青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あすこ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あける あける~ ~あげ あげ~ あげく~ ~あげた あげた~ ~あげる あげる~ あした~
あすこ~
あそこ~ あたかも~ ~あたし あたし~ ~あたり あたり~ ~あたる ~あちこち あちこち~ あちら~

「あすこ~」 2142, 23ppm, 5005位

▼ あすこ~ (486, 22.7%)

12 いる 11 いるの 9 あるの 8 立って 7 見えるの 5 人が 4 いたの, いま笛を, ゐるの 3 とまって, 住んで, 何か, 変な, 行って

2 [24件] あつた, いた, いて, いるよ, いるん, いれば, おいでです, お前さんの, 並べて, 入って, 大きな黄色, 女が, 寝て, 居る, 椅子も, 止まって, 水が, 見えて, 見える, 見えるあの, 誰か, 隠れて, 雷竜が, 鸚鵡が

1 [359件] あすこに, あった大きい, あって, あのピンク色, あの小僧, あるいくつ, あるちょっと, あるはさみ, あるもの, あるわ, あるん, ある声, ある情感, ある洋, ある湯槽, ある玉子焼, ある玉子焼き, ある車, ある金, ある金山, ある駕, ある魏, あんな兵たい, あんな女, あんな燦きが, いいもの, いたかしら, いたからには, いたこと, いたという, いたんだよ, いた囚人, いた御作, いた時, いた時又父, いなかったの, いました, いました時, います, いやな, いりゃ出る間際, いるうち, いるお, いるから, いるじゃあねえか, いるそして, いるだ, いるだろう, いるという, いるに, いるね, いる二人, いる女達, いる奴, いる支那人, いる蛾, いる間, いる頃, いる馬, うかぶ黒, うわおいぐつ, おおぜ, おしやもじが, おちて, おります安本亀二郎, お出でなされまする, お前は, お嬢さん一人ぼっちな, お安, お役所, お湯屋, お祖父さんが, かかって, かけて, きたない一軒立ち, ぐるりに, こんもりした, して, しようここ, すばらしい狩野家, すわって, そのお, その死んだ, そばへ, たくさんある, だいぶ新刊, だれか, だれかいます, ちゃんとあった, つかって, つく頃, つないで, とぐろを, どくろ, ないという, ないん, はいらなくちゃ, はおりませんよ, ぶらさがってるランプ, ほら, まだ, まるめろといふ, みえるりんご, むかって, もう一つ, もとお, やあな, やどりぎ, やはり短い, よく鰐, われわれの, ゐたと, ゐても, ゐやしないもの, ゐるあの, ゐるで, ゐる人, ゐる外国人, ゐる子, ゐる支那人, ゐる馬, アドバルンが, デビスさんが, トンネル通さう, ナイフが, ネーム, ヒラヒラし, プリンス, プレアデスが, プレシオスが, ペスが, ホンの, ボートが, ボールが, ランプを, レントゲンは, 