青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あそこ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あける~ ~あげ あげ~ あげく~ ~あげた あげた~ ~あげる あげる~ あした~ あすこ~
あそこ~
あたかも~ ~あたし あたし~ ~あたり あたり~ ~あたる ~あちこち あちこち~ あちら~ ~あっ

「あそこ~」 2346, 25ppm, 4598位

▼ あそこ~ (573, 24.4%)

15 いる 8 いるの, 立って 4 置いて

3 [12件] あるの, いるん, 井戸が, 人が, 住んで, 出て, 坐って, 寝て, 残って, 泊って, 行って, 隠れて

2 [28件] あのまま, あやしい奴, ある, いたこと, いて, いやがる, いるあの, いるに, いる二人, おってんな, ゐたはうがよ, レオノレ星座が, 一本, 下がって, 何か, 僕の, 君たちの, 掛かって, 散らばって, 日の, 木が, 来て, 石に, 秘密の, 落ちて, 見えて, 見えるの, 誰か

1 [446件] ああいう, ああし, あったから, あったじゃ, あって, あなたの, あの犬, あの男, あやしいほら, ありました, ありまする大きな, あるあれ, あるが, あると, あるん, あるワイシャツ, ある余人, ある受話器, ある彫刻, ある木造, ある空気ぬき, ある立花さん, ある紅茶, ある細長い, ある金貨, あんなあんなもの, あんなにきらきら光っ, あんな物, あんな美しい, あんな花, あんな風, いいところ, いくこと, いた, いたあそこ, いたの, いたよ, いた人たち, いた発田, いた連中, いったこと, いついて, いてこそ, いては, いても, いないと, いないに, いなかったろう, いまいる, いましたが, います, いますね, いますよ, いやしない, いやな, いらっしゃったの, いらっしゃるの, いらっしゃる三人, いらっしゃる大国主神, いらつし, いられるえらい, いるああ, いるか, いるから, いること, いるじゃ, いると, いるという, いるもの, いるよりは, いるらしい, いるわけ, いるわたし, いるオバサン, いる命, いる外人, いる女, いる植木師たち, いる私ども, いる稚児侍, いれば, いれられたの, おったの, おられる, おる, おれの, お乞食さん, お住み, お前の, お客が, お母さまの, お父様, かいぶつの, かきつけて, かくれて, かけら, かざって, くずおれて, ぐずぐずし, ころがって, ころがってるの, ございます, さうだ, したら好い, しのんで, しましょう, すでに書い, そういう橋, そのとき僕, その日向さん, それ寝物語車返しの, たって, だれの, ちがいない, ちょっとしたお, ちょっと急, ちよつ, ちんまりと, つい半年, とぐろを, とても綺麗, とまって, どこかの, なければ, なにも, なんだかとん, なんだか妙, はね大同炭鉱, ひきつけられるの, びんと, ふっくらした, ぶよぶよし, へんな, ほうり込んで, ほら白い, ぼうと, また昔話, まだお前, まだ残る, みえるの, もぞもぞと, もらしたの, ゃあああいつも勘三郎が, わたしの, われわれと, ゐたもの, ゐたん, ゐた美しい, ゐた芸者さん達, ゐるあ, ゐるの, ゐるやう, アイスフォオゲルの, イブセンの, エミリイちゃんが, ガチャガチャが, ガンバッて, キャンプを, グズグズし, ソルティーニが, ノリヒビが, ヒスパニオーラ号が, ビール箱が, ペリスコープの, ペンキ塗りの, ボートが, ポーデル先生が, ミルクが, ミンミン蝉が, 一ついます, 一団こ, 一羽, 一陣の, 七日そして, 三日あそこに, 上って, 下ってるじゃ, 並べて, 中庭に, 乗って, 乾して, 二人電車を, 人造人間が, 人間が, 