青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あげ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あがる あがる~ あきらめ~ あくまで~ ~あけ あけ~ ~あけた ~あける あける~ ~あげ
あげ~
あげく~ ~あげた あげた~ ~あげる あげる~ あした~ あすこ~ あそこ~ あたかも~ ~あたし

「あげ~」 9750, 105ppm, 1027位

▼ あげ~ (7454, 76.5%)

129 いた 117 いる 74 下さい 58 いるの 46 ゐる 44 みると 43 見ると 42 ください 39 ゐた 31 いたが 28 叫んだ, 泣いた 27 自分の 26 しまった 25 それを 23 いると 22 笑った 21 います, 泣き出した 20 いたの 19 いった 18 いました 17 ある, いるよう, 彼の 16 云った, 何か, 来た, 泣いて 15 くれ 14 ゐるの, 見た 13 いるん, おいて, みよう, 人を, 彼を, 泣きだした, 笑つた 12 いるが, 合図を 11 おくれ, きた, その場, みた, 来て, 言った, 頭の 10 下さいな, 来る, 空を 9 來た, 救いを, 泣くの 8 あった, いますと, みても, ゐたの, 來る, 手を, 泣きながら, 行った, 見せた

7 [14件] いるのに, いるもの, おります, きて, くれと, しまいました, しまつ, みせた, 呼んだ, 居る, 来たの, 私は, 私を, 部屋の

6 [20件] あたりを, いて, いるらしい, おく, きました, こちらを, これを, やって, ゐたが, 一人の, 下さいまし, 下さいませ, 力まかせに, 泣きました, 泣き出しました, 眼を, 私の, 笑い出した, 置いて, 逃げて

5 [37件] あるの, いただきたい, いましたが, いるうち, くれた, しまひました, その方, それが, みたが, みますと, やる, ゐると, ゐるので, 万歳を, 下さいよ, 倒れた, 其方々からも, 制した, 前の, 唇に, 姫を, 居たあの, 彼等の, 来るの, 此方を, 泣いたもの, 男の, 目を, 笑ひ, 答えた, 行つた, 見て, 見ますと, 見ること, 見る蔀窓, 顔を, 首を

4 [52件] あつた, ある時, いつた, いるから, いること, いるという, いるところ, いるので, いる人, いる様子, くださいまし, くださいませ, くる, くれました, こっちを, これに, これへ, しまったの, しまって, すぐに, そこに, それから, ちょうだい, ちらちらと, まじまじと, まるでオーケストラ, みましょう, ゐるやう, 下さいね, 主人の, 佇つ, 僕の, 兵隊が, 出て, 別れを, 助けを, 叫びました, 叫び出した, 哭いた, 喜んだ, 小便する, 居ります, 帆村の, 帽子を, 彼は, 慟哭した, 曹操の, 泣き出して, 私に, 走って, 身を, 頭を

3 [107件] あいず, あります, あるが, いたから, いただきたいと, いたとき, いたところ, いたので, いたもの, いない, いるとき, いるわけ, いる者, おきませう, おくと, おくん, おりまする, お泣き, お相方, きたの, くるの, くれたまえ, くれないか, くれませんか, くれること, しずかに, しまう, そこへ, その道を, それらの, たおれた, ちらと, ぬり下駄, みい, みたの, みて, みました, みる, めらめらと, やった, ゆく, ゐたので, ゐたのに, ゐるその, ゐるもの, ジッと, ホツと, 一度に, 丁寧に, 上を, 下さいと, 両手を, 人に, 今は, 今夜も, 僕を, 先へ, 前を, 叫び曰ふ, 城中へ, 声の, 壺を, 天井の, 天井を, 奥へ, 寝台の, 小便を, 平次を, 後から, 微笑する, 招いた, 拝んで, 挨拶した, 敵の, 次の, 正成の, 死骸を, 水を, 泣き出さうと, 泣き出したの, 泣き出す, 泣く, 燃えて, 父を, 狂気の, 皆に, 相手を, 窓の, 笑って, 老婆の, 腹を, 自分を, 落ちて, 行く, 見ましょう, 見よう, 見れば, 話して, 説明し, 説明した, 足を, 踊って, 逃げた, 透かして, 遊んで, 静かに, 魚を

2 [400件] あいさつし, あったが, あとは, あなたの, あの人, あるお, あるその, い, いいました, いかにも酒, いきました, いく, いただいて, いたよう, いた手, いた鼻, いって, いつもの, いますが, いますの, いるか, いるけれど, いるさま, いるし, いるじゃ, いるメンシコフ, いる中, いる子供, いる店, いる敵, いる時, いる最中, いる間, いる風呂場, うしろへ, うたいました, おいたが, おいてから, おいで, おきながら, おくれと, おこう, おさとし, おどって, おられる, おりましたが, おる, お吉, お延, お通, きたか, きたん, きつと, きます, くださいと, くださいね, くださいましね, くつくつ笑いました, くつくつ笑ひました, くれい, くれたの, くれたもの, くれて, くれという, ぐる, こっちへ, この大, この明智, こんどは, ござる, さけびました, さけんだ, さしまねきながら, した, しまいます, しまうから, しまうこと, しまうの, しまおうと, しまったが, しまったそう, しまふの, しまわなければ, じぶん, そこから, そこを, そして答えた, そして言った, そつと, そのテーブル, その人, その儘部屋, その女, その女給, その姿, その意, その燃えさし, その顔, それに, ちようだい, でんしん, とびあがりぽんぽん, とろとろと, とんで, どこかへ, のぞいて, びっくりした, ぶッ, ほしい, ほの, ぼくを, まいります, みましょうか, みます, みますれば, みようと, むくむくと, むこうの, もとの, もらいましょう, もらえば, もらったり, やつた, やらあ, やると, やるのに, やれば, やろうと, よろこんだ, わめき散らしたかった, わらいました, われわれの, ゐたもの, ゐた頃, ゐて, ゐました, ゐる人, ゐる娘さん, ゐる者, アカイア軍に, オイオイと, カラカラと, キャラコさんの, キラリと, サッサと, トントンと, ドッと, ハタと, ハルクの, バタバタもがき, パッと, メラメラと, 一せいに, 一同を, 一度この, 一礼し, 丁度餌, 上へ, 下さらぬか, 下に, 下へ, 下男を, 主水, 事を, 二人の, 二人を, 云つた, 人の, 仆れた, 今まで, 今日の, 他人の, 伝六が, 伯母さんあの, 何も, 俺を, 僕に, 兄, 先生を, 入口の, 入口を, 兩手を, 八五郎が, 公孫, 凱歌を, 前へ, 北へ, 午後の, 午後三時を, 及び腰で, 口の, 古山を, 叫びいふ, 叫ぶよう, 叫んで, 台所の, 右の, 号泣する, 向いの, 向うを, 吹いて, 吾が, 呟いた, 呼ぶと, 呼べば, 呼んで, 喜ぶ, 喜んで, 喪心した, 嘲笑って, 土の, 地へ, 壺の, 外を, 大空を, 天の, 天井板を, 夫を, 女の, 女房の, 女房は, 好奇の, 妙な, 孝太郎を, 守備を, 室の, 室内へ, 家族の, 小判の, 小屋の, 少し怖, 居りました, 居りましたが, 左右に, 帰って, 床の, 店の, 庭の, 廂を, 彼に, 彼女の, 待つて, 後に, 御痛哭, 心まかせ, 必死と, 必死の, 急に, 或る, 戸を, 戻って, 手に, 打ち消した, 抑えて, 招くと, 招くの, 拝みました, 挨拶を, 揺れて, 敬礼を, 敵へ, 断末魔の, 日本贔屓で, 曰ふ, 木を, 朱の, 来たが, 来ると, 来るもの, 梢の, 梯子段を, 橋の, 檻の, 歌いながら, 歌い出した, 歌って, 歌つた, 正面の, 歩いた, 歩いて, 歩きかけたが, 歩きながら, 歩く, 死んで, 殺到し, 母は, 母を, 水に, 泊り客を, 泣きたかった, 泣きだしたが, 泣きむせぶの, 泣き出そう, 泣き叫んだ, 泣き始めました, 泣くこと, 泣く人, 泳いで, 流れ下る滝, 海の, 涙を, 済まして, 火を, 燃ゆる, 物を, 犬を, 生きて, 甲斐を, 男を, 百姓の, 皆の, 皆を, 目の, 真暗な, 眠って, 眼鏡の, 硝子窓の, 礼を, 私へ, 穴に, 空へ, 空高く, 突撃し, 突貫する, 突進し, 窓から, 窓も, 立って, 笑いたくなった, 笑いました, 笑う者, 答えました, 答を, 置きましょう, 置きませう, 耳を, 腹の, 膳の, 自分で, 自分も, 船の, 船長の, 良人の, 蘭沢が, 血の, 行きに, 行くこと, 行って, 行動の, 裸を, 見えない星, 見せたり, 見せて, 見せる, 見せるという, 見よ, 見る, 言葉の, 語りつづけた, 説明する, 読んだ, 読んで, 読んでも, 調子を, 貰って, 走りかかれ, 走り出したの, 足から, 蹴飛ばしたもの, 車の, 辺りを, 近づいて, 近所の, 返事を, 迫って, 逃げようとして, 逃げ出そうと, 道を, 酒樽に, 醫者を, 鈎合わせを, 門の, 降りて, 降参の, 陸の, 隣家の, 青空を, 頭に, 頸足の, 額の, 飛びあがろうと, 飛びだして, 飛行機の, 馬を, 駈け出して, 騒いだ, 鬢の, 魔の, 鳴くとき, 黒髪を

