青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あちら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あすこ~ あそこ~ あたかも~ ~あたし あたし~ ~あたり あたり~ ~あたる ~あちこち あちこち~
あちら~
~あっ あっ~ あっし~ ~あった あった~ あったら~ あっち~ ~あつ あつ~ あつし~

「あちら~」 3154, 34ppm, 3441位

▼ あちら~ (682, 21.6%)

14 方へ 10 方が 8 方で 7 方から 6 御両親, 方の, 方は, 森の, 物は, 道を 5 部屋に 4 室で, 家へ, 山を, 村へ, 部屋へ 3 人は, 国から, 山の, 岸の, 方に, 方を, 町の, 空を

2 [39件] お住職, お部屋, ことを, にぎやかな, ものは, ようすが, 丘へ, 亭へ, 人も, 南の, 厨で, 地平線を, 奥の, 家からも, 家の, 山こちらの, 山に, 島に, 座敷の, 往来を, 方にも, 方へと, 村から, 森で, 町こちらの, 町へ, 目ざまし時計の, 空に, 空の, 空へ, 縁側の, 脊の, 茶室で, 西の, 訛が, 話じゃ, 連中は, 野原の, 隅に

1 [480件] あるカフェ, えだ, えんがわ, おばさんなり, おひとかた, おやじも, おん方は, お一方, お三人衆, お上さんが, お二人, お伴れ, お国, お宅, お客の, お客は, お家へ, お寺へ, お小屋, お広間, お座所で, お座敷には, お廊下, お志, お母さんが, お母様の, お父様, お茶の間, お言葉, お話を, かきねには, から翻刻, がけの, くさむら, ことか, ことが, ことに, ことは, ごみ箱を, さびしい山, さびしい路, しげみの, すいた所, すぎ林, すずみ台, すみの, その間に, だんなに, だんなは, ちがった世界, つくえ, は, はいったん, はそれ, は女, は当時, は買立て, は風説, ふとん, ふもとの, へやで, へやに, ほうから, ほうが, ようす, ようすを, を出せ, イナハセから, オメカケに, オートバイ曲芸の, テーブルに, ブランコへ, ボックスの, ラボラトリーで, 一品料理屋といふ, 一坊まで, 一家族という, 一廓が, 一方から, 一間で, 三畳に, 上の, 上流や, 下の, 下りに, 世界からは, 世界は, 丘の, 主人の, 事を, 事情を, 二人の, 人々は, 人か, 人が, 人たちとは, 人に, 人を, 人気は, 人達に, 人達は, 人間はね, 仕事が, 仕事は, 代人も, 余興が, 便りには, 修羅の, 倉庫の, 停車場を, 側に, 元旦と, 先生と, 入で, 入口の, 六体の, 兵士たちは, 兵隊は, 出て, 分かれ地蔵とは, 別室で, 別棟から, 別館の, 十六丁は, 原っぱの, 友だちこちらの, 古書に, 台では, 台の, 同商会, 名高い曲, 向きようで, 品物と, 四十三戸と, 四畳の, 四畳半が, 土地に, 土堤へ, 地極, 坊ちやん, 垣根には, 塀から, 塀の, 塀へ, 壁が, 壁こちらの, 壁に, 壁を, 大修道院, 大勢にも, 大学で, 大臣へ, 奥さまか, 奥庭で, 奥様の, 奥様を, 女どもの, 女に, 女の, 女中を, 女学校の, 女王がたの, 姉さんも, 姐さんの, 姫君を, 娘付きに, 婦人なみ, 婦人の, 子供が, 子供たちの, 子供ほどにも, 学校は, 学校を, 実験室へは, 客書院へ, 客衆が, 客衆とは, 客車こちらの, 室に, 室を, 家から, 