青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あがり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ああ ああ~ ~あい あい~ ~あいだ あいだ~ あいつ~ あえて~ ~あがっ あがっ~
あがり~
~あがる あがる~ あきらめ~ あくまで~ ~あけ あけ~ ~あけた ~あける あける~ ~あげ

「あがり~」 1187, 13ppm, 8579位

▼ あがり~ (315, 26.5%)

5 爽やかな 4 路を, 道は 3 せいか, 女が, 山道を, 後の

2 [22件] お定, さやかな, さる人が, ぬかるみを, わが絃, デップリ体格の, 何者か, 全く肉体, 勘十郎が, 去る女, 感動を, 日に, 日の, 晴れた空, 湿気を, 漁場唯もう, 男が, 空は, 空気は, 者らしい, 薄陽, 道に

1 [246件] うるおった庭, お兼, お朝, お萬, かんかん照り, かッ, かツ, この大盗, した男, しづかな, しめつた地に, すんだ空, その友達, その妾, その辺, ならず者磯屋五兵衛も, なんにも, ぬかるみは, ひょろひょろした, ふけた夜, まだ三十, やうな, やがてまた, やはり痔, わたしを, アクセントに, オメカケじゃ, オメカケぢや, ザンザ洞へ, シャンと, セエヌ河の, チンピラ隊員です, メカケとは, 一代貴族な, 一段とひどい, 万吉郎にとっては, 上天気で, 中に, 中老人市太郎といふ, 主人が, 乱暴者で, 二十三四四五といふ, 二町ばかりがほど, 人なんかが, 体で, 光を, 全く美, 写真師が, 凍てついた地面, 初冬の, 匹夫が, 午前の, 午後とでも, 午後の, 午後ポプラの, 午後陽の, 印に, 口調で, 古語も, 名ある, 名物男だ, 呼び声を, 商人らしい, 土に, 土を, 地主が, 地面の, 坂道を, 声で, 声を, 夏川君に, 外国人の, 夜の, 夜美しい, 夜道を, 大きい泥たんこ, 大主, 女だ, 女をと, 女形, 女房との, 女豪傑, 妙椿は, 妾, 妾お, 妾などが, 妾に, 姉さんと, 娘さんで, 婆さんたちであった, 安月給取り, 家来が, 宿なし, 寒い湿った, 小夜子には, 小径を, 小林浩平であった, 尻腰なし, 山師としか, 崖くずれ, 工場管理者によって, 市街に, 底冷えの, 庭を, 弁護士であった, 役人どもは, 彼を以て, 彼女が, 彼女に, 後妻と, 快晴で, 恋女房春江と, 意味では, 成金だ, 按摩が, 採種者など, 新宿駅に, 方が, 方へ, 日かげに, 日であった, 日光の, 日男が, 明るい静か, 明智は, 春の, 時は, 時代といふ, 晩に, 暑い宵, 暑い日, 暖い, 月夜, 月夜でした, 朝, 朝などに, 朝の, 朝早く, 木の, 松の, 松田と, 林の, 桟道に, 楽隠居, 横雲の, 武骨な, 気ちがいで, 水たまりへ, 水溜りや, 水溜りを, 沖本を, 泥が, 泥濘波に, 津田信一だ, 浪人伝法小普請の, 浪人者お, 浪人者が, 涼しい風, 淫を, 清元の, 湿っぽい土, 漫才芸人などが, 火無, 父親たち一般の, 爽やかさに, 狭い道, 猿面な, 田舎道を, 男な, 男に, 男の, 男は, 男を, 疲勞を, 目に, 看守の, 磯屋五兵衛である, 私も, 秋めいた夜, 空から, 空からは, 空に, 空には, 空を, 空地に, 立居振舞身だしなみには, 立峠旅の, 素人で, 細い路, 細君が, 細君には, 細君の, 組長の, 者が, 者で, 職人を, 肩を, 胸を, 腕の, 自分免許の, 良住と, 艶の, 若いアリス, 若いキレイ, 若い者, 若い青江三空曹, 若葉の, 莫連者です, 落暉の, 薄い月, 薄ら寒く濡れた, 街の, 言説に, 語気を, 貧乏士官だ, 赭土を, 路悪の, 軍人が, 軍曹で, 軟弱才子め戦争を, 軟泥の, 逞しく頬骨, 逞ましい, 速い書体, 遊び女と, 道が, 道だった, 道の, 酒屋で, 金粉を, 金貸で, 鉢石町を, 銀子が, 闇に, 雲間の, 青ざめた, 青磁色を, 青空, 面ほでり, 韓暹と, 頃には, 高利貸しとも, 高髷に, 黄昏は, 黄金の, 黒土

