの, 耻な, 耻ばかり, 聲を, 背中で, 背中へ, 背後へ, 脇を, 脾腹が, 脾腹へ, 腕前も, 腰へ, 腹は, 臆病を, 行つたのは, 襟髮に, 見當, 見知り人を, 見立てで, 親の, 話は, 調べは, 負けでした, 赤鰯を, 足の, 跣足の, 身上が, 身替りにな, 身體が, 身體は, 身體を, 近くには, 追ひつく, 逢つたのは, 部屋へ, 金です, 附け髷, 隣の, 頬ぺたを, 頬を, 顏は, 首筋を, 鼻ぢや, 鼻の, 鼻へ, 鼻を, 鼻紙ぢや

▼ あつし~ (195, 14.5%)

2 しよつ引いて, やりますよ, 一と, 世話を, 斯ん, 此眼で, 行つても, 親分を, 驅け

1 [177件] あの邊, いつまで, おんぶし, お上の, お勝手から, お店, お葉, この手, この村, この眼, さう言, さう言つて, さう言つてやつ, その僞金造り, その度, その月見, そんな事, そんな馬鹿, たつた一人, ちよいと, つけてから, とても面白い, やります, やりや, やりや宜, やるつもり, ゐさ, ゐないと, 一人で頑張つ, 一向死に, 一度見た, 一念發起し, 一番先に, 一緒に, 万事を, 三日も, 三河屋の, 下手人だ, 下手人でない, 下手人を, 乘つて見ませう, 乘込む, 乘込んで, 二目置かされる, 五六目勝ちました, 五日四晩飛び廻, 代つて言, 何んとか, 何時腰を, 使の, 來た, 來りやもう, 側に, 備へを, 先刻, 先刻覗いた, 入つて, 出た時, 勝ちましたよ, 勝つたと, 勝負事の, 參ります, 名主樣の, 向島へ, 呼出されましたが, 嘘を, 大きな聲, 大川橋から, 女なら, 子さら, 子分に, 孫の, 專次でございます, 居た部屋, 居なきア不自由, 居るから, 居るとも, 居候に, 居候を, 平次で, 引取つて參ります, 引受けて, 引返して, 恥を, 惡かつ, 意見され, 手傳つてきつ, 手傳つて上げます, 拜まれました, 拾つた, 持つて, 持込んで, 挨拶し, 掃除を, 搜した, 搜し出し, 搜し出す, 散々で, 旅に, 晝の, 樣子を, 止めました, 此處に, 死骸を, 氣が, 氣に, 氣を, 汗を, 泊つてゐる, 生れて, 用事が, 盜つ, 眞珠太夫を, 知らないくら, 石段を, 神田から, 立會つてお, 立會はう, 笑つたのは, 約束した, 納まりませんよ, 縛つ, 縛つて行きます, 繪解を, 腹を, 色男番附へ, 行かなかつた日, 行きませう, 行くと, 行くの, 行くん, 行く二三日前, 行つた, 行つたのは, 行つてや, 行つてやらう, 行つて來ませう, 行つて睨んだら, 行つて見ませう, 行つて鉢合せを, 見たところぢ, 見たの, 見たわけぢ, 見付けたとき, 見付ける前, 見張らせて, 親分で, 解きましたが, 訊いた時, 訊ねたこと, 調べたとき, 調べました, 變だ, 負けたら打つなり, 負けたんで, 貰つて家作を, 貰はう, 起上がると, 躓いて, 身代りに, 辨慶讀み, 逢つて見ませう, 錢形の, 間拔けに, 面と, 順序を, 預かつて, 頑張つて, 頼まれて, 飛んで, 餅の, 首を, 馬鹿見たい, 鳥越の, 默つて十手を, 鼬と, 鼻提灯に

▼ あつし~ (125, 9.3%)

