青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あげく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あがる~ あきらめ~ あくまで~ ~あけ あけ~ ~あけた ~あける あける~ ~あげ あげ~
あげく~
~あげた あげた~ ~あげる あげる~ あした~ あすこ~ あそこ~ あたかも~ ~あたし あたし~

「あげく~」 1031, 11ppm, 9746位

▼ あげく~ (181, 17.6%)

2 お人好しの, このまま帰宅, 彼は, 私が

1 [173件] あそこから, あの熱病死, あやか, いきどまり, おつ, おまい, おれどもを, お会計, お父様, かわきかけた町中, きのうの, くるりと, ぐったりした, こうして熊公お鍋みたい, こう云った, ここは, こしら, こしらえもの, この京都, この四, この子, この襦袢, この通り, これらの, こんどは, さとに, すごすご故郷, すること, その反動, その小男, それを, そんな身分, たうとう, ただ一人, たったいま師直方, できた隠居所向き, とうとうこの, とうとう正一郎, とうとう腹, どうした, なおあの, なおちょうど, なれなれしく先生, ひっくりかえって, ふと思いついた, ぽいと, また一つ鉄枷, まだもっ, もとの, やうやく目指した, やっとあなた, やっと入っ, やっと大連, やっと意中, やっと話し, やっと釈放, やみがたい, やもめに, ようしじゃ, ようやく念願, ようやく戦争, ようようそこ, よくある, よそへ, イレズミを, シッポを, ショボショボした, ズカズカと, ソノ子と, タタミに, タヌキ屋が, ポンと, 七転八倒あるいは, 万一の, 三日間ぐらい, 三日間ぐらゐ水を, 丹生川平の, 争いが, 二十人の, 二度目の, 云った, 云ふ, 五千円は, 五寸も, 今度の, 何か, 俊基が, 僕は, 元禄に, 切って, 初志を, 十年縁の, 千葉一門は, 吐いて, 向けられた悪, 呼ぶこと, 哀れビンゼンたる, 喰い物, 国中が, 執事の, 墨股では, 太い蕊, 女は, 奴隷だの, 妙な, 妾に, 妾は, 家を, 宿屋の, 小右京, 小枝ちゃんが, 屋内へ, 川村さんは, 巻き奉書, 幻聴を, 店は, 廊下で, 後ろに, 従来の, 御自分, 思いついた口実, 思ひ決した情熱, 惚れたアノ子, 戦争し, 戦争を, 手に, 手も, 手を, 払いも, 折れ易い, 持ち出すかくし, 捨てられて, 掴んだとたん, 新工夫, 暑気払いの, 木村は, 椅子を, 此の, 死んでから, 殺されて, 殺されるの, 殿は, 河床が, 漸くこれ, 焼き殺されなければ, 猿を, 疲れはてて, 発明した, 発狂し, 私の, 空腹だ, 突然と, 立派な, 笑いだしました, 美代子を, 老人を, 良人の, 芝居の, 荘介に, 見つけた妥協案, 見も, 見る我が, 負けて, 辭表を, 迫害される, 逃げられたこと, 野衾の, 金を, 院長と, 風呂桶を, 首斬られる, 馬飼の, 鬼畜性を

▼ あげく~ (122, 11.8%)

15 果てに 7 果は 6 果てが, 果ては, 果に 5 はてには, 果には 4 はてに, 果が, 果てには 3 はては 2 はてが, もので

1 [53件] お粂, ことさね, ことである, この山上, この船中, なかまだ, はてあくる日の, はてすっかり, はてな, はて一つずつ, はて五十両の, はて戦死した, はて過労と, はて鉢叩や, ドロンです, 三八にゃ, 事に, 人だ, 余技から, 兵を, 再分裂, 凝り性な, 力演は, 口上が, 喧嘩だろう, 変化を, 幸福なんか, 怖ろ, 思案と, 息抜きに, 放火であったろう, 暑い日, 果あ, 果てだ, 果てで, 果てと, 果てわたくしの, 果てボイラーに, 果て世嗣の, 果て大事な, 果て死ん, 果て着, 果とうとう, 果どうやらこう, 果の, 殉国の, 気違いの, 痕跡が, 積極性と, 結論としては, 血気一途で, 遊びの, 道中と

