青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あたかも~ ~あたし あたし~ ~あたり あたり~ ~あたる ~あちこち あちこち~ あちら~ ~あっ
あっ~
あっし~ ~あった あった~ あったら~ あっち~ ~あつ あつ~ あつし~ ~あて あて~

「あっ~」 49319, 489ppm, 201位

▼ あっ~ (38473, 78.0%)

539 それが 369 それを 257 みれば 216 それは 199 そこに 171 いた 159 それに 148 その上 143 これは 139 これを 135 その中 129 私は 119 そこから 106 見れば 105 いる 102 これが 97 いるの, そこには 85 彼は 74 彼の 70 自分の 68 私の 66 たまるもの 65 他の 60 そのため 59 それには 55 そこへ, 来たの 54 そこの 50 その下 46 くれれば 44 人の 43 日本の 38 これに, これも, みると, 来たん 36 それも 35 人を 34 ここに, その前, 人間の 33 しかもその 32 いずれも, 今日の 31 そこを, その人, その時, 而も 30 一つの, 私が 29 いい, いたの 28 いたが, いました, それらの 27 何も, 始めて, 非常に 26 これらの, 何か, 或る, 普通の, 自分が 25 いるよう, それで, 一つは, 中には 24 しかもそれ, そこが, その間に, 一人の, 今は 23 いて, 之は, 今の, 多くの, 彼女は, 欲しいと 22 ほしい 21 いいの, 其処に, 少しも, 彼が, 真の, 自分は 20 そこでは, その点, よいもの, 当時の, 後に, 私も 19 その周囲, それから, それによって, 人が, 女の, 彼を, 急に 18 そこは, 中に, 之を, 僕は, 容易に, 昔の 17 いいもの, いるところ, すべての, やって, 人に, 今も 16 それと, 家の, 我々の, 身を, 面白い

15 [14件] いいと, いること, ここで, この点, したこと, その他の, たまるか, よかった, 之が, 二つの, 今でも, 土地の, 次の, 見ると

14 [15件] いると, おまけに, ここへ, そのなか, それの, そんなこと, 一般の, 人は, 今では, 何の, 先生の, 吾, 多くは, 水が, 現在の

13 [16件] いいだろう, かような, くれ, そのほか, そのまわり, それへ, またその, よい, われわれの, 人間が, 右の, 彼女の, 欲しい, 此の, 自分も, 誰も

12 [14件] いいはず, その一つ, その向う, その意味, その横, その頃, それ以上の, ほかの, よかろう, 中, 後の, 生きて, 第一, 自然の

11 [26件] います, いるので, すぐに, そのこと, そのよう, その先, その内, その奥, その実, その方, その結果, その逆, それ以外の, たまるもん, 二人は, 今日は, 僕の, 出て, 山の, 彼らの, 彼らは, 村の, 物の, 石の, 立派な, 見て

10 [26件] いいわけ, くれるよう, このよう, この人, これには, そのそば, その日, たくさんの, ただの, よいの, 一方の, 一方は, 下の, 之に, 今まで, 他に, 夏の, 外に, 夫が, 日本人の, 本当の, 東京の, 気が, 父は, 私には, 自然に

9 [39件] いろいろの, この土地, これと, これにも, こんなところ, そのうち, そのむこう, その穴, それらは, つまりは, どちらも, よいと, われわれが, われわれは, 一種の, 二人の, 他人の, 以来の, 例の, 前に, 口を, 坐って, 堪るもの, 外の, 如何に, 子供が, 子供の, 実際の, 店の, 彼に, 彼女が, 往来の, 後には, 昔は, 水の, 私たちは, 自分を, 話を, 足の

8 [38件] あとは, いましたが, おれの, ここの, この二つ, この辺, そうし, そこで, その当時, その窓, その辺, そんな事, ただその, ほしいと, わたしの, わたしは, 一緒に, 中は, 京都の, 今日では, 以前は, 何を, 俗に, 個人の, 参ったの, 夜に, 実際は, 彼も, 彼等は, 心の, 手を, 来た, 水に, 決してその, 源氏の, 現実の, 色々の, 酒を

7 [61件] いても, いるうち, いるもの, いろいろな, お前の, ここには, このこと, この頃, さすがに, すること, そのおかげ, その女, その店, その男, その第, それにも, それらを, どうかする, どこへ, ほしいもの, よいこと, わずかに, 一人は, 一般に, 両者の, 主人の, 何らの, 何等の, 参った, 参りました, 同じよう, 困って, 外から, 家を, 寝て, 帰って, 彼等の, 従って, 心を, 早くも, 明らかに, 源氏は, 物を, 現代の, 男の, 男は, 目の, 確かに, 社会の, 私たちの, 科学の, 種々の, 第二, 自分で, 自分に, 西洋の, 道が, 門の, 静かに, 頭の, 顔を

6 [100件] いたん, いつでも, いつまでも, いまの, いるから, いるん, おれは, かれら, きたの, ここでは, ここは, この事, この時代, そういうもの, そうしてこの, そうしてその, そうすれ, そこにも, そしてその, その, そのとき, そのほう, そのわき, その一, その一人, その他は, その傍, その場, その室, その家, その山, その形, その後の, その理由, その花, その門, それだ, ただそれ, ともかくも, どこか, どれも, なかなかの, ひそかに, ぼくは, またそれ, 上に, 世間の, 主人は, 二人で, 人々は, 人から, 人間は, 今夜は, 今度は, 今日まで, 他は, 何かの, 何れも, 其処で, 国民の, 坐った, 多少の, 庭の, 彼等が, 後は, 後者は, 心が, 支那の, 敢て, 文化の, 文学の, 是は, 普通に, 木の, 来たもの, 東京に, 森の, 歴史の, 母の, 氏の, 江戸の, 池の, 派手な, 海に, 然る, 父が, 神の, 秀吉の, 私を, 立って, 考えて, 自分たちの, 自由に, 花が, 言った, 誰でも, 道を, 遠くから, 雪の, 頭が

5 [128件] あなたの, あの人, いいであろう, いたので, いった, いながら, いるだけ, かくの, かつては, くれると, この地, この家, この精神, これの, して, しばらくは, しまった, すべてが, そういうこと, そういう時, そのあと, そのたび, その名, その外, その大, その大き, その左, その底, その最後, その次に, その蓋, その間の, その附近, それぞれの, それより, どこの, なにも, なんでも, ひとりの, ほかに, よいわけ, わたしも, クリストフは, 一つに, 一に, 一定しない, 一方が, 三人の, 上の, 上は, 下に, 下には, 下は, 世の, 世界の, 事を, 云わば, 人と, 人生の, 今度の, 仕事の, 何よりも, 作者が, 個々の, 偶, 僕も, 先に, 先生は, 初めから, 前者は, 博士は, 同時にまた, 国の, 国家の, 土の, 地球が, 天下の, 夫は, 夫婦に, 姿を, 娘の, 実際に, 実際には, 家へ, 小説を, 少しは, 山と, 左の, 彼らが, 彼らを, 彼女を, 御覧なさい, 我々は, 扉の, 日の, 明かに, 明日の, 昔から, 昼は, 普通には, 最初は, 来て, 横に, 武蔵の, 歩いて, 殆ん, 気に, 決してそれ, 泣いた, 海の, 無数の, 然るべきだ, 物に, 犯人は, 生活の, 町の, 直接に, 相当の, 相手の, 私と, 笑って, 聞いて, 自分から, 自分には, 船が, 誰か, 量において, 面白くない

4 [281件] ああいう, ある日, いささかの, いずれの, いたから, いたとき, いたところ, いままで, いるが, いるのに, いわゆる, うちの, うれしいと, うれしかった, おりました, お互いに, お酒, お銀様, かねて, きょうは, きれいな, くれたらと, くれて, ここが, ここでも, ここへは, この, この事件, この意味, この方, この期, この男, この種, これで, これによって, これに対して, これに関する, これへ, これほど, これまた, これらが, さっきから, しかもこの, しかるべきもの, した事, しまったの, するの, そういうの, そういう意味, そうでなけれ, そこからは, そしてそれ, そのいずれ, そのひと, そのまた, その二つ, その側, その光, その力, その動機, その口, その小さい, その屋敷, その屋根, その性質, その文字, その枝, その次, その水, その端, その葉, その蔭, その間には, その間を, その隣, その頭, その高い, それこそ, それぞれに, それでお, それらが, それ自身が, たいていの, たがいに, ただこの, たまるかい, だれにも, だれも, ちゃんとした, ちょうどその, ところどころに, どうかし, どうでも, どこかの, どこかへ, どこにも, なおその, なかなかいい, なんの, はじめて, ほしかった, ぼくの, まいったの, もしこの, もしその, もとは, やって来たん, よく知っ, よろしい, 一の, 一は, 一人が, 一匹の, 一方に, 一日の, 一時は, 上には, 下から, 不意に, 世を, 中にも, 中国の, 中央の, 中身は, 事件の, 事物の, 人類の, 今までの, 今後の, 今日でも, 今日に, 仕事を, 他から, 他には, 以来私は, 何が, 何に, 僅かに, 僅かの, 兄が, 兄の, 先へ, 入口に, 其処には, 内容は, 内部の, 冬の, 冬次郎は, 出かけて, 初めて可能, 別に, 前から, 北海道の, 単にそれ, 博士の, 反対の, 口が, 古風な, 各自の, 同一の, 名は, 名を, 呉れれば, 周囲の, 命を, 四囲の, 国民は, 地上の, 地方の, 堂々と, 塀の, 壁に, 壁の, 声を, 変な, 変に, 大抵は, 天皇の, 奥の, 女には, 女は, 婦人の, 子供も, 学問の, 学校の, 家には, 家は, 将来の, 小説の, 少しでも, 年は, 庭も, 当分は, 当時は, 思うよう, 抽象的な, 拙者が, 探偵小説の, 政治は, 日本では, 日本は, 早朝に, 時の, 最初の, 最後に, 最後の, 最近の, 月に, 本来は, 村, 柳の, 桜の, 横浜へ, 欲しいもの, 正面に, 此処に, 死んで, 民衆の, 水は, 江戸へ, 決して, 汽車が, 然るべし, 父の, 特別な, 現在は, 男が, 盛んに, 目を, 相当に, 真中に, 真理の, 真理を, 着物を, 知識の, 確かな, 私たちを, 私に, 私達は, 穴の, 空を, 窓の, 箱の, 素子は, 絶対に, 縁の, 美しい, 而し, 耳を, 腰を, 自己の, 色の, 花を, 芸術家の, 茶の, 虎の, 血の, 西の, 見るからに, 訪ねて, 詩人の, 話して, 誰かが, 誰が, 諸国の, 謂わば, 起こるもの, 身体が, 近所の, 遊んで, 道の, 長崎の, 門が, 阿波の, 面白いの, 顔の, 食事を, 馬の, 馬を, 鼻が, 鼻の

