青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「あい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

〇~ ~ああ ああ~ ~あい
あい~
~あいだ あいだ~ あいつ~ あう~ あえて~ あかり~ ~あがっ あがっ~ あがり~ ~あがる

「あい~」 4664, 46ppm, 2513位

▼ あい~ (1829, 39.2%)

75 いた, いて 62 いる 57 いるの 30 そこから 16 いました 13 いたので 12 います, いること, いるので, いるよう, ゐる 11 いるから, いる方 10 いたの, ゐた 9 いるところ, みると, ゐて, 笑った 8 いると, ゐるの, 見て 7 しまった, 一人の, 手を, 見ると 6 いるじゃ, いるん, いる穴, しまつ, そこに, 天井を 5 いるが, いる口, いれば, しまいました, 二人の, 居るの, 笑って

4 [14件] いるだけ, いるでは, いるもの, いる窓, おります, そこへ, だれかが, てて, はいって, ゐます, ゐると, 中の, 来るの, 眺めて

3 [26件] あたりを, いたから, いたが, いたこと, いたと, いながら, いるし, いるその, いるよ, いる椅子, いる者, おりますよ, おれば, かぶと虫を, です, ひとりの, またしまる, ゐました, 寝て, 居る, 彼を, 男が, 笑つた, 老人が, 見廻す瞳, 顔を

2 [82件] いたか, いたけれども, いたそう, いたその, いたもの, いた窓, いても, いない, いないの, いましたから, いるうち, いるでしょう, いるという, いるな, いるばかり, いるわ, いるドア, いる二つ, いる天井, いる左手, いる時, いる長椅子, いる障子, おりその, お母さまが, お母さまがかへ, お鈴さん, がぼく, ごらん, さだ子が, さっきの, さぶ, しまう, しまったの, しまった様, しまって, その穴, それが, なかから, ひらけて, ましたね, よもの, ゐたので, 三人の, 上を, 下辺が, 中から, 云ひました, 人の, 來る, 凹めば, 厨から, 呼んだ, 喘いで, 居りますが, 息を, 来て, 欠伸を, 水が, 海水が, 眼の, 私は, 穴の, 空を, 笑いながら, 笑いました, 笑うの, 笑ったが, 笹田執事が, 聴いて, 舌を, 見, 見せたの, 見ますと, 見ろ, 言いました, 誰か, 諸君の, 赤い毛布, 身長二尺くらゐ, 転がるよう, 飯を

1 [942件 抜粋] あかりの, あたらしいお針頭, あなたの, あまくだる, あるけと, あるの, あわてた顔, いい心持, いきました, いそこ, いたお蔭, いたかも, いたでしょう, いたところ, いたならそこ, いたほら, いたらそこ, いたら耳, いたん, いた人, いた夕日, いた横穴, いた理由, いた襖子, いた頃, いっぱいに, いつもの, いないから, いないよう, いなければ, いましたし, いましたっけね, いましたわね, いますが, いますと, いませんと, いやはる, いようと, いられないくらいの, いられなくなる, いられるでしょう, いるうら, いるお寺, いるきり, いるこども, いるじゃろうが, いるそれに, いるため, いるだろう, いるだろうか, いるとき, いるとの, いるならどう, いるのみか, いるはず, いるほどに, いるもちろん, いるらしい, いるらしくそこ, いるバルコニー, いるマドロス, いる両, いる伸子, いる場所, いる奥, いる孔, いる家, いる小さい, いる平凡, いる座敷, いる徳利, いる戸, いる手, いる排水溝, いる揺椅子, いる改札口, いる映画館, いる木, いる格子口, いる機会, いる洞窟, いる点, いる片手, いる犬潜り, いる番頭さん, いる目, いる紅, いる自分, いる衣裳戸棚, いる豚, いる部屋, いる金, いる長方形, いる間, いる顔, いろって, うかがうと, うつむいたま, うどんや, おおぜ, おかみさんが, おそろしい程, おとなしくし, おらなくては, おりおそらく, おりました, おりましたら夜, おりますから, おりますが, おりますの, おり中, おり水, おる, おるの, お婆さんが, お父さんが, かかって, かすかに, かんしゃくを, があの, がいかに, がすこし, がんりきは, が地球, が潜航艇, きたなくよごれた, きたよう, きょうはじめて, くれると, こ, こどもたちが, この兵隊たち, この煙突, こわれて, こんこんと, こんなこえ, ごめん下さい, さもおかし, して, しばらく部屋, しまいますよ, しまうぜ, しまうとしても, しまったでは, しまったわ, しまふところ, すうすうと, すっかり用意, すらっと背, そうして同時に, そっとラネーフスカヤ夫人, そっと息, そのそ, その上, その中, その口, その女将, その怪物, その眼, その間から, その陰, それからべろ, それに, それを, たくさんの, たべて, ため息を, だ, だよ, だるそう, ちゃっかりした, ちろりと, ぢつ, であるばかり, できるだけの, どの女, ないよと, ながめて, なぜか, なにかいっ, にくにくしげ, のいう, のての, の言う, はあはあ笑, はって, はれやかな, ぱくりと口中, ひかえて, ひさしぶりに, ひどく遅刻, ほかの, ぼんやり電気, ます, ますから, ますよ, またしまったで, まだすやすや睡っ, まったく思いがけ, みがとが, みたら縁側, みとれて, むしろ手持, もう起き, やがてむくむく起き上がろう, やせた男, ゆく塩梅, よくみろ, よく見る, よろめくよう, ろくろ首の, わは, わらうよう, ゐたが, ゐたぢやあ, ゐたらう, ゐたら其處, ゐた口, ゐないの, ゐない證據とい, ゐに, ゐましたので, ゐますから, ゐますよ, ゐられやしなかつたから, ゐるくせ, ゐるぜ, ゐるだらうと, ゐるところ, ゐるので, ゐるもう, ゐるやう, ゐるん, ゐる事, ゐる医者, ゐる小さな, ゐる手袋, ゐる時, ゐる机, ゐる片, ゐる直径二分くら, ゐる竹籔, ゐれば, エポニーヌと, カラカラと, ゲルマンスキーの, サロンへ, ソコーリスキー夫婦が, ドヤドヤと, ドールンと, ニヤニヤと, ヌッと, ハムレットが, バタンと, ヒビが, ビール瓶の, プローシカが, ベルネの, リット少将が, ロシア人の, ワイシャツの, 一つの, 一匹の, 一寸のり出す, 一心にな, 一本足の, 一疋の, 一筋の, 上っ張りでも, 下から, 不安げに, 世間の, 中が, 中は, 主人が, 主人の, 主隊の, 乱ぐいの, 乾が, 二三人の, 云え, 云つた, 人が, 人夫の, 今にもこちら, 仔牛は, 伸子は, 佐々刑事が, 何か, 何処かへ, 例によって, 俥曳きが一人は, 先任参謀が, 光の, 入ったところ, 八が, 内から, 内部に, 内部の, 再び閉ぢ, 凄じい, 出入の, 分厚な, 化けそう, 十七八の, 千世子の, 半分閉じた, 半身と, 友の, 叫びながら, 向かって, 呆れて, 和助が, 喘いだ, 嘲笑つた, 噛みつく, 声を, 夏らしい光り, 外部の, 多くの, 夜具の, 大がかりな, 大きく深く呼吸, 大声に, 大根を, 大目玉を, 太平の, 奥さんらしい, 女が, 女中らしい, 妻が, 姿を, 婆アさんが, 子息の, 安斉さんが, 官服の, 室内が, 寝てる客, 寝巻姿の, 小さい小さい水, 居た, 居たが, 居たこと, 居た席, 居ないの, 居らず行き逢, 居ります, 居るし, 居るので, 居る眼, 居れば, 岡部伍長が, 巡査が, 左近を, 帆村の, 幼い二人, 庄吉の, 店の, 庭に, 弥介の, 待って, 後手の, 御岳山道の, 心地よさそう, 怒った古藤, 怪訝そうに, 恐ろしい老齢, 息づかいの, 意味も, 戦えぬ, 拝みや, 振返ると, 探して, 提灯を, 敷居ぎわに, 敷石を, 日の, 春, 暗黒街の, 月を, 来ました, 松前五郎兵衞の, 枕もとの, 林田がは, 楊子を, 横に, 次の間に, 正吉を, 正面から, 歯が, 母が, 母の, 水で, 水を, 沈みそう, 洋服を, 活動や, 浮んで, 海底へ, 源兵衛の, 火炎を, 炉に, 無遠慮に, 煙草の, 燈が, 牛丸少年を, 物は, 物憂い春霞, 猫間犬丸は, 玄関の, 玉太郎から, 現れたの, 生々しい人間, 番頭手代を, 皺枯れ, 目の, 看板の, 眠って, 眼も, 眼を, 短い急速, 私の, 秩父三峰道との, 空ろな, 突貫を, 窺うと, 立つ田舎漢, 立派な, 笑いだす, 笑い出し, 笑うし, 笑うん, 笑ったり, 笑つてゐた, 笑ひ, 紅が, 紅殻いろ, 細目に, 絶えて, 綿が, 美しい娘さん, 老婆, 考えこんだ, 聽い, 肉入団子を, 脇息に, 自分たちの, 自分に, 舞台に, 良いやう, 芝居気たっぷりに, 若いつやつや, 若い男, 茫然自失せる, 落ちて, 虚空を, 蜜豆を, 蟻田博士が, 行く, 行儀よく, 被害者の, 裏木戸を, 裾の, 見せた, 見たな, 見とれて, 見まわしたり, 見るまでの, 見上げて, 見物する, 見送って, 言った, 誰かが, 誰かは, 起き直った, 跳ね飛ばされた, 身を, 車が, 通り穴が, 部屋の, 金モールを, 長いこと, 門番が, 閉口し, 雇婆さんが, 雪まみれの, 霧の, 静かに, 非常に, 風が, 飲んで, 首が, 首筋や, 馳け, 骨身おしまず, 鶏小舎の, 黄英の, 黒坊の, 默つてお茶を, 鼻目金の

