青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あたり あたり~ ~あたる ~あちこち あちこち~ あちら~ ~あっ あっ~ あっし~ ~あった
あった~
あったら~ あっち~ ~あつ あつ~ あつし~ ~あて あて~ ~あと あと~ あな~

「あった~」 59260, 640ppm, 143位

▼ あった~ (12906, 21.8%)

185 それは 125 それが 104 私は 102 彼は 99 これは 90 今は 67 それも 60 それを 55 その時 42 これも 41 その中 38 彼女は, 私の 32 これが 31 ために, 彼の 30 今では, 今度は 28 今日は 27 そのうち 26 この時 25 しかしそれ 24 さすがに 23 それに 21 しかしその 20 いずれも, これを 18 後には, 或る 17 この頃, その人, わたしは, 併し, 僕は, 為に, 自分の 16 今の, 多くは 15 そこには 13 あれは, ここに, そこに, そのため, その頃, ともかくも, 例の, 彼が, 急に 12 そのとき, それよりも, 何か, 私が 11 いまは, お島, この人, そこへ, その代り, それから, 今日では, 女の, 幸いに, 私には 10 すぐに, そのころ, それと, それにも, どうした, 二人の, 他の, 彼女が, 父は

9 [14件] そこは, その後の, その日, それには, そんなこと, 中には, 今も, 今度の, 僕の, 彼らは, 後に, 日が, 第二版以下, 非常に

8 [13件] この男, そこの, その当時, 今日の, 何分にも, 先生は, 大抵は, 女は, 実際は, 惜しいこと, 此の, 葉子は, 誰も

7 [20件] あるとき, ここで, ここでは, しかし彼, そのなか, そのほか, その上, その後は, それさえ, そんなもの, そんな時, 主人の, 今夜は, 今年は, 他ならぬ, 宮は, 彼女の, 心の, 母の, 近頃は

6 [22件] ある日, きょうは, ここは, このこと, このとき, それらの, それらは, やがてその, 事実は, 人の, 今から, 他に, 夫人は, 家の, 当時は, 次の, 気の, 男は, 相手が, 私も, 結局は, 自分が

5 [50件] ある時, いつもの, いろいろな, これからは, これでは, これに, これには, こんどは, さてその, しかしこの, そのこと, その一つ, その声, その年, その男, その眼, その瞬間, その顔, それでもその, だれも, どういうもの, なかなかの, また一方, やがて, 一人の, 一人は, 一度も, 不意に, 二人は, 今と, 何も, 何を, 信長は, 前に, 多くの, 妙に, 容易に, 山の, 帰って, 幸子は, 庸三は, 当時の, 手に, 普通は, 案に, 正直の, 母は, 眼が, 私と, 而も

4 [77件] こういう, このごろは, このたび, このよう, この時代, この老人, これらの, これらは, しかしお, しかし私, しかもその, しかもそれ, そこから, そこを, その他の, その前, その女, その折, その方, その間に, それでもまだ, それでも彼, それとても, それより, たいていの, でもその, どちらも, なぜか, なにも, なんといっ, なんの, またその, また一つ, やがてそれ, 一つは, 一方に, 不思議な, 世間の, 中に, 二人とも, 云うまでも, 人間の, 今に, 今夜の, 今度のは, 今朝は, 何の, 余は, 外に, 夫は, 夫婦の, 奥の, 女房の, 妙な, 娘の, 彼には, 彼らの, 彼等は, 思うに, 日本の, 時間が, 普通の, 暫くする, 最後の, 次郎は, 母が, 父の, 現実に, 男の, 相当に, 眼に, 私に, 私を, 老人は, 自分は, 雨が, 頭の

3 [153件] ああいう, あとに, いずれに, いずれは, いつでも, お今, お杉, かれは, きょうの, ここの, この, このほか, この二人, この場合, この家, この年, この方, この話, これだけの, しかしこれ, しかしそう, しかし決して, しばらくする, すぐその, すべての, そういうこと, そういう人たち, そうし, そのお, その下, その外, その大, その実, その後に, その手, その時分, その朝, その様子, その結果, その翌日, その連中, それだけ, それだけは, それなら, それにしてもこの, それの, そればかり, それまでは, それよりは, ただその, ただそれ, たぶん悲鳴, だん, どうかする, どこか, どれも, なんという, のちには, またこの, まだその, もうこの, もうその, やはりその, わしが, 一定の, 一方の, 三人の, 不幸に, 不思議に, 中にも, 中の, 之を, 事に, 事件の, 二人が, 人が, 人に, 今度も, 今日も, 何うし, 何よりも, 何事か, 充分に, 入口の, 前の, 右の, 土地の, 声を, 夜の, 夜は, 夜更け, 女が, 女房が, 孔明は, 少しも, 幼少から, 弟子の, 彼も, 彼を, 心が, 心は, 惜しい事, 意外な, 放って, 昼の, 暫くし, 村の, 来て, 東京の, 根が, 武蔵の, 死んで, 気の毒な, 水は, 注意し, 源氏が, 源氏の, 為である, 玉鬘は, 町の, 病気に, 秀吉は, 私たちの, 私たちは, 私にとっては, 第一, 第二版, 第二版以後, 結果は, 翁は, 耳に, 腰元の, 自分で, 自分でも, 自分に, 自分も, 色の, 血が, 要するにそれ, 見たところ, 見ると, 見れば, 誰が, 近ごろは, 近年は, 途中で, 途端に, 逢って, 雨の, 青木は, 非常な, 風の, 驚いたこと

2 [561件 抜粋] あとで, あなたは, あのとき, あの時, ある夜更け客, あれが, あれも, あれを, いうまでも, いかに言っ, いつの, いつもは, いまでは, いやしくも郊外, いろいろの, うそか, おとら, おむら, おれの, お久美, お光, お君, お菊, お通, かつてその, かの女, けっきょく, こ, ここには, ここへ, ここも, こっちから, ことしの, このごろでは, このパリ, この伯父, この作品, この外, この夜, この姉妹, この娘, この子, この島, この座敷, この戦争, この日, この書, この村, この点, この私, この美しい, この興行, この辺, この際, これとても, これにも, これに対して, これに関する, これまで, これらも, これ等の, こんな時, さて行っ, さもない, さりとて平生懇親, しかしあの, しかしあれ, しかしいつ, しかしこれら, しかしそうした, しかし全く, しかし全然, しかし当時, しかし彼女, しかし現代, しかし確か, しかし結局, しかし貧しい, しかもこれ, しかも彼, しっかりした, しばらくし, しまいには, そういう中, そういう時, そうかと, そうすれ, そうとは, そうやっ, そう云う, そう云え, そこからは, そこが, そこで, そこでも, そちらの, その, そのあと, そのたび, そのままに, その一軒, その不安, その中央, その全部, その刹那同氏, その原因, その古い, その同じ日, その味, その場, その夜, その小, その少し, その後また, その意味, その服装, その気持, その玄関, その癖, その笑い, その群衆, その船, その藪, その術, その言葉, その話, その調子, その運動, その青年, その面, それから先, それから後, それこそ, それじゃ, それすら, それすらも, それでもやがて, それでも私, それとは, それへ, それまで, それらも, そんなとき, そんな方法, たいていは, ただそこ, ただ一つ, ただ変っ, たとい末班, ためか, ためであった, ためである, ついに決心, つぎの, とにかくその, とにかくそれ, ともかく私, どういうわけ, どう考え, どこかに, どっちも, どんよりと, なおその, のちに, ひどくこの, ふしぎな, ほかならぬ, ほかの, ほのかに, ぼんやりと, まさかその, まさか今, また非常, まだ何, まだ机, まだ色々の, もう一つ, もしも住宅, もっと重大, やがて又, やがて私, やはり女, ゆえあって, ゆえにそれ, よかろう, わずか四, わたくしは, わたしたちの, クックの, ゴーリキイが, ゴーリキイは, ジッと, チェーホフの, 一たん乗り出した, 一人一人の, 一斉に, 一週間に, 一部の, 三歳に, 不図, 不幸にも, 両者は, 中, 中から, 中将の, 中途から, 主なる, 主人が, 主人は, 久しぶりで, 九太は, 事が, 二つの, 二月の, 二階の, 于禁は, 人々が, 人々は, 人影は, 人間は, 今その, 今でも, 今より, 今回は, 今宵に, 今残っ, 他人の, 以前から, 以前に, 以前の, 伊織は, 体が, 何う, 何かの, 何ぞはからん, 何ぞ計らん, 何と, 何んと, 何思った, 何時でも, 元より, 元来が, 先方は, 兎に, 兎も, 其他の, 其儘四日後の, 其処には, 其処は, 其時専門の, 内容は, 勿論この, 勿論それ, 北田は, 医者は, 十二月十六日, 十分に, 十四歳から, 十年以来の, 午後に, 卒業する, 去年の, 叔母は, 叔父は, 口に, 台所に, 右近は, 同じよう, 同時にそれ, 同時にまた, 同時に又, 吹込みが, 吾, 呆れたこと, 周囲が, 国が, 坂本と, 夕方国元から, 外国の, 多数の, 夜が, 夜に, 大の, 大体次の, 大阪の, 天下の, 天皇の, 夫が, 夫の, 夫れ, 夫人の, 女房も, 妙子は, 妹の, 姉と, 婆さんは, 子の, 子供が, 子供の, 子供は, 孫権は, 実の, 実はその, 実を, 実際に, 実際の, 客は, 客観的な, 宮が, 宮の, 宰相中将は, 家が, 家は, 家庭的には, 家康は, 小夜子は, 少しの, 尚侍は, 屋敷から, 山に, 山を, 工場の, 左膳は, 帝は, 師範学校に, 帰りに, 帰途の, 年は, 年を, 年上の, 年老いて, 幼少の, 底を, 店が, 弦之, 強いて, 当人の, 形式的には, 彼に, 彼らも, 彼等の, 後ち, 後にまた, 後者は, 心では, 念の, 思いのほかに, 思いやりの, 思えば, 急を, 性格は, 意外にも, 慌てて, 我々の, 戦争の, 折も, 折悪しく, 故に, 数年前に, 数日前に, 敵が, 新八郎, 新聞を, 日の, 日本に, 春の, 昨今は, 昨夜の, 是も, 是れ, 時と, 時には, 時代が, 時平は, 晩年は, 普通に, 晴れると, 更にその, 最初に, 月の, 有名な, 朝夕または, 本人の, 果さなかった, 根は, 梅は, 次郎の, 正直な, 正造は, 此処は, 此頃は, 武田さんの, 武蔵は, 歩いて, 段々と, 氏は, 気に, 水の, 汽車の, 波の, 流石に, 消えて, 涙は, 源氏は, 漱石は, 無智, 父が, 父親の, 特に矢代, 現代の, 現代人には, 現在の, 現在は, 現在眼の, 生まれて, 用事は, 田舎の, 男が, 男としては, 町内の, 発表する, 登山を, 直ぐに, 相手は, 眼の, 確かに, 秀吉の, 私どもの, 私達は, 秋の, 稲子さんは, 第三版, 第二, 第二回, 第六版, 笹村は, 約束の, 紫苑が, 細君の, 続いて, 総ての, 翌日は, 肝腎の, 脱走し, 腕にだけ, 自分には, 自身の, 船長の, 色は, 花が, 若い者, 若君は, 英国の, 葉子が, 葬儀の, 衛門督は, 裏の, 裏庭の, 要するに大した, 見て, 覚えて, 親の, 言って, 計画は, 話を, 詳しくは, 読んで, 読者は, 誰れ, 調べて, 講義の, 足は, 車の, 軒の, 近い所, 返事は, 逆に, 遂にそれ, 運わるく, 道場へ, 酒の, 重吉は, 鉄道が, 鋭い声, 長い間, 長平は, 間に合わず六日, 阿母さん, 階段の, 雨に, 霧が, 青年の, 青木の, 静かな, 革命の, 順平には, 頭脳の, 顔を, 駅を, 黒い頭

1 [8284件 抜粋] ああした, あちらには, あの大きい, あの辺, あまり発音, ある所, あれにも, いう迄も, いかに時流, いざ筆, いったんは, いつのまにか大, いつも相手, いまやそろそろ地球, いよいよ, うかうか行っ, おおそれでは, おちついて, お互いは, お山という, お紺, かえって用, かなり険しく, かれの, ぎくっと, けれども拒否, こうした家臣, こうして沢山, ここベルリンの, このうち, このカンカン, この不思議さ, この便所, この叔母, この姫君, この小説, この愛, この本, この犯人, この羅卒, この路, この陰謀, これくらい, これについて, こんなに早く, ごー, さて, さて母屋, さらにその, しかしいつも, しかしそれでも嘘, しかしまた執拗, しかし不正, しかし分量, しかし家, しかし意地っぱり屋, しかし活き, しかし笠支配人, しかし良人, しかし難儀, しかも一方文献上, しだいに卑俗, じっと支え, すこしもかって, すなわち今日, ぜひなどと, そういう特別, そうしたところ, そうなる, そこまでは, そのある物, そのが, そのほか口授伝令, そのわり, その一貫, その主張, その代わりご覧, その光, その切花, その反対, その国民的驕慢, その天女, その宵, その幾度, その後なお, その後故あっ, その思い出, その把握, その明けがた, その時独科, その村, その武陵桃源, その滅亡, その畚, その社会, その粒々辛苦, その肌, その英雄的死, その角度, その身, その鉄甲, その頃夢殿, その鳶, それから急, それだけに仕事, それではなお, それでもそうした, それでもチョイチョイ小遣, それでも医者, それでも山好き, それでも此, それでも筋道, それでも重要, それならローレンス, それにしても猶, それらが, それ等の, そんな方面, たしかにどの, ただよく, ただ終始, たとい病余, たまたま天女, だいぶ享楽的, だんだん身体, ちょうど私, ついには, つい私, でもあたり, とかくエタ, とにかくぎっしりと, とにかく日一日, ともかく古墳, どうしてなかなか逸物, どうにでも, どうやらそれ, どこまで, どんな容貌, なお自分, なかんずくABC, なるほどここ, なんとなく気高く, のち職を, はなやかに, ひとは, ひろ子が, ふと一日, ふと顔, ほりにくい, まことに好, まず自分, またもや兵馬, また宮, また蠅, まだ今, まだ習性, まもなく姿, みると, むしろ素人, もうすっかり軌道, もう及ばぬ, もしもこれ, もっと大きな, もはやその, やがてのしきった, やがて今, やがて宙, やがて泣く, やがて綿入れ, やがて閂, やはりある, やはり悲劇, やはり高い, ゆくりなき, よく知らし, わがもの, わずかな, アナウンサーの, ウィルスンは, ガラス管は, クラレンス公は, ゴーリキイも, ジャン, タチメン先生に, トルストイドストエフスキーモオパサンなどの, ハッキリと, ピットには, プロレタリア作家の, マチアにも, モスク, ラネフスカヤは, ワガママを, 一九三二年以後の, 一八世紀の, 一年に, 一心に工夫, 一昨夜深更に, 一番痛快で, 一転する, 丁度土曜日, 三人連れで, 三年前の, 上人誹謗の, 下宿人は, 不適当, 世界に, 中学へ, 中頃から, 久しいあいだ捕獲, 乗客は, 予審判事は, 事志と, 二三歩行く, 二度原稿紙の, 五亭橋の, 五月にも, 京橋から, 人なき, 人間や, 今また, 今や科学, 今夜限り自流で, 今思う, 今暁下加茂の, 今此処, 仕える事, 以後檜垣の, 伊香保のは, 佃は, 何し, 何という, 何処と, 何故と, 余りに奇骨稜々, 作家として, 侍従は, 信子と, 俳諧においては, 停車場の, 備中高松の, 優れた批判家, 充分寛いだ, 先生が, 全くこの, 八百蔵の, 六条院の, 其の後, 其時は, 内心ヨッポド屁古, 円本という, 几帳面な, 出生の, 初上り, 別れの, 則重は, 剣術使いの, 動も, 勿論国分, 十か, 十八年前死亡し, 千恵造は, 卑俗な, 原図の, 又それ, 双方とも, 取次ぎの, 古い感覚, 右は, 同じこと, 同時にしんみり, 同時に感傷的, 君江は, 呻きに, 哀れに, 唯だ, 善意に, 四一年には, 団十郎の, 国民の, 地位が, 城主荒木は, 塗りは, 声音と, 外へ, 多少牢門, 夢に, 大事を, 大参事, 大枚の, 大胆な, 天皇が, 失敗が, 女中の, 女給たちの, 如松は, 娘さんは, 嫌とも, 存外やすら, 宇治の, 宝暦年間に, 実は何, 実際臆病, 家によっては, 容貌が, 富山の, 寺でも, 小さい私たち, 小枝子は, 少しは, 少なくとも何, 尾張の, 岡田利武という, 川岸などの, 巨人の, 帆村を, 帰るとき, 平伏した, 年々に, 幸い同郷, 幼年の, 庄吉には, 座敷の, 廊下を, 弟は, 弾左衛門の, 当時細川家の, 彼こそは, 彼自身が, 後でも, 後版では, 御留守, 心細い逆境, 忙しい中, 忽ちめきめきと, 思いがけぬ時刻, 性の, 恐ろしいので, 悪も, 愈々試合, 愛を, 慶応四年行幸の, 或年洪水, 戦争後の, 扉から, 才幹は, 抽象態としての, 探偵小説を, 操縦士の, 故あっ, 故に西洋, 数学者の, 文字という, 斎院御, 新富座は, 旅行を, 日ごろ子連れ, 日記に, 早晩は, 明治二十七年に, 春木君は, 昨日の, 時々斉彬, 時既に, 普通選挙の, 暫く手伝い, 書中に, 最初の, 最近汪兆銘派に, 朝に, 木津川へ, 本家, 本来は, 李白の, 東太は, 林を, 栄子の, 案内する, 植は, 榎本釜次郎よりも, 機械が, 次第に全欧, 止めること, 正面から, 武勇にかけては, 死刑に, 残暑の, 母親が, 氏も, 気心の, 水道は, 江戸詰で, 決して頼り, 法然を, 洞窟の, 浮かびそう, 深い吐息, 温かい感情, 滋幹が, 火は, 為植村へ, 無論名, 然し此, 熱海ホテルの, 父親には, 物に, 特別大笑いを, 狭い小道, 玄関で, 現実の, 生きて, 生長が, 甲陽鎮撫が, 画架だ, 病気で, 白い肉, 皆あの, 盛んに, 直ちに世, 真っ白な, 眼を, 矢田津世子も, 石鐵県と, 確に, 神に関する, 私にとって, 秦棣の, 空想癖の, 窓に, 竜子が, 笹の, 米友のは, 紋三の, 累が, 組討し, 結局元老院の, 絵甲斐機の, 緒方の, 美術家の, 翌日いっ, 老獪な, 聞く信長, 肥った頬, 脚を, 自信の, 自動車の, 舟は, 色沢が, 花見小路の, 若い時, 英倫はさのみ, 莨を, 葉と, 蔀を, 薬研堀不動の, 蜂は, 街娼は, 袴野, 西郷との, 見ず知らずの, 覚えの, 親方は, 言葉は, 証拠の, 詳しい事, 読売新聞社から, 談判の, 警視庁の, 負ぶった, 赤い眼鼻, 足かけ三日の, 身体も, 輪講の, 近付いて, 近頃比較, 途中から, 遂にここ, 遊びぶりの, 道楽肌の, 部屋は, 酒楼川口屋を, 野菜を, 鉛筆で, 長い時間, 門と, 間もなく器械的運動, 闇の, 険しいお, 隠居に, 雪子は, 霊訓の, 非風, 須磨で, 頭巾を, 顔が, 飛騨山中で, 養蚕業が, 駒ヶ岳へ, 高橋氏に, 鳥飼の, 黄麻の

▼ あった~ (8577, 14.5%)

1489 である 1127797 です 289 では 275240 だが 168 だろう 154 であろう 127 ですが 118 だから 104 でしょう 101 であります 83 かも知れない 79 であるが 73 だと 64 ですか 57 だろうか 53 ですから 50 でした 46 だった 41 だよ 39 であろうか 37 かもしれない 36 ですよ 35 だろうと 34 でございます 33 かい 32 でしょうか 31 さ, であった, であるから 28 を覚え 25 だという 24 だそう, であろうが 22 かも知れません, だろうが, でしょうが, は 20 かも知れぬ 18 が今, を私 17 かしら, だけれど, であろうと 16 かね, ですね 15 かな 14 が後, を見 13 は当然, を思い出した 12 じゃ 11 かそれ, かもしれぬ, だけれども, でも, を思い出し, を記憶 10 であって, を, を幸い 9 かその, じゃない, ならば, もその, を見る 8 かえ, かと思う, がこの, だな, でありますが, はいう, を後 7 かそれとも, だし, でしょうね, はこの 6 かどう, でありましょう, でございますか, でしたが, と同じ, は事実, をお, をその, をつい, を今

5 [11件] かまた, か知らない, か私, が, がその, だね, であるか, とその, はそれ, を思いだした, を知っ

4 [21件] かこれ, かと思っ, が彼, だとも, であるけれど, ですけれど, ですけれども, ですもの, ですわ, はその, はたしか, はつまり, はもちろん, もこの, も事実, をさいわい, をそのまま, を何, を古, を発見, を自分

3 [46件] かあるいは, かこの, かそう, かとにかく, かと私, かなあ, か或は, がいつの間にか, がそれ, がだんだん, が少し, が急, だなと, だもの, だろうかと, だろうね, でありそれ, でありますけれども, でございましょう, でございますが, でございますよ, ですからね, ですし, ならこの, には驚いた, はただ, は今, は何, は勿論, は確か, は言うまでもない, も偶然, をこれ, をよく, を幸, を御存じ, を忘れ, を思っ, を憶え, を持っ, を改めて, を知った, を知る, を見つけ, を見つけた, んで

2 [142件] かいずれ, かしらと私, かそこ, かそれら, かということ, かというよう, かとお, かともかく, かと思え, かと思った, かと矢代, かと驚く, かどうも, かまるで, かもう, かもしれなかった, かも知れず, か今, か何, か少し, か或いは, か話し, がいけない, がいつ, がいま, がいまさら, がかえって, がここ, がこれ, がころがりだし, がちょうど, がちょっと, が今日, が全く, が却って, が可笑しい, が当時, が御, が漸次, が皆, が第, じゃな, だけれ, だその, だぞ, だとしか, だのに, だろうけれども, であらば, でありこの, でありました, でありまして, であるし, であると, であるまいか, であろうかと, でございました, でございますから, でしょうその, ですかと, ですかね, でなくむしろ, でなければ, でも分った, で御座います, とちょうど, とのため, とまったく, と反対, なら, ならそれ, にはみんな, には全く, に気づいた, に驚いた, はあれ, はいま, はお, はおそらく, はかの, はそれから, はどういう, はもう, は一つ, は云う, は全く, は彼, は御, は意外, は是非, は無理, は疑い, は私, は自分, は自然, は面白い, は首, もそんな, もつまり, もなんとなく, もやはり, も一つ, らしいが, をあなた, をある, をがんりき, をここ, をこの, をそれ, をどう, をふと, を人, を代, を信長, を僕, を切っ, を古く, を契沖, を家康, を彼, を彼女, を後に, を思い出しました, を思い出す, を思う, を思出, を探し出し, を機会, を源氏, を爺, を真, を知ってるだろう, を知り, を破約, を祖父, を考え, を聞いた, を見た, を見ました, を面白い, んです, 覚えて

1 [1448件 抜粋] かあたし, かあまりに, かいつ, かがんりき, かこと, かさえ見当, かしらそれとも, かしらなどと, かすぐ, かそれだけ, かそんな, かっておっしゃった, かと, かというふう, かとうろたえ, かとおどろく, かときく, かとたずねる, かとのみ思わせられる, かとまごつく, かとも思われる, かとコン吉, かと一夜, かと不意, かと光悦, かと嘆ぜざる, かと子供心, かと思い, かと思いました, かと思われる, かと源氏, かと疑いました, かと考え出した, かと興味, かと見破った, かと軽い, かと驚い, かどころ, かなぜ, かね君, かは分らなかった, かは彼, かひどく, かもしれず, かもしれませぬ, かもわからぬ, かも理解, かよ, から小, から考える, かをききます, かズッ, かヒイフウ, かマスク, か一切, か一時, か不幸, か五月十一日, か今私, か佐助, か分らない, か判然, か北朝, か千蔭, か吉五郎, か変化, か女賊, か安政二年, か察, か左, か庫裡, か彼, か手筈, か押絵, か明らか, か楽屋, か決して, か無かっ, か生家, か看, か知らん, か知りたかった, か知れぬ, か磯貝, か老, か葵, か見当, か詳, か長い, か鮭, があの, がいずれ, がいつか肥満, がいつのまにか, がおも, がくやしかっ, がさらに, がずんずん, がその後拡張, がそれでは, がたまたま, がどう, がなお, がなに, がふしぎ, がほとんど, がまったく, がもうすこし, がわら, が一同, が一時的, が三学年, が不意, が中止, が事件, が五百, が伊予国全体, が俄, が入学試験, が出来なかった, が前, が加茂五郎兵衛, が南京麻, が嘉永三年, が夜, が大概, が子ども, が実際, が小正月, が帰った, が幕, が当然, が後に, が思いがけなく, が恋人, が悲しい, が我々, が捨てかねた, が故障, が明治二十年四月, が時間, が次第に, が武芸, が気持, が海峡, が灯, が特徴, が病気, が砂, が縁, が肺尖, が荒れましたろう, が親父, が賤ヶ嶽, が転じ, が追, が酒仙, が馬車, が鼎斎, じゃああるまい, じゃいい, じゃったが, じゃろうのう, じゃ之, それを, だからと, だからネ, だけはいまだに, だそういう, だそこ, だそれでも, だったが, だなどと, だらう, だろうさすが, だろうという, だろう位, だろう割合, だろう少しく, だろう青木, だ今度, だ合鍵, だ峠, だ彼等, だ時に, だ校長, だ目, だ神田君, だ間もなく, であったかという, でありこれ, でありその, でありましょうが, であり之, であり前者, であり想像, であるからと, であるただし, であるとも, である福岡日日, である間違っては, であろうかれの, であろうという, であろうものの, であろう姿, であろう数学, であろう漱石氏, でございましょうか, でございましょう伴, でございますもの, でござるか, でさえ, でしょうかしら, でしょうこんな, でしょうまるで, でしょう二人, でしょう学校, ですええ, ですその, ですと, です個人, でないこと, でなくても, でなく彼, と, とちがっ, とでかれ, とで庄五郎, とで自在, とはこの, とは違った, ともう, と三十幾つ, と同じく, と変らぬ, と御, と来客, と眼病, と藤島さん, と酔, なぞは, ならいま, ならまだしも, なら云々, なら何とか, なら初め, なら容赦, なら日本人民全体, なら最もはっきり, なら自分, にはおどろきました, にはびっくり, には私, にひきかえ, によって思う, によるの, に対して作品批評, に心づいた, に比べ, に気づくであろう, に驚い, はあたり, はあるいは, はいずれ, はいや, はおかしい, はきょう, はこら, はさ, はすべて, はせめて, はそのまま, はちょっと, はなけなし, ははたしてなぜ, はまことに, はまとも, はもう一度, はわし, はサラリと, はミス・アマミヤ, は一年前, は一枚, は万太郎, は三ツ矢サイダー, は三年前, は不幸中, は中世, は争うべからざる, は二三日前, は二月, は人間業, は付け髭, は何十年前, は保久呂天皇, は優, は先日, は凄まじい, は初期, は前例, は十分, は単に, は古く, は可笑しい, は君, は周知, は土扉, は夜, は奇観, は嫌悪, は寧ろ, は少し, は嵐璃, は市, は建保六年正月, は怪しい, は惜, は成長, は押切, は政治的関係, は文晁, は旨, は明瞭, は昨年, は曹操, は最早, は村, は桑, は樟板, は此辺, は永禄元年, は流石, は海, は現実, は田中館愛橘, は疑われぬ, は眼窩, は知らない, は神, は算木, は絲満事件, は胴, は臼, は芳太郎, は虚弱, は要するに, は読みかけた, は軍艦, は部屋, は銀行, は長者町八丁目, は雅号, は風流, へ長崎屋, もある, もお, もそれ, もまちがい, もわからなく, も一原因, も二箱, も今, も写真撮影, も各々, も実に, も当然, も捨て, も本当, も狂言, も知らず, も糸, も覚え, や, やらそれ, やらはた, ようようかえし, らしくシャブズン, をあの, をいかもの食い, をいつのまに, をいわゆる, をおぼえ, をお気付き, をききました, をことごとく, をご覧, をすて, をそっくりそのまま, をそれら, をたまたま, をつよく, をなる, をばかげた, をひょっと, をまた, をもう, をも承諾, をよろこんだ, をわたくし, をハッキリ, をプ, をヴィクトロラ, を一切没収, を万人, を三・半, を三十人扶持, を上宮太子, を与平, を乙, を五百, を今や, を今日, を他, を何者, を先年虫, を共同墓地, を出させ, を切符, を剛情, を助かっ, を半, を又, を取揃え, を否定, を哀れ, を地元, を墨黒, を女性全体, を妾たち, を宣旨, を家運, を小郷, を届く, を崩した, を帝付き, を幸七, を建て換え, を引き出し, を当り前, を後世祭, を忘れない, を思いだす, を思い起した, を怪しく, を恥かしく, を慈悲, を戒めた, を手, を投合, を押し切り, を拾い取っ, を掻き集め, を文庫, を明治二十七年, を月七円, を木下君, を桃雨氏, を槻落葉, を横合い, を次第に, を残念, を気付かない, を江戸時代, を浮世, を無体, を特に, を番頭さん, を盗人, を直ぐ, を矢島氏, を知らない, を知ります, を神仏混淆, を窓, を素知らん顔, を羅摩足, を考, を聞きつたえ, を若い, を萌黄, を袈裟丸山, を見せられた, を見れ, を見逃し, を角, を証拠立て, を認め, を誰か, を買い求め, を通りがかり, を闇, を障子, を面白く, を黒太夫, んですやろ, ん丁寧に, 十五円, 滑ったの, 経験が, 言っといて

▼ あった~ (3779, 6.4%)

334 思う 302 いう 172 すれば 76 見えて 73 思います 58 いって, 思うが, 思われる 52 みえて 42 いうが 37 記憶する 34 みえる 32 言って 30 云う, 見える 29 覚えて 28 思って 27 いうから 25 云うこと, 云って 24 私は 23 する, すると 20 記憶し 18 いえる 17 したらそれ, 思うと, 申します 16 いうので, いっても, 云われて 15 云うの, 書いて, 聞いて 14 云える, 思いますが, 思われます, 考えられる 13 いうだけ, いえよう, したら, したらどう, 思った, 解せられる 12 いわれて, したならば 11 いうだけの, したらその 10 云えよう, 伝えられて, 言う, 言っても, 言われて 9 いいます, いわねば, おもう, して, 云う事, 思うの, 思える, 見て 8 云わねば, 言うの 7 するならば, 云うが, 察せられる, 考えて, 考える, 見えます, 見なければ, 言うこと, 言った, 言われる 6 いうでは, いうのに, する説, 思われるの, 聞く, 記憶します

5 [22件] ある, いいある, いうし, いうじゃ, いわれる, したところ, 云う話, 仮定し, 僕は, 同様に, 存じます, 思えば, 想像する, 知って, 考えられます, 考えること, 見えその, 解せられるの, 言える, 言えるの, 言わなければ, 述べて

4 [22件] いうに, いうばかり, いうまで, いえば, お思い, したらば, します, しよう, 云います, 仮定する, 伝えられる, 信ずる, 同じよう, 彼は, 思ったが, 思われるが, 書いた, 申さねば, 申すか, 知った, 話して, 語った

3 [54件] いうだけに, いうて, いうべきである, いうほど, いえないこと, いわざるを, いわなければ, したらおそらく, したらこの, したらどんな, したら夫, したら彼, したら私, したら随分, なると, 云うその, 云うので, 云った, 云っても, 云われる, 仮定すれ, 信じて, 同時にその, 後に, 思いました, 思い出して, 思うから, 思うこと, 思うその, 思うよ, 思うよう, 思われますが, 想像し, 推測せられる, 気がついて, 申すの, 申すもの, 知ると, 考えた, 考えられるの, 聴いて, 見ねば, 見られる, 見ること, 解して, 解する, 言います, 言うべきである, 言えば, 言った方, 言わねば, 言わるる, 記されて, 認めて

2 [111件] いいました, いいますが, いいまたは, いい得る, いうぐらいの, いうより, いうよりも, いえなくも, いえるか, いえるだろう, いえるであろう, いわれても, いわれるが, うけたまわる, おぼえて, おもうが, きいて, されて, したって, したところが, したらあるいは, したらたとえ, したらわれわれ, したら彼女, したら絵画, したら読者, しなければ, しますと, しますれば, するならそれ, するの, するも, みて, みゆる, みられる, わかっても, ウィダーシャイム先生も, 主張し, 主張する, 云うから, 云うは, 云うもの, 云う抔, 云う訳, 云えば, 今でも, 今に, 今日まで, 仮定したら, 信じられて, 信ずべき理由, 出て, 同じ理由, 吾, 告げた, 土地の, 女房は, 実隆は, 彼女は, 後悔した, 思いますか, 思うがね, 思うに, 思うん, 思う時, 思ひます, 思われた, 思われるから, 思われるところ, 悟った, 想像される, 憶える, 拝察される, 推定される, 教えて, 断定する, 断言し, 新聞に, 極めて, 気づくと, 源氏は, 父が, 申して, 申すが, 申すこと, 知った時, 笑いながら, 考えては, 考えなくては, 考えると, 考えるの, 考える外, 聞いたこと, 見えると, 見え横, 見せかける, 見られるの, 見るの, 見れば, 覚えます, 観て, 解せられます, 言いました, 言い伝えられて, 言い自分, 言うよう, 言う事, 言えよう, 話した, 認めなければ, 謂って

1 [999件 抜粋] あって, あなた方の, ありますが, いい, いいますけれども, いい六尺, いい嫉妬ゆえ, いい得られぬこと, いい得ると, いい得るキェルケゴール, いい或いは, いうぐらい, いうだけで, いうでも, いうなども, いうのにね, いうべきであろう, いうほどの, いうまでは, いえぬこと, いえましょう, いえるかも, いえるであろうけれど, いえるの, いえ余りに, いった, いったが, いったらへん, いってるの, いつも父さん, いわせるほど, いわばいえる, いわれますか, いわれるよう, いわれ古記録, うなずいて, おっしゃったろう, おぼしい大きな, おもうの, おもえるもの, おれは, お忘れ下さいませ, お思われ, お祝い云う, お話しに, お譏りする, かえって悪, かたづけて, きいた, きくと, きまるならば, こい学校, こう思う, このかつて, この時, この間ある, こんなこと, さだ, したなら, したならたしかに, したなら一体どう, したなら誠に, したらいかさま, したらおれ, したらかく, したらきっと, したらこの間, したらしかも, したらそうして, したらその後, したらそれ等, したらたとい, したらどうして, したらまったく, したらわたくし, したらチョット, したらレーリー, したら一年, したら三度, したら今度, したら何人, したら刀, したら困りもの, したら太陽, したら家, したら帳簿, したら必, したら悔い, したら正成, したら父, したら由来, したら確か, したら結局人間そのもの, したら蠅, したら誰, したら近所, したら隅, したら頗る, しましたならば, しまた, しオオヤシマ, し日本, じゃろか, すりゃ考えて, するなら何, するに, する年中, そう云いたかった, そなた, その当時, その日, その晩, それ八月八日の, ただそう, つくづくと, なす説の, なるならば, はかなまれて, ほかの, ほぼ同じ, みえすなわち, みえみな地方地方, みえ中, みえ劉玄徳以下, みえ忠平, みえ牛, みえ義輝将軍, みえ軍, みる眼, やらだが, ようやく記憶, よく私, よろしく申せ, わかった八月十五日, わかって, アクソンの, ボーイは, 一人歓び勇ん, 一方には, 万吉は, 上さまより, 上機嫌であった, 並行し, 云いたい, 云いますから, 云いますよ, 云い伝えられて, 云い得るの, 云い触らしました, 云うからのう, 云うでは, 云うばかり, 云うべきであろう, 云うまで, 云う一家, 云う噂, 云う所, 云う点, 云う記念, 云う話さ, 云えるたち, 云ったが, 云ったらまず, 云わなければ, 云われます, 云われるから, 云われるであろう, 人々の, 人が, 人みな感じた, 今日はじめて, 今更ことわる, 今更嘆い, 仮定した, 仮定します, 仮定しろ, 仮定め, 仰せられるの, 仰有るからには, 伝えたの, 伝えられてるその, 伝えられること, 伝え今, 伝わって, 何時も嬉しく, 信じた時代, 信ずるの, 信ぜられる節, 僕に, 兆二郎が, 全く同様, 兵馬は, 凡ての, 分かって, 分ると, 初めて悟り, 判断し, 判然おっしゃい, 前の, 半七, 厚くお礼, 取ったので, 古い記録, 史家も, 同じくフォイエルバハ, 同じく十九世紀, 同じく日本, 同じところ, 同じ様, 同じ足跡, 同情し, 同時に, 同時にどんな, 同時に冷たい, 同時に多く, 同時に犯行, 同時に真実, 同様で, 吹聴した, 告げて, 唖然として, 喜んだ, 喜多村さんは, 嘆ぜざるを, 噂された, 噂しあった, 圓朝自身で, 報じて, 報告した, 増田龍雨翁は, 大将は, 好色な, 妹は, 始めて, 守は, 宙に, 察しられるが, 察せられます, 察せられるの, 届けるの, 弁解した, 式部は, 当時の, 彼も, 彼我の, 後で彦三郎, 後に斎藤先生, 後悔は, 後部車掌が, 御自身, 心得まする, 思い, 思いこんで, 思いましたの, 思いますうそ, 思いますと, 思い出され例, 思い出しますと, 思い出すこと, 思い始め養父, 思い比べられては, 思い直して, 思い給え, 思い込んで, 思うがなあ, 思うそこ, 思うところ, 思うなあ, 思うね, 思う三ツ, 思う先生, 思う前, 思う対岸, 思う春秋社, 思う神明前, 思う輩, 思えそこ, 思えない, 思えるの, 思ったね, 思ったわ, 思った路, 思ふ, 思わずには, 思わせるよう, 思われないこと, 思われました, 思われましたので, 思われるにも, 思われるアナキシマンドロス, 思われる根拠, 思われる跡, 思われる革命, 思惟される, 恩給を, 悦び審査官, 想われる, 想像すべき, 想像せられる, 感じたのに, 感じられること, 感謝せず, 批判される, 指して, 推察が, 推測し, 描写し, 断ずべきだ, 断言しました, 断言は, 明瞭に, 昔の, 景蔵は, 暗然として, 書きその, 枕に, 楊修を, 残念で, 母から, 民衆は, 気がつく, 気づいた大西, 気の毒にも, 泣いて, 満足された, 漸く探し出される, 父は, 犒らった, 玉鬘の, 申さなければ, 申しても, 申しますが, 申します可愛い, 申すに, 申すより, 申す事, 申上げる, 疑い調べて, 目すべき根拠, 省みられるの, 知ったならどんなに, 知ったわたし, 知らされたらこれ, 知らる, 知る, 知れちゃ, 知れながらも, 私に, 私の, 称せらるる, 稗史は, 答えた, 答える, 答える外, 糟谷は, 結論する, 緑の, 罵って, 考えざるを, 考えたい, 考えなければ, 考えます, 考えられないこと, 考えられると, 考えられるにも, 考えられる祭場, 考えるほか, 考えるよう, 考えれば, 聞いた, 聞いたためし, 聞いたんでね, 聞かされたが, 聞かされて, 聞きました, 聞きましたが, 聞き孔明, 聞くこの, 聴いたが, 聴き庭, 聴くに, 胸の, 自ら名乗り出, 自分で, 致しまして, 致しますと, 若い身空, 落物を, 藤田劒峯氏は, 見えいま, 見えたちまち, 見えびく, 見えまして, 見えます踞ったまま, 見えるが, 見えるそれで, 見えるな, 見える其の, 見える別, 見え三人, 見え何だか, 見え同席, 見え夜, 見え婆, 見え巌, 見え慄, 見え明応五年, 見え椅子の, 見え特に, 見え自分, 見え近ごろ, 見え雑誌発表, 見え風雷神, 見たい, 見ても, 見なされる, 見られなくては, 見られるが, 見るならば, 見るべきである, 見るべきでした, 見るほう, 見る新説, 覚えまする, 覚しき場所, 覚ゆる, 親方夫婦は, 観た方, 観る, 解せられるが, 解れば, 解釈すべき, 言い, 言いたいの, 言いますし, 言いクープリン, 言い伝えて, 言い得られるの, 言い得るの, 言うかも, 言うだけ, 言うよりも, 言う事件, 言う先程, 言う所, 言う逸話, 言えて, 言ったが, 言ったら彼, 言ふ, 言わなくては, 言われたな, 言われちゃ, 言われるきわめて, 言われるし, 言われれば, 言われ永保元年三井寺焼打ち, 計算され, 記されたが, 記して, 記憶の, 記載し, 記録に, 証明する, 評して, 評判されたい, 詮索し, 話したこと, 認むべ, 認むるより外は, 認めようと, 認められて, 認められるの, 認めるの, 語ったそう, 語った花子, 語り合った, 語る人, 説くの, 説く者, 説明し, 説明を, 誰か, 誰からか, 謂い得ると, 謂える, 譏る人, 身に, 近頃聞え, 述べた, 述べても, 述懐し, 違って, 部落の, 長左衛門は, 阿能十蔵, 陣十郎は, 陳述する, 露伴先生は, 音の

▼ あったから~ (3197, 5.4%)

244 である 12299 です 4227 であります 23 であろう 22 私は 21 それを 18 であった 17 源氏は 15 だった 14 して 12 では 11 それは 10 でも 9 これは, だと, だろう, でした, でしょう, 人々は 8 じゃ, それが, 彼の 7 これも, なの, 彼らは, 院は 6 それに, 彼は, 私の 5 この人, だが, であると, であろうか, 今の, 自分の 4 そこへ, だよ, 私も, 自然に

3 [33件] あれを, これらの, さすがに, すぐに, そこの, その人, それらの, それらを, そんなこと, だろうと, でありました, であろうと, なので, 二人の, 今は, 今も, 今度の, 今日の, 仕事は, 他の, 先生は, 吾, 宮は, 市民は, 店の, 彼が, 彼女の, 彼女は, 急に, 此の, 父の, 矢代も, 私が

2 [106件] あとは, いい, いきなり気, いつまでも, こちらから, この上, この日, これだけは, これに, これによって, これを, こんなふう, こんな場合, そこから, そこに, そこを, そのこと, その中, その当時, その日, その頃, それと, だし, だという, であって, であるが, であろうが, でこの, でご, でそれ, なんです, ほかの, よかった, ギンネコ号の, 一人の, 三条の, 不思議な, 不思議に, 中の, 九州の, 事情を, 二人は, 二階の, 人の, 今から, 今に, 今度は, 何の, 何も, 何を, 何んにも, 例の, 先生の, 兵部卿の, 出して, 初めに, 参詣人が, 喪の, 大将の, 大臣の, 大臣は, 女房たちは, 女房たちも, 子供の, 客も, 家族は, 寂照は, 少しは, 山の, 山荘の, 常陸の, 幕府は, 彼等は, 後に, 成は, 手紙を, 敵も, 日々の, 日本の, 椿岳の, 気が, 源氏の, 特別な, 玉鬘の, 知って, 秀吉の, 秀吉は, 簡単な, 紀代子も, 自分が, 自分は, 自分を, 自然と, 舞の, 花の, 花は, 茲に, 薫の, 見物の, 買って, 身に, 途中の, 間違いは, 雪が, 静かに, 顔を

1 [2019件 抜粋] ああいう, あしたを, あたしは, あなたは, あの辺, あまり不思議, ありあわせの, ある人々, いうて, いかなる大名, いっそう院の, いつも中, いよいよ大将, いろいろの, うとうとしい人, おしまいには, おもうに, およそ戦争, お互に, お否み申し上げる, お杯, お若い, かえってむか, かえって昔, かつての, かの, がっかりした, きっと文学的, きわめて華美, けっして他人, こういう言葉, こうなっ, ここまで, こっちの, ことし四十五の, このまま木曽家, この主従二人, この依存関係, この四人, この建議, この政治性, この月, この気持, この町, この結びつき, この花, この話, この頃, これには, こんなこと, こんな意外, さきから, さっそくこれ, しいて情人, しばらくわたし, じゃあの, すぐ出し, すごい音楽, すべての, ずっと先, せめて愛妻, ぜひ妹, そういう男, そうしたの, そうな, そこここに, そこで藩庁, そっと源氏, そのくらいに, そのままお, そのよう, その事, その償い, その叱る, その問題, その子, その後しばらく, その心持, その拠っ, その方, その時旦那, その気の毒, その無鉄砲さ加減, その猛毒, その素人, その肉, その講義, その返事, その限り存在, それきり消える, それだけを, それで二合一勺, それの, そんな犠牲心, たいした負傷者, たすかったの, ただ一人床上, ただ折々, たちまち八等官コワリョーフ氏, たまらない, たよりな, だったと, だれの, だろうか, ちょっと妙, つまりこの, つれて, でありましょうか, であろうその後私, でこれ, ですけれども, です選挙, でそんな, でほか, で中納言, で八ヶ嶽, で残された女, で編集上, とうとうみんな, どういう方面, どうも私共, どこまで, どっちが, どんなに安く, なおおりおり, なお更益, なのでありまし, なんでも, はたして無事, ひとたまり, ひどく怒っ, ふと立ちどまっ, ほんとうだ, ぼくの, まして美しい, まず内地, またさまざま, まだこの, まだ米湯, まるで一匹, みっちり仕込ん, みんなどうにか, むやみと, もう二月余り, もう望み, もしそれ, もし宿, もちろん嬢, もともとその, やがてわたし, やったまで, やむをえぬこと, ようやく玉鬘, よく売れる, よく解っ, わかろうが, わざわざ村口多鶴子, わたしは, アンリエットに, カピは, クリストフと, サルが, ツルゲネフや, パリーの, ホールの, マクニールフレンチボノーなどという, マントの, ヤマサンを, リュックを, 一つ買った, 一分金一匁の, 一寸うまい, 一年経っ, 一方で, 一時間と, 一種妙な, 一艘の, 一間しか, 万事が, 三木部隊は, 三重渦巻の, 上役の, 下等室で, 不在男子として, 不用に, 世間から, 世間一般の, 中には, 中納言には, 主翁, 之を, 乳母に, 事実解散命令が, 二つの, 云うの, 五分五分ね, 京吉は, 人だかりが, 人目を, 今その, 今年は, 今彼は, 今日と, 今日民主主義の, 仕方が, 他店に, 以前よりは, 伊織が, 伸子と, 住吉へ, 何となく気, 何れを, 何時往っても, 余裕が, 作者の, 供の, 係員である, 俺は, 偶, 僕は, 儀右衛門の, 兄妹を, 先手後手だけの, 全く色, 八の, 公務も, 公達は, 兵は, 兼好の, 冴子に, 凌雲閣より, 出頭する, 分からないこと, 初めは, 別に何とも意, 別に特異, 別当は, 副将軍賈綰, 勇美子は, 医局で, 十一時半ごろの, 千代田の, 卒業の, 危ないところ, 参考として, 友達は, 叔母甥の, 古典を, 右大臣夫人なども, 司馬父子と, 同じ二十八日, 同業者, 君たちが, 呂布も, 品質や, 唯黙っ, 喜びを, 四月に, 困難の, 土間の, 坂本や, 塾生等も, 夏は, 外へ, 多いお, 多分誰, 夜が, 夜中から, 大いに気にいり, 大使の, 大官の, 大工の, 大掾国香, 大隅は, 天狗岩事件が, 太郎は, 夫婦の, 女別当は, 女房たちすらも, 好い人, 妹でも, 妾は, 始終ながめ, 姫君の, 婿方でも, 季因是の, 学校の, 孫権よりは, 安静などは, 定基の, 実現してようございます, 宮が, 宮将軍の, 家に, 家族を, 寄って, 審査の, 専門家的に, 尋常なら, 小松清が, 少し外出, 少し顔, 尚の, 尾張だけが, 山伏や, 山路を, 嵯峨の, 差し上げがい, 帆村は, 師直の, 帳面に, 年下の, 幾人でも, 度々怒鳴り付ける, 庭の, 弁証法とは, 引越さなければ, 当帝, 当時佐々の, 当然そうなる, 彫工会の, 彼も, 彼岸の, 後宮の, 従って最も, 御堂の, 御近所, 徴用出頭命令という, 心中に, 必ずしも一般, 忍びが, 忠通が, 怒って, 恐らく平易, 恨めしさ, 惟光は, 愛吉は, 慰めに, 成り立ったの, 或る, 所期の, 手紙で, 承知した, 拝見した, 掛け声は, 政江は, 教練, 敵は, 文章論では, 新たに, 旁世子は, 日本人の, 早く出, 早速筆, 昔は, 是れ, 時代によって, 時間が, 晴天の, 更にその, 最も熱心, 月だ, 望んで, 期待は, 木曜島に, 未来の, 本来なら, 李の, 東京の, 松沢へ, 柳沢は, 桜の, 椿岳は, 楽しみです, 横に, 機会が, 歟堺の, 正成の, 歿した, 殺戮には, 母亡き後は, 母親を, 気がついても, 氷雪が, 汐田の, 決心を, 河水は, 法皇が, 派手な, 深い悲しみ, 済んだあと, 満場は, 源氏から, 源氏も, 濠が, 火花が, 焚火を, 無理ならぬ, 無遠慮に, 燈籠が, 父祖の, 物の, 特にこの, 特別の, 猪の, 猶更, 玉鬘夫人の, 現実に, 生憎な, 田圃には, 画名を, 疲労を, 発火の, 百姓弥之助は, 皆を, 目の, 直木三十一翌年三十二と, 看板に, 真紀子だけ, 確かな弾き, 神事に, 私には, 秘密な, 穢物を, 窓と, 童女の, 筆者は, 篤学の, 約束を, 素敵に, 細いこと, 結婚させた, 継娘の, 縁側は, 美しい文字, 群臣は, 聊かその, 聴衆の, 肩には, 能く, 腰弁当で, 自ら公民の, 自分で, 自分に, 自然からの, 自然東京の, 自由党の, 至ってお, 興奮を, 良清朝臣は, 花やかな, 若菜の, 英人の, 落とし主は, 蕎麦掻を, 藩士は, 行くたび, 行為不穏と, 衛門督が, 袖子の, 見るたび, 親しくし, 親父の, 記憶し, 話題も, 誰より, 諸国の, 豪放洒脱な, 起った説, 身体は, 軽蔑する, 辰は, 近づくに, 迷う事, 通行する, 遂に藩主, 違った人, 部屋へ, 重々秀吉の, 金助は, 鎖の, 長右衛門, 門に, 閻魔王の, 除喪の, 随って, 随身は, 雀も, 電車でも, 静安寺までと, 音が, 須美子は, 頭中将は, 顔も, 風采も, 香の, 馬謖を, 驚かないわけ, 高官たちも, 黒川団長は

▼ あったこと~ (2822, 4.8%)

38 である 32 はいう 2524 を思い出した 23 はない 21 だ, は確か 20 がある, であろう, は疑い, を知っ 19 がわかる, を忘れ, を思い出し 18 だろう, は言うまでもない, を意味 14 か, を知った, を示し 13 がわかった, は云う, を覚え 12 が想像, はその, は事実, もある, を示す, を私 11 が明らか, です, は前, を知る 10 が分る, は, は人 9 がない, でしょう, なの, は想像, は明らか, を今, を思え, を思出, を考え, を記憶 8 と思う, は今, は知っ, を想像, を発見 7 が分った, が判明, に変り, のよう, よ, を思い出す, を思う, を注意, を考える, を記し 6 がわかりました, が知れる, と思われる, になっ, になる, に間違い, は勿論, は私, は誰, を証明

5 [19件] がわかり, が分っ, が察せられる, だし, だと, でした, はこの, はすでに, はたしか, は彼, は明かである, は明白, は申す, は疑うべく, は間違い, も事実, も確か, を物語る, を語る

4 [31件] があった, がほぼ, がよく, が後, が明白, だけはたしか, だけは確か, だった, であった, でこれ, なので, に気がつい, に気がついた, のない, はいま, はこれ, はもちろん, は今日, は後, は決して, をお, をはっきり, を告げた, を思い出さね, を思わせる, を明らか, を物語っ, を知らない, を知り, を知りました, を話した

