青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あげた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あくまで~ ~あけ あけ~ ~あけた ~あける あける~ ~あげ あげ~ あげく~ ~あげた
あげた~
~あげる あげる~ あした~ あすこ~ あそこ~ あたかも~ ~あたし あたし~ ~あたり あたり~

「あげた~」 1888, 20ppm, 5639位

▼ あげた~ (288, 15.3%)

39 である 22 です 2012 も無理 8 であった 5 だった, を見る 4 さ, だから 3 だと, では, は伝六, は当然

2 [14件] かい, だそう, だよ, であるから, でした, でしょう, ですが, でも, はあい, はその, はやさしい, はわたし, は小僧, もむりはありません

1 [129件] か, かそれ, かと思う, かと疑われる, かも知れない, か真意, がある, がいかにも, がいけない, がいた, がこんな, がせい, がもう, がよく, がわかった, が一枚, が三百句あまり, が少尉, が左右, が悪かっ, が正午すぎ, が浅田飴, が越智氏, じゃありません, それも, だが, ださうです, だつた, だという, だろう, だろうとは, だわ, であります, でありません, であるが, であろう, であろうか, ですよ, ですわ, という出鱈目, とだけは食, と肥満漢, と興, どすよ, ならなお, は, はあなた, はいう, はかく, はこの, はすぐ, はそろ, はどうやら, はどこ, はめでたい, はもう, はよい, はわが, はわし, は一介, は一寸, は五年生, は五日目, は佐々, は何処, は先頭, は八月, は出発地, は剣狂丹下左膳, は印東忠介, は呂宋兵衛, は土井, は堀田正睦, は大きな, は家康, は川波大尉, は当り前, は押しつけ, は撮影現場, は星宮理学士, は有名, は槍, は横井, は次席検事, は決して, は無理, は煙山さん, は玉目三郎, は生物学者, は由子, は白粉, は皆男, は磯屋五兵衛, は福田画伯, は私, は秋風中, は経信, は船, は蔵, は言うまでもない, は詮方, は頼ん, は額, は高田実, もあり, もこれ, もその, もむりではありませんでした, も今日, も刃物, も勿論, も去年, も忘れられぬ, も日向, も真っ向, をお, をかい, をごまかし, をよほど, を合図, を吊し, を彼, を持っ, を繼母, を見, を見た, を見れ, 御覧に, 覚えて

▼ あげた~ (143, 7.6%)

3 すぐに, それは, よい, 何も 2 あなたは, その時, それも, どうみ, やがて痴川, 空は, 鳥は

1 [117件] ああさすが, あいつが, あとは, あまりの, あゝあの淫賣, いい, いいね, いいよ, いかにも無精, いきなり男, おかしなもの, お今, こういう偶然, このまま, これは, しかしこういう, じっとその, すぐまた, すぐもと, すぐ後, すると一同ゲタゲタ, ずるいやつ, そのうち, そのとき, そのなか, そのまま二人, そのまま何, そのまま又, そのシーザー, その下, その両手, その卜斎, その拍子, その時誰, その晩江の島, その理由, その途端, その頬, その頸, それから砲車, それでも頭, それよりも, そんなに前提, ただ, ついぞ文身, なにせ外套, なるほどこの, びっくりした, ほんとうだ, またぼんやり, また終戦後, もうなんともする, もうほか, もう遅かっ, やがてうす気味悪い, やがて力, やっぱり米屋, やにわに天国, やりそこ, ようすが, キチンと, キミ子は, キラッと, ヨハネスは, 三太郎猿ちっとも, 不審そうに, 二人は, 今の, 併し, 再び火, 助かるまい, 勿体ないと, 同時にさう, 同時にその, 向方の, 君は, 唇を, 囮ごと二度道糸を, 図々しく断髪娘, 國民は, 女性の, 妹は, 婢は, 少年を, 川には, 帯は, 意外に, 手を, 探偵小説においては, 数の, 既にもう遅かっ, 橋の, 此は, 武蔵の, 水を, 泰軒は, 然し獣, 特に甚八, 理を, 瓔珞の, 白, 目や, 直ぐ又, 眼は, 私の, 私は, 窓には, 笑う者, 腰を, 蒼い顔, 衰弱の, 長平は, 顔は, 駆けよった先頭, 骨折りが, 鶴雄の, 鷲の

▼ あげたもの~ (76, 4.0%)

