青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あいつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

〇~ ~ああ ああ~ ~あい あい~ ~あいだ あいだ~
あいつ~
あえて~ ~あがっ あがっ~ あがり~ ~あがる あがる~ あきらめ~ あくまで~ ~あけ あけ~

「あいつ~」 4768, 52ppm, 2255位

▼ あいつ~ (1316, 27.6%)

7 馬鹿だ 6 俺の, 自分の 5 おれの, 何の 4 ここに, それを, どうした, どこへ, 何を, 悪い奴

3 [15件] きつと, この頃, どこに, まだ生き, わしの, ピストルを, 人を, 仲, 例の, 俺が, 君を, 家へ, 気違いだ, 立派な, 魔物です

2 [80件] あかんな, あれで, いかん, いつまで, いまごろは, うちの, おいしいといふ, おれを, からだの, くにを, ここから, この夏, この間も, すごい, ずるさ, そこへ, その時, そんなこと, そんな女, たった一人, ちかごろおれ, とうとう逃げ, なにを, なるほど, ばかだ, へんな, ぼくの, まだこの, まだまだ大物, まるで壁, やっぱり魔法使い, わしを, カシオペーアの, ガラガラ恐ろしい, バカだ, ブルジョアの, 一体何, 一体生意気, 不思議な, 二十のちがった, 人間が, 人間じゃ, 今夜は, 何か, 何という, 何も, 全くの, 共産党だ, 十五分進ん, 卑怯な, 地面まで, 塔の, 変装の, 太田だ, 恐ろしいやつ, 悪魔だ, 悪魔の, 日本語を, 昨日木炭の, 朝鮮人だ, 気が, 気の, 生意氣, 目には, 知らないの, 確かに, 私が, 私の, 私を, 臆病です, 血を, 袋の, 誰だった, 赤だ, 逃げて, 遊んで, 金を, 鉄人, 風の, 魔法つかいみたいな

1 [1058件 抜粋] あいつで, あいつは, あたいが, あなたが, あなた方や, あの岩角, あの時小用, あの絶叫, あの通り小兵, あの首, あぶないと, あり金, あれが, あんなに食う, いかに狡狐, いきなりのど, いく度も, いそぎんちゃ, いったいどうした, いったいどこ, いつか, いつか京都の, いつでも, いつまでも, いつもさうな, いつも元気, いつも思い切っ, いつも着物, いなくならなければ, いまに, いま島田さんが, いよいよ泥坊, いろんなこと, うまく自動車, うるさい, えらばって, おっそろしく, おまい, おめかしの, おれは, お久良, お前より, お前達に, お嬢さんを, お梶お母さん, かつ子が, かんじんの, きくなあ, きっとすべります, きっとど, きっとまだ庭, きっと中身, きっと約束, きのうは, きみに, きらいで, くせものだ, こう言, ここを, こちらの, こっちへ, この上, この世で, この女, この小さな穴, この節, この邊, この間から, こは, これで, これを, こんどは, こんなさびしい, こんなところ, さっき木村さんの, しようの, じつにうまく, すぐには, すこし変, すば, ずいぶん美男, そういう人, そこに, そとに, そのひま, その中, その手, その焼けビル, その留守, そもそも何者, それに, そんなに軽い, そんな義理, たかが点取虫, たしかにあの, たしかにせせら笑いやがった, たしかに甲州者, たしかに蒸気船, ただの, たちまちひっくくられる, だめな, だれにでも, だんだん口数, ちと困る, ちゃんとやってきます, ついこの間, つまり変り者, てめえの, とうとう気, とつぜんこんな, とても冒険, とても鋤き, どうしてほどく, どうしました, どうだ, どうもこのごろ僕, どうも変, どうも永久, どう考え, どこかの, どこから, どこの, どっかに, どんなこと, どんなところ, どんな家, なかなかうまい, なかなか敏捷, なかなか知恵, なぜこんな, なぜ自分, なまこに, なんだ, なんとなく癪, ねじろを, ばかです, ひどく俺, ひどく敏感, ふざけたやつ, ふた言目, ふわふわ浮い, ぺてん師らしかった, ほんた, ほんとに闇, ぼくたちみんなを, ぼくを, まさか娘, また出先, また消え, また魔法, まだほか, まだ十六, まだ帰っ, まだ穴, まだ若い, まだ青い, まるであけ, まるで女王, まるで河童, まるで生, まるで魔術師みたい, みにくいかっこう, むやみと, もうきみ, もうこの, もうすっかり暗号, もうちゃんと目的, もう一人前, もう和歌山県, もう死ん, もう駄目, もっとか弱く, もとから, ものを, やがて自然, やって来る, やっぱりぬすん, やっぱり狸坊主, やはり敵, ゆうべ五重の塔の, よいよいに, よくここ, よく銀座, わからねえ, わしが, わしら人間が, わたしが, われわれと, われわれを, アドロ彗星へ, ウソ吐きだ, オベッカ者だ, ガウンを, ジャンクに, スパイだ, タガメだ, トンネルの, パチ, ヒトラーに, ビックリし, ヘリコプターを, マッソンな, メヅサの, ラッコだ, リーザを, レンブラントの, ロープを, 一体, 一体全体どこ, 一個の, 一寸神経質, 一度牢, 丈吉君が, 三人と, 三田公に, 下司下郎じゃ, 不安を, 不良少女上りです, 世界一の, 中村警部に, 九段の, 二ひきともき, 二三軒の, 二十二ぢやさう, 二度とこの, 云つたつけな, 五里歩い, 人工な, 人間の, 今ごろは, 今でも, 今夜家に, 今日半日の, 今日英語の, 今朝早くから, 他の, 伊兵衛が, 体も, 何だったろう, 何とも思, 何ん, 何んな, 何時も俺, 俺と, 俺より, 俺を, 倖せ, 偽善者だ, 僕たちでなくっ, 僕に, 元来横着だ, 兎も, 全くひどい, 全く悪い, 公事好きの, 其後死んじゃった, 処女だ, 出て, 切羽つまっ, 初めっ, 別荘の, 前にも, 力を, 勝手に, 勤務中だ, 化けものだ, 十一貫足らずの, 卓一を, 厭な, 去年も, 受け取つたよ, 可哀そうに, 吉良だ, 君が, 君という, 呂宋兵衛さまの, 唖の, 善良な, 回し者だ, 困る, 土左衛門には, 地球の, 城へ, 執拗い, 場違いだ, 売らないで, 壺を, 変つ, 変装してる, 夜だって, 大きな荷物, 大たん, 大丈夫だ, 大作の, 大変な, 大川へ, 大莫迦野郎, 天性曲った, 太いところ, 女では, 好い気, 好くは, 始め帽子を, 娶ったばかりの, 嫉妬を, 子供が, 子供の, 実にこの, 宣伝の, 寒がりだ, 対象物を, 小さいくせ, 小男さ, 少し質, 屋根へ, 屹度空呆けて, 希代の, 平気な, 年じゅう喜太郎に, 幼少の, 幽霊だって, 床屋じゃねえ, 建物の, 廿世紀の, 役に立ちそう, 後で冗談, 心理学者です, 心配しなく, 必ず捉え, 忍術使いの, 怒って, 怒るよ, 性慾が, 悪いやつ, 悪くする, 悪事を, 悪徒, 悪魔に, 惜しいこと, 意地悪で, 愚図でも, 憎めない男, 所詮ナルシッサス, 手に, 手品を, 手塚さんまで, 手負いに, 捕まえたぞ, 掏摸だ, 掏摸の, 掴まえられるよ, 支倉じゃ, 放って, 文字を, 斬るぞ, 新聞が, 新聞などで, 新薬マニアです, 日に, 日本人と, 旨かったです, 明らかに, 明智先生に, 昨夜ジナイーダが, 時々人, 暗闇の, 木のぼりが, 本土を, 本当の, 本来が, 本気で, 来やしないよ, 東京の, 柔道四段の, 桑田などに, 機会さえ, 止めて, 正直の, 此頃に, 此頃小学校へ, 歩いて, 死ぬつもり, 死んで, 殺人の, 母ひとり子ひとりの, 毎晩遅く, 毒草だ, 毒蜘蛛に, 気がつかないで, 気違いです, 決して平気, 河豚が, 法律を, 活, 浅川の, 淫賣だ, 深い蒼空, 火の, 無暗に, 焼け死ぬばかり, 片々の, 物の, 物好きで, 独りで, 率八だ, 甘いよ, 生きた人間, 生きてる, 生意気だ, 生粋の, 留守宅と, 白金を, 皆の, 目に, 相川君たち四人だけ, 真夜中に, 知らずに, 研究室の, 確か死ん, 社会主義者や, 神変自在の, 私とは, 私達の, 空が, 空気みたいに, 立入り禁止, 第二の, 約束した, 素人の, 素直すぎる, 絲満が, 縊り殺された, 美術にかけては, 義経公の, 背延びをしてやうやく一人前らしい, 腹が, 自分をも, 自動車が, 自殺する, 臭いと, 芸に, 若いからね, 苦手だ, 英国流の, 蔭間だろう, 藝に, 虎でない, 虫の, 融通の, 行き着く先, 西郷でない, 見かけ以上, 見所が, 親の, 親爺が, 討てぬと, 試験の, 話せない, 誤解を, 變物だ, 豚も, 負け惜しみが, 貴方に, 貴様より, 賊の, 赤いカブトムシ, 越後の, 近頃横着, 逃げようと, 途轍も, 運が, 道が, 邪魔だ, 酒ぎらいの堅人じゃ, 酔つ, 酷い奴, 金属で, 金魚みたいな, 錦絵に, 関東方で, 陽気の, 雄弁で, 雪舟の, 青い面, 靴じゃった, 頭が, 頼もしそう, 食いしんぼうだ, 馬鹿である, 馬鹿に, 馬鹿正直で, 骨を, 高いからさ, 高谷君や, 魔法つかいな, 魔法使いでございます, 魔物みたいな, 魚の, 鷲乗りの, 黒幕の

