青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あたかも~ ~あたし あたし~ ~あたり あたり~ ~あたる ~あちこち あちこち~ あちら~ ~あっ
あっ~
あっし~ ~あった あった~ あったら~ あっち~ ~あつ あつ~ あつし~ ~あて あて~

「あっ~」 45660, 493ppm, 198位

▼ あっ~ (35552, 77.9%)

506 それが 341 それを 237 みれば 209 それは 185 そこに 149 それに 143 いた 138 その上 135 これは 123 その中 122 これを 113 私は 107 そこから 101 見れば 95 これが 92 いる 90 そこには 88 いるの 78 彼は 70 彼の 66 自分の 64 私の 61 他の 59 たまるもの 57 そのため 56 それには 53 そこへ 50 来たの 48 その下 47 そこの 39 くれれば, 人の 38 日本の 37 みると 36 これも 35 これに 34 それも 32 ここに 31 その人, 人間の, 而も 30 しかもその, その前, 人を 29 その時, 一つの, 今日の, 私が 27 いい, いずれも, 来たん 26 いたの, 何も, 自分が 25 これらの, そこを, 中には, 何か, 或る 24 一つは, 普通の, 非常に 23 いたが, いて, そこが, その間に, それらの, 一人の, 之は 22 ほしい, 始めて, 彼女は, 欲しいと 21 いました, しかもそれ, 今は, 其処に, 彼が 20 いるよう, 今の, 少しも 19 いいの, それによって, 多くの, 彼を, 真の

18 [11件] そこでは, そこは, その周囲, それで, よいもの, 中に, 人が, 女の, 後に, 急に, 自分は

17 いいもの, それから, 之を, 人に, 僕は, 昔の, 私も

16 すべての, 今も, 当時の, 我々の

15 [12件] いいと, いること, この点, その点, それと, やって, よかった, 之が, 土地の, 容易に, 見ると, 面白い

14 ここで, その他の, 一般の, 今では, 今でも, 吾, 家の, 現在の, 身を

13 [14件] いるところ, かような, ここへ, したこと, それの, たまるか, 二つの, 何の, 右の, 彼女の, 次の, 欲しい, 水が, 自分も

12 [16件] いると, おまけに, くれ, そのほか, その横, それへ, それ以上の, またその, よい, 中, 人は, 多くは, 此の, 第一, 自然の, 誰も

11 [22件] いいはず, そのこと, そのなか, そのよう, その一つ, その内, その向う, その実, その結果, その逆, その頃, そんなこと, たまるもん, よかろう, 僕の, 先生の, 出て, 彼らの, 彼らは, 後の, 生きて, 石の

10 [26件] いいだろう, くれるよう, このよう, すぐに, その先, その奥, ほかの, よいの, われわれの, 一方の, 一方は, 下の, 之に, 今日は, 夏の, 外に, 夫が, 山の, 本当の, 村の, 気が, 父は, 物の, 私には, 立派な, 自然に

9 [29件] これには, これにも, そのうち, そのそば, その方, その日, その穴, それ以外の, たくさんの, つまりは, 一種の, 二人は, 人間が, 今まで, 他人の, 以来の, 例の, 坐って, 堪るもの, 外の, 如何に, 子供が, 子供の, 実際の, 店の, 彼に, 彼女が, 自分を, 足の

8 [45件] あとは, いいわけ, いろいろの, おれの, この二つ, この人, この辺, これと, こんなところ, そうし, そのむこう, その当時, その意味, その窓, それらは, そんな事, ただの, どちらも, ほしいと, よいと, われわれは, 一緒に, 中は, 京都の, 他に, 何を, 個人の, 参ったの, 口を, 彼も, 彼等は, 心の, 日本人の, 昔は, 来た, 東京の, 水に, 水の, 決してその, 源氏の, 現実の, 私たちは, 色々の, 見て, 酒を

7 [56件] いるので, いろいろな, お前の, ここの, この頃, さすがに, すること, そこで, そのまわり, その店, その男, その第, その辺, それにも, ただその, どうかする, どこへ, ほしいもの, よいこと, われわれが, 両者の, 主人の, 二人の, 今日では, 以前は, 何等の, 俗に, 前に, 参りました, 夜に, 実際は, 家を, 帰って, 彼等の, 往来の, 後には, 従って, 心を, 手を, 源氏は, 現代の, 男の, 男は, 目の, 確かに, 社会の, 科学の, 第二, 自分で, 自分に, 西洋の, 話を, 門の, 静かに, 頭の, 顔を

6 [82件] いつでも, いても, いましたが, います, いまの, いるうち, いるから, いるん, おれは, きたの, ここには, ここは, このこと, この事, この土地, そういうもの, そうしてこの, そうしてその, そうすれ, そこにも, そしてその, その, そのとき, そのほう, そのわき, その一, その他は, その傍, その場, その山, その形, その理由, その花, それだ, それらを, ともかくも, どこか, どれも, またそれ, わずかに, わたしの, わたしは, 上に, 世間の, 主人は, 二人で, 人々は, 人間は, 今度は, 何らの, 其処で, 坐った, 外から, 寝て, 庭の, 彼等が, 心が, 支那の, 敢て, 文化の, 文学の, 早くも, 明らかに, 是は, 普通に, 来たもの, 東京に, 歴史の, 氏の, 派手な, 海に, 然る, 父が, 私たちの, 私を, 考えて, 自由に, 花が, 言った, 誰でも, 遠くから, 頭が

5 [114件] いいであろう, いたので, いたん, いるだけ, いるもの, この地, この時代, この精神, これの, して, しまった, すべてが, そういう時, そのおかげ, そのたび, その一人, その名, その大き, その女, その室, その家, その左, その底, その後の, その最後, その次に, その門, その附近, それぞれの, ただそれ, どこの, なかなかの, ひそかに, ひとりの, クリストフは, 一つに, 一人は, 一定しない, 一般に, 三人の, 上の, 上は, 下は, 世の, 世界の, 事を, 云わば, 人から, 人と, 人生の, 今夜は, 今度の, 今日まで, 仕事の, 他は, 何よりも, 何れも, 作者が, 個々の, 先に, 前者は, 博士は, 参った, 困って, 地球が, 多少の, 天下の, 夫は, 実際に, 小説を, 山と, 左の, 彼女を, 御覧なさい, 日の, 明かに, 明日の, 昔から, 昼は, 普通には, 最初は, 木の, 来て, 森の, 武蔵の, 殆ん, 母の, 気に, 江戸の, 池の, 決してそれ, 泣いた, 海の, 然るべきだ, 物に, 物を, 犯人は, 生活の, 町の, 相当の, 神の, 秀吉の, 私と, 種々の, 聞いて, 自分から, 自分たちの, 自分には, 誰か, 道が, 道を, 量において, 雪の, 面白くない

4 [247件] あなたの, あの人, ある日, いずれの, いたから, いたとき, いつまでも, いままで, いるが, いるのに, いわゆる, うちの, うれしいと, うれしかった, お酒, お銀様, かつては, かれら, きょうは, きれいな, くれると, ここが, ここでは, この, この事件, この家, この意味, この方, この期, この男, これによって, これに対して, これに関する, これへ, これほど, これらが, しかるべきもの, した事, しばらくは, しまったの, するの, そういうこと, そうでなけれ, そこからは, そしてそれ, そのあと, そのひと, そのまた, その二つ, その側, その動機, その口, その外, その大, その小さい, その屋敷, その屋根, その性質, その文字, その枝, その次, その水, その葉, その蔭, その間を, その隣, その頭, その高い, それこそ, それでお, それより, それ自身が, たがいに, ただこの, たまるかい, だれにも, だれも, どうかし, どうでも, どこかの, どこにも, なおその, なかなかいい, なにも, なんでも, はじめて, ほかに, ほしかった, ぼくの, もしこの, もしその, もとは, よろしい, わたしも, 一に, 一人が, 一匹の, 一方に, 一日の, 一時は, 上には, 下に, 下には, 不意に, 世を, 中にも, 中央の, 中身は, 事件の, 事物の, 人類の, 今までの, 今後の, 今日でも, 今日に, 他から, 以来私は, 何かの, 何が, 何に, 偶, 僅かに, 僅かの, 僕も, 兄が, 先へ, 先生は, 入口に, 其処には, 内容は, 内部の, 冬の, 出かけて, 初めから, 初めて可能, 別に, 単にそれ, 博士の, 反対の, 各自の, 同じよう, 同時にまた, 名は, 名を, 呉れれば, 周囲の, 命を, 四囲の, 国の, 国家の, 国民の, 国民は, 堂々と, 塀の, 壁に, 壁の, 変な, 変に, 大抵は, 天皇の, 女には, 女は, 姿を, 娘の, 婦人の, 実際には, 家には, 家へ, 将来の, 小説の, 少しは, 年は, 庭も, 当時は, 彼らが, 後は, 思うよう, 我々は, 扉の, 抽象的な, 拙者が, 政治は, 日本では, 日本は, 早朝に, 最初の, 最後に, 月に, 本来は, 村, 桜の, 横に, 横浜へ, 欲しいもの, 正面に, 歩いて, 死んで, 江戸へ, 汽車が, 無数の, 然るべし, 父の, 現在は, 男が, 盛んに, 目を, 直接に, 相当に, 相手の, 真中に, 真理の, 真理を, 知識の, 私たちを, 穴の, 窓の, 立って, 素子は, 縁の, 美しい, 耳を, 自己の, 船が, 花を, 芸術家の, 虎の, 血の, 西の, 訪ねて, 詩人の, 話して, 誰かが, 誰が, 諸国の, 謂わば, 起こるもの, 身体が, 道の, 長崎の, 門が, 阿波の, 面白いの, 顔の, 食事を, 馬の, 馬を, 鼻が

