青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あちこち~ あちら~ ~あっ あっ~ あっし~ ~あった あった~ あったら~ あっち~ ~あつ
あつ~
あつし~ ~あて あて~ ~あと あと~ あな~ ~あなた あなた~ あの~ あはれ~

「あつ~」 24090, 260ppm, 365位

▼ あつ~ (16612, 69.0%)

554 のだ 320 のです 309 のである 235 ことを 203 ことは 190 がその 189166 んだ 163 のか 142141 がそれ 140 と思ふ 139 といふこと 136 やうに 131 と云 115 かも知れない 112 ので 111 のであらう 104 ことが 102 のを 101 といふ 99 のだらう 93 が私 89 からである, んです 88 筈だ 77 もので 75 のは 74 と言 7069 事を 68 ものと 67 から 60 が彼 59 がこの, 事は 58 かどう, とすれ 57 ものだ 56 が今 52 やうだ 49 と見え 48 かも知れぬ 46 のでせう 45 ことも 44 がこれ 41 ところで, ものが, 事が 40 と思はれる 38 やうな 37 と思ひます 36 にし 35 ことに 33 のかと, のかも, ものぢや 32 ために 31 ことで, といふの 30 ものか 29 がしかし, わけで, 筈である 28 がそれでも, ので私, やうである 27 がさ 26 かも知れません, としたら, のが 25 やうです 24 かと思ふ, こと 23 ことだらう, であらう, のでその 22 かといふこと, からその, からで, とする, に違, ものである, ものを 21 かもしれない, がやがて, が今日, が僕, といふ事, と見える, と記憶, のであります, のに 20 が自分 19 ことである, ね 18 が何, が然し, ところの, のでそれ, ものです, 筈の 17 かそれ, からだ, に相違, 時の 16 時は, 為に 15 から私, がある, がそんな, んで

14 [11件] からです, か知れない, が二人, が其の, が後, ことと, ぢや, ので彼, やうで, 事も, 筈です

13 かといふ, かと思はれる, がお, ことの, のかな, わけだ, 時に, 私は

12 [13件] か知らぬ, があの, がまだ, が其, が又, が彼女, しまた, とのこと, と云つて, の, ものは, わけです, 時には

11 かしら, からこの, か私, が大抵, といふ話, ところから, やうでございます, わけである, んでせう, 事で

10 がた, がどうも, がまた, がもう, けれどもその, と私, もんだ, わ, んだらう

9 [12件] かのやう, から彼, がかう, がそこ, が之, ことだ, と見る, のだつた, のでこの, のでございます, のでした, 方が

8 [27件] かそれとも, からそれ, からであらう, がその後, がため, がどう, がやはり, が多く, が女, が少し, が心, さう, し, といふやう, とかで, と思はれます, と言つて, な, にち, のでそこ, ばかりでなく, もの, もんぢや, 場合に, 為である, 訣である, 頃の

7 [38件] あつた, かの如く, からこれ, から今, か今, か或は, か知らない, があれ, がこんな, がさて, がそして, がわたし, が今度, が同時に, が実際, が彼等, が或, が此, が誰, が遂に, が間もなく, ことだけは, それは, ためか, つけ, とか, としたなら, とは云, とも云, と聞く, にせよ, のさ, のよ, ものに, 事と, 爲に, 筈で, 筈な

6 [39件] かなかつた, か忘れた, がいつ, がこ, がすぐ, が同じ, が是, が母, が父, が突然, けれども, ことか, しそれ, ぜ, だけで, といふ噂, とおも, ところへ, としてもそれ, とはいへ, とは言, と思, と考へ, と考へる, と謂, のでこれ, ので僕, のと, のなら, のも, はずである, やうでした, ようだ, んぢや, 事である, 彼は, 所で, 私の, 頃は

5 [57件] かし, かその, かといふ事, かね, かもう, からし, から何, か否, があまり, がいま, がそれにしても, がつい, がどうやら, がふと, がゆき子, が一つ, が一向, が夜, が大, が妻, が娘, が日本, が時, が朝, が次第に, が此頃, が私達, が要するに, けれど, けれどそれ, けれどもしかも, けれども私, ことから, ことすら, さ, しその, といふわけ, としても, とみえ, と思つて, と想像, のかい, のかね, のだろう, ので今, ので直ちに, ので自分, ように, 人だ, 場所から, 彼が, 彼の, 或る, 時代に, 時分の, 樣だ, 自分の

4 [106件] かとお, かと思はれます, かもしれぬ, からだらう, からであります, から僕, かわからない, か何, か自分, があ, があたり, がいくら, がいつか, がいつの間にか, がここ, がこれら, がそれだけに, がちやう, がどこ, がどんな, がな, がまるで, がやつ, が一度, が人間, が今年, が何と, が何処, が何故か, が併, が例, が兎, が夕方, が実は, が容易, が御, が思ひ, が斯, が時代, が最後, が此處, が流石, が浸で, が渠, が爲め, が特に, が船, が若し, が近頃, が追, が部屋, が雨, けれどもそれ, ことなど, ことまで, ことや, し又, そうだ, ためで, といはれる, といふもの, といふ事実, といふ説, ところである, ところを, との事, とも今, と思う, と思へる, と考へられる, と見, にしろ, のであつ, ので此, のにそれ, のに今, のに違, はずだ, ほどだ, ものだらう, ものも, ものらしい, やうであります, わけぢや, わよ, んや, ンだ, 事だけは, 事に, 人で, 位である, 僕の, 場合は, 女の, 後で, 日の, 時, 時である, 椅子を, 樣に, 為で, 程だ, 筈ぢや, 老人の, 蓮田へ, 長い歴史

3 [215件] かい, かお, かこの, かこれ, かといへ, かととふ, かと思ひます, かと想像, かと申します, かと記憶, かな, かまた, かもしれません, かも知れなかつた, かも知れませぬ, からあの, からさ, からつい, からといつ, からな, からね, からの事, から先生, から多少, から少し, から自然, かわかりません, かを想見, かを知る, か兎, か判然, か平次, か或, か此, か知る, か知れぬ, か知れません, か記憶, があゝ, がいづれ, がうつ, がされ, がしかも, がそのうち, がとうとう, がどの, がはじめ, がもし, がもともと, がよい, がよく, が一方, が丁度, が不, が二三日, が今や, が今朝, が仕方, が他, が何分, が何時, が余, が例へば, が俺, が兄, が先生, が其時, が初め, が友達, が同じく, が外, が夫, が失敗, が如水, が家, が家康, が当時, が急, が意外, が未だ, が極めて, が正直, が段々, が氣, が為, が現在, が生憎, が白, が直ぐ, が相, が相手, が祖母, が稍, が第, が結局, が結果, が義雄, が翌, が芥川, が花, が途中, が酒, が餘, けれどもあの, けれどもこの, けれどもこれ, けれどもそれでも, けれどもまた, ことなどを, ことよ, し現在, し私, それを, つけが, つけな, と, という, といひます, といふし, といふぢ, といふ外, といふ意味, といふ証拠, といふ風, といへ, ときの, ときは, ところに, としてもその, としても其, としても私, とはいふ, とは思はれない, とも見えぬ, とも言, と云ふから, と伝へ, と思へ, と断言, と申します, と考, と聞い, と聽, と見られる, と記録, にした, にも拘らず, のかしら, のぢ, のでお, のでなく, ので一層, ので久しい, ので何, ので先生, ので少し, ので早速, ので更に, ので皆, ので義雄, ので誰, のに對, ほどで, ものとは, ものの, ものらしく, ものをと, やうでございました, やうにも, やら想像, ようである, んださうです, ツけ, 一人の, 丈に, 事それが, 事だ, 事な, 事の, 二つの, 位で, 先生の, 処の, 処へ, 刀を, 場合には, 場所で, 女が, 家を, 山の, 当時の, 彼女の, 所へ, 手拭を, 故に, 日には, 日は, 時から, 時で, 時も, 時代が, 時代だ, 時代では, 樣です, 私が, 私に, 筈は, 茶碗を, 萱堂が, 訣です, 訣では, 話を, 金の, 頃から, 頃には