▼ あい~ (155, 3.3%)

5 なって 4 なったの 2 いくの, きた, なるかも, なるの, よると, 出して, 来たの, 腰かけて

1 [130件] いこうと, いったほう, いったんだ, いって, おちつきはらって, かかったらまったく, かかるの, かつぐ, きたん, くるかしら, くるの, けりって, こういうひどい, このこと, このバッジ, こられました, これらの, しても, しびれを, すぎなかった, せぬよう, そうたずねた, そなえて, その新聞紙, それを, だれが, どうし討ち, なったらあなた, なったらきっと, なったらしい, なったらどう, なったら二十面相, なったり, なった上おかえし, なった人, なった以上, なった経験, なった者, なっても, なってよ, なってると, なっとったん, ならないよう, ならない方, ならなかったそう, なりは, なりましたの, なります, なりますか, なりませんでしたか, なり勝, なり霧, なる, なるか, なるからな, なるくせ, なること, なると, なるところ, なるわ, なるわけ, なんの, はやく運んだ, ひとつずつ, ほかならぬ, まいります, また一つ, みんな塀の, もちだすが, よりけりだ, よりけりとは, よれば, ホテルへ, マルクシスト共産主義者が, 一艘の, 不幸な, 会しては, 何を, 偽りは, 出かけるうち, 出されるの, 出されるよう, 出しながら, 出し自分, 出るよう, 参り候, 名のる, 向って, 城外までは, 夜叉と, 大きな下, 大小数百そうの, 女気は, 席を, 帽子を, 役立つの, 彼が, 往々に, 打ち砕かれて, 改造した, 暮れて, 来たという, 来たもの, 来たドクタア・ヴェーダー, 来た者, 来て, 来ました, 来る, 波うちうごめいて, 火花を, 男が, 目を, 私たちの, 立つて, 笑ったきり, 行く, 行くこと, 行くため, 行く所, 行ったの, 行ったり, 見入って, 賭ける, 起きるであろうさらに, 身か, 迷雲地中の, 道に, 酒の, 馬車を, 驚いて

▼ あいそう~ (146, 3.1%)

15118 なこと 6 だから 4 にこの 3 だわ, です, なの, な顔, になっ, に答えました 2 だという, だよ

1 [80件] がって商買, さ, して, じゃ, じゃから, じゃて, だあわれだこの, だそれ, だたほれたって, だと, だとか, だとは, だなあ, だね, であの小さな, でが, でご, でござんす, でさ, ですね, でそんな, でたまらなかっ, でどうして, でならないけれど, でならなかった, で泣きたいよう, で誰, なうちの人, なお, なこの, なもの, なよ, なよう, ならいつの間にか, なら植物, なら生物みんな可哀そう, な事, な保, な子, な客, な目, な農作物, な風体, にあの, にいった, におもうなら, におもわれた, にかあい, にこたえました, にこんなに, にされ, にだが, にな, になる, にねむい, にばあさん, にもなりました, に兎, に命じました, に当たる, に枕, に死んだ, に泣い, に泥, に老人, に言いました, のある, のない, のよい, はゆかない, は過ぎ, もない, やな, やほんま, や今日, や気の毒, よく, よくいいました, をする, をつかし

▼ あい~ (141, 3.0%)

3 それが 2 しないかと

1 [136件] あきらかに, あなたにとっては, あれ程, あろう, あんたが, いつまでも, いつも人払い, うとうとした, おおむねそういう, お流れお流れ, かっとした, ぎくりとした, ぐったり疲れ, こうは, このふしぎ, この不思議, この家, この村, この痛ましい, しかしもっとも, しばらくつづいた, じっと堀, すぐ始まった, すこし寒気, そういうとき, そういう経験, そうで, そうも, そう厳しく, そう言っ, そこへ, そのとき, そのとき不意, そのとき直ぐ, そのへん, その声音, その大将, その意志, その日裏, その来る, その目的, それも, そんな些事, ですね, とうに過ぎた, どなたで, なおさらである, はじめて気がつい, ひ, またもと, まだ乳, むろん同行, もしかする, もちろんとりあげなく, やはりこの, やや小康, よくこの, わざとフリ仮名, アー, 一場面一場面描い, 一面道理を通じて, 三人の, 中止に, 何か, 何かと鎌倉表, 何心なく, 借金は, 内儀の, 凱旋とも, 分った人間, 判りませんから, 剣花坊の, 勝手でしょう, 北畠どのを, 又しつこく, 吃驚しすぎ, 問題は, 四五日は, 図書助の, 坐ったまま, 堀が, 堀と, 堀に, 夜中の, 夫が, 尽き果てた, 心丈夫だ, 思いあたって, 慰めに, 手燭で, 手燭を, 教室の, 日光が, 昼と, 有無を, 極めてはきはきと, 極端な, 武者所の, 永い間, 洗足する, 涙なし, 源平両, 潜り戸から, 特に家庭環境, 犀川べりの, 独り言を, 発見と, 知吉に, 私は, 立って, 系図書き師への, 純然たる, 細帯一つに, 緊急措置の, 義仲とは, 考えた, 自分の, 船ぐるみ孤島へ, 落し物なら, 葬式を, 蚤虱に, 行燈の, 裏町から, 起きあがろうと, 越してから, 路傍の, 違う, 避けたかったという, 闘牛場に, 静物を, 頭から, 飛んだよう, 首尾よく, 馬鈴薯畑と, 駆けた方, 驚いて