3 [66件] がすぐ, がその, がそれ, が今, が分かる, が知られる, が窺われる, だが, であるが, ですが, では, でも, と思います, と思われます, にし, に気, に気がつく, はあった, はありません, はここ, はまた, はまだ, はもう, はよく, は争われない, は何, は同じ, は君, は否定, は察せられる, は意外, は推察, は既に, は本当, は疑う, は疑えない, は考えられる, は興味, は言, は説明, も言っ, やその, らしい, をあった, を初めて, を否定, を吾, を彼, を忘れた, を思い, を思いだし, を思わしめる, を想い出し, を憶, を知れ, を立証, を考えね, を聞い, を胸, を見逃し, を証する, を認め, を認めた, を語っ, を誰, を述べ

2 [163件] いうまでも, お物語る, かと思う, かどう, からこの, から生じた, が, がいよいよ, がお, がじき, がなかっ, がはっきり, がもう, がわかります, がハッキリ, が一つ, が一層, が判った, が判る, が原因, が推定, が推察, が暴露, が発見, が知られ, が私, が立証, が考えられる, が見え, が解った, が解り, が証明, だから, だよ, だろうと, でありましょう, であります, であるから, であると, であろうが, でしょうか, で今, と, とその, と同じ, と想像, などを話した, など思い出し, なん, にちがい, になります, に気がつかなかった, に気がつき, に注目, に相違, の一切, の記憶, の証拠, の証明, はあの, はいろいろ, はかつて, はかの, はその後, はちょうど, はなかっ, はなん, ははじめて, はほぼ, はまことに, はまず, はもはや, は世間, は事, は全く, は前述, は同情, は否めない, は広く, は当然, は推測, は支那, は明かであろう, は有名, は注意, は注目, は特に, は知らなかった, は確実, は考え, は自分, は覚え, は記憶, は記録, は認め, は認めね, は論, もこの, もそれ, ももはや, もよく, も争われない, も判明, も後, も想像, も明らか, も聞い, も見のがせない, も覚え, も記憶, やらそれ, よな, をいっ, をおぼえ, をかんじた, をきい, をこの, をこれ, をご存じ, をす, をその, をふと, をぼんやり, をも忘れ, をわたし, を今さら, を今更, を信じ, を信用, を告げ, を少し, を当時, を後, を御, を忘れる, を念頭, を思いだした, を思いだす, を思い出しました, を思っ, を想い出した, を想い起す, を感じた, を承知, を指摘, を推測, を明, を歴史, を熟知, を理解, を白状, を知らせた, を知らなかった, を知らなけれ, を知らね, を確認, を米友, を自覚, を裏書き, を証拠, を話し, を誇り, を認めず

1 [1217件 抜粋] あの名高い, あるの, およびジャン・ヴァルジャン, かと思います, かまた, かもしれません, からかえってはっきり, からその, からだった, からも至極, から先発, から山々, から推す, から海軍士官, から知られる, から見, から黒血川, か二十四顆, か無かっ, があと, がありあり, がいまや, がございます, がしみじみ, がた, がどれ, がなんと, がぼく, がますますはっきり, がむしろ, がわかっ, がわけ, がスラスラ, がマザ, が上層, が事実, が今朝, が何らかの, が偶然中, が分かり, が分かります, が即ち, が各紙, が唱え, が変っ, が妨げ, が察しられる, が小寺君, が庸三, が当然, が忘れられ, が思い出され, が恥ずかしく, が悟られた, が探偵, が日本, が明かなる, が本文, が正次, が決して, が理解, が直ぐ, が知れ, が確かめられた, が禍, が立派, が精密, が紋也, が見出される, が記され, が証拠, が語られ, が違っ, が風流, くらいしか知らぬ, この田舎, さえいままで, さえなく, さえ今あなた, さえ知らないらしかった, しか書かない, すなわち今日われら, そうしてその, そしてそこ, そして今日, その手毬, その気分, その頃, それから推し, ただ彼, だけしか印象, だけでも後, だけはもう, だけは今, だけは少し, だけは明かである, だけは疑い, だけは老後, だけは間違い, だけれど, だけを過大, だって, だのそれ, だろうな, だわ, でありましょうが, であり武士たち, であろうし, でしたか, でしょうな, ですし, でその間, でヴェリチャーニノフ, で夙く, で将来, で恋女房, で明らか, で解け, という, として一種, として見る, とて既に, とは思えない, とは海員, とヨーロッパ見学旅行, と信じ, と和歌, と大胆, と少し, と思っ, と皆, と築地, と見え, と設備, と青年時代, なかった, なぞが実証, なぞは村, などおそらく, などから類推, などこれら, などち, などの報道, などへも行き, などもその, などを上手, などを思出, などを話し, など一度, など幾分, など欣び, ならぜひ, なら本当, なんか知らない, にすぐ, については寸分, について今日, につながっ, にはその, にはちっとも, にはっと, には変り, には少し, には轢死, にまちがい, にも気, にも疑い, によってスペイン陰謀, に人々, に今度, に力, に変わり, に少なから, に就い, に心, に心づきました, に思いがけない, に気がつき出す, に気が付いた, に気付く, に留意, に相応, に間違, に驚かれた, のある, の一証, の如く, の必然, の意識, の遺憾さ, はあと, はありました, はいずれ, はいなみ得ない, はいわゆる, はうなずかれる, はおきよ, はかれ, はこばむ, はさき, はすっかり, はただちに, はだれ, はとうてい, はどんなに, はほとんど, はほんとう, はみな人, はむしろ当然, はもうむろん, はもと, はケーテ, はジュッド医師, はハッキリ, はヨオロッパ一般, は一層, は一般, は一部, は三月九日, は上文, は下, は世間周知, は争う, は争われぬ, は今さらこと, は以上, は伝, は作品, は僅か, は充分, は初め, は判断, は別問題, は前記, は十目, は半蔵, は古い, は史実, は名状, は否む, は周囲, は嘗て, は均平, は大助, は天, は宇野千代, は小雪, は幕府内部, は当り前, は彼等, は後人, は後日, は忘れ, は怪しい, は感謝, は我々, は或いは, は敬服, は文学的思想内容, は断わる, は日本, は日記, は明応五年, は明瞭, は普く, は最近, は有ったらしく, は本能寺, は枕草子, は次々, は此, は殘ら, は沙弥, は海幸彦, は湯フネ, は爾後, は現に, は現在, は田野, は畢竟, は疑われない, は皆, は皆様, は瞭然, は知らぬ, は確, は磯五, は私たち, は簡単, は聞きません, は葬儀, は薄々, は見のがせません, は言うまでもなかろ, は詮索, は認めた, は認めなけれ, は説かない, は読者諸君, は趙雲, は近世, は鑑識家ら, は降参, は雑誌, は風, は高氏, ばかりを後悔, また私, までが思い合わされ, までよく, もあった, もあります, もあろう, もうなずかれる, もお茶の水, もしくは生存, もしられた, もその, もちゃんと, もどう, もほんとう, もまた, もやはり, もわかり, も一緒, も人知れず, も他, も例, も出, も分る, も十分これ, も否み, も存じ, も少し, も彦兵衛, も御存知, も忘れられない, も意味, も文献, も明記, も月, も権力, も気がつかなかった, も特筆, も甲斐, も目, も知らね, も私, も考えさせる, も考えら, も考慮, も自分, も解るであろう, も鑑真将来品目録, やいずれ, やさっき, やらなかったこと, や例えば, や実に, や息子, や磯村吉徳, や青竹, よく笑, をいいたかった, をいろいろ, をうち, をおぼろげ, をおもいだす, をかえって, をかくし, をきれ, をくり返し, をさえ想像, をしるし, をすべて, をたしかめた, をちゃんと, をてんで, をどういう, をのこらず, をば非, をまざまざ, をまるで, をみずから軽蔑, をもう, をも伝え, をも想像, をも推測, をも知らせ, をも見逃し, をよく, をシルレル, をラリーサ・レイスネル, を一言, を三次, を世界, を中心, を云い, を互いに, を今ここ, を今想起, を今日否定, を伝え, を余っ, を俺, を免, を再び, を却って, を反映, を吉田, を否み得ない, を告げるであろう, を喜ばない, を喜ぶ, を嘆ずるであろう, を報じ, を女主人, を姉小路卿, を守っ, を宿, を察し得る, を島, を巳之助, を幼年, を強調, を後で, を心から, を忘れかねた, を念, を思いました, を思い出さない, を思い出せ, を思い当った, を思った, を思わね, を悟っ, を悟る, を悦ん, を想わせ, を感じさせ, を感じはじめ, を感じ取った, を承認, を捕われた, を教え, を文章, を是, を暗示, を書い, を書き現し, を柳田平治, を気づいた, を気づかぬ, を深く, を源氏, を焼跡, を率直, を番頭, を痛感, を直感, を知らされる, を知らせ, を知らん, を確信, を示した, を神, を突然, を繰り返し, を翌, を考えない, を考えます, を考え出さず, を聞け, を茲, を見せ, を見抜いた, を見逃せない, を言い出し, を証拠立てる, を誇大, を認めます, を語らない, を語りたい, を説い, を読者, を謝っ, を警察, を賀する, を迂, を返事, を鋭く, を附記, を鳥, 又学問性概念, 同時に先生, 幼い記憶, 故にひろく, 特に洋服, 若しくはある, 阿母さん

▼ あったので~ (1946, 3.3%)

44 私は 37 彼は 26 それを 13 それに 10 それが 9 ござります, わたしは 8 彼女は 6 これは, すぐに, そこへ, それで, わたくしは 5 私たちは

4 [12件] これも, これを, それは, それも, 二人は, 僕は, 家の, 彼が, 彼の, 日本の, 父は, 私が

3 [26件] かれは, この人, これと, これに, さすがの, そこから, その通り, それでその, それらの, びっくりした, ロリー氏は, 今度は, 他の, 伸子は, 何事かと, 先生の, 先生は, 女の, 後に, 急に, 或る, 私の, 私も, 自分の, 買って, 黙って

2 [68件] いずれも, お筆, かれら, きょうは, この時, この種, この頃, これらの, ござりましょう, ござりまする, さっそくそれ, そこでスキー, そこに, そのうち, そのとおり, その名, それから, そんなこと, はござりませぬか, びっくりし, みんなも, わたしも, ウィダーシャイム先生が, ドクタアは, 一人で, 一向に仕事, 一緒に, 三人は, 両方の, 主人は, 五百は, 人々は, 今この, 今は, 今まで, 価が, 信長は, 其処で, 其後其処に, 前後の, 博士は, 喜んで, 多くの, 子の, 学校に, 学校の, 当座は, 彼らは, 彼を, 意外に, 抽斎は, 指の, 気が, 浅草の, 父も, 町名を, 皆は, 私達は, 竹童は, 結婚し, 老人は, 聞いて, 自分で, 自分は, 話も, 誰も, 軽部は, 階段を

1 [1493件 抜粋] あすをも, あちらの, あの作, あの通り送信, ある日曜, あんな偉い, いかなる言葉, いきおい答弁, いちばんたやすく, いつと, いつも展覧会, いましがた, いられる限, うかがいました, うれしかったらしく, おじゃましました, おどして, おほめくださる, おや何だか, お亀, お昼が, お有難連, お玉は, お菊, お辰, かえって本当, かかりつけの, かたわらに, かりに私, きっと化膿, きよの, こういうこと, こういう時, こうこういっ, ここわずか, こっちの, このうえ二三十町, このへん, このザヴィニー, この二つ, この会合, この単純, この地上, この寺, この掛け合い, この時始, この異様, この話, これが, これに対して, こんどは, こんな人, ごく流暢, さし当り七月二十六夜の, さのみの, さまで高く, しかるに偶然中, して, しばらく応接室, じっと見, すぐそれ, すぐ傍, すぐ東京, すっかり戸迷い, すべて西の, せう, そいつが, そうでない, そこで一同, そこなら, そこを, そのお, そのまま保存, そのまま自動車, その主人, その事件, その仕置, その償い, その原因探究, その告別式, その天井, その存否, その座敷, その心, その悔み, その拍子, その文章, その旅行, その時代, その本, その村里, その権威, その点, その画, その箱, その翌朝, その自動車, その被, その調査, その辺, その際, それからも, それでこの, それでカンテラ, それで例, それで燗, それとなく聞い, それにお, それには, それらが, たいていは, ただいい加減, ただ出鱈目, たちまち爺婆, ちょうど今, ちょっと心配, ついそこ, ついぶ, とうとうこの, とうとう折れ, とうとう競技会, とし子にかけ, ともかく淵, とりいそぎ送りました, どうする, どうやら少し落ちつく, どなたかしらと, どんどんストーヴ, どんな罰, なおもヒソヒソ話し, なほ子は, なんぼうに, はきかえたが, はじめは, はっと声, ひあぶりは, ひる過ぎ, ふと目, ほかに, ほんとうに, まことに大, まずまずと, またその, また銕漿水, まだ二月頃, みなが, むしろ原語, もうすっかり直っ, もう相当物価, もう遠く, もちろん佐久間信盛, やってきた, やっと靴, ゆうべ一と, よかった, よく知っ, よほど米次郎, わが身も, わしは, わたしたちは, われわれ二人の, キミを, グランド, ジェリーは, スミ枝に, ヅクヅクは, ノオトブックへ, パラパラめくっ, フョードル・パーヴロヴィッチは, ブリュラールの, ポットペチミットは, モデルに, 一〇五七メートルの, 一つ私も, 一人の, 一冊とり, 一寸入っ, 一寸驚いた, 一座も, 一挙し, 一時カフェーの, 一種の, 一躍ガラリ, 万事が, 三人ながら, 三四百円の, 三角岳登山を, 上った, 上申し, 不思議に, 不足が, 両家では, 中央線廻りと, 主として明律, 久しぶりで, 九如は, 事前に, 二三年の, 二人を, 二間ほど, 互いに心安く, 五兵衛も, 人々みな恍惚と, 今お, 今でも, 今やっと, 今日舞台けい古の, 仕方が, 仮にそこ, 仲介の, 休もうとして, 低すぎ, 何かの, 何してん, 何となく女性, 何を, 何気なく歩き出した, 例えば口語体, 俗縁の, 俥に, 健三は, 兄の, 先に, 入りました, 八月に, 六樹園の, 其れ, 其夜は, 兼五郎は, 再築に, 出かける, 出版局の, 初めてあんな, 初めてその, 初め銀座に, 別に案内, 到底逃げる, 前便の, 剰余を, 助かった, 勇気を, 勝手知った, 勿論あの, 十分いつも, 千二は, 半七, 半蔵と, 単にその, 即座に, 厶りまする, 又七郎, 友人達も, 叔父は, 受附先生も, 叮嚀に, 司教は, 各戸から, 向う岸の, 呉の, 周章てて, 命令一下藍色灯を, 唯一の, 嘘か, 国内の, 地名オサラギを, 地蔵は, 坐ったまま, 墓地や, 夕飯を, 外出しなけれ, 多分放免, 夜明け前に, 大した分別, 大分開け, 大坪流の, 大変面白い, 大津の, 天皇が, 天窓からの, 夫婦は, 契約さえ, 奥深く観察, 好都合だった, 妹という, 始めて普通, 媒酌人も, 子供を, 孔子の, 学校を, 宅助を, 宗助と, 定めし今日, 実は昨日小夜子さん, 宮中に, 宿に, 寺中を, 対陣の, 小さい二階, 小太郎も, 少しも, 少ら, 尾行の, 山岸中尉の, 山野夫人は, 巴里の, 市兵衛は, 帰って, 常子も, 幸い助かった, 幾度も, 庄吉は, 庸三と, 弁蔵爺やの, 引返して, 弟子達にも, 強いてこの, 当局者は, 当路者が, 彼こそ, 彼も, 彼女も, 待ち受けて, 後にその, 後家の, 従ってその, 従兄ユースタスは, 御馳走心に, 必ずしも彼, 応仁の, 快く用立てた, 思い出して, 思わず知らず, 急ぎ捕える, 息が, 情熱的な, 愛とか, 慶喜公は, 成田昌信君が, 我藩は, 或自殺希望者, 所在な, 手に, 押しつけて, 拙いもの, 持って, 握り飯にも, 放棄する, 救護も, 文字の, 新吉は, 方棟は, 旅籠屋の, 既に王政, 日本における, 日本全国の, 旧い雑記帳, 早目に, 早速その, 明るかった, 昔は, 昨夜は, 昼夜随筆という, 時々微笑, 普通の, 暗い夜, 書いといたよ, 最近三度ばかり, 有ります, 朝廷の, 未だ滞在, 本庄は, 杉村は, 東京にも, 東南の, 板倉中という, 格別の, 極めて自在, 樺太まで, 欄干越しに, 正徹に, 武士の, 歴代の, 死骸に, 段々気, 母などは, 母親は, 毎日拝み, 氏長は, 気味悪くさえ, 汐田は, 決してばば様, 法勝寺の, 注連飾りを, 泰文は, 浜子は, 深い谷間, 清少納言は, 源氏は, 潤三郎は, 火と, 炭火の, 無理に, 父の, 爾来中村屋, 牧氏が, 特に庸三, 猪上の, 王子は, 珍しくよく, 理由などは, 生徒の, 申しうけて, 町会所という, 病気に, 百年の, 皮膚の, 直ちにうち, 直義は, 相当便宜, 眼を, 知らぬ間, 研究員として, 祈祷や, 秀吉は, 私のみ, 私達も, 突然水ぎわ, 竜之, 箪笥の, 級では, 結婚と, 結局それらの, 続いて, 総長レーリーは, 美術大臣が, 翌日逢坂山の, 考えた末, 肩で, 自らうなずく, 自分らには, 自然と, 自然話が, 良かった, 芳町と, 若くて, 若輩ながらに, 荷物を, 葉子の, 虚子氏の, 蛇精が, 表を, 褒美に, 見つかるはず, 見渡す山々, 親子兄弟三人で, 試に, 話し手が, 話は, 誠に身, 読んでから, 請われるまま三四冊一度, 警官が, 譲歩し, 買った, 資本は, 賊へ, 越中境へ, 身体を, 転ぶよう, 辻は, 近い頃, 近辺の, 退屈を, 逓信省の, 途中電車の, 逢って, 遂, 遂に徳川時代, 道, 遠藤は, 選んだらしいが, 部屋の, 都は, 醍醐弦四郎の, 銚子に, 長兵衛は, 間断なく, 降りて, 陸と, 隣村へ, 雨後の, 雪子は, 震災後それが, 靴を, 領地を, 顔を, 食糧ばかりは, 駆け付けると, 高利の, 髪の毛一筋にも

▼ あった~ (1430, 2.4%)

80 どうか 38 どうかは 28 それは 27 なかった 18 それを 17 忘れたが, 知らないが 13 知らぬが 12 知れない 10 どうかを 9 忘れて 8 どうだ, 否か, 私は 7 え, どうかと, 知れません 6 どうかという, わからないが 5 これは, どうかも, 今は, 判らないが, 否かは 4 その辺, わからない, わたしは, 無かった, 知れぬ, 私の, 自分は, 覚えて, 記憶しない, 誰であった

3 [18件] して, しれない, そのこと, そんなこと, どうかが, ないか, わかりません, わかりませんが, 其処までは, 否かも, 否かを, 容易に, 忘れましたが, 知らない, 知らん, 知れないと, 知れませぬ, 私には

2 [51件] いずれに, かかる不潔, ここへ, しらぬが, しれません, そこの, そしてその, その当時, その日, その時, それさえ, たずねて, だ, だったし, どうかすら, どうかについては, どうか知りません, はたまた, はっきりしない, わからなくなって, わかりませぬ, ドウか, 何か, 僕は, 分らない, 分りませぬ, 名を, 否かには, 否かの, 売卜者であった, 少しは, 少しも, 彼には, 彼は, 忘れたので, 思い出せない, 或る, 月が, 父の, 父は, 知らねえが, 知れないが, 知れなかった, 知れませんが, 私たちは, 聞いて, 覚えが, 記憶が, 記憶し, 記憶は, 読者たる

1 [883件 抜粋] あくなっ, あそこを, あの咄嗟, あの日, あらゆる不祥事, あるいは七, あるいは中野, あるいは乱後, あるいは別に, あるいは構想, あるいは短い, あるいは苦悩, あるいは鈴木三重吉氏, ある学者, ある時, ある朝玄関, あゝ困った, いずれか, いつか有信館の, いま, いまさらくどくどしく, いや面目, おぼえとるか, お世辞, お萩の, き, こうした氷山, ここに, こっちは, この山, この真画堂, こまかく書いた, これだけは, これで, これも, ご助勢感謝, さすれ, さっぱりわからない, しかとは, しらべて, しれないと, しれぬ, しれやしない, すでに彼, ずっと晩年, せめて目的, そうしたあと, そうして創作力, そうであった, そうでなかった, そうに, そうやすやすと, そう呟く, そこが, そこで, そこまでは, そのところ, その判定, その助手, その外, その姿, その意味, その戦場, その方, その理由, その策略, その足跡正体, その間母は, それからのち, それから一月, それすら, それだけは, それともうしろ, それともまたそれら, それともやはり, それともやめろ, それともメダル, それとも一尾, それとも世人, それとも亜砒酸, それとも人出, それとも別, それとも又, それとも尋常, それとも彼, それとも有っ, それとも羞恥心, それとも謎そのもの, それとも醜男, それとも顔, それにしても何故あんなに, そんなら, そんな名前, たしかでない, たぶんあまり静か, だしぬけに, だれも, ちょっとわからない, ちょっと忘れました, つい聞かず, つまり気, つまり砂, とてもとてもあんた方, とにかくそんな, とにかく侯爵, とにかく冬, とにかく寒い, とにかく空襲, とんと記憶, どういう修行, どうかによって, どうしても思い出せない, どうであった, どうもよく分らない, どれほど自己, どんな流行, ないかの, ないかを, なおいかに, なんていう, はっきりした, はっきり覚え, はっきり覚った, はなはだ興味, ひそかに, ほかの, ほとんど記憶, またこの, またそれ, またどうして, またはポンピエリー, または一旦, または何処, または数名, または特に, または脅かさん, また何故, また同じ, また彼, また次, また遠足, まだ寒かっ, まるで作者, みずからわからなかった, もうだれ, もう能, もう身体, もしくは善き, もしくは大人物, もとよりはっきり断言, もはや計算, やっぱり虚弱, やはり食後, よくわかりませんでした, よく判りませぬ, よく聴, よく見極めよう, よしでは, わからないくらい, わからなかった, わからなくなりました, わからぬが, わかる, わけが, わたしたちが, ァい, アッツ玉砕の, カルピスは, ザミヨートフという, セルバンテスの, ディッケンズの, ドタリと, ハッキリとは, ハッキリ判明, ハハハしかし, ポジチブであった, ラサ府よりの, 一つ一つが, 一丈ぐらいの, 一人の, 一度は, 一本の, 一膝すすめ, 一説には, 七ツ道具を, 万年博士であった, 三人であった, 上手に, 下からも, 不幸であった, 不意に, 不明である, 世捨て人に, 丸顔か, 主膳すらも, 久しぶりで, 乳人の, 二つであった, 二年であった, 二度であった, 京極三太郎は, 人家の, 人間の, 今それを, 今では, 今日の, 今晩であった, 今記憶, 今迄, 代理の, 伊豆から, 但しは, 佐助の, 何かで, 何であった, 何とかいう, 何の, 何もかもが, 何れ酒の, 何十年の, 何様いう, 何様かは, 何者にも, 余り世間には, 信州の, 俳諧を, 健三の, 偶然御手洗邸を, 傍らの, 僕には, 先年ドイツの, 先生が, 免れぬ戦, 兎に, 全く心づかないらしかった, 全く私, 八年であった, 八海山へ, 八百屋であった, 其の村, 其処には, 其処迄は, 内田百間氏が, 出て, 分からないとまで, 分ったもの, 分って, 分らないで, 分らぬという, 分らぬ如何なる, 初夏の, 判らなくなって, 判りませぬけれども, 判然しない, 勘定する, 千葉であった, 午後であった, 博士の, 又その後, 又は之, 又は無かっ, 又現実, 古来剣の, 台所に, 吉田は, 同伴者の, 名前は, 君子は, 否かについては, 周さんは, 命婦は, 和服の, 唐人であった, 嘉門の, 四国の, 四百年前の, 困ったもの, 土曜日の, 坊主の, 増上寺の, 多分その, 夢に, 大きい方, 大井の, 大地に, 大坂表で, 天狗の, 奉祀の, 女の子であった, 女中は, 女御の, 如何なる効果, 如何にこの, 姉は, 姿は, 婿さんの, 子規居士が, 孰れ, 孰方か, 定基に, 宝井其角が, 実はどこぞ, 実は筆者, 家を, 密事であった, 察しられる, 察する, 尋常であった, 小兵だった, 少年は, 局部的の, 己には, 帝国であった, 平生の, 年代は, 幸福であった, 当人に, 彼と, 彼自身も, 後であった, 従来の, 御察し, 忠利が, 思いだすこと, 思いやられて, 思い出すこと, 思い出せないが, 思い出せなかったくらい, 悪事であった, 想像が, 想像する, 想像にも, 想像は, 感激に, 我々は, 或いはあまりに, 或いはさらに, 或いは火葬, 或いは私自身, 或は公, 或は又, 或は山廻り役, 或は直接犯人, 戦場が, 戸板に, 所謂低回趣味や, 抛物線であった, 捨て台詞, 接続が, 故老の, 数も, 文学の, 文芸欄に, 日は, 日本の, 明かでないが, 明くる, 明に, 明智の, 昭和十七年の, 昼の, 時の, 時を, 晴れた秋, 更に分らぬ, 書信係の, 最近松井須磨子の, 朝鮮の, 未だ神秘, 本当になん, 東京の, 柳であった, 極めて少数, 次の, 歌舞伎座の, 正吉の, 正月の, 正確な, 歯医者の, 歳は, 殆どまるで, 残りなく, 母に, 毛利侯であった, 水の, 江州水口中村栗園先生の, 江戸詰の, 法冠を, 淡島であった, 湯には, 濁音であった, 熊か, 熱海の, 爆撃下の, 片山潜氏の, 物数寄の, 犢鼻褌を, 現であった, 現実にか, 琵琶を, 甚だ疑わしい, 甥であった, 由子は, 疑わしく思う, 疑わしく思われる, 白根火山が, 百韻であった, 目を, 真似さしてこそ, 矢張四十何歳とかで, 知らないけれど, 知らないの, 知らんけれども, 知らんと, 知らん老師, 知りたかったので, 知りませんが, 知りませんけれど, 知りませんでしたが, 知る方法, 知れず土壇場, 知れないから, 知れないという, 知れないの, 知れなかったが, 知れぬと, 知れぬの, 知れ面白く, 碧梧桐一家の, 神戸で, 神戸であった, 神田の, 秀英舎であった, 私たち一家が, 程なくその, 窓を通して, 笑ったの, 精力家であった, 紀伊守が, 素晴らしく美しい可愛いもの, 美津子嬢は, 翌々日の, 考えずには, 聞きたいん, 臆病者と, 自分で, 自分ながら, 自分には, 自身米国近海に, 若い僧侶, 若しくはその, 苦の, 藤さんが, 蛇は, 街燈の, 表の, 表通りの, 裏町の, 西郷は, 見わけ, 見当も, 見送ること, 覚えぬが, 親不, 解りませんが, 言葉に, 訊き出すこと, 話して, 詳しく書く, 誰だった, 誰も, 謎を, 谷中からは, 谷中を, 赤い星, 越野氏は, 転げ落ちた者, 辰吉は, 追わるるお, 道中差を, 違った音, 遠方からは, 遭難後の, 郊外の, 重聴, 銀座資生堂楼上で, 鐘楼から, 開国家であった, 陽貴, 難波橋の, 電信柱が, 青砥自身にさえ, 非無, 頭が, 頭の, 馬であった, 高沖陽造氏, 鯉が, 鯰であった, 黄昏頃道へ

▼ あったという~ (1302, 2.2%)

102 ことを 95 ことは 80 ことが 51 ことである 47 のは 32 ことも 30 ような 29 ことに 26 ことです 18 ことだ 17 のである, のです 15 ことで 14 のだ 13 こと 12 事が 11 のも, 事は 10 ことじゃ, のが, 事実を, 話を 8 ことと, のか, 事である, 事実は 7 ことの, ので, 話が, 話である 6 ことから, ことであります, 証拠には 5 ことだけは, ことには, ことにも, ように, わけで, 事実である, 点である, 話も

4 [12件] ことさえ, ことだけ, ことだった, のと, ものだ, んです, 事を, 点に, 話は, 説も, 説を, 風に

3 [17件] ことであった, ことについて, のだろう, のであります, ふうに, わけな, んだ, 事に, 事実が, 人が, 噂も, 意味では, 気が, 点で, 点を, 理由から, 話

2 [40件] うわさを, ことそして, ことその, ことそれから, ことだけを, こと以外に, それだけの, のでした, ほかには, もの, ものか, ものが, ものじゃ, ものです, わけでしょう, わけです, 事で, 事です, 事な, 事も, 伝説が, 処から, 処に, 印象を, 友人たちの, 孟子の, 意味は, 所から, 新聞記事を, 昔の, 気も, 罪の, 者も, 解釈が, 証拠は, 話だ, 話であります, 話の, 誇りを, 逸話も

1 [345件] あたりから, あたりまで, あまりぞっとしない, ある知人, いい方, いぶかしき卍, うわさが, えらい恋仲, お婆さんも, お新自身, お若, お話でございました, お話を, ぐあいのもの古来傑作の, けだし盲人, ことこの, ことそれが, ことそれは, ことそれを, ことだから, ことであり, ことでありました, ことでございます, ことでも, ことな, ことなどから, ことなどが, ことなどは, ことなども, ことにさえ, ことについては, ことばが, ことや, ことわずか, ことをね, ことをも, こと及び, こと戸主でなく, こと私は, こと程, こと自身は, この和尚, この方, そのいきさつ, その下宿, その塔, その当夜, その最も, その話, その谷蟆, それだけでも, たいへんな, たが, たしかな, たったこれ, とおりに, ところで, ところに, ところまでが, のかい, のかな, のじゃ, のでございます, のでも, のなら止む, のり子の, はずが, ひどい婆さん, ふうな, ほうを, ほかは, まことに驚くべき, ものかな, ものさ, ものでございます, ものも, よう思い込ませる, よろこびを, らんも, わけ, わけかい, わけだ, わけであり, わけは, わけサ, エロイズを, ギリシア文化と, スリルそれから, トリックが, トリックは, ナンセンスが, ニュースも, フォニックス警察側の, 一つの, 一事が, 一事を, 一二の, 一人の, 一例として, 一例までに, 一条と, 三五郎の, 上代の, 不可思議が, 事から, 事だ, 事だけは, 事であり, 事でした, 事など, 事にでも, 事の, 事以外に, 事実から, 事実な, 事実に, 事実についての, 事実の, 事実も, 事実上の, 事実利害の, 事情から, 事情に, 事情の, 二十坊舎の, 人さえ, 人も, 今上後醍醐と, 他の, 以上に, 以外に, 仮説と, 伝説ある, 伝説に, 伝説も, 位の, 佐助が, 何の, 例え話, 例が, 例である, 例は, 例も, 信仰から, 偶然の, 儔いない, 凹みへ, 判断には, 利口な, 劇しい, 加十の, 印象が, 即事を, 反対事実を, 反対論が, 反逆の, 反魂香も, 古い処, 古い池, 古い記録, 古神社, 同情は, 名笛, 喜びに, 噂で, 噂を, 四十男が, 基本が, 報告すら, 報告は, 場合なら, 場合も, 場所である, 境内の, 変り種だった, 夕刊記事を, 外に, 多少は, 大きな弱点, 大きな悔, 奇跡を, 奈良の, 女, 奴は, 妙な, 学校の, 定家の, 実在関係に, 寛永年間の, 寺伝には, 届け出も, 幇間桜井某が, 年寄の, 幾丈かの, 建築で, 当時の, 心持は, 思い出だけ, 思い出だけは, 性質, 恐るべき秘密, 悲しむべき事実, 愉快な, 意を, 意味が, 意味であります, 意味です, 意味に, 意味の, 意味を, 意外な, 意外性を, 愚にも, 感じしか, 感じだった, 感じであった, 打ち明け話, 推定で, 敗因を, 教員が, 数条だけ, 斑紋を, 新しい土盛り, 方が, 方がな, 日の, 早呑込みを, 昔話に, 昔話の, 普通なら, 暗示に, 書物を, 月夜空雲が, 木小屋の, 本阿弥, 東方の, 根本の, 根本的な, 次第, 次第である, 歌の, 正直な, 正義である, 歴史である, 歴史的事実は, 段に, 気持から, 浅貝, 深刻な, 湯泉です, 演武場, 点であった, 点な, 点などから, 点において, 熊本の, 特徴は, 特殊な, 現実が, 現実を, 現象によっても, 理由だけ, 理由も, 生々しい身近さ, 由緒づき, 男の, 痕跡は, 発見が, 発見に, 益々話, 着想が, 知らせで, 確証の, 磯野の, 社会史の, 神に, 程の, 稗史の, 穢い一間, 空の, 空想は, 筋である, 答えでした, 篤胤遺愛の, 純粋芸術は, 素姓が, 結果に, 結論には, 老紳士, 考えは, 者が, 自分なり, 自分の, 自然的な, 自覚が, 荒熊が, 著しい事実, 表現が, 被告の, 裏口から, 西本願寺の, 言いつたえが, 言い伝えとも, 言葉以上の, 記事が, 記事は, 訳じゃ, 訳で, 証に, 証拠でしょう, 証拠とは, 証拠にも, 証言, 証言が, 評判だ, 話だった, 話だって, 話であった, 話です, 話をも, 語りは, 説あるいは, 説など, 説の, 誰知らぬ, 調子で, 資格不幸に, 超神童的, 跡だ, 身の程を, 近代的な, 述懐は, 通人で, 都合ばかり, 重さ, 金色の, 長持の, 関係から, 関係は, 面影も, 順序な, 類の, 風だった, 風説が, 騒ぎであった

▼ あったよう~ (1236, 2.1%)

9790 である 83 に思う 77 な気 67 です 59 に思われる 51 に記憶 47 だが 2618 ですが, に見える 10 であるが, でした, に思います 9 に思われます, に私, に覚え 7 なもの 6 に思われた 5 でございます, ですね, に彼, に聞い, に自分, に見えた 4 だし, であった, であります, ですから, なこと, にその, にも思われる, に今, に憶え

3 [15件] だから, だった, だったが, でございました, なところ, な次第, な気持, な記憶, な話, にあなた, に伝えられ, に思っ, に思われ, に現在, に私たち

2 [27件] じゃ, だと, だね, だよ, で, でしたが, でその, なこの, な事, な恰好, な意味, な感じ, な状態, にあの, にここ, にこの, には思われない, に今日, に何, に思え, に思った, に想像, に感じられた, に窓硝子, に考えられ, に説く, に身

1 [368件] だけど, だけれ, だけれど, だそこ, だたしかに, だったどれ, だったね, だところが, だな, だの, だのにと, だわ, であったが, であまり, でありますけれども, であり来訪者, であるから, であるし, でお, でげすが, でこれ, でございまして, でございますな, でござんしたが, でしたけども, でしたよ, ですな, ですよ, です郎, でちかごろ, でひょっとしたら, でも, で中, で人聞き, で外, で従って, で念流本来, で死ね, で母, で気, で片山島, で祭, で義浄三蔵, で過失, なああ, なうす, なここち, なさらり, なし, なその, なそんな, なと, ななかっ, なの, なふしぎ, なぼんやり, なまた, なむなしい, ならば, なわが身, なわけ, なわたくし, な一つ, な一種, な亡くなった甥, な人間, な修道院制度, な友人, な口ぶり, な場合, な塩梅, な大きな, な女, な奴隷, な姑, な宇治, な宗教的, な実用的, な幻想画, な建物, な形式, な影, な心地, な心持, な思い, な揄揶的, な文久銭, な旧い, な書体, な本陣, な次第に, な気持ち, な流石, な無かっ, な片足, な特殊, な生々, な生活, な管理人, な純然, な者, な自由, な若い, な著しい, な街角, な観, な赤, な野獣, な錯覚, な門, な関係, な青い長い, な顔, な顔つき, な風潮, な高い, な鳥, にああ, にあたり, にいう, にいたしましょう, にいっ, にいまや, にいや, におっしゃいました, におとうさん, におとど, におぼえ, にお断り, にかれ, にきいた, にきみ, にきわめて, にくやむ, にぐらぐら, にこ, にここの, にこれ, にご, にさえ, にさえ思われます, にさも, にざわざわ, にしきり, にじっと, にすれつもつれつ, にせまい, にそういった, にそして, にそのまま, にそれ, にそれから, にそれぞれ, にそれでは, につぶやいた, につめたいあつ, になるべく, にはすらり, には思う, には考えられない, には見えなかった, には覚えません, には語っ, にふと, にほ, にぼんやり, にまた, にまだきわめて, にまばゆい, にみえる, にもし, にもしも, にもない, にも取れる, にも受取, にも思い, にも思います, にも思えた, にも思える, にも思った, にも思われ, にも思われた, にも思われない, にも考えられる, にも覚え, にも記憶, にゃあ, によみがえっ, にわが, にわれわれ, にイデオロギー論, にウメ子, にグッショリ, にサークルその他, にタバコ, にテロリズム, にハッ, にバティスティーヌ, にパリ, にブダペスト, にライプニツ, にルーテル, にヴォージラール, に一向, に一瞬, に一種, に上野, に下松町, に不完全, に世論, に九月, に乾いた, に二人, に云わ, に云われる, に京, に今夜, に今度, に他人, に伯父, に伺いました, に伺っ, に佐藤垢石君, に信じさせね, に信じ切っ, に僕, に入り口, に全く, に八月十四日, に内在論, に判断, に剥ぎ取られる, に卵, に取り繕う, に取れる, に口惜し, に古い, に吉之助, に君, に問題, に噂, に噴火, に国守程度, に地上, に夏目君, に夜, に天井, に天才, に失踪, に女王様, に姉, に婦人, に嬉しく, に存じます, に孤軍奮闘, に安心, に宝石, に封建時代, に工藝, に左遷, に希望, に帝, に幻想, に座敷, に当時, に彼ら, に後世史家, に心得, に思い, に思いません, に思い出す, に思えた, に思えます, に思える, に思われだした, に思われない, に思われないで, に思われました, に思われまする, に思われるであろう, に性格, に息子, に悔いられた, に悠々閑々, に悦ぶ, に想う, に感じ, に懐しく, に所謂科学方法論, に揺れる, に文化的, に日本, に明治, に時々, に書き, に書きたて, に来るべき, に権力, に正常, に残念, に毎日, に泰二君, に清次, に漠然, に漢字, に独立, に猜, に白く, に真, に石原, に石弓, に私達, に立, に立ちすくん, に立派, に第, に素子, に習慣的, に老い, に考えられる, に考える, に聞いた, に聞える, に聞きました, に胸, に脊中, に臭わした, に花嫁, に芸術, に若山牧水, に茶の間, に落語, に蕪村, に表現, に見え, に見えます, に見ゆる, に見られる, に見受けます, に見受けられた, に見舞い, に覚えます, に言う, に言われ, に記され, に記し, に話した, に語られ, に読まれました, に誰, に貞之助, に負けたくない, に財宝, に足利氏, に身動き, に輝子, に農村, に近代, に連続的, に酒, に錯覚, に陸上競技, に階段, に鞭, に順吉, に高氏, ねでも, 見えれば

▼ あったもの~ (1209, 2.0%)

93 では 67 ですから 6637 である 33 です 31 だから 22 でしたから 21 じゃない, と見え 18 と思われる 16 でない, と見える 15 だと, らしい 1413 だが 12 か, であろう 10 のよう 8 と想像 7 で, とみえる 6 さ, であるが, でした 5 だった, でしょう, ですが, とみえ, と思われます, と考えられる, と見えます 4 かどう, が今, が後, だね, でも, と私, と見, と見なけれ, に相違

3 [14件] じゃありません, だな, でありません, ですね, でそれ, でないこと, と思う, と思っ, と見る, なの, にちがい, はこの, よ, を今

2 [43件] かこの, かその, かも知れない, が, がある, がここ, がこの, がその, がただ, がだんだん, が今や, が今日, が急, が次第に, が無い, じゃあない, じゃねえ, だそう, だという, だろうか, であるらしい, であろうか, でこの, でございましょう, でございます, ですよ, でその, で一人, といっ, と察せられる, と想われる, と考え, と考えなけれ, なん, にあらず, に違い, の中, は, はたかだか, はない, は誰, をと今更, をと何度

1 [438件] あんな馬鹿, かあの, かあるいは, かいっこうに, かいったん, かこいさん, かご, かしれない, かそこ, かそこここ, かそして, かそれとも, かたじたじ, かただし, かたちまち, かというの, かという反抗心, かとにかく, かとも思われる, かと不思議, かと人々不審, かと思う, かと思われた, かと思われる, かと独り, かと私, かなお, かなァ, かねええ, かはっきり, かほとんど, かまたは, かもしれない, からな, からエタ, から大衆, から早く, から解放, かわからない, かチャムバース, かハンド, か一, か中でも, か今, か今や, か再び, か別荘番, か博士, か嫉妬, か宿, か平次, か幼い, か庭先, か御用, か忽ち, か恒藤権右衛門, か文化文政度, か武門, か清正, か生絹, か知らん, か知りません, か結婚後半年, か自宅, か芳さん, か遠く, か長刀, があらゆる, がいつのまにか, がいつの間にか, がかえってほとんど, がこう, がことに, がさしたる, がすぐ, がすべて彼女, がたいてい, がたった, がない, がはなはだ, がほどへて開い, がようやく, がより, がコーヘン, が一二尺, が一銭五リ, が三十人, が二十五円, が人間, が今ここ, が今日明日, が他, が他方, が仮, が佐藤氏所蔵三月付, が何, が何故, が六円, が前者, が割前, が十七円, が十六世紀以来今日, が博士, が反対, が変っ, が多く, が大量生産, が失われ, が失敗, が奇兵隊, が当時, が後々専門, が後に, が後世, が後代, が忽然と, が新しく, が新た, が本年初め, が枯れた, が河, が生, が瘢痕, が癒着, が発展, が相当, が石造, が穿去, が維新後, が落伍者, が蘇り, が誰, が資本的自己企業, が赤, が逆, が過去, が道, が集団的関連, が非常, が音変化, が顕現的, が飛鳥, こそファシスト, さあね, さこの, じゃ, じゃあねえ, じゃございません, じゃござんせん, じゃないでしょう, じゃによってこれ, じゃア, すなわち中国産品, ぞよ, たまったもの, たること, だからと, だからね, だけでやろう, だけれども, だし, だどう, だなんかと, だの, だろう, だろうが, だろうその, だ人, だ今日, であらゆる, でありそして, でありました, であります, でありますから, であり更に, であり自覚的, であると, であるという, であるに, である併, であろうと, でいずれ, でお, でかりに, でここ, でこれ, でこんな, でございまして, でございますから, でございますやら, でございませんみんな二束三文, でさも, でしょうが, ですか, ですからね, ですな, でそして, でそのまま, でそれから, でだれ, でないこの, でない事, でなくまことに, でなくやがて, でなく多分, でなく異様, でなく起工以来, でなし, でもっと, でゆうべ, でカウバウイモ, で一万八千坪, で上方, で不動, で人, で今時, で僕, で刀, で勘定奉行, で古く既に, で商人, で器用, で外神田, で大, で大抵, で家老, で左京路, で平次, で年齢, で律詩, で御, で或, で明, で村井長庵, で松下, で毎年七草, で水, で泥坊, で滅びるもの, で火事, で異国, で百年以上, で碌, で神田田町, で私たち, で穢, で背丈, で自, で自殺, で誰, と, ということ, というの, というよう, とおもう, とおもえる, とおもわれる, とか後, とか聞い, としたら, として, としていわば, としてより, として郷党家族, として非常, とする, とすれ, とどこ, とはいえ, とは思えない, とは思えぬ, とは比較, とぼく, とみえます, とみなし, とも思われない, とも推測, とも知らず, とも考えられる, と仮定, と信じ, と信じた, と分かり, と判断, と同一, と察しられる, と思い, と思いこん, と恵瓊, と推定, と推算, と深く, と独断, と空しい, と考えない, と考えね, と考える, と舌, と見えた, と見ね, と覚しく, と観, と解すべきである, と解せね, と解せられる, と解った, と認めなけれ, と認められる, なのよ, ならいかに, ならたまったもの, ならば, なら新た, なら昨晩, なら疾うに, にあるべき, にかえって, にご, にどうして, にのう, にのみ特典, には或いは, には昨日, には相違, にめぐり会えない, にもせよ, に之, に外, に思われる, に果して, に相当, に職域等, に若干, ねえ, のうち, の様, はことごとく, はすべて, はすべてもと, はそう, ははるか, はめったに, はわたくし, はフロイト主義, はマ行音, は京都, は今, は他, は何, は右, は地券, は墓場, は左, は帰り来る, は往々, は既に, は是等, は残った, は消え, は無かっ, は猟師, は皆, は神奈川, は科学, は肉体, は見えない, は論理, ばかりが今, ばかりな, への報復的アナーキー, までがその, までもその, もあらわ, もあり, もある, もない, も今, も共同, も家, も年月, も皆, より粗末, らしくどこ, らしく信用, らしく外側, をこういう, をことごとく, をこまかく, をそれ, をちょっと, をという自省, をとった, をと口惜し, をと家臣たち, をと彼, をと思う, をと松島さん, をね, をひっつかむ, をひろげ, をふたたび, をみんな覚え, をやっ, を一つ一つ, を一変, を二十円, を保存, を借り, を取りあげた, を受取った, を吉原, を同地, を埋め立て, を変えあらためた, を変形, を家康, を尊氏, を引き寄せる, を当の, を徐々に, を態, を持っ, を採用, を数える, を書き記し, を父, を特に, を畳ん, を直訳, を相手, を破壊, を見, を解放, を警察, を返せ, を造る, を遽, を閉じ

▼ あった~ (1200, 2.0%)

259 相違ない 195 しても 177 違いない 120 ちがいない 16 したところ 14 相違ありません, 違いありません 12 すぎない 10 ちがいありません, 相違なく, 違いなかった 8 せよその, 過ぎない 7 反して 6 きまって, 違ない 5 相違あるまい 4 しろ, しろその, ちがいなく, 違いは 3 かかわらずその, せよそれ, ちがいなかろ, 相違ございませぬ, 相違なかっ, 違いなく

2 [24件] したかて, したところが, して, してからが, しろこの, しろ自分, すぎないの, せよ, せよ報道, せよ或いは, せよ自分, ちがいあるまい, 他ならない, 拘らずその, 相違ありませぬ, 相違なかろ, 過ぎないという, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎなかったの, 違いあるまい, 違いなかろ, 違えねえ, 関らず

1 [241件] いかにやし, いたせ生み, いまは, お前が, かかわらずある, かかわらずある永久性, かかわらずきちんと, かかわらずこの, かかわらずそれほど, かかわらずバルザック, かかわらず上野, かかわらず世子, かかわらず久保井校長, かかわらず人間ベルリオーズ, かかわらず今日, かかわらず他, かかわらず何, かかわらず余, かかわらず先生, かかわらず前後, かかわらず単に, かかわらず唾液, かかわらず彼等, かかわらず本質, かかわらず次いで, かかわらず殆ど, かかわらず水曜日, かかわらず自分, かかわらず荒木氏ら, かかわらず詩人, かかわらず足軽, かかわらず青年, かかわらず非常, かかわらず顔, かかわらず黄, した所, しては, しましても, しろあんなに, しろいつも, しろいま, しろお, しろお前, しろかれの, しろここ, しろすでに, しろせっかく, しろそして又, しろそれ, しろそんな, しろともに, しろどうせ, しろまだ, しろもし, しろやっぱり一応, しろやはり, しろわずか, しろインド, しろマリア, しろレーニングラード, しろ一九一七年, しろ一族, しろ一部, しろ三人, しろ下山氏, しろ中間小説作家たち, しろ之, しろ人間, しろ今日, しろ他, しろ健在, しろ僕, しろ原子力エンジン, しろ又, しろ吉之助, しろ多, しろ大局, しろ大津絵, しろ女, しろ女性, しろ少し, しろ左次郎, しろ常に, しろ当時, しろ後, しろ折角, しろ整理, しろ文学, しろ文学活動, しろ旦那, しろ書いたという, しろ条件, しろ死んでも, しろ殿中, しろ殿様, しろ気恥かしく, しろ決して, しろ無かっ, しろ父, しろ父親, しろ男, しろ異境, しろ異存, しろ眼, しろ考え, しろ自然主義作家, しろ芋, しろ頻繁, すぎずあまりに, すぎないが, すぎないこと, すぎなかった, せよあまり, せよいずれ, せよいよいよ, せよおろか, せよかく, せよこの, せよこれ, せよしかもなお, せよじゃ, せよそういう, せよそこ, せよとにかく, せよどれ, せよなかっ, せよはっきり, せよまたあるいは, せよもしくは, せよわし, せよクロポトキン, せよ一, せよ一度, せよ一足, せよ三造, せよ不覚, せよ二人, せよ今日, せよ他人さま, せよ例, せよ公方師範, せよ力, せよ又, せよ実際, せよ崇高, せよ或は, せよ散所, せよ文壇全体, せよ既に, せよ死, せよ物質文明, せよ生れながらに, せよ畢竟, せよ発見, せよ皇室, せよ眼前, せよ確か, せよ私, せよ私たち, せよ細かく, せよ逃避, そういない, その夜, ただ一日, ちがいございませぬ, ちがいなかった, ちがいは, とどまらず古今, はたと忘れ, ふと見る, ほかならぬ, ほかならんの, もちが, わたしの, 一寸一分歪みも, 他ならぬ, 似ず日本, 何う, 係らず私, 動かされて, 反し勝家, 反し後者, 反し相手方, 反し蕪村, 坐する, 基づくであろう, 外ならない, 外ならぬ, 大将は, 対応し, 就ても, 御勘弁, 拘らずしかも, 拘らずそれでも, 拘らずわたし, 拘らず一九二八年, 拘らず他方それ, 拘らず何だか, 拘らず其, 拘らず否, 拘らず実は, 拘らず当代, 拘らず彼, 拘らず恐らく, 拘らず悪い, 拘らず男, 拘らず道庵, 拘わらず彼, 拘わらず支那人, 拘わらず犯罪, 捉えるどころか, 無理は, 異ならず, 疑いも, 疑無い, 皆んなは, 相違ございません, 相違ござらぬ, 相違ない低い, 相違ねえ, 相違御座いません, 論なし, 較べて, 遂に今, 過ぎずしかも, 過ぎずその, 過ぎず出来るだけ, 過ぎず神, 過ぎないもの, 過ぎないん, 過ぎなくなったとも, 過ぎぬ, 過ぎまい, 過ぎません, 達いないです, 違えねえそれ, 違えねえだ, 違なかろ, 野菊を, 驚く, 驚ろかされた

▼ あったかも~ (790, 1.3%)

205 知れない 109 しれない 66 知れぬ 60 知れないが 56 知れません 29 しれぬ 25 しれないが 14 知れないの 13 知れないと, 知れぬが, 知れませんが 10 しれません 9 しれないの 8 知れなかった 7 しれぬが, わからない 5 知れぬと 4 しれないと, しれなかった, しれぬと, 知れぬの 3 しれませぬ, 分らない, 知れないし, 知れませぬ, 知れん 2 しれないしかし, しれないという, しれませんが, それは, 知らぬ, 知れないけれど, 知れないな, 知れないに, 知れないね, 知れなかったが

1 [90件] しれずあなた方自身, しれずあるいは, しれずちゃんと, しれずもしか, しれず私たち, しれないけれど, しれないし, しれないとも, しれないのに, しれない事, しれない稚く美しく, しれなかったが, しれなかったの, しれぬそうした, しれぬぞ, しれぬなお, しれぬなどと, しれぬ計画, しれませんけど, しれん, しれんですが, しれんな, またどういう, わからぬ, わかる, わかるまいが, 今は, 分からないの, 分ったし, 分らない二人, 分らなかった, 分らんな, 分りませぬ, 判らないし, 判らないと, 判らないわ, 図り難い, 思います, 測り知れぬでは, 皆忘れ, 知ってるだろうな, 知らずおれ, 知らないで, 知らぬそれ, 知れずそして, 知れず満更, 知れないあるいは, 知れないけれども, 知れないぜ, 知れないそんな, 知れないだろう, 知れないです, 知れないでは, 知れないとさえ, 知れないなどとは, 知れないへた, 知れないほどの, 知れないよう, 知れないわネ, 知れないん, 知れない僕, 知れない十一日, 知れない様, 知れなかったの, 知れぬから, 知れぬけれど, 知れぬずっと, 知れぬて, 知れぬな, 知れぬわい, 知れぬ斯, 知れぬ死処, 知れませぬが, 知れませぬけれども, 知れませんけれど, 知れませんけれども, 知れませんでした, 知れませんな, 知れませんね, 知れませんよ, 知れません或は又, 知れません消防, 知れんお, 知れんが, 知れんでございます, 知れんな, 知れんなあ, 知れ申さぬ, 考えて, 解らないと

