青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あたり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あげた~ ~あげる あげる~ あした~ あすこ~ あそこ~ あたかも~ ~あたし あたし~ ~あたり
あたり~
~あたる ~あちこち あちこち~ あちら~ ~あっ あっ~ あっし~ ~あった あった~ あったら~

「あたり~」 19980, 216ppm, 457位

▼ あたり~ (3658, 18.3%)

130 見廻した 107 見まわして 101 見廻して 99 見まわした 71 見ま 51 見まわしました 47 見て 45 見廻すと 37 見廻しながら 35 見まわしながら, 見ると 29 眺めて 27 歩いて, 見 24 見まわすと, 見廻す 23 見回した, 見廻したが 22 見まわしたが 20 見た 17 探して, 見まわしましたが, 見廻しました 14 憚る, 見回して 13 見まわしてから, 見廻わ 12 うろついて, 払って 11 ながめて, ウロウロし, 眺めた 10 はばかるよう, 眺めながら, 見まわす, 見れば 9 一と, 撫でて, 見つめて, 見ながら 8 ぶらついて, 中心に, 照らして, 眺めまわした, 見ますと, 見廻してから 7 つけて, 包んで, 徘徊し, 捜して, 気に, 見まわすよう, 見廻し

6 [12件] きょろきょろと, くまなく, ぐるぐると, さぐって, 目がけて, 見まわし, 見まわすの, 見ること, 見廻した時, 見廻わすと, 警戒し, 通って

5 [20件] きょろきょろ見まわし, ぐるりと, こめて, さすって, ぶらぶらし, みま, 丁寧に, 押して, 指すの, 撫で廻して, 散歩した, 歩きながら, 眺めま, 睥睨し, 若い者, 見たが, 見まわしても, 見回したが, 見廻しましたが, 覗いて

4 [31件] うかがって, きよろ, さまよって, じつと, つかんで, ドンと, 両手で, 叩いて, 廻って, 徘徊する, 指した, 指で, 探って, 撫でながら, 支配し, 散歩し, 散歩する, 流して, 狙って, 眺めると, 睨め廻して, 窺って, 見まわしたの, 見まわしますと, 見る, 見回しながら, 見廻しても, 読んで, 調べて, 過ぎて, 隈なく

3 [38件] あるいて, うかがいながら, きょろきょろながめ, きょろきょろ見廻し, きよろきよ, さすりながら, して, てらして, ながめた, ながめました, はばかる声, はらって, みると, キョロキョロ見まわし, 平手で, 徘徊した, 掃いて, 探しまわった, 掻くの, 注意し, 照らした, 物珍しそう, 痛そう, 眺めた後, 睨んで, 突いて, 籠めて, 罩めて, 覆うて, 見せて, 見ました, 見ましたが, 見回すと, 見廻したり, 見廻すやう, 見廻せば, 見渡した, 通りし

2 [172件] あおいで, あおぎながら, うろ, うろ付い, おさ, おさえて, かきながら, かぐよう, かけて, かすめつ, きょろきょろ見, きょろきょろ見回し, きょろきょろ見廻, ぎよろりと見廻し, くれて, こつこつと, さがして, さがすが, さまよ, じろりと見廻した, する, ただによろし, とざすや, にらみ青く, はた, はたはたと, はばかって, ぴくぴくさせ, ぶらぶらと, ぼんやりと, まるで十二時, みまわした, みまわすと, み廻した, もぐもぐさせた, もごもごさせた, もごもごさせる, カメラを, キョロキョロと, キョロキョロ眺め, キョロキョロ見まわしました, ハタと, ブラブラ歩い, ブルンと, ポンポンと, 一人で, 一面に, 両三度, 中心と, 中心として, 二ヶ所まで, 何かに, 何遍も, 冬は, 占めて, 叩いた, 右へ, 吹いて, 吹きあふる風の音, 圧した, 圧して, 塒に, 大音寺前と, 小刻みに, 左へ, 平和に, 幾度も, 引っ掴んで, 強かに, 彷徨い歩く女乞食, 往っ, 往来する, 志して, 思ひださせる, 憚って, 手で, 払う, 払うと, 払うよう, 払わんばかり, 拭きながら, 指して, 指しました, 指します, 指し乍ら, 指先で, 指差し, 掃き清めて, 掃除し, 探させて, 探しますと, 探すと, 掴んだ, 掴んで, 搜し, 撫でた, 撫で廻しながら, 擦って, 支配した, 斬られて, 旅し, 明るくし, 昼間の, 柔らかに, 歩いた, 海洋に, 漕いで, 無意識に, 照らしました, 片づけて, 物色し, 眺めたり, 眺めても, 眺めまわして, 眺めまわしながら, 眺めまわすよう, 眺め廻した, 睥め廻し, 睨みまわしたので, 突きました, 籠めたり, 綺麗に, 羽織の, 舞台に, 襲った, 見すかすと, 見たる眼配, 見つめた, 見まわしたとき, 見まわしたり, 見まわすばかり, 見るが, 見るの, 見わたすと, 見上げて, 見下ろして, 見回してから, 見守って, 見廻されますと, 見廻しこの, 見廻しそれ, 見廻したちまち, 見廻したの, 見廻した上, 見廻した喜助, 見廻しては, 見廻しますと, 見廻しやがて, 見廻し小, 見廻すこと, 見廻すの, 見廻すもの, 見渡して, 見詰めて, 親指の, 訪ねて, 調べると, 走って, 走つて, 走るの, 辿って, 透かして, 遊び歩いて, 集めに, 静かに, 静に, 領した, 頬冠した, 顧みると, 飛びまわった, 飛んで, 鶉見守り

1 [1592件 抜粋] あおぐだけ, あげつらうべきもの, あっちこっちと, あらためた時, あるく, いうたもの, いっそう注意, いましめる太鼓, うかがいまた, うすくれ, うそうそ嗅ぎ, うるわしげ, うろつきまわったり, えらびて, おさえもう, おさへて, おずおず見まわした, お構いに, かがやかして, かき乱すやう, かぎまわって, かけめぐって, かすったのみで, かたづけた, きいて, きょろきょろ, きょろきょろ見まわす, ぎゅっと抱きしめよう, くらわした, くれた武士, ぐる, ぐるぐる見回した, ぐるっと一, けられたので, こつんと, この辺, ごらんなさい, さがさせた, さがしはじめました, さがしまわったあげく, さがし廻りましたが, さぐろうと, さすると, さまざまな, さまようた, さまよった後, さらさらと, ざぶざぶと仰い, しきりにじろじろ見, しきりに見回し, した, しのぶ新吉, じっと見まわした, じろ, じろりと見つめた, すくめた, すべて推し窪め, するん, せわしく見廻し, そうじしました, そぞろ歩い, そっと見廻した, その遠い, た, たずねだした, たずねましたけれど, たち罩め, たばけ, だんだん見え, ちょっと見, ちよん, ちらほらと, つかみむしる, つくづく眺めた, つつみ腕, つつんで, つまんだと, とおって, どやしつけました, ながめおる時, ながめたの, ながめますと, ながめまわした, ながめると, ながめ欠伸, なでた, なでなで巨細, なでまわすと, なめながら, にらんで, ねらって, はたと拊, はばかってか, はばかりながら呼びかけた, はばかりますゆえ, はばかる低, はらい八方, はらった, ぱっと染め, ひとつやっ, ひと撫でし, ひるまの, ぴったりつけ, ふしぎそうに, ふるはせて, ぶらついては, べっとりと, ぼんやり赤く, まいまいし, また深く, まっ赤, みし後, みのるは, みまわし, みまわしても, みれば, めぐる, もそもそと, ものに, やられて, ゆびさした, ゆるゆると, よく見まわす, アリアリと, ウロウロする, ガヤガヤ押し廻っ, キョロキョロ眺めま, キョロキョロ見渡した, クワツと, コツコツと, シュッと, ジロジロねめ廻し, スーッと, ソーッと, ネメ廻わす, ヒョロヒョロと, フラ, ブラブラした, ヘイゲイする, ボンヤリ撫で, ポリ, ポンポン打った, ヨロヨロし, 一つ一つ数えはじめた, 一とわたり, 一二度見廻し, 一層神話, 一度上っ, 一応ながめまわし, 一日いっぱいうろつい, 一生けんめい見まわした, 一転機として, 上から, 不平そうに, 不気味に, 乳白色の, 二三度こづいた, 二三羽の, 亢った, 仰ぎました, 低くいくつ, 例に, 俳徊いた, 先刻から, 兵乱の, 写したの, 凄まじく睨めまわし, 凝視し, 出没し, 切った, 別の, 刺しぬいて, 力一ぱい打ちました, 動かした, 勘六といふ, 包む夕闇, 十手の, 半紙で, 卜し, 占領する, 去らぬばかり, 去来しつづけました, 取った, 取り圍, 取巻いた, 取片づけて, 右の, 右手で, 呆然と手, 喰いつかれ生血, 嗅がうと, 嗅ぎ嗅ぎつけて, 四顧し, 囲んで, 圧え, 圧へる, 地廻りの, 埋めた霧, 塞いでしまつて, 外へは, 夢心で, 大きくたたい, 大洞と, 始めた, 子細に, 定席に, 尊大そうな, 小突いて, 小聰し, 少し切らせる, 山内左衛門尉さまと, 巻き肌, 平田派全盛時代の, 広く見廻したい, 廻りはじめて, 引っ掛けて, 引廻し, 弟に, 強く押しつける, 形容する, 彷徨いて, 彷徨し, 彼方此方と, 待って, 徘徊いたす, 徘徊致す, 微妙に, 忍び目, 忘れたよう, 念の, 思いだしたの, 思出した, 悠々と, 愛撫し, 感じ雲雀, 憚つ, 憚らなかっ, 懐中電灯で, 手さぐりし, 手さぐりにて, 手を, 打ちます, 打って, 打ッ, 払うその, 払うばかりの, 払つた, 払ッて, 抑へた, 抜けて, 抱きすくめながら, 押えたが, 押えながら, 拂つて悠然として, 拂ふと, 拝んだ, 拭いた, 拭きました, 拭つてゐた, 持って, 指さして, 指しながら, 指す, 振りかえり, 振向いたけれども, 捉えて, 掃いた, 掠めたと, 探させようと, 探したが, 探しまわったが, 探し廻ったの, 探す風, 探ねて, 探りはじめる, 掩おうとしました, 掻きながら, 掻き乍ら, 掻き撫で乍ら, 揉みほぐしたり, 提灯を, 揺り動かされて, 撫で, 撫ではじめる, 撫でるの, 撫で廻した, 擦つて, 擽る度, 支へる, 教えた, 数回に, 斬り落して, 旅行し, 明るくさせた, 明るく照らした, 時折ながめた, 暖かく照らし, 暗く照らし, 暫く眺め, 書紀が, 望む, 朝の, 東京へ, 染めました, 栂の, 梯子で, 極力捜した, 横に, 樹の, 歩いたの, 歩きま, 歩き回った, 歩き廻る白い, 歩む, 殴りつけた, 毎日めぐり歩い, 毎日毎日御, 水が, 江戸ッ児の, 泥だらけに, 洞穴の, 流れて, 清い瞳, 渡渉し, 滅茶苦茶に, 漂いながら, 潜って, 濡らす, 無手と, 煌々と, 照します, 照らすかと, 煩わして, 煽ぎ初め, 熟と, 片づけはじめて, 片附ける, 物珍しく見直した, 牽制する, 狐にでも, 珍しがり, 異人氏を, 痒くさせる, 発した, 白い手, 白光を, 盗み視し, 相並び, 真っ白に, 真鍮色に, 眺めてを, 眺めるよう, 眺め胸, 眼で, 睨みながら, 睨むだ恐らく, 睨め廻すよう, 瞥見する, 私の, 突いた, 突き射すよう, 突っつくもの, 窺う, 窺った, 立ちは, 立てこめて, 筆頭と, 紅潮させる, 細紐でく, 結んだ紐, 綿密に, 締めつけた両, 縮めた指, 罩めはじめて, 美しく見せた, 翠に, 聾するばかりの, 膨らまして, 船は, 荒しまわった, 荒凉たる, 蒼白く照らした, 薄暗に, 藍で, 蟻も, 行くころ, 行くとて, 行ったり, 装って, 見かえって, 見せようと, 見たまま, 見た後我々, 見とおしましたけれども, 見まもって, 見まわしすぐ, 見まわしそのまま, 見まわしたい, 見まわしたと, 見まわしたりも, 見まわした左膳, 見まわしなんど, 見まわしましたところ, 見まわしまして, 見まわし声, 見まわし気味, 見まわし見まわし女ともども月影, 見まわす余裕, 見やったが, 見ようとして, 見るので, 見る時一吹雪, 見上げた時, 見何處, 見回しいろんな, 見回したり, 見回しましたが, 見回し仏壇, 見回す, 見回すので, 見廻さないよう, 見廻しきせる, 見廻したい気持, 見廻したそう, 見廻したという, 見廻したよう, 見廻した私, 見廻しながらは, 見廻しましたらお, 見廻し停留場, 見廻し急, 見廻し矢庭, 見廻し見つめて, 見廻すか, 見廻すに, 見廻す事, 見廻す彼女, 見廻ったり, 見廻わすまなざし, 見張らせて, 見極めようとして, 見渡す, 見物させ, 見直した, 見計らい一掴み, 見調べて, 視つめると, 視詰めた, 覗きました, 覚えてるかね, 観察する, 訊いて, 詮索させろ, 調べあげると, 調べ直して, 警戒した, 讃美せよ, 赤くした, 越えて, 踊りつ, 蹴り飛ばした, 蹴飛ばしました, 軽く揉ん, 輝かして, 辛うじて見る, 迷つてゐる, 送りの, 逍遙って, 這いはじめて, 這つてゐる, 通った時, 通り候に, 通る, 通る船, 遊び呆けて, 過ぎぬ, 過ぐる者, 遠ざかって, 遠望し, 選んで, 鈍い刃物色, 除けて, 随分うろうろ云い合い, 雑に, 震は, 露わに見せ, 青ずませ, 領し, 頻りにながめ, 風情ゆたかに, 飛びまはつてゐる, 飛び過ぎて, 飛廻られて, 食いあの, 飽くまでも切りつけ, 駆けぬける時, 駈け廻って, 驚かせて, 鷲づかみ, 黄色く照らした

▼ あたり~ (3277, 16.4%)

26 様子を 21 空気を 19 景色を 17 人に 14 人の, 空気が 13 空気に, 風景を 12 景色が, 様子が 10 景色に 9 ものが, ものは, ようすが, 物を 8 ようすを, 人は, 山の, 景色は, 風景は 7 ものを, 人々は, 人々を, 光景を, 海は, 空を, 空気は, 草の, 闇を 6 い, ものに, 山も, 景色の, 村, 者に, 者は, 者へ, 静かな

5 [11件] いい庭, ところを, ような, ように, 人たちは, 家の, 山々を, 岩の, 様子は, 空気の, 静けさを

4 [24件] さまが, さまを, ところに, ところへ, 人家の, 光景が, 光景に, 姉さま風なり, 寺の, 山々が, 山々は, 山や, 峰の, 明るさ, 様子や, 町の, 者を, 街の, 閑居の, 雰囲気に, 青ぞ, 風景に, 風景の, 高さ

3 [61件] いいところ, いいヴェランダ, いい縁側, ことです, ことは, ことを, ところで, ところまで, やうな, やうに, 人々に, 人々の, 人も, 人を, 人達は, 光景は, 場所を, 壁に, 客の, 客は, 家は, 山は, 山を, 床の, 店で, 或る, 方言で, 景色と, 暗さ, 暗を, 月が, 木々の, 木の, 木立を, 松の, 柳の, 様子に, 歌ども御, 歌は, 比では, 気配を, 河岸を, 海の, 深さ, 物が, 畳の, 皮膚が, 眺望は, 空に, 空は, 者が, 自然は, 草木の, 農家の, 道は, 遠方から, 闇に, 闇の, 闇へ, 雪の, 風物に

2 [174件] あすならふ, あまりの, あるの, ある人, いい窓ぎわ, いい縁, いい草, ことらしい, ごつい我, しずけさ, すたれた寺, すべての, となりの, どこにも, ながめは, なれば, ものすべてが, よいところ, ようすに, イタヤ楓は, バーの, 一帯の, 下宿に, 丘に, 中を, 中茅屋根の, 事と, 二階の, 人々が, 人々へ, 人が, 人たちに, 人通りに, 人達が, 人間が, 位置にも, 光き, 光景の, 入口の, 別荘へ, 参詣人の, 古い寺, 古本屋の, 品が, 器具を, 土は, 地の, 地形を, 地理に, 地面に, 均斉を, 垣根ご, 埃の, 堀割の, 塵を, 壁を, 夜気は, 大店, 大気に, 大気は, 女の, 好い場所, 娘には, 寺, 小学校の, 小待合, 小芝居, 小路を, 屋根に, 屋根の, 山々には, 山々の, 山では, 山と, 岩から, 岸辺に, 巨樹大木も, 平坦な, 床に, 床を, 店の, 庭の, 建物の, 形勢を, 御忍び歩き, 悲惨醜怪, 手で, 新聞に, 新聞の, 方が, 旅館に, 暗闇を, 木立ちへ, 枯葉のくぬ, 枯野よこぎる, 柔らかい曲線, 柱に, 森に, 森閑と, 様子から, 樹木からは, 樹木が, 歌を, 水は, 沈黙に, 海では, 海には, 海を, 海上を, 海岸に, 海岸は, 淋しさ, 漁船を, 潮が, 火照りを, 灰色の, 物静かな, 物音が, 物音を, 猛火も, 瓜作り, 生活及び, 田舎の, 町は, 町屋の, 白堊の, 盆地景情は, 眼を, 矢場で, 秋の, 秋色を, 空気も, 空氣が, 立木の, 綱に, 緑の, 美しい街, 美しさ, 者の, 者も, 者御, 肉が, 肉の, 肉は, 芝生の, 草も, 草を, 草原を, 草木を, 蔭間茶屋にも, 薔薇色の, 行商人の, 裏屋より, 諸将, 貧乏人を, 賑やかな, 農家は, 農民は, 通りは, 道が, 里を, 野の, 門の, 階段を, 雲が, 靄の, 静かさを, 静けさと, 静けさに, 静寂を, 靜かな, 風光を, 風物を, 騒々しさ