9 だ, である 3 があった, ですから 2 がある, であるが, を

1 [46件] かに迷っ, からぽっかりぽっかり, がいた, がこの, がてがら, が多く, げらげら笑い, じゃ, だこの, だった, だったそう, だという, だ天, であった, であり, であるかといふ, であるからの, であろう, であろうか, でございます, でしたから, ですな, でないもの, では, で二, で研究, と同じ, にご, にすぎぬ, にち, に気づく, に違い, はさらに, はなかなか, はほんの, は秀吉, ばかりである, もいた, もいる, らしかった, をきれい, をこの, を世間, を次に, を私ども, を返し

▼ あげたこと~ (55, 2.9%)

7 がある 2 があった, がない, だらう, は語る, もある, もない

1 [36件] か, かしらとおもっ, からふつ, から端, があつ, がございました, が今, が麗々しく, さえある, だろう, であった, であり, である, で満足, などがあった, などがあり, なんかありやしない, になります, によって著名, に対する沢山, に脱帽, のない, はあげた, は愚かしい, は無, は誰, まではおぼえ, もあった, もあります, もみんな, やスミス警部, を思出, を文学的意味, を考え, を聞き知られた, を誰

▼ あげたよう~ (53, 2.8%)

32 なもの

1 [48件] す, でした別れてから, ですよ, ないわゆる, なる乙音, なキリリ, なピラミット形, なフリ, な一流, な不自然, な仙人, な便利, な意見, な断定, な気, な気分, な気持, な水田, な泥, な特色, な眺め, な種類, な藤村, な言語要素, な証拠, な読書, な陰影, に, にその, にとつぜん, になる, にソクラテス, にパタッ, に光っ, に思いました, に思います, に思う, に怪塔, に楽しく, に注射, に清潔, に火, に私, に見える, に赤い, に電車, に鳴く, に黒い

▼ あげた~ (40, 2.1%)

7 です 5 だ, だよ 3 じゃない, ですよ 2 だから, だけれど

1 [13件] だが, だがな, だがね, だけど, ださうですよ, だと, だもの, ですが, ですつて, ですもの, ですわ, ですツ, なら怪しい

▼ あげたので~ (39, 2.1%)

4 あつた 2 決していい, 猿股を

1 [31件] ござります, ござりまする, さしもがん, そのお礼, その手, その記念会, のこりの, ほかの, まさかと, みなみな, みんなわっ, みんな愁眉を, もしかしたら, やっぱりだめ, りよも, 一同なんだろう, 以来信玄は, 僧都は, 右門は, 同じカンバン, 愕い, 書紀頃の, 松の, 渠は, 父の, 皆な, 直ぐに, 附近に, 隣りの, 驚いて, 黒田如水は

▼ あげた~ (36, 1.9%)

5 思うと 2 いう, したら彼女達, 思えば

1 [25件] いうので, いうより, おもうと, したら青白き, する, すると, せえ, 云うの, 人々は, 判ったの, 判つたのです, 勘違いし, 同様であり, 年寄りどもから, 思いなさい, 思う間もなく突如, 思ったからね, 思われるほど, 新聞に, 申すのに, 知って, 等しい効果, 見るま, 見るや, 言っても

▼ あげた~ (34, 1.8%)

2 にはその, には省三, はもう

1 [28件] いい位置, から何故, から娘, だってお前達, だつたよ, である, と僕, に, にかの, にすぐ, にはたいそう, にはみんな, にはもう, にはわし, には思わず, には明るい, には皆, には私, に仮寝, に先生, に於ける, に暗い, の月, はあなた, は太陽, まあどうでしょう, 初めて, 白い指

▼ あげたとき~ (28, 1.5%)

2 たしかわたし, もう土神

1 [24件] あのひと, から, が十八歳, この人たち, するすると, その当の和一, その空, だ, だけさわぐ, である, などは涙ぐんでおろおろしていました, にそこ, には児太郎, には松井田, には栄蔵, には艦, には鐘, に上目, のあの, の事情, はもう既に, ふいに, ふらふら目まい, 大屋根

▼ あげたところ~ (24, 1.3%)

2 でどう, で小

1 [20件] だ, だっけ, だったが, であった, であつ, ですぐ, でそれ, でどうせ, でやっぱり, で各人, で大粒, で客, で根ツ, の, の二, へ偶然本郷末子, へ行ったら, やらせて, をみます, を帆村

▼ あげたかと~ (17, 0.9%)

11 思うと 2 おもうと, 思ふと 1 思いますと, 思う途端

▼ あげたまま~ (16, 0.8%)