今蛸が, 伊勢詣り, 似た所, 住まなくて, 住まわして, 住む女, 住んじゃ, 何時だって, 何百匹並ん, 例の, 倒れおる市毛甚之丞, 倒れて, 傭われて, 僕らの, 光つた親星が, 兎が, 入口が, 出したん, 出れるやう, 出来て, 動いて, 千代ヶ坂という, 受け駕籠, 名物いなりずしと, 咲いて, 喧嘩の, 喬之, 四ツ菱屋っていう, 困った偵察者, 在るの, 地蔵様の, 埋もれて, 城の, 塊ってる, 塔が, 墓が, 売りに, 大きい板, 大きなお, 大きな戸棚, 大きな森, 大きな犬, 大きな紫紅色, 大きな雑木林, 大そう, 大木老人が, 女の, 妙な, 娘さんでも, 婆あさ, 子供が, 孕み女, 完全に, 家が, 家を, 寄る, 寝かしたまま, 寝たまま, 寝てたの, 寝るまで, 専務が, 小径が, 小舟が, 居て, 居なくっても, 居られたどこ, 居るじゃ, 居るの, 居るわい, 居る人達, 居る間, 屋根が, 山ノ井君が, 峯が, 帝大の, 常夜灯が, 平地や, 平家部落が, 年を, 店が, 廻転椅子が, 待たされて, 御たま, 御出, 徳川夢声先生という, 怖い人, 或る, 投込ん, 捕虜に, 描かれて, 揚羽ちょうが, 敵が, 數へ, 斬られて, 斬り合って, 新しい塚, 日本が, 星が, 書いたもの, 書いて, 書え, 最高峰の, 木の, 来たこと, 来たと, 来てるじゃ, 来ました, 東京者らしい, 柄杓の, 柿の, 桐油が, 桜が, 梅田雲浜が, 棲んどる, 楽しく住ん, 歌われた恋人同士, 武器を, 死と, 残して, 水中快速艇が, 水天宮さまが, 水晶の, 汐見桜いう, 沢山ある, 沢山人が, 注射すれ, 泳いで, 浮いた, 消えて, 深い谷, 清め塩, 渡らせられるは, 湧水が, 湿った日光, 滝が, 漂流する, 濁江温泉という, 火の, 火を, 灰色がかった, 煙が, 牛が, 犬が, 玉が, 生えて, 申し付けて, 男の子が, 白い布, 白い帆, 白い花, 百姓家が, 相違ない, 真紀子さんいる, 着席せられた, 知人でも, 碇泊した, 祠が, 私の, 私は, 積んで, 空いて, 空気抜きが, 突立っ, 突立って, 窓が, 立つたらさぞ, 箒の, 紀介様が, 細長く凹んだ, 綺麗な, 腰かけて, 腰を, 自分が, 船が, 芳秋蘭が, 若い二人連, 茂った矢筈ぐさが, 茶店が, 萎びた草, 薄すらと, 行かなければ, 行くの, 行くまで, 行く人, 行けば, 行こう, 行こうここ, 行ったの, 行ってる時, 行つたつけな, 行つたに, 行つて見ました, 見えますの, 見えられるそ, 見えるあんたさん, 見えるお, 見えるじゃ, 見えるすこし, 見えるだろあの, 見えるぢ, 見えるで, 見える家, 見える山, 見える料理屋, 見える根岸, 見える横穴, 見える洞穴, 見える海底, 見える潜水艦, 見える町, 見える空地, 見える筈, 見える紅色, 見える高い, 見える黒い, 見へる宏壯, 見知らぬ人, 詩の, 誰が, 譬えようの, 變な, 谷博士が, 豆棚の, 貼り出して, 賊の, 赤い灯, 路が, 転がって, 転って, 輝いて, 近づいた人影, 近づいた者, 述べられたよう, 造船所が, 造花の, 遠い高原, 遺されたという, 野生の, 金を, 長くなっ, 階段が, 集ってる処, 雲雀病院の, 電車が, 静かな, 静子が, 静止し, 預けられた子供, 頑張って, 飛び込めば, 飛んで, 食っ附いて, 飾って, 高いタンク, 髪の, 鯨が, 鶴が, 鹿が, 黒い人影, 黒い袴, 黒媛が, 鼠が

▼ あそこ~ (447, 19.1%)

9 家の 4 ところが 3 家へ, 家も, 村も, 洗面器の

2 [29件] お内儀さん, お邸, すみに, ところで, ところに, ところへ, 主人は, 二階に, 二階もね, 名物と, 味瓜畑の, 地質は, 家で, 店から, 店で, 店は, 方が, 書籍室へでも, 柳の, 橋の, 水を, 生活が, 町の, 空気は, 萱の, 裏山の, 金は, 門を, 飯は

