青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あたかも~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あげ あげ~ あげく~ ~あげた あげた~ ~あげる あげる~ あした~ あすこ~ あそこ~
あたかも~
~あたし あたし~ ~あたり あたり~ ~あたる ~あちこち あちこち~ あちら~ ~あっ あっ~

「あたかも~」 3095, 33ppm, 3509位

▼ あたかもその~ (127, 4.1%)

6 ように 3 時に 2 人の, 前に, 時そこらの, 時である, 立留りし, 線の, 翅の

1 [104件] あたりに, うちにおいて, ころある, ころ女の子を, ときに, ときは, ときピエトロ・バグリオーニ教授は, ときブルタアニュの, とき何者かが, とき境内を, とき耳の, とき騎兵隊の, 一人が, 三方を, 上に, 中に, 主宰者たる, 人が, 位置は, 光栄が, 兜を, 医者の, 号令に, 合唱から, 命日に, 坐って, 変遷の, 夢を, 大輪を, 太陽が, 好むところ, 子供を, 存在を, 密告者は, 審査員並びに, 岩の, 巨大な, 広い墳墓, 広間の, 座に, 当事者らが, 影を, 微笑の, 快味, 手が, 故に, 文明を, 日の, 日は, 日わたくしは, 日千々岩は, 日繋がる, 時, 時亭主驚いた, 時代の, 時分暫らく西比利亜に, 時帳場の, 時役者の, 時私は, 時自分は, 時谷を, 時間に, 時魚銛発射手の, 木組は, 様子は, 次の, 歓を, 永遠の, 理由によって, 生命, 生活の, 病苦を, 眠って, 瞬間を, 祭日に, 禁錮中において, 答礼として, 肌が, 花環の, 茂みの, 葬式の, 蝋燭が, 裏へ, 赤さ, 足は, 距離の, 車掌の, 辺の, 途端に, 関係は, 陰惨な, 際丸山救護課長から, 隠れ家から, 隣りに, 隣家の, 集団は, 雑誌社の, 雛形の, 雲に, 音が, 音を, 頃であった, 頸の, 髪が

▼ あたかもそれ~ (63, 2.0%)

2 が日課, を待ち設け, を裏書

1 [57件] が, がすぐれたる, がその, がため, がまったく, がキッカケ, が久慈, が人間, が他人, が何, が十九世紀後半, が名誉, が支店長代理, が本人, が法水, が目, が神威, が紛失, が自分, が芋殻, が論理, が足, だけがのっぴき, と同じ, と同様, と対照, と符合, に応える, に用いられ, に触れた, はせせら, はだれ, はナポレオン, は借金, は内国博覧会, は封建制度, は廉子, は私, は遊離, まで休止, をした, をなで, を予告, を取りかえす, を否定, を始め, を守る, を待ちかまえ, を待っ, を拒み, を眼下, を聞きとっ, を見物, を覗き込む, を追う, を通訳, 少い遊女

▼ あたかも自分~ (59, 1.9%)

2 の前, の心, の方

1 [53件] がこれ, がそれ, がとっく, がひとり, がひどく, が五十, が他, が姉自身, が心, が急き立てられ, が技師, が結婚, が褒められた, が見出した如く, が長い, で作った, で学資, で発光, で経験, で自分, に綴りたる, のこと, のため, のもの, の上, の世界, の令, の作った, の功名, の労力, の姿, の娘, の子, の孤独, の家, の幸福, の急所, の息子, の悲観主義, の未来, の病気, の眼, の肉体, の自由意志, の衣嚢, の誇, の部屋, の鉤, の非, の魂, は星, は自分, より前

▼ あたかもこの~ (54, 1.7%)

2 時に, 頃の

1 [50件] いまの, ころ永田町の, ころ言問橋の, なかに, ような, ピシストラアッスの, 世の中に, 事件が, 二つの, 五月十一日は, 人の, 介が, 仮定から, 八畳と, 含月荘の, 問を, 土の, 増加せる, 子が, 子どもも, 宴の, 川に, 年の, 庭の, 建築中の, 恐ろしい事実, 插話の, 断定から, 方法に, 日の, 日は, 日までの, 時の, 時また, 時代を, 時分に, 時粗帽粗服の, 沼の, 海の, 溝の, 町から, 白雪の, 茶屋へ, 蒼沼に, 轍だ, 開化が, 関所の, 頃猪右衛門と, 頃霞ヶ関内務省警保局の, 鳥の

▼ あたかも~ (35, 1.1%)

1 [35件] がその, がそんな, がまだ, がシベリヤ, が密か, が往く, が浮世絵板物, が縁側, と関係, に対して何, に尋ねる, に打ち砕かれた, に遁走, の全身, の国, の外部, の姿, の容貌, の帰っ, の指, の毛皮, の淵江村, の源蔵, の空しい, の立ち去る, の言った, の魂, はもはや, は喧嘩, は憐愍, は目, を出し抜いた, を嘲笑う, を埋めよう, を待ってる

▼ あたかもかの~ (24, 0.8%)

1 [24件] グラウコが, 中等室の, 丹沢五郎治で, 伊八が, 佐兵衛ら七人が, 士官が, 夢想兵衛が, 大将が, 大鷲の, 女が, 女の, 妖婆が, 客の, 小魚, 浮浪人と, 現実に, 番頭の, 竹垣の, 精鋭なる, 細君が, 蒼天に, 蛇吉が, 軍士の, 雷雨が

▼ あたかも~ (23, 0.7%)

2 がその間

1 [21件] からそこ, がまさに, が砂濱, が談話, に助けられる, に対うに, のおる, のない, の世, の口笛, の声, の天賦, の如き, の子供, の形, の立ちたる, の肉, の親切, をもて, を欺く, を辱める

▼ あたかもそこ~ (17, 0.5%)

1 [17件] からはいっ, で落合った, にその, に来あわせた, に深い, に自分, に重厚, は渡良瀬川左岸, へ人, へ十三四, へ杣仲間, へ来かかった, へ現れ, へ足早, へ金華将軍, へ魔, までマリユス

▼ あたかもこれ~ (16, 0.5%)

1 [16件] かつて北条高時, がをり, が他, が合図, に思ひ, に眩惑, に等しい, はある, はラインハルト, は生き, は生きかえった, までつねに, までには何, を家憲, を筐中, を自発

▼ あたかも~ (16, 0.5%)

1 [16件] が今, が何らかの, が手, が楽しみ, が自分自身, のそういう, の位置, の友人, の庭, の生命, の行く先, の責任, の高, を咎める, を怨む, を慰める

▼ あたかも一つ~ (15, 0.5%)

2 の季節

1 [13件] に融け, の, のガス, のコーラス, の侮辱, の固定観念, の山嶽, の後光, の決心, の生涯, の絵画, の絶対的, の要塞

▼ あたかもわが~ (13, 0.4%)

1 [13件] 三五の, 人民の, 國元, 大磯に, 春夏の, 東京の, 正月に, 盆十三日の, 真宗信徒の, 神道にて, 種属の, 衛生を, 邦で

▼ あたかも~ (12, 0.4%)

2 をもっ 1 がきえた, が千度強, と水, のごとく, の動く, の海, の点る, の百足, の路, よりいづる

▼ あたかも~ (11, 0.4%)

1 [11件] せきの, 兼に, 友だちの, 安と, 杉が, 浪が, 照と, 祭りの, 蝶の, 近が, 酒を

▼ あたかも~ (10, 0.3%)

2 の関屋少将 1 いった水芸, の歌舞伎役者, の紳士, まで起き, より三, 大都市の, 始めて, 開こうと

▼ あたかも彼女~ (10, 0.3%)

2 の死 1 がそこ, がその, が一銭, が尻, に出逢った, の手足, の永遠, の知っ

▼ あたかも~ (10, 0.3%)

1 から引上げ, が指, が流れ, なき花, におぼれた, に溺れた, の分れずし, の通り道, の高所, を踏ん

▼ あたかも~ (9, 0.3%)

1 からさめる, から覚めた, に物, のさめたる, のよう, の中, をみ, をみてる, を見た

▼ あたかも今日~ (8, 0.3%)

1 が彼ら, が日本座, の世界, の小児, の師団, の常備軍制, の蒸気, は参賀

▼ あたかも好し~ (8, 0.3%)

1 この時, その日, その適材, 先生の, 八月十五夜に, 安政元年正月十八日前言の, 宝暦過ぎ, 得右衛門が

▼ あたかも二人~ (7, 0.2%)

1 が自分, の不幸, の様子, の者, の胸, の身辺, は日本橋

▼ あたかも~ (7, 0.2%)

1 し, しさる, しとて, し婆, し小児, し玄関, 紋床は

▼ あたかも~ (7, 0.2%)

1 なる蟇, 傑作であり, 天才を, 平原を, 洋上の, 英国中の, 蜘蛛の

▼ あたかも~ (7, 0.2%)

4 れの 1 が宮人達, が的, が絹

▼ あたかも彼ら~ (7, 0.2%)

1 がムスクトン, の不安, はその, は常に, は最高峰, は禁錮刑囚, は自ら天使

▼ あたかも~ (7, 0.2%)

1 が眠り, せるが, に対しては貴, の影, の暗夜, を衒う, を賭

▼ あたかも~ (7, 0.2%)

2 の中 1 ににたり, に聳, に駕, の堰, より火

▼ あたかもわが国~ (6, 0.2%)

1 にて狐, の古刹, の各, の寺院, の路傍, の風習

▼ あたかも主人~ (6, 0.2%)

1 が召使, にたいする奴僕, に向っ, のもの, の一夜作り, の功名

▼ あたかも人間~ (6, 0.2%)

1 が征服, が数百貫, が飯, の動脈, の眼, を鞠

▼ あたかも他人~ (6, 0.2%)

1 のよう, の内界, の如く, の家, の魂, を軽視

▼ あたかも子供~ (6, 0.2%)

1 がトンボ, でもあしらう, にでも言う, に戯れ, のよう, を夜具

▼ あたかも日本~ (6, 0.2%)

1 との約束, に街路樹, の二月ごろ, の山水明媚, の書物, は米連

▼ あたかも生き~ (6, 0.2%)

5 ている 1 ながら別

▼ あたかも蜘蛛~ (6, 0.2%)

2 の巣 1 が巣, が鉛, に仕えてる, のよう

▼ あたかも~ (6, 0.2%)

2 の中 1 なる彗星, に狂う, のなか, を裂く

▼ あたかもここ~ (5, 0.2%)