▼ あいつ~ (717, 15.0%)

20 ことだ 15 ために 7 お蔭で, 首を 6 あとを, ことを, 事だ 5 姿を, 顔は 4 ことは, ところへ, 言うこと, 顔を 3 すみかを, 事を, 云うこと, 姿は, 家の, 為に, 身に

2 [53件] あいつひとりの, おやじは, こって, ことで, ことなんか, さいご, すがた, すみかが, ほうが, ほうで, やりそう, ような, ように, ゴム靴が, 一家を, 亭主は, 作品が, 作品の, 作品を, 傍に, 匂いだ, 口から, 口を, 名前は, 姿が, 子だ, 家へ, 家も, 巣を, 心に, 悪口を, 手に, 持って, 書くもの, 病気が, 眼の, 眼は, 秘密を, 胸に, 腕は, 話は, 身許や, 車は, 面が, 面を, 鞄も, 頭が, 頭には, 頭へ, 頭を, 首の, 首級だ, 鼻先に

1 [497件] あすこが, あの境地, あの時, あの根性, あの色香, あめちょこじゃ, ありかを, いう実験道具, いう通り, いったことほんとう, いないところ, いやがること, うちが, うちの, おそろしい決心, おどし文句, おふくろが, お父さんは, お茶の, お蔭だ, お誕生祝い, かくれがが, かくれがへ, かみさんが, からだ, からだには, からだは, からだも, からだを, かりの, きびきびした, こった, こったから, こった捕まりでも, ことか, ことが, ことじゃ, ことです, ことばに, ことゆえ気が, した話, しなやかさか, しのびこむの, しわがれ声, しわざと, じつに悪がしこい, すぐよ, すみかは, する事, ずるいところ, せめてもの, せりふも, ためだ, ためとは, ためなら, ためには, つかった奇術, とくい, とくいなブラック, とこなんぞへ, ところは, はそう, はなに, はまるきり, は幕府, ばかと, ふくしゅうの, ふた親が, ふた親だ, ほうから, ほうせきを, ほうへ, ほかに, ほしいもの, もう一つ, やったこと, やりくちは, やりさうな, やりたいやう, やり方は, よくは, よく吹く, よこした手紙, ゐるとこ, エラさ, サーベルを, デスクの, ニイチェも, ノートを, ヒステリーが, ビンタを, ワコは, 一件だ, 一味が, 一命が, 一撃を, 一生涯は, 一言一言に, 世話を, 中には, 主意な, 事なんか, 事は, 事も, 事務室に, 云う事, 云う通り, 云った神戸, 云ふ, 云ふこ, 五十メートルほど, 亡霊が, 人格を, 今の, 仕事かとも, 仕事さきを, 仕事は, 仕業, 仕業だ, 仕業です, 他に, 代りを, 仮面を, 伜に, 伯母思いは, 伯父なら, 体に, 体は, 作品に, 作品は, 借用証書を, 傷で, 内の, 写真を, 凶悪な, 出鱈目に, 別荘という, 前に, 前へ, 前を, 副官を, 努力が, 勝手だ, 勤めて, 印籠は, 去つたあと, 口は, 口前に, 口髭ひつぱり, 叫び声を, 同類の, 名だ, 名です, 名前を, 味噌な, 咽喉ぶ, 商売は, 嘲笑は, 噂で, 器量で, 噺口なら, 嚊に, 在所を, 垣根の, 執念ときたら, 壇場であるべき, 声が, 声です, 声価は, 変らないところ, 奥の手な, 奥の手なら, 奥の手は, 女房の, 女房は, 妹が, 妹の, 妻に, 姉さんに, 姉の, 始末を, 姿と, 娘なら, 子か, 子供つ, 孤独癖を, 学校友だちが, 害心を, 家じゃあ, 家に, 家には, 家は, 家を, 宿に, 宿は, 寝首を, 将来も, 小説の, 小説好きかね, 尻を, 尾くらい, 尾を, 尾行を, 居場所を, 帰って, 帽子と, 店で, 店へ, 座敷へ, 強い信仰, 形見に, 影には, 影は, 後から, 後方には, 得手は, 御蔭に, 心底が, 心臓の, 思いつきそう, 思いの, 思うよう, 思量は, 急所は, 性格そのものです, 性質から, 恋は, 恐ろしさ, 息の, 息の根を, 悪い癖, 悪意が, 悪意を, 悲鳴今も, 愛が, 感情を, 態度が, 懐中物は, 懐中物を, 戸籍簿を, 所へ, 手な, 手を, 手品に, 手引で, 手携げに, 手紙が, 手紙を, 手練には, 才なんぞは, 才分を, 才能で, 才覚だった, 技巧が, 折角の, 拝み方, 拵えたもの, 持物でも, 指は, 指紋が, 操縦の, 攻撃を, 敵の, 方から, 方からは, 方が, 方は, 時は, 書く記事, 書斎の, 最初の, 最終最大の, 月給は, 望みは, 末は, 本拠を, 本箱には, 来ないの, 来る頃, 根性は, 極道も, 構えを, 様子で, 様子を, 横っ面はりとばしたい, 横っ面を, 横顔晶助, 機嫌を, 歌なら, 正体らしい, 武器は, 歩く跡, 死がいらしい, 死顔を, 死骸は, 母親が, 毛皮は, 気に, 気に入ったん, 気に入る様, 気分が, 気勢を, 気心をよ, 気性を, 気持が, 泊まったところ, 注意を, 流し目を, 流義, 浪人と, 消えうせた付近, 湧き返って, 漬けた糠味噌, 火照った肩, 為だ, 烈しい氣まぐれ, 爲だ, 爲めに, 片割れな, 片腕を, 犯罪には, 理窟と, 生きがいな, 生命は, 生活の, 田舎へ, 申します通り, 申し条, 画だけは, 画箱にも, 畑を, 留守中ぐらゐの間は, 畫だけは, 瘠せ方, 癖で, 白皙な, 目ざすところ, 目つきを, 目の, 目方の, 目的は, 相手には, 相手女優を, 真似は, 真心が, 眼が, 眼つきが, 眼つきと, 眼では, 眼を, 着物じゃ, 神経の, 秘密が, 穴という, 穴は, 笑ひ, 答えを, 算数ぎらひは今の, 精神が, 素っ首を, 素姓なる, 素性よ, 素顏は, 素顔なんて, 素顔は, 細君の, 給金も, 絵は, 縄工場が, 繃帯で, 美しさ, 羽ばたきに, 翅ときたら, 考えつきそう, 考えつき相, 耳には, 聞えない座敷, 肌が, 肌に, 肩の, 胸で, 胸の, 胸算用な, 脂肪を, 脣が, 脱獄を, 脳と, 腕が, 腕ときたら, 腕の, 腹を, 膨脹した, 自惚れで, 自惚れに, 自慢話を, 自殺は, 自由に, 自畫像, 致命傷です, 舞台を, 船の, 色には, 若さ, 苦労を, 草履穿い, 華々しく打って出る, 葬式の, 處分は, 行きさ, 行く先, 行った方, 行先という, 行先を, 行動に, 行動を, 裏を, 要求を, 見おさめかも, 親や, 親切を, 親父の, 親爺は, 角に, 言い草が, 言ったこと, 言つたと, 言葉に, 話では, 謎を, 負けさ, 負けです, 負だ, 買い込んだ品物, 買った馬, 賢いの, 贔屓が, 赤帽を, 足では, 足もとて, 足を, 足止めを, 踊りに, 躊躇あいつの, 身の, 身上だ, 身上で, 身体は, 身内と, 車を, 逃げたあと, 通信の, 通過する, 連れだ, 運の, 運動員が, 運命が, 運命を, 過去の, 部下が, 部下の, 部屋へ, 酒の, 酔ったところ, 金借つた, 金色の, 鉄拳で, 銃を, 鋤を, 階段の, 雁首は, 頭の, 頭は, 顔が, 顔さへ, 顔ピカピカ, 顔色を, 食糧な, 飽くなき, 饒舌る, 首っ玉へ, 首っ玉を, 首へ, 馬鹿な, 髪を, 髯は, 魂は, 魂胆は, 魅力ある, 魔手は, 魔法の, 魔薬の, 魔術の, 鱗は, 鼻は, 鼻を, 鼻先へ, 鼻面が