3 [518件 抜粋] あかりが, あなたに, あの方, ある人, ある時, あれだけの, あわてて, あんなこと, いいという, いいね, いいよ, いいん, いい筈, いくつもの, いずれが, いたこと, いたもの, いた手, いつもの, いては, いないよう, いまは, いやな, いらした, いるこの, いるとき, いるとも, いるに, いる人, いる様子, いる者, うまかった, おいで, おれを, お互, お前が, お帰り, お艶, お雪ちゃんが, かくは, かように, かれの, きたん, くれたら, くれたらいい, くれと, ここにも, こちらで, こちらに, こちらへ, この上, この世に, この世の中, この中, この国, この場合, この山, この庭, この時, この秋, この老人, この音, これある, これだけは, これなら, これらは, ごらん, さまざまの, さもない, しかも, しかも女, しかも私, しかも自分, しかるべきだと, したの, じぶん, するわけ, そいつが, そう言う, そこい, そこでも, そこばかりは, そこまで, そしてこの, そのお, そのかわり, そのまえ, そのまんなか, そのまん中, その両, その中央, その中心, その中間, その二階, その人たち, その人間, その入口, その向こう, その土地, その場所, その変化, その女房, その子供, その岸, その差, その度毎, その弟, その後も, その後方, その戸, その扉, その方法, その時代, その松林, その根元, その根本, その池, その沼, その父, その発生, その眼, その研究, その程度, その箱, その範囲, その葉かげ, その表面, その裏, その要素, その言葉, その部分, その部屋, その関係, その限り, その際, その隣り, それからは, それから後, それに対する, それまで, それまでは, それゆえに, それよりも, それ以上は, そんな時, たいがいの, たいへんな, ただ一つ, たまるけ, だまって, だれでも, ちょいと, ちょっとでも, では, どうしてもその, どうする, どこから, どこと, どこまでも, どこも, どこを, どちらの, どっちが, どれが, なかなか面白い, なの, なるもの, のちに, はいって, はじめは, はなやかな, ひろ子は, ふたりの, ほかは, ほしいの, ほんとうの, まことは, またこの, まだそれ, みたところ, みても, みんなが, むかしの, むかしは, むやみに, もうその, もしそれ, やがては, やって来た, やはり同じ, やること, よいし, よいはず, よくない, よし, よそへ, わしが, わたしが, われらの, われわれには, ア行の, カントの, クリストフの, チョロチョロ赤い, ファシズムの, フランスに, 一つとして, 一と, 一個の, 一時に, 一見し, 一部の, 万事に, 三つに, 上から, 下さい, 下手に, 不思議に, 世の中を, 両岸, 両手を, 両眼, 中から, 中の, 事実は, 二人が, 二葉亭の, 二階の, 交換せられる, 京都から, 人には, 人間では, 今から, 今ここに, 今その, 今と, 今なお, 仕事は, 体を, 何かに, 何でも, 何と, 何にも, 何事も, 何人も, 何物をも, 余は, 作らるる美, 偉大な, 偉大なる, 傍に, 働いて, 僕が, 元の, 元は, 先生が, 全体の, 公平な, 其処から, 其処の, 具体的な, 内部は, 出来るならば, 初めに, 前述の, 動いて, 勝手な, 北の, 十分に, 南の, 南方の, 厳重に, 参ったが, 双方の, 口の, 右手に, 各種の, 同じもの, 同じ音, 同時にその, 向うに, 君の, 吾人の, 呉れ, 味も, 呼び止めたの, 唯一の, 問題は, 善良な, 困る, 在来の, 夏は, 多数の, 夜が, 夜などは, 夜も, 夢の, 大に, 大事な, 大人に, 大分に, 大切な, 大部分, 天下を, 天然の, 夫れ, 夫を, 夫人の, 奥には, 奥は, 女が, 女に, 女房の, 妙に, 妻と, 妻を, 始めから, 姫君の, 子供たちは, 孔子の, 学者は, 孰れ, 安心し, 宗教の, 実際上, 客は, 室の, 宮の, 寺は, 小さな二つ, 小林君の, 少くとも, 少しの, 少年が, 少数の, 居た, 山が, 岩の, 川の, 己が, 幕府の, 年を, 幾つもの, 床には, 当りが, 当人は, 当分の, 形は, 彼には, 後, 後から, 後世の, 従ってこの, 従ってその, 忘れ難い, 怒って, 恋を, 息を, 意次は, 我々が, 戸の, 手の, 換言すれ, 故意に, 故郷の, 敵を, 文学は, 新たな, 新たに, 日本で, 日本に, 春は, 是が, 是も, 時には, 朝早く, 末は, 本が, 本来の, 机の, 来たのよ, 来たわけ, 来ました, 東京では, 欲しいよう, 歌も, 止むを, 武蔵が, 武蔵は, 母は, 母親は, 氏は, 水を, 永い間, 永遠の, 汽車の, 沢山な, 泣いて, 浮世の, 海岸に, 液体の, 無闇に, 然も, 煙草の, 特別の, 犬が, 犬の, 猛からず, 現に私, 現実に, 現実には, 生の, 生れて, 生命が, 生命の, 生活に, 用を, 田舎の, 町へ, 画家の, 疑う余地, 白い花, 皆が, 益の, 目が, 直接の, 直段, 相互に, 相当な, 相応の, 相手を, 眼が, 石が, 石に, 私どもは, 私共は, 窓が, 立派に, 簡単な, 精神の, 糸の, 紫檀の, 絵の, 絶対の, 老人は, 肉が, 自分達の, 自然と, 自然は, 自然的事実では, 自由の, 芝居の, 花は, 苦しんで, 英国の, 薬を, 蛇が, 血が, 行く, 行って, 街路の, 見る人, 親が, 言うの, 言ったの, 言葉が, 詩的精神の, 認識の, 誰にも, 豊かな, 賑やかな, 迎えに, 近頃は, 迚も, 通例は, 進んで, 過去の, 酒が, 酒の, 金が, 金魚が, 銀座の, 鏡の, 長い間, 附近の, 随って, 障子の, 雪に, 電車の, 青々と, 静かな, 面白いと, 面白いもの, 風に, 風の, 食べて, 首を, 鳥の, 鷲の, 黙って

2 [1786件 抜粋] ああそう, あたかも生理作用, あたしは, あとから, あの, あの時, あらゆる事柄, ある場合, いいでしょう, いいよう, いかん, いけないの, いたのに, いつとは, いまも, いよいよという, いるかも, いるとは, いる両, いる彼, いる間, いわゆる左右相称, うれしなみ, おのおのは, おもしろい, おれに, お国, お怪我, お目, お金の, かりそめ, きみは, くれた, くれなければ, こ, こういう妙, ここまで, こちらから, こっちを, このごろの, この世の, この二篇, この作品, この夏, この島, この方法, この星, この水準, この石, この花, この通り, この霧, これなくし, これほどまで, これらを, これ等の, こんな所, さしつかえないの, さてこそ, されば, しかもなお神様, しかも父, しかるべきでは, しっかりした, しまいました, すきな, すなわち, するよう, そういう人, そうしたの, そうでなく, そこだけ, そこで彼, そしてこれ, そっちに, そのあわい, そのぐるり, そのすぐ, その一生, その一隅, その主観, その事情, その仁王門, その作品, その例, その内容, その別荘, その反対, その名義, その地, その境内, その妻, その客, その専門, その年, その庭, その後は, その後身, その情夫, その方向, その晩, その材料, その東側, その森, その樹, その片隅, その生活, その皿, その瞬間, その筋, その絶対, その考え, その脇, その苦痛, その衝立, その詳細, その部落, その門前, その隙間, その高, それからの, それから毎晩泊り, それであの, それで家賃, それにより, それに小, それらも, それ以外に, それ故にこそ, そんなの, たいがいは, ただもう, たとえて, だと, だれの, ついこの, つまり彼等, ときどきは, どうもこの, どちらかと, どちら付かず, なかなかうまい, なかなか簡単, ならんで, はじめから, はるかに, びっくりする, ほんとの, またそういう, まだその, みたり, むこうの, もしこれら, もとの, もらいたい, やがてその, やたらに, ゆくゆくは, よいかと, よくこの, よけいに, わしに, わたしたちは, んけど, エタの, キリストの, ジャヴェルの, デロレンでは, ハッキリした, ファラデーが, マンは, 一つ一つの, 一人で, 一利も, 一回の, 一度も, 一方には, 一朝の, 一段高い, 一般には, 丁度その, 三四人の, 上がりました, 上流の, 下を, 不完全な, 世の中には, 世間に, 両方とも, 中が, 中流の, 主人としての, 主観の, 九尺柄の, 事実に, 二三日し, 二十歳ばかりの, 二階が, 互に対峙, 五色の, 人々の, 人影も, 人目を, 人間とは, 今しばらく, 今より, 仏教は, 他聞を, 以来は, 仲の, 会員の, 伸子に, 伺ったん, 何うし, 何となし, 何度も, 作家が, 使うこと, 便所へ, 信用の, 俺を, 値が, 働くべきもの, 先の, 光に, 入り口の, 全体が, 全部で, 公然と, 其の中, 其家には, 其所の, 写生は, 出かけると, 刊本には, 初めての, 初期の, 前, 前者を, 勉強し, 勘六が, 半分は, 単に, 参りましたの, 又誰, 反復でない, 口に, 古え, 可成り, 右手が, 各地の, 同情の, 向うを, 呼んだの, 唯われわれ, 問題を, 喜んだ, 困った, 土手には, 地に, 場合によっては, 壁には, 夕陽の, 外は, 外界の, 夜中に, 大きな木, 大変な, 大抵な, 天上に, 天井も, 太陽の, 夫妻で, 奉公人の, 好んで, 妻の, 始めて自分, 娘は, 嬉しかった, 子供に, 孔子が, 季節には, 宇宙の, 実にその, 実朝, 客の, 害を, 家庭の, 宿直で, 寒月君は, 寺を, 専門の, 小屋の, 少し頭, 少年は, 山に, 崖が, 巧妙な, 帆村の, 師匠の, 幕府から, 平岡の, 幾何学的には, 広さ, 店では, 庭には, 当然の, 影の, 彼奴が, 後ようやく, 従って事実, 心は, 必ずしも同, 応接し, 恋人の, 悟性の, 悪念を以て, 意識的に, 感覚的な, 我々にとっては, 我を, 戦後に, 扉を, 手紙を, 描いて, 政治に, 救済を, 数多の, 文が, 文法的に, 断崖の, 新九郎は, 方法的である, 旅人が, 日に, 日本における, 日本型ファシズムの, 明は, 映画の, 是から, 昼も, 時間が, 曲りくねった狭い, 書物の, 最初に, 月は, 朝の, 未知の, 本人は, 杉子は, 来たが, 来ましたと, 東北の, 枝が, 柱の, 根戸川から, 棚の, 楓の, 横たわって, 橋の, 欧米の, 正当な, 正確に, 此方へ, 歩いたの, 死人の, 殿の, 毎日その, 民心を, 水, 永の, 江戸に, 決して現在, 法師の, 泣かない日, 活, 海が, 深さ, 温泉の, 源氏が, 濫り, 火事の, 無いよう, 無理に, 無限の, 然るべきはず, 燈火の, 父親が, 物質の, 特殊の, 犯人の, 玄徳に, 玉鬘の, 現にその, 現在では, 現象の, 理論の, 生来の, 甲の, 男に, 町は, 留守の, 異様に, 白絹の, 皆の, 目も, 直立し, 真物では, 真鍮の, 着くと, 矢代は, 知行は, 研究の, 社会が, 神を, 禁断の, 私なども, 私自身が, 科学に, 稽古が, 空間が, 窯が, 竜之, 筍が, 米を, 精, 糸を, 純粋に, 経験において, 結局, 結果が, 総領は, 罷り越した, 美しかった, 義が, 耳が, 肩の, 脆くも, 自分だけの, 自動車が, 自然科学の, 自身の, 艶な, 花時には, 若い女性, 若くて, 草が, 蒐集の, 虫の, 蜜柑や, 衛門督は, 表は, 表面の, 製作する, 要領を, 見事な, 観て, 言葉は, 詩の, 話は, 読んで, 誰からも, 誰を, 警官の, 質素で, 越後の, 足尾の, 軍の, 農民にとって, 近世に, 近頃の, 逃げたと, 通行の, 過ぎし日, 道人は, 遽に, 都に, 金髪の, 銀子は, 錐の, 長女の, 門内に, 間も, 陛下の, 隣りの, 雑草が, 露西亜の, 青白い夏服, 面倒だ, 頂上は, 頭に, 顔に, 風呂場は, 食うため, 飢えに, 首尾よく, 駒井甚三郎は, 高い牆, 魂の, 鮫洲大尽と