家に, 家も, 容子なぞを, 寝殿を, 寝間で, 寺へ, 小仏山, 小玄関, 小路から, 屋根の, 屍体の, 山々には, 山々を, 山あたりは, 山で, 山には, 山の端を, 山へという, 山一つ越した, 山脈の, 岡こちらの, 岩の, 岩影が, 岸から, 岸に, 岸へ, 島は, 島へ, 島を, 嶺からも, 川に, 市のは, 席から, 帳簿を, 常陸は, 平野を, 幻像を, 広い通り, 広野を, 店で, 店も, 座敷に, 座敷には, 庭に, 引つかかりから, 強そう, 形勢など, 役者の, 御夫婦, 御新造に, 御新造は, 御本, 御様子, 御殿へ, 御浪人さん, 御用を, 御都合, 思わくもいかが, 戦況は, 戸口から, 戸口には, 戻りを, 手へと, 押入から, 提灯持は, 支店へ, 文明に, 新らしい, 新聞を, 新聞社の, 方々に, 方さえ, 方です, 方と, 方まで, 方角へは, 方面に, 方面には, 旗色の, 日本海の, 日本間へ, 旦那様も, 映画スターに, 春は, 景色に, 暮しは, 書物が, 書物を, 月の, 有名な, 木の下に, 木の根の, 木立は, 木立を, 机こちらの, 机に, 机の, 村という, 村の, 村まで, 村里より, 松の, 松林には, 枕屏風の, 林の, 林へと, 柱に, 梱こちらの, 棕櫚の, 棚こちらの, 棟だ, 森では, 森へ, 森を, 椅子でございました, 様子など, 様子などを, 権力は, 横町の, 横道を, 樹林から, 樹間に, 樽こちらの, 機械室に, 檀家と, 欄干の, 正通り, 歩道を, 段々畑で, 母屋にも, 母屋へ, 比良ヶ岳と, 水は, 水底を, 水色の, 池に, 汲みたての, 沖で, 法律も, 洋間には, 流れが, 浜な, 浜辺の, 海から, 海は, 渓間こちらの, 港から, 漁師村人に, 漁村の, 灰皿を, 無名人, 焼跡の, 煙突の, 熊沢大, 熱帯の, 物に, 物蔭を, 生水は, 生活では, 生活に, 生活の, 生活一年見ない, 生活大変の, 田には, 申條を, 男でした, 男の, 男ばかり, 町から, 町が, 町に, 画の, 画廊の, 畑で, 畑の, 畑や, 病室へ, 百トン程度の, 百合圃に, 皆さんの, 真っ白な, 石段から, 砂山に, 砂糖と, 砂糖も, 祝言の, 神楽歌では, 秋草の, 空が, 空は, 空部屋へ, 窓から, 窓にも, 窓へ, 端と, 端に, 第何番目, 箪笥の, 経済生活は, 縄張りの, 美しい建物, 美しい花, 美春さんとか, 群れが, 者でした, 臨湖の, 自然が, 舞台にては, 舳に, 船室内の, 芝生へ, 花こちらの, 花圃です, 花畑へ, 芸人が, 若い人, 若夫婦, 茶屋で, 茶店で, 草原から, 荷車に, 薬種香料なども, 蜜柑畑, 街, 街から, 襖子は, 見はり, 見世物こちらの, 親分から, 親戚から, 角だ, 角に, 記録を, 話が, 調子に, 警備に, 警察と, 警察とも, 谷では, 貯蔵庫を, 貸家と, 赤い屋根, 赤い空, 踊りも, 軒に, 農業視察に, 通から, 通の, 通りや, 通信を, 遊戯を, 道が, 遠いかすみ, 遠い国, 遠い島, 遠い森, 遠い町, 部屋から, 部屋からも, 部屋だって, 部屋には, 部屋や, 郷へ, 都會の, 野原で, 野原は, 野原まで, 野原を, 鑵詰製造の, 長火鉢の, 開拓村で, 間の, 間は, 閣に, 閣へ, 院が, 陸に, 陸へと, 隅こちらの, 隅でも, 隅の, 障子には, 障子の, 雑誌にでも, 雲の, 雲丹は, 電気の, 電車で, 青い空, 領分に, 風習を, 首を, 高い塔, 高い木, 高い煙突, 高山峻嶺に, 髪結さんなら, 黄楊は, 黒い森

