青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あがる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~あい あい~ ~あいだ あいだ~ あいつ~ あえて~ ~あがっ あがっ~ あがり~ ~あがる
あがる~
あきらめ~ あくまで~ ~あけ あけ~ ~あけた ~あける あける~ ~あげ あげ~ あげく~

「あがる~」 1306, 14ppm, 7908位

▼ あがる~ (261, 20.0%)

4 彼女は

2 [11件] あたま, いうので, いって, おかしく見えます, すぐに, そこは, 一点の, 今度は, 男の, 番頭は, 私は

1 [235件] あって, あとは, あのよう, あわてふためいて, いいわ, いう, いうならば, いきなり, いきなり呼び, いきなり大, いけないから, いばりちらす, いらいらし, うすら寒い風, うす暗い行燈, おほ, おめ, お絹, かれは, かわいいお, がやがやは, きっと村, ぐったりと, けさは, この界隈, この辺, これだ, こんで, こんどは, こんにゃく, ごん, ざる碁仲間の, すぐ, すぐかれ, すぐそこ, すぐまっさきにお祖父さん, すぐ寝る, すぐ自動車, すぐ酔った, そうささやいた, そこで草履, そこの, そっと二階, その凄まじい, その切目, その屋根, それからずっと, それを, そろつて, たしか阿波守, たちまちに, つとあとずさり, とつつきが, どことも, どの部屋, ばらばらと, ひゅッ, びっこの爺さんが, またお, またし, また一つ, もう貫太, やうやく, やっとの, やはり近所, ゆっくりゆっくり自分, よいと, よい絵, ようように, わっし, イワン, コップを, ゴールめがけ, セリファンの, トタン葺き, ハタと, バカである, パッタリ道が, ブルルンといふ, ボウとして, ポピノは, 一櫓に, 一緒に, 乾君が, 云って, 人々が, 人々は, 今までの, 仏壇の, 何でも, 何んにも, 例の, 便所へ, 僕の, 前に, 加集は, 北は, 卵の, 又この, 口に, 古藤に, 叩っ殺す, 只は, 叺に, 同時にいつか泥酔, 同時にほんとに瞬く, 同時に彼, 呼応した, 夏が, 大層調子, 大黒柱の, 天主閣の, 夫の, 好い, 妻と, 子供が, 子供は, 家の, 家も, 寛いだ歓談, 寝床の, 寢床が, 小さい机, 山を, 帽子を, 引き綱と, 引っぱたくぞ, 当太郎, 彼は, 後生が, 心得たもの, 忠相が, 思いの, 戸が, 振払, 支配人の, 数発の, 文字春は, 日ざかりの, 昔の, 昔シャムガルが, 昨夜の, 時刻は, 暑い日, 曳舟の, 月子は, 東西両面の, 松ヤニを, 果たして玉太郎, 果然激しい, 棧橋から, 正面に, 武助さんは, 武士は, 死んだ女, 気ぬけ, 水浴でも, 汝がの, 泥の, 流るる胴体, 浅井の, 清吉は, 清少納言の, 漁を, 火鉢の, 無関心な, 煙突や, 照れかくしに, 熊蔵も, 熬りつけるよう, 父の, 狭いところ, 狭い山道, 生きかえった, 申して, 番人の, 白ペンキの, 白楊の, 白粉臭い, 白髪白髯の, 皆が, 直ぐ女房, 直ぐ茶の間, 短筒は, 祈念の, 神々しいまでに, 粗末だ, 糸車は, 絹は, 総江, 緑したたる, 置き据えた石塔, 美しい四人, 義雄に, 羽搏き, 自分の, 舞台の, 船長さんは, 芋の, 花籬と, 若い主人, 茂庭周防が, 葬龕の, 藍色の, 蚊が, 行燈に, 西風が, 見えた, 見かえると, 見られる暁, 見るや, 見る間, 角兵衛は, 言ひました, 誰かの, 谷に, 近習へ, 郷里の, 酔いも, 鉄も, 長くなる, 間もなくこの, 間もなく僅か一年, 間もなく網走, 陽気に, 隣の, 隣り座敷, 靄が, 頭の, 風呂にでも, 駅員は, 駈けつづく中, 鸚鵡は, 麦畑が, 麻布の

