青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あっし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あたし あたし~ ~あたり あたり~ ~あたる ~あちこち あちこち~ あちら~ ~あっ あっ~
あっし~
~あった あった~ あったら~ あっち~ ~あつ あつ~ あつし~ ~あて あて~ ~あと

「あっし~」 1906, 19ppm, 6050位

▼ あっし~ (383, 20.1%)

5 何にも, 町方の 4 神田の 3 それを, 何も, 気が, 生れて

2 [14件] あっしで, あの晩, お上の, これでも, もう, よく知っ, 世間で, 何の, 初めから, 平次だ, 木更津へ, 江戸へ, 見て, 親分

1 [329件] あいその, あっしは, あなたの, あのよい, あの侍, あの娘, あの手拭, あの晩信吉, あの話, あの面, あの額, あれは, あわてて, あんな恥, いい寄られた, いきなり尻, いきなり襟, いつか一度言おう, いつも靴, いつ命, いつ怖い, いなば, いまに, いろいろと, いろいろ無理, うす気味, おっそろしく, おとといから, おまえさんに, お元, お前さんを, お嬢さんの, お嬢さん殺しなんて, お小姓, お徳, お杉, お松の, お松を, ぐうぜんな, けんか兇状で, こう張合, こう思う, こう見え, ここに, ここへ, ここん, このうそ, このへん, このまま, この四日間, この子, この時, この眼, この野郎, この駕籠, これからすぐ伝馬町, これから千早, これから直ぐ今戸, これから裏庭, これっきり忘れ, これで, これまで, これを, こんなけちけち, こんなふう, こんなガサツ, こんな好い, こんな恥, ご覧の, さきほど近江屋, さっきから, さっき玄関の, さっそく十手捕縄, しっかりしなく, じぶん, すぐに, すぐ顔, すっかりめんくらっ, すっかり参っ, そとで, その前, そりゃ勿論, それが, そんなもの, そんな怖い, ただ旦那, だんだん不思議, ちっともきたない, ちょっと姿, できるだけそっぽ, とてもだんな, どうしても, どうしても支倉, どうせ大した, どうも万一そんな, どっちを, どなりましたどなりつけて, どんなお, なぜあなた, なにしろ変人, ねえ, ひょろ松親分, びっくりし, また出直し, また困った, また病身, また馬力, まだあんな, まだ岩見重太郎, まだ師匠, まだ晩飯, まだ死ぬ, みんなに, もうい, もういけない, もうそこ, もうやられる, もう一ト目, もう十手捕縄, もう帰らなきゃ, もう沢山, もう癪, もう腹, もう親分, もう観念, もとより子分, よくみません, よく知りません, ケチな, サッキから, シカと, タッタ一人真暗闇の, チットも, デックの, ドキン, 