▼ あがり~ (116, 9.8%)

24 なって 4 なりますか 3 なりました, なります, なる 2 なった, なった食事, なっては, なりましたよ, なるの, なるん, なる御殿, なる時, 堅くつめ

1 [61件] あがって, ございます, ついたかと, なったそう, なったという, なったの, なったらいかが, なったらこれ, なったら不浄, なった狭い, なった草やぶ, なっても, なつた, なつて, ならないで, ならないと, ならないのよ, ならない由, ならなかったわ, ならぬうち, なりお, なりご, なりそこ, なりながら, なりましたから, なりましたら, なりません, なりませんか, なりませんね, なるお, なるか, なると, なるという, なるやう, なるよう, なるわ, なるんで, なる位, なる米, なる食べ物, なれば, のぼる左, わざとおどけた, 上った, 上って, 似あわぬ悪党面, 似合わず仕事, 厄介だ, 問うたの, 善周という, 天にも, 怒りや, 手出しを, 次第に色, 父が, 物凄気, 登って, 藁で, 行らっしゃっ, 言った, 阪を

▼ あがり~ (33, 2.8%)

3 表を 2 やがては, ゆくてを, よみ書き十露盤それは, 同胞を, 見よげに, 評判わるから, 風入りの

1 [16件] 二つの, 俯きゐたる巨勢, 功を, 奥を, 密に, 屏風の, 村様村様と, 松明の, 烟は, 真面目なり, 箱を, 紀州よ, 胸甲裂け破る, 見送る, 髪は, 黒煙天を

▼ あがり~ (32, 2.7%)

2 から首, の右側

1 [28件] から, でお, でかの, で世話方, で地下足袋, で靴, に, にありました, には窓, に敷い, に泣き崩れた, に腰, に腰かけ, に膝, に見なれない, のべに, の冬, の方, の板の間, の浅い, の長火鉢, へおい, へ持っ, へ氷, へ顔, へ首, をおり, を取つた

▼ あがりながら~ (22, 1.9%)

1 [22件] うっかり女, おかあさんは, そう言つて, 一つの, 丁寧に, 主翁, 云った, 他家の, 伴れ, 号令を, 喚いた, 弥生は, 揮返った, 片手で, 片手を, 眠りこけて, 紙片を, 表の, 見ると, 言った, 言つた, 飯を

▼ あがり~ (18, 1.5%)

2 いって, 言ふ, 雨気つく

1 [12件] いうだけに, いふと, いわれて, わかれば, カマチに, 勧められても, 吩付けた, 来て, 箸を, 言つた恰幅です, 言つて呉れた, 言つて祖母さんが

▼ あがり~ (17, 1.4%)

2 まちに

1 [15件] ある, おのづか, さすがに, てっきりばてれ, ないよう, まちのむ, まちへ, 一決する, 兵部大輔とは, 大変に, 目だつの, 目立ちその, 神あがり, 突然大声, 違います

▼ あがり~ (14, 1.2%)

2 おそろしい

1 [12件] したものの, しましたが, ともかくちやん, なに目白おしに, なに目白押しに, なに隅の, 予期の, 平山と, 朝政に, 東である, 気合を, 脱しきれなかった

▼ あがりそう~ (13, 1.1%)

1 [13件] かと思う, だと, であった, でございますよ, ですね, な気勢, になった, にも見えぬ, に不安, に思われ, に見えた, に騒然, もない