2 [613件 抜粋] あ, あたりに, あたりの, あれは, いままた, お吉, かい風, かす, かそれさ, かといふやう, かと彼, かなア, かは明らか, かは疑問, かも知らぬ, からお, からかも知れない, からさあ, からそんな, からだつた, からといふ, からとて氣, からわたし, から今日, から他, から余程, から其晩, から別段, から十日, から彼等, から恐らく, から或は, から暫く, から此, から矢張其頃, から私達, から軍治, から這, かを忘れず, かを知らない, かを知らぬ, かを示す, かを考へ, か不明, か二年生, か今私, か全然, か又は, か忘れ, か思ひ出せない, か想像, か然, か知, か知ら, か知りません, か知れなかつた, がいよ, がお父さん, がかうし, がかうした, がかなり, がきん, がこんど, がさびしい, がしばらく, がすると, がそこで, がそれから, がそれでは, がそれほど, がたしかに, がただ, がだ, がちよ, がとにかく, がなかなか, がなつかしい, がふい, がみよ, がやりだし, がわし, がキヤベーヂ, がパジエツトさん, がフランス, が一人, が一国, が一旦, が一番, が一緒, が三人, が下, が中, が主人, が久しく, が久しぶり, が予, が二年生, が二度, が京都, が人, が今宵, が今更, が何だか, が何となく, が何處, が余り, が來, が信吾, が信長, が元々, が先づ四五日, が全く, が其処, が其夜, が其處, が其間, が其青田, が凡そ, が剃, が剃髪, が前, が北人, が千人, が南方, が博士, が取り出した, が古く, が善良, が夢, が大した, が大体, が太刀, が妙, が妻君, が子供, が客, が家人, が富岡, が寧ろ, が少く, が山, が山伏, が左, が平安朝, が後に, が後者, が恐ろしい, が意味, が成績, が房一, が折々, が持つ, が故に, が新しい, が日, が明, が昔, が春, が時々, が晩年, が晩酌, が晴代, が朝夕, が朝晩, が村, が松太郎, が格子戸, が案外, が桶屋, が梅, が概して, が歸, が殆ど, が殊に, が母親, が氏, が水, が決して, が海, が湯, が漸次, が猿面冠者, が珍, が甚, が男, が當時, が登美子, が百姓, が皆, が直吉, が眼, が矢, が秀吉, が私自身, が秋, が空, が紀州, が美しい, が肉, が肝腎, が脂肪, が自分達, が色彩, が若い, が落着, が蒲原氏, が行長, が見, が見る, が註文, が財産, が辛うじて, が遠から, が野々宮, が野村, が頭, が飯, が驛遞, が鶴笑, きりで, けれどその, けれどもあれ, けれどもこ, けれどもひよろ, けれども今, けれども他, けれども何, けれども添, けれど兎角, けれど其の, けれど勿論, けれど男, けれど談一度野村, こ, ことお, ことさへ, ことそれから, ことであります, ことです, ことなども, この人, ころで, さうだつ, さうなが, さつ, しあの, しそして, し今, し今日, し同時に, し田舍, し田舎, その一つ, その辺, それが, それ等の, ぞ, ためしがない, ためしは, ためでは, ため改めて, だけだ, だけだつた, だけな, つけね, とある, ということ, という事, といひ, といふだけで, といふばかりで, といふべきであらう, といふ位, といふ先入感, といふ寺, といふ方, といふ月報, といふ點, とお, とか云, とか云つて, とか言, とき, ときかされ, ときに, ときには, とした, としてそれ, としてもこの, としてもさ, としてもをそらく, としても兵士達, としても男, とします, とはどうしても, とは思はれません, とは思へない, とみえる, とも思はれない, とも或は, とも申さう, とも考へられる, と丈, と仮定, と信じます, と假定, と同じく, と同時に, と思はず, と思はる, と思はれ, と思ひ出した, と書い, と申す, と確信, と答, と聞いた, と見えます, と見なけれ, と見られぬ, と見るべき, と言う, と言うてた, と評する, と語, と述べ, などといふ話, などと云, には違, にもせよ, に拘らず, のから, のでありませう, のでございませう, のでしよう, のでね, のでわたし, ので一, ので世間, ので今日行つて打突つて, ので他, ので兎, ので其の, ので半年許, ので大, ので妾さつき, ので安心, ので實, ので彼女, ので急, ので母, ので漸く, ので直ぐ, ので直接, ので私達, ので訪ね, ので踊り, ので隣家, ので青菜類, ので體, のにその, のに何, のに信吾, のに思ひ, のに氣, のに突然, のみで, ばかりで, ばかりの浄域, ばかりの淨域, ほどです, まつて, ものかと, ものさ, ものでない, ものでなく, ものには, もんで, や, ようであります, ような, わけであります, わけの, んで氣, アメリカ人の, ツ, ツて, ボオイに, ンです, 一つの, 一歳二歳年長の, 丈け, 下駄を, 不思議さを, 中から, 事か, 事から, 事や, 二人の, 人か, 人である, 人も, 代りに, 位だ, 佛堂の, 其処の, 処で, 右の, 吉原正隆氏の, 國, 場合の, 場所に, 場所は, 場所を, 多くの, 多數, 夜は, 大きい二階建, 女と, 如く代へ, 如水だ, 家は, 小形の, 年で, 年の, 年は, 後だ, 後の, 御様子, 故か, 故人の, 文太郎の, 新聞を, 日で, 日にや, 昔は, 時だ, 時と, 時人先に, 時代である, 時代を, 時実は, 時毎日手土産を以て, 時自分の, 書籍の, 月である, 本でも, 本當, 椅子の, 様な, 樣にも, 樣子です, 樣子も, 歌の, 此浩一と, 気が, 氣が, 為か, 為めに, 為都人士に, 爲その, 玄関の, 由で, 男の, 男を, 當時の, 痕は, 石鹸箱に, 社会かも, 私には, 竹中半兵衛に対しても, 筆洗の, 筈だつた, 筈と, 箒を, 翌日の, 自分に, 自分は, 自然主義の, 芥川の, 花郷を, 荷物を, 蒲團やの, 處から, 融の, 裏の, 記憶が, 訣だ, 許りでなく, 証拠である, 証拠には, 話だ, 譯では, 足跡は, 通りの, 金を, 鈴木十郎が, 頃だ, 頃である, 風呂敷包を

1 [5523件 抜粋] あくたい, あの恐い, いろはは, お客からの, かい空, かしらん, かといふしづ, かとにかく, かと信ずる, かと推察, かと青, かねえと, かの如く論ずる, かは事務室, かは彼, かは誰, かも明らか, からいつも, からこそ本, からそこ, からちやう, からとて今日, からどちら, からぼく, からナ山木, から一時間許, から之, から人, から例へば, から先方, から内幸町, から勢, から友, から場處, から失敗, から実, から山陽, から従之, から感覚, から手桶, から新島氏, から時に, から木, から次に, から歴史家, から泥坊, から生きぬい, から盗つ, から社名, から穴釣, から胴, から茶店, から説明, から道臣, から随つて, かわからぬ, かを思はず, かを物語る, かを記し, かハヽヽ, か何人, か分らぬ, か十四年, か外出先, か家光, か幾多, か想像出來, か日, か此方, か理由, か知れず, か考, か見, か讀ん, があくまでも, がいくつ買つて, がいま眼, がうろ覚え, がかれこれ, がこのごろ幼, がさりとて, がずいぶん, がその後細菌学, がそれ以來, がぢ, がとはい, がど, がなに, がはぐらかされた, がふりむい, がまとめあげる, がめくら, がやつぱり, がをととひ, がコッペ, がツイ窓際, がブルウカノ, がロダン, が一夜宴, が一篇, が七八歳, が三十六人, が不平, が両者, が乾燥粉末状, が二三度岡田, が五十嵐, が人数, が今晩, が仲, が何ら, が係り役人, が僕等, が先方, が八畳, が其元, が其日, が冗談半分, が出版, が別段, が加計町, が北劍, が半年, が却つて場面, が古代人, が同宿, が命, が單衣, が困難, が坊主, が壮時名古屋, が夜中, が大阪, が奇体, が始, が子供ら, が完成, が寒く, が小さな, が屈託, が崖, が希臘, が年時, が広い, が彌生, が後年誰, が快晴, が恋, が惹かれ, が戦ひ, が手当, が振返つ, が政治的, が新, が日清役以後, が昨年, が普通, が更に, が月明, が未だに, が来た, が林泉太郎博士, が梅龍, が次々, が此女醫, が歳, が比較的, が泊らう, が流行児, が温かい, が為め, が燒跡, が物々しい, が甘酒売, が申分, が病, が百中十首, が省い, が矢張, が砲弾炸裂, が秀, が窮鼠, が箸, が素人芸, が絶対, が美貌, が考へ, が背, が自分一人, が良心, が茲, が落ちつき, が行つて, が西鶴, が親譲り, が誓, が貧棒ゆすり, が身體, が近年, が運悪く, が郷里, が鉄縁, が開國論者, が階下, が電燈, が靴, が顔, が馬場さん, が鬱蒼, が1年, けど二人, けれどこの, けれどそんな, けれどもさ, けれどもやつぱり, けれども僕, けれども如何にも, けれども悪魔, けれども然し, けれども自分, けれどわざとらしい, けれど利き, けれど広い, けれど最初, けれど火野葦平, けれど赭, ことだけ, ことなどは, こと云ふまで, こと知つ, この俗談平語, この附近, ごちさ, しくろうと以上, しね, しストア, し倹約夫人, し千島列島, し天主教会堂, し彼, し時々, し異, し第, し西洋, し通詞, せいも, その下らない, その理由, ためここに, ため完全な, だけ, だけに反, ついでに, つて差支な, てんまつ, といつた, といふた, といふ世にも, といふ困難, といふ感じ, といふ気, といふ短刀, といふ説明, とかいふ, とか叡山, とか言う, とき半, とき私が, ところでこの, とし, としてもそういう, としてもよくよく, としても固, としても支那人, としても知らない, として見, とは, とは思はぬ, とは考へられない, ともいへる, とも思ひ出さぬ, とモード夫人, と今度, と刀自, と嘆, と思はれたらしい, と推定, と申さなけれ, と考える, と行者, と言つた方, と謂ふから, なかには, にちがい, に違ひな, のであ, のでお前, のでしばらく, のでとう, のでまた, のでバルコン, ので三つ, ので久しく, ので今日, ので俄, ので其楓, ので北海道, ので可, ので四年, ので夕飯, ので女房, ので対策, ので平次, ので御, ので慰みかたがた子供たち, ので扨, ので新, ので普通一般, ので棠軒, ので殊に, ので無理, ので由緒書, ので祖父, ので緞帳, ので自然, ので蒲原氏, ので讀, ので酒屋, ので青, ので驚いた, のにこの, のにもし, のに何故, のに座興, のに江戸, のに自分, のに雪, はじめです, ばかりでございます, べな, めでたしめでたしと, ものでした, もの望ん, よこう, よ平次, わけに, んずら, んでびつくり, アメリカ捕鯨船が, グラスの, ジュウル・ルメエトルは, テイグリス, ネーブルの, プロレタリア的基礎經驗は, ユニオンの, ワンピースを, 一句らしい, 一片, 上で, 下谷の, 且つ最も意味, 中村お, 乗合自動車が, 事なし, 事情から, 二俣の, 亡き久良伎翁, 人々南淵請安高向玄理僧旻など, 人を, 以上の, 会場を, 何かの, 例の, 偏執, 先年まで, 兵隊慰問用の, 其財産が, 処から, 別莊, 勃凸では, 午過ぎだつた, 反動かも, 古墓地, 同時にそれ, 君も, 品物が, 四足の, 地点すなわち, 堂が, 場所からと, 外套用の, 大伴家持の, 大田, 天明の, 女子文壇といふ, 娘です, 學問を, 客としては, 宿舎を, 小さな烟草, 小船の, 尾崎行雄氏が, 山田は, 布切れを, 年に, 度に, 当時鉄道開通祝ひの, 彼を, 後三人が, 御朱印を, 怪し気な, 我が弦月丸, 所は, 手狭な, 指の, 故でも, 教士連で, 新聞社の, 旅行案内を, 日本や, 昌造に, 時あまん, 時を, 時信長に, 時刻が, 時故人と, 時物を, 時跡の, 晩わたしは, 曾能子刀自である, 木戸を, 本を, 村長は, 枕詞が, 桃花庵といふ, 椀の, 様子も, 樫の, 次第である, 此等の, 母親が, 池が, 洋服を, 淺草紙とは, 漁船も, 為であり, 為勘当した, 煎餅蒲団を, 爲だ, 爲め入院前後の, 父の, 物干, 玄也は, 生命の, 由だ, 番頭の, 痰壺を, 監房の, 看護人なにがしといふ, 知十さんでもが, 石碑が, 祖父が, 秀英舍の, 私達の, 種牛です, 筈でございます, 粕汁が, 細い棒, 維新史の, 美奈子は, 翌日十一月二十五日に, 老僧ビイメン, 脚氣が, 自由恋愛の, 芝の, 花袋君の, 茄子が, 菓子と, 薬瓶は, 蚶滿寺といふ, 袋の, 親や, 許嫁の, 話が, 諸峰, 貴族の, 跡と, 通り二條家といふ, 邦子を, 重病の, 鋏を, 長椅子の, 關係上また, 隣組の, 青竹を, 頃五六年も, 頃言葉の, 馬鈴薯の, 髮が, 黄金が