▼ あがる~ (138, 10.6%)

8 だ, です 5 である, を見 4 か, を待っ, を待つ 3 が見えた, さ 2 かもしれない, であった, ですか, ですよ, もにじり出る, も再婚後産, をみ, を眺め, を見た, を見る

1 [74件] えわたし, お厭, かいな, か生意気, がおっくう, がこの, がしろながす, がすきでした, が困難, が後, が怖い, が毎日, が浮ぶ, が見える, が見られた, が通, が遅かっ, じゃない, だが, ださうです, だった, だと, だらう今日, だろう, だろうなどと, であり用意, であろうか, でございます, ですから, と同時, と同時に, と短三度, にはまだ, にもそれ, に対して私, ね, はいつも, はこれから, はその, はなぜ, はひさしぶり, はわけ, は労働者, は弱った, は東京, もあがらない, もいい, もおそし, もすべて, もそれ, も人柄, も取柄, も無理, をおぼえた, をたのしみ, をびっしょり, をぶち切った, をまっ, をやめ, をわたし, を並木, を何より, を千秋, を合図, を待たう, を心待ち, を手, を気, を見とどけ, を見とどける, を見られ, を認めた, を防ぐ, を阻む

▼ あがるよう~ (94, 7.2%)

18 にし 7 になっ 3 に, になった 2 な思い, な気

1 [59件] だ, なかゆ, なこと, なしつこい, なすごい, なその, などっと, な作阿弥老人, な具合, な冬, な勢い, な妄想的, な定まった工程, な性分, な恰好, な悦び, な感じ, な次第, な気持, な気持ち, な炎色, な生活, な疼痛, な盛ん, な素晴らしい, な表情, な身, にいわない, にお, にお茶, にたっ, になったら, になりました, になりましょう, になります, になる, には行きませんでし, にみえた, にも感じられた, にわれ, にフト, に上, に不吉, に両手, に伝えました, に喜ん, に宙, に徐々に, に御, に手, に水の上, に湧きた, に見せかけ, に赤く, に走っ, に起ちあがっ, に起ちあがった, に飛び出し, に食卓

▼ あがる~ (50, 3.8%)

185 だよ 4 だぜ 3 ですよ 2 だからな, だらう, だろう, でしょう

1 [12件] じゃない, だから, だが, だってあんた, だと, だね, だ新聞, です, ですか, ですが, ですもの, でね

▼ あがること~ (48, 3.7%)

3 ができた 2 がある, ができなかった, になっ, のできた, は頗る, もあった, を予期

1 [31件] ができ, ができません, がわかった, が出来ない, が出来ました, が困難, だけに集中, だらう, だらうから, だろうぜ, であろう, などはさ, にし, になった, に決まっ, はできなかった, はできなくなった, はできぬ, はなく, はひと, は不可能, は既に, は暗黙, もあります, もなく, もよう, も出来なけれ, をさえ憚, をしょうち, を思いついた, を発見

▼ あがるやう~ (26, 2.0%)

5 にし 2 なさかん, な気

1 [17件] だ, であつ, で早く, などっと, な夜, な妄想的, な恰好, な気持, な衝動, に, になつ, になりました, にスカーフ, に両手, に元気, に合図, に起ち

▼ あがるほど~ (25, 1.9%)

2 痛かった, 苦しいさ

1 [21件] おもしろかつ, では, 一生けんめいに, 三つ四つ打ちつづけた, 仰天した, 冷たかった, 吃驚し, 喜びました, 喫驚した, 夏の, 寒くなった, 心の, 悦んだ, 慄える, 明るく存じる, 激情的に, 熱いの, 猛烈な, 驚いた, 驚いたが, 驚いたの

▼ あがる~ (22, 1.7%)