▼ あいてに~ (137, 2.9%)

7 さとられぬよう 6 して, なって 5 気づかれぬよう 4 気づかれないよう 2 さかんに, さとられないよう, さとられる心配, なりその, 気づかれては, 気づかれる, 碁を

1 [95件] いきさつを, うなったり, かかっては, かけごと, きせあいての, きづかれぬよう, くみついたの, こういう昔話, こんなくだ, さとられたからには, さとられては, さとられなくて, さとられまいとして, さびしくくらし, されないし, したしごと, したたかに, しない, しないで, しなかった, しました, しませぬので, しゃべらせて, すぐさとられ, する軍備, だぶつく腹, だよ, でくわすと, とびつきその, どなりつけました, なった, なっては, ならないが, ならないし, ならなかった, ならぬ, なりよう, なるから, なるの, ふざけたこと, ふた言三言, ほがら, ぼくらとは, まけないくらい, また大, めぐり合うこと, ゃあにゃあと鳴い, ゆうゆうと, よく通じる, わたすの, サインコサインだ, 一, 二千万円の, 人文の, 劇を, 助太刀が, 口を, 和琴笛などに, 喧嘩する, 大戦の, 天皇が, 屈しなかったこと, 座談の, 心に, 心の, 情熱的に, 戦うお, 折れた帆柱, 教壇から, 斬り死, 杯を, 棒などを, 死ぬるかく, 毎年の, 毎日大勢し, 気づかれそう, 気づかれたらルミ, 気づかれると, 気づかれる心配, 生活を, 申し入れた, 盛んな, 碁など, 自分で, 至極うらら, 蜂谷は, 見られては, 討死する, 訴訟する, 話しこんだり, 蹴鞠し, 追いつくこと, 遊び相手に, 酒ばかりの, 黙々と出直そう

▼ あいては~ (125, 2.7%)

8 目に 2 おちつきはらって, おばけみたいな, はやくも, 星の, 魔法つかいの, 魔法つかいみたいな

1 [105件] あーと, いないかと, いませんのよ, うら, うらみかさなる, えたいの, おおぜ, おくそこ, おそらくど, おそろしいやつ, おそろしい魔法つかい, おとなだ, おとなです, おとなの, くらやみでも, こちらを, このひと, こんどは, しばらくだまっ, じつにすばやく, じぶん, すこしも動きません, すばやくパッ, そのまがり, それに, それよりも, そんな大きな怪物, たしかにここ, たびたび目玉, だまって, だれだ, つてゐる, どうやらあの, どうやら鞍馬, どこかに, どこの, どこへ, なにしろ魔術師, なんの, ひったくるよう, ひとり, ひとりいかなる, ひとりで, ふたりの, ぼくを, また閉まっ, まだゴソゴソ動い, もっと立ちいっ, ものをも, やっぱりもと, よぼよぼの, わけも, わたしが, ギョッと, コンクリートを, サルです, スルリと, ニコラ博士です, ニコラ博士の, 一向宗, 三人こちらは, 二つ目玉の, 二十の, 人を, 人形です, 人殺しの, 人間です, 何名ほどか, 地球の, 変装術にかけては, 大ぜ, 大名これは, 大身の, 太郎左衛門な, 小林君に, 山本さんだ, 幻, 怪人二十面相という, 文春の, 明智小五郎だった, 時々見, 時計屋の, 曲芸師の, 有名な, 本気で, 稀代な, 空気の, 竜馬を, 蜀の, 西洋悪魔を, 諸葛孔明, 警視庁では, 足利尊氏の, 踏み倒されるに, 蹴倒し叩きつけて, 身がるな, 遠くは, 遠くへ, 銀仮面の, 雲の上の, 魔法つかいだ, 魔法つかいな, 魔法使いです, 魔法使いの, 魔術師の

▼ あい~ (125, 2.7%)

5 ことを, ために 4 ように 3 土山雨が 2 うちに, このよう, もので, ものです, 上で, 喧嘩を, 長さ

1 [94件] あなたは, あること, あるよう, ある人生, ある部分, いい場所, うちが, おさえの, この形, じつに濃やか, ためにも, ところを, ないもの, ない人間, ない男, もとに, ものじゃ, ものな, よう, りっぱな, サヤアテでしょう, 上胴親の, 中に, 中ほどの, 亭主という, 人々と, 他なにごとも, 他には, 位置に, 住んで, 先見について, 出来る人, 判定が, 助けを, 勝気な, 叔母にあたる, 問題なども, 執行官は, 場合に, 声であった, 大きな価値, 夫婦であった, 夫婦は, 如く武力, 姿を, 子供等には, 家が, 家へ, 宿屋らし, 小さな部落, 小店も, 山, 山で, 彼女の, 御供餅, 御夫婦, 応急の, 意味は, 挿絵に, 斬り合いではるか, 方でいらっしゃいましょう, 方様を, 末きょうは, 柳生対馬守, 桶板二枚で, 模様じゃな, 歯音は, 池の, 漬き, 用意に, 男二人と, 発展も, 真情らしい, 第一, 箱をも, 線を, 者を, 職分を, 胴打ちは, 自分は, 衆, 衆が, 衆この, 談合を, 身の上話を, 違うもの, 遠くまで, 銃声は, 防備を, 隣りには, 面倒を, 頬の, 顔を, 飯

▼ あい~ (122, 2.6%)

2 おことば, お使者, お奉行, お武家, これは, しばらく, そこへ, それは, 方々お, 殿

1 [102件] あいと, あまりお, うそは, うろたえ遊ばすな, おそれながら仰せ, おそれながら正成, お暇, お立合, お言葉, お訊ねなれ, お騒ぎ立ち, こういう中, この際, ご家老, ご浪人, ご無用, しきの, しばしお待ち, しばらく待て, そう参っ, そう窮屈, そこもとは, その儘, その鉄鉢, それなる, それに, それへ, ちょっと, なお少々, まだ遠く, もうしばらく, わが君, わしの, われらもとより, われら武者の, ッ, ッと, 一火先生ぜひ, 上州から, 主人秀吉様を, 事情は, 仁右衛門殿浜路殿此奴らは, 今宵は, 仰せです, 伊達侯, 似而非武士, 儀助, 先生, 兵庫どの, 其儀で, 冗戯では, 勝利に, 吉良どの, 土岐氏, 大和どのお, 大月玄蕃の, 奉行の, 客人, 客人日置正次殿我等必死の, 家兄, 待たッ, 待った, 御岳の, 御武家, 息の根止められまし, 憚りながらもう一度お, 才助, 数馬殿, 敵討の, 方々, 方々何んの, 方々偽でござる, 明智殿武井佐久間の, 春日殿某は, 暁杜鵑之, 暫らく, 某は, 殿こそ, 満寵, 源七殿とやら, 源五どのこの, 物陰の, 申すも, 皆様正木氏は, 皇帝, 私には, 秋田待て, 突然失礼, 羽林, 老黄忠, 蜂須賀衆, 貞満, 軍師, 近国の, 鏡氏お, 鏡氏葉之, 鏡葉之, 鐘巻殿かねて, 鐘巻自, 首の, 骨肉の, 高氏どの