1 [364件] あああれ, あの岬, あの街角, おすし, おでんやは, お人, お作事, お医者, お嬢さんの, お宅, お母さん漬物もっ, お袋が, お袋は, お豊さん, かきねの, かどに張っ, かどの, かどまで呼ん, くいの, くぐり戸, ことを, ご亭主, ご厄介, しいの, そらそらあの, てんぷらは, とこの, ところだ, ところだけは, ところは, は, はもっと, は品, は簡単, は見物, は質, カフェーが, カフエで, カーブは, コンクリート塀の, コーヒー飲んだ, スフタ忘れられない, テキは, テーブルの, デッキ連中と, ドアが, ブラインドを, ベンチに, マダムは, マリオネットで, ロシア人に, 七足と, 三津太郎どん行方を, 上まで, 上り口に, 下に, 下女で, 丘の, 中から, 中に, 中は, 主人が, 主人に, 主人みたいな, 乞食を, 乾物店の, 二人の, 二階で, 亭主が, 亭主は, 人たちを, 人参葉の, 人參葉の, 仲間に, 会社に, 係りの, 俥屋が, 俥屋で, 倅である, 停留場の, 僧正も, 僧院には, 兄さんは, 先生かぶれです, 公園は, 内儀が, 写真館の, 前まで, 前を, 割り下水に, 勤めでは, 北条坂で, 医者は, 十分一金利足金上納金一切の, 司馬道場存じ, 合唱の, 名主どんの, 味だけは, 味を, 唄の, 善仁寺では, 噴水の, 国道の, 土の, 土圭が, 土地を, 土手で, 土手の, 地形に, 地理を, 坊さんに, 坊さんの, 坊も, 城では, 塀を, 塗師屋の, 塚の, 壁に, 夕やけ雲を, 外記か, 多雪, 夜と, 大きい縮図帖, 大庭春吉親分田中光徳親分そんな, 大観音, 大通りで, 奥の, 女は, 女中だった, 女給で, 奴等だ, 妙見さまへね, 娘が, 娘で, 娘の, 嫁嬢は, 子供たちに, 子供の, 学校は, 客間では, 家だ, 家ぢや, 家では, 家に, 家のをば, 家を, 寮から, 寺に, 小作は, 小屋の, 小間物屋の, 少し低く, 屋敷の, 山々が, 山に, 山の, 山へ, 山牢には, 山野ことに, 岡三庵先生の, 岩かげから, 岩に, 岩窟の, 峠という, 峠の, 巣には, 工場に, 工場の, 工女は, 市民に対する, 師家の, 帳場から, 干拓は, 床の, 床下に, 店に, 店には, 店の, 庭が, 庭に, 廂の, 廊下に, 建物の, 引出しの, 憶い, 懸障子, 戸口で, 戸棚の, 戸棚は, 所に, 所には, 扇屋か, 押入れの, 抽匣に, 掃除を, 提灯は, 料理は, 料理屋の, 旦はんと, 景色は, 曲り角を, 朝は, 木から, 木槿の, 木陰と, 本丸に, 杉林の, 村に, 松の, 板塀が, 林は, 林檎が, 枝に, 格子窓の, 桑の, 梁に, 梅という, 梯子段の, 棚の, 棚を, 森の, 森は, 森ん中に, 森蔭に, 椅子に, 植物について, 楼の, 横町に, 樫が, 樹幹に, 機械は, 正面の, 此の, 母親もね, 気味の, 氷上に, 汽車の, 沙漠の, 泉質は, 法師衆が, 洗面所の, 洞窟の, 活動館の, 浜に, 浜辺に, 浦から, 海では, 海は, 海岸から, 深い雪, 源空寺っていう, 滝を, 濠の, 火の見やぐらの, 灰皿の, 烟突の, 無名戦士の, 熱を, 物干しざおにぶらさがっているしろものをよくみろ, 特等席に, 独木橋を, 王様は, 琴を, 瓦斯燈の, 生き埋めの, 百姓の, 真つ, 真実感が, 真田神社に, 矢来の, 石を, 石仏の, 砂に, 社会部長を, 祖母さんが, 禰宜の, 穴から, 空地には, 窓から, 窓に, 窓の, 立て札にも, 竹筒へ, 米軍は, 組合の, 経営を, 経堂の, 編輯長な, 縁の, 羊飼の, 美術館が, 聴衆席に, 背後に, 自動車で, 自身番で, 舗道は, 花壇の, 花床に, 英国人が, 茂みで, 茶屋に, 茶屋の, 茶店で, 茶店の, 草の, 草叢の, 菊そばな, 蔭まで, 藪の, 街道で, 角で, 角は, 角へ, 角を, 角ん, 角迄, 講堂で, 谷間に, 賭場に, 赤土が, 赤新聞で, 赭熊の, 路地を, 路次で, 軒に, 通りは, 通りを, 連中が, 連中の, 遊園地, 道ばたに, 酒屋に, 里で, 釣瓶鮨屋と, 鐘楼の, 長男は, 門前へ, 間だけ, 間に, 院長さんを, 院長はんが, 陣所へ, 隅に, 隅には, 隠居やなんかと, 雑貨屋へ, 雑踏に, 離れの, 離屋へ, 電力は, 露路に, 露路には, 青山半蔵の, 額の, 風呂の, 風景を, 飯を, 養子さんに, 養子つて奴あ, 養子も, 駐在官, 高い切窓, 高い所, 鮑も