3 いい 2 早いか

1 [17件] あとは, あまり上には, いいわ, いい伯母さん, ごとき身ぶり, ごとくに, すぐ降り, その田, だんだんその, まあまあ人間万事, よい, よかろう, 全身を, 好い, 文明なんて, 時にはそれ, 金座の

▼ あがるもの~ (19, 1.5%)

4 と信じ 3 では

1 [12件] あやしく曲り, だそう, であるかといふ, であるが, でそれだけに, でどんな, によって神, に幾分, はという, はほんの, もなくなるであろう, や化粧道具

▼ あがる~ (15, 1.1%)

2 相違ない

1 [13件] お祖母さま, したが, したがい暗黒, しても, ちが, ちがいない, なんの, 定って, 極つて, 違いありません, 違いない, 違えねえの, 違ひない

▼ あがる~ (14, 1.1%)

2 怪我でも, 樂しみに 1 ながめて, 楽しみに, 止めよ, 止めよ碧眼, 見ては, 見ても, 見なば, 見るは, 見るや, 見消防

▼ あがるまで~ (13, 1.0%)

1 [13件] かりにこの, こんなところ, 何か, 何処かの, 全体が, 北海道から, 息を, 泊りこんで, 滞在する, 滯在する, 目が, 私は, 考えだせなかった

▼ あがるなり~ (12, 0.9%)

1 [12件] ひらひらと, まつすぐ, コワリョーフは, 土間へ, 婢が, 客座敷の, 宿へ, 見付の, 見附の, 逃げて, 非常な, 颯と両手

▼ あがるので~ (12, 0.9%)

3 あつた 2 ござります 1 いささか色気違い, お世話に, この頃, せう, ツイ足が, 少しも, 活字が

▼ あがるため~ (11, 0.8%)

2 でしょう, でせう 1 に, にかれ, には何, に力, に必要, の命, の逃げ口

▼ あがるという~ (11, 0.8%)

1 [11件] ことで, ことでした, ことに, ことは, のです, わけに, 事実は, 叔父の, 嬉しい勘定, 迷信が, 騒ぎ

▼ あがる~ (11, 0.8%)

3 から小言 1 かれは, が苦痛, にさ, にそう, に茨, はない, は魂, まで見

▼ あがる~ (9, 0.7%)

1 しれねえとお, どうせこの, わからない, 一つ見, 大層な, 息子は, 愕く, 行きどまりだって, 面白いところ

▼ あがるかと~ (7, 0.5%)

2 思うと 1 小坂部と, 思えば, 思わせるかの, 思われたが, 見れば

▼ あがるかも~ (7, 0.5%)

1 しれないやう, しれないよう, しれん, しれんぞ, 判らないのね, 知れないよ, 謀り知れない青い

▼ あがるから~ (7, 0.5%)

1 おんなじ学校, さすがは, そこが, 五時ごろ魚を, 仕様事なし, 少しは, 水田にも

▼ あがるはず~ (6, 0.5%)

1 だから, でしたが, ですが, はありません, はある, はない

▼ あがる~ (6, 0.5%)

1 にできた, に天秤, の年, はこの, まではちっとも, まで家

▼ あがる~ (6, 0.5%)

3 榮, 榮とぞ

▼ あがる~ (6, 0.5%)

2 ぞ低く, ぞ絶えず 1 の峰, の銅粉

▼ あがるころ~ (5, 0.4%)

2 となる 1 になれ, には外, を

▼ あがるばかり~ (5, 0.4%)

1 だが, だと, であった, で義村さま, 驚いて

▼ あがる宿世~ (5, 0.4%)

4 を持つ 1 を持っ

▼ あがる~ (5, 0.4%)

1 がない, だから, でしたが, です, のやつ

▼ あがる階段~ (5, 0.4%)

1 が有る, だ, でしょう, に足, を見つける

▼ あがるけれども~ (4, 0.3%)

3 ぼくらと 1 ぼくらとち

▼ あがるその~ (4, 0.3%)

1 前に, 焔さえ, 砂丘の, 紙鳶

▼ あがるところ~ (4, 0.3%)