▼ あいつ~ (569, 11.9%)

4 何を 3 おれを, ここへ, なにを, グレゴール, 出て, 殺したの

2 [36件] いい, いるの, いるよう, おれと, この中, これを, それを, どこへ, どんなこと, ぬけ穴, はいって, ぼくに, やってくるという, われわれの, スカートを, バスの, 一番の, 何か, 何も, 來たら, 僕に, 僕の, 嫌に, 彼女かい, 怪しい, 持って, 文子を, 暗闇の, 来ると, 死んで, 気が, 生きて, 虎の, 要らないおせっかい, 蹂みにじ, 鉄人

1 [475件] ああし, あいつがと, あいつなりに, あそこへ, あたしの, あの夜なか, あまりしつこく, あらわれたらすぐ, あれを, あれ程, あわてたつて, いいや, いい気, いたの, いたので, いたらいま, いつまでも, いつもの, いないと, いないとしても, いないの, いなくなる少し, いまおり, いやがって, いるか, いること, うしろから, うちあけたの, うるさくって, おかしな目, おぬしに, おれに, おれば, おれも, お前に, お君, お豊, かい, かくれて, がんりきの, きっと何, くせものだ, こうなった因り, こうやっ, こう乙, ここに, こっちへ, このおれ, このたび, このドア, この上げ板, この大, この家, この弱い, この船, この部屋, この鈴, こんなに大きく, こんな所, さそいを, しずかに, しのびこもうとしても, しみッ, すぐそば, すば, すばらしい河童ぶり, そういう悪い, そうな, そこまで, そちらへ, そなら, そのとろん, その場, その女教師, その後悪性な, その御, その自動車, そんな大, そんな手, たつた今, つまりこれ, つまり背景, でたらめの, でたらめを, でっち上げたデマ, でて, とうとう死ん, とったの, とつた, とびこんで, とんだおしゃべり, どういう間違い, どうかし, どうなる, どうも怪い, どう間違っ, どこかへ, どっかに, どの星, どろぼう, どんなに卑怯, どんな悪者, どんな智恵, どんな画, どんな面, どんな魔法つかい, なかなか承知, なくな, なまなかの, ねらうの, はじめて生, はじめて生命, はじめに, ひったくって, ひっぱり出して, ひとりで, ひと手, ひもじい顔, ほしいもの, ほろりと, ほんとうに, ほんとうの, ぼくを, まぎれ込んで, またお前, またこ, またこの, また居, また魔法, まだできあがらない, まだ執念深く, まだ浅草田原町, みんなお, むねがわらを, もうすっかり白状, もしあなた, もし四十面相, もし湯, やったん, やっちまったの, やって, やってきたらたいへん, やってきても, やって来でも, やって来る, やつて, やられたとき, ゆうべの, ゆうべ帰つてゐたら掴ま, よいにつけ, よくなかった, よく知っ, わざと解らない, わしに, わたしに, ゐたから, ゐる間, オットー大使の, クアジモドまがいの, クツみがきの, ジゴマ鳩な, スパイか, スミ子ちゃんを, パルチザンと, ビールや, ローラー, 一人で, 一人腹の中で, 一番に, 一番厄介だ, 万事糸を, 下手に, 下手人だ, 不意に, 主義として, 乙に, 九六の, 二三度鳴く, 二人の, 二十面相だっ, 二十面相だって, 云ったねえ, 云つたさうです, 云つたと, 云ふ, 京都で, 人を, 人間の, 今だに, 今度の, 今日纏りさうにな, 仕事の, 仰向けに, 伴れ, 佐々木小次郎と, 佐世保へ, 何かしら意地くね, 何とかいう, 何とか言ったら, 何とぬかしやがる, 何んと, 何者である, 余り小柄, 使いおった金, 來る, 俺に, 僕を, 儲けた普請, 先生と, 入牢し, 再びお嬢さん, 再びここ, 凄い声, 凧の, 出たん, 出れば, 出現する, 出邸, 前に, 加入すれ, 助けて, 動きだすと, 勝たないなんて, 勝って, 勝つか, 化け者が, 十の, 十七歳の, 南京玉を, 厭に, 友蔵か, 取っちゃったん, 取りのけたん, 口惜しが, 可愛いかった, 吉新な, 向う河岸, 君くりくりした, 君はいっ, 君を, 君唐崎の, 否応なく, 吾, 吾家に, 呪文を, 喋ったり, 喰ひつぶし, 嘲ってるん, 四十めんそうだ, 四十面相だ, 変梃な, 変死を, 変装する, 夜に, 夜の, 大体いかん, 大使館参事官なんて, 大分熱心に, 大津の, 大笑いを, 大金塊, 太夫に, 女である, 女でなかつたら, 女中で, 好きじゃ, 好きで, 姿を, 娘を, 学校じゃ, 家内を, 家隷です, 寝室の, 将軍家に, 小便を, 小郷か, 尾行し, 居なうな, 屋根へ, 屋根を, 展望ガラスに, 山羊や, 左を, 巧者そうに, 己の, 己を, 帰って, 帰つて来, 帰るまで, 幽霊に, 床を, 引込んだらフィアンセ, 後に, 御成道, 御用にな, 心を, 忍びこんだ五軒, 怖い, 怪しいと, 怪しいホラ今, 恋わづら, 恨んで, 悪いん, 愚痴を, 憎めて, 憎らしいん, 戀わ, 戸棚の, 戻って, 拳固で, 持前を, 挑戦し, 捕まって, 支那人を, 散歩に, 敵の, 斃れる, 文学を, 早くも, 明智さんに, 時計塔に, 曲者です, 書きのこして, 最初電車から, 有名な, 服を, 朱雋か, 村へ, 村まで, 来そう, 来たん, 来たんで, 来て, 来ようとは, 来る間, 果してどういう, 根も, 植木鉢に, 楽な, 横から, 欠けるの, 此の, 此方の, 死ねるもの, 死んだその, 死んだの, 死んだらほんとう, 死んだ次, 殺されたので, 殺ったと, 殺ったの, 毎朝掛つて来なく, 水門尻で, 汽車に, 油断を, 沼森か, 泥を, 流行作家で, 浮気もので, 消えて, 深い執心, 深くも, 温泉宿に, 測量機はは, 無暗に, 無病息災の, 焼酎なんか, 煩ひ, 牢や, 犯人だっ, 犯人です, 犯人に, 猫を, 獨り, 現われると, 生きてるうち, 生さて, 皆追っ払います, 盗みためた美術品, 盗るん, 盗んだん, 盲目と, 真先に, 真逆, 真面目な, 矢飛白を, 知らせる手はず, 知ろうはず, 研究会に, 碁でも, 私の, 秘密の, 窓に, 窓の, 立ち去るの, 立ち寄つた時, 笑つてる, 篠崎の, 約束通り真名古に, 縛られて, 繩を, 置いて, 耶蘇教の, 聞いて, 肯かねえと, 脅し文句, 自分で, 自分の, 自分を, 自分達を, 舞台で, 芸者に, 芸者を, 若松に, 落したもの, 蒸気船の, 薄雲太夫, 行き過ぎるまで, 裏門だ, 要ると, 見送りに, 親方の, 言いつけどおり, 言ったから, 設計図はは, 詩人さんだつた, 認められること, 認められるの, 諏訪にも, 謀反気を, 譲らなければ, 起きなきゃあ, 足が, 軍師で, 近づいて, 近所を, 近頃八郎丸の, 逃げたから, 逃げたぞ, 逃げたの, 逃げて, 途中で, 這入るところ, 邸内に, 部屋の, 配下の, 酒を, 酒樽に, 金に, 鉄砲を, 銀座などを, 鑿孔機うんと, 附けたりで, 陸へ, 隠して, 隠れて, 電人, 電灯を, 電車へ, 青鬼, 音楽について, 音樂について, 頸に, 風呂場へ, 飛び出したと, 飛び出したん, 飛び出して, 飛んだおしゃべり, 飛んで, 餓鬼大将に, 首を, 高価の, 麓に, 麦を, 黄金豹の