1 [2231件 抜粋] あて字から, ありさま, ある者, いいお座敷, いい南, いい小屋, いい廊下, いい時間, いい窓, いい隣, いずれにも, うすよごれた, おもだった人たち, お客でしょう, お微行, お通り, くらやみから, ことで, ことまで, ごみためを, さびしくなった, ざわめきが, しづごゝろは通常静心, せっかくの, たたずまいは, だったらどうやら, つつましい観客たち, ところだろう, どこかへ, なごやかな山や, にらみも, はタンバグリ, ふくらみも, ほこりの, ぽつと, みんなを, ものすべては, ものでない, ものまでが, ものらは, やみの, やり方なり, よいやつ, よい奥, よい所, よい甲板, よい縁側, よりおいしい, わるい奴, アユの, カフェで, カフヱで, ギャマンの, サビシと, ステージで, チャブ屋に, デパートにも, ドナウをば, ビルディングに, ベンチは, ヤキトリ屋台が, ロシヤ人が, 一夜の, 一材料に, 一隘路の, 三箇国の, 上空に, 下宿屋の, 下駄屋さんの, 不思議の, 世界に, 両家の, 中川瀬兵衛池田信輝高山右近などからさえ, 丸木小屋を, 九尺二間には, 事でも, 事情が, 二川家の, 五万分図は, 人々から, 人々のぞよ, 人とは, 人人を, 人家に, 人心嶮し, 人目だけは, 人通りを, 人間で, 仏教美術から, 他何事も, 伊賀侍たちを, 位置らしい, 住民には, 佗しい, 作に, 使い屋は, 俥屋が, 停留場で, 僧も, 先生とは, 公卿も, 兵の, 兼合を, 冬景色だろう, 凄寥, 出品ものまで, 切り抜きらしく, 別荘には, 労働者は, 動悸を, 化粧品の, 十七銭に, 南側で, 印象から, 厳粛な, 口吻だ, 古い文化, 古寺の, 叫喚や, 司法官が, 同胞が, 名小説, 名高い寺, 味方へ, 商人からも, 商店でも, 喬木を, 回避工作に, 国詩革新の, 土人の, 土地は, 土着民が, 地が, 地主らしい, 地味に, 地方大学に, 地理も, 地面が, 基督教婦人の, 報告では, 墓の, 壁が, 士族で, 売春婦の, 夕暮の, 外人たちの, 夜の森じゃ, 夜更けを, 大人たちの, 大地あたりの, 大家という, 大氣, 大通りを, 大騒ぎと, 夫人が, 奧深い, 女でも, 女優の, 女学生と, 女給と, 奴輩を, 好い南向, 好い母屋, 好い部屋, 妓楼で, 娘さんや, 婦人の, 子供たちが, 学校ぢゆう, 学術雑誌を通して, 安気な, 宜しき所, 宮廷歌人だけの, 家々の, 家へ, 家庭は, 容子では, 寂しい火, 寒さ, 寺は, 寺院の, 小さなへや, 小場面, 小料理屋の, 小格子遊女, 小競合, 小高い崖, 少年の, 尾花が, 山々をも, 山には, 山中なら, 山家に, 山村においては, 山猿に, 山草や, 山野を, 岩石の, 岬であった, 島で, 嵯峨野の, 工場から, 左程, 常磐津の, 平家部落は, 広津さんの, 店員か, 廓にでも, 建物から, 弥次馬から, 強い位置, 形勢の, 役者に, 彼等の, 従業員は, 御事は, 御殿女中の, 御通行, 念書人の, 怪しからぬ, 悪い冬木立, 情勢を, 意匠に, 感じには, 戦いの, 戸の, 所謂美文よりも, 手下を, 扮本を, 描き反古, 描写にも, 攘夷家に, 放膽さ, 散所民たち, 文句は, 文学博士に, 料亭や, 断崖からは, 新しい空函, 新緑は, 新進美術家の, 方法としては, 旅店に, 旗本にまで, 日本の, 明るい光線, 昔話を, 春景色に, 時代では, 時計店に, 景気など, 景色などは, 景色らしい, 暁闇は, 暗から暗に, 暗闇と, 暮向きでは, 書き方には, 最上川に, 有様は, 朝を, 木々で, 木は, 木立には, 木賃宿に, 末流の, 朴実とでも, 杉戸に, 村から, 村民を, 杭に, 松に, 松風が, 林と, 枯木立鴉とまり, 柿の, 桐の, 桜狩, 梢に, 森の, 椅子の, 構内らしかった, 様子と, 様子も, 樟の, 樵人は, 樹木に, 樹林地帯の, 欄干から, 歌調に, 武士では, 歴史を, 殺伐な, 毛深い膚, 民政といふ, 気合を, 水の, 水を, 水郷を, 氷や, 池へ, 沈黙の, 沮洳の, 河柳を, 沿線から, 泣き騒ぐ, 洋妾だ, 活気を, 浜で, 浪人くずれ, 海が, 海底に, 海面が, 淋しい景色, 深い泥濘, 深緑樹が, 渓潭に, 温度が, 温泉地にでも, 湯屋の, 漁家は, 漁村に, 濶葉樹の, 火一つらに, 無聊な, 煤煙に, 父の, 物であろう, 物品に, 物蔭で, 物音の, 状態は, 狹隘を, 玄関の, 球突塲を, 生れも, 生活を, 田の面には, 田園には, 田舎しか, 田舎にでも, 田舎町の, 男の, 町中でも, 町家は, 町角に, 畑地や, 番頭なども, 病院に, 白い肉体, 白魚といふ, 百姓共は, 皮剥ぎ, 目抜きの, 真打たちだけ, 眺めに, 眼に, 知人の, 石の, 砂に, 破けたもの, 硝子を, 神話を, 稲作を, 空には, 空気そのものが, 空気に対して, 空間へ, 窓や, 立木までが, 竹藪や, 筆, 筋肉が, 節廻しや, 籬の, 紅葉し, 紙型鉛版屋を, 素見帰りが, 絵葉書には, 緑は, 縁の, 繁華な, 美しいの, 群れを, 群集に, 老僧, 者たちは, 者であった, 者らしい, 職人体に, 肉を, 肉筆の, 脂くさい, 脱肉, 自墮落, 臭い空気, 舟は, 船宿を, 色が, 色を, 花は, 芸者が, 若い衆は, 英字新聞を, 茶舖で, 草い, 草びらに, 草むらを, 草木は, 荒れ切つたさま, 荒廃色と, 菌狩に, 葦の, 蕎麥屋か, 薄明の, 薄暗さ, 薬草を, 藩の, 蘆の, 蛙の, 行商人は, 街を, 街路と, 衣類を, 裏通りを, 製糸家だ, 要処, 見当に, 見物も, 観測隊であったら, 言質に, 訛りで, 話に, 誰彼が, 論文には, 講義を, 谷の, 谿は, 豪壮に, 貴族の, 賑いに, 赤く脹れた, 路は, 踊りへ, 軒下に, 農家では, 近くの, 近習たちへ, 通りへ, 連山に, 遊里にまで, 道だつた, 道端で, 避難所という, 郊外と, 部分を, 部屋の, 酌婦で, 酔客を, 野原から, 野蠻人の, 金持の, 鋭い白眼, 長光寺と, 門弟の, 閑寂に, 闇が, 闇紙が, 陶工を, 隣町の, 雑音の, 雪を, 雰囲気は, 電柱の, 電車の, 霜枯れに, 青いかげ, 青侍や, 静かさに, 静けさとは, 静寂に, 靜けさ, 音で, 頭を, 顔を, 風儀で, 風景が, 風景も, 風習に従って, 飛毛を, 食堂へ, 馬蝿では, 騒がしいくらい, 騒音が, 騷ぎなどに, 高原を, 高楼の, 魔性の, 鰯くさい, 黒いの

▼ あたり~ (2854, 14.3%)

38 気を 19 人の, 眼を 18 住んで 16 なると 14 漂って, 目を 13 見て 11 人が, 何か 9 動いて, 手を, 来て, 立って, 落ちて 7 見たの, 誰も 6 あるの, 人は, 人も, 来ると

5 [15件] あって, あつた, 人影が, 散らばって, 汗が, 満ちて, 疎い北, 置いて, 落して, 行くと, 見せて, 見ること, 見るよう, 重ねて, 隠れて

4 [24件] あたつ, ある, あるよう, した, なって, なりましたる段, なるの, 一匹の, 人なき, 何が, 垂れて, 宿を, 巣を, 散乱し, 残って, 比べると, 注意を, 腰を, 行って, 視線を, 迫って, 遊んで, 集まって, 響いて

3 [26件] あった, あるもの, いるの, ちらちらと, ついて, なれば, 一台の, 人気の, 來る, 出て, 出没し, 力を, 妙な, 幻の, 彼は, 微かに, 泊って, 注意し, 潜んで, 灯の, 見えない, 見えなかった, 見ると, 足を, 際立つて, 飛んで

2 [176件] あったと, あったの, あったもの, あると, いつまでも, いないの, いらっしゃって, いれて, うずくまって, うろうろし, うろついて, かかって, かがやいて, かけて, かすかな, きこえて, くつきりと, こだまし, ころがして, ころがって, ごう, さける花, さしかかって, さまよって, して, そっくりな, そのお手本, それを, ただよ, ただよった, ただよって, だれも, ちらばって, つくしも, とび散った, とまって, ひつから, ひろがる樹木, ほんの一寸五分, もう人間, ウロウロし, カン蛙の, チラリと, フワつい, 両腕, 二三本ぐらいずつ, 二筋三筋の, 人かげも, 人影は, 人気は, 人通りの, 他の, 住むは, 住むもの, 來て, 倒れて, 写生に, 出して, 印を, 又筋, 口紅が, 右の, 向って, 夕靄が, 夜を, 大長者, 女の, 姿を, 子供つどひ, 客の, 家が, 寄せもやし, 小さな純白, 居りて, 巨大な, 店を, 弓の, 当って, 影を, 彼の, 往って, 徘徊し, 微苦笑を, 憚る, 戦の, 投げて, 拳大の, 持って, 撒き散らして, 散らばった, 旅館は, 書かれたもの, 月が, 月の, 木を, 来る頃, 松が, 桜が, 森江しづと, 横たわって, 死んで, 残されて, 比べて, 毛を, 水が, 水を, 沈んで, 流れる汗, 浮かべると, 浮んで, 涼しい風, 漂着した, 漲って, 漲らせて, 漲りわ, 潜伏し, 火を, 現れて, 生きて, 生まれて, 発して, 白, 白いもの, 皺を, 盥を, 相当する, 真白な, 眺めました, 眼は, 砂を, 磔柱を, 秀吉やら, 私の, 私は, 移転し, 穴を, 立ち籠め, 立つて, 立てて, 縮めた程, 置いた手拭, 置いた桶, 翳して, 自分の, 至れば, 茶店は, 草庵を, 蝿が, 血が, 血の, 見えたの, 見える, 見せ付けられたこの, 見た, 見た時, 見つめて, 見ながら, 見ゆるもの, 見るに, 見れば, 見当を, 言ふ, 評判の, 説かれて, 足跡でも, 転がって, 迫るよう, 遠慮し, 針を, 鋸を, 集って, 集結し, 非常に, 響いた, 響かせながら, 顔を

1 [1997件 抜粋] あたつた, あったこの, あった木, あていきなり, あふれて, ありしと, ありは, あるかなし, あるのに, あるやう, ある兵, ある梅, ある藤井, いきいきと, いくらか血, いたこと, いた奴, いった, いて, いは, いらつし, いるただ一人, いると, いるらしい男, いる動物, いる小鳥, いろいろの, うずめるという, うようようご, えらい勢い, おこった急変, おのが, おトメさん, お長屋, かがやくころ目, かけ沿道, かじりついて, かっと日, からみついて, きこえた商人町, きろきろ, くつつい, ぐさりと, ここまでの, このおそろしい, この會, この瞬間, こまッちゃ, さがし求めたの, さしのばした, さまようよう, しきりに砂, しっかり押し付け, しゃがみロザリオ, しるくて, すごす, すむの, せばめて, そこへ, そっと手, そのよう, その家, その痕, そよふく風, そんなもの, たくさん散らばっ, ただよい流れるの, ただ一つ, たちこめ壇上壇下人声, たのんで, ちがいない, ちょんぼり, ちらりと皮肉, つきそう, つづいて, とつぜん円い, とびちりました, どうした, ないでも, なにか落ち, なりました, なるかしら, なるよう, なろう, にがさ, ぬらりと, のり合わせて, はじまる感覚, はびこって, ぱっと灯, ひとしきりざわめき, ひどい打撲, ひびきわたるよう, ひよつこり彳, ひろがるから, ふさふさと, ふりそそいで, ぶつかった, へこんで, ほつれて, ほのぼのと, ぼうっと朝, ぽとぽとと, まご, また自分, まだ秋, まわして, みなぎらした, むごたらしい軽蔑, むらがる友, もうもうと湯煙, もさういふ傾向, もつれて, やはりあらぬ, よくあった, わらじを, ゐると, ゐる年長者, エホバを, クッキリと, ゴロツイて, センシュアルな, ナワの, ヒヤリと, フォリー・ベルジェアの, ヘソが, マッチの, ルルの, 一きわ大きく, 一つ一丁おい, 一の, 一人の, 一城市を, 一寸気を, 一本の, 一泊し, 一種静かな, 一艘の, 七八本, 三四人動い, 上つた, 下げて, 下流から, 不行儀に, 並んだり, 中田といふ, 乗客たちの, 二つ三つそれが, 二三軒の, 二寸ばかりの, 二重の, 五色に, 人っ子一人も, 人体の, 人家なく, 人影も, 人眼が, 今ごろ来, 仏法, 伝えました, 位置し, 住ふなる, 住む, 住む甲源一刀流, 住んでる人, 何かが, 何にも, 何やら入れ墨, 何處か, 作られた御仮屋, 來た, 保存され, 傾いた板屋, 働いて, 充分気, 光被し, 八五郎の, 具合よく, 冷然と, 凭れかかって, 出かけて, 出品され, 別居します, 到れば, 刻まれて, 割り込んで, 動くもの, 匂って, 十人あまりの, 千草色の, 南町奉行所が, 及ぶと, 友達の, 反響する, 口を, 古めかしい葛籠, 古鉄の, 吊つて, 向けずなりに, 君の, 吹き寄せる横笛, 味を, 啼きむつみ居る親豚子豚, 囲って, 土塀に, 在るすこし, 垂らした小柄, 垂れ下り, 塵一つ落ち, 変に, 外套を, 多い吉野桜, 多くの, 夜店を, 大きい石, 大きな吸盤, 大便所が, 大峯山脈の, 天平が, 奇異な, 妙に, 姿が, 子供の, 客も, 家は, 寂しい笑い, 寝かされて, 将門が, 小さい公札, 小さな腫物, 小屋を, 小豆粒, 少しも, 少し黄味, 居たんぢ, 居なかった, 居る人間, 屋根の, 屯し, 山嵐の, 差しこむと, 帰るらしい軍人, 平めかした, 幽霊が, 幾条もの, 座つた, 廓の, 引き廻らせれば, 引釣つた, 当たっても, 当る, 当るらしく或は, 往来の, 得體の, 御座あろう, 微笑さえ, 心を, 忍びやかな, 思い泛, 急造の, 息づかいを, 悄然と, 意識し始めた, 懸った, 或年, 戰へり, 手弱女, 打たれた寂しい, 抑へる, 抗議しない, 押っかぶさっ, 拝観する, 持てゆく, 振り蒔きつ, 捨てられた仔猫, 据ゑて來意を, 掛けて, 接し居ながらに, 描き出すやう, 搜し, 撒きちらし世間, 教化を, 散って, 散らかつて, 散らばらずその, 散りぢ, 散り敷いて, 散れば, 敵の, 斬りつけそうして, 旅行する, 明るいうち, 昔僕の, 昼の, 時を, 普通に, 暗を, 暮して, 書庫の, 月黒き, 朝日屋という, 朱塗りの, 杣の, 来た時, 来るの, 松飾り立てし, 柱を, 根を, 梅が, 棚引いて, 植木が, 極めて美しく, 様子を, 歌は, 此う, 武者ぶりついた, 死屍が, 殺到し, 気兼ねした, 水仙が, 汗か, 河口の, 泊る心, 泥が, 泰軒を, 流して, 流行し, 浮かべた, 浮べた, 浮雲が, 浸み透りまた, 深いしわ, 混血児は, 温霧谷の, 満ちあふれた, 満開した, 滲み出た油汗, 漂い遠目, 漂うのみ, 漂った, 漂はせ, 漫談ショウを, 漲ります, 漾つてゐた, 澱んだ膿, 濡いの, 火の粉を, 灼けるよう, 烙を, 煤だらけの, 熱が, 燕の, 爆弾を, 牧場の, 特有な, 犬の, 狭い部屋, 猛鳥が, 現はれ, 現われる過度, 生々した, 生命の, 用事が, 當て, 疳の, 瘤が, 発見せられた, 白い洒麗, 白白と, 皺手を, 目撃しつ, 眉刷毛を, 真紅な, 眺めること, 眼鏡を, 矢張りかかる, 研究室と, 祖国日本の, 移って, 稲毛へ, 空虚な, 突拍子な, 立ちこめてる闇, 立ち並んで, 立ってるの, 立罩め各自の, 端を, 笑ひ, 筆で, 糸を, 細かい痙攣, 組み合せて, 結び合わす香, 絡んで, 絶えず滑動油, 綴られて, 縁類の, 罩って, 置かれたと, 美しく咲きほこっ, 翳しつよき, 耳を, 聞える, 聞くよう, 聳えて, 肴屋の, 自動車が, 至ると, 色が, 花見に, 若き詩人, 茅萱が, 草も, 荒布の, 華やかな, 落ちた, 落散りし, 蒼味が, 蕭蕭と, 薄日が, 薬師町が, 蛙が, 行きわ, 行くより, 行つてゐた, 表わ, 襲うて, 見えては, 見えなくなって, 見かけなかった, 見せられて, 見たという, 見た不思議, 見つけるもの, 見はって, 見られなかったから, 見るが, 見るやう, 見る心地, 見廻すまでも, 見彼, 覘いを, 触ったり, 触れ妙, 詫び住居した, 誰か二人掴み合っ, 賊でも, 赤い色, 越したこと, 足跡が, 蹲りて, 車道が, 軽い笑い, 載つかつ, 辻斬が, 近い枕木, 迚も, 透した, 通ったの, 運ばれるころ, 遠く眼, 部屋を, 重いもの, 重大きわまる, 金の, 鈴を, 鉱山の, 銀鱗の, 鋭く白く光る, 鎧でも, 長く引いた, 閃く扇, 間の, 陣し, 陸地の, 隱しきれない, 集った子供達, 雨だれの, 雪田ある, 青煙一抹, 面を, 響きながら, 響き渡る景気, 響くやう, 頭の, 顎を, 颱風を, 飛びちりそうして, 飛び散って, 飛び散る, 食べあたり, 香った, 駅員の, 高貴な, 鬼出で, 魚か, 鶏犬の, 黄ばんで, 黒い塊, 黒子が

▼ あたり~ (1787, 8.9%)

18 急に 16 まっくら 14 しんとして, 一面の 13 ひっそりと 10 真の 9 シーンと 7 ありませんか, 森閑として 6 しんと, すつかり, まっ暗です 5 お前の, だんだんに, だんだん暗く, ひつそりし, 一面に, 俄かに, 静かに

4 [13件] うす暗くなっ, さすがに, しいんとし, しーん, まっ暗に, 夜の, 昔は, 森として, 森閑と, 火の, 真暗に, 静かで, 静かな

3 [20件] いよいよ暗く, うすぐらくなっ, すっかり暗く, そいつが, ひっそりし, ひつそりとして, ひろびろと, まっ暗で, もうすっかり暗く, もう暮れ, もう薄暗く, 暗いし, 梅の, 森と, 死んだよう, 汗が, 目立ぬ, 薄暗くな, 薄暗くなっ, 静かだった

2 [114件] あけぼのの, ある, いうまでも, いっそう蔭, いっぱいの, いまだ雨, うすぐらいの, かすかに, かたなしですね, さうし, しいんとしずまりかえっ, しいんとなった, しいんと静まり返っ, しんとしずまりかえっ, しんと静まっ, しんの, すっかり夜, だんだん明る, とっぷりと, どこも, ないか, ないかと, ねえか, ねえの, ひつそりと, まずここ, まだ一面, まだ安穏, まだ明い, まだ薄, まっくろな, まッ, もううすぐらく, もうとつぷりと, もう夜, もう暗い, もう暗く, もう真暗, もう真白, もう薄暗, もう遙, よく見える, よほどうすく, 一体に, 一家全滅の, 一尺掘る, 一面, 京都の, 人気が, 以前の, 何だか冷たく, 何も, 例の, 全くの, 全く工場地, 全体に, 冬の, 凸凹坎, 前よりも, 墓の, 夜に, 大正時代にも, 大變, 妙に, 妾の, 幹事の, 廣, 彼の, 徳川幕府の, 徹宵でも, 明るかった, 明るかつ, 春の, 暗かった, 暗くなっ, 暗くなった, 暗くなる, 朧ろに, 木曾川の, 未だも, 東京から, 森閑した, 毎晩の, 気が, 気味の, 水だらけに, 水を, 水草の, 江戸の, 流石に, 浪打ち, 海の, 淋しいところ, 火には, 火の粉も, 灰色の, 白, 眞つ, 眞暗, 真っ暗だ, 色が, 若葉の, 薄明である, 薄暗かった, 藍色に, 見る見るうち, 赤土の, 雪が, 静かであった, 静まり返って, 風が, 高座で, 鯉が, 黄昏の