2 になっ

1 [14件] じっとこちら, じりじりと, だった, である, でいろ, で停, で忘れ, の魂, ぴったりと, むきな, 熱っぽい額, 狂いながら, 答える, 聞いて

▼ あげた~ (15, 0.8%)

4 がある 3 があった 1 がありました, があります, が彼方此方, さえあった, だと, はいない, は伝六, は昔

▼ あげたという~ (13, 0.7%)

2 のは

1 [11件] あの察し, ことまで, ことを, この一つ, のだ, 一つの, 太々神楽の, 次第です, 深い縁故, 男その, 程の

▼ あげたその~ (12, 0.6%)

1 [12件] ときの, 人の, 今朝な, 仕草は, 子を, 御半紙, 拍子に, 男の, 目には, 若侍, 袖で, 調子

▼ あげた~ (12, 0.6%)

2 しては 1 しちゃ, とどまるが, 皆自腹ア切ッて, 相違ない, 過ぎない, 過ぎないが, 過ぎないの, 過ぎぬが, 過ぎぬゆえ, 違いない

▼ あげた~ (11, 0.6%)

2 艶の 1 こころ, さよ, 君は, 団子から, 敬ちゃんは, 濠な, 蕎麥を, 藤が, 通の

▼ あげたのに~ (11, 0.6%)

1 [11件] あの野郎, お菓子を, それは, たった一度, なんの, めそめそ泣く, 今こんな, 何の, 手を, 木で, 礼状さへも

▼ あげた~ (11, 0.6%)

6 がいい 1 がどの, がはっきり, がよい, がよう, が功徳

▼ あげたもん~ (10, 0.5%)

2 だ, だから, だと 1 じゃのう, だが, だ感じ入ったよ, らしいわ

▼ あげたから~ (9, 0.5%)

1 あなたしゃべる, いいの, 人夫は, 今度は, 何とも無かっ, 探偵事務所などを, 日の, 私も, 驚いたの

▼ あげたほう~ (9, 0.5%)

2 がいい, がよい 1 がよろしい, が僕, が早く, が近道, が適当

▼ あげた~ (9, 0.5%)

4 がある 2 なく廓内 1 が察せられる, はそういう, を思ひ出し

▼ あげただけ~ (8, 0.4%)

1 だ, だが, だった, でございます, でした, でまた, で風, で首尾

▼ あげたやう~ (8, 0.4%)

2 な水彩画 1 であつ, ですよ, なお, に八郎兵衞, に持つ, に昌造

▼ あげた~ (8, 0.4%)

1 には一面, には娘, には悲しみ, はえんぜん, はもう, をひょいと, を見ます, を面目

▼ あげたじゃ~ (7, 0.4%)

4 ありませんか 1 ありませんかね, ないの, ねえか

▼ あげた~ (7, 0.4%)

1 がぐうぜん, さえある, であるから, で前, の内, の娘, は殆

▼ あげたあと~ (6, 0.3%)

1 でも右平, という感じ, のこと, はかくすべく, はない, は床

▼ あげたつもり~ (6, 0.3%)

1 だった, だったが, であろう, です, ですわ, よ

▼ あげたばかりの~ (6, 0.3%)

1 まだ墨, 伸子の, 布を, 武三郎が, 青みどろを, 鬢の

▼ あげたわけ~ (6, 0.3%)

1 じゃない, じゃア, だ, である, ですが, なん

▼ あげた~ (6, 0.3%)

1 が自ら, に振っ, の指, はそのまま, をそのまま, をなめよう

▼ あげた手紙~ (6, 0.3%)

1 ですが, に, の一つ, の主, の字, の約束

▼ あげた~ (6, 0.3%)

1 でさえアンナ, の句, の胸, は何気なし, は別に, をかるく

▼ あげたあの~ (5, 0.3%)

1 丼が, 人など, 唇, 憎い玉廻し, 館が

▼ あげたきり~ (5, 0.3%)

1 だまって, でした, で何, なにしろ北風, のっそりと

▼ あげた叫び~ (5, 0.3%)

5 である

▼ あげた~ (5, 0.3%)

1 から僕, がもう, でそれ, までやる, を見る

▼ あげた~ (5, 0.3%)

1 がある, であろう, で不自由, をこれ, をそれ

▼ あげた~ (5, 0.3%)

2 一の 1 一類は, 三の, 八潜水艦は

▼ あげた~ (5, 0.3%)