▼ あいつ~ (399, 8.4%)

7 のこと 4 は, は何 3 だ, と, の仕事, の仲間, の家, の顔, はこの, はもう, は私

2 [23件] が僕, が君, と来たら, の, のため, のところ, の仕業, の手, の眼, の言う, の面, の飯米, はおれ達, はお前, はきっと, はただ, はな, は今, は女, は岩頸, は朝, は海岸, を引っぱり出し

1 [311件] あらゆる悪口, あ悪い, いったい何者, かうむ, から救っ, が, がああ, があな, がおれたち, がこんな, がそんなに, がちゃんと, がとうとう, がなん, がはいっ, がはひつ, がまた, がまとまっ, がみんなイギリス人, がりっぱ, がポラーノ, が両国, が仕事, が仕様, が代表, が何と, が偽札, が勝手, が叔父さん, が坂本, が大御所面, が市場, が怒る, が戻, が捕ろう, が来, が来た, が母, が潜入, が物蔭, が白骨島, が碌, が笛, が羨ましく, が聞き咎めた, が船長, が逃げ, が酒代, が金, が階段, が集め, が非, が鳴物入り, こそ小屋, この若造, こんなところ, だけ健康, だってあんな, だってやっぱり, だな, だらうなど, であったか, でご, でございますか, ではない, でひと, でも酒, という代名詞, ときたら, とその, とは誰, と一緒, と大, と遣り, どうせ地獄, にあっしたち, にお茶一杯, にさとられない, についての正確, にない, にはちっと, にはキリスト, には他人, には何一つ, には先生, には有難, にぺこぺこ, にぼく, にもなわ, にも救援, にも言っ, にわし, に一泡, に任せ, に何, に勝る, に同情, に奪, に妥協, に招待状, に斟酌, に斬られた, に智慧, に會ひたい, に気取られる, に睨まれた, に貴様, に近づけた, に食べさせ, のあいだ, のからだ, のきまり文句, のこしらえる, のしつこい, のしわざにちがいありません, のする, のつら, のどっち, のほう, のよう, のわがまま, のゴマすり, のパン, の一人, の下劣さ, の不作法, の世界, の中, の事, の仲間入り, の体, の利益, の動勢, の口, の器量, の居所, の帽子, の弱点, の後, の得意げ, の心臓, の怖, の思いどおり, の悪, の意気組み, の手品, の排他的, の携え, の方, の死んだ, の汚れ, の沓, の為, の父親ども, の目的, の知恵, の腕力, の船, の芸, の見つけ出す, の親爺, の言った, の計画, の話した, の間, の音楽, の頭目, の首, の驚き, の髪, の黒い, の鼻ッ端, はあいつら, はあの, はあれ, はいくら, はいったい, はいつか, はいなくなった, はここ, はしょっちゅう, はすこし, はその, はそんな, はたらふく, はとても, はどいつも, はどうせ, はどうも, はどこ, はどちら, はどっち, はなぜこんなに, はなんと, はぬ, はねあなた, はふだん女, はほんとう, はまだ, はまだやっぱり, はわめい, はわれわれ, はスープ, はビタミン, はピストル, はロボット, は一体, は人, は今時分安心, は俺, は俺ら, は僕, は先生, は全く, は名刺, は喜ん, は困る, は土人, は外, は太平洋方面, は妖術, は小勇, は少く, は屍体, は岩倉三位, は岩見, は平民, は恥, は悪い, は持ちまえ, は揃っ, は新聞雜誌記者, は明日, は有卦, は気違い, は油断, は海山, は清ちゃん, は渡り者, は火星, は狐, は留置場, は種族, は笑っ, は糧道, は聖人面, は肴, は自分, は船, は若宮, は蛸, は証拠, は賢二, は進歩, は道連れ, は門, は風, は馬丁, は騷ぐことが好き, は魔法つかい, は魔法使い, へ返っ, ほどの奴, まで言っ, もいた, もたたきこわし, もともと汚い, もなかなか, もなんだか, もみんな不愉快, もやっと, も今, も六人, も利口, も大勢, も慄, も海, も甲府, も皆, も運, も馴れた, わざわざここ, をこうして, をこの, をじっと, をつかまえ, をねむらせ, をみんな, をもう, をやっつけ, をマイ, を厄介, を取っつかまえ, を呼ん, を巻かなく, を慰問, を憎む, を擲, を攻撃, を数珠つなぎ, を牛耳る, を相手, を見, を追い払っ, を追い払った, を追っ払っ, を退ける, 一体どこ, 振り放して, 生大根, 笑ってや

▼ あいつ~ (361, 7.6%)

7 つかまえて 4 愛して, 殺して 3 とって, 追っかけるん

2 [29件] おさえろ, おどかして, ぐんぐん責め, ここへ, つかまえるの, つかまえるん, つけて, とらえて, どこかへ, はいて, ひっとらえて, まいて, やっつけて, やっつけること, 吹き飛ばして, 尾行し, 引っぱって, 引っぱり出して, 怒らせると, 憎んで, 捕へようとして, 最初瞥見した, 生かして, 立派な, 縛って, 美しくし, 見る度, 貰った, 身うけする