▼ あい~ (116, 2.5%)

8 計って 6 して, はかって, 見て 5 見はからって 4 したり 3 すること 2 みて, やって, 始めた, 演じて, 見すまして

1 [68件] あいてに, あとに, うか, かけて, くり返して, さして, した, したため, した青年, しましたが, するだけ, するの, する用意, すれば, っくること, つけるよう, つづけて, つれて, とげられたのち, はからって, はきよせたよう, はじめた, はじめました, みはからって, やり幾人, やり殺し合い, やるその, やろうという, よこせと, 予想する, 今飛ん, 助けに, 半海里ほど, 受け取るため, 彼らの, 怖れる, 思った, 手中に, 持ちながら, 振りしぼった, 最も月並, 東へ, 流るる天竜川, 測って, 測っては, 演じた, 眺めて, 眼に, 知らず, 知らぬは, 知りたかった, 置いて, 考えて, 考えまして, 聞きつけて, 肉体全体で, 臆測する, 蒼く飛んだ, 見たという, 見はからっては, 見計らっては, 計りねぼけ声, 試み以, 詰めた, 詳しく知っ, 量ったり, 除いて, 離れて

▼ あいての~ (102, 2.2%)

10 顔を 3 のどを, 姿を 2 ことばを, 正体が, 男は

1 [80件] あごの, おそろしいのろいの, からだに, ことは, ひとは, ほうで, ものを, やって来るはんたい, ような, ダッタン人は, 両手に, 二十メートルほど, 人との, 人は, 人物や, 住みかを, 公方どのは, 冷静さへ, 十メートルほど, 口に, 口中へ, 名は, 商売で, 声を, 変ったこと, 大いたずら, 大きすぎる, 太夫様は, 女の, 女より, 女性も, 姿が, 姿も, 婦人の, 実力は, 寝顔が, 小さい体, 少年は, 山上元が, 左の, 影は, 心は, 心次第であっ, 怪物は, 懐中電灯は, 手もとが, 手足を, 挨拶に, 捕方を, 月謝を, 服装なども, 根気を, 槍を, 横顔を, 気を, 気色を, 猫間犬丸の, 理解に, 眼の, 秘密が, 者が, 者と, 者を, 胸へ, 腕が, 膝の, 自動車の, 若い女, 血相にも, 要求の, 親たちの, 話を, 語気が, 身なりを, 道化仮面を, 道化師が, 金色の, 青ざめた顔, 顔から, 顔には

▼ あい~ (99, 2.1%)

8 ある 3 あって 2 はじまりました, 始まって, 始まり器物, 悪い, 森の

1 [78件] あちこちで, あり甲州, あるが, あること, あるでのう, あるに, あるの, あるもの, あるン, あろうか, かり火, この村, さらにはじまった, そうぞう, そうです, それを, たき師, たき法, ついた, ついて, つき借りた手拭い, つづいて, つづきました, どうも困る, ない, なかった, なくも, なければ, にゅっと立ちはだかっ, はいる精神, はじまったの, はじまったらしい, はじまって, はじまる, はじまるでも, ふと庭, まだこの, よくない, よさそう, ッた, ッてばかり, ニコラスの, 互いに必要, 今の, 入って, 全軍, 出て, 出来て, 出来てなあ, 出来るかも, 前方で, 勝手から, 勝負に, 地味すぎる, 多いよう, 多すぎた, 始まりました, 始まり栄二, 将棋盤や, 恁うい, 悪いか, 悪いから, 悪いと, 悪いので, 悪いよう, 感じられる, 慾に, 村に, 杵屋勝久纓と, 海鼠板で, 熱心に, 絶無で, 続き通して, 考えて, 自分から, 身形にも, 間の, 鼻の

▼ あいながら~ (81, 1.7%)

2 おぼろな, ついて, 狐うどんを, 眼を, 行く事

1 [71件] おたがいに理由, お互いの, かねての, くすくす笑い出す, ここでは, この二人, しかも互いに, しきりにげらげら笑っ, そのあと, そのたび, その困難, それに対して, ぞろぞろ往来, だんだん遠く, とびさ, どうです, また十分, まだ, みんな天の, もごもごした, アダイ署長は, エカテリナ二世宮殿の, シーザーの, 一寸も, 一巡りした, 上に, 与吉を, 二人は, 体重を, 何の, 出たり, 喧嘩に, 囁いた, 地下道を, 夜想曲に, 大きな声, 客待ちし, 少しも, 彼は, 徐々に徐々に翔び去っ, 怪塔ロケットを, 杉と, 来たところ, 柳姿の, 橋を, 次の, 水の, 沈黙し, 現実に, 町を, 私の, 私達の, 立ち竦んで, 笑いが, 結婚まで, 肌と, 腰を, 自分が, 藁の, 裸馬の, 見て, 覗きこんだ, 言いました, 話して, 豹一と, 足だけは, 追跡隊は, 部屋へ, 雪子の, 顔を, 颯と片

▼ あい~ (55, 1.2%)

2 ある

1 [53件] ありました, あり事実, あるから, あるが, あるでしょう, うまくいく, かわらず, かわらずぐんぐん, かわらずじれったい, かわらずズルスケ, かわらずニールス, かわらずノソノソ, かわらず国体護持, かわらず崩れ壁, かわらず日本, かわらず永遠, かわらず空手, かわらず立って, かわらず血, かわらぬサナトリウム, かわりませず連日, この日, こんな大きな仕事, しかねないからと, した, しないで, そういうもの, そうでした, そこに, そのあと, その疲れ, ない, ないし, ないで, なかなか粹, わたくしには, わたしと, 一応後, 助け合う, 勝気過ぎっ, 同じである, 変はらぬ, 変らずジャガイモ, 変らぬ筆生, 変わらぬあいきょう者, 変わらぬ天下御免, 帰るだろうと, 悪いし, 槍の, 空腹が, 窓には, 腹話術と, 鳴りを

▼ あいてを~ (54, 1.2%)

2 しながら, にらみつけて, にらみつけました

1 [48件] あっと, おくって, ころして, させられては, す, する女, せめる力, たおして, たがいに, つかまえること, つかむこと, とうとぶという, とって, とらえること, にがさないよう, にらみつけじっと, にらみ殺そうと, ねじ伏せようと, のんで, ばかに, へこませて, みずに, 伸子として, 促しました, 僕の, 地面に, 屈伏させる, 待ちぶせました, 待って, 怖れ, 悦ばせる計画, 正視し, 殺すため, 注視した, 用心させ, 瞞す, 知って, 罵る場合, 脅かそうという, 見うしないそう, 見うしなって, 見て, 見やるの, 見るの, 見守って, 警官だ, 逸して, 選ぶと

▼ あいきょう者~ (50, 1.1%)