▼ あつ~ (4459, 18.5%)

82 それが 53 みれば 4645 それを 31 ゐる 29 そこに 26 私は 21 それに 19 それは, ゐるの 15 くれ 14 これを, さう 13 その中, ほしい, 私の 12 これは, そこの, 其を, 欲しい 11 その上, 其が 10 そこから 9 ゐた, 自分の 8 さうし, そこには, ゐるやう, 來た, 始めて, 来たの 7 これが, そこへ, その人, 之を, 其処に 6 くれれば, 中には, 僕の, 其處に, 堪るもの, 多くの, 女の, 欲しいと, 此の

5 [12件] ここに, そこが, それで, みると, ゐること, 僕は, 其に, 其處から, 居る, 彼の, 彼は, 村の

4 [21件] お八重, これも, その向う, たまるもの, どこかへ, 下さい, 中に, 其所に, 參りました, 口が, 娘の, 家の, 居るの, 屋敷地から, 心は, 来たん, 氣が, 淡海公が, 私も, 而も, 過ぎた夢

3 [77件] いい, いは, くれればと, この人, この稿, しかもその, そこでは, そこは, その先, その又, その家, それから, それには, それも, そんな時, たまには, たまるもん, ちよつと, ほしいと, わたくしの, ゐると, ゐるので, 一つの, 一と, 一種の, 三田は, 上つたのです, 人が, 人間の, 今の, 今までに, 今度は, 他の, 何の, 何れも, 來たんだ, 其から, 其の中, 其れ, 其処から, 出たので, 參つた, 各, 夜は, 女ながらも, 始て, 居る主人, 年に, 彫刻に, 彼等は, 後に, 急に, 或る, 斯う, 斯んな, 日を, 日本の, 昔の, 是は, 最後に, 本が, 止むを, 此が, 気が, 然るべきだ, 父は, 生れも, 男が, 當時の, 神の, 私が, 色つ, 蘭軒は, 言は, 言ふ, 誰も, 身を

2 [207件] あとから, あなたは, いいで, いいと, いけない, いつだつた, いるの, お互に, お利代, お定ら, お高, こ, ことさらに, この地方, この家, この美しい, この袷, この隣組, これに, こんなこと, さかんに, すぐに, そいつが, そこを, そつと, その, そのさき, そのため, その一方, その下, その何段, その向, その子, その度, その目, その第, その輪, その間に, その隣り, それからいよいよパチパチ, それで救, それによ, たが, たと, たまるか, ちつとも, どういふ, ほしいつ, まゐりました, むしや, もうすでに四十, やつたわけ, やつて, わざ, わたくしに, わたくしは, わたしは, われわれは, ゐたが, ゐれば, 一つは, 一は, 一直線に, 一筋の, 一週間ばかり, 下さいよ, 世を, 世界各, 主人の, 主人夫婦の, 之等の, 二た, 二人の, 五年振, 亨一は, 人々は, 人に, 人の, 人を, 今は, 今まで, 今一年中唯一度の, 今日の, 令嬢は, 何う, 何か, 何となく群衆, 何んとも, 何處に, 俗に, 借りるの, 僕も, 僕を, 兎角時代, 其, 其の討議, 其上に, 其処には, 其処へ, 其向ふ, 其次の, 其處へ, 出て, 出席し, 出来たもの, 別れました, 前原一誠の, 前者は, 半分は, 口の, 名を, 向ふ, 吾, 呉れ, 夏に, 外から, 多少の, 夜分は, 大変惜しい, 女房が, 女郎花の, 娘が, 子供の, 室の, 山の, 屹度何かの, 常陸の, 平行し, 年頃の, 幹は, 庭で, 廣く, 彼を, 彼女は, 往來の, 後の, 後世永く, 忽ちに五十幾個, 探しに, 支那の, 支那人の, 政府が, 昼は, 暇が, 書いたの, 来て, 板垣伯の, 格子の, 棠軒は, 次に, 欲しいもの, 欲しい歌, 歌の, 此は, 此等の, 死刑に, 水の, 江戸の, 溜るもん, 潸々泣い, 然も, 然る, 物ごしの, 特別に, 町方の, 登りきると, 白い物, 相手の, 確かだ, 私たちは, 私達の, 私達は, 空瓶に, 立つて, 立派な, 第一學年, 義に, 而し, 聞いたの, 自分が, 自分も, 自由に, 葬式を, 葱坊主, 蘭軒が, 行くの, 見ると, 見れば, 言葉は, 話して, 誠の, 読んで, 足が, 身上を, 身體が, 遊ぶには, 遺憾なく, 酒を, 閑さへ, 電話を, 非常に, 鞄の, 頼山陽と, 食事を, 餘り, 高音中音の, 鯉鮒さては