▼ あちらこちら~ (635, 20.1%)

6 と歩い 4 と歩き, に見える, 歩いて 3 と彷徨, と歩き廻っ, と飛ん, に散らばっ, のベンチ, 探して, 見廻して

2 [38件] からいろいろ, して, で, では獣, で起った, と, とお, とかけ回り, とさまよう, と尋ねまわっ, と捜し, と眺める, と走り, と逃げ, に, にある, にかたまっ, に丁度, に咲い, に咲く, に散在, に立っ, に群れ, に見え, に転がっ, に飛ん, の小屋, の溝渠, を歩い, を見, を見まわし, を見廻した, を見渡し, を調べ, 歩きま, 歩きまわって, 歩き廻った, 見捜して

1 [520件 抜粋] あるもの, うちかえして, かきまわして, からあなた, からさ, からもれ, から人, から冬子, から冴えざえときこえる鎌, から可愛い, から大声, から娘, から引きぬいた, から手つだい, から手早く, から湖面, から漕ぎ寄せ, から濛々, から物, から申し込ん, から移住, から考え, から聞えた, から観察, から赤い悲しい, から起こりました, から部下, から集った, から顏, がいけなくなる, が崩れ, さまようて, した, する人びと, それとなく見ながめた, たずね歩いたのち, でいっしょ, でおこった, でとりあい, ではじまつた, では既に, でひそ, でぼろ, でも覆面, でやられ, でラジオ, で一時, で不服, で不正工事, で今日, で倒れ, で借り倒し, で働い, で品位, で啼い, で大っぴら, で小さな, で戦争, で拾い上げた, で昔, で桜, で梟, で橋, で浮世絵展覧会, で白い, で目, で私語, で空氣, で聞かれる, で聞く, で虐待, で衝突, で裁判所, で見かける, で読ん, で起り, で飛ん, で飲む, とあさっ, とあるきまわる, といのち, といろいろ, とさがしまわりました, とさがし廻っ, とさま, とさまよっ, とさ迷え, としらべ, とたずね, とはなし, とま, とまごまご, とまわっ, とまわった, と一塊, と一番, と人, と人立ち, と伴われ, と侵略, と働き回っ, と助け, と動い, と動かした, と匍, と印せられ, と反し, と同時に, と大股, と尋ね, と尋ね得られる, と小石, と山, と引き廻す, と引っ繰り返し, と引越車, と彷徨つて, と往復運動, と往来, と御遊幸, と意外, と愛嬌, と投げ出し, と拾, と持, と持ち運ばれ, と持ち運ん, と掘り散らさせ, と探し, と探し始めた, と散々迷い, と方角, と日暮ごろ, と検, と止宿, と歩かせ, と歩きはじめました, と歩きまわっ, と歩きまわり, と歩く, と歩む, と気, と気ぜわし, と池, と注意, と泳い, と泳ぎまわった, と活発, と流された, と渡っ, と漕ぎまわった, と漕ぐ, と珍奇, と留り, と眺め, と眼, と知人, と移され, と空, と縫う, と自分, と若い, と行乞, と見まわした, と見廻し, と見捜しました, と覗い, と誰, と躍り, と身体, と迷っ, と追掛け, と逃げまわる, と逍遥, と這い廻っ, と通り, と遊び, と遊び歩きし, と部屋, と部屋中, と隊籍, と飛ばせ, と飛びまわっ, と飛び回り, と飛び移っ, と食べもの, と駆け回り, と騒ぎ, にあ, にあい, にあらわれ, にありました, にい, にいじくりまわし, にいっそう, にいつも, にうごきました, にうずくまっ, にかけ, にかなり, にかまぼこ小屋, にさ, にさがし, にしろじろと, にそらした, にたこ, にただよっ, にたて違え, にちらばり, にと移動, になびい, にはたこ, にはパル, には火, には焦げた, には褐色, にひっくりかえし, にひっくり返す, にぼんやり, にまき散らす, にもや, にも見える, にゆるい, にシミーズ一枚, に一団, に上下, に不, に不気味, に乱れ散っ, に二三人, に人, に人家, に伏兵, に何人, に停滞漂浪, に出, に出張所, に出没, に切り倒された, に動いた, に動き, に十人二十人, に口, に古, に向け, に嗚咽, に囚人, に埃, に堆高く, に塊, に多, に大, に大きな, に存在, に客, に家具, に宿, に寄っ, に寄り道, に寝, に射, に少し, に局部的, に岩, に干されたる, に往き来, に思い, に怪事件, に悶絶, に愛読者, に或, に手, に押し合い, に持ち廻っ, に持て余し, に捨て, に描かれ, に散らかってる, に散らば, に散らばつ, に散歩, に早く, に明るい, に歪め, に水車, に注意深, に浮きあがった, に海苔, に溜っ, に溜まっ, に漏らし, に火, に火事, に炎々, に燈光, に現われ, に畳み, に白, に目, に真鯉緋鯉, に眼, に矢鱈, に知っ, に私語, に移し, に種々, に窓, に立つ, に笑声, に続けられ, に美事, に聞える, に聞こえた, に落ち, に落葉, に蠢, に行く, に見ます, に見られます, に話し, に警官たち, に赤い, に起った, に転, に逆, に遺, に配置, に鋏, に集った, に集まっ, に雑然, に雑談, に響き渡っ, に頭, に飛びます, に飛び散る, に飛火, に首, に高く低く, に黄, に黒ずん, のそのそ歩い, のみなと, の人家, の僧院内, の几帳, の坊, の垣根, の塚山, の壁, の女, の女性, の官舎, の家, の寺院, の小さな, の山登り, の岩, の岩肌, の工場, の平地, の広場, の往復, の御簾, の愛, の打ち, の景色, の暗, の暗がり, の書類, の杉, の枝, の格子さき, の椅子, の横丁, の樹, の水溜め, の町, の畦畦, の百姓家, の窓, の繁み, の繁茂, の船暈, の草叢, の荒地, の荘園, の蔓, の衣嚢, の都会, の都合上, の野原, の鐘, の間, の隅々, の離屋, の露台, の露臺, はいりこん, はこちら, へお, へきき合わせ, へされ, へそれ, へと揺れ出した, へと注がれました, へふらふら, へぶらぶら, へほろ, へ入れ, へ出かけました, へ分配, へ去り飛ぶ, へ向け直し, へ回し, へ女房勤め, へ彷徨, へ愛想, へ手活, へ揺すぶっ, へ歩るい, へ渡り, へ移動, へ置き, へ行き, へ逃げ, へ這, へ遁げ, へ顏出, へ飛ん, へ駆け走っ, より頼まれる, を, をあけ, をあさった, をさす, をさすっ, をさまよっ, をのそのそ, をぶらぶら, をウロウロ, を一寸二寸, を丹念, を何度, を啼き渡っ, を徘徊, を押え, を指し, を捜し, を探した, を探しまわった, を散歩, を旅行, を検, を歩きまわる, を烱, を無理, を物色, を眺め廻し, を聞き合わせ, を行く, を見た, を見まわした, を馬, 動き出した, 引っくり返した, 打ちこわされ銃弾, 持ち運びながら, 捜しても, 探しまわりました, 探し廻った, 歩いたが, 歩き, 歩きながら, 歩き出した, 歩き出し二つ, 歩き回った, 歩き回って, 歩き回りて, 歩き廻ったり, 泳いで, 生え出して, 移り住んだもの, 裂けた白い, 見て, 見まわして, 見廻しつつ, 見廻すと, 見調べて, 覗き込んでは, 読んで, 調べて, 起きよ起きよの, 遮られてる牧場, 鋭い強い目, 飛び回ってること, 飛び回りささやき怒鳴り全員, 飛び歩るい, 飛び移る火の粉, 飛んで