1 でその, で主人公, に位置, の店, へ来かかっ

▼ あたかもすべて~ (5, 0.2%)

1 が一変, の問, の四辺形, の多角形, の貨物

▼ あたかも~ (5, 0.2%)

1 に心, の多く, の生物, の群鳥, の者

▼ あたかも呼吸~ (5, 0.2%)

1 か脈搏, するの, するよう, の留る, を合わせた

▼ あたかも暗夜~ (5, 0.2%)

1 に提燈, に灯光, に見うしなった, のごとし, を行く

▼ あたかも~ (5, 0.2%)

1 にでも引かれた, に引かれる, に恐れ, をそれ, を名

▼ あたかも~ (5, 0.2%)

2 あるもの 1 あるものの, くる瞳, 時肉體の

▼ あたかも~ (5, 0.2%)

2 に見えない 1 の力, をさえぎっ, をさます

▼ あたかも~ (5, 0.2%)

1 と無, に事, に通ずるごとくなる, のごとくである, の新婦

▼ あたかも自分自身~ (5, 0.2%)

1 が侮辱, であるかの, に向かっ, の心, は凡て

▼ あたかも自然~ (5, 0.2%)

1 が彼, が暦, が死亡, の不可抗, は全部

▼ あたかも芝居~ (5, 0.2%)

1 にて席費, の幕, の幕間, の桟敷, の衣裳部屋

▼ あたかも~ (5, 0.2%)

1 の気, や女, や睡り, を人, を買い

▼ あたかもある~ (4, 0.1%)

1 化学的反応体が, 密会へ, 鋭敏な, 雲を

▼ あたかもかれ~ (4, 0.1%)

1 がこういう, らの, をつない, を迎え

▼ あたかもだれ~ (4, 0.1%)

1 かが力, かが死んだ, かに追っかけられてる, かに追っかけられる

▼ あたかももう~ (4, 0.1%)

1 それかぎりで, 一息で, 占領軍の, 来ねへぞといふ

▼ あたかもよし~ (4, 0.1%)

1 この時代, その時, 後続第, 花見月の

▼ あたかもクリストフ~ (4, 0.1%)

2 がそこ 1 が大事, はあらゆる

▼ あたかも~ (4, 0.1%)

1 に供養, の与楽, の寺, の抜苦

▼ あたかも~ (4, 0.1%)

1 かが心から, か大きな, か目, よそれ畜生道

▼ あたかも個人~ (4, 0.1%)

2 が社会的集団的性格 1 に対してその, の思惟機構

▼ あたかも~ (4, 0.1%)

2 欧州の 1 の木曾義仲, 葉の

▼ あたかも同じ~ (4, 0.1%)

1 ような, 年頃の, 弓町一丁目で, 石であった

▼ あたかも太陽~ (4, 0.1%)

1 が蝋燭, のコロナ, の光線, の回転軸

▼ あたかも女房~ (4, 0.1%)

1 が叩い, の小うるさく, の祈願, や丁稚

▼ あたかも実際~ (4, 0.1%)

2 の客観 1 に死んだ, 生活における

▼ あたかも巨人~ (4, 0.1%)

1 によって建設, の手, の素足, の門柱

▼ あたかも幽霊~ (4, 0.1%)

1 が射撃, が飴, のよう, の前

▼ あたかも~ (4, 0.1%)

1 あって, が顛動, に一定, のなか

▼ あたかも~ (4, 0.1%)

2 が暮れ 1 が長く, を仰ぐ

▼ あたかも狂人~ (4, 0.1%)

4 のよう

▼ あたかも稲妻~ (4, 0.1%)

1 が鏡, に応える, に籠る, の中

▼ あたかも美しい~ (4, 0.1%)

1 景色や, 物語りめいたもの, 絹の, 青春の

▼ あたかも~ (4, 0.1%)

1 のよう, の中, の降る, を踏ん

▼ あたかも電光~ (4, 0.1%)

1 に照らされたごとく, のごとき, のよう, の一閃

▼ あたかも音楽~ (4, 0.1%)

1 から起こされる, が宗教的封建的儀礼, は数学, は音楽以外

▼ あたかも~ (4, 0.1%)

1 のご, の吹く, の翼, を呼んだ

▼ あたかもあなた~ (3, 0.1%)

1 から, が毒殺, と私

▼ あたかもいま~ (3, 0.1%)

1 の綱宗, 吠えて, 小親

▼ あたかもおのれ~ (3, 0.1%)

1 が民衆, の目, の観念

▼ あたかもそういう~ (3, 0.1%)

1 ことは, 状態に, 結果を

▼ あたかもそれら~ (3, 0.1%)

1 の壁, の花, の護衛兵

▼ あたかもただ~ (3, 0.1%)

1 の料理番, 一つの, 一人の

▼ あたかもどこ~ (3, 0.1%)

1 かに印, かを痛め, か上流

▼ あたかもマリユス~ (3, 0.1%)

1 がそこ, が空, の負い目

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 なる數, の意志, は身

▼ あたかも一度~ (3, 0.1%)

1 に切っ, に口, 打ち負けた者

▼ あたかも一種~ (3, 0.1%)

1 の乱し動かす, の恩寵, の音楽

▼ あたかも人々~ (3, 0.1%)

1 の倒れたら, の困惑ぶり, 立ちて

▼ あたかも何事~ (3, 0.1%)

1 もなかっ, も起こらなかった, も起らなかった

▼ あたかも何物~ (3, 0.1%)

1 かを待ち受ける, かを惜むように, かを招く

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 の始め, の後, を視察家扱

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 がこの, の家, の訃

▼ あたかも凱旋将軍~ (3, 0.1%)

1 の如く, を迎, を迎える

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 に, にある, に行く

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 七が, 七と, 七に

▼ あたかも吾輩~ (3, 0.1%)

1 が虎, の水彩画, を迎

▼ あたかも土地~ (3, 0.1%)

1 が新しく, が歩き出してる, の一部分

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

2 の上 1 へ手向けた

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 が明け, のあと, の刺客

▼ あたかも大理石~ (3, 0.1%)

1 のよう, の手, の波紋

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 にて光光, の星, より降り来たる

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 のなか, の前, は吹き荒れ

▼ あたかも左右~ (3, 0.1%)

1 から本尊, にひらく, の軒並み

▼ あたかも彼女自身~ (3, 0.1%)

1 の体温器, の凱旋, の身體

▼ あたかも彼等~ (3, 0.1%)

1 がその, がほんの, が或

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 命日じゃぞ, 米を, 雛様の

▼ あたかも徳川時代~ (3, 0.1%)

1 に博徒, の所々, の関西

▼ あたかも我々~ (3, 0.1%)

1 が自然, の外, はおしり

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 のよう, の丘, の雨

▼ あたかも東洋~ (3, 0.1%)

2 の美術 1 諸邦

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

2 の輪 1 に輪

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 にて噛み切りたる, の抜け, を清潔

▼ あたかも汽車~ (3, 0.1%)

1 のすべて, の出発前, の賃銭表

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 のよう, をもっ, 立ち乱

▼ あたかも深淵~ (3, 0.1%)

2 の中 1 に身

▼ あたかも湖水~ (3, 0.1%)

1 に落ちる, の清澄, を巡る

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 のごとき, の方, の面前

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 か猫, には猿道, のごとき

▼ あたかも生ける~ (3, 0.1%)

1 がごとく, が如く, 人に対する

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 なる色, の個性, の兄弟

▼ あたかも眠ってる~ (3, 0.1%)

1 かのよう, がよう, 樹木を

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

2 が見える 1 に刺

▼ あたかも私自身~ (3, 0.1%)

1 のいる, の思惟そのもの, の観念

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 の刈り入れ, の月, の空

▼ あたかも精神~ (3, 0.1%)

2 の眼 1 の痲痺

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 が虎, に捕えられた, の群れ

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 シュルツの, 伯が, 革命家の

▼ あたかも自身~ (3, 0.1%)

1 その場, に受ける, の熱心

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 にて流れ, に乗った, に帆

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 で作られた, などのごとく見え, の蕊

▼ あたかも蜂の巣~ (3, 0.1%)

2 のよう 1 のやう

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 にある, に大, に存在

▼ あたかも過去~ (3, 0.1%)

1 における美食過剰, の女性, の幽霊

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 で頼まれた, のみが騰落, を取られる

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 に映す如く, のごときあり, のごとく

▼ あたかも闇夜~ (3, 0.1%)

1 に月, に馬車, の提燈

▼ あたかも電気~ (3, 0.1%)

1 に打たれた, に触れた, の線

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 が煎餅, に役, のよう

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

3 が水

▼ あたかも~ (3, 0.1%)

1 にでもなった, のよう, の去った

▼ あたかも黄河~ (3, 0.1%)

1 の悠然, の決潰, の濁流

▼ あたかもかつて~ (2, 0.1%)

1 のロマンチシズム, 味わったこと

▼ あたかもかね~ (2, 0.1%)

1 て言, て識

▼ あたかもきょう~ (2, 0.1%)

1 は午後, は春

▼ あたかもこんな~ (2, 0.1%)

1 事件が, 質問に

▼ あたかもすでに~ (2, 0.1%)

1 形ある, 自分が

▼ あたかもそう~ (2, 0.1%)

1 云う時期, 云う際

▼ あたかもまた~ (2, 0.1%)

1 一つ颯と, 之と

▼ あたかもよく~ (2, 0.1%)

1 建部が, 知ってる友人ら

▼ あたかもわたし~ (2, 0.1%)

1 のゆく, をだこう

▼ あたかもアラビア~ (2, 0.1%)

1 の沙漠, の砂漠海

▼ あたかもキリスト~ (2, 0.1%)

1 が無一物, が神

▼ あたかもギリシャ人ら~ (2, 0.1%)

1 がアルゴス, が地獄

▼ あたかもコルネイユ~ (2, 0.1%)

1 について, の英雄

▼ あたかもドイツ~ (2, 0.1%)

1 に似, 大宰相ビスマルク公

▼ あたかも一枚~ (2, 0.1%)

1 の板, の白紙

▼ あたかも一生~ (2, 0.1%)

1 の苦労, を早く

▼ あたかも一陣~ (2, 0.1%)

1 の旋風, の暴風

▼ あたかも不在~ (2, 0.1%)

2 であったので

▼ あたかも世界~ (2, 0.1%)