5 です 4 のところ 3 でした, の伝六 2 が飛び出し, をおどろかせ

1 [31件] がこれ, がすっかり, がたちまちガンガン, がまごまご, がまた, がまだ, がわが, が一日, が今, が姿, が黒川用人, だっていう, だろうと, でありました, なので, のあにい, のおしゃべり屋伝六, のその, のとこ, のひょうきん, の呼びたてる, の怒り虫, の雲行き, は例, へ朗らか, もおの, もその, らしい音, をおどろかし, を先頭, を鋭く

▼ あい~ (44, 0.9%)

3 から見える 2 がだんだん, といえ

1 [37件] からみえる, から洩れる, から眺める, がいつしか, がずっと, がせばまっ, がなに, がへだたっ, がみるみる, がもう, がゆく, がカリー, が円う, が半町, が帯, が旅, といい, といえる, とでもいう, とはちがった, とはまた, とまったく, とドア, と云う, と云っ, と感じた, と言う, と違っ, と開い, な, ながら出現, ね, ね小説, ね慌て, のう, のかべ, 気が

▼ あいてが~ (36, 0.8%)

2 魔法つかいなら

1 [34件] おちついて, こびとだけに, せめてくる, どんなにおそろしい, ふりむいても, よめても, ピストルを, 二ひきです, 人間だ, 人間で, 人間と, 何者だ, 信用しません, 出ると, 四十面相と, 子どもと, 小さく可憐, 少年たちだ, 弱すぎる, 怪物でも, 明智先生だったら, 物の, 自分を, 見えなくなったので, 見えなくなると, 語ったいろいろ, 誰である, 貧乏な, 逃げだしたと, 逃げだすの, 郵便ポストに, 金銅仏であろう, 飛び道具を, 魔法を

▼ あい~ (35, 0.8%)

4 あいよ

1 [31件] あいよ妾, あゝ眠い, お帰り, お酌, お頼みします, すぐ女中, そんな心細い, どうした, どうしたえ, わかったよ, わたしゃ大丈夫だ, ウ, ソレ乗る, 今直ぐ, 他では, 俺も, 判ってるよ, 合点, 和平や, 大きい兄ちゃん, 大丈夫, 姐さん, 子供を, 学校から, 寒いね, 心配せず, 志丈さんちょい, 懐かしいは, 承知だ, 昨日の, 私は

▼ あいだの~ (33, 0.7%)

2 ふくざつでげんしゅくな関係を

1 [31件] あの神秘的, いろいろな, かたい民族的約束, きたならしく光る, こういうもつれ, これは, しんぼうだ, すぐりや, せまいすき, つきあいです, とある草地, ほぼまんなか, ツルツルしたせ, 中の, 以前庫裡の, 君と, 小野の, 幹の, 明らかに, 有形的な, 朝食の, 死にもの狂い, 源吾の, 火の, 生まれて, 白いもの, 精根を, 苦悶と, 茂林な, 言外の, 走り使いの

▼ あいには~ (33, 0.7%)

1 [33件] おとなよりも, ご家名, しぜん身近, しばしば同じ, しまいには, じつにま, そのままその, そのハンカチ, その手, その時間, それまで, それを, てんで当てはまらなかった, どうしても行かない, どこに, にいさんは, ひじょうに困る, むしろそうならない, 一味同心, 六朝小説を, 却って邪魔, 受取るの, 喜んで, 子供が, 少しも, 戦争と, 日本大衆の, 水は, 犬の, 私どもは, 絶好の, 見たこと, 近江の

▼ あいきょう~ (27, 0.6%)

4 のある 3 が元手 2 をふりまき

1 [18件] があった, がある, が第, たっぷりこいつ, になりました, の程度, ほど客, もなし, ものでみんな, よくたずねました, よく笑っ, よく話しつづけ, をふりまい, を安く, を振りまい, を振りまかれ, 若い娘, 見ただけで

▼ あい~ (27, 0.6%)

2 ちがって, 言つて帶を

1 [23件] いいこの, いって, いろいろの, お云いよ, たしかに答え, なって, はやし立てる, 中から, 云ったらあの, 云ふ, 会下山とは, 呼ばわって, 呼ぶと, 囃し立てる, 実になんともうれし, 挨拶を, 掘立小屋, 脚絆の, 言いましたが, 言ったら強い, 言つて帯を, 返事を, 鉦を

▼ あいたり~ (22, 0.5%)

4 しまったり 3 つぶったり

1 [15件] いざりの, しただけ, しないよう, しながら, とじたり, ふさいだり, また閉まっ, やぶれた儘, 大くさり, 少し閉じ, 屋根が, 暗転が, 橢圓形だつ, 鐘が, 閉じたり

▼ あい~ (20, 0.4%)

1 [20件] おこなわれて, こだわらないいささか, ござりまする, もめて, もらったの, ナースチャは, 云えば, 俺とは, 全然手ごたえ, 喰べたので, 大砲の, 宿泊所でしょう, 旅に, 時には身体, 煙の, 甲斐性もんや, 苦しかった, 行きがた, 袂時計を, 裁判所は

▼ あいでも~ (20, 0.4%)

1 [20件] しばしば原田家, ない, なければ, みんなは, むほん人が, 人を, 何とか助命, 俺あ, 内訌は, 変な, 太閤記の, 時代の, 殺ったかも, 決して戦場, 流したよう, 生きること, 相手に, 福井の, 策を, 長篇では

▼ あいその~ (19, 0.4%)

2 あいだに

1 [17件] あと時間が, おじいさんを, けだかい慈愛, するどいけん, たびごとに, とおりで, どちらでも, 世話に, 人なら, 人物が, 勢いで, 子や, 学校なり, 桜の, 空隙を, 連累は, 都度その

▼ あいにも~ (19, 0.4%)

1 [19件] あるいはまた政府, こうして寝, その準備, はっきり否定, 他人の, 仲時が, 公卿眼の, 堀にも, 天皇みずからは, 失われず何人, 学問を, 年少者の, 彼は, 往々失念, 心を, 自分で, 興がりて, 軍および, 長年の

▼ あいても~ (17, 0.4%)

1 [17件] いないのに, おどろいたの, ことばかけたまわぬ, じゅうぶん用心, ない毎夜, なくて, なにかペチャペチャ, 佃に, 余人に, 役目を, 心の, 息を, 相手, 立ちどまる, 自信まんまんの, 足を, 領主の

▼ あい~ (16, 0.3%)

1 [16件] から透し, に, におりおり, にこう, にそれだけ, にそんな, には両方, には必ず, には血, には軍隊指揮, にも多少, にハーッ, に一, に地所買, に数分間, を見

▼ あい~ (15, 0.3%)

1 [15件] があッ, がにげ, が樹上, が近づく, にあそん, にしたるなり, にてこずっ, に向っ, はおそろしい, はおとな, はちから, はまほう, をきずつけ, を考え, を見た

▼ あい~ (14, 0.3%)

2 も見えなくなり

1 [12件] がつかねえ, に向っ, に紛れ, の打開, の暗く, もわかず, もわきまえかねる, も分かぬ, も措かず, も深沈, を識, を透し

▼ あいすみません~ (13, 0.3%)

1 [13件] あいすみません, あっしは, あとに, おそくなりまし, がちょっと, が今日, ことで, ことでございました, ことでございます, では後, なんとも, 実になんともはやどうも, 私は

▼ あいづち~ (13, 0.3%)

4 を打った 3 を打っ 2 を打ちました, を打つ 1 をうっ, をうった

▼ あいでは~ (13, 0.3%)