1 [4342件 抜粋] ああ辛気くせ, あげると, あちらこちらに, あつけ, あの女, あらためてみた, あるし, あるザル, ある筈ぢ, あんあんと, いう, いきなり屋敷, いたころ, いたと, いたら垣根, いた五十嵐鉄十郎, いた昼, いちいちまた, いつも北風, いなとかの, いよいよ声高, いるいとまもなく, いるそう, いるとしか, いるひと, いる中国女学生たち, いる写真, いる大蔵大臣, いる幾つ, いる時代, いる男, いる胸, いる道化師たち, いろいろと, うす笑, うっとりと, うわー, おいた二通り, おきましたが, おく待ちかねて, おそろしそう, おどろかして, おもりの, おりますので, おること, お呉んなさい, お母さんに, お絹, お責め, かけだしたの, かたい靴, かれを, きたもの, きた時, きましたけれども, きりもみに, くださいな, くだすっては, くると, くる力, くる真, くれたん, くれよう, くれるよう, ぐるりと, こう呶, こちらへ, この一水, この山, この無残, この良縁, ころげま, ごらんなさい, さかんに, さしまねいた, さて本, しかして大綱, しきりに彼, しばらく沈思, しまうよう, しまったら, しまふ, しんみりと, じっと彼女, じりじりと, すぐ沖, すすり泣きました, すゝんだ, そういう, そしてお, そっと顔, そのうえにガラス, そのほう, その一ヶ所, その侍, その声, その情け, その旨上申, その相違, その腰骨, その講釈, その鳶, それからは, それですっかり, それも, たしなめるやう, たちまちその, だから各人, ちょっと息, ちらりとうす暗い, ついでに, つばめに, でありましたか, とびこむ, とらうと, どっとくずれなおした, どれほど, ながめ見ば, なにかを, にげまどった, にやにや笑, のどを, はしや, はつきり言ひきります, ばたばたと, ひたすら世間, ひどくそれ, ふくれこの, ふと向こう, ふり向くと, ほうりだして, ぽかり, まずは天皇, また日の目, まづ関, みせたが, みせるよ, みなさるが, みるならば, めい, もう一度その, もまれて, もらえないこと, もれえて, やったり, やつて, やらねえと, やるよう, やろと, ゆくわけ, ゆっくり考え, よかった, よろこびに, よろめきながら, わが頭上, わたしが, われから, ゐたその間, ゐないと, ゐるから, ゐるだらうとお, ゐるん, ゐる如く黙々, ゐる瞬間, ゐる静か, エイヤエイヤと, カヴァード・ワゴンの, キョロキョロと, コンニチハの, シラミでも, ステーションから, ダイナモの, テエブルの, ドカンと, ハロウ, パラパラと, ヒヽヽヽと, フルに, ポンと, ヨシミを, ワアーッと, 一代に, 一喝, 一應死骸を, 一杯飲み干し, 一跳ね跳ねた, 万歳と, 三条口へ, 上方へ, 下さいましきっと, 下さんし, 不作法な, 与の, 世界の, 中に, 乃公の, 乱世に, 了は, 二三歩ヨロヨロと, 二階に, 五六歩追いかけ, 井戸端会議に, 人生の, 今できあがった, 今小松の, 仕舞いには, 仰向, 伏し靡き可憐, 伸子の, 体がちつ, 何の, 余の, 來たい, 促した駕籠, 信吉の, 倒れました, 催促する, 兄の, 全体の, 兵馬を, 内心にわかに, 出京, 列車を, 制止した, 前面から, 助手を, 勢よく, 北条治下の, 千吉の, 南を, 危かしい, 参る, 反対した, 取つて返し, 口説き落した, 叫び出したい, 叫ぼうと, 右側の, 合い図, 合図の, 名も, 吟誦した, 呉れないかね, 周囲の, 呻いた, 呼びましたけれど, 呼ぶの, 和尚を, 哭き伏したので, 問いただして, 喚きたてるであらう, 喜ぶもの, 嘲弄する, 四方柱の, 国政の, 均しく死, 報告する, 声を, 外に, 夢中で逃げ出し, 大きなあくび, 大に, 大形な, 大笑, 大騒ぎに, 天魔太郎を, 夫人を, 奥に, 如何し, 始めて平然, 婢を, 子供の, 学校の, 定明の, 宵月夜の, 家康を, 寛永寺横手の, 尋ねて, 小児の, 小田原へ, 少将たちの, 居た仙, 居る横, 山上の, 山荘に, 崖は, 左右の, 市長は, 帰りかけた, 平太郎に, 幾たびも, 床柱の, 廊下を, 弓鉄砲を, 引揚げた, 強く蹴放した, 彼へ, 彼方の, 待合室を, 徒然の, 御者に, 微笑みかけながら, 忙しそう, 忽ち火閃, 思はず眼, 急いで, 怯えるよう, 患者ひとりひとりを, 悶えた, 愚図, 憂わしげに, 我に, 戦争する, 戸棚の, 扉口を, 打ち据えるの, 打斃, 折りから, 抵抗し続けた, 招きながら, 持って, 振り返って, 捨て子である, 接吻を, 播磨の, 攻勢に, 救出する, 数えられぬ感情教育, 文字通り旧き, 新吉の, 旦浦時代の, 明日は, 春日川の, 暗い空, 最も大きい, 服也犯也惶也と, 木戸を, 村の, 来たな, 来た征呉, 来ました, 来るので, 来る涙, 松の, 柴垣を, 桐の, 椅子の, 横っとびに, 欣びましょう, 歌うも, 歓びました, 正面に, 歩くほう, 歸りました, 殿様の, 水中を, 池の, 沖売ろう, 波の, 泣いてるだよ, 泣きたいくらい, 泣きたてた, 泣きぬ, 泣きわめき男達, 泣き叫び寝床, 泣き泣き馬, 泣く態と, 泳げるまでには, 流れて, 浅瀬へ, 海蛇に, 涙再び, 渋団扇で, 湯呑みの, 滑走中だった, 激励し, 火鉢の, 無人島から, 然し皆, 燃えあがった, 爆沈しさった, 父母は, 片足で, 犯人捜査に, 狙ひうちし, 献金を, 現代は, 生殺与奪の, 男どもの, 病気が, 白雲堂は, 直ちに信玄, 眞一文字に, 眠さ, 着々と, 瞋恚に, 石垣から, 示すごとく神経, 祈り祈り, 禅の, 私達を, 稲井瀬, 空間を, 窓を, 立ちおうじょうを, 立つ, 端折上げた, 笑い出して, 笑ってや, 第三例, 答える, 約四十日間捜索, 統制主義の, 練りまわす, 置いたン, 置け, 群ゐる, 老帝, 聴衆の, 背中を, 能率的に, 膝もとに, 自宅へ, 舞いあがった金貨, 船底に, 芥川の, 若い技士, 苫の, 荒瀬に, 萬歳と, 蔦に, 虎之, 行かうと, 行くよう, 行く道路, 行動に, 表を, 複雑な, 西側の, 見せける, 見せ給, 見とれた, 見るとも, 見知らない客, 覗いて, 言い難い, 訊いたもの, 評判に, 誇って, 説明しよう, 誰れ, 警備を, 貯うる, 貰ふ, 賛同を, 走つて來, 走り寄る, 足もとの, 跳び出した, 蹴ったらば, 躍りこむと, 車を, 輕蔑しきつた, 迎へる, 追いついた, 追つて, 逃げだすと, 逃げまどって, 逃げ出しました, 逃出した, 這いよるの, 連れて, 遊べるさま, 遠くから, 邦夷を, 酔ひ給へ, 金博士の, 鉄砲を, 長ったらしいひとりごと, 間が, 闇空を, 降参し, 階段に, 集中された, 雲ばなれ退き居り, 青江を, 靴下の, 頬を, 頽廃の, 飛びあがると, 飛ぶ季節, 飛退きます, 首の, 馳せ逃げたあと, 騒がれるの, 高いところ, 高く見上げろ, 鬱然たる, 鳴いて, 黒と共に