▼ あった~ (717, 1.2%)

12194 です 64 ですか 32 ですよ 31 ですが 30 だが 24 だよ 20 だね 17 じゃない, だそう 16 だろう 15 でしょう 12 だから 10 だと, だな, ですね 9 だけれど 8 だぜ, ですって, ですもの 7 ですがね 6 ですから 4 か, じゃありません, だからね, ですってね, や 3 じゃ, だか, だがね, だけど, だもの, だわ, でしょうか, ですわ

2 [16件] じゃないでしょう, だがな, だけれども, だぞ, だなと, だねえ, だろうが, だろうと, でございますの, でしょうが, ですかい, ですけれど, です私, では, やけど, やさかい

1 [72件] かい, かいや, かね, じゃあない, じゃあないでしょう, じゃあねえか, じゃが, じゃがなあ, じゃこっち, じゃござんせん, じゃフランボー君, じゃ興ざめだ, だからなあ, だからネ, だすっかり, だっけ, だっけな, だって, だってね, だという, だとか, だとさ, だとね, だどう, だなァ, だねエ, だのに, だりっぱ, だろ, だろうか, だろうし, だろうな, だろうなあ, だろうに, だろう家, だわねえ, だ今, だ無理心中, だ私, だ霜柱, だ麗卿, でありますか, でございましょう祖母さん, でございますから, でございますがね, でございますよ, でござんしょうそう, でしょうかと, でしょうかねえ, でしょうがね, でしょうけど, でしょうけれども, でしょうと, でしょうな, でしょうなあ, でしょうね, でしょうねえ, でしょう三人, でしょう五, でしょう大いに, でしょう太夫様, ですがねえ, ですけれども, ですな, ですの, ですのに, なら別, なら私それ, やが, やしイ, やと, やも知れん

▼ あった~ (712, 1.2%)

13 それに 4 彼の, 私は 3 それが, またこの, またその, 彼は, 私の

2 [16件] そうかと, その上, それと, また何, もう一つ, もう一人, 今また, 今後も, 又この, 又現に, 彼が, 彼としては, 時には, 次の, 男の, 自分の

1 [644件 抜粋] ああいう, あいまいでも, あの時分, あるいは彼, あるもの, ある亜米利加人, あわただしくも, いちどは, いちばんはばかられ, いつまでも, いやに, うしろの, おそく帰宅, おまけに, おもしろいと, おゆき, お互いに, お君, お父さんも, お物思い, お銀, お関, かたがたうちに, かつてバーナアド・ショウ, かつ好き, かなり深い, くろうと以上の, こちらも, ことによれ, ことに御子左家一派, この家, この年, この道場, これからも, こんどの, ご馳走を, さればとて, しかも武蔵, して, しまって, すぐ眼, すでに一方, すべての, すべては, するので, ずいぶん甘ったるい, ぜひ今年じゅう, そうした茶番, そうであれ, そうなれ, そしてこの, そして例, そして大切, そして簡単, そして金属, そなた, そのあと, そのうえ彼, そのころ, その上行者, その人, その伝記, その円材, その向う, その命ずる, その奇妙, その家臣, その後も, その技術, その時分, その時季, その晩, その精勤ぶり, その表情, その訪問者, その面, それかって, それかと, それから女中, それで, それと大き, それにまたそれ, それにまた金, それに二通, それに何, それに対する, それに我々, それに私たち, それほど人々, それよりも, それ以前とても, そんな道理, たちまち白い, で, とかく無電, とにかく変っ, どうしてそんな, どうせ次, どんなに人目, ないよう, なんだかわからない, ひとは, ひどく長い, ぼくにとっては, まあ大抵, ましてだれ, またある, またいろんな, またきわめてわずか, またこれ, またそうした, またそこ, またそれ, またはて, またやっと, またわたくし, またキャゼリン, またヴァローダ商会, またヴェニス, また一つ, また京都, また今, また何物, また兄, また凡て, また出来ない, また南国型, また喪失, また四隣, また大軍, また嬉しく, また室内, また少く, また彼, また抗日意識, また最高, また望郷, また村, また毎日, また決して, また法律上, また異なった, また発作的, また私, また窪地, また箱, また箸, また米沢, また自分, また花田, また薬品, また親切, また記録, また近世, また金, また雨, また非常, また驚異, もうこれから後, もう一方, もっとひどい, もっと遡れ, ゆうべからの, ゆうべ浜町の, よう知らん, よめないまんま, わけても官兵衛, わたしの, わたしを, アムステルダムの, アントンは, エラスムスマキアヴェリミケランジェロなどは, カピも, カメラを, カモ七も, ガンドウも, ストアの, バターも, パスカルと, ビクトル, ピアノの, フィーユ・デュ・カルヴェール街の, フランス語でも, ポーランド独立軍の, ミサ子と, モティーヴが, 一つには, 一つの, 一人でも, 一寸やって来た, 一昨日までは, 一昨日も, 一番小さい, 七文字笛高麗笛という, 三ちゃんも, 三割近い, 上田城の, 下駄を, 世間の, 世間も, 久し振りに, 事業以外の, 二つ年下の, 二条駅も, 二階も, 五番六番の, 人が, 人物も, 人間は, 人間社会の, 今は, 今後の, 今日でも, 今日までは, 他の, 仙台には, 以後も, 仲間だって, 佐助自身も, 何か, 何でも, 何となく先, 何よりも, 余り人づきあいを, 信心にかけても, 信玄が, 俺も, 個性の, 傷, 元々其家, 兄イワンも, 全滅した, 八雲様の, 公安の, 六条院にも, 其他いろんな, 其他にも, 冒険に, 切窓に, 初めから, 剛情とか, 劉家も, 動坂の, 北側の, 北方な, 午からは, 南隣の, 南露には, 博士は, 厳格な, 厳重に, 去年いらい, 又その, 又ぶんなぐられた, 又半分, 又哲学, 又現に最も, 又私, 取り様, 可愛らしい饗庭芳子, 右に, 各学部, 吉川は, 同時にその, 同時に昼, 名も, 周瑜の, 呼吸が, 問題の, 因幡の, 団子坂の, 困窮の, 国の, 土を, 地面は, 堂の, 場所も, 夕映えの, 外には, 外の, 大分ショックを, 大宝八幡を, 大役が, 大雷鳴, 天平と, 夫れ, 夫人の, 女の, 女性らしい, 女房から, 娘の, 嬉しい思い, 子として, 存在の, 学習した, 実力以外では, 実際に, 実際的, 客あしらいも, 客間では, 宮も, 宮廷でも, 家主であった, 家持苦心の, 将来の, 小さい黒板, 小母さんは, 少々錆び, 山野には, 岡邦雄氏なども, 川越という, 巨匠たちと, 席も, 帰りには, 常の, 年の, 年下の, 年輩も, 幸子の, 広い茶, 広陵の, 庄吉の, 彼を, 彼女も, 彼女自身が, 彼自身も, 後先には, 御病気, 必死に, 忍従を, 急ぐ品, 恋を, 情なくも, 慰めに, 成田の, 所領も, 押入れ納戸, 捕われた三千人, 掌は, 握って, 撰んだ最後, 救世という, 文化の, 文学が, 文学史の, 料理は, 新之助は, 方向も, 日も, 日本にも, 日本の, 明治三十九年という, 時も, 時局の, 晴れが, 書斎は, 最近の, 最近まで, 最高な, 有明楼は, 木綿の, 木製の, 未来にも, 本土に, 本家の, 朱雋は, 材木も, 来朝する, 東は, 東京の, 桜も, 梅雨空の, 樹も, 歌の, 正枝, 歴史的弁証法の, 死人に, 殊にあれ, 殊に私, 殊に部屋借り, 残念でも, 毛布も, 民主的な, 気どって, 気晴しに, 氷の, 汽車の, 沢山ある, 洋式鉄砲香炉掛物の, 洋袴にも, 洗練推敲肉痩せる, 海が, 湯に, 満洲, 漁法も, 無理も, 無産階級の, 爆発すれ, 牛も, 特に人数, 獄中と, 玉砕的な, 現に小説, 現在でも, 理解される, 生憎人も, 田中館愛橘先生も, 田舎の, 畳の, 疑われないよう, 白いの, 直江津から, 眉と, 眩しい程, 眸も, 知りたくとも, 知的興味を, 短いよう, 確信的であった, 秀吉光秀の, 私たち五人を, 私も, 稲田の, 窓の, 第一, 第一失敬, 第二, 米友は, 約三十間, 素子から, 緊金附き, 縁側の, 美しすぎる, 老人の, 考えなければ, 聞くの, 自らそれを, 自分たちだけに, 自分にとっては, 自分へ, 自分一人で, 自身に, 自首した, 興味も, 興福寺の, 芳太郎の, 芸術座の, 苦痛を, 英文科に, 荷馬車が, 蓄音機を, 藍子は, 藤吉郎も, 蜂矢は, 街の, 被害者の, 裲襠姿振袖の, 見たものの, 視覚も, 討たせたくなくも, 説かないまでも, 誰かから, 誰とも, 謎の, 謹んで達人, 赤手拭を, 起き抜けだ, 足駄を, 身体も, 近所住いの, 追い風でも, 連れて, 道が, 達ちゃんにとっても, 遠方から, 郷土には, 酔漢に, 野蛮だ, 金貸への, 釜前の, 鈍な, 鎖が, 長く一しょ, 門は, 門前へ, 関東平野だって, 隣組の, 集まって, 雑誌の, 雑誌も, 難しいには, 雨の, 青木も, 面白いもの, 頁の, 顔も, 飯食い茶碗も, 餘所目にも, 馬が, 魔天を

▼ あったそう~ (601, 1.0%)

12098 です 74 である 50 だが 4931 ですが 14 であるが 109 でございます, ですね 6 ですから, ですよ, でその 5 だし, だよ 4 じゃ, だから, だな, だね, であります 3 じゃが, じゃない 2 だけれど, だけれども, だの, でこれ, でございますが, で勿論, で土地, で私, にご

1 [65件] して, じゃ無いか, だった, だとか, だ位, だ社会主義, であと, であるから, である現に, でいま, でいろいろ, でおもしろかっ, でかの, でここ, でございまして, でございますその, でございますね, でさかん, ですからね, ですけれど, ですそれ, ですな, ですので, ですまた, です可哀そう, でそう, でそこ, でそれ, でだからこうして, でなんとも, でもう少し, でアイボリー, でストーブのれん瓦, で与茂四郎, で京, で使い, で夜中, で子供, で家臣, で小, で就中中条流, で従って, で御座いますが, で思いがけない, で時間中, で森林, で残念, で町, で私たち, で義経, で自然生活, で苦力, で西野博士, で趣味, で馬鹿, ながな, なす, なそれ, なほんとに, なり私, に厶, や, やし, やに, 仰言ってるん

▼ あったかと~ (396, 0.7%)

60 思う 25 思われる 22 思うと 20 いうに 16 いうと, 思うが 9 記憶する 8 いえば 5 思います, 思われるが 4 云えば, 申すと 3 云うこと, 云う事, 思いますが, 思われるの

2 [17件] あとで, おっしゃるの, おもう, 人々は, 思いながら, 思うの, 思うよう, 思う時, 思えば, 思って, 思われるよう, 私は, 考えて, 聞かれると, 覚えて, 言うと, 言えば

1 [156件] あの人, いいますと, いうが, いうので, いうのに, いった, いわぬばかり, うなずいて, おのずからわかる, おのずと涙, おもうが, おもって, おもわせる, おもわれるが, お問, お察, お思いなされる, お米, かえって嬉し, がっかりした, きいて, さらに驚かれた, すぐに, そう手軽, その時, それを, だまされた想い, また訊かれた, みなも, わたしなどは, 三歎する, 世を, 世人の, 二三日過ぎ, 云うと, 云うのに, 云う昔, 云ふ, 人々が, 今に, 今思い出し, 今日大いに, 仰っしゃるか, 何となく懐かしい, 余は, 初めて疑い, 又右衛門は, 史蹟や, 吃驚した, 合点し, 問いかえしたので, 問うて, 善に, 多年の, 嬉しく懐しく心, 存じますある, 宮は, 察しられる, 察せられるの, 尋ねたところが, 尋ねられたの, 局は, 幽かに, 彼は, 微笑を, 心づいたこと, 思いますけれども, 思いますね, 思います顔, 思いやります, 思い直して, 思うその, 思うま, 思うまもなく, 思う動物報恩譚, 思う千駄, 思う痕跡, 思う若い, 思う道, 思える, 思ったが, 思ったと, 思ったの, 思ったり, 思った所, 思ってね, 思わせること, 思わるる, 思わるるであろうが, 思われすくなくとも, 思われたの, 思われぬこと, 思われまして, 思われます, 思われますに, 思われること, 思われるこの, 思われるふし, 思われるほど, 思われるや, 思われる別, 思われる短歌, 思われる程, 思われる青年文学雑誌, 思われ個々, 思われ山人出現, 悲しんだ, 想像されます, 感じる程, 推察し, 推察する, 推量される, 昔の, 楠は, 極りわるい, 気がついた, 気づかざるを, 気づくと, 気を, 溝口を, 申しますると, 申しまするならば, 申せば, 痛感し, 知った退屈男, 石川は, 私も, 総身から, 義貞は, 老先生, 考えましたから, 考えられる, 考える, 胸は, 若いもの, 落胆する, 薫は, 見えて, 覚ゆ, 覚るの, 解された, 言うこと, 訊いて, 訊ねた, 訊問した, 記憶し, 記憶します, 謂って, 赤鬚先生たちに, 近江屋の, 追想あそばされる, 野暮な, 長大息する, 驚きそぞろ, 驚くばかり, 驚歎は

▼ あったけれど~ (386, 0.7%)

7 それは 5 彼は 4 それが 3 今度は

2 [20件] あの時, あれは, ここは, これは, これを, すぐに, そこに, そこは, その時, それよりも, なんの, よく見れ, 不思議の, 名に, 幸いに, 彼が, 彼の, 彼女は, 私の, 葉之

1 [327件] あの有名, あの男, あまりたびたびテレビジョン, ある妙, あれと, いくらか, いつ役人, いまでは, いまは, いま私も, いよいよ賊, いわゆる仲之町, おしなべて非難, おまえが, お絹, お通, かねて思いはかっ, けっこう仕事, こうしてひとり, こうして裏面, こう言っ, ここで, ここと, こちらは, このこと, このごろでは, この人, この殺人事件, この璽光教, この男, この美しい, この能登守, この頃, この騒ぎ, これから先, これこの, これでは, これほどの, これらの, こんなもの, さすがに, さりとて地, しかしそれ, しかしながら遍歴, しかし決して, しかし秋, しかし頼母, しかもそれ, しとやかに, そういう友だち, そうしっかと極められ, そうしてぶらぶら, そこには, そこへ, そしてまた静, そして淡い, そのあつい, そのうち, そのまま怨恨, そのフランス式, その一つ, その下, その効, その場合私, その変, その女, その家, その帆村, その広汎, その当人, その折り, その書物, その朝門, その父, その狂愛, その著書, その鼻, それすら, それでもこの, それでも俳諧, それなりに, それにも, それも, それらの, それらは, そんなこと, そんな異常, たいていは, たいてい昼食, たがい, たがいに, ただの, だれひとりとして, だんだんその, ちょっと知らない, でも歩く, とうとうお, ときどき大きく淡く, ところどころ壁板, とにかく正味五年, とにかく老, ともかくも, どうかする, どうしても唯物主義, どうもそれでは, なおそれ, なくして, なにか指摘, なんに, ひどく元気, ふらついて, ほとんど嬉し, ほんとうに, まさか警備司令部, まずまず順当, また中, また非常, まるで足りない, みんな忘れ, むしろそれ, もうあたり, もう一つ, もう何, やはりこの, やはりその, よごれめ, よほど人なみ, わたしが, わたしに, わたしは, わたし明日まで, コルセットの, トロ族の, バタバタと, フィリップ王の, リ, ルルの, 一つは, 一人の, 七つから, 三木武吉の, 三谷が, 上陸第一歩から, 下の, 不快な, 世間の, 並んで, 中は, 久しく夫, 九太は, 人気という, 今では, 今の, 今向きつけ, 今度ばかりは, 今日の, 今朝それを, 今松, 他の, 伊代の, 伸ちゃんは, 住み心地よく, 佐々記者は, 体に, 何となく雛妓, 何とも言えない, 何の, 何処と, 余り平気, 保一くんの, 僕は, 元は, 兄や, 先生の, 兎も, 全身は, 六枚揃うた, 出て, 切り戸から, 別れぎわが, 北鳴, 十一の, 十三人の, 千穂子自身は, 半殺しの, 去られると, 又簿記, 口から, 口実を, 古びて, 古ぼけたハンチング, 古着屋の, 同時にまた, 同時に彼女, 吟味に, 四尺に, 四辺が, 士族の, 壮者を, 外観に, 多数は, 大勢は, 天蓋山の, 女の, 女親なる, 妾は, 威厳の, 婚家との, 学説においては, 官庁の, 実はあまりに, 実はこう, 実は僕自身, 家の, 寄る年波, 小役人や, 山県紋也には, 岡郷介は, 帆の, 師の, 帯刀様に, 帰宅する, 底力の, 廓づとめをしたその人でさえ, 当家へ, 彼らが, 彼女には, 彼女の, 御嶽冠者の, 徳川氏の, 心の, 心は, 怒りと, 思いやりの, 怪人物の, 情けないこと, 惜むらく, 愛子を, 感情が, 我々を, 我の, 或時, 戯談半分な, 折悪しく, 数から, 新宮の, 昔の, 時間は, 更に夫, 最も尊ばれた, 朋輩との, 本当に実物, 杢平牛と, 来客謝絶の, 森に, 極めて優れた, 槽中の, 模写では, 横手に, 正吉には, 武士共の, 武術も, 殿下の, 民子の, 水門の, 汽車の, 沖の, 海ン中だの, 海水浴場と, 清之介君は, 澄み足, 火星人の, 無邪気な, 画の, 皆んなマダムマダムと, 相当口惜しく, 私が, 私と, 私は, 私よく, 私達二人は, 秋に, 秘密の, 竜之, 笑い声が, 第一, 紋十郎は, 結局女は, 纐纈城内は, 義哉は, 老人は, 考えの, 聞こえて, 肝腎の, 能登守は, 脆くも, 自分が, 芸道には, 若い者, 苦心し, 苦情を, 薄っぺらな下らん, 要するに夫, 見て, 見違えるほど, 詩人で, 語韻に, 誰も, 課長は, 貴族では, 賭博は, 贅肉なし, 起居動作は, 近くなれ, 運転手は, 酒を, 長州の, 閉めてなかった, 集五郎には, 雨は, 青扇は, 非常に, 頭は, 顔色の, 高等学校も, 鼠の, BBC管下の

▼ あったけれども~ (376, 0.6%)

8 それは 6 私は 5 彼は 4 それが 3 これが, その時, それを, 人間の, 普通の

2 [14件] あの灰色, これを, そのため, その中, その頃, ともかくも, 人に, 何と, 天皇の, 彼らの, 私に, 私には, 私の, 自分の

1 [310件] あいつが, あすこへ, あの時分, あまりに驚い, あまりわかり, あれに, あれは, あんなに周囲, あんなの, いずれも, いつもの, いなくなったと, いわないと, おまえの, お嫁さん, お座敷の, お狂言師, お目にかかれば, お角さん, かなり丈夫, こうまで, ここばかりは, この, この場合, この家, この時, この時の, この行列, この頃, これは, これらは, こんなこと, こんなに見透され, しかしこの, しかしながらこの, しかしながらその, しかし働く, しかも尚, すぐ目, そうした路傍, そうしなけれ, そこでひとまず, そこは, そこまで, そのしなかった, そのどちら, そのスター振り, その主従, その争議, その値段, その前世, その効果, その執念, その夜, その夜中, その小さな声, その延期, その後夷族再び, その性質, その根拠, その浮説, その翌年ドイツ, その講義, その道義心, その都度, その顔, その首, それから以後, それではやはり, それでもいくらか, それでもす, それでもなお彼, それにしても世の中, それはた, それも, それ故, それ等を, そんなこと, ちょうど張った, つい気分, では, とても落ちつき, とにかくそれ, とにかく一応の, とにかく台所, どうかしら, どうせ手放す, どうもこんなに子供たち, どうも腑, どれが, なお引き止める, なかでも北原さん, なりあがり者, のがれる道, ひとり野の, ほとんどもっぱら国内需要, ほんとにこれ, ぼくは, また立ち直っ, また馬車, まだ古事記, まだ悪事, まだ籍, みんなの, みんな僕の, もう一つ, もともと民族的勢力, もともと特別, もともと風土, もはや時勢, やがてその, やがてもう夜, やっぱりこれ, やっぱり虚無的, やはり, やはり上下, よくもち堪える, わたしたち女の, われわれは, イワンの, シナ文化シナ思想との, ボートに, ムク犬の, ロンドンの, 一つだけ, 一八六四年デンマーク戦争には, 一座の, 一戸の, 一方から, 一方では, 一方労働者, 一橋慶喜は, 一歩々々思う, 一見した, 三度とも, 不断とは, 与平が, 世の中に, 世俗の, 並々ならぬ, 中には, 中身は, 二つの, 二十年も, 今は, 今年の, 今度は, 今日でも, 今眼, 仔細に, 仮にも, 何となく岸本, 何となく気, 佳人の, 俳句と, 僕には, 兎も, 凡てが, 別に一枚, 別に活用, 前よりは, 力めて, 労働の, 勉強とは, 十九ぐらいの, 単にそれ, 又一方, 友達は, 右大将定国式部大輔菅根など, 同時に男, 君は, 哲学的思索には, 四人目と, 固く辞し奉り, 国民の, 坊主の, 大いにこの, 大きさ, 大体に, 大体同人全体は, 大体百姓に対する, 大概の, 大阪から, 太い本管, 子供を, 学問と, 学校が, 宗祇の, 定家に, 実際あの, 小普請入に, 小次郎にとっては, 山深い, 山田の, 己の, 師命背き, 幾分か, 建具が, 当時の, 彼には, 彼女の, 待遇法を, 後の, 後進の, 心の, 心澄み, 思いとどまった, 性質は, 恋を, 恵心僧都が, 悪魔に, 悲痛なんて, 情に, 惟念の, 感情教育の, 我慢し, 戦争の, 手当が, 政治的には, 日に, 日常の, 日本の, 明治の, 星田に対する, 時には一面, 暁を, 書画骨董に, 曾て, 最近彼の, 本質では, 村では, 村の, 来客謝絶は, 東西の, 板の, 格別面白い, 橘町の, 次々に, 次から, 死牛馬を, 段々聞い, 母と, 母の, 気位の, 水中に, 汐田には, 決してお松, 決してそうで, 法師丸は, 法然は, 浄吉氏が, 消えかかる過去, 滋幹に, 漸く親しく, 炭山の, 為政家が, 特に佐助, 現実の, 理財の, 田舎の, 病気を, 皆た, 竹刀と, 米搗きは, 紙は, 細かいこと, 終始は, 総体としては, 美沢が, 耳にも, 脊柱の, 脚の, 腑に, 若い女同志, 苦界という, 葉子の, 葉子は, 行列が, 行者との, 袖切坂の, 被衣などは, 裏の, 見捨てて, 見物から, 解決を, 言葉の, 言語動作が, 誠実だけは, 読んで, 誰も, 足もとばかり, 身丈は, 身分は, 軍隊の, 軽井沢特有の, 迎えら, 近衛家の, 近頃急, 道修町は, 金五郎には, 金五郎は, 鋭どい, 錬金術師の, 長兄の, 長官の, 門に, 革命は, 顔は, 風雅の, 食事中だ

▼ あったため~ (369, 0.6%)

10 にその 6 である, であろう, にこの 4 だと 3 かも知れない, だ, でもある, なの, にそういう, に彼, に特に, に私

2 [19件] かあるいは, かと思う, かもしれない, です, ではない, ではなかっ, ではなく, でもあろう, にあの, にいろいろ, にそこ, にそれ, によく, に今日, に他, に兄夫婦, に後, に忽ち, に日本

1 [275件] ありも, いかにも気, いって, おのずから言葉使い, かあまり, かえってつい十年, かその, かそのまま, かその大きな, かそれとも, かと想像, からのこと, かリンカーン, か一寸先, か一般, か五色ヶ原, か仙台領, か先輩, か内藤家, か団十郎, か嵐, か廻り道, か徳川殿, か新聞, か樹, か皆元気, か私, か若手, か長崎, こういう結果, こう大袈裟, ことに宮, しがない, しがないの, しがないので, しがなかった, しもあるで, しもない, しも無い, すぐさま医員, すっかりから, その僧, その学問, その日, その生活, その結果, その縁, その音, それから又決して, たちまち堤防, たちまち魏軍, たぶん今日, だった, だろう, つい食べ過ぎた, であった, であります, であること, であると, であるとも, であるにも, であるの, でこれ, でしかも, でした, でその, でつまり, ではありません, ではなかろう, でもござりましたろう, で今, で彼, で旅, で是, で遠く鎌倉, とうとうこんな, とおもわれる, とても大事, ともう, と思います, と思われる, と考えられます, と解せられる, どうしても松虫草, なるほどそれ, に, にあまり, にあんな, にいつ, にかえって, にかかる, にかく, にかひとり, にかれ, にきわめて, にこういう, にこうして, にこのごろ毎日家, にこれぞ, にさっき, にし, にした, にすぐ, にそう, にそして, にそれだけ, につい, にとうとう, にとくに, にどこ, になおさら, になおのこと深刻, にひどく, にふっと, にまさに, にまた, にまだ, にまったく, にもいろいろ, にやせ, にやや, による, にトオサン, にブラームス, に一種, に丁度, に七兵衛, に二人, に京, に人々, に人口, に今, に今に, に今夜, に今日チベット, に何, に何ら, に何時の間に, に余得, に依然として, に価格, に倉続き, に兄, に全て, に兩親, に再生, に出席, に出来なかった, に分散, に切れた, に刑, に助かり, に勝入, に厭世的, に各, に同じ, に同僚たち, に名前, に商業ジャーナリズム, に営業所長, に多く, に大, に大事, に大学, に大津事件, に天然, に天空, に夫人, に女, に女房, に婆雀, に家, に尚侍, に工合, に幸徳事件, に引付け, に彗星二号艇, に彼ら, に彼女, に後天的, に心, に思想的, に我慢, に或いは, に戦争, に拘禁, に拠るべき, に探偵小説, に改作, に政府, に旧来, に時々, に時人, に暗い, に暗かっ, に本尊, に枯れ, に欧洲大陸, に正, に正月, に死体, に民主主義革命そのもの, に泣いた, に無意識, に爰, に父, に物理学, に独逸, に現職, に理知, に男やもめ, に男子人口, に異国, に知らず, に羅馬人, に自分, に自然科学, に芸一筋, に芸事, に英蘭銀行, に英蘭銀行その他すべて, に菊一, に葬式, に薫中将, に被害, に裁判所, に起った, に躓いた, に軌, に輝かしい, に通貨, に選者たる, に金, に鉗子, に長男, に随分, に音, に飛ん, に鳥渡, に鶯宿梅, に黄金メダル, の遅れ, ばかりで, またし, またはよく, また一, もある, もあろう, もっぱら信長, よい鑑, よまず, らしい, 一層彼等, 丁度その, 初めて計画, 古義, 大いに伝播, 大きなすいか, 少しも, 待ち設けなかった御来光, 思い切って, 思わぬ烈剣, 早くから山, 殆ど一般, 比較的取締, 甚だ不愉快, 痩せるまでの, 絶えずそれ, 若いうち, 謂わば, 遂にその, 遂には, 遂に勇, 遂に思い切っ, 青白き大佐

▼ あった~ (336, 0.6%)

5 を思い出し, を知っ 4 は前 3 が知られる, です, なの, を忘れ, を思い出した, を思い出す, を発見, を知る

2 [26件] か, がない, がわかる, が想像, だが, である, でこれ, で私, と合せ考え, と思う, にまちがい, に気がついた, はこれ, は今, は勿論, は後, は決して, は申す, は疑い, は疑われぬ, は確か, もある, よ, を想い廻らし, を示した, を覚え

1 [246件] かな, から帰り, か如何, か無い, がありません, がある, がしるされ, がすっかり, がその後, がばれた, がまた, がわかっ, がわかります, がナポレオン, が今, が伝えられ, が余輩, が分った, が分りまし, が分る, が初めて, が判明, が十分諒解, が地図, が大きく, が始め, が容易く, が察せられる, が後, が後で, が明らか, が明白, が明確ゆえ, が極めて, が無い, が無かっ, が知られ, が碑文, が解った, が認められます, が論ぜられ, が間もなく, さえ忘れ果て, さえ私, じゃからのう, そして先妻, そして又夫人, だ, だけが今, だけは疑い, だけを知った, だった, であります, であるから, であろう, でございます, でしょう, でしょうあなた, でないと, では, で当時本所一つ目辺, で御座いましょう, で立会人, と, として耳, とそれ, とて下宿, となる, とみえ, とも思われない, と存じます, と察せられます, と察せられる, と心得, と思われる, と惟, なぞがおぼろ, なぞは此度, なぞは疾く, などによって明, などは全く, などは知らなかった, などもいや, などもきい, なども素晴らしい, などを見る, なん, については島田, になる, になるだろう, になるであろう, には異議, にまで気が付い, に始めて, に心づいた, に気付かず, に気附, に言及, に違い, に頷かなけれ, のよう, の上, は, はあった, はあなた, はおれ, はかなり, はきょう, はこの, はそれほど, はたしか, はつとに, はどうしても, はまた, はやはり, は一, は一層, は上述, は事実, は事柄, は云う, は今さら, は何人, は余輩, は全く, は前回, は右, は否めない, は大体, は察しられる, は寡聞, は恰も, は推測, は旅順, は既に, は既述, は本所, は温かい, は無論, は牧野, は特に, は皆様, は翁, は聞かぬ, は自ら病気, は言う, は言うまでもない, は誰, は途中自動車, は首肯, までも述べた, もあった, もあろう, もわし, も事実, も人聞, も冒頭, も勿論, も周知, も察せられた, も思い出した, も特筆, も知っ, も確かめた, も聞い, も諍, や嘗つて私, や浅草橋手前, や行く末, よあった, よりも燈下, を, をいっさい, をかすか, をきい, をずっと, をただいま, をどういう, をない, をなかっ, をもっと, をも忘れ果て, をも見, をわたくし, を一部始終談, を主, を了解, を人々, を仔細, を伝記, を佐吉, を何故, を力説, を同, を売, を尽きない, を彼, を彼女, を忘れる, を思, を思い出しました, を思い遣っ, を思う, を思出, を恥しい, を恥じる, を想像, を慥め, を憶, を推し隠し, を支倉, を断言, を是, を暴露, を書き記し, を残念, を物語っ, を物語るであろう, を白状, を知った, を知らせ, を知らせる, を知らない, を知りました, を確め, を示し, を神様以外, を立証, を考えず, を考慮, を聞い, を聞き込んだ, を自ら, を自白, を自覚, を裏書, を見た, を見落し, を証拠立て, を証明, を証言, を話しました, を認めた, を述べ, を黙許, 言うを

▼ あったのに~ (297, 0.5%)

11 反して 10 違いない 8 ちがいない, 気が 6 それが 4 今度は 3 今日は, 私は 2 これは, その上, 今は, 今度の, 惜しいこと, 違いなかった

1 [232件] ああいう, あとにも, あなたは, いざ曠野, いざ発表, いったい何, いったい何処, いつか温い, いつしか空いっぱい, いまさらそんな, いろいろわかり, おとなしい中, おまけに, お萩は, かんしゃく紛れに, こういう凄惨, このところ多忙, このよう, この山地, この年, この旧, この書物, この私, この間落し, この頃, この駒井, これを, こんどは, こんなこと, ご返事, さてこうしてその, さて電燈, しかしこの, そして妾, そちらへ, そのうち三度, そのチョッキ, その女, その封緘, その必然的, その意味, その晩, その最初, その朝, その笞, その褒美, その跪坐低頭, それから一瞬, それでもその, それも, それらは, それを, そんな過失, だんだんそれ, だんだん差, ちげえ, とうとう欠席, とかく病気, どうした, どうしていま, どうして最後, どうして男勝り, どうだろう, なぜそれ, なぜビル, なにげなく抛った, なんで吉野, なんという, にわかに工場, ひどく永い, まことに残念, まして今夜, まして彼女, またまた恐れ入った, まだきれい, まったくあべこべ, もう午, もう火, もう見えませな, ゆうべからは, わざわざ塩釜, わたしの, エエ残念とも, ゴーリキイは, サラリイマンを, タッタ一つその, パリへ, フランス革命以後, フリッシュアイゼン・ケーラーの, プラトニックに, ヘーゲルは, ヨシ子には, ロンドンの, 一九四一年には, 一日に, 一日の, 一途に, 上京以来本家が, 不収穫, 不良少年じみた, 不遇の, 世を, 二の丸三の丸の, 二人とも, 二人並ぶ, 二度目に, 人情も, 人手は, 今こう, 今こうして, 今それが, 今と, 今に, 今まで, 今も, 今や団菊, 今夜の, 今年は, 今度編輯局から, 今踊っ, 伊東の, 伸子は, 何と可笑しい, 何も, 何らの, 俄かに, 先生は, 免状は, 刺戟された, 力を, 加奈子は, 去って, 又し, 又五郎が, 又八は, 又同じ, 反しキリスト教, 古見の, 同訓相, 唖然として, 商売も, 図らずも, 地震国防は, 大地主さん, 如何にも仰山, 妻女は, 子供に, 学生として, 安心し, 寛文五年に, 小栗は, 少し快い, 巴郡を, 帝に, 当時の, 後から, 後代の, 徴し, 思いも, 思い切って, 恋愛の, 息子が, 惜しい事, 或る, 戦争で, 故郷が, 数週間か, 斎藤兵部という, 新政府, 早池峰山が, 昭和十三年には, 是を, 更に仏, 朕が, 本国に, 来られたならしかた, 槍の, 横浜から, 殉死しなかった, 段々肥る, 気どること, 流離より, 消えて, 照応し, 狩尾博士は, 猪口の, 生きて, 皆から, 目を, 相生さんは, 相談は, 相違ありません, 相違ございません, 相違ない, 眼前の, 知らん振りを, 社会制度が, 祖母は, 私一人が, 科学の, 突如死, 突然こうして, 素子は, 経歴と, 結果として, 自分では, 自分は, 荒法師たちが, 蟇口を, 行く手が, 行けなかったので, 裁判の, 訣別しなく, 許されなかったところ, 話して, 警官隊は, 賊は, 近ごろは, 近代の, 遅刻した, 運命が, 過ぎませんが, 道具を, 違いあるまい, 長い夏休みじゅう, 長女を, 長束が, 関らず, 雷の, 露八は, 驚ろかされた, 鶴の

▼ あったとしても~ (286, 0.5%)

23 それは 7 それが 4 今の, 私は 3 それを 2 そのため, その人, その子孫, それには, そんなこと, なんの, 其は, 少しも, 彼の

1 [227件] ああ何, あいつが, あえて不自然, あの方, あまりにも, あれは, あれほど, あれを, あんな風, いい, いきなりそれ, いつのまにか又, いやちがった, いろいろな, おそらくそれ, きみには, けっしてそんな, こういう画, ここからは, こっちは, このよう, この人, この今, この客間, この種, この窓, この精神, この解決, この話, これまでの, これを, これ以上の, こんなに忌, そういうこと, そういった悪魔的, そこには, その人達, その元, その加工, その勝負, その意味, その打明けるべき, その文化, その新しく, その時, その父, その組織, その職業上, その背後, その自殺, その衝突, その贈り物, その部下, それなら, それらの, それをも, それ以上多くを, そんな目的, だ, だね, つとに臣籍, できること, ですよ, とにかく自主的, とにかく量的個別性, ともかくも, どうしてそれ, どうして傷, どうして彼女, どうも喜助, なお且つ, なお深く, なかなかに, なにそそりゃ, ひどい違い, ほかから, ぼくたちには, またこの, また美, まだ一度, むしろその, もうすでにこの, もうとうに, もう破滅, もし実行, もっと実際に, もともと, もともと同, やがて過ぎ去っ, やはり, やはり残額, よいの, よもこれ, わたくしの, わたしの, われわれは, イタリアにおける, クレムリンの, サハラ砂漠の, ムッソリーニ賞は, 一人の, 一度も, 一時も, 七十六の, 上野介は, 不幸に, 二人の, 人間の, 人間一人の, 人骨ばかりに, 今は, 今日の, 他人には, 他国へ, 伸子は, 何も, 何人も, 余程古い, 俺としては, 僕は, 全く一時, 到底私, 動物の, 単に反, 又国民, 双方ともに, 取り立てて, 古代国民が, 古参の, 同志小林多喜二に, 同意を, 唯その, 四人の, 四民平等の, 地蔵さんである, 声は, 声を, 多くの, 多くは, 多少形体, 大して不思議, 大丈夫です, 大体において, 大局から, 大抵は, 天空を, 夫を, 夫人の, 女を, 学校で, 実感として, 宮岡警部は, 尋常と, 小さなの, 小亜細亜, 小市民的インテリゲンチア, 少し酷, 山野夫人の, 当然であろう, 彼が, 彼は, 怪塔王たちは, 悪口ずき, 慕う方, 我らの, 或は又あの, 或る, 房枝は, 技術面経済面に, 揺がぬ基礎, 散歩の, 数百年間この, 是が, 最も現実的, 極めて緩慢, 権利義務を, 止むを, 正しく深い, 正に悔悟, 死と, 殺人の, 毎夜現れ, 深淵の, 無くなるの, 無論夫, 狸の, 現在自分の, 理窟だけは, 白髪の, 皆に, 着て, 知れたもの, 私などに, 私の, 科学力に, 立場の, 第二, 答えは, 答弁の, 経済上一軒は, 絶交する, 絶対に, 耀き出さずには, 腹を, 自分には, 自分の, 自分は, 致命傷を, 若し其, 茶屋町の, 衰えるもの, 西瓜を, 要するに先生, 見そこなう心配, 見てくれの, 記憶が, 証拠の, 語中には, 資本主義化され, 足跡は, 近代日本女性の, 過去の, 遺骸に, 雀追い, 風来の, 駅員には, 高氏の

▼ あったところ~ (272, 0.5%)

64 だが, でそれ 3 である, の, のもの 2 だし, だと, です, でその, なので, の老, はすっかり, をみる

1 [233件] かまた, かも知れない, から, からお, からかぎり, からし, からそこで, からただちに, からも見のがせない, からよく, から一段と, から予備少尉, から二十五年, から人, から人間自身, から今, から今に, から仲間, から侮辱, から公事訴訟一つ, から出, から号, から唐, から容易, から山, から幼い, から従って, から思いつい, から急, から愁嘆場, から推す, から日昼数百人, から昔, から最上義光, から梅, から母, から狭苦しい, から生じた, から生ずる, から絵看板, から美作, から自ら飛沢, から自分, から葉子, から議論, から起った, から酸, から金, が一寸手, が他, が千何百町歩, が又, が意外, が日本人, が自分, が要するに, この末娘, さえある, そのずーっと, その男, たまたま御, だけが歯, だけに視点, だけれど, で, であります, であろう, でいろいろ, でう, でうかつ, でうっかり, でお, でおそらく, でおぼろげ, でお腹, でかえって, でこの, でご, でごまかしてなかった, でした, でしょう, でしょう今, ですから, ですが, でそれだけ, でたしか, でとても, でとめといた, では三ヶ月分, でほんとう, でわれわれ, で一間幅, で事件, で二階, で今, で今更, で仏様, で他, で俺, で僕, で光秀そのもの, で到底, で医者, で四辺, で広い, で当の, で悪病, で慶長五年, で手足, で新聞記者, で最上, で木小屋, で極刑, で決して, で済南, で生き, で生活, で知れた, で糊米, で結婚, で羽織一枚, で聞え, で自分, で見張り同士, で誰, で足らないだろう, で遅れ, で陽, で隊長, で非常, ということ, とみえ, と思われる, なのに, にある, にどちら, にはけばけばしい, にはしなく, にもぎっしり, にハナヤ, にマスク, に交番, に今宵, に便所, に六箇, に周囲二キロ, に大, に定家, に独特, に独行道二十一章, に着きました, に知らぬ, に納まる, に落ち, に赤い, に食器棚, のある, のいろいろ, のこの, のナオミ, のバビロン, の上手, の動物, の士族, の大金, の天才作家, の平民, の平田, の当時十八歳, の役人, の思想, の意識, の敷石, の新興, の明治二十年ごろ, の普通, の書面, の柔, の柳, の楠先生, の比露子夫人, の泉石, の神謡, の神谷定令, の米, の絵, の薪, の資本独占, の追懐, の銀貨, はすべて, はぽっかり, は現在, へあんな, へこの, へこんな, へその, へちょうど, へジャッカル稀, へ人, へ佐助, へ又, へ口, へ家老, へ左手, へ或, へ搗, へ日本品, へ来る, へ置く, へ肺病, へ茶, まで来, もある, をてもなく, をぬけ, をみ, を二人, を今度, を例, を壁, を少し, を思う, を拓いた, を無理, を百五十枚, を相手, を美しい, を見, を見る, を車庫, を辿っ, 大病院

▼ あったわけ~ (268, 0.5%)

64 では 3730 である 27 です 18 でも 16 だが 8 なの 6 であります 4 だね, でした 3 ですから, ですが, ですね 2 であるが, でしょう, でそれ

1 [39件] がまざまざ, がわかる, じゃない, じゃなし, じゃア, だし, だった, だと, だよ, であった, であと, でありしたがってまた, でこの, でございましょうけれど, でしたから, でしたが, ですし, ですその, ですでも, ですな, ですよ, でその, でたとい, でないから, でなくいずれ, でなくいわば, でなくそう, でなくただ, でなくやっぱり, でなく一般的, で光りを, で始めて, で学者, で教祖, で緑, で過去帳, なのよ, なん, になる

▼ あったとは~ (243, 0.4%)

10 思われない 5 考えられない, 誰も 4 思えない 3 いえその, いえない, 思われぬ, 言えない

2 [11件] いいながら, いえなかった, 云えない, 後に, 思えないの, 思って, 思わない, 思われません, 考えられません, 言いながら, 言っても

1 [185件] いいかねる, いいがたい, いうものの, いえあの, いえそれ, いえそれ自身, いえども, いえないから, いえないが, いえなかったと, いえぬけれど, いえまだ, いえみな空中, いえよう, いえよく, いえ一たび外, いえ事実上教育, いえ今, いえ剣鬼, いえ堂々たる, いえ彼, いえ後, いえ恋, いえ手練, いえ朝野, いえ正当, いえ決して, いえ珍しい, いえ白雲, いえ米友, いえ親, いえ近ごろ, いえ随分, いかに家屋, いっても, うけとり難い, うけ取れない, うなずかれるが, うろ覚えに, かぎらない, この羊歯, これ国史の, さすがの, さてさて浮世, それが, だれも, ちっとも知らない, とうてい言いえない, どうしても信じられない, どうしても信ずる, どうしても思えなかった, どうしても思えません, どうしても思われない, どうしても考えられなかった, どうして考えられよう, どうもおどろいた, どうも考え, なんという, ほとんど自分自身, まことに奇縁, またはそれ, みえて, もちろん言わぬ, もちろん言われない, ゆめおもっ, ドウし, 一体どんな, 一概にいう, 主張しません, 云いませんが, 云え, 云えいつしか, 云えしびれる様, 云えそれ, 云えないしまた, 云え今, 云え充足, 云え天保年間, 云え夫, 云え武田家, 云え要するに, 云われない, 今から, 今日の, 今日はじめて, 伸子に, 信じえない, 信じられない, 信じられぬよって, 信じ得ない, 信ぜられぬ, 先ず最初, 全く思い, 写真で, 初耳である, 到底信じられない, 到底思われぬ, 博士の, 古くからの, 国舅の, 存じません, 少しも, 岡鬼太郎さんの, 平次も, 彼は, 後でこそ, 思いがけない, 思いたくない, 思いましたけれど, 思いませんしたがって, 思いませんその, 思うが, 思うめ, 思えないが, 思えなかったが, 思わなかった, 思わなかったので, 思わぬという, 思われないもの, 思われぬけれども, 思われぬの, 思われますが, 思われませんか, 思われませんが, 恐縮, 情けなし, 想像する, 意外だ, 旦那だけは, 正香にとっても, 残念千万, 決していえない, 決していえなかった, 決して云わない, 決して思えない, 決して推論, 決して考えぬ, 流石に, 珍しい, 申せません, 異って, 眉唾物だろう, 知ったが, 知らず鶴, 知らなかったの, 知らなかったもん, 知るよし, 確実に, 私の, 私は, 純潔女史の, 老先生, 考えたくないほど, 考えない, 考えにくい, 考えませぬ, 考えられないから, 考えられないの, 考えられぬ, 考えられませんぜ, 考えられるが, 聞いたけれど, 自分が, 見えずまた, 見ること, 見る人, 言いがたい, 言えその, 言えないが, 言えぬの, 言えまいと, 言えませぬが, 言えもはや, 言える, 言えマリユス, 言え各自, 言え必ずしも, 言え時として, 言え民国革命後三十数年, 言え芸術家, 言わせぬ, 言わねえだから, 違った風, 違って, 驚いた

▼ あった~ (242, 0.4%)

8 のこと 54 の事 3 のよう, の話 2 からこの, だと, にはお, にはちょっと, に或, に私, はお, はどっち, はわたし, は子供

1 [199件] いきなり此, いつも女, お染, お父様, お玄関, からすでに, から二三年後, から信用, から君, から嗜虐的, から朱雀院, から此百日紅, から自らこれ, から足かけ八年目, がある, この世界, この出発点, この楼, そのゴム, その中, その夏侯惇, その時々刻々, その番組, その若々しい, たまたま妙子, だけ, だね, であった, であったから, である, であるから, です, でもゆうべ, で一時しのぎ, で将門, で私, とかまたは, とか社会, とそのままそっくり, とちっとも, とほぼ, と同じ, と同様, と所, と異, と言え, なぜか, などあれ, などは善良, などは非常, などは黙っ, など私, なんかも遠い, にあの, にお, においてマルサス, におなじ, にお前, にその, にちっと, にどう, にどやどや, にのみ些か, にはいつも, にはこれ, にはさすが, にはその, にはもう, にはもっぱら, にはよくこう, には一人, には俺, には全, には善悪, には困ろう, には御馳走, には思い入り, には或いは, には手紙, には村じゅう, には極まり, には氏名, には異見, には私, には糠, には聞かせ, には遊ぶ, にもある, にもいたんだ, にもこの, にも本当に, にも発火, にも私, にも資本家新聞, にゃこッ, にわたくし, に予, に今, に他方, に使う, に例, に侍たち, に側, に内大臣, に前途, に剣呑, に回向院, に困るであろう, に境内, に奥さん, に家具, に屋根屋, に我輩, に戦, に時, に法然, に疑問, に疲女, に病人, に目撃, に盲女, に直ぐ, に神様, に諸々, に谷中村方, に豊島, に贈り物, に身, に逐出, に逢う, に隆寛, に際し, に食堂, のつつまし, のはなし, のまま, の余り感心, の友人, の名, の御名, の心理状態, の歌, の物語, の用心, の百合子, の義務, の見聞, の言葉, の記憶, の調査, の逃場, の雑談, はこの, はその, はともかく, はどう, はむしろ, は二人, は今日, は兵, は友様, は叩ッ, は年老いた, は当番, は櫓行灯, は甲, は直ぐ, は職人衆, は都新聞, は驚ろ, ひどくやせた, までどの, もう娘, もまた, も一人, も十年不敗, も帰る, も恥知らず, も源氏, も落ちつく, よりもずっと, よりもそんな, よりも更に, よりも相手, わすれも, 一方の, 其の墓石, 再三再, 出て, 分疏, 即ちアルヴォル, 我が父, 或日公判, 断然断わる, 早速見舞, 特にその, 特に敵情, 第一部, 集まる者

▼ あったはず~ (188, 0.3%)

3929 である 20 だが 12 です 8 だから 6 ですが 5 だと, はない 3 じゃ, であるが, なのに 2 だという, であります, であること, であると, でその, では

1 [43件] お持ち帰り, がありません, がない, しかし百, じゃが, じゃがその, じゃねえ, じゃ頼母, それから筆, だし, だその, だぞ, だったがね, だとの, でありしからざれば, でありそして, でありますが, であり北条美作, であるし, であるなどと, であろうが, でございます, でございますよ, でござんすよ, ですがな, ですね, でそうして, でそれ, と思う, と観, なの, のあの, のところ, のサル, の二人, の場所, の者, の重要書類, の鐘, もありません, もなく, や, 思いつくはず

▼ あったかを~ (181, 0.3%)

8 知って 4 考えて 3 明らかに, 示して, 私は, 語って 2 はっきりと, 感ずる筈, 示すもの, 覚えて, 証明し, 語る

1 [145件] あらかじめ考え, ある程度までは, いささか知り得る, おぼえて, お話ししましょう, かなりよく示され, きわめて簡単, ここで, そぞろに, その日記, その晩, ただの, はっきりし, よくご, よく示し, よく示す, われわれは, 云うまでも, 今こそ, 今より, 今更感ずる, 保証する, 判断すべき, 区別しよう, 十分想像するだろう, 反省おさせする, 反省する, 合点し, 吾, 吾人は, 告白しないなら, 問題に, 夢にも, 実証し, 実際に, 宮様に, 少しでも, 庶民も, 彼は, 心の, 忘れたが, 忘れたらしい, 忘れて, 忘れては, 忘れるに, 忘れる人, 思いだした, 思いだして, 思いみる人, 思いやられて, 思い出した, 思い出して, 思い出しましょう, 思い出し得ない, 思い出せば, 思い出そうと, 思い起こせば, 思う, 思うから, 思うては, 思うとき, 思えば, 思わずには, 思わねば, 恥じなければ, 悟ること, 想い起させる材料, 想像させる, 想像し, 想起すれ, 感じた, 感ぜずには, 憶い出そう, 指摘し, 明らさまに, 暗指し, 極めて雄弁, 気付かれた筈, 気付くと, 気温の, 気附くであろう, 洩らして, 深く深く反省, 物語って, 物語るべく波形, 狡智によって, 現状の, 理解し, 疑わせる, 発見し, 直々に, 知った, 知った淋し, 知らした, 知らない, 知らないが, 知らないという, 知らない女たち, 知ること, 知るとともに, 知ると共に, 知ろうと, 研究し, 確かめる事, 確める, 示す, 示すに, 秘密に, 第一義に, 簡単には, 編集し, 美しい文章, 考え, 考えたならば, 考えたら雀, 考えなお, 考えること, 考えると, 考え合わせ私, 聞いて, 見いだすため, 見ないで, 見ること, 見当づける, 見逃すこと, 覚らせられて, 解くこと, 解する, 証明した, 証明する, 詳に, 詳らかに, 詳細に, 語らないもの, 語ります, 説くべきであろう, 説明する, 説明申した, 読み取り二人, 誰よりも, 質問した, 述べたつもり, 述べ蔵書, 間違えると, 静かに

▼ あった~ (179, 0.3%)

3724 である 19 だが 13 です 8 ですが 5 だから 3 だよ, であるから, であるが, では, なの, なのに, はない 2 じゃ, じゃが, だと, だのに, でしたね

1 [42件] じゃがなにせ, じゃない, だあれ, だがと, だね, で, であります, であるし, でこう, でございます, でしょう, ですから, ですと, ですよ, でまことに, で十両, で朝吉, と傍ら, と言う, に思われる, のお伽噺, のそして, のもっと, のジード, のヤッコ, の京姫, の入口, の助広, の土地払下案, の土師人, の岩, の彼ら, の武具, の硝子壜, の自分, の術道, の長, はなかっ, はなく, は無い, もない, よ

▼ あったその~ (167, 0.3%)