1 があります, だ, に必ず, を手

▼ あがるなんて~ (4, 0.3%)

1 いうの, こたあ, 一体何という, 畜生醜態あ

▼ あがるまでの~ (4, 0.3%)

1 息苦しさったら, 時間を, 短かい, 話さ

▼ あがるんで~ (4, 0.3%)

31 せう

▼ あがる~ (4, 0.3%)

1 があるだろう, がなくなっ, が残, もない

▼ あがる~ (4, 0.3%)

1 にし, に呪言, に新しく, に申し

▼ あがる~ (3, 0.2%)

1 うっかりそれ, 人民は, 子供は

▼ あがるたび~ (3, 0.2%)

1 にいろいろ, に審判, に浅井

▼ あがるつもり~ (3, 0.2%)

1 だったらしいが, だつたの, ですが

▼ あがるとこ~ (3, 0.2%)

2 へ山男 1 を見なけれ

▼ あがるとは~ (3, 0.2%)

1 いい気, 決して決まっ, 無茶な

▼ あがるには~ (3, 0.2%)

2 地下道から 1 まず第

▼ あがるまでは~ (3, 0.2%)

1 ほんものの, ホームズ先生あなたの, 余計な

▼ あがる~ (3, 0.2%)

1 否や, 彼は, 腰を

▼ あがるより~ (3, 0.2%)

1 はやく帯, ほかなかっ, 一杯持つ

▼ あがるわけ~ (3, 0.2%)

1 ですね, にいかなかった, には行くまい

▼ あがる一方~ (3, 0.2%)

1 である, で再び, の一年

▼ あがる~ (3, 0.2%)

1 がありまし, が出来た, の完全

▼ あがる~ (3, 0.2%)

1 日本青年団の, 爆発が, 階子と

▼ あがる拍子~ (3, 0.2%)

2 にみる 1 にあし

▼ あがる時表~ (3, 0.2%)

3 を通る

▼ あがる月夜~ (3, 0.2%)

3 の路

▼ あがる~ (3, 0.2%)

1 がしない, にならない, にはなれなかつた

▼ あがる~ (3, 0.2%)

2 の末 1 のわか

▼ あがる~ (3, 0.2%)

1 がギラギラ, に手, の傍ら

▼ あがる焚火~ (3, 0.2%)

2 の焔 1 にうすあかく

▼ あがる~ (3, 0.2%)

1 に寒く, の悪党, の猛烈

▼ あがる~ (3, 0.2%)

1 はなかっ, は自己, もあった

▼ あがる~ (3, 0.2%)

1 になる, には大, まで寝小便

▼ あがるかの~ (2, 0.2%)

1 やうに, ように

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 まあ呑む, 人間の

▼ あがるだけ~ (2, 0.2%)

1 です, では

▼ あがるとき~ (2, 0.2%)

1 などは全, は一人

▼ あがるとともに~ (2, 0.2%)

1 出丸曲輪の, 御奉行

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 ッて, 側に

▼ あがるにつれて~ (2, 0.2%)

1 あなたこなた, 蜂谷が

▼ あがるのに~ (2, 0.2%)

1 よじりもじりの, 少しは

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 三十四五までの, 今日の

▼ あがるまでには~ (2, 0.2%)

1 円盤は, 冬に

▼ あがる利益~ (2, 0.2%)

1 で主人夫婦, と自分

▼ あがる大御~ (2, 0.2%)

2

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 き雲鉄鈷雲, き雲鐵鈷雲

▼ あがる御船泊~ (2, 0.2%)

2 てぬ

▼ あがる~ (2, 0.2%)

2 を制し

▼ あがる必要~ (2, 0.2%)

1 はない, もなかっ

▼ あがる怒り~ (2, 0.2%)

2 を覚えた

▼ あがる情熱~ (2, 0.2%)

1 だ同時に, のま

▼ あがる憐れ~ (2, 0.2%)

2 な人物

▼ あがる支度~ (2, 0.2%)