▼ あげながら~ (366, 3.8%)

3 云った

2 [18件] いつ終る, それらの, 一目散に, 両手を, 云うの, 何十羽と, 呟いた, 土間の, 子供の, 彼は, 私は, 窓際に, 背に, 自分の, 苦しそう, 言った, 静かに, 駈けて

1 [327件] あとから, いい機嫌, いかにも傲慢, いきなり裸美人, いっしんに泳い, いった, いつもの, いひました, いまにも悪い, いろいろな, うしろへ, おばけ玉を, おみや, お互に, お大名どうし双方, お藤, お銀, かけだして, かれは, きっぱりと, くるりと, こちらに, こなたへ, この男, こんなにムダ, しかしもう, しくしくと, じっと考えこん, じりじりと, じわじわと, そのとき, そのへん, その二つ, その場一面, その声, その廻り, その弾, その方, その火, その美しい, その胸元, その花束, それは, そんなこと, ただもう, たれが, だんだん力, ちー, つづけた, つまり今夜俺達, とびのきましたが, どしん, なおも来る, なおも燃えひろがっ, なれ, にっこり笑った, のた打っ, ぱっと斎服, ひときわ高い, ひょいと見る, ひよつこり現, ぶっ倒れ, ぶらりと一歩前, ほうっと, ほんのそこ, まず敵行軍, また叫びました, まだ歩い, まるで風呂屋, むこうを, むっつり押し黙っ, やむなく夷陵, ゆるゆると, わずかに, コクリコクリと, コトエが, サイパンの, ショボショボした, ジュピターの, チヨツキの, トゲの, ドンチヤンと, ニヤつい, ハッキリ答えた, バスの, パーヴェル・パーヴロヴィチを, ワナワナと, 一つしか, 一わたり室内の, 一人ゐる, 一団に, 一握りの, 一群の, 一行の, 万歳, 三人の, 上杉軍の, 下って, 下に, 下へ, 下ッ引, 不自由な, 世界の, 丘の, 両手で, 主人へ, 主水, 二十二三の, 云いだした, 云う, 云っただ, 互ひ, 今まで, 体操を, 何といふ, 何事も, 侍女たちを, 信吉は, 倒れるやう, 優しい奥方, 元の, 先刻グロテスクだ, 其の腕, 凛とし, 凧の, 刀へ, 前方へ, 勇みたって, 動力所を, 卓一の, 友人の, 口の, 叩いて, 叫んだこと, 右へ, 右往左往する, 右門の, 向う見ずに, 呟くので, 呶鳴った, 咄嗟に, 唄い出した遊客, 嘶いた, 四方八方へ, 地に, 地獄絵巻を, 坐つて, 外に, 夢中に, 大きな円, 大路の, 奥の, 奥座敷目がけ, 如何にも弱々しさうな, 妙な, 娘を, 孟宗の, 家路に, 小さな太い, 小さな眼, 小屋へ, 少し体, 少し大きな, 尿する, 屍体置場に, 岩太郎は, 巡査に, 床の, 廊下を, 引きずり出されて, 引き揚げて, 引返した, 張均へ, 当る物, 彼女は, 彼方に, 往来をの, 後押を, 徳川家の, 忰の, 念仏し, 怒るやう, 怒濤, 思った, 怯えた位, 悪鬼の, 悲しさうに, 感心した, 我家の, 手を, 手紙を, 打つ蹴る擲, 抱きすくめて, 押入れを, 指を, 振返って, 描くといった, 断末魔の, 日速四百十九メートルと, 早く来い, 曳かれて, 木の間を, 木鼠胴六の, 本妻の, 村道を, 板塀を, 桑畑の, 歌い出したから, 歩き出した, 殺到した, 気に, 江岸へ, 沈んだ顔, 流して, 浜辺を, 淑やかな, 混雑の, 滾, 無数の, 無智, 爆発する, 片闇, 牧子も, 独りごとの, 猫をも, 獄舎の, 理由を, 生意気らしく, 甲斐の, 男に, 畑の, 異な, 疲れた燕, 疾走し, 登った, 登代が, 皇甫嵩の, 盃を, 監物の, 眠りの, 眼の, 眼は, 眼を, 着陸した, 砲弾の, 硝子戸に, 碇泊し, 磯野は, 私と, 空中を, 空間を, 突き落とすの, 立上っ, 竜太郎の, 笑った, 笑って, 笑ひだした, 笑ひました, 笑みを, 笑止にも, 答えた, 答えました, 素頓狂な, 終ひ, 絨氈の, 絶えず号令, 絶望した, 緩傾斜, 繁みの, 背後の, 腹立し, 膝かけを, 自分勝手な, 舳を, 船尾の, 苗が, 荷車の, 蜀兵は, 袂を, 西に, 見ると, 見る間, 言いました, 言い合わしたよう, 言って, 言つた, 訊ねた, 質問した, 足の, 足もとに, 足を, 跣足で, 跳び立って, 身に, 軍馬の, 迎えた, 近くに, 近づいて, 返事を, 追いかけて, 追っかけて, 追ひかけ, 逃げて, 逃げ出しました, 逃げ迷うて, 逃げ迷った, 通って, 進む, 進んで, 野武士の, 金五郎は, 銀子は, 鋸の, 闘争を, 障子を, 顫音で, 首だけを, 首を, 馳けて, 駆けよつて, 駆け寄った, 駈ける馬, 騒ぎたったの, 鮎子さんと, 鹿爪らしく唸つた, 麦畑の, 黙って

▼ あげたり~ (183, 1.9%)