1 [282件] ああ嗾, あいつの, あの青みどろ, あんな目, いけどりに, いつも父さん, いよいよ抱き込もう, うて, うまくやっつける, うまく使う, おさえつけるん, おっかけたん, おっかけた人, おっかけるの, おっかけるん, おびきよせて, けしかけたもっと, こうして発見, こがれさせる, ここで, こっぱみじんに粉砕, このまま, この江戸, こわがるなよ, こんな難儀, ごらんなさい, さがしだせっ, さがすの, しばれ, しゃぶって, しょっぴいて, しらべたらいろいろ, しらべて, じゅうぶんはずかしめ, すえたら急, たしかめること, たたいて, たたきつぶすため, たべて, だまして, だよ, つかまえなけりゃ, つかまえに, つかまえやしなかったよ, つかまえよう, つかまえられますね, つかまえると, つかまえるよ, つかまえる作戦, つかまえろ, つかまへて, つかみ出して, つかんで, つっついて, とっつかまえよう, とつて, とめろ, とらえたかも, とらえないでは, とらえるの, どうか, どうこうしよう, どうする, どう始末, どう思う, どんな目, なぐり殺すぞ, なんとかし, ねらって, はたいたんで, ひきはなしたら五千円, ひっとらえるん, ひとつやっつけ, ひとつ二人し, ひやかしたもの, びっくりさせれ, ぶちのめすん, ぶんなぐらなきゃ腹の虫, ぶんなぐるつもり, まって, もつと, やきもきさせない, やっつけたぞ, やっつけなければ, やっつけるよ, やられようもの, やられると, ゆるして, よく見, エレベーターの, 一つ捕虜に, 一つ苦しめ, 一番へこます, 一番手放し, 一番持出し, 一番擲り殺し, 一番食い物に, 乗り越して, 五人さげる, 亡ぼさなければ, 会社が, 何か, 何とかし, 何者だ, 作りだしたの, 使ひました, 倭文子を, 光らして, 処刑台へ, 出すこと, 出せ, 出せっ, 力に, 助けて, 取っちめて, 取らないと, 取り押えろ, 取り殺す, 取り鎮めなさろうと, 取捕まえて, 取殺さないで, 受けたら粉微塵, 古道具屋の, 吹く図, 味方に, 呼び付けみっしり, 商人殺しの, 圧し潰せ, 売るン, 外して, 大将に, 奸物だ, 好きだ, 妾に, 始めたひには, 学ばないの, 完全に, 寄附しよう, 射止めて, 射落して, 尊敬し, 尊敬します, 尻目にかけて, 尾行した, 左腰から, 庇って, 弓で, 引きおろして, 引きずり下, 引っとらえ, 引ッ括っ, 得意に, 心から参らせ, 必ず斬る, 忘れて, 怖がってること, 怖がらせ悲しませ苦しめ抜いて, 恋するため, 恐れ入らせるほどの, 憎んでるん, 手離し, 打ち据えて, 投げ倒す奴, 折檻する, 抱いて, 抱きあげたん, 持って, 捉える迄は, 捕えたか, 捕えましょう, 捕えること, 捕えろ, 捕まへたところ, 捜しに, 捜し出して, 捨てて, 排斥しよう, 探しに, 撃ち殺せ, 救つて遣る, 早く片付けさせる, 早く追, 最も憎ん, 桐油紙で, 棄て置かぬが, 止めて, 止めろ, 死に易く, 殴つたせい, 殴りつけて, 殺させるの, 殺さなきや, 殺したい気持, 殺したん, 殺したんで, 殺しちゃ, 殺しては, 殺しました, 殺すかわり, 殺すとか, 殺すん, 殺す目的, 殺そうと, 殺るの, 水に, 水の, 活かしては, 片づけて, 物に, 狙え, 甘やかして, 生かしては, 盗んで, 知ってる, 磯屋の, 種に, 突き放して, 突刺すと, 籠絡した, 絞め殺して, 締めあげて, 練習する, 縄ばしごから, 聞かせられると, 肺炎に, 自動車に, 自滅させました, 自由に, 苦しめて, 茶色紙に, 落ち着かせるため, 落第させち, 蔵から, 見たこと, 見たよ, 見たら反吐, 見たん, 見た事, 見つけて, 見はって, 見ること, 見ると, 見るばかり, 見ろ, 見ろよ, 見失う気遣い, 見限ったこと, 覚えときゃよかっ, 討つため, 訪ねに, 許して, 誘い出して, 誰も, 警察に, 貸して, 農奴の, 近衛兵にでも, 追いかけて, 追いかけるん, 追いこして, 追い出して, 追っかけて, 追っ払って, 追つかける, 追ひ, 追ひかけ, 追ひ出さなけれ, 追ひ出し, 追ひ出せ, 逃がしたら俺達, 逃がしたら大変, 逃がしては, 連れて, 連れ出して, 遠慮深く, 酷くぞんざい, 闘犬に, 隠して, 雪の, 頭の, 食ったらうまい, 食ってるん

▼ あいつ~ (218, 4.6%)

4 やられたん, 聞いて 3 きまって, ちがいない 2 かかっては, かぎって, やられるか, 決闘を, 泣かされて, 無精なんて, 限って

1 [190件] あの手文庫, あやまらなきゃならない, あんなこと, いちども, いった意地, おれを, かかられては, こうと, こう聞い, この間から, こまごまと, これだけ, さらわれて, したって, して, しては, してやられたという, してやられたわけ, すっかり手, すっかり話し, するから, そんなやさしい, たんまりくらわせ, だまされたかと, だれかの, ちがいありません, ついちゃ, ついて, ついて行くという, つきとばされたん, なったら私, なんと云, ぬか, ぬかれるな, ねらわれるよう, ひどいめ, ふさわしい思いつき, ぶつかけ, まんまといっぱい食わされた, もうじき学校, ゃあちっとも入っ, やった一千万円, よく以後, わかったから, キスさせなかった, 一つ衝突らない, 一撃されよう, 一目会わし, 一言い, 世話を, 乗って, 云は, 今晩はと, 任せたん, 会うの, 会ったらただ, 会つても, 会ふよ洋装の, 似りゃ天神様みたい, 似合わない親切, 何が, 何も, 何を, 兜を, 出あつ, 出あわなかったん, 出くわしては, 出しぬかれて, 出し抜かれて, 出会う機会, 出会わなかったか, 出刃でも, 出逢, 出逢っては, 刃を, 分けて, 十七日に, 反感を, 取られても, 向かって, 向つて, 呪詛われ, 唆されて, 喰われようと, 売りわたして, 変つて新しい, 変装し, 奥の手が, 好意を, 姿を, 対抗する, 少し頼ん, 引きよせられて, 引き金を, 引けは, 張り合う, 後目を, 従いて, 応接間の, 恨みが, 息が, 惚れて, 惚れても, 惚れてるん, 愛されて, 手が, 手を, 接唇し, 握られるとは, 教唆られ, 散々あやつられた, 斬られて, 日光街道で, 日本橋の, 極って, 止めを, 歯は, 死なれたら僕, 気づかれると, 気を, 水を, 河へ, 油断が, 泣きつかれても, 注がせて, 渡して, 玄人の, 理解力が, 生き写しだ, 用の, 申し送らうでは, 監視され, 目を, 相当の, 真実を, 眼を, 示すくらいの, 突っ返して, 窘められるかと, 立ちむかったならば, 立派な, 笑われは, 絞められて, 絶対的に, 聞けば, 脅迫され, 腹痛を, 自分の, 舌が, 英語を, 血へどを, 表情が, 裏切を, 見えて, 見つからないよう, 見られちゃ, 見られちゃったの, 見蔑げ, 言伝なんぞを, 訊けや, 話して, 話すなと, 負かされたの, 負けるもの, 買わせると, 賞められた, 踏みにじられたと, 踏み込まれたこと, 軽蔑されまい, 辱を, 近づいたもの, 追っかけられては, 逃げられると, 逆らった者, 這入ると, 逢うの, 遇ひたい, 違いない, 違えねえたしか, 遺産でも, 金でも, 限ると, 靈感が, 頼んで, 飛びかかって, 飛んだの, 食つ附い, 食われたもの, 騙されて, 鼻を

▼ あいつ~ (146, 3.1%)

2 とうとう覚悟, 我儘者です, 飛びこませて

1 [140件] あいつだけに, あのまま, いったもの, いつも鼻風邪, いまごろは, いよいよ係り合い, いよいよ原稿, いよいよ革命, うそを, うわべは, おめ, おれと, おれの, お前この, お前と, お前母親は, かわいそうだ, かわいそうと, きさま, ここへ, この春, これが, これまでに, さすがに, そう朝寝, その一羽, その位, それとは, そんな雑誌, たまには, だぞ, だんだん俗物, ちゃんととらえ, ついでに, とうとう降参, とんだ恥, どうした, なかなかおもしろい, へんに, またそん, もうそこ, もう仕, やきが, やったれい, やっぱり可愛い, やっぱり弱い, チブス以来たしかに, バッサリやられる, プロレタリアだ, 一所な, 一生まあ, 一等卒で, 上方の, 不自由だらけだ, 久美子に, 亦ばっさり, 人間だ, 今人を, 今度の, 何か, 何とかしゃべらなけれ, 何を, 例の, 俺と, 先頃まで, 内で, 化けるころ, 化物かも, 医者だ, 十六だった, 口の, 口不調法で, 可哀そうです, 可哀そうに, 可哀相だ, 君ん, 命びろいをしたよ, 唯者じゃあ, 商売にゃ, 商売用で, 変だ, 多分おこつて, 大よろこび, 失敬な, 奥へ, 始は, 寝られなかったに, 察しの, 小力は, 少し自棄, 山上に, 屹と, 帳附を, 引つ掛つた, 心配し, 思い上がって, 悄気る, 悪くない, 悪魔だ, 意地づくだ, 感情家だ, 慾に, 憎らしいったらありゃしない, 日増しに薄汚い, 日本よりは, 早起きの, 書ける, 東京に, 根は, 根気が, 止せば, 死んだら他, 殺されたの, 気が, 気の毒だ, 相当だ, 相当の, 相当喰えない, 真面目に, 眼が, 知っとったの, 秀才で, 私に, 私を, 秘かに, 素早い奴, 背に, 行って, 見て, 見られて, 詐偽師の, 調子が, 貴公と, 逃げたこっち, 途中で, 遂, 随分頓馬, 隨分執念深い, 食って, 馬鹿だ

▼ あいつ~ (90, 1.9%)