▼ あちら~ (519, 16.5%)

41 行って 22 いって 7 逃げて 6 おいで, おいでに, 歩いて, 走って 5 寄りこちら, 持って, 靡きこちら 4 こちらへと, 来て, 行きました, 行きましょう, 行け, 行こうと, 行ったり, 連れて 3 いらして, こちらへ, 往って, 置いて, 行きこちら, 行けと, 行つ, 行つたら

2 [27件] いら, いらし, いらっしゃい, いらっしゃいよ, お床, どうぞ, まいって, まいりますわ, 去って, 参れ, 参ろう, 向いて, 廻って, 持つて, 漂いこちら, 立って, 行きませうよ, 行くん, 行った, 行ってて, 行つた, 行つて勝手に, 行ッて, 走りこちら, 道を, 飛んで, 駈け出して

1 [300件] ああ月, あちらへ, あなたの, あなたは, いきかけたとき, いきました, いくの, いこう, いったの, いったらふじさん, いったり, いっても, いつたり, いらっして, いらっしゃいね, いらっしゃいましたら私ども, いらっしゃいませ, いらっしゃって, おいた琵琶, おうかがいを, おかえりくださいまし, おかへりなさい, おされこちら, おたちのきなされませ, おちて, おまかせし, おやりする, お伺い, お伺いしない, お伺ひしない, お出, お出でに, お出向き, お向き, お向遊ばせ, お味方, お嫁, お帰り, お廻り, お廻りなさい, お引移り, お移し, お移りに, お立ちに, お立ちにな, お行き, お越しの, お越し下さいませ, お越し下さる, お越し召さ, お越し願えませぬ, お通し申し, お連れ, お運び, お邪魔, かえったらよかろ, かえってすべて, かけて, かけ出しました, けし飛んだばかり, ここは, こちらへとは, こづかれこちら, このお方, ころがって, ころがりこちら, ころころと, ごろり, ご挨拶, すたすたと, ついて, つえを, つれて, でかけましたよ, です, のがれこちら, ひきかえそうと, ひねりこちら, ひょろひょろこちら, ふらふらこちら, ぶらりこちら, まいったとの, まいりまして, まいりましょう, まいりましょうか, まいりましょう私, まいります, まいりますから, まいること, まいれ, まごまごこちら, また林, もつて, もどって, やつた, やらせて, ゆきあちら, ゆくの, ゆけば, サア, ニッツアへ, ブラリこちらへ, ペタペタこちらへ, 一緒に, 上がること, 上って, 下げて, 下つて一人, 乞食の, 休息に, 伴れ, 伺うはず, 伺おうと, 傾いたり, 先づ手を, 入らつしたらち, 出かけて, 出て, 出るの, 出向く機会, 出座, 動かされこちら, 去りかけました, 去りました, 去ろうと, 参ったら覚淵, 参った上, 参った美しい, 参って, 参ってから, 参っても, 参ゆます, 参られい, 参られいあちら, 参られたの, 参りましたの, 参りましょう, 参りましょうよ, 参りましょう人, 参りますから, 参りますわ, 参りませぬ故, 参り此方, 参る折, 参れ誰, 参ろうと, 參りませう, 向けたまま, 向けて, 向けようと, 呼ばれこちら, 命じこちら, 報告される, 夢の, 寝道具を, 帰して, 帰って, 帰られました, 帰りかけた, 帰りますから, 帰りますと, 帰りますとき, 帰ること, 帰ると, 帰るの, 広間の, 廻れと, 引き返して, 引き退って, 当たりこちら, 往きましょう煩い, 往こうじゃ, 往っ, 往つて手を, 往ッて, 御一緒, 御出, 御同情心, 御案内, 御見え, 急いで, 戸惑いを, 戻って, 戻るつもり, 払いしなければ, 投げました, 抜けこちら, 抜けて, 抜けると, 押しやって, 掛けるよう, 控えさせて, 揺れこちら, 摺り抜けて, 旅だちますとき, 曲りこちら, 来いと, 来ないの, 案内を, 歩きましょう, 歸る, 残して, 泊りまして, 泳いで, 流れて, 渡って, 渡つて行つ, 渡りたい用, 渡りマオカ, 渡るまでに, 湯を, 犬と, 用意し, 着いたらわたし, 着くだけの, 移したの, 移して, 移します, 移って, 移らぬか, 移る用意, 移ろう, 移住した, 立つ, 立つた, 繞り, 美しい歌, 聞こえること, 舞い戻ったつもり, 行かう, 行かうかと, 行かない, 行かなければ, 行かぬか, 行きましたか, 行きましょうか, 行きましょうじゃ, 行きましょうよ, 行き給え, 行く, 行くこと, 行くだけ, 行くといふ, 行くの, 行くわ, 行く前, 行く者, 行く迄に, 行く際, 行こう, 行ったとき, 行ったの, 行ったらお金, 行ったらちっと, 行ったらちょい, 行ったら不二さん, 行ったら何より, 行ったら尾佐さん, 行ってから, 行っては, 行っても, 行ってよ, 行つたそして, 行つておし, 行つてから, 行つてし, 行つては, 行つてみたうございます, 行つても, 行つてゐなさい, 行つて遠慮なく, 行つて間もなく, 行らしつ, 行らつし, 行ッた, 設えて, 話すと, 走つて, 走り去つて, 追いやろうと, 退がって, 退がろう, 退れと, 逃げたこちら, 逃げたり, 這入ります, 通じたの, 運んで, 遠ざかり行きながら, 遠慮し, 遣って, 隠居しまし, 集まりますから, 頭を, 顔でも, 顔を, 飛びのいた, 飛んだり, 駆け出して, 駈去るので