▼ あげく~ (28, 2.7%)

1 [28件] くやしいじゃ, この女一人, この姿, これでは, こんなこと, こんな身分, どう落付き, まずまず次, わんわん泣い, トラホームや, 一つの, 君らに, 喉は, 失敗し, 工場へ, 床の, 探検船さ, 本筋の, 死神にまで, 笑ったり, 自棄に, 自由党の, 自身もどし, 興世王から, 血を, 親を, 軍の, 遂にこの

▼ あげくには~ (16, 1.6%)

2 麻油に

1 [14件] あいつばかりが, どんなに猛烈, バクチを, 千住か, 孔子だって, 幕下遂に, 弾雨の, 深酒に, 真直な, 自分が, 自分の, 鈴の, 長年の, 音を

▼ あげくとうとう~ (15, 1.5%)

1 [15件] ある畳屋, この宿, シャベルも, ホンモノに, 一物を, 思案の, 武久田大時を, 死んで, 決めること, 病院に, 絶望の, 船長も, 花びらが, 落第を, 行くこと

▼ あげく~ (13, 1.3%)

1 [13件] うたた寝し, まずきまって妻, また僻地, 一家名の, 不自由へ, 大声で, 待ちぼけ, 戸の, 揉み合いに, 普通より, 東京の, 相手が, 通りがかりの

▼ あげくやっと~ (13, 1.3%)

1 [13件] お母さんに, ここまで, その結論, のこと, の事, 二時間ほど, 今たどりついた, 意中を, 抜け出して, 放免に, 昨夜鶴原家を, 病人も, 青州府の

▼ あげくその~ (11, 1.1%)

3 うちの 1 人の, 夜裏庭では, 学生の, 年の, 母の, 甚内に, 裏を, 詩集に

▼ あげくこの~ (9, 0.9%)

2 画の 1 事実, 手紙を, 春頃から, 町の, 艇を, 説を, 飛騨の

▼ あげく自分~ (8, 0.8%)

2 の至らぬ 1 がまさしく, で自分, の好み, の言うべき, はカーチャ, も成人

▼ あげく~ (7, 0.7%)

1 からまだ, から取引店, から日本, から疲れ, から野原, がその, さること

▼ あげくようやく~ (7, 0.7%)

1 きまったこと, ナンガサクに, 他の, 仮条約締結, 奥地まで, 満潮時, 職業的闘牛士が

▼ あげくこれ~ (6, 0.6%)

1 じゃア, ではならぬ, ならまず, によって自分, は, ほどまで申しあげ

▼ あげくついに~ (6, 0.6%)

1 五フランと, 息を, 登山家を, 石炭まで, 私が, 頼朝の

▼ あげく~ (5, 0.5%)

1 あるじには, 加久が, 厩の, 嫁さんを, 手々を

▼ あげくふと~ (5, 0.5%)

1 あの微笑, 作右衛門の, 思いついたの, 消えて, 眼を

▼ あげくやがて~ (5, 0.5%)

1 いびり出されるの, どれも, 妙趣天来, 空魔艦の, 茂助へ

▼ あげくどう~ (4, 0.4%)

2 するか 1 するかと, するつもり

▼ あげく最後~ (4, 0.4%)

1 にはパンパン宿, に新宿, に窓, の八番

▼ あげくそれ~ (3, 0.3%)

1 が厭, こそほんに, をくどくくどく

▼ あげくどうにも~ (3, 0.3%)

2 仕方が 1 とりとめが

▼ あげくまた~ (3, 0.3%)

1 も負け, 腰かけに, 逃げだしたと

▼ あげくやつ~ (3, 0.3%)

1 とのこと, と口, と釣り堀

▼ あげくメグ~ (3, 0.3%)

1 がいいました, はもし, は上等

▼ あげく~ (3, 0.3%)