22 して 8 した 7 さげたり 4 しながら, するの, 手を 3 下げたり 2 しました, じっと寂, そうかと, スコープを, ワーッと, 両手を, 屈んだり, 脚を, 首を

1 [113件] あちこちに, あるいはそれ, いささか公, いろんなこと, おからだ, おしや, おどったり, おろしたり, お話を, かじかんだ手, くずして, ぐるぐる廻っ, しが, したため, したところ, したので, した頃, しなければ, しましたが, しょんぼりうなだれました, すぼめたり, する, するくらいの, するのよ, するほか, するもの, するんで, する工夫, そのほか, その他いろいろ, たいへんな, なかなかいそがしく, ふりま, ほえたり, ほっそりした, また競技, めづらしく, ウサギに, スコップを, スコツプを, ブルブルツと, ペン先に, マッサガテ人の, 一方では, 下したり, 人の, 介抱し, 仏さまの, 仔どもたちに, 伏せたり, 俺も, 兇器を, 前二者, 千登世を, 卓を, 受けたり, 口を, 口小言でも, 可笑しくも, 呉服屋の, 呪ったり, 国民儀礼みたいな, 大いにおばさん, 奉仕を, 奥さんに, 女でなけれ, 室内の, 小川を, 小石の, 尻を, 山の, 岩矢天狗さんと, 床の間の, 座敷の, 庭の, 後肢で, 御丁寧, 手紙を, 拳固を, 時おり大声, 板戸を, 果物の, 梅干あげ, 横に, 歓呼の, 毛脛を, 水を, 水面の, 洋服は, 浅ましい策動, 海を, 熔岩を, 犬の, 生きものの, 線香を, 肩を, 脚踏み, 船室の, 苦情を, 裸に, 見るも, 足で, 踊りあがる, 踏み台に, 蹲つてパタ, 躍りあが, 身の, 逃げたり, 鋸の, 門を, 頤を, 頬の, 鬼ごっこを

▼ あげても~ (163, 1.7%)

1210 いいわ 9 よい 7 いい 6 いいよ 5 いいと 4 いいです, いいん 3 いいが, いいの, いいわよ, よいが 2 いいから, よいと, 好いよ, 藪の

1 [86件] あの猪, あの観音像, いいけど, いいし, いいじゃ, いいで, いいでしょう, いいといった, いいなんて, いいね, いい人, え, ええぞな, お父さんは, お読み, かまわないから, かまわないが, かまわないという, このまま, この塔, この子供, この馬糧小屋, これが, すぐには, それを, ただ笑っ, だめか, どうかと, どうしてもお, ぼくには, まさか, まだ泣い, まだ足りない, やっぱりお父さん, よいけれどね, よいの, よい値段, よい時期, ようございます, よろしいかと, よろしいん, よろしい五人, よろしゅうございます, わたしは, ゐられるけれども, エッちゃん, マア坊は, レンチヘンの, 一万四千に, 一尺あがった, 中央では, 二尺か, 仕様が, 列車にも, 判ること, 可いが, 善いの, 大丈夫, 天井や, 好いが, 好いわ, 好かった, 始らぬ, 姿は, 宜い, 心は, 志賀直哉の, 悪魔は, 房, 数十年来国語の, 気づかいは, 気にいらなくて, 気温や, 泣くん, 海を, 無効でしょう, 痛いし, 私は, 移れかし, 良いが, 荊州の, 詩を, 誰も, 遺恨の, 金を, 顔見合す

▼ あげ~ (96, 1.0%)

9 なって 4 して, なりました 3 なっては, なること, なると, ゆく 2 けり背, なるが, なるの

1 [61件] いったあいきょう者, かかった, かかったが, かかったので, かかると, くること, けれ, されたまま, し, しなければ, しや, でて, なったらどう, なったケース, なった本, なった歌, なつた, ならなかったの, ならぬと, なりなお, なりましたが, なりましたなら罪, なりますわね, なりませんよう, なり御, なるそう, なるため, なるだろう, なるって, なるでしょうきっと, なるといふ, なるほう, なるん, なる一瞬, なる方, なれば, ゆきます, 來る, 出かける前, 出ました, 出る, 家へ, 弁松から, 役立つの, 往って, 持って, 来たあの, 来たの, 来て, 東京へ, 此処へ, 汗の, 着て, 破れ生野銀山, 行くだけが, 行くの, 行った, 行って, 行つた, 行つたところが, 行つた事を

▼ あげ~ (64, 0.7%)

3 解けて 2 だん, 段から, 長い壮士, 靴を

1 [53件] あたりに, あどけなき白足袋, ある子供達, ある私, ある紺木綿, ある者四人, ある肩, ついた肩, できた顏, できるよう, はなしは, 中に, 中にも, 人たちそして, 分け前を, 初めに, 勘定を, 取れたばかりの, 取れない時分, 吉日ここで, 小太郎山へ, 当日は, 形に, 意気で, 日々を, 松山は, 段取りまでに, 毛が, 滝, 独自の, 玉, 目だつ友禅, 節に, 紗綾形絞り, 者が, 背後姿へ, 腰を, 色彩も, 蓮きんぴらごぼう御飯たべたかった, 見物を, 赤い靴, 軽子, 辛苦も, 辛苦を, 辛酸な, 過ちから, 過を, 際良人と, 霧の, 靴も, 音脱らしく, 音転である, 香を

▼ あげては~ (59, 0.6%)

2 いけないの, それを

1 [55件] ぐいぐい揺ぶる, さわぐだけ, すまないが, そつと, どうか, どうでしょう, どうです, ないが, ならないと, なりませぬぞ, ぽん, また, またさっさと, また落した, やまぬという, ゐない腑, スカアルの, パネルの, 一行の, 伸びたり, 受けとめる, 受けとめ両手, 口の, 可笑しいかね, 堕ちて, 太田の, 如何な, 実に見事, 小便だ, 廻游し, 後醍醐方へ, 悪漢どもに, 憤り, 折々新吉, 振った, 書物卓の, 正行も, 沼の, 涙の, 生きてたとき, 眼を, 砲火の, 立ちどまつて扉, 自分が, 色々な, 虱と, 血の, 裸に, 親し気, 谷間に, 走って, 走る, 足を, 通る, 長く伸び

▼ あげ~ (53, 0.5%)

6 して 2 かしと, 食ひ

1 [43件] あげて, さらって, されたま, されつつ, したなり, したまま, しなければ, しましょう, しめなおしながら, しようと, する, するには, するの, するので, するやう, する一種, する事, する黒坊, せられますか, そなえて, たべたばかりの, つた, とき袋帯, なされたらたちまち, ぷりぷりと, ほどき帯, みんな持っ, ゆるめた, ゆるめて, り候, る舟わき, 売り歩いて, 弄くっ, 得たいと, 戒める様, 機に, 殊に好く, 沢山買はせ, 焼いてる匂, 略しまして, 短く刈つて, 解いて, 許可しない

▼ あげての~ (27, 0.3%)

1 [27件] お祭り, さわぎです, そりと, 人間性の, 凶賊逮捕の, 卑俗化と, 国粋主義は, 大戦乱, 大歓迎, 大評判, 奮闘である, 建て直しでなくちゃ, 強がりに, 御努力, 心配だ, 戦争に, 日章旗神輿群衆, 歓待であった, 矢の, 祝勝日だ, 祝賀には, 競輪騒動であり, 簫篳篥浦安の, 罪穢を, 行動に, 警備陣が, 音楽葬が

▼ あげ~ (24, 0.2%)

3 したが

1 [21件] こと, しないで, しないであろう, しないでしょう, せなん, そう云い云い, だ, つたやない, どっかりと, ユリが, 俺謝罪つてや, 手を, 日本の, 松山と, 決して心配, 真珠の, 笑った, 繻絆の, 蝶の, 起って, 銚子を