一と, 一刻も, 一度盗ろう, 一生涯忘れないでしょう, 三原玲子さんばかりは, 三年も, 下手人は, 下男に, 下谷黒門町の, 丸潰れだ, 二十三です, 二度目の, 二進も, 云った, 人間が, 人間の, 今じゃ, 今度の, 今日から, 今晩から, 但しと, 何かしら, 何と, 何ともありません, 何もかもこの, 余計な, 元々伊賀生れ, 先生, 先生を, 入って, 八丁堀の, 八五郎という, 其辺中に, 内所へ, 出雲さまの, 助かったの, 勝負事は, 匕首で, 十二の, 十八だった, 十手を, 十時に, 千早に, 千早へ, 危ないと, 去年の, 又あらん, 友達仲間でも, 叡山へ, 口惜しい, 口惜しくって, 台湾館の, 同心方と, 向う面を, 呼びつけられの, 命を, 唯の, 嚢陽生れの, 国府を, 塀の, 変な, 外から, 外科の, 大変な, 大嫌いで, 大嫌いな, 大急ぎで, 大急ぎな, 大江山の, 女に, 女びいきです, 姐御, 嫌いさ, 嫌だって, 子供の, 寝ずに, 専次から, 小判と, 小半刻, 小梅の, 少し急ぎます, 岡っ, 巴屋の, 帰りますよ, 干乾しだ, 平次です, 平気です, 引っ込みの, 後か, 御上の, 御出役, 御存じの, 御新造の, 徳利だ, 徳利同様だ, 忙しい身体, 思いましたから, 思いますがな, 思い出したん, 思うんで, 思ってた素人, 怪しい者, 怺え, 恥かしい, 悪い人間, 抜いたん, 按摩は, 捕手に, 斬られつけないから, 旅まわりの, 日本左衛門の, 旦那が, 旦那に, 早寝で, 暮から, 暴れるの, 曲亭の, 本邸を, 栄二という, 根岸の, 構わねえけれども, 槍は, 櫃の, 正直な, 正直者で, 正真正銘の, 此寝巻を, 此涼み櫓を, 武右衛門さんに, 殺されそう, 気に, 気の毒で, 水戸へ, 江戸ッ子です, 泊るの, 泥棒と, 洗いに, 浅五郎, 浅草を, 浮ぶ瀬, 深川の, 猟師の, 生きた気, 生きて, 用事も, 甲州路から, 申すので, 目を, 目明しそれを, 相手が, 眉間を, 真剣な, 知って, 知りませんよ, 短刀が, 確かに, 稼業だ, 立停った, 竹家の, 紳士って, 罪の, 老先生, 考証を, 聖なる神, 腰が, 腹が, 臆病者で, 自分の, 行きます, 裏ぐちに, 西の丸の, 見とれて, 親代々の, 親方に, 言ったんで, 詮索が, 貴方に, 逃げたりなんぞ, 透明人間の, 遊芸が, 遠縁で, 部屋の, 野州の, 金を, 金貸しと, 銭箱から, 雷鳴様は, 面喰った, 音羽から, 頭が, 顔を, 駄目だ, 鳶の, 黒木長者の