1 [22427件 抜粋] из, あたかも地獄, あのかそけき, あの神様, あらゆる清い, ある女, あんなばか, いい旦那衆, いかようの, いざ一家, いた一人, いちいち名前, いつの, いつ私が, いまなお, いよいよ査定書, いるほどの, いる所, いろいろに, いわゆる下位子房, うだつの, おおまかな, おつゆ, おもり物を, お助け, お杉, お蝶, かかるオルソドクシー, かつこれら, かなり広大, がやがや騒ぐ, きょう腫物を, くれたらねえ, けっして作中, こういう負債, ここのは, このごろあそこに, この一点, この内濠, この地震帯, この尺度, この方丈, この点遙, この糸, この調理法, この餅, これとても, こんな名称, ご脱島, さまよう霊魂, しかもおもしろく, しかも優者, しかも情熱, しかも美しく, しかるべしそれ, しないほう, しんの, すぐ左, すてきでしょう, すなわち自分, せっかくお, そういう哀韻, そうして九九プロセント, そう考える, そこで炭火, そして年, そのあまり, そのため人, そのイデオロギー, その一章, その乗合船, その体系, その切れ口, その可能性, その堂々たる構え, その子供たち, その帰り, その後道路が, その技術, その智慧, その植民地的, その沿線立川駅, その特異性, その眼力, その糸, その考証, その衝動, その譏り, その道場, その隅っこ, その香ばしい, それから一座, それぞれ形の, それでも稀, それなれ, それ以上では, そんな大きな口, たえず歯車, ただ一線, ただ職を, たとえば周ちゃん, たまに孫たち, ちっともかまわない, ちょっと急流, つづいて, であうほどの, とかくこの, とても疲れる, どういう風, どうにも防ぐ, どなたにも, どんなに黒山, なお年々, なかなか採用, なぜわざわざ特に元来, なんだ, ねたあとが, はじめて人, はねと, ひとり子である, ふしぎの, ほしいそう, ほんとは, まことに複雑怪奇, またあらゆる, また庭, まだしゃれ, まだ彼女, まったくでたらめ, まるで風変り, みぬめ, むしろ宇宙艇, もうすこしの, もしひっくるめ, もし詳しく, もとより大正六年, やがて次第に統一的, やはり二, やらないの, ゆるやかに, よき神経, よく見れ, よろしい兎, わざわざお出かけ, わりに気楽, アメリカで, ウェイトレスを, オーストリーの, ギャッ, コロールでは, シベリアの, スペイン人には, タラップが, デップリ堂々, ネオンの, パリだの, フェルネーの, ベッドは, マチネー, ユダヤ人らを, ロマンチックな, 一つである, 一休和尚讃州旅行の, 一同が, 一尺許の, 一方から, 一本ながら, 一種不思議な, 一読いたしました, 七十五円なら貸す, 三, 三方を, 上り下りし, 上野介は, 不名誉な, 不面目と, 世界にも, 両天びん, 中央には, 丹後守とは, 久しくかの, 乾くと, 事態が, 二元論と, 二百戸以上の, 互に異国, 五月三十一日の, 交通は, 人夫らは, 人物や, 人間生活を, 今やその, 今後に, 今朝紅子と, 他からの, 代官が, 以来ボンヤリと, 仮に美しい, 休むこと, 低い手摺, 何かを, 何事を, 余り歴史的, 佳い酒, 供待に, 信州軽井沢へ, 倒れて, 備を, 優しいところ, 兄には, 先見の, 入ろうと, 全市で, 八年の, 六十歳の, 兵馬も, 其岩の, 内側の, 再び家, 凡人の, 出るかも, 分明そこで, 初めて宗教, 別に不思議, 利己的で, 前のは, 剣術を, 努力と, 勝利者は, 北斉以来久しく, 十中の, 十年もの, 半ば芸術と, 南条五十嵐あたりに, 単に教育日程, 即ち単に, 原の, 参られます, 双方とも, 口さがない町, 古典の, 右を, 各都市, 同じ質問, 同時に彼女, 名取川の, 呉は, 命だけ, 哲学的思惟は, 啼くもの, 器械的な, 四方には, 図, 国王が, 土蔵は, 地獄では, 城だの, 堺町和泉町浪花町住吉町大坂町で, 声だけ, 夕方など, 外観は, 多年自身が, 大いにうなずく, 大きな骸骨, 大助りです, 大宝三年と, 大正年間に, 大阪府下の, 天然に, 夫殺しの, 女と, 奸党が, 妙齢に, 始終小, 婿に, 孔明を, 学林組織が, 守田勘弥君などが, 宗教的真理そのものの, 実に徳川将軍, 実は本質的, 実際生活難, 宮様の, 家禄を, 密生した, 寧ろ日本主義, 将校は, 小さな良人, 小松原宗雪と, 小麦ぐらい, 尚武時代の, 屋敷を, 山松の, 島の, 左右に, 市から, 師礼を, 常に新しい, 平均し, 年寄りたちが, 幽厳, 庄平は, 庭いちめんに, 建設は, 弟と, 当世出来合いの, 当直の, 彼にとって, 往々部下, 後九月の, 従ってブルジョア社会, 従来有りふれ, 御蔭で, 心では, 必ずしも人望, 必らず, 念の, 思惟する, 恋愛の, 悠々自適を, 惚れたハレ, 感じる孤独, 憐れげな, 我らの, 戦場の, 手とも, 打ち果したという, 折れたまま, 拙者をか, 捜査課長の, 提灯は, 改変独自の, 故意こんな, 数千年来の, 文にかけては, 文芸乃至, 新しい日本, 新規御召出しの, 既に城, 日本アルプスの, 旦那様を, 明るくその, 明瞭であり, 昭和十一年の, 時々頭上, 時親先生へ, 暇が, 暮れかかる, 書物という, 最も輝かしかっ, 有史以来の, 木も, 本土の, 本格的でない, 村を, 来られまいが, 東屋氏が, 枕元の, 柔かく濃い空気, 桂子は, 森閑たる, 極めて読み, 模型とは, 次々に, 正さんは, 此家え, 歩道に, 死んでからこそ, 殺されるまでは, 毎年十二月二十五日の, 毒虫を, 民藝を, 水平線にたいして, 永生の, 決してその他, 決して出鱈目, 決して激語, 決死救出組が, 法制や, 注意せられ, 活陣では, 浮び出た時, 涙ある, 混雑する, 湫という, 演出家としても, 火中に, 焔では, 無論彼, 煉瓦塀の, 爆発の, 牝牛の, 物音の, 特に芸術家, 独善的な, 玄一郎は, 現に今, 球形は, 甚だまずい, 生来幾分か, 田舎源氏の, 男女二人の, 畠は, 疲れは, 発見した, 白檜の, 的が, 益なき, 直ちにのみ込まれ, 相持ちに, 真剣でなかった, 着手の, 知力は, 砦の, 社会一般が, 神保町の, 福富博士の, 私見に, 種々相が, 突当りが, 童歌の, 第一非常, 箱火鉢には, 精いっぱいの, 紋也が, 素晴らしく立派, 終にそういう, 結婚したら, 絢爛妖艶であっ, 網代屏風などという, 縫針の, 美しき夢, 群立し, 老母は, 聴いて, 肩が, 脚の, 自と, 自分一個の, 自然的永久的な, 舞台で, 艶子の, 芸が, 若い生活力, 英国社会教育家の, 荒れ狂うもの, 葉の, 蔵宿両, 藩主御覧の, 血の気を, 行文の, 表通り裏は, 製作本位に, 要するにまだ結晶, 見るに, 視力の, 親類縁者という, 言ったって, 許都への, 話すこと, 読み書きなども, 諜報の, 警戒させた, 豪華絢爛な, 貴族的な, 贅沢な, 走る足, 足場の, 身振り声色真に, 軽く口笛, 辻川博士一味の, 返辞が, 通り符牒は, 遁げて, 過失という, 遠い常世国, 邸も, 酔えませんでした, 野茨の, 釣を, 錘を, 長い間ボール紙工場, 閉じたもの, 関東に, 除籍せられ, 階級として, 雅美風流には, 雪の下を, 霜降状凍結の, 静御前の, 面積は, 頗ぶる, 顕要な, 食いころされるの, 飲めも, 馬蹄に, 驚くべき奇才, 高野師直の, 鳥見役という, 麹の

▼ あっても~ (5309, 10.8%)

105 それは 61 なくても 45 それを 39 それが 27 自分の 25 彼は 19 私は 17 いいと, これを 16 彼の 15 よさそう 13 これは 12 それに, 私の 11 自分は 10 なくっても 9 すぐに, それだけ, 少しも 8 いい, いいの, よい, 人の, 今の, 他の, 彼女は 7 いいもの, その人, よいと, 心の, 絶対に 6 人間の, 僕は, 女の, 容易に, 彼らの, 無くっても

5 [13件] い, いいはず, これだけは, そこは, その中, 今は, 仕方が, 何の, 同じこと, 無くても, 男の, 私が, 自分が

4 [26件] いいから, ここは, ここを, そこに, その時代, それも, ただの, ないの, ならない, よいが, よかった, よかろう, わたしは, フシギでは, 一つの, 人に, 今日の, 何か, 僕の, 差支ない, 彼が, 彼女の, 心は, 或る, 手を, 皇帝を

3 [67件] あなたの, あなたは, いいだろう, いいでしょう, いいわけ, いい筈, おれは, かまわない, ここから, ここで, この人, これが, さすがに, その人間, その実, それで, それには, そんな事, だれも, である, できないこと, どこか, ないと, ないよう, ならぬ, またその, よいはず, モチーフが, 一つは, 一種の, 二人は, 人は, 人を, 他に, 何も, 信仰の, 俺の, 俺は, 先生の, 出て, 別の, 口に, 同様に, 君は, 声を, 夫が, 子供の, 実際の, 家の, 平気で, 平気な, 彼らは, 我々は, 日本の, 未来の, 構いません, 構わない, 構わないの, 此の, 決してその, 源氏は, 生かしては, 生きて, 結局は, 足りないの, 身は, 非常に