1 [2982件 抜粋] ああ幸福, あとは, あの歌, あり過ぎて, ある娘, あれを, いいとは, いかにもキビキビした, いけねえ, いつもの, いづれも, いるうち, いろんな話, うまく調べ, えらくのぼせ, おつ, おもろ以来, お宅, お目, かういふ風, かくしませう, かみなりと, くれたらばと, くれないこと, くれますから, くれるウ, このお化け, この世界, この夏, この男, この農家, これ, これで, これらを, こんな事, さる行商, しかも弱から, した, しみつ垂れ, すでに読者, そこでよく, そこにも, そしてその, そして寝床, そのう, そのくせ, そのま, その一番大事, その主張, その代り, その儘, その内容, その厭味, その周囲, その奥, その尖, その庭, その御馳走, その手合, その時分, その横手, その水, その煙草盆, その相手, その空白, その茶店, その裏, その調子, その郷土, その鳥類, それから周圍, それぞれ不完全な, それで始めて, それに十四人, それより, それ等を, そんな座敷, そんな馬鹿らしい, たつた十八, たまがよ, ちやうど, つい山崎, つるべの, とてもたまらない, とりわけ最後, どうも一樣, どこからでも, どれにも, なかなかいき, なめらかだ, にこやかな, のちまことに, のんびりし, はじめて私, ひとま, ふだんから, ほしい夢, ぼくは, また, まだ途, みかどの御意に, みなければ, むづかしい, もう大丈夫, やがて先代, やつぱり税の, ゆく, よいもの, よい訳, よく子供, よし國, よろしい, ゐたこと, ゐないせゐか, ゐるかの, ゐるところ, ゐるよりも, ゐる事, ゐる声, ゐる支考, ゐる腕, カンカン照りつけられ, グウテンベルグが, シテと, タイタイ先生は, ヒステリツクで, ヘルメット帽の, リトムは, 一つには, 一人の, 一図な, 一年中附き, 一方の, 一月程, 一概に其何れ, 一葉の, 丁度宜い, 三千代が, 三者中の, 下さいあんた, 下には, 下草と, 不滅の, 世に存する, 両親始め祖父までが, 丸屋に, 主人公と, 久し振りで, 予は, 二つの, 二間ばかり, 互に隠しあひ, 井上九郎衛門が, 交通の, 人は, 人民を以て, 人間に, 今や完全, 今度の, 今日迄, 他人の, 以來私は, 以来一枝は, 以来猿達の, 企ては, 伺ひました, 何かを, 何となく混雑, 何処かの, 何處の, 作家には, 例へば僕, 便は, 俗人共を, 俺の, 倭建の, 傍から, 僧籍に, 兄の, 先年西の, 兎も, 入口から, 全部が, 兩親の, 公遠, 共に同, 兵隊が, 其の制限, 其の派遣官, 其七首は, 其中央には, 其傍の, 其処が, 其周匝には, 其引首と, 其有竹の, 其生活の, 其花の, 其角を, 其間に, 内部を, 凛々しく美, 出かけ夜, 出来た話しだと, 初めて俳諧狂歌, 初めて活字, 別に風変り, 到頭僞物, 劇作家の, 助かつ, 動作が, 勢ひ, 北派の, 十日ばかり, 南岳には, 危いから, 却つてさうし, 又成らず, 取つて貰つたの, 口分田は, 古聖, 叫んだでねえか, 各地に, 各自の, 同人が, 同時に老成者, 向う正面, 周囲から, 咲子は, 單に, 困る方, 圓山派一門の, 坐つて, 堪まる, 壁際にはさ, 夏場は, 多いと, 夜に, 夢の, 大きな眼, 大和朝廷に, 大抵何事, 大須の, 天子は, 太平の, 夫婦に, 奧へ, 奴隷と, 好んで新, 妻狩谷氏の, 始めてあの, 始終父, 婚礼が, 子まで, 子供等が, 学校も, 學校に, 宗睦の, 宜しかろう, 実名の, 宮沢賢治の, 家祿を, 富永が, 寢たり, 将に, 小さな瀬, 小劇場派, 小規模ながらに, 少し展望, 尤も本, 屋根の, 屡々軽率, 山蔭の, 峰も, 川越の, 左様させた, 巴里の, 帝紀と, 常庵, 平次を, 并絲, 広江夫妻に, 底は, 庭男や, 建立の, 弟子を以て, 当時既に, 彼には, 彼處なら, 後者中姉は, 御作り上げ, 御迎, 必ず志村玄叔, 念の, 思ひ止まらせたの, 恐らくこの, 恩寵が, 恰度水草の, 愉快である, 慰めて, 成熱し切つた, 我慢も, 戦へば, 所謂好き嫌ひ, 手切れが, 手足が, 拠ろなく親子兄弟姉妹相姦, 插入せられた, 支店の, 敏捷なる, 敵情を, 文雅人名録の, 斯の, 新規御召出しの, 日本人が, 日毎の, 早く使ひ, 昌造は, 明日を, 昔本道へ, 春らし, 是れ, 時々子分, 時に或は, 普通なら, 暑くても, 暮, 替人, 最近天覧に, 朝の, 木戸を, 本は, 朱を以て, 来たある, 来ました, 東京に, 松は, 果し合, 某君の, 株と, 格闘する, 梯子段の, 楓に, 榛軒の, 横つ, 檣に, 欲しいこと, 欲しいまたは, 正徳より, 此人の, 此山へ, 此方に, 此遊を, 歩き方, 歸省した, 死後までも, 殊に琵琶湖, 殺風景な, 毎日お, 比較的近世, 気掛りと, 水の上で, 水津重時の, 決して他, 沖が, 泣いて, 洲は, 浅蜊は, 涼みが, 渠は, 滑らかさは, 漁業が, 潤つた唇に, 火災に, 無中, 無闇な, 然るべしであります, 燒木杙が, 物置が, 特に経典, 独で, 玄竹は, 現に相, 甘酒屋から, 生れた年月, 田吾作どもめ芝居へなんぞ, 申鄭とは, 男性を, 畢竟する, 當分行つ, 疵を, 白米が, 皆早世し, 盛大な, 直ちに松島大佐閣下, 相下らない, 眉の, 真帆子が, 矢並樣も, 短兵急とか, 石黒氏も, 社が, 神宮に, 神鳴り, 私どもには, 私をか, 秋に, 稼業を, 空気中の, 窓の, 立ち合, 笑つ, 筆跡が, 米が, 紀昌の, 細胞は, 終極は, 絲と, 綺麗で, 総江, 縦令遊里, 罷り越したほんの, 美しい薄, 羽根箒で, 老詩人夫妻, 肝じん, 能く, 腰を, 自ら爲さんと, 自分を, 自然と, 致命傷を, 船着に, 色々の, 芥川賞の, 花崗石が, 若者が, 草双紙に, 莊子とか, 著しい相違, 蒸されるやう, 藤井氏は, 蘭方医と, 蝉口に, 行きなさい, 行つたのよ, 衣食住だけを, 袖を, 見せるに, 見下ろして, 親しみ易い, 親類の, 言ひ, 記したもの, 誘かすやう, 読者は, 誰もは, 謂は, 讀物として, 貝殼の, 貧賤の, 買ひ, 赤い繪, 越して, 路傍などで, 身も, 軋みを, 近処, 退職した, 遂に今, 遍歴化道を, 道普請が, 那の, 都合が, 重た相, 金の, 銀色の, 鍛冶屋が, 鐵砲を, 長子は, 門に, 間もなく橋, 關東文人畫では, 随分丁寧, 隨分うるさい, 雌花は, 雨戸は, 霧降, 青と, 靠れが, 頭部の, 風に, 飛沫いた, 餘程うまく, 馬の, 驚きを, 高等學校の, 鳴らす人, 鷺が, 黒ぬり

▼ あつたら~ (752, 3.1%)

18 それは 13 私は 10 それを, どうする 9 それこそ 6 何でも 4 それも, 惜しいもの

3 [14件] うかと想像, うし又, これは, これを, そつと, とおも, どうしませう, 今の, 何うし, 俺が, 彼は, 我が魂, 教へて, 誰でも

2 [37件] いつでも, うかと考へられる, うに, うにと, きつと, さう, すぐに, その場, その方, その時, とてもこの, と思ひます, と思ふ, どうで, なあ, ね, ば更に, また, 一つでは, 一筆を, 仕方が, 何う, 何か, 俺の, 健かでゐられよう, 僕の, 十分な, 安心し, 宿の, 己れ, 後で, 恐らく見, 懸賞金は, 我々も, 早くいつ, 此妓を, 若いもの