3 人の 2 ことが, 姿の, 日から, 時に, 時の, 男の, 頃の

1 [150件] お侍さん, ころの, ころ彼は, しめっぽさ, そよとも, たびに, ために, ときも, とき旦那が, とき遠山勘解由ひとりが, ひとの, ほかにも, ハシラが, ロマンティシズムを, 一に, 一家は, 一軒の, 上へ, 上検校が, 上逆光線の, 下へ, 並に, 中でも, 中に, 中には, 井戸で, 人が, 人も, 伯母は, 住居も, 修道院は, 借金の, 僕の, 先輩に, 公園ビヤン・ナシオナルは, 前日は, 剣は, 剣客の, 古びた建物, 古機械, 向こうに, 哲学の, 商売も, 問題を, 善思想という, 噂が, 報いで, 報いな, 声が, 夜の, 夜も, 夜中の, 夜何者か, 夜再び, 大トランク, 女が, 女優との, 娘が, 媼さんが, 子の, 宝塚の, 家へ, 家を, 家庭で, 居どころを, 島の, 崩れだ, 席は, 帰り途に, 帳面を, 広告を, 店には, 建物の, 当時の, 影響とともに, 彼自身の, 恋も, 悲しむべき光景, 意味に, 感情から, 扇子を, 手つきが, 才能と, 新聞の, 新聞を, 方が, 旋風は, 日すぐ, 日の, 日も, 早耳の, 早足自慢の, 時には, 時コラムと, 時代から, 時代の, 時分であったら, 月焼, 朝彼は, 様子が, 横丁を, 樫は, 機械の, 歌の, 永代橋へ, 沼地を, 注文者の, 浮き氷塊の, 深手を, 準備と, 火焔の, 為めに, 無花果の, 父母として, 男からは, 療治を, 相手に, 眼に, 祖母は, 箱も, 結果実が, 罪すべてそれらの, 翌朝の, 老人は, 脅迫状の, 腹癒せか, 興行的成功は, 表情は, 製造能力は, 軍備は, 軍隊を, 近傍の, 通りに, 過渡の, 邪魔物は, 金具が, 金庫を, 鑵詰屋の, 限りに, 雑誌王国の, 青年は, 頃しばらく, 頃は, 頃茨木理兵衛は, 顔は, 顔みたいに, 顔を, 髪の毛も, 黄金メダルを, 鼻の

▼ あったかは~ (160, 0.3%)

4 わからない 3 わからないが, 疑問である, 知らないが, 知らぬが

2 [13件] これを, はっきりしない, 今では, 分らない, 容易に, 後に, 明らかでない, 知る由, 私は, 自分には, 覚えて, 誰にも, 遺憾ながら

1 [118件] あとで, あとに, いうに, いかに謙信, いまは, おおよそ右, くだくだしく説く, こういう雨乞い, ここで, この, この一事, この作品, これで, さて措い, しばらくだれ, しばらく別, すぐ聞い, ずっと後, その後いろいろ, その顔色, それから, たしかには, ただ余りにも, とにかく放棄, ともかくとして, ほとんど覚え, ほんの一部, まだよく分らない, まだわかりません, まもなくわかる, むろんわからなかった, むろん誰, もとよりこれ, よく分らない, わからずじまい, わからないけれども, わからなかったよう, イタリア, キャザリン・エドウスが, チェホフが, 一向明らか, 不明だ, 中共の, 五年の, 今これを, 今に, 今は, 今日でも, 今私の, 伝説化したる, 分りませんが, 判明しない, 別の, 勝家と共に, 同じよう, 周知の, 問いも, 大凡想像が, 女の, 小町大路, 少しも, 常に議論, 庭の, 当日の, 当時も, 当時彼女を, 当時心ある, 彼が, 彼女の, 彼自らにも, 彼自身も, 後には, 後年観世流を, 御想像, 御承知, 忘れて, 急には, 想像し, 想像に, 改めて云う, 断定し得ぬ, 旅で, 是からの, 最早語る, 最近プロレタリア文学運動の, 本人たち以外には, 次の, 漸くお, 現実の, 略します, 的確に, 直ぐ正体, 知らない, 知らないし, 知らぬ, 知ること, 知れなかった, 神より, 私にも, 統計的に, 自ずから察し, 自分にも, 自然に, 船長の, 西洋の, 覚えない, 解らないが, 記してないが, 詳しく記憶, 説明する, 読者の, 読者諸君の, 誰にでも, 誰ひとり, 諸君が, 遽かに, 間もなく読者, 黒船から

▼ あったとも~ (151, 0.3%)

7 いう, いえるの 5 いえる, 言われて 4 思われぬ, 考えられる 3 いえるであろう, 云える, 思えない, 思われないが 2 いわれて, 云う, 云うこと, 伝えられて, 思われる, 申します, 考えられるよう, 言える

1 [91件] ある, いいその, いいそれで, いいますが, いい又, いい得られよう, いうの, いう真偽, いえば, いえよう, いえようし, いえるが, いえるし, いえるでしょう, いって, いわれよう, いわれる, いわれるでしょう, お知り, づなを, どこに, なかった, チンバであった, 三十幾人かの, 両説, 云い得る, 云えます, 云えますが, 云えるだろう, 云った, 云ったし, 云われる, 今では, 今話す, 伝えられ二説確定, 伝えられ或いは, 君, 告げ, 報ぜられた, 報告され, 大ありだ, 宮は, 御存知ない, 思います, 思い出す由, 思った, 思われた, 思われない, 思われなかったが, 思われぬから, 思われぬが, 想われないし, 推測される, 片足神だった, 率直に, 申せる, 知らず心, 笑わせる, 考えうるが, 考えられない, 考えられません, 考えられるが, 考えられるの, 聞いた, 聞いたが, 聞いて, 聴いて, 葺町の, 見えないし, 見えぬよう, 見られなくは, 見られる, 見られるが, 解釈する, 言いうるが, 言いこの世, 言い人, 言い得られる, 言うまい, 言えましょうか, 言えるし, 言えるであろう, 言えるでしょう, 言えるの, 言わるる, 言われぬ, 言われよう, 言われる, 言われショパン, 貞盛は, 速断が

▼ あった~ (135, 0.2%)

5 である 4 だ, であります, であるが 3 だから, のこと 2 だのに, であった, でありました, であるから, ではない, の性格

1 [100件] かも知れない, から何ら, か少なくとも, がい, がいい, がこの, がしじゅうこう, がどんなに, がなぜ, がふとした, が僕, が単純, が導い, が小説, が幸運, が情報局, が沢山, が源空, が神, が自分たち妻, が豊作, だが, だけはやっと, だった, だったから, だったとは, だとて, であり良教科書, であろう, でした, でしょう, です, ではある, でふだん, でまた, で今度貴女, で加, で医, で彼, で敵, で滅多, で自分, といえよう, との話, とみえまし, と別れた, と思い出し, と結婚, と逢う, どすなア, なので, にちがい, については一皮剥いた, には相違, に永沼小一郎, に聞いた, に親, の中, の事, の名, の場合, の境遇, の多い, の女, の心理, の晩年, の由, の考えかた, の遺児, の面影, はあまりに, はそう, はそれ, はなかっ, は六七年前, は前, は受, は日本, は死んだ, は特別, は皆, は皆恐れ, は芸術家, は若く, は記者, もあろう, もねえ, もまた, も今, も代々, も将来妻, らしい, らしいから, らしくも, をしのばせる, をよこし, を御, を教, を見, を迎える

▼ あったかという~ (130, 0.2%)

28 ことは 22 ことを 11 ような 5 ことに, ことについて 4 ことが, ことも, 事は 3 ことであった 2 ことその, ことにも, 事を

1 [38件] こと, ことさえ, ことすら, ことだけでも, ことだけは, ことで, ことである, ことと, ことにすらも, ことについては, ことのみ, ことのみが, ことへの, ことをね, のか, ように, ジイドの, 一つの, 一例が, 一例を, 事だけは, 事である, 事よりも, 事実と, 事実までを, 事実も, 問題が, 想像が, 断言は, 方面階級全体としての, 歴史について, 深い感動, 点である, 点に, 発見も, 記述に, 謎です, 限りでは

▼ あったもん~ (123, 0.2%)

19 ですから 14 じゃない 127 だから 5 じゃねえ 4 じゃありません, だね, ですね 3 か, やない 2 じゃ, じゃあない, じゃなかった, だが, だと, だな, です, ですか

1 [32件] かい, かえらい, かこの, か滅茶滅茶, か身重女, さのう川, じゃあございません, じゃあござんせん, じゃあねえや, じゃありゃしない, じゃえたい, じゃけ, じゃな, じゃねえや, じゃァねえ, じゃ無い, だありゃ, だもの, だネ, だ昨夜, であんな, でしたよ, ですが, ですという, ですねえ, ですよ, でなく, でゲス, でユリ, で助かった, で首, やな

▼ あったにも~ (113, 0.2%)

4 拘らず 3 かかわらず彼 2 かかわらずその, かかわらずそれ, 拘らずその, 拘らず私

1 [98件] かかわらず, かかわらずいかん, かかわらずお, かかわらずお前たち一家, かかわらずかつて, かかわらずこの, かかわらずこのごろ, かかわらずまた, かかわらずまだ, かかわらずわたし, かかわらずウィーン, かかわらずキリスト, かかわらずクリストフ, かかわらず一度, かかわらず二人, かかわらず人口, かかわらず今, かかわらず今や, かかわらず偶然, かかわらず吉川公, かかわらず命, かかわらず哀れ, かかわらず夜なか, かかわらず奪い合い, かかわらず定められた茶器以外, かかわらず家庭, かかわらず山海関, かかわらず幾らか, かかわらず当時, かかわらず彼ら, かかわらず心, かかわらず方位, かかわらず日本, かかわらず昔, かかわらず東方アジア, かかわらず極めて, かかわらず死ぬまで, かかわらず比較的, かかわらず氷, かかわらず江戸幕府, かかわらず源氏, かかわらず百姓, かかわらず私, かかわらず自分, かかわらず行われるに, かかわらず金五郎, かかわらず長崎地方, しろもう二度と, しろ私, せよ, せよこうして, せよこれ, せよそれでも, せよ世間, せよ外, せよ彼, せよ我々, せよ独身, せよ農人, なんにも, 不拘, 介わらず, 依るが, 係わらず無くならないうち, 拘らずあたり, 拘らずここ, 拘らずどういう, 拘らずどうしても, 拘らずコノール, 拘らずシャツ, 拘らずバークレー, 拘らずプロレタリア, 拘らず二ツ, 拘らず人, 拘らず他, 拘らず充分, 拘らず其後其山, 拘らず同時に, 拘らず奴め, 拘らず小説, 拘らず少し, 拘らず来て, 拘らず横里鯨之進, 拘らず海賊ども, 拘らず清浄, 拘らず知らぬ顔, 拘らず神, 拘らず第, 拘らず美しい, 拘らず翁, 拘わらずうっかり, 拘わらず一方, 拘わらず世, 拘わらず思わず, 拘わらず探偵小説, 拘わらず散々, 拘わらず玉, 関わらず夫人

▼ あったばかり~ (107, 0.2%)

11 では 54 である 3 だから, であった, でなくまた, でなく血 2 です, でなくこの, でなくその, でなくシューマン, でなし, で丘

1 [63件] だからね, だった, だったの, であります, でこれ, でしかも, でなくお, でなくかの, でなくそこ, でなくそんな, でなくどうか, でなくわたし, でなくドイツ, でなくナオミ自身, でなくマルクス・エンゲルス, でなく一種, でなく一般, でなく上級船員, でなく世間, でなく事実, でなく京都方, でなく人, でなく何ん, でなく作者自身, でなく共に, でなく千代子自身, でなく地域, でなく女, でなく娘, でなく婦人問題, でなく実, でなく実際, でなく尋常, でなく彼, でなく彼女, でなく後日, でなく心から, でなく性生活そのもの, でなく戦後, でなく文壇, でなく既に, でなく日本, でなく毎日毎日手入れ, でなく江戸城内, でなく河原, でなく狼藉, でなく現世時代, でなく石井, でなく老, でなく腕, でなく英雄中, でなく蘭学者, でなく転調, でなく陸上, でなく非常, でも, で他, で死んだ活きたの, で決り, で誰, で金目, なので, なん

▼ あった時代~ (106, 0.2%)

6 である 2 にその, には是, もある

1 [94件] かも知れぬ, からこれ, からはか, から三十年, があった, があまり, がある, がよい, が恥ずかしく, が日本, が確か, が続い, が続いた, が過ぎ, だ, だとも, であったから, でありこの, ではその, ではない, で電子, という, というの, とはまったく, とは違います, と共に早く, と同じ, においてこれ, においては太閤, において原子, にさかのぼっ, には, にはあの, にはあるいは, にはそれでも, には内親王, には地方, には多く, には自己, にもこういう, にも他, にサマイクル, に体験, に八幡楼, に平中, に書かれた, に書上げ, に比較, に脳, に花袋門下, に警視庁, に贋, に遠く, のにおい, のもの, のソヴェト, の作者, の友だち, の懐かしい, の書簡, の現象, の産物, の痕, の祖先ら, の私, の織田重臣, の習慣, の運動, の遺物, の面影, はすぎた, はそれだけ, はとうに, はない, はよく, はプロレタリア文学史, は国民性, は既に, は相応, は過ぎ, は過ぎ去った, は鎌倉時代, またとにも, もあった, も一度, も今, を一期, を思い出す, を想像, を考え, を起源, を顧みなけれ, を髣髴, 特に封建時代

▼ あった場合~ (103, 0.2%)

3 にはその, にはどう, には私 2 にそれ, にはそれ, は

1 [88件] あの人, かもしくは, がない, がなく, が多い, が多かっ, そのとき自分, その近所, だ, でなくては, でも総, とで又, と男性, どうしてこんな, ならば, に, にいう, にお, にこういう, にこちら, にこれ, にさ, にその, にでもその, にはこの, にはこれ, にはさっそく, にはすべからく, にはどんなに, にはひと, にはほとんどきまって, には仮令, には何, には何もかも, には何人, には価格, には其印象, には必ず, には必庭園, には必然命, には朗読, には田中家, には疑い, には知らせ合う, には筆, には簡単, にもです, にも結局幾群, に他人, に依頼, に同胞国民, に向こう, に市塵庵, に役立たせる, に彼等, に時間通り, に村人, に私, に都市, に限っ, に限られ, のこと, の御馳走, の時, の用意, はすぐ, はせっかく, はない, はなく, はまた, は世間体, は何, は大変, は彼, は忘れる, は華頂氏, ほど価格, もある, もそれ, も不賛成, も多い, も多かっ, も多く, を予想, を考え, を考える, 又況ん, 果していずれ

▼ あったとき~ (99, 0.2%)

3 のこと 2 には自分, のよう, またはその, 少しの

1 [88件] ある大公, おすぎ, かあるいは, からヤッカイ者, から十数年, このバッジ, この町並み, さえある, その上, その女性, その工場, その成長, その男, その話, たびたび話, たぶんその, だ, だけ, だけに自分, だって別れよう, だって私, でしたね, でもあの, で日本, とはまったく, と同様, と嫁, にかかげたる, にからだ, にその, にはあなた, にはこの, にはそこ, にはその, には必ず, には最も, には理窟, には私, には言わば, には長谷川さん長谷川さん, にもその, にもアマーリア, にも私, に不, に何時, に外野, に大きく, に感じ, に海老名弾正君司会, に自分, に身, のため, のほか, の弟, の日記, の森厳, の用意, の習慣, の遣り, はこの, はこれ, はどう, はなんとなく, はもう, は偵察ロケット, は出水, は小僧さん, は格別, は此, は遠慮なく, またほえあった, もあった, もうじき, も家隆, よりはさらに, よりもさらに, よりも一つ, よんで, ゴロゴロし, 不勉強, 単にそれ, 固くそれ, 奇しき風, 悪くする, 焼けのこった文殊閣, 知らして, 見覚えた通り, 過って

▼ あった~ (99, 0.2%)

3 の母, の父, はこの 2 としてはマー私, には人間, は大きく, は彼, は時々

1 [80件] がいたく, がお, がおお, がかけつけました, がそれから, が小説, が彼, が未見, が村住い, が母, が縦, が近づいた, が選んだ, が高村幸吉, であるが, ではございません, と七ツ, にとって自然, にはそれ, にはそんな, には久し振り, には大して, に委ね, に最後, に談, のあやまち, の一族, の下宿, の両親, の亡兄丈太郎, の前, の家, の後, の心, の村, の為, の目, の肉体, の荷物, の足もと, の顔, はある, はかまわず, はその, はそれ, はとうとう, はどう, はほんの, はもう, はフト, は一, は二十五年度, は何, は何だか, は到底, は夏休み, は夜, は夢中, は大きい, は大阪, は学問, は宿屋, は寧ろ, は少し, は悪人, は懇ろ, は物心, は目, は自分, は苦笑, は足掛け五年, は随分, は驚い, もこう, も逢いとう, も頗る, をほんとに, を今, を訪ね, を連れ

▼ あったこの~ (90, 0.2%)

3 老人は 2 上も

1 [85件] あたりに, あたりは, うえも, お城, お美しい, なあー, より高い, 一日の, 一行に, 主教が, 事実こそは, 二つの, 二人の, 二品どうやら, 五年の, 人々も, 人かつて, 人が, 人に, 人の, 人気を, 作家の, 先生は, 内容選択までが, 前は, 劇場の, 古歌, 名高い関所道, 哲学者でも, 地方では, 声量美声表情の, 外に, 契約書は, 女だけを, 女子を, 女礼を, 婿君を, 家も, 小川の, 尺八の, 山の, 岩角の, 市は, 教会を, 日は, 時は, 木が, 本を, 村では, 東北地方に, 根岸の, 汽船の, 混合物は, 物質の, 独特な, 甥に対し, 男が, 男には, 男の, 男は, 男も, 男剣術柔術が, 神は, 積極的新, 立派な, 笠松街道も, 節度という, 範疇に, 胆吹王国の, 自分と, 蓼を, 裲襠と, 要求が, 言葉も, 赤い雛壇, 辺一体の, 部屋が, 野郎は, 金を, 長姉の, 防寨は, 雑誌を, 騒ぎの, 鬼神は, 鳥は

▼ あった~ (89, 0.2%)

3 のこと 2 はその, を思い出し

1 [82件] あの屋台店, ある正月, ある行き, いかなる拷問, かいた, から, からおよそ, からすでに, からの蛇, からミサ子たち一団, から其池, から教授, から既に, から胚胎, から見る, その部下, だ, だった, であります, でありますから, である, でこの, ですから, ですが, ではございませんでした, でも夏, でも宴会, で世間, で私, で車掌さん, とか, と今日, ならそうした, にある, にお前, にでき上った, にはもう, には一町毎, には五人, には国王, には少なくも, には山内, には方八町, には水草, には浪人組, には自分, にも其明眼, に丹後, に召し抱えられた, に当る, の, のよう, の一主婦, の動力線, の感覚, の様, の私, の立派, の立身出世, の筆生, の若木, の記憶, の誤り, の趣味, の遺風, の風俗, はどうしても, はテューヌ団, は作家同盟, は史談会, は夜, は彼女, は柳橋, は相当, は確か, もしそうなった, を思出, 同藩, 多分読売新聞, 好く内, 或る, 掘抜いた地中

▼ あったとか~ (86, 0.1%)

6 なかった 3 いうので, いって 2 で, 云うの, 彼の, 聞いて

1 [66件] あるいはまた箪笥, あるいは八丈島, あるいは祖父母, あるいは親戚, あるとか, いうが, いったよう, おもしろく無かった, こう考えたらしい, その他いろんな, その実, その対立, それも, そんなこと, ついには, であるいは, でなかなか, でサエ, で伊之助, で借り手, で家並, で私, で自分, で行方不明, どれも, またある, またその, もはや本, ヘタであった, ロマンにも, 一昨日墨堤を, 不軌を, 亀一様を, 云うが, 云うよう, 云うデ, 云う事, 五六尺も, 他人の, 刑事乗り込ん, 博徒の, 口々に, 土蔵に, 大事に, 天皇と, 夫が, 子供が, 彼は, 思いも, 思って, 或いは怪しい, 或はまたその他, 或は筑摩家, 承る, 日頃の, 申して, 申しまして, 申します, 申す噂, 知人に, 研究の, 聞きおよびます, 聞きました, 肩が, 貞操が, 饗庭篁村氏の

▼ あった~ (84, 0.1%)

2 は晩年

1 [82件] がいつか生存適応者, がすこぶる, がその, がちょうど, がどうして, がメンシェヴィキ, が天下, が後年ほんとう, が着せられた, が自分, が若い, が顔, である, ではある, とは別人, にとっては重大, にはひと山, には無理, のお祖父さん, のお金, のこの, のその, のひとみ, のニヒリズム, の体験, の十六, の女, の姿, の嫂, の家庭, の容貌, の市郎, の徹底的, の意志, の手, の泣く, の焼物, の父方, の目, の眼, の笑い声, の結婚生活, の罪悪意識, の習性, の虐政, の衣服, の誰, の足利時代, の青年時代, はうしろ, はうそ, はこう, はこの, はそれ, はそんな, はとうとう, はスウィス, は一八七九年, は丈夫, は今, は今や, は先ず, は再び, は十六七, は叔母, は同じ, は大津絵, は思わず, は日記, は段階説, は現在, は病床, は競争者, は美的, は自分, は自動車, は飽くまでも, もソヴェト農業, も俄, も頗る, やモリス, を文学

▼ あった~ (83, 0.1%)

3 のこと, の夕方 2 だ, で私, にゃあ, の午後

1 [69件] からある, からきょう, からこれ, からわたし, から一日, から五日, から半月目, から幸内, から泊りがけ, から病気, から門, がすく, がよい, だった, です, ですよ, と前後, なので, にでも一日, にはこの, にはそう, にはそれ, にはとても, にはどこそこ, にはまだ, には一, には人間, には土地, には家中, には工事半ば, には当て, には明智, には殿, には私, には自分たち, にゃお, にゃおいら, にゃア此, にゃア腹, にゃ夜道, にゃ法返し, にゃ酒, にパン屋, に元町通り, に宮内, に岸本, に当たる九月二十二日, に競馬, に衣食, に限っ, の二分, の光, の前, の夕刻, の夜, の数分前, の日記, の昼, の暁, の暮れがた, の翌朝, の貧弱, は大変, は帰り, も例, も養父, を恥じた, 大高名, 映の

▼ あっただけに~ (82, 0.1%)

3 私は

1 [79件] ああも, あきらめきれないもの, あらかじめ今日, いちばんおとなしい, いっそうその, いま自分の, おしもと, かれが, こうなった, ここへ, この, この結末, すぐにも, そのびっくり, そのニュース, その存在, その旨, その結果, ちょうどそれ, どんなに日本的, なおさらそうであった, なおのことそれが, なかなか大きな, なかなか希望, やはり彼, やや露骨, チットも, マンを, 一つも, 一層彼女, 世間の, 之亦, 今でも, 今の, 何でも, 何んと, 係官たちは, 信長の, 借りる方, 入場料の, 再び戻っ, 出た当時, 到底短期間, 刺激が, 土着民は, 外国の, 大変あたしを, 幕府の, 彼等には, 忍剣の, 忽然たる, 恐らく五十万ルーブリ, 感心に, 手痛かった, 探偵小説なる, 木工金工に, 板倉重宗が, 楳嶺先生の, 極めて厳粛, 横川とは, 毎日悲し, 洋髪にも, 源之助が, 物の, 益々深く, 矍鑠として, 穴が, 罵られるの, 葉子の, 著者の, 衰えた今, 認められること, 諸人の, 迷うこと, 迷信に, 途中で, 銭形の, 頭から, 養子では

▼ あっただけ~ (78, 0.1%)

10 である 85 です 4 だった 3 では 2 でした, でその, なん

1 [42件] あちらでは, おあい, そしてエドガア・スノウ, そのこと, それだけ, それ丈上手でした, だから, だったので, だという, だよ, であった, であと, でこの, でこれら, でさえ, でしょう, ですから, でその後, でなく信者, でなく同時に, でなん, でなんら, で別に, で又, で味, で小説, で引きつづき永, で折角, で無事, で誰, で顕家以下, なの, なので, みんな持っ, 今では, 子供と, 安房峠を, 悲惨さは, 故矢張り有益, 眩ゆい, 美くしかった, 自分の

▼ あったせい~ (74, 0.1%)

6 もあろう 3 だ, である, であろう 2 かも知れない, だろう, であろうが, でも, もあった

1 [49件] か, かここ数日, かごく, かし, かその, かそれ, かふつう, かもしれぬ, かよけい, かピオ, か一向に, か乗客, か乾物, か今度, か今日, か出産, か同じ, か否, か左, か店, か手術, か既に, か次郎, か毎回非常, か灯, か燃えあがる, か珍しく, か翌日, か虫, か誰, か長い, か電話, だと, だろうか, だろうと, であろうか, でしたろう, でしょうが, です, でもあった, でもあったろう, で火の手, の由, は勿論, もあり, もある, もあるだろう, も多少, らしい

▼ あった~ (72, 0.1%)

18 がいい 7 がよい 4 がよろしい 2 の青年

1 [41件] がい, がおもしろい, がすべて, がどうも, がどこ, がどの, がなお, がはるか, がまだ, がむしろ, がよ, がよかっ, がよろしゅう, がわかり, が喜ばしい, が大いに, が宜, が幸い, が慥, が結ばれ, が結局, が自然, が見栄え, が面白い, だから, ですから, でその, で其当時私, なので, に建っ, に惜しん, に近く奉公, のうち, の溝, はいわゆる, は無事, は長, もいいし, ゆえ長く, を使った, 振武

▼ あったかの~ (67, 0.1%)

29 ように 4 ような 2 ようにも, 証拠を

1 [30件] いずれかに, お嬢様が, ごとく, ごとくぼかして, ごとく一部, ごとく彼女, ごとく手足, ごとく考えて, ようだ, ようであった, ようにしか, ルカッチは, 判断, 友と, 売店へ, 夕方に, 奈良朝時代において, 女等が, 如くに, 如く盲信し, 如く観察せられる, 山屋敷の, 店前に, 感を, 有名な, 第一, 花やかな, 観が, 逆袈裟がけ辻斬り, 頭山邸は

▼ あった~ (66, 0.1%)

2 嬢さまの, 岩の

1 [62件] あんという, かなと, かみさんも, しるこや, そばや, たまの, とうさま, とらと, とらは, ひつを, ゆうの懐かしい, 三宝の, 人が, 人ぞ, 俊を, 六の, 兼さんの, 内儀さんも, 医者さまでした, 千代の, 台座の, 吉に対して, 君が, 君を, 品々じゃ, 城は, 増の, 外套を, 妾さんが, 屋敷ゆえ黙っ, 島と, 島の, 帰りに, 店の, 弟子でも, 慶は, 手紙が, 民です, 浜の, 浪の, 琴を, 篠という, 籠り部屋, 粂の, 糸の, 糸幼馴染の, 絹という, 絹の, 繁だけ, 茂登の, 蘭の, 角も, 誕生祝いの, 道具を, 重箱の, 銀の, 銀様が, 関の, 関は, 露と, 高を, 鷹べやは

▼ あった~ (65, 0.1%)

2 だと, である, へ維新

1 [59件] かそん, から二三尺横, から後, から染めた, から約, から附会, が, がこん度, がほんのり, がよそ, が今, が市内, が毎日二十センチ, だが, だけはこの, であります, であるから, であるが, であるに, でございます, です, でその, でとても, でまだ, で押す, で歴史, で美しい, と伝えられ, などをあわて, なので, にせよ, にはちがい, には村, には田畑, に四名, に自分, に行っ, のその, のソクラテス, のバラック, の一歯科医, の国王ウィリアム, の崖下, の玩具, の魚, の黒子, はたとえば, は元, は少く, は後世, は無い, は綱坂, へ, へそれら, へ手, まで続い, を掘り返し, を解け崩し, を開い

▼ あったとの~ (62, 0.1%)

11 ことである 10 こと 8 事である 3 ことだ 2 ことで, 事だ, 事を, 話も

1 [22件] ことお, ことそれを, ことであった, ことでした, ことです, ことは, ために, 事で, 事であった, 事実が, 事驚一驚, 噂で, 故障を, 旧説, 確信を, 証拠には, 評判が, 話, 話を, 説が, 説と, 説も

▼ あった~ (61, 0.1%)

26 では 6 でも 3 だが, である, ですな 2 だ, であろう

1 [16件] けでしょう, じゃない, じゃないでしょう, じゃなし, だからね, だと, でこれ, です, ですね, でただ, でない, でなく全く, で中村屋, になる, もあろう, を話したら

▼ あったあの~ (60, 0.1%)

1 [60件] おそろしい地下室, がらくた古物商だ, さかずきには, ひらたい岩, ゆうれい横丁, プーシュキンの, ヴェスヴィアスが, 一つだ, 一本の, 丈夫な, 人と, 人も, 元傅育官, 六号の, 印籠と, 可愛い姿, 向う見ずな, 壮麗な, 多くの, 夜の, 夥しい黄金, 姿きめ, 子供, 子爵の, 宵節句の, 岩小屋へと, 席札の, 年の, 店じゅうで, 店は, 弱小三河の, 怪しい大型自動車, 恋愛も, 恐しい, 慈悲ぶ, 手で, 手紙, 日曜日から, 日曜日の, 昔に, 時お目にかかった, 横の, 気味の, 水蓮の, 水車です, 水門は, 獣を, 盃を, 穴な, 紙包を, 美しい記念, 美紅姫に, 虐殺は, 質屋すなわち, 運命の, 雑居房に, 雪の下の, 頃の, 騒ぎに, 骸骨ね

▼ あったそれ~ (60, 0.1%)

1 [60件] から再び, から原敬氏, から早速, から突然, から間もなく, が, がため, がつまり, がもしか, が亦, が又, が在った, が大局, が奴さん, が数年間, が正銘, が潜在意識, が細君さ, が逆, だから, だけれども, で汲み得る, とたった, と同時に, にこの, について芸術家同士, にひきかえ, に似, に做, に細かく, に青い, は, はと彼, はなんと, はよほど, は七兵衛, は困難, は外, は多分, は実践的論理, は恐らく, は瀟洒, は看守, は立憲前後, は紅屋, は贋金遣い, へ載せ, も甕, をこの, をそのまま, をエレオテジウム, を三畳, を今日, を信じかねる, を吾, を喝采, を居士, を彼, を抱き帰っ, 故に神

▼ あったには~ (60, 0.1%)

27 相違ない 10 違いない 3 ちがいない 2 あった, あったが

1 [16件] あったけれど, あったと, ありましたが, ありましたの, ちがいなかった, むっとし, ピグミーも, 有ったん, 疑いない, 疑無い, 相違ありません, 私も, 違えねえ大概, 限らぬ, 驚いた, 驚きましたね

▼ あったじゃ~ (59, 0.1%)

21 ないか 15 ありませんか 10 ないの 3 ござんせんか, ねえか 1 ここにも, ないかと, ないかね, ないと, ろか, 小禽の, 間に合わない

▼ あった~ (49, 0.1%)

2 ですから, に思う, のよう

1 [43件] いくら待っ, が何事, ごきげんようお立ち帰り, せめてもの, その名残り, たちまち息ふき, だし, だった, だったので, だ多少, であった, でどうして, ではお, では岸本, でもうこ, でようやく, で一言, で何となく, で気, で誰, で鼓, などへ泊っ, には旅館, にも我々, にも鼠族, にやっぱり, に大, に彼等, に急, に薬舗, の不祥事, の出会い, の町, の郊外, はただ, は俊寛, は甚不興気, へもの淋し, むしろ無事, やがて最後, やっと応接室, 愈, 故樹

▼ あった自分~ (49, 0.1%)

2 の帽子

1 [47件] から転げ落ち, がさらに, がそんなに, が手, であるから, であるとも, としては最初, と先生, と思わなけれ, などという何, にいい, に話された, のまえ, のまた, のもと, の一身, の信頼, の夢, の家, の巣, の恋, の扮装, の昔, の晴着, の書斎, の熱, の箱, の良人, の若い, の貰い, の鋤簾, はこの, はそこ, はその, は少し, は故人, は良人, もこの, もその, も紙鳶, をしみじみ, を医師, を懐いだした, を発見, を省み, を苦しめた, 亦これ

▼ あったかが~ (47, 0.1%)

8 わかる 2 しかつめらしく咳一咳, 想像される

1 [35件] うかがわれる, おもしろい問題, おわかり, よく分る, わかると, アラカタお, 充分に, 分ります, 分ると, 分るよう, 判って, 判りましょう, 判るが, 問題では, 問題に, 察しられる, 察せられましょう, 察せられるだろう, 思いやられる, 思われるの, 想像されるだろう, 想像されるで, 想像されるであろう, 想像出来るであろう, 感じられた, 推測されよう, 推量される, 疑問として, 知られよう, 知れないの, 窺われる, 腹を, 解るだろう, 訳して, 読みとれるの

▼ あった~ (46, 0.1%)

2 の例, の物質的下部構造, の生産力

1 [40件] から為朝一名, が翌日, その名高い, だ, だね, であの, でございますか, です, で六間堀, で明日一日, で泣く, にあるだろう, には今, には神社, にむかし番太郎, の, のかの, のもの, の一般性, の今, の併, の個人心理, の対象, の従来, の性格, の教父聖アウグスティヌス, の新聞, の日本主義哲学, の空間, の観照的, の資本, の資本主義的生産関係, の通時間的, の高踏的, は沼, は震災後道路, へかけ, へ往, を吉さん, を歩い

▼ あった~ (46, 0.1%)

2 か, が

1 [42件] から申せ, がハッキリ, が主人, が俄, が凡下, が少なくとも, が時, じゃ, それに誰, だ, だが, である高橋氏, でございますね, です, では, で君恩, といっ, としてふたたび, として何, との結合, と同等, と見え, ならだれ, には山県大弐, に武田信玄, はお, はそれ以上, は三人, は偉大, は大いに, は皆, は誰, は麦, ばかりだ, まで流行, もない, よりもほとんど, らしく初め, を急, を招集, を表彰, 少なからず

▼ あったって~ (45, 0.1%)

2 いうん, 私は

1 [41件] いいましたぜ, いうじゃ, お前さんの, ここを, ことは, ものさ, ヘイチャラじゃ, ベソなんか, マドンナぐらい, 一軒だって, 不思議は, 今頃下る, 仕方が, 何に, 何の, 口惜いにゃ, 堪りませんよ, 壊えっ, 大丈夫だ, 対手は, 小説は, 差支ありません, 底無し穴へ, 我々警察の, 構や, 構わないじゃ, 構わん, 正常な, 汝の, 相手が, 粉な, 詰らねえや, 象の, 貰う物, 貰わずに, 足りは, 邪魔なんか, 里春を, 食い逃げを, 駄目だ, 驚きやしません

▼ あった時分~ (45, 0.1%)

2 のこと

1 [43件] から, からいいました, からお, からの気習, から思う, この辺, こんなこと, しばしばつかわれた, じゃねえ見物, その原, その豪快, だろうな, とは庭, にお, にこの, にその, にはあなた, にはそこ, にはその, にはそれ, にはへいへい, にはチベット, には毎年一万五千磅, には法王, には茂作, にインド, にヘリウム, に中, に山川浦路さん, に政府, に死ん, に激, に私, に誰一人, のモスクワ, の下町情緒, の母親, の私, の築山, の話, の顔, は夏, は麓

▼ あった~ (44, 0.1%)

3 である 2 か私

1 [39件] かとも解せられる, か昔, か漢学, か瀑壺, だろうと, であると, であろう, であろうと, でここ, でしょうあなた, でその, ではなかろう, でもあろう, に, にすこし, にそこ, にその, にそれ, に三峠, に外, に奇異, に少年, に広く, に改札口, に暫く, に沙漠, に泉, に熱田神宮, に私, に絶えず, に自然, に苦しまなかった, に遂に, に遠い, の名, ばかりで, またお前, もあろう, 一層疲れる

▼ あったくらい~ (43, 0.1%)

9 です 4 だ, だから, である 2 であった, ですから

1 [18件] だそれ, だった, だよ, でありました, であります, であるから, であるが, でご, ですよ, でそこ, でその, でただ, でまず, で御, で雪隠, なの, な事, 四囲は

▼ あったころ~ (42, 0.1%)

1 [42件] ある日夕立, からそれ, からの不義, からの引き続き, からの芸術愛好家, から音楽, この人, その指導的, その物蔭, だから, であります, でもう, で徳川公爵, と同じ, と少し, なら死ぬの, にした, にはある, には川越, には必ず, には自分, に今, に取りきめた, に四十位, に書かれた, に比べる, に行動, のこと, のよう, の味気, の浅草, の自分, の話, は, は人目, は夫, は年, は特別, は鍬, よくルーズベルト, 同じ相馬様, 大公爵邸

▼ あったとして~ (42, 0.1%)

3 それが

1 [39件] あなたは, いやそう, お椀, きみは, さてその, さてそれ, その勇気, その場合, その娘さん, それでは引き続い, それで社会, それと, それに, それは, それへ, そんな気, ではそれ, まず犯人, もし八太郎, 一般人口の, 三百回以上同一進路に, 世間に, 仮りに, 何の, 君は, 報告する, 引っ越しを, 御覧なさい, 悲しんで, 拙者が, 日本の, 止むに, 残したの, 私の, 筆を, 自分が, 自分は, 説明する, 誰か

▼ あった~ (42, 0.1%)

2 に聞く

1 [40件] そのため, であるから, でそれ, でないと, でなければ, でまた, で加州, で土, で大体, にいつも, におれ, にきょう, にことに, にしかも, にその, によ, に世, に世間体, に予定, に住居, に力, に危険, に又, に友人, に同勢, に夜どおし, に巡, に彼ら, に日露戦争直後, に熊吉, に経済上, に美術, に被害者, に赤耀館, に連れ, に非常, は, は両, 一向人, 御一人

▼ あった場所~ (41, 0.1%)

2 に戻し

1 [39件] から店, さ, だけが全く, だろうか, でありお, であろう, と云う, なの, にはチョーク, には何, には新しく, には燻製, に同, に建っ, に戻りつい, に持ち運ばれる, に散らばっ, に落ち, に行き, に行き合わせた, のはんた, のへん, の対岸, は, は何処, は昔, へ出た, へ引返し, へ往, へ買物, までが指, まで来ました, もわかっ, をお祓い, をぽん, を手, を手探り, を指し, 即ち三条河原

▼ あったあと~ (39, 0.1%)

1 [39件] だけがいや, だそう, だのに, で, である, であんなに, でこんな, です, ですから, でその, でね, ではしかし, では後宮, では真実, でまさか, でも, でもああ, でジーモン, で一番面倒, で厩, で参詣, で父, で王女, で生きた, で秀吉, で組頭, とは思われない, なので, のお, のよう, の三人, の源氏, はどういう, は当分, は白紙, は罰金ごっこ, やっと食卓, をなお, を見

▼ あった大きな~ (39, 0.1%)

2 木の, 鉄の

1 [35件] かしの, がじ, くずかごの, しいの, にもつ, テーブルが, トランクを, ランプが, リンネルの, 双眼鏡に, 反動とも, 司令旗の, 型定規の, 埃溜の, 大岩を, 姿見の, 建物の, 徳利が, 意慾が, 旗下邸の, 書店の, 材木が, 松の木は, 歯車じ, 瓢を, 石に, 石を, 硝子箱, 花活を, 角材を, 部落が, 金魚鉢の, 鉄材が, 陥没を, 麻袋に

▼ あった~ (38, 0.1%)

2 である, であるが, です, をし, をした

1 [28件] か其処, がある, が出, が西田先生, が途中, じゃありません, じゃそう, だが, だそうな, だと, だという, であるから, で少し, で義経, などきく, なの, なので, に聞いた, のうち, のよう, はただいま, もきかぬ, や父, をしはじめました, をしましょう, をし合う, をそのまま, を聞かない

▼ あった彼女~ (36, 0.1%)

2 に最後

1 [34件] には何, には婦人大衆, には少なから, にもこうした, の場合, の子供, の小, の従兄, の性格, の方, の最初, の歇私的里, の熱情, の父, の特別, の生活, の生活環境, の花々しかっ, の荷物, の頭, はある, はそこで, はその, はそれ, はとくに, はクウフリン, は今や, は必要以上, は時間, は最後, は津田, は胸, は自分, も汽車

▼ あったのみ~ (35, 0.1%)

4 では 3 ならずそれ 2 でそれ

1 [26件] である, でなくこの, でなく古来, で何となく, で奉納, で寂しい, で敵味方, で翌, ならずわたくし, ならず二葉亭, ならず今, ならず前長吏, ならず同じ, ならず名優, ならず女軽業, ならず子規氏生前, ならず役, ならず後, ならず歌, ならず父, ならず生理的, ならず画人, ならず自分, ならず良質, ならず養母, 取りつく島

▼ あったほど~ (34, 0.1%)

6 だから 5 である 3

1 [20件] この分, そのよう, その瞬間, それほど旅, だった, であって, でこっち, でございます, でした, ですから, で事実そう, で前, で向, で甲斐, で自分, とにかくそれ, なの, なので, 執拗に, 巍然と

▼ あった~ (34, 0.1%)

2 がない, しは, だと, の, はない

1 [24件] が多い, が無, しが, しがない, しがないぞ, しもない, しもねえだ, だが, の国民的政治常識, の如く, の小間物屋開店, の有明荘, の梨子地, の槽, の科学的世界観, の花籠, の解釈哲学, の郊外, の門札, の黒奴, はありません, はねえ, もたま, をひどく

▼ あった~ (34, 0.1%)

2 である

1 [32件] から自分, さ, であり彼, では亭主, でもいつか芸者, で一番, で生まれた, というもの, と運命, の中, の内, の前, の増築, の子孫, の窓, の簷下, の軒端, はその, はただちに, は何処, は分離, は表, へ帰っ, もある, らしく陰惨, を, をそれから, をたずね, を中心, を売った, を挙げ, を畳ん

▼ あった~ (34, 0.1%)

4 です 3 だ, である 2 でございます

1 [22件] だが, で, ですが, で四月, なと, ななかっ, な殺人甘味, に, におっしゃいます, にも思っ, にも思われる, に久求, に云われる, に内地, に天井, に宮城, に彼, に思っ, に思わず, に思われます, に絶えざる, に覚え

▼ あった故に~ (33, 0.1%)

3 これを

1 [30件] いつも浜, これが, その当時, その後永く, それが, それを, たまたまそれ, だんだんと, 何かかわった, 元は, 十分には, 印象が, 小野は, 彼は, 性格概念は, 愛は, 教えるにも, 日本の, 是ほどにも, 時としてこれ, 最も細心, 最初から, 根ほり葉ほりし, 爰に, 物音も, 用途は, 神の, 私は, 自然に, 鼠が

▼ あったものの~ (32, 0.1%)

1 [32件] おなじ王子, お心, この醜態, ごとくに, ごとく想像, さきに, その笑い声, その間寝入った, それが, なおまたその, なお且機嫌, 一方では, 人恋しさ, 今に, 全部では, 同時に単調, 同時に妙恵, 外の, 如くそれぞれ部下, 子孫が, 宗家の, 少しまだ不安, 影に, 戦わざるに, 所詮かれ, 消え残りの, 由です, 痕跡は, 眼に, 組んずほぐれつ下, 胸の, 自働車

▼ あったからと~ (31, 0.1%)

8 いって 4 云って 3 いうこと 2 言って

1 [14件] いい穴, いうの, いうわけ, そう云っ, もう一つ, 云うばかり, 云えないだろうか, 云っても, 思う, 持って, 申して, 答えるきり, 答え得る人, 考えたの

▼ あった~ (30, 0.1%)

1 [30件] から極力, がそんな, がみな美人, がよもや, が二十歳, が子供, だった, であるか, であるから, ではある, ではなく, とは相, と一緒, なら話, に血, のよう, の事, の名, の手, の方, の足, の足跡, の道具, はこの, はもっと, は何十百人, は急, も病気, をそのまま, をつくり

▼ あった~ (30, 0.1%)

4 である 3 であるが

1 [23件] から僅か, が七回, が十回, すなわち今, でございます, でした, でね, で旧暦, で西郷隆盛, とった男, と月, には, に武蔵, に西美濃, に限っ, のこと, の九月頃, の何, の初夏, の秋, はもう, へた, 若い側室

▼ あった証拠~ (30, 0.1%)

3 である 2 だと

1 [25件] だ, だったと, で, であり事, であり周防大島, であり王室, でお, ではありますまい, ではない, で山木, で義光, として心はればれ存じ, と又, なの, には, にはひと度, には北の方, には啄木, には始め, には彼, に政府, はない, は明治五年十一月三日付, は近松門左, をこの

▼ あったそして~ (29, 0.0%)

1 [29件] お言葉, そこには, その怒れる, その思想, それは, それも, できるだけ長く, コタン夫人は, ファンティーヌは, 健かであった, 吾, 声聞師の, 外国にも, 女の, 妹が, 少女は, 彼が, 彼は, 彼女は, 手続きは, 普通なら, 暗闇に, 歴史科学のみが, 淡黄色い光り, 火遊びでなく, 相手の, 神話は, 私は, 食事が

▼ あった~ (27, 0.0%)

2 である, や女

1 [23件] がいや, がここ, がそこで, が向う, が宇治, が皆んな指, だ, だが, であったが, であります, であるが, と同棲, と早速, に出逢った, の体, の冐險談, の子ども, の方, はそれ, は又, は誰, を呼びよせ, を首

▼ あったからこそ~ (26, 0.0%)

1 [26件] ああやっ, あのころ, あの光明, あの驚くべき, あれだけ, うまくいった, おとなたちが, こういう失敗, この日本, そう云っ, である, であるが, キュリー夫人が, 今日法典集の, 伸子は, 勝ったの, 却って現実内容, 当選した, 忍従の, 意識の, 戦争中の, 断たれて, 明け暮れ同じ, 時の, 自分が, 自然は

▼ あった~ (26, 0.0%)

1 [26件] がこれ丈, が今, が使える, が俄, が八重洲町, さえそして, でさえも居間, にいえ, に比べる, のお, の妹, の愛, の社宅, の遣り, の遺産, は二十五歳, は恐らく, は旅, は明治初年, は母, は雄弁家, は黙っ, も折々, も起き直っ, より生まれ, を亡くした

▼ あったんで~ (25, 0.0%)

1 [25件] お神さん, がすから, さあ, そうきめた, そのこと, その板, それ持っ, ちょうどきょう湯島, ちょっと参ったです, ちょっと妙, どんな事, なんだかお嬢様, 一刀を, 何だか元気, 余は, 夜が, 大変な, 少し驚いた, 思いだしたらしいん, 息子が, 自分でも, 舞台を, 警察から, 近頃は, 野郎たちふたりで

▼ あった人々~ (25, 0.0%)

1 [25件] がその, がどの, が一転, が今日老大家, が彼等, が溌剌, さえもが最初, だけである, であります, である, とそれ, によって語られる, の或, の方面, の眼, はその, はどういう, はもっと, は光一, は執筆者, は雪, への御感, よりも遙, を一人一人, を見た

▼ あった~ (25, 0.0%)

3 ですから 2 だ, だから, である

1 [16件] いです, だという, だよ, で, であろう, です, ですもの, でその, で一寸, で一通り, で御座います, なので, のこと, のもの, の事, の酒

▼ あった~ (25, 0.0%)

2 でもあろう

1 [23件] か, かこうした, かゆっくり, か今日, か仙台, か容易, か帰京, か自分, か金銭, であると, であろう, であろうが, であろうと, でその, に不思議, に出張, に愛する, もあろう, エドワード・セシル卿は, 信長な, 奈良原到, 岩村透氏を, 川合直次氏の

▼ あったとて~ (24, 0.0%)

1 [24件] かかる国民, この旗本, すこしもふしぎ, その奇矯, それが, それを, そんな怪物, ただちにあなた, どうして同文, どうせあんた, なんの, まあ大丈夫, わしの, 不思議は, 世間の, 二人が, 人に, 何の, 別に不思議, 平生名利の, 強ち怪しむ, 濠は, 茶わんに, 面白いもの

▼ あった~ (23, 0.0%)

1 [23件] から亭々, が本当, ない先, なら私, のよう, の名, の哀愁, の家, の少い, の屋敷, の形, の日本, の時代, の格式, の父, の自然哲学, の遠野郷, の門, の高僧達, は大学教授, は暫く, も眼, を語る

▼ あったかに~ (22, 0.0%)

2 就いては

1 [20件] ああ本職, かかわること, して, なったらどこ, 一人の, 一寸ふれた, 上方から, 再び検挙, 前年母の, 吏員を, 夫婦は, 思われるが, 承りますが, 気がついた, 気づかなかった程, 注意すべきである, 眠るが, 着いた時, 福岡の, 見える

▼ あった~ (22, 0.0%)

1 [22件] このあたり, これで, すっかり忘れ, そうだ, だがそれ, とどいう, なるほどここ, ぬかさぬと, よし新左衛門, ア, アも, ア汝は, ハッハッハッハッハッ, 井上だが, 実は困った, 弁天様だ, 惜しまずに, 手前も, 持って, 搦め手, 早速支度, 雨降れ

▼ あったなどと~ (22, 0.0%)

2 思った

1 [20件] あるが, いう, いって, それこそ, もっ体, 云いだしたの, 云った, 今に, 分別臭い顔, 口では, 史料の, 問うたもの, 思い出して, 思った人, 書いて, 知れるの, 考えて, 言いながら, 言うなかれ, 話した

▼ あったまま~ (22, 0.0%)

1 [22件] そこで二人, ちょうど昔, でその, なの, にあの, にそれ, の事実, の彼, はりさけそう, ぽつんとそんな, まっくら, を残らず話す, を父親, 低くとぎれとぎれ, 小さな日本, 微笑みました, 押しあいへしあい前, 死んで, 消えて, 突っ立っ, 立ちどまったところ, 解けも

▼ あった当時~ (22, 0.0%)

1 [22件] その事, において四方拝, にすっかり, にはだれ, には愛, に一日, のある, のこと, のインテリゲンツィア, の上流人士, の中央委員たち, の僕, の広島, の日本, の旧態, の武士階級, の用人, の綾麿, の関係文書, を回想, を追想, 故直木三十五氏

▼ あったこれ~ (21, 0.0%)

2 より先

1 [19件] が原始状態, でしょう, で二十年来, で沢正一座, と位牌, には横田, はどう, はアイヌ語, は天王寺五重の塔, は梵語, は洋式, は長い, までの日本, までの落伍者, もしじゅう, も下, やろ, を, を何

▼ あった~ (21, 0.0%)

2 般若の

1 [19件] ありだ, カツラの, ピアニストに, 名物と, 塗笠を, 旗と, 日本文明協会と, 暴風雨の, 書記官の, 物忌神を, 痘痕に, 百貨店チューリン, 箪笥の, 統一への, 花瓶か, 諸侯までが, 鉞を, 隅への, 集会室とを

▼ あった自動車~ (21, 0.0%)

5 に乗っ 3 にのっ 2 に乗った

1 [11件] が家, にのりこむ, にのりました, に三室銀子, に乗せ, のエンジン, の一台, の中, の方, へ忙し, を呼ぶ

▼ あったゆえ~ (20, 0.0%)

2 にこの

1 [18件] おぬし, このたび, ちと不思議, ではない, ではなくし, にかえって, にくだけ, にこれ, にそこ, にたびたび少し, になに, にもどっ, に今度, に垣内, に木綿糸, に現在, もし肩, わざとここ

▼ あった先生~ (20, 0.0%)

2 の八十八歳

1 [18件] がもう, が来られた, が私, が鰡八大尽, にお, に神保造酒, に諭吉, の帽子, の打つ, の教え, の痩せた, の著書, の部屋, はこういう, はどんな, は同じ, は梅子, は肩

▼ あった~ (20, 0.0%)

1 [20件] かと呆れ, から手紙, が本当に, なる人, にとっては, のおかげ, のため, の娘, の美しい, は五つ, は今, は悲し, は私同様, も不言, より強き, を, を助け, を対手, を或, を軽く

▼ あった関係~ (20, 0.0%)

1 [20件] からある, からお茶の水, からこの, からし, からもっとも, から三代, から借りた, から家, から小糠三合, から幸子, から母, から親交, から遊び, か大丸, で真先, はもう, もあっ, もある, をはじめて, をより

▼ あったある~ (19, 0.0%)

2 日の

1 [17件] 一時期小児寄宿舎に, 僧侶は, 友達から, 場面場面の, 夜私と, 大新聞, 女性の, 彫刻師の, 技術と, 日生徒は, 時蒸し暑い, 生の, 男が, 男性の, 言葉は, 退職音楽師の, 音楽家らは

▼ あったからに~ (19, 0.0%)

6 ほかならない 3 ほかならぬ 2 ちがいない, 他ならない, 外ならない 1 ちがいなかった, ちがいなく, よりますが, 相違ない

▼ あった小さな~ (19, 0.0%)

1 [19件] ものを, カバンを, 一膳飯屋も, 二人乗箱型の, 屋根裏部屋と, 店, 手携電燈を, 本を, 机の, 水桶を, 瀬戸物屋が, 空に, 箱の, 簪を, 紙片を, 荷物を, 袋を, 貝は, 鏡の

▼ あった~ (19, 0.0%)

1 [19件] からみ, だと, といい, とで忘れる, などから晩年吉重, などから見る, において人, において当時, に大将, に存する, に興味, はただ外, は別に, は天然, は盆, は私, や隠栖, を弁そ, を賞

▼ あった様子~ (18, 0.0%)

