青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

あいつ~ あえて~ ~あがっ あがっ~ あがり~ ~あがる あがる~ あきらめ~ あくまで~ ~あけ
あけ~
~あけた ~あける あける~ ~あげ あげ~ あげく~ ~あげた あげた~ ~あげる あげる~

「あけ~」 5173, 56ppm, 2074位

▼ あけ~ (3831, 74.1%)

117 見ると 96 みると 34 出て 33 はいって 32 見て 27 みた, 見た 24 中へ, 入って 23 くれ, 外を 22 外へ 20 ください, みて, 中を 19 おいて, 中に 17 いた 16 下さい 14 いる 13 くれた, 廊下へ, 見ますと, 顔を 12 ある, しまった, それを, 中の 11 いるの, 待って 10 おくれ, そこから, そこへ, 中から, 見せた 9 あって, みろ, ゐた, 何か, 入ると, 外に, 見る 8 くれました, その中, はいった, 見ました, 首を 7 ある窓, くれたの, くれと, くれる, ごらん, やって, やる, 中には, 見ても

6 [15件] いたの, いて, ごらんなさい, しまいました, のぞいて, みました, みよう, やると, ゐる, 下を, 入つて, 声を, 次の, 見ろ, 覗くと

5 [22件] いたが, お目, ごらんに, そこに, のぞくと, みること, やった, やりました, ゐるの, 内に, 内へ, 廊下に, 廊下を, 彼の, 御覧なさい, 私の, 自分の, 表を, 見せて, 見たが, 見れば, 調べて

4 [25件] あつた, ありました, あるの, いつもの, いること, いると, はいつて, みな, みますと, もらって, よんで, 下の, 伊豆大仁などに, 入る, 出た, 天井を, 家の, 庭へ, 待つて, 笑った, 笑って, 見よう, 見るに, 見渡すと, 読んで

3 [48件] ありますので, あるので, います, いるよう, うかがうと, おいた, おく, おけ, くれません, しまえば, しまったの, しまつて, しまひました, なかを, ひょいと見る, やるから, やろう, ゐると, 一つの, 一人の, 人を, 内部を, 出ると, 女の, 庭を, 彼は, 往来を, 手を, 敷居の, 月の, 椽側へ, 水を, 眼を, 空を, 窺うと, 縁へ, 縁側に, 置いたもん, 置いて, 舌を, 色の, 見たら月, 見たり, 見ること, 覗いて, 近所の, 面を, 顎を

2 [219件] あげます, あたりを, あるから, ある字, あわてて, いいの, いたので, いって, いても, いないと, いました, いましたが, いられないくらい, いるという, いるはず, いる事, いる伸子, うち透かす, おかなければ, おきます, おくと, おくの, おくよう, おくれおかあさん, おけと, おつた, おはいり, お部屋, きて, くれたまえ, くれます, くれませんか, くれるの, この事, この行, こんどは, さっきの, しまいます, しまうと, すぐに, すぐの, すわって, そっと覗い, そつと, そとへ, その奥, その水, その穴, それへ, ちらと, つぎの, なかに, はあはあ息, はいりました, ふとキイ, ぺろりと, みい, みせたる貴婦人, みせる, みたらば, みたり, みた方, みても, みなければ, みましたところ, みようか, みる, みるて, みるの, みる必要, みれば, もらった, もらつて, やったの, やりますと, やれ, やろうか, ゆっくりと, アトリエ代りに, オイチ二ツなどと, コップの, ソッと, バアと, ポカンと, ポンと, 一足前に, 七年まえ, 上半身を, 上野の, 中へは, 中味を, 二人の, 五六段ある, 人の, 人形を, 今度は, 伸子は, 何かを, 何も, 何心なく, 先に, 入った, 入れて, 内容を, 出して, 出ようと, 前の, 前歯の, 十二三の, 原稿用紙を, 口惜しきという, 叫んで, 呉れ, 土間の, 外から, 外の, 夢から, 女の童ひとり見やれり, 女中お, 宮は, 小屋の, 居るの, 屏風の, 山の, 左近を, 帰って, 床に, 庭いっぱいの, 庭下駄を, 庭口から, 廊下の, 当時の, 彼を, 彼女の, 御覧, 御覽, 我々を, 手から, 来たの, 枇杷のべ, 様子を, 次の間へ, 此方を, 泣き叫んで, 湯気の, 煙草の, 父は, 犬の, 目を, 眠って, 着せて, 瞼を, 社の, 私は, 私を, 空想に, 窺ったが, 立って, 笑い, 笑いました, 紙を, 縁を, 縁側へ, 置いたので, 置けば, 老人の, 耳とめ, 耳を, 脱穀小屋の, 自分で, 舌の, 茶色の, 草履を, 蚊帳の, 袋の, 裏へ, 覆面の, 見せる, 見たいの, 見たい誘惑, 見たしかし, 見たの, 見たら中, 見たら何, 見たわけ, 見ないは, 見ながら, 見ましたが, 見るやう, 見るよう, 見ろと, 覗きこんだ, 誰かが, 誰も, 調べた, 貰ふ, 走って, 足を, 退場, 逆さに, 邸内へ, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 部屋を, 間も, 隣の, 雪の, 雪を, 青空を, 青葉, 静かに, 音の, 頂戴, 風を, 飯を, 飲んで, 鳥を, 黙って