3 [507件 抜粋] ああいう, あかりが, あなたに, あの方, ある人, ある時, あれだけの, あわてて, あんなこと, いいね, いい筈, いくつもの, いけません, いささかの, いずれが, いたこと, いたところ, いたもの, いった, いつもの, いないよう, いながら, いまは, いらした, いるこの, いるとき, いるに, いる人, いる者, うまかった, おいで, おりました, おれを, お互いに, お前が, お帰り, お雪ちゃんが, かくの, かくは, かねて, かように, きた, きたん, くれたら, くれたらいい, くれたらと, くれて, くれと, ここでも, ここへは, こちらで, こちらに, こちらへ, この上, この世の中, この中, この国, この場合, この山, この時, この秋, この種, この老人, この音, これだけは, これで, これなら, これまた, これらは, ごらん, さっきから, さもない, しかも, しかも女, しかも私, しかるべきだと, したの, するわけ, そういうの, そういう意味, そこい, そこでも, そこばかりは, そこまで, そしてこの, そのいずれ, そのお, そのかわり, そのまん中, その両, その中心, その中間, その二階, その人間, その光, その入口, その力, その向こう, その国, その土地, その場所, その変化, その女房, その子供, その岸, その差, その度毎, その弟, その後方, その戸, その扉, その時代, その松林, その池, その沼, その父, その眼, その研究, その程度, その端, その箱, その範囲, その葉かげ, その蓋, その表面, その要素, その言葉, その部屋, その間には, その間の, その関係, その限り, その際, その隣り, それから後, それに対する, それまで, それゆえに, それよりも, それらが, それ以上は, そんな時, たいていの, たいへんな, ただ一つ, たまるけ, だまって, だれでも, ちょいと, ちょうどその, ちょッと, では, どうしてもその, どうする, どこかへ, どこと, どこまでも, どこも, どこを, どっちが, なかなか面白い, なんの, のちに, はいって, はじめは, はなやかな, ひろ子は, ふたりの, ほかは, ほしいの, ほんとうの, ぼくは, まことは, またこの, まだそれ, みたところ, みても, みろ, みんなが, むかしは, もしそれ, やがては, やって来た, やって来たん, やはり同じ, やること, よいし, よいわけ, よくない, よく知っ, よし, わしが, わたしが, われらの, われわれには, ア行の, カントの, クリストフの, チョロチョロ赤い, ファシズムの, フランスに, 一つとして, 一の, 一は, 一個の, 一切の, 一方が, 一時に, 一見し, 一部の, 万事に, 三つに, 上から, 下から, 下さい, 不思議に, 世の中を, 両岸, 両手を, 両眼, 中から, 中国の, 事実は, 二人が, 二葉亭の, 交換せられる, 人には, 人間では, 今から, 今ここに, 今その, 今と, 今なお, 今夜の, 仕事は, 仕事を, 他には, 体を, 何かに, 何でも, 何にも, 何事も, 何人も, 何物をも, 余は, 作らるる美, 傍に, 働いて, 僕が, 元の, 全体の, 其処から, 其処の, 具体的な, 内部は, 出来るならば, 初めに, 前から, 前の, 前述の, 動いて, 勝手な, 北の, 北海道の, 南の, 南方の, 厳重に, 参ったが, 双方の, 口が, 口の, 古風な, 各種の, 同じもの, 同じ音, 同一の, 同時にその, 向うに, 君の, 吾人の, 呉れ, 味も, 呼び止めたの, 唯一の, 問題は, 善良な, 困る, 在来の, 地上の, 地方の, 声を, 多数の, 夜が, 夜などは, 夜も, 夢の, 大に, 大事な, 大人に, 大分に, 大切な, 大部分, 天然の, 夫れ, 夫を, 夫人の, 夫婦に, 奥の, 奥は, 女が, 妙に, 妻を, 始めから, 姫君の, 子供たちは, 子供も, 孔子の, 孔孟の, 学問の, 学校の, 学者は, 孰れ, 客は, 室の, 宮の, 寺は, 小さな二つ, 少くとも, 少しでも, 少年が, 少数の, 居た, 山が, 岩の, 己が, 幕府の, 年を, 床には, 当りが, 当人は, 当分の, 当分は, 形は, 役所の, 彼には, 彼らを, 後, 後から, 後世の, 後者は, 従ってこの, 従ってその, 忘れ難い, 怒って, 息を, 戸の, 手の, 探偵小説の, 換言すれ, 故意に, 敵を, 文学は, 新たな, 新たに, 日本に, 春は, 是が, 是も, 時の, 最初から, 最後の, 最近の, 朝早く, 末は, 本が, 本来の, 来たのよ, 来たわけ, 来ました, 東京では, 柳の, 欲しいよう, 歌も, 此処に, 武蔵が, 武蔵は, 母は, 母親は, 氏は, 民衆の, 水は, 水を, 永い間, 決して, 汽車の, 沢山な, 泣いて, 浮世の, 海岸に, 液体の, 無闇に, 然も, 然るべく, 煙草の, 特別な, 特別の, 犬が, 犬の, 猛からず, 現に私, 現実に, 現実には, 生の, 生れて, 生命の, 生活に, 用を, 町へ, 画家の, 疑う余地, 白い花, 益の, 目が, 直接の, 直段, 相互に, 相当な, 相応の, 相手を, 真白な, 眼が, 着物を, 石に, 確かな, 私に, 私共は, 私達は, 空を, 立派に, 笑って, 箱の, 精神の, 糸の, 紫檀の, 絵の, 絶対に, 絶対の, 老人は, 而し, 肉が, 腰を, 自然と, 自然は, 自然的事実では, 自由の, 色の, 芝居の, 花は, 苦しんで, 英国の, 薬を, 蛇が, 血が, 行く, 行くの, 街路の, 親が, 言ったの, 言葉が, 詩的精神の, 認識の, 誰にも, 賑やかな, 迎えに, 近所の, 近頃は, 迚も, 進んで, 遊んで, 過去の, 酒の, 金が, 銀座の, 鏡の, 長い間, 附近の, 随って, 障子の, 障子を, 雪に, 電車の, 面白いと, 面白いもの, 風に, 風の, 食べて, 鳥の, 鷲の, 黙って, 鼻の

2 [1621件 抜粋] あえてその, あたかも生理作用, あたりが, あとで, あの娘, あまりにも, あるとき, いいか, いいという, いいよう, いい年頃, いけないの, いたのに, いまさら私, いやがる, いるか, いる三人, いる姿, いる様子, いろいろ考え, うっかりする, おた, おまえの, お光, お寺の, お暇, お葉, お駒さん, かれの, くれさえ, くれたらよい, くれること, こういう奇妙, ここにも, こだわりの, こっちが, このごろの, このまむし, この両者, この人間, この名, この夜更け, この年, この意識, この晩, この水準, この程度, この花, この通り, これある, これなくし, これまで, これ等は, こんな所, さしつかえないの, さまざまの, しかもいずれ, しかもどこ, しかも父, しかも自分, しっかりした, しまいには, すきな, すでにその, すべてを, そういうところ, そういう場合, そうして自分, そう言う, そこへは, そしてこれ, そっちに, そのあわい, そのところどころ, その一つ一つ, その一部, その不幸, その事, その井, その人物, その他に, その作者, その兄弟, その内部, その効果, その古い, その問題, その地, その境内, その妻, その学校, その寺, その年, その後に, その御, その情夫, その放免, その明り, その書物, その東, その根, その梗頂, その火事, その犬, その由来, その皿, その瞬間, その絵, その考え, その背後, その色彩, その薄暗い, その親父, その謎, その都度, その門前, その題, その高, それからの, それから毎晩泊り, それだけで, それでこの, それについては, それに三人, それに故, それ以上に, それ故に, そんなの, たいがいは, ただ, たった一つ, だと, だれの, ちょっとでも, つけて, ですね, どうも, どこからも, どちらかと, どちら付かず, どれが, なかなかお, なかなか繁昌, ねむって, はじめての, はるかに, びっくりする, まいったの, また他, まんなかに, みたり, むやみに, もうその, もし他人, もとより作者, やがてそれ, やったこと, ゆくゆくは, よいかと, よいはず, よく響く, りっぱな, わしの, わたしには, インドを, キラキラ光る, ジャン, スキーを, パッと, フランスの, 一から, 一つ一つの, 一人寂しく, 一利も, 一命を, 一座の, 一日おきに, 一枚の, 一段高い, 一般には, 丈夫な, 三四人の, 上ったん, 下からの, 下手に, 不完全な, 世の中には, 世間に, 両方から, 中が, 中心の, 主人が, 主体の, 九尺柄の, 事実に, 二三日し, 二十歳ばかりの, 二階と, 五月の, 人々が, 人影も, 人目を, 人間とは, 今この, 今までに, 仏壇に, 他国の, 仙台刑務所での, 仮に之, 会員の, 伸子に, 伺ったん, 何う, 何となし, 何度も, 何物か, 作者の, 侍の, 信玄は, 俳優は, 個性の, 偉大な, 働くべきもの, 兄は, 先生が, 光の, 入口を, 全体として, 全部を, 公然と, 其の中, 其家には, 其所の, 写生は, 出家を, 初めてこの, 初めて完全, 初期の, 前, 前者を, 力を, 動物の, 十分に, 単に, 参りましたの, 又, 収入の, 口数の, 古代の, 右に, 各その, 合戦の, 名の, 向こう側に, 哲学の, 問題を, 喜んだ, 団十郎は, 土の, 在学中に, 地方に, 場合によっては, 壇上の, 外からの, 外へ, 外界の, 夜おそく, 大きな樹, 大変な, 大抵な, 大隈重信が, 天井から, 天狗が, 夫, 夫妻で, 女に, 好いもの, 妹は, 姉は, 娘が, 媒者が, 子供でも, 孔の, 存在を, 宇宙の, 宗教の, 実にその, 実朝, 客の, 害の, 家も, 寄って, 寝たふり, 封建の, 尋常一様の, 少くも, 少なからず, 居る, 山に, 川の, 巨大な, 帝の, 師匠の, 常に私, 平素から, 幾つもの, 広い意味, 店が, 庭には, 当時に, 形の, 彼よりも, 待って, 後輩の, 御覽, 必ずしも, 必要な, 恋の, 恋愛は, 悪いわけ, 意識が, 感覚的な, 我々が, 我が国では, 我国の, 戸を, 手が, 折が, 支那で, 救済を, 数々の, 敵の, 文字の, 料理の, 新に, 新聞は, 旅を, 既に, 日光に, 日本には, 日蓮は, 星の, 昨日の, 是には, 時々は, 時による, 暫くし, 書を, 最も広く, 最大の, 有名な, 木村を, 本を, 本格的な, 村によって, 来ましたと, 東北の, 枝が, 柵の, 梨を, 楓の, 様式の, 橋の, 次の間が, 止むを, 正気に, 此処へ, 歩いたの, 死ぬから, 殺されたの, 毛が, 民心を, 水, 氷河の, 江戸前の, 決して社会以外, 波の, 洋酒の, 流行の, 深さ, 温泉の, 湯が, 激しい生活苦, 火の, 為に, 無理に, 無限に, 然るべきはず, 燈火の, 牧師の, 特に自分, 犯人が, 独立した, 玄徳は, 王様は, 現存し, 現象の, 理論の, 生存し, 用意の, 甲州の, 男性の, 留守の, 疾翔大力さまに, 白金の, 盛大な, 目も, 直立し, 真物に, 真面目に, 着物の, 知識では, 硯友社の, 神田の, 私たちが, 私どもは, 私共を, 科学に, 程度の, 空間が, 窓は, 立派である, 笑ったり, 算術の, 米を, 精, 精神は, 純粋に, 経験は, 結局その, 結果が, 綺麗な, 罷り越したの, 美の, 義太夫を, 耳が, 背が, 脆くも, 腹の, 自分自身の, 自在鈎に, 自由は, 興を, 花の, 芸術として, 若い方, 茶の, 草の, 薬に, 蜜柑や, 衛門督は, 表に, 表戸, 裏の, 西瓜を, 覆面の, 見る人, 言うこと, 言葉は, 詩が, 話に, 誤って, 読者は, 誰よりも, 諸所に, 買って, 足で, 身体を, 転がって, 近ごろは, 近頃の, 逆に, 通例は, 進歩が, 道徳が, 遽に, 都に, 金を, 銀子は, 鋭利な, 長さ, 門内に, 関東軍が, 隠して, 隣家の, 雪には, 青年の, 青白い夏服, 面上に, 音楽の, 頭脳の, 類似の, 風通しの, 食うため, 飢えに, 首を, 駒井の, 高い牆, 魂の, 鶏が