3 はあなた 2 だ, のこと, はもう, は私

1 [79件] あ, あ雲助, あ馬鹿, うごけないはず, がいたら, がぐず, がさ, がすぐ, がそれ, がつかまえ, が占領, が持ち上げ, が盛ん, が目星, が私, たあ, だあいつ等, だツ, と戦つて, には分かりません, にもいずれきっと, に云, に天, に請負わせ, に跟, に附け, のあと, のお袋, の中, の仲間, の喧嘩, の手, の最後, の爲め, の目, の着, の行く, の覗, の陥穽, は, はお前, はそつ, はその, はどこ, はまあ, はまだ, はみんな, はみんな青蛙神, はピイクロフト, はライン地方, は一体, は丸, は二人連, は仲間同士, は何とも, は何時, は僕, は山師, は己, は抜け道, は断じて, は武装, は狒々, は荒し, は鎖, は餌, も, もやっぱり, も案外, をまい, をやっつける, を一文無し, を仲たがい, を俺, を憎悪, を早速, を欺, を追っ払う, を集めた

▼ あいつ~ (65, 1.4%)

2 一緒に, 同じ宿, 相談し, 議論したくねえ

1 [57件] あいつの, あたしじゃ, いっしょに, お鳥, きたらあいつ, きたらきまつて, きたら俺, きたら年中自分, きたら煮過ぎたうどん, きたら素, きたら転んでも, きれいさつ, さしむ, して, そっくりだった, とっ組みあいました, わかって, わっし, 一騎打ちの, 一騎討が, 云うの, 云ひし, 仲なおりし, 來たら, 副知事, 同じくらいには, 同じ轍, 同時に文壇, 同窓会などで, 喧嘩を, 対等の, 對等の, 懇意な, 打ち合わせて, 杖を, 来たら何, 来たら就中俺, 来たら途方, 来たら飛んでも, 来た日, 治郎君は, 知合いに, 競馬に, 結婚させ, 絶えずつるん, 見たが, 言えば, 言ったの, 話したこと, 話を, 談判を, 道中師の, 闘う決心, 關係を, 顔を, 飮つこし, 飲むの

▼ あいつには~ (54, 1.1%)

2 あなたが

1 [52件] ある秘密, あんまり多量, いつもさい, かまわないと, このまるで, この左膳, これまで, ずいぶんひどい, そんな生, たびたびだまされた, どこかで, どんなてが, なんの, ひとの, ふた親が, もったいないくらいの, もってこいだった, われわれの, ウンと, 一役しか, 一週間の, 何の, 何處かに, 全然わからせる, 出来ませんよ, 刃物責めに, 別段問, 利かない, 勝てそう, 勝てないの, 名前も, 喜劇に, 坊ちゃ, 外套を, 多少の, 女房が, 少しも, 影が, 影の, 敵わん, 最も無神経, 未来の, 無いの, 相当乱暴, 知らせないよう, 罪が, 足が, 金が, 降参する, 随分ひどい, 非難めいた, 額に

▼ あいつ~ (22, 0.5%)

4 よ, ッ 3

1 [11件] あいつだ, つて, つてそんな, とか怪しい, と小沢, と指さし, と義母, なと, なと思わず, もしあいつ, ッうさん臭い

▼ あいつ~ (19, 0.4%)

2 いけない, うめえからなあ

1 [15件] あっしの, お前さんこの間飯場の, よくねえ, 一筋でも, 不思議だ, 人並より, 何もかも知っ, 全くしよう, 実はあっし, 怖いもの, 深雪さんを, 真実手の, 酒飲みだった, 野鍛冶の, 馬鹿だ

▼ あいつ~ (19, 0.4%)

1 [19件] あんな小, いいあんばい, があの, がなんでのめのめ, がパンパン, が叔父さん叔父さん, が来, が毎晩, が莞爾顔, きっとランプ, とうとうくたびれやがった, は, またやっ, まだ形, もつまらぬ, をてまえ, を寄せつけぬ, を見つける, 案外ぬかり

▼ あいつです~ (14, 0.3%)

43 あいつです, よ 21 かあいつ, かだめ

▼ あいつでも~ (12, 0.3%)

1 [12件] いいよ, まさかぼく, 呼んで, 外出を, 屋根を, 撃って, 来い, 来や, 来るが, 知って, 私は, 返しますよ

▼ あいつとは~ (12, 0.3%)

2 絶交だ 1 だれですか, だれの, どれです, エ, 仲が, 何時にも, 彼女の, 毎日口論しなけりゃならない, 誰だ, 誰だろう

▼ あいつ~ (12, 0.3%)

4 をし 2 しに 1 かに狼狽, か感づい, か言った, だろう, の為, をやっ

▼ あいつなら~ (10, 0.2%)

1 そろそろ声変り, たしかいつぞやの, ばそういう, ばどんな, わっしも, 僕を, 昼間は, 確かだ, 金と, 魔術ぐらいは

▼ あいつこそ~ (9, 0.2%)

1 どうした, わからずやの, わしの, 悪人では, 本当は悪党, 死んでも, 親泣かせ, 遊びで, 首領を

▼ あいつから~ (8, 0.2%)

2 十ルーブルもらった 1 かかって, 先に, 眼を, 茶碗を, 金なんぞ, 電話が

▼ あいつだって~ (8, 0.2%)

1 そんなに悪い, ばかじゃ, 八年の, 悪党だ, 手を, 持ってるだろうと, 綺麗だ, 軍用金が

▼ あいつまた~ (8, 0.2%)

1 じっと立っ, どこぞで, なにか掴ん, 何だって, 忍術を, 恋愛でも, 惨めな, 異人館か

▼ あいつかも~ (7, 0.1%)

1 しれないうわさ, しれないからね, しれないこいつ, しれませんよ, 来たこと, 知れません, 知れん

▼ あいつじゃ~ (7, 0.1%)

2 ないかしら 1 あるまいよ, ござんせんぜ, なかったの, アなく, 分らない

▼ あいつ~ (7, 0.1%)

1 タイプの, 優良の, 動物では, 感じの, 氣持に, 無邪気な, 類の

▼ あいつたち~ (7, 0.1%)

1 うるさいね, すば, たうとう, にも随分, の部屋, まだグウグウ, をここ

▼ あいつだけは~ (7, 0.1%)

1 あそこから, おれみたいな, まだ信用, 人間つき合いし, 早く足, 明日の, 知って

▼ あいつ一人~ (7, 0.1%)

1 が人間らしい, だ, で医者, ならば, には任せ, の考え, 置いて

▼ あいつ~ (6, 0.1%)

1 ほ喜びさ, めえ, マンに, 土産つきで, 熊にも, 鷹野へ

▼ あいつこの~ (6, 0.1%)

1 中に, 会に, 女に, 木の, 比よっぽど, 頃めっきり

▼ あいつにも~ (6, 0.1%)

1 お目にかかるよう, とけるはず, 一つだけ, 参った, 困るの, 片棒かつがせろ

▼ あいつにゃ~ (6, 0.1%)

1 ひまを, ほとほと閉口, わからないん, 何にも, 俺らも, 駄目です

▼ あいつ~ (6, 0.1%)

1 いかにも憎い, きっと碌, だけが皆, に金, を煙草, 気がついて

▼ あいつ~ (6, 0.1%)

6 を苦しめる

▼ あいつ~ (5, 0.1%)

1 あ, あいつにも, そんなら, どっちに, なりな

▼ あいつだけが~ (5, 0.1%)

1 いいとこ, 悪いの, 捉まった, 絲満の, 買ったんで

▼ あいつどこ~ (5, 0.1%)

1 かへ行っ, にゐる, へも文, へやら行きよつた, へ行きやがった

▼ あいつはね~ (5, 0.1%)

1 い, この間あたしを, もと毎年カムサッカや, 人質に, 御承知

▼ あいつまだ~ (5, 0.1%)

1 お前を, この中, 助手を, 十六七らしい, 小屋の

▼ あいつもう~ (5, 0.1%)

2 自殺を 1 しゃべったの, そんな余計, 一年元服を

▼ あいつより~ (5, 0.1%)

1 こいつの, イワンの, 他に, 男ぶりが, 見れば

▼ あいつあの~ (4, 0.1%)

1 時あの, 朝, 白い顔, 眉楼頭

▼ あいつだけ~ (4, 0.1%)

1 だよ, なん, ゲラ, 知らないの

▼ あいつだけに~ (4, 0.1%)

1 できる仕事, 出来る仕事, 意地の, 旨い汁

▼ あいつ~ (4, 0.1%)