▼ あそこ~ (267, 11.4%)

15 行って 5 いって, 来て 4 行く, 行くと, 行くの, 行けば 3 いけば, 出て, 行こう, 連れて 2 いて, 寝て, 往って, 来た蟻, 流れて, 私を, 穴を, 行っては, 隠れて, 集まって

1 [194件] あそこへ, あの湯の谷, いった, いったとき, うつりなさい, おいて, おいでに, おいでのは, おかけにな, おさよさん, お入り, お出でに, お前が, お友だち, お掛け, お母さまの, お立ちに, お越しなさい, お越しに, お連れ下さいませ, かかる前, かくまって, かけつけましょう, かつぎ込んだといった, きちんとお, くぐって, さらって, つれて, とめるつもり, のぼったの, はいって, はいれはいって, はまったらたすかる事, はめこんだの, ひっぱり出したところ, ほうりこんで, まいりました大胆, もう行かない, もどって, やって来ました, やつて, ゆかう, ゆくの, ゆけば, わたしの, ジョリクールだけを, ピッタリ体, 一時身を, 一緒に, 下って, 中て, 二三度上りました, 井戸を, 人を, 住むと, 信者に, 働きに, 入ったらおれ, 入れたの, 出かけて, 出たり, 出ると, 出るよう, 出入する, 勤めてるの, 君は, 回ったん, 変な, 大切な, 子供が, 子供を, 家が, 寄って, 寝んで, 工場が, 工場を, 帰って, 帰れば, 店を, 引いて, 引き取るかと, 引っくり, 引越しましょう, 彼は, 往かうと, 往つた, 往つて見る, 急げ, 戻ろう, 投げだして, 持ちこんで, 持ち込んだところ, 持って, 据えてから, 放って, 放りこんで, 敷物を, 新屋を, 旅行し, 旅行する, 曳かれて, 月見に, 来たと, 来てね, 来なければ, 来るん, 案内し, 植物学者が, 橋を, 毬を, 水を, 泊つ, 泊まりに, 泊めて, 泊めるより, 泊るより, 泊る船, 泳いで, 浮き上って, 滑りこんで, 登らせて, 盗人が, 着いたらすぐ, 着いて, 着くこと, 着くと, 砲台を, 硯箱と, 祈願を, 私の, 移ったの, 立って, 米を, 置いた莚, 置き去りに, 置去りに, 腰を, 腸を, 船がかりを, 船を, 良人が, 落ちて, 落ち着くと, 薔薇の, 虫屋が, 蜜蜂の, 行かなかったら彼ら, 行かれるじゃ, 行きさえ, 行きたい, 行きたいなら仕事, 行きねえ, 行きましたかな, 行きましょう中, 行くはず, 行く武士, 行く約束, 行ったらわし, 行ったん, 行った知人, 行つたな, 行つた時の, 行つてゐる, 行つて山羊を, 見に, 講演にでも, 走つて, 近づくの, 近づく事, 近よります, 迷惑かけ, 追い込んで, 逃げられるもの, 逃げ込まれては, 逃げ込もう, 這ひ込ん, 通ったの, 運んで, 配属される, 酒の, 鍼を, 集った老人連, 集まったの, 集まってからに, 集まるの, 集りますが, 顛落した, 飛び出したの, 飛んで, 飲みに, 餌を, 首を, 馬車に, 駆け込めば

▼ あそこ~ (198, 8.4%)