1 [1984件 抜粋] あえぎながら, あけ終る, あげますよ, あたしの, あったので, あなたの, あの月の輪型, あらためたが, あるそう, あるところ, ある壁, ある所, ある活字, ある頁, いいかい, いきなり中, いくん, いただきましょう, いた家, いた留守中, いったの, いないという, いやはります, いられないほど, いるいらいら, いるだろう, いるもの, いる家, いる時, いる磯崎, うすぐらいげんかん, うちへ, うららかな, おいたので, おいた裏口, おおいに恐縮, おかなけりゃあ, おきましたから, おくれ指, おけば, おばあさんの, おれの, お入り下さい, お千代出づ, お濠端, お茶の水の, お見せするで, お読み, お鉢廻りの, かえそうと, かつぶしを, かような, きっとのぞきこんだ, きものを, くださいな, くだすって, くるとは, くれたな, くれたり, くれた今井君, くれた椅子, くれなければ, くれら, くれろと, くわんと, ぐつすりと鼾を, こ, こちらの, こつちへ, このだきみょうが, この女, この文学研究会, これらの, ごらんな, さあ吐かぬ, さてと言つた調子, さも情けな, しきりに御, しまいな, しまいまた, しまったこと, しまつた者が, しまわないとは, じっとビレラフォン, すぐ二階, すべすべの, せっせと, そうして米友, そこらを, そっちも, そっと内部, そとを, そのてい, そのままちょっと掌, その便箋, その図抜けた, その綿, その跡, その體, それが, それに, たしかめましたが, ただち, たべのう門守, ちゃんと天日, ついでこっそり, つと入っ, とかく気, となりの, とび込んで, どうする, どこかへ, なかの, なれなれしく近江, にたにた笑い, ねると, のぞいたり, のぞき見を, はあほつた, はいった右側, はくだけ, はっは, ひとつかみ中, ひょいとのぞいた, びっくりした, ふたりは, ぶつ通し, ほうせき, ぼんやり空, まずどうやら年, まだ袖, まも, まるで穴倉, みせた, みたけれど, みたの, みたらからきし, みたら如來, みたら紛失, みた途端, みないつもり, みなかったね, みなさいよ, みましょう, みようよね, みるばかり, みろい, もう一度様子, もしやと, もらいましょうか, もらったが, やったが, やった手代, やはりこの, やらないぞ, やりたい, やるため, やるん, ゆくに, ようやく春, よく見る, ろばを, わんわんと, ゐたり, ゐた片, ゐられないの, ゐられなくなつ, ゐるらしく新聞紙, ゐる此方, ゐる象, アトリエに, ガアガアと, キチンと, グルグルと, ゴミを, スコットの, ストーロナの, ズカズカと, セロファンで, チョロチョロと, トンネルの, ノソリと, ハダシで, パシャパシャ水しぶきを, ヒョイと, フウフウと, ブルブル慄, ホロツと, マハラヤナ博士が, レエヌさんの, 一わたり中を, 一寸と, 一服やっ, 一枚の, 一番目二番目から, 一間一間見, 七日の, 三人は, 三尺ばかりの, 上に, 上手に, 下さりませ, 下總屋義平, 与兵衛の, 両手両, 中仕切を, 主婦が, 乱れたるらし, 二ツの, 二人を, 二畳敷き, 二階に, 五十前後の, 井戸端まで, 人形と, 仕舞うので, 以来, 伊助を, 低い階, 住居の, 何とか前, 來る, 僕たちは, 兄は, 先づのめずり, 光丸が, 入ったらしくベル, 入った障子, 入りかけましたが, 