▼ あがり~ (13, 1.1%)

2 しないけれども

1 [11件] あり三ぴんもあり, しないし, しないぢ, しないで, しないのに, しなかった, せねば, なく自己, やが, 際立てうしろ鉢, 際立てうしろ鉢巻き

▼ あがり~ (11, 0.9%)

1 [11件] きて, して, のこらずさしあげます, るで, 云って, 入れた銭箱, 女房に, 寺の, 情夫に, 睨んだ, 見いだすであろう

▼ あがりその~ (10, 0.8%)

2 腫れは 1 へんを, 下に, 下へ, 屋根裏の, 帰りに, 線に, 聲に, 鼻息は

▼ あがり~ (9, 0.8%)

3 に腰 1 にせ, に中腰, に大きい, に腰かけ, に膝ッ小僧, に近い

▼ あがりそれ~ (8, 0.7%)

1 から一メートル, から一分間外, がひいては, が水, が玄関, に見た目, もホン一晩, を追って

▼ あがりそこ~ (7, 0.6%)

1 から用心, と馳せ向え, に停車, に氷河裂罅, に立っ, の役部屋, の障子

▼ あがりたて~ (7, 0.6%)

1 で暑, で桜ン坊, に点いた, のおいしい, の桜色, の頃, らしくやせこけた両

▼ あがりつつ~ (6, 0.5%)

2 ある 1 あった, あつた, 一米でも, 秀吉は

▼ あがりにな~ (6, 0.5%)

2 つて 1 つてお, つてけれども, つては, つてやがて

▼ あがり~ (6, 0.5%)

1 から屋根裏, から早く, に倒れ, に通じ, のドア, へ逃げ出した

▼ あがり~ (6, 0.5%)

2 激しただ 1 かなしも, の落ちつかざる, もはずむ, 悲しも

▼ あがり~ (6, 0.5%)

1 がちがう, がちがうだろう, がちっと, が愉快, に気がついた, をする

▼ あがり~ (5, 0.4%)

1 うだ, うで, うな, うもないが, うもないわ

▼ あがりという~ (5, 0.4%)

1 ことであった, わけで, 処だ, 種類の, 風な

▼ あがり~ (5, 0.4%)

2 なに掛け 1 たの, なに立ち, なに腰を

▼ あがりまた~ (5, 0.4%)

2 三度目には 1 こんなところ, 大石小石, 石ころの

▼ あがり~ (5, 0.4%)

1 おいしいのよ, そしてあたし, そして元気, 今日は, 私は

▼ あがり~ (5, 0.4%)

1 からころがした, にのぼり, に片足, のあげ, をあがつた

▼ あがりたちまち~ (4, 0.3%)

1 ふとんも, 大かがり火, 汗が, 燃えひろがる様子

▼ あがりとは~ (4, 0.3%)

2 思はれぬ何 1 思はれぬどう, 違う

▼ あがり~ (4, 0.3%)

1 はったらどう, ッと, 物持の, 西京

▼ あがり伸び~ (4, 0.3%)

1 あがって, あがりたる, あがり俺, あがり加賀家

▼ あがり~ (4, 0.3%)

1 といふ, に何, の下枝, の大き

▼ あがり~ (4, 0.3%)

2 ばかりに常 1 だから, になっ

▼ あがり~ (4, 0.3%)

1 だという, というの, とは, の持前

▼ あがりかまち~ (3, 0.3%)

2 に腰 1 に積まれた

▼ あがりから~ (3, 0.3%)

1 ズッと, 出して, 水が

▼ あがりそれから~ (3, 0.3%)

1 横に, 足と, 部屋へ

▼ あがりにも~ (3, 0.3%)

2 ならないで 1 かかわらず慶応大学

▼ あがり~ (3, 0.3%)

2 かがやく縁 1 へんがな

▼ あがりもの~ (3, 0.3%)

1 と見くだし, の態度, はそう

▼ あがり~ (3, 0.3%)

1 では宗旨, までとうつ, 以て

▼ あがり~ (3, 0.3%)