1 今手こずっ, 土を, 生意気だ, 起されるの

▼ あいつとの~ (4, 0.1%)

2 間に 1 考えは, 腐れ縁も

▼ あいつなかなか~ (4, 0.1%)

1 たいした力, 文章が, 此頃は, 食えない奴

▼ あいつまでも~ (4, 0.1%)

1 いつまでも, こうし, そうし, 子供らしく

▼ あいつやっぱり~ (4, 0.1%)

1 あやしいやつ, 化けものだった, 手出しが, 逃げおくれたん

▼ あいつら二人~ (4, 0.1%)

1 さえいなけれ, はおれ, は僕, をぶん殴っ

▼ あいつ~ (4, 0.1%)

1 がどんな, の意中, の手古, の音楽青年

▼ あいつ~ (4, 0.1%)

1 いろいろこねるでのう, なにかやりました, ほかにも, 狂つ

▼ あいつ生意気~ (4, 0.1%)

1 だ, だから, に, に男女同権

▼ あいつおれ~ (3, 0.1%)

1 にかくし, の子, の犬

▼ あいつがと~ (3, 0.1%)

1 びたたないまえに木のぼりを, 彼の, 眼にか

▼ あいつきっと~ (3, 0.1%)

1 二十めんそうが, 変装の, 帰って

▼ あいつさえ~ (3, 0.1%)

1 たたきつければ, 無ければ, 片づければ

▼ あいつそんな~ (3, 0.1%)

1 ことを, ところに, 事まで

▼ あいつだった~ (3, 0.1%)

1 かなあ, のか, のかな

▼ あいつどう~ (3, 0.1%)

1 したの, したん, してるかな

▼ あいつどうか~ (3, 0.1%)

2 して 1 してる

▼ あいつどうも~ (3, 0.1%)

1 あやしいやつ, 仕様が, 見逃がせね

▼ あいつひとり~ (3, 0.1%)

2 のいわば 1 でさあ

▼ あいつ~ (3, 0.1%)

1 お前に, な乗竹侯爵, 弦之

▼ あいつら何~ (3, 0.1%)

1 かをやり出す, です, をさわい

▼ あいつ~ (3, 0.1%)

1 はなッから, 七八つの, 妙だ

▼ あいつ~ (3, 0.1%)

1 なこと, な奴, な顔

▼ あいつ自分~ (3, 0.1%)

1 からわな, で入, の仕事

▼ あいつ~ (3, 0.1%)

1 に云, のネタ, はお前

▼ あいつあれ~ (2, 0.0%)

1 でなかなか, で分別

▼ あいついつの間に~ (2, 0.0%)

1 ほうせき, 鍵を

▼ あいつうまく~ (2, 0.0%)

2 災難に

▼ あいつこっち~ (2, 0.0%)

1 へこられなくなった, へ向っ

▼ あいつであった~ (2, 0.0%)

1 か, としてもあいつ

▼ あいつでは~ (2, 0.0%)

1 無いかな, 酷い目

▼ あいつという~ (2, 0.0%)

1 のは, 符牒は

▼ あいつとうとう~ (2, 0.0%)

1 我を, 行っちゃったぞ

▼ あいつとても~ (2, 0.0%)

1 引き廻し, 意地わるだ

▼ あいつどうして~ (2, 0.0%)

1 かくし戸, やろう

▼ あいつ~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ あいつなんか~ (2, 0.0%)

1 他所から, 怖え

▼ あいつなんて~ (2, 0.0%)

1 いうの, 変装が

▼ あいつに対して~ (2, 0.0%)

1 そう改まってる, ますます強い

▼ あいつに対する~ (2, 0.0%)

1 反感が, 反抗は

▼ あいつはから~ (2, 0.0%)

1 かつてゐる, 赤児だ

▼ あいつばかりは~ (2, 0.0%)

1 なんとなく怖, 殆ん

▼ あいつへん~ (2, 0.0%)

1 だぜ, だね

▼ あいつほんま~ (2, 0.0%)

1 にし, に猾

▼ あいつをね~ (2, 0.0%)

1 ぜひとも買いたい, ぢこん

▼ あいつ一つ~ (2, 0.0%)

1 が一切, で眞裸

▼ あいつ何時~ (2, 0.0%)

1 でもこ, でもひき取っ

▼ あいつ卑怯~ (2, 0.0%)

1 だね, なん

▼ あいつ四十面相~ (2, 0.0%)

1 だよ, の変装

▼ あいつ~ (2, 0.0%)

1 失敗を, 嫌ひなんだ

▼ あいつ大阪~ (2, 0.0%)

1 の生まれ, を逐電

▼ あいつ女みたい~ (2, 0.0%)

1 な声, な奴

▼ あいつ寝言~ (2, 0.0%)

1 を云ってる, を言ってる

▼ あいつ少し~ (2, 0.0%)

1 図に, 脚が

▼ あいつ恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 がまんづよい奴, 調子に

▼ あいつ~ (2, 0.0%)

1 がある, が立つ

▼ あいつ油断~ (2, 0.0%)

1 がならねえ, がならん

▼ あいつ発狂~ (2, 0.0%)

2 して

▼ あいつ~ (2, 0.0%)

1 女性の, 敏捷でない

▼ あいつ等二人~ (2, 0.0%)

1 にはこの, に素股

▼ あいつ自身~ (2, 0.0%)

1 がここ, がぼく

▼ あいつ~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ あいつ見たい~ (2, 0.0%)

1 に他人, に自分

▼ あいつ近ごろ~ (2, 0.0%)

1 しけこむ穴, また怪しから

▼1* [393件]