6 待って 3 何か, 働いて 2 ああし, やって, 一言ここで, 何も, 何を, 失敬しよう, 死ぬ, 泳いで, 潜水艦を, 自分の

1 [166件] あなたに, あなたの, あなた様に, あの唖, あばれて, いつか野たれ, いろんなこと, うかがって, うまくねられるだろう, おいて, おとなしく寝, おやりなすった, おれが, お前が, お前だれかを, お寝, お待ちかねです, お待ちし, お得意先, お父さんは, お目にかかったあっし, お眼, お茶でも, お詠み, お逢いした, お酒, この鎧櫃, これは, こんな堅い, ござりまする, さびしい夜, しばらく休ん, そういったじゃ, ただいくら, ちょっと気, できる限り, どのよう, どんなになっ, ね今夜, ひとつの, まあ, まいた種, もんどり打った, ゆっくり話そう, よく罪人, わいわいいってる, カーブした, キヤンプの, ギャングの, クラムと, ダイヴした, ハッキリしすぎ, パラシューターを, パンの, ブレーキが, ユックリ御, 一人の, 一杯飮んで, 上ると, 云って, 今の, 休もうでは, 会って, 働いてた人, 僕たちは, 僕は, 八年前に, 共同印刷で, 写生し, 凍え死なねば, 十勝の, 半年ばかり, 君を, 吾, 咳を, 商売する, 問題に, 地極の, 坐りこんで, 壁を, 売って, 売つて, 夜を, 大きな白熊, 大へん, 大体の, 大勢集つて詩の, 女が, 妙な, 存分に, 安眠できる, 完結させる, 宿の, 寝て, 寝起きを, 小次郎を, 小首を, 巡査と, 引きつづき使われるに, 強盗の, 往っ, 御厄介, 怖しい, 感じたこと, 打上げて, 承わりましたゆえ, 拾った南京虫, 捕ったん, 探す物, 数日か, 文芸が, 日の, 昼寝も, 時々燒場團子, 曝露する, 朝から, 武蔵様が, 武蔵様と, 死ぬつもり, 死んだ浅吉さん, 死体が, 気が, 沈没した, 沢山でございます, 泊めて, 泊りましたよ, 活躍です, 演る, 火を, 火花を, 牧場の, 独白を, 生れたという, 皆が, 石に, 稼業替えを, 網を, 縫い物し, 縫った品, 考えなければ, 胸の, 胸を, 自然が, 興ったもの, 蝶之, 見る月, 解いた処, 講演を, 豊世が, 貰いとうとう, 起った過去, 起りつつ, 踊って, 軍議が, 送って, 遣わせよう, 金持ち連が, 金柑が, 釣を, 電車へ, 面会しまし, 食いとめて, 食ったこと, 食事を, 飮まう, 飼つてゐる

▼ あそこ~ (174, 7.4%)

3 私の 2 なんという, 遊ぶには

1 [167件] ああしたら, ああしよう, ああであった, あたしに, あたし知っ, あの通り, あの阿, あの館, あやかりもの, あらたかな, あんたはんよその, あんなん, あんまり馴染, いいです, いい処, いつもこうです, いつも僕, いつも荒れる, うまいです, お前の, かいこや, かくれるの, きつと, このごろできた, こんな悪い, ごまかしが, さむい, すっかり焼け, すつかり焼け, ずんと茶屋, ぜったい安全, たしかに抽象, たしか三十三尋, ただ樹木, たびたび御, とても一人, とても恐い, とても逃げられる, どういう人, どうだろう, どうもな, どうも僕, どこだった, どこで, どこでも, どのへん, ひどいカーヴ, まだ窮めた, まったく特殊国, まるで主人公本位, もうどうした, もともとお寺, もと十一人家族でした, やっぱり高麗屋, イタリア領だった, イヤだ, オツな, ゲボクを, コティの, シナリオだ, ナガス鯨の, ハヤルとか, ブウジバルです, ユダヤ人問題と, 一つぜひ, 一体馬なぞには, 一體馬なぞには, 丁度森, 丑の刻参りを, 中国人を, 事実ない, 京極左中様の, 今浜と, 今阿波三好党の, 他の, 以前何とか, 休憩室に, 何かと, 何かの, 何だか刑事さん, 何時行つて見, 停留場でございまし, 僕としては, 僕は, 僕も, 光る, 公園です, 勤王浪士の, 十一文甲高の, 危いところかね, 参詣の, 古くから, 場所が, 大店で, 大殿が, 大阪と, 奇妙な, 女子供だけで, 妙な, 安全で, 宵の口で, 家の, 小中の, 幻灯を, 幽霊屋敷じゃ, 幾多の, 店の, 張板で, 怖いぞ, 打撃の, 旅客が, 日新亭, 日本人が, 日焼けが, 昔代官の, 春行っ, 景色の, 暖かいん, 暖かくて, 月末払いだ, 果して快い, 柳沢の, 機関室へ, 毎年鱒時にはは, 水の, 水利が, 水道工事の, 海流から, 深い檜谷, 無数の, 無電連絡が, 犯人と, 猶光る, 画いたこと, 痛いもん, 石だ, 石みたいな, 空気の, 米連主力艦隊の, 純植物学, 美男桂の, 老人ばかり, 自分も, 船倉じゃ, 蔵屋敷で, 薬種屋ばかり, 虎の, 言わば精神統一, 身に, 追剥強盗が, 逆茂木の, 通り道では, 遊牧民の, 道から, 酒と, 酷い瘠地, 金ばかり, 鉄管が, 随分大きな, 難有, 電車の, 霊屋だ, 静かで, 静かである, 面白いナ, 頼みに, 風儀が