1 の安危, はおのれ

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 が見た, の目的

▼ あたかも予期~ (2, 0.1%)

2 して

▼ あたかも二つ~ (2, 0.1%)

1 の地層, の山

▼ あたかも二尾~ (2, 0.1%)

2 の大きい

▼ あたかも互いに~ (2, 0.1%)

1 その心持, 撲り合うた人間

▼ あたかも京都~ (2, 0.1%)

1 の悲田院, 及びその

▼ あたかも何者~ (2, 0.1%)

1 かを認めた, か引き起こした

▼ あたかも内心~ (2, 0.1%)

1 の推理, の赤面

▼ あたかも凱歌~ (2, 0.1%)

1 でもあげる, でも上げる

▼ あたかも切っ~ (2, 0.1%)

1 てはめた, て嵌めた

▼ あたかも別世界~ (2, 0.1%)

1 から電話, の言葉

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 がその, の如く

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の一要素, を盡

▼ あたかも動物~ (2, 0.1%)

1 にも亀, の叫び

▼ あたかも化石~ (2, 0.1%)

1 したよう, した魚

▼ あたかも医者~ (2, 0.1%)

1 が患者, に失敗

▼ あたかも単に~ (2, 0.1%)

1 悪を, 新奇を

▼ あたかも友だち~ (2, 0.1%)

1 から手, にだきつく

▼ あたかも古い~ (2, 0.1%)

1 心が, 腐った棺桶

▼ あたかも可愛らしい~ (2, 0.1%)

2 手を

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 局部で, 試験官でさえ

▼ あたかも名刀~ (2, 0.1%)

1 の鞘, を以て裂いた

▼ あたかも名医~ (2, 0.1%)

2 が匙

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 は政府, を創造

▼ あたかも国家~ (2, 0.1%)

1 に取りつかれた, のため

▼ あたかも地上~ (2, 0.1%)

1 から姿, の醜い

▼ あたかも地獄~ (2, 0.1%)

1 の影絵, の気

▼ あたかも地震~ (2, 0.1%)

1 に揺られた如く, の襲いきたった

▼ あたかも外国~ (2, 0.1%)

1 に行っ, の小説演劇

▼ あたかも夢遊病者~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ あたかも大きな~ (2, 0.1%)

1 潮の, 車を

▼ あたかも大地~ (2, 0.1%)

1 が熱, を裂い

▼ あたかも大学~ (2, 0.1%)

1 がまた, と劇場

▼ あたかも大波~ (2, 0.1%)

1 のごとく打続き, の如く打続き

▼ あたかも天上~ (2, 0.1%)

1 から来た, に向っ

▼ あたかも天使~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ あたかも天地~ (2, 0.1%)

1 の呟き囁く, の間

▼ あたかも天然~ (2, 0.1%)

1 のセバストポール, の一城廓

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 に忠実, の気

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 でなくて, の手

▼ あたかも奴隷~ (2, 0.1%)

1 のやう, の敵愾心

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 と同じ, の虚名

▼ あたかも娼婦~ (2, 0.1%)

2 が啜り泣きする

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 が親, を産む

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 につるされた, に拡げた

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 には自分一人きり, の中

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 なき旅人, の真上

▼ あたかも富士山~ (2, 0.1%)

1 が, の役行者

▼ あたかも将軍~ (2, 0.1%)

1 の周囲, の寝間

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 日本の, 毛の

▼ あたかも小説~ (2, 0.1%)

1 のよう, を読ん

▼ あたかも小鳥~ (2, 0.1%)

1 を取り扱う, を逐

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の中, の氷

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の合わぬ, を超

▼ あたかも建築~ (2, 0.1%)

1 の如く, の材料

▼ あたかも強靱巨大精巧~ (2, 0.1%)

2 なる機械

▼ あたかも当然~ (2, 0.1%)

1 の事柄, の権利

▼ あたかも彗星~ (2, 0.1%)

1 に似た, の如く

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の如く, の形

▼ あたかも心臓~ (2, 0.1%)

1 の鼓動, を貫かれる

▼ あたかも恐ろしい~ (2, 0.1%)

1 夢から, 病の

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 においてエタ非人, において旧

▼ あたかも我が~ (2, 0.1%)

1 家屋を, 故郷に

▼ あたかも戸外~ (2, 0.1%)

1 の天気, の暁

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 につまんだ, に触れる

▼ あたかも拇指~ (2, 0.1%)

1 の先, を以て眼睛

▼ あたかも挑戦~ (2, 0.1%)

1 するかの, をうけた

▼ あたかも政府~ (2, 0.1%)

1 の頂門, もまた

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の旗艦, の艦隊

▼ あたかも敵国~ (2, 0.1%)

1 に対して軍機, の軍使

▼ あたかも敵陣~ (2, 0.1%)

1 へ突き進む, を距

▼ あたかも文明~ (2, 0.1%)

1 の触手, の雑踏

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

2 佳境に

▼ あたかも旋風~ (2, 0.1%)

1 の中, の如く上

▼ あたかも日曜日~ (2, 0.1%)

2 の朝

▼ あたかも日清戦争~ (2, 0.1%)

1 が終り, の始まろう

▼ あたかも旧友~ (2, 0.1%)

1 に邂逅, の如く

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の家来, の題

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のよう, の光

▼ あたかも書物~ (2, 0.1%)

1 が尽きない, という

▼ あたかも月夜~ (2, 0.1%)

1 のごとし, の物影

▼ あたかも朝市~ (2, 0.1%)

1 に間に合う, の間に合う

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 に釘, のそば

▼ あたかも機械~ (2, 0.1%)

1 が我々, に見いだす

▼ あたかも機関車~ (2, 0.1%)

1 に石炭, の速度

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のことば, のよう

▼ あたかも正午~ (2, 0.1%)

1 であったが, であるので

▼ あたかも死人~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ あたかも死滅~ (2, 0.1%)

1 しゆくローマ帝国, といふ気配

▼ あたかも毛虫~ (2, 0.1%)

1 がみずから, のごとき

▼ あたかも水夫~ (2, 0.1%)

2 が船

▼ あたかも水晶~ (2, 0.1%)

1 の如く, を手繰る

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のごとき, の棒

▼ あたかも永遠~ (2, 0.1%)

1 にあかず, の敵

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の水, の混混

▼ あたかも活ける~ (2, 0.1%)

1 がごとし, 泉を

▼ あたかも浮世絵~ (2, 0.1%)

1 に対するごとき, の写真

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のよう, の如く

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 で固めた, のごとき

▼ あたかも灰色~ (2, 0.1%)

1 の浮絵, の雲

▼ あたかも無人~ (2, 0.1%)

2 の境

▼ あたかも無限~ (2, 0.1%)

1 がその, の一片

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 ゆる瞳, ゆる荊

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 が田, と馬

▼ あたかも特別~ (2, 0.1%)

1 な品物, な演技

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の天職, の鼻

▼ あたかも狂気~ (2, 0.1%)

1 のご, のごとく

▼ あたかも独木橋~ (2, 0.1%)

1 をば両, を渡る

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 が鼠, の眼

▼ あたかも玻璃~ (2, 0.1%)

1 の中, の被

▼ あたかも現世~ (2, 0.1%)

1 に於ける, の文殊弥勒

▼ あたかも現代~ (2, 0.1%)

1 の完備, の我が

▼ あたかも生命~ (2, 0.1%)

1 にすがりつく, のうち

▼ あたかも生理作用~ (2, 0.1%)

2 におけるごとく

▼ あたかも病人~ (2, 0.1%)

1 が息, に対する医者

▼ あたかも盆中~ (2, 0.1%)

1 に水, の水

▼ あたかも盗人~ (2, 0.1%)

1 に捕えられた, のポケット

▼ あたかも盲人~ (2, 0.1%)

1 が巨象, に向かっ

▼ あたかも睡眠中~ (2, 0.1%)

1 のごときあり, のごとく

▼ あたかも矢田友之助~ (2, 0.1%)

2 から恋

▼ あたかも磁石~ (2, 0.1%)

1 に吸われた, に引かれる

▼ あたかも社会~ (2, 0.1%)

1 の変動, の奴隷

▼ あたかも科学者~ (2, 0.1%)

1 が標本, の純潔

▼ あたかも種々~ (2, 0.1%)

1 な楽音, に異なる

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の池, へ飛ん

▼ あたかも空中~ (2, 0.1%)

1 に咲いた, を馳

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の一つ, の下

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のなか, の蓋

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

2 の禽

▼ あたかも紛失~ (2, 0.1%)

1 でもした, の金高

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の中, の衣

▼ あたかも罪人~ (2, 0.1%)

1 にたいするよう, のよう

▼ あたかも義務~ (2, 0.1%)

1 のよう, の感

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 なき鶏, 挽き器械

▼ あたかも自動人形~ (2, 0.1%)

1 が盤, のよう

▼ あたかも自己~ (2, 0.1%)

1 の存在, の民族

▼ あたかも良心~ (2, 0.1%)

1 のごとく, の重み

▼ あたかも草木~ (2, 0.1%)

1 のはじめ, の生命

▼ あたかも葡萄~ (2, 0.1%)

2 の房

▼ あたかも薔薇~ (2, 0.1%)

1 が自然, の木

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のよう, を搏

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のごとしで, のよう

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 の皮, の背

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のよう, は穴

▼ あたかも西洋人夫婦~ (2, 0.1%)

2 を案内

▼ あたかも赤ん坊~ (2, 0.1%)

1 のよう, を相手

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のよう, の両輪

▼ あたかも輿論~ (2, 0.1%)

1 に差支, に敵し

▼ あたかも迷宮~ (2, 0.1%)

1 の奇, の観

▼ あたかも透明~ (2, 0.1%)

1 な水, な物体

▼ あたかも這い上がっ~ (2, 0.1%)

2 て来た

▼ あたかも遠く~ (2, 0.1%)

1 から黙っ, で言っ

▼ あたかも重量~ (2, 0.1%)

1 が質量, のある

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 のよう, の痛

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 が不変, のごとく

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 にて切られた, をさ

▼ あたかも長い~ (2, 0.1%)

1 あいだ待ち設け, 文句の

▼ あたかも開いた~ (2, 0.1%)

1 扇の, 書物の

▼ あたかも隣り~ (2, 0.1%)

1 に店, 近所に

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 が黄昏, の如く

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 あがりの, の下

▼ あたかも霊薬~ (2, 0.1%)

1 が投ぜられた如く, の如き

▼ あたかも静止~ (2, 0.1%)