1 がそのまま, で無造作, はゆるめなけれ, をおろした, を解き

▼ あげたかも~ (4, 0.2%)

1 しれない, 知れないけど, 知れないの, 知れないほどに

▼ あげたけれど~ (4, 0.2%)

1 あれは, 川島は, 御住所誰, 用の

▼ あげた~ (4, 0.2%)

1 その方, それから, それからハンケチ, 自分でも

▼ あげたそう~ (4, 0.2%)

2 です 1 だが, ですがね

▼ あげたそれ~ (4, 0.2%)

1 こそ隣, は今, は兄, を持つ

▼ あげただけでも~ (4, 0.2%)

1 そう単純, どんなにお, びくびくすれ, やはり充分

▼ あげたほど~ (4, 0.2%)

1 だつた, であった, である, 乱暴に

▼ あげたカムパネルラ~ (4, 0.2%)

2 がやはりもじもじ 1 がもぢ, がやはり

▼ あげた~ (4, 0.2%)

1 すでに若旦那, でどう, でなければ, でインネン

▼ あげた二人~ (4, 0.2%)

1 には申し訳, の場合, の旅人, よりも出来た

▼ あげた人々~ (4, 0.2%)

1 とはいろいろ, なの, は, も尠

▼ あげた大根~ (4, 0.2%)

2 をなで廻し 1 の輪, を洗っ

▼ あげた小さな~ (4, 0.2%)

1 口ひげと, 日本人を, 祠が, 魂は

▼ あげた~ (4, 0.2%)

1 がもは力, じゃねえ, だった, であった

▼ あげた~ (4, 0.2%)

1 が通つて, であるが, の出入, は快い

▼ あげた~ (4, 0.2%)

4 女房の

▼ あげたくらい~ (3, 0.2%)

1 だ, です, で自分

▼ あげたため~ (3, 0.2%)

1 についつい, に二人相, に金六片

▼ あげただけの~ (3, 0.2%)

1 ことである, 姿勢で, 縁な

▼ あげたって~ (3, 0.2%)

1 いいこと, ただ煩さ, 知らねえぜ

▼ あげたものぢ~ (3, 0.2%)

2 やげ 1

▼ あげたわが~ (3, 0.2%)

1 刀の, 画に, 第十三潜水戦隊

▼ あげた二つ~ (3, 0.2%)

1 の条件, の標準テキスト, の行き

▼ あげた~ (3, 0.2%)

1 の一つ, の三人, の例

▼ あげた~ (3, 0.2%)

1 では千八百メートル, の他, の女

▼ あげた女性~ (3, 0.2%)

3 の指

▼ あげた~ (3, 0.2%)

1 である, のうち, をつくる

▼ あげた~ (3, 0.2%)

1 がくるり, のよろこび, の体

▼ あげた彼女~ (3, 0.2%)

1 の顔, は, は血相

▼ あげた~ (3, 0.2%)

1 に, には彼等, に両手

▼ あげた条件~ (3, 0.2%)

1 が探偵小説, によって許されない, をみたす

▼ あげた相手~ (3, 0.2%)

1 がその, の兩手, は意外

▼ あげた~ (3, 0.2%)

1 の訴, をすぐ, をすぼめた

▼ あげた瞬間~ (3, 0.2%)

1 から彼, には極めて, ふと思つて

▼ あげた結果~ (3, 0.2%)

1 に起った, は上, 次ぎの

▼ あげた若い~ (3, 0.2%)

1 人たちを, 男が, 警官が

▼ あげた覚え~ (3, 0.2%)

2 はない 1 はありません

▼ あげた阿賀妻~ (3, 0.2%)

1 と彼, は見おろし, もどうして

▼ あげたうえ~ (2, 0.1%)

1 でなくては, に三重

▼ あげたお金~ (2, 0.1%)

1 です, のこと

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 まだやっと這い這い, 木馬が

▼ あげたからこそ~ (2, 0.1%)

1 事件が, 町田さんと

▼ あげたこの~ (2, 0.1%)

1 古靴, 城だ

▼ あげたしかし~ (2, 0.1%)

2 豆絞りの

▼ あげたそうして~ (2, 0.1%)

1 げたを, 町を

▼ あげただけで~ (2, 0.1%)

1 何とも, 大そう

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 やありません, やない

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 がらに, だ

▼ あげたといふ~ (2, 0.1%)

1 世界驚目の, 記事を

▼ あげたとたん~ (2, 0.1%)