1 [1286件 抜粋] あえて言わなかった, あの台湾征伐, あまり明るく, あれで, いいが, いかがで, いくたび, いずこももう, いっそうさびしく, いつか薄暗く, いつの間にか大分靜, いつも寥々, いまでは, いやに, いよいよしずか, うけ合, うすぼんやり, うるしの, おだやかで, お屋敷, お暗く, かえって趣, かっと瓦, かなりに, かなり明るく, かなり深い, きっと団子坂, くらくなり, こけて, ことによる, ことの, この以上, この新, これで, これまた, ございます, ございませんでしょうか, ご代参, さぞお, さっきの, さも, さんざんの, しいんと静まり, しずかでしょう, しづかである, しんしんと, しんとひそまり, しんと静まり返っ, しーン, すかんぽや, すこし褪め, すごい雨あし, すっかり明り, すっかり晴れ, すっかり焼け, すっかり薄暗く, すっかり黄昏, すでにぐんぐん明るく, すべてお祭である, すべて静寂生活の, ぜひ札幌, その依頼者, その大, その頃, そろそろぼく, たいがい共産党員の, ただに, ただ夕明り, たとうれば, だんだんさびしく, だんだん暗, ちよつと, つい一二年前, とくに人里, とっぷりくらく, とても難, どうしても女, どうだい, どこの, どなたの, どんな夏, どんな様子, ないと, なか, なかなかに, にぎやかな, にわかに月光, ねえかな, ねえが, ばたばた人, ぱっと明るく, ひつそりしてるた, ひどい落葉, ひどく荒され, ひろい屋敷, びっくり箱だ, ほとんどまっ, ほとんど恋愛結婚, ほの, ほんとにありありと, ぼうっと夢, ぼうぼうと, ぼーっとした, ますますうすぐらく, またしいんと, またもと, また晴々, また阿, まだごつ, まだひ, まだヒル下り, まだ人通り, まだ地の利, まだ寝静まっ, まだ御, まだ暁, まだ暗く, まだ渓谷, まだ真, まだ開け, まったくおそろしい, まったくものさびしく, まったく変った, まったく焼け野原, まるで大雨, まるで山奥, まるで煙, まるで薄荷水, みな軒の, むかし通り深, めったに男子, もううす暗く, もうしんと静まり返つ, もうすっかり夜, もうすつかりくらく, もうそろそろ妹菊路, もうもうとした, もう人気, もう参った, もう故郷, もう明るく, もう灯火, もう空気, もう芽, もう薄ら, もう蛍, もう黄, もちろん真っ暗, もとの, もとより往来, もはや陣屋風, やがてひんやりと, やつと, ややきいた, やや寂しい, やや高く, よく暖くも, よく踏み, よっぽど明るかっ, イビキ声で, ギボウシが, ゲッソリす, シーンとして, ソロソロと, パッと, フィレンツェの, ミルクだらけという, モスク, 一つ別荘でも, 一体よく泥棒, 一寸うまい, 一層いぶせく貧し, 一層静か, 一抹の, 一様に, 一段と騒がしく, 一面匂い立つ, 一面竹林に, 七兵衛お松が, 三カ所ぐらいと, 三軒茶屋堤の, 不気味な, 丘と, 中央の, 久良は, 乾草の, 二三本繁った, 云うまでも, 人の, 人を, 人影も, 人通りが, 今でも, 今までの, 付いたが, 休まねば, 低い松, 何だ, 何という, 何事も, 何處かへ, 余程心持, 依然として変らぬ, 依然として死, 偃松が, 僕も, 光明昼の, 全くない, 全く人気, 全く手, 全く暗く, 全く變, 全く霞み, 共産党の, 其時の, 再び暗黒, 写らずもがな, 冬に, 凄じい焔, 切られては, 前岸, 剣道の, 匂いに, 北風の, 十号ガスの, 危ないの, 却, 又お, 又景子, 取り分けて, 古戦場だ, 只一時, 名だたる腕っこき, 向うへ, 味つ, 品川の, 四角な, 土色を, 地の, 埃っぽく, 埋立地の, 塩辛くなる, 墓場そのものであった, 墨を, 壺へ, 夕がたの, 多分山科, 多少所謂, 夢窓国師の, 大してちがい, 大入道が, 大変さびしかっ, 大夕立, 大抵いい, 大木の, 大石楠の, 大芝居, 大雪だろう, 奈良にも, 女かと, 女の子の, 姿を, 学校を, 孰れ, 定めし冷たかろ, 実に荒涼寂寞, 実際行っ, 家も, 宿と, 寂として, 寂莫と, 寒い闇, 将軍は, 對岸でも, 小ざっぱりし, 小者たちが, 少し休めた, 少し脚色, 少少怪しい, 屡々その, 山に, 山の手の, 山みな峨々として, 山門からは, 岩の, 峰頭が, 差しいれたの, 市橋壱岐守と, 常の, 平家の, 幽邃だ, 幾分谷, 広い道, 店の, 庭木の, 建物が, 彼でなけれ, 往来の, 御墨附, 快い自分自身, 忽ち阿鼻狂喚, 思い出して, 恰も娘, 恰度, 悉く開け放され, 悲しさ, 感慨を, 憂いと, 成層圏だ, 戰場ヶ原から, 手の, 押し返されないほどの, 持つて, 摺り切れない, 数寄者通人の, 新しい赤煉瓦, 旗の, 既に濃藍色, 日々町に, 日に, 旧士族, 早朝から, 明るい, 明るい朝, 明るくない, 明るさ, 春日山麓の, 昼の, 普通裸で, 晴れやかな, 暖こうござります, 暗いの, 暗くつて, 暗く冷やか, 暗しまだ, 暫く静か, 暮れそめ, 最早すっかり溶け, 朗か, 朝陽を, 木が, 未だ寒気, 本人の, 来るだろうと, 東京の, 東海道線の, 板に, 柔かな線で, 案外静まり返っ, 森にでも, 森や, 模糊として, 樹木に, 次第に寂しく, 次第に薄暗く, 正に, 武蔵野も, 歸る, 死の, 殆ど真暗, 殊に味, 殊に感じ, 段々薄暗く, 比較的平穏, 民家も, 水底の, 水特に, 汽車の, 沈黙だった, 油が, 洞穴の, 浜ひろがり, 海岸で, 涼み台を, 淡水で, 深山の, 深閑と, 渦を, 湖の, 湿っぽく霧, 満洲, 濁れり, 火ばかり, 灯影の, 無かった, 焼け野原と, 熊野本宮の, 父さんの, 物暗けれ, 特に地腫れ, 狼藉たり, 猶さら, 琉球芋を, 田舎の, 町へ, 異樣, 當時の, 病中の, 白壁の, 百舌鳥の, 益々さびしく, 直衣狩衣の, 真っ暗であった, 真っ暗もちろん, 真に迫っ, 真暗だ, 真暗で, 真暗闇, 真青に, 矢代の, 知っての, 知らぬ事, 砂地の, 碎かれてを, 神々しかつ, 禅宗が, 秋草に, 稍や, 穢ない, 立とうじゃ, 米や, 紅葉が, 紫色の, 絶えて, 綾目も, 繁華な, 美しく切り開かれ, 耕地の, 脂汗の, 自分も, 芒が, 花の, 茫漠と, 荒れて, 荒町の, 菜園や, 落石が, 葭やら, 薄明り, 薄暗いの, 藁屋ばかり, 蘆の, 蝙蝠傘を, 行きても, 行燈が, 被贈, 見えないだらうか, 見える, 見るうち, 見わけがたい, 見物が, 言語に, 谷底か, 赤, 赤く暗く沈み出し, 趣を, 車の, 軒並に, 転換後の, 追, 通れなかった, 道に, 都会の, 醜く角張っ, 野伏の, 金粉を, 金襖の, 銀屏の, 鎮まりか, 間の, 闇と, 闇黒と, 陰暦の, 随分荒れ, 雑踏を, 雨かとばかり, 雪でしょう, 電灯も, 電車製造場と, 青々と, 静かである, 静に, 静まり切って, 靜か, 面白いには, 音も, 風雨に, 食ふらしい, 飯だらけだ, 馬車の, 騒々しくなった, 驚くほど, 高原らしい, 髪結が, 鰡の, 鳴物御, 黄色く頭, 黒き瀬, 黒潮から, 黒部川も

▼ あたり~ (1078, 5.4%)

21 急に 9 明るくなった, 暗くなっ, 静かに 8 暗くなった, 暗くなる 7 しいんとし 6 俄に 5 しんと, ないと, まっ暗に, パッと, 明るくなっ, 明るくなる, 真っ暗に, 薄暗くなった 4 どうも見た, なかった, ひっそりと, まっくら, よくて, 一面に, 変に, 暗いので, 灰色に, 真暗に

3 [16件] あるん, うす暗くなっ, きぃん, だんだんに, ないの, ひっそりし, ひつそりとして, ほんのしばらくしいんと, 全く暗く, 妙に, 悪いので, 暗くな, 歪んで, 痛んで, 霞んで, 静かで

2 [53件] あったん, ありそう, ありますか, ありませんか, ある, あるの, あるので, いいな, しいんとなった, しいんとなる, すっかり青く, だんだん暗く, ついて, とっぷり暮れ, ない, ないとは, ないので, ふっくりと, ほの, ほのかに, ぼんやりと, みんなぐらぐら, むずむずし, よいの, シーンと, ムズムズし, ムズムズする, 人間修業と, 余りに明, 俗に, 夜の, 好きと, 寂しくなった, 小刻みに, 広くなっ, 暗い, 最も古い, 栗栖の, 森閑と, 極端な, 気に, 特別大, 白んで, 緑の, 肥えて, 薄暗くな, 薄暗くなっ, 薄暗くなる, 見えるよう, 静かな, 靜かに, 非常に, 黒

1 [767件 抜粋] あかるくなっ, あたりだけに, あって, あつて, あまりに乱雑, あまりに静寂, あまりに騒騒しく, あまり喧音, あらはに, ありますかの, ありますから, あるか, あるかしらと, あると, あるというち, あるなら早く, あるもの, あるやう, あんな焼け跡, あんまり静か, いいこっ, いいだろう, いいという, いいところ, いいもん, いずれも, いちばん深く, いっそううす明るく, いつと, いつの間にか租界外, いわゆる間, うすぐらくなっ, うすぼんやり, うす明るくなった, うそ痒い, おありでございます, おとなしくて, およそ日帰り, おれの, お母様と, かえって朦朧, かすんで, かなり甘ったるい, がらんとなった, きいんと, きっと来, きらきらと, きりきりと, ぎくぎくと, くすぐったい, くらくなっ, くらくなる, ぐるぐる回り出す, こえて, ここに, ことにおもしろく, この人, この挨拶, こんなところ, ございますならぜひ, ございますならば, ご順年, さうなの, さすがに, さっき脱出した, ざわざわし, ざわざわする, しいんとした, しいんとして, しいんと静まり返った, しずかに, しっとり重り, して, しんとして, しんとなる, しんと静まり返っ, しーん, すうっと, すっかく, すっかりきれい, すっかり林, すっかり真暗, すっかり静まりきった, すべて瓦礫な, する, ずいぶん荒く, そうぞうしくなった, その主体, その春, その間に, それだ, それとなく別れ, それまで, そんなこと, ぞくぞくと, たべ頃, たまらなく冷たい時, だんだんだんだん明るく, だんだんと, ちょうど不破, ちょうど切目, ついた, ついたという, ついたよ, つかない, つかなかった, つかねえ, つくかな, つぼむやう, つまり国境, つよいんで, でき, とつぜんに, とつぜんまっ暗, どきどきと, どこかへ, どんよりと, ないかと, ないでも, ないン, なかつたので, なければ, なんとなく心細い, にわかにシイン, にわかに痩せた, はじまりでは, ぱッと, ひっそりした, ひっそりする, ひときわ暗く, ひどいよ, ひどくおいしくなかんずく, ひどくすさん, ひどく騒々しい, ひらけ木立, ひりひりする, ひろびろと, びくり, ぴくりぴくりと, ふくだみしち, ふくよかであった, ふくらんで, ふっと静まった, ふとって, へんに, ほとんど彼女, ほの暗くなった, ほの暗くなる, ほんのり白く, ぼうっと成った, ぼうつ, ぼっと暗く狭, ぼんやりくらく, ぼんやり暗く, ぼーっと見えなくなった, ぽっと明るく, ぽっと白く, またお, またき, まだ湿れ, まっ暗で, まひるの, まるで両国, まるで先生, まるで新蔵, まるで薄荷水, みんなくらくらし, むかついて, むず痒い, むづ, もう, もう中年, もう日焼け, もう暗, もう薄暗かっ, もう黒ずんだ, もはや薄暗く, やかましく言う, やけにむづむづするのである, やっとおちつい, ややぽかぽかし, やや暗い, よい, ようて, ようやく物, よかろうで, よくてか, よく見えます, よく見える, わかったよう, わく, わなわなと, カンテラの, ガクガクふるえる, キュウーと, クリクリと, ゴタゴタいっ, ザワザワザワと, シテに, ズキズキと, チャラチャラと, チラリと, ネタを, ハッキリし, ビリビリ虫, ピリピリ顫, ポカッ, ポッキと, ムカムカとして, メトロポリスに, ロッパブレントラストを, ワナワナと, ワンサ, 一つ席に, 一層森閑, 一時に, 一杯の, 一番両方の, 一番古び, 一番息の, 一番臭い, 一種の, 一際黒く, 一體に, 三十カイリの, 三輪の, 中心である, 中心と, 丸く膨れ, 主唱と, 乗るの, 二つに, 二階へ, 人を, 仄かな, 今では, 仏蘭西に, 付いた, 付いて, 仰がれる程度, 仲人を, 何か, 何となくがらん, 何となく淋し, 何となし, 何故僕, 余りに静まり返っ, 余計闃, 作って, 例の, 便所だった, 俄かに, 僅に, 優しい呼吸, 先づそれを, 先に, 全く空々漠々, 全で, 冷, 冷たくなっ, 冷たそう, 出ず入らずの, 切従えた, 初穂で, 劇場広場だ, 動かねえところ, 勢力を, 匂つたのか, 十巻の, 卑い, 南国的な, 却って何, 却つて朦朧と, 原書で, 原産地注意らしい, 又も, 又一際, 叔母の, 口の, 可なり, 司令部に, 名代の, 呑まれて, 四五寸程も, 土佐と, 塚らしい, 夜半に, 大きく裂けた, 大学の, 天井だ, 好いぜ, 好いので, 好くつて, 妙な, 威張るとこぁ薩張り, 子供に, 実に静か, 寂寞と, 寂然と, 寒くて, 寒くなっ, 寝静まるまで, 寺島村だ, 少し悪く, 少し明, 少し蒼, 少し蒼ざめて, 居合わせて, 屋根から, 屹と, 工事中の, 広漠と, 張るよう, 強くて, 微かで, 微かに, 応接間の, 思い出された, 急にに, 怪しゅう思われる, 恋しかった, 息苦しくなりました, 悉しい, 悪いせい, 悪く四方森林, 惡いとい, 想像された, 慨世的に, 戀ひし, 担ぐの, 揺れたと, 政治と, 教養の, 明かるく, 明けて, 明るいばかりで, 明るくな, 明るくなり, 明るくなり始めた, 昔から, 昼間の, 景気づきました, 暗いうえ, 暗くて, 暗くならない, 暗くなり, 暗くなります, 暗く正面, 暗黒に, 暴く水, 最も張り合, 最も真剣, 最初であったろう, 有耶無耶に, 朧げな, 来やしないかと, 柔かで, 森閑として, 模糊として, 死んだよう, 殆ど西洋人に, 殊に刻み, 殊に晴々, 殺気立つほど, 気に入りませんな, 気味悪くねとねと, 気慨も, 洗われ匂いつつ, 津軽の, 浜口君だった, 淋しくなっ, 淋しそう, 深い水, 混雑し, 湖畔と, 漏るもの, 火に, 火の粉を, 無いで, 無いと, 焦げちや, 焼け野原と, 片づく, 狭かった, 珍しいもの, 生姜の, 町に, 痛むほど, 発源地らしい, 白い虹, 白くなった, 白け渡ったよう, 白じ, 白みはじめましたが, 白み出して, 盛り上がって, 直ぐに, 相当だろう, 相續, 真っ白で, 真暗な, 真紅に, 眺められる, 眼の, 破けでも, 破れて, 祖父母や, 私たちの, 秋の, 穏やかならぬ, 空洞の, 空白に, 窓に, 筋を, 粉本かも, 細川越中守の, 終りかナ, 締めつけに, 美しいレエヌさん, 美味の, 老いの, 肉づい, 背後に, 臭い, 良かった, 良心的な, 芥川を, 苔むして, 茫っと, 茶の間に, 落ちさ, 落ち付かぬよう, 葱畑で, 蒼くなっ, 薄べ, 薄明く, 薄暗い荒廃, 薄暗くなつ, 薄暗くなりかけ, 薄暗くなりかける, 薄暗く私, 薄暮の, 薄痣, 薄紫に, 薄紫色に, 血走る目, 裂け惨憺, 要害の, 見えた, 見えます, 見えませんでした, 見えるやう, 見たの, 見わけられるよう, 見分けられる位い, 見廻されて, 誘って, 読まれて, 貴重な, 賑やかであれ, 赤, 赤く濁った, 赤らんで, 躍起と, 軟かな, 透明な, 連り, 道節の, 都に, 酸つぱくなり, 鈍く重苦しい感じ, 鏡だった, 長沼です, 開拓した, 閑静で, 闇に, 陰気に, 雪の, 雪は, 青々として, 青くしん, 静かである, 静かであれ, 静に, 静まって, 静まり返って, 靜か, 靜かなので, 須臾の, 頑丈に, 騒々しい, 騒々しくて, 騒がしくなった, 騒がしく頭, 高く低く浪, 鳴る度, 麻れる, 黄昏の, 黄金に, 黒く見えた

▼ あたりから~ (1062, 5.3%)

9 急に 6 見ると 5 出て, 遊びに 4 あとは, 妙に, 血が 3 して, 何か, 右へ, 流れて, 火が, 私の, 私は, 見るの, 道は

2 [40件] であった, である, でて, ポツ, 一葉二葉と, 三十一日を, 上を, 上流へ, 下に, 下の, 下を, 二つに, 仕事の, 先は, 冷たい息, 出たもの, 士族屋敷地へ, 多くなりました, 多くの, 妙な, 始まって, 彼は, 急激に, 書きはじめるべきと, 松林に, 水蜜桃や, 渡来した, 田町へ, 発したよう, 発生し, 眺めると, 聞えて, 聞こえて, 自から, 自分の, 血を, 谷が, 起って, 金を, 間近な

1 [918件 抜粋] あおられるとも, あっと, あの女, あの波, あの蛾次郎, あゆを, ある病院, いちめんの, いまだに消え失せず, いよいよ凜然, いろいろの, うたの, うれしや, お, おさめる考え, おとなしくなつた, おびただしく春, お互いに, お聞き, かすかに, からだの, がんがんと声, きょうは, くっついて, こう泣癖, こっそり忍ん, こっちへ, このあたり, この一行, この町, この種類, これ迄, さすがの, さまざまの, さる者の, しきりに地図, しばしば飛脚, じゃんじゃんぼうとやりだしそうな夜ふけ, すっかりよくなっ, すつかり, すでにすでに諸国, ずっと先, ずっと長く, ずるずると, そこここと, その事, その時静, その辺, それとなく先方, それまで, それを, そろそろあらわれ始める, そろそろその, そろそろよい, そろそろ陣竹, ぞくぞくとして, ただ剣術, だ, だして, だと, だん, ちょか, つむりを, つん昇つて, であつ, できるだけ大きな, でしょう, では, で更に, で西郷, ときどき彼, とてもキレイ, とびだしたもの, とれて, どうどうと, どんどんど, なかなか面白く, ななめ上へ, にわかにさわがしい, にわかに雪, のぼりはじめ一晩, はじまって, はや眠り薬, はるばるやって来る, ひさ, びた公や, ぶらぶらし, ぼくは, ぽうっと薄, ぽうっと赤く, ぽつぽつ仕事, まずきこえた, また一箇, また流行りだした, まだ子供, みると, めったに秀吉, もうぼつぼつわからなく, もう僕, もう旅人, もつと, もとへ, もれて, やって来る行商人, やっと四斗俵, やつと, やや横, やりたいと, ゆらりゆらりと流し, らと, わざわざ来る, わたくしどもの, アナウンサーの, アメリカ流の, ガラス絵は, ケリムの, スタンフォードの, ズーッと, ソヴェトの, ダクダク汗を, ノイザールという, ヒステリーの, ヒントを, ベットリと, ペレニウスの, ボツリボツリと, ポキンと, ポツポツ退屈, マア坊は, メードたちが, 一つの, 一帶に, 一日に, 一緒に, 一転し, 三, 上って, 上向きに, 上流には, 上田辺まで, 上陸し, 下宿の, 下駄を, 不思議な, 不意に, 丘陵の, 中国路の, 中山は, 乳の, 二万フィート級の, 二三条の, 二度目の, 二科会で, 云い出されたこと, 人が, 人声が, 人間の, 今まで, 今度の, 他の, 以前は, 仰ぎ見るシャスタ, 伊那の, 伝えられたもの, 伝来した, 佐久間町の, 何を, 何故かお, 佳くなった, 使用され, 例の, 倫敦の, 傳へられたらしく, 先手廻しを, 先生の, 入りこむの, 入れること, 六甲山を, 内々内奏の, 内海達郎の, 円タクに, 再び火焔, 凄まじい乱戟, 出たと, 出來, 出勤する, 出血し, 分れた肉, 刈上げ餅を, 初夏らしい, 助郷人馬, 動きだしたらしいです, 勝手に, 北に, 北即ち, 北方を, 半蔵の, 単行本に, 去って, 又ひとしきり寒, 又も, 又他, 又暫く注射, 友禅の, 取り出して, 取出して, 取材した, 口笛を, 台坐, 向うの, 君江は, 君畜生谷が, 吹きおろして, 吹き下ろして, 吹く風, 問屋の, 喨々と, 嘉門に, 四月七日ごろへ, 圓山川の, 地中へ, 坊ちやんを, 埃を, 執拗に, 塗りの, 声が, 多少づつ變, 夜にな, 大いなる太陽, 大いに面白く, 大に, 大分それでも, 大分手を, 大原の, 大師流あたりを, 大門前, 天へ, 天狗小僧なる, 奥方が, 女にな, 妙ない, 始まった菓子, 始まる, 始めるべきだと, 娘の, 孤山の, 密林が, 富士見村の, 察しまする, 射して, 小僧を, 小学校を, 小田原の, 小道が, 少しづつ意識, 少し横腹, 尾い, 居留地新大橋の, 屯に, 山も, 山県紋也の, 山道を, 岩菅山へ, 川幅は, 左右へ, 差し廻される馬車, 市兵衛駕籠が, 帰って, 幕軍全く, 年まえ, 幾分か, 床の, 床までが, 庭の, 引き上げて, 引き返して, 形成され, 往来う, 待乳山に, 後の, 後を, 後悔が, 御喜悦, 御料林だ, 微風に, 応援に, 思いも, 急勾配, 怪しいらしく, 悪い事, 意外な, 態, 或婦人雑誌, 戸締りの, 手の, 手習ひ, 抜けた, 押し迫りつつ, 拾って, 挙りました, 揚げて, 整えられて, 敵視され, 斑岩の, 料紙硯を, 新任し, 新聞記者を, 旆斧の, 既にそれら, 日光箱根などへ, 日帰りの, 旧い村町, 昼を, 暫く国府津, 更に異常, 書き物に, 月末の, 有明の, 朝鮮人が, 木村達が, 本通りの, 本郷の, 村内でも, 来たロシアオペラ, 来た大鷲, 来た新参, 来た避難民, 来た風来坊主, 来てるんぢ, 来るの, 来るらしい一番鶏, 来る新しい, 東京市内の, 東野の, 松葉杖を, 枯れがれな, 梁楷因陀羅牧谿などの, 梢に当たる, 横に, 横田の, 次第に凄く, 次第に自分自身, 正夫は, 歩行い, 比べて, 氣付い, 水は, 水気が, 江戸の, 池の, 波打って, 泥棒龕灯に, 津軽の, 流れ出した血汐, 浜町河岸の, 海が, 海抜の, 消えて, 深い森, 滴を, 漏れて, 漕ぎ下, 漸く帝都, 漸時西方に, 灯台の, 煌々と, 片側町の, 牡丹の, 物音が, 物騒な, 現れ出すと, 生色なし, 町に, 疾風一陣, 病気の, 病院にでも, 発して, 発足し, 登山者の, 白拍子や, 白馬に, 益々速く, 盛んに, 目立って, 直伝の, 真紅の, 眺めたの, 眺めて, 眺めても, 矢代は, 短い小説, 砲声が, 神田明神にかけて, 私が, 移住し, 空中へ, 立ちそめかけた, 粋な, 糸毛の, 細いジュクジュク, 終りまでを, 絶えずきこえ, 続いて, 緑暗色の, 羽音を, 考へると, 耳が, 聞いて, 聞えたこと, 聞き伝えた物好き連, 聞伝えて, 肉を, 背中一ぱい錐で, 胴へ, 胸を, 脚部大腿部にかけて, 腹具合が, 自分にも, 自動車を, 舟が, 船が, 花隈城の, 若い新しい作家, 茶道は, 草履を, 荒町の, 落ちそう, 蒙古, 西へ, 見えねえ曲者, 見えるよ, 見りゃ戦争ゴッコ, 見習職工が, 覚えましたの, 試しに, 読んで, 調子が, 讀み始めた, 谷底へ, 賑々しく湧き, 起こる笛, 起ったよう, 起る以外, 超自然, 足を, 路が, 踊り子の, 身動きする, 転出した, 転落し, 輸入された, 近世までは, 退治された, 通り出口の, 通れるよう, 連れて, 進歩的な, 遅い蛍, 遊覧に, 運上所を, 道庵先生を, 遠く流れ, 遥かに, 酒さえ, 酒を, 野馬ヶ池を, 釜屋堀の, 鉄道の, 銀座方面を, 鋼鉄を, 開き始めたらしい若い, 降り出した雪, 降り来る物, 降出したらしいの, 階下の, 雇い入れた女中, 雨戸を, 霧により, 青葉時らしい, 響いて, 頭を, 頻りに物, 頼信紙を, 顔へ, 風邪を, 飛び出したものの, 飛び込んだ, 食事を, 飯を, 首筋が, 馬廻りの, 馬草を, 駕籠に, 高く盛り上がっ, 高瀬の, 鳴きはじめ一週間も, 鷲に, 鷹匠屋敷の, 黒いよう, 黒煙が