1 の時期, や闇

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 に目, を隔て

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 ひに, ひ深き

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 が急死, が騎士

▼ あたかも~ (2, 0.1%)

1 が存分, 撃ちの

▼1* [1720件]

あたかもあたりまえの事, あたかもあのナザレの, あたかもあまりに強い光, あたかもあらゆる苦しみあらゆる, あたかもいかなるものが, あたかもいけないような, あたかもいたく地獄を, あたかもいつか河豚に酔っ, あたかもいにしえの聖賢, あたかもいやいやながら行くが, あたかもうっとりと聞きとれ, あたかもうわさしたるは, あたかもおとなが小児, あたかもおぼれる者の, あたかもお伝が来あわせ, あたかもお伽噺を聞いた, あたかもお化けがみな美人, あたかもかかる要求に, あたかもかさのごとく, あたかもかっかと燃えて, あたかもかなたにゆく, あたかもかんしゃくの稲妻, あたかもがっそうの, あたかもきたない水たまりの, あたかもきのうのこと, あたかもくたびれたる人の, あたかもくらげの浮動, あたかもこうした実質の, あたかもこちらのふところ, あたかもこっちへ帰っ, あたかもこのごろ階上の貴賓用豪奢, あたかもこの大きな闇に, あたかもこれ凩を吹, あたかもこれ吭を縊, あたかもこれ天地も眠る, あたかもこれ徳川氏の基礎, あたかもこれ月夜に兎, あたかもこれ米国水師提督ペルリ軍艦四隻を帥, あたかもこれ邯鄲枕上盧生の夢, あたかもころ合いに, あたかもこわれかけたランプの, あたかもこわれた建築を, あたかもごまのごとくなり, あたかもさかんに燃え, あたかもじっと静止し, あたかもそうした崇高な, あたかもそが上に, あたかもそこらに有り合わせた, あたかもそのかみの歌舞伎女形, あたかもそれら二十世紀のフランス人ら, あたかもそれ自身が弓, あたかもそんなふうにすら見える, あたかもたえず調子はずれの, あたかもたがいに対抗団結, あたかもたけり立った二人の, あたかもたずねて来, あたかもちょうど技術と, あたかもついそこに, あたかもつんのめるように, あたかもともし火の, あたかもどちらか一人, あたかもないかのよう, あたかもなきがらの, あたかもなつかしい旧友にでも, あたかもなにごとにも内外, あたかもなにものかを的確, あたかもぢて, あたかもはてしの, あたかもはなたれた兎の, あたかもはね返されてるようだった, あたかもひそかにする, あたかもひらひらともの, あたかもぽっと出の田舎もの, あたかもまっかなハンカチ, あたかもむかし馴染のお, あたかもむちをふるって馬を追う, あたかもめらめらと揺れ上るほ, あたかももって世界普通, あたかもものの撞木, あたかもより高い価格, あたかもりっぱな俳優, あたかもりんごの木, あたかもわが家へ帰る, あたかもわざと道草でも, あたかもわざわざ小次郎を, あたかもわたくしを迎える, あたかもわたしたちはかれ, あたかもわれらの十秒, あたかもわれわれは海底, あたかもアイルランドの全, あたかもアウリスの港, あたかもアグニスは焼, あたかもアネモネの覆い, あたかもアメリカがコロンブス, あたかもインキ壺に何度, あたかもウイン会議においてフランス, あたかもウェルギリウスがダンテ, あたかもウンカ問題で村会, あたかもエジプトより遁, あたかもカサノヴァ伝を極彩色, あたかもカンサという事, あたかもカントの先蹤, あたかもカーライルが胃弱, あたかもキリスト教の字引, あたかもギリシア人にとって最高, あたかもギリシャ彫刻にある, あたかもクロモソームのよう, あたかもグアナハニ島を発見, あたかもゲラン作のボナパルト, あたかもコスタンティーンが癩, あたかもコペルニクスによって天動説, あたかもコムパスをもて, あたかもコンクリートの家, あたかもコンノート殿下歓迎の当時, あたかもゴムの袋, あたかもゴンクウルが北斎歌麿, あたかもサクラの樹皮, あたかもサンスクリットやヘブライ, あたかもザビーネがその, あたかもシコモルの木の下, あたかもシスティンの一人, あたかもシナ市街に入る, あたかもシャール・ドルレアンが一家, あたかもシヤルル・ダンジュー自身のペドロ三世, あたかもジョンは自分, あたかもスパルタ人らがスパルタ, あたかもセシルに語る, あたかもソクラテスの年少時代, あたかもダイヤモンドやルビー, あたかもダンテの森, あたかもダーハムやサレー, あたかもチェオプスの金字塔, あたかもチルゴーが路易十六世, あたかもチルチェに飼はる, あたかもツェペリン全部を一人, あたかもツガン・バラノウスキーから福田博士, あたかもツルウメモドキをツルモドキ, あたかもデカルト時代の如く, あたかもトリレミスのごとく, あたかもトルコ宮殿のごとき, あたかもドンキホテが風車, あたかもド・メッスのイングランド, あたかもナブコッドノゾルの怒り, あたかもナポレオンの光栄, あたかもノアの洪水以前, あたかもノオトル・ダァムにでも居る, あたかもハシ歩の様, あたかもハワイの人, あたかもハワイ海戦の如き, あたかもバンドリを着, あたかもパストラル曲中の美, あたかもパッと光, あたかもパノラマを対, あたかもパラボラのごとき, あたかもパリー人らがコリニー, あたかもパリー市を完成, あたかもヒットラーの出現, あたかもビックリ箱のよう, あたかもビヤンヴニュ閣下が自分, あたかもビルディングの如く, あたかもビールにキリン, あたかもピストルの心, あたかもファルネーゼのヘラクレス神, あたかもフェージャの一件, あたかもフォルマリンのよう, あたかもフランシスコ修道士らのご, あたかもフランスの地方, あたかもフランス詩壇における高踏派, あたかもブルツスが剣, あたかもブルドッグがその, あたかもプリズムを通る, あたかもプレヤデスの諸星, あたかもベートーヴェンやワグナー, あたかもペルシアでアッスルバニパル王, あたかもペルシア古代の神学者, あたかもボドレーが語ってる, あたかもポオの恋愛抒情詩, あたかもポーのデュパン, あたかもマヂニーその人, あたかもマリアのよう, あたかもミイラのごとく, あたかもミノスの女, あたかもメリー・ゴー・ラウンドへ乗っ, あたかもメロドラマの中, あたかもモンテレッジオンが圓, あたかもヨーロッパの寺院, あたかもライン川が沼沢, あたかもラジウム温泉地の住民みたい, あたかもリッターが必要, あたかもレースの状, あたかもレールにはめ込まれた, あたかもロイテン会戦を大々的, あたかもロダンの芸術, あたかもロンドン人が腐敗, あたかも一々の諧音, あたかも一つ所にこびりついた, あたかも一九一六年ファルケンハインのいわゆる, あたかも一人の人, あたかも一個の低能児, あたかも一八一二年ナポレオンの犯した, あたかも一八一四年七月八日以後帝国の高貴さ, あたかも一勇士を葬ら, あたかも一口の食物, あたかも一同に元気, あたかも一場の芝居, あたかも一夜のうち, あたかも一大団体のご, あたかも一大秘密でも見出せしごとく, あたかも一大藩の姿, あたかも一定の儀式, あたかも一家の至尊, あたかも一寸ばかりも飛び出したごとく, あたかも一帯の壁, あたかも一幅天日を覆う, あたかも一年かかって, あたかも一座のうちほか, あたかも一握りの黄金, あたかも一日じゅう追い回され散り散り, あたかも一日一日いたずらに酔生夢死, あたかも一曲を終ろう, あたかも一月元日理屈は兎, あたかも一本の樹, あたかも一樹が扇子, あたかも一歳か二歳, あたかも一段一段と暗黒, あたかも一段ごとに逡巡, あたかも一段落をつけた, あたかも一流中の内乱, あたかも一滴の水, あたかも一筋の水脈, あたかも一箇の体, あたかも一致して, あたかも一船中に一町村, あたかも一身両頭あるが, あたかも一身同体にし, あたかも一鉤の新月, あたかも一面性として制限性, あたかも一頭の熊, あたかも丁年未満の若者, あたかも丁度私の, あたかも七八歳の子供, あたかも七十日の満願, あたかも七夕の夜, あたかも七頭であった, あたかも万巻の図書咸陽一炬, あたかも万緑叢中一点の紅, あたかもの弦, あたかも三つ目と想う, あたかも三伏の日, あたかも三十七歳であること, あたかも三十五年前のもの, あたかも三浦屋の高尾, あたかも三百の痛棒, あたかも三竦みといった形, あたかも三色版の面, あたかも三馬の向島, あたかものごとし, あたかも上人が檀越, あたかもの方, あたかも不倒翁の如く, あたかも不動祠にあり, あたかも不可抗な幻, あたかも不可解な一編, あたかも不問に附する, あたかも不幸が伝染, あたかも不意を襲われ, あたかも不死身の印, あたかも不毛の沙漠, あたかも不用の子供, あたかも不道徳のよう, あたかも与えられた国における, あたかも満刻, あたかもの大, あたかも世の中の人間交際, あたかも世界じゅうがその, あたかも世界中が一か国, あたかも世間が清新, あたかも腕を, あたかも両側の脇腹, あたかも両者が半分位, あたかも両雄のおかげ, あたかも時間である, あたかも中学及び高等学校, あたかもに刺した, あたかも丸善の事務室, あたかも丹絵売が一枚幾文, あたかも主君へ対する, あたかも主家を解散, あたかもを云い表わす, あたかも九時であった, あたかも乱心した者, あたかも乾闥婆部の妻女, あたかも了解したため, あたかも予ら四人を中心, あたかも予備後