入り込んだん, 入る見通し, 六つに, 内から, 円筒内の, 冗費し, 冥途へ, 処々の, 出すこと, 出づ, 出る女, 初めて人心地, 前方を, 勘太郎を, 匂いを, 北の, 十八に, 千里を, 厚さ五寸, 去った, 双眼鏡を, 取って, 取出した仮面, 口惜しき玉手箱, 右手を, 君が, 吹き吹きだまって, 呉れた一方, 呼ぶと, 咽喉を, 喉を, 嗤ひ, 四六版の, 固く両手, 土間へ, 堅くなった, 壺の, 夕やみの, 外気を, 夜光の, 大きい声, 大きな犬, 大変髭の, 大泉伴左衞門出で, 天願氏が, 夫人の, 奥の, 女中おきよ, 好きな, 威嚇した, 子供たちが, 宙を, 室内を, 家へ, 富岡は, 導き入れたもの, 小さな紙ばさみ, 小夜子サンに, 小箱, 少年を, 居ります, 居る間, 屋根の, 山西の, 左手に, 帯前を, 幕舎別に, 平気な, 幾つかの, 床へ, 度えらい, 座蒲団の, 廊下から, 引き入れたので, 彫刻の, 彼女が, 待つてたから, 徐かに, 御覧ん, 心嚢を, 忍び足で, 怖, 恐ろしい権幕, 息を, 憎まれたの, 戸外に, 戻った音, 手づかみで, 手早く着, 折からの, 拍子抜の, 指先を, 掃くこと, 掻きまわし何やら, 教室の, 文次が, 新しい緑色, 新聞紙に, 明けて, 明日登る, 昼に, 暇乞いを, 更に濡れた, 書簡箋に, 最後に, 朝の, 朝餉の, 本当に深く, 来たから, 来る音, 板屋家の, 枕元へ, 格子を, 案内の, 梅若葉の, 検べた, 楼上から, 欠伸を, 歡喜天樣の, 歯く, 残らずきり, 母を, 気軽く下, 油を, 泥酔の, 洗濯し, 海の, 消えるよう, 深くし, 湯ぶねへ, 澁川の, 濡縁へ, 火を, 灯影に, 煎餅でも, 燈明の, 片足を, 物恐ろしい空いっぱい, 犬を, 玄関には, 玄關を, 現われたお, 甚五は, 田舎風に, 男の, 登山の, 白ビロードの, 皆に, 盃の, 直ぐだ, 相手の, 真紀子に, 眠りとうござんすよ, 眠るよう, 眼に, 矢立を, 砂丘の, 碧い, 社内へ, 私が, 秋立つ, 空中に, 突っ立った, 窺ふと, 立てる, 笑いながら, 笑つ, 笑ひ出した, 箸箱を, 約束した, 紐を, 細い銀煙管, 綿を, 縁側を, 罪も, 置かれないよう, 置き度, 置く間, 耐えきって, 胃散を, 脣を, 腹一ぱいに, 自分が, 自然を, 良一を, 若い侍, 荷を, 葉子が, 藤兵衛の, 蚊帳は, 蜈蚣を, 行くいわれ, 行った雨戸, 表に, 表も, 袖無し羽織を, 裏庭の, 見おろしますと, 見せ, 見せます, 見せろ, 見たくなったり, 見ただけ, 見たところが, 見たもの, 見たらば, 見たら一尺五寸角, 見たら東京, 見たら片隅, 見たん, 見とれて, 見ましたけれども, 見ましょうね, 見ようか, 見よるかも, 見るが, 見るわ, 見上げなど, 見張りを, 覗いたが, 覗くの, 観せて, 計算臺の, 話手の, 読み下して, 読んだ, 誰かを, 警部を, 貪りながら, 貰えるから, 貰つて往來に, 賊の, 走り込んで, 踏石へ, 身を, 車外を, 迎え入れる, 追いかけましょう, 逃げ去ったもの, 這入って, 通したほど, 通られい, 通るの, 運転手に, 遠く地中海の, 遺骸を, 酒は, 野原を, 金槌で, 鉤なりの, 銀貨を, 長い露出, 門弟の, 閾を, 隈なき, 隣りへ, 隣室の, 雨を, 電燈の, 青白い二本, 非難する, 音響学実験の, 頭と, 顔が, 飛び出すわけ, 飛ぶ断雲, 食後に, 飲み食いし, 首だけの, 鬱金の, 黒血の