▼ あそこまで~ (93, 4.0%)

7 行けば 3 行くと, 行って 2 いらっしたらこちら, 落ちて, 行きました, 行ったの, 運んで

1 [70件] いきつけないの, いって, きつい心, その草履, そんなこと, とどきますよ, なった人, のぼって, もつて, やって来たもの, やれると, エグリ付けられた, オート三輪車を, キレイに, コナシ付け, ダラシなく, ナマナマしく, 一人で, 上って, 入つて, 六七百米ある, 冷酷に, 出かけたこと, 出かける時間, 初めての, 参れば, 堕落し, 往って, 押し進めて, 担ぎ上げるの, 持ちこたえたもん, 持って, 旅を, 来た, 来て, 来るならば, 来るなんて, 案内し, 歩いて, 気ちがいに, 洗練し, 漕ぎ着けたもの, 煎じ詰められて, 用心し, 癩菌は, 登つてそして, 着物を, 破って, 私の, 窮乏する, 立直ったの, 節ちゃんを, 自動車着けたら, 行かねば, 行きたい, 行つ, 行つたら, 行つて見よう, 踏み込んで, 身共が, 辿りついて, 逆上させ, 通して, 通じたん, 連れて, 運んだの, 闘えた, 降りて, 飛び出して, 飛んで

▼ あそこ~ (92, 3.9%)

4 ごらんなさい, 見ろ 3 歩いて 2 ご覧なさい, 引きはらって, 見たまえ何, 見て, 通って, 飛んで

1 [69件] お借りいたし, お歩き, こうと, ごらん, 一人で, 今少し, 今日は, 出たに, 列車が, 削ったら, 去ったこと, 去つて來, 去りたがらないん, 取れば, 売ったからって, 売って, 売るど, 売れば, 大切に, 尋ねて, 少しこ, 御覧なさいまし, 御覧水引よ, 掘ると, 探って, 早く取っ, 根城に, 歩いた時, 洗って, 流れて, 渡るの, 滑つてやらう, 漂って, 畠に, 知らない人, 立派に, 脱ける, 舞台に, 船が, 行くじゃ, 西から, 見たまえ, 見なよ, 見ること, 見ろよ, 見給え, 見詰めて, 読んで, 読んでからは, 調べに, 買って, 越えずにゃ, 越えるの, 辞めた理由, 通ったチンドン屋, 通っては, 通つて来た, 通らなければ, 通られた時間, 通りかかったが, 通りかかった時, 通りがかった, 通るたび, 通るとき, 遣つて, 選んだの, 選んだん, 飛出して, 駆けて

▼ あそこには~ (72, 3.1%)

2 私一度

1 [70件] あのやう, あるでしょう, あれより, あんな大きな山鳩, いったい何, いないで, いま誰も, お前さんに, すてきに, それは, たいてい女学生, だれ一人, とにかくあの, なにが, もういない, もう少しキレイ, もう足踏み, アズマヤに, グルゥバッハさんの, テレーズ人形を, バッジが, バルチック海が, ベッドは, ルリが, 一空和尚という, 不思議が, 人は, 何度も, 刑事さんが, 別な, 十五人ばかりの, 十八九の, 厳しい裁判所長, 古い木, 名高い鉄眼和尚, 婆さんの, 官の, 小さな舞台, 居なかった筈, 屏風が, 役所が, 戯作性が, 故郷の, 斧が, 昔から, 暗号の, 樂燒の, 気味の, 水底に, 渡さんという, 潜水夫は, 火薬庫が, 熱帯の, 燈台が, 牢番が, 理想の, 生死を, 生活が, 畑すら, 秘密探偵が, 米が, 良人を, 行かれやしませんよ, 表現せられ, 計画だけが, 試験的に, 貫属が, 長くおりました, 雇人として, 雇婆あ