1 のほう, の方, へ通った

▼ あがり姉さん~ (3, 0.3%)

3 がねトマト

▼ あがり~ (3, 0.3%)

1 にため, に浮い, に羽

▼ あがり~ (3, 0.3%)

1 が肥え, は真赤, を光らし

▼ あがり~ (3, 0.3%)

2 は新た 1 は工場

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 見せ, 詣りを

▼ あがりおし~ (2, 0.2%)

1 の, 隠すやう

▼ あがりさあ~ (2, 0.2%)

2 汝も

▼ あがりさうだつ~ (2, 0.2%)

2

▼ あがりさえ~ (2, 0.2%)

2 すれば

▼ あがりざま~ (2, 0.2%)

1 けたたましく叫びました, にハツタ

▼ あがりそして~ (2, 0.2%)

1 そのなわ, 暖く

▼ あがりたった~ (2, 0.2%)

1 四カ月で, 自分一人の

▼ あがりたまえ~ (2, 0.2%)

1 と言う, ようこそと

▼ あがりとして~ (2, 0.2%)

1 彼女の, 歎かれる

▼ あがりとも~ (2, 0.2%)

1 つかぬお喋り, 見ら

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 さりませ, 何を

▼ あがりはな~ (2, 0.2%)

1 のところ, の座敷

▼ あがりめまひ~ (2, 0.2%)

2 を感じ

▼ あがりよう~ (2, 0.2%)

1 が過ぎやしない, はどう

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 とし, 跨ぎに

▼ あがり三人~ (2, 0.2%)

1 ずつ手分け, の間

▼ あがり二人~ (2, 0.2%)

1 とならん, は手

▼ あがり代掻き~ (2, 0.2%)

2 をへし

▼ あがり~ (2, 0.2%)

2 にしか値踏

▼ あがり其処~ (2, 0.2%)

1 かここ, から燦然

▼ あがり具合~ (2, 0.2%)

2 まで俺

▼ あがり唐紙~ (2, 0.2%)

1 をあけたら, をぴつたりと

▼ あがり~ (2, 0.2%)

2 にかけり

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 に手, のそ

▼ あがり~ (2, 0.2%)

2 には花笠

▼ あがり大尉~ (2, 0.2%)

1 のま, のまわり

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 の中, の敷居際

▼ あがり~ (2, 0.2%)

2 ととのうたるのち

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 の錠, を閉め

▼ あがり振り~ (2, 0.2%)

1 かえって谷, 注ぐ火箭

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 につい, にぶつかり

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 のせい, のゆるみ

▼ あがり~ (2, 0.2%)

2 ぬぎの

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 のカラン, を盛った

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 がくらんだ, さえおぼろ

▼ あがり空しく~ (2, 0.2%)

2 この残酷

▼ あがり細工場~ (2, 0.2%)

2 より槌

▼ あがり~ (2, 0.2%)

2

▼ あがり羽蟻~ (2, 0.2%)

2 かがよ

▼ あがり西~ (2, 0.2%)

2 に赤

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 が現われた, もいない

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 の両側, を打ち

▼ あがり~ (2, 0.2%)

1 はすべて海上, は四十五万円

▼1* [330件]