一つあかしが, 一と, 一ぴきゐる, 一人の, 一件らしい, 下の, 不准怪声叫好, 並んで, 事件が, 二つある, 二人っきりだ, 二人で, 二年ここに, 云われて, 五六十軒も, 人の, 今まで, 位牌が, 住ふ, 住まって, 住むの, 住める住んでも, 何を, 供待ちを, 保が, 倒れて, 先祖の, 光ってるの, 光るもの, 入る鍵, 入れたこと, 入れる気, 入口が, 八十ばかりの, 出かけて, 出ては, 勤めて, 十二年おりやした, 吉川さんの, 向うの, 君に, 吠えて, 咲いて, 在り佃, 在る, 坐ったころ, 坐った刹那, 坐って, 坐ってて, 堂の, 塔を, 大きなお, 大きなキューピーさん, 大きなブルフログ, 大きな坊さん, 大きな樹, 大丈夫着い, 大変滑稽な, 女人と, 娘が, 娘とともに, 婆らしい, 子供が, 孤児が, 寄って, 寢て, 寺が, 小さく, 小さな小さな雲, 小ねずみ, 小田切大使までが, 少し空き地, 居たらやつぱり妻君, 居たん, 居ましょうで, 居ます, 居られたの, 居るあの, 居るじゃあ, 居るぢ, 居るの, 居るよ, 居るん, 居る二人, 居る髭, 山が, 山路と, 店の, 廊下の, 建ってるでしょう, 建つもの, 引っぱり込んだんで, 彦, 待たせて, 待って, 心中が, 息子は, 憩んで, 戸を, 投り込んどき, 捨てて, 掛つてる, 斎藤老人の, 旗が, 旦那様が, 昼の, 晒首に, 曝さして, 書いて, 木戸が, 李が, 来て, 桑を, 椅子が, 椎の木の, 橋が, 欠員が, 死んだウェッシントン夫人, 残って, 残るとしましたら, 水の, 泉が, 泊まって, 泣いて, 渦巻を, 温泉の, 滞在した, 灘の, 火が, 火の番の, 火事が, 烏でん, 照之助が, 燃えて, 物は, 玄関が, 生れて, 生れ変って, 男の子が, 画が, 登り規則違反, 登ると, 白いかもが, 白い雲, 白く細くちらりと, 白痴が, 百町歩ほどの, 真赤に, 眠って, 石の, 砂場という, 砂烟が, 祀って, 私の, 立ちどまって, 立ちどまつて, 立ってるん, 立ッて, 竜閑橋て, 符号が, 籠もっ, 紅屋の, 紙芝居屋が, 素晴らしい送受信機, 綺麗な, 置いたの, 置いて, 置いといては, 置いとくこと, 置物の, 美しい娘たち, 群った, 腰を, 自動車が, 船が, 若いきれい, 若い男, 英語を, 落ちて, 葡萄酒も, 虎が, 行った時, 行つた, 行つたら, 見えます, 見えますの, 見えまする一本, 見えるあれ, 見えるだらう, 見えるで, 見えるよう, 見える二階作り, 見える焼けビル, 見える赤い, 見世物が, 誰かいます, 赤れんがの, 赤髯の, 路の, 近づかないこと, 這入ってるから, 遠く見える, 遠峯が, 金曜日が, 金色の, 鉄砲が, 銭湯も, 長徳院, 門の, 陣どって, 陥ったの, 隠れたん, 雇わしてやろう, 青い灯, 青猪, 静養し, 頑張って, 頭を, 飼って, 骸骨島の, 高い草山, 鮹が, 鯉が