あいつぁおいらに借金があった, あいつぁごめんだぜ, あいつぁよっぽどみょうだまっすぐにゃ, あいつぁ共和演説だから, あいつあぶない場所に, あいつあやしいやつだ, あいつあんたを煽て, あいつあんな声で, あいついい亡者に, あいついかに横着者とは, あいついったい何者だろう, あいついなくなったんです, あいついまなんていったん, あいついま天然痘にかかっ, あいついやな奴, あいついよいよ生意気だ, あいつうまいことを, あいつおかしいですね, あいつおそろしく自信の, あいつおっちょこちょいや, あいつおりてくる, あいつお前さんも知っ, あいつお喋り坊主はどこ, あいつお茶を持っ, あいつかまわずにずんずん, あいつからももれる心配, あいつがかと傍目に, あいつがなそうし, あいつがへえって, あいつきかいみたいな, あいつきのう小さい女の子, あいつきらいだい, あいつぐらいになると, あいつけがしていた, あいつけしからん流言をはなっ, あいつけむりのよう, あいつこうし戸, あいつことをする, あいつこのごろ弱って, あいつこのごろまじめになった, あいつこのごろ何も言わなかった, あいつこんどはなに, あいつこんなことを, あいつこんにゃく屋なん, あいつごろだったろう, あいつあいつは, あいつさぞくやしがっ, あいつさだ子のアリバイ, あいつさっきのじいさん, あいつさつきお話した女衒, あいつしあわせだな, あいつしくじればいい, あいつすこし生意気に, あいつずいぶん怒つて, あいつそこらにいる, あいつそんなに強いの, あいつたあまえつ兒の, あいつたいなんだね, あいつたしかにわざわざ人を, あいつたまには家, あいつだけじゃないど, あいつだけや話せるの, あいつだけを下船させる, あいつだっあいつに, あいつだろうと思う, あいつちっとばかしくせ, あいつやない, あいつってだれです, あいつであったらどうする, あいつでございますか, あいつですつかまえてください, あいつでたらめばかり云っ, あいつでなかったらどうだ, あいつでなくては此為事, あいつとが似て, あいつときどき生意気な, あいつとしては無理はねえ, あいつとではまるで雲泥, あいつとびおりて逃げる, あいつとも別れた, あいつつかで, あいつどうも本当に有難がって, あいつどっか顔がちがいます, あいつどもは国民, あいつなぞも血がねえ, あいつなにをいやがるだろう, あいつならできると思った, あいつならやると思う, あいつなら好く識って, あいつなら落せるかい, あいつなら行けるかも知れん, あいつなりに自分の, あいつなんにも知らん, あいつなんぞに突き落されるもの, あいつなんだかあやしいやつ, あいつにだって足は, あいつにとって悲惨の, あいつにばっかりは苦手と, あいつにまでえらい苦労, あいつにやつらかつ, あいつしとの番人, あいつ土が, あいつのうはべの気分を, あいつのぶきみな姿, あいつはかはせみだ, あいつはしごをのぼっ, あいつはじぶんのま, あいつはずん, あいつはそくざになぐり殺されて, あいつはまん円な, あいつはや天下を, あいつはやくそくを, あいつはりぬわれながら, あいつはんぶん土にうずまっ, あいつばかりがこんな時世, あいつひどい腋臭だった, あいつひどくやられて, あいつひょっとすると, あいつひょっとしたら骸骨男の, あいつふところに何, あいつぶっちめ, あいつ今日は, あいつほどものすごくは, あいつんびき少女だった, あいつまったく一筋縄では, あいつまでが時々いや, あいつめあっしの手, あいつめいまに蘇生, あいつめうしにおきざりされた, あいつめおれのノート, あいつめこんど会ったらぶち, あいつめステッキで毆, あいつめ事の眞相, あいつめ俺の内, あいつめ共はどう, あいつめ十五になっ, あいつめ喧嘩をしたがる, あいつめ屹度そこへ参っ, あいつめ急に後ろ, あいつめ老人をわや, あいつめ背中を叩き, あいつめ諸所方々を食いつめ, あいつめ長椅子の上, あいつもっと動くかも, あいつもよッぽ, あいつやたらにブランデー, あいつやって来たのさ, あいつやっとこんどは, あいつよりは拙いが, あいつよりはと思って, あいつらあとで僕たち, あいつらあなたの悪口, あいつらおれがどこ, あいつらごと馬車をひっくり返し, あいつらさっきおれたちと売店, あいつらしいと思った, あいつらしいですね, あいつらしい粘りかただ, あいつらしくないよ, あいつらだれだ, あいつらなんのため, あいつらはけだもの, あいつらみんな右大臣左大臣にでもなる, あいつらみんな悪党だからよ, あいつらみんな朝鮮人なん, あいつらわしのあと, あいつらア矢っ張り洋服, あいつら三人は貧乏人, あいつら事件のもみ消し, あいつら二人何を目論ん, あいつら偽札を使ってた, あいつら唯の仲, あいつら地主に, あいつら変ですねえ, あいつら夜になっ, あいつら岩井の眼, あいつら巴里にゃあ, あいつら戦艦と同じ, あいつら日本を攻め, あいつら明日から浪人, あいつら泥棒の神様, あいつら無茶苦茶に値切りよります, あいつら生意気でござるよ, あいつら畜生人間の命, あいつら竹生島へ参詣, あいつら野天でやる, あいつら階段をのぼっ, あいつら隠亡共が骨ヶ原, あいつら頭の加減, あいつをかばつて, あいつをも生かい, あいつをやッつけます, あいつところじゃ, あいつん所へは行く, あいつァおめえ, あいつもう仕, あいつアあっしと法達兄貴, あいつア人間じゃねえ, あいつア別嬪だなあ, あいつア氣違ひぢ, あいつア確かに北海丸, あいつア馬鹿だぜ, あいつイカモノ作りの四国猿, あいつインチキやった, あいつウマに乗っ, あいつスリだと, あいつて, あいつッたら目の色, あいつツンボじゃない, あいつテントの下, あいつデパートでひどい, あいつドイツ軍のまわし者, あいつバカでしょうが, あいつブイのところ, あいつヘマなこと, あいつママの部屋, あいつ一すじ縄ではいかん, あいつ一たい猫かしら, あいつ一味噌すらずに, あいつ一度こッぴどく, あいつ一日延ばしに, あいつ一羽だつて, あいつ三年ほど前, あいつ上手なもん, あいつ上野の塔, あいつ不良だな, あいつ丹三でねえ, あいつ二十面相の部下, あいつ二言三言話して, あいつ五日も前, あいつ京伝の文句, あいつ人形怪人じゃないだろう, あいつ今ごろは生きた, あいつ今日こんなこと, あいつ今頃トランクの代り, あいつ仕様がない, あいつ何処へ行っとる, あいつ余程今日は, あいつ俺たちの手, あいつ俺らこと死ぬまで, あいつ偉い奴じゃ, あいつのわるい, あいつ出たきりもどらぬ, あいつ刃物でも持っ, あいつ別嬪やな, あいつ到頭濡れた雑巾, あいつ助からなかつたよ, あいつ動けるような, あいつ北条にあやかっ, あいつ古藤のやつ, あいつの鼠, あいつ国許に戻っ, あいつ墓地のそば, あいつ変装の名人, あいつ多血質だから, あいつ大きいのを, あいつ大きらいだけど, あいつ大河のこと, あいつ夫婦は此処, あいつ女房にし, あいつ奴いやに人相, あいつ奴わらつてゐるやう, あいつ奴妙な客間, あいつ奴意地のやける, あいつ妊婦の腹, あいつか, あいつ嫣然として笑った, あいつ子どものロボット, あいつ宝石ばこ, あいつ実に困ったやっだ, あいつで拗ね, あいつ小遣いもくれる, あいつえこき, あいつ屋根へ逃げる, あいつを泳い, あいつ巡査にばけ, あいつ左舷から動かない, あいつ帰りたかっただろうなあ, あいつが若い, あいつ店じゅうの宝石, あいつ延喜のい, あいつ弁当の残り, あいつ待ちきれなくなって早く, あいつ霊廟の, あいつ怒ったのか, あいつ思いとまる, あいつ思うさま嚇か, あいつ思ったより悪党, あいつかつな, あいつ恐怖王がばけ, あいつ悟ったんじゃ, あいつ悪者にちがい, あいつ意志が弱い, あいつ成田から帰る, あいつ我々をとじこめ, あいつ拙者の見る, あいつ探偵気取りでいやがる, あいつ支払わないんだ, あいつ昨日の暴風雨, あいつ曲者じゃ, あいつ最後にとんでも, あいつ朝倉先生の問題, あいつ村口多鶴子に頼まれよった, あいつてへん, あいつ板附はべん, あいつ案外の正直者, あいつ極まりが悪い, あいつな身の上, あいつ止めてしまはう, あいつの頃, あいつ死がいじゃない, あいつ死に際に悪あがき, あいつ死んじゃうかもしれない, あいつ死んじゃったかもしれない, あいつ気がついたんだ, あいつ気怯れが, あいつ水たまりに尻餅, あいつ法螺を吹いた, あいつ泥棒やがな, あいつ浮気者だからなあ, あいつ火星人にちがい, あいつ無闇に親船, あいつ片目だね, あいつ牧師めと話, あいつっとる, あいつ狡猾にホ, あいつ獲物を嗅ぎつけた, あいつ甘くない奴, あいつ田舎者のくせ, あいつがある, あいつ畜生どうしても殺さなけれ, あいつ異常だ, あいつ病気かな, あいつ百円紙幣に釣られ, あいつ盗めなかったもんだ, あいつが見えない, あいつ変らずでいやがるよせば, あいつ相当の謀叛, あいつ真に甲州へ, あいつ睡るのだ, あいつ知っとるのかなあ, あいつ短気なこと, あいつ石炭がらをくずし, あいつ研究所の帰り, あいつ確かに姉, あいつ社会主義や, あいつ秋川の家, あいつ秘かに恋人, あいつの中, あいつ空気みたいにすきとおっ, あいつ競馬という, あいつ等どこ迄も追っかけ, あいつ等め表二階を打っ, あいつ等ツて誰, あいつ等抜しやが, あいつ等金持の蔵, あいつ純真を発揮, あいつ老公の妾, あいつを立っ, あいつ膨れたことが, あいつ臆病者だからね, あいつ自殺するつもり, あいつ若輩にし, あいつ萎れきつて戻つ, あいつ蝦みたいに赤く, あいつみて, あいつ見たかい, あいつ親分に不首尾, あいつの数, あいつにでもそんな, あいつ負け惜しみの強い, あいつ貧乏人だと, あいつ赤いカブトムシを, あいつ赤電のくせ, あいつを蚊, あいつ辞令を下させ, あいつ迄が俺を, あいつ近頃お小夜どの, あいつ近頃ちと帰りが, あいつ退学ささんといかん, あいつ逃げて往く, あいつ逃げちゃうじゃない, あいつ野球のマスク, あいつ鉄人だよ, あいつ阿呆かいなとその, あいつ階段をのぼっ, あいつ飛んだ喰わせものです, あいつ高慢だこと, あいつ魔法つかいだから, あいつを団扇, あいつを改めて, あいつ黄金仮面だよ, あいつ黒いシャツを