備に対する召集令, あたかも二十有余の戦勝, あたかも二時間の課業, あたかも二竜の長, あたかも二階造りの建築物, あたかも二頭の恐, あたかも五十年の一生, あたかも五彩の絹, あたかも交渉なき二人, あたかも交響楽に取り入れられた, あたかも人力をもっ, あたかも人力以上の手, あたかも人家のある, あたかも人工をもっ, あたかも人影と人影, あたかも人智が一, あたかも人民の交際, あたかも人物の高低, あたかも人猿の王, あたかも人生の究極絶対, あたかも人目を忍ぶ, あたかも人質に取られた, あたかも人跡を絶, あたかも人造のねり, あたかも人類の代表者, あたかも人馬の長城, あたかも人魂が迷う, あたかも今夜ふたたび清水山, あたかも今年に相当, あたかも今年近時に起こりたる, あたかも今日ティヴォリの新しい, あたかも今日有機化学が炭素化合物, あたかも今日欧州文明国の造船所, あたかも今日露国の現状, あたかも今生の名残, あたかも仏教に梵教, あたかも仏様の後, あたかも仏者のいわゆる, あたかも仕事に対, あたかも他国の調練, あたかも他聞を憚, あたかも伝声管のよう, あたかも伝染するが, あたかも伯爵夫人と馬車, あたかもている, あたかも慣れた町, あたかも何ものかを見出で, あたかも何等かの暗示, あたかも余等の胸, あたかも佛蘭西革命に對, あたかも作者は身, あたかも価値を絶する, あたかも侯井上の欧化政策時代, あたかも俗衆とこれ, あたかも信仰も思想, あたかも信号所の小屋, あたかも俳句特別の文法, あたかも個人間におけるご, あたかも個体を造り成せる, あたかも倒れんとする, あたかも假面を被, あたかも偉大なるヨーロッパ, あたかも健三を, あたかも健康回復の期, あたかも偶然にふたり, あたかものよう, あたかも傷ついた野獣の, あたかも傷つけ得べからざる戦いの, あたかも傷口に触れられた, あたかも僕たちを恐れる, あたかも儒者流の私, あたかも元来ジャン, あたかも元首のごとく, あたかもに示す, あたかも兇器をつきつけ, あたかもに掲げた, あたかも先刻公子が語りたる, あたかも先天的にこんな, あたかも先年博覧会のとき, あたかも先生が帰っ, あたかもがそれ, あたかも入学試験の及第者, あたかも入江の如く, あたかも入相の鐘に賤心, あたかも船砕くるごとき, あたかも全体が四方八方, あたかも全身的な漠然と, あたかも公園の穴, あたかもの四, あたかも六角の樫, あたかも兵卒らの反逆, あたかも兵営もしくは学校, あたかも兵法の妙手, あたかも具体化したよう, あたかも具體化したやう, あたかも氣な, あたかも内乱を起し, あたかも内国商業における資本, あたかも円光に包まれてる, あたかも円月の如く, あたかも再興の全盛時代, あたかも写生ということ, あたかもの薄暗い, あたかも冷熱の二性, あたかも冷笑するかの, あたかも処女作を発表, あたかもの糸, あたかも刀刃のよう, あたかも刀戟相摩し砲銃相, あたかも分析したかの, あたかも切り抜いて貼つけた, あたかも切り札を配っ, あたかも切れ切れなること牛, あたかも初めて現われて, あたかも初生の小児, あたかも別にすべての, あたかも別人のよう, あたかも利刃を揮っ, あたかも刻んだものの如く, あたかも前途に当る, あたかもをもっ, あたかも副将の罪, あたかも助けを求める, あたかも動きの取れぬ, あたかも動物学者が突然, あたかも動脈が静脈, あたかも勝ちほこった馬鹿大将みたいに, あたかも北辰其所に居, あたかも十七世紀に英国内乱, あたかも十二使徒のうち, あたかも十五六の少女, あたかも十六日に陸, あたかも十四の石柱, あたかも十字架のよう, あたかも十字砲火のよう, あたかも千本の矢, あたかも午前に遊んだ, あたかも午前三時頃なりけり, あたかも午後一時四十五分過ぎであった, あたかも午時に近く, あたかも卑俗な現実, あたかも卒然と天上, あたかも南蛮絨毯を敷きのべた, あたかも単独生活をなす, あたかも博徒がテラ銭, あたかも卜者に尋ねる, あたかもの形, あたかも印度の如し, あたかも却って逆に, あたかも卵子のよう, あたかも原始の未開人, あたかも去りゆくものの, あたかも去年の臭気, あたかも友禅の染紋様, あたかも反する熱に, あたかも反対した側面, あたかも叔母がひとり, あたかも巻の, あたかも叛逆者のご, あたかもから出任せ, あたかも古人の遺跡, あたかも古代の王宮, あたかも古代佛教徒の男性的, あたかも古城のそれ, あたかも古市加十が溜池署, あたかも古武士が鎧, あたかも古詩の句格, あたかも可学校も照陽女学校, あたかも台湾にて, あたかも台湾村落の農家, あたかも叱咤するよう, あたかもの欠陥, あたかも司直と罪人, あたかも司祭邸の戸, あたかも者が, あたかも各人がそれぞれ, あたかも各自に異なった, あたかも合唱でもする, あたかも合図でもする, あたかも合衆国の政体, あたかも吉祥寺門前で迎え, あたかも世紀の, あたかも同一の軸, あたかも同年中に起こりたる, あたかも同情と親しみ, あたかも同月同日に当たり, あたかもが紅葉, あたかも吸い落すよう見ゆる, あたかも吸入器に向った, あたかも荒んだ風, あたかも吹かぬ風燃えぬ, あたかも吹き寄せられた木の葉の, あたかも吾人の驚愕, あたかもの帥, あたかも呉服屋の番頭さん, あたかも呑噬の淵, あたかも周旋婦のスタフィラ, あたかも呪うべき権力の, あたかも哄笑で句読, あたかも哈爾賓に手, あたかも哲学のイデオロギー性格, あたかもに触るる, あたかもの狂人, あたかも唱歌の教室, あたかも商売仇のよう, あたかも商家の船荷, あたかも善行を悦ぶ, あたかも喧嘩でもする, あたかも喧嘩腰にならね, あたかも喪中に降り注ぐ, あたかも嘲りでも浴びせられた, あたかも噛み砕いた篠竹の, あたかものよう, あたかも噴水がほとばしる, あたかもの中, あたかも囚人のやう, あたかも四囲なる電燈, あたかも四壁に囲まれた, あたかも四通の手紙, あたかも回向院の番附, あたかも図案家が単に, あたかも體の, あたかも国境または村境, あたかも国民に国語, あたかも国際的ともいうべきであろう, あたかも国風の変化, あたかも圓形の劇場, あたかもの中, あたかも土佐狩野の古画, あたかも土台と下, あたかも土星の輪, あたかも土曜日であつ, あたかも土竜が叫ぶ, あたかも土龍のよう, あたかも圧伏されたかの, あたかも圧搾された思想, あたかも在勤せる武男, あたかも在宅であった, あたかも地下に音, あたかも地中に潜める, あたかも地主貴族文化がようやく, あたかも地図を見る, あたかも地平線に群, あたかも地平線上を走っ, あたかも地方に暮し, あたかも地球の表面, あたかも地蔵を背負った, あたかも坐禅でもくん, あたかも坩堝の溶液, あたかも埋られて後なほ死, あたかも城郭でも見廻る, あたかも執着そのもののよう, あたかも基督教の十字架, あたかも堅い約束の, あたかも堅固な城廓, あたかもを切っ, あたかも報復の念, あたかもが舞踏, あたかもが溜まった, あたかも塵俗外の仙境, あたかも墓門に立ちたる, あたかも墨色をかすめ, あたかも墳墓の中, あたかも士族がその, あたかもに出し, あたかも変化を許さない, あたかもは暑く, あたかも夕立ちの降る, あたかも夕陽に反, あたかも外寇が地理上, あたかも夙くからプレハーノフ, あたかも多くの松, あたかも多少柔軟な, あたかも多様な見方, あたかも多量の潮, あたかも夜のとばり, あたかも夜光の璧, あたかも夜燈火を己, あたかも夜襲を強行, あたかも夢みてる人の, あたかも夢中に寝言, あたかも大事なこと, あたかも大名の下邸, あたかも大小伸縮した六層, あたかも大手搦手を軍兵, あたかも大正の今日西洋料理, あたかも大正昭和の文化全般, あたかも大正期の文壇, あたかも大水が渦巻く, あたかも大河の流れる, あたかも大洋の水, あたかも大火に遭った, あたかも大空の太陽, あたかも大納言のごとく, あたかも大脳であるかの, あたかも大船の甲板, あたかも大蔵と内務, あたかも大蛇が酒甕, あたかも大言壮語するごとく浴, あたかも大赦に逢っ, あたかも大連湾を取っ, あたかも大阪陣の如き, あたかも大隊教練のよう, あたかも天下の公衆, あたかも天井の付いた, あたかも天人を見る, あたかも天体のよう, あたかも天心の秤, あたかも天日を拝, あたかも天明寛政中のこと, あたかも天晴朗降雨の兆し, あたかも天狗にさらわれた, あたかも天界にある, あたかも天皇の権力, あたかも天秤の両方, あたかも天空を運行, あたかも天魔と地神, あたかも太刀に使われる, あたかも太原の一男子自ら顧, あたかも太古から尽未来際, あたかも太平洋上の孤巌, あたかも太陽系圜外の小, あたかも失脚したヘラクレス神, あたかも奔馬の勢い, あたかも奥庭の橋, あたかも奥様の手, あたかも女中が膳, あたかも女修道士のよう, あたかも女物の巴里, あたかも女王の私託品, あたかも玉を, あたかも妊娠の女, あたかもを傍, あたかも妖狐の化けた, あたかもなる楽, あたかも妙齢十七の処女, あたかも妨害になる, あたかも妾的取扱いをうける, あたかも姿見に映ったれ, あたかも威嚇でもする, あたかも娼妓の客, あたかも婦人科の医者, あたかも婦人雑誌の表紙, あたかも媾曳きの約束を守る, あたかも嫩会の若き, あたかも子供らが人攫い鬼, あたかも存在せぬごとくかすんで, あたかも季節の終わりで, あたかも孤婦の装い, あたかも学者のため, あたかも学説であるが, あたかも學士が師, あたかも守銭奴のそれ, あたかも完全なる理解