▼ あすこ~ (395, 18.4%)

6 家に, 家へ 5 家は 4 家の, 岸の, 野原はなんて 3 家には

2 [16件] うちの, お婆さんと, きのこは, ところに, 乾草は, 前を, 割合上の, 山の, 山は, 崖で, 方が, 田は, 田はねえ, 石の, 親方の, 隅に

1 [331件] あの手, あの礼拝堂, あるじから, あればかりの, あんころ, うちまで, うなぎ屋の, おくらには, おっかさんや, おばあさんは, お墓, お大師さま, お婆さんは, お師匠さん, お店, お座敷の, お役人, お父さんが, お鮨屋, かたそぎ, かまぼこうまい, かみさんが, きよちやん, くだりばかりが, ことだ, ことは, ことを, つくばひ, つめたい板, てつぺんが, とこが, とこへ, ところがたま, ところは, ところへ, ところまで, とつつきに, どこかね, はわるい, は土地柄, もみじは, アンマは, カマドの, ガラス入れた, サンドウィッチとても, テーブルは, デパアトメントストオアね, ビフテキは, ベンチに, ホテルでは, マダムは, 一番う, 一角に, 三つ二つ三つ二つは, 三畳の, 三等なんか, 不二家へ, 丘で, 丘を, 中庭の, 主人に, 主人や, 乳母に, 事務は, 事務員は, 事務室で, 事務管掌と, 二階から, 二階には, 二階は, 交番に, 交番は, 亭主が, 亭主は, 人が, 人たちには, 人は, 住人でし, 佐藤という, 侍とでも, 偉い和尚, 側に, 兄さんは, 先の, 入口に, 入口の, 八幡様へ, 内の, 冷めたい大理石, 処に, 分かれ道の, 刑事の, 前をと, 前後の, 博品館の, 原っぱに, 受話機を, 古道具屋に, 右側だった, 君達の, 品物が, 嚊は, 囚人は, 四つならんだ, 団子を, 土を, 土地に, 土間で, 地下室は, 地面を, 坂なら, 垣根から, 場面の, 壁が, 壁に, 壁を, 外科の, 大欅, 大福は, 夫婦も, 奥さんが, 奥さんの, 奥さんは, 奥方は, 女の子が, 女は, 女中さんが, 女房の, 奴らの, 娘が, 娘さんが, 娘さんは, 娘なら知っ, 娘に, 娘を, 婆さん此処の, 学校の, 学校へ, 宅の, 宅は, 家から, 家では, 家なら, 家のだ, 家まで, 家みんな変っ, 家を, 富蔵さんは, 寮へ, 寺内に, 小倉組の, 小屋さ, 小屋には, 屋根の, 山に, 山を, 山林を, 山甚と, 岩の, 岩惣という, 峠を, 川口へ, 工場に, 左側の, 差別待遇は, 市長は, 常連な, 広間へ, 床の, 床を, 床屋で, 店で, 店の, 店は, 店へ, 庭先, 廊下の, 引抜きを, 役員に, 往来に, 往来を, 御堂の, 御客さん, 御馳走が, 応接間で, 息子が, 或る, 所へ, 所を, 払いは, 投込みへ, 持家で, 持船以外の, 揚げ蓋は, 料理は, 方で, 方です, 旅館に, 明いところ, 明るいところ, 暗い板塀, 曲り角の, 木の, 木のね, 木の下で, 木の下に, 松の, 板塀を, 林を, 柳にでも, 校長さんは, 格子から, 桜は, 梅見, 梯子段を, 棚には, 森の, 椅子にかけて, 椅子へ, 椅子番の, 楽屋で, 構え内の, 様子が, 横町で, 横町に, 橋の, 水の, 水盤へ, 水門の, 水面へ, 池で, 池に, 沼ば, 泉地を, 混雑には, 渦巻の, 湯は, 瀬の, 猫白無地ときてる, 猫眼石の, 生徒は, 生活を, 町会の, 病気の, 盛りを, 目白の, 石垣の, 石炭の, 石炭は, 硝子のは, 社長も, 祠に, 福和戸の, 稚児にも, 稜ある, 穴に, 空き地へ, 空気と, 突き当りです, 窓から, 窓に, 窓へ, 筆を, 築土, 籔の, 線路下に, 縁の, 羊歯の, 美しい樹木, 群の, 舍監に, 芋粥は, 花壇を, 芸術は, 若い婦人, 茶屋なら, 茶屋まで, 茶店に, 草の, 葛西さんを, 葭簀張に, 藤沢に, 裏あたりの, 裏を, 裏手に, 製作の, 西側にも, 西尾様お, 西洋人の, 見番で, 親分です, 親指の, 角で, 誰に, 誰袖という, 谷で, 谷底は, 赤い柱, 趣味が, 趣味は, 踏みいるもの, 軒下に, 農夫の, 辺から, 道を, 部屋に, 酒場の, 野中に, 野良に, 野良にも, 釣好きの, 鉄格子の, 門の, 門は, 隅つこ, 隔から, 雑多性それの, 離室が, 雲へ, 電燈は, 霜融は, 風鈴草が, 食堂で, 餅に, 馬車から, 高い岩, 鰻めしが, 鳥料理に, 黒板塀が, 黒田さんを, 黒白ダンダラの

▼ あすこ~ (241, 11.3%)