▼ あそこから~ (70, 3.0%)

1 [70件] あかりが, あそこまでと, お前地獄谷へ, でたりは, でも, とびおりるん, ならお父さん, なら台所, はいったの, はずされて, はねたの, よっぽど離れた, われわれは, サンタ, タクシーで, ベンチまで, 丈夫な, 三百人傭っ, 上つた, 下りられるん, 中へ, 二三町くる, 五百フランという, 俥で, 入ったの, 入って, 入つて, 八丁堀まで, 出て, 出入なす, 出入りいたします, 出発した, 又清滝行, 向こうの, 四方を, 夕靄の, 外へ, 大至急, 山へ, 峠を, 左の, 引き返して, 強いガス, 投身すれ, 抜け出したの, 抜け出して, 探ると, 数百里離れた, 昇るし, 様子を, 歩いたの, 死骸に, 決して実際の, 洲崎の, 現れて, 田町へ, 皆さんが, 目付けられた, 石が, 縄を, 致します, 虫が, 見渡した千曲川, 覗けば, 逃げたに, 逃げたの, 金石の, 飛び出すかも, 飛び降り自殺, 高張が

▼ あそこでは~ (56, 2.4%)

2 学生達は

1 [54件] あのとき彼ら, あの華やか, いつも一所, お客様を, きっととてもきれい, こんなもの, こんな話, せいぜい六マルク, その地方一帯, それぞれの, ただ各々, たった一日, どっちを, なまじな, のっぽの, よくガチャ蠅, よく観察, よそ者では, りんだう, 一つ余分に, 一時に, 人は, 人間が, 仕事の, 何日もの, 光りに, 割に自由, 塚と, 子供達は, 学生が, 実際に, 張り合ひ, 斯う, 易々と, 昼の, 時間は, 朝も, 林田が, 毎年の, 毎日烏に, 生産機構や, 自らを, 芸術と, 落ちつけなかつたらうし, 話が, 誰かが, 誰よりも, 買い物を, 遣つて, 部屋の, 鏡を, 頭が, 食べ物が, 飲めない

▼ あそこ~ (53, 2.3%)

2 よかろう, 千日前だ, 好きな, 開くの

1 [45件] あの祈祷, あんなに面白, い, いい, いちばんあやしい, こういけない, この小説, すずらんと, すゞらん, その風, ちょうど北極, ちょっとむずかしかっ, どうしてスキー, どうして好き, どんなに穢, また可愛い, まだその, まだ節ちゃん, やっと海, よかった, 一人以上の, 両国だ, 丸ビルか, 八幡の, 北の, 唯一の, 噴火口だ, 太平洋だ, 小僧の, 己には, 我輩は, 敵の, 早く気, 明神坂だ, 母胎と, 気に入って, 永住の, 火星の, 相亀, 真中で, 身を, 軽い, 長い伝統, 面白いと, 魔の

▼ あそこにも~ (26, 1.1%)

4 こ, ここにも 2 語る人

1 [16件] ある, ここに, たくさんございます, ひとりいる, アルプスの, 大ぜ, 姑が, 張出して, 月が, 此處にも, 水晶の, 竹の子, 薬屋が, 見える, 誰かが, 銭という

▼ あそこなら~ (23, 1.0%)

1 [23件] おれも, こいつだって, すこしは, たくさん馬車も, どんなにこの, ば人眼, ば物音, ば邸内, 一時間で, 何か, 何時でも, 化物が, 外から, 大丈夫だ, 妾知つ, 息が, 神聖視し, 穏やかで, 薯も, 誰憚らず, 閑静だ, 陽の, 静かで

▼ あそこ~ (17, 0.7%)

91 おれの, から直ぐ, て, な, ほらあの, よと顎, よ全く, わ

▼ あそこ~ (15, 0.6%)

2 ここも

1 [13件] いけませんねえ, うめえな, お父さんが, ここもと, ここもという, まずい, もう煙, よく知ってる, 三高の, 今では, 何でも, 旗だけ, 違う

▼ あそこへは~ (12, 0.5%)