あがりつては, あがりあすばいて, あがりあと片づけも, あがりあとよそから来た, あがりあまつさえたいせつなすずり, あがりあるいは高声器, あがりいきなりお菊, あがりいちめんの白波, あがりいつ消えるとも, あがりいつもその重み, あがりいまはこの, あがりいまお茶を入替えよう, あがりいろいろと力, あがりおいしいよ, あがりおかあさんの部屋, あがりおよびもない, あがりお婆さんや抱え, あがりお腹がすいたろう, あがりお菓子を一つ, あがり歌妓の, あがりかすかに部屋, あがりかも知れんと, あがりきちんと着て, あがりきゅうにうちとけ, あがりきりになる, あがりぎりぎりと斜め, あがりぎわに一枚引きめくって, あがりぎわに何心なくひょいと, あがりけれどもたつた八十五騎, あがりここが男, あがりこれも玄徳, あがりさうになつたの, あがりさてしづかに, あがりじっとりとした, あがりじゃそなた, あがりとの車座, あがりそこそこと山, あがりそこで所望される, あがりそっとむこうの, あがりそのまま停まったという, あがりそのままあたかも木の葉の, あがりそのまますぐに阿, あがりその間にはわずか, あがりそろそろと塾長室, あがりッと, あがりただちに川に, あがりだけに円頂を, あがりだけは余分の, あがりつかつかと仏像, あがりい, あがりとかいう噂だ, あがりとが競争する, あがりとしても生活が, あがりどうだね, あがりどこぞへ出かける, あがりどんな辺鄙な, あがりなと言った, あがりなどと飯時には, あがりなどとは當時の, あがりなどにある薄, あがりなどには其処らは, あがりなどのあがりと同じ, あがりなにかの花, あがりなんと草の, あがりにくくば取分け, あがりにて廿六七歳これも, あがりにとて中野あたりさして, あがりには珍らしい, あがりによってつづく二局, あがりのうすら明るい午後九時, あがりのみじまひ, あがりはじめはしずか, あがりばかりでなく冬, あがりばなの所へ, あがりばなへ来て, あがりばらばらッと, あがりひろひろひろと鳴き, あがりほかの人, あがりまたは高い樹, あがりまだ名ざし, あがりまで十五分しか, あがりまばゆきばかりの快晴, あがりまもなくいっぱいの, あがりまるでごん, あがりめいめい風にぐらぐら, あがりもとの本陣, あがりやうを見破られ, あがりやがてそだ, あがりやすい糸くずを, あがりやっと死体が, あがりよっぽどやって, あがりよと云いたいの, あがりわたしたちによく, あがりわれともなく鋭い, あがりアメリカが世界一, あがりオレが船乗り, あがりキョロキョロと四辺, あがりスタジオに当てられた, あがりドドーンドドーンといふ銃聲, あがりニッケル盆の斜面, あがりパチパチと手, あがりヒットラーが正面, あがりベーリング行の最大急行, あがりホール夫人は棒立ち, あがりヱ胸がくるしい, あがり一人が雪, あがり一気に四時すぎまで, あがり一閃の火焔, あがり万歳を叫ぶ, あがり三千人が, あがり三階目の欄干, あがり下りを一日, あがりあがりが, あがり世界戦以上の黄金時代, あがり眼は, あがり両人座を占める, あがり両方いっしょにいつも, あがりあがり, あがり二年たつと, あがり二階の廊下, あがり人通りのない, あがり白い肌目, あがり今夜もわし, あがり仕事の仕度, あがり伯母のみ霊, あがり伸び上りたる, あがりか食べたい, あがり何んな風, あがりの金髪娘, あがり信長の休息小屋, あがり俳優のお, あがりをにらん, あがりへども人, あがり先頭のほう, あがり軍の, あがり全面的に反, あがり公正であれば, あがり初めて来た叛逆, あがり別段お岩様, あがりのよう, あがり加賀家の屋敷の, あがり十間の小屋掛, あがりた, あがり新しい扉, あがり口々にリキ, あがり口上言ひの, あがり口髭は黒ずみ, あがり同然とあなどっ, あがり呂宋兵衛のまえ, あがりの両端, あがり喧騒がはじまった, あがり四面まったく敵, あがり地球からの距離, あがり地面におりた, あがり場合によってはさらに, あがりを忍ばず, あがり声色屋あがりの, あがり夕食迄には二十カット以上, あがりへ出る, あがりの明ける, あがり大きなるかも, あがり大きい聲で, あがり大釜の下, あがり天井を抜ける, あがり天城山麓をヒタ走り, あがり天涯孤影肩をそびやかし, あがりへ通つた内, あがり女房のむこう, あがり好奇的な生彩, あがりは下, あがり子供たちがわいわい, あがり孫武や呉子, あがり安川の顔, あがり宮田さんや船長, あがり密房の壁, あがり寝巻のまま, あがり寺院へ運ばれ, あがり将門を始め, あがり小さなる眼, あがり小さな三重塔の, あがり小手をかざし, あがり小才の利いた, あがり山々が暗く, あがり崩壊し去った, あがりのはじ, あがりに就い, あがり床場へ行つて髪, あがり座敷が頻繁, あがり建物の一部, あがりの大きい, あがりは俄, あがり御門の外, あがりの為, あがり悲しも, あがり戦犯容疑者として近く法廷, あがり戸棚をあけ, あがりを拍つて口々, あがり手さぐりでそろそろ, あがり手前へ引っぱる, あがり手拍子あわせながら, あがり手紙は机, あがり押入を開け, あがり挨拶をすます, あがりあげは, あがりふ, あがり敢えて撃とうと, あがり敷島の部屋, あがり文字盤に眼, あがりざしの, あがり日光はさんさん, あがりや凍み, あがり早速明日の, あがり明智探偵のそば, あがりを眺め, あがり昨日今日のむしろ, あがり時の間にさっと, あがり晋ちゃん私が縁起直し, あがり暖炉のやう, あがり暗い鉄道線路の, あがり書斎のふす, あがり曹操もまた, あがり月番ではありません, あがり望閣楼殿すべて焔と化した, あがり板の間にお, あがり枕頭の扇子, あがり大学頭家, あがり果然日本化学会の, あがりを拡げ, あがりの工, あがり框源十郎の鼻先, あがり桑畑の中, あがり楽しそうに, あがりから見る, あがりの一足, あがり次第時刻も関はず出発, あがり正一君がつれさられた, あがり正一君たちの寝室, あがり此所だ, あがり殆ど身動きもできなかった, あがり氣味の眼尻, あがりをのがれ, あがり水温も五度, あがり氷川町を勝伯, あがり汚くはない, あがり沓ぬきの草履下駄足, あがりに向っ, あがりを立て, あがり洋燈の燈, あがり洛中にも怪しげ, あがりの景色, あがり黒い頬, あがり渋紙色の凹凸, あがり湯濫用の弊, あがり火の玉も何, あがり火星へ達する, あがりをもっ, あがり父親に接吻, あがり片手を伸ばし, あがり片方の足, あがり登志子の方, あがり白く尖つた波, あがり直ぐに消え, あがり省線電車の線路, あがりが飛び交い, あがりに化し, あがり神刑にかけられ, あがり稽古とは知っ, あがり窓掛を拂, あがりの下, あがり蹴返す白脛, あがり細かな砂, あがり絶好の鰊ぐもりだった, あがり綾衣は座敷, あがり縁側に椅子, あがり耳門の方, あがりにさわる, あがり胴間声をはりあげる, あがりがどきどき, あがり胸先がちくちく, あがりの毛, あがり脱衣場の鏡, あがり自分たちの部屋, あがり至って不作法で, あがり至つて不作法で亭主, あがりがひりついた, あがり舞台現じ来る, あがり舞妓たちはそれぞれ, あがりの頂上, あがり色仕掛で主人, あがり花活の中, あがり花火の様, あがりさびた石, あがり若竹の青空, あがり茶の間の次ぎ, あがり茶菓子を出し, あがり蓄音機のそば, あがり蕎麦の代, あがり蚕豆の花, あがりが穴, あがりを手荒く, あがり角刈は半ちゃん, あがり谷一つを隔て, あがりが寝床, あがり踊りが始まり, あがり躑躅の花, あがり酒宴はやまず, あがり野飼の駒たてがみ, あがり金瘡は甚だ, あがり間もなく白みさ, あがり阿修羅の吠え, あがりがはっきり, あがり障子の引手, あがり隣境から糴, あがり雑沓した仲店, あがり降り切りては, あがりは矢, あがり雷鳴のよう, あがり電燈のコード, あがり静かにドア, あがり音樂の如く, あがりから田楽狭間, あがりには左, あがりを押えた, あがりにつれ, あがり食卓の前, あがり騒々しい音を, あがりはみだれ, あがり鬱情す走る十重, あがりの孔, あがり鼻柱もキュー