3 です 2 である

1 [13件] か, がありません, が知られる, が髣髴, であった, でした, で小声, はありません, はねえ, もない, もなかっ, も知らされず, やそれから

▼ あった~ (18, 0.0%)

1 [18件] があった, がさほど, が今, が無くなった, だ, だと, であった, です, とは誠一, とみえまし, とを返し, のなくなる, は布製バケツ二十七, は見つけられ, らしい, らしい金革, を取出した, 干竿

▼ あったっけ~ (17, 0.0%)

1 [17件] あの時, あれだけの, あれな, かねと, がどう, がね, が入, これは, そう私, だ, なに長え, よくあった, ノウ其の, 僅かの, 紋切り形で, 覚えてる, 退屈凌ぎに

▼ あったとかいう~ (17, 0.0%)

2 ことで, ことである, ことです, 話である 1 ことでありました, のが, ような, 三千両の, 事だ, 事のみが, 意識は, 立派な, 類で

▼ あった~ (17, 0.0%)

1 [17件] お汝, お許され, さいわいひとつ金星, それが, 今に, 仲間の, 兄上に, 工面した, 幸いそれ, 幸いなに, 幸いに, 幸い鬼, 幸に, 幼少の, 正当に, 着散したろう, 知るべきである

▼ あった一人~ (17, 0.0%)

2 の廃兵

1 [15件] のロシア生れ, の中年男, の令嬢, の友人, の女, の女性, の奴国, の婦人, の婦人画家, の弟, の新聞記者, の老人, はコラッサン, は共産青年同盟員, は執行官

▼ あった二人~ (17, 0.0%)

1 [17件] がその, が全く, が専務, だけはその, にとって実に, のうち, のなか, の位置, の兵士, の友, の婦人, の工匠, の心, の話, の頬, はそのままグングン, 離れた時

▼ あった古い~ (17, 0.0%)

1 [17件] ソファーが, ランプが, ヴォージラールの, 三脚椅子を, 二本の, 切り株を, 奉書の, 家柄だ, 小さな自動車, 時代には, 本箱や, 机を, 町は, 籐椅子に, 角材が, 言葉の, 長持の

▼ あった~ (17, 0.0%)

1 [17件] お粂, が学齢, が浜照, という, に好い, に良縁, のお, のヒルデガルト, の二人, の健康, の千萩, の頃, はその後, は乳母, をこの, をやらない, を呼びよせた

▼ あった~ (17, 0.0%)

1 [17件] かなり大きい, る三角形, る人, る作家, る女, る将官, る新道, る既婚婦人, る日, る日イ, る物質, る若い, る銀行員, 友達の, 夜友人に, 年の, 晩散歩を

▼ あった翌日~ (17, 0.0%)

1 [17件] からはユリア, から余, から小松, から行方不明, その狼藉者一党, だからと, だしぬけに, である, です, のこと, の二十七日, の夕刻, の夕方ごろ, の朝, の朝未明, はまた, 何気なくいつも

▼ あった椅子~ (16, 0.0%)

2 に腰

1 [14件] にかけさせた, にぼんやり, に手, に腰かけ, に腰かけよう, のもたれ, の一つ, の中, へ腰, を取り出し, を引き寄せ, を指しました, を振り上げかけた, を高く

▼ あった長い~ (16, 0.0%)

2 板を

1 [14件] あいだの, けん, ロープを, 平和期に, 年月の, 棒を, 歴史の, 活字棚その, 生活それも, 白鞘物です, 箱を, 箸, 糞尿柄杓を, 針金を

▼ あったしかし~ (15, 0.0%)

1 [15件] いまは, おごそかで, この日, その悲しみ, それからは, まだ午, スカイに, 一方には, 品格だけは, 彼等の, 檜枝岐から, 気質と, 社中は, 福日との, 閑暇の

▼ あったばかりに~ (15, 0.0%)

2 自分の

1 [13件] からりと, ご息女, その詩, とうとう最後, よしない人, わたくしの, ルキーン対イリヤの, 一審の, 三味線堀手枕舎里好の, 仕合へは, 僕の, 型に, 油断しぬい

▼ あった~ (15, 0.0%)

1 [15件] あれ程の, が時間, その墓, その女, その波形, その翌晩, わしが, ステッキは, 今にあの, 前髪を, 娘の, 岩太郎さんがね, 癪だの, 確かに, 間が

▼ あった~ (15, 0.0%)

1 [15件] から手頃, でもしかと, で梅花香, にこの, にたまたま, にもただ, にもはじめて, にも雪, に埋りこん, に柱作り, に特に, に眼, の一通, の君, の橘

▼ あった以上~ (15, 0.0%)

1 [15件] この後, この観念的弁証法, この運動, なおさら覚え, なにかの, にあなたさま, のこと, のよう, はいずれ, はそれ, は夫, は我々, 又止む, 必ず損害, 殺さなければ

▼ あった日本~ (15, 0.0%)

1 [15件] からの新聞, である, では東京, の侵略的空気, の医学者たち, の君子等, の婦人解放論者たち, の文化的使命, の社会感覚, の科学界, の精神, の美し, の資本主達, は新, への儒教伝来

▼ あった~ (15, 0.0%)

4 だから 2 である 1 それは, であります, であるから, であること, でどの, な男, ねむたかった, のそ, 好晴

▼ あった部屋~ (15, 0.0%)

1 [15件] から顔, だけでも見せ, というの, には午後, にも鬼女, に二枚, に住, に入らなけれ, に入る, の寝台, の電燈, は翼屋, は襖, へ入れ, へ返信

▼ あった~ (15, 0.0%)

1 [15件] だから, でありそれ, である, にそれ, には古来, には朝食, に万国連合高等裁判所, に両親, に何, に坑底, に外界, に親王家, に記念, は一層, は燎原

▼ あったあたり~ (14, 0.0%)

1 [14件] からちょ, である, とは何となく, にしゃがみ, にははや, には木, に朝日屋, に落ち, はやっとぼんやり, もうつされ, を往来, を歩い, を覚えてる, 焼け木

▼ あったと共に~ (14, 0.0%)

2 今日の

1 [12件] それから後, また自分, 一部からは, 下に対しても, 他方においては, 倉持は, 又遥か, 夫人の, 女子教育も, 情意的であり得た, 玩具屋にも, 頗る消極的

▼ あった事実~ (14, 0.0%)

1 [14件] から見, が発見, であるから, ではない, と独断, なの, はすぐ, を告げた, を尋ねた, を答えました, を精確, を見, を語っ, を説明

▼ あった~ (14, 0.0%)

1 [14件] から三十年, では当初, のあの, の主婦, の博士寺田寅彦君, の芸人, はむなしい, は老, まことにこの, また沢正, までのわが, までの大筒, も湯の谷, 若は

▼ あった~ (14, 0.0%)

2 枝を, 桶の 1 いの, テーブルを, 卓子の, 坐蒲団, 宰相は, 机を, 梯子を, 法師の, 箪笥で, 薙刀を

▼ あった~ (14, 0.0%)

1 [14件] から御岳, から釘勘, だった, にお, にこんな, にも高山, にフリードリヒ, に問題, に当然, に根室, に盗まれる, はさすが, は吉左衛門, も一晩

▼ あった~ (14, 0.0%)

3 だと

1 [11件] があった, じゃ見, だという, である, で今, なの, に佇, に大きな, の静けさ, へ行っ, もなけれ

▼ あった~ (14, 0.0%)

2 が五十錠

1 [12件] がすでに, が二円五十銭, が亡くなっ, だけでも紙幣, と同じ, になる, のこと, の中, の鈴, をとらね, を奪い, を次郎

▼ あったかとも~ (13, 0.0%)

2 思われる, 考えられた, 考えられる 1 思いますが, 思うの, 思った, 思われた, 思われるけれども, 想われる, 疑った

▼ あったけど~ (13, 0.0%)

1 [13件] あれは, その人, それ等は, たしかにあなた, ねえ本当に, まあまあと, もう無い, 今は, 姉さん自身では, 断わって, 本当だ, 私は, 笑わないもの

▼ あった~ (13, 0.0%)

5 せう 1 おたか, がしょう, しばらく立っ, せう霧, どのよう, 女が, 定刻に, 彼も

▼ あった~ (13, 0.0%)

1 [13件] この白描, それまで, だか, 勿論道学, 外には, 多少その, 寔に, 小さき海馬, 師家の, 幾分の, 当時支那に, 当然の, 男ひとりに

▼ あった~ (13, 0.0%)

1 [13件] が日記, こまるこまる, すっかり青年歯医者, である, でした, でわたし, で一般, なので, を伝える, を承りました, を聞かね, を長男, 又伍長

▼ あったそこ~ (12, 0.0%)

1 [12件] からいちいち, では人間, にはおのずから, には樹明兄, に住む, に父, に立っ, に若い, の人たち, の定食, の横町, はちょっとした

▼ あった~ (12, 0.0%)

21 あったぞ, いよいよ動員指令, え, それから松, っ, もうひとり, 九四九九が, 夜目にも, 箒売の, 許せよ

▼ あったとおり~ (12, 0.0%)

2 の形 1 だった, です, にし, にその, に感情, に書い, に粗暴, に考え, に風流, の出來事

▼ あったなどという~ (12, 0.0%)

2 ことは, ような 1 ことに, ことを, のを, 事で, 伝説が, 話も, 説の, 説も

▼ あったもう~ (12, 0.0%)

2 ひとつの, 一つの 1 一人そう, 一基の, 一方の, 一通の, 径二米ほどの, 日は, 秋の, 長い間

▼ あった一つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] のぼんやり, の例, の傾向, の古, の問題, の宣徳炉, の島, の怪異, の水槽, の純潔, の行李, の証拠

▼ あった~ (12, 0.0%)

1 [12件] うして, う気, かである, かのはずみ, か立てかけた, がその, ぜソウ, となし, の為, の畠, を埋めた, を隠しましょう

▼ あった~ (12, 0.0%)

1 [12件] である故, などは今, には語りつくせぬ, のこんな, の二階, の君, の家, の履歴書, の祖母, はそんな, はとうとう, は錯乱

▼ あった~ (12, 0.0%)

1 [12件] あたりであった, にチラリ, に二人, の時, の晩, の生, の通り, や後, を山, を通っ, 世紀の, 侍従中山忠光を

▼ あった~ (12, 0.0%)

1 [12件] からこの, その日, たしか刀, だった, なぞは未だ, などに幾度, なので, にあや, にやられた, に大, に曹操, 老先生

▼ あった為め~ (12, 0.0%)

1 [12件] かあるいは, かひどく, でございました, という, にそれから, にできなかった, にはしなくも, に仏教, に御, に誤謬, わが児, 規則正しい運動

▼ あったからとて~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある者, お徳さん, そうはなはだしく, それを, 不軌を, 何ら文芸上, 彼の, 死んだ後, 続くもの, 道中の, 配達費自前で

▼ あったきり~ (11, 0.0%)

1 [11件] だ, だそう, だった, であと, である, で其後消息, で昼間外, で膝頭, なの, のよう, 中絶え

▼ あったためし~ (11, 0.0%)

2 のない, はない 1 がありません, がねえ国々, なし, はなく, は一度, は少ない, を聞かない

▼ あったところが~ (11, 0.0%)

1 [11件] この不意撃, この図, この家, ちょっと問題, やはり地, 今年は, 先生らの, 園は, 扨いよいよ, 文子には, 果たして磐梯山

▼ あったとさえ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いえるの, いわれて, されて, 云うこと, 云えるでしょう, 云われた, 思うの, 怨みました, 想像出来ぬ, 言った人, 言われて

▼ あったなと~ (11, 0.0%)

2 思った 1 云う自信, 思いながら, 思う, 思う途端, 思って, 思ふ, 感じないわけ, 感心し, 私は

▼ あった~ (11, 0.0%)

21 あったわ, えとつい, これでしょう, これを, たぶんあなた, でももう, ねい, ねえあなた, 私ほんとに

▼ あった二つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] のいす, の不祥事件, の大, の大きな, の年上, の橋, の死体, の皇子産み石, の箱, の違った, の黒影

▼ あった人物~ (11, 0.0%)

1 [11件] が残酷, だ, だった, です, でそう, のほか, の置き物, は出, らしく慶長十八年, を例示, を笑い

▼ あった~ (11, 0.0%)

3 の中 1 がダラ, がバタリバタリ, が或は, で読ん, の山, の目録, はない, ももち主

▼ あった通り~ (11, 0.0%)

2 のこと 1 この種, その惨殺体, と大牢, に書いた, の仕事, の御, の様子, をずっと, 大きな黒子

▼ あったからの~ (10, 0.0%)

1 あだ名です, ことじゃ, ことで, ことである, ことであるらしく, ことでした, なんのという, 事さ, 名である, 名であろう

▼ あっただけの~ (10, 0.0%)

1 ことだ, ことです, ことは, ことを, ようです, 先生の, 味噌で, 四角四面な, 話さ, 財を

▼ あったとしか~ (10, 0.0%)

4 考えられない 2 考えられなかった 1 思えない, 思えなかった, 考えられません, 解されない

▼ あったなどとは~ (10, 0.0%)

2 思いも 1 あとから, どうしても思えない, どうして知ろう, 想像も, 本当の, 私も, 言いだせなかった, 誰も

▼ あった~ (10, 0.0%)

1 ことわり天女, ないもの, ないもん, ンじゃ, 一興であった, 同じこと, 怪しいが, 曾て, 知れないが, 道理女剣劇の

▼ あった事件~ (10, 0.0%)

2 というの 1 か, がマザマザ, と人物, と言います, の一つ, を当時, を忠実, を書こう

▼ あった事柄~ (10, 0.0%)

2 なの 1 が合, が相合, と千里, と遠く, の影法師, や人物, を報道, を村

▼ あった人間~ (10, 0.0%)

1 がこの, がなぜ, としての自我, と人間, の主観的能力, の内, の心, の能力, を引き上げ, を怨んだ

▼ あった小さい~ (10, 0.0%)

1 あなたに, オルガンを, ゴーリキイを, トランクを, 包みは, 品を, 脣が, 舟に, 鏡を, 額を

▼ あった時期~ (10, 0.0%)

2 もあった 1 だからと, でありそこ, である, と言える, どのよう, なの, には統帥権, に経験

▼ あった白い~ (10, 0.0%)

1 ぴらぴらのついた洋服を, クレエは, 前掛, 大理石なぞは, 屏風が, 布を, 病舎でした, 笠の, 繭を, 頬は

▼ あった~ (10, 0.0%)

1 一の, 一左団次自身が, 一柵も, 三号を, 二の, 二号も, 二夫人を, 二妻ヘカベーだけにも, 六十六条乃至, 四の

▼ あった過去~ (10, 0.0%)

1 の, のこと, の一点, の人間, の因縁, の或, の戦争, の日本, は既に, を今

▼ あった雑誌~ (10, 0.0%)

1 から取り去られた, から引, にその, に眼, の一つ, をいきなり, をよん, をろくろく, をビジネス, を取りあげた

▼ あったうえ~ (9, 0.0%)

1 でそのうえ, でてはず, でよく, にいま, にさらに, にバイオリン, に相手, に結婚, に雨谷君

▼ あったかな~ (9, 0.0%)

1 いくらか, その周防守, スイッチは, 俺は, 古道具屋が, 四つ五つあった, 東京の, 美くしい, 降ったの

▼ あった~ (9, 0.0%)

2 え, えあった 1 えから, えと思っ, えの, えので, え血

▼ あったひと~ (9, 0.0%)

2 のよう 1 がやはり, がワゴン, が自分, として日本, のため, の思索力, を細君

▼ あった土地~ (9, 0.0%)

1 が多く, が徳川宿老, だ, と人間, と見え, なので, もおおかた, をどんどん, を頼

▼ あった有名~ (9, 0.0%)

1 なサリエリ, なジャン・ヴァルジャン, なニージュニ, な歌人寂蓮, な武術家某氏, な観音, な賭博場, な遅筆, な鴨店

▼ あった~ (9, 0.0%)

1 に, にわたくし, にフランス, に今度三人, に彼女, に私服, に英国仕込み, の妹, ようよう連れ

▼ あった~ (9, 0.0%)

1 であったという, に腰, のよう, のコマイヌ, の腰掛け, やあちら, を投げ込んだ, を畳み上げ, を踏み台

▼ あった結果~ (9, 0.0%)

1 だと, である, でしょう, ではない, で都合, と見る, に過ぎない, は八千円, をいちおう

▼ あった~ (9, 0.0%)

1 あっけない別離, が正面, が瞑想的, になにか, の輪郭, はうすく, は一倍, は仔細, は青白く

▼ あったがと~ (8, 0.0%)

1 そんなこと, 彼は, 思い出すの, 思うと, 思ってると, 残念で, 男は, 迷惑に

▼ あったここ~ (8, 0.0%)

1 がきょう, です, では諸, にだれ, に倉, に屏風, に山, は観測

▼ あったそうして~ (8, 0.0%)

1 その棺, その頃, まず築地, 愛吉が, 是非とも大菩薩峠, 登りよりも, 脚色者としては, 追

▼ あっただが~ (8, 0.0%)

1 かれは, この体系, その声, それは, 一向なん, 之に, 周囲の, 誰の

▼ あったなんて~ (8, 0.0%)

1 ちっとも思っ, ちっとも知りません, 事は, 云ったら客, 想像した, 本当に思われる, 税金の, 話が

▼ あったに対して~ (8, 0.0%)

2 後者は 1 之は, 例えば熱力学的研究, 女性の, 後者が, 権藤成卿氏の, 物理学の

▼ あったのね~ (8, 0.0%)

1 いくらか, およろこび申します, どこに, 八重子は, 変な, 徳川にとっては, 新さん, 私私私だって

▼ あった~ (8, 0.0%)

1 けでも無事, けに賊, け人々, である, でもしばしば, なの, にその, 有難く思う

▼ あった下駄~ (8, 0.0%)

1 という下駄, も取り込んだらしく, をつっかける, をはい, を投げつけ, を片方, を突っ, を突ッ

▼ あった~ (8, 0.0%)

2 をとった 1 がカラカラ, に手, を取っ, を取上げ, を引き寄せ, を脱い

▼ あった~ (8, 0.0%)

1 ある妻, としての生活, とそこ, に疑惑, の園子, の愛, の死後, を比べ

▼ あった~ (8, 0.0%)

1 でその, に入った, に運びこみました, の扉, の状況, の隅, の隣, を始め

▼ あった~ (8, 0.0%)

1 先祖に, 宅は, 愛妾さんも, 文を, 明が, 眉を, 良人の, 身分の

▼ あった手紙~ (8, 0.0%)

1 から判っ, はだれ, は状箱, を吉田, を同時に, を拾い上げた, を見た, 出して

▼ あった文字~ (8, 0.0%)

2 である 1 が, が一字, が彼, といえ, などは思い出せない, は正しく

▼ あった新聞~ (8, 0.0%)

1 に写真入り, の間, は花盛り, をすっかり, をまるめ, を取っ, を取上げ, を長い

▼ あった~ (8, 0.0%)

1 が, がいよいよ, がや, が今, でもう, の二十九日, はない, を休んだ

▼ あった~ (8, 0.0%)

2 の枝 1 が乾い, にき, の箱, はいずれ, も伐られ, を何本

▼ あった~ (8, 0.0%)

1 の人々, の方角, はみんな, は施米, ばかりで, も村, をうらめし, を順々

▼ あった~ (8, 0.0%)

2 の戸 1 から帽子, から飛び出した, の向う, の所, をすっかり, をもう少し

▼ あった若い~ (8, 0.0%)

1 にの, 人と, 妻の, 娘若い, 母親が, 画家の, 盲唖学校の, 血は

▼ あったすなわち~ (7, 0.0%)

1 ヴァロンブロザグラモンセレスタン団カマルデュール団シャルトルー団ユミリエ団オリヴァトール団シルヴェストラン団および, 一つは, 人類にとっては, 天皇とは, 第一, 脚本が, 蒸汽船であった

▼ あったそういう~ (7, 0.0%)

1 ことも, ふうに, 事情から, 比重で, 父母の, 重大事情を, 音韻組織は

▼ あったそれら~ (7, 0.0%)

3 はあった 1 の写経生たち, の女, の最初, の試み

▼ あった~ (7, 0.0%)

1 それでは見せ, 彼女は, 窪田君, 縁談じゃ, 覚えて, 賢い女, 閑人と

▼ あったほか~ (7, 0.0%)

1 にはどんな, にはまとまった, に何, に当時, は国土, は消息, は私たち

▼ あったやつ~ (7, 0.0%)

1 かね, がいる, がお, が今, は, をそっと, を貰っ

▼ あったやら~ (7, 0.0%)

1 そんなこと, 何れほどか, 判然しない, 想像に, 是だけは, 船長が, 茶菓を

▼ あった~ (7, 0.0%)

31 て, てそう, て君, て死ん

▼ あった友達~ (7, 0.0%)

1 があっ, が悪漢, でわずか, とつれ立っ, とはっきり, になっ, を思いだした

▼ あった~ (7, 0.0%)

1 えの, 下駄を, 井戸に, 机庖丁は, 柳の, 楊にも, 洋服を

▼ あった同じ~ (7, 0.0%)

1 学生の, 年輩の, 日の, 梢に, 機関同じ, 石の, 街です

▼ あった地方~ (7, 0.0%)

1 がある, であること, ではあの, では労働, なの, の小, までが蝦夷

▼ あった~ (7, 0.0%)

1 いやもっと, から来始めた, にその, のあいだ, のよう, の翌, 会う時

▼ あった~ (7, 0.0%)

1 お民, がなくなっ, の家, はすらり, は何一つ, は自分, を急

▼ あった時計~ (7, 0.0%)

1 が五ツ, が六時半, とそっくり, も掛っ, を下げ, を思い出した, を見

▼ あった歴史~ (7, 0.0%)

1 から生じ, が多い, の歴史, の現実, の運動, の過程, 乃至文化

▼ あった~ (7, 0.0%)

5 がする 2 もする

▼ あった~ (7, 0.0%)

1 はすぐ, はよく, はわれ, は枉げ, も同断, 申した如くじゃ, 申した如くぢゃ

▼ あった~ (7, 0.0%)

21 おさえに, に眼, の有り, をだし, を切りとっ

▼ あった~ (7, 0.0%)

1 だ, だって貧弱, ではない, のひかり, はどう, も彼, を折っ

▼ あった~ (7, 0.0%)

1 にマブーフ氏, に惜しくも, に煉瓦, のこと, はさ, は彼女, もしくはすっかり

▼ あった黒い~ (7, 0.0%)

1 のは, ドロドロした, ノートを, 四角な, 布を, 軍馬と, 飯鉢と

▼ あったあれ~ (6, 0.0%)

1 で鎧, と同じ, は地球外, より以上, をすっかり, を切っ

▼ あったおり~ (6, 0.0%)

1 で勘弥, などみんな, にたしか, に落合, に青山, もおり

▼ あったかしら~ (6, 0.0%)

1 これが, 今後いつかあるだろう, 手に, 探して, 油壺を, 私が

▼ あったからかも~ (6, 0.0%)

2 しれない, 知れない 1 知れないの, 知れぬが

▼ あったがね~ (6, 0.0%)

1 これは, そのうち, そんな人, ふだんは, アラスカ飛行聯隊と, 彼女等が

▼ あったしかも~ (6, 0.0%)

1 この宮, その張本人, それが, それは, ファンニコの, 一種奇怪な

▼ あったそこで~ (6, 0.0%)

1 原田君の, 序幕の, 我輩も, 梅の, 結局松竹の, 飯行李を

▼ あったとでも~ (6, 0.0%)

1 いうの, いって, 云うの, 仰せられますか, 言うの, 言うらしい

▼ あったのみか~ (6, 0.0%)

1 なぜまんま, 分かれて, 到頭それ, 根本的に, 殊に後者, 舞台の

▼ あったのよ~ (6, 0.0%)

1 くたびれたでは, それから桜木町, それは, つい話, ブランカは, 確な

▼ あったまた~ (6, 0.0%)

1 いろいろの, この人, 伊原君という, 伯父さんに, 罰金遊びも, 附き合いの

▼ あったやう~ (6, 0.0%)

21 で御座いまして, な気, な錯覚, に思ふ

▼ あった一本~ (6, 0.0%)

1 の木, の松, の楡, の樹木, の電信柱, まで燗銅壺

▼ あった人形~ (6, 0.0%)

1 の傷, はもう, を入れ, を叩きつけ, を抱きあげ, を持ちだし

▼ あった~ (6, 0.0%)

1 に演壇, の二三足, の二頭, の多く, の宿老, の役人ら

▼ あった~ (6, 0.0%)

1 だ, であるのみ, でお, でもしょっちゅう, でもなかっ, なので

▼ あった位置~ (6, 0.0%)

1 からその, から後で, でそこ, でイル・ド・ラ・シテ, は並木道, を正確

▼ あった~ (6, 0.0%)

1 に与えた, はこの, はそういう, は幼時, も叔父, を頭

▼ あった~ (6, 0.0%)

1 あるにも, ほめられた事, エイリイの, 其の反対, 前に, 現実に

▼ あった~ (6, 0.0%)

1 からおろし, から濠, とに仕掛け, に耳, の上, の間

▼ あった大きい~ (6, 0.0%)

1 アカーシアの, 信仰の, 店で, 材木が, 柳は, 髷に

▼ あった女性~ (6, 0.0%)

1 であるという, でございますから, というは, の世界, の姿, の花

▼ あった少し~ (6, 0.0%)

1 の明るみ, ばかりの宝石, も農家, 前に, 前の, 昔風な

▼ あった屏風~ (6, 0.0%)

1 などは取り払っ, に触れ, の上, も立て, をちょっと, を取り払った

▼ あった座蒲団~ (6, 0.0%)

1 へ坐る, をうらがえし, をすすめ, を丸め, を取っ, を引き寄せ

▼ あった~ (6, 0.0%)

1 がよけられ, に穴, をあいつ, をはずし, を取りのけた, を怪人

▼ あった~ (6, 0.0%)

2 のごとき, の年 1 の日, 弟が

▼ あった~ (6, 0.0%)

1 がすっかり, がどの, の名残り, の渦巻き, の精, を取下した

▼ あった高い~ (6, 0.0%)

1 ところに, 丘や, 木の, 松の木に, 板縁へ, 白壁も

▼ あったいや~ (5, 0.0%)

1 なとげとげし, 今でも, 先生には, 冷汗が, 実家と

▼ あったいろいろ~ (5, 0.0%)

2 なこと 1 のこと, の世帯道具, の木の葉

▼ あったうち~ (5, 0.0%)

1 でも特に, と見える, にただ, に人, に何

▼ あったおかげ~ (5, 0.0%)

1 てやっとこ, である, でこの, で彼, というもの

▼ あったかて~ (5, 0.0%)

1 あんたと, ええ, 当り前やの, 物い, 生活に

▼ あったからには~ (5, 0.0%)

1 そうしたロマンス, ふたりの, 不粋な, 我らは, 数学上の

▼ あったとやら~ (5, 0.0%)

1 でようやく, で殿様, で蘭丸, 承る, 申します

▼ あったのにと~ (5, 0.0%)

1 お蝶, 冗談を, 思った, 考えると, 薫は

▼ あったぼく~ (5, 0.0%)

2 ですが 1 がただ, は家族中, は肺患

▼ あったよりも~ (5, 0.0%)

1 もっとたくさん, もっと多く, 我々が, 正常な, 著しく減ずる

▼ あったろう~ (5, 0.0%)

1 が同時に, にといつも, にと残り惜しく, にと論, も知れぬ

▼ あったわが~ (5, 0.0%)

1 国民は, 実の, 汽船が, 経済組織に, 飛行隊は

▼ あったゴーリキイ~ (5, 0.0%)

1 に写真, の面目, はきわめて, ははなはだしく, より二歳年下

▼ あった一個~ (5, 0.0%)

2 の人間 1 の小さな, の立ち人形, の鍵

▼ あった一枚~ (5, 0.0%)

1 の油絵, の白紙, の美人絵, の葉書, の辞令

▼ あった人たち~ (5, 0.0%)

1 である, にも多年, もかんぎらともしなかった, を介し, を居間

▼ あった信長~ (5, 0.0%)

1 の妹お市の方, の弟, の態度, の耳, も昨夜来

▼ あった剃刀~ (5, 0.0%)

1 が誰, で首, のケース, を品吉, を啣

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 だが, だったけど, で何, で持主, を取りそろえ

▼ あった問題~ (5, 0.0%)

1 である, なの, は無数, をその, をどこ

▼ あった外套~ (5, 0.0%)

1 がジョンドレット, を取っ, を取上げる, を持っ, を着た

▼ あった多く~ (5, 0.0%)

1 のこと, のプラス, の人たち, の志士, の青年紳士

▼ あった大臣~ (5, 0.0%)

1 が死んだ, であった, の功労, の子孫ら, はさらに

▼ あった子供~ (5, 0.0%)

1 がけさ, が泣出, に離れた, のうち, のおしめ

▼ あった少年~ (5, 0.0%)

1 です, の名, の日, は目, は間もなく

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 にみんな, のよう, の群れ, の裂目, へ腰

▼ あった庭下駄~ (5, 0.0%)

2 をつっかけ 1 をはき, を突かけ, を突っ

▼ あった時彼~ (5, 0.0%)

1 の名, はその, はようやく, は喧嘩場, は表芸

▼ あった時私~ (5, 0.0%)

1 があれ, はなんと, はふたたび, は正直, は若い

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 というの, の三時ごろ, 急いで, 散太夫, 駆け付けて

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 であった, で兄, のよう, をひろっ, を抜いた

▼ あった次第~ (5, 0.0%)

2 である 1 です, ではない, は前項

▼ あった~ (5, 0.0%)

2 枚岡 1 のぐるり, の一つ, や築山

▼ あった父親~ (5, 0.0%)

1 と短い, に五歳, のマクシム, は家庭, を喪っ

▼ あった現場~ (5, 0.0%)

1 に墜ち, のよう, はなんだか, へは目, を見たい

▼ あった理由~ (5, 0.0%)

1 から貧しい, があった, が理解, である, として看過

▼ あった直後~ (5, 0.0%)

1 から朱雀院, だけにことさら, でうるさい, にここ, に人

▼ あった祖母~ (5, 0.0%)

1 が死んだ, が白絹, が鼠小僧, に似, の兄

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 からぬう, から太い, のほか, の中, らしい

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 が午後, が夜, のビール瓶, は夕立雲, は夜

▼ あった空間~ (5, 0.0%)

1 がこの, とはこの, は今や, は第, を枕

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 がこの, が画架, のぐ箱, の中, を思い出しました

▼ あった美しい~ (5, 0.0%)

1 りっぱな, 尾を, 恋妻を, 橘の, 貼り交ぜを

▼ あった草履~ (5, 0.0%)

1 をつっかける, をひっかけ, を引っかけ, を穿き, を穿く

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 などを親戚, の山, の束, を小さく, を片づけ

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 がプツリ, で出来た, に火, の上, へ火

▼ あった表情~ (5, 0.0%)

1 だ, で口, で新しい, は描け, をし

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 小国は, 新聞の, 真理内容は, 藩の, 道具一切を

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 にいよいよ, の醸造, の量, をぐっと, を一層

▼ あった鉛筆~ (5, 0.0%)

1 が来, で, であっさり, や定木, をとりあげ

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 のおり, の小, の釵, の香炉, の髑髏

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 をお, をつかみ出す, をひったくる, を出し, を夢中

▼ あった雨戸~ (5, 0.0%)

1 がサラリと, の口, をばたばた, を押しのける, を繰る

▼ あった食物~ (5, 0.0%)

1 と獲物, の一覧表, は定まった, をお前, をくい始め

▼ あった~ (5, 0.0%)

1 さ五尺も, さ凡そ二尺二三寸の, 塀から, 声器から, 足駄が

▼ あったああ~ (4, 0.0%)

1 いうこと, いう静か, であったという, 危ないこと

▼ あったあらゆる~ (4, 0.0%)

1 具体的の, 憎しみや, 辛苦と, 音を

▼ あったお金~ (4, 0.0%)

1 ねあれ, のかたまり, よりも多かっ, をそのまま

▼ あったかしらと~ (4, 0.0%)

1 お吉, よく思いだせませんでした, 云いもう, 返事に

▼ あったかなどと~ (4, 0.0%)

2 考えて 1 思いつつ, 言われると

▼ あったこんな~ (4, 0.0%)

1 ことなら, 事も, 考えを, 苦しい思い

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 うです, うでとても, それで二人, 上官に対する

▼ あったすべて~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 の戦争, の過去

▼ あったすると~ (4, 0.0%)

1 先の, 区役所とか, 女は, 隣家に

▼ あったそんな~ (4, 0.0%)

2 ことが 1 弊を, 歌など

▼ あったただ~ (4, 0.0%)

1 の物忌み, 一つの, 芸風に, 蚊吸鳥が

▼ あっただけは~ (4, 0.0%)

1 一個も, 想像に, 疑いが, 確かである

▼ あったってな~ (4, 0.0%)

2 いったって 1 おるよ, 危いじゃ

▼ あったというのみ~ (4, 0.0%)

1 である, でこの, で熊野信仰, で翻って

▼ あったとしましても~ (4, 0.0%)

1 その巨艦, ともかく一旦社会, 一軒二軒の, 私は

▼ あったとともに~ (4, 0.0%)

1 この才能, さらにまた, 僚友大隅の, 家々の

▼ あったなか~ (4, 0.0%)

1 でした, でしたから, に, に心

▼ あったなどとも~ (4, 0.0%)

1 いい伝え, つたえられて, 申します, 言われ城門

▼ あったなどの~ (4, 0.0%)

2 ことが 1 密接な, 点も

▼ あったばかりか~ (4, 0.0%)

1 そこへ, 一番数の, 個々人の, 私の

▼ あったばかりの~ (4, 0.0%)

1 女が, 広海屋, 浄域だけに, 理由でなく

▼ あったほどに~ (4, 0.0%)

1 それほどに, 不思議な, 彼女にとっても, 自分の

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 ぐら下の, ろの, 否やについては, 否やは

▼ あったゲーテ~ (4, 0.0%)

1 の注意, の祖父, はその, やニイチェ

▼ あったトランク~ (4, 0.0%)

1 からぬっと, が見えない, は早い, を開いた

▼ あったピストル~ (4, 0.0%)

1 の引金, をとる, を取り出しました, を携え

▼ あったムク犬~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 が最初, であります

▼ あったロシア~ (4, 0.0%)

1 に別, の人民, やハンガリー, を何

▼ あった~ (4, 0.0%)

2 の台 1 の矢, の石版印刷屋

▼ あった三人~ (4, 0.0%)

1 の内, の口, の女, の若い

▼ あった不幸~ (4, 0.0%)

1 とも思われる, な肉体, をただ, を千代子

▼ あった主人~ (4, 0.0%)

1 が俄, とその, のこの, の金

▼ あった~ (4, 0.0%)

3 に反し 1 を思う

▼ あった二階~ (4, 0.0%)

1 の寝床, の洋室, の部屋, は夕方

▼ あった仕事~ (4, 0.0%)

1 だったと, にも手, に急, も気

▼ あった作家~ (4, 0.0%)

1 でしかも, の一人夏目漱石, の上泉秀信氏, より更に

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 しお, しこの, し冷眼, し進んで

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 であろう, というささやき, に加増, の心がまえ

▼ あった信玄~ (4, 0.0%)

1 の木像, の死, の青貝, も眼

▼ あった個所~ (4, 0.0%)

1 にせい, はゆうべ, は日曜日, までその

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 がもう, と不愉快, の虎之助氏, もその

▼ あった前夜~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 まで雨降り続き, 眠られぬまま

▼ あった叔母~ (4, 0.0%)

2 はあっ気 1 が産気づい, にもこの

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 一年ごろの, 支局主任の, 時代の, 藩の

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 の漁場, の父, もかつて, も知っ

▼ あった品物~ (4, 0.0%)

1 がちゃんと, だか, は必ず, を見れ

▼ あった~ (4, 0.0%)

2 を見た 1 が今, を漕いだ

▼ あった大工~ (4, 0.0%)

1 が愛宕下, の息子, の語, の賃銀

▼ あった夫人~ (4, 0.0%)

1 と結ばれた, は親戚, を去られた, を激怒

▼ あった婦人~ (4, 0.0%)

1 が切髪, が死んだ, の政治的活躍, の新しい

▼ あった実話~ (4, 0.0%)

1 などをぼつぼつ, の上, の主人公, を本

▼ あった家庭~ (4, 0.0%)

1 がこんな, のさま, のやりくり, の平和

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 が取, の前, の墓地, の田

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 だ, でそれ, の山の神, の鼻

▼ あった岸本~ (4, 0.0%)

1 に取っ, の家, の心, は人

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 がさっと, がとり去られ, や紙, を取っ

▼ あった~ (4, 0.0%)

3 の中 1 の低い

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 が亡くなった, が計画的, の日記帳, はこの

▼ あった彼ら~ (4, 0.0%)

2 の美徳 1 の部落, を祝福

▼ あった感情~ (4, 0.0%)

1 でぐるり, で見つめる, のなか, を斯く

▼ あった所以~ (4, 0.0%)

1 だと, である, は真理, もほぼ

▼ あった手拭~ (4, 0.0%)

2 を取っ 1 をぐる, をとっ

▼ あった提灯~ (4, 0.0%)

1 が消え, の光, を取った, を取り下ろし

▼ あった文句~ (4, 0.0%)

1 が妙, であろうどうも, はこう, は実に

▼ あった文学~ (4, 0.0%)

1 がこのごろ, が今日, と政治, の袋小路

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 らしい位牌, 動力発生法を, 宇宙艇の, 日本の

▼ あった日本人~ (4, 0.0%)

1 が一致協力, とが同じ, に向っ, の創作

▼ あった時刻~ (4, 0.0%)

1 だけにかえって, に妹, の前後, の前後五分間

▼ あった木箱~ (4, 0.0%)

1 でわく, に腰, の壊れ, をつん

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 が出, で読書, のよう, はもっと

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 女史は, 女史決して, 理学博士が, 陸軍教授を

▼ あった機会~ (4, 0.0%)

1 とか満州, に席, は考えられない, を私

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 だ, のなか, の下句, を馬鹿

▼ あった武蔵~ (4, 0.0%)

1 として彼, とはひどく, の着物, は初めて

▼ あった殊に~ (4, 0.0%)

1 お徳, この地, 八合目の, 茶席の

▼ あった民衆~ (4, 0.0%)

1 なる概念, のもの, の友, の擡頭

▼ あった津田~ (4, 0.0%)

1 の眼, はこう, はこの, はまた

▼ あった煙草盆~ (4, 0.0%)

1 から火入れ, で打った, にも突き当らず, の火

▼ あった生活~ (4, 0.0%)

1 とモスク, の幻, をもう一度, を今さら

▼ あった男女~ (4, 0.0%)

1 というの, の結婚, の芸者達, の間

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 だ警察, です, で特に, で給仕

▼ あった硯箱~ (4, 0.0%)

1 と料紙, をおろし, を引きよせ, を明け

▼ あった程度~ (4, 0.0%)

1 でありましたでしょう, である, です, で地下

▼ あった空気~ (4, 0.0%)

1 がその, が気泡, が氷, を思いおこし

▼ あった~ (4, 0.0%)

2 をとっ 1 の文字, を取っ

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 のどの, の中, の蓋, をあけ

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 の弾撥, はどう, をひっぱり, を口

▼ あった縁談~ (4, 0.0%)

1 も断わりまし, をどれ, をみんな, を復

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 が全部, を先ず, を外し, を蹴飛ばした

▼ あった~ (4, 0.0%)

2 る日 1 十七日に, 早朝の

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 婦人の, 将である, 政治家が, 馬の脚に

▼ あった脇差~ (4, 0.0%)

1 を取った, を左手, を差した, を手探り

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 に乗っ, もあった, を盗み, を選んだ

▼ あった~ (4, 0.0%)

2 の黒い 1 の蒼, の跡形

▼ あった荷物~ (4, 0.0%)

1 ががさがさ, が横, とがんりき, をみんな

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 が三枚, もまだ, を無くし, 之助

▼ あった蒲団~ (4, 0.0%)

1 の中, や鏡台, を代, を直し

▼ あった行燈~ (4, 0.0%)

1 にも炉端, の光, の火, も畳

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 が謙作, だぜ, とを見比べる, もおろしました

▼ あった言葉~ (4, 0.0%)

1 かと思う, が古い, なん, を胸

▼ あった計り~ (4, 0.0%)

2 でなく又, ではなく

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 ではないだろう, らしくしかも, を後世濁音, を見つける

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 の方, の来る, は父, をふりかえった

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 から一個人, がこの, の着衣, を探っ

▼ あった~ (4, 0.0%)

2 の棒 1 でできた, の古

▼ あった障子~ (4, 0.0%)

1 のかげ, のよう, の隙, を持ちだし

▼ あった青年~ (4, 0.0%)

1 であったが, のあいだ, のゲエテ, はいいました

▼ あった音楽~ (4, 0.0%)

1 がやや, が急, の夜, の雲

▼ あった駕籠~ (4, 0.0%)

1 にうち, に乗せ, に乗せられ, に乗った

▼ あった~ (4, 0.0%)

1 であるが, も年々, や服装, を長め

▼ あったお前~ (3, 0.0%)

1 との縁談, の姿, も仲人

▼ あったお蔭~ (3, 0.0%)

1 でいろいろ, で半年, に人

▼ あったかい~ (3, 0.0%)

1 だろう, まあるい, 一人の

▼ あったからって~ (3, 0.0%)

1 何も, 問題じゃ, 来たん

▼ あったからでも~ (3, 0.0%)

1 あった, ありましょうが, ありまた

▼ あったからという~ (3, 0.0%)

1 ように, 人も, 意味が

▼ あったかをも~ (3, 0.0%)

1 惻々胸に, 手に, 知ること

▼ あったくらいの~ (3, 0.0%)

1 ところで, 差であったであろう, 拷問なら

▼ あったことそれ~ (3, 0.0%)

1 が彼ら, と共にまた, は何

▼ あったこと彼~ (3, 0.0%)

1 が欧洲, の母親, も自ら

▼ あったしかるに~ (3, 0.0%)

1 この小, ミハイルアウエリヤヌイチは, 何ぞ

▼ あったすぐ~ (3, 0.0%)

1 あくる日おれは, あとで, 後さ

▼ あったそれで~ (3, 0.0%)

1 いったいその, がっかりだった, よく間違え

▼ あったそれでも~ (3, 0.0%)

1 終いには, 見物人は, 読者は

▼ あったためそれ~ (3, 0.0%)

1 に押され, に自ら幻惑, を苦患

▼ あっただけで~ (3, 0.0%)

1 ポンポコは, 朱雀院の, 王の

▼ あったちょうど~ (3, 0.0%)

1 そのころ, 今時はやりの, 日の入り方一時間前ぐらいの

▼ あったというくらいの~ (3, 0.0%)

1 ものでございました, 事で, 程度の

▼ あったといった~ (3, 0.0%)

1 ほうが, 例も, 顔です

▼ あったとき私~ (3, 0.0%)

1 は一種, は自動車, を呼ん

▼ あったなど~ (3, 0.0%)

1 取りとめも, 和尚も, 誰々の

▼ あったねえ~ (3, 0.0%)

1 あれは, 別れなければ, 母ちゃんが

▼ あったのち~ (3, 0.0%)

1 に, にあけた, の日

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 あいには, あい一ノ関, てれんの

▼ あったほう~ (3, 0.0%)

1 がいい, がどれほど, だろう

▼ あったよと~ (3, 0.0%)

1 後には, 折に, 義貞は

▼ あったわたし~ (3, 0.0%)

1 の琴, の生活, は人気

▼ あったウイスキー~ (3, 0.0%)

1 の壜, の罎, をグラス

▼ あったオルガン~ (3, 0.0%)

1 さえ先, の前, を書斎

▼ あったサイダー~ (3, 0.0%)

1 の瓶, を一本宛頂戴, を下され

▼ あったシャポワロフ~ (3, 0.0%)

1 には知られなかった, はペトログラード, は一八八一年

▼ あったタメシ~ (3, 0.0%)

1 がありません, がない, はありません

▼ あったナポレオン~ (3, 0.0%)

1 の対英戦争, を島流し, を研究

▼ あったベンチ~ (3, 0.0%)

2 に腰 1 の上

▼ あったラジオ~ (3, 0.0%)

1 の受信機, の設備, の高

▼ あったワケ~ (3, 0.0%)

2 である 1 ではない

▼ あった一冊~ (3, 0.0%)

1 が震火, の書物, の本

▼ あった一刀~ (3, 0.0%)

2 をとっ 1 をズッ

▼ あった一葉~ (3, 0.0%)

1 がどうして, の写真, の花鳥画

▼ あった一面~ (3, 0.0%)

1 にプロレタリア文学運動, に山根, を見せ

▼ あった一頭~ (3, 0.0%)

1 の牝牛, の馬, の黒駒

▼ あった三つ~ (3, 0.0%)

1 の丈夫, の三角, の大

▼ あった不思議~ (3, 0.0%)

1 な出来事, な記号, な話

▼ あった世の中~ (3, 0.0%)

1 とも云, と君, に処した

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 劇団が, 地点である, 地点に

▼ あった両親~ (3, 0.0%)

1 と任地, の生活, の面影

▼ あった中年~ (3, 0.0%)

1 の女将, の痩せ, の百姓女

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 して, なかった, は友人中

▼ あった乎否乎~ (3, 0.0%)

1 の謎, はマダ謎, は二葉亭

▼ あった京都~ (3, 0.0%)

1 に何, に多く, の六条村

▼ あった今日~ (3, 0.0%)

1 の日, はお目にかかりたくなった, までは意識

▼ あった代り~ (3, 0.0%)

1 に, にそれ, に上使

▼ あった仮面~ (3, 0.0%)

1 をいきなり, を今度, を失

▼ あった伸子~ (3, 0.0%)

1 にどうして, に接吻, はほとんど

▼ あった余輩~ (3, 0.0%)

1 には参考, はこの, はどんなに

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 から何, を喪った, を失った

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 に, の大藪, の屋敷

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 ならないの, に位置, を然々

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 のよう, の木蔭, 小倉藩の

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 がだ, がなくなっ, は高く

▼ あった光景~ (3, 0.0%)

1 です, とこの, を昨日

▼ あった公卿~ (3, 0.0%)

1 が一朝, の家, を支配的地位

▼ あった其の~ (3, 0.0%)

1 眼の, 眼付, 秋の

▼ あった写真~ (3, 0.0%)

1 の面, をまた, を丁寧

▼ あった出来事~ (3, 0.0%)

1 ではない, を思い出し, を物語り

▼ あった割合~ (3, 0.0%)

1 には蓮葉, にまた, 安いから

▼ あった博覧会~ (3, 0.0%)

1 の朝鮮館, の賑, の錦絵

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 のポケット, の白衣観音, の足

▼ あった合羽~ (3, 0.0%)

1 の上, を取ろう, を引っかけ

▼ あった名刺~ (3, 0.0%)

1 だったの, だよ, をとりだした

▼ あった名残~ (3, 0.0%)

1 であろうと, ではない, でもあろう

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 がピタリ, なの, においては死亡

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 くさい青年, を兄, 宜法竜師

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 と見える, はいま, を吉原

▼ あった地図~ (3, 0.0%)

1 と鉛筆, のとおり, を拝見

▼ あった~ (3, 0.0%)

2 である 1 とみえ

▼ あった夜具~ (3, 0.0%)

1 にくるまっ, をひきたおす, をひろげ

▼ あった大型~ (3, 0.0%)

1 のスーツ, のボストン, の早川

▼ あった太い~ (3, 0.0%)

1 ステッキを, 幹や, 針金に

▼ あった太刀~ (3, 0.0%)

1 を取っ, を抜き放し, を握

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 がやさしい, に死なれ, は扨

▼ あった如く~ (3, 0.0%)

1 にこの, に富土山, に菊乃さん

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 の緒, は一座, は貴女

▼ あった姫君~ (3, 0.0%)

1 がどう, のこと, を鐘

▼ あった実際~ (3, 0.0%)

1 乃至対象, 生活の, 貞之助の

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 が御覧, は平生以上, 荒い父

▼ あった宴会~ (3, 0.0%)

1 ではある, で私, の日

▼ あった宿~ (3, 0.0%)

1 のおばさん, の主, の夜具蒲団

▼ あった対象~ (3, 0.0%)

1 が其の, は実現, は此岸

▼ あった小屋~ (3, 0.0%)

1 で一冬, のなか, の縁側

▼ あった小石~ (3, 0.0%)

3 を拾っ

▼ あった少女~ (3, 0.0%)

1 の知らなかった, の肉体, をその

▼ あった少数~ (3, 0.0%)

1 のもの, の人々, の市民

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 又取次小売店, 家の, 聞けば

▼ あった屋敷~ (3, 0.0%)

1 と附近, のほう, の門

▼ あった建物~ (3, 0.0%)

1 は今, や人家, らしい

▼ あった彼等~ (3, 0.0%)

1 がイエス, の面影, はやがて

▼ あった後ろ~ (3, 0.0%)

1 に人力車, の山, へ姫君

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 にはなるほど, はだんだん, は闘牛者

▼ あった思想~ (3, 0.0%)

1 が時として, に代えた, や業

▼ あった性格~ (3, 0.0%)

1 の美し, らしいかなり, を他

▼ あった息子~ (3, 0.0%)

1 が前線, が四人, の霊界

▼ あった手頃~ (3, 0.0%)

1 な小屋, の石, の粗朶

▼ あった新聞紙~ (3, 0.0%)

1 であるのに, の中, も紐

▼ あった昨日~ (3, 0.0%)

1 の前々日, の朝, の花馬車

▼ あった時間~ (3, 0.0%)

1 からまだ, だけを除いた, ほとんどきっかりに

▼ あった書物~ (3, 0.0%)

1 に眼, のほか, を開け

▼ あった書生~ (3, 0.0%)

1 が彼女, はそれ, をその

▼ あった書類~ (3, 0.0%)

1 や株券, をいちいち, を丁寧

▼ あった最も~ (3, 0.0%)

1 単純な, 愉快であった, 気持の

▼ あった期間~ (3, 0.0%)

1 が暫らく, なの, に買われた

▼ あった材木~ (3, 0.0%)

1 の上, まで焼け, を下し

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 が時計, の娘, へお

▼ あった東京~ (3, 0.0%)

1 から暑中休暇, なる高山法学士, の彼

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 の写生屏風, の木, の花

▼ あった梯子~ (3, 0.0%)

1 を伝っ, を登っ, を起し

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 のよう, の家, の精

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 の折れ, を取っ, を手

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 の光, の夫人, の頃

▼ あった武士~ (3, 0.0%)

1 のし, の経済, もさてさて

▼ あった毛布~ (3, 0.0%)

1 ね, をひろげ, を静か

▼ あった水茶屋~ (3, 0.0%)

1 というの, のお, へ入る

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 くさいきれ, と薬品, に火

▼ あった源氏~ (3, 0.0%)

1 の多情, の心, は立ち去る

▼ あった漱石~ (3, 0.0%)

1 がその, はあまり, はその

▼ あった火鉢~ (3, 0.0%)

1 の火, の灰, を正面

▼ あった無論~ (3, 0.0%)

1 この残雪, これは, 親しくその

▼ あった状態~ (3, 0.0%)

1 からし, から考える, を彼女

▼ あった状袋~ (3, 0.0%)

2 が流れ出し 1 に眼

▼ あった玄関~ (3, 0.0%)

1 からのこのこ, のある, の障子

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 や十三絃, を出し, を見

▼ あった田舎~ (3, 0.0%)

1 のある, のこと, へ養女

▼ あった異様~ (3, 0.0%)

1 な図紋, な恰好, な赫きが

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 をとっ, を一, を執り上げる

▼ あった盃洗~ (3, 0.0%)

1 を取っ, を取り上げ, を取る

▼ あった相手~ (3, 0.0%)

1 に裏切られた, のひと, の脇差

▼ あった着物~ (3, 0.0%)

1 なども平生以上, を無造作, を着流し

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 さきこの, っ張紅殻塗り, を弓

▼ あった社会~ (3, 0.0%)

1 なの, にはあらゆる, の建設

▼ あった福沢諭吉~ (3, 0.0%)

1 が自分, が読ん, の

▼ あった私たち~ (3, 0.0%)

1 が一躍, でさえこの, を見た

▼ あった科学~ (3, 0.0%)

1 が近世, の精神, はかえって

▼ あった立派~ (3, 0.0%)

1 な家柄, な文句, な身分

▼ あった~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 のステッキ, の小片, を削っ

▼ あった竹童~ (3, 0.0%)

1 と蛾次郎, の鷲, はかれ

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 とさえ思う, とは他人, とも思い

▼ あった箪笥~ (3, 0.0%)

1 の引き出し, も寝台, をもっ

▼ あった米国~ (3, 0.0%)