2 おいでに 1 まあ世の中, 一度も, 僕も, 先へ, 全然もどっ, 帰られん, 断じていらっしゃいません, 置いて, 行かれない, 行きたくないでしょう

▼ あそこ~ (12, 0.5%)

2 もあの 1 が, がいい, が大阪, が東シナ海, の地名, の海, の猫, の駅, は丹尾姓, は昼

▼ あそこ~ (10, 0.4%)

3 らは 2 らに 1 らが, らで, らには, らの, らまでは

▼ あそこまでは~ (8, 0.3%)

1 なかなかけわしく, まだ調べ, 丁度二十四秒しか, 入つて, 大変だ, 細い道, 行けません, 行つ

▼ あそこです~ (7, 0.3%)

41 が, の, 今井兼平の

▼ あそこでも~ (7, 0.3%)

1 こ, ここでもという, しかたが, もうちや, 今ぢゃ家内ぢ, 宇宙艇と, 見物人は

▼ あそこじゃ~ (5, 0.2%)

1 三万も, 出戻り娘が, 新型の, 時々なんだか君, 飯たき

▼ あそこ~ (5, 0.2%)

1 の, のどおり, んだ, んだろう, んです

▼ あそこからは~ (4, 0.2%)

1 今は, 向島の, 洋行の, 洗面所は

▼ あそこだけ~ (4, 0.2%)

1 でふしぎ, 真黒に, 見残した, 見落した

▼ あそこでの~ (4, 0.2%)

1 ことさ, やうに, 事の, 出来事を

▼ あそこあたり~ (3, 0.1%)

1 から商売, がいただき, はもう

▼ あそこだけは~ (3, 0.1%)

1 どんなこと, よし, 誰も

▼ あそこ~ (3, 0.1%)

1 あそこの, いっても, 私は

▼ あそこまでの~ (3, 0.1%)

1 ところの, 予定らしく, 高さ

▼ あそこ~ (2, 0.1%)

1 ここか, ここかと

▼ あそこここ~ (2, 0.1%)

1 と家, に隠した

▼ あそこだった~ (2, 0.1%)

1 の, んだ

▼ あそこ~ (2, 0.1%)

1 や毎晩, や組合

▼ あそことは~ (2, 0.1%)

1 いったいどこ, 実は気

▼ あそこにゃ~ (2, 0.1%)

1 あお前, あ朝

▼ あそこのね~ (2, 0.1%)

1 あああという, 上原さんあそこのね

▼ あそこばかりは~ (2, 0.1%)

2 二度ともう

▼ あそこ~ (2, 0.1%)

1 あそこや, ここで

▼ あそこより~ (2, 0.1%)

1 ほかに, 外に

▼ あそこら辺~ (2, 0.1%)

1 いったいに, の海

▼ あそこ~ (2, 0.1%)

1 はなれ, 好いところ

▼ あそこ~ (2, 0.1%)

1 戻らなければ, 行かなくては

▼1* [54件]

あそこあたし行ったのよ, あそこあの樹の, あそこかなあの絵葉書, あそこかも知れない, あそこからずつと歩いたもの, あそこからというあの橋, あそここそ足跡が, あそこしかねえん, あそこそれからここ, あそこだけでも独立し, あそこだっあそこに, あそこだろうが地下室, あそこぢゃいつでも種を胡麻化, あそこって何処川原かい, あそこであったことに, あそこでしたのです, あそこでばかり遊ぶの, あそこというふうに, あそことても綺麗だった, あそこなどでは夜の, あそこなら出ようて前, あそこなら泊まれるさ, あそこなればこそそれ, あそこなんか襖が, あそこなんぞはあれ一人, あそこなんぞを飴玉に, あそこなんにも無しっちふやァ, あそこにこそ小さく貧しい庭, あそこにだけ悪魔が, あそこにつれ出さなければ, あそこにねお嬢様あの, あそこじゃまた, あそこのやお屋, あそこはかべに鏡を, あそこはずゐぶん, あそこへばかりは妾は, あそこへも行ったこと, あそこまでしかなかった, あそこまでと頭に, あそこまでへはやられまい, あそこあそこよ, あそこよりかもっと淋しい, あそこらしいって話, あそこをこそ観て, あそことこを, あそこ一ヵ所に総がかり, あそこ今朝はここ, あそこ以外にはありません, あそこ位自分に適当, あそこ少し行くと, あそこが空いた, あそこ涼しいのよ, あそこ神崎はいま, あそこ空気が籠っ