▼ あちら~ (275, 8.7%)

5 まごまごこちら, 行って 4 いって 3 控えて, 歩いて

2 [13件] ある, ある国, いらつし, いる間, おいでに, こちらに, まわれば, ゐら, 何か, 用が, 立って, 行けば, 陳列し

1 [229件] あった大島, あった脊, あって, ありますから, あるから, あるわ, あるドル, ある山林, ある物置, ある町, あれの, いい目, いたうち, いたとき, いたの, いた人, いた何人, いた奴, いた頃足, いったり, いては, いますお, いますの, いませんよ, いようかとも, いらっしゃると, いらっしゃるん, いるお, いるか, いると, いるとき, いるよ, いる人たち, いる先生, いる奥さん, いる方, いる時分, いる警官, いれば, うずくまって, おいででございます, お力添え, お姫さまが, お着き, お茶土びんが, お菓子屋の, かかって, きて, くぐりこちら, ごいっしょ, して, しまって, せいの, そびえて, たどりこちら, ちょうど自分, ついたの, ついたらこの, ついど, つれて, どつさり, ないそう, なつて, なにが, にぎやかな, ねむって, ひとりこちらに, ひろげないでは, ふたりこちらに, ふた足, ぶらりこちら, ぼんやりと, ゆくの, わたせて, ゐられた間, ゐるの, ゐるらしい, タンノウする, ダ, チラリこちら, 一かたまり, 一ツこちらに, 一人こちらに, 一団こちらに, 一塊り, 一本こちらに, 一棟こちらに, 一泊し, 一組出来ます, 一軒の, 三千子の, 下がれ, 丸くなっ, 五重の塔が, 人が, 人家の, 人影に, 人間が, 任せること, 休む所, 伜の, 住まず仕事, 住むの, 住んでる親戚, 出向かねば, 出張し, 加納春子の, 勤める様, 十銭こちらに, 半ば枯れた, 取られて, 司祭の, 向いて, 向って, 四五年い, 垣を, 変りあちら, 外れある家, 多いの, 大きな土蔵, 大きな鏡, 子供たちが, 宏大な, 寝てると, 寝室が, 居て, 居りましたので, 山が, 山の, 川が, 差控え, 帰ると, 廓が, 待たして, 待たせて, 待ちこがれた人々, 待受けて, 愛情の, 感ぜられるよう, 手風琴が, 投げ出す, 挨拶を, 暗い提燈, 材木の, 村の, 根附が, 止まって, 止まりこちら, 残って, 比べたら何, 比良ヶ岳という, 民家街が, 永年いた, 沈みゆき, 泳ぎこちら, 流れこちら, 消えた, 渡るもの, 滞在なすってた, 無いもの, 煙突が, 爬い, 現われる, 現実ある, 用意し, 町が, 町の, 白い桃, 着いて, 着きさえ, 礼を, 私を, 突っ立ち, 継ぎ足しこちら, 置きそうして, 背を, 臥せって, 自分がよけて, 自動車や, 舞ひ, 花園や, 草の, 落ちかかって, 行くん, 行った, 行ったって, 行ったらまだ, 行ってた時, 行っても, 行つて来ます, 行らっしゃい, 西南の, 見えた, 見えます三上山, 見えるあの, 見える山, 見える白く, 見える遠方, 見える鉾, 見える高い, 見ゆる遠景, 親しい松の木, 親しみの, 詰めて, 誰か, 誰かいたでしょう, 車が, 輝いて, 追いこちら, 送れるという, 逗留し, 連れられて, 遅桜, 運んで, 遠くの, 遠ざかって, 長くい, 隠れこちら, 隠れようと, 雷の, 電話は, 預かつて, 顔を, 風船球売りが, 駆けて, 駆け出して, 駆け出しました, 駕も, 黒く人

▼ あちら~ (193, 6.1%)