▼ あたり~ (930, 4.7%)

9 あらう 4 あつた

3 [11件] あつたらしい, ウロウロし, ドアに, 一つに, 何か, 夜が, 泣いて, 生ひ立たれた, 盛んに, 見て, 身を

2 [49件] ごめんか, さへ, せう, ツイ目の, パッと, 一番の, 一直線に, 上下に, 下車し, 二日も, 俄に, 再び馬, 凄まじい物音, 凄まじい雷鳴, 只ならず喚き罵る, 嬌名を, 宿を, 小さな薬舗, 尽きて, 巨大な, 彼の, 彼は, 彼女の, 御鷹を, 急に, 手を, 指を, 次の, 消え失せた, 物の, 犬の, 猟れる, 眼が, 着て, 紐で, 耳に, 聞くあの, 行はれた, 見かけたこと, 誰かが, 誰かの, 途方に, 遊んで, 道に, 野獣の, 雷が, 顔に, 鳥の, 鳴いて

1 [786件 抜粋] あなかしこ, あゆが, あらうか, あれを, あんなひどい, いよいよ雪, いろいろな, うろうろし, おしまいに, おしまひ, おりた形跡, おれが, お中食, お待ちなすっ, お聞き遊ばす, お通, かすかに, がたんと, がやがやと, がんりきが, きこしめしたらしく隣りの, きわめて寂しい, くるりと, くッ, こうかくという, こう息, こつそり, こと, このごろ飼った, この地方, この客人, この蟹, この話, これだ, こわすの, こんな叫び声, ござりましたろう, ござりましょう, ごぜえます, ごろごろごろと, さっぱりと, さ川, しきりと, しっとりと, しんみり伺わせ, すうっと, すこし位路, する, するの, する声, せうか, せきとめた, その前, その前景気, その沿革, その青年, それが, それを, そんな声, ただの, ためて, ちょいと, ちょうど立小便, ちょっとと, ちょッと, ちんまりと, つづけざま, できる衣裳, ときどき神月, ところどころ自分, とめて, どうにかやっ, どうもすきとおった, どやどや割りこん, どんな満足, なにかサッと掠められた, にぶく白く光る, のんきに, はめつきり寒気, ひきあわせた両, ひつそりと, ひとしきり雑音, ひどく物, ぴくぴくし, ふるえて, ぶつかつて, ぶつかる, まごまごした, またしても, またチュッ, まだ宵の口, まわしながら, みかどのお, みんなの, もうそろそろ不足, もう一つ, もって, もどそうとでも, やって, やっとこの, やつと, ゆつくり, よかろう, よく歌われる, よく海老団治, よく見る, よほど浸水家屋, わいわいいう, わめいても, ゑごとよんでゐるちさの, エジャナイカエジャナイカで, オペラの, カシバミと, カッケという, ガサガサいう, キツネ蛍と, キヤツと, ギヨツと, ククーククー, グッグッ, セーヌは, ゾロゾロし, テンカンテンカンと, ナンコビまたは, ハタハタと, バクハツした, バリバリガチャン, ピシャリと, ピタリと, ボクの, ボタンを, マクロンを, モクタリ・ムクタリ・モクズレ信州の, 一おう書い, 一丈余りの, 一再ならず立ち, 一寸膨らん, 一寸自分, 一応静御前, 一日寝, 一杯の, 一流の, 一番上の, 一羽の, 三上山を, 三角に, 上って, 上総の, 下の, 下ること, 不思議な, 不通に, 両方から, 中学の, 中断され, 主人は, 主税が, 之を, 乗換えなければ, 乗車した, 二ツ三ツ波を, 二三日前から, 二人の, 二枚も, 五六人まえ, 亡びて, 人世の, 人目に, 今の, 代りの, 以て, 休息を, 会おうよ, 会つたらう, 何かに, 何という, 何やら冴えた, 何やら大きな, 何心なく, 作られたもの, 佳品と, 信ずるの, 俥夫は, 俳優か, 停ったらしく何となく, 偶, 催されましょう, 先を, 入山形, 全国の, 円タクを, 再び荒木勢, 出して, 出るよう, 出来ますあるいは, 切った時分, 切り落して, 切れるよう, 切断を, 初夏の, 初心な, 利男が, 加わるはず, 労働を, 勧進, 十五錢二十錢しか, 十銭の, 千年貝また, 午飯だらう, 南蛮人が, 又一しきり, 右手の, 同じよう, 名石という, 向うから, 呼吸を, 唸る声, 問題に, 喊の, 喚んで, 噂に, 四五人の, 固く結びます, 土いじりを, 地獄の, 堅かった, 壁の, 売って, 外相様や, 夜には, 夜烏が, 夥しい海豚, 大事な, 大型秋田と, 大宴会, 大峡谷, 大雪が, 奇妙な, 女郎衆に, 姉さんの, 姿は, 娘の, 学士は, 宰相の, 寄手の, 密造された, 寝衣, 寺参りの, 専らの, 専ら由緒, 小さな文房具屋, 小鳥が, 少々道, 山が, 岸田が, 左側について, 帰りましょうよ, 幾たびか, 引き合はせ, 引き合わせて, 引返すこと, 弱って, 影法師の, 彼を, 彼奴を, 待って, 待ってても, 待伏せする, 得右衛門たちに, 御一献, 御作り, 微笑し, 急行に, 怪し火, 恐竜君出, 悲しそう, 惜氣も, 成りあがった者, 房一たちの, 打ちこわして, 打ち出す祝砲, 投げ出されて, 投網で, 拔け, 拳固を, 拾って, 持金を, 按摩の, 捕へた, 捕れるよう, 措いて, 掻き消すやう, 揉み廻すので, 揺れて, 揺れ動いた, 撃滅し, 故障だ, 数名の, 敵の, 新に, 既にたび, 日を, 昇と, 明けた朝, 昔の, 映写され, 昼食を, 晩めしを, 暁けるだろう, 暖かさ, 暫く雲, 最も繁華, 月の, 朝食を, 机でも, 朽ちて, 東洋史も, 楽に, 歌った民謡, 歌って, 止つた, 正式な, 此處にも, 殲滅され, 殺しも, 気絶させた, 水を, 汁粉店へ, 泊まって, 泊ると, 活躍し, 流行する, 流連を, 浜子は, 消えて, 混雑の, 測量の, 湯場の, 漁れる, 演説を, 演説会を, 激しく泣い, 濃い熱い珈琲, 火影が, 為た, 焔を, 無暗に, 無気味な, 爺の, 物を, 物凄い音響, 特別な, 独り思い上っ, 王が, 甚三の, 生まれたん, 甲高い人声, 男の, 番頭にでも, 異様な, 痛いほどの, 痛く感じた, 発病し, 發見される, 白刃の, 百姓が, 皮剥ぎ, 盤臺桶布巾など, 相當船, 眠りだしたが, 硬ばつたやう, 磁石針の, 祭りの, 程よき場所, 穴が, 突きのけるやう, 窓から, 立ちどまつて, 立ちどまると, 立てつづけに, 立派な, 竹藪の, 筆が, 箪笥の, 紹介し, 終って, 組み合わされて, 組むやう, 結んだ, 総督の, 緑に, 縮れた後れ毛, 織田家の, 老いて, 老人に, 聞いて, 聞えました, 聞えます, 聞える髪, 聞きすまして, 聲が, 育てたらと, 腐った支柱, 舞い狂うあの, 舞子が, 舟を, 航海者は, 船乗りの, 船場川の, 若い妓たち, 若菜を, 落つこ, 葬式の, 蕎麦でも, 藝の, 蚊の, 蛙の, 行きあうつもり, 行き合い船, 行われたこと, 行われること, 褄を, 見えなくなった, 見つけたけれど, 見るの, 見るよりも, 見る鉄火, 見受けぬ人, 見失って, 言う詛いの, 言つてゐる, 言付ければ, 討死にを, 評判が, 評判よき, 誰かに, 誰やらの, 讃辭し, 貧相な, 販売する, 買ったもの, 買って, 賣出すかも, 起きちまった, 起りました, 越年し, 足に, 足軽隊同士の, 返辞が, 追い来る敵, 逗留する, 造られた品物, 造る青黒, 逢ったある, 進退きわまっ, 逸早く外國, 遂に全く浮力, 遊ぶの, 道具屋か, 違って, 遠くきこえた, 遣り過ごした八州, 邂逅する, 邪魔な, 酷たら, 野外の, 野宿に, 釣れるの, 釣魚を, 鈴ヶ滝の, 長いくびをひょっくり出し, 長皇子, 間に合ったん, 降ろして, 陽が, 雨の, 雪まじり, 電話でも, 電車道を, 霧の, 青葉の, 静かに, 鞠子と, 頬づえをして寝そべっ, 頻に, 頻りに呼ぶ, 頻りに鞘走っ, 颯と金采, 食うの, 飴屋の, 馬籠の, 騒いで, 騒ぎ出して, 高架線に, 鬼火が, 魚を, 鳴って, 鳴つて, 鵜の, 鹿の

▼ あたり~ (630, 3.2%)

24 かけて 16 手を, 来ると 13 来て 10 眼を, 行って 8 気を 7 行くと 6 かけては, 出て 5 かけての 3 かかると, 來て, 出た, 来た時, 溢れて, 遊びに

2 [28件] ぐれたの, しっかりと, 一足飛に, 來た, 來る, 出ました, 出ると, 出る場合, 売り込んで, 宿を, 引越して, 引返しました, 掌を, 星空を, 来たとき, 来たん, 来た時分, 片手を, 腕を, 自分の, 落ちて, 行つた, 談柄が, 身を, 近寄るなと, 逃げて, 顏を, 風を

1 [435件] あおむけたまま, あがりましたぞ, あてがって, いきなり手, いって, いらっした方, うつした時, うろついて, うんと入れ, えんりょしながら, おちる小さい, おとめ置きねがいます, おりて, お出ましなされ, お出掛け, かかりポッ, かけ概数一千余, かけ長江悠, かすかに, かっしと, かぶりついて, きたとき, きました, くばって, くると, くるの, こけて, こだまし, このうわさ, この別れ, こぼれだす, ころがり落ちる様, さいそくした, さしかかって, さまよ, さッ, ざっとした, しけ込むとは, した, しつかりと, しなを, じかに落ちかかっ, じっと眼, すがた, ずり下った, そっとのせ, その主力, その白髪頭, それが, ただよわせはじめて, ただ寄せあつめ, たどり着いた頃, だらりと, ちかづいて, ちょっと顔, ちょッと, つか, つけて, つとめ口, とんで, どなった, どなりまわした, なすり付けられた血潮, のすこと, のびなにか, はげしい音, ぱらぱらと, ひそと, ひと走り, ひどい女, ひびくよう, ぴたりと, ふらりと, ふりまいて, ぶらりと下, ぶんと, ぼんやりした電燈, ぼんやりと, まき散らすの, まとまりが, むやみに, めぐらし広い, もつて, やって来るという, ゆうべの, ゆくと, ようやく人だかり, よく話し, わかったの, エエッずで, カッシ, キラと, グザッ, グシャリと, コーヤクか, ズボンを, ヂッと, ドシンと, ドンナもので, ナルコポンの, バアと, レコードを, 一せいに, 一人は, 一度も, 一晩ゆく, 一本変った, 一羽の, 一輛の, 三つ四つ投げ付けた, 三千子は, 上げ状に, 上陸した, 下げた, 下りた, 下りたの, 之散, 乗せたが, 乗り込んで, 乘込む, 五つ六つ落しこんだ, 五間, 仕切って, 伝って, 体を, 何うです, 何の, 何気なく懶い視線, 來たんだ, 來てから, 來ます, 倒れかかった, 先づ警戒の, 入り肩, 入るの, 円い頤, 再びうろつい, 写生に, 凝つと, 出か, 出した, 出たの, 出たらしかった, 出やがって, 出る道, 出れば, 出入りのとも, 出掛けて, 出掛けるつもり, 出掛ける気, 出稼ぎに, 刄物が, 切付けました, 別荘を, 力まかせに, 動いた, 動かした, 匕首を, 十字を, 卵を, 厳しく締めつけた, 去年の, 参って, 参りましたら伝える者, 叩きつけて, 叩き付けました, 向って, 向つた, 向ひ, 吹き掛つたので, 呶鳴っ, 呼び出させる, 品物を, 商いに, 国内植民を, 土地を, 垂れかかって, 垂れて, 垂下る, 垂直に, 埋けて, 埋めました, 執り結目, 売るだけ, 大事な, 大船で, 始終行く, 姐さんを, 姿を, 客の, 客引を, 宿更え, 寄せおいて, 寄るな, 寄附し, 密かな, 小さな川, 小ぢんまりした, 左手を, 幕を, 広刃, 座頭ばかりは, 引きあげた振り返つて, 引きよせるよう, 引込もうと, 引返したとき, 往くらしい, 待伏せて, 待受け源さま, 徐々に上っ, 御座を, 微笑さえ, 微笑を, 心を, 忍び寄って, 忍んで, 怒号した, 急いで, 懸けての, 我が身を, 我も, 我を, 戻った時分, 所在を, 手ぶらで, 払って, 投げすて, 投げて, 投げられた一瞥, 投げる気違い, 押しかけて, 押しが, 押つけ, 押廻し, 持ち出して, 持ち込まれたか, 持ち込むよ, 持って, 持つて, 捨てたもの, 捨てて, 捨てられたん, 掛けて, 握りこぶしの, 撒かれた鶏血草, 撒きちらした, 撒き散らした, 散った紙, 散らばった, 散乱した, 散歩した, 散歩に, 散歩を, 斜に, 月の, 来かかると, 来た, 来たくらいの, 来たと, 来た黒船, 来ました, 来る, 来るたび, 来るに, 来る人々, 来る岩燕, 板を, 横目を, 歩き出せば, 歩く位, 毎夜續け, 気が, 気合いを, 気配りし, 水を, 油散り, 油画の, 注意を, 注意深く眼, 流れて, 浮んで, 深い陰, 深く入っ, 渡って, 渡つて新, 満足の, 源頼朝が, 漂わして, 漲らして, 漸く這い寄る, 潜伏した, 濛々と, 無意味に, 煙が, 燃え残った青松葉, 燻んだ灯影, 猛獣狩りに, 現われようと, 瓦を, 申ノ, 男連れで, 登り着くわけ, 白い薄, 白く散らば, 盛んに, 目を, 相棒の, 着きました, 短い毛, 短銃の, 私の, 移って, 積出すほどの, 穴を, 突きおろし, 突っ通す, 突出した, 立ちよる者, 立ち寄る者, 立ち現われ, 笑いを, 糺の, 素早い平手打, 素早く眼, 絡みついた, 絶えずさま, 続くまことに, 線香の, 締めて, 織物の, 繰出して, 置いた, 置いて, 聞えるばかり, 聽え, 背負つて居る, 腰を, 舟を, 船を, 芝居の, 花が, 花見に, 落ち下った, 薄い煙, 薪炭を, 蛇の, 行かうとして, 行きました, 行きます, 行きませう, 行き着いたかと, 行くつもり, 行くに, 行くの, 行く位, 行けば, 行けるの, 行ったん, 行っては, 行つた時の, 行つた時彼は, 行つた頃, 行つてゐる, 行つて眺め, 行つて褞袍を, 行つて見なされ, 行らつ, 袖を, 被さつた大枝, 見当を, 視線を, 角を, 言った, 訊ねた, 調べて, 豪語を, 赤い無, 走つて, 越す道, 足もとの, 足を, 踏出して, 身ぶるいし, 軽い活, 輸入した, 輸出された, 辿りついた時, 辿りついた頃, 近々とお, 近々と口, 送り出すその, 逃げちまったの, 逃げまどって, 逃げ去って, 逃げ込んだに, 通うガタ馬車, 通って, 通ふ, 通われたという, 連なって, 連れて, 遊ぶお, 運ぶの, 運送の, 遠出する, 遠出に, 配ると, 金の, 針金の, 鋏が, 長い旅, 開く, 附着く, 降って, 雀の, 集まって, 集まるが, 面を, 響いて, 頭を, 顔を, 颯と月, 飛ばせて, 飛び散った書冊, 飛び散つた書冊, 飛んで, 飲み直しに, 駈落, 骨休めに, 高瀬が, 鬢の, 魔の, 鳴き上つ, 鳴って, 黒雲の

▼ あたりまで~ (560, 2.8%)

15 来て, 来ると 12 行って 11 くると 6 來る, 出て, 来た時, 歩いて 4 ありました, 胸くつろげ

3 [11件] 出かけて, 垂れて, 帰って, 手を, 掩うてゐる, 来たと, 来たとき, 行くと, 行くの, 行った, 飛んで

2 [23件] かかると, きて, 一面の, 上って, 下げて, 下ったの, 出掛けて, 勢ひよく着物を, 垂れ下って, 幅一フィートばかりの, 延びた, 持って, 来かかると, 来たが, 没すると, 登りつくと, 行けば, 行つ, 裂けて, 見えましたから, 見送って, 近づいて, 送って