30 行って 5 行けば 4 出て 3 来て, 行くと, 行くん, 行ってる 2 いろいろ注文, きて, ぼくしるしを, 入って, 嫁に, 寄って, 行くの

1 [176件] あらわれたらさ, あれほど, いって, いつたつて, いらし, いらっしゃい, いらっしゃるの, うるさいとき, おいでなさいます, おせんが, おつれ, お行きなさい, かえそう, かかるん, くれるくらい, こいよ, すわりましょう, ちょうど折, ちょっと屏風, ついた, ですか, はいって, はいり込むところ, はいると, ひっこして, ほして, まわったかと, もうお, やったの, やって, やってきた, やってくるの, ゆかなければ, よく飯, よりつけないよう, バク弾を, 一う, 一人置かれる, 一晩泊った, 一杯国を, 上って, 上らねえと, 下りて, 世話し, 二三日逗留し, 人間を, 何か, 來る, 先刻の, 入らなかったら本当, 入らぬ様, 入れて, 入れること, 出かけて, 出かけます, 出たらおまえさん, 出ちや, 出るの, 出るもの, 出入りする, 割り込んだぢ, 四十円の, 埋めて, 墓参りには, 大きな蟇, 奉職を, 奥さんを, 寄ったらこのごろ毎晩, 寄ったん, 帰ること, 建つの, 廻りますから, 引かけて, 引越すとき, 御案内おし, 御移り, 忍んで, 忘れて, 応用し, 惚れたん, 拵えて, 持って, 捻じ伏せて, 文化が, 斧を, 早くお, 昇って, 映ると, 時々客, 普通の, 来かかつたの, 来たなという, 来たの, 来ちゃ, 来ては, 来ないか, 来るでしょう, 来ると, 江戸から, 湯場を, 漬けて, 漬ったら, 現れるなんて, 生れると, 用意を, 畳を, 登るん, 皆で, 私達の, 立ったと, 立てたの, 舞ひあがり, 落ちたの, 落ちたら大変, 落ちるの, 落着きましょう, 葬られて, 行かない方, 行き, 行きましょう, 行きましょうどんな, 行きましょうよ, 行きます行って, 行きませう, 行きやすんで, 行き掛ると, 行くあの, 行くこと, 行くちょっと, 行くなァ, 行くまでに, 行くまでの, 行くよう, 行く度, 行く時, 行く気, 行く筈, 行く連中, 行け, 行けますか, 行けるん, 行こうって, 行こうと, 行ったこと, 行ったって, 行ったところが, 行ったの, 行ったらわかるよ, 行った当座, 行ってから, 行つたら, 行つてきい, 行つてる, 行つて見よう, 行つて見る, 製粉場の, 調べに, 走って, 身を, 軍兵の, 転げ込めば, 送られるん, 逃げ込んで, 連れては, 遊びに, 運送が, 釘を, 閉じこもると, 閉籠って, 集まって, 電話を, 顔だけ, 飾ったん, 馬車を, 駈けつけて, 駈けて

▼ あすこ~ (189, 8.8%)

3 あの夏中 2 よく日, 伝って, 別世界で, 去年の, 古い沖積扇, 山の, 暗くて

1 [172件] あなたがたも, あなた妙な, あの夏じゅう, いいところ, いかにもあすこ, いくらでも, いけないな, いけないよ, いけねえ, いつも沖, いりくんで, いろんなもの, うんとお飾り, おまえの, おもしろいよ, おれの, お山の, お父さんが, お通り, このごろ役人が, この先, この長屋, ずっと以前明進軒, そういう他, そうね, その以前医者, そんなこと, だめかも, だめだろう, ちっとも変っ, ちやうどまがり, ちょっと具合, つまらないでしょう, とてもあった, どうした, どんな村, ぬけ出て, また一倍立派, まるで小, みんな魔窟にか, もういや, もう人, もう何年, もう入れまい, もう南京町, もう廃め, やっぱり素通り, よく二階, よした方, カンづめになり何週間の, グリーンランドだ, ゲー・ペー・ウの, ドダイ女が, ヒドかった, ベンベンサオヤウコンライバン, ムーラン・ルージュの, ヨーロッパの, ルーズだ, 一人です, 一方畑, 一番酷い, 丁寧な, 三上於菟吉氏も, 不健康で, 事務所の, 事故の, 二重に, 人の, 人目が, 人足の, 今年が, 今幾人い, 以前長い, 任地から, 何かい, 何となし, 何處, 余りいらしたこと, 余り床の間, 僕たちの, 先輩の, 全部売却し, 化け物屋敷か, 十一時じゃ, 南が, 古いお家, 古いカフェー, 可恐い, 名代の, 君古い, 嘉門次が, 夏の, 夏は, 夜だけの, 大分前から, 大川近の, 大正末年まで, 好いところ, 妙な, 存外暮れ, 安うて, 実に名文, 宿屋は, 寒い処, 寮よ, 川添いに, 工合が, 廓の, 往来だ, 後に, 後楽園スタジアム九月開場予定として, 必要ない, 掘切, 新九郎さんが, 新秋九月の, 新聞記者の, 日本の, 日本語も, 明るいので, 昔聖マリア館と, 時々身投げ, 普通の, 最近引き払いました, 本当に妙, 栄さんが, 椅子です, 樹木が, 此処とと, 水の, 海軍地区でした, 涼しいからな, 渦を, 潮さんという, 濡れて, 父兄が, 狭い通り, 生徒の, 田や, 病院だけは, 登れそう, 真昼間ゆく, 私たちの, 私にとって, 私達の, 秋に, 秋の, 窓が, 米国地学協会の, 糞船の, 紫外線の, 線路が, 締りを, 締切つて誰も, 聖天さまが, 能率増進の, 自由で, 良い仕事場, 芝居で, 薩摩屋敷と, 裏門から, 軍人が, 遠いです, 金持の, 鋳鉄で, 防空地帯の, 隠居地です, 非常に, 風致地区な, 駄目でした, 鶴さんの, 黒い転石, 黒門町を