1 [21026件 抜粋] из, あたかも人, あなた方探偵小説家の, あの水戸, あらゆるもの, ある人々, あんぐり口, いい人間, いかに彼, いけませんよ, いた一団, いちがいには, いつのまにか幕府権力, いつ私が, いままでみなみな, いらい人, いるふたり, いる思い, いろいろ工夫, いわゆる代用小学校, うっかりこれ, おかげで, おてがる, おもり物を, お前以外の, お札が, お菓子の, かえり見られなくなった女, かたまって, かなり人気, がやがや騒い, きょう出かけた, くれたらさぞ, けっして国家, こういう負債, ここのは, このお歌一つ, この一行, この内濠, この地峡, この小勢, この政策, この深山, この稿, この解釈方法, この電気, これこそは, こんなとこ, ごろうじろたとえ, さて辛うじて, しかして後, しかも両, しかも少し, しかも玉鬘, しかるびょう存じ, したがって先人, しばらく江戸, すいて, すこぶる珍, すなわち卜筮, ずいぶん割, そういう事, そうした方, そうなっ, そこで切符, そして今日人々, そっちなら, そのしょぼついた, そのやぶにらみ, その一番左, その主旨, その伝, その分身, その反面, その地位, その娘達, その川, その後二度も, その房, その時年齢二十三, その根ッこ, その毛, その灰色, その痕跡, その種板, その結論, その若い, その言葉つき, その近く, その鋲, その響き, それからいよいよ, それから色々, それでいくらか, それで私, そればかりが, それ自身自然科学論の, そん処そこらに, ただただ半蔵, ただ捨て置い, たとい彼, たびたび例, だろうが, ちょっとおもしろく, つい忙しい, つまり被害者, とうとうそれ, とても少年, どういうわけ, どうにかかわき, どっちかと, どんなに低下, なお今度朝廷, なかなか学問, なしとげた勇ましい, ならぬ, にわかに寡, はじめてうなずかるる, はた目にも, ひとりいわゆる, ふいに, べつに縁, ほねおりがい, まことに書物, まず私, また太子, また量, まだ夫, まだ言い出した, まるで貴人, みな小, むしろ今頃, めんくらって, もしかする, もし第, もとより, やがて応接間, やはり一つ, やや大形, ゆるぎなく, よかれと, よく花, よろしいという, わざわざあがった, わたし自身が, アナウンサーの, イングランドを, オリヴィエの, ギザギザの, コマ五郎は, シナでは, ススキの, タカマガハラは, テーマに, ニャートンの, バルナバスは, ファンティーヌは, ヘルプ紳士の, マも, モール博士の, ロケットの, 一しょに, 一代も, 一合二合三合四合目に, 一寸重役, 一挺の, 一月十三日に, 一睡も, 一見黒い, 丁度大学, 万物の, 三悪道の, 上げられた以外, 上等にも, 下駄の, 不足税を, 世界じゅうが, 両六波羅探題北條時益, 中共の, 丸山君は, 主観的に, 乱暴を, 事実又, 二人には, 二株の, 互いに隔絶, 五年七年の, 交渉が, 人口に, 人物の, 人間像として, 今にも自分自身, 今度で, 今更私, 仕度に, 代々一種の, 以来アングロサクソンの, 仮に素質, 休みこいつ, 低いところ, 何かと縁, 何事に, 余りにととのっ, 作者自身の, 供待に, 信用する, 倖せじゃ, 備後国の, 儒教道徳の, 兄にあたる, 先見の, 入れ物だけは, 全快する, 八年の, 六十年来持ち来った, 兵隊は, 其奥に, 内乱の, 円錐形塊状及び, 凝結核の, 出むいて, 分けても, 初めて友情, 別にきたならしく, 利子が, 刺傷痕と, 剣や, 助手でも, 勘兵衛又兵衛の, 北は, 十三塚と, 十年もの, 半分ほど, 南西に, 単に種々, 即ち非常時精神, 原物は, 参事あたりよりも, 反抗でも, 口惜いと, 古巣を, 右大将の, 各階に, 同人雑誌を, 同時に歌道, 名所図会には, 呉れると, 和太郎さんは, 哲学者の, 善く菜物, 噪いだ, 四棟とも, 固執する, 國の, 地の, 地震や, 執念我欲の, 境内に, 変らぬ助手, 外出してる, 多分に, 夜仕事の, 大きくひろがった, 大事は, 大地には, 大平家, 大臣が, 天上皇帝の, 太平洋の, 奉公人に対しても, 女御更衣を, 好ましい曲, 妻室は, 娯楽は, 子どもながら, 存在者, 学者や, 安永の, 定積分, 実は一種, 実定は, 室中の, 家屋の, 寂しい生活, 寒風が, 封建時代の, 小さいラジオ, 小娘の, 小舟を, 少なくとも無, 居ましたが, 山は, 屹度舌った, 川長の, 差し支えないという, 市販され, 帰納と, 幕と, 年々無数の, 幻影を, 広く日本瀕海, 度々私, 延びや, 引取ってる, 強きを, 当時仲間の, 影が, 彼等にとっては, 後こう, 後述の, 従って無, 御家老, 微苦笑を, 心臓の, 必ずしも豊内記, 忙しい思い, 思いの外驚きません, 性格の, 恥辱では, 悪者に対して, 愚かな, 慈悲太郎は, 成功は, 或いはそう, 房に, 手拍子面白く, 承諾した, 抱擁し, 指図を, 探偵の, 播磨鑑には, 放課後余人ひとりいない, 教会の, 数学者も, 文字通り地上の, 斬った山浦丈太郎, 新古今時代, 方言で, 日だけが, 日本的の, 早くよくなろう, 明朝の, 春の, 昼の, 時めきし時代, 普通人以上の, 暗く時, 更に下部, 最も一般的, 最近代, 朝ごはんを, 未だ嘗て文人対社会, 本当に有った, 本陣や, 来た人, 東京にも, 松坂屋の, 枝折峠の, 栗丸太の, 梅雨近い, 椰子の, 概していえ, 樵夫は, 次郎兵衛は, 正夫には, 此頃御, 歴史家は, 死後七年目の, 殺親罪, 毎年旧暦大晦日には, 比叡の, 気の, 水無瀬の, 江尻の, 決してわれ, 決して外人, 決して私, 沖に, 法秩序と, 泳ぐの, 流行病で, 海を, 涼しゅうございました, 清見寺も, 溌溂と, 漸次に, 灰の, 無意識に, 無駄に, 熊楠が, 父母の, 物と, 特に学問, 犠牲が, 狭い通路, 王の, 現代的意義での, 理論的主張の, 生ずる環境, 生魚に, 甲板上に, 町内の, 番頭でも, 病気と, 登山者の, 白髪頭を, 皆兄弟分で, 盛りだ, 直接心理の, 看視, 真面目な, 矢張り木曾川と, 矮小な, 硬骨の, 社会的富の, 神楽師の, 私たち日本人も, 科学的に, 穏和と, 立たれる時, 竹馬の, 等しい価値, 簾を, 精神的苦悩の, 純粋経済学においては, 紫苑色の, 終局まで, 結局この, 絵も, 総領の, 罪も, 美作が, 翌年の, 耕吉の, 聾で, 背景そのものでは, 腰かけの, 自ら身を, 自己は, 自由が, 船室に, 芭蕉と, 芸術を, 若し森林, 英語を, 荘厳で, 著者の, 薄情で, 虚心平気で, 衆議は, 行軍中も, 表面憂鬱に, 襖を, 要は人, 見世物もの売り人声それらの, 親しく聖地エルサレム, 角丸は, 言語としては, 評判でありました, 語の, 調和という, 諾冉二尊には, 谷へ, 財界に, 賃銀の, 赤と, 起請までも, 路を, 車輪の, 較べもの, 近ごろ江戸に, 退っ引, 通常は, 遂に買わず, 道太を, 遠く望め, 郷里にも, 釈迦堂を, 金に, 鈴江が, 鍛冶屋上等兵は, 長吏, 開けると, 闇の, 陰謀を, 随分多く, 集中の, 雪を, 露を, 非実体的, 靴などで, 頬の, 風俗習慣あるいは, 食えるだけに, 飽かず眺めて, 馬鈴薯の, 驚くほど, 高音中音低音から, 鳩が, 麹町にも

▼ あっても~ (5009, 11.0%)

96 それは 55 なくても 43 それを 36 それが 25 彼は, 自分の 18 私は 16 いいと, これを, 彼の 15 よさそう 12 これは, それに, 私の 10 なくっても, 自分は 9 それだけ 8 いい, よい, 今の, 少しも, 彼女は 7 すぐに, よいと, 人の, 他の 6 いいの, その人, 人間の, 僕は, 女の, 容易に, 彼らの, 心の, 無くっても 5 い, いいもの, これだけは, その中, 今は, 仕方が, 何の, 同じこと, 私が, 自分が

4 [25件] いいはず, ここは, そこに, そこは, それも, ただの, ないの, ならない, よいが, よかった, よかろう, 一つの, 人に, 今日の, 何か, 僕の, 差支ない, 彼が, 彼女の, 心は, 手を, 無くても, 男の, 皇帝を, 絶対に

3 [59件] あなたの, あなたは, いいから, いいだろう, いいでしょう, いいわけ, ここから, ここで, ここを, この人, これが, さすがに, その実, その時代, それで, それには, そんな事, だれも, できないこと, どこか, ないと, ないよう, ならぬ, またその, わたしは, フシギでは, モチーフが, 一つは, 一種の, 人は, 人を, 他に, 何も, 信仰の, 俺は, 出て, 別の, 口に, 同様に, 君は, 夫が, 子供の, 実際の, 家の, 平気で, 平気な, 彼らは, 我々は, 或る, 日本の, 未来の, 構いません, 構わない, 構わないの, 決してその, 源氏は, 生かしては, 足りないの, 非常に