1 [562件 抜粋] あいつ気が, あそこの, あなたに, あなたは, あのやう, あの眞, あの芝居, あの親仁, あの雲の上, あれは, あんたの, いいのに, いかに音便, いきなりは, いくらで, いざ知らず, いやねえ, うかとお, うかと互に顏, うかと今更ら, うかと判斷, うかと思はせる, うかと思はれた, うかと思はれる, うかと思ひます, うかと思ふ, うかと熟考, うしいま一つ, うしそれが, うし中尊寺建立の, うし使うた, うし境遇も, うし子平の, うし毎夜うるさく, うし生活様式を, うし齊昭が, うそれから, うに其後徳川時代を, うに遠, うに飽くまでも, おしなべての, おもしろい句, おーいと, お供を, お前さん, お寄り下さいまし, お手, お笑, かの山, こちらにも, こと云ひやがる, このお, このドイツ, この但馬, この場, この女, この平次, この手足, この會, この短剣, この私, これからその, これこそ, これだ, これも, これやもう, これ以上の, こんな事, こんな厄介, ごめん下さい, さうし, さうし給, さぞかし頼もしから, さ程, しかつた, じかに僕, すぐあいつ, すぐ入, すぐ話し, そいつは, そいつを, そういつ, そう言つて, そこで休ん, そこは, そのたんび, そのま, そのものこそ, その上, その人, その妻子, その愉快, その折, その煙草入れ, その謎々, その顏, それからどう, それでは, それで可えと, それと私, たいへんぢ, ちよつと, てつきりこの, と, といふ, とお母さん, とことんまで, とし子は, とそんな, と人, と切ない, と外出ぎらひの私, と心配, と思, と思う, と思うだろう, と思つて, と頼ん, どうか支那文化, どうした, どうしてあんな, どうしても感謝, どうしても逢, どうして助, どうしよう, どうだ, どうです, どうにか家, どうも平, どこと, どこへでも, どなたかに, どんなに張り合, どんなの, どんな気, なあと思, ないて, なぞ偶と, などと取り止め, なるべく開い, なア, に行きたがつた, ば, ばと小池, ば一日, ば先づ其, ば断じて, ば真昼間, ば貪食, ふししばし, まさしく古今, またお, またその, また來らア, また寄つて頂戴, また祖母さん, まだよい, みんないつち, もういちど, もうお前ぐらゐの年, もう一度小, もう迅くに, もちろん彼, もつけ, もつともつと讀み返したい, やつて, よいなあ, よくおぼえ, よくその, よく暗記, わけも, わざわざ何, わたくしは, をかし, エミルには, キヤムプを, コックリコックリの, ツイ鼻の, トキ子と, ブライアン氏並に, ホテルから, ホプキンスは, ミスは, ワザと, 一しよ, 一つ度胸を, 一つ惠み, 一と, 一二枚の, 一人お, 一報を, 一寸つまん, 一層見事, 一度青蓮寺, 一枚貰ひたいが, 一皿位では, 一銭の, 三百石にも, 上演し, 上等の, 上野公園も, 下へ, 下洛, 世話し, 主人を, 久助君は, 之亦, 亀を, 二つばかり, 二三年とど, 二人の, 井伏君は, 人が, 人の, 仇を, 今が, 今度こそは, 仕事を, 会おうじや, 伯父ちやん, 佐渡全島の, 何うだらう, 何する, 何とかしよう, 何とか石橋, 何とでも, 何なり, 何も, 何ん, 何んと, 何日でも, 信者の, 俳句自身さへ, 俺は, 僕に, 僕は, 元気に, 兄の, 先づ何と, 先づ何を, 先づ天才の, 先生と, 兎は, 八五郎に, 六十三歳から, 其の槍, 其人は, 其學術に, 其處で, 其道に, 再度会場, 凌ぎおほせるだらうと位に, 出來ませう, 出前持でも, 出版し, 到底当てる, 到底物, 前から, 前も, 劇作家たる, 動物園の, 勝造さんにでも, 医者として, 千年の, 半年でも, 博士は, 即刻命を, 厭や, 又再, 又末代, 又逢, 取り返しの, 古物商を, 可かつ, 合成酒でない, 同人を, 君から, 君は, 君自身の, 味岡小, 命は, 命を, 唯次, 囘暦によ, 四桁以上に, 国は, 地所や, 報告する, 夢路を, 大丈夫です, 大久保大阪府知事の, 大事件, 大使は, 大儲けな, 大喜び, 大学の, 大抵の, 大間違ひだ, 天地が, 夫人の, 夫婦に, 女に, 女の, 女一人の, 奴ブツ殺し, 好からう, 如何しよう, 如何に心細い, 娘は, 子供は, 家康だの, 寃罪を, 寄つてみ, 富者は, 寧ろ不幸, 寵し, 小さい箱の, 小杉未醒といふ, 小池の, 少しも, 少し貸せ, 山頂の, 屹度お父さんの, 屹度厭に, 屹度天国を, 己は, 帝の, 平次は, 幸ひだ, 幸ひである, 幸子は, 幽霊の, 幾ら位で, 床場へ, 店中の, 弘は, 彼の, 彼も, 彼女は, 彼奴の, 彼程, 彼等の, 彼等は, 後に, 後人が, 徐ろに, 御互に, 御免なされ, 御許し下さい, 必ず屆, 必ず警戒, 念入りに, 恋と, 恐らくは江戸文雅, 恐らく作者中里介山君, 恐らく全日本的, 恐らく正, 惜しい, 惜しや, 手でも, 手早く劇薬, 手紙で, 批評家は, 折角の, 接吻と, 放庵は, 散歩したい, 斯う, 日本軍は, 旦那私やあ, 旨く出来る, 早速何處, 早速私, 早速駈けつける, 明日から, 明日の, 是非御, 是非買つ, 是非購ひたい, 時を, 普通の, 暴動は, 有難いん, 本當, 校長に, 格別一ツしか, 棺の, 楽書する, 構は, 構ふこ, 正に寂滅為楽, 正確に, 此方こそ, 此時犬が, 此私を, 歸つておくれ, 歸り, 母は, 気持も, 氣の, 決して世の中, 浅草の, 渠等の, 演説でも, 澄江は, 澤山だ, 無意味な, 熱いところ, 特筆しよう, 独り間貫一一個人の, 猫の, 猶さら人, 用捨なく, 用箪笥の, 申分なし, 畜生ツ只では, 皆んな打ちあけ, 皆んな話し, 盗でも, 直ぐ判る, 看護婦学校が, 真つ, 矢張り萬とか, 社へ, 神經衰弱論を, 禄を, 私が, 私ほどの, 私を, 移転の, 空を, 竜に, 第二, 素的だらう, 結婚し, 結婚しよう, 結婚する, 縛つても, 縛つて了ふ, 罪悪は, 美人の, 老後を, 耻かしい思ひ, 脱走し, 自ら愛人との, 自分に, 自分の, 芸術家としての, 萬葉集に, 蜜柑畑の, 製造家の, 親分の, 親類でも, 言つ, 記臆に, 訪問し, 詫の, 誰方ぞ, 諫めて, 諸君は, 識者の, 譬へ, 貰つて来, 賑か, 質に, 踊りは, 軍医は, 迷ふ, 逃亡する, 逢は, 進取の, 遠慮なく仰し, 遠慮なく聲, 遠慮なく諫め, 遠慮は, 遠慮無しに, 都家とは, 重箱を, 金で, 金談の, 隱さず, 雨を, 静ちやんに, 面々は, 面倒な, 面白いだらう, 革命の, 鞄を, 風通しが, 飛行機の, 養女に, 養子に, 養狐場を, 首を, 首根つこ, 香住の, 駱駝と共に, 魂は, 黒い船, Oを

▼ あつたらう~ (321, 1.3%)

8223 と思ふ 21 と思はれる 9 と言 8 といふ, と思ひます, と想像 64 とおも 3 がそれ, ことは, と云, と考へられる, な 2 かそれ, が今, が私, と僕, と思つて, と思はせる, と思はれます, と想, 尤も野次馬

1 [119件] ある新進, かお, かそれとも, かといふ, かところが, かとは思ふ, かほのぼの, から, から彼, から御用濟, か一切事, か井伏氏, か何, か四カ月後, か心持, か想像, か故, か然し, か父, か興味, か茄子, がさて, がしかも, がその, がその間, がそれら, がそんな, がどれ, がもと, がもとより, がよく, がフンドシ一つ, が一人, が一旦, が一面, が中世風, が令, が何より, が先, が別に, が場所, が多少, が大体, が女, が女子部, が少く, が彼, が時, が次第に, が物語, が生憎, が直接, が眞, が眼前, が総じて, が義雄, が考へ, が自分等, が蜀, が見物, けれどとにかく, けれどもしかし, けれども罪, けれど私, ことだけは, この鳥, さうし, そして風呂敷, と, といふ意味, といふ様, とうなづかされ, とかうだ, との證據, とは考へられない, とも思ふ, と串戲, と今更, と其飜文, と十吉, と史家たち, と宇野氏, と思, と思う, と思はざる, と思はる, と感じ, と推測, と文字, と氣, と私, と義雄, と考へる, と言つて, と野村, ふと目, ヴァレンチノの, 下婢の, 今朝の, 何んの, 冬場の, 凡太と, 嚴格を, 大王ペンドラゴンは, 彼は, 彼自身は, 忽ちに手対, 桃川燕林が, 母方の, 父への, 白樺林の, 福島コレクションで, 精中の, 腰の, 菊五郎一座を, 趣きを, 鍵の, 隣の, 高知の

▼ あつたり~ (315, 1.3%)

36 して 16 した 13 する 9 すると 6 するので 4 すること, するもの 3 しては, 瀧を

2 [12件] した時, しても, します, するから, するため, するの, するやう, なかつたり, 兩眼すゞや, 合唱し, 無かつ, 無造作に

1 [197件] あくまで組織的, あるひ, いろいろな, おほ, こせこせした, さびしい町, さもなければ, しさ, したけれど, したこと, したので, したもの, したら, したらさだめし, した例, した場所, した家, した後, した時代, した者, した関係, しちや, してに, してるきり, しますの, するところ, するに, するもん, する上, する中, する位, する學校, する我々, する時, する漁村, する矛盾, する間, する關係上, すれば, そして猪苗代湖, その日, その池, それから便利重宝, それで海, それを, そんなこと, だから僕, ちかくに, どこか, どこかから, ないたり, ひどく読み, ふと気がつい, ぽつ, また, また全然, まつかな, まへで, もんは, アルバムの, ウヰスキーが, カンナが, チユウトンで, ナポレオンと, フアウストに, ブラ, ホツテントツト人で, ボルゲーゼの, ルーヴルから, 一個で, 一日か, 三字の, 三軒あつ, 下はんと, 不合理, 不思議な, 不都合な, 両眼すゞ, 中寺町の, 二十九日あつ, 五十ヱルストを, 人が, 人の, 人並以上エゴイストで, 仮名遣ひ, 何か, 佛樣の, 俳句の, 偏見で, 共同炊事場は, 兵隊が, 其が, 内部に, 冷たい日, 出來なかつ, 劇作が, 北向八幡の, 千万長者で, 午前中どこかへ, 印刷屋と, 印度人で, 厨を, 又一面, 又斬り, 友達の, 司命神だの, 味覚の, 商賣, 土地の, 多少不穏, 多少高級, 大工場主, 大根や, 夫を, 女店員に, 妹が, 学問を, 実験室が, 小さい沼, 居ても, 岡鬼太郎氏と, 島根芸者に, 川が, 川の, 弓鉄砲抔が, 後から, 徳利が, 恋愛を, 恐ろしいと, 患者たちで, 患者を, 惨な, 或は天文年間, 或は年齡, 或は矯激, 或ひ, 押しつけがましかつ, 斷片の, 日本出来の, 普通ありふれた, 更に安直, 朝鮮へ, 果樹園が, 柚七と, 桃花郷が, 楽屋の, 橋場の, 欝蒼として, 歩いて, 殊にを, 毛沓は, 気が, 水が, 池が, 沼地で, 流の, 海から, 源聖寺坂や, 滝を, 火の, 物置の, 玄牝だの, 甚しきに, 田の, 男の, 盲僧が, 相手の, 瞑想的で, 石の, 石巻山などの, 社会に, 程度を, 空樽が, 竹田の, 細いもの, 細くて, 絶えずし, 縁側の, 縫取りが, 縺れあつたり, 繪葉書なども, 能楽が, 舞踏場が, 菊池ご, 著者自身の, 詐欺漢で, 身なりを, 輪郭が, 遠い繪畫, 都市災害防止の, 金具の, 雄鳥と, 雨が, 雪駄で, 頭を, 麻の, 鼻孔が