▼ あっし~ (337, 17.7%)

9 ような 8 ところへ 7 顔を 5 家へ 4 せいじゃ, 手に, 方が 3 ほうが, 言うこと, 首っ玉に

2 [23件] あとを, いうこと, お株を, ですよ, どこが, ほうは, 代りに, 力で, 友達に, 妹の, 姿が, 子分で, 家に, 手を, 方で, 方は, 方へ, 昔の, 申すこと, 留守中は, 眼に, 考えじゃ, 血を

1 [241件] あけた破風, いう事, おしゃべりゃ, お父上, お目にかかった練塀小路, お袋の, かんしゃくは, が, がみがみいう, ここを, こしれえたお, ことかネ, ことで, ことを, この手裏剣業, したこと, せいだ, せいな, だいじな妹, だったとでも, つえに, ところで, ところへも, どじと, に違い, ほうで, ほうでも, ほうには, ほうの, ほうへ, まくらもとに, もとの, も見, やったの, ようなお, ように, カンで, キタネエ首根ッ子に, ステテコの, 一世一代の, 一分が, 三尺を, 上役の, 不服と, 世帯だ, 中村行きを, 乾児の, 事なんか, 事を, 仕事てえ, 仕事とは, 仲な, 伜に, 住居は, 余計な, 側を, 傍では, 働きじゃ, 先に, 初手柄, 剃刀でない, 助手です, 勘です, 勘考だ, 叔母が, 叔母さんの, 取り合いっこ, 口から, 口からも, 口へ, 口一つで, 合図を, 名が, 名案って, 周りを, 命を, 地です, 境涯が, 声で, 大好物, 太股くれ, 女御存じでしょう, 好きな, 妹だって, 妹と, 姿を, 娑婆も, 嬶なんぞは, 子分どもも, 字は, 学で, 家です, 家は, 寝て, 小家で, 尺八は, 居場所は, 左の, 師匠は, 弟の, 役です, 役目は, 後から, 後からも, 従弟が, 得意坊主が, 御殿で, 心の, 心を, 心意気に, 志で, 忰だ, 思い付きです, 性分で, 性分に, 怨みの, 恋敵, 恥ばかりじゃ, 息の, 悪口が, 情婦だった, 愚痴を, 懐ろを, 懐を, 手から, 手が, 手では, 手と, 手は, 手拭が, 手柄として, 手落ちに, 数えたところ, 敵を, 方から, 方こそ, 方です, 方に, 方を, 昔なじみか, 樗蒲一が, 機嫌なんか, 死ぬの, 気がかりでござん, 気ごころは, 気に入らねえの, 気ッ腑は, 気持に, 油断です, 泊って, 洋行の, 流儀です, 渡世御, 潔白だけでも, 煙草入の, 生命の, 生命は, 用向は, 男ぶりまで, 畑な, 留守に, 白木の, 目と目が, 目はね, 目印に, 眉間に, 眼について, 睨んだとおり, 睨んだ眼, 知ったこと, 知って, 知ってるだけを, 知り人, 知合だ, 礼儀でございます, 立つ瀬がねえ, 素姓は, 素姓を, 縄には, 罪, 考えの, 耳へ, 肌に, 背後の, 胸に, 能書きたくさんも, 腑に, 腕が, 腕の, 腕を, 腹の中から, 臆病を, 船友達も, 苦心な, 茶碗は, 荷物が, 見た見当, 見当じゃあ, 見知り人を, 親父祖父も, 言うの, 訊くこと, 許婚者な, 許嫁に, 話は, 話を, 赤鰯を, 足を, 跡で, 跣足の, 身に, 身にも, 身の上を, 身代りに, 身体を, 身替りに, 身柄を, 身許を, 逢ったの, 道具袋に, 道楽だ, 部屋の, 鉄砲玉だって, 頭の, 頼まれたの, 頼みだ, 顔みたら, 顔みたら逃げ, 顔みる, 顔も, 首っ玉より, 首は, 首を, 首ッ玉に, 鼻が, 鼻じゃ, 鼻の, 鼻へ, 鼻も, 鼻を, 鼻ッ先へ

▼ あっし~ (328, 17.2%)

3 そう言っ, 悪かった, 飛んで

2 [17件] おもん, だんなの, だんなを, ちっとばかり, どうした, ものを, 先に, 夜網から, 帰って, 戸部の, 殺したも, 汗だくん, 洗いましょう, 甚右を, 行くと, 行って, 順序を