6 待って 3 お待ちでございます 2 お待ちし, ここの, だれか, ゆつくり, カチカチという, 大病を, 御休息, 遊んで

1 [168件] あがりますそう, いうカフェテリヤ, いただきますから, うまくいっ, おあい, おふるまい, おやすみなさいまし, おやすみに, お休みくださいません, お呼びです, お待ち下さい, お待ち致す, お待ち願つても, お案じ, お求め, お目, お目にかかります, お相伴, お話の, お雪, かんがん様や, がちゃがちゃが, きこえました, こちらの, ごいっしょ, ごゆっくり, ご開業, しきりに犬, しばらくでも, せがれの, そのお金, そのつもり, その御用, たづね, ちょっと若旦那, なさいますの, なんども, はねバナナ, ひろ子さんを, まずうまく, またお目にかかりましょう, まりぶつけ, もろうてさえ, やはりこちら, ゆっくりし, よけい入用, よろしうございます, わっし, ケザルが, プランが, リザ・セミョンノヴナの, 一つこちらで, 一ぷくお, 一タンガーこちらで, 一匹こちらで, 一寸結つて貰, 一本という, 一杯こちらで, 一杯一杯一杯また, 一緒に, 一通り検屍も, 万事, 上げますから, 上演ずみだ, 不思議な, 二団体が, 今蕎麦など, 仕事を, 仮設と, 仰せに, 休んで, 休息する, 会を, 伝うるは, 何か, 何ん, 倉と, 働いて, 先生の, 入用な, 内地気分を, 写しましょう, 出来たらしい気持, 十二時までは, 受け承りましたが, 召上ります, 吸って, 咳の, 商売し, 商売を, 四五六の, 売れた, 女三の宮桐壺の, 女房の, 寝みますから, 實見した, 少しこちら, 山登りでも, 差し上げること, 幾度か, 廃業に, 式部こちらで, 待て, 御勉強, 御用を, 御見分願, 成功する, 手に, 手を, 投扇興を, 抵當に, 拍子木の, 掟を, 探しとるじゃ, 控えて, 新しく全集, 旅館の, 日本酒を, 旦那もう, 暮すつもり, 暮らして, 木村さんにも, 柴田殿が, 止めて, 殿が, 満足し, 濟みましたら, 火葬に, 父は, 生れたの, 発病し, 盗んだ品, 相当な, 相当に, 相済んだ, 眠って, 着物を, 知った日本, 知り会, 破門を, 禰宜様が, 私を, 聞きこちら, 聞き直しました上, 職について, 育ちシカゴ, 育ったので, 藤さんが, 藤次と, 見ても, 言って, 訊ねこちら, 話して, 誰れ, 豆腐屋の, 貰うの, 通信しよう, 道づれになつた, 遠慮を, 酔を, 鑵詰工場の, 集合の, 頂きましょう, 飯を, 騒いで, 鳴くも, 鳴くより, 鳴るにぎやか

▼ あちらから~ (128, 4.1%)

3 こちらへと, 一人の 2 いえば, お手紙, きみ子さんが, こちらへ, 箱を, 見たり, 走って, 飛んで

1 [106件] あの子, いい小鳥, おじいさんが, おじいさんの, お呼びに, お持ちかえり, お目にかかりに, お話が, かすんだ往来, きかかりました, きこえて, きた北川くん, きちがいの, きました, きみ子さんと, くださいました時, くる女, くる巻雲, くる男, こう出られ, こちらから, さう言つて手紙, せがまれて, その組合規定, ついて, ですと, とき子さんの, はいれば, ひろめ屋, まいりましたお, まわって, みたされると, もえて, もとの, やってきましたが, よく訪ね, オートバイが, バタバタと, ヨシ子さんが, 下がって, 乗込んで, 二人こちらから, 人が, 何か, 入り込んで, 出て, 勇二と, 厭みを, 合図を, 呼びに, 堪えきれずして, 外へ, 大へん, 太郎さんと, 子供たちの, 子供の, 帰つて入らつした, 帰朝いたしました, 廻って, 意見される, 戴いたの, 手紙を, 打ち出す銃声, 押し寄せて, 持ち帰つたやう, 持って, 持帰つた, 明けないよう, 来いという, 来たの, 来た人, 来て, 来ること, 来る道, 楽隊の, 橋を, 次第に空, 歩武を, 海を, 申せば, 男が, 異様の, 白い着物, 目を, 真っ黒の, 積極的な, 笛を, 紳士ふうの, 背負つて運ん, 自動車の, 自転車に, 英ちゃんが, 要求される, 見えた, 見えたもの, 見て, 足音が, 送られて, 連れて, 道の, 金子を, 駆けて, 駈けつけて, 駈けて, 黒いもの, 齎らされた

▼ あちら~ (90, 2.9%)

27 向いて 4 ながめて 3 見たり, 見ても 2 向いた, 向いたまま, 向いたり

1 [47件] お立ちに, お考え, こちらをと, ご覧なせえまし, ながめました, のそのそこちら, もう一度お, 仰ぎました, 出かけたが, 向いたかと, 向いたの, 向いたま, 向いた黒い, 向きこちら, 向き不動様, 向くので, 向けと, 向ける老女, 御覧, 御覧なさいまし, 捜させて, 捻りこちら, 旅行し, 早く, 本丸と, 歩きこちら, 独り泳ぎを, 直しこちら, 立つたと, 立つ前, 立てるよう, 立てれば, 背に, 落としこちら, 見こちら, 見そして, 見たくなる時, 見たの, 見つめて, 見て, 見ながら, 見よ, 見るあちら, 見捨てて, 見送つて, 覗きこちら, 追え