▼ あけ~ (116, 2.2%)

6 なりました, なると 5 染まって 4 なって 3 そまって, 染まりながら, 行くと 2 かかった, かかった時, かかりました, なっては, 染って, 行く, 駈けだした

1 [72件] いかねば, いきました, いくだから, いった, いったあと, いつもの, お茂登, かかりながら, かかると, かかろう, かめ流木, くる, くるたんび, けむ, けり, ける, しらむ, そこへ, でたソーンダイク, なりましたわね, なりませんところで, なるという, なるまで, なれないから, はしの, ふと見ます, ゆうべたのん, ゆくと, イヤ歩いた, 一回, 不図目, 乗りぬ上総, 來た, 先づ吸, 出くわしたその, 出た, 出て, 大捜索, 家を, 小僧さんが, 島に, 延すなるべし, 彼は, 懸った, 我が家で, 最初の, 来たので, 来た女中, 来て, 染まった証拠, 染まった骸, 氏神諏訪社への, 水道氷り, 無事に, 目ざといお祖父さん, 立った, 立って, 立つ気配, 縁の, 背戸の, 船に, 行きました, 行った, 行って, 起きて, 近いころ, 近い闇, 近い頃, 間も, 隣の, 飛び起きて, 首が

▼ あけ~ (97, 1.9%)

32 ころとも, 日に, 日も, 明星, 芝を, 茅蜩の, 葉が, 風の

1 [78件] あたりちら, いろ, お客と, しぐれは, すずしさ, ばんに, ほだされやすく, まがき, ゆ, キネオラマ, 一番に, 三日同じ, 三日間同じ, 下あたりから, 事だ, 五月二十三日に, 光の, 冷たい道, 出来ごとを, 初びかり, 初日は, 前日から, 口へ, 唇ぬっ, 四時に, 富士が, 寒いの, 山の端を, 店で, 引潮に, 日は, 明星か, 明星が, 明星の, 明星も, 星が, 星の, 月, 月ぞ, 月に, 月は, 月夜見れ, 朝に, 朝は, 朝夕の, 本所を, 残暑の, 水音が, 渚に, 渚の, 濃き青, 灼りつける, 燃ゆる, 特別な, 町の, 白光らしい, 礼手紙を, 空, 空しく散る, 空は, 空を, 空気が, 紙貼る, 細道に, 義だ, 衣は, 豆柿よろし, 道は, 都会を, 鋭い光線, 鐘, 鐘のか, 鐘も, 雨が, 霧を, 音楽会が, 頃両国橋を, 鶏さえ

▼ あけがた~ (82, 1.6%)

3 近くの

2 [11件] になり, に杣, の夢, の月, の空, の雨, はいとどし, セピラの, 先生は, 月は, 東の

1 [57件] いくらか酒がま, だった, でね, どうかし, に, にな, になつて, になる, になろう, には驚く, にひと口, にガスパール, にキャベジ, に姫, に強, に目, に鳥羽, のそら, のなか, の二時, の四時頃, の寢床, の星, の桔梗色, の浅間, の細雨, の薄, の薄き, の雲, の鶯, は, はもうかなりに, までかかっ, までつづい, までに帰っ, を, を寝床, パリの, ブルブルッと, ロシヤの, 一人の, 八島の, 分倍河原から, 外を, 家に, 宿の, 小僧が, 法勝寺の, 産氣の, 眠る, 私たちは, 私は, 脳溢血で, 色の, 諸所, 近くに, 静かで

▼ あけっぱなし~ (79, 1.5%)

5 になっ 3 だ, にし, の気持 2 である, で人, な調子, の様

1 [57件] たまま, た小さな, た書類, た窓, た風通し, だが, ておいた, であり熱, であるらしい, である事, でございますな, でなどとわたくし, でのんき, ではっきり, で他所, で始めました, で居, で村長, で笑っ, で風, というところ, なの, なのに, なん, な口調, な手抜かり, な気分, な汗一杯, にされ, にする, にまるで, に云わない, に仕, に叫んだ, に始めました, に私, に笑っ, のすきだらけ, のまま, のドア越し, の仮, の単純さ, の小, の小舎, の山小屋, の彼女, の様子, の気持ち, の田舎, の笑い, の縁側, の薄暗い, の陽気さ, の隔て, はごめん, 無くなす必要, 無休止

▼ あけては~ (71, 1.4%)

8 いると 6 ならぬ 2 いけないと, いられないから, いる, ひつて, ゐられないほど

1 [47件] あたしたちを, いかがかとて, いけないよ, いけないん, いけません, いけませんか, いけませんよ, いつたところ, いつて, いないから, いること, いるなんて, いるには, いるよう, いれば, ございましたものの, ございませんでした, すりあけては, すりました, そういうもの, なかった, ならないと, ならないといった, ならないよ, ならない思い切って, ならぬと, ならぬ匣, ばらばらと, ひつた, ひること, またつむつた, やらない, 乳を, 僅の, 古臭いコプラ, 夫にも, 朗読の, 東南の, 相ならぬ, 舌で, 苦しそう, 表題を, 見ませぬ, 覗いた, 遅れまいと, 部屋部屋を, 麦を

▼ あけたり~ (63, 1.2%)

12 しめたり 7 して 2 しますと, まるで天性

1 [40件] おへや, すぼめたり, するから, すると, するとき, するの, するので, するん, する手つき, そこらの, そのあいだ休み, できるもの, ふろしきを, グラスや, 中味を, 二階の, 何か, 八四歩と, 勿体ぶって, 吸い口, 帳簿を, 抽匣を, 探針, 敷物を, 本を, 本箱の, 果ては箪笥, 棚の, 犬を, 猫の, 盛んな, 立てたり, 立てつけ, 箪笥を, 胸を, 蒲団を, 衣裳や, 裏口を, 足音の, 閉てたり