1 でもさらす, を整

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 である午, も近い

▼ あがる~ (2, 0.2%)

2 べとさや

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 を目がけ, 見ゆ

▼ あがる湯気~ (2, 0.2%)

1 で画面, はむつまじ

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 の中, の音

▼ あがる火焔~ (2, 0.2%)

1 の上, の嵐

▼ あがる火竜~ (2, 0.2%)

1 のよう, の勢い

▼ あがる石段~ (2, 0.2%)

1 のそば, の下

▼ あがる神立雲~ (2, 0.2%)

2 のおどろ

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 はまず, も少なく

▼ あがる紋白蝶~ (2, 0.2%)

2 の翅

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 の土堤, の土手

▼ あがる見込み~ (2, 0.2%)

1 がない, のない

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 こそあれ, は黙つ

▼ あがる~ (2, 0.2%)

1 がする, です

▼ あがる~ (2, 0.2%)

2 なんぞの立派さ

▼ あがる黒煙~ (2, 0.2%)

1 に陽, の中

▼1* [270件]

あがるあとを追った, あがるは東方, あがるいかにも思ひきり, あがるいつしか星の, あがる魚これは, あがるお供米を捧げ, あがるお客はなおさら, あがるかなしさを, あがるかはたやすく判断, あがるからにはいつかの, あがるからねそれまで, あがるがと主思い, あがるくせに白, あがること一寸ばかりゆえに, あがること十回なるをもって, あがること幾千丈夫れが, あがるこのうえ米友様の, あがるさあくやしかったら, あがるしずくを散る, あがるじゃござんせんか, あがるすさまじい火の手に, あがるせつなに典厩, あがるそう云わずとも, あがるそりゃ論語の, あがるそれ自身の力, あがるぞと思ふの, あがるたびごとにやや, あがるたび花火のよう, あがるため氷の上, あがるちょっとした別荘を, あがるって待ってるからね, あがるつて待つてるからね, あがるていのもの, あがるといった為体であった, あがるといふ理由で, あがるとかどこでも, あがるときおかみがちら, あがるときチラとお, あがるとき内部が見える, あがるとき君は俺, あがるとき彼はポケット, あがるとのそりの, あがるとよかつたん, あがると共に旧作たる, あがるなあいま縄を, あがるなかなかおもしろい飛び, あがるなどいつも驚嘆, あがるなどと軽蔑し, あがるそれから一番びり, あがるのみならずそこ, あがるばかりになつたのを, あがるばかりの子の, あがるひとつまるっきり探偵風, あがるお忝, あがるほうがいい, あがるほかにはどう, あがるほどの戦きを, あがるまもなく畳の, あがるみたいにかんらかんら, あがるえ, あがるあり掛時計, あがるものの初めて感ずる, あがるもんかい, あがるやいなやばったりたおれた, あがるやうぢや雨, あがるやつを店, あがるゆえに乙村, あがるゆッくりした泳法, あがる祭すぎには, あがるよい血色を, あがるよりは真っ裸の, あがるらせん形の階段, あがるらむうれしき風に, あがるあたしは, あがるわけぢやある, あがるんぢやない, あがるてハッ, あがるトタンに又, あがるパイプの煙, あがるビイルの泡, あがるペエ・ドオトの山, あがるボヘミヤの玻璃, あがる一つの気球, あがる一つ火蛍息つかししとど, あがる一万もの月々, あがる一理由の中, あがる不尽の山われ, あがる主食の配給, あがる乱軍のなか, あがる予定のところ, あがる二人の間, あがるはいざ, あがる人々に属する, あがるになつて, あがる佃煮などを買い, あがる位輝やきました, あがる何ものかを包ん, あがる借地料を以つて, あがる元気もわし, あがる兩國橋は淺草見附升形, あがる写真はそも, あがる前年のこと, あがる前頃関節炎かなにか, あがる前髪の下, あがる力新らしきキヤベツ, あがる十八といふ街, あがる千本万本の冬木立, あがる又はほんの一刹那, あがる収入はわずか, あがる収益を受け取る, あがる収穫物を運上, あがるがある, あがる吉原の火事, あがる周囲に女の子, あがる咲子の性質, あがるもわずか, あがるの聲, あがる煙りを, あがる地上を見, あがる地息でからだ, あがる坂一筋やがて其の, あがる場合もある, あがるは煙, あがる大きな緋鯉の, あがるの様, あがる女客に注いだ, あがるだし, あがる始末におえねえ, あがる姿を待つ, あがる姿勢にある, あがるもない, あがる尊い熱情で, あがる尖端の, あがる年貢は何, あがる幽霊なんかある, あがる建物めがけて, あがる急須つらつらそれ, あがる恐ろしき光ある, あがる悲しみやよろこばし, あがる悲鳴靴屋のおじさん, あがる情緒を籠め, あがる想念から逃れる, あがる感じにお, あがるの号令, あがる慣はしであつ, あがる我と妻と, あがる戦塵を冷ややか, あがるには雲, あがる手前見たよう, あがる手筈になっ, あがる握飯の, あがるを熱心, あがる昧爽のよろこび, あがる時いつでも此, あがる時伸子はもう, あがる時兩の袖, あがる時噫亡き人の面影, あがる時季が来た, あがる時故人の莫逆, あがる時期でないから, あがる時渠は女, あがる時蓬莱和子に声, あがるはあっ, あがるの段々, あがる村議のうち中地派, あがるのにおい, あがる松原の中, あがるの中, あがる果物をもぎとらうとでもするやうに, あがる梯子は呂宋兵衛, あがるへをした, あがる機会がない, あがる歓声と日の丸, あがる此方からは好く, あがるになっ, あがるがし, あがる気持だった, あがる気色はなかっ, あがる気配がした, あがる水田を眺め, あがる水蒸気は道灌山, あがるの香, あがるの平, あがる泣き虫の蛾次郎, あがるの春, あがる海岸です, あがる温泉の煙り, あがるは有難い, あがる湯げの向こう, あがる潮煙は迷濛, あがる火の手遠くからながめ, あがる火光をたより, あがるの錯乱, あがる灰吹雪の中, あがる炬火を時折, あがるを感じ, あがる熱湯が湛, あがる燐光の水, あがる猛火のまつた, あがるの悦ばしい, あがる用意をしろ, あがる田圃のすゑ工場いくつ, あがる田居の蛙, あがる畜生おもしれえ, あがるを押えつけよう, あがる疲労の汗, あがる白いカンナ屑が, あがるになる, あがるに磯五, あがる瞬間もあった, あがるの輝き, あがるのやう, あがる煙りと, あがる砂ほこりに濁つ, あがる砂煙とこれ, あがる碓氷社分工場の養蚕所, あがるの大波, あがる程吃驚した, あがる程国が金持ち, あがる穀類で返納, あがるができる, あがるの下, あがる空気がありぬ, あがるひ聲, あがる笑いのなか, あがる笑い声にほか, あがる二の, あがるの値, あがるや青, あがる縫物にもつい, あがる習慣やお, あがる者それは蘆荻, あがるして, あがるの下, あがる腰巻きのはじ, あがるを決める, あがる臓モツに大口, あがるの盃, あがる草履の音, あがる落日の欅あちこち, あがる蒸気のなか, あがるの焔, あがるしほの, あがる血気にまかせ, あがる西洋剃刀で切った, あがる赤い火を, あがるる飛ぶそり, あがる途中でついと, あがるなし, あがるの受け取り, あがる銀子の姿, あがる階段教室のよう, あがる雲雀になり, あがるに代わっ, あがるの光, あがる青じろい死魚を, あがる面積と質, あがるが弧, あがる飛沫湧きたつ泡, あがるを起こし, あがる馬糞の粉, あがる驚きを經驗, あがる燈籠が, あがる魔力をもっ, あがる魚類のやう, あがるの潮, あがるの鳥, あがる麦粉菓子などを見せられる, あがる黄気もおのずから, あがる黄色い埃に