2 [221件] あいつの, あれほど, あんな無慈悲, いいのに, いいよう, いい筈, いけないと, いつでも, おぬ, おれは, お前には, お前を, お帰, お気の毒, かまわない, かまわないから, かまわぬの, ここでは, ここに, このまま, このよう, この事件, この二人, この問題, この場, この娘, この家, この点, この男, この町, これまで, これ程の, さすがは, すぐその, そうでない, そのため, そのとき, そのなか, その事, その人間, その内, その効果, その日, その昔, その砂, その精神, それと, それとこれ, それの, それらの, それ以上の, そんなこと, たとえあれ, だめよ, ちっとも差しつかえない, ですか, どのよう, どれも, ないに, ならないし, のうても, ふしぎに, まずこの, まだ充分, むやみに, もう一度逢っ, もしその, もちろんそれ, やがては, やって, やはり一つ, よいこと, よいでは, よいという, よいはず, よいわけ, よい筈, わずかに, わたくしを, モチーヴが, 一度は, 一緒に, 下手な, 不思議に, 不思議は, 世の, 主人の, 事実は, 二人の, 二人は, 人格の, 人間が, 人間そのものが, 今と, 今度の, 他人の, 体の, 何でも, 信用の, 俺が, 俺の, 先生の, 兎に, 全体としては, 内容は, 写実が, 劇場の, 力が, 十時に, 十時には, 原始的な, 取次に, 名の, 君に, 君を, 哲学の, 唯だ, 喜んで, 困るから, 困るので, 声を, 変乱が, 外に, 多くの, 多少の, 夜の, 夜は, 大したこと, 大体に, 大臣の, 好いと, 娘の, 娘を, 子供を, 宝の, 実際に, 実際には, 家に, 将来の, 小次郎の, 尾道へは, 差支えない, 差支えは, 己が, 帰って, 平然として, 彼には, 待って, 息子が, 悪くは, 悲しいこと, 所詮は, 打っちゃっては, 把握し, 旦那の, 明日の, 明確に, 昔の, 時を, 暗殺者の, 最初は, 最後の, 最後まで, 本当の, 東京の, 根が, 此の, 気に, 永久に, 汝の, 江戸お, 決してそれ, 滅多に, 無いと, 物に, 物の, 生かして, 生きて, 男が, 町人は, 皆断っ, 目に, 眼に, 確かに, 社会主義が, 私には, 私を, 立派に, 結局は, 結局聖書一巻に, 絵の, 罪に, 罪の, 翁は, 腕の, 腹を, 自分から, 自分だけは, 自分には, 自分を, 致し方は, 良人の, 行くって, 行くの, 表の, 見て, 親の, 誰も, 足りは, 身に, 身は, 身を, 途中で, 酒と, 量において, 金っ, 釘抜の, 阿難, 駄目よ, 魂が, 黙って

1 [3692件 抜粋] あいつから, あっしに, あの五条, あの恋しい, あの酒飲み, あまり役に立たぬ, あるいは救われる, あんたに, あんまり早口, いいで, いいわね, いい訳, いきなり人, いけないであろう, いずれかの, いったん騒ぎだした, いつも片隅, いられなかったの, うごかぬ昇降機, おうかが, おどろいては, おもしろいで, お久美さん, お前と, お嬢さんは, お母さんを, お通, かかる前例, かならずしもどこ, かの村井長庵, かまわんから, がまんし, きっと二人, くすりを, けっして彼ら, こうした御, こちらから, こと一度哲学, この世と, この仏像, この地上, この幻想, この料理場, この深淵, この私, この言葉, この顔, これからどうしていったら, これへ, これ以上キンギン国の, こんなの, ごく余計納むる人, さしてとが, さまで賞め, しかし愛想, しがみついて, しばらくすれ, じょうぶなら, すぐ皮, すでに飛び込ん, するの, ぜひいま, そういう相互関係, そうなっ, そう深く, そこで衆, そこを, そのお金, その中心, その令, その力, その合図, その女, その家, その後か, その恋人, その政治的不自由, その根, その為め, その男, その素直, その者, その苦しみ, その裏, その距離, その都度, それくらいの, それでも母親, それほどの, それより, それ等は, そんなやつ, たいして苦, たしかにこの, ただみずから, ただ本当にそう, たのめは, だ, だれにも, ちょっと桑, つくばいが, てんから馬鹿, でも又, とにかくそうおっしゃらなけれ, ともかく, どうする, どこひとつ自分とは, どんなに愛情, なおそれ, なお彼, なかなか十日, ならずなく, なるべくそれ, なんとなくきまり, はいと, はなはだしく高くなく, ふいに, ぷんと怒った, ほかの, ほめたであろうほど, まさしく男, またいかに, またわたし, また強いられた, まだまだ秀麗, まだ帰る, まだ月, まとめさせるもん, まんざら一つ, むしろ物好き, もう一度逢, もう年数, もしも入場, もっと扉, もはや手, やはりこの, やはり娘一人, やはり男性, ややもすれば孤独, やり遂げにゃ, よいの, ようございましょう, よく見る, よりまし, よろしく作者, わしらかまいません, わたしを, イイよう, オレに, クリストフの, スリムキキズ程度の, ナオミと, フシギは, ベルネの, モスク, ヨタモノには, 一つだけの, 一二%に, 一切不問に, 一向に面白く, 一家の, 一度故郷, 一方が, 一晩なら遊ん, 一生涯この, 一般に, 七人あっ, 丈夫な, 三日以内には, 上演料の, 不完全である, 不思議でない, 不純な, 与八から, 世間の, 中年老年の, 主食が, 乙に, 事件に, 二つの, 二度と思い出し, 五ヵ年計画を, 交際を, 人口は, 人間である, 仁そのものに, 今度こそは, 今迄の, 仕事が, 他動詞だ, 仮りにも, 会社に, 低調で, 何う, 何だか緩和, 何事も, 何等日本, 余所行の, 使わなけりゃなんにも, 例外では, 信ぜぬ他人, 個人としての, 値段の, 傲慢でなく, 僕たちは, 兄貴から, 先住者の, 入用な, 全体から, 全部は, 六年の, 其とは, 其実は, 再び生き, 冷かに, 出して, 出口を, 出来は, 切れない場合, 判るもの, 別に歩道, 刻々の, 劉, 助ける者, 勉強は, 動物園まで, 北朝には, 千差万別の, 卑しいいやらしい所, 単に本能的, 危険だ, 去らねば, 又噂, 取り戻さなければ, 古銅という, 台湾永住の, 同じよう, 同国人同士の, 同書には, 名士か, 吟味を, 味は, 品格は, 商業は, 嗜好に, 四畳半へは, 固辞しよう, 園絵さまを, 地上の, 坑夫に, 堪忍の, 士族の, 夏の, 外見が, 多少とも, 夜警団を, 大して濡れ, 大事は, 大問題, 大概この, 天下を, 夫だけ, 女であれ, 女性である, 好いはず, 妙月庵に, 妻の, 婿は, 嫌だ, 子供や, 学問が, 安らかな, 官爵は, 実にこれ, 実力を, 客は, 家で, 家庭の, 寒月という, 専門の, 小さい時, 小恥かしゅうてなりきれぬわ, 小説として, 少し感情, 少年の, 屏風一重を, 山徒の, 岩村田へ, 工場の, 差し出すべき品, 己だって, 帰れぬの, 常に外界, 常に高く, 平均結婚年齢は, 幸いなる, 店の, 建物も, 弱い者, 当時では, 役には, 彼にも, 彼女自身の, 待たせなど, 徒らに, 御寿命, 徹底的に, 心理的科学者の, 必ずしも今, 必ずまもなくだめ, 必ず起っ, 忍耐を, 忙しくて, 思い上がった主人公, 思想的に, 恋しい面影, 恐らくは自分, 悔改めた上, 悪い心持, 悲しむか, 意志を, 愛情が, 成り上りもの, 我慢し, 戦争は, 手出しは, 才略の, 批評する, 抜荷の, 持って, 掛け替えが, 接近し, 改心は, 政治的意見に, 教養の, 敵へ, 斎藤家などは, 断続する, 斷然口を, 日中は, 日本資本主義の, 昂奮する, 明治以来の, 時が, 時代または, 普通人には, 暗号を, 書いたもの, 最も暢達, 最短期間に, 望を, 未だ年, 本朝剣道の, 村へ, 枯れかかった根, 根柢的に, 概して平野, 構わないん, 権威とは, 機関銃には, 歌舞伎の, 正確な, 武蔵の, 死ねば, 残念ながら, 毎日殆ん, 民衆の, 水が, 水戸の, 決して, 決してスポーツマン, 決して停車場, 決して差支, 決して悪く, 決して直接, 決して許される, 決して驚い, 法を, 洋食の, 浮き沈みの, 深夜城門を, 渡来の, 火山として, 無いに, 無意味だろう, 無論正確, 煩悶が, 父のは, 物質上の, 犬山一城が, 猛獣としては, 獄中で, 現実には, 理解する, 生きてだけ, 生命を, 生活過程の, 田舎は, 番附を, 病気の, 白く塵, 皆いっしょに, 皇帝は, 目前で, 相当上に, 省く訳, 真実の, 眠られないという, 矢張りここで, 知識ある, 確証は, 社業回復を, 福の神が, 私だけは, 私徳品行の, 科学的な, 穢いとも, 空飛ぶ, 笑はれ, 等しく内, 粗末に, 純機械的, 紫外線が, 組織を, 結局に, 絶えず予, 線を, 纏まらなく出来, 美である, 習慣と, 考えられない者たち, 聞き入れないので, 肝心な, 背広の, 腫物の, 自分へ, 自然であっ, 自由無礙に, 興味が, 良人が, 色の, 芝居気が, 芸術家は, 若し自分, 英訳本と, 華美に, 葉子は, 薬一服煎じ, 蜻蛉草であっ, 行きちがい尋ねあて, 衛侯が, 製罐部の, 要するに野蛮時代, 見逃すこと, 親にとっても, 言いたくない, 訪問の, 訳を, 話ばかりと, 説くべき人, 論理的な, 負ける心配, 責めるわけ, 買う者, 賑やかな, 起きぬけに, 足らない, 足らへん, 足りないほど, 足りなかったであろう, 足りませんので, 軍律の, 近所の, 逃げだすみこみは, 逆上は, 逞ましい, 遅速には, 遠くまで, 遺憾は, 配給の, 醜くは, 金の, 釘抜藤吉の, 錨の, 門は, 間違いが, 限度が, 階下の, 雑然たるもの, 電光の, 霜雪時に従って, 面白い, 頑丈な, 願わないか, 食べられない, 飢饉に, 馬鹿げたこと, 騒ぐ事, 高地に, 鳴くか