, あたかも官報局長は更, あたかもれる場所, あたかも宝石を入れた, あたかもの人, あたかも客舎のごとし, あたかも室内の暗黒, あたかも家事の一部, あたかも家常茶飯事のごとく取り扱われる, あたかも家庭の間, あたかも家族交際の有様, あたかも家根瓦の落ち, あたかも宿命の声, あたかも寄せては返す, あたかも寄席を見る, あたかも寄生木の樫, あたかも密林に住む, あたかも富岳の群山連峰, あたかも富有な商人, あたかもかしつけた嬰児, あたかも察したかのよう, あたかもの庫裡, あたかも寺子屋のお, あたかも寺沢ならびに某, あたかも封建制度の後, あたかも封建門閥の残夢中, あたかも将帥の銅像, あたかも将来九等官になる, あたかも導者となり, あたかも小さな口からでも, あたかも小学校の運動会, あたかも小学生徒のよう, あたかも小川の中, あたかも小泉先生に教わった, あたかも小竹原を伐り払った, あたかも少女の喜び, あたかも少年時代から友達同士, あたかもを引く, あたかも尿が腎臓, あたかも局外者のごとくであった, あたかも居合わせて表二階, あたかも屋上に登っ, あたかも山の端に臼, あたかも山岳から平野, あたかも山岸がふらり, あたかも山椒の魚, あたかも山火事のそれ, あたかも山猫の爪, あたかも山脈の骨, あたかも山間の関所, あたかも岐路へ踏み入った, あたかもの間, あたかも岩村氏の意, あたかも岩石の聳, あたかものみが知られ, あたかも峡谷を湧きでる, あたかも島津三郎が生麦, あたかもを負う, あたかも巣窟から狩り出された, あたかもの半面, あたかも巧みな芸能人, あたかも巧妙な踊り, あたかも巨大の荒鷲, あたかも巨寺の門前, あたかも巨山のごとし, あたかも差出されたウイスキー, あたかも差置いた洋傘の, あたかも巾着切りの技術, あたかも市蔵の行動, あたかも希望でできてる, あたかも帝政時代の暮し, あたかも帰朝せる武男, あたかも帽子でも脱ぐ, あたかも平敦盛が駒, あたかも平生の我, あたかも平行に, あたかも平衡を失った, あたかも年々時様の相, あたかも年取った女の, あたかも幸福そのものが運ばれ, あたかも幻惑してる思想, あたかも幻覚が消える, あたかも幼いものが, あたかも幼年の最初, あたかも幼馴染が齎, あたかも幽界の大統領, あたかも幾何学の図形, あたかも庄三郎を誘う, あたかも度外物の如く, あたかも度胸が人間至上, あたかも座禅を組んだ, あたかもの飾り, あたかもを抜け出, あたかも延期問題の生じた, あたかも廻廊というもの, あたかも弟子がその, あたかものしづか, あたかも弱点を襲われ, あたかもとおなじ, あたかも強い電波にでも, あたかも強いられた労役に, あたかも強く吹いて, あたかも強力な磁石, あたかも強度利用の変化, あたかもで釘付け, あたかも弾丸の雨, あたかも弾力ある暖かい, あたかも弾機の如し, あたかも物療科の, あたかも当る織女星に, あたかも当世の喰遁げ同様, あたかも当日はお, あたかも当時彼らが研究, あたかも彼らふたりは罪人, あたかも彼自身が取調べ, あたかも彼自身子以上の人間, あたかも往年の富士巻狩り, あたかも往来は歩く, あたかも征矢のよう, あたかも待っていた, あたかもから追いかけられ, あたかも後家女房の煮売り, あたかも後悔してる人民ども, あたかも従来一本の穂, あたかも復習をし, あたかも徳本峠を越さない, あたかも心中の場所, あたかも必要の鞭, あたかも忘れていた, あたかも忘れし夢を, あたかも怒った牡鶏の, あたかもれの, あたかも思ひ始むるまでは, あたかも思想を窮迫, あたかもに天, あたかも怨みの府, あたかも怪しい隠語の, あたかも恋愛と同じ, あたかも恐るべき一連隊の, あたかも恥ずかしがってるかの, あたかも恩師にたいする子弟, あたかもがつまりかけてる, あたかも悉達太子出家して, あたかも悪風の通り過ぎる, あたかも悲劇の前触れ, あたかも情郎の情婦, あたかもへるごとくかの大いなる, あたかも意識したよう, あたかも愚鈍なるかの, あたかも愛するものを, あたかも愛宕山あたりの空, あたかも感ぜられないかのよう, あたかも感覚が鈍く, あたかも憎悪のごとくである, あたかも成年に達した, あたかも我々自身の運命, あたかも我が国未曾有の家屋, あたかも我事でで, あたかも我等の視力, あたかも我耳を信じない, あたかも我邦の, あたかも我邦俗のゴッタ, あたかも戒厳軍司令官を初め二, あたかもる影像, あたかも戦いに敗れ, あたかも戦争に臨む, あたかも戦利品のよう, あたかも戦場に入る, あたかものよう, あたかも扇様で清水, あたかものごとく, あたかも打てば響く, あたかもに精し, あたかも投げられた飛礫か, あたかも抜け道の通路, あたかも抽斎の子, あたかも招くような, あたかも拳固で喉, あたかも拾い物したる思い, あたかも指先で自分自身, あたかも指物師とか経師屋, あたかも排外的米人がアングロ・サクソン民族, あたかも探偵小説が先天的, あたかも接吻のよう, あたかも接近して, あたかも提燈の如く, あたかも摺れ違いに, あたかも摺子木で犬, あたかも撃剣のごとく, あたかも撓んだ枝の, あたかも攘夷藩と攘夷藩, あたかも支那の料理屋, あたかも放たれたる虎の, あたかも政党の領袖, あたかも政友会が政界, あたかも政宗が敵, あたかも政治地理図を見る, あたかも政談を談ぜざる, あたかもありて, あたかも故郷に帰り, あたかも敗北を宣言, あたかも教えるように, あたかも教会の蔭, あたかも教場で講義, あたかも敝履の如くなりき, あたかも敬太郎の存在, あたかも数年間土中に埋まりいたり, あたかも数百万里へだたってる空, あたかも整列せしめられたごとくに, あたかも敵城を乗り, あたかも敵対の如くなりしか, あたかも敵討ち以外には全然, あたかも文学博士の令息, あたかも文明国の土地, あたかも文権の本局, あたかもに飛ん, あたかも斜面を階段, あたかも断崖にむかっ, あたかも断末魔の蛇, あたかも断頭台の刃, あたかも新しきものを, あたかも新嘗祭の空, あたかも新橋芸者の烏森, あたかも方頷無髯の巨漢, あたかも既に死んだ者, あたかも日かげを作る, あたかも日に日に加わる院内, あたかも日月を並, あたかも日本アルプスや秩父山脈, あたかも日本人に開国, あたかも日本国中の人物, あたかも日本国中洋学の中心, あたかも日本最高の富士山, あたかも日本紙を引き裂きたる, あたかも日蓮宗の太鼓, あたかも日輪が, あたかも日露大戰, あたかもの初午, あたかも旧主の如く, あたかも旧暦弥生の節句前, あたかも旧知を認める, あたかも明和年代の浮世絵, あたかも明日の天気知るべ, あたかも明治の初年日本, あたかも明治維新後憲法発布前の啓蒙時代, あたかも昏睡せる人, あたかも映画に対する劇, あたかも春先の雪, あたかも春時わが信越間, あたかも春秋の移り, あたかも春秋戦国の頃, あたかも昨年春の大同団結, あたかもあつて, あたかも時機の過ぎた, あたかも時流に投じた, あたかも時計の針, あたかも晩餐の筵, あたかも普通の人間, あたかも智徳の大, あたかもの光, あたかも暗い雲を, あたかも暗中に一閃光, あたかも暗闇の中, あたかも暗雲を払わざれ, あたかも暗黒の影, あたかも暫らく消息不明であった遠征将軍, あたかも暴風雨の中, あたかもの光, あたかも曠野に落雷, あたかも曲芸を演ずる, あたかも書き終った日記の, あたかも高き巓, あたかも最も平易に, あたかも最前の恐るべき, あたかも最近の露土戦争, あたかもの上る, あたかも有名な人, あたかも有明荘において松谷鶴子, あたかも朗読するよう, あたかもの星, あたかもに縁っ, あたかも木の葉のよう, あたかも木曽山中の旅客, あたかも木魚のごとく聞こ, あたかも未来が自分, あたかも未知の噴火口, あたかも本丸住居の一部屋, あたかも本来四民が平等, あたかも国俊に, あたかも来あわせたのは, あたかも来客がある, あたかも松葉杖をついた, あたかも松陰の, あたかもさがしの, あたかも林端に上れる, あたかも果實がその, あたかも果樹の栽培者, あたかも枯れ木のよう, あたかも枯枝が横, あたかも柳原の古着店, あたかも柴車とすれ違っ, あたかも栄誉を失う, あたかもの発達, あたかも根岸の祭礼日, あたかも根本の浅き, あたかも案内をする, あたかもに押えられた, あたかも梅雨の季節, あたかも梟首せられたるもの, あたかも梯下を通りかかりし, あたかものよう, あたかも棒砂糖の形, あたかも森林の中, あたかも椋の木の子孫, あたかも検査でもする, あたかも検閲するかの, あたかも極楽世界で樹, あたかも極楽地獄の相違, あたかも楼門のよう, あたかも楽しまない病人の, あたかも楽しみや嬉し, あたかも楽劇の首歌妓, あたかも楽器の中, あたかも楽園を見る, あたかも楽曲を弾奏, あたかも楽翁公の天下, あたかも概念の普遍性, あたかも様々の形, あたかも様態が物, あたかも樂器よりうる, あたかもの枝, あたかも権太郎の冤罪, あたかもの上, あたかも樹木が石だらけ, あたかも機械人間が魂, あたかも機械仕掛の玩具中, あたかも檀家で供養, あたかものこと, あたかも欧化熱の人工孵卵器, あたかも欧洲中世の八百長戦, あたかも欧米に沙翁学, あたかもきの, あたかも正造の隙, あたかも此方に向, あたかもの暮, あたかも歴史の必然的過程, あたかも死に酔わされたかのよう, あたかも死ぬるばかりに饑ゑつ, あたかも死んでるのに等しかっ, あたかも死刑に相当, あたかも段々のやう, あたかものわが, あたかも母親は兄, あたかも毎日