▼ あつ~ (177, 0.7%)

31 りと 8 りして 6 りしたもの 4 りし 3 り白状, り答 2 だ, り, りお, りこの, り云, り片付けて, り言

1 [108件] うだつた, かみそり, この上, こよなう堪へ, ぞまさる, だけでした, である, では涼しく, で私, ということ, と蠅, と軽く, なぞは二卷, なの, にあてられ, にふさわしく, にもなる, にもなれない, に今, に源一, に照らされ, に私, に舌, のたのしみ, の中, の堪へ, の大きな, はいかが, はほんとう, は三〇センチ, は格別, は見れ, もこの, ようま, よろしさ, りあきらめろよ, りした, りしたの, りしたもん, りした人達, りした出方, りした口, りした室, りした普段, りした死に方, りした浴衣がけ, りした秋草模様, りした転向ぶり, りした遊振り, りした間柄, りした風格, りした食事, りそば, りなるは, りやつ, りやめた, り一行, り今夜一晩, り兜, り別れ, り印象, り受附, り合槌, り女, り尾関, り帰順朝貢, り座, り悶絶, り掴んだ, り普段, り水泡, り満, り瀧, り片, り片づけたいで, り片づけて, り片づけられ, り片づけられた, り片づけられて, り片付いて, り片付けた, り画かれたもの, り立ち上つた, り笑, り笑つて, り答えた, り答えたもの, り継がれて, り考へたい, り舞台, り見せつけられたん, り認めふと, り辞任, り頭, り頼んだ, り飲んだヨタ話, り飲んで, をかんじ, をしらべる, をも越し, をよばれる, をわすれ, を思いかえす, を感じ, を感じない, を知りません, を示し, 考えなし

▼ あつ~ (171, 0.7%)

18 へ行つて 10 へ行 9 にもこつち 6 へ, へ行け 4 ぢや, に行, へ行く 3 へお, へおいで 2 に行つてら, へいつ, へお出で, へ向け, へ行かう, へ行つてろ, へ離れ, 向いち

1 [88件] おいや, から見, が惡, が瀬戸さん, け, こちの, で, でお前さん, でも気がついた, でわたし, で二十円, で暮す, で遊ん, にいらし, にいる, にずつといた事, になけ, には, にはあつ, にはいついらつ, に一団, に半年, に寄つ, に居, に居ます, に居る, に居れ, に行きこつち, に転がし, に飛びこつちに, はそれ, はたしかまだ, はもう, は休ん, は何, は舌, は赤羽行き, へいきなさい, へいにまつ, へいらつ, へおい, へお通し, へこつち, へごてん, へまね, へむい, へもやつ, へやつ, へよろめきこつち, へフラフラ, へヨタ, へ坐, へ廻つて足, へ廻れ, へ往かない, へ往きませう, へ往つて, へ持つ, へ曲りこつち, へ移らう, へ行かなけれ, へ行きなされ, へ行けつ, へ行け行け, へ行つた時, へ行つておいで, へ行つてお出で, へ行つてゆ, へ行つてら, へ行つて藤ちやん, へ行つて貰つて, へ行つて頂戴, へ行つて顔, へ走り, へ迷, へ連れ, へ飛ん, むきの, もこつち, もそんな, を, を二三枚, を向きなさい, を向く, を頼まれた, イお, 内にや, 向いちや

▼ あつたなら~ (148, 0.6%)

4 それは 3 その人, ばその, ばそれ

2 [11件] ば, ばさ, ば必ず, ば私, 子供達に, 恁う, 渠は, 甚, 疾うにどうにか, 目にもの, 私は

1 [113件] あたしは, この人, この嚢, この脳天, この際, これを, こんない, こんなこと, こんな和歌, さう, そこの, そしてあの, そのうち三百万弗, その一枚, その冷めた, その方, その時, その點, それが, それこそ, それよりも, それを, ぢや, と思ふ, どんなに嬉しい, ばあの, ばあゝ, ばいま, ばこの, ばこれ, ばこんな, ばさぞや, ばそれら, ばた, ばと小池, ばどうか, ばどちら, ばなア, ばね, ばひと, ばよから, ばボク, ば之, ば今日, ば余, ば修身点, ば俺, ば元村, ば六十歳, ば其の, ば其者, ば其郷土, ば凡て, ば却つて一種, ば唯, ば夫, ば妄り, ば嫁, ば子, ば定めし, ば幸せ, ば彼ら, ば彼女, ば所謂俗言, ば手, ば支那人, ば斯, ば此次, ば決して, ば決定, ば法律, ば生徒中, ば石, ば磐梯山, ば童謡, ば笞刑, ば簡単, ば脚, ば自分, ば苟くも人生上, ば誰, ば随分, ば須らく, まだしもそれだけ禪, 一方の, 一生何の, 両家は, 俺は, 其も, 其人は, 太宰君の, 山陽は, 左門の, 已に出, 幅一メートルの, 彼様言は, 或は此, 是は, 机竜之, 機先に, 正成を, 気の毒な, 深水氏の, 無論進ん, 現在の, 現在日本にも, 皆樣の, 目に, 私の, 第一戦争, 董賢の, 褒美として, 馬物の具の

▼ あつたらしい~ (86, 0.4%)

8 のである 5 のです 3 が, と云, よ 2 しかし子供達, と言, のであります

1 [58件] からそれら, から其, がこれ, がその, がどうもよく, が不明, が今日, が何, が何処, が作者, が其宮廷直属, が其詳, が燕林, が現在, が落ちる, が藤枝, が近頃, が靜けさ, ことである, ことは, し御, ぢや, で御, といふ, と思, と言つて, どうだ, な, ね, の, のだ, ので, のでした, のは, のよ, のを, ものが, んだ, んです, 事, 事だ, 事である, 事は, 嘉村氏の, 宮廷詩人の, 小じんまり, 年である, 形跡は, 所には, 此の, 殊に子供達, 水さしから, 痕跡も, 白髪の, 看板娘の, 石油の, 荒れた草地, 銚子を

▼ あつたらしく~ (72, 0.3%)

6 思はれる 3 思はれます

1 [63件] いざなぎの, お靜, この歌, すつかり, そこだけが, その他にも, その作業, それ以上には, それ以来母との, て, ないやう, のみならず其他, はない, まもなく彼, もある, も見える, よく人, マイケルを, 二日二晩殆ん, 伝へられて, 倉市は, 全然對等, 其うちで, 其と共に, 其の背, 其心に, 去年の, 吾東周を, 夜中近く話聲は, 夫に, 寛先生は, 小口といつても, 山か, 常識の, 平次の, 幾許も, 彦火, 彼は, 後には, 思はせる, 思はれるの, 想像される, 愼ましく, 手に, 更に明治以後, 毛傳とは, 沢山歌を, 法諡用ゐる, 珍らしく, 現にこの間, 現に川柳, 田屋三郎兵衞といふ, 真蘂西堂, 穴倉と, 紀州侯から, 考へるからの, 肝腎の, 見える, 金貸らしい, 錫杖だけでも, 鎌倉時代の, 頻々と, 飾りつけの

▼ あつたか~ (44, 0.2%)

16 と云 4 と言 2 が解るだらう, と覺

1 [20件] がおよそ, が分る, が判る, が思ひ出せなかつた, が明白, が知りたかつた, が芥川賞, だね, てあかん, とお, とちよ, との訊問, とプチジャン, と一度, と云つて, と思つて, と狐, と言ひま, と謂, なぞといふこと

▼ あつたさうだ~ (42, 0.2%)

64

1 [32件] お靜さん, から, からなぶり殺し, からわざと, からシエークスピア, が, がありや, がさ, がその, がそれ, がなぜ, が今, が僕, が其, が其家, が又, が夜分, が後, が思ひやり, が或, が現代, が耶蘇教, が能, が若, が誰, が近年, しひら, し人, ぞ, よ, ナといふ話, ネ

▼ あつたつ~ (38, 0.2%)

4 てそれ 3 ていい 2 てお, てかま, て何だ, て少し, て新太郎

1 [21件] てい, ていふ, てくたばらない, てたま, てふしぎ, てよ, て一向, て一度, て仕, て仕方, て何, て価値, て僕, て助かり, て同じ, て左, て役に立つ, て構, て樫, て決して, て行かない

▼ あつたでせう~ (30, 0.1%)