1 にこう, に突然

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 いいが, づみがきつかけになつたゞけのことなんだ

▼ あげたばかり~ (2, 0.1%)

1 だのに, でその

▼ あげたばかりじゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ないかね

▼ あげたほどの~ (2, 0.1%)

1 当時としては, 用意周到な

▼ あげたものの~ (2, 0.1%)

1 僕は, 夫れ

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 ぞうを, 紅の

▼ あげたわが国~ (2, 0.1%)

1 の先, の諸

▼ あげたロップ~ (2, 0.1%)

1 に銃, の蔭

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 にそれ, の幾つ

▼ あげた人間~ (2, 0.1%)

1 がない, だそう

▼ あげた作品~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ あげた六つ~ (2, 0.1%)

1 の女の子, の条件

▼ あげた~ (2, 0.1%)

2 は一本脚

▼ あげた刹那~ (2, 0.1%)

1 はいかに, 映じた風景

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 でなく写生, は次

▼ あげた~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 の如何, は世俗

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 ですよ, で両

▼ あげた~ (2, 0.1%)

2 が少し

▼ あげた場合~ (2, 0.1%)

1 だいひか, にいっさい

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 であった, でした

▼ あげた太田~ (2, 0.1%)

2 は何

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 が笑ひも, の手

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 に大, はすべて一つ店

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 は莫大, も地位

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 侍を, 動物は

▼ あげた小林氏~ (2, 0.1%)

2 の訳詩

▼ あげた~ (2, 0.1%)

2 は天正十二年

▼ あげた弥生~ (2, 0.1%)

1 の顔, は思いがけない

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 からの叫び, をもつ

▼ あげた忠相~ (2, 0.1%)

1 が障子, は第

▼ あげた悲鳴~ (2, 0.1%)

1 と同じ, に反響

▼ あげた拍子~ (2, 0.1%)

1 にすりかえられた, に再び

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 を宙, を打ち降す

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 から最期, のうち

▼ あげた時櫓~ (2, 0.1%)

2 はメリ

▼ あげた時涙~ (2, 0.1%)

1 が見えた, に輝いた

▼ あげた最後~ (2, 0.1%)

1 の場, の日

▼ あげた様子~ (2, 0.1%)

1 で, もない

▼ あげた母親~ (2, 0.1%)

1 につれられ, はそんな

▼ あげた泰軒~ (2, 0.1%)

1 たちまち四, の眼

▼ あげた~ (2, 0.1%)

2 脚の

▼ あげた狼煙~ (2, 0.1%)

1 のひびきが, も伊那丸軍

▼ あげた疑問~ (2, 0.1%)

1 が解ける, に対応

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 のなか, の石垣

▼ あげた積り書~ (2, 0.1%)

1 また一ツ, 又一ツ

▼ あげた結果多く~ (2, 0.1%)

2 のすぐれた

▼ あげた缶詰~ (2, 0.1%)

1 はたいへん, を指さした

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 のやり場, の下

▼ あげた軍艦~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 であった, にそっと

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 をへ, をまた

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 から數, になっ

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 につらな, を垂れ

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 の前, はや

▼ あげた馬車~ (2, 0.1%)

1 の上, はその

▼ あげた~ (2, 0.1%)

1 のつもり, を盤台

▼1* [534件]