2 [233件] あいつの, あなたを, あれほど, あんな無慈悲, いいで, いいのに, いいよう, いけないと, いつでも, おぬ, お前には, お前を, お帰, お気の毒, かまわないから, かまわぬの, ここでは, ここに, このまま, このよう, この事件, この二人, この問題, この場, この娘, この家, この点, この男, この町, これまで, これも, これ程の, こんどは, さすがは, すぐその, そうでない, そのため, そのとき, そのなか, その事, その人格, その内, その効果, その日, その昔, その砂, その精神, それだけは, それと, それとこれ, それの, それらの, それ以上の, そんなこと, たとえあれ, だめよ, ちっとも差しつかえない, ですか, ともかくも, どのよう, どれも, どんなにつらい, ないに, ならないし, のうても, ふしぎに, ぼくは, まずこの, まだ充分, むやみに, もう一度逢っ, もしその, もちろんそれ, やがては, やって, やはり一つ, よいこと, よいでは, よいという, よいもの, よいよう, よいわけ, よい筈, わずかに, わたくしを, アイスアックスを, モチーヴが, 一度は, 一緒に, 下手な, 不思議に, 不思議は, 世の, 主人の, 事実は, 二人の, 人格の, 人間が, 人間そのものが, 今と, 今度の, 他人の, 体の, 何であっ, 何でも, 何事も, 信用の, 俺が, 兎に, 全体としては, 内容が, 内容は, 写実が, 別に不思議, 劇場の, 力が, 加茂の, 十時に, 十時には, 原始的な, 取次に, 名の, 君に, 君を, 周囲の, 哲学の, 唯だ, 喜んで, 困るから, 困るので, 変乱が, 外に, 多くの, 多少の, 夜の, 夜は, 大したこと, 大体に, 大臣の, 女は, 好いと, 娘の, 娘を, 子供を, 宝の, 実際に, 実際には, 家に, 将来の, 小次郎の, 尾道へは, 差支えない, 差支えは, 己が, 己は, 帰って, 平然として, 当分は, 彼には, 待って, 心を, 必ずしもそれ, 息子が, 悪くは, 悲しいこと, 所詮は, 打っちゃっては, 把握し, 持って, 旦那の, 明日の, 明確に, 昔の, 時を, 暗殺者の, 最初は, 最後の, 最後まで, 本当の, 東京の, 根が, 気に, 永久に, 汝の, 江戸お, 決してそれ, 滅多に, 無いと, 父は, 物に, 物の, 生かして, 男が, 町人は, 皆断っ, 目に, 眼に, 確かに, 社会主義が, 私には, 私を, 立派に, 結局聖書一巻に, 絵の, 罪に, 罪の, 翁は, 腕の, 腹を, 自分から, 自分だけは, 自分には, 自分を, 致し方は, 良人の, 行くって, 行くの, 表の, 見て, 親の, 誰も, 足りは, 身に, 身を, 途中で, 酒と, 量において, 金っ, 釘抜の, 阿難, 駄目よ, 魂が, 黙って

1 [3875件 抜粋] あいつから, あっしに, あの五条, あの恋しい, あの酒飲み, あまり役に立たぬ, あるいは李四, あんたが, あんまり早口, いいです, いい庭, いい誰, いくばくか, いけない理由, いずれも, いったん騒ぎだした, いつも片隅, いよいよこと, うごかぬ昇降機, おいて, おとなの, おもしろいで, お互いに, お前と, お嬢さんは, お母さんを, お返しする, かえって気, かならずお気, かの村井長庵, かまわんから, がまんし, きっと何一つ決行, ぎりぎりの, けっして助力, こういうジャーナリズム, ここには, こっちは, このままよそ, この乾雲丸, この半分, この婆さん, この怪物, この暗闇, この煙, この節, この道, こやつ, これと, これまでの, こんなこと, こんな気分, さかさ, さて踏み出し, しかしそれ, しかっては, しっかり勉強, じっと我慢, すぐやめさせる, すでに実践的性格, すべて語頭には, せめて学者, そういう卑しい, そうです, そう勝手, そこでその, そこらに, その, その不調和, その他の, その切実, その参考, その夜, その宗教的資質, その後か, その急進的, その所有権, その机竜, その為め, その男, その素直, その耳, その蒙昧さ, その製作, その輝き, その鈍重, それぞれ完成し, それと向きあっ, それほど恐怖, それらしい, そんなに心配, そんな不用意, たいへんな, たじろがないだけの, ただ一人へ, たちまち御, たまたま蘭燈, だいたい家臣同様, だんじて返事, ちょっと解らない, つとに除, できるだけ自分, とうてい日本武士, とにかくそうおっしゃらなけれ, ともかく現世, どうにも, どこまでも, どんなもの, なおそれ, なお存在, なお青々, なくッ, ならない筈, なんとか言っ, のぞみを, はっきり聞こえ, ひとめ見, ふとその, べつにふしぎ, ほとんど同じ, ぽうッ, まず原則, またもちろん, また友人たち, また魚, まだ地獄, まだ思想, まだ身分, まるで寄ッ, みっちゃ, みんな男ばかり, もうだめ, もう川上, もしもそれ, もっと切実, もはや思惟, やっぱり暑く, やはり娘一人, やはり男性, ややもすれば孤独, やり遂げにゃ, よいであろう, よくは, よしなくても, よろしい, わが帝国軍艦, わたくしは, わるくない, イヒヒヒヒの, カクテル一杯を, クレハの, スリムキキズ程度の, ネルロと, ブラックや, ホームズであっ, モーラリストでなけれ, ロクな, 一つ神尾氏の, 一人一人が, 一口に, 一向日本ファシズム, 一年中殆ど, 一文たり, 一日とて, 一歩外海へ, 一考を, 一雄を, 万望絶望しない, 三十畳に, 上様が, 不可ません, 不幸に, 不満足な, 不賛成である, 世間から, 両親に対する, 主張しない, 之を, 乞食か, 事足りる, 二千石を, 二郎ちゃんは, 五人あっ, 亦空間, 人形を, 人間とともに, 今までに, 今日その, 仏典や, 仕様が, 他国へ, 仮名の, 伯爵には, 住んで, 何かと口実, 何となくうま, 何曜日かは, 余りに伝統的, 作意が, 例えばそれ, 係の, 俳句に, 倒れること, 停止し, 働く女, 兄さんの, 先から, 免れよう, 全く生物学的範疇, 全然別人, 公言致し, 兵馬は, 其型式は, 内部に, 冷かに, 凸面に, 出口という, 出来は, 分家が, 初婚の, 別人の, 刻々の, 力と, 助ける者, 勉強を, 勘弁出来ない, 医者なら, 十郎次どのに, 半径従っ, 単に形式, 危険だ, 厳重に, 又噂, 取り逃すよう, 古銅という, 台所門と, 同じく物, 同国人同士の, 同様であります, 名ばかりで, 君の, 味が, 品格は, 商業は, 喉佛に, 四時前に, 固辞しよう, 圏境を, 地上には, 地面に, 堪忍の, 士族の, 変更する, 外界に, 多分これ, 夜火を, 大して濡れ, 大事の, 大問題, 大概この, 天下を, 夫だけ, 契ったこと, 女子に, 好いはず, 妙月庵に, 妻を, 婿は, 嫌だ, 子孫が, 学問が, 安らかな, 宛も, 実にこれ, 実現は, 客に, 家で, 家族の, 寛大な, 射影幾何学的計量に, 小さ過ぎ, 小恥かしゅうてなりきれぬわ, 小説家が, 少し感情, 尚お, 展覧会ナゾは, 山麓には, 島の, 工場生活の, 差の, 帰しは, 常にそれ自身, 常に神聖, 平の, 年男は, 広大無辺な, 庶民生活へ, 弘法大師よりは, 当代の, 影響の, 彼にとっては, 彼女自身の, 後おいおい, 後続艦が, 御寿命, 徳川家の, 心臓が, 必ずしも実験, 必ず何かしら, 必然的に, 忘れなんか, 怒らしちゃ, 思想を, 性格は, 恐い爺, 恐ろしい目, 患者の, 悪るがる, 情人の, 意識的である, 感心しない, 成長させない, 或は北, 扉も, 手記は, 打ち消されて, 投げ出されぬと, 拡って, 捨鉢な, 探し出すと, 撓まぬ人間, 政府が, 教会に, 敬称は, 文化の, 断じてその, 新さんを, 既に一定, 日本では, 日頃の, 明るかった, 春夏秋冬の, 時には遺憾, 時間が, 智略が, 暴力という, 書けやしねえ, 最初の, 月の, 木曾山脈は, 本丸に, 本質的には, 東京に, 栄華に, 極く, 概して平野, 構わぬ, 権衡が, 欠かさずきちんきちん, 歌う人, 正気を, 武蔵の, 死んだ覚え, 残念ながら, 毎日殆ん, 民衆の, 水だけは, 水質や, 決して, 決してソヴェート文化, 決して入る, 決して差支, 決して愚痴, 決して相手, 決して貴, 決して驚かない, 法則は, 洗たくものが, 海の, 深度が, 満山の, 火星人に, 無いにも, 無条件に, 無遠慮に, 熱情では, 父のみかどが, 物質的方面で, 独立の, 猶太教, 珍らしい, 現実的運命は, 瑕は, 生じたに, 生徒は, 生物学が, 男と, 異色の, 発展の, 白であっ, 皆な, 皮と, 直接なんら, 相当読まれ, 省察が, 真澄は, 眼鏡としては, 矢張り物理学化学的に, 研究態度としての, 礼儀正しい, 神が, 秀の, 私などが, 秋雨であっ, 称呼は, 空に, 立ったまま, 第一番, 節穴同然気の毒なこった, 精神上の, 純白の, 細君は, 結ばれて, 結局ほんとうの, 絶えず打ち叩い, 線路へ, 罪だ, 美である, 習慣と, 考え深い, 聞き入れないので, 肉体上に, 背広の, 腫物の, 自分へ, 自然であっ, 自由無礙に, 臼杵先生の, 良かり, 色としては, 芝居気が, 芸術家の, 若し泥棒, 苦には, 荒波が, 落葉の, 薩長が, 蜀の, 行かねば, 衛ります, 裁判所の, 要するに誠意, 見捨てがたい, 親と, 解決篇の, 記して, 許して, 詮ずる, 誤ったもの, 誰々の, 貞之助と, 貧乏性だ, 貴様が, 貸して, 赤心の, 趣味が, 足らぬくらい, 足りないって, 足りない気, 足りねえ身体, 車は, 近くお, 逃がしちゃ, 逆らうわ, 逞ましい, 遅滞させる, 道人様が, 適当な, 都で, 酔ってさえ, 野菜であっ, 金庫の, 銭占屋は, 鑑賞する, 開業医では, 阿片だけは, 陶土を, 雀と, 離れやしないよ, 電鈴が, 青木を, 面積が, 頑張るどんな, 類の, 食も, 餓死した, 馬鹿に, 騙される快感, 髪結いさんが, 鳴くか

▼ あっては~ (2309, 4.7%)

100 ならない 73 ならぬ 34 ならないの 32 ならないと 27 ならぬと, なりません 18 いけない 13 ならないという 11 いけないと 9 大変だ 8 いけないの, それが, ならぬぞ, ならぬという, 大変です 7 たいへんだ 6 いけません, それは, ならないこと, ならない筈 5 それこそ, ならないよう, なりませぬ, 困ると, 如何です