1 [396件] あきが, あった, あなた方が, あらわした, あらわしながら, あるか, ある泥水, いって, いと廣, いようと, いわば一続き, うな, おびき寄せ手練, おれも, お上り, お後, お送り申しましょう, お通いなさる, お連れください, お進めあっ, かくしてかさかさ, かくれた, かなりの, かぶって, きた, くちゃくちゃに, くれば, ぐつしりと泥水へ, ぐるりと, こちらに, この流, ご一緒, さかんに, さがって, さげその, さしあげた, さしかかって, さし入れ, さっと色, しかなかつた, しか達か, しきりにねぶりまわし, しなやかに, すべつ, すべて視界に, すべらせ黙々, すぽ, するすると, ずうつと, その薯蔓, ぞめきに, たどりついた私, だ, だった, ついて行った, つけて, つつんだきりりと, つづいて, つん流れて, ですと, でそれから, でフローベル, とぐろを, とりとめも, なら大丈夫, なんとすばらしい, ぬうと, ぬれて, のぼって, はいって, はだれ雪の, ひッ, ふき流されて, ふく, ふッ, べいごまが, ほとんどあらわ, ほとんどゆるい, まだじゅうぶん根, まっかに, まっ赤, まつ赤, まるで仮面, ものの, やって来ます, やって来ると, ゆさんに, サモイレンコは, スキーに, スーと, チャックが, バックに, モソモソと, ラムプ団と, 一ずつ, 一めんに, 一人で, 一文字に, 一気に兵, 一眸に, 一緒について, 一面水が, 上げて, 下げるの, 両手を, 乗り出したところ, 乱れか, 二十余町の, 伸し歩いて, 伸びて, 來た, 來て, 來ました, 侵入し, 入り込んだ形跡, 入海が, 全体が, 全体に, 兵火に, 兵馬を, 冷たくなっ, 出かけた, 出かけたん, 出かければ, 出かけ妻, 出ました, 出られたらよろしかろ, 出入する, 出迎えた鉢, 分散治療に, 切りさげて, 切り破っ, 刻んで, 勧誘に, 参ると, 又恐し, 友染を, 受入れられたかは, 只だ, 吹き抜けた, 吹っ飛んで, 四丁ほどの, 四間ばかり, 土用中は, 垂らして, 垂れ一段, 埋まった, 埋まりこんで, 墨もて, 売り歩, 夏蒲団を, 夜着の, 大抵水神, 妹の, 実状の, 家が, 密かに, 寝て, 射し込んで, 小舟を, 少からず, 少数の, 屆き, 岩田元彦を, 嵌って, 巡礼が, 巻きつけた登山綱, 平らかに, 広がって, 延びて, 引き入れて, 引き廻して, 引っ返して, 弘まっ, 往たわいの, 征服し, 御肩, 戻って, 房, 手びろく商い, 抱き上げました, 押しあって, 押し出したり, 押し返されないほどの, 押せば, 押のけられ, 押廻した, 持ち上げそれからまた, 持つて, 挙げた手, 振かかる, 捲くられて, 掩う, 攪乱し, 攻めて, 敗退する, 散歩に, 敵の, 新月号は, 旅を, 日頃自慢に, 望まれた, 末期の, 来し頃, 来たところ, 来たの, 来たもう, 来たらしい足跡, 来たれる時, 来た清一, 来た頃, 来ました時, 来ますと, 来るの, 横断し, 此の, 此斜面には, 歩いた, 歩くこと, 歩くの, 殆ん, 残って, 毎日の, 気がるに, 気を, 水が, 水の, 波が, 泳いで, 洗は, 流れに, 浮かび出るの, 浸して, 深々と, 深く及ん, 深入りした, 溯って, 溯る, 滲みこんで, 漕ぎ上つたの, 漕ぎ出して, 漕ぎ廻ったが, 濡れて, 火の, 炭坑が, 点点点点鬼灯を, 焼いて, 煙の, 照るなでしこ, 燃えのぼって, 爆発が, 爐邊に, 爛漫と, 牛の, 牛を, 特に美術, 猫蔦の, 王様を, 用いられて, 町役人を, 登った太陽, 登つ, 白い素肌, 白く冷たく流れこん, 目に, 直立した, 真っ青な, 真赤に, 真黒に, 眼に, 着いたとき, 突き上げて, 突破し, 立ち込む利根川, 立ち込んで, 紅くし, 紅の, 続いて, 縁日を, 繰りだして, 聞えて, 肩を, 脹れた, 自動車を, 舞いあがって, 舞下った, 舟を, 航行する, 草隠れに, 荒すやう, 落ちのびて, 蒲団を, 薄赤い, 薪の, 蘇芳に, 行かずに, 行かなければ, 行きたいと, 行きついた村田, 行きませんと, 行き八荒坊, 行き着くには, 行くこと, 行くという, 行くらしいが, 行こうという, 行ったころ, 行ったところ, 行ったら山の上, 行ったり, 行ったろう, 行った頃, 行つた, 行つたで, 行つた時欧米人などに, 行つてそこで, 行つて此先何うなる, 行つて此先奈何なる, 行つて泊る, 行つて見た, 行なわれて, 行われて, 行動し出し, 裂け目, 裾吹巻られたる, 見えかくれに, 見えさせる, 見られます, 見送りそこ, 調べて, 調べましたが, 講習に, 謡って, 豆腐は, 貴女その, 赤くしました, 走ろうと, 足早に, 跳ね上る, 跳ね返って, 踊りに, 転進し, 辿りついたとき, 辿り着きましたが, 迎えの, 近づくと, 迫って, 追いかけたれど, 追いまくりましたが, 追って来た, 追ひかけたれ, 退いて, 送つて, 送つて貰, 送れやあ, 逃げて, 逃げ去りほっと, 逃げ延びて, 這いゆきそこで, 這入る, 連れて, 進むと, 進めながら, 進めなければ, 進んだ時分, 進んで, 進出し, 進出した, 進行させ, 遂にそれら, 道, 道を, 達すると, 遠乗りを, 遡つて, 酷い傷痕, 銃を, 間隙なく, 降りて, 陣を, 隅田川を, 階子段に, 雪に, 雪の, 露出し, 露出に, 靡いて, 響けた, 順々に, 飛び散りました, 食うや, 駆けすすんだとき, 高々と, 高く引き上げる, 高臺寺, 鳴り響いた天下無双

▼ あたりには~ (495, 2.5%)

11 誰も 5 人居などは 4 人が, 人の, 人影も 3 人家も, 家も, 霧が

2 [23件] くっきりと, それらしい, びく, もう人影, 一軒の, 不似合, 五色の, 人のけ, 人も, 何の, 兎の毛が, 呑込みの, 年を, 微かな, 昔の, 木の, 杉や, 無数の, 珍らしい, 目も, 私の, 言ふ, 野生の

1 [412件] あまり近寄らない, あやしいうす笑い, あるいは行く, いかがわしい飲食店, いかな, いくらか木賃宿, いって, いっぱいに, いないの, いられなくなるし, いろんな足跡, おのずからさかい, お茂登, かつてこの, きっとつい, きまりで, きれいな, けっして見られぬ, ここかしこ丸太組みの, この楊桃, これと, これを, ございます, さういふ家, さつきの, しきりと, すでにやや疲れた, すでに船, すべて当世風の, そこはかとない薄明, そこらあたりに, そこらの, そのよう, その破片, そは, それが, それでも多く, それでも幾種, それほどに, それ程の, そんなにいない, そんな小屋, そんな習慣, たくさん開拓者としての, たしかに探偵小説, ただ空しい, だれも, ちゃんと扇面, つきりと, つつじの, とまど, どっさりひと, ないこと, ないもの, なお夕陽, なかなか勇敢, なしてやれば, なほ打沈んだ, なまなましい血, なんとなくあまい, なんの, にたりと会心, はや家, ひしや, ひなげし, びこらせるわれらは, ふらふらと, ほとんど人家, ほんとうは, ぼくたち二人きりで, また秋風, まだら, まだガス燈, まだ婦人同伴, まだ支庁, まだ春, まだ白, まだ軟かい, まだ鉄条網, まったく夜, まるで人気, まるで声, みやこ草の, むずかしい名, むら消えの, めずらしい縄のれん, もうそろそろ将軍家, もう一つ, もう七貫目, もう夕暮れ, もう春めいた, もう空気, もう見られない, もう誰, もう靄, ものういよう, もはや人影, もはや何物, やはり海, よい石材, よくあ, よく狐め, よその, よろこびが, アパートや, アブサンが, アメリカの, カンテラの, ザラに, ドリュック夫人, ハデな, ハブが, ヒカゲ蝶の, フンダンに, ポレヤナギが, ロシアの, 一時に, 一疋の, 丈の, 世にも妙, 人かげも, 人だかりも, 人は, 人一人通らず, 人声一つなかつた, 人影が, 人氣が, 人目が, 人聲も, 人間の, 今は, 今も, 今を, 今日でもさ, 仏具の, 他に, 以前より, 仮御社, 伊豆の, 休憩すべき, 伸子を, 何かしら油断の, 何かの, 何となく廃墟, 何となく楽, 何一ツ見る, 何物も, 例の, 侵入し, 傷痕と, 僕に, 儲けの, 元寇防塁, 兎やら, 再び次第, 冬に, 冬毎に, 冷たい潮, 出たらめ, 出て, 分らなかった, 列を, 別に門衛, 削り立つたやう, 医者らしい, 午前中から, 参差として, 古い乾漆, 古い墓, 古い建物, 古びた二階建, 古墳が, 各流, 同じく松, 同じよう, 名も, 味方の, 唯松, 嚶, 固より, 土から, 土管やら, 埋立地に, 塔中また, 変化の, 夏の, 夕暗, 夕闇が, 多い茶屋, 多くの, 夜の, 大きい雑木林, 大きな撫子, 大きな杉, 大きな材木, 大きな焼け野原, 大きな穴, 大分人影が, 大勢の, 大塚さんは, 大文字草と, 太田の, 太郎は, 奏楽が, 女の子なぞが, 如何にも抗, 妙に, 宅間流が, 宇賀の, 実に古い小さい, 客の, 家の, 宿屋, 寂しい陳列室, 密香竜涎の, 寺も, 小さな人影, 小さな赤蟻, 小鳥の, 居なくなって, 屡, 川岸へ, 平地に, 年中桃, 幼稚園が, 幾つかの, 幾つもの, 広々と, 広い砂浜, 広重の, 引合わしたろうと, 強いかく, 影も, 彼の, 彼を, 必ず鶯, 思い思いに, 急に, 恋人たちの, 悪い狐, 或は行く, 手に, 打って, 抵抗し, 撫子も, 支那そば屋と, 放牧の, 散歩する, 数人の, 料理屋なども, 既う無かった, 既に芍薬, 日が, 早くも, 明治時代から, 昔から, 星雲の, 春は, 昼間でも, 時々琉球, 時を, 時代の, 暑い草いきれ, 更にこれら, 朝靄の, 朦朧と, 木が, 木之, 木屑が, 木立の, 木製の, 松の, 松平, 枯骨も, 柴田の, 格闘したらしい, 桜が, 桜の, 棒神と, 植えて, 椰子林が, 楊枝店が, 極く, 樹木が, 樺を, 殆ど道といふ, 殊に消極的, 残つてゐる, 毛氈苔が, 水の上にも, 水彩画の, 汗が, 涼しい田舎, 深々と, 温かい生血, 漁夫の, 灰色の, 焼ける貝殻, 狼藉な, 玉村という, 生々しい血汐, 生の, 生駒山の, 産毛の, 田や, 町並も, 痩せた薄, 白い靄, 白き影, 白く桜, 白く霧, 白く黄色くすてられた, 白熱の, 白苧が, 百姓の, 皆それぞれ書付を, 真白の, 矢の, 知れる人, 石に, 私は, 種々な, 空の, 空気が, 竜巻の, 第一, 篝や, 糊紅を, 純江戸ッ子, 素晴らしく赤い薔薇, 累々と, 絞殺死體に, 絣の, 絶えず煙草, 総じて伝説, 緑色の, 縫物だの, 纔に, 美しい紅味, 背丈ぐらいの, 腫物が, 芒が, 花も, 苦痛を, 英国の, 茅も, 茅葺屋根の, 草や, 落ちて, 落ち込む水, 落葉樹が, 著名なる, 薄い汗さ, 薄い爪, 薄ぎたない髭, 薄化粧, 蛇の, 蛇や, 蠅の, 街路の, 衛生隊が, 見あたらなかった, 見あたらなかつた, 見あたりませんでした, 見るから, 見当りません, 誰の, 誰アれ, 買上げて, 赤, 赤とんぼの, 身なりを, 軍曹どのと, 軒の, 農家が, 追剥多く, 遲い, 金色の, 金飾りの, 釵子紅白粉など, 鉄が, 鉄を, 銀河が, 附添ひ, 険しい色, 陽光に, 雀が, 雲仙の, 雷狩を, 電車の, 霊泉が, 青々と, 青い石, 青く澄んだ, 青白く滑, 頓着なく, 領布雲が, 餌を, 餘ほど, 首筋から, 香の, 馬の, 高, 高山植物として, 魚荷の, 鮮かな, 鳥なども, 鶏が, 黒山の, 鼠色の, 鼻を, 龍涎香を

▼ あたりでは~ (190, 1.0%)

2 ないか, ないかと, なかった, やはり賑, 土の, 村人の, 秋をも, 輸出の

1 [174件] あたりは, あるまいかと, お噂, こういうよう, この手, この魚, これが, これに, これを, ごく粗末, ございませぬな, さらに細民部落, しきりに虫, そういう薔薇, そうで, そう濁り, そこかしこに, その牧童, それらの, そんなに老嬢, そんな見つ, だいぶ読ん, だれひとり気, だれ一人, ちょうど桜, ちょっと立ち, つい思い出す, どうも奇怪, ないかという, ないらしい, なか, なかろうか, ほとんど領主, ぼんやり白く, まあ第, まだこの, まだ全然別箇, まだ桑, みな業を, もうすでに寝静まり, もう紅葉, もはや御, やはりそれ, よく人々, よく自白, わが艦政本部, イモガラボクトと, キリスト教を, サンカという, ソデナシといふ, タビヨコという, ポンとか, モスコオフインの, ロッパが, 一ノ宮を, 一応完成, 一本一円以上は, 一番たのしい, 一種の, 一般に, 七月中旬から, 下宿の, 人の, 人生一切の, 人間の, 仄のりと匂っ, 今も, 他人に, 仰いで, 何事も, 僅に, 全町総出, 六七歳位いまでの, 其若い, 冬が, 冬でも, 冬草も, 勿論最高点, 十メートル二十メートルの, 反つて主人公, 叙勲の, 古来から, 名の, 喰べ, 墨色の, 夜ふけに, 大へん, 大喜び, 大洋より, 大陸的な, 失職者の, 宏荘な, 宗教的に, 宗門なぞは, 宿を, 密航しよう, 専ら評判, 山の神連が, 嶮しく, 座頭格に, 所謂ニヨチミは, 政治家的感能が, 旅館の, 既にちやん, 日光の, 旧家の, 早くより, 明るい谷, 昔木樵が, 時々どっか, 普通の, 月並の, 木曾ぶし, 未だ植民地的, 構内の, 正月の, 此の, 歴史を, 毎日雪が, 比較的近く, 浪打際に, 湖に, 滅多に, 漆壺の, 牛乳一合は, 犬が, 狐の, 珍しいつじうら売り, 珍らしい, 田舎者の, 男が, 白崩と, 百米にも, 百舌は, 皆枕附と, 盛りには, 盲人が, 神渡し, 私は, 秋の, 秋山の, 稲田に, 空が, 素人の, 細民部落と, 聞きなれぬ歯切れ, 臨邑が, 自慢にも, 苗代風と, 若い安, 薄暗いカンテラ, 藤布を, 蚤の, 蛙が, 蝦蟇などは, 見られぬもの, 見受けられないほどの, 認識論の, 談笑の, 諸国流行の, 路とともに, 車竿で, 近年舊石器時代の, 途中から, 通用致しません, 郭公を, 酒の, 重宝がられ, 開けて, 随分繁昌, 風が, 魚屋は, 鳴かない怪禽, 鴎の

▼ あたり~ (160, 0.8%)

31 へだ 10 へのこと 8 へな, への事 6 へさ, へです 4 へだらう, へのやう 3 へでない 2 へすぎる, へである, へといふ, への人間, への奥さん, への猫, への話, へよ

1 [64件] へ, へかも知れません, へさ好き, へすぎるあたりまへだ, へだつた, へぢ, へぢやあ, へで, へであつ, へであり, へであります, へでお, へでなけれ, へではない, へで柳田先生, へといへ, へとは言, へなんぢ, へにし, へにとならなけれ, へになる, へに三度, へに使用, へに十人並, へに取引, へに戻つ, へに扱, へのもの, へのよろし, への人, への人間ぢ, への何, への入れ, への八百屋, への味, への商店建築, への営み, への奥方, への女, への女房, への子供, への宿泊, への寒, への屁理窟, への川, への性生活, への意味, への挨拶, への歯朶, への海, への海面, への温情さ, への狐, への生活, への社会, への罪, への考へ, への茶, への話ぢ, への顔, へまた, へや, へ仁義礼智信, へ立たん

▼ あたり~ (156, 0.8%)

2 ありますから, い, 一面の, 与謝野氏自身は, 激しい戦, 煙を, 白く塗られ, 見て, 開け切って, 青々として

1 [136件] あったところ, あらわに, ありませんが, ある, あるから, あれの, いい, いつと, いと静か, いまは, うつされて, かなり強い, かまわず, きれいだ, この原, この頃, これ位の, ごく近い, さうだが, さうですけれども, しずかだった, しづかだった, しめえ, すっかり静まり返っ, すっくり, すでに火焔, すむ予定, その一半, その仲間, その辺, それと, たそがれて, だんだんに, つかなかつた, ないけど, ないこと, ないと, ないので, なかつたので, なかなかいい, なくしかた, はっきり判らない, ひっそりし, ふっくりと, ふつくりと, ぼつ, まずあらかた焼かれ, まださむざむ, まだヘンダーソン, まだ冬ごもり, まだ危険, まだ濡れ, まだ田, やうやく, やって来るぜ, よい南向き, よくまことに, よく兄弟仲, よく見えなかつた, わかります, わすれて, シンと, スッと, 一なめに, 一面に, 人出が, 仄暗く, 今は, 付いたよう, 体の, 借金も, 冷たく濡れ, 出るだらう, 前から, 北曲輪にも, 南を, 又何, 双葉亭が, 句中に, 台地が, 右は, 同様で, 大変明るい, 大抵話は, 大昔軍団が, 女性の, 好し又, 完全に, 幾分丸味, 御領主さま, 心には, 心もとないな, 急に, 悪く風通し, 悲しみに, 掌に, 描かれて, 新市内, 早や, 暗くなっ, 暗くなった, 暗くなりはじめた, 森閑として, 横に, 死ぬる病人, 殆ん, 水は, 澄まず, 火の, 炭俵は, 無之候哉, 町中が, 白い襟足, 益々発展, 穏か, 紅が, 綺麗です, 菊作りが, 薄明るく, 行列だった, 見いだされなかった, 見えぬ弾煙, 言うたもの, 調べて, 賑つた, 輝くばかりに, 遠い太古, 開けて, 闇の, 青く生き生き, 顔を, 颯爽として, 首の, 馬の, 騒がしかった, 骨休みである

▼ あたり~ (118, 0.6%)

5 膝元とに 3 思う処, 思われるところ, 違って 2 云ひ, 同じよう, 思って, 思ふ處, 思われるあたり

1 [94件] あたりを, いいあまつさえ, いいことば, いいふたり, いい何ぞ, いい揚げ屋, いい普通, いうと, いふと, いわず柔かい, いわず腰, おぼしき方角, おぼしき関所役人, くらべれば, するなら下呂, その線, その部員, それから線, ちっとも変らない, どこか, なつかしむだ道, ふんだの, まるで違った, よく似, よく似た, われわれの, キャッチボールを, 一帯の, 一緒に, 並んで, 云い瓜二つ, 云うもの, 云う程, 交友し, 交通した, 右の, 同じく毎晩, 同日に, 同様作者が, 同然な, 向い合って, 変らない昼間, 大論日, 尾の, 思う向, 思う所, 思う胸, 思しい煙, 思はれる佐伯, 思はれる場所, 思ふあたり, 思へば, 思われる方向, 思われる辺, 思われる遠, 思われる青黒い, 想われる空, 想像し, 感じて, 手首だけを, 掛け合わせて, 改進党党報の, 日光と, 櫛田神社の, 比較すれ, 狙って, 白眼んだ, 知れ, 紛擾でも, 聞いて, 腿の, 若い女, 見たの, 覚えた, 覚えるが, 覚しいところ, 覚しい所, 覚しかった, 覚しきところ, 覚しき地点, 覚しき所, 覚しき跡, 言いますと, 言うこと, 話を, 説明す, 調和し, 踏むが, 較べても, 通謀し, 違いは, 違つて餘り, 関係が, 馬籠とでは

▼ あたり~ (118, 0.6%)

13 のこと 8 の事 5 の百姓 4 の人 3 の人間, の女

2 [11件] の, の事実, の商売, の家, の座敷, の生活, の百姓家, の考え, の話, の調子, の顔

1 [60件] すぎること, すぎるよう, ぢや, として少し, として看過, にし, にやっ, のもの, のよう, のガラス, のスープ匙, のトゥイード, のフロ, の世界, の会話, の何, の劇, の努力, の医者, の型, の大工道具, の好意, の娘, の学問, の家構え, の山中, の島, の形, の心, の心持, の成行き, の扇子, の手合せ, の捕虜, の文章, の料理, の服装, の楽隊, の死, の水呑百姓, の深切, の現象, の男, の登山者, の盗棒, の眼, の神経衰弱, の空中, の素書, の紹介, の背, の表情, の要求, の言葉, の辛抱, の道, の順序, の風, の風景, の魚切庖丁

▼ あたり次第に~ (104, 0.5%)

