青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あかり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

〇~ ~ああ ああ~ ~あい あい~ ~あいだ あいだ~ あいつ~ あう~ あえて~
あかり~
~あがっ あがっ~ あがり~ ~あがる あがる~ あきらめ~ あくまで~ ~あけ あけ~ ~あけた

「あかり~」 1001, 10ppm, 10357位

▼ あかり~ (234, 23.4%)

21 ついて 5 さして, 窓の 4 さし入, 射して 3 いっぱいな, せわしくのぼっ, つきました, ともって, もれて, 洩れて, 消えて, 見えた, 見えて

2 [11件] うつって, きれいに, さし池, ついた, つくの, ともったの, はいって, ぼおっと, ぼんやりと, 僅かに, 強い間

1 [146件] あかるくつい, あちこちかたまり, あったはず, ありましたが, いっぱいつい, いつぱいなのでした, いつもつい, うっすらと, かくれて, きえたよう, さした, さしたり, さしてお, さしてるだけ, さします, さし入っ, さし初めて, さし木魚, さすか, さすわ, しむかよ, じゅんじゅんに, そのくるくる, そのへん, その横顔, たつた一つ, ちらちら廻る, ちらちら見えた, ついたよ, ついてるぜ, つかない稀, つかなかった, つききらきら, つきはじめて, つきます, つく, つくと, つく時分, つけば, つめく, とどかない廊下, とぼされ座, ともらないの, ともるもん, ないと, ながれこんだ, なく夜, なん百と, はいるか, はげしく揺れ, はらむ時分, ぱっと青く, ぱつと青く, ひとしお淋しく, ひとつ見えました, ふつと, ほそぼそと, ほんのりと, ほんのり当る, またたいて, みえた, みえました, もれる, ゆらゆら揺れる, よく見えます, ガラスに, チロチロと, 一つまた, 一つ見えた, 一つ見え始めました, 一度に, 一斉に, 付く, 何時の間にやら, 光を, 入って, 入つて, 割れ目から, 動きました, 右手の, 君枝の, 如何に, 室内の, 届かないん, 岬の, 差して, 彼の, 彼方から, 往来へ, 急に, 戸の, 持ち去られると, 明るくその, 暗いので, 暗い掻, 曇り硝子, 朦朧たる, 未だ空, 東に, 格子戸を, 欲い, 残って, 水色に, 浮きあがりました, 消えた, 消えたとき, 消えたらすぐ, 消えてから, 消えてからじゃ, 消えますと, 消える仕掛, 消されて, 消されました, 溶け込んで, 漂って, 漏れて, 濕ツぽく, 灯く, 灯って, 点くと, 照らして, 燭つても, 甘く故郷, 白く路, 眩しいほど, 立つので, 立てて, 芝生を, 茜色に, 落ちて, 薄い生, 薄暗く感じられ, 要ると, 見えたでは, 見える, 見えるぞ, 見えるの, 谷の, 豫想以上に, 走りある, 道ばたの, 遠くかたまっ, 鈍く点っ, 青くけむり, 青黒い暗愁, 點い

▼ あかり~ (217, 21.7%)

17 つけて 10 消せい 5 けして, つけちゃ 4 つけたり, つけると, 受けて, 川へ, 持って, 水の, 流しに 3 こしらえて, ともして 2 さしつけながら, つけさせて, つけずに, つけないで, 付けて, 消して, 点けちゃ, 点けに, 見て, 頼りに

1 [126件] あおぎ消して, あかりを, いそしむ, いっぱいのせ, うけて, お立て, かんかんともし, ぐるぐる廻った, けしたの, けすよ, こしら, さけるよう, さし入れまして, したって, すっかり消させ, そのほう, その鼻先, ちよつと, つけても, つけない, つけないでも, つけない自動車, つけながら, つけました, つけますと, つけること, つけるな, つけるの, つけろ, つけろよ, つけッ放し, とおして, ともし, ともした, ともすぽつんと, ともせ, とりよせて, なかなか来ぬ, ながめ, なくしたおぼろ夜, のぞみ, ほそほそ, みとめそッ, みとめること, めあてに, めぐりけり, もう二つ三つ, オーロラ即ち, ハッキリさせる, 一つも, 与へること, 二三度振っ, 伴うもの, 借りつ, 入れ直し軒, 六角形の, 出さなきゃで, 出して, 出すという, 半顔に, 取って, 取るには, 受けた木立, 受けつつ, 受けてか, 吹き消した音, 吹き消しました, 吹き消すけは, 吹き消すと, 外れし古, 安倍の, 寄せて, 射返す金襖, 思い出す, 持たない半, 探しま, 数えて, 早く, 早くおつけ, 枕許に, 樹木の間から, 欲しいもの, 洩らして, 浴びて, 浴びながら, 消さずに, 消さないから, 消されるの, 消したが, 消したまえ, 消した内部, 消してね, 消してよ, 消しぬ, 消しますから, 消すこと, 消すよ, 消す前, 消せい電燈, 灯け, 灯した客車, 点じながら, 目当てに, 眺めたり, 眺めて, 眺めないやう, 種に, 立てさえ, 立てて, 立てなきや, 背に, 背面から, 胎んだ, 茫然と, 落して, 見せて, 見せましたもの, 見せろ, 見たら尻ごみ, 見ながら, 見ると, 見廻した, 貸せい, 路一ぱいに, 載せて, 返しに