あげたどうです, あげたあたいよちょっと, あげたあなたがマルクシスト, あげたいくつかの日本史, あげたいくらゐ, あげたおしもは夫人, あげたおせんの瞼, あげたお前の船, あげたからというので, あげたかわいそうな女の子, あげたがにはかに, あげたきりどこにある, あげたきり返事はない, あげたくらゐ怖, あげたくらいに驚いたそう, あげたぐあいはお奉行, あげたけしきは大きく美しい, あげたけれども少しも, あげたことユタンポのお湯, あげたうである, あげたすがすがしさな, あげたすきまの, あげたすてきな建築, あげたせつなにかれ, あげたそこの窓, あげたそもそもの始まり, あげたそれぞれの広地, あげたたくさんの雑誌, あげたため検束された, あげただけとは人格を, あげたってもむだぼ, あげたてんぷらを食う, あげたでたらめの切支丹版, あげたといった塩梅だ, あげたときそこには何, あげたときどこかで鶯, あげたときオツベルの犬, あげたとき不意に天井, あげたとき今まで監禁室, あげたとき俄かに豚, あげたとき和人とアイヌ, あげたとき妙なもの, あげたとき彼の目, あげたとき彼らの身分, あげたとき彼女はメソメソ, あげたとき房子の眼, あげたとき数歩先に一団, あげたとき旅行者のまなざし, あげたとき源吉は反動, あげたとき男の黒い, あげたとき番兵は向う側, あげたとき青年の皮下, あげたところがこれといふ, あげたところ本郷にはまだ, あげたところ私も同感, あげたとしても僕は, あげたとたん大柄な殿様, あげたとたん部屋のすみ, あげたとの事で, あげたなどと思わないで, あげたなり彼は, あげたなんてまったく回り回っ, あげたにもかかわらずまだ, あげたのちちょっと大小, あげたのになんていやな, あげたのみでどこ, あげたのよそしたら落ち着い, あげたはずですが, あげたはたごへ飛びこんだ, あげたばかしの綺麗な, あげたひとは去年, あげたひとみには一種, あげたひょうしに, あげたふうで家具, あげたふたりの少年, あげたほどだけあって, あげたまた実に愛想, あげたまったく独特な, あげたまでだ, あげたまでのことです, あげたままドタリと倒れ, あげたまま両手をつかえた, あげたまま彼は暫らく息, あげたまま彼方を指し, あげたまま愕きのあまり床に尻餠, あげたまま昼寝するです, あげたまま礼をいう, あげたまま私はぼんやり, あげたまま腰を曲げ, あげたまま茫然と真っすぐ, あげたまま藤吉郎をにらまえ, あげたまるい顔を, あげたまるで自然を, あげたみやをお, あげたむつについてもかく, あげた同じこと, あげたもし諸君の, あげたりきこれこの古帽先生, あげた綺麗で, あげたわずかに二三, あげたわたくしの詩, あげたわたしの拙い, あげたんで嬉しいです, あげたイスとテーブル百合ちゃん, あげたウエップがとつぜん, あげたエンゼルをいい, あげたキャバレーの地底, あげたコワリョーフは喜び, あげたゴムの袋, あげたザングイルの長編, あげたシゴイさんの痩せた, あげたシャツの先, あげたシヨーペンハワーの哲學, あげたジョウはこの, あげたステッキを下, あげたチンピラである, あげたてね, あげたッきりですから, あげたナワを飛びっこしているからだ, あげたハイとおっしゃった, あげたハガキに, あげたハンカチーフがしわくちゃ, あげたバイロイトの祝典レコード, あげたパンをデレンコフ, あげたヒムカノムラガタの君ウシモロ, あげたビラをてんでに, あげたファンニコ大尉に指揮, あげたフイゴを押す, あげたフランスの二作家, あげたホシにけち, あげたホレイショウ・ブリッヂなどがいました, あげたマークゲーンの, あげたモザイックの床, あげたヤジウマ根性だと, あげたロベスピエルのこと, あげたロロ公爵とルル公爵, あげた一人だった, あげた一例になる, あげた一切の事, あげた一家の繁昌, あげた一殊勲によって数十年来, あげた一点は明, あげた一生涯がたった, あげた一種の, あげた一節と東京, あげた三つの点, あげた三分類の中, あげた三十六隻の採取船, あげた三害こう数えたてれ, あげた三箇条に過ぎなかった, あげた上あとで訴え, あげた上ギリギリと顔, あげた上町人や奉公人, あげた下駄を空, あげた不平さうな顏, あげた与吉思わずどうッ, あげた両手を盆踊り, あげた中二階つきの平家建て, あげた中宮その父, あげた乃里は, あげた九十年前は承, あげた乳母だと, あげた二挺の町駕籠, あげた二章