3 バスケットへ 2 その辺, 切り払ったが, 書きなぐつて, 本を, 用ゐ, 題材に

1 [89件] あたりの, いじくり出して, かみつかなくちゃ, くいつきました, この手箱, そこらの, そのうち, その亀, ぬすませて, ぬすみ取り風呂敷, ひっくりかえして, ひろげて, ひろって, ぶち壊して, ベッドとか, 一册を, 一册引つこ, 事件を, 人形を, 何でも, 何処へでも, 例を, 取って, 叩きつける, 品物を, 多数の, 大勢の, 小説を, 引き抜かれたもの, 引き抜かれた手紙, 引っつかんで, 引っ張って, 徴集し, 恋愛とか, 扉を, 手放しいま, 投げたり, 投げつける, 投げつけるの, 投げ出してから, 拾って, 持ち出すこと, 持って, 持込んで, 採りながら, 掻き, 掻きむしって, 掻き廻して, 掻っ攫っ, 斬りまくる, 斬り廻ったが, 斬り散らして, 書いたの, 書いて, 楽屋じゅうの, 殴りつけた, 水の, 汚点を, 汚點, 清江に, 物を, 犬を, 獅噛みつい, 略奪する, 盗み出すつもり, 石けんを, 石を, 紙きれだの, 綴じ込みを, 縋りついた, 繰りひろげては, 膳の, 藪を, 衣服や, 裁判長めがけ, 読み漁, 諸君の, 讀んで, 質草に, 道に, 金貨や, 開いて, 関係を, 集めて, 面白いから, 食っつき散らかして, 食べたくも, 饗庭篁村の, 馬上から

▼ あたりにも~ (94, 0.5%)

5 尊いみ 2 多くは, 火の手が, 異人館の

1 [83件] あったよう, あって, あるとの, あるよ, いるそう, お召し, かつては, かの有名, きょうの, ぐつてゐるに違ひない, この反切, この草庵, この記事, これ位の, しら波の, その人間, それから一体, ただよって, ぢやも, どこと, どす黒い斑点, ない山, なされて, なんだか軽い, なんの, ぶつからない限り, みやこ鳥の, むかしは, やって, よれやしねえん, アイロンの, チョット無い, ピラと, 一丈の, 一人や, 一団の, 一本矢が, 不安と, 人影が, 住んで, 何か, 先にも, 全く表情, 分布し, 勤めて, 啼いて, 夜詰めの, 好いの, 小さな部落, 床にも, 引つ掻きやら撲ち傷, 恐らく明石町, 感じられた, 戸の, 拡げられました, 斑點が, 既に, 既に古典, 月光と, 来なさったん, 水が, 海辺も, 深かった, 漂った, 漂って, 知って, 知られたわし, 糠森という, 緊張味が, 繃帯は, 群生し, 脹らみが, 芝生や, 血が, 血の, 見える, 見かける地蔵行者, 見つけること, 責任が, 輝かしいばかり, 銀杏落葉の, 随分それ, 雨の

▼ あたり~ (88, 0.4%)

34 えだ 25 えよ 9 えの 6 えじゃ 2 えだろう, えなん, が結構 1 えずら, えだい, えと思います, えな, が, がとう, が恩, この先

▼ あたり一面~ (83, 0.4%)

2 にわかに薄暗く, に血, の光景, の水

1 [75件] からびゅうびゅう木材, がものすごく, がヌルヌル, が灰燼, この瞬間, しめつて, すっかり水, なきた, にお, にごろごろ, にそして, にただよっ, にちらばった, には萩, にほか, にぼかす, にガラス, にサンサン, に並んだ, に低く白い, に動い, に吹きすさん, に噴き靡いた, に垂れ込め, に如何, に居並び, に幾株, に広がりました, に撒き散らし, に散っ, に散らかし, に散らした, に水, に水煙, に湧き上がる, に甘い重苦しい, に立ち, に算, に美麗, に色, に草, に蕎麥, に薄い, に蘆荻, に豊満, に赤く, に雪, に飛沫, に鳴きしきる, に黒, の焼跡, の粘土, の落葉樹林, の血, の青葉, はそれ, は小石原, は明るく, は水浸し, は落葉樹林, は闇, は雪, は黄昏, へ薄荷, まるで湖水, めらめらとこう掌, わあっ, を包み込ん, を掩, を蔽っ, 荒れ果てた燒跡, 見るも, 見渡すかぎり虫, 降り埋めつつ, 降るよう

▼ あたりでも~ (77, 0.4%)

1 [77件] あちこちで, あったろうか, あって, ありますか, あるかなど, あるん, あんまり度々に, い, いつも本, お爺さんや, かなりの, かなり作っ, これほど, ございましょうか, さながら雷鳴, ざらに, したかの, すると, それは, どうにかし, なかなか奇麗, ぶつぶつ言い出す, ほんとにあの, ほんとに気, まだ昨日, まるで乗せる, もうクサイバタ, もつと, やはり四月, よいじゃ, よしまた, よほど広い, よほど贅沢, ボーイ長の, 一つ控え, 一度やり直したい, 一昔前までは, 今度の, 仏蘭西人に, 何か, 何故之, 修身など, 冬は, 参るかも, 同様だ, 同樣, 噂された, 埃が, 大いにはからっ, 大使館へ, 大分獲れる, 奇蹟でも, 女中は, 姉か, 実に気持, 常に能, 引き受けられるだけ, 怪しいやつ, 惡く, 手を, 新撰組でも, 昔は, 果してゐる, 正月は, 此の, 滅多に, 焼かれ伝統, 目に, 真似て, 睨まれて, 窓硝子を, 聴かれた, 見かけましたが, 評判の, 逃げおくれて, 遊びあるい, 隅の

▼ あたり~ (71, 0.4%)

2 わる, 入滅した, 濁世の

1 [65件] あまたの, あらはれし物, かんざし, このものがたり, この平和協会, この高山, これを, そのなす, その成跡, その機, その殿, とある暗き, ひとり我が, アドリアティコ海に, ダンテの, ローナルズ君の, 三角餅の, 下痢を, 世間あるいは, 主として林道春, 乱に, 候, 備心肺ともに, 光反する, 光地に, 全国の, 其年毎の, 内外の, 動揺する, 呻きつつ, 大木あり, 姉君さえかの, 姉君さへ, 実物の, 少し高く, 山々連なり立てる, 山の, 常緑樹の, 彼の, 御泊りあれ, 徳教の, 心身の, 忽に, 感ずべき心, 我等の, 治療に, 焔一樣に, 物思ふ, 物音こそ, 眼に, 空處に, 突出する, 紀土の, 臨機応変の, 舅不興, 落ちたるごとく思われしより, 葦茂り, 誰か, 諸国の, 諸天使, 識者の, 議論つねに, 長々と, 高や, 鳴音也

▼ あたりながら~ (71, 0.4%)

3 物を

1 [68件] あらためて塾生名簿, いろいろ旅, うつらうつらする, おなじみの, くりを, なお尊氏, なかで, はて知らぬ, ふと氣, ゆっくり飯, よもやまの, トランプを, ピーナツを, ベルグソンを, ホク, ランプの, 一冬を, 一夕気焔を, 乾かすよ, 今日まで, 何か, 元気よく, 入れかわり立ち, 冗談を, 吹きはじめました, 呆ん, 味わった, 圖を, 夕飯を, 奥様は, 姉妹の, 年子は, 庭師を, 弁当の, 張りの, 彼の, 拙僧, 振袖火事の, 文庫版の, 新聞の, 新聞を, 朝食を, 歌を, 気慰みに, 涙ぐんだ, 漫然と考へ, 煙管を, 熟した果実, 田舎の, 眠たい耳, 種々な, 終日新聞を, 絵草紙錦絵を, 絽刺しを, 考えた, 聞咎めた, 脇息に, 臺所口に, 蘭書を, 話して, 遊んだ, 遣ろうじや, 酒をの, 開いたま, 頭巾や, 頻りに話し合っ, 顕微鏡写真を, 食べたの

▼ あたりまでは~ (49, 0.2%)

2 見られなかった左翼思想界

1 [47件] いつた新太郎ちやん, お前も, お車, この万年筆屋, たしかに方角, ともかく頼朝, ひたすらその, ほんとに蟻, ぽつぽつ上京, まだそれでも, まだどうなり, よかった, よく晴れ, モスコウ以来の, 三四十分ばかりの, 参りましたけれども, 幾ん, 彼も, 従えました, 心立ても, 敵地に, 文字の, 文通も, 断崖が, 来て, 樣式が, 死ぬの, 水も, 爾雅, 田村麿遠征の, 登り坂の, 目覚ましい積雪, 相当な, 聴く人, 藪が, 蜂の巣を, 行けようと, 行って, 裕福でない, 誰も, 軍を, 輕井澤附近と, 農家や, 追っていったん, 過ぎて, 開墾者も, 飛んで

▼ あたり一帯~ (41, 0.2%)

3 の海 2 の山

1 [36件] が田畑, が異人池, が競漕, にあっ, にすぐ, にブランカ, に伏せ網, に十五万, に水上陸上, に茂っ, のむざんな光景, のもぐら退治, のカフェー, の交通, の土地, の地理, の山麓, の崖, の海面, の異国情緒, の警戒警備, の都市, の閑静, の霧, の風景, はいま, は墓地, は山々, は無数, は道灌山, は開成山, もの凄い音響, を官員屋敷, を漠然と, を焼, を私

▼ あたり~ (39, 0.2%)

2 胸の

1 [37件] あちこちの, がるん, こっちの, さんで, さんへ, しないか, しないよ, そのちょうど, その丁度内側, それから琵琶湖, ぞ, ほしいまま, やや大きい, わき水の, モスク, 先を, 勝手元を, 口元に, 唱歌席の, 墨汁臭い, 壁際の, 影や, 戸棚の, 指節の, 染物屋伊勢久の, 横顔を, 淺間の, 磯辺で, 稍大きい, 肉の, 肩の, 腰や, 膝の, 膝を, 袂を, 路地や, 頬の

▼ あたりからは~ (38, 0.2%)

1 [38件] いよいよ深く, いる高, この山, こんこんと, その事, それへ, たいへん機げん, どうかする, ひつて, ぽつぽつ桜, また危ない, もうすつかり忘れられた, もう幽, 一旦逃げのびた, 冷気が, 前景が, 右へも, 外へも, 夜どおしの, 家も, 帰って, 御歌道, 日光の, 杉林が, 植物性の, 樹林が, 歩道にも, 母が, 江戸城下の, 相当は, 私の, 自分の, 航路を, 蒸気を, 見物の, 賑やかな, 軍楽隊の, 麦畑の

▼ あたり~ (34, 0.2%)

42 から褄, な

1 [26件] いや敵, かも知れない, かよく, が新婦, つた, つたと, つたとお, ということ, というん, といった, といわれ, とききました, と思う, と思った, と思つて, と教, と毎年, と猫, と画家, と確か, と聞かされた, など, よ北村, よ北村つて云, よ直に, んべ

▼ あたり近所~ (33, 0.2%)

1 [33件] からも急, から借り集め, から移動, が, がようやく, が一度, が急, が皆真赤, にかなり, に人家, に塩, に敵, に気がね, に鳴りはためく, の人, の人々, の児童, の家屋敷, の小作人, の座敷, の我朝, の温泉, の煙草盆, の甲冑蔵, の騒ぎ, は狭苦しき, へも披露, をながめ, をはばかっ, を劃し, を捜し回る, を物色, を見廻す

▼ あたりより~ (31, 0.2%)

1 [31件] いくらか, ぐつと引つ立ち, づっとうましお, づっと面白い, なり, はい, みぞれまじり, ゃあいつらの景気が, ようやく欧露, オーストリアに, 一圓の, 下は, 二丁目三丁目と, 向うは, 咳が, 奥へは, 少し出, 急転し来る, 應援せる, 手腕も, 桃色の, 湯気を, 特に下したまえる, 秋冬の, 空席大分ありたる, 股の, 舞は, 花満開と, 質が, 驟雨に, 鳳凰地蔵より

▼ あたりまでも~ (30, 0.2%)

2 捜索し, 響いて

1 [26件] いって, およんだこと, さかのぼると, その匂い, ひびいたご, もうこの, もう一面, 出かけて, 叔父さんの, 吹き回して, 垂れ長く, 射し込んだ, 流れを, 涙の, 深追いし, 灰が, 燻しまわったから, 生え下って, 皆が, 聞えて, 茂って, 行つた, 衣物の, 見えるよう, 評判の, 風に

▼ あたりからの~ (24, 0.1%)

1 [24件] こと, ことを, ものも, ダイヤモンド鉱夫では, バラック建や, 不景氣, 事だ, 京都を, 博徒に, 名匠の, 宗教流行に, 帰りがけに, 日本の, 湯治の, 激動に, 物が, 線路は, 脈を, 誂えなども, 道路は, 遠山が, 遠見だ, 錯覺から, 雲仙が

▼ あたり~ (19, 0.1%)

3 手紙が 2 着き遊ばすかも

1 [14件] あたり, 二人で, 信さんの, 国の, 墓詣りいたします, 帰りくださりましょう, 成道は, 手入の, 昼飯あがり, 神さんに, 舟の, 見えに, 連様が, 電話し

▼ あたりとは~ (19, 0.1%)

1 [19件] いたずらの, おかしき言葉, だいぶ違う, まったく違う, 何となく様子, 全く酒癖, 全然比較, 同じ日曜日, 品格が, 少しも, 打って, 根本的に, 比較に, 比較にも, 異つて, 相手が, 街の, 違って, 違つて距離も

▼ あたり~ (17, 0.1%)

1 [17件] あるいは公設市場, いっそ本郷あたり, お前は, さつ, それとも上海, とにかく六波羅, ひどく一時不健康, まはず笑つた, 勿来関の, 又は向島劇場, 怪力線が, 或いは巣鴨, 或いは市中, 案内し, 真つ, 確かな, 解らない

▼ あたりしだい~ (17, 0.1%)

1 [17件] につかみとる, にとらえられ, になぐりつけ, になに, にはふりだす, にやといいれた, に取りはずし, に巻煙草, に座蒲団, に採集, に泰軒, に相手, に話題, に讀ん, のもの, ぶっぱなして, 掻き

▼ あたりだろう~ (17, 0.1%)

3 という説 2 と云われ, と思う, と思っ, と見当 1 かとかいつ, ぐらいに思っ, ということ, と云っ, と考証, と鼻

▼ あたりなら~ (16, 0.1%)

1 [16件] この派手, だしが, ば, ば墨, ば格別, まだしもの, まだしも七等官, まだしも彼, むと問へば, んと, アノ上玉で, 南の, 大気が, 幾らか消えず, 此の, 農奴を

▼ あたり憚ら~ (16, 0.1%)

2 ぬ大声

1 [14件] ずど, ずまだピッタリ, ずオンオン, ず声, ず泣くの, ず発揮, ず笑, ず驚き, ない声, ぬ冗談, ぬ増野俊春, ぬ声, ぬ大きな, ぬ無遠慮

▼ あたり~ (16, 0.1%)

1 [16件] さうし, だつたやう, 一帯を, 何座も, 北は, 喧伝された, 垂らして, 微かに, 来まして, 来ると, 水の, 泥に, 続いて, 行くに, 西は, 辿り着いた筈

▼ あたり~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] ていられない, ている, てその, て田舎者, て行く, て袁紹, て驚ろ, に行こう, まは, まはし, まはす, ゆ

▼ あたりさわり~ (13, 0.1%)

8 のない 2 の無い 1 がなく, なく華やか, の無い短い

▼ あたりじゃ~ (13, 0.1%)

1 [13件] ありませんか, この成り行き, そんなこと, とても見られない, ないかな, ないの, ア想像も, 伊藤俊助だの, 十四人も, 国学者の, 戦争なんか, 梵天山へ, 海岸一帯に

▼ あたりまでの~ (13, 0.1%)

2 長さ

1 [11件] ところから, バラック振りである, 勢いと, 十年間という, 句集には, 各国書目を, 座談会などでの, 期間を, 歌や, 聯珠界を, 高さだつた

▼ あたりその~ (11, 0.1%)

1 [11件] はげしさ, ほかに, 善後策を, 妓を, 日の, 明りに, 未だ老, 無常な, 近所に, 金の, 頃は

▼ あたりであろう~ (11, 0.1%)

1 [11件] かと彼女, かなどと, か蛙, がつつしみ, という, という説, とのこと, とは秀吉, と久慈, と夫人, と思われる

▼ あたりばったり~ (11, 0.1%)

2 では 1 な掠奪, に, にはいった, に開かれる, のよう, の万人, の事, の方法以上, やって

▼ あたりまでしか~ (11, 0.1%)

4 出て 1 ない一つ, ない小さな, 乗せないので, 浸って, 知らない, 行かないから, 達して

▼ あたり見る~ (11, 0.1%)

2 事が 1 かげも, が如し, ことは, ことを, と彼, のです, ような, 重盛が, 鬼蓮な

▼ あたりからも~ (10, 0.1%)

1 その話, また火影, わきあがつた, 人足を, 手紙が, 石器が, 花川戸の, 袂からも, 追われて, 隅田川へ

▼ あたりこの~ (10, 0.1%)

2 空とぼけた中 1 ような, 伯爵夫人と, 宿の, 御膳を, 村へ, 男の, 賑やかな, 郡は

▼ あたりにて~ (10, 0.1%)

1 いかなる事, 一応軍, 右に, 宛ら延板, 宝蔵院流の, 斯くまで, 路も, 部数他の, 雨に, 露月庵と

▼ あたりいちめん~ (9, 0.0%)

1 にた, にただよっ, に流れ, に生, に發射, に静か, の, の星, 渦巻いて

▼ あたりかまわず~ (9, 0.0%)

1 がみがみと, に口, 前へ, 大声で, 大声に, 大声を, 悲鳴を, 無遠慮な, 赤い絨毯

▼ あたりにまで~ (9, 0.0%)

2 達して 1 さげた, 及びますが, 垂らして, 延長し, 氾濫し, 滑り落ちそれ, 連絡を

▼ あたりへは~ (9, 0.0%)

2 よく二三日 1 ひつて, よく売れ, 初めてである, 小娘まで, 影も, 海嘯が, 現ぜられぬげに

▼ あたりへも~ (9, 0.0%)

1 ぶらつき廻った, よく聞えた, 五十ほど, 伺候し, 出かけた, 分れる, 十分に, 参詣し, 陸の

▼ あたりまでを~ (9, 0.0%)

1 ふくむ亀山上皇, やりに, バックに, 一つの, 中学一二年の, 写して, 沾ほした, 総じて南蛮諸国, 許された範囲

▼ あたり次第~ (9, 0.0%)

1 でこんな, にかけてゐる, のもの, の得物, の言葉そのもの, 引っ掻きまわされて, 投げつけて, 擲ったり, 読んだの

▼ あたり~ (9, 0.0%)

1 がお参り, が手紙, の耳, はある, はここ, は百, は私, は自分, をたずね

▼ あたりかと~ (8, 0.0%)

1 思って, 思はれて, 思はれる街路, 思われます, 思われる, 思われる一叢, 思われる山並, 想像される

▼ あたりかも~ (8, 0.0%)

3 知れない 1 しれんが, そこと, 知れませんが, 知れませんよ, 知れんな

▼ あたりそれ~ (8, 0.0%)

1 が最も, が見られる, だけ, で沸かした, にも優し, は小さい, を知る, を見

▼ あたりては~ (8, 0.0%)

1 もっとも心情, もとよりその, 大政府, 学者は, 実に微々たる, 悪かり, 物論はなはだ, 誘惑に

▼ あたりです~ (8, 0.0%)

3 か, 船が 1 かあの, か三等車

▼ あたり~ (8, 0.0%)

2 ことを, んだ 1 ので少し, んじゃあ, んだらう, 魔女は

▼ あたりにかけて~ (8, 0.0%)

1 お百姓, この, 半里あまり, 最も見頃, 物凄い長い傷痕, 見られるもの, 駐まっ, 黒い血

▼ あたりまでが~ (8, 0.0%)

1 がつがつ賄賂, もう僕, 六月の, 手に, 普通の, 軽い地鳴り, 轡を, 追

▼ あたりよりも~ (8, 0.0%)

1 かえって賑やか, ずっと時, ずっと色, それについて, 一段とすぐれた, 參詣も, 同じ勧説, 稍軽快である

▼ あたりだった~ (7, 0.0%)

1 かも知れません, か勇敢, がちんまり, が私, というところ, なあれ, よ

▼ あたりである~ (7, 0.0%)

1 がこの, がそこ, ことに, し日本武, と思う, のか, 事が

▼ あたりまた~ (7, 0.0%)

1 お対手, お忍びあっ, じつに愉しく, 助にだけでも, 多くは, 手紙が, 最も退屈

▼ あたり一めん~ (7, 0.0%)

2 にきこえ 1 にあふれ, にひつそり, に落ち, の田圃, を掩

▼ あたり一杯~ (7, 0.0%)

1 にその, にひろがっ, に散ら, に混雑, に生命感, に響き亘つた, に鳴きしきつ

▼ あたり~ (7, 0.0%)

2 かわびしい 1 かあの, か人間, か言っ, がはじまる, にか聽

▼ あたりいっぱい~ (6, 0.0%)

1 にかがやく, に並ん, に影, に漂う, の人, を暗く

▼ あたりからでも~ (6, 0.0%)

1 それ位の, そんな上流地方, 来たらしいよう, 来たらしい二人連れ, 登って, 飛んで

▼ あたりだけ~ (6, 0.0%)

1 ポーツと, 人が, 卵色の, 海が, 繁みが, 長く後短

▼ あたりだけは~ (6, 0.0%)

1 まるで仙台弁, むかしも, 綺麗に, 草が, 霧が, 鮮やかなる

▼ あたりへと~ (6, 0.0%)