▼ あすこ~ (137, 6.4%)

2 しばらく木炭, 一生を, 見て, 魚釣りを

1 [129件] ああいう, あの旦那様, あの白魚, あの羽衣, あれらの言葉, おみやげに, お別れ, お待ちし, お目, かなしく漂, きれいな, こういう程度, ことこと云っ, この間五人ばかり, ごぜえます, すぐ西巻, すっかり財布, そんなこと, ちょいと, とりあげられて, どんなこと, なんだ, ひろったと, もつて, よむでしょう, わかれちゃったでしょう, キスした, スチュワートたちと, トグロを, ネ, ハムを, フットボールの, ポートサイドから, モウ一度俗腸を, ラッコの, ルージュを, 一つ滑ったら, 一ツ桜宮から, 一体どんな, 一服すっ, 一杯も, 一杯やりかねない, 一閃する, 二三人の, 二人で, 二人切に, 五ルーブリここで, 人が, 仆れた, 今にもあなた, 今ダーウィン, 会おう, 何を, 俄に, 俺らあ, 働けるか, 写真を, 出合ったもん, 出来るだけ, 出逢って, 初めから, 勉強しなさい, 勉強ずき, 動いてるの, 北京に, 占て, 去年骸骨を, 呼ばれると, 呼んで, 商売を, 喧嘩した, 夫婦喧嘩を, 奴隷あがり, 始めから, 始めてナオミさん, 寝たん, 小鷹狩, 年を, 弁当を, 弥次郎兵衛喜多八の, 待ち合せて, 待って, 打ちました時, 打つの, 抜いた白金, 掘って, 時姫の, 暮す必要, 書いたん, 梅月の, 歴史文学の, 死んださうですよ, 死んだそう, 死んだのね, 泣いてるん, 泳ぐと, 深められたもの, 源蔵と, 狸が, 生れたの, 生活の, 男を, 皆し, 真白に, 秋から, 立ち話を, 笑われて, 素晴らしい酒宴, 聞くと, 聞けば, 育てて, 自分の, 自分達の, 船を, 芸者屋を, 蕎麦の, 見えなければ, 見かけるって, 見掛けた西一郎, 話して, 語り切れなかったこと, 買った馬, 逢ったのね, 酒を, 電気を, 非常に, 食べたよ, 鳴らして, 鷹狩を

▼ あすこ~ (101, 4.7%)

2 御覧なさいまし, 見ろ, 読むと, 走って

1 [93件] いやがった理由, えらんだの, お部屋, ごらん, ごらんあんなに, ごらんあんなにぴかぴか, ごらんに, ご覧なさい, すまして, ずっと山, つけて, つめろと, どうしてここ, どこやら, ねらって, のぼって, のぼるとき, まはる, もっと行く, やまと, よく見, よく見物, よんで, パチン, 下ったの, 二三丁通る, 人が, 借りること, 出ちゃ, 出て, 出るでしょうと, 切れと, 利用する, 削るお, 削れと, 動かないつもり, 取られては, 取り締って, 埋め立てて, 塞がないと, 守ったが, 平らげて, 店に, 引き払って, 御存じな, 御覧な, 御覧なさい, 心掛けて, 忘れ去る者, 息子さんの, 手入れしたら, 抜けて, 持つて, 掘るの, 新らしい, 歩きながら, 残して, 牢の, 狙って, 真直に, 立つたならば, 立てれば, 考へながら, 肯定する, 脱け, 自動車で, 見たまえ, 見たら, 見た人, 見て, 見ろどう, 見ろよ, 見張って, 観ないで, 調べること, 越して, 逃げて, 通ったが, 通ったばかり, 通ったら石, 通った日, 通って, 通つて来る, 通らなければ, 通りかかって, 通りかからなかったらなんにも, 通り抜けると, 通ると, 通る人, 通る毎, 避難所に, 飛び出して, 飛んで

▼ あすこには~ (95, 4.4%)

2 坊主が, 悪御家人, 葛飾北斎が

1 [89件] あるの, あれで, いい紡績工場, いかなる人, いったいどういう, いないのね, いられないあすこ, いろいろな, お歴々の, くらげが, このごろまきが, このごろ本物が, こんな別嬪さん一人, ざくろの, そのよう, だれが, だれも, つくしや, ほんとうに, まだ昼, まだ騎士道, もうホント, やぶうぐいす, わたしどもの, オハグロドブが, コタツという, フーラー博士が, ラジオが, 万に, 中以上の, 二段に, 人が, 人に, 今どんな, 今夜も, 今日も, 住めないと, 何といふ, 何とかいう, 何とかいふ, 僕の, 君の, 営林署関係の, 大火鉢, 大理石の, 妻の, 姉も, 娘さんの, 子供が, 学校も, 山が, 平太夫, 幽霊が, 幾ら居た, 必要な, 恐しく大きな, 悪強い, 慥かに, 懐しい小, 技師や, 昔仕置き場が, 木戸の, 林町になど, 気ちがい, 気の, 決してあなた, 汽車は, 河岸へ, 洗湯も, 灰吹きがない, 熔岩の, 父が, 玉川の, 私の, 私を, 結構な, 自動車が, 行きしぶりますわたし, 行きたくありませんから, 行きたくないひどく, 見えませんよ, 親しい山, 通いつけ, 金田と, 雪の, 青い霧, 顕微鏡を, 高い空, 鼻だけが

▼ あすこから~ (70, 3.3%)

4 出て 2 いっぺんにここ, 出さして

1 [62件] あんなに血, いっぺんにこ, いつぺんに, お這入り, かかれて, こっちの, こつちへ, そっとはいっ, そんなもの, でいい, では, どちらへ, へんな, みこしを, わたしの, コーカサスで, ジェコブ・マアレイの, ブラ, 一停留所も, 三段目殿中の, 下りていらしった, 乗るん, 入って, 出たり, 卓と, 外が, 大幅の, 宇木村へ, 富士が, 尾根を, 引きまわしの, 往復も, 徒歩って, 抜け出して, 拾って, 指で, 探海灯で, 来たっ, 来たの, 来るの, 来るよ, 此方へ, 水が, 池袋へ, 汽車に, 沼へ, 浦塩へ, 渋谷へ, 落ちこんだに, 落ちたん, 行けるところ, 逃げ出した意向, 遁げ出す, 雲が, 電話で, 電話線を, 電車で, 風が, 飛び下りるん, 鴎外の, 麦の, 麻酔薬を

▼ あすこ~ (63, 2.9%)