4 [16件] いけないから, これは, これを, すべてが, たいへんです, ならないから, ならないし, ならないはず, ならぬから, ならぬの, ならぬ筈, なるまい, なるまいと, 彼の, 彼らは, 自分の

3 [22件] いかがでござる, いかがです, いけないという, いけませんから, かなわない, つまらないと, ならぬこと, ならんと, 一つの, 人は, 仕方が, 何が, 取り返しが, 大変と, 天下の, 彼らの, 悪い, 珍らしい, 生の, 申し訳が, 確かに, 都合が

2 [94件] いけないこと, いやな, うっちゃって, おかしいの, お気の毒, このよう, これが, これに, これも, すべての, せっかくの, ぜひも, その中, その作品, その婦人観, その結果, そんなこと, どうする, なかなか馬鹿, ならないか, ならないそれ, ならないので, ならなかったの, ならなかったので, ならぬからな, ならぬわけ, なりませんぞ, なんとし, なんにも, まったくもっ, やがては, われわれは, われわれ人間は, ウォールデンの, オレの, フランスの, 一切の, 一大事, 一大事だ, 一大事です, 不幸な, 世の, 世間の, 世間へ, 之に, 事が, 人々は, 人の, 今の, 何よりも, 個人の, 全くこれ, 再び現われる, 吾, 困る, 困るから, 多くの, 大変である, 如何な, 宮の, 容易ならぬ, 将軍の, 尋常茶飯の, 彼は, 後世の, 後日の, 御身辺, 必要品である, 悪いから, 感覚は, 我々の, 支配階級の, 是れ, 智的生活の, 止むを, 武士の, 済みませんから, 父親は, 特にそうである, 生命の, 生活の, 画商人の, 私は, 私も, 自分が, 見っとも, 誠実な, 誰が, 誰でも, 諸の, 資本を, 迚も, 銀の, 階級の

1 [1551件 抜粋] ああし, あたかも人跡, あなた方に, あぶなくって, あらゆるもの, あるいは校長, いかが, いかがと, いかなる制度, いかな泰軒先生, いかに先祖代々, いかに誇る, いくら急い, いけないでしょう, いけないもの, いけない二人, いけない気持, いけませんもの, いささかニヤリと, いっさいは, いつまでも, いつも賑やか, いよいよわが輩, いよいよ彼ら, いること, いわゆる世, おかわいそう, おそらく津幡, おれも, お互いを, お客様の, お引止め, お気の, かえってお山, かえって婦人, かかる形体上, かく身, かならず大, くろも, こうまで, こしかけるじゃま, こっちこそ, このごろ中から, この中核がわり, この副官陸謙, この娘, この江漢, この老, この苦痛, この関係, これまた, これ等の, こんどは, ご兄妹, さぞ御, さらに大きな, しょうちが, すでに模範, ずいぶんラジカル, そういうこと, そうする, そうである, そして気負い, その事, その倫理的要請, その品性, その喜び, その嫩稈, その差別, その性慾, その望み, その水, その生活, その糾合, その豊饒性, その重量, それかと, それでもなお, それに, それらの, たいてい平素, たしかに土人, ただに, ただ単に, たといどれ, たまらないけれども, だかの, だれも, ちょっと好奇心, つづいて, つまりません, できないの, とても急場, どうかと, どうだ, どうにもこうにも, どこの, どれほど優れた, どんな思想, なおさら困る, なおのことである, なすこと, ならず寧ろ, ならないそれ自ら, ならないため, ならないとさえ, ならないとは, ならないならば, ならないん, ならない全国一様, ならない奇怪事, ならない約束, ならない蒼生万民, ならぬからの, ならぬこの, ならぬそれ, ならぬゆえ, ならぬ場合, ならぬ解釈, ならん, ならんでは, なりますまいがの, なりませぬぞ, なりませんね, なんら現実的, のどかに, ひそかに, ひろく認められる, ほとんど絶望, ぼく自身の, まことに恰好, ますますお, また風流, まっかな, まったく階級的裏切り, みずから大いなる, むしろ卒業生, むしろ普通, むなしい営み, もう欲しく, もっとも強く賢く, もはや個人単位, やっぱり同様, やれない, よくよくわが, よく母, よりどころ, よろしくあるまい, わが大, わが駆逐艦, われらの, アジアの, イカンの, インテリ問題は, クロワルッスの, セツルの, ハリアイが, ブルジョア, ユラリユラリと, 一か, 一人の, 一刻も, 一大事である, 一定期間内における, 一方に, 一統の, 一般的だ, 丁と云う, 万歳の, 三千両の, 三郎兵衛の, 上に対しても, 不勉強, 不合理, 不幸でした, 世間に対しても, 両者は, 中流階級以上の, 主人にも, 主食物の, 予言癖を, 事実であろう, 二人ともに, 二商品しか, 五十四または, 交通の, 人に, 人目を, 人間性の, 今日と, 仕様が, 他の, 伊勢方面にも, 伊那小野村の, 何うでござる, 何しろ官軍, 何となく引, 何にも, 何もかも割っ, 何人も, 何者よりも, 作家は, 例えばスノーデン, 保守と, 俳味が, 俺にも, 個人的の, 偉くなれない, 偶然と, 億民を, 光明を, 全くはじめての, 全然智的, 八重梅にとっては, 六条季経の, 共にひとしく, 内容を, 内部と, 写すこと, 凝視の, 出来ないね, 初めから, 到底この, 創作はや, 労して, 勉強, 勘定奉行の, 勢力の, 十五歳で, 単なる日常生活, 単に文学, 危く烏有を, 友釣は, 取潰し, 口あたりの, 可哀そうだ, 叶わぬと, 同じく雑戸, 同一の, 同時に一つ, 君の, 吾人が, 命ある, 哀れな, 商売人は, 問題の, 器用は, 団員として, 困るでね, 困るもの, 囲炉裏の, 国民的国家としての, 土着人が, 地球をめぐって, 執権お気に入り第, 堪ま, 堯舜の, 士気が, 外交団の, 外聞は, 大仰に, 大分鼻づら, 大変な, 大手の, 大砲が, 大金であったろう, 天然の, 太陽より, 奈良坂の, 奨励的に, 女は, 好きな, 如何だ, 如何なる時, 妖しいまでに, 始終まわっ, 嬉戯に, 孔子は, 学への, 安心する, 定めし寝, 実にどうも由々しい, 実に残念至極, 実践的なる, 実際に, 客観性に, 家断絶には, 家門の, 寝首を, 将来宮方一統の, 少しも, 屋根裏部屋を, 山伏が, 工合が, 左程, 已に述べ, 帝大, 帰納法の, 幅が, 平安時代に, 年を, 幾度か, 弁別に, 弱味と, 当局者の, 当時世間に, 彫れませんよ, 役儀の, 彼女が, 彼等にとっては, 往々出村, 後が, 後日に, 御一統, 御行動, 心配です, 必ず醜い, 快楽の, 思うまま, 性質の, 恐らく全く経験的, 恐怖し叫ばざる, 恥でございます, 悪質な, 悲しかろうで, 情事と, 惨憺たる, 意識の, 愛の, 我我は, 戦争は, 戸外兵馬の, 手ぎわよく, 打ち克ちがたき, 折角助けた, 拷問えび責めにも, 提灯が, 故郷を, 敢て, 敷地地代は, 文学的練磨が, 断じてならない, 斯波畠山細川の, 旅籠としての, 既に年中行事, 日本の, 日本軍人として, 旧来の, 明日の, 昔ながらの, 時として馬車馬, 時間と, 普遍的性質を, 暴動は, 曾ての, 最も自由, 最文明思想, 有名呉服屋だ, 末代までの, 本能は, 枕を, 柳沢家の, 根ッから, 梅が, 極く, 極めて強烈, 様々の, 次第に男女間, 正鵠を, 武力第, 武蔵国北豊嶋郡岩淵町大字赤羽の, 歴史の, 死せる, 死罪以下の, 殊に前半期, 残念ながら, 比翼の, 汝も, 決して一飛び, 決して見られぬ, 法律家であり, 浮世は, 深い精神, 清潔第, 済まぬ, 漆細工真鍮鍍金銀黄金製の, 火に, 炒豆なども, 無事に, 無礙に, 無邪気な, 父として, 物を, 物騒千万, 特に警視総監, 狂言と, 獄中生活を, 珍しくそこ, 現在でも, 現実を, 理想主義と, 甚だ危, 生きるべきもの, 生活が, 生物学的に, 田端の, 申しわけが, 男冥利よう, 画龍点睛を, 異分子である, 百姓の, 皆感覚物を通じて, 目に, 目立つもの, 相手が, 真に仕事, 真実よりも, 眼を, 知らぬ顔は, 知識階級中の, 破天荒な, 社会的意義は, 神のみ, 私が, 私ばかりの, 私心の, 秘書たちの, 笑止千万である, 第二, 範疇とは, 素早く行動, 組頭から, 統制する, 絶対に, 繁華な, 署の, 美車の, 老少婦女や, 聖書にも, 聞こえいと, 肉を, 背反する, 臣子の, 自分たちに, 自分という, 自然に, 自由詩は, 致し方の, 船頭の, 芸術品を, 若い女, 苦悶も, 著しく人品, 蕪村よりも, 蠅は, 襟首を, 見る影, 観照が, 言語が, 許されませぬ, 話が, 話は, 論理と, 諸大名, 諸藩, 豊後岡藩の, 越そうにも, 身体と, 輜重の, 農民文学に対する, 迷信が, 逐次政略, 連理の, 運動の, 道徳では, 違背は, 部分は, 配属将校の, 酒道楽に, 重圧の, 重宝でしょう, 錚, 長寿は, 閉口です, 関東の, 降雪中は, 階級社会変革の, 雄の, 需要が, 青ざむらいの, 非常に, 面白くねえ, 靨は, 頼春せっかく, 顔を, 飛山君の, 駄々で, 驚くべき心理小説, 鬼謀の, 鳩に

▼ あったり~ (1326, 2.7%)

197 して 74 した 38 するの 35 する 32 すると 15 すること 12 しては, するので 11 したが 9 するよう 8 するが 7 します, するもの, 何か 6 したこと, したので, してね 5 しながら, する場合 4 しました, すれば, そうかと, なかったり 3 したの, した時, しても, するから, 人の

2 [36件] したから, しながらも, しなければ, しまして, しますが, するあの, するけれども, するその, するため, するらしい, するん, する庭, する時, そうし, その他いろんな, どうかする, なだらかな, またその, ヱレヴェーターボーイであっ, 上の, 会社員であっ, 作品を, 可笑しくも, 図案家であっ, 夫かと, 後から, 池が, 泉水が, 満足な, 無かったり, 猿の, 笑いあったり, 色々の, 贔屓が, 部屋の, 霊魂が