1 あくがれ, さ迷い行く, 伸びます, 伺ったが, 近寄りました, 際限も

▼ あたりへまでも~ (6, 0.0%)

2 行きました 1 ドライブした, 勢力を, 噂に, 達した時分

▼ あたりまい~ (6, 0.0%)

3 のこと 2 の事 1 サと

▼ あたりもう~ (6, 0.0%)

3 着くころ 1 これで, 大阪で, 意識が

▼ あたり~ (6, 0.0%)

1 が肩, に逢っ, に逢つて, の寺, の所, を誘っ

▼ あたりかまわぬ~ (5, 0.0%)

1 声を, 大声に, 大声を, 急ぎかたで, 立ち話だった

▼ あたりこそ~ (5, 0.0%)

1 怖いと, 日本一とか, 明治時代文芸発程の, 気勢も, 花を

▼ あたり~ (5, 0.0%)

2 古股引 1 て早, て熱, とみえし

▼ あたりそう~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 なところ, なもの, な球

▼ あたりでの~ (5, 0.0%)

2 そりの 1 出来ごとである, 吟咏と, 物語

▼ あたりとの~ (5, 0.0%)

2 高さ 1 厚ぼったい重み, 間を, 関係を

▼ あたりなど~ (5, 0.0%)

1 下方に, 実におもしろい, 擦り温めつ, 満座抱腹絶倒した, 痛々しい

▼ あたりなどは~ (5, 0.0%)

1 彼女の, 日の, 痛かろう, 脂ぎって, 非常に

▼ あたりにしか~ (5, 0.0%)

1 できないこと, ないよう, 私の, 見受けられない奴さん, 許されなかった実演

▼ あたりにだけ~ (5, 0.0%)

1 あったに, あるよう, 特別し, 病んだよう, 認めたばかり

▼ あたりにては~ (5, 0.0%)

1 かような, 我より, 潮の, 狼を, 職工か

▼ あたりはばからぬ~ (5, 0.0%)

1 あの乱暴狼藉, 大あくび, 大きな声, 大声で, 牧神たちが

▼ あたり~ (5, 0.0%)

31 のと, の見え

▼ あたりよく~ (5, 0.0%)

1 かなり静か, 快適に, 綺羅の, 育ちやがったとは, 静かなる

▼ あたりをも~ (5, 0.0%)

1 こんた黒い, さすって, ずっと下がっ, 汚したもの, 波戸場に

▼ あたり全く~ (5, 0.0%)

2 やりきれない暗い 1 二度とは, 居ても, 春めき来りぬ

▼ あたり来る~ (5, 0.0%)

1 かも知れぬ, からもっとピンピン, のでしょう, ように, んだって

▼ あたり構わず~ (5, 0.0%)

1 いやな, こんな事, にぎゃあぎゃあ, 勝手な, 突進する

▼ あたり~ (5, 0.0%)

3 のあたり 2 の上

▼ あたりあの~ (4, 0.0%)

1 お客様が, 娘の, 空, 辺は

▼ あたりだらう~ (4, 0.0%)

1 かなう, と云, 悲惨だらう, 洲崎

▼ あたりでさえ~ (4, 0.0%)

1 あの通り, いたち, 夏の, 珍らしく

▼ あたりでしょう~ (4, 0.0%)

1 か, きっと, ね, よ

▼ あたりとも~ (4, 0.0%)

1 交際を, 御姻戚関係, 段違いさ, 覚えが

▼ あたりにでも~ (4, 0.0%)

1 ありそう, 張り込んで, 往診し, 滅多に

▼ あたりへまで~ (4, 0.0%)

1 伝わり流れて, 働きに, 窓を, 重苦しげ

▼ あたりよき~ (4, 0.0%)

1 も, 処に, 気流なり, 雅言が

▼ あたり~ (4, 0.0%)

1 に訪れる, は熊毛郡, は金富町, 八方堂という

▼ あたり供養~ (4, 0.0%)

4 にもなる

▼ あたり帰っ~ (4, 0.0%)

1 ておい, ておいで, て来られます, て来るだろう

▼ あたり東京~ (4, 0.0%)

1 から来, で封切, の西郊, へかえっちゃおう

▼ あたり死ぬ~ (4, 0.0%)

2 かも知れない 1 かも知れません, のかと

▼ あたり行っ~ (4, 0.0%)

1 てごらん, てしまっ, てみる, て見よう

▼ あたり迄は~ (4, 0.0%)

1 よく受ける, 吾, 段々で, 非常に

▼ あたり~ (4, 0.0%)

2 の上 1 の陽炎, を頂いた

▼ あたりかな~ (3, 0.0%)

1 しげの, 何しろ人間離れ, 姿を

▼ あたりからが~ (3, 0.0%)

1 つ, なんとなく心, 終に旅行者

▼ あたり~ (3, 0.0%)

1 うね, へ生れ, わりなく軟らげ

▼ あたりさはり~ (3, 0.0%)

3 のない

▼ あたりそれから~ (3, 0.0%)

1 東京駅までの, 火を, 瓶原の

▼ あたりそれら~ (3, 0.0%)

1 の上, の北陸平家史蹟, の耳目

▼ あたりだけが~ (3, 0.0%)

1 ぽっくり嵌めこみ, 安全地帯でも, 明るい

▼ あたりであった~ (3, 0.0%)

2 と思う 1 と覚え

▼ あたりでした~ (3, 0.0%)

1 か, から中止, と思われた

▼ あたりでなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならぬ, ば眞, ば見る

▼ あたりという~ (3, 0.0%)

1 のでした, 奴が, 自覚が

▼ あたりどこ~ (3, 0.0%)

1 かで日本左衛門, でもよろしく, ともなく

▼ あたりなどを~ (3, 0.0%)

1 想ひ起させます, 武蔵の, 見て

▼ あたりなに~ (3, 0.0%)

2 となけれ 1 がしか

▼ あたりなる~ (3, 0.0%)

1 を忘, 客は, 第三

▼ あたりにあたって~ (3, 0.0%)

1 しずかな, 見たと, 連亙した

▼ あたりにても~ (3, 0.0%)

2 深夜に 1 御輿とどめ

▼ あたりばかり~ (3, 0.0%)

1 です, で東京, 涼しい気

▼ あたりよりは~ (3, 0.0%)

1 大分い, 山男の, 遙に

▼ あたりらしい~ (3, 0.0%)

1 っておとうさん, 見当に, 話も

▼ あたり~ (3, 0.0%)

2 て寒き 1 てペン画

▼ あたりをが~ (3, 0.0%)

1 しが, つしり, つんと横

▼ あたりをめぐって~ (3, 0.0%)

1 いるもの, 吐く息, 腕から

▼ あたり一めん人間~ (3, 0.0%)

2 の叫喚 1 の死

▼ あたり井戸~ (3, 0.0%)

2 の傍 1 があっ

▼ あたり~ (3, 0.0%)

1 け少なく, に媚び, の走り

▼ あたり~ (3, 0.0%)

1 が彼女, はあいつ, は一寸

▼ あたり~ (3, 0.0%)

1 は帰らなけれ, は幾度, を殺し

▼ あたり~ (3, 0.0%)

1 がそ, がそんな, がなんで

▼ あたり~ (3, 0.0%)

2 の下敷 1 の者

▼ あたり~ (3, 0.0%)

1 から伐出し, を降り, 聳え花

▼ あたり忍び返し~ (3, 0.0%)

1 が損じ, の元, まで調べました

▼ あたり構わぬ~ (3, 0.0%)

1 オツトメを, 不愉快な, 大愁歎

▼ あたり死んだ~ (3, 0.0%)

1 じゃない, ぢや, んだろう

▼ あたり牧場~ (3, 0.0%)

1 かと思はる, かと思わる, に牧柵

▼ あたり着く~ (3, 0.0%)

2 かも知れない 1 ンだろう

▼ あたり~ (3, 0.0%)

1 に肥料, の葉, をすゝ

▼ あたり見た~ (3, 0.0%)

1 といふこと, 上でない, 私は

▼ あたり~ (3, 0.0%)

1 の蛍光, もない, 低き柳

▼ あたり~ (3, 0.0%)

1 のつめたき, も月, を食っ

▼ あたりいささか~ (2, 0.0%)

2 鬼気を

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 か, しろと

▼ あたりお前~ (2, 0.0%)

1 の家, の間

▼ あたりかなし~ (2, 0.0%)

2 げにわれ

▼ あたりくらいまでは~ (2, 0.0%)

1 我々も, 確かに

▼ あたりここ~ (2, 0.0%)

1 の敷居, へお

▼ あたりこのごろ~ (2, 0.0%)

2 はわれ

▼ あたりこの世~ (2, 0.0%)

1 のもの, をわが

▼ あたりこれ~ (2, 0.0%)

1 がコウモリ, よりやいよよ

▼ あたりそよぐ~ (2, 0.0%)

2 菫は

▼ あたりたしかに~ (2, 0.0%)

1 地上は, 貴下の

▼ あたりたりとも~ (2, 0.0%)

2 これを

▼ あたりたる~ (2, 0.0%)

1 木魚庵ただ一つ見えう, 湖面には

▼ あたりだって~ (2, 0.0%)

1 お医者, 寺は

▼ あたりだの~ (2, 0.0%)

1 ついじの, 背筋の

▼ あたりだらだら~ (2, 0.0%)

2 の坂

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 やあるまい, やない

▼ あたりって~ (2, 0.0%)

1 ことが, モレロ親分は

▼ あたりても~ (2, 0.0%)

1 形崩れず, 洋学者流が

▼ あたりであっ~ (2, 0.0%)

1 て標高, て食い殺された

▼ あたりであったろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思われる

▼ あたりでこそ~ (2, 0.0%)

1 有名は, 道庵と

▼ あたりでさえも~ (2, 0.0%)

1 年に, 文芸物出版社としての

▼ あたりでし~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ あたりでなく~ (2, 0.0%)

1 ては雪, ッちゃ

▼ あたりで無き~ (2, 0.0%)

2 か子供

▼ あたりとか~ (2, 0.0%)

2 聞いたが

▼ あたりとしか~ (2, 0.0%)

1 想えない夫, 聞いて

▼ あたりとを~ (2, 0.0%)

1 提灯の, 見た

▼ あたりどう~ (2, 0.0%)

1 いふ風に, ですの

▼ あたりどうも~ (2, 0.0%)

1 あぶなっかしいわよ, 何か

▼ あたりどころか~ (2, 0.0%)

1 のぶかく, 燈火を

▼ あたりなかなか~ (2, 0.0%)

1 の爺さん, 昭和文学史の

▼ あたりにおいて~ (2, 0.0%)

1 最も著しい, 烈しい空気

▼ あたりにさえ~ (2, 0.0%)

1 小供, 衰えをも

▼ あたりにまでも~ (2, 0.0%)

1 置いてきぼりに, 連れ出しました

▼ あたりぬくむ~ (2, 0.0%)

2 野の

▼ あたりはらはら~ (2, 0.0%)

1 と来, と花

▼ あたりほんのり~ (2, 0.0%)

1 と薄く, と逆上せた

▼ あたりまだ~ (2, 0.0%)

1 眞白の, 真白の

▼ あたりまでぞ~ (2, 0.0%)

1 君が, 唯一人君を

▼ あたりまでとか~ (2, 0.0%)

1 五人組仲間は, 未完成

▼ あたりまでに~ (2, 0.0%)

1 じみだした, 小鰯

▼ あたりむず痒き~ (2, 0.0%)

2 こと限りなかりき

▼ あたりめエ~ (2, 0.0%)

1 だ悪気, よ

▼ あたりもの~ (2, 0.0%)

1 なき破魔矢, の気勢

▼ あたりやや~ (2, 0.0%)

1 暗みふけつつ, 薄暗くなりたる

▼ あたりやら~ (2, 0.0%)

1 今は, 見当も

▼ あたりようやく~ (2, 0.0%)

1 薄暗く工夫体, 迫って

▼ あたりらしかった~ (2, 0.0%)

1 が実際, よどうも

▼ あたりをの~ (2, 0.0%)

1 た打ち廻った, 深く突刺された

▼ あたりをば~ (2, 0.0%)

1 よくも, 見まわしつつ

▼ あたりドンドンパチパチ~ (2, 0.0%)

2 大砲小筒鳴る

▼ あたりバッタリ~ (2, 0.0%)

1 なもの, にこれあれ

▼ あたりパリ~ (2, 0.0%)

1 で逢, はどんな

▼ あたり一つ此方~ (2, 0.0%)

2 から押しかけ

▼ あたり一ぱい~ (2, 0.0%)

1 にひろがりました, に流れ

▼ あたり一体~ (2, 0.0%)

1 にし, にシン

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 に死体, を見

▼ あたり主人公~ (2, 0.0%)

2 は縁側

▼ あたり二階~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ あたり五分~ (2, 0.0%)

2 は外れる

▼ あたり五百ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 が相場, ぐらい差上げない

▼ あたり低き~ (2, 0.0%)

1 雑木ひと山, 雜木ひと山

▼ あたり何となく~ (2, 0.0%)

1 晴れやらぬ憂い, 色めき立てる正午近く

▼ あたり何処~ (2, 0.0%)

1 かお上, ともなし

▼ あたり僅か~ (2, 0.0%)

1 に処女, に童顏

▼ あたり先刻~ (2, 0.0%)

2 に毒虫

▼ あたり~ (2, 0.0%)

2 て見れ

▼ あたり出し~ (2, 0.0%)

2 て涙

▼ あたり口説い~ (2, 0.0%)

1 てみる, て見

▼ あたり咽喉~ (2, 0.0%)

1 のあたり焼き鏝, の奥

▼ あたり四方~ (2, 0.0%)

1 へ力一ぱい, を祭

▼ あたり困る~ (2, 0.0%)

1 のは, ような

▼ あたり場所~ (2, 0.0%)

1 によって点数, は大

▼ あたり寒う~ (2, 0.0%)

2 なりぬ

▼ あたり専門~ (2, 0.0%)

1 の胃膓病院, を心がけ

▼ あたり屹度母さん~ (2, 0.0%)

2 から金

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 の東, は南東

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 が東美濃, の前

▼ あたり彼女~ (2, 0.0%)

1 の撥音, は花道

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 台場近辺で, 着府とか

▼ あたり~ (2, 0.0%)

2 からぬ

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 程土塀, 程月

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 が襲, は夜襲

▼ あたり時雨~ (2, 0.0%)

2 するうら寂し

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 がいい, の光

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 の多い, よく繁り

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 てい, てお

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 の絮, は緑

▼ あたり梯子~ (2, 0.0%)

2 を掛け

▼ あたり森低み~ (2, 0.0%)

2 見ゆ

▼ あたり水仙~ (2, 0.0%)

1 の葉, もう芽ぶいた

▼ あたり~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ あたり江戸~ (2, 0.0%)

1 へ立つ, へ立とう

▼ あたり沖釣り~ (2, 0.0%)

2 でも無き

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 にあたろう, に襲はる

▼ あたり田植~ (2, 0.0%)

2 おそし馬

▼ あたり異様~ (2, 0.0%)

2 な光景

▼ あたり秋雨~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ あたり筋肉~ (2, 0.0%)

1 がこりこり, を揺すっ

▼ あたり築地~ (2, 0.0%)

1 のホテル館, を越し

▼ あたり織部正~ (2, 0.0%)

2 が曲者

▼ あたり~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ あたり~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ あたり花菖蒲色~ (2, 0.0%)

2 のした

▼ あたり苦しん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でゐる

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 ぼうぼうとして, 枯れて

▼ あたり荊棘路~ (2, 0.0%)

2 を塞ぎたる

▼ あたり薄き~ (2, 0.0%)

2 紫の

▼ あたり見られた~ (2, 0.0%)

1 ことは, 太子の

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 が来る, にでもできる

▼ あたり迄の~ (2, 0.0%)

1 ことで, 作品では

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 に馬子唄, に馬子歌

▼ あたり針目あら~ (2, 0.0%)

2 はに衣

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 の雲, の雲たち籠むる眼路

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 なく箒, なく聞える

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 になり, 降るけしき

▼ あたり静か~ (2, 0.0%)

1 なそうして, になり行く

▼ あたり静まり返り~ (2, 0.0%)

2 てたそがれ

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 のうへ船べり, を掻き

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 といえ, をきれい

▼ あたり~ (2, 0.0%)

1 をくくっ, を申し渡す

▼ あたり~ (2, 0.0%)

2 のおくれ毛

▼1* [958件]