▼ あげつつ~ (23, 0.2%)

3 ある

1 [20件] あること, あるという, あるも, いと決然, かわって, まくしたてた, もがく有様, もはや歩行, ゆうゆう帆走, 叫んだ, 堂々と, 帰りたり, 幾度も, 森の, 横浜から, 焼けたり, 近づくの, 鏡に, 馬車の, 鳥刺しの

▼ あげやう~ (23, 0.2%)

43 とした, にも重箱 2 と思っ

1 [11件] とし, として急い, とする, とせず, とはしなかつた, と思つて, と思ひました, と立, と言つた相手, もありません, をする

▼ あげぶた~ (21, 0.2%)

2 になっ, のところ

1 [17件] があい, がある, がたたまれ, がつい, が密閉, が横, となっ, に中, に錠, のそば, の板戸, はもと, をあけ, をおろし, をおろす, をとうぶん, をやぶった

▼ あげその~ (19, 0.2%)

1 [19件] もつ調和ハーモニー響きあいを, 上に, 上を, 中に, 人力に, 喜びの, 帰宅を, 当日に, 泉の, 涙の, 猛威は, 眼を, 自分の, 蓋いちめんに, 話を, 隙間から, 面白い戯言, 領袖にも, 顔を

▼ あげ~ (17, 0.2%)

1 [17件] あって, あつて, ある, うまくいく, それに, できない, とれたばかりといふ, はじまる, ほどけかかって, 一躍十九円六十銭也, 五円に, 八円五十銭, 来たの, 横あいから, 涼を, 目の, 見事だ

▼ あげ~ (17, 0.2%)

3 人手を

1 [14件] あるよう, しないの, しなかった, するあの, すんで, せずに, とれないよう, まだしてなかった, もりあがって, 取れないうち, 商用も, 存外おもしろい, 肩あげ, 遣つて

▼ あげそれ~ (16, 0.2%)

1 [16件] からニッコリ, から長ちやん, がすむ, こそ化けそこねた, に深山茶漬, に答え, は破れた, をすかし, を井戸, を妻子, を小さく, を左, を救助, を肩, を里芋, を頭

▼ あげてから~ (16, 0.2%)

1 [16件] かう靜, それを, だまって, だ中, どの程度, もう十日あまり, 三月も, 又成瀬, 娘を, 御飯を, 悠々と, 王様は, 紙に, 茶の間の, 走るよりも, 通りすぎて

▼ あげ~ (16, 0.2%)

2 さりまし蔭

1 [14件] え, ザマでは, 可愛い若殿, 大きいトラクターお前, 女は, 奴に, 嬶アば, 棒っ, 歌バッカリ毎日毎晩歌わ, 男が, 非道い, 風じゃあ, 風で, 鬼の

▼ あげ~ (12, 0.1%)

2 へう, へんえ 1 さ, ちょう, ひょう, ひょうか, ほ, ほしきにて, よ, ゐら

▼ あげまた~ (11, 0.1%)

2 慌しく潰し 1 さしつぎ, その水, 三木城の, 久慈を, 他の, 大笑いを, 後に, 或る, 敵の

▼ あげ~ (11, 0.1%)

4 をとる 1 とられ喧嘩, のとりっ, をとった, を動かし出す, を取った, を取ろう, を釘

▼ あげ~ (10, 0.1%)

1 うもなかつたの, げする, げするき俺, げする様, した不幸, した法王ピウス七世, っした奏任官さま, へすれ, れるの, ッし

▼ あげ~ (10, 0.1%)

1 がため, で鼻, のない, の一団, の方, をうしろ, をふりあげ, を大きく, を振っ, を振りまわし

▼ あげそして~ (9, 0.1%)

1 いかにも原始的, ひときれ, ふわりと, 動かなくなった, 無益に, 眼を, 自分の, 足もとの, 黙々として

▼ あげ~ (9, 0.1%)

1 かなんぞのよう, になっ, にひきだしました, のコンクリート, の水ぎわ, はみるみる, へいそぎました, へ近づい, までおり

▼ あげ~ (8, 0.1%)

1 が人間扱ひで, ちかく鳥, というもの, なんか, についていく, によりあるいは, は外, を取り

▼ あげ~ (7, 0.1%)

1 せいを, たつは, 互ひ, 京は, 神樂の, 通から, 階段廻りを

▼ あげこれ~ (7, 0.1%)

1 とも連絡, につづき, に丹念, は百万坪どころ, へ大岩巨石, をあげし, を斥け

▼ あげさげ~ (7, 0.1%)

5 して 1 が次, に気がつけ

▼ あげそれから~ (7, 0.1%)

1 ペンベリーを, 両手を, 大騷ぎ, 床板を, 後という, 急に, 目を

▼ あげ~ (7, 0.1%)

2 くれやす 1 ちょう発偽証を, テッパーチーカイ, 佃煮しか, 羽根つき, 茶漬

▼ あげ~ (7, 0.1%)

1 の頭, は俊夫君, は幾度びか胴上げ, は独特, ももうそろそろ, を撲ち続けた, を追って

▼ あげそう~ (6, 0.1%)

2 もありません 1 だったの, になった, にもない, に見える

▼ あげてを~ (6, 0.1%)

1 いたの, どりの, りぐんと, りました, ります, るです

▼ あげまき~ (6, 0.1%)

1 からわ, という貝, といふ貝, に長き, の, のむかし

▼ あげ~ (6, 0.1%)

2 の果て 1 お猫さん, でちょうど, に放り出されれ, 少しなり

▼ あげ~ (6, 0.1%)

1 と共に神, の姿, の無残苛烈, は人々, は確か, をながめ

▼ あげ~ (6, 0.1%)

1 がキュッ, とを義雄, に並ん, のまま, の紐, を履い

▼ あげ~ (5, 0.1%)

1 会社へ, 何かを, 泣きては, 海苔茶漬を, 見た芥川

▼ あげ~ (5, 0.1%)

2 るべきだろう 1 あね, るるつもり, るる聖殿

▼ あげあるいは~ (4, 0.0%)

2 足を 1 腕を, 長剣の

▼ あげかた~ (4, 0.0%)

1 さ, でございまして, とにやにや, をし

▼ あげじっと~ (4, 0.0%)

1 朝倉先生を, 眺めて, 耳を, 臂の

▼ あげでも~ (4, 0.0%)

1 いい, したよう, 見て, 頼んで

▼ あげはの~ (4, 0.0%)

1 ちょうを, 蝶の, 蝶は, 蝶や

▼ あげよう~ (4, 0.0%)

1 にもどう, にもなみなみ, に紙, もない

▼ あげ~ (4, 0.0%)

1 の血, をかむ, をかん, をつけ

▼ あげ~ (4, 0.0%)

1 おそくまで, の巡回, の食事, はほのぼの

▼ あげ~ (4, 0.0%)

1 をしばたたき, を見はり, を見開い, 深くした

▼ あげあし~ (3, 0.0%)

1 をとつて, をとる, を取る

▼ あげいかにも~ (3, 0.0%)

2 きれいに 1 無造作に

▼ あげがち~ (3, 0.0%)

1 だと, である, なの

▼ あげすこし~ (3, 0.0%)

2 頽れ 1 引きさ

▼ あげちゃ~ (3, 0.0%)

1 いけないと, 下さらないでしょう, 気の毒だ

▼ あげてぞ~ (3, 0.0%)

1 我が呼ばふ, 指さし問い, 見たる何

▼ あげてと~ (3, 0.0%)

1 けだすとか, ほい麓, 言っただけ

▼ あげてね~ (3, 0.0%)

1 あたしは, そして伯母さん, 下手人の

▼ あげてもよ~ (3, 0.0%)