▼ あけても~ (54, 1.0%)

9 暮れても 7 くれても 2

1 [36件] いい, いいか, いいです, いいと, おとろえずに, お化けが, さむくない, しばらく物, その中, たしかに安全, ふさいでも, まだぽ, よいと, ようございます, よろしゅうござりまするか, 中身は, 井戸を, 何だか脈処, 各々菓子, 妻は, 官僚的警察事務の, 展望は, 息は, 水は, 炭燒き, 砂を, 秀歌ばかり, 稚鮎, 自分の, 芋虫や, 行けるの, 襤褸に, 誰も, 雨が, 食えなければ, 騒々しい音

▼ あけ~ (53, 1.0%)

3 の半 2 で, には霜, の峠, をし

1 [42件] から泣き声, が少し, が約束, だけででも警察, であったん, でありました, です事ネエ, と数, にあれあれ峠, になっ, には派出所, にわかにいっせいにこう動き出し, にパラアナ河, に戸, に降つた, に風, のあかね色, のこと, のさびしい, のよう, の三時四時, の孔雀, の廊下, の目, の秋風, の空気, の菓子, の雀, の鳥あみ, は眼, までに繰返し, まで休み, まで格子戸, まで無事, をうれしく, をお, を待つた, を深き, を知っ, を見れ, 見ま, 迄此處

▼ あけながら~ (35, 0.7%)

2 少し変

1 [33件] じろりとのぞく, すっかり二つ, そう云った, そう面ずれ, その勇姿, ひろ子は, よく見る, 一同が, 乳母の, 位牌堂の, 例の, 僕を, 声を, 外の, 夜を, 巡査の, 恐る恐る顔, 据腰で, 新八, 時どきに, 時には眼, 案内の, 水の上を, 目を, 答えた, 答えました, 言う, 軽井沢の, 辯じ, 近所の, 雪明かりの, 青白くすきとおる, 黙然と敷居

▼ あけてから~ (28, 0.5%)

1 [28件] いらつし, その話, だいぶ, で, とてもたくさん, ゆっくり心当たり, よく考える, ソファの, 一同は, 何か, 何してる, 六十幾日めかに, 労働者が, 小作人の, 小声で, 屏風と, 山を, 思いがけない或, 捨てても, 智通が, 本町の, 清治と, 藤崎さんは, 蚊帳の, 近所の, 連日大入満員を, 進行が, 長いこと内

▼ あけっ放し~ (19, 0.4%)

3 になっ

1 [16件] た一室, た低い, た顔, だし, で何, な挙動, な正直そう, な百姓家, な高氏, にか遠廻し, のもの, の家, の快活, の扉, の男, の調子

▼ あけ~ (17, 0.3%)

2 すぐに

1 [15件] あくほど, いま姉様が, しまるで何, すぐ引, ちやちやとのみ, また越ゆ, もちろんぐっすり寝込ん, 世話を, 地下戦車は, 大抵の, 大青蜥蜴舌, 常に自分, 私たちは, 花漬アヽ是を, 藩家の

▼ あけその~ (16, 0.3%)

3 中に 2 上に

1 [11件] ところを, なかから, 中の, 中へ, 中を, 五千円の, 孔から, 消化器官の, 穴ゆさばしる, 穴を, 蔭で

▼ あけそこ~ (13, 0.3%)

1 [13件] から, からう, から一通, から庭, から手, から手招き, から火光, から私, から自動車, から首, に曲った, に糸, へ水色

▼ あけ~ (12, 0.2%)

2 しみじみ感ず 1 こぼるる襦袢, またずに, やって, 凝っと, 待ちましても, 待って, 待つばかり, 梵音に, 漏る雪, 讃ふ

▼ あけ~ (11, 0.2%)

1 [11件] からカンヌキ, から一つ, から一本, から巻紙, から鍵, から長田, につい, にはいった, に小林くん, の薬品, の鋸

▼ あけ~ (10, 0.2%)

1 あると, きたとき, たつまらない, たの, たのもやを, 一番よく, 十日のびた, 旨いと, 来た, 近づいて

▼ あけ~ (7, 0.1%)

1 しないで, しなかった, せず, つとはつきり, まぢかな, 採れながら, 襟も

▼ あけ~ (7, 0.1%)

1 で酒, にぬけ出ました, の様子, へ出, を見た, を覗いた, を覗きました

▼ あけかた~ (6, 0.1%)

1 がわかる, が常, もちゃんと, や長押, をかぎわけろ, を教えた

▼ あけそれ~ (6, 0.1%)