2 ほんたう, ほんとうの, 水戸だ, 空いて, 違って

1 [53件] あなたの, あれ丈蒙っ, いいと, いいねと, いいよ, いかにもめ, いちばん弱い, いやだ, おばあちゃん, すなわち当, つまらないん, どうしても近い, どうだ, のこり従って, もう少し広い, もう水道橋, カステラマレと, ゲロン・リンボチェの, コルシカ島, 一つ空い, 一寸愉快, 一番いい, 一番好きだ, 分ること, 厭で逃げ, 又どうでしょう, 取りつぶされちゃったら今後, 哲学それから, 大変涼しい, 大阪かね, 安藤阪, 張りたての, 摩耶夫人様でございます, 料理屋だ, 昨夜の, 朝顔屋敷か, 本当に安全, 本街道, 本音で, 次の, 武田でも, 淋しくなるだろう, 演戯小屋でありました, 濠の, 生家です, 老師の, 良かろう, 見物な, 赤道と, 踏切だ, 透いて, 鎮守だ, 開いてるから

▼ あすこまで~ (51, 2.4%)

3 行くと, 行けば

1 [45件] きたの, さへ, とにかく降りましょう, どのくらい, のり出したのに, ひっかえして, むす子, ゆけるに, カメラが, 一飛びに, 二時間かかるでしょう, 何日かかる, 出張って, 参って, 国策を, 大分有っ, 学ぶという, 幅が, 徹底し, 持ちこたへて, 昇れば, 書いたの, 歩くの, 漕ぎ付けたん, 登れるよ, 突込んで, 育つて, 落ちこんで, 行かう, 行きゃあ, 行くうち, 行くの, 行こうたあ, 行った, 行ったん, 行って, 見物を, 送って, 送っては, 逃げて, 運んで, 遠のいて, 開くと, 飛んで, 高あく

▼ あすこ~ (26, 1.2%)

2 陰気で

1 [24件] ありませんし, ここもと, すっかりありません, すっかりかわりました, ずっと女中さん, どうなる, やめたいと, 今社債問題, 仮普請, 出て, 割に, 危険地帯です, 夏ばかり, 大きくした, 淋しいです, 焼け屑, 経営難で, 見える, 買った方, 近ごろは, 近年は, 金が, 金だの, 駄目だった

▼ あすこ~ (21, 1.0%)

7 らの 4 らは 2 らで, らを 1 らが, らしか, らに, ら一帯に, ら見物し, ら辺は

▼ あすこにも~ (21, 1.0%)

2 ここにも

1 [19件] ある, あるここ, あるよう, し四階建て, やって, やはり一種, ダイトクモツコが, バッジが, 五つ飛ん, 今まで, 何か, 働く女, 吾輩の, 有る, 此所にも, 現在飛ん, 美濃部学説打倒自由主義憲法学説禁止の, 金色の, 黒いもの

▼ あすこ~ (20, 0.9%)

73 あすこだ 1 からね, けれど, ぜ, とおぼろげ, な, なと内部的, な起き, よホラ, わあの, 当分は

▼ あすこなら~ (20, 0.9%)

1 [20件] お爺さん一人で, きっとあなた, きっと落, きっと読ん, そう遠く, たいしたもん, なんでもあります, ばと考え出す, みんなも, 人に, 僕が, 客が, 家の, 涼しいから, 物の, 知識階級の, 私たちの, 私よく, 空気も, 高が

▼ あすこでは~ (14, 0.7%)

1 [14件] いちばん心の, まだ本式, もうかまわない, ソレ黒が, 主人公夫婦が, 今頃蛙どもが, 協奏曲の, 囚人に, 女の子が, 恐ろしいこと, 悠吉さんという, 死んだ鮎, 興亜書房とか, 起こすと

▼ あすこです~ (13, 0.6%)

641 なと新し, ね, わ

▼ あすこへは~ (12, 0.6%)

1 [12件] あまり参りません, いかれない, おのぼり, やってこない, 上がれませんね, 云つてなかつた, 戻らない, 昔から, 決して行ける, 港を, 玉縁を, 行かない

▼ あすこ~ (11, 0.5%)

2 で釣竿 1 には余り, に旗, のこと, の椅子, の雲, は赤道無風帯, へん, へんで拝みます, を歩いた

▼ あすこじゃ~ (9, 0.4%)