▼ あっては~ (2155, 4.7%)

99 ならない 70 ならぬ 32 ならないの 31 ならないと 26 なりません 25 ならぬと 17 いけない 13 ならないという 10 いけないと 8 いけないの, それが, ならぬという, 大変だ, 大変です 7 たいへんだ, ならぬぞ 6 それは, ならないこと, ならない筈 5 それこそ, ならないよう, 如何です

4 [15件] いけないから, いけません, これを, すべてが, ならないから, ならないし, ならないはず, ならぬから, ならぬの, ならぬ筈, なりませぬ, なるまいと, 困ると, 彼らは, 自分の

3 [22件] いかがでござる, いけないという, かなわない, これは, たいへんです, つまらないと, ならぬこと, ならんと, なるまい, 一つの, 人は, 仕方が, 取り返しが, 天下の, 彼の, 彼らの, 悪い, 珍らしい, 生の, 申し訳が, 確かに, 都合が

2 [84件] いかがです, いけないこと, いけませんから, いやな, お気の毒, このよう, これが, これに, これも, すべての, せっかくの, その中, その作品, その婦人観, その結果, そんなこと, どうする, なかなか馬鹿, ならないか, ならないそれ, ならないので, ならなかったの, ならなかったので, ならぬからな, ならぬわけ, なりませんぞ, なんとし, なんにも, まったくもっ, やがては, われわれは, われわれ人間は, オレの, フランスの, 一切の, 一大事だ, 一大事です, 不幸な, 世の, 世間の, 之に, 事が, 人々は, 人の, 今の, 何が, 何よりも, 個人の, 全くこれ, 再び現われる, 吾, 困る, 困るから, 大変である, 大変と, 宮の, 容易ならぬ, 尋常茶飯の, 彼は, 後世の, 御身辺, 感覚は, 我々の, 支配階級の, 是れ, 智的生活の, 止むを, 武士の, 済みませんから, 父親は, 特にそうである, 生命の, 生活の, 画商人の, 私は, 私も, 自分が, 見っとも, 誠実な, 誰でも, 諸の, 資本を, 迚も, 階級の

1 [1451件 抜粋] ああし, あたかも人跡, あなた方に, あまりに長く, あらゆる価値, あるいは校長, ある所, いかがでしょう, いかなる兵, いかなる確証, いかに主, いかに薄手, いくじの, いけないため, いけないので, いけないわけ, いけない二人, いけなかったの, いけませんわ, いずれも, いつもの, いないだろうか, いよいよ彼, いるが, いろいろの, うっちゃって, うるさし, おさばき, おぼつかなく, お上でも, お家の, お忙しゅう, お江戸, かえって今, かえって後日, かかる形体上, かくまでの, かなう道理, きわめて宥恕, こういう云い, ここの, こちらが, このごろ中から, この中核がわり, この努力, この娘, この江漢, この老, この苦痛, この関係, これまた, これ等の, こんどは, ご兄妹, さぞかし恐懼, さほど, しかたも, じゃまだ, すまんと, ぜひも, そうした建物, そうであった, そう勇敢, そのよう, その任意さ, その冥路, その哲学自身, その喜び, その嫩稈, その差別, その性慾, その望み, その水, その生活, その糾合, その豊饒性, その重量, その陣羽織, それでもさして, それで自分, それも, そんな無理算段, たいへんと, ただただそれ, ただ一つ, たちまち失業者, たまらない, たまらないね, だまって, ちと手, つづいて, つまりません, できないの, とても急場, どうかと, どうしよう, どうにも, どうもならん, どの顔, どんな思想, なおさら困る, なおのことである, なにかしら, ならず現実, ならないそれ自身力, ならないであろう, ならないとしても, ならないとも, ならないならば, ならないん, ならない全国一様, ならない如く新, ならない美的百姓, ならない誰, ならぬからの, ならぬこの, ならぬぞと, ならぬ凡て, ならぬ場合, ならぬ解釈, ならん, ならんでは, なりますまいがの, なりませぬぞ, なりませんね, なんら現実的, のどかに, ひそかに, ひらいて, ほとんどそうぞう, ほんとに余り気, まことに恰好, ますますお, また風流, まっかな, まったく階級的裏切り, みずから大いなる, むしろ卒業生, むしろ新しい, むしろ異, もうなに, もう笑っ, もとより十分, もはや打ち棄て置く, やりきれない, よい退屈, よく主人公, よしやその, よりどころ, よろしくあるまい, わが大, わが駆逐艦, われらの, アジアの, アメリカ人が, イデヤが, ギリシア的な, スティーヴンスンの, ハリアイが, ヒーローを, モロコシの, 一か, 一人の, 一向景気, 一大事じゃが, 一定期間内における, 一方に, 一統の, 一般的だ, 一通り理論上で, 万事が, 三つの, 三郎兵衛の, 上に対しても, 不似合, 不可能なりし, 不安定な, 世界の, 世間への, 両者は, 中間も, 主侯に, 予も, 事件や, 事物の, 二人ながら, 互に抑制, 些の, 人に, 人生も, 人間は, 今日と, 仕様が, 他の, 他人の, 伊豆の, 佐藤春夫は, 何しろ官軍, 何となく引, 何に, 何もかもお, 何事も, 何故に, 余計な, 作者に, 例えば二心二体, 信仰が, 俺が, 俺の, 個物は, 偉くなれない, 僕は, 光明を, 入る事, 全体を, 全軍, 六条季経の, 共にひとしく, 内憂外患の, 内閣の, 写すこと, 凝視の, 出来ないね, 初めから, 到底この, 創作はや, 労して, 勉強, 勘定奉行の, 勢力の, 包括され得なかった, 千変万化する, 単なる長火鉢, 単に長火鉢, 却ってウソ, 反省せられざる, 只の, 右の, 各村, 同一の, 同志の, 君の, 吾が妻, 呉れませんか, 和歌等の, 唯一無二の, 問題に, 喜んで, 団員として, 困るでね, 困るので, 困る春隆の, 国事は, 土着人が, 地球をめぐって, 執権お気に入り第, 堪ま, 堯舜の, 夏侯淵としても, 外国人を, 多くの, 多く賀茂川, 大公儀, 大変で, 大学及び, 大昔大師という, 大部分, 天下が, 太陽より, 奥山で, 女とくに, 女は, 好きな, 如何だ, 如何な, 如何にも罪, 始めて狂言作者, 婦人も, 子供は, 学び考え触れ行なう, 安全を, 宗教画は, 定めし寝, 実にどうも由々しい, 実に残念至極, 実践的なる, 実験的操作は, 宰相の, 家族が, 容易でない, 将軍の, 小癪に, 少し名折れ, 屍体は, 山門の, 左将軍劉予州とも, 己が, 市民は, 帰納法の, 幅が, 平曲浄瑠璃表白その他の, 平素でも, 幸福に, 弟子たちは, 当の御仁, 当時の, 彫れませんよ, 彼も, 彼女と, 彼等にとっては, 往々出村, 後が, 後光を, 従来の, 御先祖様, 心を, 必ずしもそうで, 必要上産児の, 快楽の, 思うまま, 性欲の, 恋愛でも, 恐らく当時, 恥じても, 悪いから, 悲しいだろう, 悲痛であり, 情熱から, 意味の, 意識は, 愛は, 或る, 戦争は, 戸外兵馬の, 手ぎわよく, 打ち克ちがたき, 折角助けた, 拷問えび責めにも, 提灯が, 教師の, 敵国商船の, 文化は, 文学的練磨が, 断じてならない, 新九郎の, 旅行は, 日曜日を, 日本軍人として, 旧来の, 明日の, 昔ながらの, 時代錯誤を, 普通に, 智慧が, 曲解である, 最も組織力, 最多量, 最高な, 朝子にとっても, 本来どこの, 条理に, 架空的な, 柳生一刀流の, 根ッから, 梅が, 極く, 極めて強烈, 様々の, 次第に男女間, 正直を, 武具の, 武蔵国北豊嶋郡岩淵町大字赤羽の, 歴史的原理の, 死せる, 死罪以下の, 殊に前半期, 残念ながら, 比翼の, 汝も, 決してその, 決して日和見主義, 法律家であり, 浮足立つの, 深い精神, 清潔第, 済まぬ, 漢室の, 火星軍の, 無上の, 無理も, 無邪気な, 父として, 物を, 物質世界に, 特に刑罰執行者, 犯罪の, 獄中生活を, 珍しくそこ, 現在でも, 現段階, 理論と, 甚だ拙い, 生命が, 生活資料は, 生物学的に, 田舎に, 申し訳ない, 男子と, 異分子である, 百姓の, 皆感覚物を通じて, 目に, 目立つもの, 相手が, 真にこの, 真実の, 真理とは, 矢張り譲らね, 知識階級中の, 破天荒な, 社会的意義は, 神のみ, 私が, 私ばかりの, 私共は, 秘書たちの, 窮乏及び, 第一私, 範疇とは, 素朴な, 結局生活の, 絵具は, 総人口数, 罪人に, 署の, 美車の, 老いという, 耳よりじゃ, 聞捨てに, 肉体的の, 臆病さであり, 自ら職分が, 自分でも, 自然に, 自由解放の, 至る所, 船で, 花道の, 芸術美の, 苦しめる人々, 著しく人品, 蕪村よりも, 蠅は, 襟首を, 見に, 規範とは, 言表や, 許されぬ, 詩歌による, 話に, 誰れ, 諸外国, 諸民, 谷めて, 負けです, 身の毛が, 身共が, 辞退する, 近づく他国, 迷惑それ故, 通例産所または, 遊ぶこと, 過誤も, 違背する, 邪道だ, 部分は, 配属将校の, 酒道楽に, 重圧の, 重宝でしょう, 銀の, 鎌倉方でも, 長崎の, 間抜けて, 阿波の, 陛下の, 階級社会変革の, 雄の, 需要が, 青ざむらいの, 非常に, 面白くねえ, 革命が, 顔は, 風の, 食物の, 駄々で, 驚くべき心理小説, 鬼謀の, 鳩に

▼ あったり~ (1236, 2.7%)

180 して 69 した 37 するの 33 する 25 すると 15 すること 12 しては, するので 9 するよう 7 したが, します, するもの 6 したので, 何か 5 したこと, してね, するが, する場合 4 しながら, しました, そうかと 3 した時, しても, するから, すれば, なかったり

2 [36件] したから, したの, しながらも, しなければ, しまして, しますが, するあの, するけれども, するその, するため, するらしい, するん, する庭, する時, そうし, その他いろんな, どうかする, なだらかな, ヱレヴェーターボーイであっ, 上の, 人の, 会社員であっ, 作品を, 可笑しくも, 図案家であっ, 夫かと, 後から, 池が, 泉水が, 満足な, 無かったり, 猿の, 笑いあったり, 色々の, 贔屓が, 霊魂が