1 [285件] ああやっ, あたしが, あちらの, あっしが, あなた様を, あのチョビ安, あらん限り, あれや, いいおちつき, いくほう, いたします, いただきますよ, いつあんな, いつ腰, いないと, いなきゃア不自由, いやな, いること, いる間, いわばまああんた, うるさくいう, お味方, お奢り, お嬢様を, お店, お気に入りでも, お番所, かぎ出して, かれこれし, かわいいって, がらにも, きいたふう, くわ始めに, こいつを, こうしてお迎え, こうしてここ, こうやっ, ここに, ここまで, こせえたごちそう, この二つ, この森, この犬, この眼, さそっても, さっきあわて, さわって, しゃべりだしたからって, しゃべりだすと, しょっ引いて, せっかくさっき, そう云う, そっと後, その切, その建前, その柘植, その贋金造り, その金, それと, そんな事, だんなに, つかまえた非人, つけたん, つけて, つけてから, つって, どうにもなら, どう修業, どじを, どんな気, はきますんで, はね起きようと, ぱんぱんと啖呵を, ひきうけますから, ひとりで, ふところに, まじめな, また自慢, みなと, やって, やります, やりますぜ, やりますよ, やるつもり, よく知っ, ステテコを, 一つ言い当て, 一と, 一人で, 一度は, 一度見た, 一張羅を, 三河屋の, 上って, 上総屋の, 下戸でも, 下手な, 下手人でござん, 下手人でも, 下手人を, 世話を, 乗出すよう, 乗込むと, 乗込んで, 二人の, 二十七の, 五日四晩飛び廻った, 人騒がせを, 何を, 何時そんな, 側に, 兄貴分の, 先陣し, 八十八夜と, 其話を, 内密に, 出しゃ張っちゃ, 出る処, 切ったん, 力を, 助けて, 十八の, 十六ぐらいの, 半口, 参ります, 取って, 口で, 名古屋山左衛門ていう, 名古屋表の, 名誉に, 向うへ, 唇を, 嘘を, 変だ, 大川橋から, 女だったら, 女の子たちに, 子分に, 孫の, 寄合に, 専次でございます, 小粒な, 少し抱っこ, 少し男, 居さえ, 居た部屋, 居ないと, 居るとも, 山へ, 席主の, 帰った後, 帰ってから, 平次で, 年じゅうやぶいり, 引き受けた, 引き受けて, 引っくり, 引取っ, 引受けて, 当てて, 後を, 御屋敷, 思って, 急用が, 悪うございました, 憎うが, 手伝って, 手紙を, 手銭を, 承知できねえ, 拾ったんで, 拾った道ばた, 持って, 持とうじ, 捜したところ, 捜し出すが, 昨夜お, 昼寝を, 暴風の, 書いて, 有頂天に, 朝から, 末永く恋女, 本当にやった, 札を, 柘植の, 棟梁お, 検挙られた, 極密, 止めました, 殺されても, 気が, 気どろうと, 気に, 気を, 水を, 泊ったの, 泣いたからって, 泣いたら何, 火の番でも, 無事に, 牢へ, 特別念入りに, 生きて, 生身の, 甲板に, 申しあげるより, 申し訳だけに, 町内の, 盗ったん, 目ぢょうちん光らし, 目に, 直ぐに, 看板ぐれえ, 知って, 知らない位, 知らねえと, 短刀で, 祭りを, 立会おう, 籤を, 絞め殺しましたと, 締めあげますぜ, 縛って, 耳に, 聞取りを, 肝を, 胆を, 腸詰に, 臆病な, 自腹を, 自身に, 船の, 若旦那を, 蒔いたよう, 蒸し焼きに, 行きたくてなぞ, 行きましょう, 行きましょうこの, 行きゃだんなひとりになるんだ, 行くん, 行っても, 行方不明に, 見たん, 見つけたお客さん, 見つけ出しますよ, 見付ける前, 見張らせて, 親分で, 親分を, 言ったこと, 訊いた時, 訊くと, 許して, 話そう, 談判に, 貞子を, 負けたら打つなり, 負けて, 起上がると, 跟けたのは, 身銭を, 這入り損ねたお話, 通りかかって, 造って, 逢って, 適役, 酔狂でも, 醜男の, 野郎に, 銭無しだった, 闇太郎とかいう, 雪舟で, 頑張って, 飛び出して, 飛出して, 飛降りると, 飲みながら, 馬で, 馬鹿正直だ, 駆け付けた時, 駆け付けました, 駆け付けると, 駈けつけた時, 黙って

▼ あっし~ (181, 9.5%)