5 それを 4 最初は 3 それに 2 一緒に, 氣が, 生れて, 行きますよ

1 [105件] あの内儀, あの剃刀, あの野郎, あれほど, あんなに驚いた, あんまり馬鹿, お供しませう, お午時分, お葉さん, これから踊り, これ丈けに, その祕藥, それは, それア其通りだ, そんなこと, そんな氣, た, たまには, ついそんな, ほろりと, もう三十何年經, ギヨツと, 一つ氣が, 一と, 一寸逢, 一度あの, 一度は, 上州へでも, 不思議でならねえ, 乞食の, 二三日は, 今度ばかりは, 今朝は, 仲間に, 先刻から, 入つちや, 八所借, 初めて知, 去年の, 叔母さんに, 口くらゐきいた, 呆れましたよ, 器用ぢや, 困つて, 坊主に, 大した氣, 女と, 嫌ひで, 安心しました, 家へ, 少しは, 少しばかり, 少し呆れ, 少し引つ, 少し禁呪, 御免で, 心を, 心掛けて, 急に, 戀患ひ, 手傳ひます, 持つて, 掛り合, 時々裸, 正直の, 泊つて宜, 泣いて, 焦れ死にした覺, 現に聽, 用事を, 男の子で, 直ぐさう思ひました, 相談に, 睡いところ, 知つて居ます, 突つ込ん, 算盤の, 義理が, 考へたが, 聽きました, 聽きませう, 肩身が, 膽を, 行くん, 行つて見ます, 見たこと, 見たわけぢ, 見ちや, 見ましたよ, 見ませんが, 話の, 詳しく聽, 變だ, 近いうち, 近頃は, 逢ひました, 連れて, 酒の, 金が, 錢形の, 隨分いろ, 隨分自害を, 隨分首縊りを, 頭の, 飛んだ骨

▼ あつし~ (59, 4.4%)

3 來て 2 任せて, 化けて, 知らせて, 逢ひ

1 [48件] あと四日見張つ, お禮, お貸し, くれて, ことづけたの, わかるもの, わかる道理, ゐて, 乘替へ, 任して, 先といふ, 助けられたの, 取つて, 口移しに, 命を, 噛り付いた, 字を, 店屋物一つ取らせない, 引合はせ, 形見に, 御用で, 御用と, 惚れて, 教へて, 書けと, 氣取らせない, 汗を, 泊つ, 泊つてゐ, 漏した, 瀬踏し, 用事といふ, 用心棒に, 系圖さがし, 行水姿を, 見せたの, 見せて, 解る道理, 言つ, 言は, 言はせる, 話し度, 讀めませんよ, 逃げられちや, 逢ひたいといふ, 違ひありません, 頼みに, 頼むぢやありませんか

▼ あつしには~ (50, 3.7%)

8 少しも 6 見當 5 腑に 2 ちつとも, 何んにも, 覺え

1 [25件] そんな覺, たつた一人心當, どうも腑, まだ解らない, まるで見, よく讀めねえ, わからないこと, わかりませんよ, わけも, 何が, 何も, 判らない事だらけ, 勿體ない, 呑込み兼ねます, 妙な, 惡者が, 我慢が, 皆んな言つ, 花嫁殺しの, 薩張り解らない, 薩張わからねえ, 解らない事, 許嫁も, 賽錢泥棒くらゐ, 酒も

▼ あつし~ (43, 3.2%)

7 一緒に 2 八五郎が, 大の, 若旦那の

1 [30件] いふ者が, すつかり仲好し, ポチポチで, ポチポチといふ, 丁度互先, 久兵衞だけで, 互先です, 仲好しに, 友達に, 同じ心持, 女房が, 居留木さんと, 慰め合つて, 打叫び, 杵太郎さんが, 氣が, 狩屋といふ, 百兵衞が, 相吉さん, 相模屋の, 睨めつこ, 親分が, 親分と, 解りましたね, 話して, 逢つた時は, 釣仲間は, 鍛冶町の, 門, 飴屋の

▼ あつし~ (38, 2.8%)

2 つかまへて, 呼んで, 殺せば

1 [32件] のぞいてと, やつて, セルの, 介抱し, 口説いたの, 吃驚りさせない, 呼出したといふ, 呼出すん, 因縁も, 始め土地の, 引張り出したあの, 待つて, 慰めて, 手傳はせ, 拜んで, 此處へ, 泊めて, 物蔭へ, 用心棒に, 相手に, 突き飛ばすぢ, 自分の, 茶店へ, 蔭へ, 見つけて, 見付けても, 親分と, 跟けて, 道具の, 門口に, 除けば, 頼つて轉げ込んだ

▼ あつし~ (22, 1.6%)

9 やありません 2 やね, や見 1 やあございません, やどうして, やどうにも, やどうも, や何うに, や御座いません, や此上, や此上探り, や無い

▼ あつし~ (19, 1.4%)