1 [692件 抜粋] あくまで組織的, あるいは, あるいはからだ, あるいはやっと, あるいは夜明け, あるいは失業, あるいは強く, あるいは有害, あるいは水, あるいは無意味, あるいは辛うじて, あるいは逆, ある場所, あれだけ, いいや, いたします, いたします節, いったいに, いつの間にかその, いやに, うつつであっ, おそろしいほど, お化粧品, お花, お酌, かくし芸を, かなりな, からかったり, ここには, こちらに, この郭中, こんだそれ, こんなにまだ体, さきにも, さまざまでい, さらずば, しそう, したけれど, したならば, したもの, したよう, したらただ, したらという, したら大変, したら正に, したら直ぐ, した九女八, した事, した因縁, した程, した部分, しちゃあ, してる私, しながらぞ, しますと, しますの, しょっちゅう真, し一躍, すこしは, するいわゆる, するかも, するきり, するくらいの, するさまざま, するだけの, するでは, するといった, するなど, するのに, するはず, するほどに, するわけ, する主従, する事, する人, する八百八街, する処, する大家, する工合, する店, する様々, する状態, する立派, する者, する著しい, する違い, ずいぶん珍, せざるを, そういう古沼, そうしてその, そこが, そこと, そしてそこ, そしてやっと, そして又, そして猪苗代湖, そのぶつかり, そのヒント, その他いろいろ, その借り, その前後, その由っ, その花, その起因, その附近, その題目, それからその, それから椅子セット, それが, それに, それは, それらを, そんな風, たがいに, だから僕, ちっとも眠れない, ちょっと旅, てんぼうであっ, であって, で特に, とてつもなく大きい赤提灯, どうも様子, なぐったり, なさるの, なの, にぎやかな, はからざる大, ばばア様であっ, ひどい暴風雨, ひどく散らかっ, ふいに, ふと気がつい, ほかにも, ほかの, ほたる, まえでしょうっと, まことに静か, またいろんな, またきまっ, またその, またはそこ, または余りハッキリ, または腕, または踊る, または郡村, またわざわざ, またローマ字, また世間, また側室, また土地, また日本一モダーン, また時々, また滑稽もの, また自前, また船中, また雨, また饑饉, まだも, むさくるしい部屋, めずらしい品物, やけ糞でも, アワレであっ, オヒナサマであっ, カンナが, ガンジョウな, クッションの, コスモスなどが, ゴミ箱が, チップであっ, チョイと, チョットした, テレ臭い, デカメロンであっ, ナンセンスであっ, フランス風の, ヘッケルの, ホッと, ミミコまでが, ラジオの, ロープで, 一つの, 一という, 一心二体であっ, 一日ざわざわ騒い, 一般世間の, 一銭たり, 丁寧に, 三五十九である, 三国人に, 下劣であっ, 下等に, 不滅であっ, 不確かであっ, 不自由であっ, 不足し, 両眼すず, 中には, 主人が, 主観的に, 乙の, 争い合っ, 二百万人を, 二階の, 五七の, 五六軒の, 亭が, 人が, 人殺しが, 仇討ち, 今から, 仕事に, 仕事部屋が, 仕切りなし, 他の, 会議が, 低いの, 何かとさしつかえ, 何だ, 余風を, 作業衣であっ, 例によって, 俗で, 個人的であっ, 僧が, 入江が, 全諏訪, 其処らに, 凄い狼, 初学者の, 別の, 前途の, 動物の, 動物的であっ, 化け物屋敷が, 南瓜が, 単純に, 又あまりに, 又は不, 又は虚偽, 又不自由, 又八が, 又支倉, 又歴史社会学, 又社会科学以外, 反歯, 取りかえっこしたり, 同時に後, 同義語が, 名物が, 周囲の, 味噌やら, 唖者であっ, 器械体操の, 四角であっ, 土中に, 土用の, 在米の, 地震が, 地面に, 坂が, 塀が, 塹壕が, 変名や, 外国には, 夜更けまで, 大きく轍, 大きな用水桶, 大体そういった, 大根や, 大部分, 天下多事の, 天変地異が, 失敗窮困, 女役者一座の, 姉であっ, 娘さんの, 婦人小児が, 嫉妬しあっ, 実に所謂, 実は新しく, 寂しみ, 富士と, 対立し, 小山が, 小犬が, 小石が, 岩おこし屋の, 岩を, 島には, 島の, 川の, 常に口, 平凡に, 幼子が, 広い庭, 広野が, 座敷に, 庭の, 庭を, 引っ張ったり, 強い潮流, 形が, 形なども, 彫刻が, 役者であっ, 従来の, 御家人の, 御自身, 御連れ, 徳川期の, 心ひそかに, 忍術使いが, 恥しい目, 悪い親切, 悪賢こかったり, 情けなさ, 惰眠を, 我儘であっ, 或いは又, 或いは思い, 或は人殺し, 或は独断的詩論, 所詮われわれ, 扉に, 手を, 捉えて, 掘り返した赤土, 提灯や, 握手を, 政争が, 斜めに, 新しい料理屋, 新しい白木, 新体詩が, 新婦の, 日当たりの, 明るいところ, 明るい商店街, 昔は, 時々まだ劇, 時には富士見町, 曲り角の, 朝鮮へ, 本を, 本当に純粋, 村役場の, 林が, 林という, 柘榴口の, 森が, 植木鉢を, 椿連翹木蓮などが, 楊弓店が, 榛の, 構想の, 模様が, 歴史科学の, 殺しあったり, 母方の, 水の, 氷の, 沼津へ, 泥が, 流れ矢が, 海嘯が, 消して, 渋塗の, 渡船小屋が, 満員電車の, 瀬戸物の, 火を, 火事が, 火災の, 火野葦平の, 然ら, 煤けた天井, 熔岩流が, 爆弾の, 片側で, 牛若丸が, 物凄い原始林, 物好きの, 特におでん燗酒, 特許出願の, 犬張子であっ, 独り合点に, 獅子鼻であっ, 珍であっ, 甘酒や, 甚だ非凡, 産まないが, 産れた, 男どもには, 男の, 町から, 畠が, 病気だっ, 目が, 相手に, 相撲を, 眉根を, 真暗であっ, 真言宗が, 知人友人の, 短篇である, 石菖の, 研究し, 破れた舟, 私には, 私の, 科学界の, 稲荷を, 積んで, 竹の, 簔虫の, 米屋が, 紙本も, 紫蘇が, 結論が, 維新の, 綺麗な, 縺れあったり, 罪ない, 美女で, 耳に, 職業的な, 背の, 臆測を, 自分で, 自己撞着が, 自己破滅的であっ, 色々した, 色々と, 艶めかしい, 芸者の, 苦痛が, 茶の間には, 茶碗酒の, 茶飯であっ, 葡萄の, 蒲団を, 蒲鉾が, 薪を, 薬屋の, 藁葺の, 藩の, 虫も, 蝋石の, 衝突し, 衣裳の, 要するに値段, 見事な, 話を, 話相手が, 講談の, 負傷し, 買物であっ, 赤い暖簾, 赤に, 赭土の, 足腰が, 身分証明の, 身悶えし, 農民であっ, 辻斬りが, 逆落しやら, 運動全体に, 達磨様の, 遠慮であっ, 部屋の, 配偶者の, 酒樽ぐらいの, 重かったり, 金具の, 金灯籠を, 釣り荵が, 錦絵和本類屋が, 鎌倉仏教の, 間口の, 隣の, 雑多の, 離れること, 雨や, 雪見燈籠が, 青や, 青年の, 面白い物, 順序を, 頭を, 風鈴の, 風雅の, 餞別に, 饒舌っ, 馬に, 馬駆け, 高天原も, 鴨が, 黄であっ, 黄金に, 鼻もちが

▼ あっての~ (382, 0.8%)

31 ことで 21 ことだ 15 ことだろう 12 ことか 8 ことである 7 ことと, ことに 6 ことです, 上の, 物種だ 5 ことでしょう 4 ことかも, ことだった, ことな, 事か, 事で 3 こと, ことであろう, ことなら, ことよ, 事だろう, 事と

2 [13件] ことじゃ, ことでございます, ことらしい, ためでは, モノダネです, 上で, 上でなけれ, 事だ, 事であろう, 物だ, 物種である, 物種と, 物種という

1 [194件] うえという, お前の, お稲荷様, お骨折り, こいつが, ことかと, ことかとも, ことぞ, ことであった, ことであり, ことでござった, ことでござる, ことでない, ことでないなら, こととしても, こととは, ことや, ことやろ, ことらしかった, こと父行徳助宗は, ご制止, ご退去, せいだ, せいと, その合理性, その嫁菜, ためでも, ときも, ものだ, ものであります, ものです, よい妻, ように, わが恩人, オ, トンガリ長屋だ, パンパン稼業に, フォーシュルヴァン氏であった, 三つ四つから, 上か, 上ですだ, 上での, 両性の, 中枢とかいう, 久光じゃ, 事, 事であった, 事である, 事でしょう, 事でなく, 事で御座いましょう, 事とも, 事に, 事らしく, 京都で, 京都の, 人生の, 人間である, 仁科六郎な, 今日登美子を, 仏な, 仕事である, 仕事では, 仕事の, 仕業かは, 仕業に, 仰せか, 仰せには, 企図では, 伊勢でございます, 作用も, 佳作であろう, 例外の, 供給だろう, 個人主義の, 倖せ, 偽りか, 偽作として, 働き, 優れた作品, 公卿廷臣が, 内蔵助利三, 出京だ, 出征で, 刃傷か, 刃傷に, 剣技である, 危険は, 取立てとは, 受け渡しな, 名か, 名演技者であった, 向うで, 商法では, 城では, 外交な, 夜詣り, 大言か, 太刀まぜである, 奇功と, 女で, 婦人が, 孤独を, 宇宙だ, 安心でござる, 官位だ, 実は寮, 家名主家なき, 家橘八百蔵高麗蔵で, 寿司だ, 山住いと, 工事か, 帰りがけ黒八丈の, 帰途予定よりも, 形形あっ, 彼女であっ, 後なり, 御出馬, 御離縁, 徳川, 心配顔と, 息子だ, 意なれ, 憂愁が, 憂愁だ, 戻りみち, 手が, 手であり, 文学では, 旅では, 旅路を, 旗本だ, 日本だ, 日蓮です, 明智家では, 服装だろう, 果し合いでない, 業でない, 歌舞伎な, 武門, 死は, 母であり, 民, 法律である, 浪人では, 浪人と, 深い美, 港石炭あっ, 無心でない, 父であっ, 物ダネだ, 物種, 物種でございます, 物種給料には, 犯罪である, 申込みを, 町ち, 発句である, 盗みだろう, 祝賀であり, 神様では, 私たちという, 立命でござる, 結論なら, 織田信長なる, 義勇心, 自嘲である, 自然人間生活によって, 自由と, 至極初心, 色でございます, 茶道な, 荷主さんであります, 蓬, 薬です, 衣食住で, 親父で, 言でしょう, 計画だった, 訪問だろう, 訪問では, 設けであった, 証言では, 話だ, 貧窮組では, 軍力でも, 通行禁止である, 道化た, 道楽でしょう, 遺恨の, 金だろう, 鎌倉幕府な, 非常警笛の, 領主