4 これで 3 それを, 男だ 2 さっきから, そう思います, そう思った, そこを, 江戸の

1 [161件] あの一条, あの時, あの野郎, あれから, いっしょうけんめい, いっしょです, おおいばり, おおよその, おさまらなくなり相手, お伴します, お供しましょう, お供する, お前さんも, お手伝いした, お願い申します, がまんが, きょうまで, こいつアてっきり, こういう気性, こうしてつまらん, ここすこし, こころ細い, この年, これから小唄, こんどて, こんなところ, すぐそう思いました, すぐ身支度, せっかくこれ, せめては, そうそうた, そう思う, そのくち, そのまんま気絶, その昔, その横, その気, そりゃア, それでとんだ, それに, ただいま上りました, だんなの, ちょっと寄っ, つい先ごろ, つい気, つい緩怠, つくづくあんな, なにか功徳, なんとなく気, ねたは, びっくりしちゃいまし, ほろりと, まさか船渠, また啖呵, みれんたらしい, めんくらがっちゃった, もうすこしゆっくり見, もう一度, もう三十何年, もらい泣きを, よく知っ, よっぽど黙ってよう, ジッと, ズット後に, 一つそういう, 一つ台湾風の, 一つ気が, 一と, 一ぺんに, 一二度見かけました, 一度あの, 一緒に, 上州へでも, 不思議でならねえ, 人間です, 今つく, 今日という, 今月は, 仰天敗亡しやし, 先刻から, 出かけて, 切腹ものです, 初耳な, 利巧じゃあねえ, 十手捕縄返上だ, 去年の, 号外を, 同じ人間, 呆れて, 坊主に, 変だ, 変に, 女と, 妙な, 嫌いで, 子分の, 少し引っ掛り, 少し言っ, 店を, 張合いが, 御供を, 心掛けて, 思い当たりやしたが, 急に, 急用が, 恋患い, 意地に, 意地わるく, 慌てて, 手伝って, 持って, 昔は, 曲独楽の, 最初は, 朗らかに, 段々お, 気が, 江戸っ子冥利に, 江戸ッ子だ, 涼しくなるだろう, 生れて, 用事を, 用心した, 用達しが, 男達とか, 相談に, 神妙に, 稀に, 縁日で, 考えたが, 聞いちゃ, 聴きましたよ, 肩の, 肩身が, 胆を, 行きますよ, 行って, 見たわけ, 見ましたよ, 観念しやし, 話の, 講中へ, 足元の, 途方に, 里心出し, 野郎たちに, 銭形の, 陰ながら楽しみ, 隣の, 雪で, 面を, 音を, 頭の, 食って, 飲みますぜ, 駄目を, 駒形の, 骨を, 黒門町と, 黙っちゃ, 鼻が

▼ あっし~ (94, 4.9%)

2 したって, とっちゃ, 任せて, 渡りを

1 [86件] あと四日見張っ, いいつけたん, いい考え, いわせれば, おいと, お礼など, お荷物, お話が, きいたって, きいたっても, くだすった, くれて, これまで, しても, しろと, すっかりまかせ, せえ, そんなにお前さん妾, ちっとばかり, できること, どうのこうのと, ないしょで, なついちゃって, まかしといて, みずくさくなった, ゃあつれえんで, やらして, よく尽し, わかったらその, わからねえん, わかるわけ, わかる道理, わたしに, ァあの, ケチを, 一思案, 一枚の, 一言の, 三人刺客を, 下すった, 代って, 任しちゃ, 任して, 何か, 劣らず辛い, 勧めて, 取っちゃあ, 口返答は, 喰ってか, 大金の, 婿の, 尾い, 当身を, 形見に, 心当りが, 惚れて, 愚痴るほどが, 手を, 教えて, 書きのこして, 書けと, 汗を, 洗わして, 済まねえと, 渡して, 漏したでしょう, 疑いが, 疑いでも, 知らせるん, 色目を, 花を, 見せたの, 見付かったんで, 解らないこと, 解る道理, 言うこと, 赤っ, 逃げろと, 逢いたいという, 逢って, 連れなんざありませんぜ, 違いありません, 金を, 陸へ, 頂かせて, 頼みに

▼ あっし~ (74, 3.9%)

3 つかまえて 2 呼んで

1 [69件] かくしてくだせえ, かつぐ気, からかって, ここへ, こんなにゆであげる, こんなに追いまくる, こんな冤罪, そでに, たった一人, どうしよう, どうなさる, どこまで, どんな時, なんに, はなして, はなしては, ひとりおいてきぼり, ゆで殺す了見, ガッシリと, 今追いかけ廻し, 先に, 先鋒に, 助けると, 取って, 受取ったデック, 口説き落す手, 威かし上げて, 岡っ引きと, 廻転椅子みたいに, 引き合いに, 引合いに, 当分ここに, 待ちうけて, 待って, 御存じで, 忘れちゃ, 手伝わせて, 手先に, 拝んで, 探すん, 救けるため, 斬ったところ, 斬るには, 殺したこの, 殺す気, 殺せば, 気が, 物蔭へ, 生かして, 留守番に, 疑うなんて, 目のかたきに, 相手に, 空井戸の, 突き飛ばすじゃ, 自分の, 茶店へ, 袖に, 見つけて, 見ねえとは, 見込んで, 見逃そうと, 覚えてるかね, 親分と, 跟けて, 追っかけて, 金吾様だ, 除いてと, 除けば