2 を揺り動かした 1 に密着, をしめ, を呑みこんだ, を静か

▼ あけたて~ (6, 0.1%)

1 から洗面, によって殺戮, に注意, の出来る, の音, をする

▼ あけちゃ~ (6, 0.1%)

1 あぶない, いけねえ, おじさんに, だめです, 困りまっ, 駄目だ

▼ あけ~ (6, 0.1%)

2 云って 1 いって, なつて, ふる, 言つたから

▼ あけ~ (6, 0.1%)

3 んだ 1 あけな, ば花, 女の子は

▼ あけ~ (6, 0.1%)

1 だ, だってのにこの, にその, のあの, のとけた, の四時ごろ

▼ あけ放し~ (6, 0.1%)

2 て庭 1 てあっ, てあつて, になっ, の馬車

▼ あけ~ (6, 0.1%)

1 である, ですけれど, などをしんみり, をする, を終っ, を聞い

▼ あけから~ (5, 0.1%)

1 くろつぐみ, 八時まで, 懐手を, 盛に, 眼を

▼ あけたる~ (5, 0.1%)

2 子が 1 のち居所を, 町す, 船のうへ

▼ あけまで~ (5, 0.1%)

2 まだ三時間半 1 少しも, 待って, 待つ必要

▼ あけ渡し~ (5, 0.1%)

1 から上野, の時, は具合, を迫つて來, 引きさ

▼ あけ~ (5, 0.1%)

1 からいよいよ, から胃部, まで反, まで堀, まで談論風発

▼ あけ~ (4, 0.1%)

1 したから, は岩戸, へすれ, むらい集いせ

▼ あけさせ~ (4, 0.1%)

1 て, て兵隊, て新聞, 早や

▼ あけてを~ (4, 0.1%)

21 いたの, く

▼ あけごろ~ (3, 0.1%)

1 から降りだした, に一度目, 半睡

▼ あけさえ~ (3, 0.1%)

1 しなかった, すりゃあ, すれば

▼ あけそっと~ (3, 0.1%)

1 そのランプ, 壺を, 道路の

▼ あけてと~ (3, 0.1%)

1 彼女は, 思った平次, 思つた平次も

▼ あけなか~ (3, 0.1%)

1 からハンケチ, から何, にはいっ

▼ あけにくい~ (3, 0.1%)

1 両眼, 事情が, 位でした

▼ あけ~ (3, 0.1%)

1 る, るること, るると

▼ あけ~ (3, 0.1%)

1 にはあの, に向い, の面

▼ あけ~ (3, 0.1%)

1 がとびかかっ, の分, を手招ぎ

▼ あけ~ (3, 0.1%)

2 てする 1 てできぬ

▼ あけおき~ (2, 0.0%)

2 てけふ

▼ あけがたから~ (2, 0.0%)

2 雨の

▼ あけごろ遠く~ (2, 0.0%)

1 から小さな, から蚊

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 ぽちり, 家

▼ あけそして~ (2, 0.0%)

1 灰桶へ, 片方の

▼ あけその間~ (2, 0.0%)

1 からからだ, に出来る

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 らに, らを

▼ あけたま~ (2, 0.0%)

2

▼ あけつつ~ (2, 0.0%)

1 それだけを, 歩いて

▼ あけてさえ~ (2, 0.0%)

1 くださらなけりゃ私, 下されば

▼ あけてという~ (2, 0.0%)

2 声を

▼ あけてよ~ (2, 0.0%)

1 うく御覧, 暑いわ

▼ あけでも~ (2, 0.0%)

1 したらさっき, 人を

▼ あけにや~ (2, 0.0%)

1 お藪, 雀は

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 づ庭箒を, へに門

▼ あけもう~ (2, 0.0%)

1 わが住み, 一つおく

▼ あけよう~ (2, 0.0%)

1 とした, とする

▼ あけチョコレート~ (2, 0.0%)

1 のつつみ, の箱

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 放しで, 放しの

▼ あけ入口~ (2, 0.0%)

1 に備え, の部屋

▼ あけ勘定~ (2, 0.0%)

2 をすまし

▼ あけ~ (2, 0.0%)

2 もあけ

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 もあけ, をあけ

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 懐しげ, 成な

▼ あけ品物~ (2, 0.0%)

1 をその, を売っ

▼ あけ天井~ (2, 0.0%)

1 の低く, をつきぬき

▼ あけ女の子~ (2, 0.0%)

2 に行水

▼ あけ小さい~ (2, 0.0%)

1 花束を, 薬味入れ

▼ あけ廊下~ (2, 0.0%)

1 に出, へ半身

▼ あけ往来~ (2, 0.0%)

1 をながめる, を見よう

▼ あけ方ぼんやり自分~ (2, 0.0%)

2 の祠

▼ あけ方近く~ (2, 0.0%)