4 ありません 3 ない 2 なかった 1 あたって, ありますまい, あるまいか, ございません

▼ あい~ (11, 0.2%)

2 晩で 1 ふきか, 師匠さまが, 恥ずかしいこと, 手紙, 気の毒にも, 泊り様で, 父ちやん, 琴を, 酌って

▼ あい~ (11, 0.2%)

1 [11件] いっそ難物, がわかった, そんなもん, にあれ, にこいつら, には夫, にほだされ, に捕った, のあまり平生はさ, ような, 斬口

▼ あいさん~ (11, 0.2%)

1 [11件] かと口, が来, が来た, さよん, に夜具, はもう, は今日, は台所, は山越し, は目白, やあの

▼ あいそれ~ (11, 0.2%)

1 [11件] から一しょ, がどんな, で不足, で合点, と同時に, に同情, に答える, は, やア承知, を奪いあう, を実行

▼ あいによって~ (11, 0.2%)

1 [11件] そのうち, その表情, どのよう, どんな手段, はたされて, もっとも未開, 下劣な, 仕事を, 使用した, 形づくれて, 納得が

▼ あいから~ (10, 0.2%)

1 あたしゃリューマチに, これ迄で, のぞいて, ひとり本船を, 一度は, 仲間割れを, 口を, 朝陽が, 眺めた, 知って

▼ あい~ (9, 0.2%)

1 した水, で美しい, のスカート, の山, の木, の海, の目, の空, の表紙

▼ あいかぎ~ (8, 0.2%)

1 がある, ができあがった, がなけれ, がはいっ, で錠, はある, をつくる, を持っ

▼ あいかた~ (8, 0.2%)

1 がころされた, じゃない, ということ, として現われた, の女, の部屋, を俺, を変える

▼ あい~ (8, 0.2%)

2 しあいし 1 しあいされながら, しあいした, しあい突き進み踏み越え押し流され, しあい笑いさざめい, ばかうなる, まいりましたとき

▼ あいつつ~ (7, 0.2%)

1 しだいにまた, なおも障子, ふたりの, 侍女等の, 堅忍不抜ついに, 残士二十四の, 辛くも自国

▼ あいてと~ (7, 0.2%)

1 したところ, したの, その人, 二様に, 云われる迄, 出あいそう, 自分との

▼ あいよう~ (7, 0.2%)

7 がす

▼ あい~ (7, 0.2%)

1 うした, うも, かご用, かコソコソ, か用, じゃ, もやっき

▼ あい~ (7, 0.2%)

1 かえ, さ, の話, はあの, は人相, は其の, は誠に

▼ あいきょうもの~ (6, 0.1%)

2 のノロちゃん, の野呂一平君 1 ですから, なので

▼ あい~ (6, 0.1%)

2 のわか, の若 1 の児輪, 民譚の

▼ あいてには~ (6, 0.1%)

2 こちらが 1 とてもかないません, まだどんな, 生きて, 目に

▼ あいという~ (6, 0.1%)

2 底抜けに 1 ものが, ものは, わけじゃ, 場合な

▼ あいとは~ (6, 0.1%)

1 ずいぶん違っ, 云えない, 別の, 比べものに, 身に, 間の

▼ あいまた~ (6, 0.1%)

1 ほんとうの, ゆくりなくも, 今夜も, 仲間の, 日時も, 時には

▼ あいよい~ (6, 0.1%)

1 よという間際, よと舌, よ勘弁, よ怪しい, よ間者, よ間違い

▼ あいよと~ (6, 0.1%)

2 答える 1 云いながら, 応揚に, 笑った事, 言った顔色

▼ あい変らず~ (6, 0.1%)

1 いい人, こう左手, すごい元気, ねむそう, の虫, 奥方さまには

▼ あい~ (5, 0.1%)

2 をしない 1 をしました, をすまし, を待ちかまえ

▼ あいずで~ (5, 0.1%)

1 あの四人, それが, みんな手を, 四に, 彼の

▼ あいくち~ (4, 0.1%)

1 をしかも, を一ト突き, を突, 長ドスを

▼ あいじゃあ~ (4, 0.1%)

1 お前さんも, ないて, ねえだろう, 田圃へ

▼ あいずし~ (4, 0.1%)

1 た, てにっこり, てよびかけました, ながら興奮

▼ あいそして~ (4, 0.1%)

1 丈夫な, 力強く生き, 裏面に, 遥かに

▼ あいだけの~ (4, 0.1%)

1 人間が, 親兄弟, 貸しが, 資本を

▼ あいてから~ (4, 0.1%)

1 これを, 人がらが, 気の, 渡辺篤の

▼ あいとも~ (4, 0.1%)

1 に普通, に歌い, に溝壑, に連帯一致

▼ あい~ (4, 0.1%)

1 のでもっと, ので忍剣, 物まねも, 頼みの

▼ あいやがて~ (4, 0.1%)

1 ゆるやかに, 呉学人が, 周防は, 肩を

▼ あい御免~ (4, 0.1%)

21 くだされ, なさいまし

▼ あい自分~ (4, 0.1%)

1 だけが知らず, としても恥, の勝手, の取るべき

▼ あい間あい間~ (4, 0.1%)

1 におりおり, にそんな, にも多少, にハーッ

▼ あい~ (4, 0.1%)

1 です, で一杯, と水菜, のとり安

▼ あいいま~ (3, 0.1%)

1 じきに, の分, までのよう

▼ あいお前~ (3, 0.1%)

1 そこで何, のよう, も相

▼ あい~ (3, 0.1%)

1 はらずの, ぼうしとりか, 不思議な

▼ あいすまん~ (3, 0.1%)

2 ことでした 1 不孝不義の

▼ あいだけ~ (3, 0.1%)

1 なんで, 小僧どもが, 言っといたじゃ

▼ あいてとして~ (3, 0.1%)

1 そういう種類, 互を, 戦い飽くまで

▼ あいともに~ (3, 0.1%)

1 協同一致の, 離散し, 驚嘆舌を

▼ あいながらも~ (3, 0.1%)

1 この人生, よく堅守, チチコフの

▼ あいによっては~ (3, 0.1%)

1 いま臆測し, 私は, 軍師と

▼ あいばかり~ (3, 0.1%)

1 だから, だが, である

▼ あいぼう~ (3, 0.1%)

1 がいた, だなんて, ですもの

▼ あいみたい~ (3, 0.1%)

1 なこと, な唇, に異様

▼ あいわたし~ (3, 0.1%)

1 のこと, の胸, はお前

▼ あい~ (3, 0.1%)

1 さ, のいい, も早う

▼ あいあの~ (2, 0.0%)

1 そうで, 娘や

▼ あいあらゆる~ (2, 0.0%)

1 堅忍不抜さを, 雑言や

▼ あいあわれむで~ (2, 0.0%)

1 すぐ本音, そんなこと

▼ あいいや~ (2, 0.0%)

1 とも云え, もう話すまい

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 なる雲, なれど

▼ あいこの~ (2, 0.0%)

1 まま引きとっ, 草加へ

▼ あいこれ~ (2, 0.0%)

1 は, は大藏殿

▼ あいしかも~ (2, 0.0%)

1 ひとりの, 同門の

▼ あいする~ (2, 0.0%)

1 とよく, んだろう

▼ あいそういう~ (2, 0.0%)

1 職責を, 自分の

▼ あいそうして~ (2, 0.0%)

1 その一つ一つ, 国目付や

▼ あいそこ~ (2, 0.0%)