1 [731件 抜粋] あくまで組織的, あるいは, あるいはからだ, あるいはやっと, あるいは夜明け, あるいは失業, あるいは明白, あるいは有害, あるいは無意味, あるいは距離, あるいは逆, あるとき, ある場所, あれだけ, いいや, いたします, いたします節, いったいに, いつの間にかその, いろいろな, うつつであっ, お化粧品, お母さんの, お酌, お金も, かなりな, からかったり, がらくたが, ここには, こちらに, この郭中, こんだそれ, ごみが, さきにも, さらずば, さらにまた, したからね, したけれど, したならば, したもの, したよう, したらただ, したらという, したら大変, したら正に, したん, した上, した事, した因縁, した程, した部分, しちゃあ, してる私, しながらぞ, しますと, しますの, しょっちゅう真, し一躍, じゃけんだっ, すこしは, するいわゆる, するかも, するくらい, するくらいの, するそういう, するだけの, するでは, するとき, するところ, するのに, するはず, するほどに, するま, するんで, する主従, する人, する例, する処, する場面, する大家, する店, する時間, する状態, する立派, する者, する著しい, する違い, ずいぶん珍, ぜいたくな, そういう古沼, そうでなく, そこが, そしてそこ, そしてその, そしてやっと, そして猪苗代湖, そして腐えた, そのヒント, その一部人間性, その借り, その前後, その由っ, その花, その起因, その附近, それから, それからその, それから椅子セット, それで恨み, それに, それよりも, それらを, たがいに, だいぶ馴れ, ちっとも眠れない, ちょうど大阪, ちらばったり, てんぼうであっ, で大会, で特に, とてつもなく大きい赤提灯, どんどろ大師の, なぐったり, なにか曰く, なの, はからざる大, はねまわったり, ひどい暴風雨, ひどく忙しい時, ふいに, ふと気がつい, ほかにも, ほかの, ほたる, まえでしょうっと, まことに静か, またいろんな, またきまっ, またはそう, またはそこ, または余りハッキリ, または名前, または踊る, または郡村, またわざわざ, またローマ字, また世間, また側室, また土地, また探し, また日本一モダーン, また滑稽もの, また背, また船中, また鉛筆, また饑饉, まだも, むさくるしい部屋, めずらしい品物, やけ糞でも, アワレであっ, オヒナサマであっ, カンナが, ガンジョウな, ゲンノショウコや, コスモスなどが, スターチェンバーと, チップであっ, チョイと, チョットした, テレ臭い, デカメロンであっ, ドイツの, ニフィオレ島等で, フランス風の, ヘッケルの, ペンナイフを, ミミコまでが, ラジオの, ロープで, 一つの, 一という, 一心二体であっ, 一様で, 一般世間の, 一銭たり, 万年青の, 三五十九である, 三彩であっ, 上が, 下等に, 不幸な, 不用であっ, 不確かであっ, 不足し, 且又習慣でも, 両眼すず, 中には, 中流家庭の, 主観的に, 乙の, 争い合っ, 二百万人を, 二階の, 五七の, 京浜地方へ, 亭が, 人殺しが, 人民とは, 今から, 今は, 仕事に, 仕切りなし, 他に, 会議が, 伸子などの, 何かとさしつかえ, 何だ, 余風を, 作業衣であっ, 価値高い, 俗で, 偽であっ, 僧が, 入江が, 其他周囲の, 其処らに, 凸凹し, 凹凸が, 初学者の, 別の, 動く道路, 動物の, 化け物屋敷が, 十数人の, 単純に, 厚い薮畳, 又あまりに, 又は虚偽, 又イデオロギッシュ, 又八が, 又巡礼, 又歴史社会学, 又社会科学以外, 反歯, 取りかえっこしたり, 同盟通信を, 同義語が, 名詩, 周囲の, 唖者であっ, 喰べ, 器械体操の, 国宝であっ, 土中に, 在米の, 地位とか, 地震が, 地面に, 堀ノ内の, 塀が, 壁には, 変名や, 夜更けまで, 夜眼を, 大きく轍, 大きな穴, 大体そういった, 大部分, 天の, 天変地異が, 失敗窮困, 女役者一座の, 姉であっ, 娘さんの, 婦人小児が, 宇治などは, 安物の, 実に所謂, 家が, 寂しみ, 対立し, 小ロシア風, 小犬が, 小石が, 岩おこし屋の, 岩を, 島には, 島の, 巡礼姿が, 工場が, 常に口, 幻燈の, 幼子が, 広野が, 店の, 庭の, 庭を, 引っ張ったり, 強い潮流, 形が, 形なども, 影絵手妻師が, 役者であっ, 従姉妹であっ, 従者であっ, 御家人の, 御連れ, 徳利が, 心ひそかに, 必ず雪崩, 思いも, 恥しい目, 悪疫が, 悪賢こかったり, 悲しいこと, 情けなさ, 惰眠を, 我儘であっ, 或いは又, 或いは画家, 或は人殺し, 或る, 所詮われわれ, 手を, 折れたり, 掘り返した赤土, 採血試験に, 提灯や, 握手を, 政争が, 斜めに, 新しい料理屋, 新しい郵便局, 新体詩が, 方々で, 日当たりの, 明るい商店街, 明治末の, 時々まだ劇, 時には, 曲り角の, 朝鮮へ, 木口の, 本当に純粋, 村役場の, 林が, 林という, 柘榴口の, 森が, 検事さんと, 椿連翹木蓮などが, 楢林が, 榛の, 模様が, 樺太の, 武者修行に, 死人の, 殺しあったり, 気色も, 水の, 池に, 沼津へ, 流れ矢が, 浴槽の, 消して, 済まなかったり, 渡船小屋が, 満員電車の, 滝を, 火を, 火事が, 火災の, 火野葦平の, 然ら, 煤けた天井, 熟字の, 爆弾の, 片足であっ, 牛若丸が, 物好きの, 物置に, 特におでん燗酒, 犬張子であっ, 独りよがりの, 狭い道, 獅子鼻であっ, 珍であっ, 現にそれ, 甚だ非凡, 生れない方, 産れた, 用事を, 男の, 町から, 畑や, 病人が, 病気だっ, 目が, 盲目であっ, 相撲を, 相続争いを, 真に君臣一家族, 真暗であっ, 知って, 知人友人の, 石橋が, 石菖の, 研究し, 硯滴石硯用石筆竿石筆架石などという, 私には, 科学界の, 種々な, 積んで, 穢れたシャツ, 竹の, 簔虫の, 納戸と, 紙本も, 細い粋, 結論が, 綺麗な, 編方が, 縺れあったり, 美女で, 老先, 職業的な, 聾者であっ, 背の, 臆測を, 自分の, 自己撞着が, 自由な, 色々した, 艶めかしい, 花畑が, 芸者の, 茶の間には, 茶室が, 茶碗の, 茶碗酒の, 落語家であっ, 葡萄の, 蒲鉾が, 蔽いを, 薬屋の, 藁葺の, 藩の, 虫も, 蛇が, 衝突し, 衣裳の, 要するに値段, 見事な, 話を, 話相手が, 警察医の, 警防団の, 買物であっ, 赤い暖簾, 赤に, 赭土の, 足りなかったり, 身分証明の, 身悶えし, 農民であっ, 辻斬りが, 逆落しやら, 運動全体に, 遠くに, 遠慮であっ, 酒呑みで, 酒樽ぐらいの, 野良着を, 金具の, 金灯籠を, 銃を, 錦絵和本類屋が, 長いの, 間口の, 雑多の, 雑巾がけは, 雨や, 雪見燈籠が, 青や, 青年の, 面白い物, 順序を, 頭を, 顔なぞも, 風鈴の, 養母に, 餞別に, 馬に, 馬車が, 高天原も, 鴨が, 黄であっ, 黄金に, 鼻もちが

▼ あっての~ (407, 0.8%)

32 ことで 21 ことだ 17 ことだろう 13 ことか 8 ことである, ことです 7 ことと, ことに 6 上の, 物種だ 5 ことでしょう, 事か 4 ことかも, ことだった, ことな, 事で 3 こと, ことであろう, ことなら, ことよ, 事だ, 事だろう, 事と

2 [12件] ことじゃ, ことでございます, ことらしい, ためでは, モノダネです, 上で, 上でなけれ, 事であろう, 物だ, 物種である, 物種と, 物種という

1 [211件] うえという, お前の, お稲荷様, お骨折り, こいつが, ことかと, ことかとも, ことじゃろう, ことぞ, ことであった, ことであり, ことでござった, ことでござる, ことでない, ことでないなら, こととしても, こととは, ことや, ことやろ, ことらしかった, こと父行徳助宗は, この窯, ご制止, ご退去, せいだ, せいと, その合理性, その嫁菜, ためでも, ときも, ものだ, ものであります, ものです, よい妻, ように, わが恩人, オ, トンガリ長屋だ, パンパン稼業に, フォーシュルヴァン氏であった, 三つ四つから, 上か, 上ですだ, 上での, 両性の, 中枢とかいう, 久光じゃ, 事, 事であった, 事である, 事でしょう, 事でなく, 事で御座いましょう, 事とも, 事に, 事らしく, 京都で, 京都の, 人生の, 人間である, 仁科六郎な, 今日登美子を, 仏な, 仕事である, 仕事では, 仕事の, 仕業か, 仕業かは, 仕業なら, 仕業に, 仰せか, 仰せには, 企図では, 伊勢でございます, 作用も, 佳作であろう, 例外の, 供給だろう, 個人主義の, 倖せ, 偽りか, 偽作として, 働き, 優れた作品, 公卿廷臣が, 内蔵助利三, 出京だ, 出征で, 刃傷か, 刃傷に, 剣技である, 危険は, 取立てとは, 受け渡しな, 名か, 名演技者であった, 向うで, 商法では, 城では, 外交な, 夜詣り, 大言か, 天皇陛下と, 太刀まぜである, 奇功と, 女で, 女王でなく, 婦人が, 孤独を, 宇宙だ, 安心でござる, 宗家ゆめ, 官位だ, 実は寮, 家名主家なき, 家橘八百蔵高麗蔵で, 寿司だ, 将軍家では, 将軍家百姓あっ, 山住いと, 工事か, 工藝だ, 工藝である, 帰りがけ黒八丈の, 帰途予定よりも, 弟だ, 形形あっ, 彼女であっ, 後なり, 御出馬, 御離縁, 御領主, 徳川, 心配顔と, 息子だ, 意なれ, 憂愁が, 憂愁だ, 戻りみち, 手が, 手であり, 文学では, 旅では, 旅路を, 旗本だ, 日本だ, 日田である, 日蓮です, 明智家では, 服装だろう, 果し合いでない, 業でない, 歌舞伎な, 武門, 死は, 母であり, 民, 法律である, 浪人では, 浪人と, 深い美, 港石炭あっ, 無心でない, 父であっ, 物ダネだ, 物種, 物種だろうで, 物種でございます, 物種給料には, 犯罪である, 申込みを, 町ち, 発句である, 盗みだろう, 祝賀であり, 神様では, 私たちという, 立命でござる, 結論なら, 織田信長なる, 義勇心, 自嘲である, 自然人間生活によって, 自由と, 至極初心, 色でございます, 茶道な, 荷主さんであります, 蓬, 薬です, 街道である, 衣食住で, 親父で, 言でしょう, 計画だった, 訪問だろう, 訪問では, 設けであった, 証言では, 話だ, 話では, 貧窮組では, 軍力でも, 通行禁止である, 道化た, 道楽でしょう, 遺恨の, 金だろう, 鎌倉幕府な, 非常警笛の, 領主

▼ あってから~ (348, 0.7%)

10 私は 4 三日目の, 十日ほど 3 まだ幾日, 数日後の

2 [18件] あの方, こっちは, しばらくの, わたしの, 一週間ほど, 丁度一箇年立っ, 三日の, 三日めの, 二三日の, 二三日立つ, 二人の, 二十日あまりの, 二時間ほど, 俺は, 十日ばかり, 暫くは, 私たちは, 非常に