▼ あちらでは~ (78, 2.5%)

1 [78件] あんなに大きく, おじさんの, お一方, お気が, かえって軽蔑, こうして他人同士, ここに, この頃都会, これが, こんな事, さぞ笑止, そう云う, その前, その邪魔, そろそろ雪, つむじまがり, どんなに動き, どんなふう, どんな田舎, にぎやかな, まだ忘れられず, みんなし, みんなどんなに, めんどうが, もうその, もう一時, わたしたちほどには, イエス, シバまたは, ソラ大変何でも, ドイツでは, バター牛乳が, ライオンという, ラインの, 一本の, 三田さんを, 上を, 上流の, 仁和寺の, 仏教儒教の, 何に, 何もかもが, 僕は, 同じ室, 君僕は, 吸えないん, 周知の, 唯顔を, 団長が, 女の子達が, 安定し, 家事が, 必死に, 愛すは, 戻したいと, 手を, 指を, 数年来の, 文化関係も, 日曜日は, 時刻を, 死体を, 牛乳は, 男の, 男の子たちが, 盲人は, 礼儀の, 立ち上る位, 約束を, 花の, 芸術上の, 言った, 誤謬である, 踊りさえ, 追, 避暑としての, 震災で, 馬鈴薯の

▼ あちらでも~ (66, 2.1%)

42 こちらでも

1 [24件] いつまでも, おぎゃあと, お出入り以外, こちらを, そのよう, どんなにか, なくこちら, チューこちらでも, ポア, マルキストを, 一両下という, 五千人からの, 別にお変り, 口まねを, 御用と, 御贔屓, 旗を, 望んで, 生活は, 矢張りよく, 秘密に, 窓の, 考えて, 遠いところ

▼ あちら~ (64, 2.0%)

2 あちらで

1 [62件] あちらこちらは, あちらとして, いかがでした, いつも夏景色, お家柄, お感じ, こちらと, さぞ面白くっ, じき雪の, すぐ町, ずっと管制, それは, どうやらやりくっ, にこにこだ, ひまな, ほんの飲み, また江戸, まだあまりにたより, もうそろそろ薄暗く, もう雪, やかましいお, キリスト教国な, ヂヤズか, 上海だ, 中国商人の, 人を, 仰せの, 何と, 何を, 働く者, 喧嘩だ, 四方山に, 大勢だ, 女は, 寒暖の, 川の, 往来です, 後部に, 御存知なかっ, 性格から, 新寺, 旱バツです, 春の, 景気が, 洋食こちらは, 洒落でも, 海の, 淀川を, 灰色に, 申すんで, 知った人, 石の, 紅い色, 終日雪だ, 落付かない, 貴方の, 軍人全盛といふ, 遥かに, 開襟シャツに, 雲切れが, 高貴な, 黒人也

▼ あちらにも~ (52, 1.6%)

34 こちらにも 2 こちらにもという

1 [16件] こちらの, ご当番, そちらにも, 一つずっと, 一人坊主首が, 上林の, 代表員, 廻すつもり, 愛着を, 残りの, 義仲と, 脂燭の, 艦隊が, 茅屋が, 誰か, 負けなかつた

▼ あちらからも~ (41, 1.3%)

29 こちらからも 2 引張りに, 此方からも 1 いろいろと, まじめに, またはるばる, 両手を, 出る, 判らぬ, 返事は, 道庵こちらからも

▼ あちら~ (39, 1.2%)

3 にはいない

1 [36件] からバア, から掘っ, で, では雪, でセラダ, と伸子, と見下し, に, にある, にいない, にお越し, にたくさん, にはゐない, には即ち, には奧方, には節食節衣, にむかっ, にもう, にも人, にゐない, に人, に小さく, に戸口, に鉄門, の丘, の山径, の山河, の比良ヶ岳, の海岸, の裏, へきのう, へフラフラ, へ滑り下り, まで来, もない, を首

▼ あちらには~ (38, 1.2%)

1 [38件] いない, この木, にぎやかな, ばあやを一人つけ, また御, まる一年位, もうパラパラ, もう都, 万端の, 不思議な, 人の, 佐々木殿も, 何とも, 多すぎる, 学校ばかりが, 官の, 年ちゃんや, 憲兵と, 明るい通り, 昔から, 春の, 梅林が, 決してない, 海が, 港の, 無くても, 煙突から, 獰猛な, 町が, 縁談が, 誠くんが, 起重機が, 遠く木立, 阿弥陀さまという, 鵞鳥の, 麦畑の, 黒いこんもり, 黒い夜

▼ あちら向き~ (38, 1.2%)

12 になっ

1 [26件] だから, つつ蟲, で物, で話しかけました, にかけ, にし, にしよぼ, にじっと, につっぷし, になつて, になりました, になる, にひとり, に何, に刀, に坐っ, に坐り, に寝, に寝る, に机, に楓, に置い, に通っ, のまま, の妙齢, の男

▼ あちら~ (24, 0.8%)

2 千代萩

1 [22件] ああおっしゃる, うまく行け, お客さまです, お故郷, かわいそうです, そうしろ, たいそう騒々しい, どっしりし, まさって, りっぱな, ウンケイこちらが, 受け身である, 国境です, 役者が, 木曾路に, 本堂こちらが, 本場だ, 根據地だらう, 浜谷さんで, 海國で無い, 空いて, 進んで