1 の情夫, はむツ, を奪還

▼ あげく~ (3, 0.3%)

1 は女の子, は裏道, を迎える

▼ あげく我々~ (3, 0.3%)

1 に面倒, は一つ, は彼等

▼ あげく突然~ (3, 0.3%)

1 すべての, 云って, 西洋文化の

▼ あげく~ (3, 0.3%)

1 を取る, を払わない, を貸せ

▼ あげくあの~ (2, 0.2%)

1 家に, 色こそと

▼ あげくいっそ~ (2, 0.2%)

1 あの女, この世を

▼ あげくいつ~ (2, 0.2%)

1 そあの, そ一家を

▼ あげくかれ~ (2, 0.2%)

1 は三日月, 自身も

▼ あげくこんど~ (2, 0.2%)

1 はわし, は私

▼ あげくそれでは~ (2, 0.2%)

1 という, 明日その

▼ あげくつい~ (2, 0.2%)

1 芳本を, 過勞

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 ひどい泥濘, 作物が

▼ あげくです~ (2, 0.2%)

1 からな, からねそれ

▼ あげくとある~ (2, 0.2%)

2 漁村の

▼ あげくまるで~ (2, 0.2%)

1 ふざけて, 歯を

▼ あげくまるでわざと~ (2, 0.2%)

2 のよう

▼ あげくもう~ (2, 0.2%)

1 一遍と, 彼等は

▼ あげく一人~ (2, 0.2%)

1 の使者, を突い

▼ あげく三人~ (2, 0.2%)

1 ともはたと, はとう

▼ あげく三成党~ (2, 0.2%)

2 を一挙

▼ あげく三日目~ (2, 0.2%)

1 に入院, の夜明けごろ

▼ あげく二人~ (2, 0.2%)

1 の樵夫, は馬車

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 ではこうして, のうち

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 に口, の石

▼ あげく伸子~ (2, 0.2%)

1 は遂に, は離婚

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 がその, はまるで

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 に旅行, を徳川方

▼ あげく先生~ (2, 0.2%)

2 は自分

▼ あげく到頭~ (2, 0.2%)

1 奴さんの, 飛び出して

▼ あげく医者~ (2, 0.2%)

1 のところ, は首

▼ あげく国有地~ (2, 0.2%)

2 が減少

▼ あげく多量~ (2, 0.2%)

1 の出血, の粉末催眠薬

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 おそく二人, 又胃

▼ あげく太田~ (2, 0.2%)

1 は思いきっ, は思ひ切

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 につい, の下

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 の権利, はつぶれ

▼ あげく彼ら~ (2, 0.2%)

1 が打ち勝った, の商品

▼ あげく悪い~ (2, 0.2%)

1 ことだ, 病気に

▼ あげく~ (2, 0.2%)

2 が狂れ

▼ あげく江戸~ (2, 0.2%)

1 は両国, を去っ

▼ あげく牧野さん~ (2, 0.2%)

1 は数名, は暴力

▼ あげく番人~ (2, 0.2%)

1 が地上, に訊き

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 の中, の灰

▼ あげく結局~ (2, 0.2%)

1 あの子ひとり, お辰

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 の前, をまげた

▼ あげく芝居~ (2, 0.2%)

2 の道具方

▼ あげく蝋燭~ (2, 0.2%)

2 で岩

▼ あげく要するに~ (2, 0.2%)

1 催眠薬で, 向うの

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 にでも青春, よりもさき

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 を持て, を殺し

▼ あげく遂に~ (2, 0.2%)

1 こちらでも, 剣を

▼ あげく~ (2, 0.2%)

1 と額, を削い

▼1* [440件]