あたりあいつは神, あたりあかつきのもや, あたりあくまで東叡山寛永寺の, あたりあさのとりいれにて, あたりあそばしましたらお帰り, あたりあっちへ行くだ, あたりあまり遠くない, あたりあらためて酒を, あたりありたらば告げ, あたりあるかな, あたりあるいは渋谷世田ヶ谷または, あたりあんたが殺られる, あたりずくの, あたりいい知恵が, あたりいうべからざる情味を, あたりいかがでしょう, あたりいかにも見覚えある, あたりいじらしい自然の, あたりいちめん嵐に吹きちる, あたりいちめん得もいわれぬ, あたりいちめん林檎の花, あたりいちめん肉のこげる, あたりいちめん雀ばかりです, あたりいったいはまるで, あたりいと白きに, あたりいや鎌倉じゅうが, あたりいよよにまばゆき, あたりいらつしやる, あたりいろいろ深い示唆, あたりいわゆる豪華版という, あたりうれしいことが, あたりうれしくなって, あたりおそろしい奴が, あたりおちこちに門戸, あたりおのずから品が, あたりおぼつかな寒竹の, あたりおめにかかりにゆきます, あたりおんみのおごそかな御, あたりお前さんの方, あたりお構いなしに, あたりお母さんにあなた, あたりお産をし, あたりお目にかかりに行きます, あたりお祭りさわぎなり, あたりお話した籍, あたりお送りいたします, あたりかかることな, あたりかきねのあたり, あたりかでとつぜん轟然, あたりかとも思わるるが, あたりかの門之, あたりかまわず打ってかかり, あたりかまわず言ってのけ, あたりからずつと仮名ばつかり, あたりからぞきりと, あたりからと思つたのです, あたりからというのだ, あたりからどつと一條, あたりからはずつと離れた奥, あたりからめつきりと, あたりからやに土が, あたりかん病せし事, あたりがからつとして, あたりがてうどよい, あたりがといふ面持で, あたりがねえと言ったッ, あたりがばツとして, あたりょろ, あたりきまって大雪が, あたりきょろきょろ見廻わす自分, あたりきらりと光っ, あたりきんが来たら, あたりくじまで総計二千本, あたりくじ二本を最高, あたりくっきりとした, あたりくらいまで来た時, あたりくらいまでしかない, あたりくらくなりたれば, あたりぐあいなどで舟の方角, あたりぐらい名所古蹟は, あたりぐらいでひっくり返るなんて, あたりこうやって, あたりここらを掻きまわした, あたりこちらからボチボチ, あたりこられるかも知れぬ, あたりごうごうと夜深き, あたりごとに振返る, あたりさうだつた, あたりさうな処を, あたりさうに點りつ消えつ靜かに, あたりさしてぶら, あたりさらに赤松円心の, あたりさりあへずわれは, あたりしかない海, あたりしかば母うらみかこち, あたりしきりにこの高, あたりしだい工具であろうと, あたりしみじみと見ゆる, あたりしんしんと小夜, あたりじゃと目を, あたりすぐ来るかも, あたりすこし赤らみて, あたりすなわち釜無川の, あたりすべてのもの, あたりすべてかわりなく親類一門, あたりそういう風に, あたりそこらへんに, あたりそちらへ行くでしょう, あたりそれとなく匂わして, あたりッ, あたりたった今の晩餐, あたりだけでも過ぐる年, あたりだけに如何にも支那風, あたりだけの道を, あたりだけを切り抜いて, あたりだったら仕立代だけでも, あたりだつたらうと推定, あたりちかく聞きおどろくべき庵, あたりちっとやって来ないかね, あたりちょっと東京へ, あたりちよつとその, あたりぢゃ副業に椎茸, あたりぢゃ生産へだし, あたりからまるで, あたりっていうもんだ, あたりつくのでしょう, あたりつついささか寒し, あたりつねにかはらず, あたりつろふのふし, あたりであり大阪の, あたりであろう尖った峰も, あたりでけものの, あたりでしたろうか, あたりでなくらしい梟の, あたりではとつくに, あたりでばっかりやって, あたりとある網代の, あたりといふのは, あたりとかの暮方の, あたりとが見えた, あたりとしてゐる春日, あたりとてもそんな遊ん, あたりとで紋作は, あたりとでは髪に, あたりとともに生彩を, あたりどうしても水の, あたりどことなく鄙しげなる, あたりどころが悪く, あたりどもだらうじつさい, あたりどんな場面を, あたりながらの気象学の, あたりなけだものが, あたりなさるまいと云う, あたりなされたことが, あたりなすったのかも, あたりなぞはどう見, あたりなぞも父親に, あたりなどがそれである, あたりなどでは特に目, あたりなどの小旅行, あたりなどへも折々御, あたりなども普通なら, あたりなにがなうれし弟, あたりなまめかしい肉の, あたりならぬところに, あたりなりしかば友は, あたりなりといふ, あたりなれば必定それ, あたりなんの苦, あたりなんかよりずっと趣, あたりなんと言えば, あたりにかけての人種である, あたりにかよひ候, あたりにけはいが, あたりにこそ御墓, あたりにすらうさんな, あたりにての泊舟の, あたりになつて居ります, あたりにはなま血, あたりにまつわるこのいぶき, あたりにやあらん, あたりにやと記して, あたりによすれば, あたりによってさし廻された, あたりぬるき番茶は, あたり可哀そうに, あたりねえあなたって, あたりのうのうでした, あたりのうを使う者たち, あたりのぶきみさものすご, あたりのみなぞこにかの, あたりのよさだつた, あたりはいちめんに鬱蒼, あたりはごうごうう, あたりはじめてこのこと, あたりはずゐぶん, あたりはずつと小さい家, あたりはにはかに明るく, あたりはばからず七造が, あたりはばからずひげ面に, あたりはばかるひそひそ声, あたりばかりがおながめられ, あたりばかりを見やって, あたりひとしほ闇, あたりひとつ黒木の御所, あたりひとところを離れず, あたりひどく脹れて, あたりひょうぜんと入来, あたりひらいてみたら, あたりふっと買って, あたりへでも参るかな, あたりへわウわ, あたりほかの会員, あたりほそき滝する, あたりぼくの身辺, あたりぼろぼろに破れたる, あたりぽとりと一滴の, あたりまいでございます小言を, あたりまかせに本, あたりまかせだったという, あたりまさしくその滝壺, あたりまたは同じ千六, あたりまったくまのあたり見せて, あたりまっ暗ではあれ, あたりまでかの女は, あたりまでへもご法度の, あたりまばゆきばかり照り輝き, あたりまばゆく散乱し, あたりまゆのにおや, あたりみんな外套を着るでしょう, あたりむしろ近頃の, あたりめえさ今どろ, あたりめえなことさ, あたりめ甘露煮なんでもいい, あたりめ首でもくくっ, あたりもう全くの蔬菜村, あたりもぐらもちの真似, あたりもしかとは見えない, あたりゃあしまいかなんかと云う事, あたりやうなき部屋, あたりやはり人麿一流と, あたりやりたいと思ふ, あたりやるにはもっ, あたりゆえ考えず, あたりゆえ伏見はなお, あたりゆたかに艶, あたりゆ持てりとを, あたりようはありません, あたりようやくやがてさしかかる武蔵野, あたりよし原の, あたりよりの風邪なおらず, あたりらしかつた, あたりらしくそれから約, あたりらしく見える山の, あたりわざわざ敷いたらしい一枚石, あたりわしは迂闊, あたりわるくなって, あたりをかが四五ひきうるさく, あたりをずつと眺めます, あたりをでもつねったらしいの, あたりをとつくりと, あたりをというのである, あたりをまで突き貫かず, あたりをや過ぎさせたまわん明日, あたりイエズスのことば, あたりウド闇き柳, あたりウニヤンエンベの部落, あたりカラカラと香ばしく, あたりキョロキョロ見廻したり, あたりクリーム色の壁, あたりコトリと音, あたりジャンと来なきゃ, あたりスクスクと毛, あたりスケッチする, あたりチラチラ影絵の, あたりナラカシハが多く, あたりニューアイルランドの島影, あたりハワイ群島の海域, あたりパッと浸み出し, あたりヒョロ高い松, あたりビクツと手応, あたりフーフー云って, あたりブラジルに渡る, あたりボツボツ締め切ろうかと, あたりマルセーユに着く, あたりモスクワへ向け, あたりっその, あたり一あれ来そう, あたり一ばん受けて, あたり一めん遽かに暗く, あたり一円ずつを醵出, あたり一切はピント, あたり一団の褐色, あたり一團の褐色, あたり一寸ばかりきり, あたり一寸本もの, あたり一川の上下, あたり一帯人煙稀薄枯すすきの原, あたり一帯背丈を没する, あたり一帶の地, あたり一度見たやう, あたり一抹の明色, あたり一日五十銭の食費, あたり一日六本ないし九本, あたり一筋の藍, あたり一篇の戯曲, あたり一角の裏窓, あたり一軒も表, あたり一面しんの闇, あたり一面まっ黒びろうどの夜, あたり一面カン木と草, あたり一面埃と土煙, あたり一面夜靄のよう, あたり一面平野の如し, あたり一面我国メインの最も, あたり一面松葉が散り敷い, あたり一面毒瓦斯でも撒かれた, あたり一面気味の悪い, あたり一面海の底, あたり一面火の海, あたり一面燒け落ち, あたり一面葭と葦, あたり一面陽炎のよう, あたり七十円に無代進呈, あたり七軒巻添えになる, あたり万遍なくぽちん, あたり三十カペーカの勘定, あたり三十二カペーカだから, あたり三十圓これはルリ, あたり三十年増が化けた, あたり三厩の宿, あたり三合であった, あたり三味の鳴る, あたり三等車の隅っこ, あたり三郡を通じてこれ, あたりから少し, あたり上層の雲, あたり下宿に帰ろう, あたり下町かいわいはちょうど, あたり圖思ひ付い, あたり不思議な恍惚状態, あたり不意に大きな, あたり中空で鳶, あたりを恥, あたり乃ち老いたるアーラルド, あたり乗鞍の頂き, あたりのあたり, あたり乳房のあたり, あたり亀戸新宿辺から消散, あたりの曲輪, あたり二三ヶ所の残雪, あたり二三百文ほど仕入れ, あたり二三部来ましたが, あたり二両ずつそれ, あたり二人でここ, あたり二十もあれ, あたり二十三四歳にはなる, あたり二十五カペーカだしましょう, あたり二条三条の雪, あたり二百ルーブリは貸し, あたり二百円多数の医師, あたり五メートル四方が満月, あたり五千以下ではテコ, あたり五百円の利益, あたり人七百余も損じ, あたり人影もなく, あたり人情あつく太古, あたり人生の真実, あたり今にも紫の, あたり今夜の興行, あたりわず, あたり仕事にか, あたり以上に古く, あたり以後は全く, あたり伊勢ガ浜というところ, あたり伊東伴作が蕗子, あたり会計をし, あたり会議を開く, あたり伯爵家へ往, あたり伸子の遺骸, あたり何と言ふ, あたり何斗米がとれる, あたりしげ, あたり使った箒が, あたりるかも, あたり信長から身, あたり向いた姿, あたり倫敦に歸, あたり健康そうな頬, あたり傾斜やや緩く, あたり僻地では茶代, あたり充分呼吸をのみこん, あたり先代三木助に言われる, あたり智慧を, あたり入海がカガミガ原, あたり入港しとる日ぐりだから, あたり全体を実に, あたり八方ひろげて, あたり八百円という恐し, あたり六波羅軍がすでに, あたり兵馬が充満, あたり其の仔豚の, あたり其様所へ行かなく, あたり具合わるしと, あたり冗談かも知れぬ, あたりいやりとして, あたり冷酒一合五勺にも満たなかった, あたりならず畑, あたり出かけるとしよう, あたり出たに相違, あたり出来てくる, あたり出来上るのだ, あたり出火したらと, あたり出発かも知れない, あたり分かる通り幕末から, あたり制服の詰め襟, あたり剃りたての, あたり割合しずかですが, あたり加減の匂わし, あたり加賀仙台島津また何のその, あたり劣等感は微塵, あたり十二ルーブリでね, あたり十円廿円と云, あたり十番に近い, あたり千ルーブルよりはずっと, あたり博物館の裏手, あたり危険かも知れません, あたり即座に天関地軸, あたり厳寒真冬の霜, あたり厳島参詣の一つ, あたり去らぬ鏡の, あたり多くは, あたり又グッと冷える, あたり口授したり, あたり古い銀杏の, あたり同じ細くやにっこい内部, あたり同僚とナンテル, あたり名古屋をお立ち, あたり向島の秋, あたり君たちに向っ, あたり呼びよせるかも知れない, あたり呼んで話し, あたりかに褄しとやか, あたり哀れで泣いた, あたり聞えるもの, あたり喧嘩の一つ, あたり嘗てなでしこを, あたり四五カ所を云い聞かせる, あたり四五寸ばかりの切, あたり四方八方時鳥可心, あたり四町四面を地域, あたり四里四方の全部, あたり四面の凸所, あたり図書館へ行っ, あたり国府津へゆくでしょう, あたりみて, あたり圍む鬱蒼たる森, あたりの色, あたり土手下の家, あたり土曜から日曜, あたり土足はだ, あたりがすけ, あたり垂井へお, あたり城下の空気, あたり城内へ着いた, あたりにはわたくし, あたりから二間, あたりから幾ら, あたりを流した, あたり墨田の川, あたり壺桐ヶ淵という所, あたり夕戸出の油, あたり夕日に風, あたり夕星の空, あたり夕暮の煙, あたり夕月がきれい, あたり外事課へ行け, あたり多分帰京つた, あたり多摩川の幅, あたり多賀子さんと野原, あたり夜更でも行きあたりばったり, あたり修羅場を, あたり大きな喧嘩を, あたり大して醉ひもしない, あたり大体これ等を故人, あたり大体稲佐山の高, あたり大分妙のよう, あたり大島の仕立, あたり大川の里, あたり大阪へ往, あたり太く細りぬ, あたり太子の御霊, あたりを失った, あたり奔湍のほとばしり, あたり晴な, あたり好く石垣の, あたり如何にも清げなる, あたりが神戸, あたりの妾宅, あたり始まりますぜ, あたりを娶, あたり嫋々としてもの淋しい, あたり孵ったかと思われる, あたりに寐轉, あたり宗像君単独でその, あたりを歩行, あたり専検の試験, あたり将軍辞職の真相, あたり旗の, あたり小坂だの萩原, あたり小林さんが迎, あたり少し禿げ両, あたり少しく薄黄色, あたり尺寸の間, あたりで草, あたり局外批評の難, あたり居けるに何者, あたり届けて来る, あたり屋根の破れ, あたり山巒重畳するところ, あたり山手にかかっ, あたり多く総て少年時代, あたり島田でしょう, あたり崇高な彼, あたり川幅六七間もあろう, あたり工合とはおのずから, あたり左手の海, あたり市中の本屋, あたり帝都は空襲, あたり帰つて来るだらう, あたり帰らうか知ら, あたり帰りたいが一人旅, あたり帰るつてお, あたり帰れるの, あたり平地の開けた, あたりにいまにも, あたり幾つもの提灯, あたり広き境内の, あたり座敷を衝, あたり庭先の水, あたり建国祭の行列にぎやか, あたり建札のある, あたり引廻しの陽炎, あたり引越して來, あたり弱きしづもりにあり, あたり当たってこの, あたり当地へおつき, あたりも言い, あたり御殿女中の逍遙, あたり御馳走すると, あたり徳山の病院, あたりの疼く, あたり忍べ君, あたり応援が県, あたり快い笑を, あたりのため, あたり忽ち暗くなり, あたり思い出すだに至宝, あたり思い立って行く, あたり思はず読者の, あたり思わぬところに, あたり悪しくまたあまりに, あたり戦術でもっ, あたり手拭の跡, あたり手紙を出そう, あたりつけなりの, あたり打ち切りたいらしかつた, あたり打ち霞んで不思議, あたりがあつ, あたり押し掛けて行つて, あたり掘り返して何, あたりいかかる大木, あたり改めてまたお礼, あたり放題に雑草, あたり故郷の静岡, あたり散らさずにはいられない, あたり散らして寄付, あたり散らすので末, あたり数個の邸宅, あたり数町の間, あたり文句が隱, あたりうした, あたり斯んな天気ぢ, あたり新保辺から医者, あたり新年会をやらう, あたり新聞でよく, あたり新開町の花柳界, あたり旗鼓堂々一路笠置, あたりざしに, あたり日光はあの, あたり日日聚話可有, あたり日比谷上野小石川のバラック, あたり早く帰って, あたり明りと云, あたり明るく小鳥が, あたり明日は日曜, あたり明滅する燈台, あたりが流るる, あたり春意ますます募り, あたりれという, あたり昼席へいった, あたりが近づいたらしい, あたり時々ちらつく金鎖, あたり時には目の, あたり時刻はこれ, あたり景観も大きい, あたりしと, あたり暗い廊下の, あたり暗い暗い星空が, あたり曲者が準備行爲, あたり曳き出してお, あたり更に遠くは, あたり書いて下, あたり面白し, あたり月光しぶく弁天, あたり月夜吹きつつ, あたり有給一ヵ月休暇に一つヴォルガ下り, あたり望み見たわけ, あたり朝寒夜寒のきびし, あたり木立を縫, あたり苦うし, あたり末枯れた草が, あたり末端に至る, あたり本丸と二の丸, あたり本当にグロッキーでした, あたりをかかげ, あたり札百両といっ, あたりへ帰っ, あたり来ようものなら, あたりを滿, あたりが黒, あたり松山館というの, あたり松島の月, あたり林村と記され, あたり枯葉がどっと, あたり柔かい土の, あたり柳並み木の行き行く, あたり栂檜の老樹, あたり根生院の森, あたりの紅, あたりも桜, あたり梅尤も多し, あたりか何, あたりの下, あたり森林の美し, あたりはぬ, あたり構はず張り上げるの, あたり構わず笑ったり泣い, あたりもない, あたり横川驛で機關車, あたり樹林が茂っ, あたり次々に鶏, あたり次第にばたばたと斬り倒した, あたり次第にぱらぱらと頁, あたり次第ひとのもの, あたり次第ナイフやスプーン, あたり次第何でも御座れ, あたり次第壁をつきこわし, あたり次第物を指さし, あたり次第眼にとまった, あたり次第身丈に合つた灰色無地, あたり欧洲へでも行きたい, あたりならば, あたり此時代の文章, あたり此處から入れない, あたりに面接, あたり殆どそのため, あたり殿がそちら, あたり毒々しいものだ, あたり毒虫にでも刺された, あたり気味だし, あたりを噴く, あたりは池, あたり氷河と峻険, あたり汗ばむ程あたたかい, あたりを下っ, あたり決定書が来, あたり注連か飾り, あたり流しから溢れた, あたり流石に欧羅巴的教養, あたり浅草本所ともに他流試合, あたり浅間山を飽かず眺め, あたりから出る, あたり浜町河岸から矢, あたり打つよう, あたり海上の敵数千ぞう, あたり淋しくして, あたり淡紅をおびたる, あたり渋沢が屋敷, あたりを巻い, あたり漾蕩たる水, あたり濛々と霧雨, あたり濡れて足, あたり火定の済んだ, あたり無造作に持った, あたり討ちが, あたり焼き打ちの計, あたり焼き鏝でも当てられた, あたり焼け木が, あたり焼酎のみでなく, あたり熱帯の海, あたり熱心に集めた, あたり熱海でゆっくり, あたりけ崩れた, あたりを黒焼, あたり袖などが, あたり片づけて吊る, あたり物寂しくなりたれば, あたりの仔羊, あたり特有の窓, あたり特色も看, あたりつたやう, あたり狩人が寝ず, あたりの一枚, あたり獅子は眠る, あたり班長が休み, あたりが鱗形, あたり生色失せて, あたり田舎の家屋, あたり疑われたことを, あたり病菌の試驗, あたり発見した私, あたり白い雲の, あたり白き鸚鵡の, あたり白く棚引く横雲, あたり白雲の, あたり白須賀はよし, あたり百ルーブリですな, あたり百合子さんと御, あたり百圓拂つて, あたり百姓何千何万と申す, あたり繰返して, あたり皆んなで何処, あたり皆川の東, あたり皆顔知らぬ人々, あたりに植える, あたりに見る, あたり目の下近く過りゆく, あたり目先が変つて, あたり目撃したベルナルドーネ, あたり盲膓の手術, あたり真帆片帆白し, あたり真白な襟, あたり真青な湖水, あたり眼がけてグサッ, あたり睨みまわす眼にも, あたり知ったここちが, あたり石屋が隣り合っ, あたり砂地の路, あたり破産に瀕, あたり礁湖頗る浅く, あたり礼者や太神楽, あたり神様のお, あたり秋色深く, あたり秋草の上, あたり突く羽子の, あたり突然と差押, あたり窒素が三十キロ, あたりとはあべこべ, あたりの内, あたり立つので寿江子, あたり立廻り相ならぬ, あたり竹生島から帰り, あたり笠ヶ岳の下, あたり二次, あたり立ちこめかみ顫, あたりの火, あたり糞叉子掻きて, あたり紀元前三千年の昔, あたり紀州のあの, あたり約束の場所, あたりをさし来, あたり純真を発揮, あたり絃歌のさんざめき, あたり結い日だった, あたり結ったままの, あたり結句のおし, あたり結婚生活にはいろう, あたり結局私はそちら, あたり網走の刑務所, あたりの長襦袢, あたり締め切りにしようで, あたりてが如何にも, あたり繁昌です, あたり美緒が毎日喀血, あたり羽目へ挾ん, あたりを衝, あたり職業を求めてる, あたり肥料を扱う, あたり育ちのよ, あたり背中合せが停車場, あたり胸底の懊悩, あたりから太股, あたりりと, あたり自分は見, あたり自然に接し, あたり舞台で知る, あたり舞臺の上, あたり航海の難所, あたりは水の上, あたりせる羅刹, あたり色艶勝れず円髷, あたり芝原になっ, あたりをつける, あたり花屋およそ五七軒, あたり若しや中村君, あたり若干の平地, あたり草樹のしげる, あたり荒寥人心はバラ, あたりずんだ, あたり蓮華寺へ引越す, あたりの穂, あたり薄暗くなる, あたり薄紫の雲, あたりも溝, あたりのあいだ, あたり蘇って来た, あたり虚無以外には何, あたりの数, あたり蜀帝のお, あたり融けてこそゆけ, あたり蟋蟀啼きも, あたりつて, あたり行こうと思っ, あたり行つて見ようかな, あたり衝立の蔭, あたり衣紋のあたり, あたりの山, あたり裏木戸の材木, あたり裏道を掛け, あたり裏門の方, あたり製菓会社が来る, あたりのあたり, あたり複線路の工事中, あたり西洋へ行っ, あたり見えるさう, あたり見せて貰わなけれ, あたり見せつけられて, あたり見せられて何人, あたり見せ付けられたような, あたり見ればそれ, あたり見下ろす展望台は, あたり見届けたことが, あたり見廻わせる, あたり見廻したが小声, あたり触りの無い, あたりておもらひ, あたり評判の町医, あたり試験を受け, あたり話すであらう, あたり読んでごらん, あたり読んだ作家の, あたり謹厚なうち, あたり豊かな娘, あたり豐川ももう, あたり貧しき町, あたり赤き擦傷, あたり走り行くは人々, あたり起きられそうだ, あたり起こるでございましょうよ, あたり跪いて塵, あたりは一筋, あたり踏み出してみる, あたり身體を洗, あたり迄が心配し, あたり迄を引括めた, あたり近々といた堀尾茂助吉晴, あたり近い処の, あたり近所いっぱいに立て込ん, あたり近江辺まで突出, あたりふ夕雲, あたり迷惑なもの, あたり退院出来そう, あたり送ってやろう, あたり途崖流れを構え, あたり造船工場などのある, あたりりに, あたり遊びに行く, あたり遊覧バスで一, あたりのいい, あたり道場に現われた, あたり遣っ付けるか, あたり遥か奥の, あたり遺骸の形状, あたりは明, あたり郊外の霜解け, あたり酔ひ過ぎて, あたりに素人屋, あたり重い鈍器で, あたり重光さんはお, あたり野原にゆき, あたり野州の山路, あたり野末の靄, あたり野火の煙, あたり金庫やぶり, あたり鉄道自殺と云え, あたりのよう, あたりの先, あたりを流る, あたり閉じようと思っ, あたり閉ぢようと思つて, あたり開かうぢや, あたり開くはずの, あたり開業した島本守, あたり閑靜頗る愛すべく, あたり関はずそんなこと, あたり関わず切ない声, あたり阿弥陀ヶ峰までいや, あたりは舂き, あたり隅田川べりのお, あたり階段の上, あたり隠元豆の花, あたり雑巾の如く, あたり雪明りもなく, あたり雲荐りに, あたりの微塵, あたり電信でお, あたり霜柱を見る, あたり青磁色の一線, あたりに鳥, あたり非常な山国, あたり靡く雲, あたり面白い話が, あたり音楽堂へ姿, あたり頂きに来ます, あたりのあたり, あたり領内へ着こう, あたり頸筋のあたり, あたり頼まれて手, あたり頼母様にはお, あたりのあたり, あたり風あたりが暴く, あたり飛びめぐるをうるさし, あたり飛鳥川沿岸に小, あたり食べ頃よ, あたり餅搗きを致します, あたり違う人, あたりを乘, あたり験しに入, あたり骨あらはなれ, あたり高原の地, あたり高座でも沸, あたり高級助役というところ, あたりの穴, あたり鬱蒼と風, あたり鬼怒沼方面にかけて打ち続く, あたりしらじらと, あたりかに見える, あたり鮮人が泥, あたり鮮紅に血汐, あたり鮮麗にフト, あたり鳥越城のうしろ, あたり鳩尾を土足, あたり麹町あたり同じ細くやにっこい, あたりなる月嚠喨, あたり黄ばみそめつつ, あたり鼠色の着物, あたりの先