2 なってから

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 の上, を出し

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 を喰わせ始めた, を点じる

▼ あけ火箸~ (2, 0.0%)

1 でその, でつまん

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 の玉, を苦し

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 を垂れ, を結び

▼ あけ~ (2, 0.0%)

2 のなり形

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 はむと, へ

▼ あけ自分~ (2, 0.0%)

1 の行李, はこっち

▼ あけ舞台~ (2, 0.0%)

2 を覗い

▼ あけ跫音~ (2, 0.0%)

1 を忍ばせ, を殺し

▼ あけ近く~ (2, 0.0%)

1 でありました, までかかっ

▼ あけ階段~ (2, 0.0%)

1 をおり, を駆け降りた

▼ あけ~ (2, 0.0%)

1 をさし, を仰向ける

▼ あけ麻縄~ (2, 0.0%)

1 でぶら下っ, で輪

▼ あけ~ (2, 0.0%)

2 へ快適

▼1* [337件]

あけあけに大, あけあたりの乱れ, あけあっけにとられた, あけあるところは, あけあわただしく主婦に, あけあんどうという, あけいきなり中へ, あけいたいたしいような, あけいたずら描きを, あけいつでも飛びだせる, あけうまいのだ, あけえりませぬまだそれさ, あけおとなしくついて, あけお勝手で水, あけお母さまと並ん, あけからは目に, あけがたうすあかりが, あけがたさむらいがたの, あけがたひどいあらしも, あけがた近いと知れ, あけがちになった, あけくしゃくしゃ引き出しの, あけくらしける我が, あけこっちを見た, あけこれに鈎, あけごく叮寧に, あけさして打な, あけさしも大身代, あけさっと廊下へ, あけさては北側の, あけざま兄さんといふ嬌声, あけしずかに出, あけしたり顔して, あけしだい船を出す, あけしなにふと, あけじゃないか, あけじょうずな狸寝入り, あけすうぱくり, あけとの廊下, あけそうだ, あけそうして火燵に, あけそっちに向けた, あけそのまま又眠りつづけた, あけそれから口を, あけそれぞれ昼飯にとり, あけたりとて一片持ち来る, あけだったよ, あけだんだんその穴, あけちゃあ困るん, あけちやならねえ, あけちょっとなかを, あけついでそういう生活, あけつぎの部屋, あけつけ忘れて, あけつばさをひろげた, あけてかあっか, あけてかの庭園を, あけてからでもまだ口腔, あけてからは夜九時過ぎまで, あけてさえもおそらく二人, あけてぞきかるべしなん, あけての挨拶に, あけてはというので, あけてばかりゐるの, あけてへえと顔, あけ逃げだしたと, あけとうとう鏡の, あけときどき苦しげ, あけとともに開くだから, あけとの三度に, あけどうやら看護婦を, あけながらをづ, あけなされて御, あけなどは簡単な, あけなにかポケットに, あけなにやら探す風, あけになつたわね, あけにのみきく, あけには肥育ちの, あけのこのこと先, あけのっしのっしと出, あけのろのろと不確か, あけだけたまま, あけはじめて人物の, あけはだけで起上りました, あけはだしで外, あけはっと顔色かえ, あけぱなしにしたような表情で仕事, あけひけすぎの, あけびはすなわちあけつびの縮まったもの, あけぼんやりつっ立って, あけまえでしたがじっと, あけまた同じよう, あけまたは金銀を, あけまでに間が, あけまでには引っつれ, あけまでの苦しみは, あけまでは時刻も, あけむんむんとスチーム, あけえ, あけ夕方の, あけやうとして澄江, あけやすい夏の, あけやすくはや遠, あけやっと経ってから, あけゆっくり舌を, あけよく勉強し, あけよと指さしして, あけらしい楢の, あけわれわれは赤帽, あけなって, あけアトリエを横ぎり, あけウイをのむ, あけクルクルと身体, あけグイと飲ん, あけグラスを洗っ, あけスイッチをひねる, あけ放した, あけッぱなしになっていてさてはしまった, あけナースチャは縁, あけノドをふるわせ, あけハアハア云って, あけハステラーの後, あけバタバタと駈け, あけプラットフォームを見, あけボールをとりだし, あけ一気に半分ほど, あけ三カペイキの銅貨, あけ上眼づかいに, あけさりませ, あけそのスクリュー, あけ五時から八時過ぎ, あけに見られまい, あけ人工の花束, あけ今度は次, あけ伝票と共にカウンター, あけが皆, あけも自慢, あけ何時かとり, あけ倹約な電燈, あけ傘造り居ぬ, あけ僕らを見, あけ八五郎を先頭, あけ六つの太鼓, あけ六ツ近くにここ, あけ其処に首, あけ兼ねるのです, あけへ入れる, あけ円卓に片, あけを抜い, あけ加減にとう, あけ勝手に寝, あけ十メートル以内の窓硝子, あけ十一日の朝, あけ千鳥ぢや, あけ午前四時頃と夕方, あけ去年伸子たちがモスク, あけしめる音, あけ古色蒼然たる例, あけ合い札を作り, あけよく或は, あけ唐草模様の風呂敷, あけ四日日の午後, あけ国民学校教師野中弥一がひとり, あけ土蔵の奥, あけ土間を見る, あけ地所も家作, あけ塩水のからき, あけさむし隠亡, あけ夕方七時まで今, あけの間, あけ女中に頼ん, あけ安く縁側の, あけ宗清の女中赤紙, あけの中, あけ溝を, あけ小さく半紙に, あけ小刀で切っ, あけに蓆, あけの方, あけ工合でもほんとう, あけ巻頭の抒情詩, あけ帽子もなし, あけ床板をはずし, あけくなる人情, あけ庶務の沖本, あけへ出, あけ弥助とお里, あけにし, あけばかりという門, あけをなか, あけに廓内, あけ御礼奉公も済ましました, あけに高まり, あけを詰め, あけ我物顏に小判, あけ戦場から戦場, あけをしめ, あけの内, あけをしめ, あけ手のひらを打った, あけ抜き身をさえ構え, あけ拇指を鼻, あけ指紋を捺し, あけ控えの間, あけった口調, あけ放されていた, あけ放した戸から, あけ数枚の写真, あけ敷居のところ, あけ敷島は中, あけ文庫をぶちまけ, あけ斯くして, あけ方々を見回し, あけ方ぐらゐすぐわかるだらう, あけ方まっ黒な大きな, あけ方まつ黒な大きな, あけ方俄かに一斉, あけ方和蘭陀の黒船, あけ方左膳と栄三郎, あけ方早帰りの客, あけ方菊田が荒れた, あけ明るい太陽が, あけ時に楼上から, あけ時雨を見, あけ暗き室の, あけしける我身なり, あけ暮れ馴染む山, あけに流し, あけをひと, あけ杓子でほぐし, あけへ一つついで, あけを脇息, あけ格子をガタガタ, あけ格子戸をあけ, あけ案内を乞う, あけの神, あけから次, あけ次の間を出, あけして, あけの寝室, あけの如く, あけ汁ものを飲んだ, あけ洗足の水, あけ流水の音, あけ火かき棒を突, あけ火星人の人形, あけ無我夢中でその, あけ焼きたてのパン, あけ熱い息を, あけ燈明をともし, あけ爛々たる片, あけがやめ, あけ探が, あけを連れ, あけ猿沢が飛車先, あけを取っ, あけ用件を聞く, あける畏, あけの時, あけ番頭の宇佐美左内, あけそろって, あけ皮膚にじかに, あけをかがやかせた, あけ矢代にさし出した, あけ私たちのスーツ, あけばれの, あけをう, あけ空気をとおし, あけ窓掛を片寄す, あけ立てして, あけ立春と云う, あけ四十八信として, あけを拂つて, あけの上, あけとぐみ, あけ紐育時代の外套, あけ素早くエプロンの, あけ細いリボンの, あけ細君の置い, あけ終つた時初瀬は, あけ結局は九時, あけに立っ, あけを持っ, あけ職業的とでもいう, あけを並べ, あけのあたり, あけ胸甲騎兵らは方陣, あけを引つ, あけ船頭を中, あけ色々食べる, あけ茶店を設け, あけ荷衣桁衣裳鬘丸型朱塗りの大, あけを上げた, あけ薄暗い二階の, あけ行くに蛇口仏心, あけ行列をつく, あけ行燈の灯かげ, あけ見物をおくりだす, あけ解剖用の針, あけ誠一に竹, あけ賞讚さえ惜しまれず, あけをすべらし, あけ足もとを見定める, あけを乗り出し, あけのむ, あけ迄に毛を, あけ近く僕は寝床, あけ近く六階へあがっ, あけ通しにし, あけ遂にはその, あけ遠くのもの, あけを飲み, あけ醫者を見, あけ鉄亜鈴やエキスパンダア, あけ銀子の公正証書, あけ銃弾は寝所, あけを打ち, あけ銚子を取り出し, あけ鍍金仏を取りだす, あけ長いことたくさんの, あけをすかし, あけ限りになっ, あけ障子もあけ放し, あけの部屋, あけ雨戸をあけ, あけ露台へ出る, あけ青鈍色の几帳, あけ面白そうに, あけを染め, あけ飛びついた男の, あけ飽かず打眺, あけ驚くと鮮やか, あけは針打, あけのやいた, あけ黒い紬の, あけ黒っぽい刻みを