5

1 [25件] かありませんでした, が, があらたか, がお祭騷ぎ, がその, がそれ, が一年間毎月一本づつ, が世帶, が乞食, が人心, が今日, が兎, が十手, が昔, が朝寢, が病身, が皺, が近所, その息子さん, な, ね, 伊與之, 平松屋源左衞門は, 木戸札を, 遁れつこは

▼ あつちこつち~ (30, 0.1%)

2 歩きま

1 [28件] から大分苦情, から書き寄せ, から起つた, で, で頻り, にいつ, にお前さん, にかた, に一杯, に富, に赤, ひつくりかへ, へごろ, へよろけ乍ら, へ入れ, をさがしました, を見, 借財が, 地方を, 崋山の, 廻つて來た, 提灯を, 東京の, 當つて見よう, 突つい, 紙の, 身軽に, 飛びまはつてお酒を

▼ あつたれ~ (28, 0.1%)

3 ど一念, ど家, ど知らぬ

1 [19件] どこの, どそれ, ば, ばこそお, ばこそだ, ばこそである, ばこそ今日, ばこそ佛法, ばこそ出, ばこそ木曜會, ばこそ満, ばこそ直に, ばこそ維新, ばゲーレス, ば一同, ば千住, ば山男, ば長者, ば驚き

▼ あつたさう~ (23, 0.1%)

1541 でお蔭, ないかにも, なす, なそれで

▼ あつちや~ (21, 0.1%)

4 ならねえ 2 ならないと

1 [15件] あ遠く, いけないから, いけませんです, お調べ, この店, この東作, そのままぢ, たまりません, ならない, ならね, ならねえよ, もつたい, をかしい, 免れやう, 附き合

▼ あつちこつ~ (20, 0.1%)

2 ちの地面に

1 [18件] ちから再婚を, ちと人中, ちと借り歩い, ちと探, ちと歩き, ちと泳ぎ, ちと追, ちの名水を, ちの女の, ちの妾や, ちの娘どもを, ちの家を, ちの屋根の, ちの店, ちの暗がりから, ちの海草の, ちの現場を, ちの雑誌社で

▼ あつたとい~ (19, 0.1%)

5 つても 4 へる 2 へよう 1 つていい, つてよろしい, つて大分世間の, つて良い, へるが, へるし, へると, へるの

▼ あつちで~ (18, 0.1%)

10 もこつちで 2 もこつち 1 あの怖, は一緒, は敵, オルガンなんて, クスリこつちで, コップが

▼ あつかい~ (16, 0.1%)

1 [16件] だったから, であの, である, では, については署長さん, をうけず, をうけなけれ, をうける, をさっそく, をした, をする, を受け, を受けた, を習え, を舞台的, を頼み

▼ あつたかい~ (16, 0.1%)

42 潮み 1 の, のと, のを, わけだらう, 寢臺, 布団へ, 日向が, 生物の, 雨でも, 靄も

▼ あつたさうで~ (15, 0.1%)

1 [15件] お蔭で, こんな町, そのガス栓, それも, ところが画商共, 切支丹達は, 千代松は, 土蔵の, 子供の, 小倅めといふ, 御留守居, 私は, 綱の, 辨慶の, 青木さんの

▼ あつたさうです~ (15, 0.1%)

51 が何れ, が小僧, が御, が斯, が若し, けど, し父さん, ね, ね天井裏, よその

▼ あつた如く~ (11, 0.0%)

1 [11件] その作詩, ニイチェも, 事公なる, 今日の, 兵士としても, 既成劇壇の, 未来に, 海の, 父の, 舞台の, 藝術から

▼ あつたくら~ (10, 0.0%)

2 ゐで, ゐですから 1 ゐだ, ゐである, ゐです, ゐですが, ゐですもの, ゐの

▼ あつちの方~ (10, 0.0%)

1 がいくらか, が近く, でし, でもどんどん, のそれ知つて, は相手, は酷, よ汝, を売つ, を見なく

▼ あつてか~ (10, 0.0%)

2 いよ 1 いよいよ離縁, さして目, つひその, 実に奇々怪々, 斯くも, 私に, 言葉は, 郷土と

▼ あつたと~ (9, 0.0%)

3 さへ 2 て不思議 1 てそれ, て一向, て此狹, て糸

▼ あつちから~ (9, 0.0%)

7 もこつ 1 いきなり東京, おあがり

▼ あつはつ~ (9, 0.0%)

71 はあ, はと笑つた

▼ あつたせゐ~ (8, 0.0%)

1 かいつも, かその, かむしろ, か僕, か店, か暖かい, でせう, もあらう

▼ あつてな~ (8, 0.0%)

3 お尋ね申す 1 三河の, 其の下ん, 其奴が, 昼うちだけ, 親類の

▼ あつはつはつ~ (8, 0.0%)

8

▼ あつかつ~ (7, 0.0%)

3 たもの 21 た人間, た国民

▼ あつたらし~ (7, 0.0%)

7 かつた

▼ あつち向い~ (7, 0.0%)

2 てなよ 1 てこつち向い, てらし, て投げろ, て知らん顔, て見

▼ あつといふ~ (7, 0.0%)

1 まに, やうな, 瞬間には, 間もなく一人, 間もなく大, 間もなく脚, 間もなく頭

▼ あつぼつ~ (7, 0.0%)

2 たいつばさ, たい翼, たい隙間 1 たい瞼

▼ あつたであらう~ (6, 0.0%)

51 かこれから

▼ あつてよ~ (6, 0.0%)

2 かつた 1 あつてよ, あの女達, とても熱情的, ほら三又土筆

▼ あつてる~ (6, 0.0%)

2 うちに 1 つて, んだ, 師弟の, 茂みの

▼ あつ~ (6, 0.0%)

2 あつはと, ッは 1 ツは, 世が

▼ あつまつ~ (6, 0.0%)

4 てくる 1 てき, て長々

▼ あつもの~ (6, 0.0%)

1 にさびしい, に懲り, に浮べる, の香り, をこしらえ, をすすっ

▼ あつ~ (6, 0.0%)

1 へて寸法, への品, への疊紙, への筍飯, へを聞い, へ向き

▼ あつかつて~ (5, 0.0%)

1 やらなかつた自責, ゐた, ゐるの, をります, 兩の

▼ あつたかく~ (5, 0.0%)

2 ていい 1 なつたらわたし, なりましたの, 寒気の

▼ あつため~ (5, 0.0%)

1 てありあり, ておく, て遣る, て馬鹿げた話さ, られるといふ

▼ あつちこつちで~ (5, 0.0%)

1 ワイルドを, 庭球の, 御用を, 耳痛く, 音が

▼ あつそう~ (4, 0.0%)

1 な顔, な顔一つ, に片手, に見えました

▼ あつたで~ (4, 0.0%)

2 はない 1 その詫, な

▼ あつたろう~ (4, 0.0%)

1 か, がす, し能, ときいた

▼ あつちの~ (4, 0.0%)

1 が酷く, こそとめ, なあの, 大きな岩

▼ あつちの田甫~ (4, 0.0%)

2 へ, も

▼ あつちや私~ (4, 0.0%)

1 の顏, は生き, も人樣, も威張れない

▼ あつ~ (4, 0.0%)

21 程こいつ, 程一とつ走り行つて

▼ あつこれ~ (3, 0.0%)

1 だ, はへん, は飛んだ

▼ あつただらう~ (3, 0.0%)

21

▼ あつたです~ (3, 0.0%)

1 かといふ問, か歌, が猫

▼ あつたら送つ~ (3, 0.0%)

1 てください, てやる, て呉れ

▼ あつたら飛ん~ (3, 0.0%)

2 で行きたい 1 で來

▼ あつたりなど~ (3, 0.0%)

1 して, しても, すると

▼ あつちだ~ (3, 0.0%)

1 つて其の, よ, 出雲崎だ

▼ あつちの方角~ (3, 0.0%)

1 に見, に違い, へつい

▼ あつ~ (3, 0.0%)

1 同時に同じ, 言ひ, 言ふ

▼ あつとも~ (3, 0.0%)

1 言はず立止まり, 言はず立止まりし, 言はず色男搖る

▼ あつ~ (3, 0.0%)

1 あつぷ, あつぷともがく間, あつぷとやる利助

▼ あつうい~ (2, 0.0%)

1 ウドンでも, 御酒を

▼ あつ~ (2, 0.0%)

1 市さんが, 染ちやん

▼ あつこと云~ (2, 0.0%)

1 ひお, ふ

▼ あつすぎ~ (2, 0.0%)

1 きょうは, てすこし

▼ あつせん~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ あつそれ~ (2, 0.0%)

1 で好いだ, はととどめかけた

▼ あつたげ~ (2, 0.0%)

1 な, な爺さん

▼ あつたさうである~ (2, 0.0%)

1 が成, が此年

▼ あつたせゐだ~ (2, 0.0%)

1 あの際, と私

▼ あつただ~ (2, 0.0%)

1 ぞ明日, よ若い

▼ あつたでし~ (2, 0.0%)

1 よ, よう

▼ あつたまる~ (2, 0.0%)

1 のだ, ものか

▼ あつたら堪らない~ (2, 0.0%)

2 と思

▼ あつたら持つ~ (2, 0.0%)

2 て來

▼ あつたら生き~ (2, 0.0%)

1 てはゐられない, ては居らつ

▼ あつたら縛る~ (2, 0.0%)

1 のだ, んだ

▼ あつたら読ん~ (2, 0.0%)