2 つてわかります

1 [17件] が旦那, つたかも, つて, つてそんな, つてツイ聲を, つて御免蒙り, つて撫斬りされ, つて柏餅を, つて殿松の, つて眼くらゐ, つて萬兩といふ, つて讀めます, つて身に, つて身上は, つて金さへ, つて食ひません, つて馬子を

▼ あつしにも~ (15, 1.1%)

3 わかりませんよ 2 讀めさ 1 わかりません, 大方の, 差入れを, 引越して, 見當, 覺え, 解らねえ, 解りません旦那, 讀めましたよ, 逢は

▼ あつしなんか~ (11, 0.8%)

1 [11件] その馬鹿, ぢや, 人間が, 大晦日の, 影法師でも, 烏の, 盜んだ, 腑に, 覗いて, 貧乏で, 身を

▼ あつし~ (10, 0.7%)

2 せう 1 さへ, できること, は不足, は役に立ちません, は手, へエ, 不足なら止す, 外から

▼ あつしでも~ (7, 0.5%)

2 間に 1 それくらゐ, やり度, 命は, 手に, 此上の

▼ あつしなら~ (6, 0.4%)

1 お艶, どんな事, 朝の, 毎日朝に, 百萬兩と, 節を

▼ あつしから~ (5, 0.4%)

1 殿樣へ, 申しませう, 申上げ, 話し度, 順序を

▼ あつしなんかは~ (5, 0.4%)

1 もう腹, 戀敵が, 猫が, 生れ變つても, 相手に

▼ あつしのせゐ~ (5, 0.4%)

5 ぢや

▼ あつし~ (5, 0.4%)

1 お品さん, 彌太, 眞面目な, 逃げ出しやしませんが, 食物商賣だ

▼ あつしはね~ (4, 0.3%)

1 親分お, 親分の, 親分外に, 越前屋の

▼ あつし一人~ (4, 0.3%)

1 で, で澤山, の力ぢ, の罪

▼ あつしあつし~ (3, 0.2%)

1 と打, と門, 図書館へ

▼ あつしとは~ (3, 0.2%)

1 大變, 懇意な, 長い間

▼ あつしなんかには~ (3, 0.2%)

1 當り, 白い眼, 鼻も

▼ あつしばかり~ (3, 0.2%)

1 ぢや, で, でなく親分

▼ あつしもさう~ (3, 0.2%)

1 思つた, 思つたから, 思つて念を

▼ あつしもさう思ひました~ (3, 0.2%)

21 がね

▼ あつしもさう思ひます~ (3, 0.2%)

1 がね, がね村越峰右衞門, よ

▼ あつし~ (3, 0.2%)

1 の仲間, の手, の豚

▼ あつしだけ~ (2, 0.1%)

1 であと, 行く分

▼ あつし~ (2, 0.1%)

1 なりもてゆき二十一日, エ面かい

▼ あつしといふ~ (2, 0.1%)

2 人間は

▼ あつしとお~ (2, 0.1%)

1 君が, 君の

▼ あつしなどは~ (2, 0.1%)

1 本當, 極樂行

▼ あつしより~ (2, 0.1%)

1 二つしか, 弱いなんて

▼ あつし竹刀~ (2, 0.1%)

2 とりお前

▼ あつし~ (2, 0.1%)

1 の面目, は本所

▼1* [38件]

あつしからもお禮, あつしなりにし, あつしこそお禮, あつしこの寢卷を, あつしたちが流し, あつしだけでもと仕度を, あつしでござんす, あつしでしたよ, あつしですよ, あつしでたうとう昨夜, あつしでない事は, あつしとの長年の, あつしとのみや思ひわ, あつしなりに昨夜の, あつしなんかの相手に, あつしなんかを泊める氣, あつしなんざ腕はできない, あつしにや讀めねえ, あつしのせゐだ勘辨し, あつしのせゐですよ親分, あつしのせゐ見たいに言, あつしの買つた富札の番號, あつしはまるつ切り見, あつしまた息ぐるし, あつしもう觀念し, あつしもさう思ふんです, あつしもちよいと, あつしやあねもう, あつしよりは若くて, あつし一人きりで, あつし一人腹がチクリ, あつし二人一緒でした, あつし図書館へ行こう, あつし地神もさだめ, あつしは冷し, あつしれども, あつし程は眼は, あつし見たいに間拔