なんの野心, あたかも毎日一人ずつ食う, あたかも毎日胃袋や腸, あたかも毎日銀行へ金, あたかも毒茸が傘, あたかも毒蛾の粉, あたかも比翼塚と申し, あたかも毘婁遮那の厳か, あたかも毘廬沙那大仏の虚空, あたかもを燃やした, あたかも気絶したよう, あたかも水たまりかのよう, あたかも水上の花, あたかも水中で浮標, あたかも水差しの外面, あたかも水晶盤裡において氷雪, あたかも水蒸気のよう, あたかも水蛇の話, あたかも水銀の液, あたかも水雷艇の荒浪, あたかも水馬の群れ, あたかも氷片のよう, あたかもが一切, あたかも江戸にも播州, あたかも江戸末李より明治, あたかも沈湎冒色前後を忘却, あたかもが突然, あたかも河馬が羚羊, あたかも沸き上がり燃え上がる大地の, あたかも尽きて, あたかも油絵の組織, あたかも波上の小舟, あたかも波及の勢い, あたかも波浪の起伏, あたかも波紋のよう, あたかも泥棒猫が忍び込んだ, あたかも注意深さの, あたかもの中, あたかも活動の最上, あたかも活惚坊主がスネーク, あたかも活物を死用, あたかも流人のよう, あたかも浪子と目, あたかも浮浪の徒, あたかもが浜辺, あたかも海上にある, あたかも海波をせきとめる, あたかも海洋の中, あたかも海浜の砂礫, あたかも海辺の巌, あたかも海風が白波, あたかも消えかかってる燈火の, あたかも消えるように, あたかも岳の, あたかも深い数学の, あたかも混沌の時代, あたかも清き水に, あたかも渓山深き所, あたかもに魅入たら, あたかも渠らの総て, あたかも渡船の物哀, あたかも渦巻く深淵の, あたかも測り方を, あたかもにかかる, あたかものよう, あたかも一年目の, あたかも満州事変前の日本, あたかも源右衛門の上, あたかも溶鉱炉の口, あたかも漁師町で海苔, あたかも漆黒の体躯, あたかも漏斗のよう, あたかも演劇改良などが叫ばれる, あたかもを体, あたかも漢方医につき, あたかも潜水夫の風情, あたかもに向っ, あたかも激流の高き, あたかも濃い霧の, あたかも灌仏の日, あたかも火事場に焼け残りたる, あたかも火力をもっ, あたかも火取り虫が, あたかも火山地帯から硫黄, あたかも火打鎌の下, あたかも灯心に油, あたかも灯火の滅する, あたかもとなりし, あたかも炉側格子はその, あたかも炎天の太陽, あたかも炒豆を口, あたかも炭素が自身, あたかも烏合の無頼漢, あたかもを翻, あたかも生の, あたかも無住の寺, あたかも無形的死霊あるいは生霊, あたかも無数の小姑, あたかも無礼講の有様, あたかも無能な愚人, あたかも無風流の人, あたかものよう, あたかも煙草の鑵, あたかも熟睡のあと, あたかも熱海入湯中であった, あたかも熱烈な愛情, あたかも燃えたる薪を, あたかも燈火で照らされた, あたかも燐光に照らされ, あたかもが飛ん, あたかも燭臺に立つ, あたかも爆発のごとき, あたかも父親と母親, あたかも襷の, あたかも牛肉が湯, あたかも牝牛がその, あたかも牡丹の花生け, あたかも牧師という名, あたかも牧師たるがごとくであった, あたかも物不意にあらはれ, あたかも物体に一つ, あたかも物品器具の損害, あたかも物差しをもっ, あたかも物指で反物, あたかも物言はんと思ひつ, あたかも物質不滅の学説, あたかも物質空間及び時間, あたかも犬猫のよう, あたかも狂乱のうち, あたかも狂瀾怒濤の海面, あたかも狂者のごとく, あたかもが後, あたかも狐狗狸様の連中, あたかもひ放たれし物, あたかも狩りたてられて用心, あたかも独楽を舞わした, あたかも独立して, あたかも独言をいう, あたかも独語のハーン, あたかも独逸の詩人ハイネ, あたかも狭い所に, あたかもにノド笛, あたかも猛獣の棲ん, あたかも猛虎の嵎, あたかも猟人を嘴, あたかも猟師が獲物, あたかも猟犬が鼻, あたかもを畜, あたかも猿芝居を見るごとく, あたかも獲物をねらう, あたかもが祭礼, あたかものおいで, あたかも王侯のご, あたかも王者のごとき, あたかもを沙中, あたかも現今と異なる, あたかも現象の数量化, あたかも理窟ぽい私, あたかも瑪瑙のよう, あたかもを山間, あたかも瓦竈に火, あたかも甚平の魂, あたかも生れ変った人の, あたかも生木を裂く, あたかも生活の本質, あたかも生温るい風に, あたかも生者のごとく, あたかもの済んだ, あたかも田舍から田舍, あたかも田舎漢が都会, あたかも由子と同じ, あたかも甲冑をつけた, あたかもと女, あたかも男子に授けられたる, あたかもの贅沢, あたかも町役場の移転, あたかもにかいた, あたかも画家があらゆる, あたかも画幅に面する, あたかも画面全体の中心, あたかも番犬や猟犬ども, あたかも異様に大きい, あたかも疑いなき清少納言, あたかも疑ひをいだく, あたかも疝気持が初出, あたかも疾病の襲う, あたかも病みあがりのロイマチス患者, あたかも病める女の, あたかも病原を探らずし, あたかも病弱で貧乏, あたかも痴児の囈言, あたかも癩病人の醜き, あたかも発作の熱, あたかも白い砂が, あたかも白刃を抜い, あたかも白日の下, あたかも白河楽翁公の幕政改革, あたかも白紙の上, あたかも白鷹助教授と臼杵病院長, あたかも白鷺の大群, あたかも百二十一代の至尊, あたかも百千の鬼, あたかも百枚の扉, あたかも百雷耳に轟く, あたかも百鬼昼行でそこ, あたかもなきに, あたかも皆兄弟のよう, あたかも皇帝から明日ラザルス, あたかも皇族華冑の遺跡, あたかも皮癬のよう, あたかも皮膚を剥がれた, あたかもの踊り, あたかも盗みでもした, あたかも盗賊と雑居, あたかも目ざす人間が, あたかも目的地に達し, あたかもが勘, あたかも盲目なる人間, あたかも盲腸の虫様突起, あたかも直ぐそのあと, あたかも看守と罪人, あたかも真っ直ぐに落ちかかっ, あたかも真夏のごとく, あたかも真如の月, あたかも真実の愛情, あたかも真昼のよう, あたかも真水であるかの, あたかも真紅の二つ, あたかも真綿を以て首, あたかも眠たい眼を, あたかも眠るがごとく, あたかも眩暈でもしてる, あたかも眼中に生徒, あたかも瞑想からでも醒めた, あたかも矢弾の弱, あたかも知力によって考え出した, あたかも知恵の足りない, あたかもに霊, あたかも石人のよう, あたかも石工場にころがっ, あたかも石油樽の中, あたかも石炭の大, あたかも砂金を捧ぐる, あたかも研究室乃至実験室, あたかも砲台のまん中, あたかも砲弾のよう, あたかも砲戦のよう, あたかも破るるがごとく, あたかも破竹の勢, あたかも硝子で作った, あたかも碁将棋のよう, あたかも磁力にすいつけられ, あたかもなしに, あたかも社会的災難とも言える, あたかも祈るやうな, あたかも祈祷でもする, あたかも祖母のおも, あたかも祝典の行列, あたかも神仏混淆の禁じられた, あたかも神様の近く, あたかも神秘の, あたかも祭典のよう, あたかも禁断の果実, あたかも禅堂に足, あたかも福原の栄華, あたかも秀吉も共に, あたかも私たちが本当に, あたかも秋風のある, あたかも秘密の深, あたかも秘密結社のごとき, あたかも移住民の一列, あたかも稀薄なる空気, あたかも種板を現像, あたかも種紙の面, あたかも種蒔きを, あたかも稲麻竹葦と包囲, あたかもかな皮膚, あたかもに埋らる, あたかも空しき象を, あたかも空家のよう, あたかも空屋である, あたかも空気中を上昇, あたかも空虚なるが, あたかも窒息させようと, あたかもの中, あたかも立ちのぼる香気に, あたかも立ち退いた町の, あたかも立派な証拠, あたかもに翼, あたかも竜門に上りたる, あたかも競輪へ微行, あたかも竹花中尉の敵打ち, あたかも竹藪のごとくである, あたかも笑声のよう, あたかもを吹く, あたかも符節を合せた, あたかも九天が, あたかも箕島に復讐, あたかも範頼の後見, あたかもをかけた, あたかもの種, あたかも粘土細工のよう, あたかも粛軍行程がこの, あたかも粟餅屋が餅, あたかもでひかれた, あたかも約束であるかの, あたかもの色, あたかも紅玉を鏤め, あたかも粹の, あたかもを広げ, あたかも紙一重隔てて, あたかもの雲, あたかも細い瓢箪を, あたかも細長き七の, あたかも終身禁固の牢中, あたかもを断つごとし, あたかも結婚式も挙げず, あたかもにひかれる, あたかも維新前の二大論派, あたかも維新革命を以て仏国革命, あたかも綱目の意義, あたかも綾羅を透し, あたかも綿片の天空, あたかも緊張する場合, あたかも井戸の, あたかも総ての知識, あたかも縁日のごとし, あたかも織るがごとし, あたかものごとき, あたかもを犯した, あたかも羅馬に於ける, あたかも美味なスウプ, あたかも美妙な音楽, あたかも美学上のいわゆる, あたかも美醜が芸術, あたかも羞じらうように, あたかも羞恥を深く, あたかも群蝶の風, あたかも群集の中, あたかもが生え, あたかもの白頭, あたかも老人であるかの, あたかも老女たちの頭, あたかもに導かる, あたかも聖書の戦馬, あたかも聖殿の中, あたかも聖骨を守る, あたかも職業紹介所の門前, あたかものため, あたかも聾盲の耳目, あたかも肉体的な, あたかも肉体的歓楽が快感, あたかも肉眼で遠景, あたかも肉親の邂逅, あたかもの強く, あたかも背後から追, あたかもから押しだした, あたかも胸中の悶々, あたかも木が, あたかもを空, あたかも臨終に迎えられた, あたかも自ら好んで, あたかも自ら創造者であるかの, あたかも自ら好きで狩り, あたかも自分ひとりであるかの, あたかも自分達の交会作用, あたかも自大相下らざる書生放談, あたかも自尊心を傷, あたかも自己みずからその自画像, あたかも自意識のある, あたかも自由な行動, あたかも自由競争の最高発展段階, あたかも自転車の理, あたかも興隆期さなかの唐, あたかもの本, あたかも舟人の擢, あたかもを失い, あたかもが出た, あたかも船橋のよう, あたかも艦隊は使っ, あたかも良き縫物師の, あたかも良し同年十月二十日ドイツ皇帝カール六世が, あたかもの世界, あたかも色盲が絵, あたかも花やかな花火, あたかも花婿が花嫁, あたかも花嫁の養父入, あたかも花火の輝き, あたかも芸術作品に対する品評, あたかも芸術家が自己, あたかも芸術的性格をおびだ, あたかも若き航海者が, あたかも若葉のいで, あたかも苦患に貫かる, あたかも英国非国教宗, あたかも英国刑法の厳粛, あたかも英姿颯爽たる一将軍, あたかも英清戦争に際して清国敗北, あたかも英語の手紙, あたかも英雄の情操, あたかも英雄崇拝時代にある, あたかも茶殻を詰めた, あたかも茶碗やランプ, あたかもが霜雪, あたかも草双紙の挿絵, あたかも荊棘の上, あたかも荒々しい砦の, あたかも荒縄で組み立てられたる, あたかも荒野に沈みかかっ, あたかも菅家一門の公卿, あたかも菓子屋の噂, あたかも落花の散る, あたかも落雷で震死, あたかも葡萄酒にアルコール, あたかも葬式でも送る, あたかも蒲鉾状の山, あたかも蒼めて息, あたかも蓮花の開く, あたかも薄暮の花, あたかもを飲む, あたかもの花一片, あたかも藤原氏の婿, あたかも藩閥政府の全盛時代, あたかもの中, あたかも蘇生の活手段, あたかも虎穴をのがれん, あたかもを得ざる, あたかもにたいする炎, あたかもが蛾, あたかも蛆虫のよう, あたかも蛍火を見る, あたかも蛛網のごとし, あたかも蜜月の旅, あたかもに印影, あたかも蝋涙のよう, あたかも蝙蝠の骨, あたかも蝦蟆すなわちクク, あたかもをでも見る, あたかもの翼, あたかも螺旋が圧搾器, あたかもがその, あたかもがこの, あたかもをもっ, あたかも血池にひとし, あたかも衆悪の母, あたかも衆議院と参議院, あたかも行きて身, あたかも行人が小川, あたかも行手を遮る, あたかも行進し行く一, あたかもの格子, あたかも袋町のよう, あたかも被告たちがそうした, あたかもをつけた, あたかもへ食いつく, あたかも西側を離れ, あたかも西洋に於, あたかも覆へる水の, あたかも見えない中を, あたかも見ず思はざるさきに, あたかも見るように, あたかも規律ある軍隊, あたかも視野をさえぎる, あたかも覚兵衛を追う, あたかも親しく天の, あたかも親愛恭敬孝悌の空気, あたかも親鸞自身の文章, あたかもの立ちたる, あたかも触角でする, あたかも言葉づかいの稽古, あたかも討論会でもやっ, あたかもすよう, あたかも記念碑の正面, あたかも記憶をたどる, あたかも誓うがごとく, あたかも語学校の校長高楠, あたかも誤って汁, あたかも誤ったコースに従って, あたかも説明委員といふ見, あたかも読みつけの, あたかも読経するよう, あたかも読者の, あたかもかを待ち合わせ, あたかも諫言の砦, あたかも課の, あたかもでも投げつけられた, あたかも謝罪でもする, あたかも警察から係官, あたかも議長席に着いた, あたかも護謨の如き, あたかも豊かな花園, あたかもの尾, あたかも貝殻が底, あたかも貧乏線の真上, あたかも責めるかのやう, あたかも貯金に似, あたかも貴人の微行, あたかも貴方のすぐ, あたかも貴重品でも取扱う, あたかも貼り付けたように, あたかも賊軍熊本を退き, あたかも賢相松平定信の名, あたかも賭けあるいはスポーツ, あたかも赤い絹糸の, あたかも走り疲れし獸が, あたかも自然的な, あたかも足下に深淵, あたかものこと, あたかも路傍の人, あたかも踊り終らぬ女等, あたかもと肱, あたかも蹄鉄を附けたる, あたかも躑躅の茂み, あたかも身内に海, あたかも車輪が廻転, あたかも軍人のごとく静まった, あたかも軍令部長か参謀総長, あたかも軍医部員が検査, あたかも軍門を通過, あたかもをつけ, あたかも転がって行く, あたかもいとちかき, あたかも罪裁判所で, あたかも軽視されたナイル川, あたかも輝いた雲霧に, あたかも農場の改良, あたかも農閑期にいくら, あたかも辺りにある, あたかも辺陲不毛の地, あたかも余曲折の, あたかも近代の部隊長, あたかも近所の碁会所, あたかも返り咲きの花, あたかもひ覺めし, あたかも追い求むべきものあるいは, あたかも追っかけられてるように, あたかも送らんとする, あたかも通りかかった者が, あたかも通過せられた空間, あたかも連句というもの, あたかも進歩性のインテリゲンチャ的形態, あたかも遊散気取りで悠々, あたかも遊星が太陽, あたかも運動選手の合宿鍛錬主義, あたかも運命の先途, あたかも運送船を護, あたかもに迷った, あたかも道づれになった, あたかも道中の山水風物, あたかも道傍の石地蔵尊, あたかも道徳的に賛美, あたかも道路の予定線, あたかも道路改修中の柔かい, あたかも道連れであるかの, あたかもせらるるかの, あたかも遠いところの, あたかも遠征を思い立ちし, あたかも遠方から撩, あたかも邏卒が来合わせ, あたかも那須高原に立っ, あたかも邦原君らは不在, あたかも邪視もっとも強力, あたかも部将の城内, あたかも郷里より慕い来りける, あたかも酒好きの人間, あたかも酒石酸水に重曹達, あたかも酒顛童子のよう, あたかも酔えるが如き, あたかも酔っ払の, あたかも酔ひしれた哥薩克, あたかもを懐, あたかも野犬かのよう, あたかも野球のボール, あたかも野辺にさすらい, あたかも金堂の壁画, あたかも金婚式にあたる, あたかも金袋でもかぎ出した, あたかもづけにでも, あたかも釘抜きにはさまれた, あたかも釣られたような, あたかも釣竿を差し出した, あたかも鉄球がとぶ, あたかも鉄石の如く, あたかも鉄道の敷設, あたかも鉄鎖につながれてる, あたかもの粒, あたかも鉛筆一本ハンケチ一枚買うよう, あたかものごとし, あたかも鉱石が作らるる, あたかも銀子が不断頭脳, あたかも銀盤に秋水, あたかも銃剣の状, あたかも銅貨の如く, あたかも鋭い鉞なんどで, あたかも錠前の呪縛, あたかも錦絵を見る, あたかも鍛工より鐡槌, あたかものなくなってる, あたかも鎌倉の別荘, あたかも鎖国時代の事, あたかも長城の如き, あたかも長篠よりやや, あたかも長編の小説, あたかも長蛇のよう, あたかも門火を焚い, あたかも門閥の念慮, あたかも開拓使長官の一行, あたかも間借りをし, あたかも関東への詫び状, あたかも閲兵でもする, あたかも阪東武者に襲われた, あたかも阿片において見る, あたかも阿片モルヒネに利用害用, あたかも阿部の晴明, あたかも陋巷の湫路, あたかも陣痛起りて, あたかも陥穽を予感, あたかも陰陽道が入っ, あたかもを行く, あたかも陸上における太平洋, あたかも陸兵の華園口上陸, あたかも陸地のかなた遠く, あたかも階段を降りよう, あたかも隣室の音楽, あたかも集配人がポスト, あたかも雇主のごとき, あたかも雌豹飛びかかった, あたかも雛僧のうち, あたかも難産したる母, あたかも雨後の春草, あたかも雨期の終わる, あたかも雪の下にある, あたかも雪山の仙人, あたかも雪間の飛, あたかも雲外に明月, あたかも雲霞のよう, あたかもを伴わない, あたかも雷獣の背, あたかも雷車の如き, あたかも雷雨のあと, あたかも雷電の一撃, あたかも雷鳴を凌ぐ, あたかも霊公に相当, あたかも霖雨のじめじめ, あたかも霜壊えで, あたかも霜雪に圧せられたる, あたかもを喰う, あたかものなか, あたかも露西亜から帰着, あたかも青い毛氈かと, あたかも青年のよう, あたかも青空の中央, あたかも静かな谷間, あたかも静寂な暮れ方, あたかも静岡全市並びに附近一帯, あたかも非国民であるかの, あたかも非常な国辱, あたかも面貌につき, あたかも革命をこころざす, あたかも鞍馬の上, あたかものよう, あたかもと棒, あたかも鞭打ちに相当, あたかも響きの物, あたかも順風に追, あたかもに縁無し帽子, あたかもに一杯, あたかも風呂敷包のごとく, あたかも風鈴が砕けた, あたかも颱風が緯度, あたかも飛ぶ鳥が, あたかも飛騨で上宝村, あたかもに飢えた, あたかも食わず眠らずに生存, あたかも食卓よりはこびさらるゝ食物, あたかも食欲をそそられる, あたかも飢えたる鷲の, あたかも飢渇の狼, あたかもを投げられた, あたかもゆるが如き二葉亭, あたかも餓鬼の地獄, あたかも首吊り台の縄, あたかも馬様に見える, あたかも駘蕩の春, あたかも騒々しい蜂の巣の, あたかも驕児を遇する如く, あたかも驚ろかされたかの, あたかも髑髏と竹如意, あたかも高い城壁の, あたかも高くを翔ってる, あたかも高地の頂, あたかも高山の頂, あたかも髪の毛の匂, あたかも鬼ガ島の宝物, あたかも鬼界ヶ島に流された, あたかもの手, あたかも魔界から最後, あたかも魔術者の杖, あたかもの死ん, あたかも鳥さしに出合っ, あたかも鳥籠でもぶら下げ, あたかも鳥自身に嫉妬, あたかも鳥類の特徴, あたかもの巣, あたかも鳳翼を開く, あたかも鳶烏の中, あたかも鵞鳥の栗料理, あたかも鵬程九万里の遠き, あたかも鶏小屋の中, あたかものごとし, あたかも鷓鴣の群れ, あたかも麗しい光明によって, あたかもの葉, あたかも黄泉の国, あたかも黄道吉辰なれば, あたかも黒い魔の, あたかも黒曜石のよう, あたかも黙阿弥のざんぎりものの, あたかもを舐る, あたかも龍宮城が焼けおち