▼ あってから~ (310, 0.7%)

10 私は 4 三日目の, 十日ほど 3 まだ幾日, 数日後の

2 [15件] あの方, こっちは, わたしの, 一週間ほど, 丁度一箇年立っ, 三日の, 三日めの, 二三日の, 二三日立つ, 二十日あまりの, 二時間ほど, 俺は, 暫くは, 私たちは, 非常に

1 [256件] あとの, あの町, あわてて, あんな奉公, いよいよ本, いよいよ益, おれも, お光, お力は, お母さまは, お祖母さんがちょっとぼけみたいになりましてなあ, お綱, お角, かれこれ一年あまり, ぎんは, こっちの, このかた, このからす, この世では, この辺, さほどの, しばらくの, しばらく経っ, じきに, じきに他, そのこと, その秘密, その袴, それも, ただ何となく, だが, だんだん私, ちょうど幸い行水, であった, できたこと, どのガス体, のちの, はじめてです, はじめての, はじめて五番町, ひろくも, ふたりの, ほとんどまる, ほとんど半歳, またしばらくの, また三日, また幾月, まもなくどこ, まもなくドロテイン街, まもなくプラスビイユ, まもなく二十面相, まる一日一, めでたく千代田城, もう一ヶ月, もう一年, もう三ヵ月, もう八年, もう少しも, やがて改めて観客, わずか十日, わたくし明智を, アッシジの, コンサート, ジェンナーは, ドノバンの, ヘンダスンの, ママまでが, モットその, ヤマサンも, ライオンは, 一ヵ月あまり経っ, 一ヶ月目世の中が, 一方の, 一日おい, 一時社会では, 一月あまりすぎ, 一月ほど, 一月ほどの, 一週間ばかり, 一週間目に, 丁度一週間目に, 丁度四日目でありました, 七年も, 七日めの, 三十四年の, 三十年天保初, 三十日あまり過ぎた, 三日ほど, 三日目です, 三日経った, 三月ほど, 三週間のちの, 三週間ほど, 不思議に, 二, 二カ月ばかり, 二ヶ月の, 二三カ月も, 二三年たった, 二三年の, 二三日する, 二三日たった, 二人の, 二十日ばかり, 二年ばかり, 二年後に, 二度と鬼, 二度も, 二日の, 二日ほど, 二日目の, 二時間ばかり, 二週間ほどは, 五六日後の, 五年を, 五日と, 五日ばかり, 五日ほど, 五日目の, 人間を, 今度は, 今日は, 伸子たちの, 何かしら彼と, 俊夫君には, 信任状提出, 修治さんも, 俺の, 僅か三年, 兄の, 光一と, 八カ月か, 公開の, 内から, 凶暴が, 北大で, 医学は, 十年目頼朝が, 十数日だ, 十日ばかり, 十日ばかりも, 十日ほどの, 十日余りの, 十箇月ばかりを, 半年ほどの, 半月ばかりの, 半月ほど, 半月ほどの, 危険を, 又滋幹, 各警察, 吉弥と, 呻くよう, 四五年の, 四月ほどの, 城中へ, 声自慢らしい, 大きにお力, 天草島原長崎などで, 太郎は, 女たちは, 妹の, 娘と, 婆さんの, 寮生の, 寿女は, 小作人達の, 山谷という, 岡の, 岸本は, 嵐の, 左様, 平中の, 幸太郎が, 幾十年こんど久し振りで, 幾日か, 幾月か, 当分という, 当分の, 彦太郎にとって, 彼の, 彼女は, 後だった, 後でも, 後な, 後に, 後の, 後も, 後らしく, 後ゴーリキイは, 後万吉郎は, 後彼女は, 後日の, 後私は, 後賢彌, 後間もなく, 悲しくも, 悲しげ, 手紙の, 数寄屋橋外の, 数日し, 数日たった, 数日の, 数日後はや, 数日後旧盆に, 数日経った, 数日経過した, 既に一箇月以上, 時間は, 更に一週間, 朝吹は, 本船の, 東京に, 松浦頼母は, 栞は, 桂屋太郎兵衛の, 正坊, 母も, 母親は, 毛利先生は, 津浪の, 清子は, 煩悶を, 熊城は, 猫は, 疏水へ, 益々エレーナ, 神さまは, 私の, 私達が, 稚子, 約一ヵ年半, 翌日幸子は, 船長は, 芹川さんと, 薪左衛門は, 藤壺の, 貯金に対する, 買い手が, 通りを, 郭, 鈎合わせを, 銀三の, 長いため息, 長州方は, 間もなくここ, 間もなくであった, 間もなく刳, 間もなく又, 間もなく晉, 間もなく曙町, 間もなく陸, 随って, 随分変っ, 静かな, 鯉坂君は

▼ あっ~ (271, 0.6%)

18 云って 13 叫んだ 12 いって 8 いわせて, いわせるよう 6 言わせて, 言わせるよう 5 言って 4 いった, 云った 3 云ったん, 明るくなっ, 言った 2 いわせたいという, いわせること, 云わせたの, 云わせるよう, 叫んで, 声を, 思った, 棒立ちに

1 [162件] あいて, あたり一面に, いいましたので, いうね, いわせずには, いわせその, いわせた, いわせたいね, いわせたかったの, いわせたの, いわせたので, いわせようと, いわせようなどと, いわせよう下心, いわせるたくらみだ, いわせるつもり, いわせるとき, いわせるところ, いわせるの, いわせる技術, いわせる曲死, いわせる武器, いわせ江戸, おどろいて, おどろかせて, おどろきながら, おどろきの, おびえて, かかって, きもを, くるしそう, こな, これは, さけび声, さけんだ, させる様, したが, したまま, した天気, すさまじく荒い呼吸, そこで又八, その寅之助, それの, つよい光, てんじょうの, どよめいたが, びっくりし, ふりむいて, またも, みんなは, ハンカチで, ロイスが, 一同が, 一眼見た, 上がって, 上気した, 両手で, 乱れる, 二列に, 二度目の, 云う, 云うよう, 云う叫び声, 云う声, 云う暇, 云う間, 云う間もなく, 云ったの, 云ったばかり, 云わして, 云わせたい心持, 云わせて, 云わせられたん, 云わせること, 云わせるほど, 云わせる探偵小説, 人々は, 倒れそう, 入れる, 剣を, 友軍へ, 口の, 口を, 叫びそう, 叫ぶ間, 叫ぼうと, 叫んだと, 叫んだ時, 塵が, 延びて, 弥四郎が, 思うと, 思うまもなく, 思って, 思わず逃げ腰, 思わず首, 感服する, 抜いた, 拡がって, 散らして, 木の葉を, 来たとき, 横に, 武者の, 武蔵が, 気を, 水を, 流れ入る太陽, 無気味に, 立てかけた膝, 答えが, 総立ちに, 花嫁の, 葉の, 裂帛の, 西から, 言いながら, 言うほどの, 言ったきり, 言ったきり気, 言ったほどに, 言ったもの, 言わせお客, 言わせた, 言わせたい例, 言わせたかった, 言わせたまでは, 言わせたり, 言わせようという, 言わせること, 言わせるという, 言わせるに, 言わせる番, 言わせる趣向, 言わせ給え, 赫怒を, 跳び上った, 軽い声, 逃げて, 逃げ退く小, 途を, 道誉は, 野を, 開いたまま, 開いて, 開けて, 関羽は, 関興は, 青くか, 鞍から, 顫い, 馳せよったの, 驚いたが, 驚きその, 驚きの, 驚き膝, 驚く, 驚くであろうと, 驚くほど, 驚くよう, 驚く東山, 魂消る物

▼ あったって~ (106, 0.2%)

2 あの人, そんなこと, なくたって

1 [100件] あっちじゃ, あなたは, あのひと, あの頃, いいじゃ, いいでしょう, いいはず, いいわけ, いかや, いくら気位, いないはず, ええよ, お人好しだ, お前さんの, お金が, がまんおし, こ, これじゃ, こんなところ, すぐに, それが, それについて, それは, たった一人, ちっともありがたく, ちょいと, なかなか出来ない, なくったって, なにが, なんに, なんの, ぬけ出せるわけ, ねえと, へこたれやしないぞ, べつに珍しく, ぼくは, やはり弟, わたしはへ, われわれ同じ, 一日も, 一言くらい, 七輪が, 上手に, 下らない蔭, 使えば, 僕の, 僕は, 全く僕みたい, 其は, 出ようなんて, 出来て, 十フランで, 十三円や, 取りかえさ, 受かりこなど, 喧嘩を, 好いじゃ, 妾いっしょに, 学問が, 少しも, 少し位, 帰しやしませんよ, 常識の, 建てさせるもの, 彼の, 御天気, 必ず幸子さん, 手帖なし, 日に, 日蔭者じゃ, 早速の, 東京なんかへ, 構わないわ, 構わんじゃ, 欽吾さんには, 死骸を, 殺しも, 済まないこと, 無くった, 用いませんよ, 私なんかは, 私は, 紐の, 自分たちに, 良かり, 蒙古, 親は, 足りません, 足りゃア, 足りやしないわよ, 足りやしませんよ, 逃げられる相手, 逃さないぞ, 逃すよう, 金持に, 金目に, 電燈は, 食えるとは, 飽きちゃったから, 鼠一匹は

▼ あってこそ~ (85, 0.2%)

4 本当の 3 真の 2 人間の, 始めて

1 [74件] お上の, かかる幸運, かくは, このさかな, この竹童, この関係, そのお婆さん, その芸術的意図, それが, だと, どのよう, どんな境遇, なの, のちに, はじめて, はじめて新劇運動, はじめて私ども, はじめて風景, まことの, むしろ人々, よい, よきもの, よき実, われわれは, 一瓶の, 二つの, 互いにその, 人生に, 人間に, 人間は, 今やカッスル, 今度ドイツが, 個性の, 偶然に, 初て, 初めてその, 初めて大衆, 初めて彼等, 初めて戦い, 初めて虚偽, 初めて諸, 君らは, 奉行も, 客観する, 店の, 彼には, 彼らは, 惚れ栄え, 教育界は, 本当な, 然るべきだ, 物事が, 生きて, 生れる, 生存に, 真に学問, 真に強み, 真に徳行, 知識も, 筋の, 結果の, 脳も, 自分に, 自然である, 自然口から, 良寛様の, 色恋じゃ, 若松屋惣七の, 茶の, 論理が, 道は, 道理に, 頑固な, 飛騨の

▼ あってね~ (85, 0.2%)

5 それが 3 私は 2 僕は

1 [75件] あなたひとりが, あれは, いまじゃこんなところではたらくようになったの, お前の, お前も, かたくなった, こないだゴールスワージーの, この悪徳, これにゃ, これは, こんな話, せっかく御, そいで, そういう変, そこに, そこの, そこへ, そこを, そのお礼, そのとき, そのパノラマ, その上, その人, その左右, その歌曲, その道の, それで迎い, それに, それは, ちょっと気持, でも坊ちゃん, どうにも断りきれない, どっちかと, なかなかお, なるたけ仮装, なんでも, はじめピン, はてなと, もう十年, チョットいけ, 一切僕の, 三十日に, 丸く二つ, 何んな, 何故それ, 出るべき時, 叔父さまの, 夏か, 女中に, 布が, 心ひそかに, 恥ずかしい姿, 掃除さしと, 旗本の, 早くは, 昼間だった, 極彩色の, 毎朝九時てぇ, 洲崎の, 満洲, 理解が, 男には, 男の, 目下まだ十分がんばり, 確六月か, 私も, 紹介状を, 船に, 訪問を, 赤城さまへ, 近ごろは, 金吾さんに, 金曜日から, 雨ふれ, 零に

▼ あっちゃ~ (75, 0.2%)

3 かなわない 2 かないません, ならない, 大変だ

1 [66件] あんまり片手落ち, いけない, いけないもの, いけないよ, いけないん, いけません, うんざりだ, かないませんよ, かなわないね, こいつは, こうむやみ, こっちの, こっちゃの, そのままじゃ, たまらねえ肌着, とてもかなわない, どうする, どうやらいわく, なかなか出られません, ならないという, ならない神武, ならねえと, ぼくは, まごまごし, もったいないぜ, わしらなんと, ァならねえ, アいかん心の, アお, アそう, ア不, ア仕様がねえ, ア僕も, ア名折れだ, ア大変だ, ア済まねえ, ア話は, 世間の, 何だ, 何にも, 八丁堀の, 出来まっ, 厭だ, 叶いっこない, 叶はねえ, 困るな, 堅気の, 夜に, 大変でございます, 好い批評, 己に, 拙いから, 敬だ, 旦那方へ, 気狂だ, 江戸っ子の, 江戸ッ子の, 済まないで, 溜らないぜ, 申訳ねえ, 私も, 親分に, 辛防は, 金沢の, 面白くねえ, 頭が

▼ あっという~ (61, 0.1%)

35 まに 3 うちに, ような 2 声が

1 [18件] まも, まもなくまた, まもなくテーブル, まもなく息, まもなく賭場, ように, 声を, 微かな, 懸声, 拍子に, 母の, 荒い呼吸, 言葉も, 間もなく駈けだせ, 音が, 顔を, 顔付きで, 驚きを

▼ あってはと~ (39, 0.1%)

1 [39件] いつも座敷牢, お出, かつて店, それが, なかなか心配, みんなが, 一党の, 一党心ならず, 二人とも, 優しい御, 大事を, 奮発を, 存じ面, 学校も, 将来が, 年寄の, 心配され, 心配し, 心配し出した, 心配で, 心配な, 念の, 思いましてな, 思います, 思い勇敢, 思うて, 思うの, 急いで, 恐れたもの, 控え場, 未練を, 案じるよう, 梨丸が, 気が, 江戸の, 老婆心を, 肝を, 謹んで御, 遠のいて

▼ あってか~ (35, 0.1%)

2 ような, 知らんが

1 [31件] この御子, この月, すっかり元気, そう巨きく, とにかく学校, ともすれば彼女, またどういう, まだ穿鑿, まなん, まもなく東京ホテル, もう強い, わからないが, わざわざ暗い, わたしは, 丁重きわまる, 下町好みの, 今度ブラジルに, 出頭し, 去年の, 壊れた火薬庫, 存外脆かっ, 強い反対, 御苦労千万にも, 或いは最初, 易を, 漱石の, 知らないけれども, 秦や, 素早くその, 頑として肯かない, 頓には

▼ あってさえ~ (24, 0.1%)

1 [24件] ある種, いながら, いれば, この実情, それだ, それだけ, たちまち独自, まだ十分, まよいやすい, もし年々穀物, やはり船, 一つの, 全体の, 友だちや, 喜びいさむ希望, 太古の, 存在を, 座席も, 楽天的に, 死刑囚の, 私たちの, 続々関東, 自我は, 集団住宅でなく

▼ あってな~ (20, 0.0%)

1 [20件] そら敦子おばさん, それを, そんで, ちょっくら, つまり磯五, ほかへ, まあお茶, わざと呼び, わたしに, ア, 三河の, 人を, 今お連れ, 吹けよ, 寺へ, 小児どころか, 新聞屋と, 知らず知らず罪, 金を, 鐘が

▼ あっちゃあ~ (16, 0.0%)

1 [16件] お上に対して, かえっておもしろく, かないませんな, たまらないが, ならねえ, ならねえと, ならんと, 博士に, 可哀そうだ, 大痛手, 宮城野さんでなくっ, 殊に日本人, 甲州屋さんにも, 遠くを, 面白くない, 駄目じゃ

▼ あってさえも~ (14, 0.0%)

1 [14件] この沈鬱, すべてが, その手足, その提出, そんな手軽, やはり人生, われわれの, 伸子には, 副業な, 告白する, 屡々衣服, 幽から顕, 結婚生活の, 長いあいだ

▼ あってからは~ (12, 0.0%)

1 [12件] あまりよく思っ, もう娘, 一そう親しみを, 一所懸命で, 伝さんと, 始終御所, 心から親しめない, 急に, 梅が, 棹を, 流石に, 私に

▼ あってすら~ (11, 0.0%)

2 その情熱 1 こんなところ, そうである, そうな, ふつに, 咆哮し, 既に軍隊, 時到らぬ, 死滅亡有限性の, 脚の

▼ あってからの~ (10, 0.0%)

2 父は 1 ことだ, ことだった, ことで, 事な, 出来事を, 唐沢氏は, 四五日という, 私は

▼ あってのみ~ (6, 0.0%)

1 かけの, 可能である, 始めて詩, 彼は, 慎むべき点, 筆が

▼ あっ~ (5, 0.0%)

4 それあっしあっし 1 出せねえうち

▼ あったりなど~ (5, 0.0%)

2 して 1 したらそれ, すると, するもの

▼ あってと~ (5, 0.0%)

1 嬉しそう, 察したは, 察しては, 愚存を, 欠陥が

▼ あってよ~ (5, 0.0%)

1 ござんす, まともの, 一本, 御覧に, 毛布が

▼ あっしも~ (4, 0.0%)

1 何か, 奇麗サッパリと, 安心しました, 小屋の

▼ あっため~ (4, 0.0%)

1 たりそんな, だけで大体, ながら家, を使いはじめました

▼ あったらしく~ (4, 0.0%)

1 思えるよう, 見える, 見えるの, 見える生活

▼ あってという~ (4, 0.0%)

1 のは, 句との, 次第では, 言い分も

▼ あってはという~ (4, 0.0%)

1 ような, 心配が, 懸念から, 賢人の

▼ あっ~ (4, 0.0%)

2 あっと 1 あっという, あっはと

▼ あっていう~ (3, 0.0%)

1 ことなら, ので, 事です

▼ あってでも~ (3, 0.0%)

2 ない 1 なく読む

▼ あってに~ (3, 0.0%)

1 ちがいない, 相違ない, 違いない

▼ あってねえ~ (3, 0.0%)

1 こんなとこ, そこから, でも心配おし

▼ あってのう~ (3, 0.0%)

1 それが, 手頃には, 昔この

▼ あってもと~ (3, 0.0%)

1 いわれるならば, ねば, 思ったので

▼ あっから~ (2, 0.0%)

1 そいを, その隣り

▼ あっこと~ (2, 0.0%)

1 いう, 叫んで

▼ あっため好き~ (2, 0.0%)

1 なの, なので

▼ あったりという~ (2, 0.0%)

1 ような, 風に

▼ あったりは~ (2, 0.0%)

1 しないの, しないもの

▼ あっちゃから~ (2, 0.0%)

1 往きます, 来たん

▼ あってかの~ (2, 0.0%)

1 ように, 強盗に

▼ あってからという~ (2, 0.0%)

1 ものその, もの何事が

▼ あってからも~ (2, 0.0%)

1 女が, 私が

▼ あってこそと~ (2, 0.0%)

1 思い込むよう, 覚悟する

▼ あってじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないん

▼ あってはとの~ (2, 0.0%)

1 心づかいで, 懸念から

▼ あってもとに~ (2, 0.0%)

1 角一応, 角唯物論や

▼ あってもよ~ (2, 0.0%)

2 かりそう

▼ あってん~ (2, 0.0%)

1 あんたも, 家は

▼ あっはははと~ (2, 0.0%)

1 快活に, 笑って

▼ あっ~ (2, 0.0%)

1 あっぷいっている, あっぷもがいている様子

▼ あっ~ (2, 0.0%)

1 つ, ん

▼1* [48件]

あっからなくたびれたらバス乗, あっしもははあと当りを, あっしゃこう思うん, あっしら一同えらいお, あっしんとこの馬鹿野郎, あったかりそめの噺, あったりからだが, あったりなんぞして, あったりの人と, あったりもした, あったりやすりと, あっちゃと案じるから, あっちゃの国, あってかとは聞こえませぬ, あってかなんぞとはお思い, あってかべにさわりながら, あってかほどの変化を, あってからと云うもの, あってからにしよう, あってからものの三日も, あってがちょうの, あってけたけたと, あってこその経済学で, あってさ関東大震災で, あってぞっくり, あってとにもかくにも, あってとはいいながら, あってとばかり答えたが, あってとも知れずに, あってのなあ働くもの, あってのみは老いが, あってはもの笑いの, あってばなんでも, あってばかりいて, あってほどなく躑躅ヶ崎一帯, あってまでお二人様, あってもかざみがない, あってもからだと, あってものごし, あってよほどの学者であります, あってナ市さ出る, あってネ地中から, あっといったきりものも, あっとよえん, あっはと笑って, あっははあっははと, あっははとびっこのような笑いかたを, あっ