▼ あっし~ (50, 2.6%)

3 一緒に 2 一しょに, 話して, 金太で

1 [41件] あなた浅い, あの三人, あんたとは, いっしょに, お徳, ここに, ここの, この伝六, すっかり仲好し, すりゃあれ, だんなの, ちょうど互先, ノスタレに, ノスタレ爺の, 三人の, 三好と, 上総屋の, 下り役者, 並んで, 二人で, 二人の, 仙蔵との, 姐御, 心安そう, 気が, 法達兄貴とて, 浜名屋の, 源次は, 為が, 為の, 為は, 狩屋という, 瓜二つだった, 百兵衛が, 相吉さん, 組に, 行き合ったの, 解ったんで, 踏ちゃんの, 金太の, 金太も

▼ あっしには~ (35, 1.8%)

3 少しも 2 何の, 見当も

1 [28件] さっぱりわからねえ, さっぱり解らない, さっぱり解らねえ, その気持, それが, たった一人心当り, だんだん分らなくなります, ちょいと, どうにもあて, まだ解らない, まったく覚え, まるで見当, みんな言っ, わかりかねま, ソレが, 分りません, 分りませんよ, 判らない事だらけ, 女房も, 少し信用, 工夫が, 悪者が, 我慢が, 腑に, 見当が, 覚えがねえ, 解らない事, 許婚も

▼ あっしだって~ (33, 1.7%)

1 [33件] あんたという, いくさは, いざと, いやあっし, いやなら, いろいろ気, おしゃべり屋ばかりが, がみがみいや, すねるところ, とうに存じ上げ, ひとりごとを, もじっとして, やけな, カツレツを, 万両という, 三年たちゃ, 不思議に, 何も, 判りゃとっくに, 口おしみする, 天誅という, 字も, 岡っ引きだ, 憎みますよ, 手当が, 木石じゃ, 洒落や, 知って, 考えますが, 顔や, 食いませんよ, 馬子を, 髪床へも

▼ あっしども~ (26, 1.4%)

5 のお

1 [21件] がこっち, がなに, が八丁堀, で, でいたします, でなにか, のほう, の仕事, の仲間, の口伝, の漁場, の部屋, はだんな, は下人, は災難, も仕返し, をこんな, を旗下, を見込ん, を門前, 仲間と

▼ あっし~ (26, 1.4%)

1 [26件] あ先生, あ暢気, あ真っ直, がさっきッ, でも, とは部屋仲間, にとってはまるで, にゃ二度と, のあと, のおりました, の仲間, の大望, の漫才, の耳, の頭, の骨, はこうして, はこの, はそれ, はまア, は又, は四人, は船, は送, ばかりの見得, もどじょう

▼ あっしじゃ~ (23, 1.2%)

4 ありません 3 ありませんぜ, ねえん 2 ありませんよ, ねえが 1 ありません依右衛門, いけませんか, この上, ございませんが, ないん, ね, ねえ, ねえですよ, 何うにも

▼ あっしたち~ (17, 0.9%)

1 [17件] がはめ込まれ, が水, が荷物, にも聞こえる, のする, のほう, のよう, の仕合わせ, の手入れ, の暮らし, は今, は佐久間町, みて, もせっかく, をひとつ, を追い立てる, 斬られませんねえ

▼ あっしにも~ (17, 0.9%)

1 [17件] いささかながら, よくわからねえ, よく判らない, わかりません, 一寸考え, 一本おくれ, 了見が, 似合わねえどじ, 分らねえおかしな, 判りません, 判断が, 拝借させ, 腑に, 見張りが, 解らねえ, 解るが, 逢わせやしませんその

▼ あっし~ (17, 0.9%)