1 にいる, に心

▼ あいって~ (2, 0.0%)

1 えどなた, えなん

▼ あいづちをうって~ (2, 0.0%)

1 じぶん, 答えた

▼ あいてにとって~ (2, 0.0%)

1 じつにゆか, 怒って

▼ あいてはへ~ (2, 0.0%)

1 いきです, いきな

▼ あいてもよ~ (2, 0.0%)

2 ござんす

▼ あいである~ (2, 0.0%)

1 ぞ, のにそれ

▼ あいとか~ (2, 0.0%)

1 はいとか, 応変の

▼ あいとばかりに~ (2, 0.0%)

1 おこよ, 泣き濡れて

▼ あいなあに~ (2, 0.0%)

2 べつだん心配

▼ あいなども~ (2, 0.0%)

1 ありました, それで新聞記事

▼ あいなん~ (2, 0.0%)

1 だ坊様, の問題

▼ あいにおいても~ (2, 0.0%)

1 最初の, 自分が

▼ あいのり~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ あいひとり~ (2, 0.0%)

1 で苦しん, の自分

▼ あいほど~ (2, 0.0%)

1 土地の, 巧く

▼ あいより~ (2, 0.0%)

1 春立つ, 美しくより

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 が戻ったら笑う, の眼

▼ あいら皆畜生~ (2, 0.0%)

2 でこの

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 はなに, 行きますよ

▼ あい叫び~ (2, 0.0%)

1 あいあらゆる, あいながら

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 は夜, は更

▼ あい彼女~ (2, 0.0%)

1 の帯, は大抵

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 が悪い, はこの

▼ あい慰めあう~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ あい或いは~ (2, 0.0%)

1 合戦に, 悪口か

▼ あい此処~ (2, 0.0%)

1 に居りやす, よ

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 がつぶれる, を見

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 とともにこれ, の中

▼ あい誠に~ (2, 0.0%)

1 御亭主此間, 面目次第も

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 だえ, だか

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 に手, をかしげる

▼ あい~ (2, 0.0%)

1 と咽, 垂らし小僧

▼1* [512件]