あげくああしたいい, あげくああああ画に, あげくあくどい程鮮, あげくあべこべに大, あげくあやまりに出た, あげくあやまるなんてコケ, あげくあんな重苦しい目, あげくいい潮時を, あげくいきなり恥か, あげくいつか喫茶店でやった, あげくいつもの癖, あげくいまのスタンレイ・ランドルフ大尉, あげくいわゆる禅機とでも, あげくうっかりとして脱, あげくうまく池ノ端で, あげくおかみへお, あげくおまえを山狩, あげくおわびをし, あげくお上さんに, あげくお茶の水のここ, あげくお金のこと, あげくその翌日, あげくかうしたらどうで, あげくかせいだ金が, あげくかならず血みどろ騒ぎに, あげくきっと何とか彼とか, あげくきょうは伸子たち, あげくこうした電車に, あげくこぶしの中, あげくこまかな事実, あげくこんなびやうきにかかつて困つ, あげくごろんと扉, あげくさらに岡崎へ, あげくさる大家の, あげくさんざすねて, あげくぜんに, あげくしからば今一夕, あげくしばらく畑を, あげくしぶしぶ立候補を, あげくしまいに疲れたなり, あげくぶんは, あげくつかり白状, あげくすでに早くも, あげくすべてのもの, あげくせせらぎの水音, あげくせっかく集めた金具, あげくせつかくの画, あげくそいつを殺そう, あげくそこを出, あげくそこらも焼け, あげくそしらぬ顔で, あげくそんなことを, あげくたった一つだけ, あげくためらうように, あげくだいじな観察の, あげくだったそうである, あげくだまったままふりむい, あげくだらんと下っ, あげくだんだん霊の, あげくちかごろでは, あげくついに全く解決を, あげくつくったものを, あげくつくつたのです, あげくであったが中, あげくであるからさ, あげくであれば轍, あげくではあつて, あげくということは, あげくとこやをはじめました, あげくとど遺骸と, あげくとは云え後で, あげくどうしても汽車に, あげくどうせお鳥, あげくどうにかさいくどりの, あげくどうも気温と, あげくどどどーんぐわーん, あげくんです, あげくなおこういうもの, あげくなんの恩賞, あげくにゃ鬼婆の, あげくにわかに三ツ同時に, あげくにんじんは結論, あげくのちえとは, あげくのどからやっと, あげくふらふらと二階, あげくぶっ倒れ悶絶, あげくへとへとになつ, あげくまず墓詣り, あげくまだゆするとは, あげくまもなく死んで, あげくみな頭をふっ, あげくみんなその場, あげくもうそろそろ飛行の, あげくもし一夫一婦の, あげくもっていた, あげくもはや考えるという, あげくッとの, あげくやって来た駕籠に, あげくゆえ今では一向, あげくようやくこう返事を, あげくようよう石を, あげくわが欠点の, あげくわざと勘当され, あげくわずかに鼻, あげくわたしの達した, あげくわれわれの所, あげくアントニイ・ベエコンのもと, あげくイスパニヤを侮辱, あげくイヨイヨ一行を谷山家, あげくイワンに向, あげくインチキ賭博の名人, あげくオシャベリ姫と一所, あげくオレはヒメ, あげくカナダの安全さ, あげくキンちゃんの願い, あげくキーッというよう, あげくケロリとし, あげくゴールの地点, あげくサイは到頭, あげくジョウがいいました, あげくスウェデンボルグの哲学, あげくソメ子はお, あげくタッタ一人で首, あげくトウトウ悲鳴をあげ, あげくナイフでカンバス, あげくナンキン袋に世帯道具, あげくニセモノを天皇, あげくハヤリ目とカッケ, あげくバサッとお湯, あげくパリへと志し, あげくヘポメニアス氏の頭蓋骨, あげくペツタリ坐り込む, あげくマルセーユへ上陸, あげくモリッツ小母さんはとうとう, あげくヤット現在の中庸, あげく一マイル足らずのところ, あげく一同は彼, あげく一夜のこと当