のみである, あげた二隻の軍艦, あげた二首を含む, あげた人物が付近, あげた今日の勝戦, あげた今朝ののろし, あげた仏体であろう, あげた代りになんと, あげた代筆をくれ, あげた伊那丸は穴山, あげた伍長は挙手, あげた伝馬船が港, あげた体裁のいい, あげた何枚かの薄板, あげた作り身などが添えられ, あげた作家のため, あげた保険会社に電話, あげた信号旗をびらびら, あげた俳諧になる, あげた偉大な星条旗, あげた先生はこの, あげた入道相国がなお, あげた六角堂の霊験譚, あげた兼良の, あげた円い物が, あげた写しでてんぐじょうの厚紙十枚綴じ, あげた写本さ, あげたはいったい, あげた凱歌であろう, あげたをおろした, あげた分家の武村, あげた功労に依っ, あげた加代に向っ, あげた努力なの, あげた北国特有の陰気, あげた医師は昇汞水, あげた十五万法は朝日, あげた十六娘が前後, あげた十円だな, あげた十種のトリック, あげた千本格子の家, あげた千浪の乱れ髪, あげた単純なアンチ・アカデミッシャン, あげた博多帯が全身, あげたを見, あげた友情だよ, あげた反証は避け得られる, あげた古島さんの眼, あげた叫び声が急, あげた右手に細身, あげた右腕をささえ, あげた各種の文化, あげた名簿をひとまとめ, あげた君達はたびたび, あげた周馬の目, あげた周魴も, あげた和紙の器, あげたですね, あげた唐寺の謎, あげた唱歌だった, あげた問題の答案, あげた啖呵を飲み殺し, あげた喊声である, あげた噴血であったに, あげた四つの疑問, あげた四人はただ, あげた四行のリフレイン, あげた国事にかんする, あげた圓位と順徳院, あげた圓太郎は立ち, あげた土産の品, あげた地下牢のよう, あげた地名は右, あげたであるこの, あげたの上, あげた壮士でありまして, あげたには何, あげた夜襖ぎわまでころころころころころがって, あげた音楽家私は, あげた大きいからだの, あげた大岡越前事もなげに大作, あげた天才剣の光輝, あげた天満の煙, あげた奔湍となつ, あげた奥さんもありましたろう, あげた奥地通いの千石船, あげた女の子のす, あげただから, あげた妻女の眼つき, あげた姿で乗り込ん, あげたの顔, あげたがその, あげた官吏で退職後, あげた実力を拝見, あげた実業家でありました, あげたも二三, あげた家財道具の上, あげた寄りとはいえ, あげた小人の自分, あげた小袖と羽織, あげた少年の視線, あげた居士の指, あげた屋上演説事件の一月半, あげた屋根職といった見かけ, あげた山背大兄王が殺された, あげた島田髷も清々しく, あげた帆前船が来る, あげただの着物, あげた平岡の顔, あげた平次ですが, あげた平着の衣裳, あげた年賀に対して大抵, あげた幼い源六郎の, あげた広い窓辺で, あげたに子供, あげたをつけた, あげたの中, あげた度胸だ, あげた康子薬を饋, あげた弥生いまは恥, あげた後内閣不信任の第, あげた徐盛は勢い, あげた得印老人のまえ, あげた御飯はおいしい, あげた心がけじゃ, あげた心掛けじゃ, あげた必死の一念, あげた忍剣小文治, あげた忍剣一抱えもある, あげた志賀屋の顏, あげた怪人に却って, あげた愉快な青年子爵エスクーブロー, あげた意味深長な日の丸, あげた愚楽は, あげた懐中電灯をふたたび, あげた戒刀の切ッ先, あげた戦果と分捕った, あげた手帳を朗読, あげた手柄名のりの手, あげた拳固がねらひ, あげた捕手の声, あげた改良熱もいつ, あげた政党の特徴, あげた数名の作家, あげた数字は話, あげた数式によって代表, あげた数艘の艀舟, あげた文化運動は所謂文化職能人, あげた文学であると, あげた斉信は右, あげた新聞社の特派員たち, あげた旱魃が訓, あげたの春, あげた時コポオはにやりと, あげた時刻である, あげた時夫人はもう, あげた時居眠りをし, あげた時庭前にちらちら, あげた時民約議会員, あげた時舟の中, あげた時赤ん坊の泣声, あげた時魚雷の群, あげた晩暉の中, あげた景色です, あげたにこの, あげた暗礁から流され, あげた書物はどこ, あげた最初の人, あげた朝日の記者, あげたを老眼, あげた木の間に這いまわっ, あげたに人間, あげたの上, あげた材木にかんなくず, あげた村社と山本嬢二人, あげた村重に血みどろ, あげたが又, あげた栄西言行の二, あげた桃割れに紫紺, あげた桶屋さんの口, あげた梅甫の目と小芳, あげた棍棒は決して, あげた森源は何, あげた椅子やテーブル, あげた榛名は既に, あげた櫻内はビール瓶, あげた次第ではない, あげた此頃は鉄鉢, あげた武家の娘, あげた武田伊那丸は折, あげた死体はみんなここ, あげた死屍からの煙, あげた死鮒みたいにすっかり, あげた母子よりもかえって, あげた毛並みの下, あげた民族が世界, あげた水兵風のロシヤ人大工たち, あげた江戸情緒とはおよそ, あげたや砕いた, あげた油壺や油甕, あげた法師たちが柏の葉, あげたの飛沫, あげた津軽越中守が腕組, あげた淫猥な想念, あげたの堤防, あげた漠然とした空, あげた火山灰は風, あげた灰汁の抜けた, あげたにどうにも, あげた焚火は光, あげたが古, あげた熟語は私, あげた爺さんへ縋りつい, あげた片方の袂, あげた片腕のわきの下, あげた片腕いっぱいにうずたかく, あげた物見はこの, あげた特殊な, あげたは機, あげた独楽を廻した, あげたを光君, あげた環境への反逆, あげたせんべだの, あげた生徒の中, あげた用水路についての紛爭, あげた田口鼎軒氏などもバックル, あげた甲斐があっ, あげた男女の作家, あげた番茶をおいし, あげたを台, あげた痛快な餓鬼大将, あげたに, あげた白刃がそのまま, あげたを患うる, あげた盛綱いらいの, あげたにひどく, あげた相田清祐であった, あげたを吊りあげ, あげた真珠の指環, あげた眼つきすっかり白髪, あげた着替えの中, あげた着物を着なされ, あげた瞬間彼は確か, あげた石段をおり, あげた石濤にし, あげた磁器のよう, あげた磯五だ, あげた祖母は八十八歳, あげた祝い酒ではあるまい, あげた祝詞及び, あげた神人と交迭, あげた祭壇の神官, あげた堆が, あげた穏密覚え書, あげたの辺り, あげた窕子の顏, あげた立志伝中の一家, あげた箱車を数人, あげたなどをおく, あげた米俵のあたり, あげた米騒動が全国, あげた粉末の雪, あげた粘土を崩れない, あげたのまま, あげた素性の知れた, あげた細君は大阪, あげた紳士で駐, あげた罪名を蒙らし, あげた美しさの, あげた羽振りは当時, あげた考えがある, あげたを入れ, あげた腕白大将であった, あげた自我的な精神, あげた舟発動汽船ボート櫓で漕ぐ, あげたのわき, あげたのよう, あげたを曳い, あげたよ, あげた芳太郎の凧, あげた若様がそんな, あげた若者が村, あげた英国の労働者, あげた荒木陽一郎だ, あげた菜の花の黄, あげた萩乃の表情, あげた落葉は凄, あげた葉子はその, あげた葡萄をめいめい手, あげた蒲団をまた, あげた薔薇のやう, あげたってちょっと, あげた藍子の顔, あげた藤村がこれ, あげた蛾次郎は口, あげたを地, あげた血色の悪い, あげたの部屋, あげた袖の下やはだけた, あげたの下, あげた見事な働き, あげた計りです, あげたでも, あげた証拠だけを見, あげた証言を確証, あげたともだ, あげた詭計でしたが, あげた読書のプラン, あげた調査研究機関が多い, あげた作が, あげた諸郡のうち, あげた議論を吹, あげた豆太郎われ知らずもう一度, あげた豚肉のおくび, あげた象牙のよう, あげた象限電位計がここ, あげた赤地錦の小袖, あげた身上であり自身, あげた軍刀で牛, あげた軒端から見える, あげた近代科学の方法, あげた近藤無一, あげた途端思はずアツ, あげた途端小沢ははっと, あげた造り物と思っ, あげたひたいな, あげた運転手と眼, あげた道場から出た, あげた道臣の頭, あげた達弥の顔, あげた酒樽をぬすみ, あげた野兎や, あげた野宿用のもの, あげたで彼ら, あげたのとれ, あげたの下, あげた銅貨をわざと, あげた關係から付添人, あげた防毒マスクがいよいよ, あげた陸奥と古河, あげたに苫, あげた隙間で朝飯, あげた非人をこちら, あげた鞭もろとも導火線, あげた領域を何人, あげたの禿げあがった, あげたは痩せ, あげた顔つきには昂然, あげた風呂敷包みのかげ, あげた風情でこう, あげた飛騨の燒嶽, あげた食料品を玉太郎, あげたの上, あげたであった, あげた饅頭が出, あげたのかずを, あげた首級だけでも二千八百余級, あげた駆逐艦の残骸, あげた驚きにちがい, あげたぶしだけは, あげた高い堤について, あげたをうしろ, あげたがつやつや, あげたをためつすかしつ, あげた魏延は張允, あげた鯛黒鯛やがら, あげたは猛然と, あげた黄いろい綿菓子を, あげたぬりの, あげた黒沓をはい, あげたと爭つて