3 ござんす

▼ あげてよ~ (3, 0.0%)

1 あたしが, かつた, 可愛がらないならわたし

▼ あげてよね~ (3, 0.0%)

1 いいでしょう, いっしょに, 助太刀し

▼ あげなど~ (3, 0.0%)

2 して 1 したが

▼ あげもう一度~ (3, 0.0%)

1 強く接吻, 河童へ, 男に

▼ あげ乍ら~ (3, 0.0%)

1 そうしてふい, つんのめった, 苦しんで

▼ あげ人眼~ (3, 0.0%)

1 につき, につきひと, につく

▼ あげ~ (3, 0.0%)

1 でぱくりと, の中, を開い

▼ あげ床板~ (3, 0.0%)

2 をはずし 1 のうえ

▼ あげ~ (3, 0.0%)

1 いやう, え位, くなりますよ

▼ あげ座敷~ (3, 0.0%)

1 から座敷, で酒宴, の上框

▼ あげ~ (3, 0.0%)

1 の通り, もつまる, をだにつく

▼ あげ~ (3, 0.0%)

1 る場合, る時, る者

▼ あげ独楽~ (3, 0.0%)

2 を廻せり 1 を廻し

▼ あげ~ (3, 0.0%)

1 の前, を東, を覚ました

▼ あげ長い~ (3, 0.0%)

1 袖の, 青竜刀を, 髪の毛を

▼ あげ~ (3, 0.0%)

1 の上, をさげる, をふり

▼ あげ~ (3, 0.0%)

1 はていねい, を左右, を振っ

▼ あげ~ (3, 0.0%)

3 のごま

▼ あげあたかも~ (2, 0.0%)

1 その雑誌社, 人の

▼ あげいぶかし~ (2, 0.0%)

1 さうに云ひ, そうに

▼ あげいろんな~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ あげお蔭~ (2, 0.0%)

2 で男児

▼ あげこれら~ (2, 0.0%)

1 にならっ, の各

▼ あげさえ~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ あげさげ呼吸~ (2, 0.0%)

2 の続く

▼ あげさも~ (2, 0.0%)

1 うれしそう, 大軍の

▼ あげしかも~ (2, 0.0%)

1 その中, 金を

▼ あげそうして~ (2, 0.0%)

1 うす目, 意気昂然として

▼ あげそこ~ (2, 0.0%)

1 から宇佐美弥次郎, の小ぢんまり

▼ あげそしてまた~ (2, 0.0%)

1 喰べつづけた, 眼を

▼ あげそのまま~ (2, 0.0%)

1 ドブーンと, 下段の

▼ あげそれで~ (2, 0.0%)

1 わるければ, 右の

▼ あげたりなんか~ (2, 0.0%)

1 して, するからね

▼ あげつくづく~ (2, 0.0%)

2 と見

▼ あげてわ~ (2, 0.0%)

1 アと, ッと

▼ あげなお~ (2, 0.0%)

1 なにか云い, 臣賀老人が

▼ あげなほ~ (2, 0.0%)

1 も破, も腹

▼ あげはのて~ (2, 0.0%)

1 ふと云, ふは

▼ あげひいては~ (2, 0.0%)

2 小説全体として

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 い, え

▼ あげまつ~ (2, 0.0%)

1 しぐらペーサンドロス襲, す

▼ あげもしくは~ (2, 0.0%)

1 訳あり, 返還賠償の

▼ あげもの~ (2, 0.0%)

1 と言はず, をし

▼ あげやがて~ (2, 0.0%)

1 は武門, 笑い乍ら

▼ あげゆっくり~ (2, 0.0%)

1 した口調, と本

▼ あげネダ~ (2, 0.0%)

1 の板, をあげました

▼ あげ一切~ (2, 0.0%)

1 の不浄, の苦しみ

▼ あげ下げ~ (2, 0.0%)

1 して, するん

▼ あげ下し~ (2, 0.0%)

1 にも気, も心配

▼ あげ二人~ (2, 0.0%)

1 ずつひとつ, で舁い

▼ あげ人間~ (2, 0.0%)

2 の動物的

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 かを停車場, を観

▼ あげ何事~ (2, 0.0%)

1 かを言つて制止, につけ

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 が待て, にも別に

▼ あげ全身~ (2, 0.0%)

1 の力, を真紅

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 めし前, めし前髪の

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 に出す, 鰭を

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 た, よ

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 などをこしらえる, にかけ

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 を出す, を放っ

▼ あげ大きな~ (2, 0.0%)

1 深い眼, 風呂敷包みを

▼ あげ大吉~ (2, 0.0%)

1 は大吉, もさんせいらしい

▼ あげ大声~ (2, 0.0%)

1 でいつ, で叫んだ

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 の酋長, をみあげた

▼ あげ子供~ (2, 0.0%)

1 と久保, の寝床

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 八を, 市民的インテリゲンツィアとしての

▼ あげ小さな~ (2, 0.0%)

1 こゑにて, 智嚢を

▼ あげ屋根~ (2, 0.0%)

1 をつたっ, をガサガサ

▼ あげ帽子~ (2, 0.0%)

1 など花嫁, をかぶった

▼ あげ後者~ (2, 0.0%)

1 には罪, は比重

▼ あげ或は~ (2, 0.0%)

1 急いで, 闘いを

▼ あげ戸障子~ (2, 0.0%)

2 を外し

▼ あげ~ (2, 0.0%)

2 からの南

▼ あげ曹操~ (2, 0.0%)

1 が論破, をにらん

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ あげ~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 に縋る, に背中

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 とする, などとさえ思った

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 をかい乾し, を混ぜ

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 という時刻, の魚

▼ あげ清元~ (2, 0.0%)

2 やら長唄

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 にのつて, の如く大挙

▼ あげ~ (2, 0.0%)

2 にはハネ橋

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 はひょいと, は芒笛

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 はね, へかし云々

▼ あげ羽丸~ (2, 0.0%)

1 てえんだ, も焼けちゃった

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 でボコポン靴, の上

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を生ける

▼ あげ~ (2, 0.0%)

2 に火

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 の輪, を停めさせた

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 を振り鳴, を鳴らし

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 の中, を見

▼ あげ~ (2, 0.0%)

2 を鳴らし

▼ あげ~ (2, 0.0%)

1 に皺, の孔

▼1* [656件]