1 のウエンライト博士, の兵隊, の老嬢二人

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 をとい, をほどき, を切断

▼ あった羽織~ (3, 0.0%)

1 だとか, を自分, を被

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 をつかん, を執っ, を横浜

▼ あった自転車~ (3, 0.0%)

1 に乗っ, をひっぱり出した, を車道

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 に初鰹, のコック, は暗礁

▼ あった良人~ (3, 0.0%)

1 がほか, が戦死, の日常

▼ あった芸術~ (3, 0.0%)

1 の光芒, の思想, は心

▼ あった若杉さん~ (3, 0.0%)

1 がこれ, は呆気, は弁護士

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 の上屋敷, の蔵屋敷, や就中維新前後

▼ あった覚え~ (3, 0.0%)

1 がある, のない, はない

▼ あった親戚~ (3, 0.0%)

1 でちょうど, の大, の猟銃

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 である, ではない, にはあらず

▼ あった赤い~ (3, 0.0%)

1 広場の, 表紙の, 頭巾巾着よだれかけなどが

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 だのに, ですから, として

▼ あった運命~ (3, 0.0%)

1 で母, もいよいよ, をはっきり

▼ あった重い~ (3, 0.0%)

1 ものを, 原書や, 文鎮を

▼ あった野原~ (3, 0.0%)

1 へいっ, へお母さん, をさし

▼ あった金槌~ (3, 0.0%)

1 で叩き, のよう, を取り上げ

▼ あった鉄瓶~ (3, 0.0%)

2 の湯 1 を取っ

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 とシャベル, の柄, や鋤

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 ともいよいよ, もなかなか, を下ろし

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 さ一メートル半ほどの, に三十年, 右衛門も

▼ あった長男~ (3, 0.0%)

1 が遠国, と娘, 及び娘

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 がその, の扉, もなく

▼ あった間柄~ (3, 0.0%)

1 が理屈, であると, でお

▼ あった限り~ (3, 0.0%)

1 でその, において当然, の非

▼ あった雪子~ (3, 0.0%)

1 からの手紙, の著, もお

▼ あった電燈~ (3, 0.0%)

1 がむき出し, の光, の柱

▼ あった青木~ (3, 0.0%)

1 が同窓, が四, はなんと

▼ あった面影~ (3, 0.0%)

1 が彷彿, が目, をとどめ

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 から札, にはちゃんと, に白墨

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 を取り出し, を取る, を抜い

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 から悪口, が少し, の動揺

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 が低く, の所, の鼻柱

▼ あった高札~ (3, 0.0%)

1 だけは松山藩, の縄目, を見た

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 の兵, の虜将, は炎日

▼ あった~ (3, 0.0%)

1 のよう, もあの, を取っ

▼ あったあたし~ (2, 0.0%)

1 などにさえ時折, の自動車

▼ あったあなた~ (2, 0.0%)

1 の姿, の書く

▼ あったいくつ~ (2, 0.0%)

2 かの点

▼ あったいずれ~ (2, 0.0%)

1 も, も町

▼ あったいつ~ (2, 0.0%)

1 であったか, の頃

▼ あったいよいよ~ (2, 0.0%)

1 仕度を, 養子に

▼ あったいわば~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ あったうすい~ (2, 0.0%)

1 焼け板が, 錆の

▼ あったお前さん~ (2, 0.0%)

1 の云った, の言った

▼ あったお嬢様~ (2, 0.0%)

1 が久しぶり, のお

▼ あったお話~ (2, 0.0%)

1 が何故こんなに, でございます

▼ あったかぎ~ (2, 0.0%)

1 がねじきられ, を抜い

▼ あったかぎり~ (2, 0.0%)

1 ではどんな, 珍しい我々

▼ あったかさえ~ (2, 0.0%)

1 ケロリ忘れ, 知りがたい

▼ あったかさえも~ (2, 0.0%)

1 わからない, 考え得無い

▼ あったかつ~ (2, 0.0%)

1 余りに潔癖, 最も不

▼ あったかとか~ (2, 0.0%)

1 妖精が, 正月興行で

▼ あったかなぞという~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことも

▼ あったかなどとも~ (2, 0.0%)

1 考えるよう, 訊いた

▼ あったかなり~ (2, 0.0%)

2 厚い女

▼ あったかについて~ (2, 0.0%)

1 まだ私, 詳細を

▼ あったかに従って~ (2, 0.0%)

1 サン・タントアーヌ郭外からは, 狂信の

▼ あったからか~ (2, 0.0%)

1 小意気な, 稲荷ほどの

▼ あったからとも~ (2, 0.0%)

1 云えた, 云える

▼ あったからにゃ~ (2, 0.0%)

1 ア血を, 自害に

▼ あったからばかり~ (2, 0.0%)

2 では

▼ あったがは~ (2, 0.0%)

1 はあ西部運送, はんなる

▼ あったきのう~ (2, 0.0%)

1 の朝, の自分

▼ あったくせ~ (2, 0.0%)

1 に今日, に依然

▼ あったことこれ~ (2, 0.0%)

1 が四郎, までにない

▼ あったことそれら~ (2, 0.0%)

1 が私たち, はただ

▼ あったこと前~ (2, 0.0%)

1 にも述べたごとくである, に申す

▼ あったこと彼女~ (2, 0.0%)

1 のうち, は数年前夫

▼ あったこと等~ (2, 0.0%)

1 を知った, を順序

▼ あったこと自分~ (2, 0.0%)

1 で鍬, は金持ち

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 書簡を, 真影に

▼ あったさかい~ (2, 0.0%)

1 いつも人, 常時孰方ぞから

▼ あったさまざま~ (2, 0.0%)

1 な珍, の思い違い

▼ あったしたがって~ (2, 0.0%)

1 プロレタリア文学の, 罪には

▼ あったそのまま~ (2, 0.0%)

1 のよう, の折

▼ あったそれから~ (2, 0.0%)

1 もう一つ, 第二

▼ あったそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 の国, 違った色

▼ あったため踊り~ (2, 0.0%)

2 を習っ

▼ あっただけでも~ (2, 0.0%)

1 今お目にかかっ, 数週間努力し

▼ あったちょっとした~ (2, 0.0%)

1 バランスを, 出来事を

▼ あったっけと~ (2, 0.0%)

1 いうだけにしか, 私は

▼ あったつい~ (2, 0.0%)

1 一週間前に, 昨日今日彼は

▼ あったついで~ (2, 0.0%)

1 に立ち寄った, に院

▼ あったつもり~ (2, 0.0%)

1 である, でいなさい

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 えから, えこと

▼ あったでも~ (2, 0.0%)

1 あろう, あろうもと

▼ あったというも~ (2, 0.0%)

1 よろしいでしょう, 誇張でない

▼ あったとき僕~ (2, 0.0%)

1 がこれから, は庵主

▼ あったとこ~ (2, 0.0%)

1 はあらゆる, へその

▼ あったところ今~ (2, 0.0%)

1 はお化け, はさびしく

▼ あったとまでは~ (2, 0.0%)

1 考えて, 考えられるが

▼ あったどうして~ (2, 0.0%)

1 今まで, 食っても

▼ あったどこ~ (2, 0.0%)

1 かロベスピール, の国

▼ あったどころ~ (2, 0.0%)

1 じゃないです, の騒ぎ

▼ あったどころか~ (2, 0.0%)

1 どうも容易, 更に何

▼ あったどんなに~ (2, 0.0%)

1 すぐれた恋人, 苦しかった

▼ あったなお~ (2, 0.0%)

1 この横町, 序に

▼ あったなぜ~ (2, 0.0%)

1 ならこの, なら彼ら

▼ あったなぞ~ (2, 0.0%)

1 いう次第, の狂人

▼ あったなどは~ (2, 0.0%)

1 しぜん, 最も面白い

▼ あったにゃ~ (2, 0.0%)

1 あった, あったが

▼ あったによる~ (2, 0.0%)

1 のである, ものと

▼ あったねと~ (2, 0.0%)

1 お思い, 順造は

▼ あったふう~ (2, 0.0%)

1 で沙汰止み, で鹿島老

▼ あったほどの~ (2, 0.0%)

1 大わずらい, 新鮮さは

▼ あったままそこ~ (2, 0.0%)

1 にある, に残っ

▼ あったまるで~ (2, 0.0%)

1 いま思う, 真夏なり

▼ あったまんま~ (2, 0.0%)

1 かなりの道, まるで気

▼ あったみじめ~ (2, 0.0%)

1 な死体, な生活

▼ あったみすぼらしい~ (2, 0.0%)

1 小学校へは, 小屋の

▼ あったむかし~ (2, 0.0%)

1 からそういう, この若い

▼ あったもし~ (2, 0.0%)

1 ぼくらが, われわれの

▼ あったもっと~ (2, 0.0%)

1 小さなもっと, 巧妙な

▼ あったやも~ (2, 0.0%)

2 知れぬ

▼ あったゆえん~ (2, 0.0%)

1 はまず, は極端

▼ あったよい~ (2, 0.0%)

1 妻君であった, 直衣に

▼ あったようす~ (2, 0.0%)

1 もない, をはじめて

▼ あったよし~ (2, 0.0%)

1 で目, 駆けつけて

▼ あったよって~ (2, 0.0%)

1 ですけど, にな

▼ あったわいと~ (2, 0.0%)

1 いうくらいの, 思わせられるよう

▼ あったわね~ (2, 0.0%)

1 あれで, あれ今

▼ あったわれわれ~ (2, 0.0%)

1 がお, はこの

▼ あったアイルランド~ (2, 0.0%)

1 から便り, に使

▼ あったアテナイ~ (2, 0.0%)

1 である, の勢力

▼ あったインテリゲンツィア~ (2, 0.0%)

1 の一部, の或

▼ あったカッフェ~ (2, 0.0%)

1 の一つ, へ這入っ

▼ あったカピ~ (2, 0.0%)

1 に対してすらそう, はいなくなった

▼ あったケリル~ (2, 0.0%)

1 が寂しい, はその

▼ あったケーテ~ (2, 0.0%)

1 にどの, の家

▼ あったゴシック~ (2, 0.0%)

2 の作

▼ あったシューマン~ (2, 0.0%)

1 はピアノ曲, はリスト

▼ あったジェラルミン~ (2, 0.0%)

2 よりもっと

▼ あったステッキ~ (2, 0.0%)

1 のよう, をとっ

▼ あったズック~ (2, 0.0%)

1 のきれ, の布

▼ あったテーブル~ (2, 0.0%)

1 の上, の横戸

▼ あったトランプ~ (2, 0.0%)

1 の札, を掴む

▼ あったトルストイ~ (2, 0.0%)

1 の死んだ, は三年

▼ あったナイフ~ (2, 0.0%)

1 を探した, を私

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 佐野龍代, 兄さん

▼ あったバイオリン~ (2, 0.0%)

1 ではなかろう, をサック

▼ あったバス~ (2, 0.0%)

1 さえも戦争中, の車体

▼ あったパアクス~ (2, 0.0%)

1 からの書面, その人

▼ あったパデレフスキー~ (2, 0.0%)

1 にどう, もステージ

▼ あったパリ~ (2, 0.0%)

1 での感想中, の生活

▼ あったファシズム~ (2, 0.0%)

1 の戦争, の暴力

▼ あったブルジョアジー~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, の社会条件

▼ あったヘロイン~ (2, 0.0%)

1 ではあるまい, の袋

▼ あったペン~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を取り上げ

▼ あったボール箱~ (2, 0.0%)

1 のふた, の上

▼ あったマヤコフスキー~ (2, 0.0%)

1 がこれ, と構成派

▼ あったミレー~ (2, 0.0%)

1 の永久, は彼

▼ あったライプニツ~ (2, 0.0%)

1 である, によっても批判

▼ あったラテン語~ (2, 0.0%)

2 を用いず

▼ あったランプ~ (2, 0.0%)

1 に近寄った, をつけ

▼ あったリスト~ (2, 0.0%)

1 の歓待, を訪ね

▼ あったルナビゥム~ (2, 0.0%)

1 が見えない, は全部ほか

▼ あったローマ~ (2, 0.0%)

1 がどうして, の国民

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 じゃ, です

▼ あった一同~ (2, 0.0%)

1 はた, は大鳥

▼ あった一挺~ (2, 0.0%)

1 の小銃, の算盤

▼ あった一方~ (2, 0.0%)

1 のデスク, は難波

▼ あった一束~ (2, 0.0%)

1 の原稿, の書もの

▼ あった一群~ (2, 0.0%)

1 の, の小舟

▼ あった一般~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, の人生的

▼ あった一足~ (2, 0.0%)

1 の不細工, の短靴

▼ あった一軒~ (2, 0.0%)

1 の小さな, の旅館

▼ あった一銭五厘~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を出し

▼ あった三味線~ (2, 0.0%)

1 とお, を近所

▼ あった三本~ (2, 0.0%)

1 に一本, の金

▼ あった上衣~ (2, 0.0%)

1 やズボン, をとりだし

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の竹, を目がけ

▼ あった下り~ (2, 0.0%)

1 四二一号列車の, 藤であった

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 二アイスの, 忍池の

▼ あった不安~ (2, 0.0%)

1 はどんな, は昼間

▼ あった不断着~ (2, 0.0%)

1 の翁格子の, を寝巻

▼ あった世界~ (2, 0.0%)

1 の中, の統一

▼ あった世論~ (2, 0.0%)

1 が政治的, は今や

▼ あった中学生~ (2, 0.0%)

1 の実さん, の甥

▼ あった中島座~ (2, 0.0%)

1 となり, は小

▼ あった丸木~ (2, 0.0%)

1 のくりぬき, も博士

▼ あった乙女~ (2, 0.0%)

1 にとっては反動, は生活

▼ あった九万円~ (2, 0.0%)

2 の金塊

▼ あった乳呑児~ (2, 0.0%)

1 が泣出, を抱い

▼ あった二三~ (2, 0.0%)

1 の実例, の筆蹟

▼ あった二基~ (2, 0.0%)

2 の中世甲冑武者

▼ あった二日後~ (2, 0.0%)

1 だった, の同じ

▼ あった二枚~ (2, 0.0%)

1 の写真, の肖像画

▼ あった二脚~ (2, 0.0%)

1 の彫刻, をふみ

▼ あった二葉亭~ (2, 0.0%)

1 のこの, は四谷

▼ あった于学忠~ (2, 0.0%)

2 が退い

▼ あった五円紙幣~ (2, 0.0%)

1 を出し, を摘み出す

▼ あった人生~ (2, 0.0%)

1 の断片, の詩人

▼ あった人達~ (2, 0.0%)

1 がその, であっただけに

▼ あった以上それ~ (2, 0.0%)

1 に基く, は云う

▼ あった以上犯人~ (2, 0.0%)

1 が出入, のない

▼ あった以前~ (2, 0.0%)

1 の母, の頂

▼ あった以外~ (2, 0.0%)

1 に我々, の本

▼ あった仮寓~ (2, 0.0%)

1 に隠れ, を畳み

▼ あった仰せ~ (2, 0.0%)

1 について大臣, を源氏

▼ あった会社~ (2, 0.0%)

1 の社長, を探した

▼ あった低い~ (2, 0.0%)

1 方の, 足台に

▼ あった住居~ (2, 0.0%)

1 へ運ばれ, を畳ん

▼ あった作品~ (2, 0.0%)

1 であったと, 及びこれから

▼ あった作者~ (2, 0.0%)

1 が世論, の父トマス・スティーヴンスン

▼ あった信州~ (2, 0.0%)

1 の, はやはり

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の妻, は聞き

▼ あった倉庫~ (2, 0.0%)

1 で焼け, をもう一度よく

▼ あった偉人~ (2, 0.0%)

1 であるが, の痛ましき

▼ あった傘桶~ (2, 0.0%)

1 だけが焼け残っ, と池

▼ あった僅か~ (2, 0.0%)

1 な品, の荷物

▼ あった兄さん~ (2, 0.0%)

1 の分, の矛盾

▼ あった兄弟~ (2, 0.0%)

1 のよう, の木梨軽皇子

▼ あった先代~ (2, 0.0%)

1 に男の子, の遺言状

▼ あった光一~ (2, 0.0%)

1 はすらすら, はだまっ

▼ あった入口~ (2, 0.0%)

1 から這入っ, が南側

▼ あった八畳~ (2, 0.0%)

1 の板の間, へ行く

▼ あった共同便所~ (2, 0.0%)

1 の前, の明り

▼ あった円タク~ (2, 0.0%)

1 に乗った, を帰す

▼ あった冷泉~ (2, 0.0%)

1 の大, は別

▼ あった刀架~ (2, 0.0%)

1 から刀, の刀

▼ あった刃物~ (2, 0.0%)

1 を取っ, を掴んだ

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 だけでも掻き集め, 国外の

▼ あった初め~ (2, 0.0%)

1 は一種, は富士山

▼ あった前後~ (2, 0.0%)

1 から増さん, の頃おい

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 が生き, が真面目

▼ あった勿論~ (2, 0.0%)

1 凡ての, 東京からは

▼ あった北支那~ (2, 0.0%)

2 に鉄道網

▼ あった医学士~ (2, 0.0%)

1 が意外, のはなし

▼ あった十九世紀~ (2, 0.0%)

1 と更に, には人類

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の戸袋, の空

▼ あった博士~ (2, 0.0%)

1 のピストル, の着物

▼ あった印籠~ (2, 0.0%)

1 だ, と二十両

▼ あった印象~ (2, 0.0%)

1 なの, は本当

▼ あった即ち~ (2, 0.0%)

1 日本の, 社会の

▼ あった原因~ (2, 0.0%)

1 になっ, は富裕

▼ あった友人~ (2, 0.0%)

1 の場合, を岐阜市内

▼ あった双眼鏡~ (2, 0.0%)

1 がお, を取っ

▼ あった叔父~ (2, 0.0%)

1 の家, は腸チブス

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の欠けた, を沈黙

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 が鶯, と思います

▼ あった吉原~ (2, 0.0%)

1 の大火以後廃業, の鳶頭

▼ あった同志~ (2, 0.0%)

1 の身の上, はそれ

▼ あった同郷出身~ (2, 0.0%)

2 の若藤宗則

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 だ, と思われ

▼ あった哲学~ (2, 0.0%)

1 の伝統, は外

▼ あった~ (2, 0.0%)

2 の滴

▼ あった善兵衛~ (2, 0.0%)

1 はなに, は各

▼ あった団扇~ (2, 0.0%)

1 で熱った, を取っ

▼ あった地名~ (2, 0.0%)

1 が山名, をセ別当

▼ あった坊さん~ (2, 0.0%)

1 が何時, が静

▼ あった場合それ~ (2, 0.0%)

1 もよくよく, を知っ

▼ あった墨流し~ (2, 0.0%)

2 が広

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 なもの, な目つき

▼ あった夕刊~ (2, 0.0%)

1 を出し, を取り上げ

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 から叩く, に出る

▼ あった大刀~ (2, 0.0%)

1 をじりじり, を持っ

▼ あった大切~ (2, 0.0%)

1 なもの, な器具

▼ あった大学生~ (2, 0.0%)

1 のセダン, の生活

▼ あった大小~ (2, 0.0%)

1 の我楽, を取上げ

▼ あった大木~ (2, 0.0%)

1 の根本, の蔭

▼ あった天候~ (2, 0.0%)

1 は昼頃, もしかし

▼ あった太陽~ (2, 0.0%)

1 の所在, もその

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の部屋, の間

▼ あった奥さん~ (2, 0.0%)

1 からは近頃, の健康

▼ あった女たち~ (2, 0.0%)

1 が年, に聞い

▼ あった女の子~ (2, 0.0%)

1 が亡くなっ, が川

▼ あった女学生たち~ (2, 0.0%)

1 の緊張, は余り

▼ あった女流~ (2, 0.0%)

1 の画人, を会長

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 だけに私, は

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 な品物, な生活

▼ あった娼家~ (2, 0.0%)

1 で中米楼, に

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 にそっくり, を出した

▼ あった安全燈~ (2, 0.0%)

1 ですが, はここ

▼ あった安雄~ (2, 0.0%)

1 は古参, も餅搗き

▼ あった宗房~ (2, 0.0%)

1 がその, は

▼ あった宝石~ (2, 0.0%)

1 だったん, を敵

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の父親, をすっかり

▼ あった実例~ (2, 0.0%)

1 は容易, を話し

▼ あった実家~ (2, 0.0%)

1 の両親, の父親

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の一人, を選ぶ

▼ あった寄手~ (2, 0.0%)

1 の一軍, の何

▼ あった富士~ (2, 0.0%)

1 というミルクホール, は朧ろげ

▼ あった小刀~ (2, 0.0%)

1 ですよ, を抜い

▼ あった小泉~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ あった小舎~ (2, 0.0%)

1 の中, をこめ

▼ あった小舟~ (2, 0.0%)

1 に乗り, へ跳んだ

▼ あった小説~ (2, 0.0%)

1 における志賀直哉氏, は多く五ヵ年計画以前

▼ あった少く~ (2, 0.0%)

1 ともそれ, とも佐助

▼ あった屋台~ (2, 0.0%)

1 が夜, を一個

▼ あった山田~ (2, 0.0%)

1 という青年, 小美濃

▼ あった崖下~ (2, 0.0%)

1 は警官, をうろうろ

▼ あった巡査~ (2, 0.0%)

1 がその, の表付き

▼ あった左右田喜一郎先生~ (2, 0.0%)

1 くらいであろう, の名著

▼ あった布団~ (2, 0.0%)

1 の上, をもっ

▼ あった帽子~ (2, 0.0%)

1 をつかん, を再び

▼ あった幕末~ (2, 0.0%)

1 から明治初年, 乃至維新当時

▼ あった床几~ (2, 0.0%)

1 へ秀吉, を遠く

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 には赤坂, も広く

▼ あった強い~ (2, 0.0%)

1 姿を, 酸性の

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 での機械的, と見

▼ あった役人~ (2, 0.0%)

1 が急, すなわち窃

▼ あった従って~ (2, 0.0%)

1 それは, 其処に

▼ あった従来~ (2, 0.0%)

1 からの習慣, の女

▼ あった御馳走~ (2, 0.0%)

1 の前, も今漸

▼ あった徳利~ (2, 0.0%)

1 で眉間, をつかむ

▼ あった思い~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, がする

▼ あった恐怖~ (2, 0.0%)

1 は暗黒, を示し

▼ あった患者~ (2, 0.0%)

1 が三百人, が朝注射

▼ あった意味~ (2, 0.0%)

1 では特筆, はこれ

▼ あった感覚~ (2, 0.0%)

1 乃至知覚, 乃至知覚そのもの

▼ あった慧鶴~ (2, 0.0%)

1 にはいよいよ只, を急

▼ あった戦争~ (2, 0.0%)

1 のお金, 又は戦争準備

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 がどう, をいっぱい

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 に持っ, を留め

▼ あった手鏡~ (2, 0.0%)

1 を弄ん, を持出す

▼ あった技術~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の基体

▼ あった抽斎~ (2, 0.0%)

1 には本業, もこれ

▼ あった指紋~ (2, 0.0%)

1 の写真, も叔父さん

▼ あった支那~ (2, 0.0%)

1 には当然, の先生達

▼ あった支那人~ (2, 0.0%)

1 がしくじった, てえもの

▼ あった故人~ (2, 0.0%)

1 が名残, のあと

▼ あった故郷~ (2, 0.0%)

1 の母, への手紙

▼ あった数々~ (2, 0.0%)

1 の調度, の辛酸

▼ あった数行~ (2, 0.0%)

1 の作品批評, の文字

▼ あった~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ あった文献~ (2, 0.0%)

1 もみえる, も学術進歩

▼ あった新しい~ (2, 0.0%)

1 場面を, 神社も

▼ あった方向~ (2, 0.0%)

1 に実際, へ進ん

▼ あった旅館~ (2, 0.0%)

1 の一, の親切気

▼ あった日曜日~ (2, 0.0%)

1 から子供たち, の真夜中

▼ あった日本刀~ (2, 0.0%)

1 を持ちだし, を縁側

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 プロレタリア作家を, 藩主が

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の通知, を翌日マルクープ老人

▼ あった映画館~ (2, 0.0%)

1 の案内人, を見

▼ あった時それ~ (2, 0.0%)

1 によって我々, をいっ

▼ あった時わたし~ (2, 0.0%)

1 の面, は大

▼ あった時一人~ (2, 0.0%)

1 の倡妓, は言った

▼ あった時勢~ (2, 0.0%)

1 だった, だったん

▼ あった時家~ (2, 0.0%)

2 のギシギシ

▼ あった時我々~ (2, 0.0%)

1 の心, はどこ

▼ あった時部下~ (2, 0.0%)

1 の一判事, の役人

▼ あった暗い~ (2, 0.0%)

2 思いを

▼ あった書付~ (2, 0.0%)

1 に兄, を取り寄せた

▼ あった書籍~ (2, 0.0%)

1 と両替屋, をドンドン

▼ あった最初~ (2, 0.0%)

1 の二, の弾丸

▼ あった有様~ (2, 0.0%)

1 がうかがわれます, を語っ

▼ あった朝鮮~ (2, 0.0%)

1 の人民, の楽浪あたり

▼ あった木像~ (2, 0.0%)

1 のそば, の判官

▼ あった本丸~ (2, 0.0%)

1 に華, の空井戸

▼ あった朱塗~ (2, 0.0%)

1 の大, の大きな

▼ あった材料~ (2, 0.0%)

1 ではそういう, も子孫

▼ あった村岡~ (2, 0.0%)

2 という人

▼ あった杯盤~ (2, 0.0%)

1 を取る, を自身

▼ あった松田さん~ (2, 0.0%)

2 の心づくし

▼ あった林檎~ (2, 0.0%)

1 がどうして, を突刺し

▼ あった~ (2, 0.0%)

2 のかげ

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 は黒い, を思い出さず

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 をかつぎこむ, を舁き上げ

▼ あった棺桶~ (2, 0.0%)

2 の蓋

▼ あった楽屋~ (2, 0.0%)

1 への唯一, へ飛び込ん

▼ あった楽譜~ (2, 0.0%)

1 がふと, を取っ

▼ あった模様~ (2, 0.0%)

1 をついに, をつまびらか

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 で見た, を植え

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 にちがい, のよう

▼ あった正月~ (2, 0.0%)

1 に新作, の文字

▼ あった死骸~ (2, 0.0%)

1 はその, はみんな

▼ あった残り~ (2, 0.0%)

1 の三十六人, の人形

▼ あった母親~ (2, 0.0%)

1 の心臓, はいつ

▼ あった気持~ (2, 0.0%)

1 ではない, の明るい

▼ あった氷屋~ (2, 0.0%)

1 が氷, の神さん

▼ あった江戸~ (2, 0.0%)

1 に住居, の産物

▼ あった油井伯爵~ (2, 0.0%)

1 が死亡, は関西方面

▼ あった油紙~ (2, 0.0%)

1 の天幕, をよく

▼ あった注意書~ (2, 0.0%)

2 のとおり

▼ あった洋服~ (2, 0.0%)

1 がそっくり, のえり

▼ あった洋灯~ (2, 0.0%)

1 を取っ, を頭

▼ あった浪人組~ (2, 0.0%)

1 の頭, も徒党

▼ あった浴衣~ (2, 0.0%)

1 が人間, に手早く

▼ あった海辺~ (2, 0.0%)

2 の朽ちた

▼ あった漱石氏~ (2, 0.0%)

1 とはよほど, を一夜

▼ あった炭俵~ (2, 0.0%)

1 が一個, の中

▼ あった煉瓦~ (2, 0.0%)

1 が一メートル平方, を三つ

▼ あった煙草屋~ (2, 0.0%)

2 の附近

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の子, の皮

▼ あった熊野~ (2, 0.0%)

1 で時々, の踊

▼ あった燐寸~ (2, 0.0%)

1 を擦っ, を擦った

▼ あった燭台~ (2, 0.0%)

1 のろうそく, をひきよせ

▼ あった爆弾~ (2, 0.0%)

2 に火

▼ あった~ (2, 0.0%)

2 やがもう

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 が一匹, を掠め去った

▼ あった牡丹~ (2, 0.0%)

1 の花, は焼跡

▼ あった物置小屋~ (2, 0.0%)

1 を一なめ, を崩させ

▼ あった特殊~ (2, 0.0%)

1 な武家階級, の地域

▼ あった独逸人~ (2, 0.0%)

1 にとっては従来, のスピンネル氏

▼ あった玄徳~ (2, 0.0%)

1 である, は早く

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 は前記, は盾

▼ あった現象~ (2, 0.0%)

1 に執着, を捕え

▼ あった理学博士矢田部良吉先生~ (2, 0.0%)

2 の許し

▼ あった理論~ (2, 0.0%)

1 の世界, を素人

▼ あった瑛子~ (2, 0.0%)

1 の華やか, を勧誘

▼ あった甲斐~ (2, 0.0%)

1 の海, の石和

▼ あった甲賀世阿弥~ (2, 0.0%)

1 は今, も今

▼ あった男たち~ (2, 0.0%)

1 の, はそれぞれアリバイ

▼ あった男の子~ (2, 0.0%)

1 ももう, や女の子

▼ あった町人~ (2, 0.0%)

1 がその, もあった

▼ あった画家~ (2, 0.0%)

1 として向井潤吉, の山路草葉

▼ あった白紙~ (2, 0.0%)

1 が残り少な, に犯人

▼ あった看護婦~ (2, 0.0%)

1 の一人, の秋草

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 ざしが, をほんのり

▼ あった矢先~ (2, 0.0%)

1 であるので, に左大臣

▼ あった短い~ (2, 0.0%)

1 几帳で, 手斧の

▼ あった研究ノート~ (2, 0.0%)

1 が突然, 第九冊

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 なの, の支配

▼ あった神尾主膳~ (2, 0.0%)

1 がこの, もいない

▼ あった神様~ (2, 0.0%)

1 だと, は今

▼ あった神聖~ (2, 0.0%)

1 な山, な権威

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の初旬, の単

▼ あった秘密~ (2, 0.0%)

1 の潜り戸, を人

▼ あった空箱~ (2, 0.0%)

1 のなか, の山

▼ あった竹刀~ (2, 0.0%)

1 でございましょう, を取り上げ

▼ あった竹竿~ (2, 0.0%)

1 が二本, に目

▼ あった~ (2, 0.0%)

2 にかかった

▼ あった筆者~ (2, 0.0%)

1 でさえも大人, ですらも

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 をとっ, をふり上げました

▼ あった籐椅子~ (2, 0.0%)

1 をひきずり出し, を二つ

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 がきれ, がぽっつり

▼ あった紙型~ (2, 0.0%)

1 の大, をとりあげ

▼ あった紙帳~ (2, 0.0%)

1 が三角, だ

▼ あった経机~ (2, 0.0%)

1 ではない, もない

▼ あった結婚~ (2, 0.0%)

1 すら不安, はしたく

▼ あった絵具箱~ (2, 0.0%)

1 へ後頭部, をとりあげる

▼ あった絵姿~ (2, 0.0%)

1 に見入っ, を手

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 につつまれた, の風呂敷

▼ あった羊皮~ (2, 0.0%)

1 の表紙, の革袋

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の前, は異性

▼ あった翌々日~ (2, 0.0%)

1 が九月一日, に大雨

▼ あった翌日彼~ (2, 0.0%)

1 がふと, は市役所

▼ あった翌朝~ (2, 0.0%)

1 からりと, のこと

▼ あった習慣~ (2, 0.0%)

1 からで, もある

▼ あった聖書~ (2, 0.0%)

1 を取り上げ, を読む

▼ あった胃病~ (2, 0.0%)

1 が大分, が船

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の低い, の高い

▼ あった脇息~ (2, 0.0%)

1 を取り下す, を右

▼ あった腕環~ (2, 0.0%)

1 が出, の函

▼ あった自我~ (2, 0.0%)

1 の探求, を喪失

▼ あった自然~ (2, 0.0%)

1 からいえ, の美し

▼ あった自然主義~ (2, 0.0%)

1 もヒューマニズム, やその他

▼ あった花瓶~ (2, 0.0%)

1 も見当らず, を置く

▼ あった英国~ (2, 0.0%)

1 の, の皇子コンノート殿下

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の新芽, の置場

▼ あった茶碗~ (2, 0.0%)

1 や灰吹, を引きたくった

▼ あった草双紙~ (2, 0.0%)

1 のどこ, はこうして

▼ あった菅笠~ (2, 0.0%)

1 が二人, を掻

▼ あった菓子~ (2, 0.0%)

1 の一片, を包ん

▼ あった菩提樹~ (2, 0.0%)

1 の皮, をその

▼ あった葉巻~ (2, 0.0%)

1 の箱, を一本

▼ あった葡萄酒~ (2, 0.0%)

1 の壜, を半分

▼ あった蕎麦屋~ (2, 0.0%)

1 について蕎麦通, の暖簾越し

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 すべったい青黒い, 黄の

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 をあれこれ, を手早く

▼ あった蝋燭~ (2, 0.0%)

1 へ手, もこの

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の話, は大きな

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 ぬられた太刀, のながれる

▼ あった街道~ (2, 0.0%)

1 の活動, をもう

▼ あった衣類~ (2, 0.0%)

1 などを畳ん, を着替え

▼ あった複雑~ (2, 0.0%)

1 な心持, な表情

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 から先, の隙間

▼ あった西洋~ (2, 0.0%)

1 のよろい, の本

▼ あった許婚~ (2, 0.0%)

1 のカール, の人

▼ あった読売新聞~ (2, 0.0%)

1 の上, の楼上

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 からいくら, が鉄道

▼ あった誰彼~ (2, 0.0%)

1 なしの, のひとたち

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 のよう, もいくぶん

▼ あった豪傑~ (2, 0.0%)

1 であり首長, はまず

▼ あった財布~ (2, 0.0%)

1 に眼, を巡査

▼ あった資料~ (2, 0.0%)

1 の行李, を使う

▼ あった資本主義~ (2, 0.0%)

1 であるの, の極端

▼ あった質素~ (2, 0.0%)

1 な感じ, な説教台

▼ あった赤城座~ (2, 0.0%)

2 という小

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 である, でございます

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ あった農民~ (2, 0.0%)

1 がとりつく, もそれから

▼ あった辻堂~ (2, 0.0%)

1 などもとりはらわれた, の縁

▼ あった近松~ (2, 0.0%)

1 でも西鶴, は当時

▼ あった迷信~ (2, 0.0%)

1 で, のなかっ

▼ あった運転手~ (2, 0.0%)

1 は不, も第

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 が蕪雑, のデコボコ

▼ あった道元~ (2, 0.0%)

1 の伝記, は仏教思想史上重大

▼ あった道具~ (2, 0.0%)

1 を俄, を米櫃

▼ あった達雄~ (2, 0.0%)

1 との会見, のこと

▼ あった遠眼鏡~ (2, 0.0%)

1 が特別いや, を取りあげ

▼ あった重臣~ (2, 0.0%)

1 に鶴, のひとり

▼ あった金吾~ (2, 0.0%)

1 が遅れ走せ, は土間

▼ あった鉄砲~ (2, 0.0%)

1 を白あばた, を隻手

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 をとり, を肩

▼ あった銅銭~ (2, 0.0%)

2 で駄菓子

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 と水, の水

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の先, はそれ

▼ あった鎧櫃~ (2, 0.0%)

1 がどう, を引き出し

▼ あった長屋~ (2, 0.0%)

1 が急, の一聚落

▼ あった長椅子~ (2, 0.0%)

1 の背, の蔭

▼ あった防寨~ (2, 0.0%)

1 には肱金, は馬

▼ あった陶器~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の鑑定家

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 にやけた, は書堂

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の方, へ手さぐり

▼ あった階段~ (2, 0.0%)

1 をむちゃくちゃ, を上

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 とが藍色, の山

▼ あった電車~ (2, 0.0%)

1 にのっ, へ乗っ

▼ あった青々~ (2, 0.0%)

1 とした, と林

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 伝統的な, 風君は

▼ あった面白い~ (2, 0.0%)

1 心持で, 歌も

▼ あった頃彼~ (2, 0.0%)

1 はふと, は或

▼ あった頃自分~ (2, 0.0%)

1 にもかつて, も文部省

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 がぱったり, が渡った

▼ あった風呂敷包~ (2, 0.0%)

1 の中, を卓

▼ あった風習~ (2, 0.0%)

1 がいまだ, で今

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の棒, を出した

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の後部, の方

▼ あった首飾~ (2, 0.0%)

1 などを持っ, の一つ

▼ あった駒井~ (2, 0.0%)

1 はその, は目

▼ あった高島田~ (2, 0.0%)

1 の時, の鬘

▼ あった高貴~ (2, 0.0%)

1 の人, の婦人

▼ あった魚市場~ (2, 0.0%)

1 と青物市場, へ往

▼ あった~ (2, 0.0%)

1 の形, の足

▼ あった鹿~ (2, 0.0%)

1 の小山, は他

▼ あった黄いろい~ (2, 0.0%)

1 幽霊にとって, 薬を

▼ あった黄金~ (2, 0.0%)

1 でできた, の山

▼1* [4583件]