1 [288件] あとの, あの町, あわてて, あんな奉公, いよいよ本, いよいよ益, おれも, お光, お力は, お母さまは, お祖母さんがちょっとぼけみたいになりましてなあ, お綱, お角, かれこれ一年あまり, ぎんは, こっちの, このかた, このからす, この世では, この辺, さほどの, しばらくし, しばらく経っ, じきに, じきに他, すぐに, すなお, そのこと, その秘密, その袴, それも, ただ何となく, だが, だんだん私, ちょうど幸い行水, であった, できたこと, どのガス体, のちの, はじめてです, はじめての, はじめて五番町, ひろくも, ふたりの, ほとんどまる, ほとんど半歳, またしばらくの, また三日, また幾月, まもなくどこ, まもなくドロテイン街, まもなくプラスビイユ, まもなく二人, まもなく二十面相, まる一日一, めでたく千代田城, もう一ヶ月, もう一年, もう三ヵ月, もう二ヵ月以上, もう八年, もう少しも, やがて改めて観客, やっとの, わずか十日, わたくし明智を, アッシジの, コンサート, ジェンナーは, ドノバンの, ヘンダスンの, ママまでが, モットその, ヤマサンも, ライオンは, ラン子の, 一ヵ月あまり経っ, 一ヶ月目世の中が, 一年めに, 一方の, 一日おい, 一時社会では, 一月あまりすぎ, 一月ほど, 一月ほどの, 一盞を, 一週間ばかり, 一週間目に, 丁度一週間目に, 丁度四日目でありました, 七年も, 七日めの, 三十分ばかり, 三十四年の, 三十年天保初, 三十日あまり過ぎた, 三日ほど, 三日目です, 三日経った, 三月ほど, 三週間のちの, 三週間ほど, 不思議に, 二, 二カ月ばかり, 二ヶ月の, 二三カ月も, 二三年し, 二三年たった, 二三年の, 二三日する, 二三日たった, 二三日は, 二十分ぐらい, 二十日ばかり, 二年ばかり, 二年後に, 二度と鬼, 二度も, 二日の, 二日ほど, 二日目の, 二時間ばかり, 二週間ほどは, 五六日後の, 五年を, 五日と, 五日ばかり, 五日ほど, 五日も, 五日目の, 人間を, 今度は, 今日は, 伸子たちの, 何かしら彼と, 俊夫君には, 信任状提出, 修治さんも, 俺の, 僅か三年, 兄の, 光一と, 八カ月か, 公開の, 六日目の, 内から, 凶暴が, 北大で, 医学は, 十二三日も, 十年目頼朝が, 十数日だ, 十日ばかりも, 十日ほどの, 十日余りの, 十箇月ばかりを, 半年ほどの, 半年程, 半月ばかりの, 半月ほど, 半月ほどの, 危険を, 又滋幹, 叔母の, 各警察, 吉弥と, 呻くよう, 四五年の, 四十年ほど, 四月ほどの, 城中へ, 声自慢らしい, 大きにお力, 天草島原長崎などで, 太郎は, 女たちは, 妹の, 娘と, 婆さんの, 寄場の, 寮生の, 寿女は, 小作人達の, 尚お, 山谷という, 岡の, 岸本は, 嵐の, 左様, 已に葺屋町堺町, 平中の, 幸太郎が, 幾十年こんど久し振りで, 幾日か, 幾月か, 当分という, 当分の, 彦太郎にとって, 彼の, 彼は, 彼女は, 後だった, 後でも, 後な, 後に, 後の, 後も, 後らしく, 後ゴーリキイは, 後万吉郎は, 後彼女は, 後日の, 後私は, 後賢彌, 後間もなく, 悲しくも, 悲しげ, 手紙の, 数寄屋橋外の, 数年後いつか先生と, 数日し, 数日たった, 数日の, 数日後はや, 数日後旧盆に, 数日経った, 数日経過した, 既に一箇月以上, 時間は, 更に一週間, 朝吹は, 木戸は, 本船の, 東京に, 松浦頼母は, 栞は, 桂屋太郎兵衛の, 正坊, 母にたいする, 母も, 母親は, 毛利先生は, 気味が悪くて, 津浪の, 清子は, 湾口の, 煩悶を, 熊城は, 猫は, 疏水へ, 登は, 益々エレーナ, 監視兵の, 神さまは, 私の, 私達が, 稚子, 約一ヵ年半, 約七日, 翌日幸子は, 船長は, 芹川さんと, 薪左衛門は, 藤壺の, 見付かったの, 貯金に対する, 買い手が, 通りを, 郭, 野田と, 鈎合わせを, 銀三の, 長いため息, 長州方は, 間も, 間もなくここ, 間もなくであった, 間もなくもう人手, 間もなく刳, 間もなく又, 間もなく晉, 間もなく曙町, 間もなく陸, 随って, 随分変っ, 静かな, 鯉坂君は

▼ あっ~ (301, 0.6%)

20 云って 14 叫んだ 12 いって 10 いわせて 8 いわせるよう 6 言わせて, 言わせるよう 5 いった, 云った, 言って 4 声を, 言った 3 いわせたかったの, 云ったん, 思った, 明るくなっ 2 いわせたいという, いわせようと, いわせること, 云わせたの, 云わせるよう, 叫んで, 棒立ちに

1 [176件] あいて, あたり一面に, あっしゃあ, いいましたので, いうね, いわせずには, いわせその, いわせた, いわせたいね, いわせたの, いわせたので, いわせようなどと, いわせよう下心, いわせるたくらみだ, いわせるつもり, いわせるとき, いわせるところ, いわせるの, いわせる技術, いわせる曲死, いわせる武器, いわせ江戸, おどろいて, おどろかせて, おどろきながら, おどろきの, おびえて, かかって, きもを, くるしそう, こな, これは, ごろつきどもは, さけび声, さけんだ, させる様, したが, したまま, した天気, すさまじく荒い呼吸, そこで又八, そこの, その寅之助, それの, たちすくんで, つよい光, てんじょうの, どよめいたが, びっくりし, ふりむいて, またも, みんなは, ハンカチで, ロイスが, 一同が, 一同驚き騒いだ, 一眼見た, 上がって, 上気した, 両手で, 乱れる, 二列に, 二度目の, 云う, 云うよう, 云う叫び声, 云う声, 云う暇, 云う間, 云う間もなく, 云ったの, 云ったばかり, 云わして, 云わせたい心持, 云わせたという, 云わせて, 云わせられたん, 云わせること, 云わせるほど, 云わせる探偵小説, 人々は, 何かに, 倒れそう, 入れる, 内蔵助の, 剣を, 友軍へ, 口の, 口を, 叫びそう, 叫ぶ間, 叫ぼうと, 叫んだと, 叫んだ時, 吉右衛門は, 塵が, 延びて, 弥四郎が, 思うと, 思うまもなく, 思って, 思わず逃げ腰, 思わず首, 感服する, 抜いた, 拡がって, 散らして, 木の葉を, 来たとき, 横に, 武者の, 武蔵が, 気を, 水を, 流れ入る太陽, 清水一学の, 無気味に, 猪之は, 相手は, 立てかけた膝, 答えが, 総立ちに, 花嫁の, 葉の, 裂帛の, 西から, 言いながら, 言うほどの, 言ったきり, 言ったきり気, 言ったほどに, 言ったもの, 言わせお客, 言わせた, 言わせたい例, 言わせたかった, 言わせたまでは, 言わせたり, 言わせようという, 言わせること, 言わせるつもり, 言わせるという, 言わせるに, 言わせる番, 言わせる趣向, 言わせ給え, 赫怒を, 跳び上った, 軽い声, 逃げて, 逃げ込むの, 逃げ退く小, 途を, 道誉は, 野を, 開いたまま, 開いて, 開けて, 関羽は, 関興は, 青くか, 鞍から, 顔を, 顫い, 風が, 馳せよったの, 驚いたが, 驚きその, 驚きの, 驚き膝, 驚く, 驚くであろうと, 驚くほど, 驚くよう, 驚く東山, 魂消る物

▼ あったって~ (118, 0.2%)

2 あの人, そんなこと, なくたって

1 [112件] あっちじゃ, あなたは, あのひと, あの頃, いいじゃ, いいでしょう, いいはず, いいわけ, いかや, いくら気位, いないはず, ええよ, お人好しだ, お前さんの, お手討, お金が, がまんおし, こ, これじゃ, こんなところ, すぐに, それが, それについて, それは, そんな事, たった一人, たまったもの, ちっともありがたく, ちょいと, なかなか出来ない, なくったって, なにが, なんに, なんの, ぬけ出せるわけ, ねえと, びくとも, へこたれやしないぞ, べつに珍しく, ぼくは, まけるきづかいは, やはり弟, わたしはへ, われわれ同じ, 一どだって, 一日も, 一言くらい, 七輪が, 上手に, 下らない蔭, 使えば, 僕の, 僕は, 全く僕みたい, 其は, 出ようなんて, 出来て, 十フランで, 十三円や, 取りかえさ, 受かりこなど, 喧嘩を, 好いじゃ, 妾いっしょに, 学問が, 少しも, 少し位, 帰しやしませんよ, 帰らぬわけ, 常識の, 建てさせるもの, 彼の, 御天気, 必ず幸子さん, 手帖なし, 放すもん, 日に, 日蔭者じゃ, 早速の, 東京なんかへ, 構わないわ, 構わんじゃ, 欽吾さんには, 死骸を, 殺しも, 済まないこと, 無いと, 無くった, 産んで, 用いませんよ, 私なんかは, 私は, 紐の, 自分たちに, 良かり, 蒙古, 親は, 足りません, 足りゃしませんよ, 足りゃア, 足りやしないわよ, 足りやしませんよ, 逃げられる相手, 逃さないぞ, 逃すよう, 遠い身寄り, 金持に, 金目に, 電燈は, 食えるとは, 飽きちゃったから, 鼠一匹は

▼ あっちゃ~ (98, 0.2%)

3 かなわない 2 かないません, ならない, ならねえ, んが, 大変だ

1 [85件] あんまり片手落ち, いけない, いけないもの, いけないよ, いけないん, いけません, うんざりだ, お上の, かないませんや, かないませんよ, かなわないね, ぐずぐずし, こいつは, こうむやみ, こっちの, こっちゃの, この店, この東作, そのままじゃ, たまらねえ肌着, とてもかなわない, どうする, どうやらいわく, なかなか出られません, ならないという, ならない神武, ならねえと, ぼくは, まごまごし, もったいないぜ, わしらなんと, んていう, んという, んの, んは, んも, ん始め, ァならねえ, アいかん心の, アお, アそう, ア不, ア仕様がねえ, ア僕も, ア名折れだ, ア大変だ, ア済まねえ, ア話は, ゲープ, 世間の, 両国の, 人間一人の, 何だ, 何にも, 俺の, 八丁堀の, 出来まっ, 厭だ, 取り返しが, 叶いっこない, 叶はねえ, 困るな, 堅気の, 夜に, 大変でございます, 好い批評, 己に, 悪いと, 拙いから, 敬だ, 旦那方へ, 気狂だ, 江戸っ子の, 江戸ッ子の, 済まないで, 溜らないぜ, 申訳ねえ, 私は, 私も, 親分に, 足を, 辛防は, 金沢の, 面白くねえ, 頭が