1 [17件] が受け持った, が味方, が常吉, が機嫌気褄, だけ残され, でもお, にもやらせ, の仲間, の住居, の体, の方, の献納, の耳, はどう, は吹け, は旅鴉, も今日

▼ あっしだっても~ (13, 0.7%)

1 [13件] おいらなりに, この広い, たまにゃ, たまにゃてがらをするときだってあるんだ, だんなにゃ, だんなの, ときどきぞ, どうした, 字ぐれえ読める, 生身です, 眼が, 知ってるん, 見よう見まね

▼ あっし~ (13, 0.7%)

1 [13件] いけねえなら加山さん, こと細かに, ごぜえます, せえ, たった一つ, ちょうど七代, できること, サ, ヘエ, 今じゃ, 出来ること, 外から, 間に合わせたと

▼ あっしです~ (10, 0.5%)

3 かい, よ 1 か, かえ, がねそれ, よひ

▼ あっしにゃ~ (10, 0.5%)

1 あまだ, あんな男, あ面倒臭, そんな事, だいいち駕籠かきども, 今もっ, 合点が, 因縁づき, 妹分の, 長虫って

▼ あっし一人~ (8, 0.4%)

21 がここ, じゃ手, で大丈夫, で沢山, で談判, の罪

▼ あっしなんか~ (7, 0.4%)

1 どうにも勘考, 何んな, 切れへ, 本当の, 番毎間違っ, 盗んだ覚え, 覗いて

▼ あっしはね~ (7, 0.4%)

1 何の, 女から, 急に, 虫の, 親分の, 親分ほかに, 越前屋の

▼ あっし~ (6, 0.3%)

1 この方, 今朝から, 今朝みたいな, 加州の, 手先だ, 根岸の

▼ あっしという~ (6, 0.3%)

2 人間は 1 この人間, 千両役者の, 気性の, 者が

▼ あっし~ (6, 0.3%)

1 あふだん北海道, あ帰, が人寄せ, が手, の仲間, の眼

▼ あっしから~ (5, 0.3%)

1 ご披露, 世界の, 申上げ, 話したいこと, 願いやす

▼ あっし~ (5, 0.3%)

1 が, がこんなに, ちゃんとこの, と言う, 合点長屋だ

▼ あっしあっ~ (4, 0.2%)

4 しそれ

▼ あっしこそ~ (4, 0.2%)

1 お礼に, とんだ邪魔, 勘弁し, 御無礼

▼ あっしでも~ (4, 0.2%)

1 この上, それだけなら, 手に, 間に合いますか

▼ あっしなら~ (4, 0.2%)

1 お艶, 七万両が, 大丈夫で, 心中

▼ あっしひとり~ (4, 0.2%)

1 でいのち, でけ, で引け, の力

▼ あっしなんかには~ (3, 0.2%)

1 当りが, 洟も, 鼻も

▼ あっしなんぞは~ (3, 0.2%)

1 ただの, 血の, 見殺しに

▼ あっしにだって~ (3, 0.2%)

1 ありますよ, わからないん, 読めまさァ

▼ あっし~ (3, 0.2%)

1 お暇, 金運が, 頼むん

▼ あっしゃあ~ (3, 0.2%)

1 だから, 口惜しくて, 考えましたこりゃあ

▼ あっし~ (3, 0.2%)

1 これで, ほかの, 機械工な

▼ あっし~ (3, 0.2%)

1 にとっ, は店賃, をからかう

▼ あっしからも~ (2, 0.1%)

1 お礼を, 頼んで

▼ あっしでしょう~ (2, 0.1%)

1 ね, ねと目

▼ あっしとは~ (2, 0.1%)

1 何の, 言い交わした仲

▼ あっしとも~ (2, 0.1%)

2 あろう者

▼ あっしども一統~ (2, 0.1%)

1 の名折れ, の恥

▼ あっし~ (2, 0.1%)

1 んだ, んで

▼ あっしなんぞ~ (2, 0.1%)

1 はね, 始終もらっ

▼ あっしにとっても~ (2, 0.1%)

1 だいじな従妹, 願ったり

▼ あっしばかりじゃ~ (2, 0.1%)