あいだかも, あいあいあちらでも, あいあたしゃあの浜村屋, あいあたりで一せい, あいあちらでも御用, あいあなたが故意, あいありがとうよ, あいありのままにお, あいあゝーどうも誠に, あいいいえそれが, あいいちど東国へ下っ, あいあいだ又, あいうそ偽りではござりませぬ, あいおいでなさい, あいおい大町どうもいけません, あいおかしくッて, あいおじさん切符だぜ, あいおのれの開拓, あいおまはんは, あいおや立派な, あいおよびはどちら, あいお互いに劬, あいお代は置いた, あいお前さんお茶だぞ, あいかくいう次女, あいかたさんはどういう, あいかたまり集って待っ, あいかみさんはそれ, あいかもしれないと, あいがたうさん, あいがものスキで, あいきょうだい以上につきあっ, あいきょうぶりを発揮, あいきょう二にあい, あいきょう男伝六でした, あいきょう笑い一つするじゃ, あいきょう者ともどもうしろへ回っ, あいきょう者ゆえ店も繁盛, あいくだすっても, あいくらがりの中, あいくわしく報告しました, あいけうがあつ, あいけりや乘, あいけわしい世を, あいげにその弊, あいこく行進曲を, あいこの世ばかりかその, あいごと言ふの, あいごめんよごめん, あいさうになつて, あいさえうまくいかない, あいさこれは承知, あいさて振返って, あいさむらいの, あいさもとはこんな, あいさようでご, あいさることわずか, あいさんざんになっ, あいさ岡っ引, あいさ承知はする, あいさ正岡容に候, あいしかなかった, あいしちゃって身分, あいじゃありません, あいすぐに別れ, あいすっかり心は, あいすみませんお目障りで, あいずっと年経, あいそうバクテリヤは植物, あいそう卿もなかなか, あいそう笑いをした, あいそっけはないし, あいそっちでやあす, あいそのまま眼を, あいそのものにも一種, あいその後十年して, あいその後生死不明のまま, あいそれから後少し, あいそれぞれな読書歴, あいそれでいてひどい差別待遇, あいそれらはもう, あいそろそろと, あいたいして立って, あいたずさえて駅, あいたち葵累代の御, あいたつッ, あいたままでまるで, あいたらしく思われた, あいだにかの三千金を, あいちゃうっかりする, あいちょうど二人の, あいやア, あいぢめ付けられる, あいついでやって来た, あいついに陸奥一帯に, あいつきつとどうかすら, あいつまりはどちら, あいつらさ, あいづあ休み前に嘉助石ぶっつけ, あいづちうってたけれど実際には, あいづちをうちながらビスケットにチーズ, あいづちをうち有力者は急, あいづちをうっただけだったがお祖母さんの態度, あいづちをうったものとしか聞えなかった, あいづちをうつごとくどこかの工場, あいづちをうつ心持がなかっ, あいづやっぱり風の神だぞ, あいづをしてそつと中腰, あいてさえしょうち, あいてでもいるよう, あいてというものを, あいてとの距離は, あいてにばかりそんなこと, あいてにより場合によって, あいてのみさかいもなく機関銃, あいてはかッと, あいてよだれを, あいであっても私, あいでございましょうか, あいでしたがもうだいたい, あいですかい, あいでない富士男は, あいでなくても子ども, あいといった芸妓が, あいときにはまだらに, あいとにかく困るの, あいとによってできて, あいとの間に, あいとを書落さぬ, あいとんとぬる湯, あいどう動いて, あいどうせ五郎蔵親分が, あいどうぞお大事, あいどこもかしこ, あいなかばした成長, あいなどかなり乱脈, あいなどでも同様な, あいなどとこまっちゃ, あいなどに記章の, あいなどは至って馭, あいならば知らぬ, あいなるべく金の, あいなれされています, あいなんだかんだと夜昼喧嘩口論, あいなんともつかぬ, あいにおけるアンリの, あいにたいしてだれよりも, あいについて複雑な, あいにてお鶴医者滋賀石庵, あいになつてそれから, あいによつて使い分けに, あいによるものである, あいにわかにそこらの, あいねえのかい, あいはげしく嗚咽し, あいはずと知れ, あいはてしなく不幸, あいはむぎほのひとつびとつに, あい見ると, あいひと固まりの, あいひとつの生活祭典, あいへし合いして, あいへし合い肩を揉み, あいへだたること三十六メートルばかり, あいほかから助け, あいぼくはかれ, あいまあいまに, あいまずあなたに, あいまだおりき, あいまで芦と, あいまんざら気が, あいまア此処へ, あいむきに腰かけ, あいめいめいの欠点, あいめでたいのい, あいめ手甲の結びめ, あいもうもうと煙の, あいもしここで, あいもちろんのこと押収, あいものだよ, あいやけは姉さん, あいやまがらの名所, あいよく一酌飲ん, あいよござんす, あいよってそれでこんな, あいよりももっと穏, あいよろしく頼んます, あいりすのにほひぶ, あいわかったか予, あいわからなければならない, あいわかるか, あいわがハウスキーパーは, あいわけて帝には, あいわたしゃくみと言う, あいわれ勝ちにな, あいアメリカ全国民, あいゴハンたべさして, あいサッちゃんの手, あいサフィーは自分, あいスターリン陣地内に大, あいチリー黄金の立派, あいツお前の縫った, あいネズは彼女, あいハデな珍演, あいプレスのきいた, あいベントウだ, あいポチも二人, あいマンに貞操, あいモヒ中ですよ, あい一つになっ, あい一ノ関をしめあげる役に立つでしょう, あい一人しかなかっ, あい一人きりの弟, あい一体観に立っ, あい一座の者, あい一本のロップ, あい一週間山中の小屋, あい助どん, あい三ヶ月間に百回, あい三千五百円で市川, あい上田権左衛門という者, あい不可能だし, あい不貞だとは, あい世の中にはこういう, あい世帯のよう, あい両方あわせて, あい両者はかたく, あい両親と妹, あいして, あい中腹の岩壁像, あい予定どおりに今や, あい争い物部氏は破れ, あい事件について詳しく, あい二ふりの刀, あい云ったのだ, あいのうち, あい互に寄り添い唇, あいりあいときにはまだ, あいや物質, あい人間離れをしない, あい今度の事, あい今日まで消息, あい仕事に生き効い, あいの宝玉, あい以下池田勝入細川藤孝筒井順慶蒲生氏郷蜂屋頼隆など居流れ, あい以外兄弟喧嘩らしい兄弟喧嘩, あい以後の十三年, あい仲よく尻を, あいを敗軍, あいている, あい何だえ私に, あい何よりは, あい何んだよ, あい何時お帰り, あい信州で弘化四年, あいもの又, あい候所證判役小頭役とやら云もの, あい候頃より鹿児嶋, あいる者, あいで路地, あい元朝の暴政, あい兄弟父子の間, あい先方から戸籍謄本, あい先生えたすけ, あい全部積み荷を奪われた, あい六人の遺児, あい六波羅武士の手, あい共にこれで, あいの端, あい兵馬ともにまったく, あい其の通りだ, あい出先へは不義理, あい判然するの, あい利用しあって, あいり助け, あいわりあい助け合っ, あい勝ちなもの, あい勝負はいつ, あい勤めそうろう女, あい半蔵さまもそう, あい厩橋の意向, あい厳格すぎる男親, あい三郎汝など, あいの交わり, あい反映する領域, あい各位の希望, あい同情しあった, あい名のりあう武者声, あい呼吸をし, あい咆哮しあう絶壁, あい品川のお, あい善導しあうの, あい喜びを共に, あいなること, あい在留邦人にはもう, あい地底へ封じこまれ, あい地面にしがみつい, あい堅く誓を, あいやったら黙って, あい場面としてのまとまり, あいし合いまた, あい変らず泣いてい, あい外形や周囲, あい多くのそとの, あいあらしの, あい大きに宜しい定, あい大げさな表情, あい大勢のまえ, あい大小さまざまのパイプ, あい天下一変の予想, あい天使すばらしいといよう, あい太郎はおされ, あい太鼓の撥, あい奔激し合って, あいは海千山千, あいが代理, あい妾さ烏組のお, あい姉さん確かりして, あいな物, あいがいつどこ, あい宿の客, あい寄りつつ遠く, あい寒いが気, あいやア, あい対した潮見博士と, あいぬるが, あい小さいところでは, あい少しばかり, あいをたたきあわなけれ, あい山野にかくれ, あいの津, あい左門洞の一同, あい平服でとおし, あい年輩も地位, あい幾人かの犠牲, あい廿両それ, あいの場所, あい弟子があった, あい張南趙融の行く, あい当時の人気作家, あいをした, あいはプラトン, あい待って居ました, あいをもみず, あい後一巻の絹, あいと心, あい心痛苦慮は一通り, あい心胆の工夫, あい必死に左右, あいも慣れぬ, あい思いもよらぬ, あい怨みがあります, あいを受けた, あい悪人にし, あい悲しみと怒り, あい成り候えば行府, あい戦乱の中, あい房枝は死生, あい手錠所払いになる, あい打開の途, あい承知しやした, あい抜けがした, あい文吉さんは此方, あい新しい生活形態を, あい新吉さんかえ, あい新吉さん私はね何, あいでいや, あい日本人のこと, あい早くう飯, あい明きますよ, あい明日の別れ, あい昨夜初めてこっち, あいを失し, あい時には彼の, あい有難う新吉さん私は, あいを着, あいの事, あい本多平八郎に助けられ, あい本気すぎ熱烈すぎるよう, あい来たで三梃, あい染めの上着, あい柳生石舟斎を思い, あいである中館公一郎, あい楽しき夕餉を, あいのうち方, あい次第で時には, あい次第にきっとからめ参るべし, あい歓喜が歓喜, あい正面には大将, あい武田流の軍学, あい武装して, あい殿軍の成田小三郎, あい毎日の如く, あい毎日愛情と親切, あい毎時でもお母さん, あいを失っ, あい永田がメカケ, あい決して忘れやしません姉様確か, あい河野通縄得能通言らが数百, あい泥鰌のよう, あい流れの末, あい流動的に積極的, あい浪子を訪う, あい混じてにぎやか, あい漂流等にて食物薪水, あい漾映して, あい激闘数十合におよんだ, あいうざますか, あい照らした龍太郎小, あい煽動者がある, あいはどうも, あい牛蒡の干葉, あい物音もいたしたであろう, あい特に米軍の, あい猜疑し合って, あい猿ガ京の関所, あい獄舎住みとでも, あい生命は存続, あい申してから僕, あい申候て色, あいを自分, あい白煙をあげ, あい的諍議を仕出し, あいや節穴, あい直に衣服を, あい相手に誠実, あい相談しあって, あいをする, あい知人になる, あい知慧ということ, あい祭りであったらしい, あい私ゃくみというわい, あい秋田屋か成, あい種々様々の, あい立山中腹ブナの小屋, あい一巻が, あい米人フルベッキなどにも交わった, あいか此方, あい約束した人, あい縄張り争い愚劣な罵詈讒謗, あい縺れて雨, あい聞込みでがす, あい職責上正義のため, あい肝腎のお, あいでリンリン鈴, あいくお出, あいを割っ, あい腹違いの兄, あい自由ということ, あい至上のおん, あいのかた, あい良いお子, あい良人に死なれ, あい色付けの仕上がり, あい若い人の, あい若者は日本服, あいば飲みない, あい菜っ葉が盛り, あい蛮軍数万の土兵, あいのため, あい行きますよ, あい行こうよ, あい衣類を着替, あい見忘れはしません, あい兄弟にも, あい親しげな, あい親方は出ず, あいするなど, あい解して親友, あい解することは, あい討ちになっ, あい談笑に興じ, あい請判を, あいをねり, あい變らず彈性球, あいかな羽音, あい賑やかに盃, あい迷イ児の迷イ児, あい通しであった, あい遂に上庸へ, あい遊ばすのでございましょう, あい遠くは斉, あい遣んねえ, あいに霞, あいがまわっ, あい重要である理由, あい野火をつけ, あい金沢の, あい金無垢の観世音, あいに往, あい鎌倉入りには味方, あい長尾は口数, あい闇夜の山, あい隣りするのである, あい難儀の中, あい雨乞せしに, あいにあいし, あいに叫び合う, あいをたてん, あいと頬, あいに私, あいをあつめ, あいをなさつ, あいわくば, あいな人, あい食辛抱と云い, あいまで消され, あい高麗茶碗の古雅, あいいでいる, あい鳶頭大きに色々お, あい鷹化して, あい黙っておりましょう