1 で下さい, で見

▼ あつたら逃す~ (2, 0.0%)

2

▼ あつたりは~ (2, 0.0%)

1 したけれど, なれたり

▼ あつたりも~ (2, 0.0%)

1 うい, した

▼ あつちこち~ (2, 0.0%)

1 に建つ, をひつくり返し

▼ あつちこつち歩い~ (2, 0.0%)

1 てみな, てみんな人

▼ あつちこつち読ん~ (2, 0.0%)

1 できかせ, で見た

▼ あつちと~ (2, 0.0%)

1 は, 底を

▼ あつちのホテル~ (2, 0.0%)

1 こつちの旅館, だのこつ

▼ あつちの国~ (2, 0.0%)

2

▼ あつちの山~ (2, 0.0%)

1 のなか, へお

▼ あつちの警察~ (2, 0.0%)

1 でもいろいろ, に照会

▼ あつちの路~ (2, 0.0%)

1 がごく, を行つて

▼ あつちや惡~ (2, 0.0%)

1 いことは, いと思ふ

▼ あつちや氣~ (2, 0.0%)

1 が付かない, の毒

▼ あつち見~ (2, 0.0%)

1 て, て鳴いた

▼ あつてかへ~ (2, 0.0%)

1 つてよろしい, つて讀者を

▼ あつてさ~ (2, 0.0%)

1 あたしそんな, うかと考へ

▼ あつてない~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ あつ~ (2, 0.0%)

1 精力的な, 記録と

▼ あつはと~ (2, 0.0%)

1 二人はた, 笑つてうちへ

▼ あつぱあ~ (2, 0.0%)

1 に連れられ, の如き

▼ あつぱれ~ (2, 0.0%)

1 の美丈夫, 其の方

▼ あつぱれ不思議~ (2, 0.0%)

2 な振舞

▼ あつべき~ (2, 0.0%)

1 余裕を, 座位あり

▼ あつれき~ (2, 0.0%)

1 も相当, 悩みながらの

▼ あつ~ (2, 0.0%)

2 つぽ

▼1* [266件]

あつあすこにゐる, あつあだな潮来で迷, あつあつと言, あつあのひとだ, あつあれなん, あついいとこへ, あついたのきれ, あつうくして, あつッて, あつかもつかして, あつがるのと, あつこうとりゃええ, あつこのなかに, あつこりや, あつさあたりに食べあ, あつさおいとひ下さい, あつさりしてい, あつさり切り上げるつもりで, あつさり片づけるのか, あつさり答える彼女の, あつさり過ぎたれどいづれ, あつされどもヂュウス, あつさアりした, あつさニて候, あつさハ一分二分斗の本, あつさ三寸をますごとく, あつさ汗も涙, あつさ避くる人, あつしかお久良, あつすぎる入梅前の, あつせんするのが, あつその梯子だ, あつたあいぬが, あつたあきんどらしい, あつたあぶれもの或は, あつたありたけの, あつたおごるわよとおきよ, あつたおちかのそれで, あつたかいしろい雪のか, あつたかきつとどなた, あつたかぶき者だ, あつたかみの殘つて, あつたかれがかうし, あつたか江であつ, あつたがねい返辭では, あつたくさぐさの, あつたけれ共その, あつたこまこました物, あつたごとく此の, あつたさうでされば少し, あつたさうで見て通つたカテードラレ, あつたさうで驚いて居ります, あつたしてそれ, あつたすかいと, あつたせゐなのである, あつただしが京都, あつただろうか, あつたちツぽけな, あつたであろうか, あつたならかういふ團結の, あつたならもつと度胸, あつたなら分けてくれません, あつたまりさうだ, あつためるにや蕎麥掻, あつためろ彼は寒い, あつたらかう為ると云, あつたらかたづいておくれ, あつたらこいで斬る, あつたらさう言へ, あつたらしいですわねさ, あつたらずゐぶん可笑し, あつたらとび下りて掴み去らう, あつたらみつけておい, あつたら借りて來い, あつたら入りたいほど耻ぢ, あつたら出て来, あつたら切り棄てる外ない, あつたら呼びに来い, あつたら喜んでこの, あつたら困ると云, あつたら売てお, あつたら寄るけどあて, あつたら引つ縛るやうにと, あつたら忘れないでいふ, あつたら成るべく年の, あつたら打ち明けて下さい, あつたら持たせるに限る, あつたら捻りたいと云, あつたら掛けろつてまで, あつたら書かずに胸中, あつたら書くとしよう, あつたら歩かせてもらはう, あつたら死ぬより仕方, あつたら死んでしまひたい, あつたら殺したのが, あつたら比べてみ, あつたら泣き出したい思ひをした, あつたら片づいての老, あつたら知らせて上げませう, あつたら聞いて來, あつたら聞かう不思議な, あつたら見遁すまい, あつたら言うたがよい, あつたら訊くが宜, あつたら許さないと仰, あつたら許さぬといふ, あつたら話す方が, あつたら讀みたい教へて, あつたら貸して貰, あつたら逃げようとだんだん, あつたら通さないことも, あつたら遣るといふん, あつたら開けて見てくれ, あつたら頼むぜ, あつたら飛びこんでしまいたくなりました, あつたら飛出して外, あつたら飛出すことに, あつたら駆け附けてくれ, あつたりなんかしてを, あつたわいな, あつた似た種に, あつた如きかの女, あつた如く書くのは, あつた思ひが絶えない, あつた憾むらくは, あつた死に方は, あつた空いたま, あつた蒙古に, あつた見知らないものそれは, あつだめだ霧, あつちから手紙の来る, あつちから槍が流れ, あつちから足袋が流れ, あつちこつちでおしかぶさる空氣を, あつちこつち動くもんです, あつちこつち引つ張り, あつちこつち聞き廻つたりし, あつちこつち連れて歩かせられる, あつちですのどうぞ, あつちで儲けこつちで稼ぎ, あつちで寝て行つて, あつちで眠らんかね, あつちのお袋だつて, あつちのことなんて, あつちのひとは日本, あつちのウチぢや酒, あつちのチユウリツプなん, あつちの世界とこつちの世界, あつちの基地であつ, あつちの女の子に目尻, あつちの姉さんも大変, あつちの家からもこちら, あつちの居間の方, あつちの巧維盛様御夫婦, あつちの市区でもこつ, あつちの市區でもこつ, あつちの応接間へ来, あつちの投機事業に手, あつちの枝にぶらさがつ, あつちの様子も見, あつちの水ァあまい, あつちの水溜りでもこちら, あつちの焼鍋の方, あつちの男はそれ, あつちの町と, あつちの石段から上りなさい, あつちの空を見, あつちの部屋に寝台, あつちの都合もある, あつちの風俗を調べ, あつちやあとがうるさい, あつちやお上の御用, あつちやお前といふ人間, あつちやこつちに, あつちやわれわれ大人はまるで, あつちやアいけないの, あつちやア並大抵ぢやありません, あつちや世間の聞え, あつちや世間體が惡い, あつちや人間一人の命, あつちや俺の顏, あつちや兩國の水茶屋, あつちや六本木の親分, あつちや六枚の雨戸, あつちや十手捕繩, あつちや取り返しが付かない, あつちや可哀想だが, あつちや叶ひません, あつちや命が七つ八つ, あつちや敵はない, あつちや此處で番, あつちや男の耻, あつちや町内一統の迷惑, あつちや若旦那も骨, あつちや行つちまつたん, あつちや足を挫, あつち向いてて, あつっぽい息を, あつつつ, あつてあつしもよく, あつてかそれとも隣りあひの, あつてぞつと背, あつてたがやがて, あつてと初瀬は, あつてやすを沈黙, あつてよささうな松原, あつてよずつと昔, あつとおもふ, あつとしてしまつ, あつできてるため, あつ真白な, あつばれ武者振, あつぱつぱ姿のお, あつぱれと申しあげるより, あつぱれなおちつきぶりだつた私と敬坊, あつぱれな仕事ぢや, あつぱれな口は利けぬ, あつぱれな自決ぶりを人, あつぱれものの用にもたつべき, あつぱれ剛なる最期, あつぱれ剛の者を気取つ, あつぱれ功名手がらをも致, あつぱれ名誉と心得, あつぱれ強者や, あつぱれ我娘は中学三年, あつぱれ手品師に拍手, あつぱれ明治二十四年の出色文字, あつぱれ用らるべき人才, あつぱれ貫禄を見せた, あつあつふと, あつふと生ら暖, あつぷあつぷしてゐておもむろに四這, あつぷあつぷ這はうとして, あつぷつて怒られつかんな, あつぷともがく間に不思議, あつぷとやる利助を尻目, あつぷ砂地を這つて, あつべしといふ, あつべし射あてじ, あつみっつそいからねかあさん, あつぢつきに, あつれき味方同志の暗闘, あつ二階ぢやない, あつ今日は三つ, あつをする, あつ助けてエ, あつが涸, あつ坊ちやんが来, あつ堅き兜に, あつ成る程, あつを開ける, あつ手首の入れ墨, あつへて置く, あつにとられ, あつに取られた, あつの塩せんべい, あつで火, あつを膳, あつさせて, あつつ張りさ, あつ苦しいごみっぽい, あつ苦しく工合が, あつつた, あつ過ぎるから脱ごう, あつれたか, あつ錢形の親分