あったいずです, あったあいだの寂し, あったあえて言わなければ, あったあくる日の, あったあげくジョウがいいました, あったあごひげものびほうだい, あったあさなわ, あったあたり一面すっかり水, あったあたり四町四面を地域, あったあと今度は次郎, あったあと伸子がいい出した, あったあと先輩順に門, あったあと変に言葉, あったあと幾晩かは彼女, あったあと肩車にのせ, あったあまりに彼女が, あったありゃお國さんとか, あったあるいはロマンティックであった, あったあんどんをけたおした, あったあんなことも, あったあゝ誠に辱, あったいかがわしい猥雑な, あったいきさつにはふれない, あったいざ出発と, あったいちじゅく, あったいちじくやりんご, あったいちばんきたない服, あったいちょうの葉, あったいっさいのこと, あったいつごろからあった, あったいつぞやお茶, あったいつもそういうとき, あったいまのお父さん, あったいま大学という書, あったいま憶い出しても, あったいわゆる空中庭園は, あったいわゆる奇しき関係まで, あったいわれを, あったうしろの丘, あったうし紅珊瑚が一つ, あったうち三号を減らした, あったうわさを聞かぬ, あったえり巻を取り, あったおかしかった事, あったおこもりという, あったおしげは黙, あったおそるべき魔薬でした, あったおそろしい幽霊船も, あったおとうさんがふとした, あったおばあさんに向かっ, あったおまえがわたし, あったおもとのはち, あったおよそ小さな鹿, あったおれが差料, あったお守り袋の紐, あったお宮は高田門下, あったお寺だな, あったお方だけに, あったお松という少女, あったお母さんの娘, あったお祖母さんをさえ加え, あったお茶はさめ, あったお茶の水の崖, あったお菜は皆精進, あったお話し申すも, あったかいようで風, あったかからだが, あったかきの葉, あったかくてその, あったかくして居ようと, あったかごを拾っ, あったかしらというんだ, あったかすら未だ判然, あったかた思わず知らず出, あったかって良人が, あったかでいい心持, あったかではなくて, あったかというまでに及ぶの, あったかといふやうな, あったかとさえ思われる, あったかなあと云って, あったかなと磯五は, あったかなど物固い, あったかなどということを, あったかなどもやはり机, あったかななどとへんな, あったかにも見受けられること, あったかによって又新しく, あったかねこれは, あったかの子さんへの追想, あったからかというに, あったからかの少女に, あったからとしか云うこと, あったからね土地に, あったからねと抗議した, あったかるい情なさは, あったかんかん帽をかぶり, あったかナと思うと, あったがかような, あったがっしりした編上靴, あったがとはいえ豫感, あったがなあなた, あったがなどとも思われる, あったがははあさては, あったがほどなく新橋南地, あったがも一度きっぱりと, あったきたないぞうりを, あったきっと多すぎただろう, あったきつい気の, あったきつねくんによく, あったきみやぼく, あったきょうはだれ, あったきりこちらから手紙, あったきりその後ここの街, あったきれいでしんせつ, あったぎいぎいと響くよう, あったくずかごを持っ, あったくず箱の底, あったくまの絵, あったくらいは言えるでしょうが, あったぐあい女客の多かっ, あったぐらいなこと, あったぐるりの山々, あったけがよ, あったけな一銭の, あったけれどねやはりあった, あったこいつもいよいよ, あったこうなっては, あったこういうことも, あったこころもちがわかっ, あったこずえのよう, あったことあやかが戸外, あったことばも頼朝, あったことハイドがその, あったこと一種のスペンセリアン, あったこと久佐賀が面白い, あったこと他の一面, あったこと伝説化されて, あったこと個人の歴史, あったこと入水をする, あったこと出家を遂げた, あったこと出来栄えはとにかく, あったこと十五の歳, あったこと単純だが, あったこと同志小林が常に, あったこと善良な富裕, あったこと大体において支那, あったこと夫が死んだ, あったこと寺の庭, あったこと店の番頭, あったこと当時何不足なく暮らす, あったこと心中は午前, あったこと忰の敦忠, あったこと情熱の制御, あったこと意味のあった, あったこと断片的にそれら, あったこと日本じゅうの不如意, あったこと明らかである, あったこと明智はまだ, あったこと晶子の自然発生, あったこと本所へ越し, あったこと栄太が自害, あったこと死体をピアノ, あったこと殺害の夜, あったこと毒薬の容器, あったこと民主主義に立つ, あったこと無慾無邪気の善人, あったこと物すべてが確実, あったこと病気になった, あったこと等々も判っ, あったこと終戦のドサクサ, あったこと美容術師は一人, あったこと話がある, あったこと運送屋が荷物, あったこと顔と頭, あったこと高須はなん, あったこの間お宮に会っ, あったこれらの品々, あったころアルチバセフの快楽主義, あったころプロレタリアートは彼等, あったころ一疋の雌猿, あったころ亮がガラス板, あったころ何であったか, あったころ保にかいた, あったころ函館奉行津田近江の世話, あったころ北山殿の行幸, あったころ吉野山へ村, あったころ同伴者作家という表現, あったころ急にお客, あったころ検挙されて, あったころ母が身近, あったころ毎年村の祭, あったころ私の力, あったころ芸界ではもっと, あったころ西南倒幕派はすでに, あったころ親たちと伸子, あったころ親父橋から荒布橋, あったころ雅楽頭が, あったこんどの召集, あったこんなにまで欲し, あったこッたろう, あったごとにすくなくも, あったごみためが遠く, あったさあ故郷へは, あったさいぜん治部殿から, あったさかずきに目, あったさっきよりももっと, あったさっきここで大, あったさっき自動車は小犬, あったさびしいお母さんの, あったさらの中, あったさんらんたる美光, あったざらざらしたもの, あったしかしながら遅鈍で, あったしかと思うと, あったしだいであるが, あったしづやが母, あったしと云って, あったしばしば掌を, あったしみが取り除かれた, あったしるしも誰, あったしろものじゃ, あったじゃあありませんか, あったすこしの荷物, あったせむしのこ, あった俺も, あったぜといい出したので, あったなたいちど, あったそいつがのッ, あったそうさな, あったそこらの木々, あったそちらのらしい, あったそっちの方角, あったそのうち松岡君は, あったその他の侍たち, あったその他湖上の処々, あったその同じ景色が, あったその後のこと, あったその後平田氏は所謂世間, あったその後私は高野, あったその間の王さん, あったその間ヒンズー人しばしば来, あったそばまで来る, あったそれだけだ, あったそれだけにまた不安も, あったそれなり懐中へ, あったそれ以前の新, あったそれ以前沢正の傍若無人, あったそれ以来なるべく計量器, あったそれ等を思い廻らし, あったぞとばかり苦心惨憺栓を, あったたかが詐欺師なんかに, あったたくさんな絵, あったたしかに鄙しく, あったたった十九ポンドを, あったたった今急湍の, あったたとえそれが, あったたとえば肖像の, あったたばこ屋へ飛ん, あったためあとに残っ, あったためいやがらせが思う, あったためここへ来, あったためそこの数ヵ条, あったためたくさん売れなかった, あったためどこでも鄭重, あったためアズサの真物, あったためエリカの結婚生活, あったためカルタゴはその後, あったためドイツから持ち帰った, あったためマルグリットは遂に, あったため一同に興味, あったため一時は井伊掃部頭, あったため一部のアカデミー, あったため下層の濁った, あったため世人は死因, あったため主君謙信のす, あったため九年母を代用品, あったため二号艇に乗組ん, あったため五六日見舞いの使い, あったため人あだ名して, あったため人心が自由, あったため以来すッ, あったため伊兵衛と馬春堂, あったため傘なしの, あったため十八世紀中には遂に, あったため卒中で仆, あったため古来不明な植物, あったため吾等は始め, あったため周の武王, あったため在来日本の読者, あったため地形図の間違っ, あったため士族と商人, あったため外へは一歩, あったため大変助かったの, あったため実行に移る, あったため室内の空気, あったため対立的に視られ, あったため帰着するまでに, あったため彼は礼儀, あったため御方の父, あったため手洗鉢に厚い, あったため掠奪を始め, あったため新劇関係の人々, あったため時流に投じ, あったため暫らくは語, あったため案内者という案内者, あったため楽に午後四時頃秋岡, あったため殷の湯王, あったため殿上役人なども御所, あったため気分まとまらず, あったため水谷の店, あったため満身に毛, あったため焔の城頭, あったため熊さんの面影, あったため父の良, あったため父子は非常, あったため玄蕃は散々逃口上, あったため百合子は体じゅうアセモ, あったため目付手附の卒, あったため直接照準爆撃が出来ず, あったため矢をかわした, あったため私の祖母, あったため腹部以下の筋肉繊維, あったため自分の運命, あったため自由精神を尊び, あったため英米の読書界, あったため訂正はし, あったため論証を省いた, あったため貴重品のこと, あったため部屋住みだった彼, あったため部落のなか, あったため酒井雅楽頭が代理, あったため非常な人気, あったため鞭打教の宗旨, あったため頼朝がこれ, あったため高齢の人, あったため魏延の陣地, あったたもと時計を取りあげ, あったたらし餅を, あったたんすの引出し, あっただから私は, あっただけという態な, あっただまし物である, あっただれかのハンカチ, あったちがいはなくなっ, あったちょとした, あったちり紙で母, あったぢゃ小禽の家, あったっけじゃないわ, あったっけなどこの, あったっていうでっかい絵, あったっていうじゃないか, あったつぎの年, あったつつじの根もと, あったつど警鐘を鳴らし, あったつまり鉛筆の, あったつまり眼明きでありながら, あったつや子の睫毛, あったつり鐘を竹刀, あったできごとやじ, あったではその悪僧, あったというくらいです, あったというしかない, あったというは幸いそれで, あったといったまでですよ, あったといふやうな, あったとおりいずれも重い, あったとおりもとの操縦室, あったとおり平馬を筆頭, あったとおり日本でも好戦的, あったとおり本船の左舷前方, あったとおり禍害なるかな, あったとおり窓が一つ, あったとおり紛れもなく, あったとおり自分も赤貧, あったとおり記述して, あったとお恨めしくお思われ, あったとかいうからっ駕籠, あったとかいうくらいにてつまり不吉, あったとかくする内, あったとかで大に, あったとかというのは, あったとかは云われないの, あったときいろいろな人, あったときうちの記者, あったときそれは必然, あったときはしごが見つかっ, あったときぼくをたすける, あったときわけも知らず, あったときドアがノック, あったときナイチンゲールがクリミヤ, あったときベーコンはこの, あったとき一つ二つあるいは事態そのもの, あったとき九太夫も見物, あったとき以上だ, あったとき伊達兵部がまっさきに, あったとき伸子はドイツ銀行, あったとき佐佐木信綱先生から御, あったとき佐多稲子が, あったとき劇評家と狂主人公, あったとき勝三郎は涙, あったとき原因不明の伸子, あったとき吉原もその, あったとき喜春楽を舞っ, あったとき喬公という名家, あったとき団員たちは小林団長, あったとき地主が小作人, あったとき坂本さんがニヤニヤ, あったとき坂谷はこの, あったとき大伴黒主の相手, あったとき大声で艇長, あったとき女が十円札, あったとき子供が病気, あったとき孝子夫人は執拗, あったとき家族をはじめ, あったとき帯にこの, あったとき座員を前, あったとき彼に, あったとき心から欲しい, あったとき性の神秘, あったとき惣年寄として火消人足, あったとき指紋さえあれ, あったとき明智探偵といっしょ, あったとき林檎酒に酔っぱらっ, あったとき次は亀千代家督, あったとき比田のこと, あったとき涙をホロホロ, あったとき生活の細部, あったとき皆小さい活字, あったとき目方を計る, あったとき矢張り義枝を差し置い, あったとき科学の真理, あったとき箏を抱え, あったとき良人がこの, あったとき衆口おのずから一致, あったとき袁世凱が来, あったとき談たまたま作品, あったとき貰い受けたとき, あったとき通路に当っ, あったとき遽ただしくイレネ, あったとき避難して, あったとき銀座のある, あったとき鎌倉の足利氏, あったとき階段を誰, あったとき顔じゅうにヒゲ, あったとき食堂で茶碗類, あったとき高木の妹, あったとき麦城へ救い, あったとくにかれの, あったところこれはひどく, あったところ久野さんが指, あったところ亀千代をもって家督, あったところ人間だけは他, あったところ今朝気がついて, あったところ妙な間取り, あったところ室内に雪子, あったところ当初の三四回, あったところ秀吉の第, あったところ私の店, あったとさあのー, あったとさえも思えないくらい, あったとしてのことです, あったとしましたらきっと, あったとじゃないか, あったとすら考えるもの, あったとたんややあか, あったとだけ云うべきであろうか, あったとだけはいいきれぬもの, あったとても典雅荘厳が, あったとねで一つ, あったとばかりでその, あったとやらにて不審の, あったどういうわけか, あったどうかして, あったなあと思う, あったなかなかの放蕩者, あったなかんずく彼女は, あったなという予感を, あったなとは思ったが, あったなにしろ殴ったり, あったなめくじだ, あったなよやかであった, あったなんとかいう鎭靜劑, あったなんともいえぬ恐ろしい, あったにぎやかな町, あったについての人の, あったについては佐川が, あったにと思って, あったによってわしが, あったぬるい番茶を, あったねエ二月ばかりも, あったのうあの部屋, あったのち友人はつづけた, あったのち幕府は命令, あったのち正造もまた, あったのち真名古は薄い, あったのち附近の農業会, あったのっぽのジョン, あったのでなわしも, あったのでやッと, あったのびのびとし, あったのろくもいのごとき, あったはがきにかなり, あったはさみの中, あったはずあれを出し, あったはずそれをお前, あったはなしだと, あったはなやかな儀式, あったばかりで競争者が, あったばっかりにすんでの, あったひとりの老婆, あったひとり息子を亡くした, あったひと病故に強烈, あったひょろひょろとやせ, あったひろ子と縫子, あったびんを取っ, あったふしぎな味, あったふたりがとつぜん, あったふだん着に着かえさせた, あったふだん私の家, あったふみだいの木, あったへんな試作物, あったっどに, あったほうきでかえる, あったほうぼうは活きた慣らした, あったほこりも甦り, あったほていさんのよう, あったほの暗い灯皿の, あったほんとうの話, あったほんの五分ほど, あったぼんてん帯に仲間法被, あったまきのかげ, あったまさか町の, あったまさに三方の, あったましてその人, あったましてこうして, あったまでにすぎない, あったままふたりとも其処, あったまま今なお山上, あったまま声をあげ, あったまま屹となっ, あったまま急に無口, あったまま恐怖の目, あったまま水中に落ちた, あったまま満悦の裡, あったまま独り歓び喜んで, あったまま線路に飛び込み, あったまま路を歩いた, あったまま顔を見合せました, あったまんま口もきかず, あったまア此方へ, あったむしろに包ん, あったもしくは現代人の, あったもち屋には半紙三枚, あったもっともいちじるしいカルル, あったものこれこの妾, あったものそれを確め, あったものたちまでが何, あったもの全部をここ, あったもの時は嘉永二年秋, あったもの癪にさわっ, あったもの達に別れ, あったもの錦の袋, あったもみくしゃの単, あったやがて飽きると, あったやがてもう私には, あったやさきでしたから, あったやさしい姿子供たちは, あったやにうけたまわります, あったゆうべののこり, あったゆえお通し申したの, あったゆえこれを読ん, あったゆえただ今から屋敷払, あったゆえわしも性根, あったゆえ全国を通じて盆かま, あったゆえ地方の有志, あったゆえ専介めが絵心, あったゆえ彼女も幼時, あったゆえ数回聞いた事, あったゆえ私の如き, あったゆえ邪魔の這入らぬ, あったゆたかな谷さえ, あったよくお前さん知らせ, あったよしを耳にいたしました, あったよも少し遅かっ, あったよりもっと彼等, あったよりはもっと複雑, あったよろいがここ, あったよろしくこんどは, あったよろよろと立ち上る, あったれいの緑色, あったろばは敵役, あったわいあわれなこと, あったわが子のため, あったわしも最初, あったわずかな食物, あったわたくしたちの眼, あったわたしたち日本人民すべてに人間らしい, あったわなの壺, あったわねえあなた御覧に, あったわら人形を引ずりおろす, あったわりに九郎右衛門, あったわりあいにぐずぐず, あったわれわれ夫婦の憎悪, あったんでね市ガ谷八幡の, あったんでねととぼけますと, あったね芳野屋, あったアイゼンハワア氏が大統領, あったアイネの所持品, あったアイバゾフスキーの嵐, あったアグネスが第, あったアゲク中橋は敏司, あったアコニチンだった, あったアゼンの都, あったアドニスの石膏像, あったアナ恐ろし, あったアパリの仮, あったアムステルダムへ出, あったアメリカは軍人, あったアメリカ中の捕鯨船, あったアヤが大分手, あったアラバマ事件がゼネバ, あったアリストテレスはまた, あったアリゾナの二ヶ所, あったアルキメデスがアリスタルコス, あったアルコールの数滴, あったアルトニヤ人の又, あったアルバムにつかみかかり, あったアルブレヒト・デューレルがイタリア, あったアンドレイエヒミチは横たわった, あったアンリ・バルビュスの小説, あったアンリ・ポアンカレの著述, あったア行音とワ行音, あったイエスが人類, あったイギリスに向った, あったイギリス生れの知識婦人, あったイタリアへの出品, あったイタリー人イグナチオ・ヴィテリオである, あったイヤなおばさん, あったイルマ・ボアシーは彼, あったイワノウィッチの連隊, あったイングランドのロック, あったインドの, あったウィスキイをまた, あったウエーンライトの話, あったウォタア・ラレイとの勢力関係, あったウォツカの杯, あったウォーズウォルスの詩想, あったエジプトについても云い得よう, あったエセックスはこれ, あったエプロンは永久, あったエレーナのため, あったエヴァンスの聴取器, あったエーヴの書く, あったオオドゥウでさえも最後, あったオザ今橋のいせ, あったオダマキの花, あったオックスからフィンシュテラールホルン, あったオトラント公すなわちフーシェ, あったオペラグラスを取り出し, あったオマル・ハイヤームを知っ, あったオランダの中立侵犯, あったオリガ・クニッペルだった, あったオリヴィエの信念, あったカアネーションは消えた, あったカアルよどちら, あったカイロの街, あったカステラの箱, あったカチカチ団子と言う, あったカツラをかぶり, あったカテゴリーをば近代社会, あったカテリイヌの体重, あったカナリヤの声, あったカバンの一つ, あったカフェーの大きな, あったカブトムシのから, あったカミョンスキイ伯爵の屋敷, あったカリンの四角い, あったカルカッソンヌへそれから, あったカルシュームの粉末, あったカルタゴではなかったろう, あったカルピスが皆, あったカンジキを草鞋切れ, あったカンディンスキイあたりの作品, あったカンバスの中, あったカーキ色のきれ, あったカールは二人, あったガス・アルヴァレッツ葬儀会社の金ぴか, あったガラスの大, あったガラス戸を開け, あったガリレイや又, あったガージュを銘々, あったキリギリスみたいにビッコ, あったキリストはこっそり, あったキリスト教婦人同盟の主宰者, あったギッピウスはフランス文学, あったクシュンコタンにいた, あったクラップ氏が図書館協会, あったクラヴァットという者, あったクレルヴァルが私, あったクロポトキンでさえ学生, あったクロロフォルムのアンプール, あったクーデターの気運, あったクールフェーラックも時々, あったグラッドロンが彼女, あったグランテールはこの, あったグヰンの変り果てた, あったケルヴィン卿もまた, あったケレンコは待ちきれないらしく, あったケーテ・コルヴィッツはどんな, あったゲートルを脚, あったコウであったの, あったコップの昇汞水, あったコッホのツベルクリン, あったコネリイ・モルの許, あったコノデメール, あったコランの, あったコロラド大峡谷, あったコントの知識社会学, あったコンビーフのかかった, あったコンラよりも高く, あったコーヘンの三つ, あったゴム風船をふくらます, あったゴルフ場のフェアウェイ, あったゴロツキは喧嘩上手, あったサイクロ銃をとりあげ, あったサイダアの壜, あったサエは二ヵ月留置場, あったサンドウィッチの皿, あったサンプリス修道女がしばしば, あったサービスがとつぜん, あったサー・ヒュー・クロプトンの記念像, あったザヴィニーはこれ, あったシガレット入れから一本, あったシステムから教育可能, あったシテ様子は, あったシナ人となお, あったシャボテンのこちゃこ, あったシャルル・ノディエが或, あったシャロットの姫, あったシュタイン夫人へやった, あったシュテファン・フォン・ブロイニングと仲違い, あったシュパウンは紙, あったシュライエルマッヘルはクセノフォン, あったシュラウン將軍の隱栖, あったシュリーフェンは殲滅戦略, あったショートはチビ公, あったシルヴァーダラーへよく, あったシートンの, あったジイドはこの, あったジェネシイ郡刑務所は大分, あったジェヴォンスは, あったジャーナリズムが出版資本, あったジュピターはその, あったスイッチをおします, あったスタンドを取上げ, あったスタンド酒場で大阪, あったストライキから見, あったストランドを廻り, あったストーヴを掻き廻す, あったスネズに驢馬, あったスペインやローマ, あったスモーリヌイの大きな, あったスリッパを箱, あったスヴェンはその, あったズボンを足首, あったセザンヌ筆の, あったセメントがポッカリ, あったセリフだったかも, あったセルロイドの櫛, あったセンターポールで顔, あったゼラルチン・ファラーとかつて, あったゼルビノはいつ, あったゼーロンが再び, あったゼ号からこぼれ落ちた, あったソクラテスが人類, あったソコで薩州, あったソップ皿を臥, あったソネットをとっ, あったソファの上, あったソレでも無理, あったソヴェト市民の一人, あったソヴェト日本の虐殺, あったソヴェート自身にある, あったソーニァ・コヴァレフスカヤはマリア, あったソ連から分捕った, あったソ連戦車をどろどろ, あったタイプライターで書かれた, あったタエは猫, あったタクシイに飛び乗っ, あったターラントは不意, あったダイスの壺, あったダイナマイトを爆発, あったダイヤモンドをまんまと, あったダイヤモンド入りの箱, あったダシをついで, あったダルウラは群島, あったダンスの人形, あったダンス人形を運ん, あったダ・ヴィンチはそして, あったチアム民族も之, あったチビ公は身丈, あったチャブ台を抱え, あったチャンドラがなに, あったチューインガムの辺, あったツァーの宮殿, あったテニスコオトで愉快そう, あったテレビジョンの幕面, あったテレンティアヌス・マウルスのいった, あったテントの下, あったテンポをもっ, あったテーモ・リンボチェがああ, あったトリプシンもあまり, あったドアが相当, あったドアーを開け, あったドイツの怪談, あったドイツ参謀本部首脳部の胸, あったドイツ近代精神の流れ, あったドノバンが読みあげた, あったドビュッシーの作品, あったドラム缶のよう, あったドランの壁いっぱい, あったドレゴは如何なる, あったリン太子の, あったナウエンの無線電信発信所, あったナチスを一九三三年, あったナットを外し, あったナプキンにつつみ, あったニッケルの帽子, あったニッケル鍍金の鍵, あったニッポンのふし, あったニヒナメの信仰, あったニュースの国家統制案, あったネーと当時我輩, あったネーブルの皮, あったノーブルな点, あったハイカラな制服制帽, あったハイネとカール, あったハインリッヒ・マルクス一家の生活, あったハフはターンハムプトン, あったハンスカ夫人と結婚, あったハンドバッグを素足, あったハンマーを執る, あったハーシェルでも太陽, あったバイエルン州のミュンヘン, あったバスケットはそこ, あったバッハがその, あったバラモン僧正もその, あったバルザックが小説, あったバルホアーの, あったパウロがダマスコ, あったパピュルス文書によってこの, あったパラダイスというよう, あったパンを持っ, あったパン屋にとびこんだ, あったヒアシンスは次第に, あったヒステリックなしわ, あったヒットラーとその, あったヒョングリの滝, あったビイル会社の技師, あったビスマルクがこの, あったビニールの大, あったビールを搬, あったビール樽のかげ, あったビール箱の中, あったピアニシモが出来なくなっ, あったピカピカ光る桃色, あったピッコロのよう, あったピンと糸, あったピンセットを取り上げ, あったピンヘットを一本, あったピーターヂョンゼームスの如き, あったピーナツや焼, あったピーボディ博物館の蔵書, あったファインプレーをやる, あったファシスト軍人によって主観的, あったファッシズムの風潮, あったフィヒテにあっ, あったフィルムの円鑵, あったフィンランダー式火術弩が発射, あったフォックスは三十六七歳, あったフォッシュ少佐で同, あったフオル・ボロン氏は茴香酒, あったフョードル・パーヴロヴィッチが終わり, あったフライ鍋の中, あったフラスコの水, あったフランケッティが私, あったフランシスが十二人, あったフランスのある, あったフランス女にもお, あったフリードリヒ大王の研究, あったフロレンスの逸話, あったフロレンス・ナイチンゲールが社会衛生, あったフローベルさえ常に, あったブランデーを負傷者, あったブラームスについての感想, あったブリュッセルの停車場近く, あったブルジョア幹部の知能, あったブルジョア的イデオロギー論も亦, あったブルジョア自由主義者は甚, あったブルムが, あったプラスのもの, あったプリニウスの猴, あったプリマドンナのパンパニーニ, あったプルウストのかの, あったプレハーノフは一八八五年, あったプロレタリア作家たちの敗北, あったプロレタリア文学運動の消長, あったプロレタリア的立場をさえ, あったヘルムホルツの記号説, あったヘーゲルに於, あったヘーゲル学徒マルクスである, あったベコニアは急, あったベッドに横, あったベリー公の胸像, あったベルを鳴らした, あったベルニィ夫人もその, あったベンジャミンは翌日, あったペルシアの侵略, あったホェーウェルに相談, あったホリヤド部人は皇族, あったボブを見つけた, あったボルシェビキ党はあらゆる, あったボルドーにだって負ける, あったボートはかげ, あったポインセチアの葉, あったポスタアの展覧室, あったマイエルはたしかにこう, あったマウントジョイをアイルランド総督, あったマスミのハンドバッグ, あったマターファに会見, あったマダム街を夏, あったマッハ一派の感覚, あったマツカサススキを世界的学名, あったマリアはよろこび, あったマリーランド煙草の箱, あったマリー・アントアネットをあわれ, あったマリー・アントワネットは腐敗, あったマルクスには, あったマルサスも事, あったマルセーユの歌劇女, あったマルタンは次, あったマーク・トゥウエンの作品, あったマーサは自分, あったミシンを受取, あったミミのボンボン, あったミレナ・イェセンスカから彼女, あったムルタはその, あったムルタックだ, あったムードンの森, あったメイノース伯爵の次男, あったメイ・ハルミヘ行ったが, あったメモの紙, あったメリンスの座布団, あったメロンを取出し, あったメー叔母は彼女, あったモスクワの人口, あったモルツ・ストラッセのルドウィク, あったモルトケとしてはこれ, あったモーターボートは今, あったヤマト地方の君主, あったユダヤ人の信仰, あったユンカースの重, あったヨシ子ちゃんの服, あったヨハネという爺さん, あったヨーロッパに自活, あったラサールには倫理学的エッセイ, あったラジウムである, あったラジウム研究所はたちまち, あったラスクの戦死, あったラファエロの画集, あったラリサは一九一七年, あったリッケルト一派の歴史学方法論, あったリュスネーさんがあります, あったリュックの中, あったリュックサックを片, あったリルケの, あったリー・シー・ツワンは今暁香港, あったルグナンシェは主人, あったルソーのほか, あったレイモンドに撃たれ, あったレクラム版のハイネ, あったレコードというの, あったレノック巡査の後方, あったレビューストリップが一剣, あったレフ・トルストイの孫息子, あったロオズ夫人と婚礼, あったロシア帝国主義は世界, あったロマン語は最初, あったロンブロゾーは人間, あったローザのロマンチック, あったローレンスの悲劇, あったワグナーは, あったワルトンは此, あったヴァイオレット・スミス嬢の事件, あったヴィデを招き, あったヴィンケルマンの, あったヴィーン市に落ちついた, あったヴェルダンへと走り出す, あった一かけの蝋燭, あった一つ一つ市中へ出, あった一つ家というもの, あった一ぱいの酒, あった一ヵ月心の転化, あった一九〇五年の対仏作戦計画, あった一九〇四年の春, あった一事もお, あった一二枚の晴着, あった一伍一什の事情, あった一例によってだけでもわかる, あった一儀何故の, あった一千万両の古金, あった一升徳利を引き寄せる, あった一台の野菜, あった一夜現代日本の最も, あった一婦人のスケッチ, あった一子実之助, あった一定の層, あった一室に縁者, あった一年でした, あった一旅僧の恵瓊, あった一時期である, あった一景は実は, あった一木枢相攻撃が多少, あった一条の不可思議, あった一梃の鉈, あった一片の白紙, あった一生を最も, あった一番の年若, あった一番上等の夜具, あった一盟の黒田武士たち, あった一目で私, あった一瞬を運, あった一種の翳り, あった一種独特の感傷的, あった一等こまかい釘, あった一箇所以外には何ん, あった一管の笛, あった一節彼のピラト, あった一篇の草稿, あった一組の男女, あった一羽の軍鶏, あった一船へ跳びこみ, あった一色によって本, あった一行は再び, あった一輛の車, あった一輪ざしを, あった一通の手紙, あった一部始終を話した, あった一重ねの衣類, あった一項を左, あった丁度真下と思われる, あった丁謂は寂照, あった七つになる, あった七八両の金, あった七兵衛は最初, あった七匹の蟹, あった七十郎は妻帯, あった七夕の昔話, あった七年の間, あった七年間の副産物, あった七頭の馬, あったの金持ち, あった万寿丸をシーナイフ, あった万年屋の荷物, あった万葉復興の時勢, あった丈太郎に取次ぎました, あった三世相が目, あった三十三年間アルミニュームの弁当箱, あった三十両ほどの金, あった三十何年の生涯, あった三千人近く入って, あった三反の水田, あった三吉の家, あった三尺の半, あった三島通庸に対する世評, あった三州屋と言う, あった三年諸味の味噌, あった三座の芝居, あった三方の上, あった三木批判がプロレタリア科学研究所, あった三木雄の父, あった三村家の人々, あった三枚の原稿, あった三河の鈴木伝助, あった三浦忠通という人, あった三獣の影, あった三田出身の藤本一二君, あった三百坪の天井, あった三種の神器, あった三角の水隈, あった三輪と云う, あった三通の手紙, あった三通り以上のもの, あった三面の村, あった上下のシャツ, あった上中には高, あった上之倉の家, あった上代においてすら同, あった上坂の細君, あった上女の死体, あった上年ごとに自分, あった上方へのよい, あった上村洋一君と斎藤太郎君, あった上条と云う, あった上河内を人間, あった上治郡の大, あった上等品で今日製造, あった上諸事公のお, あった上野の音楽学校, あった上野さんに宮古, あった上野介はほとんど, あった下台は泥濘, あった下宿の部屋, あった下廻り役者の中山, あった下曾根金之丞は父, あった下村為山君を中心, あった下谷の女, あった下駄屋さんであった差配, あった不動明王の画像, あった不動様の仕業, あった不敵な赫, あった不景気騒ぎにはさいわい, あった不束ながら門, あった不気味な絵, あった不法煙草葉を調査, あった不浄の金, あった不満や憤り, あった不粋なもの, あった不老不死の薬, あったには尋常, あった世帯を畳み, あった世帯道具は何, あった世田ヶ谷の廃屋, あった世界像に対しては之, あった世界地図屏風はそっくり, あった世界的庭球選手早稲田大学商科学生佐藤次郎氏がマラッカ海峡, あった世界的撞球選手ジョナソンのポスター, あった世界観のよりどころ, あった世界資本主義に対抗, あった世間で見, あった世阿弥とはかなり, あったのうえ, あった丘浅次郎博士と京大, あった両氏の意気組, あった両者の跳躍, あった中原という菓子屋, あった中国への同情, あった中央線の電車, あった中学教師のスイス人, あった中学校では地理, あった中島師についた, あった中川倉吉先生からきいた, あった中庭の門, あった中村は善良, あった中村彝斎藤与里治津田青楓の諸氏, あった中村愛松野間叟柳伴狸伴大島梅屋らの小学教員団体, あった中村武羅夫が先頭, あった中津川の万屋安兵衛, あった中津川村の山中房吉, あった中流の部分, あった中流生活の土台, あった中西屋という書店, あった中郎将盧植, あった中郷にもその, あった中門などは影, あった中間層の急, あった丸い鏡板つきの, あった丸善の, あった丸太の手すり, あった丸太棒を閂, あった丸帯のちゃんと, あった丸絎を取っ, あった丸薬を取り出し, あった丸髷はエプロン姿, あった丹羽五郎左衛門長秀が死んだ, あったのない, あった主婦さん一人でやっ, あった主従はかたく, あった主要な皇陵, あった主観的な自我の, あった久しく住んで, あった久しぶりで故郷, あった久万山の百姓, あった久保井先生は温厚, あった久慈の服, あった久留雅雄が記者団, あった乎どちらとも解らない, あった乎下宿屋が本業, あった乎二葉亭は食通, あった乎否かは永久, あった乎紅葉が一人, あった乗物のなか, あった乙若がその, あった九世市川団十郎の人格, あった九十余歳の老侯, あった九尺柄の槍, あった九月三十日土曜日の夜, あった九月二十二日請求の分, あった九月十五日を命日, あった乱雑であったそう, あった乾兒の藤作, あった亀八作の蝋細工, あった亀戸はこういう, あった亀甲絣の大島, あった亀重君というの, あったは先生, あった予備の操縦装置, あった予定はくずれる, あった予約出版は行われない, あった予約本がどう, あった事それがようやく, あった事どもを二, あった事之から起り, あった事務机や椅子, あった事実談だと, あった事情は察せられる, あった二つ三つの皿小鉢, あった二万五千ポンドはそのまま, あった二万円の金塊, あった二三年前の夏, あった二三日前のこと, あった二三日後ここの支配人, あった二三本の白い, あった二個の太陽, あった二元的見解をひっくりかえした, あった二冊の厚い, あった二列の環, あった二十一人の同胞, あった二十一歳の青年, あった二十面相のプロペラ, あった二台の荷車, あった二号艇の乗組員, あった二品の中, あった二尺に三尺, あった二尺あまりの丸い, あった二強国支那とロシア, あった二日ほどのち, あった二時頃には蔵前, あった二月ほど前, あった二月十一日に引越し, あった二月末のある, あった二枚折の抱一, あった二百万円の金塊, あった二羽の青, あった二艘の船, あった二葉亭四迷によって, あった二見の誰か, あった二重三重の鉄, あった二鉢のアネモネ, あった二間つづきの, あった二間梯子のあたり, あった二階座敷から裏, あった二階建のお家, あった云々という話, あったの頬, あった五つのパン, あった五六さいのかわいい, あった五六軒のカフェー, あった五円札を本庄, あった五大力の大船, あった五年の間, あった五日めにあたっ, あった五時まで帳場, あった五月五日の夜祭り, あった五百と一つ年上, あった五百円です, あった五目鮨がそこ, あった五節の君, あった五篇の翻訳, あった五脚の低い, あった五色の網, あった五輪塔の陰, あった五郎八茶碗を投げつけた, あった五雄蕊が後, あった井上君とポケット小僧, あった井野氏が広間, あった亡き鶴松の, あった亡妻の位牌, あった交番の手前, あった人このごろどうかする, あった人びとは当時みな二十代, あった人ドグマが嫌い, あった人力車にとびのっ, あった人勤勉であること, あった人口は直ちに, あった人形時計の扉, あった人影は城下, あった人情にうとい, あった人見絹枝さんが女子選手, あった人造脳髄を切開, あった人間同士の真, あった人類は主人, あった人馬立辻帳宿勘定仕訳帳等の返却, あった人麿の, あった仁原山が前, あった仁科五郎信盛はまさに, あった今それはすっかり, あった今にばか者が, あった今のは疑, あった今川氏を始め, あった今年の上半期, あった今後は大いに, あった今朝であった為, あった仏像彫刻が鎌倉期, あった仏国革命の立者, あった仏堂の本尊, あった仏師だったの, あった仏蘭西人が戦争, あった仔細を告げた, あった仕事着やはだし足袋, あった仕掛を能登守, あった仕法立ての件, あった仕立物に使う, あった仕訳書上帳の郷里, あった他人に頼るまい, あった付属品を取り調べ, あった付近一面は焼け, あった以上そこに必ずや, あった以上主観客観の対立, あった以上之は一種, あった以上伸子たちはもう, あった以上寺社奉行も単に, あった以上町奉行所でも罪人伝蔵, あった以上知識の客観性, あった以上科学のこの, あった仲間であった, あったの細長い, あった伊之助が養生, あった伊佐庭如矢氏勧業課長であった藤野漸氏, あった伊平はそれ, あった伊沢榛軒がある, あった伊籍が玄徳, あった伊藤徳裕先生について再び, あった伊豆圓一のこと, あった伊達邦夷はさかやき, あった伊達邦夷個人の所有, あった伊那ですらそれ, あった伊那丸は女々しい, あった伎楽を加えなかった, あったで, あった会場を一人, あった会津侯と結託, あった会館の室, あった伝えは否定, あった伝来の財宝, あった伝票をつかん, あった伝説もだんだん, あった伝馬は万寿, あった伝馬船のよう, あったが戦争中, あった伯父の名, あった位牌堂の普請, あった低地を越し, あった住宅地などが一眸, あった佐々木小次郎が慶長十七年, あった佐々醒雪笹川臨風田岡嶺雲というよう, あった佐七の娘, あった佐久間長敬翁の教, あった佐助が彼女, あった佐和子の世話, あった佐藤文次郎氏が毎年忌日忌日, あった佐野鍋山が侵略戦争, あったが人目, あった体躯肥大な某氏, あった何となれば, あった何とも言えないほど, あった何やらの木の実, あった何分月が, あった何千という真珠, あった何故此様な, あった何方かと云え, あった何枚かの東京地図, あった何様新湖, あった何者の仕業, あった余らがバッチング, あった余り古い縁故, あった余りに謙遜であった, あった作家クラブの建物, あった作家フランツ・ウェルフェルに対するハース, あった作家マクス・ブロートの功績, あった作家群が一九四九年, あった作家詩人が次第に, あった使いは五日, あった例えばある二, あった例程伯淳山に遊ん, あった侍従がいなくなっ, あった価値はイデオロギー的, あった便所用の雑巾, あった保さんが父, あった信一郎には冷めたい, あった信号旗のまいた, あった信長対上杉というもの, あった信雄少年は心, あった信順の館, あった俥屋である, あった俳句というもの, あった俳諧の記録, あったでそういう, あった倉持陸助という青年, あった個人展の記憶, あった個人心理に対してそれ相当, あった個人心理学的方法はどう, あった個人的な自我, あった個処で合図, あった値段は高, あった倦怠や憎悪, あった倶楽部なの, あった健吉くんでも, あった側一杯に大きい, あったにある, あった傍道で寺, あったを取っ, あった備前の浮田直家, あった債権者は直ちに, あったかも知れない, あったな銭, あった僅二枚ばかりの蚕, あった働きをし, あった僧侶の身, あった僧肇の偉大さ, あったについて折, あった儀式は聊か, あった優善を訪う, あった優秀な人々, あった元日だってそう, あった元気のよ, あったの運動, あった先々代林家正蔵に頼ん, あった先ず順を, あった先代菖助がのこし, あった先刻のプログラム, あった先刻首を引ッ, あった先史の中, あった先君の夫人南子, あった先妻の生ん, あった先師三矢重松先生の歌碑, あった先生達はちゃんともう, あった先祖たちの肖像, あった光子さんと綿貫, あった光明后は観音像, あった光秀をいちどに, あったの糞, あった児玉しづ子をはじめ多く, あった入口近くに座, あった入浴の時, あった軍は, あった八反とを切り合わせ, あった公卿すべてが流竄, あった公家の階級, あった公方と藩主, あった公衆電話の箱, あった六人の女, あった六大学も甲子園大会, あった六日目の朝, あった六枚折の屏風, あった共和党の候補者デューイ夫妻, あった共産党は今日合法政党, あった兵役法違反事件が一方, あった兵隊が発砲, あった兵馬の置手紙, あったれ以来, あった其一ヶ所に恐しい, あった其一段が甚だ, あった其中一頭は群, あった其処で貴所, あった其四の, あった其接吻を, あった其日の天気, あった其時のアイルランド人, あった其月東京を西南, あった其死の社会的価値, あった其許の仕官, あった具体性に較べ, あった具足の鞠沓, あった実はその, あった兼盛の血, あったからの光, あった内夫も子, あった内容を忘れ, あった内庭に通ずる, あった内支那にも非凡, あった内臓を一つ一つ空洞, あった内閣の命脈, あった円い白い法然頭である, あった円形の大, あった円蓋の上, あった写生配合客観描写ということ, あった写真版が毛沼博士, あった写真班の希望, あった冠君は既に, あったの食糧, あった冷やかなもの, あった冷凍物特有の悲しい, あった冷水の壜, あった冷泉華子の道場, あった冷苞も見失っ, あった凄い切傷も, あった几帳の垂れ絹, あった凡人ではなかっ, あった処女で居られる, あった処法政騒動の結果, あった凶漢三人は路, あった出入りの棟梁, あった出刃が伝吉, あった出口を通っ, あった出家も遂げたい, あった出来ごとつづいて, あった出版の自由, あった出版資本の諸, あった出発当時の花やかさ, あった刀四本のうち一本, あった刄物がなく, あった分野が研究可能, あった切りだったので, あった刑事たちの手, あった刑事連もひとしく, あった列車の遅刻, あった初めて木曾の, あった初代惣右衛門が本家, あった初子は親, あった初期には鉄, あった判事が今, あった判断をば妥当, あった別当が泉州, あった別荘に賑, あった利休形の古い, あった利助のさかずき, あった利家は大手, あった利得は資本家, あった刷版社で石版印刷, あった刹那湧きあがった思い, あった則重の顔, あった前のよりは少し, あった前代の田舎, あった前夫としての憤り, あった前年の出来事, あった前座の, あった前後青嵐居士がまたし, あった前方に夕陽, あった前記のマロック, あった剥製の日本娘, あった創作が今度, あった劉備玄徳はふと, あった劉曄が切に, あった力量こそ正しく, あった功徳院の肥後阿闍梨皇円, あった加世子の位牌, あった加藤子爵も昨夜下山, あった加賀の金沢, あった加賀屋横町や虎横町, あった加速度はだんだん, あった助太郎貞彦は文事, あった助軍が到着, あった労働の労賃, あった労働法案懇談会資本家側にげ出し, あった効果を見出さず, あった勅使の参向, あった勇者に違い, あった勉強のおかげ, あった動揺の姿, あった動機とはまったく, あった勝元に敢然対立, あった勝利を矜, あった勝家の家長, あった勝札というの, あった勝重もその, あった勝頼はもう, あった勤労する人々, あった勤労階級や農村婦人, あった勤番所に移される, あった勿来関趾の見物, あったを解い, あった包み紙やひも, あった匕首を抜い, あった満地方, あった北アメリカにうまれた, あった北川病院を調べた, あった北斎の, あった北村君の惜む可, あった北村透谷が激しい, あった北条残党の武士, あった北条氏のため, あった北海道の大, あった北米には自由, あった北里病院から, あった北陸出征中も柴田, あった区域は長い, あった区長宛の願書, あった医師までが犯人, あった医師連全体の一致, あった医院だったの, あった十か所の関門, あった十センチ四方ほどの紙, あった十一月の天気, あった十七歳の青年, あった十七絃の唐琴, あった十三の仮名, あった十三日にはこちら, あった十五銀行の方, あった十人の作家, あった十八日以前に密淫売の, あった十六世紀の文豪, あった十六畳の隣, あった十兵衛三厳はある, あった十年まえあれ, あった十数年このかた, あった十日ばかり後, あった十時より前, あった十月いよいよ私, あった十番の競馬, あった千両箱を五つ, あった千恵造はこ, あった千束小学校へ通った, あった千枝子さんという友達, あった千種の中将, あった千葉介常胤, あった千部の法華経, あった千鶴子のこと, あった午前三時頃露営の小屋, あった午前四時何十分までにその, あった半之丞捜索の儀, あった卑しい功利的な, あった卒塔婆を抜い, あった協同組合運動に加わり, あった南京虫だけ盗み取っ, あった南北朝の宮中, あった南挺三氏もその, あった南洋系の言葉, あった南風除けのため, あった占者だな, あった印刷工場を門内, あったのから, あった厚紙とじの, あったで, あった原価計算簿を取出し, あった原始化は併, あった原始的な仮装舞踊劇, あった原料の香木類, あった原田という男, あった原稿紙をひきよせ, あった厩戸皇子とははじめ, あったな酒, あった厳しい躾の, あった去就静観組の空気, あった参覲交代を復活, あった参議式部大輔菅根が五十三歳, あった及川が奥, あったその友, あった友人縁者片ッぱしから廻る, あった友江さんは段々病, あった友禅染の派手, あった友達二三人と連れ立っ, あった双子の袷, あったマルクス主義的意識は, あった反対側の土間, あった反面には常に, あった収入で涼気, あった口腹の欲, あった古き世界は, あった古人を後世, あった古代ギリシア文化の復興, あった古屋さんの何, あった古市へ姿, あった古座谷某である, あった古本の陳列, あった古着でぐるぐる, あった古老の述懐, あった古高黒住の両, あった句選がこのごろ先生, あった叩き棒を取る, あった召使いの切愛心, あった可哀そうに, あった可能的な形態, あった台の下には大きな, あった台ヶ原の北原家, あった台地の上, あった台座の石ころたち, あった右側向うの黒住団七, あった右掌を腮, あった号外を手, あった司令は博士, あった司教の居間, あった司馬懿軍も万寵軍, あったのうえ, あった大名旗下の, あった各人によってもまるで, あった各室につい, あった各戸のもみ, あった合印の布, あった吉五郎の道具, あった吉利支丹大名高山右近が木村摂津守, あった吉原駕籠の体たらく, あった吉左衛門との話なぞ, あった吉影亭という貸席, あった吉田兼和や里村紹巴, あった吉田好道先生に当時, あった吉田茂がこの, あった吉田首相と鈴木茂三郎君, あった同僚の備前藩士, あった同君自らが仲間, あった同腹の輩, あった同行の友人, あった同郷の友人, あった同門の人, あった名人愛用の一刀, あった名前をミリガン夫人, あった名号の小, あった名木の更生期, あった名残りで日本橋区中, あった向う端の部屋, あった向こう側の呉服屋, あった向側に机, あった吸墨用の箱, あった吹矢筒を取っ, あった吾妻下駄をつっかけ, あった吾輩今日はいかなる, あったをし, あった呉一郎の姿, あった周助は独り者, あった周囲二メートル平方の広, あったの手紙, あった呼鈴がぶうぶう, あったをとりとめる, あった命がけの話, あったをしよう, あった咄諸国に多い, あった和歌革新の事業, あった品々は伊, あった品物ゆえ今さら養母, あったの辺り, あった唐代の頃, あった唐朝の中頃, あった唐風の船, あった商人がわたし, あった商人擡頭期の京大阪, あった商人階級に較べ, あった商品のうち, あった商売上のこと, あった商工省から内閣, あった問題自身がもし, あった啓蒙期の啓蒙, あったとか悪, あった善意と理性, あった喇叭銃に煙硝, あった喋舌る者, あった喩えだ, あった喫茶店へ大, あった喬公の二娘, あった嘉六が極力, あった嘉言善行というよう, あった嘉門の頸, あった嘗ての文学青年, あったも知っ, あったのよう, あった囚人を誰か, あった四五人と道連, あった四十人の鰭箱, あった四十町歩の土地, あった四半刻前平右衛門町, あった四家フユ子が赤い, あった四尺程の高, あった四島はただ, あった四年ばかり前, あった四折の厚紙, あった四方木田鶴子という女性, あった四月中旬に清河以下, あった四枚の名画, あった四肢には次第に, あった四辺が俄, あった四辻を左, あった回生薬のお蔭, あった回鶻語をどうして, あった因循さも失われ, あった因縁からそれ, あった団体の中, あった団子坂をよこぎっ, あった団菊左の諸, あった困難は自然科学, あった図書を殺し, あった固有に幾何学的, あった国々の諸侯, あった国これが弦, あった国分ビルの横通り, あった国分君も近頃, あった国栖の昆布家, あった国民の生活, あった国民学校の庭, あった国粋主義の考え, あった国防献金のこと, あった土井利位の名, あった土井和子の貴族的, あった土御門家の家司, あった土木作業に使う, あった土瓶をそっと, あった土用半ばに秋風, あった土田杏村氏が話, あった土管のなか, あった土蔵の前, あった圧制的な見合結婚, あった地上五十尺の高, あった地下室のレッスン場, あった地下足袋のコハゼ, あった地中海沿岸の発達, あった地主たちの建てた, あった地価が二十円, あった地勢の土地, あった地境の大きな, あった地底戦車が紛失, あった地炉の火, あった地球を上, あった地蔵さんはいま, あった地蔵堂は引き上げられ, あった地面には夥しい, あった坂上与一郎という人物, あった坂本千枝子さんという友達, あった坂本易徳氏だという, あった坂田の一生, あった均平の家, あった坊主枕を力まかせ, あった坊城和長の日記, あった坑夫体の負傷者, あった坪内先生の畢世, あった坪内氏の, あった埃及のスフィンクス, あった城下の街路, あった城兵のあの, あった城砦は平地, あった堀越氏であった, あった堂島とこの, あった堆い原稿紙に, あったからの帰り, あった場処ではあり, あった場合あとのもの, あった場合それ等の従業員, あった場合何という字, あった場合木戸の運命, あった場合窓から逃げられる, あった場合綾子の事, あった場合義理を欠い, あった場合高須のこと, あった堺筋は今, あった塗弓を手, あった塗籠の中, あった塩辛が年取っ, あったを拾っ, あった塵埃が飛ん, あった塾生たちも二十九日夕方, あった境遇にいた, あった墓標かも知れない, あったを巻紙, あった墨絵の鶴, あった墺軍陣地に迫り, あった壁厨の襖, あった壁土を入れた, あった壁面に一つ, あったの方, あった士分と商人, あった士卒二十余人と共に車, あった士族邸の存, あった変装写真や歌舞伎役者, あった夏侯徳大いに驚き, あった夏目先生の告別式以来, あった夏目次郎左衛門は味方, あった夏目漱石氏の寓居, あった夏自分から命, あった夏頃私は一切, あった夕方に隙, あった夕栄の色, あった夕陽が消え, あった夕食のため, あった夕飯の終る, あった外交成功が行き, あった外国公使館の一区域, あった外科医の検案, あった外窮屈な旦那, あった多喜子のところ, あった多感なそして, あった夜みんなが寝しずまった, あった夜具部屋でお, あった夜広瀬氏が二時一寸前, あった夜母親が長く, あった夜玉屋邸に於, あった大きさより, あった大事な色紙, あった大伴家はこの, あった大伴家持の作った, あった大伴氏らの, あった大使はペテルブルグ, あった大倉出資の透谷賞, あった大僧正慈円の歌, あった大兵肥満の男, あった大内備前を取っ, あった大勢の婦人たち, あった大原孫三郎翁の訪れ, あった大友へも島津, あった大坂鴻池夫人福子の哀れ, あった大垣校長がこの, あった大塚保治博士の妻, あった大塩後素の甥, あった大学の動物学教室, あった大学教授レイスネルの家庭, あった大将たちに向っ, あった大峰縦走の蹈跡, あった大島に上陸, あった大川の水音, あった大川周明博士は東洋, あった大川時次郎を瞋志, あった大平氏宅の前, あった大広間は監視, あった大弐集をよく, あった大手の方, あった大月玄蕃はそれ, あった大杉栄がその, あった大枝が風, あった大森の家, あった大橋夫人須磨子さんだった, あった大正の中期, あった大水のこと, あった大泉兼蔵その他どっさりの, あった大熊に見惚れ, あった大牟田を今日, あった大王を救った, あった大理石の手洗, あった大町米子さんが二万五千票, あった大石を取りのけ, あった大砲二門車台二輛小銃二十挺弓十張槍十二筋三つ道具二通りその他の諸, あった大納言の法会, あった大衆を組織化, あった大西洋の地図, あった大谷石の間, あった大谷繞石氏がこの, あった大迫玄蕃浅香慶之助猪股小膳, あった大道具小道具は次第に, あった大都市が影, あった大金を外記, あった大阪の方, あった大阪島の内柳屋画廊, あった大阪生れの西鶴, あった大阪造幣寮の諸, あった大隈にたいしてつとめ, あった大隈伯の勝手, あった大隈侯よりは世間, あった大鳥籠をかり, あった大鹿の角, あった天下一品の新, あった天幕の中, あった天平の人, あった天平年代の古, あった天才を生ん, あった天文台の屋上, あった天気がにわかに, あった天水桶がガバ, あった天然色写真の新法, あった天理教信心の婆, あった天皇の財力, あった天皇制の問題, あった天目の茶, あった天花粉の箱, あった太い長い棒切を, あった太一は居なかった, あった太原陽興の出身, あった太古三輪の神霊, あった太秦を通っ, あった太郎は俺, あった太郎左衛門の室, あった夫人たちに対してはだれ, あった夫婦である, あった夫逸作の憧憬, あった失明以来鏡を覗いた, あった失望をみな口々, あった失業がなくなり, あった失業者を全部吸収, あった奇妙な札, あった奇怪な模様, あった奈々子の部屋, あった奈良原到が, あった奈良奈の家, あった奈良奉行梶野土佐守の筆録, あった奉公人は蔭口, あった奉幣使とやらだろう, あった奉書を披げ, あった奉書包みの書付, あった奢侈に思い, あった奥女中雅楽頭づきの, あった奥州に生立, あった奥村晴湖女史は古河藩, あった女主は良人, あった女人はいたく, あった女子供さえあった, あった女子大学出のインテリ, あった女子学習院はその, あった女子語学校の初等科, あった女子青年団の方, あった女学校の一団, あった女将の痛憤, あった女御との会談, あった女性たち無視して, あった女房が道, あった女房たちは皆, あった女生もその, あった女生徒だったが, あった女神戸に鳥屋, あった女童の時代, あった女親方の一室, あった女首にお, あった奴さんの眼前, あった奴国の王, あった奴隷使役者の名前, あった劇家は, あった好きな古, あったは, あった妻君がある, あった姉夫婦の噂なぞ, あった姉小路基綱のヒダ八所和歌集裏書き, あった始めは拙者, あった始末におえない, あった姙婦を驚かせ, あった娘分と云う, あった娘時代をふりかえる, あった婆さまはどう, あった婦人たちを中心, あった婦人団体はただちに, あった婦人政治家たちが男女平等, あった婦人活動家の一人, あった婦人達だけが名前, あった媒介人の中村, あった嫉妬が真剣, あった嬉しさあの, あった子どものおもちゃ箱, あった子供たちのため, あった子供相手の文房具屋, あった子供等が既に, あった子規氏が私, あった子路が孔子, あった孔子は次第に, あった孔明が初めて, あったが次第に, あった字一字の間, あった字体一劃一劃右下りに鉄ペン, あったの弟, あった孤児院建設趣意書同絵葉書, あった学校服を着た, あった学校生活を一擲, あった学海が明治廿四年浅草公園裏, あった学生はことごとく, あった学生兄や弟, あった学習院女学部の主事, あった学芸自由同盟などは殆, あった学課の勉強, あった孫策は従者, あった宇宙と云う, あった宇宙艇の建造, あった宇治の鳳凰堂, あった守札のよう, あった守田勘弥も今, あった守田座が猿若町に立並ん, あった守蔵の女房, あった安さんの十二, あった安二郎の兄, あった安井仲平のところ, あった安倍能成が就任, あった安場はすっかり, あった安宅先生がだ, あった安彦氏が左手一つ, あった安楽椅子に豪, あった安積艮斎十歳であった小島成斎, あった安藤対馬およびその, あった安蘇と同じ, あった宗三郎は何時の間に, あった宗久は誰, あった宗像博士の自動車, あった宗太はこの, あった官兵衛は起きぬけ, あった宝物も共に, あった実はこの山上, あった実弾が発射, あった実感から推し, あった実物に気がついた, あった実証が朧げ, あった実証的な自然科学, あった実験のそれ, あった客座蒲団を室, あった客観的条件をマルクス主義芸術理論家, あった室生犀星氏が近頃, あった宮島の清盛祭, あった宮廷調馬師の細君, あった宮方将士に報う, あった宮本伊織が自身, あった宮本武蔵が訪ね, あった宮滝の南, あった家中衆もすべて, あった家具商のフィシェル, あった家内もじき, あった家庭欄の記事, あった家庭生活が崩壊, あった家庭講演などももし, あった家康は藤原惺窩, あった家紋であった, あった容体がまた, あった宿将も二, あった宿業は後者, あった寄宿舎が落成, あった富五郎がこの, あった富倉町を御, あった富裕な家, あったさが, あった寒暖計が当然, あった寛永三年より前, あった寝具類も烟, あった寝台の上, あった寝床を畳んだ, あった寝間着を下腹, あった寺内氏は必ず, あった寺銭も場銭, あった専制が戦術, あった専断的の批判, あった将軍の遺骸, あった将軍家光は既に, あった将軍家没落の驚き, あった将軍家茂の上洛, あった将軍徳川慶喜は戦わずし, あった小体な二階屋, あった小児は十日, あった小判をのこらず, あった小国の君主, あった小塚ッ原の獄門番人, あった小夫兵庫小河又右衛門の二人, あった小学校時代にはチビ公, あった小室の中, あった小宮さんが, あった小山に登っ, あった小山小四郎が田原藤太相伝の, あった小島成斎九歳であった岡本况斎, あった小形撮影機を一台, あった小早川隆景の軍隊, あった小机に腰, あった小松の町, あった小林だよ, あった小柄をズッ, あった小次郎は元, あった小涌谷行に乗込んだ, あった小瓶は実は, あった小田原のご, あった小町糸の箱, あった小皿をとっ, あった小箱のひきだし, あった小袖を眺め, あった小豆粥を与える, あった小野家の跡目, あった小金だけしか持ち帰る, あった小鳥籠の前, あった小黒部鉱山の飯場, あった少々案外の思い, あった少なくとも当分の, あった少女たちよさようなら, あった少年人形でした, あった少年時代のある, あった少量の醗酵素, あった尺三四寸の白栴檀, あった尼君の心, あった尾崎咢堂が父, あった尾崎士郎のよう, あった尾崎行雄氏が挨拶, あった尾張藩主の江戸出府, あった尾瀬ヶ原が個人, あった居士に会った, あった屈竟の隠れ場所, あった屋台店の蔭, あった屋根板を苦心, あった屑屋のがん, あったが, あった山の手線のまだ, あった山伏なりと称え, あった山内正俊閣下が去年, あった山岡鉄舟からこう, あった山岸中尉が手, あった山岸宏との間, あった山崎博士の, あった山川浦路氏の談話, あった山川牧太郎の指紋, あった山本君も決して, あった山本氏の財産, あった山本達雄氏などは大阪, あった山村は瀬戸物, あった山林田畑を悉く, あった山桜の花, あった山科言継の日記, あった山脇東洋は京都, あった山荘でプッチーニ, あった山襞などを判然, あった山路将監が一方, あった岐阜蔵の金子, あったが失くなっ, あった岡塾へ行っ, あった岡本况斎八歳であった海保漁村, あった岡本権判官はオロシャ, あった岡田弥市というの, あった岩倉よりも胆力, あった岩倉千種富小路の三人, あった岩