あげあいつの凶悪, あげあしとりになつて, あげあたりを見廻す, あげあなたも手, あげある者は, あげいい靴でしょう, あげいかに田舎の, あげいきなりそこに, あげいつか山の池, あげいま更にまた, あげいよいよ馬超, あげいろいろとはげまし, あげうどんを二つ, あげうまく行つたら, あげ業の, あげえな機械が動いてる, あげえらい勢で, あげおかあさんもどんなに, あげおのれの無力, あげおびただしい旗が, あげおまけにこの, あげお布施でもたんまり, あげお母さまのお, あげお母さんに押しつけ, あげお茶を出し, あげお願いしますと, あげかえって王や, あげかさかさな顔, あげかすかな微笑, あげかたがた薨去の当夜, あげかつ弁じて, あげから頬にかけて, あげがたく足に, あげきつと二人, あげくらい空を, あげくるりと裾, あげくわしく復命書を, あげぐるっと砲門の, あげむりあぐれば, あげここの守備, あげこそすれまさか, あげこの朝の, あげこんなに喜んだの, あげごうッと, あげごく曖昧に, あげさいごに, あげさうだつた, あげさうになる途端, あげさくらはな咲け, あげさし公子には簪, あげさぞさっぱりなさいましたでしょう, あげさて彼は, あげさらに女たちの, あげされんばかりの人気, あげざまいきなり窓枠いっぱい, あげざま無残なこと, あげしげしげと卓一の, あげしずかに人群れ, あげしばし考えこんで, あげしばらく微笑を, あげしもの也, あげすぐ船暈ざまし, あげそそくさ部屋を, あげそちこち転々, あげそっと部屋を, あげそれなり半身を, あげそれにいくつかの, あげそれらの神聖さ, あげたかりしに, あげただちに逃げれば, あげたまへ, あげたりがつくり首, あげたりはしないだろう, あげだが女は, あげちゃあ歩行い, あげちやあ歩行, あげちやつたのよ, あげちょッと仕事, あげちよつと穴, あげつぎに上半身, あげつぶてのよう, あげていうのだった, あげていねいに紙, あげてかぢめ採りゐる, あげてかぞふべからず, あげてかの者を, あげてかわ沙魚を, あげてくらい窓を, あげてこそやれと, あげてさはつて, あげてしもべの指さす方, あげてという伸子の, あげてなあそれこそ, あげてにやっと笑った, あげてねと言ひきかせ, あげてねんごろに, あげてやがる, あげてやらア, あげとはきまらない, あげとびとびして, あげともにたのしんだの, あげどこかに雲, あげどの頁からも, あげどんどん前進し, あげなかに向, あげなかには声を, あげなどもする, あげなほアフリカ旅行の経験, あげなもなおもしろかねえ, あげなんかして, あげについてはこわかった, あげになつて, あげには兵士一小隊見送りに, あげにまで利用され, あげにゃならん, あげにやならんて, あげにやりと笑ひました, あげにゅっと伸ばした腕, あげはだのしじみ, あげはるかの山顛, あげはを見守って, あげばさんと海, あげぱっと男の, あげぱんぱんと拍手を打ち, あげひざをたたい, あげひと風呂敷の, あげひとかたまりになっ, あげひどく泣きじゃくりながら, あげひょいと一本後に, あげぴゅうぴゅう吹き出した, あげぶるぶるふるえる両手, あげべろつと舌, あげほそい真珠の, あげほっとした思入れ, あげほとんど垂直上昇で, あげほどよく配置し, あげぼくの声, あげまさアね, あげまだやまぬ拍手, あげまっさ, あげまるでゴールの, あげみどりは黄色い, あげみょうなだい, あげみんな一緒に立ちあがる, あげは煩, あげむしゃむしゃと食い, あげむしろの上, あげむつきを代え, あげめえとするの, あげめちゃくちゃに明滅, あげもう馴れたから, あげもう少し考へて, あげもし詠じもし, あげもの五銭を買い, あげやう何が好い, あげやう緑平老にでも, あげやけになっ, あげやれやれなんの, あげゆか板をはずし, あげゆるく右の, あげゆツくりした低い, あげよたよたと走った, あげわきの叢, あげわけの判別, あげわざと物々しげ, あげわずかに木村, あげわれをし, あげわれわれの耳, あげアーク燈と凍った, あげウンウンいいながら, あげオオ断って, あげオルガ姫を楯, あげガリガリ光って, あげキャラコさんと向い合っ, あげクルリと身, あげケロシン油をかけ, あげサッと海風の, あげドタドタ足踏みをし, あげハデな化粧, あげハンカチーフの上, あげパンをおいし, あげピアノの黒漆, あげピチャピチャと足音, あげピッタリと窓, あげフラリと落ちかかる, あげブーンと一ふり, あげポンプと化し, あげマストにぶつかり, あげモトムがすわりなおす, あげモンテ・カルロ海浜倶楽部がその, あげレニエーの如く, あげ一つ精一杯なじって, あげ一円九十銭二日目は来客三十人, あげ一寸表紙を, あげ一層声を, あげ一帆また一帆, あげ一方では不意, あげ一般の男, あげ一雨来るかも, あげ七人のうち, あげ七顛八倒の苦しみ, あげ三十人が列, あげ三日ぶりに入浴, あげ三番目がわめき, あげ上役の声, あげ上気した顔, あげ不意に横, あげ両手をのびのび, あげ両脚つよくひらい, あげ中二階へ踏込ん, あげ中国山脈の美作国, あげ中央執行委員長欠員のもと, あげ中宮寺の像, あげ主用あり急ぐとて, あげ久慈の胴, あげ乍ら一かたまりに, あげ乍ら七里の道, あげ乍ら小屋の四方, あげ乍ら新次は父, あげ乗り下ろして, あげ九州の北条城, あげ乳首を求める, あげの門, あげ事務長は三〇, あげ事実上の婚姻予約, あげ二三度弾んだだけ, あげ二三杯ひつかける, あげ二枚かってすこし, あげ交歡淫樂して, あげ人々はその, あげ人命をギセイ, あげ人差指で鋭く, あげ人間突撃隊を踏みにじろう, あげでは既に, あげ今日は古, あげの少々, あげも實費, あげ代金のうち, あげ以前のこと, あげ会場までデモる, あげをえび, あげ何だかひどく気がかり, あげ來賓の先輩, あげ信清さんが落とした, あげを追って, あげ修羅のよう, あげ候時下晩秋黄落しきりに候, あげ借着の寝, あげ健康を保ち, あげの痛み, あげ優雅な日本, あげにエーリス, あげ先端から火, あげ先陣に酒井左衛門, あげ財産を, あげ兵助を抱き起し, あげ其處を秋岳, あげ内外より蜀軍, あげ内容を出し, あげ再び築山の, あげ再会を約し, あげの下, あげ刷毛箱にいれ, あげ前部のつづき, あげ前何もの, あげ創造しようと, あげ力まかせに抵抗, あげ助けを呼ぶべき, あげ勇ましく船出する, あげひし, あげ北向の三坪, あげ北極に呼びかけた, あげ十七八で帳つけ, あげ十分な俸給, あげ十左に向かっ, あげ十重二十重の包囲陣, あげ午後三時という, あげは土中, あげ卓子をどすんと, あげ博士が先頭, あげ厳然と不動, あげ野火止の, あげ友ちゃんの半, あげ反対の大, あげ口々になにか, あげ口中から針, あげ句自分自らを市長, あげ召し物帯いっさいが女, あげ可愛らしき人品なり, あげ右手のあった, あげ合図の笛, あげ吉原太夫の最後, あげ名声は隆々, あげ向きをかえ, あげ呆気にとられ, あげ周囲をうかがい, あげ味方のうち, あげ呼売りをし, あげ和装した他, あげ哲人の族, あげをうたい, あげを嗄らす, あげ喜び勇んだ兄弟姉妹, あげ四十本のパイプ, あげ四年以来一度も首席, あげを逐, あげ坊主頭の上, あげ坪谷は口, あげ城門も吹っ飛べ, あげ基督教の傳道, あげを望む, あげならば