1 あれを, いただけないのよ, この頃, ないかしら, 一文の, 分らない, 籠に, 都合が, 銭函に

▼ あすこ~ (9, 0.4%)

4 あすこと 1 あすこが, あるから, こことは, 同じよう, 同じ発行所

▼ あすこ~ (9, 0.4%)

2 とこを 1 とこ, とこさ, とこで, とこの, とこは, とこへ, ところがこう

▼ あすこでも~ (7, 0.3%)

1 この間赤ちゃんが, はあこれから, オデッサに, 人は, 何かの, 山椒の, 申し訳に

▼ あすこここ~ (6, 0.3%)

1 と考えめぐらし, にのぞき出し, に一粒, に席, に置い, を回想的

▼ あすこ~ (6, 0.3%)

1 かいたら三日休業, どの位, やつて, 書いて, 行っての, 高めて

▼ あすこだけ~ (5, 0.2%)

1 だ, なら安全, 埃が, 穴が, 風が

▼ あすこにゃ~ (5, 0.2%)

1 あ実に, 手ぐすねひい, 蚊が, 隠居ばかり, 電話なんか

▼ あすこ石炭袋~ (4, 0.2%)

4 だよ

▼ あすこ~ (3, 0.1%)

1 やあ家屋, や両方, や平

▼ あすこ~ (3, 0.1%)

1 のよ, んでしょう, んです

▼ あすこへも~ (3, 0.1%)

1 やってきたぞ, 眼を, 行って

▼ あすこまでは~ (3, 0.1%)

1 五里あります, 来られやしない, 牧場の

▼ あすこからと~ (2, 0.1%)

1 言わしっけ, 銭に

▼ あすこからは~ (2, 0.1%)

1 入れません, 道が

▼ あすこじゃあ~ (2, 0.1%)

1 お狗様, まったく何

▼ あすこだけは~ (2, 0.1%)

1 けつし, 父の

▼ あすこだけを~ (2, 0.1%)

1 注意し, 独立させた

▼ あすこだった~ (2, 0.1%)

1 しであるべきだ, と思う

▼ あすこだって~ (2, 0.1%)

1 いつまで, 私には

▼ あすこにや~ (2, 0.1%)

1 底に, 食う物

▼ あすこばかりは~ (2, 0.1%)

1 水が, 絶対に

▼ あすこまでの~ (2, 0.1%)

1 このまつ, ジャン・クリストフには

▼ あすこ~ (2, 0.1%)

1 動坂の, 春子さんほら

▼ あすこら辺~ (2, 0.1%)

1 だけあんなに, のちよ

▼1* [60件]

あすこああもう見えなくなった, あすこあすこああもう, あすこあの黒いの, あすこいい處です, あすこかと思った, あすこかも判らない往, あすこからの借金だけは, あすこがとおどろいて, あすこここ町の本屋, あすここそ頂上に, あすここそは軽く活, あすこさえとめれば, あすこしめ忘れたという, あすこそれから御雑煮, あすこそんなに持っちょ, あすこだけが劇作家に対して, あすこだつたやうに, あすこだろう店頭の, あすこってあの杉, あすこであったかというよう, あすこでござんす, あすこでござんすよ, あすこでして下さい, あすこでしたらきっと落ち着い, あすこではと云うの, あすこでもかしら息子が, あすこといふのが, あすことこに大きい, あすこどうだろうと, あすこならいつだったか行った, あすこにだってすてきな, あすこにでも有ったら手, あすこにね私の, あすこにをりますか, あすこのな蛇屋に, あすこはな不浄場と, あすこはね軍用地だ, あすこへだけ降るはず, あすこへねあすこから, あすこほら木の, あすこよりはずっと麓, あすこらあたりに大きな, あすこらしいわね, あすこらしくちゃんと実費, あすこら四列の虹, あすこてどこ, あすこフェイエルベルクが出る, あすこン処へ落ッ, あすこ一軒でご, あすこ上野の三, あすこでの茶目, あすこ今日は少し, あすこ初めてよ, あすこ四円だったの, あすこ客間だね, あすこ思う所の, あすこ界隈をすっかり, あすこ知っている, あすこ迄はと行きたいところ, あすこ駄目なのよ