▼ あかり~ (156, 15.6%)

13 中に 9 なかに 7 下で 6 中で 5 なかで, 上に, 下に 3 もとに, ように, 中から, 中を 2 さして, ついたお, なかを, やうだ, やうに, ようだ, 底に, 方が, 輪を

1 [76件] あか, あるもの, いろが, うちに, うつって, きらきらし, さしこむところ, さした店, さし加減で, すすりなき, せいか, そのゆゑ, そばで, たき火に, ついた大きな, ついた懐中電灯, ついて, つきはじめた町, つくころ, つくまで, ところだけが, とどかない床の間, ともった小さい, なほ顫へて, ねこや, ねむくな, はいるところ, ほのかにも, まばゆい光, もとで, ものの, ようです, ような, わきで, チョビチョビともって, 下には, 中へ, 付く頃, 前に, 前を, 国, 多いこと, 夜を, 工合が, 強い龕燈, 支度は, 数を, 新内, 方に, 方へ, 暗いの, 枇杷の, 果てに, 残った網干場, 残って, 水の, 汞から, 池が, 洩れて, 消えたのに, 灯が, 灯の, 点いたの, 点く頃, 甲板に, 立つよう, 蔭に, 設備に, 運ばれるの, 道を, 都大路を, 集りだ, 青黛が, 鴨の, 黄昏の, 點い

▼ あかり~ (82, 8.2%)

4 十日も 3 すかして, 透かして, 黒い甲虫 2 して, 一目見る, 澱んだ霧, 照らされて, 透し見て, 鋭く嘆く, 青じろくはね

1 [55件] あかあかと, あって, おもひで, くっきり描き出された, しては, しばらく貸せ, すらりと, その乞食, その灰, た, たよりなく, ちがいあるまい, ちる花, てらされながら, ほくほく瘠馬, ほのかに, ぼんやりと, またたいて, またはかすか, 二人を, 反い, 向けて, 吹いてるハーモニカ, 堪へぬこころ, 安時計, 拾いあげたが, 映るその, 映るの, 暗くせまった, 暗の, 月が, 月も, 泣く女, 浮きながら, 浮き上らせて, 消えて, 涙して, 照らされた二人, 照らされながら, 照らしだされて, 照らして, 盲ひ, 粉雪の, 見た, 透いた耳, 透けて, 野茨とう, 雑草がは, 霧の, 風ふせぎ, 風呂敷包を, 飛んで, 餌食を, 鳴く蟲, 黒い甲蟲

▼ あかり~ (60, 6.0%)

2 はなく, 見ると

1 [56件] いっぱいでした, おぼろに, かざられたクリスマス, かすかに, きらきら光っ, これだけ, ご覧に, しげしげ右門, そのようす, その櫛, それが, ちらと, な影, ぬるぬる光っ, は字, は隅々, ぼんやりし, ぼんやり詰めかけてる, まるで螺鈿, みると, ようよう顔, よく拝ん, アメリカの, ニヤニヤし, 五人の, 仕度を, 其処らを, 古典を, 君の, 夜らしい, 夜を, 大へん, 奴等の, 姫君の, 昼間の, 時間の, 死んで, 氣が, 渚の, 火鉢の, 真っ暗な, 窓の, 細かい仮名, 美濃紙を, 舞台に, 見えるん, 見る時, 見れば, 読もうと, 読書, 読書もつたいない, 足袋の, 透かして, 長いへいがぼんやり, 降りたて, 黒い巨人

▼ あかり~ (50, 5.0%)

4 どこか, 汽車が 3 消えた 2 ツンツンツン, 消えさうに

1 [35件] あっちにも, いつまでも, いよいよ数, けされました, けされ親方, しみわたり, ずんずんはっきりし, ついて, つきましょう, つきません, なおもすこしずつ, ねえそば, ひとつひとつ消え, まるでない, まツ, みな追手の, みんな消えた, よろしいかな, ゐ据わつてるの, 一つびとつ消え, 僕からと, 僕の, 庭の, 懐しいよりも, 晃, 浸みわ, 消えました, 消して, 皆これであった, 立つまい不義, 艇の, 見えなくなった, 見えません, 見えるよう, 青畳の

▼ あかり~ (34, 3.4%)