家先代, あげく一応お芳, あげく一文無しになっ, あげく一族の楊松, あげく一昨年の秋, あげく一週間ばかりし, あげく七台の人力車, あげく万金丹を山, あげく三名の影, あげく三平は組み伏せられ, あげく三日すぎると, あげく三田村君と小使, あげく不満と不足, あげく中之島の茶店, あげく久しぶりで逢った, あげく乱暴な言葉, あげく飲ましたらあかんぜ, あげく二十五銭の南京錠, あげく二日三晩もの彷徨いを, あげく二次会だと, あげく二箇月餘の宿料, あげく二里四方も利く, あげく五日という日, あげく五月雨の降る, あげく亢奮風雲をまき起す, あげく交換台のそば, あげく京都の伏見稲荷, あげくの心, あげく人生案内を読む, あげく人間は段々, あげく今度は私, あげく伊東伴作に女, あげく休みたがっていた, あげく住み心地の, あげく住吉橋の中川末吉, あげく佛教の糟粕, あげくによって吉原, あげく例外なしに, あげく便所の中, あげく俊亮の店開き, あげく俊夫君によってたちどころに, あげく保証人へはすぐ, あげく信濃の宿, あげくの股, あげく偶然手を触れ合った, あげく優しい言葉で, あげく元気を振い起こす, あげく先頃京都の清水寺, あげく入りもしない書きぬき, あげく入場券を渡した, あげく部隊の, あげく共に寝所へ, あげく兵舎の窓, あげくの柄, あげく分岐点に雪穴, あげく初音サンの結論, あげく到達しました結論, あげく前局で散歩, あげく力任せに戸, あげく匆慌として立ち去った, あげく千世子のもうとっくに, あげく千金を寿, あげく半田屋のお, あげく半身をがばり, あげく博徒一人をともかく, あげく台所では急, あげくを向い, あげく司馬徽の門, あげく各々の手, あげく吉原の花魁, あげく向島へ, あげく呵々と大, あげく喧嘩をし, あげく四五年前に左足, あげく四人ものアンチャン, あげく四時に出発, あげくは破れ, あげく増田は両足, あげく士卒の大半, あげく外れればそれ, あげく外濠あたりへ捨てられた, あげく多分この屋敷内, あげく多鶴子の口, あげく大写しの中, あげく大学附属の火葬場, あげく大念寺の離れ, あげく大樹の梢, あげく大船一と船, あげく大蔵山の崖, あげく天一という小坊主, あげく天井の隅, あげく太政官からの御, あげく太郎に勧めた, あげく失神しさ, あげく失脚したの, あげく奇妙なこと, あげく妻君の精力絶倫, あげく始終台所に, あげく姿を現, あげくをかつい, あげく娼婦になる, あげくに対して今, あげく子供の時分, あげく学校にでも入れる, あげく守り袋の中, あげく安二郎はおや, あげく官渡から潰乱, あげく実に突如とし, あげくの前, あげく家名を落とした, あげく小夜子サンをかくまっ, あげく小屋のなか, あげく小料理屋で飲ん, あげく少年が夏, あげくは野山, あげく山の幸のモテナシ, あげく島村君をいい加減, あげく工場地帯をぐるぐる, あげく左近は薄笑い, あげく巴里の客舎, あげく平家の大庭景親, あげく年中ゆりの, あげく幽霊のよう, あげく度々の家探し, あげく引っくり返しの枡, あげく弱り果てて死んだ, あげく当時最前衛, あげく彼女の胴, あげく彼奴の眼, あげく彼自身が人間, あげくに到達, あげく後妻に迎えました, あげく従来の生活費, あげく説法を, あげくつてつかみか, あげく思いも寄らぬ, あげく思い出したように, あげく急性肺炎で亡くなつ, あげく怪人丸木にこきつかわれ, あげく恐ろしい大賊に, あげく恐怖のため, あげく悉く冗談に, あげく惜しげもなく, あげく意気地なくも, あげくる日, あげく戸田が, あげく手廻の品々, あげく打ちどころでも悪かっ, あげく抵抗ひとつできず刺し殺されて, あげく拡声器はブブブ, あげく捕われる前日兄を, あげく取の, あげく掴み合いの喧嘩, あげく撲られるぞ, あげく先生の, あげく敗退して, あげく教室へ出向い, あげく新しい書簡せんへ, あげく方々に溜息, あげくが暮れ, あげく旦那にあいそ, あげく早くから彼を, あげくには五日, あげく晩方ふいと, あげく景茂が静, あげく暫く消息を, あげく暴行され発覚, あげく暴逆なる撃沈, あげく最も公明正大な, あげく有り金をさらっ, あげく朝子は自分, あげく未だ帰るべき時期, あげく本国の島民, あげくで一軒きり, あげくにし, あげく森川信の楽屋, あげく検挙されたの, あげく極めて無造作な, あげく櫛二枚を買い求め, あげくに酔い, あげく残暑の酷しい, あげく殺人という事柄, あげく殺害されたらしく警察, あげく母親が弟子, あげく毎日キルク炭を塗る, あげくもぬき目の玉, あげく毛細管支炎喘息腐敗食による大腸加太児, あげく気持ち悪く蒸し蒸し, あげく水原紀代子に関する二三, あげく水戸警察署に捕まっ, あげくの城, あげく江尻で逃がし, あげく汽車に乘つて娘, あげく沈んでしまうで, あげく沈黙して, あげくの中, あげく泊ることにな, あげく洋次郎と葉子, あげく津島という前, あげくをほろほろ, あげくに浸りすぎ, あげく漸く辿りついた場所, あげくの見当, あげく火の見櫓へつかまっ, あげく技巧な, あげく無理強ひに, あげくがしまいに, あげく爺さん婆さんになっ, あげく片腕をまくりあげ, あげく犯人を知る, あげく玄関の入口, あげく現に眼覚しい, あげく生れた子供が, あげく用人部屋へ引っぱっ, あげく田舎の百姓, あげく留吉の立つ, あげく病人もふえ, あげく病院の人, あげく発見して, あげく登志と七ツ, あげく白痴のやう, あげく百圓だけは出す, あげく盲目の美女, あげく相手の鎌, あげく相沢の馬, あげく眠りかけていた, あげく着くやいなこの, あげく石燈籠のま, あげく社長や葉子さん, あげく秀吉は自分, あげくのいま, あげく空蝉みたいな女, あげく突如とし, あげく窮余の一策, あげく立寄らば大木, あげく立廻りに及び, あげく筑紫落ちと落ちぶれ果て, あげく精魂尽きて, あげく納戸で英雄君, あげく細川の藩士, あげく終に陳留へ, あげく絶望したよう, あげく続けざまに頬ぺた, あげくを解かれる, あげく美しいばかりで, あげくをひろげ, あげく考えついたのが, あげくへ一太刀, あげく肺炎で死んだ, あげくが緑青色, あげくをついた, あげくを立て, あげく腹膜を起させ殺し, あげく自信を得, あげく自分たちの事務所, あげく自殺をとげ, あげく花聟を庭上, あげく苦しまぎれのお化け, あげく苦り切って一人, あげく荷物のよう, あげくの密生, あげくの禁足, あげく融けそうな, あげく血走った眼を, あげく行末長く借金, あげく袁更生の一団, あげくへかけだし, あげく西と東, あげく西房の方, あげく見つからなかったというの, あげく見知らぬ隣人に, あげく兄弟に, あげく親類中での褒め, あげく観念によつて観念, あげく試合までし, あげくのよう, あげく資金もやっと, あげく賛成して, あげくをふみすべらし, あげく近頃ではついに, あげくもやっ, あげく退屈のあまりあくび, あげく逃げ出した卑怯な, あげく這入つた時には, あげく遊女を抱い, あげくよくつかまらず, あげく遠征軍は出発, あげく遮二無二連れ去ったもの, あげくをブラ, あげく酔ってオトメ, あげく長崎の毛唐, あげく開始の時, あげく限度と絶望, あげく陶器を四個発見, あげく隣人の男子, あげく非常の手段, あげく頼むように, あげく風邪ぎみの熱, あげく高山という名, あげく鬼神の霊動, あげくかえす反, あげく鹿を一頭, あげく黒田策太郎の厄介