屋にとじ籠っ, あった岩形氏の言葉, あった岩波書店ですら, あった岩田義道が検挙, あった岸田俊子が三年, あったの宮, あった島村俊明氏なども世, あった島村抱月が死ん, あった島村抱月氏に死別, あった島村氏の前, あった島民の信仰, あった島津も東西, あった島津家久の木像, あった島津毛利などの藩主, あった島田虎之助は颶風, あった島田髷の女, あった峻急な櫓, あった崩れでかなり, あった嶺松寺が廃絶, あった川井久徳及び古川氏清, あった川柳落首の様式, あった工人たちは幸, あった工場が印刷術, あった巨大なうちかちがたい, あった巫女婆です, あった差配の凸凹爺, あったれの, あった巳之吉は十八, あった巴里への出品, あった巻莨入から煙草, あった市川春代が春香, あった市民の末期, あった布切れを彼, あった布片から見ます, あった布陣なの, あったの赤, あった帆船のよう, あった希望を切り出した, あった帛紗をとりあげ, あった帝国文庫本の水滸伝, あったであった, あった師匠の代, あった師直が亡くなっ, あった師範と中学, あったに腰, あったで十文字, あったの方, あった帷子の袖, あった常盤会寄宿舎は随分, あった常磐御前で深窓, あった常磐橋河岸から大名屋敷, あった常磐町の常磐亭, あったを取っ, あったの広い, あった幅物のいたって, あった幌型の自動車, あったのよう, あった幕府の軍艦奉行木村摂津守喜毅, あった平井晩村の紹介, あった平凡な家庭, あった平取静内などの町村, あった平吉の顔, あった平安朝時代が武士, あった平忠常以来累代平家の御家人, あった平河小学に入校, あった平素魚鳥の料理, あった平絹の直衣指貫, あった年々である, あった年五百は二月四日, あった年代不明の満, あった年号まで明記, あった年増の女, あった年寄が月, あった年頃から家業, あった年頭の勅使, あった幸内を身, あった幸福な女性, あった幼い時の, あった幼児の昔, あった幼年の頃, あった幼稚園に通った, あった幽霊のご, あった幾人もの女, あった幾千万の人々, あった幾多の島々, あった庁舎は今年, あった広い部屋, あった広小路の人気, あった庄内藩との衝突, あった庄司甚内をかつて, あった庇髪の女, あった床の間の香爐, あった床前の白綸子, あっただが, あった店ここの店窓, あった府内の幕士, あった府県の官庁, あった府立画学校に入りました, あったに早合点, あった座布団を二つ, あった庭草履を穿い, あった廉子も親房, あったい城内, あった建物会社というところ, あった建礼門院の跡, あった弁信はそれほど, あった弁当がらを始末, あった弁当箱二つほどの大, あった弁慶格子の小, あった弓之助は叔父, あった定めし錠, あった弘前の医官, あった弥之助は取りあえず, あった弥助の死に顔, あった弱点から押し, あった張子の虎, あった強弓二張をはずし, あった強情者の将軍夫人, あった強盗犯人山辺音槌とかいう男, あったもない, あった当代異例の独自, あった当初に進ん, あった当夜彼が見聞, あった当座の雑用五両, あった当座五つ六つの幼童, あった当時以来人口の点, あった当時余は二十二歳, あった当該地方の人々, あった形跡が見えない, あった彫刻か何, あった彰義隊の本営, あった影響に於, あった役名を冠した, あった役者たちを世界中, あった彼ヴィクトル・ユーゴーの脳裏, あった彼等一味ののさばり, あった彼自身のなか, あった往来が右側, あったをおり, あった後いっさいのこと, あった後みんなはパオロ, あった後ペーチャの家, あった後六十年の生涯, あった後内藤伊織の声, あった後周生という男, あった後味となっ, あった後夜具と膳椀, あった後妾は生ける, あった後年名将となる, あった後彼も列席者, あった後昨夜のお, あった後曹操は桟敷, あった後来賓総代が立ち上がった, あった後犯人はひそか, あった後発見したの, あった後神酒を酌みわけ, あった後結婚したの, あった後継息子のところ, あった後討議に入った, あった後醍醐の仰せつけ, あった従弟の狂気等, あった得物をとる, あった御堂関白が此, あった御岳は天明五年, あった御岳山あたりの山々, あった御旗楯無の宝物, あった御柳も姿, あった御殿へ帰っ, あった御社や仏寺, あった復興最中の都会, あった復讐を他, あった微妙な美しい, あった微笑が感じられます, あった微細な卵, あった徳善院前田玄以法師が或, あった徳島城の殿中, あった徳川幕府の薬園, あった徳田球一志賀義雄などの人々, あった心地がした, あった心祝いのつもり, あった心神の恢復, あった必然性も現れ, あった忍従のすまし, あった志士であったという, あった志士団と革命的農民, あった志摩も白川, あった志賀暁子が嬰児遺棄致死, あった忠三郎が敵, あった忠利であるから, あった忠実であった良人, あった忠平は密か, あった忠直卿はふっつり, あった忠義無二な男, あった忠魂塔と同じ, あった川は, あった快い眠りに, あった念願であった, あったろしい, あった思い出もある, あった思索形式そのままを, あったに関する意識, あった性的祝典がおかれる, あった性質から結局, あった怪しげな天麩羅屋, あった怪船団の影, あった恋人を失った, あった恐らく永住の, あった恐れはもう, あった恐れ多い事ながら, あった恐ろしい大きな竹, あった恨みや辛み, あった恭しく礼を, あった息子その他の人, あった悟性と理性, あった左府頼長すなわち, あった悪夢の時間, あった知らぬ獄吏, あった情けない現場を, あった情夫と家出, あった情死を材料, あった情熱と愛情, あった情調を推測, あった惜しい事を, あった想像がうっかり口, あった愉快であったと, あった愛人だとばかり, あった愛子は闇, あった感動を与える, あった感受性の或, あった感謝の念, あった慰問の演芸団, あった慶長から元和, あった憎しみが自ら, あった憲法は明治二十二年, あった憶良が実際斯く, あった懐中の乏しい, あった懐中時計が裏返し, あった懐中鏡を取る, あった成善を教育, あった成立学舎へはいった, あった我々にとってはこづかれる, あった或は下らない対手, あったの結果, あった戦いの上, あった戦国の浮世, あった戦場いらいの, あった戸外から, あった戸棚をよく, あった戸籍抄本に印鑑証明書, あった所ここにある, あった所司代邸の内, あった所番地の家, あった所謂模範生型の怜悧さ, あった所謂言論が一定, あった所謂誘拐される四日前, あった扇子をとっ, あったを押した, あった手おけを取っ, あった手ぬぐいで私, あった手塚はいつも, あった手巾を抽斗, あった手帛の包み, あった手拭いが紛失, あった手持無沙汰の感じ, あった手提鞄を卓子, あった手桶を取り上げ, あった手槍を取っ, あった手法があった, あった手燭が消えた, あった手箱を手, あった手紙おれによこせ, あった手紙御覧になっ, あった手続のこと, あった手術着をとりあげる, あった才能ある人たち, あった扶南国で, あった批判の精神, あった批評にとってはこうした, あった技手土岐健助一人は喜多公こと田中技手補, あった技術家熟練工を一九三三年, あった投網をしきりに, あった折そちの屋敷, あった折助の権六, あった折詰を下, あった折身の案内, あった折鞄を浚っ, あった抜き身を取り上げ, あった抱月も云っ, あった抱茗荷紋のある, あった押釦ばかり百種, あった拓本職人の老人, あった拳形の痣, あったの痕, あった指導者のうち, あった指環のよう, あった指紋つきの吸取, あった指紋みんな一致するん, あった指輪も好い, あった挙句わてか, あった捜索隊に違い, あった掛けぶとんを泰二君, あった掛け持ちは二軒, あった掛け物や金銀, あった掛布団が干し, あった掛物ばかりで, あった掛矢をふりかぶった, あった掛軸も御, あった掠奪われた日, あった探偵小説が今年, あった探照灯がピカリ, あった探照灯函の扉, あった提婆達多に自分, あった揚句今までの掟, あった換言すれば, あった揮発の大, あった摺鉢と摺鉢, あった播磨の人, あった操行評点が乙, あった支払いに関すること, あった支柱からぐいと, あった支那新聞を取り上げた, あった支那製の団扇, あった支配階級はそのまま, あった改造社のある, あった政体であったこと, あった政民の関係, あった政治と文学, あった政治家が死んだ, あった政治性と他方, あった政社の一つ, あった故おのれが十八, あった故に例えばエビスと, あった故事などは早, あった故仏蘭西の写実派, あった故隼太めを目, あった故露月の姿, あった救命具入れらしい箱, あった救護所で手当, あった教会の説教机, あった教会堂の番人, あった教学という観念, あった教室をあけ, あった教師の口, あった教授ぶりへの感想, あった敬業社で売らし, あった数冊の本, あった数十・数百万の人々, あった数千のうつくしい, あった数学の学生, あった数日前私はあんまり, あった数本の大きな, あった数珠を何, あった整備された研究室, あったの空軍根拠地, あった敵方の客将黒田官兵衛孝高, あった敷島の箱, あった敷布をとり除けた, あった敷物をのけ, あった文化そのものに持ちこまれ, あった文字どおりに鉄格子, あった文学上の諸, あった文学理論批評の消滅, あった文学者の文章, あった文武の大将, あった文殻を拾っ, あった文献一切も失われ, あった文盲者が一九三〇年, あった文章のよう, あった文章語の自由詩, あった文芸協会はその, あった文芸評論家はマルクス主義的文芸理論, あった文鎮とは然し, あった文面がまた, あった斎藤博士初め同窓や旧知, あった料理屋の板前, あった料理用の長い, あった斯様な言葉, あった新九郎はその, あった新入生がこの, あった新刊の雑誌, あった新太郎少将様の御, あった新子の車中, あった新暦なら季節, あった新聞出版放送の民主化, あった新聞包の下駄, あった新谷は聯合組, あった方々との面会, あった方たちさえありました, あった方法が研究, あった旅人の歌同様, あった旅僧が留守居, あった旅籠を抜け出し, あった旅籠尾張屋の奥, あっただけが少し, あった旗本がこしらえ, あった日仏学生会館に入る, あった日師匠は私, あった日常性は其処, あった日本プロレタリア文化連盟がつい, あった日本内閣の政務, あった日本勤労人民解放のため, あった日本堤の取崩され, あった日本太郎はどう, あった日本左衛門の文字, あった日本文明の中, あった日本橋の方, あった日本紀の記事, あった日本美術協会に次いで, あった日本美術学校に籍, あった日本語は植民地大衆, あった日本風の家, あった日枝神社の台, あった日比谷の原, あった日油江口の岸, あった日章旗を抹殺, あった日蓮はその, あった日辻に見えた, あった日野朝臣などと密, あった日附とピッタリ, あった日露戦争前に栄え, あった旧い憲法の, あった旧友として訪問, あった旧套に足, あった旧約聖書の下, あった旧蹟のこと, あった早稲の分, あった早速代表三十名を, あった旺盛な議論, あった昆虫館という別, あった昇降機も見えなけれ, あった明くる日の午後, あった明る朝何かの, あった明るい部屋を, あった明恵上人や解脱上人, あった明晩で夏, あった明智方ではたちまち, あった明治二年のこと, あった明治初年の殺伐, あった明治四十二三年頃は日本, あった明治四十年に二十歳, あった明治文壇の諸, あった明治末及び大正時代, あった明治音楽会の演奏, あった明石の君, あった明石夫人をさえこんなに, あった昔ばなしのよう, あった昔彼は一図, あったがふい, あった星学に対する情熱, あった映像が突, あった映画であるが, あったを思わせる, あった春寒をも思い出す, あった春山和尚のいた, あった春松が一座, あった春秋の楽しみ, あった昨夜の事件以来, あった昨晩海霧の深い, あった昭和五年十一月二十六日から四年半近く, あった昭和十五年の年, あった昭青年がこの, あったれは, あった是等の山々, あった昼休みの外, あった時々は唸っ, あった時あなたと岩, あった時いずれも皆私, あった時そいつをひと, あった時まゆみは見物, あった時わしら一人が罪, あった時われわれ三人の生涯, あった時エリスがかなり, あった時カアルは身, あった時ヨウさんはその, あった時一の批評家, あった時一比丘毎度余食を雌猴, あった時一般都民が高い, あった時下谷一番といわれる, あった時世の動き, あった時二三年身を潜ませ, あった時二人の意見, あった時二十五年前に書いた, あった時代人権がふみにじられ, あった時代伊藤野枝があなた, あった時代労働力はひとりでに, あった時代大久保や淀橋, あった時代幼年学校は陸軍, あった時代料理の進ん, あった時代的な矛盾, あった時代那覇の港, あった時以来のお話, あった時何をいう, あった時余所の読者, あった時修善寺の御, あった時俺は彼女, あった時倉田白羊が酔っぱらっ, あった時傷手ながら飛びおり, あった時僕は頭, あった時分夜おそく舟, あった時分女子大へ一寸, あった時分廉い地代, あった時分彼女の愛し, あった時分江戸を食いつめ, あった時南方の壮士, あった時双方から投げた, あった時同席した竹友藻風氏, あった時同様健康で暮らせますよ, あった時名家の子弟, あった時嚥んだ剣, あった時園中五百の乞児, あった時多額の軍用資金, あった時夜利根川の土手, あった時大膳大夫道祖王が此歌, あった時奇怪の賊, あった時妹の一人, あった時妻の母いわく, あった時宝暦十二年でございましたかね, あった時屋代太郎弘賢は七十八歳, あった時山本氏が文筆, あった時岡倉校長はこれ, あった時己は努め, あった時平の居館, あった時平兼盛の, あった時庭に突っ, あった時当時の委員, あった時彼ら来朝して, あった時彼女はある, あった時従駕の笠金村, あった時忠義のため, あった時意見があわない, あった時戸籍係に沢, あった時新聞にはかつてそう, あった時明治大学の学生, あった時木賊の中, あった時杉原某という武人, あった時李は長時間話, あった時梯子乗の名人, あった時梯子段をどんな, あった時機に彼, あった時武田耕雲斎は将士, あった時武蔵は箱段, あった時水中に若い, あった時法然は, あった時波多野は眉根, あった時浅間の方, あった時父親やその, あった時瑞見も, あった時田舎廻りの興行師, あった時異人を助け, あった時相談をしかけたら, あった時石上卿の作った, あった時石舟斎が子, あった時祖母はオルレアン公, あった時神告げたは, あった時穴隙を鑽, あった時老婆はどう, あった時臆病な彼, あった時計屋の店さき, あった時諸人が歌, あった時谷川徹三君が来賓, あった時軍王の作った, あった時近江にも立寄られた, あった時道江の自分, あった時部落の人々, あった時銚子口から六十里上流, あった時間何処へいらっしゃいました, あった時間心に征服, あった時院は非常, あった時雪子は井谷, あった時領主の鹿, あった時馬前の役に立つ, あった時鶴子のところ, あった晒し物があった, あった晩そこの柱, あった晩先生の家, あった晩吉川訓導は高津校長, あった晩瀧子はラジオ, あった晩自分は宵の口, あった普選の要求, あった普門院という寺, あった普魯西と同盟, あった晶子は, あった晶子夫人が着座しばらく, あった暗号の謎, あった暗号文みたいなもの, あった暗号通りにその, あった暗示を含ん, あった暫時して, あった暴虐な男性, あった暴風雨が大部, あった曇り空が午後, あった曲亭主人から, あった更紗の襤褸, あった書き出しの幾ページ, あった書巻の智識, あった書斎を移し, あった書留の手紙, あった書肆敬業社をし, あった書附をかえし, あった曹操がいかに, あった曹洪はうやうやしく, あった曹真の魏本軍, あったての小, あった最上階の一室, あった最中にそんな, あった最中風が吹き出し, あった最初予約の証拠金, あった最初薬は二日分, あった最後の猛攻, あった最早妻に, あった最終日に同志佐野学, あった最近の奇怪, あった月影はその, あった月曜の夜, あった月曜日の晩, あった月江の白駒, あった月評座談会の形式, あった月賦診療所に働く, あった有名無名の店, あった有島武郎のこの, あった有島農場の中, あった有楽館でひらかれました, あった服部宇之吉先生の家, あった朝おれはあの, あった朝倉先生を彼, あった朝刊を鷲掴み, あった朝広徳寺前で逢っ, あった朝顔棚の鉢, あった朝鮮人の農家, あった木々は幾たび, あった木型につまずい, あった木島村という地名, あった木村重成のこと, あった木部に対して恋心, あった木魚頭がグラッ, あった未開人民衆子供や女, あった末吹上御殿において三代将軍, あった末次の予算市会, あった末結局それも同伴, あった末院行学院の僧房, あった本名は時蔵, あった本営のまま, あった本多謙三君と親しく, あった本家に引き取られた, あった本庄という軍人, あった本庄さんは知りあった, あった本当にうれしゅうございます, あった本所や領家, あった本来の野性, あった本質から私, あった本願寺末寺の巨刹, あったを自分, あった札束を手, あった朱柄の槍, あった朱羅宇のきせる, あった机竜之助, あった杉原と云う, あった杉子たちの父, あった杉村楚人冠は私, あった杉箸細工の棒切れ, あったの木, あった村上源氏や藤原氏, あった村人は皺, あった村川がお, あった村松任三氏は大変, あった村松検事であったとは, あった村落共同体の氏子組織, あった村邑が工夫, あった村重のしでかした, あった条件を男子, あったのまま, あったをガブガブ五六杯, あった杯洗の水, あった東京府職業紹介所に就職, あった東京座だのそう, あった東京弁を使いました, あった東京控訴院長長谷川喬君, あった東京方面にはよい, あった東京附近の或, あった東国の住民, あった東拓前の中央広場, あった東条氏が自ら, あった東海さんの上着, あった東都の空, あった杵屋の家, あったの切株, あった松井七夫少将一派は楊宇霆, あった松倉重次は惰弱, あった松山新介, あった松岡君も斯, あった松岡洋子さんはこのごろ水飢饉, あった松島もここ, あった松平左近将監武元であった, あった松平忠房の誇り, あった松平春嶽は公武合体, あった松平某氏が仔細, あった松平輝高は召され, あった松明は武蔵, あった松本山は一挙, あった松村任三先生は私, あった松村任三氏は大変, あった松永久秀もたった, あった板戸を開け, あったと床, あった林房雄氏等から旺, あった林氏の儒学, あった果てと仰げ, あった果物の籠, あった枝川町一丁目は四方, あった枢密議員たちはすでに, あった枳園にはもう, あったを持っ, あった某省の高等官, あった之助, あった柔術小具足に新た, あった柳生の上屋敷, あった柳甲李のこと, あったをこの, あった柴五郎大佐が警務長官, あった柴田勝家よりも年下, あった栗毛の駿足, あった校友会に出た, あった校長が無, あったをみんな, あった株式取引所から出, あった根本の原因, あった根本原因をなし, あった之介, あった格太郎の死体, あった格子で高い, あった格子垣は今, あった格子縞のスコッチラシャ, あったの花, あった桃子の兄嫁, あった桃色のキレ, あったの下駄, あったの葉, あった桑木さんが紹介, あった桜狩りの趣向, あったを力まかせ, あったも大抵, あった梅三郎の紙入, あった梅園も皆, あった梅子の封筒, あった梅本だった, あった梅津利彦氏などもやはり, あった梅謙次郎博士は非常, あった梓山の猟師油井安十郎, あった梓巫市子祈祷狐下げなぞの玉占, あったの方, あった梨羽寺沢の両氏, あった棍棒を取り上げ, あった棒切をひろっ, あったに並べた, あった棟割長屋があった, あった森新之助をはじめ, あった森於菟彦が突然, あった森有礼は一人, あった森有礼氏に是非米国, あった森林の喪失, あった植木でさえなけれ, あった植木鉢のこと, あった植通は実際, あった植通公は当時, あったの実, あった椎の木が移し, あった検事団は第, あった椿の花, あった楊子を取り, あった楊文襄文太史祝京兆唐解元李西涯等と朋友, あったの青葉, あったの樹, あった楢山と云う, あったく静か, あった極めて複雑な, あった極めてわずかな影, あったの前, あった楽器であったが, あったの根株, あった榛軒とであった, あったを故, あった槇君は元, あった槍拙者はこの, あった様子心の底, あった権威が突然, あった横浜駅に着いた, あった横町から這入る, あった樺色の表紙, あったをたおす, あった橘夫人の厨子, あった機智であった露骨, あった機械主義を押し立てた, あった機械自身が決して, あった機械論を固執, あった機運に花, あった檄文の一通, あったの割れ, あったがすっかり, あった欠土瓶をヒョイ, あった次席に六尺, あった次郎が継母, あった次郎左衛門もそれ, あった欧州の空気, あった歌合が清涼殿, あった歌声も何故か, あった歌謡の節, あった正季の不満, あった正札を見つけ, あった正統派の文壇, あった正義感を一挙, あった正銘の情熱, あった此処は妙, あった武士波多野義重である, あった武田さんが自分, あった武田方の将士, あった武田氏所属の城砦十何ヵ所, あった武者小路さんの言葉, あった武者小路実篤が今日, あった武蔵野の人, あった武道を捨て, あった武門の旧, あった歩みをぴったり, あった歴史性がこういう, あったを以てそれ, あった死体は当時東京, あった死神の仮面, あった死者の頭, あった残り酒を引, あった残飯を食べ, あったではござりませぬ, あった殺人という事, あった殺意の棘, あった殿下は私達, あった殿様の眼, あった毎日山から薪, あった毒瓦斯の如く, あった比良野貞固は, あった毛利の一誓紙, あった毛利基が主事, あった毛皮の膝掛け, あった毛皮その他を背負っ, あった毛糸の足袋下, あったはこれ, あったをし, あった民主的文学者に弾圧, あった民主的立憲政治はまったく, あった民族が今日日本人, あった民藝品に不, あった気まずい事件を, あった気もちのいい, あった気候の穏やか, あった気密塗料の缶, あった気象台の, あった水口の方, あった水差を取っ, あった水指から湯呑, あった水揚げ水車は毎日毎日松埃, あった水星運動の不思議, あった水桶から杓, あった水槽の中, あった水路を掠め, あった水野家の菩提寺, あった水銀灯が点灯, あった水銀燈を点じ, あったの筏, あった氷原が手, あった氷河委員会と雪委員会, あった永代と両国, あった永機はまた, あった永禄三年の年, あった永遠の生, あった汁粉屋に寄った, あったくさい浴衣, あったない町, あったが身, あった江上さんも心配, あった江戸名所図会と江戸砂子, あった江戸川乱歩が突如, あった池田侯の相談役, あった汲桶をおろし, あった汽船にたいする競争力, あった沢山の原書, あった沢村田之助は久しく, あった沢柳政太郎博士から三上博士, あったが, あった河内守正行と弟大和守正時, あった河内東条と行宮, あった河原崎座が采女が原, あった河合と云う, あった河水を湛え止めた, あった河舟の底, あった河豚の皮, あった河野の母親, あった油絵の額, あった油障子はペンキ塗り, あった沼田の土岐家, あった沼間守一は至って, あった沿岸一帯の気勢, あった泉州堺の町外れ, あった法則であろうか, あった法力作丈六釈迦像もさだめ, あった法律編纂局を外務省, あったがぼく, あった泥たんこを私共, あった泰山のよう, あった洋学書は先生, あった洋画の研究所, あった洋画家小糸源太郎氏がどう, あった洋盃の中, あった洗たく物ももうすっかり, あった洗濯物を整理, あった洗面の金盥, あった洞白の仮面, あった津崎左近と云う, あった活人形にそっくり, あった活動のうち, あった活動力は次第に, あった活字を拾っ, あった流れにすぎず, あった流星雨が降り足らなかった, あった流派である, あった浄閑寺をいう, あった浅草公園の女, あった浅野が突然, あった浅野家の浪人ども, あった浅黄の股引, あった浅黄木綿の大きな, あった浜田博士の話, あった浜龍がちょうど, あったが自分, あった之助, あった浪島とはそち, あった浮彫にした, あった浮袋を外し, あった浴槽が二階, あった浴衣地を卸し, あったは静, あった海保漁村がある, あった海岸をさし, あった海神の国, あった海豹島の壮観, あった海軍ナイフを取っ, あった海面にもチカッ, あった消毒用の水薬, あった淡紅色の花, あった深い井戸の, あった深切であったと, あった深刻な時代, あった深水の嫁さん, あった添差を取りあげた, あった清い処女であった, あった清二はふと, あった清光昼のごとく, あった清導寺の嬰児, あった清朝の五彩, あった清水家の用人村尾正靖, あった清瀬一郎弁護士が日本側弁護人首席, あった清麗も艶美, あった渋色になった, あった渦巻型の肉饅頭, あった温床であるからに, あった温泉を思い出し, あった測定の座標, あっただ, あったが再び, あった湖水の一部, あった湖畔亭は見る, あった湯治の風習, あった湯浅芳子さんとは何年, あった森徳治という, あった満州にもこの, あった満州軍司令部をば, あった満訳大蔵も蒙, あった源十郎と左膳, あった源家古法の野沢家, あった滑稽なこと, あった滝太郎がさも, あった漁師用の手鍵, あったがようやく, あった漢詩を指し, あった漫画の水兵, あった漬物樽の押し石, あった激しい感情で, あった濠洲航路ではなく, あった瀬戸の大きな, あった瀬戸火鉢の火, あった瀬戸物屋の店先, あった瀬戸物類は全部粉砕, あったを一, あった火かき棒をにぎりしめ, あった火の番の鈴, あった火の見櫓に火, あった火入れを手, あった火吹竹を一握り, あった火打石の片方, あった火気が忽ち, あった火独楽と水独楽, あった火薬が爆発, あったの近く, あった灰色の巨人, あったを灰, あった炭取を取り退け, あった炭焼小屋の老爺, あった炭焼竈でありました, あった炭籠を引き寄せ, あった点以外にこれ, あった点歌が上手, あった為めお母さま似の, あった為め万一郷里に伴, あった為め竜陽の交わり分桃, あった為め銀行が締, あった為スーツケースの中, あった為人よりは余計, あった為友人達は元々, あった為外界の事象, あった為彼女に対しては実に, あった為整然とし, あった為機みを, あった為永春水の, あった為電車は止らなかった, あった焚場も十分, あった無事にお客, あった無反の一刀, あった無名の陶工, あった無機化学の教科書, あった無理は樹木, あった無産者托児所へゆき, あった無産者託児所として統一, あった無線電話機をとりだし, あった無縁の墓, あった無蓋の小さな, あった無造作に彼, あった然るべき旦那を, あった焼肴の残り肴, あった焼鏝を灰, あった煉瓦場の方, あった煙突が今度, あった煙管を袋, あった煙草を吸う, あった照正様の油絵, あった煩悶であった, あった熊手の柄, あった熊田葦城の書生, あった熊谷直盛に嫁ぎ, あった熊谷笠を外し, あったが減退, あった熱血漢司馬談は天子, あった燃料が発火, あった燈明でも仆, あった燕作という者, あった爆薬に火, あった父善助のため, あった父宮も姉君, あった父様が美留楼公爵様, あった父祖の位牌, あった父精一郎はじめ何人かの青年, あった爺さんがある, あった爾来宋, あったに腰, あった袖が, あった片側はずらりと, あった片原町に行っ, あった片岡仁左衛門の影響, あった片手でその, あった片隅の方, あった牛乳と甘い, あった牛乳ビンが真逆様, あった牛乳瓶は思った, あった牛屋の傍, あった牡丹畑という料亭, あった牢人でもずいぶん, あった牧場の外, あった牧夫の赤い, あった牧野伯の家, あった物尺をとっ, あった物置が一つ, あった物質に就い, あった物騒な時代, あった特別に古い, あった特性が史上, あった特殊性を高め, あった犬養毅を射殺, あった犯罪事件というもの, あった犯罪探偵事件を骨子, あった状況としてこの, あった狂六先生を呼びよせ, あった狂気であった機智, あった狐塚の今, あった独房監禁を非難, あった独立国で時々, あった独習画家展の方, あった独逸が現在, あった独逸出来の人形, あった独逸語を教える, あった狭い荒れた花壇, あった猛獣の本性, あった猪口をさした, あった自己が, あった猿田彦が庚申, あった獅子羊とも言うべき, あった獣心が力強く, あった玄白斎は島津重豪, あった玄鶴の秘蔵, あった玉帯のうえ, あった玉橋先生本間先生の次位, あった玉硯をつかん, あった玉虫の厨子, あった玉蜀黍の一把, あった玉鬘の所, あった珈琲椀を取り上げた, あった珊瑚が一つ, あった現代の社会, あった現在の市街地, あった現実の事実自身, あった現実性との結合, あった現金や貴重品, あった現金七十何円かが無くなっ, あった理念としての真理概念, あった理由未来派の手法, あった理解とそれ故, あった理髪用の鋏, あった琴弾の浜, あった瑠璃子というの, あった瓢屋などに来る, あったでその, あった瓶子を取っ, あった甘い言葉とは, あった甘粕藤太氏は負傷, あった甚だ稀に, あった甚だしい軽蔑も, あった生きかたとを比較, あった生みの父親, あった生徒はかれ, あった生徒たちの沈默, あった生木を彼, あった生涯に対して今, あった生物進化論に説明, あった生稲へ一盞, あった生蕃はいつも, あった生酔いの礼者, あった用向きについて事務的, あった用心の脇差, あった用心籠がめり, あった用箪笥の小, あったは白っぽい, あった田中検事ほか泉川平山富田木村屋代磯山の諸, あった田中正造は開院式, あった田中義一にも書面, あった田中鶴吉の小笠原拓殖事業, あった田丸主水正, あった田原さんは, あった田圃を見廻り, あった田村利親氏であったが, あった田畑へ出, あった田舎親爺の大, あった田部君で其後同君, あった由あとからわかった, あった由これほど彼女, あった由今は第, あった由何うせほんとに, あった由八月のバラエティ, あった由子を忘れ, あった由文房堂で万年筆, あった由緒ある家, あった由緒付きの仮面, あった甲冑がすぐ, あった甲州の処士, あった甲州葡萄を十粒, あった甲府の牢番, あった甲斐博士の解剖用道具, あった甲賀三郎氏の点, あったせますし, あった男名宛のハガキ, あった男女七歳にし, あった男女二人の死骸, あった男女交媾のこと, あった男姿の海, あった町なかの館, あった町人ふうの男, あった町内の入口, あった町名で旅籠, あった町野左近将監でこれ, あった町長の新築, あったをおぼえ, あった画仙紙などを拡げ, あった画家柳敬助君の夫人, あった画板わ今朝, あった画稿という中, あった画策で現在, あったの黍, あった畑中藤次郎を頼もしく, あった留守中の小, あった略歴記事のうち, あった番地にまちがい, あった番頭も人間, あった異性を買い, あった畳紙を出し, あった疑いを深く, あった疫病の女, あった病室が退院, あった病弊ではない, あった病身がちのその, あった病院の軍医達, あったがはっきり, あった痕跡として騾, あった痕迹も見えない, あったを思い出す, あった癖者の刀, あった癩病病院に血痕, あった発展の段階, あった発明青年と海, あった発育不足な面影, あった発音上の区別, あった白い細長い紙を, あった白丁の名, あった白井はこれから, あった白原圭吾氏を暗殺, あった白地に市川, あった白小袖に身, あった白布を取り上げ, あった白砂糖菓子の大きな, あった白色の半, あった白身が泡立っ, あった白馬会時代を回想, あった白鷹久美子夫人はかねてから, あったの事, あった百万遍を持込みました, あった百八人の豪傑, あった百合子の父, あった百姓どもは殆, あった百済人の名, あった百蔵はこんな, あった皇太子の頃, あった皇学派に刺戟, あった皇室が日本民族, あった皇帝と学者, あったを引剥, あった皮むき庖丁で刺殺し, あった皮帽子をとり上げ, あった皮革の積, あったが瞭然, あった皺苦茶の手紙, あったをとっ, あった盗みなどは第, あった盗難品の財宝, あった盛りの時, あった監房の中, あった目的の金葉, あった目的地だけでも何, あった目覚し時計に, あった目醒時計を見た, あった盲人の体, あった盲俳人華山君のため, あった直径五寸位の椴松, あった直後倭文子がこりず, あった直後大学の松村任三先生, あった直後彼は記名, あった直義は却って, あった直衣一領と手, あった相当のもの, あった相撲取は此奴, あった相模阿闍梨重宴も最後, あった省作は無造作, あった眉毛を引き剥ぐ, あった看板をおもい出し, あった看板柱で一同, あったの療養所, あったの力学, あった真中のところ, あった真夏の事, あった真実の理由, あった真新しい男履き, あった真智子のお伽噺, あった真木和泉がたとい, あった真物で馭者, あった真田の旗, あった真綿を入れた, あった真面目で急進的, あったは細, あった眺望雄大なこと, あった眼つきの鋭い, あった眼鏡が板, あった瞑想から呼び, あった瞬間二三人の役人, あった矢作治部太夫は今日, あった矢島五郎の側, あった矢立てをとる, あった知識に対する貪欲, あった劒です, あった短剣が白い, あった短波長無線電信の送信受信, あった短銃を持っ, あったい白檜, あった矮短なかんかん, あった石坂洋次郎氏の, あった石塊を拾っ, あった石岡町の西北一里許, あった石川はせっかく, あった石彫りの牛, あった石棒や石剣, あった石楠とつつじ, あった石櫃へ宝物, あった石油缶の空き函, あった石清水行幸の日, あった石炭酸を見つけだし, あった石神祭りの仮面, あった石造の拱橋, あった砂原より大きい, あった砂糖が三十円, あった砂糖問屋で男三郎君, あった砂金だの海鼠形, あった研石がぴかぴか, あった研究所は大原氏, あったを蹴飛ばし, あった碁盤と将棋盤, あった碧虚二氏よりもこの, あった碩学の永沼小一郎氏, あった確証が上がっ, あった礼位を云う, あった礼譲の衣, あった社会大衆党でなければ, あった社会思想とは全然, あった社会感覚からあやまっ, あった社会的機能を滞る, あった社会関係をいま, あった社長を既知, あった祈年新嘗, あった祈願の文句, あった祖父さんはとうとう, あった祝宴が設けられ, あった祝詞をその, あった神さまはいま, あった神仙記伝の原稿, あった神像の眼, あった神前でこの, あった神官の首領, あった神山さんの自動車, あった神州日報の綴じこみ, あった神戸の鈴木, あった神戸信孝の容子, あった神戸牧師が前掲, あった神楽坂署から被告人, あった神田がアケミさん, あった神田憲君の霊前, あった神葬祭の一条, あった神近市子山川菊栄岡本かの子その他を網羅, あったである, あった祭壇の前, あった祭祀の式典, あった禁則であった, あった禁裏を開放, あった禅僧の修行, あった福地源一郎氏が従軍記者, あった福岡医科大学を卒業, あった福神楼という, あった禰衡もその, あった禽獣を紋, あった秀吉であった, あった秀子は気, あった秀次一家の動静, あった私あてにかかれた, あった私どもはそうした, あった私立山内尋常高等小学校というの, あった私等にし, あった私達は同じその, あった秋山との交際, あった秋山宇一はモスク, あった秋山氏は文科, あった秋花は霜枯れた, あった科学的な歴史的予言, あった科学的哲学は西田幾多郎博士, あった秘書がはたして, あった秦真次少将, あった稀少性の比, あった種々な性質, あった種夫を抱い, あった種類の女, あった稲荷ずしとの優劣, あった稲葉伊予守入道一鉄であった, あった稼業のかかり, あった積雪地方経済研究所長の山口弘道氏, あった空き箱の上, あった空き缶は大寺警部, あった空函を戸口, あった空地へもっ, あった空模様もどうやら, あった空樽が余り, あった空気枕や膝掛け, あった空瓶というの, あった空笊を小脇, あった空船のなか, あった空色の薄い, あった空間浮標が見えた, あった突ッかけ草履, あった突然な病気, あったのよう, あった窩人部落は一朝, あった立石が皆, あった竜神のお告げ, あった竜騎兵はその, あった竪しぼの一重羽織, あった端艇が二艘, あった竹ざおを持っ, あった竹内式部その人, あった竹寿々の面倒, あった竹屋三位卿が幕府, あった竹法螺を佐五衛門, あった竹田津で講演, あった竹葉へかけつけ, あった竹藪の中, あった笑いが浮んだ, あった笑福亭という落語, あった笛吹川の骨, あったをとった, あったをハタハタ, あったの葉, あった筈本人大分悄気らしい, あった筋肉を奪い, あった筋道を思い出し, あったに馬, あった筑紫の客僧, あったを肩, あった算書が大, あった箱庭の電信, あったをあげ, あった節何う口, あった節倹という社会道徳律, あった節子の姉, あった節贔屓の贈った, あった範囲よりほか, あった築地小劇場の最も, あった篝火が誰, あったを捲上げた, あったが不足, あった米人ジェンキンスの人格, あった米兵はみんな, あった米友の手, あった米国聯合艦隊の陣容, あった米国行のダイアナ号, あった米国貨物船キャリフォルニアン号の唯一, あった米軍の将兵, あった粂五郎の足跡, あった粘土記録の破片数個, あったがはらはら, あった精巧なるマスク, あった精神まで楽観的, あった精神病のお嬢さん, あった精霊でいらっしゃいます, あった糟谷の話, あった紀州方面の一掃, あった百記を, あったの小袋, あった紅い緒の, あった紅がらを流し, あった紅茶の茶碗, あった紅顔の美少年秋田, あった納屋の内部, あった眞に, あった純白の晴着, あった紙きれに字, あった紙入から小さい, あった紙入れをつい, あった紙刷物を引, あった紙幣を出し, あった紙片の上, あった紙芝居のおじさん, あった紙袋を取り上げ, あった紙装の小, あった素っ裸で, あった素子と二人住, あった素木しづ子が病弱, あった素朴で単純, あった素焼きのかめ, あった紡績工場は閉鎖, あった索敵戦隊に進撃命令, あったのハンカチ, あった紫式部清少納言赤染衛門というの, あった紫藤洞は此附近, あった紫黒色の肌, あった細い竹ぎれを, あった細君は岡田, あった細引を拾い取る, あった細引きを両手, あった細長い食卓の, あった終点が幸い, あっただ, あった組合せ言葉を読ん, あった経済事情もある, あった経験論を大陸風, あった結城太田ノ大夫判官親光, あった結婚生活の破滅, あった結婚資金を空, あった結局のつまり, あった結局甲は雛鳥, あった結晶形とその, あった結果学問も段, あった結果彼女は良人, あったもまた, あった給仕独特のリズミカル, あった絨氈が直径一寸, あった統計的操作と実験的操作, あった絵ハガキをお, あった絵仏師の話, あった絵団扇を執っ, あった絵筆をとっ, あった絵馬がこんな, あった絶頂は別段, あった絶項の峠, あったのきれだった, あった綱手のため, あった綴じ紙も屋敷, あった緋色の帆, あった総ての戸, あった総領の娘, あった線香の束, あったにつないだ, あった編上靴を穿きかけた, あった編細工のバスケット, あった編輯部を東京, あったによって将来自分同様, あった縁故からその, あった縄のれんの一ぜん飯屋, あった縛索で体, あった縫物を持っ, あった縫針でいたずら, あった繁代の世, あった織田信澄は光秀, あった織田信長も本能寺一夜, あった織田方の部隊, あった織部正重然, あった缶詰を卓子掛, あったなの, あった置炬燵を引出し, あった羊皮紙のなか, あった美しくて音楽, あった美人が変装, あった美人四五名を招待, あった美作の観覚得業, あった美奈子は今年十九, あった美女の小ま, あった美姫の華やか, あった美術家で有名, あった美貌の立役, あった美髯の色男, あった群衆の方, あった義兄春田居士がこの, あった義務は日本, あった義太夫の御, あった義太夫節が呂昇, あった羽左衛門であること, あった翌々年の盆, あった翌々日おとよさん, あった翌々日恒川警部が明智小五郎, あった翌々日東京の森川夫人, あった翌年で安政三年八月二十五日, あった翌日ホーテンスはドレゴ, あった翌日一同連れ立って, あった翌日一日は何事, あった翌日三吉に向っ, あった翌日六月三日でさえ, あった翌日十一月二十五日に町年寄, あった翌日君が面会, あった翌日吾輩はちょっと, あった翌日森戸辰男氏の入党要請, あった翌日池上家から公式, あった翌日秘密裡に日本化学会, あった翌朝ここの裏門, あった翌朝一掃された氷塔, あった翌翌日の朝, あった翻訳的な自由平等, あった翻訳自由の条約無効, あったを出し, あった老いたる女傑, あった老人が我々, あった老人夫婦の家, あった老妓は其の, あった老婆の容体, あった老師などにとってはその, あった老木の杉, あった老母もやがて, あった老父熙の家, あった老舗のかんばん, あった考えというもの, あった者たちかそういう, あった者どもではない, あった者二心とは思わぬ, あった者同士が感じ合える, あったも洋服, あった耳香水が紛失, あった聖ロベールから起こった, あった聖弦寺を一覧, あった聖母マリヤの額像, あった聞得大君御殿が時代, あった職人たちが非凡, あった職業ではない, あった職業上の幻滅, あったは四間室口, あった肉体と心, あった肉片をすっかり, あった肥料をかけ, あった肴屋の辰, あった肺病が一層, あった背中を分け, あった胞子が降っ, あった胡桃の中, あった胴巻をひき出そう, あったは今日, あった能登の国, あった能静氏が重態, あった能面のこと, あった脆い瓦であった, あった脇差坤竜丸が姿, あったの高い, あった脚本創作のこと, あった脚気を口実, あった脚部が半, あった脱脂綿を引きち切っ, あった脱走の穴, あったの縄, あった腰かけの端, あった腰巻の色, あった腰蓑をまとっ, あったの賤, あった膝掛けを洋服, あったを蹴返した, あった膳部や包み金, あった臘虎船の船長, あった自分自身が微々たる, あった自動車同士がはげしく, あった自家用車へ戻っ, あった自己を宇宙大, あった自来也鞘と, あった自然発生の一種, あった自然科学をも社会, あった自由主義者の一人, あった自由党に対抗, あった自由学園の音楽教育成績発表会, あった自記式の気温計, あった自身の文学理論, あった自陣を三条河原, あった興居島の桃, あった興行主と別れ, あった舊友なの, あった舗石の積山, あった舞台稽古にゆく, あった航空気象学の問題, あった般若丸の刀, あった船中がみる, あった船体がある, あった船頭は舳, あった良家の婦女子, あった良持の没後, あった良順という小坊主, あった色々の事業, あった色彩の水, あった色彩美の如何なる, あった艶書の文句, あった芍薬の枝, あった芝刈り鋏を思い出した, あった芝居の話, あった花びんがぶつかりあっ, あった花井卓蔵君なども盛ん, あった花圃をはじめ, あった花圃自身の自発性, あった花屑を取あげ, あった花形歌手はまさに, あった花村はその, あった花束の一つ, あった花模様の一つ, あった花清宮裡の双, あった花田を懇請, あった花筒の水, あった花鳥小品にはちっとも, あった芳町の芸者屋, あったに身, あった芸妓美である, あった芸者の言葉, あった芸術家たちに, あった芸術性はとんぼ, あった芹沢に帰せずし, あった鶏を, あった若々しいブルジョアジーの, あった若き日の, あった若松の大, あった若槻礼次郎君荒井賢太郎君入江良之君岡村司君織田萬君安達峯一郎君等あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, あった若竹亭という寄席, あった苦情を持ち込まれた, あったを撥ねのけ, あった苫米地は地方, あった英ソ両国間の協定, あった英国婦人エジス・カヴェル女史が去年独逸軍, あった英文字は今, あった英白軍および仏, あった茉利夫人の事, あった茫々とした, あった茶の湯は趣味, あった茶器が, あった茶室風の部屋, あった茶店の床几, あった茶盆を引き寄せ, あった茶袋の歩兵, あった茶釜から茶, あった草原や荒地, あった草地へ田, あった草本を尋ね出し, あった草花の鉢, あった草鞋ばき, あった荊州の将士, あった荒涼目をそむけたい, あった荷馬車屋の娘, あった莫大な量, あった菅原文時の弟子, あった菊人形のこと, あった菊屋のところ, あった菓子屋の店先, あった菓子折の中, あった菓子絵松島の壺, あった菖蒲畑を思出, あった華やかなま, あったが落ちた, あったの実は, あった菱垣廻船の船問屋, あった萩原の米, あったのため, あった萱堂が忽痕, あった落差が今や, あった落着きの感じ, あった落葉松の林, あった葉子の姐, あった葉巻たばこの箱, あった葉書をしおり, あった著名人ではなかっ, あった著者の良人, あったの裏葉, あった葛岡の家, あった葛西太郎という有名, あった葡萄もあった, あった葡萄棚の下, あった董卓の死骸, あった葭簀の日覆, あった葵原君と蜜, あった蒔絵の文箱, あった蒲生忠三郎を面前, あった蒸汽力はその後, あったがばらばら, あったという国, あったの上, あった蓮田へ案内, あった蔓草の花, あった蔵原惟人三三年二月に虐殺, あった蔵原惟人小林多喜二宮本顕治らの政治主義的偏向, あった蔵書一切を荷駄, あった蕃書も訳され, あった蕗子が死ん, あった蕪村はその, あった薄い筵の, あった薄ら寒い宵の, あった薄命な貂蝉, あった薄汚ない蒲団, あった薄縁をもっ, あった薙刀の刃風, あった薩州の私学党, あった薪ざっぽを一本ずつ持っ, あった薬研を抱え, あった薬缶からゴクゴク, あった藁縄を掴ん, あった藁葺屋根が晨, あった藍絵の胡蝶, あったを移植, あった藤井蔵相が死ぬ, あった藤倉草履を穿い, あった藤十郎はあたかも, あった藤原忠通の行列, あった藤原時代後半の数多い, あった藤原義江の団体, あった藤堂高虎が死んだ, あった藤岡さんは二十四五年振り, あった藤波金三郎はコーヒー, あった藤田伝五と並河掃部, あった藤田貞資を抱えた, あった藤蔓で縛っ, あった藤野漸氏その他伊藤鼎氏辰川為次郎氏これは皆松山人, あった藤野漸翁が久松家, あった藩兵を東条少佐, あった藩士もたった, あった藺笠を頬, あったは関白殿, あった蘇我一族は西暦六四五年, あった蘇我氏の事業, あった蘭軒の三人, あった虎ノ門の女学校, あった虎丸だ, あった蛍沢や水田, あったの心臓, あった蜂谷良作に思いがけず, あった蝋糟の中, あった螺旋と女螺旋, あった蟇口の中, あった衆望と栄位, あった行人がくろがね天狗, あった行基作の仏像, あった術語だけを希臘拉甸, あった街街の様子, あった衛門督の手紙, あった表紙も奥, あった袁彦道の流行, あったの上, あった被害者の妻, あった袱紗の包み, あった裁判長の息子, あった裁縫用の鏝, あった裄丈の短い, あった装甲車が発した, あった装飾など総て一切, あった裏口の雨戸, あった裏庭をよぎっ, あった裏道ねあれ, あったから銘々, あった裸馬である, あった製本工場内の実際, あった製粉所を奪取, あった襁褓が庭, あった襟飾りに眼, あった西光を怨む, あった西向きの座敷, あった西条流半弓を鏑矢もろ, あった西欧文学についての再, あった西洋専門家の説, あった西洋風呂をアトリエ, あった西班牙の海賊, あった西田先生も同じく, あった西鶴がまた, あった覆いは少年, あった見せかけの生活, あった見ものだった, あった規則正しく並べて, あった規矩男の手紙, あったのあなたさま, あった親しい人達は, あった親友某君が突然, あったがあります, あった観念だ, あった観音堂のセット, あった観音寺山がある, あったに仏具屋, あった角ばった袱紗包を持っ, あった角右衞門の風呂敷包, あった角樽を担がせた, あった角谷の消息, あった解放のよろこび, あった換えれば, あった言文一致の基礎工事, あった言説の反面, あった討幕運動は, あったを捨てない, あった記念品もまだ, あった記者は大山大将, あったりでなく昔, あったは, あった証人小林定次郎を呼び入れた, あった証明にならない, あった証書を軽く, あった証跡がうかがわれる, あったの端, あったも作れ, あった詩人は, あった話相手がある, あった誌銘には子, あった語義があの, あった語部の物語, あった誠に高雅な, あった誰某に対する偽証被疑事件, あったをする, あった論理的価値がイデオロギー, あった論理的把握と歴史的把握, あった諸君は, あった諸国諸侯の御, あった諸家の兵, あった諸氏の内, あった謀叛人のなか, あった謙信を上杉謙信, あった謡曲に対してもっと, あった謹厳そのもののよう, あった譜本を押しひらいた, あった警報のベル, あった警官隊でありましたが, あった警察署長の津留木万吾, あった警視庁の自動車, あった警視庁巡査の九隊, あった譲吉は自分, あった護法の子孫, あったの底, あった谷村町は, あった谷町を通り, あったのゴ, あった豆類や野菜, あった豊玉媛がいつのまにか, あった象形文字が何, あった象牙のよう, あった豪族が諸国, あった豹一の傍, あった貝がらはさらに, あった貞門と同じ, あった財産も家, あった貧しいが他目, あった貨物自動車の運転台, あった貨車が途中一度, あった責任上人一倍芝生, あった貯金なども使い果し, あった貴婦人の所, あった貴婦人たちが干菓子, あった貴方と同棲, あった貴族に関する議論, あった貴金属品をハンカチ, あった賃貸しの双眼鏡, あった資本ではない, あった資本主義社会の枠内, あった資産もなくし, あったは野獣, あった賜物である, あった賞牌っての, あった賢者を挙用, あった贅沢な一間, あったの他人, あった赤地に白く, あった赤坊も熟睡, あった赤松俊子さんの二つ, あった赤松家の息女, あった赤樫の木剣, あった赤瀬さんのところ, あった赤煉瓦の高, あった赤錆のついた, あった赤革靴のき, あった超重爆撃機七十機を, あった越前の三位通盛, あった足利方の総勢, あった足利直義らの孤軍, あった足尾の方, あった足柄病院へ行く, あった足跡にピタリ, あった路次には隠居, あった身の回りの品, あった身分柄を思わぬ, あった軍事的教育の害悪, あった軍勢がわずか, あった軍用路をそのまま, あった軍隊は支離滅裂, あったの下, あった軟障までも御, あっただ, あった軽い足どりで, あった軽蔑し罵倒, あった輝政は自ら任, あった辞書の下, あった辰野博士がその, あった農具を持っ, あった農山漁村の更生救済, あった農民イゾートはヴォルガ河, あった農民運動社に泊まった, あった農科の舵手, あった辻潤の協力, あった近代的大新聞, あった近畿の地, あった近習たちをぐんぐん, あった近藤の父, あった近藤氏の家庭, あった近藤重蔵は時, あった近頃なので, あった返事に, あった迷庵三十一歳であった, あった逃走しようと, あった逍遙が人, あった途中石田治部少輔三成, あった通りそこには支倉, あった通り一世の美男, あった通り之に対応, あった通り事実粗野の稚気, あった通り女の一方, あった通り寂然たるもの, あった通り戦争ジャーナリズムは各種, あった通り文学からの生ける, あった通り玉子とお, あった通り病気にならない, あった通り石子刑事は茫然, あった通り蒸汽船の安っぽい, あった通俗雑誌を手, あった連れとみえ, あった連翹の黄色い, あった遊女や芸子, あった遊楽的気分の数学, あった遊船で宿, あった運平老の仙骨, あった運送船がアルジェリア, あった過書舟の底, あった道中奉行所の代わり, あった道六神の石塔, あった道有がその後, あった達者で働い, あった吉伯の, あった遠い過去の, あった遠征将軍が万里, あった遠見の番所, あった遥かの彼方, あった遺留品だという, あった遺跡を尋ね, あった遺風だろう, あった遺髪だけを受取り, あった邪推ではなかっ, あった邸跡に二軒家, あった部分の壁, あった部屋着をとっ, あった部屋部屋がすっかり, あった部曲の民, あった部落の土人, あったの娘さん, あった都度二年間ばかり平尾氏, あった都新聞へ入社, あった酒徳利から冷の, あった酔い醒めの水, あったをかけ, あった醜汚の中, あった釈迦が人類, あった釉薬が焼い, あったから帰っ, あった里程表をこの, あった重要政略の一つ, あったの花, あった野上彌生子田村俊子水野仙子をはじめ文筆的, あった野崎左文の地理書, あった野性美は削がれ, あった野本氏が我, あった野犬の姿, あった野球が好き, あった野球試合のある, あった野良の田畑, あった野菜は胡瓜, あった野薔薇の木, あった野趣だけはいつか, あった金三郎は娘, あった金之助は改めて, あった金兵衛らはよく, あった金子も当分, あった金庫をあけ, あった金扇の馬簾, あった金曜日の夕方例, あった金椎の耳, あった金毘羅まいりを, あった金泥の二枚屏風, あった金物屋に彼, あった金盥の代り, あった金策のこと, あった金蒔絵の硯箱, あった金蔵を一見, あった金銭もありました, あった金額は六拾何円, あった金魚鉢の底, あったがぬけ, あっただで, あった針葉喬木帯の断裂, あった針金のたば, あった釣堀でフダーヤ, あった釣瓶が癇癪, あった釧路丸へ引, あったの音, あった鈿女命が頓智, あった鉄ごうしがはずれ, あった鉄仮面とそっくり, あった鉄工所だよ, あった鉄格子がきいきい, あった鉄棒を取り上げ, あった鉄槌を手, あった鉄橋の景色, あった鉄火箸をぎゅうと, あったが落ち, あったの屑, あった鉛管を利用, あったを持ち出し, あった鉢植えの菫, あった裂きの, あった鉤付きの竿, あった鉱山だと, あった鉱石戸棚のひきだし, あった鉱車を指さし, あった銀側時計を取っ, あった銀塊市場にたいして英領印度, あった銀座のバー, あった銀杏の樹, あった銀枠入の皇帝, あった銀煙管へ煙草, あった銀玉はきっと, あった銃丸の箱, あった銃剣の遠い, あった銃器庫の裏, あった銃身へ金, あったで出来た, あった銅像は医者, あった銅器と鉄器, あった銅板に釘, あったを手, あった銭箱まで持っ, あったをもっ, あったを把, あった鋪道のアヴァンチュール, あった鋸斧縄梯子など, あったの帳, あった錦絵の源氏, あったの小さい, あった鍵束をはずし, あった鐘塔をはじめ, あったからコップ, あった長いほそびきの, あった長十郎は更に, あった長塚節はこの, あった長女で父親っ子, あった長崎の町, あった長崎港を間近, あった長崎行きの公儀衆, あった長州や九州, あった長政どののお, あった長束実に譲り渡した, あった長田大主, あった門地をあなた, あった門札こそ世, あった開墾中の費用, あった開墾地の村, あった間それに附き添う, あった間口二間に奥行三間, あった間市民が真先, あった間彼の男, あった間樋口一葉に恋, あった間淵の下宿, あった間者があわただしく, あったの小, あった関係上どうかし, あった関係上それらの実験, あった関係上当時は何, あった関係上東京人との交際, あった関係上父のフォード, あった関係上蔭へまわっ, あった関取の称, あった関羽の一族, あった関羽軍は襄江, あった閲歴を持つ, あったにふみとどまり, あった防空監視哨は手, あった阿弥陀仏やキリシタン, あった阿房峠がそう, あった阿波の祖谷山, あった阿部一族討取りなぞ, あった附属茶屋を大, あった附近で発見, あったで他, あった限りそれに反対, あった限りそれ自身に固有, あった限りまちがいはない, あった限り社会に生存, あった限り群衆心理学に於ける, あった限り茲に踏み止まらね, あった陣貝の紐, あった陳列棚からすーっ, あった陳腐さや浅薄, あった陳述に御, あった陵戸とは違っ, あった陶器師の翁, あった陸奥を慰問, あった陸相田中義一氏にたびたび, あった陽炎であった, あった隊長機はついに, あった階級の詐術, あったに死, あった際ここに幽棲, あった際一面識もない, あった際人々に勧められ, あった際兵火の為, あった際博多武官府にいた, あった際父上は恐らく, あった際脱走囚徒として捕縛, あった隠居所の屋根, あった隧道のところ, あった雄吉が突然, あった雄壮な文字, あった雅楽のメロディー, あった雅楽寮の楽師, あった雅経七世の孫, あった雑居房にただ, あった雑木のなか, あった雑誌様のもの, あった雑賀屋と申した, あった球また, あったは篠, あった雪堤の端, あった雪子学士の研究ノート八冊, あった雪枝さんからの絵葉書, あった雪渓は登る, あった雪穴なんかもう, あった雪駄が揃えられ, あった雰囲気を思いかえす, あったがみるみる, あった電報をとり上げ, あった電気さく岩機を庭, あった電気蓄音器をかけ, あった電灯のセード, あった電熱器のも少し, あった電話の受話器, あった電話番号がいま, あったでも置いた, あった露国の作家, あった露店商人の行列, あった露骨であった, あったべかはもう, あった青い服を, あった青山の奥, あった青山半蔵では, あった青年たちはその, あった青年カアルの話, あった青年団と町役場, あった青年安五郎は玉井金五郎, あった青梅鈴法寺の高橋空山, あった青楓の, あった青田とその, あった青竹を一本, あった非常に人格者, あったのカバン, あった革命家という肩書, あった革紐を引きちぎっ, あったをつまんだ, あった靴磨きをも私, あった靴跡の女, あったは段々, あった音曲や雑藝, あった頃わたくしは日本, あった頃フローベルと知りあい, あった頃一人の女, あった頃中坂思案外史の名, あった頃今の勧業協会, あった頃何かの用, あった頃北海道開発の案, あった頃女中が十四五人, あった頃小木の港, あった頃平次の姿, あった頃彼女の父親, あった頃最近も穿い, あった頃欧羅巴の戦争, あった頃波がまるく, あった頃漢文では例, あった頃虎牢関の戦い, あった頃青桐も浅い, あった須磨子は十八, あったの肉艶, あった頭蓋骨を取りあげ, あった頼信紙へせっせと, あった頼長はことに, あった題材でもある, あったが三枚僕, あった額縁が上下, あった顔一度のベエゼ, あった顔色へ俄, あった顕治の父親, あった顕理六世が死する, あった風の神退治の演劇, あった風呂を廃, あった風呂場の戸, あった風呂敷がぱらりと, あった風呂敷づつみをといて大事にもっ, あった風呂敷包みをとっ, あった風笛の吹奏者, あった風采を思, あった風雅心である, あった食堂はもう, あった食料などをしらべた, あった食糧を発見, あった食糧品などは石油缶, あった食糧費をぴしぴし, あった飢民の大群, あった飯場であろう, あった飯島の表情, あった飯茶碗を執っ, あった飾りだ, あった養子の篠原勤, あった養父の方, あった饗応の薄茶, あった首かざりのケース, あった首尾の松, あったや数珠, あった香水のびん, あった香箱を執っ, あった馬属は過去世全滅, あった馬徳坊の内, あった馬方を捉え, あった馬春堂も地上, あった馬糧小屋の蛾次郎, あった馬鹿囃子の屋台, あった馴染だから, あった駅宿の前, あった駒井能登守後にバッテーラ, あった駢邑三百里を没収, あった騒動をただ, あったはない, あった験しがありません, あった驢馬にまたがる, あったがだらり, あった骨箱を藤十郎, あった骨董品の話, あった骨董店に立ち寄っ, あった骨袋を調べたら, あった骰子壺が引っ, あった骸骨はなんと, あった高くなった高く, あった高本清を探した, あった高松城の水攻め, あった高橋君が大泊, あった高気圧が東行, あった高瀬の出発, あった高田知一郎いま進歩党の幹事長, あった高等内侍のスタイル, あった高等課を振り捨てる, あった高野とか云う, あった高野山宝寿院蔵永禄十年の奥書, あった高音のコン, あった髪の毛は頭, あった鬼箭を持っ, あった魏延高翔はすわ, あった魔術や虚空, あった魚河岸の内部, あった魚籃をあげた, あったのかんろ, あったお特別, あった鮭網を引き出し, あった鰡八大尽はあの, あった鱒魚を捕える, あった鳥居素川先生が, あった鳥影が池上, あった鳥打ち帽を取る, あった鳥打帽を引出し, あった鳳晶子の才能, あった鳴りを鎮めた, あった鳴門水陣の一帖, あった鳴門舞の夜宴, あった鳶頭の銀次, あった鴎外がほかならぬ, あった鴨田研究員苦心の三本, あった鴨長明の, あったは出来ました, あった鶏卵を六個, あった鶴子を其父母, あった鷲尾順慶博士をお, あった鷹見泉石の裔, あった麦わらを取り去っ, あった麦束が残り少な, あった麦田はいま, あった麹町の山下町, あった麺麭切りナイフに手, あったのカバー, あった麻布の高台, あった麻縄を怪老人, あった麻裏を取っ, あった黄塔君は重荷, あった黄色い秋の, あった黄蓋の船, あった黄表紙の日記, あったの餅, あったいきれを, あった黒人の肖像画, あった黒吉はあの, あった黒子がいつ, あった黒川隆三のよう, あった黒檀のステッキ, あった黒田官兵衛のまわり, あった黒田市議が処, あった黒石をパチ, あった黒髯を見事, あった黒麺麭を左手, あった黙許であった, あった黛夫人に生, あったくさい夜具, あった鼈四郎はこれ等, あった鼈甲の折疊, あったを叩い, あった鼠色のキレ, あった鼠色毛布のぼろ, あった龕燈を手早く, あった5対3ではある, あったGHQの軍隊付牧師チャップマン大尉