1 なかったんで, アない

▼ あっしまでが~ (2, 0.1%)

1 今お目, 悲しくなる

▼ あっしら風情~ (2, 0.1%)

1 にはつまり性, の餓鬼

▼ あっし~ (2, 0.1%)

1 これから品川, まだ独り者

▼ あっしンとこ~ (2, 0.1%)

1 でげす, なんざ

▼1* [102件]

あっしぁお内儀に気休み, あっしぁ眼がくらくら, あっしがよそのなん, あっしきりなん, あっしぐらいのもんで, あっしごとき者をも, あっしじゃあいかがで, あっしずれの色女, あっしたちふたりですがね, あっしたちゃア姐ご, あっしたちゃあまる損てこと, あっしたち一座を名古屋, あっしたち下人どもの模範, あっしたち今が一番大事, あっしだけでて, あっしだけの推量な, あっしだけは逆に, あっし四番試合五番試合を, あっしてつだわせたのは, あっしでございますよ, あっしでない事は, あっしでなきゃ丑松かお徳で, あっしでなくってもまにあう, あっしとしてはこれんばかりの, あっしとらにゃめったに, あっしどこだって知っ, あっしども二人一緒でしたよ, あっしども兄弟の稼ぎ場, あっしども特志の舟, あっしなぞにわかる, あっしなんかに払下げて, あっしなんかの相手に, あっしにだっても口を, あっしにばかり罪を, あっしにまでもお頼み, あっしのなざあ何しろ, あっしはとびあがるほどびっくりしてお, あっしばかりと思って, あっしばかりの智恵じゃ, あっしひいきの女の子たち, あっしまで出しぬいて, あっしまでも野郎達四人が, あっしもちょっくら使いますかね, あっしゃああんな鬼畜に等しい, あっしゃあいつか人助けのため, あっしゃあいつらと刺しちげえて死にます, あっしゃあこう考えたん, あっしゃあこのとおり初めから足袋, あっしゃあしかと白眼んで来やした, あっしゃあしんけんなんだからほんとに, あっしゃあでえ嫌えでね, あっしゃあどうしても旦那に聞い, あっしゃあねえ胃袋がここん, あっしゃあね以前よく三組町, あっしゃあひとまず飛んで, あっしゃあびっくりしちゃったよほんとにさ, あっしゃあ金で買われ, あっしゃいいがあとで黒鍬組, あっしゃいつでもむだな心配しなくちゃ, あっしゃうるせえ野郎なん, あっしゃうれし涙がわきました, あっしゃかわいい子分じゃねえ, あっしゃこういうものがはだに合わねえん, あっしゃさっきからもう腕, あっしゃそればっかりが気になっ, あっしゃだんなのその悲しそう, あっしゃだんなのそのこたついじりが気に食わねえ, あっしゃてっきりおどし文句の本尊, あっしゃてっきりそいつが下手人と思う, あっしゃどういうわけか身体がふわふわ, あっしゃどうにもその死に方, あっしゃにおいもかいだこたアねえん, あっしゃべつにその貧乏して, あっしゃましゃくにも合わねえ下人, あっしゃもう知りませんぜ, あっしゃもうこれで一年以上お情金, あっしゃもうてっきりそいつのしわざだと思うんで, あっしゃもう一年のうえ, あっしゃもう三里も前, あっしゃもう無我夢中で少し, あっしゃやに気, あっしよりお前さんで, あっしよりか死んだ辰, あっしよりもずんと上, あっしらのは実業, あっしらア戻り駕籠, あっしら二人に任し, あっしら五人で買い切った, あっしら仲間にゃあ, あっしら兄弟はみんな, あっしら子分にはつめ, あっしたしかに聴いた, あっしアお客で来る, あっしアこいつア案外うまく, あっしア今本郷妻恋坂からかけつづけ, あっしア確かにみっしり, あっしア餓鬼の時, あっし一人ほかの者, あっし一人腹がチクリ, あっし二人だけ, あっしの口, あっしは雲