4 ない川 2 つめくさ, まだつけない, 眼に

1 [24件] きゆるかと, さしあげませんで, ださずに, ついて, つき砂, つけず縁先, つけないで, ともったし, ないし, ないへや, なんだか白, なんだか白っぽく, ぼんやりと, また一軒一軒, みえる橋, りんと, 小さくなっ, 市電を, 或はお, 持たずに, 朦朧と, 洩れて, 点けんの, 目に

▼ あかり~ (10, 1.0%)

2 雨気つく 1 いえば, いっしょに, いって, お燈明, その上, なりに, ろの, 外から

▼ あかり~ (9, 0.9%)

2 か判らない, か日, よ 1 かわからなくなっ, つたのだ, よあかり

▼ あかり~ (9, 0.9%)

1 からいさましく, からてらてら, から折々, から雪, があっ, のところ, の下, はずっと, を除い

▼ あかり~ (8, 0.8%)

42 て闌 1 が照らず止み, て冷

▼ あかり~ (6, 0.6%)

2 硫黄の 1 おぼろな, らんかんの, 金紙や, 雲

▼ あかりつつ~ (4, 0.4%)

2 すでに露け, 菜の

▼ あかり障子~ (4, 0.4%)

1 あくれ, でへだてられ, のきわ, の功労

▼ あかりとり~ (3, 0.3%)

1 が開いた, に飛び込ん, の小さな

▼ あかり~ (2, 0.2%)

1 どっこいさ, 樹

▼ あかりかが~ (2, 0.2%)

2 よふ見れ

▼ あかりさす~ (2, 0.2%)

1 弥生こそ, 短檠を

▼ あかりしづけき~ (2, 0.2%)

2 土に

▼ あかりする~ (2, 0.2%)

1 寝床の, 空窓の

▼ あかりとで~ (2, 0.2%)

2 たしかにそれ

▼ あかりながく~ (2, 0.2%)

2 蒸しに

▼ あかりやら~ (2, 0.2%)

2 で眼

▼ あかりよりも~ (2, 0.2%)

1 もっとはればれ, 果敢なきもの

▼ あかり一つ~ (2, 0.2%)

1 ないうえ, より他

▼ あかり人ら~ (2, 0.2%)

2 立つかに

▼ あかり取り~ (2, 0.2%)

1 がない, の窓

▼ あかり夕かげ~ (2, 0.2%)

2 あを

▼ あかり泳ぐ~ (2, 0.2%)

2 蛙の

▼ あかり田毎代~ (2, 0.2%)

2 掻く

▼ あかり白白~ (2, 0.2%)

2 ともれ

▼ あかり看板~ (2, 0.2%)

1 の出, をふりかざし

▼ あかり~ (2, 0.2%)

2 のあぎと

▼ あかり若葉~ (2, 0.2%)

2 かへる

▼ あかり裏山松~ (2, 0.2%)

2 の松風

▼ あかり近く寄せ~ (2, 0.2%)

2 置く

▼1* [73件]

あかりかがむ童も, あかりかげるかと見れ, あかりからほのぼのと, あかりがせはしく, あかりがぞろっと, あかりがともれるとき, あかりさしつけながら花道, あかりだけで道, あかりだけが何時もよく見える, あかりだけになった雲, あかりだったりし, あかりだらけだ, あかりちかぢかと見つ潮来, あかりつぎつぎ飛び行けば, あかりつくづくとあ, あかりつけてなかなか, あかりつけようか, あかり仰せらる, あかりで立ったり坐っ, あかりで話している, あかりとして陰惨と, あかりとに透かして, あかりとのそこに, あかりとは酒を, あかりなしの家, あかりなとつけなくては, あかりなどを見あげて, あかりなら家の, あかりにおい主人の変装, あかりにさえ彼女は, あかりばかりを見つめて, あかりぱつと花のひらきたる, あかり出したらば, あかりまたたくこの門, あかりまで点々として, あかりわっはっは, あかり一ツ見えなかったん, あかりにすっくと, あかり今朝は蒿雀, あかりゆく人, あかりも夢, あかりへお, あかり寂寞たる金屏, あかり射して花屋, あかりにさせ, あかり弱くあを, あかりに眼, あかり三郎を, あかり明るき卓の, あかり星あかりだけでも室内, あかり来る麦の, あかり次第に光しげく, あかりに残り, あかり消えぬ間に, あかり消したれば, あかり消したの, あかり濡れにぞ濡, あかり点くころ, あかり照らされ銀河の, あかり燈籠を添え, あかりのこりつつ, あかり白いのは, あかりがあるく, あかり種蒔人そろうて, あかり紅きダリヤを, あかりにうけ, あかり脂粉の香, あかりの幼, あかり見ゆるに, あかり車夫部屋の例, あかり青くこういう尾行仕事, あかり鳴れ鳴れかしは, あかり鳶くだり来羽根撓りつつ