, あげ夕方までに吉左右, あげ外とうの胸, あげ多額の金銀, あげ夜食の茶道具, あげ大久保百人町の鬼王様, あげ大粒の涙, あげ大黒様には二股大根, あげにものぼる, あげ太い嗄れ声, あげ奔馬を駈け合わせ, あげの修行, あげ女の子のハダ, あげ女湯のほう, あげ奴らを驚かせ, あげな手つき, あげ妻戸をひらい, あげ威福をほしい, あげのお, あげぐまがぴちぴちするのを見, あげ季節で大供, あげ定義し首尾一貫, あげ呼びして, あげ室内を見た, あげ宮中百楼千閣は一時, あげ家内の心, あげ家老水野主馬, あげさは, あげ寛永寺へ立てこもっ, あげ寝台の上, あげ寝袋から顔, あげ小さい虹を, あげ小屋を飛び出し, あげ小森君僕は八年前, あげ小粒な城太郎, あげ小袖のえり, あげ少年の血, あげは花菱, あげ山裾を流れる, あげ左肩から浴せられた, あげ左足をあげ, あげれの, あげ帆村に礼, あげの如き, あげへの道すがら, あげ平人に落し, あげ平常の型, あげ幾千幾百となく, あげ幾度かそこ, あげに細い, あげになっ, あげ店口は洋風, あげ弱い神経の, あげ弱きものは, あげ強い武力を, あげのよう, あげ彼女の私室, あげの十手, あげ後ろ手に縛りあげ, あげ後ろ鉢巻のいでたち, あげ病氣といふ, あげ微笑さえ浮べ, あげ微笑さへ浮べ, あげ必死な目つき, あげへまつれる, あげ念珠を押しもん, あげにガクリ, あげ怪獸よおま, あげ恐らくそれは, あげかし, あげ恭一がのべ, あげ悲しい鼻声を, あげ悲鳴とともに落ちこむ, あげ情事に於ける, あげ情熱をもっ, あげ意気なスタイル, あげ愛想よくカザン, あげ感動すること, あげ懐中にねじ込む, あげ或いは直立し, あげになっ, あげ戸口を指した, あげ手前が金, あげ手紙一本金一セントなりとも, あげ手網にとって見た, あげ披露の饗宴, あげ押収物件並に検証調書添附図面及記録等, あげ拇指の爪, あげを作つて宙, あげ振りおろしたが, あげの上, あげ搬びさる如し, あげ政府の政策, あげ政策が衝突, あげ敢えて守勢の, あげ数マイルのマラソン競走, あげ文明の徴証, あげ新手を加え, あげ新田先生の鮮血りんり, あげ新聞や景気速報, あげ日下部家の, あげ明方の海, あげにまさる, あげ昔日の盟, あげ映写幕へそっと, あげの政府, あげ時々は御, あげ時たま大きく咳払い, あげ時局を談, あげに帰れ, あげ曹洪に救援, あげ木剣を放させ, あげを楽しみ, あげ杉本の方, あげ村長は思ひきり, あげ東福寺門前の大木, あげと燕, あげをぬいた, あげ桃子の後, あげを抱, あげ森下に発電所, あげ椅子から立, あげ検査用紙をば, あげをさしあげ, あげ横ッ腹を走る, あげにイタリア, あげ次いで誰は, あげの切れ目, あげ此方は次第に, あげをむきだし, あげ死人の蹠, あげ母上頻りに食物, あげ毎日ドンドンえらい, あげ毛布にくるまっ, あげあそびを, あげを外さず, あげ汽車は沸きたつ, あげ浦づたいに島をまわっ, あげ海面目懸けて, あげ深夜を待つ, あげ深山茶づけ皆, あげを巻いた, あげにつけた, あげとなっ, あげ滝の上の橋, あげ潜伏中の場所, あげ潮どきのおそろし, あげ激しい勢いで, あげ濁声で歌, あげを見せる, あげ火焔に包まれ, あげ炎々たる港内, あげ宙で, あげ無味乾燥な太鼓, あげをふい, あげ照空灯のよう, あげ熱心に拍手, あげ燃焼させますと, あげを磨い, あげ爪先を伸ばし, あげ物憂い微笑を, あげ犠牲の罪悪, あげ犧牲と共に紅頬, あげせんばかり, あげ独楽廻し追羽子が最もよく, あげ独逸が降伏, あげの額, あげ玄蕃允の前, あげ玄関前に立て, あげ率先して, あげ甚だ旺んに, あげ生徒達も結, あげ甲板へつれ, あげませう, あげ病的にむっちり, あげ発狂当時覚えたもの, あげ白木の櫃, あげ白根の山, あげ白金を出まし, あげ白面に紅潮, あげ百姓枯木に雀, あげ皇帝を殺人犯人, あげ相互に一城一塁, あげは細く, あげ真っ向からどなりつけます, あげ真に疾風迅雷の, あげ真白な煙, あげ眼鏡を離れ, あげを輝かせた, あげ矢倉には血, あげ碧玉の葉, あげ礼拝して, あげ社会科学の問題, あげ祈りをあげ, あげ祈り曰ふ, あげ神田のひ, あげ祭りの時, あげともすれ, あげ穴ボコへにげこまず, あげ穴倉へはいっ, あげを噛み, あげ空中を幾度, あげ空転するだけの, あげ突き跳ねして, あげから書斎, あげ窓ぎはへ押しつけた, あげ窮民救濟にのり出し, あげのほう, あげ二の, あげ筒井は腰, あげをとつ, あげも根, あげ細い眉を, あげ終に大夫の, あげをくみし, あげ美しく戦い美しく, あげ美的秩序に従ってこれ, あげ翌日は陣地, あげの多い, あげを搏, あげ猿を, あげのわき, あげは肉, あげをゆすぶ, あげ肩衣をつけ, あげ胆斗の如き, あげを高めた, あげを丸め, あげを思い切り, あげ脚とりに過ぎなかった, あげ脚下数十丈の海, あげを合わせる, あげ膝小僧を露出, あげ膳すえ膳で飯, あげのつぶれる, あげまでつっこん, あげたり起き, あげ自動車のハンドル, あげ致候時ハ皆大和国や野州, あげ興行のだしもの, あげ舞台の韻律的効果, あげを流し放し, あげを執り, あげ船上山の東方, あげ船員の手, あげ花火月夜のそら, あげ芳郎は当分そこ, あげ芸術家の経済的窮乏, あげ芸術能力が必ずしも, あげ若い女工まで, あげ若者達の囲み, あげ茶漬を食, あげ茶碗に水, あげ草木の密生, あげ草木みな兵と化, あげ草鞋をうがち, あげるれど, あげの茂み越し, あげ著述になる, あげの上, あげ蕗子の住所, あげ蕨取りの娘, あげ薄化粧をし, あげを積ん, あげを吸い取っ, あげまで引きよせ, あげ血みどろの身体, あげ血涙をしぼり, あげ行き止まりらしく見える, あげ行灯との不思議, あげも粗末, あげで拭き清め, あげをクルリ, あげをかけ, あげ西に傾く, あげ視線をあつめてる, あげ親子四人先祖の霊, あげ設けの席, あげ警察部長は, あげ警戒を与える, あげ警視庁の黒い, あげ賊徒一兵もあまさず, あげ趙雲へいった, あげ足軽頭の上原清兵衛, あげ路上には凄まじい, あげ蹄鉄を続け, あげ躊躇してる男, あげ細く怒り立つ, あげ身もだえしたので, あげ軍楽隊の大, あげ軍樂隊の大, あげ軽ければ病, あげ近衛をよん, あげ掛し, あげ通しですからね, あげ通過して, あげ運動がおこりました, あげを塞い, あげ道路の上, あげ遠江守をにらみつける, あげ郭淮孫礼の四, あげ酒場の主人, あげ酢味噌で食べれ, あげそうな, あげ金貨をち, あげ針葉樹も満足, あげ鉄砲をうちこみ, あげをならした, あげへ磨かれ, あげをかつい, あげの中, あげ陣十郎はすぐ, あげ陽平にある, あげ障子囲ひに, あげしてやるん, あげ反り立つ蕗, あげ雲雀これは僕, あげのよう, あげ霧笛はその, あげ静かに板, あげ革命的前衛の敬礼, あげを繰っ, あげ頓着かまいの, あげを折る, あげ頸毛をふくらませ, あげをしかめた, あげ顔面に腫物, あげは樹, あげ風呂へも行, あげ飛沫をあげ, あげ食事も自分, あげ飾窓目がけて, あげ餌壺を出し, あげは一いき, あげ馬どもは後, あげ馬田をなぐろう, あげ駄夫を圧倒, あげ駅前の交番, あげ驚きと賞讃, あげは狂い合っ, あげを逆立て, あげ鮮血を吐い, あげのよう, あげ麗しき客の, あげ鼻頭にしわ