▼ あちら~ (18, 0.6%)

3 こちらも

1 [15件] うごく小春雲, おだやかな, そのまま寝床, それで, どうぞね, もう一周忌, ゆうにありましょう, 姫君時代よりも, 弥兵衛さんと, 意志の, 気まぐれだ, 用心しいしい, 考えて, 通貨が, 非常に

▼ あちら~ (12, 0.4%)

3 こちらに 2 こちらとでは 1 おきよは, こちらと, こちらとでも, こちらとにかけ, なって, 思えば, 炊くの

▼ あちらまで~ (10, 0.3%)

2 来て 1 おとも, お越しを, お運び, きて, つ, 辛抱し, 運ぶ通力, 遠くつづい

▼ あちらさん~ (9, 0.3%)

2 も洋服 1 がどう, が御, でも, のお, のご, の前, の驚嘆の

▼ あちらからの~ (8, 0.3%)

1 そりの, ノオトを, 御返事は, 手紙の, 手紙を, 消息が, 返事を, 通行人が

▼ あちらへと~ (8, 0.3%)

1 なりまして, びこちらへとびした, ぼとぼと, 幾度も, 手を, 町の, 示しただけで, 駆けて

▼ あちらからは~ (5, 0.2%)

1 だめです, もし渡つて來, 哀れな, 届きにくい, 潮の

▼ あちらへの~ (5, 0.2%)

1 お返事, お送り迎え, そりこちらへの, 申し込みに, 義理合などは

▼ あちらへは~ (5, 0.2%)

1 お伺いいたした, お手紙, 九日かかっ, 僧を, 出られない

▼ あちらへも~ (5, 0.2%)

2 こちらへも 1 そちらへも, 参りましょう, 廻りたいと

▼ あちら~ (4, 0.1%)

1 で, でも, でわたし, へも伺ひませう

▼ あちらこちら桂川~ (3, 0.1%)

3 の幕

▼ あちらさま~ (3, 0.1%)

1 から, はもうとう, 御一統

▼ あちらです~ (3, 0.1%)

1 から, けれども前々, よ

▼ あちらなら~ (3, 0.1%)

1 なんと云っ, ば女学校, 滝野川署の

▼ あちらにて~ (3, 0.1%)

1 お控え, 受けよう, 遠くお

▼ あちら立てれ~ (3, 0.1%)

1 ばこちら, ばこっち, ばこつち

▼ あちらこちら海岸~ (2, 0.1%)

1 を逍遙, を逍遥

▼ あちらじゃ~ (2, 0.1%)

1 女の子の, 熟すまで

▼ あちらにあたって~ (2, 0.1%)

1 がやがやと, カンカンカンカラカンノカン

▼ あちらにばかり~ (2, 0.1%)

1 入浸って, 行って

▼ あちらむき~ (2, 0.1%)

1 になっ, やこちらむき

▼ あちら~ (2, 0.1%)

1 こちらで, こちらに

▼ あちら~ (2, 0.1%)

1 に立つた, に肱

▼ あちら向きこちら~ (2, 0.1%)

2 向き飛び飛び

▼ あちら此方~ (2, 0.1%)

1 と安値そう, をねり

▼1* [67件]

あちら赤痢が, あちら名前を, あちらこちらか, あちらがたになっ, あちらがという時放っ, あちらちちと足早, あちらこちらお辞儀をした, あちらこちらさまよつたの, あちらこちらものに手, あちらこちらヒョイヒョイと曳い, あちらこちら参考にし, あちらこちら取調べをした, あちらこちら合計して, あちらこちら彷徨った, あちらこちら彷徨今夜も湯田泊, あちらこちら往き来してるの, あちらこちら往復した, あちらこちら往来するには, あちらこちら拔け裏, あちらこちら旅をしました, あちらこちら水にぬれ, あちらこちら河床が現れ, あちらこちら消しだらけなの, あちらこちら物色して, あちらこちら発掘して, あちらこちら盆踊の太鼓, あちらこちら箸まめにあさり歩く, あちらこちら聞合せたあげく, あちらこちら蕎麦の茎, あちらこちら螺旋のよう, あちらこちら行つたり, あちらこちら行き来して, あちらこちら走り使いにやられる, あちらこちら骨董屋を見, あちらこちら魚を追いまわす, あちら書院で, あちらってどこだい, あちらでございますか, あちらでしていらっしゃる, あちらでした九時から, あちらとして生活の, あちらとの話を, あちらとはちがう由, あちらのだ, あちらなれば庭, あちらにおいて刺しとめました, あちらのけだものたちの, あちらへなどは燃料が, あちらへばかり行くよう, あちらまかせにし, あちらむく山と, あちらもう宜しいん, あちらよりもお, あちらをもこちらをも, あちらてどこ, あちら側こちら側と言, あちらの気, あちら向いて左, あちら土産のタオル, あちら如何糸の, あちらへ運ぶ, あちら様のでございます, あちら様嫉かれるの, あちらからお, あちらな花, あちらが悪い, あちらばかり故