▼ あってこそ~ (97, 0.2%)

4 本当の 3 真の 2 人間の, 始めて

1 [86件] お上の, かかる幸運, かくは, このさかな, この竹童, この関係, しんじつ生きがいが, そのお婆さん, その職権, その芸術的意図, それが, だと, だ栄ちゃん, どのよう, どんな境遇, なの, のちに, はじめて, はじめて新劇運動, はじめて神, はじめて私ども, はじめて風景, まことの, むしろ人々, よい, よいの, よきもの, よき実, われわれは, 一瓶の, 二つの, 互いにその, 人生に, 人間に, 人間は, 今やカッスル, 今度ドイツが, 個性の, 偶然に, 初て, 初めてその, 初めて大衆, 初めて彼等, 初めて戦い, 初めて虚偽, 初めて諸, 君らは, 唐子と, 国の, 夜の, 奉行も, 始めて他, 存在理由を, 客観する, 店の, 彼には, 彼らは, 惚れ栄え, 教育界は, 本当な, 武士道が, 温い所, 然るべきだ, 物事が, 生きて, 生れる, 生存に, 真に学問, 真に強み, 真に徳行, 知識も, 筋の, 結果の, 脳も, 自分に, 自然である, 自然口から, 良寛様の, 色恋じゃ, 若松屋惣七の, 茶の, 論理が, 道は, 道理に, 頑固な, 飛騨の

▼ あってね~ (89, 0.2%)

5 それが 3 私は 2 僕は

1 [79件] あなたひとりが, あれは, いまじゃこんなところではたらくようになったの, お前の, お前も, かたくなった, こないだゴールスワージーの, この悪徳, これにゃ, これは, こんな話, せっかく御, そいで, そういう変, そこに, そこの, そこへ, そこを, そのお礼, そのとき, そのパノラマ, その上, その人, その左右, その歌曲, その道の, それで迎い, それに, それは, ちょっと気持, でも坊ちゃん, とてもいそがしい, どうにも断りきれない, どっちかと, なかなかお, なるたけ仮装, なんでも, はじめピン, はてなと, もう十年, コンモンセンスで, チョットいけ, 一切僕の, 三十日に, 丸く二つ, 伸弥くんが, 何んな, 何故それ, 出るべき時, 叔父さまの, 夏か, 女中に, 布が, 心ひそかに, 恥ずかしい姿, 掃除さしと, 文明の, 旗本の, 早くは, 昼間だった, 極彩色の, 毎朝九時てぇ, 洲崎の, 満洲, 理解が, 男には, 男の, 目下まだ十分がんばり, 確六月か, 私も, 紹介状を, 船に, 訪問を, 赤城さまへ, 近ごろは, 金吾さんに, 金曜日から, 雨ふれ, 零に

▼ あっという~ (83, 0.2%)

49 まに 3 うちに, ような, 顔を 2 声が

1 [23件] まも, まもなくまた, まもなくテーブル, まもなく奪い去っ, まもなく息, まもなく賭場, ように, 声を, 微かな, 懸声, 拍子に, 母の, 眼つきを, 荒い呼吸, 表情を, 言葉も, 間もなく大, 間もなく平次, 間もなく駈けだせ, 音が, 顔で, 顔付きで, 驚きを

▼ あってはと~ (46, 0.1%)

1 [46件] いつも座敷牢, お出, かつて店, その点, それが, なかなか心配, みんなが, 一党の, 一党心ならず, 中に, 二人とも, 人の, 優しい御, 大事を, 奮発を, 存じ面, 学校も, 将来が, 年寄の, 心配され, 心配し, 心配し出した, 心配で, 心配な, 念の, 思いましてな, 思います, 思い勇敢, 思うて, 思うの, 急いで, 恐れたもの, 控え場, 未練を, 案じて, 案じるよう, 梨丸が, 歯を, 気が, 気遣って, 江戸の, 私も, 老婆心を, 肝を, 謹んで御, 遠のいて

▼ あってか~ (39, 0.1%)

2 ような, 知らんが

1 [35件] この御子, この月, すっかり元気, そう巨きく, その夏, とにかく学校, ともすれば彼女, またどういう, まだ穿鑿, まなん, まもなく東京ホテル, もう強い, わからないが, わざわざ暗い, わたしは, 一人は, 丁重きわまる, 下町好みの, 今度ブラジルに, 出頭し, 去年の, 壊れた火薬庫, 存外脆かっ, 強い反対, 御苦労千万にも, 或いは最初, 新聞も, 易を, 漱石の, 知らないけれども, 神秘と, 秦や, 素早くその, 頑として肯かない, 頓には

▼ あってさえ~ (24, 0.0%)

1 [24件] ある種, いながら, いれば, この実情, それだ, それだけ, たちまち独自, まだ十分, まよいやすい, もし年々穀物, やはり船, 一つの, 全体の, 友だちや, 喜びいさむ希望, 太古の, 存在を, 座席も, 楽天的に, 死刑囚の, 私たちの, 続々関東, 自我は, 集団住宅でなく

▼ あってな~ (22, 0.0%)

2 三河の

1 [20件] あの人, そら敦子おばさん, それを, そんで, ちょっくら, つまり磯五, ほかへ, まあお茶, わざと呼び, わたしに, ア, 人を, 今お連れ, 吹けよ, 寺へ, 小児どころか, 新聞屋と, 知らず知らず罪, 金を, 鐘が

▼ あっちゃあ~ (19, 0.0%)

1 [19件] お上に対して, かえっておもしろく, かないませんな, かなわない, たまらないが, なおさら目, ならねえ, ならねえと, ならんと, 博士に, 可哀そうだ, 大痛手, 宮城野さんでなくっ, 殊に日本人, 甲州屋さんにも, 私たちじゃあ, 遠くを, 面白くない, 駄目じゃ

▼ あってからは~ (14, 0.0%)

1 [14件] あまりよく思っ, その声, もう娘, 一そう親しみを, 一所懸命で, 伝さんと, 始終御所, 心から親しめない, 急に, 村の, 梅が, 棹を, 流石に, 私に

▼ あってさえも~ (14, 0.0%)

1 [14件] この沈鬱, すべてが, その手足, その提出, そんな手軽, やはり人生, われわれの, 伸子には, 副業な, 告白する, 屡々衣服, 幽から顕, 結婚生活の, 長いあいだ

▼ あってからの~ (11, 0.0%)

2 父は 1 ことだ, ことだった, ことで, 事な, 出来事を, 唐沢氏は, 四五日という, 私は, 自分に

▼ あってすら~ (11, 0.0%)

2 その情熱 1 こんなところ, そうである, そうな, ふつに, 咆哮し, 既に軍隊, 時到らぬ, 死滅亡有限性の, 脚の

▼ あっ~ (6, 0.0%)

4 それあっしあっし 1 のしたこと, 出せねえうち

▼ あってのみ~ (6, 0.0%)

1 かけの, 可能である, 始めて詩, 彼は, 慎むべき点, 筆が

▼ あってよ~ (6, 0.0%)

1 ござんす, まともの, 一本, 可い加減, 御覧に, 毛布が

▼ あったりなど~ (5, 0.0%)

2 して 1 したらそれ, すると, するもの

▼ あってと~ (5, 0.0%)

1 嬉しそう, 察したは, 察しては, 愚存を, 欠陥が

▼ あっしも~ (4, 0.0%)

1 何か, 奇麗サッパリと, 安心しました, 小屋の

▼ あっため~ (4, 0.0%)

1 たりそんな, だけで大体, ながら家, を使いはじめました

▼ あったらしく~ (4, 0.0%)

1 思えるよう, 見える, 見えるの, 見える生活

▼ あってという~ (4, 0.0%)

1 のは, 句との, 次第では, 言い分も

▼ あってはという~ (4, 0.0%)

1 ような, 心配が, 懸念から, 賢人の

▼ あっ~ (4, 0.0%)

2 あっと 1 あっという, あっはと

▼ あったりは~ (3, 0.0%)

1 しないの, しないもの, しませんが

▼ あっていう~ (3, 0.0%)

1 ことなら, ので, 事です

▼ あってからという~ (3, 0.0%)

1 ものその, ものは, もの何事が

▼ あってでも~ (3, 0.0%)

2 ない 1 なく読む

▼ あってに~ (3, 0.0%)

1 ちがいない, 相違ない, 違いない

▼ あってねえ~ (3, 0.0%)

1 こんなとこ, そこから, でも心配おし

▼ あってのう~ (3, 0.0%)

1 それが, 手頃には, 昔この

▼ あってもと~ (3, 0.0%)

1 いわれるならば, ねば, 思ったので

▼ あっから~ (2, 0.0%)

1 そいを, その隣り

▼ あっこと~ (2, 0.0%)

1 いう, 叫んで

▼ あっため好き~ (2, 0.0%)

1 なの, なので

▼ あったりという~ (2, 0.0%)

1 ような, 風に

▼ あっちゃから~ (2, 0.0%)

1 往きます, 来たん

▼ あってかの~ (2, 0.0%)

1 ように, 強盗に

▼ あってからも~ (2, 0.0%)

1 女が, 私が

▼ あってこそと~ (2, 0.0%)

1 思い込むよう, 覚悟する

▼ あってこその~ (2, 0.0%)

1 経済学で, 話である

▼ あってじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないん

▼ あってはとの~ (2, 0.0%)

1 心づかいで, 懸念から

▼ あってば~ (2, 0.0%)

2 なんでも

▼ あってもか~ (2, 0.0%)

1 ざみがない, 東作

▼ あってもとに~ (2, 0.0%)

1 角一応, 角唯物論や

▼ あってもよ~ (2, 0.0%)

2 かりそう

▼ あってん~ (2, 0.0%)

1 あんたも, 家は

▼ あっはは~ (2, 0.0%)

1 あっははと, 腹を

▼ あっはははと~ (2, 0.0%)

1 快活に, 笑って

▼ あっ~ (2, 0.0%)

1 あっぷいっている, あっぷもがいている様子

▼1* [47件]

あっからなくたびれたらバス乗, あっしもははあと当りを, あっしゃこう思うん, あっしら一同えらいお, あっしんとこの馬鹿野郎, あったかりそめの噺, あったりからだが, あったりなんぞして, あったりの人と, あったりもした, あったりやすりと, あっちゃと案じるから, あっちゃの国, あってかとは聞こえませぬ, あってかなんぞとはお思い, あってかべにさわりながら, あってかほどの変化を, あってからと云うもの, あってからにしよう, あってからものの三日も, あってがちょうの, あってけたけたと, あってさ関東大震災で, あってすらも民意は, あってぞっくり, あってとにもかくにも, あってとはいいながら, あってとばかり答えたが, あってとも知れずに, あってのなあ働くもの, あってのみは老いが, あってはもの笑いの, あってばかりいて, あってほどなく躑躅ヶ崎一帯, あってまでお二人様, あってもからだと, あってものごし, あってよほどの学者であります, あってナ市さ出る, あってネ地中から, あっといったきりものも, あっともいわずに, あっとよえん, あっはと笑って, あっははとびっこのような笑いかたを, あっつ, あっ